CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
【報告】第12回横浜能楽堂「バリアフリー能」いってきました [2013年03月17日(Sun)]
昨日は横浜能楽堂でバリアフリー能を。
大蔵流の狂言「鐘の音」とお能「野守」を聴覚障害者向けには字幕付きで。今年は初の試みとしてノートパソコンやiPad,PSPによる字幕配信がつきました。席は一番うしろのエリアに限定されたのですが、「今どこをやってる?」をリアルタイムで把握しながらの観劇だったのでとっても快適でした!手に持つポータブル字幕だと、ずっと持っていなければならないのでちょっと大変なのですが、今回は手すりに設置というものだったので字幕付き映画を見るような感覚でした。
終演後は聴覚障害者対象の意見交換会。
去年は視覚障害者を対象にして開催したとのこと。当事者は7,8人ほどが参加して活発な意見が出されていました。
能楽堂の担当の方も真摯に取り組んでくださっている様子がうかがえ、とても好感が持てました。能楽堂の副館長さんの「大阪でも4月に行われると聞き、嬉しい。アイディアを通常は盗まれた!と思うが、こういうことはドンドン盗んでください!」という言葉が印象的でした。

画像はプログラム(台本の完全収録つきです!総ルビがふってあり親切!)と点字シール付きチケット。なかなか心憎い気遣いです。
yokohamaNOH.jpg

【廣川・記】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント