CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
情報提供【映画「GODZILLA」日本語字幕における新しい取組みのご案内】 [2014年08月26日(Tue)]
いつもお世話になっているMASCさんからの情報提供です。

MASCとは?→こちらからご覧ください。

ー*−*ー*−*ー*−*ー*−*ー*−*ー*−

【映画「GODZILLA」日本語字幕における新しい取組みのご案内】

ただいま大ヒット公開中の映画『GODZILLA』(配給:東宝)では、 “難聴者向け日本語字幕版上映”として、2D吹替版に日本語字幕が付いた上映回を設けています。

“難聴者向け日本語字幕版上映”とは、通常の外国映画の字幕版では表示されない日本語のセリフ部分にも字幕が付き、また、話している人物の情報や状況説明の字幕も付いているため、聴覚障がい者の方も安心してご鑑賞いただける上映です。

外国映画ではそういった取り組みがあまりなされていない現状です。
このような配慮がなされた取り組みをもっと広げるためにも、多くの方にこの情報を知っていただきたいと考えております。

すでに各地で上映が始まっております。
ぜひこの機会に映画館でご鑑賞ください!
お友達にもお知らせください!

各地の“難聴者向け日本語字幕版上映”劇場情報はこちら。
http://gekijyo.toho-movie.com/theater.php?no=225

音声ガイド付き日本語字幕版の上映情報はこちら。
http://info.toho.co.jp/bf/gz/

また、この取り組みに対するご意見、ご感想などをぜひ以下のNPOメディア・アクセス・サポートセンターまでお寄せください。
FAX:03-5937-2233
メール:info@npo-masc.org

ー*−*ー*−*ー*−*ー*−*ー*−*ー*−

ぜひ皆さまの声をあげていきましょう!
【各種サポート有】「pの間」日本舞台美術家協会 舞台美術展2014 [2014年03月18日(Tue)]
日本舞台美術家協会さんが3月21日〜30日、東京芸術劇場5Fギャラリーにて舞台美術展覧会を開催されます。

会場:東京芸術劇場
 JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分

https://www.facebook.com/jatdt.p.noma
(Facebookのページに飛びます)

この展覧会・ワークショップにおいて以下のように準備してお待ちしております、とのことですので、皆さまもぜひ行かれてみてくださいね!
●会場に「筆談」の準備(筆談帳の設置、筆談対応する人などの配置)
●掲示物でワークショップ内容のご案内等を行います
●舞台模型展示エリアは、車椅子での鑑賞も可能です
●車椅子、視覚障害の方がお越しの際、何かお困りの時は必要に応じてお手伝いいたします

※本記事は日本舞台美術家協会さんの承諾をいただいて掲載しております。
【演劇鑑賞団体のご紹介】横浜演劇鑑賞協会 [2013年09月21日(Sat)]
掲題の団体では、障がいを持つ方への観劇サポートに取り組んでいらっしゃるとのことで、紹介します。以下、団体さんからの案内文です。
お問い合わせは以下のリンク先へ。

http://www.yokohama-enkan.jp/top.html

横浜演劇鑑賞協会は、営利を目的としない会員制の団体です。
創立して40年、260本を数える演劇を横浜で実現してきました。
会員数は約2,200名と幅広く市民に親しまれています。

○誰でもいつでも入会できます。
但し続けて観劇していこうという会ですから1回だけの観劇会に参加するという入場券は扱っておりません。

○年間6回の観劇会 
会員は1年間に6回の観劇会に参加できます。
観劇作品は幅広い会員の要望に応えてバラエティーに富んだ色々な作品を迎えています。

○昼3回・夜1回、希望する日で
観劇会は昼の部3公演(土曜日含む)、夜の部1公演開催されます。都合に合わせて参加できます。
観劇日の変更も可能で、見逃す機会も減ります。
会場は紅葉坂 青少年センター・ホールまたは桜木町近辺の他の会場になります。

○割引
障がい者や24歳以下の方には割引金額でご観劇していただけます。
現在、視覚障がい者9名、聴覚障がい者2名の方が一緒に観劇を楽しんでいます。
視覚障がい者には音声ガイド(土曜日公演のある日は主に土曜日に実施)、聴覚障害者には台本の貸し出しを行っております。
【字幕あり】韓国専門ミュージカルに全編日本語字幕つきます [2013年05月07日(Tue)]
【字幕あり】
韓国ミュージカルを韓国人俳優による韓国語で上演するため、全編に日本語字幕を掲出しているそうです。
ただし、聴覚障害者向けの音の情報は表記されません。
聴覚障害を持つお客様が来場したときは筆談での対応をします、とのことでした。

※本記事はアミューズ・ミュージカルシアター様にご確認いただいています。
アミューズ・ミュージカルシアター公式サイト
http://www.amuse-musical-theatre.jp/
新・歌舞伎座で字幕ガイド導入!毎日予約なしで提供! [2013年04月03日(Wed)]
あたらしい歌舞伎座のこけら落とし興行が4月2日に始まりました。
観客サービスとして従来の音声ガイドに加え、字幕ガイドが導入されました。
この運営をしているイヤホンガイド社さんに問い合わせをしたところ、
以下の通り回答がありましたのでシェアします。
なお、こちらで紹介することを承諾いただいています。
--------------
1.利用料金について
東京芸術劇場では、聞こえない方へのサービスと銘打って劇場が費用を負担して
実施していますが、歌舞伎座の字幕ガイドは利用者がお金を支払って利用する
来場者全てを対象にしたサービスである、という違いがあります。
また、東京劇術劇場の場合は実施日を限定しているということも大きな違いです。
(歌舞伎座は公演実施日は常に利用可能です)
弊社は劇場の方針に従ってサービスを提供する立場にあるため、
ご意向は理解できるものの、この点について弊社の意向を
反映させることは厳しいというのが現状です。

なお、4月中は、(再開場特別料金として)レンタル料金が1台1,000円のところ500円とさせていただくことになりました。

2.予約について
先に書きましたように、歌舞伎座の字幕ガイドはいつでも利用可能で、
今のところ劇場での申し込み受け付けのみです。
台数は一公演につき200台ご用意しており、十分であろうという想定です。

3.台本チャンネルのルビについて
台本チャンネルは基本的に台本と同じ内容を表示するものになります。
難しい漢字には台本でもルビがふられていますので、同じように表示する
予定です。

4.利用できる席について
1階〜3階は全席で利用可能です。
一幕見席は開場時には貸出をしませんが、先々貸出を検討する予定です。

5.電話での申し込みについて
先に書きました通り、今のところ事前申込での貸出はありません。

6.4月以降、弊社のホームページではご案内を掲載する予定です。

7.提供される公演について
4月から全ての公演でご利用できます。

8.聞こえない人への貸出対応
手話通訳や筆記通訳などの聞こえないお客様に向けた対応は特にありません。
全てのお客様に説明書をお配りしますので、そちらをご覧いただくことになります。

9.歌舞伎座への字幕導入の経緯
「歌舞伎観客の裾野を広げる」という目的で、松竹株式会社が導入を決めました。
歌舞伎を観たことがない方や、聞こえない方/聞こえにくい方などにとって、
字幕ガイドが観劇のきっかけになればという意味でもあります。
他の補聴システムはありません。

-------------
ということです!公的な支援のない中の取り組みなので、採算が取れないためにサービス停止することのないよう、どしどし利用していきましょう!
なお、現状では1幕席(1幕だけ見る安い席)は対応していないとのことですが、将来的には検討しているとのことです。
利用者が増えれば、価格設定の見直しの可能性もあるかもしれませんね!応援をしていきましょう。
この情報をぜひシェアして広めていってください。

イヤホンガイド社・Gマークのサイト↓
http://www.eg-gm.jp/g_mark/index.html
演劇情報サイト「演劇ニュース」さんで紹介されました [2013年03月30日(Sat)]
演劇ニュースを配信するシアターリーグさんの情報サイト「演劇ニュース」で
シアター・アクセシビリティ・ネットワークの活動を紹介していただきました!
ありがとうございます。

演劇関係者も多く目にするであろうこのようなサイトで紹介していただいたことは
とても意義のあることだと喜んでいます。

http://www.moon-light.ne.jp/news/2013/03/ta-net.html


そして、明日はいよいよ設立総会+茶話会です!
【字幕付オペラ上演情報】新国立劇場 [2013年03月07日(Thu)]
新国立劇場ではここ数年、すべての公演について
日本語字幕をつけているそうです。
日本語の歌詞及び台詞のみではありますが、
オペラを楽しむ手掛かりにはなるのではないでしょうか。

オペラに興味のある方はぜひチェックしてみてください。
http://www.nntt.jac.go.jp/

オペラ公演案内ページ
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/

また、チケットも障害者割引(20%)があります。
第一種の障害者手帳をお持ちの方でお付き添いが必要な場合、
お付き添いの方はお一人様まで無料となります。
※この障害者割引は新国立劇場での窓口もしくは
 電話のみの販売となります。
ーーー
新国立劇場ボックスオフィス
窓口受付:10:00〜19:00(年末年始、休館日を除き年中無休)
〒151-0071 東京都渋谷区本町1丁目1番1号
アクセスマップはこちら→http://www.atre.jp/atre/map2008.pdf

※電話もできる方はこちらもご利用ください。
 電話受付:10:00〜18:00
 03-5352-9999
ーーー

お問い合わせは新国立劇場へ直接どうぞ。
【情報提供】東京芸術劇場「障害者対象公演」ページのご案内 [2013年02月14日(Thu)]
東京芸術劇場さんの障害者対象公演のページをご案内します。

こちらのページに
ポータブル字幕、舞台説明会の開催情報が掲載されます。
こちらを時折チェックしてみてください。

こういうふうに専用のページを作って案内してくださるのは嬉しいことですね!

ほかの劇場にも広まりますように。

http://www.geigeki.jp/shougai/index.html

----
Facebookに2013年1月10日に投稿したものを転載しました。
【情報提供】世田谷パブリックシアター「観劇サポート」ページ [2013年02月13日(Wed)]
世田谷パブリックシアター公式ウェブサイトでは
以下のような観劇サポートについての専用ページを提供しています。
託児サービス、車いすスペース、
難聴者補聴支援サービス、盲導犬同行、
舞台説明会、上演台本貸出
などの情報を提供しています。

手話による現地までの案内動画がありますので
こちらもお楽しみください。

http://setagaya-pt.jp/about/support/

このような観劇サポートについての専用ページは嬉しい取り組みですね。