CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
「チョコレートドーナツ」を観劇しました!(12月26日) [2020年12月30日(Wed)]
201226 チョコレートドーナツ.JPG

「チョコレート ドーナツ」(https://stage.parco.jp/program/choco/)は、12月7日に初日が予定されていたが、公演関係者が新型コロナウィルス感染を受け、12月19日まで公演中止となった。編集スタッフは、予定通り26日の公演に行けることになった。ちなみに字幕付きサポートは16日、19日、20日、26日の4回予定されていたが、うち2回が中止になったということだ。19日を予定していたTA-net理事が涙をのんでいた。


公演が発表された時、サイトには磁気コイル付補聴器や人工内耳、ヒアリングループ受信機で舞台の音声が聞こえる磁気ループ設備の案内があった。しかし、この公演に興味を持った人から相談を受けたことや、ヒアリングループでは聞き取りが難しい人がいることを考慮し、相談を受けた人とともに字幕表示の要望を出した。

そして、しばらく経ったある日、期日限定で専用タブレットで日本語字幕サービスが見られるとのお知らせを見つけた。https://stage.parco.jp/blog/detail/2446 
期待を込めながら観劇へ行った。もちろんオペラグラスも携帯して(笑)

PARCO劇場のある渋谷区は、2015年に全国に先立ってパートナーシップ制度を導入したことで知られている。ホールに入ると満席状態!どこを見ても空席は見られない。さすが、商業劇場だけのことはある。

早速、エントランスにある(タブレット)貸出受付に行き、障害者手帳を見せて字幕タブレットを借りることができた。今回は、ポン出しによる表示方法だった。上演中のセリフのほか、開始前や休憩、終了後の案内もあった。ただ、セリフが速いところもあったのか、見落としてしまったことも(泣)

この作品のテーマは、LGBTとりわけトランジェスターといったマイノリティに加え、ダウン症や育児放棄に対する差別と偏見を問うもの。字幕のサポートを受けられたからこそ、こうした問題を考えさせられ、人を尊重する気持ちがいかに大切であることの気づきを得られたと思う(ハッピーエンドではなかったが)。

東京での公演は12月30日に終了したが、地方への巡回公演もあるとのこと。ぜひとも字幕サポートが付くことを期待してやまない。
日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルin東海・北陸を視察しました(12月12ー13日) [2020年12月16日(Wed)]
全国7ブロックを巡回している

日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルin東海・北陸

が、新潟は上越市にある「高田世界館」にて、12月12日(土)、13日(日)の2日間にわたって
行われました。

9月は鳥取県倉吉市、長崎県長崎市、10月は北海道岩見沢市。

TA-net理事長の廣川は、全日本ろうあ連盟の教育・文化委員会の委員の立場からこのフェスティバルの「オブサーバー」として各地の実行委員会に参加しており、今回は岩見沢に続く現地視察となりました。

会場は、108年の歴史を持ち、日本最古の映画館である「高田世界館」。
とてもレトロな雰囲気ですが、現役で上映されています!
D74F076C-473A-4C96-BD3F-5F6137B27704_1_105_c.jpeg
こちらでハイブリット開催となりました。
会場では定員40名でしたが、多くて30名ほどでした。
もう少したくさん来てもらいたかったです。

廣川は12日の16時30分からの「バリアフリー演劇」から参加。
「ヘレン・ケラー」を映像化したものを大きなスクリーンで視聴しました。
岩見沢では、モニターでしたので壮観でした!
終了後は、出演者の柴崎美納さん、手話通訳の小島祐美さんが東京からオンラインで繋がり
総合プロデューサーの山上徹二郎さんとトーク、でした。
が、急遽、廣川も出演することに・・!

E51E3C29-E2E6-4CCF-BCC6-CFD285D7EDFC_1_102_o.jpeg

今回の字幕はUDトークを使っていますが、スイッチャーを使って重ね、遠隔修正を行っています。
現地ではスクリーンに投影。
0491D472-C32E-4722-9DF3-207C60B1500B_1_105_c.jpeg

受付ではこのようになっていました。
130304592_211810250405601_2014162492872923593_n.jpg

街でもポスターが貼られ、美術展でも人が入っていました。
73A14AE0-EAEA-4368-A550-767E875C35FD_1_105_c.jpeg

7E8663D9-D3B8-4315-9814-1D5F9EB5BC02_1_105_c.jpeg

受付にはこんな筆談ポードが。
2EA9FB5F-C187-4B74-9A2B-50460AF11D93_1_105_c.jpeg

2日目はバリアフリー映画が3本上映され
「閉鎖病棟」の平山秀幸監督とのトーク、
「まひるのほし」では活弁士の佐々木亜希子さんによるライブの音声ガイドおよびトークでした。
音声ガイドの原稿を終了後、受付で希望者に配布とのことで、いただきました。
また違った印象を受けますね!

今回はコロナ禍のため、新潟のろう者はキャンセルしたとのことで、お会いできず残念でしたが
通訳者や担当者とお話しする機会をいただきました。
やはり現地で見ることの大切さを痛感しました。

第25回新藤兼人賞授賞式に出席しました(12月4日) [2020年12月05日(Sat)]
新藤兼人賞は、日本映画製作者協会が出している賞で、映画界で唯一の、現役プロデューサーが「これから一緒に仕事をしたい」新人監督を選ぶというもの。
2019年12月から2020年11月までの間に公開された187作品(60分以上かつ劇場で1週間以上有料上映された作品)から以下の方々が選ばれました。

金賞 「37セカンズ」 HIKARI監督
銀賞 「佐々木、イン、マイマイン」 内山拓也監督
プロデューサー賞 「スパイの妻<劇場版>」岡本英之、高田聡、山本晃久プロデューサー

金賞には、UDCast賞が副賞として贈呈され、
パラブラ 株式会社が受賞作の字幕、音声ガイド付与制作と導入一式を提供するというもの。
昨年から新設されました。
今回は、既にUDCast化されていたので次回作に付与ということです!

TA-netから廣川、UDCastユーザーの一人として
松森果林さん(聞こえる世界と聞こえない世界をつなぐユニバーサルアドバイサー)とともに出席。

授賞式には手話通訳が手配されています。

9E0D7500-FD40-445F-9F9F-03F50E8EEB54_1_105_c.jpeg
日本映画製作者協会代表の新藤次郎氏によるご挨拶を通訳中。

4498DAAF-C7E8-42CB-A284-DB6B17141775_1_105_c.jpeg
UDCast賞を贈呈しています。

終了後、お祝いのご挨拶をHIKARI監督と、主演の佳山明さんといたしました!
HIKARI監督は、すこーしだけASLを米国留学時に学んだそうです。
「私の作品にはこれからも全てバリアフリー化します!」と力強く語ってくださいました。
DSC_3935.JPG
真っ直ぐに目を見てお話ししてくださる素敵な監督でした。

DSC_3941.JPG
HIKARI監督と佳山明さんを囲んで。

ちなみに、最終選考に残ったほかの7作品のうち、
坂上香「プリズン・サークル
大島新「なぜ君は総理大臣になれないのか」
が既にバリアフリー化されています。これも嬉しい現象です!
これからも素敵な日本の映画が、バリアフリー化されますように!

ちなみにコロナ感染対策として
着席式、食事無し、乾杯のみ、名刺交換の席ではアクリル板あり、挨拶のマイクは一人ずつ交換!
F1898E56-2CC8-4BC3-B18A-479BCBA9B3D0_1_105_c.jpeg
立教大学「日本手話」の授業にて講演しました(12月1日) [2020年12月03日(Thu)]
立教大学では、2010年度から言語系科目として「日本手話」を開講していますが、
TA-net舞台手話通訳養成事業の講師としてお世話になっている野崎静枝さんが、手話通訳士の豊田直子さんと共に担当しています。
https://www.rikkyo.ac.jp/events/2019/12/mknpps0000010v4p.html

この度、2016年度、2018年度に続き、学生にTA-netの取り組みについてお話しする機会をいただきました。
多くの大学でオンライン授業となっていますが、立教大学も同様。
初の大学でのオンライン講義を体験しました。。。
カメラのオンオフの切り替え、うつり方や、連絡用LINEの設定など、通常の対面授業とは違った工夫があり、勉強になりました!

学生と交流を兼ねた自己紹介のあと、スライドを使って1時間のお話をしました。
英国での体験から、TA-netの取り組み、アクセシビリティの意義、関連法令の紹介など
盛り沢山でしたが、とても興味深く聞いてくださったようです。
質疑応答や意見交換を行い、私としても学びが多い時間となりました!


終了後に学生さんから心のこもったレポートを寄せてくださいました。
全て紹介したいところですが、スペースの都合上、以下3点を抜粋して紹介いたします。
(掲載にあたって許可をいただいています)

学生A)
私自身が日常生活の中で「普通」というフィルターに支配されていることに気づかされました。「普通は演劇に字幕はない」「字幕があっても目立たずにやる」という思い込みがあったため、授業中に拝見した劇の手話が私にとってとても新鮮でフィルターが取れる瞬間でした。また、世間の当たり前や常識は秩序を守るためには有効かもしれませんが、それは社会で暮らす一人一人のためにはなっていないことを学びました。本当の意味で人が幸せに暮らすためには変化を生むことが不可避であり、その変化を暖かく歓迎するべきだと思いました。


学生B)
高校生の時、授業の一環としてミュージカルを観に行きました。その時の経験はとても印象に残っています。演劇の持つ魅力は、実際に劇場に行ったからこそ分かることも多いと思います。なので障害の有無に関わらず、演劇を楽しめる環境があることは重要だと感じました。


学生C)
「アクセスは誰のもの?」という部分が特に印象的でした。私自身、最近、祖母と暮らし始めたことで、字幕の重要性に初めて気づきました。ろう者の方のためだけではなく、字幕が付いていることで、高齢者や日本在住の外国の人など、多くの層にメリットがあると感じました。芸術は、生きていくにはなくてはならないものだと思います。日本で暮らしている全ての人々が、みんな同じように芸術文化を楽しめる社会が実現すれば、この国ももっと明るくなるのではと感じました。



彼らが社会に出た時に、アクセシビリティの視点を持って仕事に取り組むことによって
誰も取り残されない、素敵な社会に変化するでしょう!
お招きいただき、ありがとうございました。

オンラインのため、画像がありません。2016年度に伺った時に撮った立教大学オリジナルの水を。。
066CC407-1E60-4D4B-8E37-AACF518A16D5_1_102_o.jpeg