CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

星塚敬愛園からのお客様 [2006年04月21日(Fri)]
星塚敬愛園自治会
福祉担当 川越 優 さま
財務担当 山本 正 さま
営繕担当 白根九州男 さま
福祉課  森 重治 さま

の訪問がありました。

 星塚敬愛園は全国13ある国立ハンセン病療養所の一つで,昭和10年10月28日に開設されました。在園者数 293名 (平成18年4月1日現在)です。
星塚敬愛園のゲートボールチームは、全国制覇をしています。日本のハンセン病の歴史年表にはその事実が必ずといっていいほど記載されています。

 白根さんから「文部大臣杯争奪全日本ゲートボール選手権大会」と笹川良一会長の思い出話を伺いました。
 星塚敬愛園のチームが昭和60年の第1回大会で準優勝したとき、表彰台に上るのをためらったそうです。当時は、まだハンセン病に対する差別や偏見もあったことと思います。そんな中で自分たちが本当に晴れの舞台にあがっていいものだろうかと思ってしまいずいぶん迷ったそうです。そのときに笹川良一会長は、「君たちは、素晴らしい成績を残したんだから胸を張って皆さんの前に立ちなさい。」と言って手をひいて、肩を押し表彰台に乗せたそうです。白根さんは、心から感激したそうです。こんなすてき話が20年以上前にあったなんて知りませんでした。

 2001年(平成13年)5月11日、熊本地裁は、ハンセン病政策による人権侵害を訴える原告の主張を認め、国は控訴を断念し、判決は確定しました。まもなく5年がたちます。
激動の時代は過ぎましたが、人々の心から完全に偏見はなくなったとはいえません。

 日本財団は、これまで様々なハンセン病に関する事業を支援してきました。笹川陽平会長ハンセン病制圧特別大使として世界を駆け回っています。
 自治会の皆さんの話を聞いてあらためて競艇事業からハンセン病に対する支援の歴史の認識を深めるとともにハンセン病に対する正しい理解により、偏見・差別の無くしていく大切さを思ったのでした。



「街に暮らす」 [2006年04月20日(Thu)]
今回は街中にある福祉施設を紹介します。

障害のある人もない人もお年寄りも子供もすべての人が社会の中で役割を持って生きる。
遠く離れた福祉施設で家族と離れて暮らすより住み慣れた地域で
家族やご近所との関係を保ちながら 「街に暮らす」。

写真は、豆腐屋を営んでいた方が福祉のために役立ててくださいと
自治体に寄贈された自宅兼店舗を改修して立ち上げた高齢者の
デイサービスセンターです。お店の部分には、まだ豆腐を入れていた
水槽が残っていたりします。

長野県にて [2006年04月19日(Wed)]
長野県で改修事業の説明会を予定しています。

県の社会部と社会福祉事業団に協力依頼と打ち合わせに行ってきました。

開催の概要は下記のとおりです。

趣  旨

日本財団では「誰もが普通に暮らせる地域社会の実現」を目指して、
福祉分野における助成活動を通じて地域福祉を推進しています。

当財団の福祉分野における助成制度を広く周知し有効に活用して
もらうことによって、さらなる地域福祉の推進を図るため、申請相談会を
兼ねた助成制度に関する説明会を適当な地域において開催することとします。


1.開催日時: 2006年5月23日(火) 14:00〜16:30(開場13:30〜)
2.開催場所: 長野市若里市民文化ホール・大ホール(ビッグハット)
3.協  力: 長野県、(福)長野県社会福祉事業団
4.内  容: ○日本財団の紹介
○「改修・改装による福祉拠点整備事業」に係る助成制度の紹介
長野県での地域福祉の取り組み(長野県 (福)長野県社会福祉事業団)
○申請相談会

長野県の関係者の皆様ご来場をお待ちしています。笑顔


【お問合せ先】
公益・ボランティア支援グループ
福祉チーム 山田・吉澤
TEL:03-6229-5161


県庁の桜は7分咲きでした。




プロフィール

t_yoshidaさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/t_yoshida/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/t_yoshida/index2_0.xml