CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
【UDトーク練習会#4】配信イベント「 旭川歴史市民劇実行員会 特別企画 ネット座談会 「演劇の生まれ方 〜期待されるこの先に向けて〜 」でUDトーク練習をします(7月4日) [2020年07月01日(Wed)]


この度、TA-net(特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク)では、UDトークオンライン無料レッスンの受講者を中心に、下記イベントにUDトーク字幕支援の協力をすることになりました。
見るだけでも、大歓迎!

*途中参加、途中退出可能
*事前申込み不要
*機材セッティングは配信側で行いますので、誤認識編集のみの実践です。
*「みんなで作る字幕」をコンセプトとしており、リアルタイムによる字幕表示のため、一部、誤認識が表示される場合がございます。完全な情報保障にならないことをご理解のうえ、ご利用ください。
*アプリのインストールや利用については、ご利用される方の責任でお願いいたします。

【オンラインイベント】
旭川歴史市民劇実行員会 特別企画 ネット座談会
「演劇の生まれ方 〜期待されるこの先に向けて〜 」
日時:7月4日(土)20:00〜22:30
閲覧方式:Facebookページ「旭川歴史市民劇実行委員会」にてライブ配信
(イベント案内ページ)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1568401256666419&set=gm.926862554456263&type=3


・URLでトークに参加する<編集>
https://service.udtalk.jp/redirect.php?token=68OZoTFyH4rN6xu2%2FXJpMjrAxPVkmjKPf2jOjrPTlV9ZQ7BPNEIbA4DssAKQ0t0y%0D%0AVUYR%2Fu%2FpVDptlpcHS8RgZkbeEAePJN6iGDLmpQuowoxp5uG8em21Qj6784zhHCfV%0D%0AEkJDiS9z2jVO7B1bjdcJaGVSfQpSm%2FYt6mLopH8o2Gy3YE%2BuHc%2F0rla3w7hU1kbH%0D%0AoWXVTdZysiHRh6EyStn7QAIjlsJoEA5lYqBuVusa0YM%2BOg7N6TdGbsL1vVZx7r6c%0D%0AksjGyQc4HqEXyp3rneZcvq8jXBpiIEcT0LZhgAMysfgRBi59JkSsYIzxC28carqx

【UDトーク練習会#3】「演劇業界の動きを伝える配信3回目 文化庁「緊急総合支援パッケージ」徹底攻略!(7月3日(金)20時-20時半) [2020年06月30日(Tue)]
以下のオンライン番組にて「UDトーク練習」を行います。
音録りを当方で行い、流しっぱなしにしますので、修正の練習にどうぞ!
見るだけでも、大歓迎!

*途中参加、途中退出可能
*事前申込み不要
*機材セッティングは配信側で行いますので、誤認識編集のみの実践です。
*「みんなで作る字幕」のコンセプトですので、完全な情報保障にならないことをご理解のうえ、ご利用ください。


演劇業界の動きを伝える配信3回目
文化庁「緊急総合支援パッケージ」徹底攻略!

7月3日(金)20時よりオンラインにて
●第一部20:00-20:30:公開配信!むずかしいことをやさしく解説編
無料配信

https://youtu.be/z0SM-C9yFxE

●第二部20時45分〜21時45分:限定配信!具体的に取りに行くぞhow to編
要申し込み(無料)7月2日(木)23時59分〆切
https://forms.gle/nuEWoSGC1KjpemU66
↑こちらは、TA-netの協力によりUDトークを提供します。

リンクをクリックしてトークに参加してください。
・URLでトークに参加する(閲覧の方もこちらでOKです)
https://service.udtalk.jp/redirect.php?token=68OZoTFyH4rN6xu2%2FXJpMn14pomCJCQtNc1uPHjqhcs6i9Vbb%2FWbEWHEieqXTP60%0D%0Aoqaiz3KO7I%2FN7JL79PuolxygAr1TxxwfMiAtTrkyL5hqhEs9qUUN4rQUrTKRxGWr%0D%0Ak8wzmaAnqtfAdkuve%2FCzd7g923kD7GZHCgy%2FpvoDNfK5uJJgusqzyZxfqObUBbzZ%0D%0AWgzmP4nuIaU8jcKAlv7iX2JWW9avlp%2FWCbn5XQJbm9b2TFDKpHoIVesEEMuDde%2Fr%0D%0ADKQGd0GqLsOlvL%2BoghW1MA5CaZ7v05uG7Yr%2BuFb9rw1npPHPIR02molTXRS2iIJq

【UDトーク練習会#2】配信イベント 「#演劇が不安〜え? マジでこれから演劇活動どうすりゃいいわけ? 不安とかいろいろ語りあおうの会」でUDトーク練習をします(6月26日) [2020年06月26日(Fri)]
以下のオンライン番組にて「UDトーク練習」を行います。
音録りを当方で行い、流しっぱなしにしますので、修正の練習にどうぞ!
見るだけでも、大歓迎!

*途中参加、途中退出可能
*事前申込み不要
*機材セッティングは配信側で行いますので、誤認識編集のみの実践です。
*「みんなで作る字幕」のコンセプトですので、完全な情報保障にならないことをご理解のうえ、ご利用ください。

・URLでトークに参加する<編集>
https://service.udtalk.jp/redirect.php?token=68OZoTFyH4rN6xu2%2FXJpMlE3cP7%2Fur%2FBUIGNd6k1eDUlxxMrJrwlvIPwsPSEoG3S%0D%0AdElMSrORqs9oipr9%2FWRovZlvNEFtelQ0mVmYB3kYn%2FlgQU51skaAaXn6eo8kYHCm%0D%0A3cfQUJ0U6VAO9Ej0nVAV4hd%2BggMDfTXdRN0H20yg6UId2LRJPufpT096XC%2Frm7YC%0D%0AbvfOQZUtHXUxusTFlr0LQ3ahI%2BBzZjvDZipl4uXvTXsFBybIZizRjNbFEH0jXW29

<閲覧だけの方は、以下を読み取ってください>
・URLでトークに参加する
https://service.udtalk.jp/redirect.php?token=68OZoTFyH4rN6xu2%2FXJpMlE3cP7%2Fur%2FBUIGNd6k1eDUlxxMrJrwlvIPwsPSEoG3S%0D%0AdElMSrORqs9oipr9%2FWRovZlvNEFtelQ0mVmYB3kYn%2FlgQU51skaAaXn6eo8kYHCm%0D%0A3cfQUJ0U6VAO9Ej0nVAV4hd%2BggMDfTXdRN0H20yg6UJiHjg1WNwVaYXiPE%2FN8Xc0%0D%0AGYW9G%2BLqPsc7hetEOHRsUYH40ToMpxoVarFEEk47MYbJrOnTSx4AJmOybk9C3F4G


配信イベント
「#演劇が不安〜え? マジでこれから演劇活動どうすりゃいいわけ? 不安とかいろいろ語りあおうの会」

日時:2020/06/26 20:00〜(約90分を予定)
URL: https://youtu.be/hHDPjud8NG0 (youtubeで配信)

出演:
出演者:綾門優季(キュイ) 奥村徹也(劇団献身)
黒澤たける(ゆうめい) 諏訪こばと(こえのしずく)
瀬戸山美咲(ミナモザ) 高羽彩(タカハ劇団)
藤井颯太郎(幻灯劇場)
ゲスト:藤田卓仙(慶応大学医学部)
スタッフ:水澤桃花(箱馬研究所)
【UDトーク練習会#1】 演劇業界の動きを伝える配信2回目:文化庁の二次補正予算を中心に解説!(6月13日) [2020年06月13日(Sat)]
<6月19日追記>
以下のアーカイブ動画で、「日本語字幕」を見ることができます。
ただし、冒頭の1分は字幕が入っていません。ご了承ください。

【 文化庁の二次補正予算を中心に解説!】演劇業界の動きを伝える配信2回目


ーーーーーーーーーーー
以下の動画で【UDトーク練習会】します。
音録りして流しっぱなしにしますので、修正の練習にどうぞ。
見るだけも、もちろんん大歓迎!

*途中参加、途中退出可能です。
*機材セッティングは配信側で行いますので、誤認識編集のみの実践となります。
*「みんなで作る字幕」のコンセプトですので、完全な情報保障にはならないことをご理解のうえ、ご利用ください。

・URLでトークに参加する
https://service.udtalk.jp/redirect.php?token=68OZoTFyH4rN6xu2%2FXJpMp3L%2B9oigC6rpFFwjR%2Bqf7vqOAl6KkXpa%2FSgnXMZhi04%0D%0A9ki3XeRfGxHBBjIQVSdAkLm0e3JYs3klJZJbWL9ga0U%2FM7CyvtHpJgJkmXYCDRa1%0D%0AHPJLVsxVtstwXI%2BnmMjq7hzI49g0Tn7UzsI7%2Bwm43y9CtdDJ0Kc%2ByTliIRxWXmQJ%0D%0AQs7wrrDekkTy7kHbV98C8qGsBFUpcuNiNDcJndVOm6zoDibtQtt%2FZrUbuwhvJEm4%0D%0AXL24PkEp%2BihliJnnaMvoF4sphybv6F87Gp6eUha0SjqepIS2p5ufCd9x0JRjLG7q&fbclid=IwAR2iZD3ykeXwXq9Q0tLuNuTQXZ5wsFsR5d_mZfgCIrw2-29-W6UrG-FGH00

・閲覧だけの方は、上記URLに掲載されているQRコードを読み取ってください。

ーーーーーーーーーーーー

演劇業界の動きを伝える配信2回目
 文化庁の二次補正予算を中心に解説!
6月13日(土)20時
対象:20代30代の演劇人

当初文化庁は長官のコメント以上のサポートは出来ないという姿勢でしたが、演劇緊急支援プロジェクトなどの署名活動を経て、具体的な支援をしていただける状況にまでこぎつけました。

一方で、小劇場を中心とした演劇人には、そのような状況自体が情報としていき渡っていないと感じています。
そこで、WeNeedCultureや演劇緊急支援プロジェクトに関わる演劇人有志で、知っている情報を広く共有するためのライブ配信を企画しました。

20代30代の演劇人のみなさんに広く知っていただき、今後の活動の助けになれればと思っています。どしどし拡散、ご視聴くださいませ。

話し手:詩森ろば(serial number)
聞き手:高羽彩(タカハ劇団)
ゲスト:松森モヘー(中野坂上デーモンズの憂鬱)
司会:黒澤世莉

#WeNeedCultureイベントの情報保障協力をしました [2020年05月31日(Sun)]
TA-netも賛同人として加わっている「演劇緊急支援プロジェクト」が、
映画、音楽とともに共同で支援を求めるプロジェクト#WeNeedCulture に加わりました。

そのイベントが、5月21日、22日に行われましたので報告です。

開催内容
5月21日ウェブシンポジウム「#WeNeedCulture文化芸術復興基金をつくろう」

youtubeで当日の模様がアーカイブされています。
またUDトークのログを、ざっくりと修正した上で
字幕として入れています。
以下の動画で「歯車」をクリックすると「字幕>日本語」を選択できるようになっています。



また、手話通訳も登壇者と同じ大きさで出演しました。
これもオンラインならではですね。
手話通訳も、登壇者と同じように自宅から出演しました。
3名で15分交代し、バックヤード(視聴者から見えないところ)で常時1名が待機。
オンラインだと手話通訳の疲労が高いので、出番が終わったら
ネットから一旦抜けて15分休憩、というふうに工夫しました。

UDトークは、この日は2名で対応しましたが、
ヒートアップするとついていけず・・・。早速ミーティングをして翌日は4名体制としました。

終了後はUDトークのログを生かし、ざっくりと修正をして、アーカイブでもしっかりと情報保障をつけられるようにしました。
「ざっくり」なので、場面によっては文字だらけの時も。。
そこは緊急度を鑑み、ご容赦ください。

再生回数、現時点では18000回。

スクリーンショット 2020-05-21 0.52.16.png

5月22日#WeNeedCulture at DOMMUNE〜リレートーク〜

そして22日。
この日の午後、省庁へ要請行動と記者会見が行われました。
当初はライブ配信を予定していなかったのですが、急遽、「ツイキャス」でライブ配信を行うことになったとのことで、こちらも手話通訳協力をしました。
音を取れるか分からなかったのでUDトークは用意しなかったのですが、ツイキャスの画質が悪く、ひきの画面ではうまく取れませんでした。やはりUDトークも用意すればよかったと反省。

ただし、テレビニュースでも随分と紹介されたのですが
そこでは綺麗に手話通訳も映り込んでおり、このような場でも通訳の存在をPRでき、嬉しく思いました。
要請行動 でも、カメラに向かう形で手話通訳。
要望書提出3.JPG

記者会見では、話者の近くに移動する形で。
西川信廣2.JPG

記者会見.JPG

夜は19時から、渡辺えりさん、小泉今日子さん、土田英生さんらが中心となってトークを繰り広げました。
手話通訳3名はスタジオに行き、以下のように手話通訳用のカメラの前に座って通訳。
引き4.jpg

通常、ワイプというのは固定されるのですが
今回は、リモート出演したり、ほかのロゴをいれたりする関係上、必要に応じて
右上や右下、左下、と移動しました。
また全員がリモート出演した時は21日と同じく、同じ大きさになりました。
以下画像の上部、真ん中が手話通訳です。

引き1.jpg
ちなみに、youtubeのチャット欄では
「手話通訳、すごい!」
「通訳の**さん、ありがとう」
とコメントがいくつか入っており、とても嬉しく思いました。

リレートークは予定を遥かにオーバーして、22時終了予定だったのを23時44分となってしまったのですが、司会が「手話通訳は3名でお送りしました」と伝えたところ、チャット欄に
「手話通訳すばらしい」「おつかれさまでした」
と連投され、通訳に対してのあたたかい意見に、大変嬉しく、励みになる思いでした。

ちなみに、現場でも、TA-netと以前、関わった方がいらっしゃり、なにかと気遣ってくださったので通訳者はとても心強かったとのこと。
このように、現場に情報保障に理解のある方、接したことのある方が一人でもいると
とてもスムーズになる、ということがわかりました。
今後のためにも良いインパクトを与えれられたかな、と自負しています。

ライブ配信ならではの通訳としての課題もありました。
配信結果の動画と、現場でのモニターが違うことがあるので
通訳者は現場でもネットチェックをしてカメラ調整をしなければならないという課題がでました。
通訳者、コーディネータとしても、ライブ配信における情報保障はとても貴重な経験となりました。

UDトークは、4名で休憩を交代でとりました。結局4時間半以上になったので、4名、休憩の設定は正解でした。
話者をしっかりと区別することを意識、
アーカイブで字幕をつけることを意識し、遅れても修正していくことなどの方針を立てました。

結果、手話でも文字でも、しっかりと情報保障を提供することができました!
この日の夜の熱気を、取りこぼすことなく伝えられたと喜んでいます。

この時の視聴者数は最大で105,000件を超えたそうです。
アーカイブでも確認できますので、ぜひお楽しみください。
(字幕データは渡しているのですが、まだ反映されていません)


**リレートーク画像の撮影 鳥居洋介**

関係したみなさま、本当にありがとうございました!
今回かぎりとせず、今後もこういったイベントに情報保障がつくことが当たり前となるよう
引き続き、働きかけていきたいと思います。
『#WeNeedCulture at DOMMUNE〜文化芸術復興基金をつくろう〜』情報保障協力を行います(5月22日19時〜) [2020年05月21日(Thu)]
今日5月21日のウェブシンポジウム「#WeNeedCulture文化芸術復興基金をつくろう」はご覧いただけましたでしょうか。
手話通訳・UDトークに言及されているコメントも多く、大変うれしく拝見いたしました。
またHUFFPOSTさんでも記事になっています。
音楽・映画・演劇を支えるため「文化芸術復興基金」の設立を 業界や党派の垣根を超えて連帯広がる

さて、「演劇は生きる力です。演劇緊急支援プロジェクト」は明日22日に演劇・音楽・映画の三者連合で省庁要請、記者会見に続き、リレートークと盛りだくさんです。
省庁要請においては要望書を提出予定です。
5月22日(金)12時30分頃から「文化芸術復興基金創設に関する省庁要請 ―登壇:渡辺えり氏(劇作家・俳優)ほか」がIWJ・岩上安身事務所により中継されます
(この中継には手話通訳がつきます。協力:TA-net)
https://twitcasting.tv/iwj_ch5

また日本の文化芸術の復興・継続のための「文化芸術復興基金」設立に向け、《演劇・音楽・映画》の三者による共同キャンペーンがスタートします。
ウェブサイトが立ち上がっています。
リレートークも是非ご覧ください。

『#WeNeedCulture at DOMMUNE〜文化芸術復興基金をつくろう〜』

日程右向き三角1︎5月22日(金) 19:00〜
配信右向き三角1https://www.dommune.com/
手話通訳・UDトークによる文字支援あり

【出席者(予定・順不同)】
小泉今日子/スガナミユウ/土田英生/渡辺えり

【リモート出演(予定・順不同)】
浅沼優子/井浦新/大友良英/川瀬陽太/Jee Young Bang/田中要次/DJ Nobu

【司会進行】
Nozomi Nobody

配信中、出演者の方々に#WeNeedCultureに集まった皆さんからの声を読み上げていただきます。様々な声を繋げ、文化の大切さをあらためて問う機会にしたいと考えています。それぞれの文化への思い、守りたい気持ち、エピソードなど、皆さんの声をお寄せください。


UDトークは以下QRコードをスマホやタブレットに読み込んでください。
WeNeedCulture0522_UD.JPEG

以下URLをPCで読み込ませることも可能です。
https://service.udtalk.jp/redirect.php?token=68OZoTFyH4rN6xu2%2FXJpMvNkKePF3CXJxkFVA9HQgqCulglfkFsXTSwbHP%2Fh2NrG%0D%0AHFqlc1suYR19CWQkRQjqbt2NwH%2BE6qpVM7tOyCt%2BfRg9MSKeSUJedbIYYX4uo%2BB8%0D%0A1ylTV8igxspNeSkLwvqY5NLZ%2BIYOTaALAmvZjTbwiVEuZip669I7B8BQtLlGNVaR%0D%0Ax79K048KXlmSh7%2FT7Po6RiNX5JPzFlZOTv0gBQTD%2FPN7fWegOLVVOFL4%2Fs5DEtjd%0D%0A%2BOP8BFaxGK%2B1ukqs2TdQdku%2FjXAVWv81BZDPWroneUE%3D

UDトークアプリとは?(無料の音声認識アプリです)
https://udtalk.jp/
ウェブシンポジウム「#WeNeedCulture文化芸術復興基金をつくろう」情報保障協力します(5月21日) [2020年05月20日(Wed)]
演劇、映画、音楽ライブハウスの3者がまとまって共同行動を起こすことになりました。

TA-netは、「演劇緊急支援プロジェクト」に賛同しています。
この度、関連イベントの情報保障を協力することになりました。

ウェブシンポジウム「#WeNeedCulture文化芸術復興基金をつくろう」
5月21日(木)16時〜17時30分


上記のオンライン動画にて、

手話通訳 
UDトークによる文字支援


を提供します。

手話通訳は遠隔で、画面に入ります。
UDトークは以下QRコードをスマホやタブレットに読み込んでください。

WeNeedCulture_UDtalk.JPEG

以下URLをPCで読み込ませることも可能です。
https://service.udtalk.jp/redirect.php?token=68OZoTFyH4rN6xu2%2FXJpMunwywNi4HzDehOIrjPEpXUyfQXIFvbGxNjaPfaBhRL%2B%0D%0A0zGxFZCsHF9ZNhokkmIc%2FvL3ukcvLm06xC6YnuGABry3tTuufrpfzi14uFVYDv41%0D%0ASdEdCX3a5vKcBA%2FVx6GHPdaZj79iOLyoHRiQWrzBJ%2BM9bB2V5vokCsKPKwyZeNp8%0D%0Akt5TDW9lc7j4Sx%2BSLY99jGp7ZyZjp%2B%2BQy3eicOjgG63TsnyT%2BMxMOrRf3QDRLEqR%0D%0AyAGxwq3nK%2FNP7j7I4ip6GeyRwFqszHdveeIegShyNBI%3D


UDトークアプリとは?(無料の音声認識アプリです)
https://udtalk.jp/




スクリーンショット 2020-05-21 0.52.16.png
オンライン配信「12人の優しい日本人を読む会」にバリアフリー日本語字幕を制作しました [2020年05月18日(Mon)]
5月6日にライブ配信し、前半、後半のべ3万人以上が視聴し、
再生回数が現時点で合計50万回となり、おおきな話題となった
「12人の優しい日本人を読む会」
https://12nin-online.jimdofree.com/

この度TA-netは、バリアフリー日本語字幕を制作し、公開しました。

youtubeには、字幕を「自動生成」する機能がありますが
話者、時折おきる音の説明、音楽の説明などは自動的には付きません。
また、誤認識も多い状況で、このまま読むのは辛いです。

そこで、字幕ファイルをTA-netで制作、提供しました。

(前編・1時間28分)
https://youtu.be/3e2aKThmhXM

(後編・58分)
https://youtu.be/ZDagy7MmFhY


youtubeの右下に、歯車のようなマークがあります。
これをクリックすると、以下のように「字幕」がありますので、>を押し、
「日本語」を選択してください。「自動生成」ではありません。
スクリーンショット 2020-05-19 18.58.24.png


以下のように、(話者名)が入っています。


スクリーンショット 2020-05-19 19.09.10.png

声の抑揚なども工夫して入れていますので、ぜひ雰囲気を文字でもお楽しみください!

スクリーンショット 2020-05-19 19.13.34.png


事の経緯は、5月6日のライブ配信を観た何人のTA-net会員が、字幕をつけたい!と
さっそく公式サイトに連絡を入れ、字幕制作を申し出ました。
「ぜひお願いします!」と快諾いただき、貴重な台本データをお借りしました。
TA-net会員に呼びかけ、聴覚障害者を含む6名でチームを編成、
1週間かけて制作しました。

自動生成字幕データから台本と照合して修正し、
音の説明や話者名を追加し、
読みやすいように、「ハコ割り」してタイムコードを調整し、
チェックをして表現を検討しつつ修正を繰り返しました。
また演出家の冨坂友さんにも相談しました。
演劇の字幕には正解はありません。
それぞれの感性が命です。
バリアフリー日本語字幕も演劇表現の一つです。
その辺もお楽しみください。

そして。。。。

たくさんの方々にご覧いただき、「演劇」の面白さを知り、
本当の劇場にお越しいただくきっかけになったら嬉しいです!


SPAC「くものうえ↑↓せかい演劇祭」トーク番組でリアルタイム字幕配信協力しました(5月3日〜6日) [2020年05月10日(Sun)]
RoiS株式会社さんが、UDトークの使い方についてオンライン無料レッスンを開催しています(6月まで)が、
https://info.roisinc.net/support/lecture/
TA-net会員有志13名が受講しました。

そのうち4名が、SPAC「くものうえ↑↓せかい演劇祭」トーク番組でリアルタイム字幕配信」に挑戦しました。

以下の通り、SPACサイトにも経緯が紹介されました。
https://spac.or.jp/news/?p=17211

また、各トーク開始の冒頭で、「UDトークによるリアルタイム字幕配信をシアター・アクセシビリティ・ネットワークのご協力により行なっています」と紹介いただきました!
A3Zy0rC9RnevZ%VJ02%yAw_thumb_45a4.jpg

配信の様子↓
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4593.jpg
PCのyoutubeサイト(左側PC)からケーブルで「音声認識用端末」(右側の手前のiPad mini)につなぎ、音を取ります。
PC(右側の奥のPC)で編集アプリを開き、修正をします。
その結果が、利用者のスマホに届く、という仕組みです。

利用者は、youtubeサイトをみながら、スマホでこんな風に見ています↓
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_45a6.jpg

修正していることがわかるように、修正した部分は青になっています↓
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_45b6.jpg

5月3日から6日までの4回、同じチームで4人が入り、
1回終了するごとに課題を確認し、改善していきました。
ネット環境や機材まわり、表記の方法などを話し合い、次の時に試す・・を繰り返し
かなりスキルアップし、まさに貴重な「実践の場」となりました。

外国人アーティストとの対談では、逐次通訳が入るため、
以下の通り、工夫をしてみたり。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_45cd.jpg

その様子をSPACスタッフさんもみてくださっていて、「工夫を重ねられているのがわかります!」と評価いただきました。
そして最終日の「閉幕メッセージ」もお願いされました!
このように評価いただけるのは嬉しいことです。

さらに、閉幕メッセージのあと、関係者一覧が流れたのですが、
「UDトーク配信協力:NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク」
とクレジットいただきました!
以下のサイトでも掲載されています。
https://spac.or.jp/festival_on_the_cloud2020/credit

UDトークのログを活用し、トーク番組のアーカイブが「日本語字幕」つきで後日、配信される予定です!どうぞご期待ください。
https://spac.or.jp/festival_on_the_cloud2020#schedule


担当したメンバーの感想を以下にご紹介します。
ーーーー
学び、実践する、という貴重な時間をいただけたことが、とてもありがたかったです。
しかも、一度で終わりではなく、4回の実践の場があったこと、アドバイスをいただきながら4回の経験ができたことは、とても大きな収穫でした。
まだまだ分からないことがありますが、これからも実践の場があれば、積極的に出ていきたいと思っています。ありがとうございました。(O)
ーーーー
文字支援のいろはも分からず、またここ10年ほぼアナログな生活をしていて、浦島太郎状態で参加したUDトーク・オンラインレッスンでした。未経験に等しいにも関わらず、このような素晴らしい機会を与えていただき、本当に有意義な2週間を過ごすことができました。ここからがスタートです。いつか皆さんと肩を並べて活動ができるよう、日々頑張っていこうと思います。廣川さん、石川さん、そしてご一緒させていただた皆さん、本当にありがとうございました。(A)
ーーーー
仕事ゼロ&外出自粛でほんとによかったです(笑)。UDトーク未経験から現場デビューまで、超特急のフルコースでしたが、むしろ集中して取り組めたし、短期間に同じメンバーで連続テーマで実践を重ねられるなんて、望んでもそうそうないチャンス。多くの収穫をいただきました。チームの皆さま、お世話になりました。お互いより腕を磨き、またどこかでご一緒できたらいいですね!廣川さん、石川さん、貴重な経験の場を本当にありがとうございました。(S)
ーーーー
オンライン無料レッスン受講後、リアルタイム字幕配信の修正という貴重な機会をいただきました。最初はスピードについていけませんでしたが… 他の修正者の皆さんと試行錯誤しながら、回を重ねるごとに少しずつコツが分かってきました。まだまだ改善が必要ですが、これからも積極的にチャレンジしていきたいと思います。UDトークの魅力や奥深さを味わえて、充実したステイホーム週間でした。サポートしていただいた廣川さん、石川さんには心より感謝を申し上げます。(M)
ーーーー


今後もオンライン字幕配信を増やしていきたいと思いますので、
芸術文化関係におけるオンライン番組では「リアルタイム字幕配信」をご検討ください!
シネマ・チュプキ企画「オンライントーク」をUDトークで視聴しました [2020年04月30日(Thu)]
TA-net第6回シンポジウムに登壇いただいた平塚千穂子さんが代表をつとめる
バリアフリー映画館「シネマ・チュプキ」さんが、
素敵なオンライントークイベントをこのステイホームウィークの間に行っています。

すべて「UDトーク配信あり(もちろん修正あり)」。

ということで、早速体験しましたのはこちら。

4月29日(水)トークLIVE配信!『インディペンデントリビング』
http://chupki.jpn.org/archives/5586

このような感じで、PCで視聴しつつ、UDトークをタブレットで閲覧しました。

IMG_3224.jpeg

画像はシネマ・チュプキさんに許可をいただき、紹介します。

UDトークはこのような感じでした。

IMG_3225.jpeg

話者はスタッフさんが入れてくださっていました。

今後のイベントは以下。
お時間があえばぜひ。

5月1日(金)16-17時 ミニシアター・エイド応援企画★LIVE配信
http://chupki.jpn.org/archives/5612


↓こちらは有料、申し込みが必要です。
5月3日(日)10-11時 オンラインでゆるっと話そう『インディペンデントリビング』
http://chupki.jpn.org/archives/5606