CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

安藤雄太の“風に吹かれて旅がらす”

ボランティア&市民活動の熱血伝道師・安藤雄太が、飲んだくれながら全国行脚。
愉快な人々との出会いや、旨いもん、旨い酒について、語ります。


よし!日本三景 宮島に行くぞ!の巻 その2

[2011年01月26日(Wed)]
焼き牡蠣の 店の前にて 歩が止まり

醤油が焦げたいい香りがしてきた。店先で牡蠣を焼いているではないか。
「ひとつ下さい」
何のためらいもなく食べながら、再び参道を歩き始めた。

と、すぐに宮島の大杓子、
何とでっかいことか。

8メートルはありそうだ。

そういえば、宮島杓子は観光土産として何処の店にも売られている。

感心してみていると
時間はどんどん過ぎて行く。

表参道の商店街を抜けると、大鳥居が目前に入ってきた。





砂利道を急ぎ足で岸辺まで近寄ってみる。
何と海水が引いている。
鳥居の下まで行けるようで、多くの観光客が鳥居の下で記念写真を撮っている。

それならばと、そばにある石段を降り鳥居まで、と言っても下はぬかるんでおり海水の溜りがいたるところにある。
ついつい下を見ながら注意深く歩くことになった。


岸辺に上がるともう空は暗く、予約していた宿の食事の時間が過ぎているではないか。
「これは大変!」と宿に連絡し迎えに来てもらうことにした。
どうも大鳥居の近くだと思っていたのが間違いで、そこから車で20分位かかるところであった。どうやら反対側の漁港のところである。

迎えのマイクロバスに乗り、「宮島シーサイドホテル」に着く。
早速、部屋に案内されるが
「お食事すぐでよいですか」
と聞かれても、やはり風呂に入ってからでないと美味しいビールが飲めない。
食事時間を大幅に遅れてきたのがいけないのだが、それでも30分で風呂に入ることにした。

風呂から上がってくると既にご馳走が待っている。
早速、地酒「弥山」を注文する。美味い酒である。



よし!日本三景 宮島に行くぞ!の巻 その3 へつづく・・・)

<2010. 9. 26 By 安藤雄太>
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました