CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
【報告】歌舞伎座の字幕ガイド体験! [2013年05月15日(Wed)]
【報告】歌舞伎座の字幕を体験しました
遅くなりましたが、新しくなった歌舞伎座でポータブル字幕を体験してきましたので報告です。
また幕間は貸出スタッフさんとお話をしましたので合わせてお知らせします!
ぜひ、みなさまもご利用ください!

観劇した4月25日の時点での情報です。

<貸出までの流れ>
1.通常のチケットを購入。
 ただ、1,2階席は座席背面に取付けられますが、3階席は手にもっての鑑賞となります。

2.字幕ガイドの事前予約は不要。

3.当日は入って左側に行きますと、すぐに「字幕ガイド」受付があります。

4.そこで申込用紙を記入します。
 あらかじめ、以下サイトで申込用紙をダウンロードして記入して持ち込むこともできます。
http://www.eg-gm.jp/g_mark/index.html

記入事項は、氏名、ケータイ番号または身分を証明するもの
(健康保険証、免許証、学生証、その他)および電話番号、座席番号。
またグループで借りる場合は代表者がまとめて○台、と記入すればOK。

5.レンタルは1台1,000円。4月は記念価格として500円でしたが、残念。

6.字幕ガイドとアンケート用紙、エンピツを手提げ型ビニール袋に入れて渡されます。

<座席についたら>
1.座席の背面に強力な磁石で取り付けられるようになっています。
また角度を調整できます。

2.台本チャンネルと解説チャンネルの2つあります。
上演中の切り替えができます。


<注意事項>
1.席を離れるときは必ず持ち歩くこと。手提げ型ビニール袋が楽ちんでした。
2.故障したら60,000円の賠償金、とのこと。。


<<<感想>>>
*台詞が逐一わかるのが素晴らしい。何を言っているのかな?というストレスがなく、
さっと字幕を見てそれから口と耳を集中できるので、堪能できた。

*表記の方法は
弁天:知らざぁ言って聞かせやしょう
という風に、役柄と台詞が一致していました。
短い台詞の時は複数の台詞をまとめて1枚に表記していましたが、
長いときは一人で1枚、というふうに工夫していました。

*場面転換の時は解説チャンネルに切り替えてみてください。
その舞台演出方法の解説が興味深いものでした。さっと読めるので、転換を待っている間に是非。

*残念だったのは、花道での台詞は表記されていませんでした。
これは貸出の際にも説明がありました。
理由を聞くと、すぐそばで下を向かれると困るから、と会社から言われたそうです。
制作会社さんとしては付けたかったので、ぜひアンケートで利用者の声を伝えてほしい、
とのことでした。もちろん記入しました。
花道の台詞も少なからずあり、聞きたいな、と思ったので・・・。

<<<ちょっとスタッフさんにインタビュー>>>
1.200台用意されているとのことですが、どのくらい貸出されていますか?
→平日昼間は70台くらい。夜や土日は100台以上出ることもある。

2.聞こえない方の利用は?
→毎回1,2名くらい。あとは聞こえる方がほとんど。高齢者だけではなく、若い人も借りている。

3.オペレーターは何名ですか?どこにいますか?
→1人で、客席後方のスタッフ席で舞台を観ながら操作しています。

4.1幕で少し台詞が出るのが遅いように思いましたが?
→電波の感度が悪いのかもしれない。機械を交換しましょう。

5.これからも是非、低価格でお願いします!
→頑張ります。


耳で聞くイヤホンガイドも借りる人が多い中、字幕ガイドも70台くらい出ているというのが
意外でした。聞こえる人にも便利だということですね!

200台が足りないくらい、もっとたくさんの利用があれば価格面でも改善されるのでは・・と期待しています。座席は1800席なのですから。。。
ぜひぜひ、積極的に利用してみてください!!!!

そして、よりよいものに育てていきましょう。
そしてそして、他の劇場にも広めていきましょう!!!!!!

kabuki_jimaku_web.jpg
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント