CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
第3回観劇支援システム研究会のご案内!(4月9日) [2016年04月01日(Fri)]
第3回観劇支援システム研究会のご案内!

4月9日(土)12:30-14:00
(手話通訳、UDトークによる文字支援あり)

場所:
神保町貸し会議室
神保町駅から徒歩1分、A1出口あがってすぐ右側のビル
千代田区神田神保町2−7 2丁目ビル3階(1、2階は吉野家)


ゲスト:
松森果林氏(聞こえる世界と聞こえない世界をつなぐユニバーサルデザインアドバイザー、内閣府障害者政策委員会 委員)

(経歴)
小学4年で右耳を失聴、中学から高校時代にかけて左耳も聴力を失う。
筑波技術短期大学デザイン学科卒業。
在学時代、東京ディズニーランドのバリアフリー研究をしたことがきっかけで
「ユニバーサルデザイン」を人生のテーマとする。
卒業後、株式会社オリエンタルランドに入社。
社会をもっとユニバーサルにしたいと、フリーランスになる。
強みは「聞こえないこと」。
聞こえる世界、聞こえない世界両方を知る立場から、
講演活動、執筆などを中心にわかりやすい情報の伝え方、
利用しやすいモノやサービスのアドバイスを行う。
ーーーーー

<本研究会の趣旨>
TA-netは障害の有無を問わず誰でも、
舞台や演劇を楽しめる環境を作っていこうと活動していますが、
そのために、制度としての観劇支援システムが必要と考えます。

制度化に向けて検討するため、このたび「観劇支援システム研究会」を立ち上げました。
本研究会では、下記2点について検討します。

・効果的な観劇支援システムの形は何か?
・システムを制度化させるための方法は何か?

まず、有識者を一人ずつお招きし、
現時点での状況についてお話を伺います。

過去にお二人をお招きしました。

第1回 おときた駿都議会議員(2月3日)
https://blog.canpan.info/ta-net/archive/255


第2回 藤木和子弁護士(3月1日)
https://blog.canpan.info/ta-net/archive/262

ーーーー
お申し込み、お問い合わせは下記フォームからどうぞ。
https://mailform.mface.jp/frms/tanet/e89comjlxcck
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント