CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
【TA-net特別企画】「パラリンピックにおけるレガシーを考える〜情報アクセシビリティの観点から」を開催しました!(10月28日) [2021年10月29日(Fri)]


パラリンピックの開会式、閉会式でいったいどのようなことが行われたのか?!
特にろう者・難聴者パフォーマーにとっては
手話通訳を入れての参加。
はたしてきちんと参加できていたのか?

リアルな声を聞こう!ということで、
関係者をお招きして1時間、たっぷりお話を伺いました。


登壇者は、以下の5名!

演出チームメンバーの栗栖良依さん(NPO法人スローレーベル理事長、東京2020パラリンピック開閉会式ステージアドバイザー)

パフォーマーとして
鹿子澤拳(かのけん)さん、
Globalizm(グローバリズム)
DAICHI・emi(ダイチ・エミ)さん、

手話通訳として
橋本一郎さん。

まず最初に、栗栖さんから概要をお話しいただきました。
スタッフの数、どのようなアクセシビリティを行なったのか等
写真を多数利用して分かりやすく。
テレビからは分からない、細かい情報を知ることができました。

リハーサル(稽古)に入る前、
リハーサル中、
本番中、
と3つの場面それぞれで
よかったこと、困ったこと、工夫したことなどを語っていただきました。

スクリーンショット 2021-11-06 18.05.38.png

特に手話通訳がどのように動いたのかが語られ
参加者の関心を大いに呼んだようです。

この経験を糧に、
今後、ろう者・難聴者と聴こえる人が協働するパフォーマンスイベントが
増えますように!


そして、、、
参加申し込みは270名以上となりました!
130名の方々がに、ライブで視聴いただきました。

たくさんの方々に見てもらいたい!
ということで、
アーカイブ視聴申し込みを受け付けることになりました。

https://mailform.mface.jp/frms/tanet/8xstpb7ky2el

11月12日(金)23時までにお申し込みいただくと、
アーカイブ動画を11月30日までご覧いただけます!

この機会をお見逃しなく!


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント