CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年05月31日

ススメ!修武館プロジェクト!!はじめの第一歩 その1

DSC_0777b.jpg修武館プロジェクト「就学前武道教育の実践」

たくさんの子ども達に早く道場に来てもらいたい・・・

そんなハヤる気持ちを抑えながら、幼年部の子ども達に
協力してもらい、アンケート調査ですDSC_0763b_500.jpg


幼年部は、事業の対象としている幼稚園から小学校低学年
が稽古に励んでる時間帯なので、みんなの感想はとても参考
になります。いろんなことを質問したいところですが・・・

ちびっこの皆様に、たくさんの質問をするのは失礼だと思い?
よりすぐりの3問に絞りました。
これらの質問に答えてもらう為に、普段は竹刀を使って素振り
をするところ、木刀に変えてもらいました。

このアンケート調査の大きな目的のひとつに、「木刀を使うこ
とへの安全性の確認」があります。幼年部の子ども達は、竹刀
を使うのはお手のもの?です。距離感は、掴めているし、先生方
も普段から子ども達の動きを読んでフォローしてくださるので、
何か危険を感じてくださったら、さっと動いてくださいます。

本来、形は、2人ひと組で向き合って行なうものですが、それは
あまりにも危険ではないかと言うことで、全員前を向いて振って
もらうことになりました。これで、こども達の額は安全ですあせあせ(飛び散る汗)

次に左右前方は、普段より少し余裕をもって並ぶことで
不安は解消されました。

木刀も幼年用の短くて軽い特注の木刀を使います。

まずは、真剣の代りに木刀や竹刀があるということを
子ども達に実感してもらうことが狙いです。

修武館には居合道部もあるので、子ども達の前で、ばさっ、ばさっ
と、試し切りをしてもらうと楽しいし、刀を意識してもらえる
かな・・っと。もちろん、まだ、交渉していませんがひらめき


アンケート調査の結果です(延人数46名)
Q1:竹刀と木刀はどちらがよかった? 竹刀16名 木刀30名
Q2:どうして1番がよかったのかな? それぞれ持ちやすかった方に1票を
  いれてくれました。木刀のほうに、かっこよさを感じてくれたようです。
Q3:次ぎは、どちらを使いたいかな? 竹刀14名 木刀32名
   竹刀の方がよかったけど、また木刀使いたいな・・・と悩める
   お年頃のお友達が2人いました。

もしかしたら、今回使って貰ったのは少し重たい木刀だったことと、
写真撮影の為に、かなりハードに素振りをしてもらったのできっと
お疲れだったのでしょうね。幼年部のみなさん、ありがとうわーい(嬉しい顔)

さて、もう少し安全性の検証をしっかりすることと、事業のご案内の
為のパンフレットつくりです。

なお、今回は、日々稽古に励んでいるこども達が対象でした。
短いスパンで、武道を伝えていかなければならないこども達
にとって、木刀はあまりにも危険すぎます。

どう取組むか、一番難しいところです。

まず、何をするにも一番に検証しなければいけないことは、安全性
です。ここは、じっくり時間をかけていきます・・・


                  公益財団法人修武館 事務局


 








この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック