CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
ホスピタルシアター「アラビアの空のかなた」観劇報告(12月22日) [2019年12月23日(Mon)]
特定非営利活動法人シアタープランニングネットワークさんが実践している、
ホスピタルシアターを観劇してきました。
https://tpnkaorinakayama.wixsite.com/htp2019/home-1

ーーーー
じっとしていられなくても、座っていられなくても大丈夫。
一緒に踊っても、もちろん大丈夫。
ーーーー
とあるように、少人数でじっくりと向き合う演劇。
以前から関心がありました。

ちょうど知人のお子さんが観劇したいとのことで、同伴し、見学することができました。
セリフが少しあるのですが、今回は手話を取り入れたとのこと。

ストーリーはありますが、さまざまな小道具、大道具を活用し、その感覚を楽しみながら
演者と触れ合うというもの。

親子向けとはいえ、大人でも十分に楽しめますし
一般的な演劇だと長時間は厳しいという方にも、これは良いのではないかと感じました。


そして特筆すべきは、
観劇の2日前くらいに「ソーシャルストーリー」としてメールで送られてきたこと。
「劇を見る準備ノート」として、写真やわかりやすい文章で流れを紹介しています。

こちらで公開されていますのでぜひご覧ください。

https://tpnkaorinakayama.wixsite.com/htp2019/social-story-1

観劇前から、様々な道具を使って遊び、雰囲気づくりを大切にしていました。
音楽もいろいろな道具を使っていました。

最後には、みんなで観客ひとりひとりのお名前を歌う場面があり
それがとても優しく感じられました。

こういうところから、演劇への入り口になるのでは、と感じました。
今後の展開に期待です!

新国立劇場「あの出来事」「タージマハルの衛兵」観劇しました [2019年12月19日(Thu)]
東京は初台にある新国立劇場では、10月から12月まで、3ヶ月間「ことぜん」シリーズを展開していますが、そのうち11月「あの出来事」、12月「タージマハルの衛兵」では、以下のサポートを実施したので、視察に伺いました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f51.jpg

・告知の動画で字幕と手話を入れる
https://youtu.be/DP_7E-9JlTg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4032.jpg

・触る模型を展示

右側には点字版が用意されていました。
あの出来事
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f4f.jpg


タージマハルの衛兵
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4023.jpg
こちらは美術打ち合わせ用で、さわれませんが以下は触れるようにしっかりと作ったものになっています。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4029.jpg
このように二つ並べることで、それぞれの違いを楽しめるようになっていました。

こちらで終演後、スタッフと模型の前でお話ししていたら、他のお客様が興味深そうに寄ってきて一緒に聞いたり、実際に触ったりして楽しんでいたのが印象的でした。
このように「見えるお客様」にも楽しめるコンテンツとなっていました!


会場では、字幕を提供していることがわかるように明記。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4025.jpg

また、受付では紙にあらかじめ印刷したものを用意し、指差しで伝えることができるようになっています。
手話通訳者も待機しており、細かい話をすることもできました。

お芝居はどちらも、とても深い内容で、心に突き刺さる良作でした。
このような作品を字幕付きで安心して見ることができ、本当に幸せでした。
同行した聞こえない友人もとても喜んでいました。


新国立劇場での取り組み、これからも注目です!
https://www.nntt.jac.go.jp/play/news/detail/13_016033.html
バレエ鑑賞教室に手話通訳がつきました(12月14日) [2019年12月15日(Sun)]
文京区がほこる文化施設、「文京シビックホール」では、牧阿佐美バレエ団と提携して1年間に4回、定期公演を行なっているそうです。
ここ最近は、より楽しんでもらうために、開演前に鑑賞教室を行なっていますが
12月の「くるみ割り人形」では、はじめて手話通訳がつきました!

バレエといえば、声のセリフが全くなく、すべて音楽と踊りで表現していますので
聞こえない人にも楽しめるのですが
やはりストーリーや、背景を知っていると、もっと楽しめる、ということを
今回の鑑賞教室で実感しました!

牧阿佐美バレヱ団 「くるみ割り人形」
http://ta-net.org/event/944

一般向けと、親子向けの2種類あるのですが
どちらにも手話通訳をつけていただくことができました。

参加したのは聞こえるお嬢さんを含む、ろう者のご家族。
お嬢さんが小学生だったので、急遽、親子教室の方にも通訳を手配していただきました。

開演前の45分間に会議室で、
素敵なスライドをたっぷり使い、まずはバレエの歴史から。
また、物語の場面ひとつひとつを、見どころも含めて丁寧に解説。
いくつかの小道具も実際に触らせてもらいました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4034.jpg

その甲斐あって、鑑賞が本当にたのしくできました!

身体表現の美しさを極限まで追求しているところが、バレエの素晴らしさですが、
それに舞台美術、照明、衣装があわさって更に豊かだと感じました。
また一人一人の会話が、手話のような動きをしている時もあり、まるで「見える」ようでした!

こちらは、写真撮影OKのカーテンコール。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_402b.jpg

終わった後も、このようにロビーに写真展示をしており、色々と楽しむことができました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4021.jpg

来年も継続していただきたいと願っています。
関係者のみなさま、ありがとうございました!

KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜 を字幕で楽しんできました [2019年07月30日(Tue)]
いしかわ、人生2度目のサンリオピューロランド。
 
20190716_101452.jpg
 
KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜
20190716_111548814.jpg
 
字幕モニターのご依頼を受けて、TA-net会員のデフママさんと行ってきました。
字幕がつくことによって、聴こえない子供だけでなく、聴こえる子供を持つ聴こえない親も子供と一緒に楽しめる、というわけですね。
 
サンリオ2.jpg
 
「おもてなしガイド」というアプリを自分のスマホやタブレットにインストールしておけば、
公演の時間になると字幕が出てくるという仕組みです。
 
可愛いキャラクターが見得を切り、拍手〜♪
字幕や、受付での対応等気づいた点をアンケートに書いて、ランチも含めてサンリオの世界を堪能してきました。
20190716_130125020.jpg
 
 
観劇における字幕モニター、手話モニターのご依頼も受け付けております。
こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。
劇団四季「パリのアメリカ人」観劇しました [2019年06月19日(Wed)]
劇団四季「パリのアメリカ人」KAAT劇場公演にて、
6月8、11、15、26日の4日間、字幕サポートを実施しています。

https://www.eg-gm.jp/e_guide/event/shiki.html

TA-net会員数名が観劇しました。

字幕提供は、東京芸術劇場や歌舞伎座でおなじみのイヤホンガイドさん。
今回は、スマートフォンを使った端末での提供となりました。

IMG_2725.JPG

手のひらサイズにおさまる小さい端末で、さらにクッションを貸し出したので、
手に長時間持つ負担が軽減されました。

このような大きな案内が受付にあったので、認知度も進んだことでしょう。
IMG_0392.jpeg


音楽シーンが多かったのですが、字幕でも音楽の説明が工夫されていたので、
キレッキレのダンスを堪能しました。


商業演劇における字幕サポートがもっと進みますように。

SPAC『マイ・( レフト)ライトフット』観劇しました [2019年05月10日(Fri)]
静岡芸術劇場(SPAC)
「マイ・レフトライトフット」
スコットランドからやってきた公演がわずか2日間だけ、ということで静岡までやってきました。
1.jpg
脳性まひで車椅子ユーザーの演出・脚本による作品で、アマチュア劇団が障害者を使えば優勝できる!と思って応募するも、、というコメディミュージカル。
英国らしいユーモアに溢れた内容でした。
日本語字幕でストレスフリー!
しかも、字幕の表現が舞台美術と一体化して、フォントを工夫していたり、揺れたり(!)、と素敵でした。
英国手話通訳者も俳優の一人として動いていました。

143分は長かったのですが〜もう一度観たい作品でした。
手話通訳のナタリーさんと、終演後お話ししていろいろ聞けたのが良かったです!
英国の事情や舞台の作り方など。

カフェや受付に印刷した案内を置いていたり、
2.jpg
午前中のシンポジウムではUDトークの用意があったり、と配慮があって素敵でした。
クールダウンルームを設置していたのが印象的でした。
4.jpg
3.jpg

詳しくは、SPACさんのスタッフが書いた以下ブログを!
http://spac.or.jp/blog/?p=26762

新国立劇場オペラ「ウェルテル」を観劇しました [2019年04月20日(Sat)]
新国立劇場にてオペラ「ウェルテル」をTA-net会員4名が観劇してきました。

「ウェルテル」
https://www.nntt.jac.go.jp/opera/werther/
以下、レポートです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
3月19日、新国立劇場にてOPERAウェルテルを観劇させていただきました。
本当に素晴らしかったです。
その一言に尽きます。
オペラは総合芸術だと聞いたことがありますが、演技、音楽、歌声、衣装、舞台、一度にたくさんの要素の入った芸術を堪能できます。
一見、敷居が高く感じますが、
私のように演劇に詳しくなくても、楽しめる要素がたくさんあるおかげで、
自分に合わせて自由に鑑賞できると思いました。
なので、何を鑑賞したいかに合わせて座席を決めるのも良いかもしれませんね。(となると、何回も観たくなるかも?)

オペラは字幕のスピードがゆっくりなのもいいですね。
字幕を見るのに追われることなく、演技や舞台をゆっくり見ることができます。
今回は、事前にストーリーをチェックしていったのでさらに気持ちに余裕を持って芝居に見入ることができたように思います。

アクセシビリティについて、
災害時の案内のチラシ(日本語と英語で表記されたもの)が配布されていました。これは耳の聞こえない方、外国人だけでなく、一般の方々にも視覚的に災害時の対応について把握でき、安心できると思いました。

館内放送についても
同じようなチラシがあるといいなあと思いました。
何度も繰り返しアナウンスされていたので、事前に準備できそうですし、全員に配布しなくても必要な方にだけ配布する形でも良いのではと思いました。

帰りに、新国立劇場の担当者にご挨拶に伺いましたら、すぐにご自身の携帯で音声認識アプリを開いて対応してくださいました。その柔軟な対応力にも感動しました。
今後は、オーケストラの音楽を振動で感じることのできる機器の設置も検討されるとのことで、ますます耳の聞こえない方もオペラを深く楽しむことができるようになると嬉しくなりました。
とにかく、「百聞は一見にしかず」!
ぜひオペラを、一度は鑑賞することをオススメいたします。
本当に、素晴らしかったです。
(TA-net会員 瀬戸口裕子)
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

オペラ「ウェルテル」は世界的文豪のゲーテの小説「若きウェルテルの悩み」から来ている。
ゲーテが好きな私にとって中学三年生の夏休みに「若きウェルテルの悩み」を読んだ懐かしい思い出がある。人間の古典的かつ甘美な恋愛にロマンを見出しながら、あっけない自殺で終わる顛末に驚いたものだった。
 
オペラ「ウェルテル」はジュール・マスネ作。華やかで壮麗なオペラを得意とする作曲家と言われているだけに、管弦楽のメランコリックな響きと甘美な旋律線を用いて、人間の苦悩と愛情、幸福と不幸とを緻密に描いた一作と言う。

今まで親しんできたオペラは、テレビ鑑賞か、どこにもある公立文化芸術センターの2階から、ある国立歌劇団のオペラを鑑賞した事はある。今回は初めて入る新国立劇場は堂々たる建物。初めてみる本格的なオーケストラピットに心が躍った。舞台美術では、中世ヨーロッパの館、教会の中に包まれるような大胆的かつ圧倒される空間。その中で本格的な歌手が歌う張りのある声に包まれて、私の身体感覚が生き返る感じ。補聴器をつけて聞く難聴者の私でもわかる位、テレビ鑑賞以上にえらい違いで、健聴者並みではないがもう本格的なオペラが楽しめたと感じた。だから確かにシャルロットの心理的な揺れ、ウェルテルの情熱な歌など、色々な感情を込めた思いが感じられて、今でも記憶の中でゆさぶっています。

アクセシビリティについて
私達の席は舞台の最前にあって、字幕スクリーンは舞台の端の上部にあって見るために首をわざわざあげなければならない所でした。登場人物の重要な動きの時は字幕を見ないとか、歌詞が長くなったときは字幕を見るために首を動かす必要があって少しは大変。そこでタブレット型画面で、または字幕メガネを見るだけでも首、肩の負担が軽減されるから、あるといいなと思ったものでした。だからといって中央席がいいかもしれませんが、便利な字幕機器があれば、場所は問わないと思っています。
それにオーケストラピットをせっかく前にしながら下から溢れるような響きをもっと感じたかった。
私は感音性難聴者で低音域は聞き取れない方なので、特に弦楽器で最低音域がでるコントラバスがききづらい。
そのためには今新しく出されている、色々な振動機器をレンタルして下されば、わかるかもしれないし、より良い楽しみが増すと思う。さらにヒアリングループの用意も欲しい。それらがすべて付くと最大限的な楽しみが増えるはず。それだけ健聴者に少しでも近づくだろう。これはオペラ専門劇場の世界のどこでもやっていないように思われる。それならば新国立劇場が世界の先端に立って、もっと聴覚障害者などの声を聴くなり努力してそういう新しい環境提供サービス工夫の先駆者になっていただきたいし、同時にいろんな障害者の参加増加につながると期待しています。
(TA-net会員 安次嶺 剛)
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
新国立劇場バレエ「ラ・バヤデール」観劇しました [2019年03月22日(Fri)]
新国立劇場にてバレエ「ラ・バヤデール」をTA-net会員2名が観劇してきました。

「ラ・バヤデール」
https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/labayadere/
以下、レポートです。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
ラ・バヤデール観劇。

私にとってバレエ観劇は無縁の世界、と思ってました。
だけど、一生に一度だけでもいい、いつか観たいと思っておりましたが、なかなかこうした機会に恵まれませんでした。
本日は運良く、生まれて初めてバレエを観ることができました。
ワクワクしながら最後まで舞台で踊るダンサーに引き付けられるかのように最後まで飽きることなく観劇することができました。

それはさておき、あらすじは、「インドの寺院に仕える舞姫ニキヤはラジャー(王侯)に仕える若い隊長ソロルと恋仲である。ニキヤに思いを寄せる大僧正はニキヤを手に入れようと機会をうかがっている。
一方、ソロルが仕える王の娘ガムザッティはソロルとの結婚を望み、王の命にそむくことが出来ないソロルはいやいやながら、結婚を承諾してしまう。絶望するニキヤは毒蛇にかまれ、解毒剤を差し出す大僧正の手を振り払って絶命する。
後悔の想いの中で夢を見たソロルは夢の中でニキヤと再会して至福のときを過ごすが、彼が夢から覚めたとき、愛の力か、はたまた神の怒りか、寺院が轟音のなかで崩壊していく。最後はソロルがニキヤを追って亡くなった。。」
最後は静かなラストでした。

この3時間、セリフはなかったけれど、出演者たちのお身体、お顔、手足、動きなどから喜怒哀楽の表情がすごく伝わってきて、大変感動しました。
音楽も完全に聞こえる訳ではないけれど、補聴器を通して聞きながら、喜怒哀楽のリズムを感じることができました。

考えてみれば、形は違えど、表現方法は手話世界と同じようなものですね。
閉幕前に・・・・
宮殿内でダンサーがチェスに興じる踊り。
長い手足に、女性並みの柔軟性、抜群の跳躍力。
席のあちらこちらから、惜しみない拍手と「ブラヴォ!」の掛け声が贈られる演技でした。
観終わったら、あの切なさの後に、こみ上げてくるものがありました。
さざ波のように途切れることなく、静かに押し寄せてくる感動に、今もずっとその余韻に浸っています。

<アクセシビリティ面で>
1.新国立劇場の受付に申し出てチケットを受け取った後、そこから席に入るまでどう入っていいのかわからずウロウロとしてしまい、時間がかかりました。席までのご案内図があってもよいのでは。
2.館内や開演前、休憩時の案内が聞こえず、困りました。今回は聴者に手話で教えてくださったので助かりました。歌舞伎座にあるような字幕タブレットがあるといいと思います。
3.流れる音楽を身体で聴けるようなものがあるとよりよく楽しめると思います。強弱やリズムなどが感じられます。
4.タイムスケジュールというか、どの場面で表現するという内容があればわかりやすいではと思います。
5.休憩時、お茶やお菓子など買えるコーナーがあったのですがスタッフさんが筆談ボードか簡単な手話で会話できるのであればやりやすいと思います。
(TA-net会員 荒川孝子)
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

今回「新国立劇場」で初めてバレエの公演を拝見しました。
まず、会場の大きさに驚きました。
また、舞台の大きいことに更に驚きました。

幕が上がりましたが、ダンサーがどこでいるのか分かりませんでした。
召使のマグダヴェヤが躍り始めてダンサーがいる事に気が付きました。
そのダンサーが本当に小さく感じて、改めて舞台の大きさに感動しました。

バレエは身体表現の芸術だと思っています。
体の動きもさることながら、手指の動きに意味があると聞いたことがあります。
バレエ、フラダンスなどは指の動きが台詞のような言葉に代わる表現があると思います。
台詞がなくても大まかなことは伝わるのではないかと思います。

そこでバレエを鑑賞する時、事前に表現の意味を知ってから鑑賞するとより楽しめると思います。
聞こえない方にとっても手話と似ている表現が分かるとで、音楽は聞こえなくても楽しみ方が変わると思います。

是非バレエの表現の解説本を作成していただきたいと思います。
作品のあらすじを読んで、表現の解説本があったらもっともっとバレエが楽しくなりますね。

今回は思いがけず、素晴らしい作品を鑑賞することが出来ました。
本当にありがとうございました。

<アクセシビリティ面で>
・先にも述べましたが、バレエの表現を解説した本があると手話に似た表現もあるの是非作成して頂きたいと思います。
・更に、音楽を体感できる「抱っこスピーカー」があると、身体表現と体に伝わってくる音で台詞の意味も体感できるのではと思いました。
・また、ヒアリングループを使うことで補聴器と通してダイレクトに音を体感で来るのではと思います。
例えば、音によって次の展開場面が予測することができます。
低音によって不安が増し、ダンサーの表現と合わせてストーリの流れが想像できると思います。
・また、座席についてですが、中間より後ろの方が見やすいのではと思います。
舞台に全体が見渡せるほうが、視覚的情報は得られると思いました。
(TA-net会員 橋本美代子)
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

新国立劇場バリアフリー情報のページ

「はじめてご観劇される方へ」
各料金ごとの「各座席からのステージの見え方」も確認できます!
新国立劇場オペラ「紫苑物語」観劇しました [2019年02月25日(Mon)]
新国立劇場にて、オペラ「紫苑物語」が上演されましたが
日本語字幕が出るということで、TA-net会員3名が観劇してきました。


「紫苑物語」
https://www.nntt.jac.go.jp/opera/asters/

以下、レポートです。


<新国立劇場「紫苑物語」を観劇して>

○2/20(水)19:00~新国立劇場オペラパレス
オペラの聖地、新国立劇場へ初めて足を踏み入れました。世界初演「紫苑物語」スケールの大きさと舞台セットのド迫力と出演者の大人数とオーケストラの生演奏とオペラリリカの美声と見所絶えず、感動の嵐!カルテット(四重唱、宗頼・うつろ姫・千草・藤内)はとても印象的でそれぞれがソリスタとして確立しているのに、1つの音楽として聞こえてくるあの衝撃は脳裏に焼き付いています。平安時代の枕詞は日本語の美しさを改めて実感させられ、難しい言葉も字幕があるので確認しながら鑑賞することが出来ます。2019年ここ新国立劇場より世界へ!現代日本オペラの超大作を堪能させていただきました。感無量です。

○情報保障の面
全編に日本語字幕と英語字幕がついております。舞台上左右両面に。
アクセス面でのバリアフリーも完備され、初台駅から雨に濡れないで行き交うことが出来ます。車イス席もあり。ホームページで確認出来ます。
配布紙面@「災害時のご案内」会場の図解が付いておりとてもわかりやすい。裏面は英文。
配布紙面A裏面にあらすじが付いてますので、'台本貸出'と同じ効果があると感じました。情報保障の配布資料とうたっても良さそうです。
開演の合図として、照明を強弱で行っている幅広い優しさ。

まだまだ多数有ります、各々で体感してほしい。

劇場のアベレージとして情報保障の存在が当たり前になっている。その質と量はモデル事業になりうるお手本そのもの。情報保障も新国立劇場より世界へ!
(TA-net会員 加藤献也)


今回、初めてオペラを観たのですが、字幕もすごく観やすくて楽しめました。
振動がわかるアイテムがあればもっと楽しめるかなぁと思います。
今後もこういう楽しめる場が広がるといいなぁと思います。
受付の方とのやりとりが、筆談でスムーズでした。
劇場窓口では、開演前の忙しい時なのでスピードが求められますが、
シンプルな対応でしたので、気持ちよく入場することができました。
(TA-net会員 匿名)


2回目のオペラ観劇。
開演ギリギリに到着しましたが、スタッフが筆談で、開演を遅らせるので安心してくださいとメモを見せてくださいました。嬉しい配慮です。
補聴器を通して音楽を聞きましたが、音が身体に響き、まさに包まれるような感じでした。
舞台美術が素敵で、字幕が舞台のすぐそばにあるので視線の移動がスムーズでした。
「歌」なので、字幕が長めに表出され、スケールの大きな舞台の様子をじっくり楽しむことができました。
(TA-net会員 廣川麻子)

IMG_4890.jpg

幕間の休憩は25分間、と長いので軽い食事を楽しむことができます。
値段を分かりやすく表示しているので、安心して注文ができます。

IMG_4889.jpg
「ストアハウスコレクションNo.14タイ週間@上野ストアハウス」観劇レポート [2019年02月07日(Thu)]
TA-netには、さまざまな団体から公演・企画のご案内が届きます。
その都度、会員に紹介しておりますが、そのうちの一人による素敵な観劇レポートを紹介します。(主催者確認済)

公演情報↓
http://ta-net.org/event/839
ーーーー
◆ストアハウスコレクションNo.14タイ週間@上野ストアハウス
2019年2月1日(金)19:00~
TA-netから紹介があり、観劇して参りました。
途中休憩有りの二本立て。主にアジア諸国とコラボして公演を定期的に開催しているよう。今回はタイ。

○ストアハウスカンパニー
【Japan】
「PARADE-Reborn-」
ストアハウス代表 木村真悟/作・演出。
7名の役者が動き続ける、ひたすら何かと闘うかのように、何かを求めるかのように、何かに追い縋るかのように。
TA-netに携わっていて、ストアハウスカンパニーさんと出会うことが出来て本当に良かったと思いました。自分の知らない感性や感覚を体感したときに、立ち止まり戸惑い倒れ戦きつつも、人はそれでも歩み止まず進み続ける。
役者の皆様、なんて楽しそうなんだ。
ノンバーバルというにはおさまらない新感覚空間でした。

○B-Floor Theater
【Thailand】
『ManoLand』
タイで活動している方々の演目。五名の
役者による優雅で洗練された身体表現は観るものを惹き付けます。時折日本語を混ぜていたところにタイの人々の優しさが滲み出ていました。

次回は韓国とのコラボを予定とのこと。どのような公演になるのか、今から期待が高まります。是非ホームページ等で検索してみて下さいね。
(TA-net会員・加藤献也)
| 次へ