CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

栃木県社会福祉協議会さんの画像
栃木県社会福祉協議会
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/t-shakyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/t-shakyo/index2_0.xml
月別アーカイブ
●災害支援活動助成事業
平成31年度 栃木県地域福祉振興基金(栃の実基金)による災害支援活動助成事業
【対象事業】災害救助法適用となる災害の発生から6か月以内の活動で令和2年3月31日までに実施する、災害救助法の適用となった地域やその地域住民に対する支援活動。詳しくはホームページを参照のこと。
http://www.tochigikenshakyo.jp/chiiki/tochinomi/tochinomi.html

●ボランティア活動保険
栃木県社会福祉協議会 ボランティア保険
http://www.tochigikenshakyo.jp/chiiki/v-npo/volahoken.html

●義援金情報
日本赤十字社 https://donate.jrc.or.jp/jrc/application/selectCampaign
中央共同募金会 https://www.akaihane.or.jp/

令和元年東日本台風による被害情報(第23号) [2020年02月27日(Thu)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・佐野市災害ボランティアセンターの一部活動休止について
佐野市災害ボランティアセンターでは、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、令和2年2月25日以降、災害ボランティア活動を当分の間休止します。
 なお、再開時には、ホームページ等で案内します。
 また、被災された方のボランティア活動の依頼については、随時受付します。

1.県内の災害情報
 最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
○台風19号による被災情報
 県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(暫定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
 開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

 台風19号による被害情報

3.ボランティアの皆様へ
@ボランティア活動の注意点
 被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

 全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP
Aボランティア活動保険について
 ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができます。加入に便利なネット申し込みは、1月末に終了しました。

 ボランティア活動保険加入のネット申込み

B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
 災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
 NEXCO
 災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
 栃木県道路公社
 台風19号災害ボランティアの無料措置について

4.支援金・支援物資等のご協力
○椛ォ利銀行様より災害義援金として2,104,931円をご寄付いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月14日)
○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)

 ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。

5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
 被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。
「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金」
「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」

6.県社協の動き
○県社協は、災害ボランティアセンターを設置した社協の支援のため職員派遣を行いました。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しました。
 11月12日(火)からは、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市に対して派遣しました。
 12月1日(日)からは、栃木市、佐野市に対して派遣しました。
 12月22日(日)をもって市町社協派遣は終了しました。
    
○関係団体との連携状況
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
@日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

 その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課)までお問合せください。

7.他都県からの支援
 他都県から以下のとおり県内に支援が入っていました。
@東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っていました。引き続き、東京都内社協から5名と群馬県内社協から3名の計8名が12月2日(月)まで支援に入りました。
 さらに、12月8日(日)まで4名が支援に入りました。
A岐阜県内・愛知県内・三重県内、名古屋市内の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入りました。引き続き12月2日(月)まで支援に入りました。
 さらに、12月8日(日)まで6名が支援に入りました。
B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。

8.その他
 今後の対応については、随時情報発信します。
令和元年1月12日台風19号による被害情報(第22号) [2020年01月28日(Tue)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・栃木県共同募金会による「令和元年度台風第19号栃木県災害義援金」について、受付期間が令和2年3月31日まで延長されました。(5.災害義援金・支援金募集のお知らせ」の令和元年度台風第19号栃木県災害義援金」から栃木県共同募金会ホームページをご覧ください)

1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(暫定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み
  (ボランティア活動保険のWEB加入システムは2019年12月25日(水)17時30分〜2020年1月8日(水)13時00分の間稼働停止になります)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○椛ォ利銀行様より災害義援金として2,104,931円をご寄付いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月14日)
 ○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行いました。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しました。
  11月12日(火)からは、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市に対して派遣しました。
  12月1日(日)からは、栃木市、佐野市に対して派遣しました。
  12月22日(日)をもって市町社協派遣は終了しました。
  

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 ○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
 ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課(TEL 028-622-0525))までお問合せください。

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っていました。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。引き続き、東京都内社協から5名と群馬県内社協から3名の計8名が12月2日(月)まで支援に入りました。
 さらに、12月8日(日)まで4名が支援に入りました。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。引き続き12月2日(月)まで支援に入りました。
 さらに、12月8日(日)まで6名が支援に入りました。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。
 

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

令和2年1月27日 午前10時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第21号) [2020年01月20日(Mon)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・佐野市災害ボランティアセンターは、1月12日(日)をもって定期開催からボランティアの依頼を受けて、ボランティアセンターを開催する随時開催へ変更になりました。

1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(暫定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み
  (ボランティア活動保険のWEB加入システムは2019年12月25日(水)17時30分〜2020年1月8日(水)13時00分の間稼働停止になります)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○椛ォ利銀行様より災害義援金として2,104,931円をご寄付いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月14日)
 ○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行いました。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  現在は、佐野市に派遣しているとともに、各センターには随時訪問、連絡調整を行っています。
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しました。
  11月12日(火)からは、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市に対して派遣しました。
  12月1日(日)からは、栃木市、佐野市に対して派遣しました。
  12月22日(日)をもって市町社協派遣は終了しました。
  

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 ○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
 ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課(TEL 028-622-0525))までお問合せください。

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っていました。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。引き続き、東京都内社協から5名と群馬県内社協から3名の計8名が12月2日(月)まで支援に入りました。
 さらに、12月8日(日)まで4名が支援に入りました。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。引き続き12月2日(月)まで支援に入りました。
 さらに、12月8日(日)まで6名が支援に入りました。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。
 

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

令和2年1月15日 午前10時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第20号) [2019年12月27日(Fri)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・足利市災害ボランティアセンターは、12月27日(金)をもって閉所し、以降は、足利市被災者支援ボランティアセンターに名称を変更し、引き続き生活支援を行っていきます。
・小山市災害ボランティアセンターは、12月27日(金)をもって閉所になります。

1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(暫定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み
  (ボランティア活動保険のWEB加入システムは2019年12月25日(水)17時30分〜2020年1月8日(水)13時00分の間稼働停止になります)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○椛ォ利銀行様より災害義援金として2,104,931円をご寄付いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月14日)
 ○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  現在は、佐野市に派遣しているとともに、各センターには随時訪問、連絡調整を行っています。
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しました。
  11月12日(火)からは、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市に対して派遣しました。
  12月4日(水)からは、栃木市、佐野市に対して派遣しました。
  12月16日(月)以降は佐野市に派遣します。
  

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 ○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
 ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課(TEL 028-622-0525))までお問合せください。

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っていました。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。引き続き、東京都内社協から5名と群馬県内社協から3名の計8名が12月2日(月)まで支援に入りました。
 さらに、12月8日(日)まで4名が支援に入ります。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。引き続き12月2日(月)まで支援に入りました。
 さらに、12月8日(日)まで6名が支援に入りました。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。
 

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

令和元年12月27日 午前10時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第19号) [2019年12月16日(Mon)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・鹿沼市災害ボランティアセンターは12月15日(日)に閉鎖されました。
・足利市災害ボランティアセンターは12月16日(月)から週末型から随時型に移行します。
・ボランティア活動保険のWEB加入システムが2019年12月25日(水)17時30分〜2020年1月8日(水)13時00分の間稼働停止になります。(「3.ボランティアの皆様へ Aボランティア活動保険について」から全社協ホームページを参照)


1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、12月22日(日)まで、土日も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1‐10‐6)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○椛ォ利銀行様より災害義援金として2,104,931円をご寄付いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月14日)
 ○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  現在は、佐野市に派遣しているとともに、各センターには随時訪問、連絡調整を行っています。
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しました。
  11月12日(火)からは、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市に対して派遣しました。
  12月4日(水)からは、栃木市、佐野市に対して派遣しました。
  12月16日(月)以降は佐野市に派遣します。
  

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 ○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
 ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課(TEL 028-622-0525))までお問合せください。

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っています。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。引き続き、東京都内社協から5名と群馬県内社協から3名の計8名が12月2日(月)まで支援に入ります。
 さらに、12月8日(日)まで4名が支援に入ります。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。引き続き12月2日(月)まで支援に入ります。
 さらに、12月8日(日)まで6名が支援に入ります。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。
 

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

令和元年12月16日 午後5時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第18号) [2019年12月02日(Mon)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・栃木市災害ボランティアセンターでは、12月2日(月)から6日(金)のボランティア受付は、県内のみの募集になります。また、12月7日(土)及び8日(日)は、ボランティアセンター移転作業のため、ニーズの受付及びボランティア派遣はお休みとなります。
・佐野市災害ボランティアセンターでは、12月9日(月)以降は平日の活動を休止し、土日のみの活動となります。
・県外社協からは12月8日(日)まで支援が入ります。(「7.他都県からの支援」参照)
・県内の社協職員の派遣状況は、「6.県社協の動き」参照
・ボランティア活動保険の土日受付について、12月22日(日)まで延長しました。(「3 .ボランティアの皆様へAボランティア活動保険について」参照)
・那須烏山市災害ボランティアセンターは、11月29日(金)をもって閉鎖となりました。


1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、12月22日(日)まで、土日も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1‐10‐6)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○椛ォ利銀行様より災害義援金として2,104,931円をご寄付いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月14日)
 ○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  現在は、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市に派遣しています。
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。
  11月12日(火)からは、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市に対して派遣します。
  12月4日(水)からは、栃木市、佐野市に対して派遣します。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 ○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
 ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課(TEL 028-622-0525))までお問合せください。

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っています。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。引き続き、東京都内社協から5名と群馬県内社協から3名の計8名が12月2日(月)まで支援に入ります。
 さらに、12月8日(日)まで4名が支援に入ります。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。引き続き12月2日(月)まで支援に入ります。
 さらに、12月8日(日)まで6名が支援に入ります。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。
 

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

令和元年12月2日 午前9時00分発行
JR小山駅発!災害ボランティアバス運行について [2019年11月19日(Tue)]

台風19号被害に伴う被災地支援として、栃木県内の家屋や敷地内に残る泥の撤去作業や家屋内外の片付け・清掃を行うボランティアを募集します。
栃木県内、県外を問わず多くの方の御参加をお待ちしております!
ボランティアの方が少ない平日に実施します。
ボランティア休暇等を活用してぜひご参加ください!
1.主 催 社会福祉法人栃木県社会福祉協議会
2.運行日、運行予定
(1)運行日
令和元年11月29日(金)佐野市災害ボランティアセンター
(2)運行予定
定 員:20名
運行場所及び運行時間(予定)
08:00 JR小山駅 東口 集合・出発
08:30 小山市立中公民館 集合・出発
災害ボランティアセンター着⇒活動開始
活動終了後災害ボランティアセンター出発
16:00 小山市立中公民館 着・解散
16:30 JR小山駅 東口 着・解散
3.留意点
(1) 出発時間10分前に集合願います。
(2) 集合場所までの移動にあたっては各自で手配及び費用の負担願います。
(3) 交通事情等により行程に遅れが生じることがあります。
(4) 事前に以下の方法でボランティア活動保険にご加入の上、参加願います。
@お近くの社会福祉協議会の窓口にて
AWEB加入(クレジットカード決済) https://www.saigaivc.com/insurance/
なお、事前加入ができなかった場合は、ボランティアバスの往路の車中にて加入手続きを行っていただきます。
4.活動内容
家屋や敷地内に残る泥の撤去作業や家屋内外の片付け・清掃等
5.参加費 無 料
6.持ち物等
飲料水(多めに)、昼食、作業着、安全靴またはインソール入りの長靴、室内履き、厚手のゴム手袋・軍手、マスク、ゴーグル、タオル、作業後の着替え等、ボランティア保険加入カード(事前に加入された方)
7.申込み
(1)申込方法
お申込み時に、以下の必要事項を明記の上、申込先へ電話、FAX、メールでお申込みください。
@参加者氏名(ふりがな)・性別
A年齢層
B住所・連絡先(携帯)
C乗降場所(駐車場を利用の場合、車種とナンバー)
Dボランティア保険加入状況
(2)申込期間
11月26日(火)午後5時申込締切
※締切日時より前であっても 、定員になり次第、締め切ります。
(3)留意点
@参加する場合は、事前の申込連絡をお願いいたします。
A当日の天候及び現地の状況により、活動できない場合や活動場所が変更する場合もありますので、あらかじめご了承ください。
B運行の中止については、運行日前日18時までに本会ホームページ上に掲載しますので、必ずご確認ください。
8.申込み及び問合せ先
栃木県社会福祉協議会 地域福祉・ボランティア課
【TEL】028-622-0525 【FAX】028-621-5298
【メール】tiikiv@tochigikenshakyo.jp
※電話での問合せ受付時間 平日 午前9時30分〜午後5時00分

募集チラシ
oyamaborabasu.pdf
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第17号) [2019年11月16日(Sat)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・椛ォ利銀行様より災害義援金をご寄付いただきました。ご協力ありがとうございました。(「4.支援金・支援物資等のご協力」参照)

1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、11月24日(日)まで、土日(11月3日を除く)も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1‐10‐6)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)(なお、11月4日(月)は閉館日です)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○椛ォ利銀行様より災害義援金として2,104,931円をご寄付いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月14日)
 ○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。
  11月12日(火)からは、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市に対して派遣します。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 ○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
 ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課(TEL 028-622-0525))までお問合せください。

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っています。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。引き続き、東京都内社協から5名と群馬県内社協から3名の計8名が12月2日(月)まで支援に入ります。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。引き続き12月2日(月)まで支援に入ります。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

令和元年11月16日 午後5時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第16号) [2019年11月11日(Mon)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・高根沢町社会福祉協議会では、ボランティアバス参加者を募集しています。詳しくはこちら  
  台風19号災害ボランティアバス参加者募集
・11月11日(月)から、宇都宮市、足利市の各災害ボランティアセンターでのボランティア募集は事前登録になります。
・県外からの派遣職員は12月2日までの支援延長になりました。(「7.他都県からの支援」参照)


1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、11月24日(日)まで、土日(11月3日を除く)も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1‐10‐6)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)(なお、11月4日(月)は閉館日です)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。
  11月12日(火)からは、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市に対して派遣します。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 ○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
 ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課(TEL 028-622-0525))までお問合せください。

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っています。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。引き続き、東京都内社協から5名と群馬県内社協から3名の計8名が12月2日(月)まで支援に入ります。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。引き続き12月2日(月)まで支援に入ります。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

令和元年11月11日 午後0時00分発行
令和元年10月12日台風19号による被害情報(第15号) [2019年11月06日(Wed)]

令和元年10月12日(土)台風19号による大雨の影響で、県内で被害が多数発生しております。
本災害に関する県内の情報についてお知らせします。

○トピックス
・本会では、ボランティアバスの受入調整をしています。(詳しくは「6.県社協の動き」参照)
・大田原市社会福祉協議会では、ボランティアバス参加者を募集しています。詳しくはこちら  
  栃木県佐野市への復興支援ボランティアバス参加者募集 
・広島プラダン様より、支援物資として土嚢スタンドをご提供いただきました。
・復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスクをご提供いただきました。


 (以上「4.支援金・支援物資等のご協力」参照)


1.県内の災害情報
  最新の県内の災害情報については、下記栃木県HPよりご確認ください。
【栃木県HP】
ホーム>くらし・環境>危機管理・防災ポータルサイト
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/bousai/index.html

2.県内社協の状況
  県内市町社協災害ボランティアセンターの開設状況及び活動状況(推定値)については、県社協ホームページにある「台風19号による被害情報」をご覧ください。
  開設状況は随時変更される場合がありますので、各センターのホームページ等も併せてご確認ください。

  台風19号による被害情報
  災害ボランティアセンターの開設状況(10月25日現在)
 
3.ボランティアの皆様へ
 @ボランティア活動の注意点
  被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方々のニーズと、支援をしたいという方々の熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、ボランティア活動を希望される方は、特に次の点にご留意ください。

  全社協被災地支援・災害ボランティア情報HP

 Aボランティア活動保険について
  ボランティア活動を希望される場合は、事前にボランティア活動保険にご加入ください。ボランティア活動保険は、お近くの社会福祉協議会で加入申込手続きができますが、加入に便利なネット申し込みも下記から可能です。

  ボランティア活動保険加入のネット申込み

  また、栃木県社会福祉協議会では、11月24日(日)まで、土日(11月3日を除く)も、とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1‐10‐6)にて受付します。(受付時間 9:00から17:00)(なお、11月4日(月)は閉館日です)

 B災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置が実施されています。詳しい利用方法は下記をご覧ください。
 
  NEXCO
  災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
  栃木県道路公社
  台風19号災害ボランティアの無料措置について(http://www.totidoko.or.jp/

4.支援金・支援物資等のご協力
 ○復興ボランティア Casa de Rosa様より、支援物資としてマスク1,000枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月2日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資として防塵マスク1,000個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○マツダ株式会社様よりデミオ1台を貸与していただきました。ご協力ありがとうございました。(11月1日)
 ○広島プラダン様より支援物資として土嚢スタンド170個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日、11月2日、3日、5日)
 ○有限会社ユニ・スタッフえびす工房様より支援物資として噴霧器30個をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月31日)
 ○コープこうべ災害緊急支援基金運営委員会様より栃木県内で行われるボランティア活動への支援金として2,000,000円をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月24日)
 ○命の水作戦様より支援物資としてミネラルウォーターを40本入り30カートンをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月29日)
 ○マツダ株式会社様より支援物資としてウレタン手袋を1,000双、業務用タオル24枚入り6パックをご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月28日)
 ○尾崎産業株式会社様より支援物資として雨合羽の上着、ズボン合計105点をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月22日)
 ○公益社団法人日本青年会議所様より支援物資として土のう袋1万枚、ごみ袋1万枚をご提供いただきました。ご協力ありがとうございました。(10月16日)
 ○株式会社NTTドコモ様より支援物資として携帯電話15台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうござました。(10月16日)
 ○KDDI株式会社様より支援物資として携帯電話10台、モバイルwi-fiルーター4台をお貸し出しいただきました。ご協力ありがとうございました。(10月15日)
 
  ご協力いただきました支援金・支援物資等は、県内各災害ボランティアセンターで活用させていただいております。


5.災害義援金・支援金募集のお知らせ
  被災された方々を支援する「令和元年台風第 19号栃木県 災害義援金」と被災者支援活動を応援する 「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金」の募集を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。

  「令和元年 台風 第 19号栃木県 災害義援金

  「台風 19号災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金

6.県社協の動き
  県社協は、災害ボランティアセンターを設置している社協の支援のため職員派遣を行っています。(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、那須烏山市)
  また、被害の大きい市町社協(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市)に対し、県内市町社協の職員を10月18日(金)から派遣しています。

 (関係団体との連携状況)
 関係団体から以下のとおり協力の申し出がありました。随時連携を図っています。
 @日本赤十字社栃木県支部様から県内各地の災害ボランティアへのボランティア活動協力
 A(公社)日本青年会議所栃木ブロック協議会様から人的・物的支援
 B(特非)とちぎボランティアネットワーク様、(特非)岡山NPOセンター様のスマートサプライによる物資支援サイトの利用
 C栃木県生活協同組合連合会様から人的支援
 D日本労働組合総連合会栃木県連合会から人的支援
 E栃木県障害施設・事業協会様から人的支援

  その他、県内の各関係団体とも随時連携を取りながら支援活動にあたっています。 

 ○災害ボランティアバスや団体でのボランティアの受入について
 本会では企業や学校、NPO等でのボランティアバスの企画や団体でのボランティア活動を希望する方に対して被災地との受入調整を行い、復旧・復興支援につなげたいと考えております。
 ボランティアバスや団体でのボランティア活動を検討されている方は、ぜひ本会(地域福祉・ボランティア課(TEL 028-622-0525))までお問合せください。

7.他都県からの支援
  他都県から以下のとおり県内に支援が入っています。
 @東京都内社協から5名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで佐野市社協に支援に入っています。
 A岐阜県・愛知県・三重県、名古屋市の各社協から計6名が、10月24日(木)から11月11日(月)まで栃木市社協に支援に入っています。
 B群馬県内の社協から資機材(スコップ、デッキブラシ、高圧洗浄機等)のご協力をいただきました。

8.その他
  今後の対応については、随時情報発信します。

令和元年11月6日 午後6時00分発行
| 次へ