• もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
舞台手話通訳の集合研修を行いました!(9月10-11日) [2022年09月12日(Mon)]
9月10日(土)〜11日(日)に
穂の国とよはし芸術劇場PLATにて
「舞台手話通訳者のための集合研修 in 豊橋」が実施されました。

1泊2日のプログラムに北海道から沖縄まで多くの方が集まりました。
C5CB9F9F-31F0-4C81-A6A3-093E610F8A1A.jpeg

初日の午前中、まずは参加者の自己紹介。
既に活動されている方、これから活動したいと思っている方、
何から始めたらよいのかわからないという方と状況は様々ですが、
舞台手話通訳にかける熱い思いは同じ。全国に仲間がいるのだと心強く感じました。

その後の筑波技術大学障害者高等教育研究支援センターに従事される萩原彩子さんの研究発表では、舞台手話通訳の手法や演出事例を、
代表の廣川麻子さんからはTA-netの実践紹介を頂きました。

DA1F4220-1A3C-4023-9415-CFC06A932819.jpeg
受講生の仲間の江崎さんと田中さんの活動報告もあり、皆さんの活躍を知ることができました。

14時半からはホールに移動して
『舞台手話通訳付き講演「楽屋」〜流れ去るものはやがてなつかしき〜』を観劇しました。

通訳者も役者の一人として舞台上を動き回っての表現。
私の想像を超えていて、いったいどれほどの稽古を積んだのだろうと圧倒されました。

観劇を終えてからは、萩原さんのファシリテートによる意見交換会。
複数いる演者のセリフの演じ分けに限らず、効果音や「...」といった間合いをどう表現するのかなど、話が尽きませんでした。
DBD08F2B-A884-4FBB-8539-8C7EC7BF5EA0.jpeg

コロナ禍でなければここから交流会といきたいところですが、そこは我慢。
ああ、でももっと皆さんと語り合いたかったなあ。


さて集合研修2日目の午前中は、聾の舞踏家、雫境さんによる身体表現WS。
D2C5F9FF-53E5-4CA4-85A9-2A27A0BCB473.jpeg
身体の使い方の基本をギュッと凝縮して指導して頂きました。
身体の動きだけで重さや軽さ、年齢や性別、怒りや悲しみを表す雫境さんの表現に魅入ってしまいました。

0BDCDD6F-F8D0-4764-83D9-597FDBDB0BC9.jpeg
すぐに自分の身体で表現できるわけではありませんが、手話単語だけでなく身体全体の表現の大切さを学び、身体づくりの大切さを改めて感じました。

午後からは河合祐三子さんによる実践WS。
『楽屋』台本の一部を読み込み、グループ毎に発表するということで緊張していました。
9E235ABB-1B86-45DF-91CE-4C52DD0B3F10.jpeg
言葉の翻訳とばかり思っていたのですが、同じ台本を異なるテーマ(“笑い”“悲しみ”など)で表現し合うという内容で、グループごとの様々な表現を楽しめました。
EB643DBA-19B1-498F-9372-71D5FEB1A6CC.jpeg
笑い過ぎて椅子から落ちてしまう人もいて、凝り固まった頭がほぐされ表現の幅が広がりました。

そんな楽しいWSでしたが、
河合さんの「私たちは手話を捨てられない」「誰のための舞台手話通訳かを忘れないで」という言葉に気持ちが引き締まりました。

「来年もまたこのような研修会が開催されたらいいね」
「また会おうね」
「地域で実践します!」
「実践の場があればどこへでも飛んでいくよ〜」
と、熱い気持ちを胸にそれぞれ帰路に着きました。

とても濃い2日間でした。

(報告:野上まり)
【文化庁受託事業】舞台手話通訳つき公演「きんいろの髪のおひめさま」(9月17-18日)@仙台市 [2022年09月07日(Wed)]
TA-netでは、以下の事業を文化庁から受託しています。
令和4年度障害者等による文化芸術活動推進事業
「舞台手話通訳者の人材育成および実践普及、観劇サポート啓発」

「舞台手話通訳・実践」事業の第一弾は、仙台から!

フラットシアターフェスティバル 参加作品
「きんいろの髪のおひめさま」




宮城野区こども舞台演劇祭
フラットシアターフェスティバルvol.1
「きんいろの髪のお姫さま」
出演:谷口直子(Divadlo501)
手話通訳:新納真梨子(TA-net)
音響:佐竹厚美
協力:特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク
9月17日(土) 12:30〜
9月18日(日) 14:00〜
※上演時間:約50分
会場:2階リハーサル室

チケットや公演情報はこちら↓
http://sun-pucho.com/flatfes?fbclid=IwAR1-6ZMAIIEudOemABMuvKlUmxZKJ7LD8utoFWEUcvmwA2-zcZGhsK3LhrU&fs=e&s=cl

手話出演は、仙台会場(2019年)受講生の、新納真梨子!
本作がデビューです。

本番に先立ち、岐阜にてお稽古しました。

スクリーンショット 2022-09-15 21.58.42.png

どうぞお楽しみに!
「舞台手話通訳」にチャレンジしてみませんか?公募のご案内(7月25日受付開始!) [2022年07月10日(Sun)]

文化庁委託事業
「令和4年度 障害者等による文化芸術活動推進事業」


全国への舞台手話通訳派遣 公募プログラム
 

事業概要                               

1.趣旨目的:
本事業は、舞台手話通訳や手話監修者の実践の場を創出しながら、ろう者、難聴者の鑑賞機会の充実に向けて、全国の劇場音楽堂等や芸術団体等と協働し、アクセシビリティの充実した公演の普及啓発を目指すものです。公募で選ばれた取組に、NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)が公演内容に応じて舞台手話通訳や手話監修を派遣し、コーディネーターが稽古から本番開催までサポートします。

2.特色:
・舞台手話通訳、手話監修を派遣します。
・ろう者、難聴者を対象としたアクセシビリティサービスについてご提案します。
・公演には聴覚障害者の鑑賞モニターを招き、ブラッシュアップに向けたフィードバックを行います。
・謝金、旅費の補助があります。

3.募集事業:
舞台手話通訳を導入したい演劇公演等(※ジャンルは問いません)

4.対象者:
・舞台芸術等の表現活動を継続して行なっている団体等
・舞台手話通訳を含めた観劇サポートに関心を持ち、継続して取り組む意志のある団体等
 ※劇場、芸術団体、実行委員会等、組織体制は問いません。
 ※個人からの応募の際には実施体制について確認をさせていただきます。

5.自己負担金(委託料)について
A枠:委託料10万円(通常60万円程度の内容)2時間の公演(ステージ数2回)程度
B枠:委託料 5万円(通常30万円程度の内容)2時間の公演(ステージ数1回)程度
(含まれる内容)
・舞台手話通訳1~2名
・手話監修者1~2名 (オンライン稽古・現地立ち合い) 
・コーディネーター1名
・稽古、打ち合わせの際にかかる手話通訳費用
・告知動画制作の協力
・アクセシビリティ対応および、広報へのアドバイス
・上記スタッフの旅費※ホテル、新幹線・飛行機代(1往復分)
・モニター謝金
※取組内容、開催エリアによっては追加料金が発生する場合がありますので、ご相談ください。
※「通常60万円ないし30万円」は2時間の一般的な会話劇、旅費は東京からの距離を想定しています。上演内容によっては増減します。

6.舞台手話通訳とは:
通常の手話通訳とは異なり、演出家の指導のもと通訳者も 1 人の出演者として舞台上に立ち、時にはともに演じながら台詞や情景を観客に伝える手法です。
演じながらセリフを手話通訳する「舞台手話通訳者」、ろう者の立場で演出アドバイスを行う「手話監修」、主催者との間で調整を担う「コーディネーター」を配置し、聴覚障害者に向けたアクセシビリティの高い演出を実現します。

7.NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)とは:
聴覚障害を持つ当事者が中心となって、「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に、障害があっても気軽に劇場に足を運べる社会作りを目指し、シンポジウム開催や情報発信サイトの立ち上げなど様々な活動を実施。2013年より支援に関する意識調査、観劇サポートのあり方の研究および発信に取り組み、2018年より全国各地で舞台手話通訳養成講座を開講、現在は実践に取り組んでいます。

・団体ホームページ http://www.ta-net.org
・団体ブログ https://blog.canpan.info/ta-net/

8.想定している取り組み:
通常の演劇公演に、舞台に適した手話通訳を配置する形式など

9.舞台手話通訳に関する参考映像
・舞台演劇に手話通訳を!〜演劇の門戸 広げます〜 https://youtu.be/KiRiREFvKbw
・舞台手話通訳・字幕・音声ガイドつき演劇「メゾン」https://youtu.be/Yh28s1FS07E
・タカハ劇団「美談殺人」配信記念トーク(手話・字幕あり)https://youtu.be/HMlQ0Xd20e0
・朗読劇「かもめ」手話告知(字幕あり)https://youtu.be/kTTZsP-h52Y
・音楽劇「枇杷の家」手話告知(字幕あり)https://youtu.be/T5Z9bT2ATkk

10.審査において評価する点(全てに該当している必要はございません)
・舞台手話通訳の導入事例が少ない地域(北海道、東北、四国、九州エリア等)での実施
・舞台手話通訳導入への意欲がある団体
・地元の聴覚障害者団体との連携がある、または今後関わりを作る意思のある団体
・将来、継続して舞台手話通訳導入を検討している団体
・啓発素材として本番を含む画像や一部映像の提供ができる団体
・手話による告知動画の制作に協力できる団体
・舞台手話通訳導入のために十分な時間や体制が確保された公演
 ※再演など公演動画を事前提供いただけると、より良い観劇サポートが提供できます。

11.事業実施期間:採択後〜令和5年2月末頃
公演内容、および他の採択事業とのスケジュール調整により、お受けできない場合がございますので、ご了承ください。



 応募概要                               

1.募集期間:
 一次募集:令和4年7月25日(月)〜令和4年8月10日(水) 結果通知は8月末を予定
 二次募集:令和4年9月1日(木)〜令和4年9月15日(木)  結果通知は9月末を予定
※募集枠に達し次第、受付を終了します。

2.応募方法:
以下のフォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/yG8rPLsNCZhQBets8

3.応募にあたっての注意点:
・一団体が応募できるのは、一事業までとなります。
・他の補助金との重複申請となる場合には、事前にご相談ください。
・事業実施においては、新型コロナウイルス感染拡大防止に十分にご配慮ください。

4.支援対象とならないもの:
(1) 特定の個人、企業、国、地域等を誹謗中傷する作品
(2) 人種、思想、信条、居住、職業、性別等で差別し、又は差別を助長する作品
(3) 政治、宗教活動を目的とする作品
(4) 他者になりすますなど虚偽や事実と異なる作品、及び正否の確認できない噂等を掲載する作品
(5) 広告、宣伝、勧誘、営業活動、その他営利を目的とする取組
(6) 過度の暴力表現、性的表現など、公序良俗に反する作品
(7) 法律、法令等に違反する内容、又は違反する恐れのある取組
(8) 著作権、商標権、肖像権等の知的財産権を侵害する恐れのある内容
(9) 本人の承諾なく、他の利用者又は第三者に関する、住所、電話番号、メールアドレス等の個人情報を特定、開示、漏えいするなど個人のプライバシーを侵害する内容
(10) 有害なプログラム等の送信などにより通信機器の機能を妨害し、情報を引き出し、又は他者のアクセスを妨害する内容
(11) 他の利用者又は第三者に不利益を与える内容
(12) 特定の観客を対象とした取組(会員のみを対象とした公演等)
(13) 慈善事業への寄付を目的として行われる取組
(14) その他、当団体が不適当と判断する取組


お問合せ・ご相談:
特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク
E-MAIL:staff@ta-net.org
※メール受信後、5~7日以内にご回答させていただきます。



 応募から採択、実施までの流れ    

flow.png

公募要領のPDF版を以下URLからご覧いただけます。印刷はこちらからどうぞ。
公募要領_TA-net_2022.pdf