CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
京都国際舞台芸術祭『私がこれまでに体験したセックスのすべて』公演にて舞台手話通訳しました(3月26〜28日) [2021年03月28日(Sun)]
京都国際舞台芸術祭の最終を飾るプログラムとして
『私がこれまでに体験したセックスのすべて』を上演しましたが、
https://kyoto-ex.jp/shows/2021s-mammalian-diving-reflex-darren-odonnell/
TA-net舞台手話通訳チームから
加藤裕子、水野里香。
そして、フリーランス通訳者である橋本一郎さんの3名が、出演しました。

5名の60歳以上の高齢者が、それぞれの人生と性を語るというもの。
それに20代の若いDJが進行役を務めます。
あわせて6人の声を、3名の手話通訳者が分担しました。
また、合間に観客とのやり取りがあり、その通訳はアシスタント2名(下坂幸恵、高田里香)が担当しました。

古い小学校を生かした、「京都芸術センター」にて。
28821F91-5AF7-4680-A4BD-78DED18C4ABD_1_105_c.jpeg

監修は、河合依子、河合祐三子が担当しました。

実は、もともと昨年3月に青山スパイラルホールにて上演予定で、稽古を進めていたのですが、コロナ禍の拡大により延期。
満を持して、4月に青山スパイラルホールにて上演!
その前に、京都国際舞台芸術際に招聘いただいた、という次第。

舞台手話通訳チームとしても、全公演(京都で3ステージ、東京で4ステージ)すべてに出演できるのはとてもありがたいこと。

ステージ終了ごとに、ホテルで監修がフィードバックし、翌日の公演に生かしました。

初日前の「気合い入れ」
B0615CB6-3F0C-4C6F-A2EB-B02A64437E6F_1_105_c.jpeg

京都では全公演、満席でした!
FEE68856-4A50-41FA-9B53-17F868D729FF_1_105_c.jpeg

窓口で、サポート案内。6BFBDB68-D237-410D-BDB7-BF0887FE48B8_1_105_c.jpeg

C5C1C858-47B7-4F82-B00C-1798602C5279_1_105_c.jpeg


東京ではさらにブラッシュアップした舞台をお見せすることができるでしょう!
https://ta-net.org/event/1125