CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークからみなさまへ

「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動中。
演劇・舞台を一緒に楽しむため、さまざまな観劇サポートを展開!
 
お問い合わせは「TA-netお問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ta-net/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ta-net/index2_0.xml
定例会を毎月第2金曜日19時〜20時半、オンラインで開催しております。

ー*ー*ー
新作映像「舞台演劇に手話通訳を!〜演劇の門戸 広げます〜」公開中!
アートにエールを!(ステージ型)「手話、字幕、音声ガイドつきバリアフリー演劇『メゾン』」公開中!
ー*ー*ー
どんどん増えています!butainomiraiチャンネル字幕付き動画リスト
ー*ー*ー

アクセシビリティ公演情報サイトへの掲載依頼はお気軽にどうぞ。
情報盛りだくさんのメルマガも発行中!ぜひご登録ください。(このリンクをクリックすることで登録フォームに移動します)
・各種問合せは右のリンク集「TA-net問合先」から
TA-net第8回シンポジウムはオンデマンド配信!目玉は「観劇サポートと著作権に関する動画!(6月末日まで!) [2022年05月19日(Thu)]

舞台のバリアフリー化を推進するNPO団体シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)が、
観劇サポートと著作権に関する動画を作りました!
「歌も音楽もまるごと、楽しみたい!〜著作権問題を考える〜」(視聴無料・手話・字幕・音声付き)

YouTubeサムネイル2.jpg

動画では各界で活躍されている3名の登壇者に、TA-netからインタビューを行いました。

 ”なぜ、台本貸し出しすら著作権のために断られることがあるの?”
 ”なぜ、観劇サポートに歌詞が出ないの?”
 ”どうしたら、舞台に字幕や手話が付くようになるの?”

これらの質問についてどんな回答があったのでしょうか?
ぜひ動画でご覧下さい!


登壇者
 ◆藤木和子弁護士(自らも舞台ファンで手話通訳士でもある)

 ◆Palabra株式会社・代表 山上庄子氏(映画や舞台のバリアフリー化を推進する)

 ◆DPI日本会議 尾上浩二氏(障害者差別解消法の改正など、長年障害者運動に携わる)

本動画には、字幕・那須映里さんによる手話・音声があります。
どなたでもお楽しみいただけます。


視聴お申し込みはこちら(視聴無料・手話・字幕付き) 
申し込みページのシェア・拡散も大歓迎です!
https://mailform.mface.jp/frms/tanet/8xstpb7ky2el


YouTubeサムネイル1.jpg


TA-net第8回シンポジウムでは以下のコンテンツを展開しております。特設サイトからご覧いただく方式です。いずれも無料、字幕・手話・音声ありです。

@ TA-net活動報告
A 舞台手話通訳 実践報告
B 盲ろう支援 活動報告
C 著作権を考える

本イベントには、UDトークの多大なる協賛をいただいています。ありがとうございます!


ほんとうに「誰でも歓迎」していますか?〜劇場から考える共生社会〜にてお話しします(6月24日) [2022年05月18日(Wed)]
以下のイベントにお招きを受け、「枇杷の家」に出演した舞台手話通訳の田中結夏・江崎裕子
そしてTA-net 理事長の廣川麻子がお話しします!

どなたでもお越しください。
参加希望の方は以下のフォームからお申し込みください。

https://mailform.mface.jp/frms/tanet/e89comjlxcck

当日参加も歓迎します。

ーーーーーーーー

NPO法人フォーラム自治研究(FJK)6月セミナー

ほんとうに「誰でも歓迎」していますか? 
 〜劇場から考える共生社会〜

令和4年6月24日(金)14:00〜

千代田区和泉橋区民館3階和室(低椅子有)会議室
  JR・メトロ・TX秋葉原駅南側書泉ブックタワーの隣


序 舞台芸術によるまちづくりプロジェクト
     説明・司会:石田義明
  ・平成家族物語「枇杷の家」3部作の公演を通じて取り組んだまちづくり そして鑑賞サポート
  ・ご存じですか?障害者文化芸術活動推進法

1 NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)の取り組み
  〜「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に〜

TA-net代表 廣川麻子
2009年から1年間ロンドンを拠点に、障害を持つ方の演劇活動環境について学ぶ
帰国後、英国における観劇サポートの考え方を広めようと全国で活動を展開中

@ 気になる舞台があっても観劇を諦めている人がいる!
A 3つの輪をつなぐ 観客、劇場や公演主催者、支援者
B これまで取り組んできたこと、これからやりたいこと

2 音楽劇「枇杷の家」舞台手話通訳を演じて
  〜音楽劇の舞台に立った手話通訳者の悪戦苦闘の物語〜
  舞台手話通訳者:田中結夏
・キラキラした音をどう手話として表現して、感動を届けることができるか
・歌のリズムと手話のリズムがぴったり合わさると手話コーラス感が出て、芝居と歌が分離される。それをどう克服したか
・思いがけない成果→子どもダンサーズとの交流
 

FJK6月セミナー案内文.pdf
【アーツカウンシル東京長期助成事業】「盲ろう者観劇支援チーム活動報告」刊行 [2022年04月01日(Fri)]
平成30年度 東京芸術文化創造発信助成 [長期助成プログラム]
盲ろう者(視聴覚二重障害者)への観劇サポート支援
https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/what-we-do/support/program/30759/
 
長期3年目(2020年)事業を始めようとした矢先に全世界でCOVID-19が猛威を振るいはじめました。
ロックダウンや緊急事態宣言・まん延防止等重点措置が適用される中で事業継続の途を模索しましたが、招聘事業は断念し盲ろう者観劇支援チームのこれまでの活動をまとめたものを制作しました。
Photo_22-04-01-17-40-28.816.jpg

中身をチラ見せ。
Photo_22-04-01-17-40-28.242.jpg
 
ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。
https://mailform.mface.jp/frms/tanet/fn92veop697s
 
TA-netは今後も盲ろう者も観劇を楽しむ環境を整えるべく活動してまいります。
第41回手話狂言・初春の会にて「触る模型」の展示にTA-netが協力しました(1月9日・10日) [2022年01月21日(Fri)]
2022年1月9日(日)・10日(月・祝)に第41回手話狂言・初春の会が国立能楽堂にて開催されました。

両日にわたって「触る模型」を展示し、TA-netから5名が協力しました。


20220110113422.JPEG


開演前や休憩、終了後に、お客様がロビーに出られるので、何かと足を止めて興味を持ってくださりました。

「視覚障害者や盲ろう者が、劇場の様子を知るために作られた模型です」とお伝えすると、「素晴らしい試みですね」と感想をくださった方もいらっしゃいました。

ろうや聞こえる子どもたちが興味を持って、目をつぶって触ったりしていました。

また、大人の方々もこれは素晴らしい!と写真を撮ったり、興味を示してくださいました。

座席を確認して「こんな風に舞台を見れるんですね!」とイメージを膨らませていました。※席数は全627席です。

この取り組みに関心を示した大人の方もいらして冊子を手にとっていらっしゃいました。

現在、多くの主催者様より貸出のご依頼を受付けており、この先も能楽普及に向けて一層のご活用を期待しております。


↓↓過去のブログもご参照ください。
国立能楽堂の「触る舞台模型」お披露目会を開催!(2018年10月13日)
https://blog.canpan.info/ta-net/archive/500


タカハ劇団「美談殺人」公演に舞台手話通訳がつきました(12月16日〜20日) [2021年12月30日(Thu)]
タカハ劇団「美談殺人」公演を12月16日から20日まで、下北沢・駅前劇場にて上演しました。
TA-netでは、舞台手話通訳の協力をしました。

出演は田中結夏さん。
7月の劇団銅鑼「いのちの花」に続き、単独で舞台手話通訳を担当しました。
さらに、「マル」役としても演じるという難題に挑戦しました!

bidanWEB用 (243)_original.JPG

下手または上手などの固定位置で手話通訳を行うのではなく、
俳優の一人として舞台をあちこち動き回るというもの。

こんな感じで、近くに立ったり座ったり、間に立ったり・・!!


bidanWEB用 (254)_original (1).JPG

bidanWEB用 (173)_original.JPG

bidanWEB用 (364)_original.JPG

舞台手話通訳のパターンとして新たな形に挑戦しました。

結果、7ステージ合計40名の、ろう者・難聴者のお客様にお越しいただけました!
また、ツイッターを確認しますと、手話通訳について好意的に触れている投稿が多くあり、手応えを感じました。

舞台手話通訳を取り入れた公演形態のひとつのあり方として、
今後もさらに探求できるのではないかと期待しています。

受付ロビーでは、こんな感じでサポートをしていました。

32AB5FF3-159C-48D0-9A1E-9ABDB52A0B4D_1_105_c.jpeg

34FD820C-148E-4172-9D14-493555BE0126_1_105_c.jpeg

手話表現を紹介する動画
7BE36330-E9A2-4BF9-A1B2-65DD47BDC4F6_1_105_c.jpeg

ポータブル字幕を貸し出すコーナー
9D7E023D-77B9-48BF-BC1F-96AFD4642D31_1_105_c.jpeg

また、土曜日のお昼には事前説明会を行いましたが、前日は、リハーサルを実施。
パラブラさんによるレクチャーには、出演者が全員参加し、役および衣装の説明の練習をしました。
もちろん手話通訳つき。
47DFB51B-5E7A-47A5-8D41-B31F5FB226B6_1_105_c.jpeg
この日に来られない視覚障害のあるお客様には、データをお送りしたとのことです。

このように、小劇場でもバリアフリーができる可能性を示してくださいました。
今後の展開に期待しています。

2022年1月下旬には、「観劇三昧」サイトから配信されるとのことです!
乞うご期待!


この事業は一部、日本財団の助成により実施しました。
【日本財団助成事業】タカハ劇団「美談殺人」観劇ツアー開催しました(12月16日.20日) [2021年12月17日(Fri)]
タカハ劇団「美談殺人」初日観劇ツアー開催しました(12月16日)

舞台手話通訳、ポータブル字幕を全公演で提供、ということで
久しぶりに観劇ツアーを開催しました。
今回は初日の16日と、千秋楽の20日の2回、開催!

おかげさまで沢山の方々にご参加いただけました。

初日は12名!
IMG_8207.JPG

そして千秋楽は8名!
E1E62DD1-4415-4EC3-B163-75E0C51777A4_1_105_c.jpeg

両日とも、ポータブル字幕を提供したパラブラから複数名が参加してくださいました。
ろう者、難聴者はもちろん、手話のわかる聴こえる人、手話のわからない聴こえる人、
手話通訳を職業としている方、演劇が好きな全盲の方、などなど
多様な方々が
手話通訳、UDトークによる文字支援を通して参加し、それぞれの立場で以下のお題についてコメントしました。

1。自己紹介と作品全体の感想
2。手話通訳、字幕について
3。お互いに聞いてみたいこと

それぞれの立場から
さまざまな感想が飛び出したり、新たな解釈が出たり、
またサポートへの意見が出たり、
あっという間に時間が経ちました。
本当に演劇の持つ力を感じた素敵な1時間となりました。


このように、観劇サポートがついたからこそ、作品世界を楽しむことができるのだということを実感しました。

2021年の締めくくりにふさわしいイベントとなりました。
ありがとうございました!

この事業は日本財団の助成により実施しました。
「こころの通訳者」試写会に参加!(12月15日) [2021年12月16日(Thu)]
チュプキ
東京国際ろう映画祭に実行委員として協力しました(12月4−12日) [2021年12月14日(Tue)]
東京国際ろう映画祭に実行委員として協力しました(12月4−12日)
新国立劇場ヒアリングループモニター会に協力しました(12月9日) [2021年12月09日(Thu)]
新国立劇場ヒアリングループモニター会に協力しました(12月9日)
金沢21世紀美術館「10のレッスン」に登壇しました(12月3−4日) [2021年12月07日(Tue)]
金沢21世紀美術館「10のレッスン」に登壇しました(12月3−4日)
| 次へ