CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
WeNeedCulture YouTube Live「文化が潰される!三度目の緊急事態宣言」#文化芸術は生きるために必要だ」に協力しました(4月26日) [2021年04月27日(Tue)]

TA-netも賛同している
演劇緊急支援プロジェクト
が参加している、

WeNeedCultue


では、
4月26日に以下のとおり配信、TA-netも
手話通訳、UDトークによる文字支援で情報保障協力しました。

WeNeedCulture YouTube Live 0426「文化が潰される!三度目の緊急事態宣言」#文化芸術は生きるために必要だ


今回、主催担当者の配慮が素晴らしく、
たとえば
台本でも手話通訳の交代タイミングを記載してくださいました。
打ち合わせでも配慮していただきました。
回数を重ねることの大切さを感じています!

日弁連シンポジウムに登壇しました(4月21日) [2021年04月22日(Thu)]
4月21日(水)日弁連シンポジウムに登壇しました!

通称「日弁連」、正式名称は
日本弁護士連合会

サイトによると、
日本全国すべての弁護士は日弁連に登録しています。
という団体。
毎年、シンポジウムを開催しているのですが、今年のテーマはこちら。


シンポジウム「本当にやくだつ障害者差別解消法へ」
https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2021/210421.html

障害者差別解消法は、2016年に施行され、
改正法案を審議中(5月7日時点)ですが
現在課題となっていることを共有したいということでTA-netもお話する機会をいただきました。

TA-netからは、文化芸術基本法と障害者の芸術文化推進法にて
観劇サポートの必要性が明記されていることを紹介し、
現状の課題としてコスト面の補償、著作権などの権利関係があることを指摘しました。

10分という短い時間ながら、
「メゾン」の映像(45秒!)紹介することで
観劇サポートの実際を体験いただけました。

20210421シンポ画面キャプチャ(パネル時).png
視聴者は平日の昼間にもかかわらず300人を超え、
インパクトを与えることができたのではと思います。

他の先生方の発表もとても勉強になり
改めて、解消法の改正法案が通りますように、と心から願っています。


なお、日弁連さんは、意見書の内容についてわかりやすい手話動画を作成しています。
ぜひご覧ください。
https://www.nichibenren.or.jp/document/opinion/year/2019/191121_3.html


翌日の新聞でも紹介され、しっかりと載りました。
ありがたいことです。

しんぶん赤旗
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2021-04-22/2021042214_01_1.html

弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/c_18/n_12978/

Yahoo!ニュースにも紹介されました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9d15913eceee7ca3365835144aa32f22d65e18d
「舞台手話通訳の作り方」を紹介する映像を作成しました! [2021年04月19日(Mon)]
観劇サポートを説明する時、参考となるのは
やはり、「作り方を説明した動画」です。

字幕版は2017年に、以下の通り、
ろうの映像作家である今村彩子監督に作成いただきました。

字幕をつけて観たい!
https://youtu.be/ynwv-QNQy_I

演劇公演に字幕をつけたい!
https://youtu.be/63DFWrNFRmc


今回、手話通訳版をようやく公開できることとなりました!!!
文化庁による継続支援事業のおかげです。

映像制作は、越美絵さん、金沢裕司さんにお願いしました。
2月の「凛然グッドバイ」公演に密着いただき、素敵な映像となりました。

舞台演劇に手話通訳を!〜演劇の門戸 広げます〜(9分11秒)


字幕、ナレーションが入っています。
ぜひたくさんの方々にご覧いただき、舞台手話通訳への取り組みに繋がれば幸いです。


出演:加藤真紀子、高田美香、水野里香、河合依子、樋口ミユ
ナレーション:水藤みつみ
監修:萩原彩子(筑波技術大学)
参考論文「舞台演劇における手話通訳パターン分類」萩原他(2020)http://hdl.handle.net/10460/00002030
映像制作 : 越美絵・金沢裕司
ママリアン・ダイビング・リフレックス東京公演終了しました(4月8-11日) [2021年04月12日(Mon)]
ママリアン・ダイビング・リフレックス東京公演終了しました(4月8-11日)

京都公演に続き、
東京公演を実施しました。
主催団体は日本財団。
もともとの計画では、日本財団が昨年4月に上演するものでした。

ところが緊急事態宣言のため、延期となり
結果、京都公演を3月に行い、
3ステージを経験。

満を期して
4月、東京公演に臨ことができました。

こちらは4ステージ。

監修は京都を担当した河合依子さんが
東京に駆けつけ、東京を担当した河合祐三子さんに引き継ぎ。

アシスタントは京都と東京で分けていましたが
アシスタントもがっつりトーク部分で通訳を担当したため
急遽、東京にも参加。
UDトークもしっかりとつけたいということで
東京から1名、アシスタントが合流。

2週間を経て、再集合したメンバー。
他の出演者やスタッフとはすっかり慣れています。

東京でも、舞台手話通訳チームのために素敵な楽屋を用意していただきました。

ゲネプロでは監修チームメンバーでもある
佐沢静枝さんが駆けつけ、初見での意見をいただきました。

562C2ADF-3B1C-427F-B28E-F774A1D555A0_1_105_c.jpeg

初日開けてからも、
毎回、終演後は監修からフィードバックを。
日々ブラッシュアップしました。

F8B4094A-3E01-4DCB-A996-B5F04661BAE1_1_105_c.jpeg

また、全スタッフと全出演者は、毎回、ミーティングを行い
前日の課題を確認し、改善を検討しました。
DSC_0267.JPG
FF6830EF-D3BE-4D51-B154-F7854E1B5CD0_1_105_c.jpeg

千秋楽後はみんなで振り返り。
0CE0E66B-22C3-4A7A-B585-A3CAD5C232C7_1_105_c.jpeg


合間のトーク部分、京都では出来ませんでしたが
東京ではUDトークもしっかりと投影しました。
これも京都でのアドバイスのおかげ。
5D422651-1B4D-4E79-A43C-EB2F8D386E35_1_105_c.jpeg

そうして4ステージ、満席、キャンセル待ちもたくさん、
当日券を毎回数枚出したのですが
それも長蛇の列、お断りするのが苦しかった!と。
クチコミの力は大きいですね。。。

今回、難聴者、ろう者もたくさんきてくださり、
確認できただけでも20名!
これというのも、全ステージにサポートがあったからこそ。
貴重な機会をありがとうございました!!!!

TA-net会員がブログに書いてくださったのでお読み下さい。
https://ameblo.jp/takalove2020/entry-12667652660.html


また、Yahoo!ニュースに感想が載り、画像に手話通訳が登場していますのでご覧ください。
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakamotochiaki/20210424-00232807/
TA-net4月定例会は観劇ツアーを実施しました(4月9日) [2021年04月10日(Sat)]
TA-net4月定例会は観劇ツアーを実施しました。

定例会は第2金曜日の夜19時から実施しているのですが、
ちょうど4月はママリアン公演の最中。

ということで、数年ぶり(?)に、
TA-netの企画として
「観劇ツアー」を開催しました!

17時半集合、
18時開演、のため、集まるか心配でしたが
当日は 
聞こえない人 4名
聴こえる人 5名
の参加がありました!

終演後は、楽屋として使わせていただいている部屋に集まり、
出演者も合流して、「感想シェア会」。

まずは一人ずつ、感想を述べたのちに、
出演者に質問したり、意見を伝えたり、
プロセスをお話ししたり。

最後に、通訳を担当した三人および監修から
コメントして、締めくくりました。


劇中の楽曲の表現を工夫してほしいという意見をふまえ、
翌日から工夫してみるなど、
相互にとっても
大変有意義な時間となりました!

この日の画像は残念ながら無し・・・

せめて会場の様子を。
B78F1DE5-6EDA-4CC0-AAF0-DF7C133C96D5_1_105_c.jpeg

青山スパイラルホールの入り口に大きく、旗が!

E20DF252-130D-4674-A97A-199E319222FB_1_105_c.jpeg

案内を「見える化」。

参加者からはとても良かったと好評でしたので、
また企画してみたいと思います!
【延期になりました】『観劇サポート講座』今年もあうるすぽっとにて行います! [2021年04月08日(Thu)]
※緊急事態宣言延長に伴い、本講座は延期となりました。(5月7日)※

 
昨年は残念ながら中止になった『観劇サポート講座』。
今年は以下の日程で実施予定ですので、奮ってご参加ください。
ーーー
5月15日(土曜)聴覚障害者お迎え編 講師:廣川麻子(TA-net理事長)
5月16日(日曜)視覚障害者お迎え編 講師:美月めぐみ/鈴木橙輔(バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり)
両日とも
レクチャー 10:00〜12:30
ワークショップ 13:30〜16:00
ーーー

・レクチャー+ワークショップ 1,500円(定員20名)
・レクチャーのみ受講 1,000円(定員20名)
※聴覚障害者お迎え編・視覚障害者お迎え編それぞれに申込み・参加費が必要です

<詳細はこちら>https://www.owlspot.jp/events/workshop/post_209.html

<2018年>https://blog.canpan.info/ta-net/archive/518
<2017年>https://blog.canpan.info/ta-net/archive/433
<2016年>https://blog.canpan.info/ta-net/archive/341

※緊急事態宣言延長に伴い、本講座は延期となりました。(5月7日)※