CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
東京都立中央ろう学校 中学部でお話ししました(11月28日) [2019年11月28日(Thu)]


東京都には、4つのろう学校がありますが、そのうち中高一環教育を行なっている
中央ろう学校」の1年生から3年生までの中学生75名に向けて、「自立活動」の一環としてお招きを受け、
TA-net理事長の廣川がお話ししました。


偶然ですが、11月は聞こえる高校生へ。今回は聞こえない中学生へ。
廣川もかつて「聞こえない中学生」の時は、「きこえない大人」の話を聞いたことがありませんでした。
さらに1980年代半ば頃は情報保障が全くありませんでしたから、先生以外の「社会人の体験談」をリアルタイムで知る機会がありませんでした。そのことが心の成長に影響があるように感じています。

そんな思いから、中学生、高校生のみなさんには少々、熱く語ってしまった節があります。
暑苦しく感じたかもしれませんが、それでも、「想いがあれば、社会を変えることができる」ということが伝わったかなと感じています。

ちなみに恒例の挙手アンケートでは「劇を見たことがある」が半数以上でした!
また「想いは社会を変えることができると思いますか?」と問いかけたところ
生徒さん2人が挙手してくれたことには頼もしく思いました!

ちなみに今回の講演では、手話を使ってお話ししましたが
手話の読み取り通訳、文字通訳が完備されていました。
人工内耳や歩調気を使う生徒、
中学入学してから手話を覚える生徒もいるので、とのことでしたが、しっかりと内容を掴んでもらいたいという学校側の配慮が素晴らしいですね!

関係者の皆さま、このような素晴らしい機会をもうけていただき、ありがとうございました!

学校関係へのお話しも積極的にお受けしております。
お問い合わせはお気軽に「問い合わせフォーム」からどうぞ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3fd5.jpg
第25回全国中途失聴者・難聴者福祉大会in滋賀でブース出展しました(11月23、24日) [2019年11月24日(Sun)]
聴覚障害当事者団体の全国組織は、以下の二つがありますが

全日本ろうあ連盟
全日本難聴者・中途失聴者団体連合会

どちらも、全国大会を毎年、各県持ち回りで開催していますが、
TA-netでは、今年、両方にブース出展しました。


11月23-24日に滋賀県で行われるのに参加しました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f80.jpg

難聴者大会における出展は2016年の奈良大会以来、3年ぶり。
今回は、イベントとしてシールを使ったアンケートを実施しました。
滋賀県にお住いの爽やかな笑顔の難聴青年・稲永正志さんにご協力いただきました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f7f.jpg
4つの質問に対してシールを貼り付けるというもの。
1分だけお時間ください!と呼びかけて協力いただきました。

聞こえない人 75名
聞こえる人 25名
の、合計100名となりました!
参加数が350名を超えたとのことなので、35%の方にご協力いただけたことになります。
結果は以下の通り。

1)手話以外の、音声を中心とした演劇に興味はあるか?
聞こえない人 はい 62名  いいえ 13名 
聞こえる人  はい 20名  いいえ 5名

2)演劇に情報保障(字幕、手話、ヒアリングループ など)があったら鑑賞したいか?
聞こえない人 はい 71名  いいえ 4名 
聞こえる人  はい 21名  いいえ 4名

3)演劇の字幕による情報保障があることを知っているか?
聞こえない人 はい 47名  いいえ 28名 
聞こえる人  はい 15名  いいえ 10名

4)情報保障があったら、チケット代とは別にお金を払ってでも使用したいか?
聞こえない人 はい 45名  いいえ 30名 
聞こえる人  はい 8名  いいえ 17名

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f88.jpg
シールを貼りながら、さまざまなコメントをくださった方も多く、とても参考になりました!
特に、(4)の払ってても、という意見が「聞こえない人」の方が多かったのには意外でした。
また聞こえる人の中では、「みんなが等しく負担するという意味で、チケット代そのものを値上げすれば良い」という意見もありました。

また、(3)の認知度については、まだまだ知られていないと捉えるか、意外に多いと捉えるか。
地域性や年齢は考慮していないので、なんとも言えませんが。

このようなアンケートを定期的に行うことで、認知度や社会の見方を確認することができます。
2013年から2015年に行なった1000人アンケート(聞こえない人400名、聞こえる人600名)のようなものを2020年に再び、行いたいと思いました!

また、字幕や手話付きの公演のチラシを配布したのですが
「こんなにたくさんあるのね」と驚きをもって受け止められました。
もっともっとたくさんの方々に、情報を届けていく必要性を感じました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f6f.jpg
潤徳女子高校で手話を学ぶ高校生にお話ししました(11月18日) [2019年11月20日(Wed)]


手話を正規な教科として指導している高校は全国でも数少ないのですが
東京には、かなり以前から、福祉コースの選択授業の一つとして手話を導入している高校があります。

それが足立区にある、潤徳女子高校。
足立区ろう者協会と連携し、聞こえない講師と聞こえる通訳者がペアになって指導を行なっています。
また手話部もあり、熱心に活動を展開しています。

この度、ゲストとしてお話しする機会をいただきました。
この高校には数年前にもお招きを受けました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f8c.jpg
高校生ということで、「社会を変えることができる」というテーマを軸にしました。
なにかしら、伝わったことがあればと願っています。


そのあとは手話部の活動にお邪魔し、舞台手話通訳の取り組みをご紹介しました。
文化祭の演劇で手話通訳を導入したとのことで、非常に高い関心を持って聞いてくださいました。

こちらから、部員のみなさんになぜ手話部に入ったのか?を尋ねたのですが、
特に印象に残ったのが、
小学生の時に手話歌を体験し、面白かったので、
というコメント。

こどもたちに手話歌をおしえる取り組みが平成の半ば頃から活発化したように思いますが
その芽が、ようやく出たのだなと大変嬉しく思いました。
そう話してくださった高校生はとても手話が上手で、将来が楽しみです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f3a.jpg

手話パフォーマンス甲子園の話題も出ましたので、
審査員を務めた経験から感じたこともお伝えしました。
聞こえない高校生と聞こえる高校生の交流の場を東京に作れたらいいね、とそんな夢も語り合い、とても素敵な時間となりました!

貴重な機会を作ってくださった関係者のみなさま、ありがとうございました!

学校への講演も喜んでお受けしております。
平日でも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

四国手話学習会 手話でGO! 2019にてお話いたしました(11月17日) [2019年11月18日(Mon)]

いわゆる「四国ブロック」は高知、香川、徳島、愛媛となりますが、
4年前から全日本ろうあ連盟の「手話でGo!」運動を広めるため、
毎年11月に、ろう協会と手話通訳問題研究会が共催で開いている1日かがりの学習会とのこと。

そんな大切な会の「記念講演」としてお招きを受け、TA-net理事長の廣川がお話ししてきました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f2d.jpg

今年は高知ということで、前日に高知入り。
高知県聴覚障害者協会の方がお迎えしてくださいました。

初・高知の廣川のために、
坂本龍馬博物館にご案内いただきました。
昨年リニューアルしたそうで、とても綺麗でわかりやすく展示されていました。
ゆっくり見ることができませんでしたが、それでも幕末の息遣いを感じることができました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f26.jpg

iPad miniを使ってオーディオガイドを貸し出している様子を見て、
手話動画を入れたらいいね、とお話ししました。
すでに要望を出しているとのこと。
手話言語条例がある高知市です。
実現したら再訪したいと思いました。
夜は交流会、たくさんの方々と、四国のアクセシビリティ状況についてお伺いしました。

17日は100名以上のお客様の前で
午前中に2時間ほど、「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」と題し、お話し。
徳島で取り組んだ、坊ちゃん劇場の徳島公演における字幕付与の事例をご紹介しました。
これができたのは、2年前に徳島県難聴者支援の会(ナシの会)さんと共催で徳島で講演し、
そのことがきっかけで字幕付与につながったと聞いたので
ぜひ紹介させてほしい、と画像提供いただきました。

この事例のことをご存知だったのは少ない人数でしたが
実際に行かれた方もいました。
また、ナシの会さんが関わっている以下の劇団では字幕付与していることをお伝えし
ぜひ観にいってほしいとお話ししました。
また劇団四季さんが字幕サービスを行っていることに興味を持ち
実際に行きたい!とおっしゃってくださった方も複数おられ、嬉しいことでした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f95.jpg
質疑応答もたくさん出て、盛り上がりました。
特に、初老ろう男性の

「妻がイベント好きで、手話通訳がついていないので要望を出してつけてもらっている。「自分一人のために申し訳ない」と言っているが、どう思うか」

という発言が心に残りました。
そういった思いをなくすため、まだまだ活動していかねばならないと感じました。
ちなみに以下の通り回答しました。

「そのように思う必要は全くない。
ただ、せっかくつけてもらったであれば、そのことを広く告知してほしい。
もしかしたら諦めていた人がいるかもしれない。」

このように、地方でお話しすることは新たな出会いと情報交換につながります。
まだまだ、全国にはお会いできていない地域があります。
スケジュールさえ調整できれば、何処へでも参ります。

講演のご依頼は、右上の「お問い合わせフォーム」からどうぞ。
具体的な日時が決まっていなくても、ご相談の段階からお気軽にお問い合わせください。

主管の高知県聴覚障害者協会さんはじめ
四国ブロックのみなさま、温かいおもてなしをありがとうございました!

以下は、四国それぞれの手話を比較掲載した「あさいと」、
高知出身の漫画家とコラボしたクリアファイル。
こういった商品開発も、手話をひろめるための良いアイディアですね。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f31.jpg
2019年度とっとり手話まつりinとっとりでお話ししました!前日は「鳥の演劇祭12」字幕付き公演を視察しました [2019年11月11日(Mon)]
鳥取県といえば、全国で一番最初に「手話言語条例」を制定したところ、

また

全国高校生手話パフォーマンス甲子園を開催しているところ、

として手話界隈ではその名を知られていますが
毎年11月には「とっとり手話まつり」を開催しています。

今年はTA-netとして、理事長の廣川がお話しさせていただきました。

https://torideaf.jp/publics/index/28/#block723


S__19562527.jpg


廣川個人的に、鳥取県とご縁があり、2014年11月に、全国障害者国民文化祭が鳥取県で行われ
その一環で「日韓合同手話演劇」を企画させていただきました。
その時にたいへんお世話になった鳥取県聴覚障害者協会の皆様と
再び、このような場でご一緒できることを大変嬉しく思いました。
また、観客としてその時に出演していただいた方々がたくさん、観にいらしてくださいました。

さらに、鳥取県には「鳥の劇場」という劇場があり、
端末に字幕を配信して上演しています。

ちょうど今、「鳥の演劇祭12」を開催しており
字幕がつくということで視察してきました。

https://www.birdtheatre.org/beseto26bird12/

C494C348-899B-4DBD-B562-61A7C62D92CA.jpg

観劇したのは「赤とんぼよ永遠に」
https://www.birdtheatre.org/beseto26bird12/program/17.html

終了後は字幕を担当した方とお話を伺い、情報交換をしました。
08926AD2-38DB-431D-A598-624B4AEF729E.jpg

字幕はスマホで、共有アプリを使って配信しているとのこと。
観客は端末を借りて手元で見る形になります。
824006D6-A89B-41D6-B13C-D5A0EAE8FCB2.jpg


この話を翌日の講演でも紹介したところ
「知らなかった!」「行ってみたい!」という声がありました。
嬉しいことですね。
11月16日、17日は手話通訳がつくとのこと!
ぜひご覧ください。
「マクベス」からさまよい出たもの」
https://www.birdtheatre.org/beseto26bird12/program/22.html

なお上記には手話通訳のことが記載されていませんが、鳥取県聴覚障害者協会のHPには
「手話通訳などがつく行事」一覧に掲載されています。
https://torideaf.jp/publics/index/35/


鳥取県のみなさま、あたたかいおもてなし、ありがとうございました!

神奈川県ろう者のつどい&第35回手話フェスティバルにブース出展しました [2019年11月10日(Sun)]
去る11月10日(日)に、神奈川県伊勢原市民文化会館で神奈川県聴覚障害者連盟の
企画による手話フェスティバルがあり、そこにブースを出しました。

ブース出展準備中にパソコンが壊れたため、動画紹介ができなくなり、これが一番痛かった!展示説明は森岡さん、私の2名で対応しました。

20191110_100001457.jpg
 
展示に寄ってくださった方々がいろいろな話をしてくれたのですが、その中で考えさせられたのは、ある映画の情報を得て見に行った時、配られた字幕用タブレットを見ていたら、隣のお客さんが迷惑、と上映終了後、受付に苦情をいれたそうです。事前にスクリーンで説明があったものの、それでも眩しかった上に使用目的が理解できず非常識に思われたのではないかということです。それで自分は苦情を言われたくなくて、別の映画館に行くという話でした。
観劇でも字幕タブレットを使用することがありますが、こういう問題を懸念して、後方の席で観劇することも多いです。

先のろう者がそんな話を何故持ち掛けたのか考えたのですが、ちょうどその時間はろう者の女性監督製作の上映会で、画面に字幕がそのまま付けられてあり、役者のろう者の手話が出る同時にドッと笑い声が飛び交う面白さがあったので、先のろう者も充分に堪能されたようで、ふと思い出してお話されたのかと思いました。

展示終了後に、もっとビジュアル的に訴えるような掲示をした方が良いとアドバイスをいただきました。次回の展示に向けていろいろ工夫したいと思ったことでした。

(正会員 安次嶺剛)
世田谷区手話サークル輪の会にてお話ししてきました(11月1日) [2019年11月01日(Fri)]
全国各地の手話サークルにお招きを受け、お話していますが、
今回はNPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークの登記上の住所がある「世田谷区」にて長い歴史を持つ手話サークル「輪の会」さんへ。

11月1日(金)の午前中に、
世田谷区三軒茶屋駅から徒歩12分ほどにある
世田谷ボランティアセンター
にお邪魔しました。

20人から30名ほどのメンバーが集まって聞いてくださいました。

理事長の廣川は世田谷区に30年以上住んでおり、
サークルのメンバーには、長いおつきあいのある方も多くいらっしゃいます。

「新しいメンバーも増えているので改めて活動のお話をしてほしい」とのことで
100分間、多くのスライドを利用しながらお話をしました。

世田谷区との関わりもお話ししましたので少し映像は端折っての紹介となりましたが、
質疑応答タイムでは様々な質問が出されました。

特に印象に残ったのは

「英国と日本での違いは?」

これには、「困っている人に対する手助けが日英では違う」とお話ししました。
たとえば車椅子の方が階段のところに行ったら、周りの人がサッと集まって運び、サッと去る。
スーツケースをもった人がいたら、男性が持ってくれる。
聞こえない人に対しても自然に筆談をしてくれる、など自然な対応が印象的、と。

最近の東京で立て続けに起きた視覚障害者の転落事故も、
もっと周りの人が声がけをすれば防げたはず、とお話しし、共感をもってもらえました。

三軒茶屋といえば、近くには世田谷パブリックシアター・シアタートラムがあります。
良い関わりが増えることを願っています。

関係者の皆さま、
熱心に聞いてくださり、ありがとうございました!


東大和市手話サークル ピーナッツでお話ししました(10月27日) [2019年10月27日(Sun)]
10月らしい秋晴れの日曜日の午後、東京の西部にある「東大和市」で活動されている
手話サークル「ピーナッツ」さんのお招きを受けて、お話ししてまいりました。
西武新宿線・玉川上水駅からすぐそばにある東大和市総合福祉センターは〜とふるに
着きましたら、こんなチラシが。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e87.jpg

そして2階に上がると、こんな看板がお迎え。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e81.jpg

なんと、講師の控えスペースとしてこんな素敵な布をハンガーラックにかけてくださいました。
荷物やコートなどを隠せるようにと。おもてなしですね!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e89.jpg

きけば、このサークルは普段は毎週火曜日、午前と夜間の2つがあるとのこと。
そして定期的に講演会を行なっているとのこと。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e7c.jpg

日曜日の午後にも関わらず、ろう者を含め、38名もの方々がおいでくださいました。

image1.jpeg

13時35分から15時20分までの100分間(休憩は5分)、お話ししました。
そして10分の間に質問をいただきました。

image3.jpeg

その後、1時間ほど会場で交流会。こちらにも16名が参加、
作業所がつくったミニパウンドケーキをおともに、さらにいろいろとお話ししました。
以前、手話通訳付きのミュージカルを見た経験があるなどの経験や感想、期待などのたくさんのお話を伺うことができました。
あたたかい気遣いとおもてなしに溢れたサークルでした。

実は、7月に「じゃ・で・ら」でお話しした時においでくださったサークルメンバーが、
「ぜひうちのサークルでもお話を」と、企画してくださったものです。
「じゃ・で・ら」でのお話しからさらに最新情報や映像を加え、お伝えすることができました!

関係者のみなさま、ありがとうございました!
snjuvv%rSXWg8yWESJUW+w_thumb_3e8a.jpg


TA-netでは、随時、講演をお受けしております。
全国津々浦々、土日平日を問わずお伺いしております。
関東以外は旅費実費のご負担をお願いしています。
謝金は、活動資金として大切に使わせていただいています。
ご相談・ご依頼はお気軽に右側の「お問い合わせフォーム」よりどうぞ。
石川県白山市+金城大学でお話ししました! [2019年10月21日(Mon)]
台風19号の翌週に、石川県は白山市(石川県でいちばん大きな面積です)にお招きを受け、お話をしてきました。

2018年4月に手話言語条例が制定され、市民への啓発事業を行なっており
今年は金城大学の文化祭とコラボレーションした企画となった次第。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e24.jpg

こんな立派なポスターも作製してくださいました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e2b.jpg

講演の他に、白山市聴覚障害者協会による
手話 de スタンプラリー
が行われ、来場者が手話に親しむ機会となりました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e2c.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e3e.jpg


廣川は「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」と題した講演を1時間、
11時からと13時半からの2回、繰り返しました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e43.jpg


2回あわせて50名の方々が聞いてくださいました。
英国の事例、国内のサポート事例、手話通訳が舞台で通訳することなどを
動画を使いながら紹介しました。

質疑応答では、「ここでも通訳つきの公演を見るにはどうしたら?」など
関心の高さを感じました。

手話言語条例は石川県としても制定しており、
また劇場jもいくつかありますから
ぜひ、実現できるよう応援したいと締めくくりました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e44.jpg

終わった後はスタンプラリーを体験してみました!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e2f.jpg

お相手は白山市聴覚障害者協会の事務局長さん。ニコニコ、テキパキとした方でした。
白山市障害福祉課さんをはじめ、
お世話になった関係者のみなさま、ありがとうございました。

HkSuOKrRT2qgCHx4SrxOxw_thumb_3e4c.jpg
2019年度 全要研集会秋季大会にてお話させていただきました [2019年10月19日(Sat)]
2019年10月19日(土)、2019年度特定非営利活動法人 全国要約筆記問題研究会(全要研)集会秋季大会が広島大学 東千田未来創生センターで行われました。
その第2分科会にてTA-netの取り組みのうち、主に字幕、文字情報について石川事務局長からお話させていただきました。(開催要綱はこちら
ーーー
第2分科会 情報保障論
音声情報バリアフリーへの取り組み 〜さらに輪をひろげるために〜
1.聴覚障害者もともに舞台を楽しむために〜舞台演劇のバリアフリー〜
2.支部での取組み
ーーー
 
まずは支部の取り組みとして、東京支部と宮崎支部から報告。
IMG_0691_.JPG
IMG_0683_.JPG
 
そして私からはTA-net設立の経緯や薪能などの舞台における字幕付与、文字以外の取り組み、そして当事者としての思いについてお話させていただきました。
IMG_0715_.JPG
 
そして質疑応答の際は、東京支部、宮崎支部の代表と3人並んで質問を受け付ける形で進められました。
石川から支部代表に質問したり、支部代表からも質問を受けたりと和気あいあいとした雰囲気で進められました。
 
そしてなんといっても、
“みんなで一緒に舞台を楽しみたい”という皆様の熱い思いが伝わってきて
TA-netももっと頑張ろう、と思ったことでした。
 
お聞きくださいました参加者の皆様、ありがとうございました。
 
※写真は特定非営利活動法人 全国要約筆記問題研究会 事務局からご提供いただきました。
| 次へ