CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

安藤雄太の“風に吹かれて旅がらす”

ボランティア&市民活動の熱血伝道師・安藤雄太が、飲んだくれながら全国行脚。
愉快な人々との出会いや、旨いもん、旨い酒について、語ります。


弥彦温泉パート1 A

[2010年07月11日(Sun)]
(弥彦温泉パート1@より続く)

 鳥居が近づくにつれ、参道の両脇には旅館やお土産屋が増えてきた。ゆっくりとお土産屋を覗きたいところだが新風楼の夕食時間に間に合わせるためには寄り道をせず一路社殿に。
 さすがに歴史のある弥彦神社である。鬱蒼な杜のなかの荘厳な造りの社殿。健康を祈って、いざ、温泉へ。

 新風楼に戻り、浴衣に着替え大浴場へ。そんなに大きくはないが誰もいない浴槽にゆったりと身を沈める。何とも言えない至福の時である。

 上機嫌でロビー階からエレベーターを待っていると、ロビーの一角に掛け軸や本や生原稿などがみえたので、何が展示しているのか近づいてケースの中を覗いてみる。

 「えつ!」

 何と立原正秋の生原稿や使用していた青磁の器などが陳列されている。よくみると「立原正秋嵬集館」となっているではないか。




 どうして立原正秋がここに???。何故なら、私自身、立原文学の愛読者でもあった。
 一瞬の裡に『春の鐘』『紬の里』そして絶筆となった『その年の冬』等などが廻った。

 部屋に食事が運ばれてきたとき、立原正秋との関係は詳しくは聞けなかったが、新風楼の関係者が立原正秋のご家族と懇意にされており、時々、イベントが行われるとのこと。




 今日は、気分上々、奮発して弥彦神社の奉納する唯一の地酒「純米宝山」4合をグビグビと飲み空かしてしまった。

≪弥彦温泉編つづく≫      
                  
(2010.6.13 By 安藤雄太)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました