CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
WeNeedCulture! at DOMMUNE #失くすわけにはいかない 情報保障協力しました(2月18日) [2021年02月19日(Fri)]
昨年5月22日、1回目の緊急事態宣言の最中、演劇、映画、ライブハウスの3団体が集まり、10万人が視聴したという伝説の配信イベントに情報保障(手話通訳、UDトークによる文字支援)を行いました。

二度目の緊急事態宣言ということで、第二弾を2月18日(木)18時から23時半まで。

0218_WNC_dommune.jpg

チラシにもしっかりと情報保障を明記。

https://www.dommune.com/streamings/2021/021801/

今度は、音楽、ダンス、現代美術が加わりました!
5.png
そのため、ゲストも多彩。
話題も多彩。
1.png
一人一人の心からの熱い思いが響き、
素敵な時間となりました。

前回は手話通訳者はスタジオにて出演しましたが
今回は、全員オンライン。切り替えが心配でしたが、さすがプロです。
スムーズに切り替えができました。

文字チーム6名、手話チーム6名が
台本記載のパートにそって交代タイミングを組み上げたため
途切れなく進みました。
その分担もすべて仮想会議室システム「チャットワーク」を活用して相談。
実は北海道、大阪、東京、千葉、埼玉、神奈川、広島と分散しているのです・・・!!
11.png
また文字チームは台本を事前に入手、ポンだしする準備をしました。
手話通訳は事前に表出の準備を。

3.png

事前原稿を集めてくださった西原孝至さんは
映画「盲ろうを生きる」の監督なので、とてもその辺りをご理解くださっていました。

2.png

ライブが2回ありましたが
1回目は歌を4曲ということで、手話で表現。
たまたまですが髪型も雰囲気も似ている人が担当したため
より世界観がクリアになり、Twitterでも評判でした。
10.png
また締めの挨拶でも、担当のスガナミユウさんが熱く語ってくださいました。

ーーーー
今日は手話通訳がついていて、歌の手話ってすごい難しいらしくて。
寺尾さんと相談して、事前に曲目いただけないですかっていうお話で、ご相談させていただいところ、快く受けてくださって歌詞を送っていただきました。
手話通訳は歌詞を読み込んで、曲を聴いて用意してくれてました。
私は、寺尾沙穂さんの歌を必要としていて、僕たちは何で現場に集まるのか、なんでこうやって人の前で表現することをやめないのか。
耳が、耳の聞こえない人にでも人にも歌を届けたいという気持ち、手話の通訳の方がそれを届けたいと思う気持ち、これが一人一人文化が必要だって思ってることで生まれた連携やと思うんですよ。
それがWeneedcultureだと思うんです。
本当になくすわけにはいかないのは好きだという気持ちで大切だと思う気持ちだと思うんです。
ーーーー

これも前回の経験があったからこそ。

そして、この挨拶を読み返して改めて思ったことは
支援者も「文化芸術を失くすわけにはいかない」と強い思いを持っているということが
スタッフに伝わったから、
一緒にライブを成功させよう!という気持ちになったのだな、と。


TA-netのコロナ禍における活動の一つの大きな到達点と言えます。

瞬間視聴者数は最大で1万人でした。
1万人が手話通訳付きを見てくださっているということ。
そしてそれを受け入れているということを喜びたいと思います。

2回目のライブは即興のDJ?のため、曲名を調べてはタイトルを打ち込み。
歌に詳しくないとできない芸当ですね!これも支援者の重要なスキル。
BBFA4267-58C9-430D-A132-DA96435237B9_1_105_c.jpeg