• もっと見る
« ボトックス日記最新 | Main | 薬剤禍»
第57回ボトックス日記 [2023年10月26日(Thu)]
第57回ボトックス日記



DSCN0470.JPG




1月22日(月)BTX13週
学生時代の友人と、新年同窓会で伊豆の長岡を目指して出発。参加10人。
新幹線の新横浜駅に集合した。心がけ良く、全員が集合した。待つ間はプラットフォームから写真を撮りまくった。とにかく無心で躊躇せずに撮るのが私の流儀だ。

乗車すれば、皆ワイワイとお喋りが始まり三島に着くまで絶えることなく続いた。
もう早速、一人が切符を紛失したと騒ぎ出した。・・・・矢張り高齢者騒動第一弾。
駅の改札口で遺失物として届けると、すぐさま乗った車両に連絡してくれ私達はオロオロしていると間もなく届がでた連絡がきた。証明されたので無事改札を出ることが出来た。

もう昼飯と意見一致してうなぎ屋に入る、サービス満点のうな重に気をよくしてすっかり旅行気分に乗って食べてしまった。
駅からやや遠いいが三島大社にお参りして順調に一回りして、駅近の駐車場に戻り始めた。運転に恐ろしい自信を持つ二人が山梨と東京から来ていたので、乗せて貰う積りでいた。

ここで高齢者騒動第2弾が始まった。運転自慢の男が自分のバックが無いと騒ぐ、どこに置いたか分からないと言う。記憶も貴重なバッグも無くしてしまった。
もう一台の車は伊豆の長岡に向けて出発してしまった。残った3人で大社に歩いて戻った。ここで焦った運転自慢が、転びかけた、幸い私が辛うじて抱きとめると近くにいた女性二人がすぐさま駆けつけて無事庭石に腰掛けさせることが出来た。

これからが大変だった。少し休息してから大社中、社務所、お店、全て見回り絶望的な思いに至った。悩む中、フト思い付き鳥居脇の交番に行ったら・・・なんと届いた。一気に心が弾けてしまった。すっかり気落ちしていた運転自慢の男も明るさ
を取り戻した。彼は自分の車を大社の駐車場に置いたのを忘れて駅近駐車場に向かっていたことも判明した。目出度し 目出度し。

一挙にホテルに向け運転自慢男は自信を取り戻し、ハラハラさせる運転で車を飛ばした。途中韮山近辺では二重になった見事な虹が見えた・・・絶景!!!
無事にホテルについた。
以後はお決まりのように、食事と温泉と冗談話を繰り返してゆく中で高齢者騒動第3弾が起きた。私の腕時計が無くなった。温泉の中まで探したが見つからず、落ち着かないまま寝てしまった。

眼の状態 0+


1703762704189a.jpg

写真はRINAKOさんの提供です。手前に江の島が見えています。私と同じ眼瞼けいれんで眩しさが強い症状があります。


1月19日(木)BTX12週+4日
朔日のことだが、都内の実家からの帰りに明治神宮に寄ってみた。代々木駅から神宮に入り原宿へ通り抜けるだけだ。それでも参拝者と外国人が沢山集まり、子供たちも案外多かったの意外に思った。都会の子供達も広い砂利敷きの通りは、解放感ではしゃぎ回っているのも面白かった。遠くの方に砂煙が上がっている、森を背景にした逆光の中では何かつむじ風が起きているようにも見えた。近づくと、子供達がわざと足を引き摺りザーッ、ザーッと音をたて砂埃を舞い挙げていた。
神宮の森は地元本来の木々で広葉樹や照葉樹を植えている。あまり針葉樹が目立たない。いつもホットする雰囲気を感じるので、私の好きな散歩コースである。

また電車で横浜に着くと、自分の不用品等をネット販売する有名店があって会員登録を行った。ご近所の方から頼まれた釣り道具を売ってみようと思う。もしかすると大儲けするかもしれない?!

眼の状態 0+


1月15日(月)BTX12週
自民党が裏金で揺れている。対策を派閥解消にすり替えて議論している。
結局は裏金を活かしたいとの意図が明白だ。政党であれ個人であれ、明快に会計報告を行っているのに何故自民党は誤魔化すのか?
献金する企業も個人も必要とする人々は裏金にしたいからだ。魚ごころあれば水ごころ・・・いつまでも続いてゆくのだろう。

今日は新年初の老人会の公園清掃に体力を使った、更に役員会で来年度の方針確認と役員会の新年会を行うことにした。我々は自民党ではないから、会計報告は極めて明白だ。

このところ、眼の調子は良くない。姉に体調不良があって毎週都内にお見舞い他で一泊している。大した事は出来ないが、行くだけでかなり体力を消耗する。精神的なことも影響して眼に影響している。

眼の状態 0


1月11日(木)BTX11週+4日
冷たい一日になった。薄い雲が空一杯覆って、太陽の光は感じない。風がそんなに強くないだけ助かっている。昨年は暑さと体力消耗で手入れが出来なかったシャクヤクの手入れを始めた。一旦、土を掘り起こして根っこを取り出して耕した。本格的な手入れのやり方は知らないが、全体を柔らかくして消毒や肥料も入れ株の整理をした。さて、効果は出るだろうか? 温暖化で芽が出るのも、花が咲くのも意外に早いかもしれない。
合唱をやってはいるが、今の先生はオペラのテナーとして活躍している。せっかくだから発声練習も受けたい。坂本さんは楽譜の勉強が必要ですね、と言われてしまった。分かっている!楽譜は読めなくて良いと了解を得ている。
しかし、それならやろうと思ったが楽典、コールユーブンゲン、コンコーネといろいろあってどれをやれば良いのか分からない。先生に聞いてみるが、幸いネットで無料指導しているので利用しよう。

眼の状態 0+


1月8日(月)成人の日 BTX11週
昨日は合唱の初練習だった。何故か皆さん張り切って、ソプラノの女性パートが男性パートに引っ張られてしまった。先生もビックリ! いつも男性がソプラノに引っ張られるの普通だった。もともと男性の方がパワーは圧倒していて、発声練習では優勢だが、歌いだすと女性のメロディーに引っ張られてしまうのが普通だった。
今年はなにか良いことがありそうだ。
今日も含めて庭仕事に熱中している、ついつい外の作業は夢中になってしまう。大した事はやっていないのに・・・農業に向いていたかもしれない。

連日、眼がショボショボ、シブシブ、閉じる、不規則に閉じるで悩まされているが
少し良くなってきた。

眼の状態 0+


1月4日(木)BTX10週4日
新年早々飛んでもない事が起きてしまった。JAL機と海上保安庁の機体接触事故だ。
でも全員無事に避難出来た、JALの乗務員の対処行動は絶賛に値する。乗客も良く冷静に行動した。素晴らしい。内閣総理大臣賞か・・・・
海上保安庁の飛行機は被災地石川に向かうところだったと聞く。残念で仕方がない。
何れにしても、これから事故調査委員会の結果を待つことになるだろう。

年末から新年に続いて、眼の閉じ方が強くなったいる。間欠的に瞼がギュウギュウ閉じる、ショボショボが極端になった。眩しさはまだ大丈夫。

眼の状態0



令和6年1月元旦(月)BTX10週
あ暖かく穏やかな晴天。直ぐに地球温暖化は止められるか等とすぐに考える貧乏性だ。しかし、飛んでもない地震が発生してしまった。石川、富山、新潟と広範囲な大地震で元に戻るには何年かかるか? 富山、石川へ旅行に行ったときも大地震の後の復興が終わりかけた頃だとおもう。建て換えた家の屋根がやたら黒光りしていたり、大きなお寺の柱が土台から外れて・・・・これどうやって修復するんだろう?と考えた事を思い出す。
津波、浸水、火災、倒壊・・・時代と共に良い話より悪い話の方が多くなっているような気がしてならない。人類が共存共栄するのは如何に難しいかを思い知らされる。政治家を選ぶ私達の責任は大きくなるばかりだ。

眼の状態 0


12月28日(木)BTX9週+4日
昨日の事だが、都内実家に姉のお見舞いに行った。たいしたもので駅までの買い物ややや遠いい紅葉山公園の早朝ラジオ体操に出掛けている。立派としか言いようがない。
帰りには家内と羽田空港に立ち寄り夕景、夜景を楽しんだ。良く晴れてスカイツリーは勿論、私の住む横須賀にあるS重工の大型の門型クレーンまで見えた。間違いないと思う、赤白の縞に塗られた2門は東京湾では他に見られない。
暗くあるまで眺めた後は大好きな「稲庭うどん」で祝杯を上げて帰った。ここから始発の京急電車がでるので、ゆっくり座れるの助かる。良い一日になった。

眼の状態 0+


12月25日(月)BTX9週
横須賀の友人たちとの忘年会を行った。長い付き合いだから高齢者が多いけれど若い女性が入ってきた。私と同じ眼瞼けいれんで気の毒だ。しかし、ホノルルマラソンに参加して3時間で走り切ったとは見事だ。たまたま逗子の視覚障害者の集まりで出会ってまだ間もない。誘ったらいとも簡単にバーベキューに来てくれたし、今回も喜んで来てくれた。お蔭で皆さん上機嫌で、雰囲気がすっかり明るく楽しくなった。もう早速次回の集まりの相談が始まったくらいであった。

眼の状態 0+


12月21日(木)BTX8週+4日
都内に住む学生時代の友人と新宿駅南口に集合した。平日なのに、この賑わいは何だ?しかも結構若い人達が多い。更に雑踏する西口飲み屋街に行くと、我々向けのお店がウジャウジャある。似たり寄ったりで迷う事30分、魚料理と焼き物中心の店に入った。
久しぶりに4人と顔合わせして乾杯。他愛のない世間話をすること、3時間経つともう夕刻を感じて解散した。こういう会合が気楽で気分爽快、一番良い。

最近ストレスの多い事が多く、眼には顕著に閉じる症状が出ている。気難しい病気だ。

眼の状態 0


12月19日(火)BTX8週
寒くなると安心する程地球温暖化が進んでいる。こんな人類の大問題もどこ吹く風どころかプーチンロシアはウクライナ侵攻を続ける。無駄で大量のCO2を排出しているだろう。習近平中国はアジアの侵略拡大を行い、中国皇帝を目指している。ここでも無駄なCO2を排出している。独裁者は国民も他国も餌食にする、民主主義国家は国民第一主義にする。
アメリカではトランプがアメリカ第一主義を掲げている。彼もまた独裁者になっている、彼が大統領になったら徐々に自分第一主義、則ち独裁者に変わってゆくだろう。彼を頼ろうと支持して大騒ぎする人達はトランプを大統領にしても、自分たちが食い物にされることに気付かない。

健康診断を年一回、誕生日月に行っている。殆どが内科が扱う範囲である。
目の健康診断もやって貰いたい。自分なりには年一回眼底検査を行っているけれど
多少の不具合も「お年ですから」との言葉でおわりだ。
一般健康診断のように項目ごとに数値で表し、健康範囲と比較して判定するようにして貰いたい。
我々眼球仕様困難症候群は検査に耐えらない、それを無理やり測定環境基準を逸脱してでも強引に測り見えるようにしてしまう。応用科学の我々技術者には信じられない、横暴な検査である。比較判定を行うのに、測定環境基準を無視するなんて考えられない。大体、誰のために検査しているのだ。彼らは医師では亡くなったのか。

眼の状態 0


12月14日(木)BTX7週+4日
イスラエルとパレスチナの紛争の原因は旧約聖書にまで戻ると言われている。残念だがそこまで勉強もしたこともない。生涯学習の講義に10回程習ったが、他愛ないお家騒動みたいな事が切っ掛けとなったという話だった。・・・本当なのか?
そんなことより、彼らはいつもまで殺し合いを続けるのだろう。これからも人類が生存する限り、お互いを殲滅させる事を目的とするのだろうか。彼らの宗教はなんだろう?

政治家の政治資金パーティーだ、裏金作りだ、政策活動費はなので不記載とか・・・いろいろニュースが飛び交うなかドジャースに入団する大谷選手の報道だけが明るい。
いつも思うが政治と金の問題は日本人の心の本質を示しているように思えてならない。「矢張り金が動かせないと政治家はダメだ・・」良く聞かれる。会社と会社のお付き合いには接待費が付き物、大企業の役員、部長、課長、担当者、資材調達にはランク毎に接待レベルも決まっていた。中には自分の口座に現金を振り込ませる人もいた。日本の政治家が接待政治家になってgive and take で偉くなっても不思議はない。国会議員の醜態騒動は選挙する国民を反映していると思っている。

眼の状態 0+ 


12月11日(月)BTX7週
昨日の事。所属の合唱のメンバーでどうしても話が通じない人がいる。
協力してくれる女性一人と計3名でレストランでいろいろと話し合った。
この方は音楽を大切にしており、専門に高度な勉強もしている。自分自身で音楽=愛と考えています。この考えで日常生活を過ごして行くことが如何に大変か、困難か・・・。私達が合唱を練習している中でも、生徒たちから疑問、質問、意見はでてくるから先生はリーダーが整理して来てくださいと仰る。それが納得できない、一人一人と向き合うべきと主張する。先生はあちこちで教える仕事がある、また自分自身の公演や練習もある、生活だってこの世界はままならない。先生が一人一人に向き合うなんて実際不可能と思う。
本人は心から音楽=愛で日常を整理しようとするが、大変な問題である・・・私達を理解してください、元気良く生きてください、楽しんでください・・・と願うばかりだ。

今日の夕方出身校の学生やOBで行う定例コンサートがある。最高OBは私の年代になる。毎年恒例のベートーベン交響曲9番だが今年はモーツァルトのレクイエムだ。
一年間一生懸命歌った成果は大きかった。横須賀合唱団より見事に歌った。
OB友人とも家内も一緒に聴けて良かった。

眼の状態 0+


12月7日(木)BTX6週+4日
小学校時代のクラス会に行ってきた。都内の区立小学校を卒業する事71年ぶりになる。全く無名な学校ではあるが、唯一有名になったのが「なごり雪」を歌ったイルカである。コロナ禍を過ぎて4年もたっ久しぶりの出会いとなった。参加9名と皆の顔を見ただけで、用事があって帰った男もいた。
お互いにただ話をするだけで楽しい、2次会の喫茶店で私はお先に失礼したが延々と続いたらしい。
大体このグループの女性達のお喋りはとんでもない。
もう10年以上前だ、クラス会の集合を一日前に間違えた事がある。
・・・とあるホテルのロビーで夕方まで過ごしたそうだ、それだけでは終わらない。
翌日は正しく集合して地方の温泉に泊まってから、オールナイトで夜が明けるまでお喋りしたと言う。この神経はどうなっているのか? 理解に苦しむ。

一方、私の眼はショボショボ、渋々、眩しい、眼を開けているの苦しい・・・と酷い症状に陥り、一足先に帰ってしまった。

眼の状態 0−


12月4日(月)BTX6週
町内の知り合いが恒例行事のベートーベン9番の合唱に出ると言うので聴きにいった。彼は私が所属する合唱を辞めて、横須賀芸術劇場の9番用合唱に移ってしまった。とんでもないけれど、教育もシステマチックにおしえるしドイツ語の発声も詳しく教えてくれるそうだ。マア、比較にならないからしょうがない。
女房と聴きにいった。矢張りシッカリしている、オーケストラは全員アマチュアでこれも通年教育を行っている。
私は日曜日が合唱練習の定例日だ。少し早めに行くと中から凄いソプラノの声が漏れていた。徐々に声が絶叫のような激しさで、かなり驚かされた。終わって出てきた女性はごく普通の人に見えた。9番を聴く中、ソプラノがソロで歌ったのが午前中に漏れ聞こえてきた歌そのものであった。勿論、別人だが矢張りプロが歌うソロの声はさすがに素人とは飛んでもないレベルである事をマザマザと思い知った日になった。

眼の状態 0+


11月30日(木)BTX5週+4日
横須賀の友人たちとバーベキューをやって楽しんだ。殆どが高齢者だが、今回若い頼もしい女性が加わった。身長が180cm程もありそうで、ホノルル マラソンを走って日常は三浦半島をトレーニングで走り回っているようだ。
更に私と同じ眼瞼けいれんで非常に眩しいとの事だ。
忽ち、人気者になり雰囲気がすっかり明るくなった。女性たちから、まるでモデルさんみたいとの声が上がった。
お蔭で気分爽快の一日になった。

眼の状態 0+


11月24日(月)BTX5週
昨日は雨で寒く、やっと冬が来た・・・と思ったらまた晴れてきた。もっとも、
気温は下がっているから小春日和にはならない。
昨日は合唱後に友人とお酒飲んできた。年齢的になかなか簡単に飲もうと誘えない。
ボケ、耳の不自由、足元の確かさ、等々無事に帰宅出来るかも心配になる。
合唱には入会希望者が体験練習にきた。バトミントンをやっているとは、驚きだ。
70歳くらいにはなるだろう、私も定年頃までやったけれど考えられない。
歌は声も良く出てきれいだ。練習曜日が重なるので、調整が必要になるから日程調整して来年から出来るかどうか、残念だが入会は未定。

眼の状態 0+


11月23日(木)BTX4週+3日
夜はザーッと雨が降って、今朝は暖かい日となった。
一昨日から都内の実家に泊り、昨日は新宿に立ち寄った。私が買ったカメラのレンズをズームに買い換えたくなったのだ。有名な量販店や中古品買取の店を回ってみた。なかなか簡単に買い換える値段ではなく、情報収集に終わってしまった。
しかし、気に入ったレンズがないとカメラ自体が使えなくなる。困った。

いつも帰り道は品川駅で乗り換える。京浜急行のホームは大規模な建設工事が進んでいる。品川はリニア新幹線の始発駅なるから、渋谷や新宿並みの大規模な駅ビルが出来るのかも知れない。

体力が落ちているので、疲れやすくなった。暇があれば寝ている状態だ。

眼の状態 0+


11月20日(月)BTX4週
天候も良く、老人会の公園清掃も順調い終わった。とは言うものの高齢化、会員減少とともに作業の負担が大きくなって。月2回の清掃では不十分で、4回はやらないと環境維持はできない。環境大臣から表彰を受けたものの、先行きは心もとない。
表彰状は額縁に入れて自治会館に掲げて、これから私が団体の集合写真を編集して記念写真にすることになった。・・・・年内に出来るかな?
午前中にもう一つ老人会の月例会議だ、忘年会をどうやって楽しくやるかだ。
もう皆ビンゴも飽きた、難しいゲームもだめ、単純なジャンケンの勝ち抜きゲームしようと決めた。
午後は家内と市内中央に出かけて、買い物に回った。私が障害者なので、バスと電車は半額になるので助かる。二人で出かける事も多くなった。

ガザ地区のパレスチナとイスラエルの戦いは無益な争い意外に何もない。
旧約聖書から始まる争いを続ける等は、人類が優れた生物ではない事の証明をしているだけだ。
プーチンのウクライナの侵略も深刻になるばかり。天下を平定した秀吉が朝鮮征伐を仕掛けたのと良く似ている。独裁者が老衰して陥る典型として世界史にのこるだろう。科学技術の発展は人類を幸せになる面もあるが、破滅させ得ることも明らかになった。米国の前大統領などは地球温暖化をフェイクと言う、それに共鳴する米国民が多数いる。落ちぶれた米国と言わざるを得ない。
日本だって危うい。あまりにもお粗末な犯罪に命をかけている、学校教育にも限度がある。
自分の将来がどうなるか?不安を持ちながら選挙は行かない。この無気力と自立する気力・・・破滅に向かっているように思える。


眼の状態 0+


11月16日(木)BTX3週+3日
歌う会では二つの会に参加している。
一つは先生が一線を退いて、楽しく気楽に歌っている。会員も皆楽しく遊びに来る雰囲気だから、私もなんの練習もせずに参加している。
一方現役のオペラ歌手で素晴らしい歌声だし、それなりに教え方も違う。
発声もおざなりではない、また歌の演出もレベルが違う。入って良かったと思っている。再来年にはSOUND OF MUSICのバックコーラスを歌うことになっている。
とろが、ところが先生の評価も価値も考えない生徒もいる。
ただ、歌えるだけでそれ以上期待しない人達もいる。
会が存続するには、人数がないと合唱としてていをなさない。活動資金も不足するからいろいろな方々に入って頂くことになる。混然一体でまとまって活動も良いところもある。面白くも難しい事だ。

眼の状態 0+


11月13日(月)BTX3週
昨日辺りから急に寒くなって、ダウンコートを来て出かけることになった。
今日はインフルエンザ予防注射をして来た。
寒過ぎるのも困るが、気温が下がるにつけ随分体調を持ち直した。駅までの山道はかなりの急坂があって20分前後かかる。高齢になると、ここを歩けず遠回りするバスになる。丘の上の住宅街で海が見えると言えば、素敵なイメージが涌かもしれない。とんでもない、近くのスーパーでもバスで一つ停留所を乗る人もいる。

最近、コロナワクチン接種で眼球使用困難症になったニュースを聴いている。
コロナのDNAを調べて劇的に早くワクチンが作られるようになったと聞いている。
ただ、技術的な歴史は短く未知な部分もあるとも聞いている。
全く予想外の事が発生すると、行政は無視することが多い。私達は大きな関心をもって注視しなければいけない。私達には予測外に気を付ける手段等ある分けがない。

眼の状態 0+


11月9日(木)BTX2週目+3日
親戚の女性がweaving(刺繍の一種)の作品展のはがきを送って来たので、家内と見に行きました。ビックリ! 本人の作品は無く、会場に来る予定も無いとのことだった。単なるお知らせだったようだ。お祝いと思って買ったお菓子は仕方がない、
寄付してきた。

話は変わる。プーチン大統領のような独裁者は安定した状態が嫌いなのではないか、
とそう思うようになった。私なんかは、世の中が安泰であれば嬉しいけれど彼らはそれが退屈で詰まらないのじゃないか。いつも周囲に問題が起きて、それに対応すると言うか、戦う事に生き甲斐を感じているように思える。
周囲がザワザワと波立っていると居心地が良いのではないか。
退職後に気が抜けて、何もできなくなり生き甲斐も無くなっていた人も知っている。
他人を征服する事だけが全ての人生としか考えられない。

眼の状態 0+


11月6日(月)BTX2週目
昨日は暑い晴天の中、高校のクラス会に出かけた。男女6名づつ合計12名となった。
身体的には皆何かしら問題を抱えているが元気だ。
皆各々楽しさを実感しながら生きている者たちが出てこられた気がする。
日々他愛ないことでも楽しんでいられることが重要になった。

今日は老人会が主催する公園清掃をお行った。山の傾斜を3段に刻んで平らにした場所だ。
雑草と落ち葉の収集と廃却は重労働になった。30分もやれば、お互いに気を付けないと危ない。
転倒する、暑さにやられる、思いゴミをやっとの思いで運んで捨てる・・・
最後は集まってご褒美のお菓子を貰っておわり。
疲れてしまい、今日は休息のみで終わる。

眼の状態 0+


11月2日(木)BTX1週目+3日
もう今年も残り少なくなった。コロナもワクチン接種で心配もなくなってきた。年内はインフルエンザ予防注射があるだけ。電車やバスではマスクをしている人達は30%以上いる。結構、皆さん用心している。それに釣られて交通機関に乗ればマスクをしている。

世界はイスラエル対パレスチナの凄まじい紛争・戦争がまた始まってしまった。
独裁者プーチンが率いるロシア、は世界の暴力団といえる。私達、国内には反社会勢力が存在する。こんな団体が勝手な行動をしたら私達平和的な国民はたまったものではない。でも幸いに法律があり警察がある。世界には共通の法律も警察がないから、基本的に無法地帯となっている。
ならば、武力を持って自衛するのが当然である。日本周辺には独裁政治や独裁国家がある。自衛する事、協力国家を持つことが重要。いつウクライナのような目に合うか分からない。

眼は日常生活に支障をきたすことはない。ただ、ジストニアの症状として手が震えるとか鏡を見れば、口をモグモグさせたり、目を不規則にパチクリさせている事に気付く。

眼の状態 0+


10月30日(月)BTX1週目
昨日の事。お隣り町の逗子で行われた「ブラインドワールド」に行ってきた。
○一緒にお話ししませんか
○視覚障害者のための相談会&展示会
○視覚障碍者のためのお役立ち口座
等などのイベントが行われていた。私としては「一緒にお話ししませんか」に出ようと思っていたけれど、もたもたしているうちにタイミングを逸したらしい。会議室を探すうちに眼鏡や視覚補助眼鏡、器具、画像機器をみていて時間が過ぎた。

帰り際に非常に背の高い女性RINAKOさんと話すことができた。眼瞼けいれんだが、見るからに元気で健康そう。聞けば、ホノルルマラソンに参加して3時間で走りとおしたとの事だ。
一般市民ランナーとしては立派なもの、マラソンや長距離の選手は一分で3kmを目標にしているが彼女は4分で1kmだ。

共催している「すこやかいきいき協議会」の沢崎先生にもお目にかかった。逗子・葉山・逗子を
中心に私達視覚障害者へボランティア活動を積極的に行っており、感謝している患者さんも広い。
私はその中で「チャレンジ ド ヨガ」に月一回参加している。

テレビでカナダで行われているスケート競技を見た、男女共に優勝と入賞多数で素晴らしい。
昔は選手がすってんころりんと転げるの見ては、日本人には向かないと思った。見事に成長した競技で世界一流になった。

眼の状態 0+


10月26日(木)BTX4日目
終日在宅。晴天、雲なく、風なく終日気持ちの良い天候に恵まれた。
今、自分で好んでやっている事は合唱と写真。
その例として先日、追浜地区文化祭の「追浜市民サロン」に歌で参加した。
ミュージカルSOUND OF MUSIC より 「 SOUD OF MUSIC」と「CLIMB EVERY MOUTAIN」
さらに
「この木なんの木」「BELIEVE」「レ・ミゼラブル 民衆の歌」「翼をください」を歌った。
早朝からの出演にもかかわらずほぼ満席と拍手、手拍子をいただき盛り上がった。
小さな会場ではあるが矢張り嬉しいものだ。

今日は歌の練習程度で昼から居眠りか休息に終始した。

眼の状態 0+


10月23日(月)BTX初日
今年の2月に姉の容態が急変して、その対応に追われてしまった。
私自身も疲れで体調不良と記憶が曖昧になりました。
最近涼しくなってやっと体力も戻り、頭もハッキリしてきました。

今日やっと気が付いて見たら、2月に第55回のボトックスを忘れていたこともが分かりました。
これを5月16日に行い、6カ月注射が空いていました。
8月16日第56回のボトックスを行っていました。

やっと事態が分かり、57回目のBTXを50単位注射しました。
こんなに酷いボケ方で毎日過ごしていたかと思うと愕然としました。

眼の状態 0+

第56回ボトックウス日記 [2023年10月26日(Thu)]
第56回BTX日記

10月22日BTX+4日
56回BTXの最終日。

眼の状態 0+

9月29日(木)BTX6週+2日
気温が下がり楽になった。庭に出て雑草取りに集中した。特に芝の中に伸びるススキは要注意で、根がしつこく簡単には取り切れない。局部的に除草剤を使わざるをえない。数年、芝に目土を入れていないので芝全体が浮き上がっている。この手入れはかなりの手数、日がかかる。
作業中に弱い雨が降るが木にならない、涼しさが却って気持ちが良い。
夜は、小学校時代の友人とZOOM話をした。毎回、順繰りに司会を務めるが最近はテーマが種切れになってしまた。お互いに遠距離だから会おう等とは言わない。面倒くさいのだ。でも隔週行ってきて75回になった。
立派なもんだ。

眼の状態 0+


9月19日(火)BTX5週+6日
びっくりした。久しぶりにこのブログを開いたら、アクセス数が148もあった。
何事が起きたのか? 切っ掛けはなんだろう? もうすっかりご無沙汰しているこのブログにこんなに事が起きるのか見当がつかない。
ご覧いただいた皆様に申し訳ない、もっと書きたい事があるが最近は面倒くさい精神が充満している。この空気を追い払うにはかなりの努力がいる。
大きな原因は日々やる事は沢山ある、一方疲労がたまりやすい。これだけあるといくら頑張ってもこの程度だ・・・・ああ・・。これを繰り返している。
エイッと気持ちを切り替えると案外できたりする。しかし、1時間やったら1時間から2時間休むことになる。
でも今日は良い切っ掛けになった。またブログを続けるか!!

眼は眩しい程度で日常生活に支障はない。

眼の状態 0+

9月29日(木)BTX6週+2日
気温が下がり楽になった。庭に出て雑草取りに集中した。特に芝の中に伸びるススキは要注意で、根がしつこく簡単には取り切れない。局部的に除草剤を使わざるをえない。数年、芝に目土を入れていないので芝全体が浮き上がっている。この手入れはかなりの手数、日がかかる。
作業中に弱い雨が降るが木にならない、涼しさが却って気持ちが良い。
夜は、小学校時代の友人とZOOM話をした。毎回、順繰りに司会を務めるが最近はテーマが種切れになってしまた。お互いに遠距離だから会おう等とは言わない。面倒くさいのだ。でも隔週行ってきて75回になった。
立派なもんだ。

眼の状態 0+


9月19日(火)BTX5週
びっくりした。久しぶりにこのブログを開いたら、アクセス数が148もあった。
何事が起きたのか? 切っ掛けはなんだろう? もうすっかりご無沙汰しているこのブログにこんなに事が起きるのか見当がつかない。
ご覧いただいた皆様に申し訳ない、もっと書きたい事があるが最近は面倒くさい精神が充満している。この空気を追い払うにはかなりの努力がいる。
大きな原因は日々やる事は沢山ある、一方疲労がたまりやすい。これだけあるといくら頑張ってもこの程度だ・・・・ああ・・。これを繰り返している。
エイッと気持ちを切り替えると案外できたりする。しかし、1時間やったら1時間から2時間休むことになる。
でも今日は良い切っ掛けになった。またブログを続けるか!!

眼は眩しい程度で日常生活に支障はない。

眼の状態 0+

8月16日BTX初日
50単位
第55回ボトックス日記 [2023年07月28日(Fri)]
第55回ボトックス日記




8月15日(火)BTX13週
市の公募展に出す写真の見直しを行った。

眼の調子はかなり悪くなっている。
BTX55回は最終日である。

眼の状態 0−


8月14日(月)BTX12週+6日
台風7号はどうやら紀伊半島に向けて北上中だ。我々の住む関東は助かるものの、上陸される地域はたまったものではない。やっとニュースでも地球温暖化に危機感を取り上げるようになった。
北欧の国から少女グレタ タンベル(名前は不正確かもしれない)さんが怒りまくっていたのは、当たり前だと思っている。
世界の専門家が科学的な観測や調査を始めたのは、私が退職する頃だ。
この頃にCO2の排出権取引と称されるもの提案された。経済発展を伴いながらCO2を減らせると称して、実行された。この排出権は証券化されたり投資信託されるなど、解説されていた。この中身を読んだとき嘘だ!・・・と思った。緑の環境を保持する事に価値を認めていない。緑を壊して開発するときに、CO2削減する技術を評価するシステムなのだ。要するにCO2は増える事を認めてしまったのだ。
最近は水素、水素と持て囃されている。水素を作るときにどの程度CO2が発生するかを含めて評価しなければ、まともな評価はできない。
人類の将来に大きな赤信号が点滅し始めている。

眼がクシャクシャして時折、瞼がギューと閉まる。16日はボトックス注射の日だ、頑張っても効果はない。気持ちを緩やかにするか、我を忘れる位何かに集中するかだ。前者は寝ること、校舎は趣味に没頭するかだ。ただ、後者は下手をすると却って悪くなることもある。

眼の状態 0


8月8日(火)BTX11週+7日
少し早めに起きてみた。今日も暑い日になるだろう。でも沖縄の台風被害を思えば極楽そのものだ。最近は熱中症を恐れて歩くことも激減している。毎日の体操も渋りがちだ、これも暑くて動きがしないからだ。
私には91歳の姉がいて一人住まいだ。毎朝、6時頃になると散歩した写真がスマホで送られてくる。2、3千歩歩いている。一時は体調を崩して危なかったがかなり戻っている。気合十分の生活を送っていたが、20km歩いたりして自慢していたのが失敗だった。毎日、反省しながら歩いている。
私は、写真と合唱に力を入れている。体力維持が本当に難しい、一番はなまけ心が問題だ。

眼の状態 0+


8月7日(月)BTX11週+6日
暑苦しい日々が続く、台風の影響で豪雨、雷雨、雷と変化が激しい。
秋に追浜市民サロンで合唱を披露するため、練習に力が入ってきた。
今日からウィーン留学をした女性も入会してくれて、大歓迎。
グループが存続するには、若手の入会は不可欠だ。地面から一つ芽が出てきたような希望をもっている。

ロシア プーチンの赦されない独断侵略戦争が続く。金、鉱物、食物、人種、宗教なんでも戦争を起こす理由は作れる。独裁政治はこういう事が得意だ。いつも悪いことは他人のせいにする。
しかし、遠いい世界の話ではない。規模は違っても自分の周囲にも似たり寄ったりの事はある。私達は子供たちへの教育はどうしたら良いのか?

とにかく、不十分ながら眼は持ち応えている。数日前に、ラジオを消して寝ようと思ったとき、文字盤の灯かりが異常に眩しくなった。発光ダイオードの光は異様に強く感じる。
幸い一晩で治って良かった。BTXに不信を持っていた時期は、自宅内でも夜道の散歩でもサングラスを掛けていたことを思い出した。
私はラッキーだった、ボトックスを再度使うようになってからこの眩しさはなくなった。
今月16日には、56回目の注射予約をしている。

眼の状態 0+


7月29日(土)BTX10週+4日
中古パソコンWndows10にはすっかりお世話になった。買ったのは平成30年10月(2018)
で5年弱になる。使うにつれ画面操作が遅くなったのでメモリーを18GB増設したのは、大成功だった。以来、立ち上がりも操作も素早くなって不自由を感じることはなくなった。
今年の5月頃から、画面に黒い点が発生して徐々に大きくなってとうとう一円玉2個分ぐらいとなってきた。さすがに作業に差し支えるので買い替えにふみっ切った。

今回はWindows11の中古42900円也だ。前回の経験からメモリー増設を16GB増設したものを購入した。
幸いJCOMのお任せサポートを利用してすんなり立ち上げる事ができた。
でも失敗をした。メールのアドレス帳は保管していたが、残しておくべきメールを全て消してしまった。最近はメールの交換も減っていたので、なんとかなりそうだ。

苦戦したのは、ZOOMに使うスピーカーのミニプラグ接続ポートがないこと。
小学校時代の友人と隔週ZOOMで他愛ない話を65回も続けている。
当日に間に合わせようと焦ったが、パソコン店に行ってきたものの分からず手遅れとなった。
昨日、また改めてパソコンの本体を詳しく調べたら発見した。なかなかのショックであるが、最近はこんな事は珍しくない。

瞼が閉じる力や頻度が高くなり、他人と会話する際に煩わしい。日常生活にそれ程
支障はない。レベル0に近づいている。

目の状態 0+



7月28日(金)BTX10週+3日
暑さには本当に参る、負ける。
ニュースも鬱陶しい話が多い。
ウクライナ戦争も地球温暖化もしかり。
一人憤慨しても、何もできない。
札幌では嫌な事件がおきている。そのうち、解明されるだろう。
なぜ発生してしまうのか? 第3者に相談できずいるうち、最悪の結果を起こしてしまう。
健全な市民がいつの間にか、犯罪者になってしまう。
私も家族も、いつ引き込まれるかわからない。

眼の状態  0+

7月4日(火)BTX7週
大変御無沙汰しました。連日、結構忙しい。月に歌う会が4回、写真が1回、老人会役員会1回、同公園清掃2回、同飲食会1 回、ヨガ1回、都内実家へ一泊で4回。
我が家のメンテナンスと庭の手入れは空いていればいつも。
付随して準備、打ち合わせ、予習、勉強・・・・他に気ままな遊び。
83歳になったがまだ元気で居られる。でも夜寝る時は明朝起きるだろうか?
自分は何時何処で終わるのだろう?・・・時々考える。

最近のニュースで一番厭なのはウクライナだ。日本は法治国家で国民の安全自由を守る法律も組織もある。警察もある。
世界には共通の法律も警察もない。国外は無法地帯である。そんな世界では自国の安全と自由は自分で守るのが基本のキになる。
一方的にロシアが侵入しても、周囲は根本的な有効手段がない。まだるっこしい武力支援しかできず、他国は自国に被害を受けないようにロシアに気を使う。
人は増え、世界は狭くなり食料、エネルギ、資源は枯渇しその上地球温暖化も激しくなる。平和は遠のくばかりか?

眼の状態 0+


6月2日(金)BTX2週+3日
家内とのんびり昼食に出掛けた。スマホを見ながら場所を地図で探すと、何故か見つからない。自分ではこんな事は何でもないと思っていた。近くまでいる事は分かっていても、分からない。結局、馴染みのスパゲッティーのお店に入ってしまった。ここで落ち着いてGOOGLE MAP で探したらすぐ分かった。
何故か? お店ばかり、特に飲食店を中心として紹介する地図なのだ。だから交差点の名前なんか記載されていない、お店ばかりが出ている・・・これじゃ、分かる訳ないだろう。
昨夜は小学校時代の友人とZOOM会議67回目を行った。コロナが流行りだしてから熱心な男が推進している。固定メンバーは男4人。隔週木曜日、司会を交代しながらやっている。私は種切れで、担当になると悩まされる。

眼の状態 0+


5月30日(水)BTX2週
午前中は合唱の練習。再来年の THE SOUND OF MUSIC のバックコーラスを歌うことになっているので嬉しい。生きていられるか?
午後は庭の雑草除去に取り組んだ。放置したまま4ヵ月、凄まじく荒れ放題になってしまった。でも綺麗になると気持ちが良い。体力不足で一時間やっては一時間休息を繰り返している。

眼球使用困難症群の患者活動が、滞っているらしい。一度は厚労省が研究・調査を始めていたけれど?
いつも経験したことだが、お互いに協力しあって運動をするのが苦手な性格の患者さんの団体のように思える。随分、損している。残念だ。

眼の状態 0+


5月16日(火)BTX初日
BTX第55回目の注射をしました
先生は私をみるなり、過去一番眼がシッカリ開いて良い状態だとのことでした。
クリニックに着いてから一時間、眼を瞑っていたから(半分は居眠り)だ。
先生の声で眼が覚めたんですと、申し上げたけれど・・・。
冗談でしょうと笑い飛ばされてしまった。

眼の状態 0
第54回ボトックス日記 [2022年11月19日(Sat)]
第54回ボトックス日記
DSCN7854 b.jpg




7月4日(火)BTX7週
大変御無沙汰しました。連日、結構忙しい。月に歌う会が4回、写真が1回、老人会役員会1回、同公園清掃2回、同飲食会1回、ヨガ1回、都内実家へ一泊で4回。
我が家のメンテナンスと庭の手入れは空いていればいつも。
付随して準備、打ち合わせ、予習、勉強・・・・他に気ままな遊び。
83歳になったがまだ元気で居られる。でも夜寝る時は明朝起きるだろうか?
自分は何時何処で終わるのだろう?・・・時々考える。

最近のニュースで一番厭なのはウクライナだ。日本は法治国家で国民の安全自由を守る法律も組織もある。警察もある。
世界には共通の法律も警察もない。国外は無法地帯である。そんな世界では自国の安全と自由は自分で守るのが基本のキになる。
一方的にロシアが侵入しても、周囲は根本的な有効手段がない。まだるっこしい武力支援しかできず、他国は自国に被害を受けないようにロシアに気を使う。
人は増え、世界は狭くなり食料、エネルギ、資源は枯渇しその上地球温暖化も激しくなる。平和は遠のくばかりか?

眼の状態 0+


6月2日(金)BTX2週+3日
家内とのんびり昼食に出掛けた。スマホを見ながら場所を地図で探すと、何故か見つからない。自分ではこんな事は何でもないと思っていた。近くまでいる事は分かっていても、分からない。結局、馴染みのスパゲッティーのお店に入ってしまった。ここで落ち着いてGOOGLE MAP で探したらすぐ分かった。
何故か? お店ばかり、特に飲食店を中心として紹介する地図なのだ。だから交差点の名前なんか記載されていない、お店ばかりが出ている・・・これじゃ、分かる訳ないだろう。
昨夜は小学校時代の友人とZOOM会議67回目を行った。コロナが流行りだしてから熱心な男が推進している。固定メンバーは男4人。隔週木曜日、司会を交代しながらやっている。私は種切れで、担当になると悩まされる。

眼の状態 0+


5月30日(水)15日(BTX2週+1日)
午前中は合唱の練習。再来年の THE SOUND OF MUSIC のバックコーラスを歌うことになっているので嬉しい。生きていられるか?
午後は庭の雑草除去に取り組んだ。放置したまま4ヵ月、凄まじく荒れ放題になってしまった。でも綺麗になると気持ちが良い。体力不足で一時間やっては一時間休息を繰り返している。

眼球使用困難症群の患者活動が、滞っているらしい。一度は厚労省が研究・調査を始めていたけれど?
いつも経験したことだが、お互いに協力しあって運動をするのが苦手な性格の患者さんの団体のように思える。随分、損している。残念だ。

眼の状態 0+


5月16日(火)200日(BTX28週+4日)
BTX第55回目の注射をしました
先生は私をみるなり、過去一番眼がシッカリ開いて良い状態だとのことでした。
クリニックに着いてから一時間、眼を瞑っていたから(半分は居眠り)だ。
先生の声で眼が覚めたんですと、申し上げたけれど・・・。
冗談でしょうと笑い飛ばされてしまった。

眼の状態 0


5月10日(水)194日(BTX27週+5日)
やっと第55回目のボトックス注射の予約をしました。
ストレスの高くなる日が多く、症状が悪くなっても注射に行く時間が取れなかったこともあります。時間が無いと言うより、疲れから行くのも面倒くさいと放り出した感もあります。
昨日の豪雨から、素晴らしい晴天になっています。これから友人の写真展を見に行きます。久し振りの顔合わせです、段々難しい各々の事情が増えてきて、来られなくなります。
楽しみにしてしています。

眼の状態 0


4月9日(日)BTX154日(23週+2日)
良く晴れて暖かく気持ちの良い日。毎日楽しく過ごせるようにしている。
早すぎる植物の変化に戸惑うばかり。ジャーマンアイリスは5月に咲くのが、もう殆ど終わっている。小さなラージスケール スノウフレイクも終わり。
梅の実がドンドン大きくなってゆく。
歌の練習、写真のレタッチの手法勉強、庭の造園作業と雑草刈り・・・いくら頑張っても追い付かない。マイペースで焦らずに過ごすしかない。

ロシアのウクライナ侵攻も一年過ぎた。もうこんな侵略戦争は起きないだろうと思っていたけれど、随分甘ちゃんだった。中国もロシア程馬鹿ではないが、勇断出来ない。専制主義国家、独裁政治国家は危険極まりない。民主主義国家の中に存在する反社会集団とそっくりで、自分の問題は棚に上げ周囲のせいにする。こんな国の一般市民は堪ったものではない。国民を弾薬と同じに命を屁ともせずに消耗品と思って使う。
かつての日本もそっくりである、軍部独裁が続いたら今の北朝鮮そっくりになっていただろう。幸か不幸か国際連合、特に米国に負けた助かった。
でも忘れていけないのは、米軍に負けて民主主義憲法の元におかれたからだ、だから日本国民は自分の力で民主主義を勝ち取ったのではないのだ。度々この他人に頼った甘い国民の政治意識に不安を感じてしまう。
北朝鮮、ミヤンマー、シリア、中国、ロシア恐ろしい。
一方人間が生きる環境は狭く、資源、食料。エネルギーは枯渇して行く。当然国際紛争は増えてゆく。どうやってお互いに生き延びる事が出来るのだろうか。

眼は今日もほぼほぼ良かった。

眼の状態 0+


4月8日(土)BTX148日(21週+1日)
すっかりご無沙汰しました。予定のBTX注射は出来ずに今日まで過ぎてしまいました。ストレスが強くなると矢張り症状が出てしまいます。それでも一度しっかり寝ると消えてしまいます。全治完了とは行かないものです。
庭先はジャーマンアイリス、ラージスケールスノウフレーク等と5月と思わせる花が咲いてしまいました。ご近所のお宅では藤の花も咲いています。
今日はこれから庭仕事と明日の合唱練習に取り組みます。
FACEBOOKに写真を載せようと思ったら、撥ねられたみたいです・・・残念。
庭仕事、歌、写真は私の重要な趣味で、何かの時にやっていて良かったと思います。
ほろ酔いクラブもご無沙汰していたが、また集まれるようになりました。

眼の状態 0+



2月24日(金)BTX15週
家内と実家近くにある地域包括支援センターに行き、姉の今後について相談をした。
兎に角2階に登らなければ生活できないのでは、自宅療養は危険極まる。
ケアー付き老人ホームを選択するしかない。姉は90歳なのに、健康で健脚だから都内を歩き回っていて、日によっては20kmも歩いていた。その分老後生活の準備が遅れてしまった。
今日は病院に届け物をしたが、コロナ感染を配慮して面会は出来ず携帯で電話をするに留まり、横須賀に帰った。

私の気持ちが落ち着いたら、眼も良くなった。

眼の状態 0+


2月17日(金)BTX14週
14日に都内から戻って色々と雑用を済ませながら、休養を続けていた。
所が、午後になってから姉本人が救急車を読んだので来てくれと連絡が入った。
直ちに出動して都内新大久保の病院にかけ付けた。
幸い緊急処置で安定を取り戻していた。ただ、安定したので処方を出しますから自宅に戻ってください・・・・との事。
自宅に帰っても自力で2階に上がらなければならない。入院継続をお願いしたが、全く無視されてしまった。聴いていた本人は「大丈夫、階段を登る」と言ってしまい、納得行かないままタクシーを利用して帰り都内の自宅に戻った。
深夜18日になり午前2時頃に苦しいから救急を頼むと言い出した。
無責任な対応に憤慨しながら、中野の近くの病院に救急搬送することになった。
処置する一方、私は待合室にいたがとうとうベンチに横になってしまった。
朝4時頃になると、医師が「入院する方向で調整します」と言ってくれた。
ほっとして寝っ転がったまま「有難うございます。よろしくお願いします」と寝ぼけた様子で返事をした。
そのまま病院が開けて活動するまで過ごした。9時頃に入院手続きを済ませて実家に戻った。
お昼ごろには家内も駆け付け、二人で再度病院に行き支払い他を行った。
家内も私も食欲無くスーパーでのり巻き弁当を買って夕食を済ますと家内は横須賀へ、私は実家に戻った。

緊張と不安が続いたら、眼は一挙に悪くなった。
ショボショボ、閉じる、顔中クシャクシャする。


2月11日(土)BTX93日
突然、実の姉が救急搬送された。取り敢えず治療を受け帰宅された。
この日から合計4回病院に救急搬送と治療を繰り返した。
やっと入院が認められ私は20日に横須賀の自宅に落ち着いて戻れた。
この間は追浜と都内を繰り返し、病人本人は元より私も病人になりそうになった。
安心出来る状態ではなく、当分このブログは間欠的に続けることにさせて頂きます。

眼の状態 0−


2月10日(金)BTX13週
咳とクシャミが今一治らない。かかりつけ医に行きレントゲン撮影も含めい少し詳しく調べて頂いた。血液検査の結果は一週間後になるが、本日までの結果では異状ない。

眼の状態 0+


2月9日(木)BTX91日
もう55回目のボトックス注射をする3ヵ月に達した。予約も出来ていないし、急いで注射に行くことも無い。
それよりも熱心に通っている合唱の会の会場予約が極めて曖昧になっている。
次の練習日は勤労福祉会館音楽室でやると決まっているのに、予約した人が居ない。お互い誰かがやっていると思い込んでいたのだ。私が気付いたから良かったが、当日になって開場前で右往左往するところだった。・・・・この会の運営は大丈夫?
大いに気になるけれど、私は新参者だから矢鱈大騒ぎもしたくない。
会の運営を一人に任せっきりで、突然病気入院手術になったので一挙にガタガタになってしまったのだ。
臨時に会場を探したけれど、もう横須賀市の公営施設では空きがない。諦めるしかない。

眼の状態 0+


2月8日(水)BTX89日
終日、自宅でノロノロ、ゴロゴロと過ごした。

眼の状態 0+


2月7日(火)BTX89日
今朝も姉は落ち着いた様子で一安心。午前中は食料を買い込んで食事だけは心配ないようにして横須賀の自宅に戻った。二泊三日、着の身着のままで過ごしたからシャワーを浴びてすっかり生き返った。

眼の状態 0+


2月6日(月)BTX88日
実家で2泊3日となった。姉が通っていた病院の眼科を訪れて、今回の体調不良の原因になった薬についてお伺いした。ヘルニアの薬の飲み合わせが悪いのであれば、懸念の無い薬に変えましょうと・・・また新しい処方が出てきた。でも車を使わなければ行けない病院より、住まいに近い医院に変えようと相談した。もうこの薬も服用せず、近くの眼科医院にお願いする事にした。
今日行った病院は実家から山手線を2回越えて築地本願寺の近くになるから、タクシで行くと懐かしい都内観光となった。一方、都内を縦断するにせよ横断するにせよ皇居は大きくまた障害物になっている。懐かしいと言うよりドンドン増え続ける高層ビルの工事に驚いた。経済発展かもしれないが、日中でも薄暗い高層ビルの谷間が出来る姿は不愉快でしかない。私が住む横須賀の方が余程良い。

眼の状態 0+


2月5日(日)BTX87日
朝になると、姉はやや落ち着いた雰囲気でナンプレに取り組んでいた。まだ頭がボケて記憶が悪くなっているから進まない、と情けない顔をしていた。
そんな事をヤル気が起きた分だけでも十分だ。日曜日だし、取り敢えず家の中で静養に努めた。

眼の状態 0+


2月4日(土)BTX86日
のんびり、ゆっくりと自宅で過ごしていたら、都内でお一人様生活から突然緊急入院との知らせが入った。全く過去に無い位い弱気になって「病院に来てくれ」との電話だ。直ちに病院に駆け付けたのは20時を過ぎていた。
幸い医師心配しておらず、気持ちの動揺や不安が大きいのだろうとの事で一安心する事が出来た。
二人で実家に戻るが、矢張り不安で落ち着かず処方された薬も効かず困ってしまった。色々と話しあいながら兎も角寝ることはできた。

あまり覚えていないが、眼の悪さは記憶にない。多分、結構良かったのだろう。

眼の状態 0+


2月3日(金)BTX12週
少し遠出をしようと、横浜まで出掛けた。昨年買ったカメラのポイントが沢山あるので、カメラの取説、鼻耳の電動カミソリ等を買った。まだまだポイントは残っている。
久し振りの人ごみのある、横浜地下街を歩き回り昼飯はカレーうどんを食べたが、旨かった。当たり前だ!気が付くと1200円もしている。食ってしまったのだから仕方がない。

眼は回復した。

眼の状態 0+


2月2日(木)BTX84日
まだコロナが治りきらないのか、クシャミ、鼻水、咳が続いている。もう市の支援相談は受け付けないので、街の内科に行った。
内科医も普通の風邪薬を二通(アスペリン散とムコダイン)り処方しただけ。また一週間後に再診することになった。
まだ慎重にアチコチと出歩く事は控えて自宅に戻ってしまった。

コロナは弱点を狙うと言うが、眼瞼痙攣も狙うのだろうか?
眼はクシャクシャ、シブシブ、閉じる、眩しいなどしんどく成った。

眼の状態 0


2月1日(水)BTX83日
ソロソロ本格的に外出をしないと心の中にメリハリが立たないような気がして、床屋さんに行った。本当はコロナ後に長年付き合って貰っている内科に咳、クシャミ、鼻水を診て貰っておこうと思っていた。だが、今日は休診日だから一ヶ月以上経ってしまったで散髪にした。。幸い待っている人もたった2も名なので早く済んだ。
帰りのバス出は家内と一緒になって帰宅することになった。
クシャミ、咳、鼻水が鬱陶しいが、これが引き金になって眼瞼痙攣の閉じる、ショボつく、眩しい症状が激しくなってしまった。結構しんどい。

眼の状態 0−


1月31日(火)BTX82日
今日も鼻洗浄をやるが、所詮は一時の効果にすぎない。眼も顔もクシャクシャ
全く何かやる気が起きない。
なにもヤル気が起きず、ボンヤリテレビを見ながら過ごす敷かなかった。

眼の状態 0−


1月30日(月)BTX81日
コロナの後遺症鼻水、クシャミ、鼻詰まりを何とかしようと「鼻洗浄機」で鼻から喉にかけてしっかり洗浄したあ。かなり、数時間は鼻の仲が乾燥した気がしたけれど徐々に悪化して戻ってしまった。
気持ちも前向きには転ずることは無かった。

眼の状態 0−


1月29日(日)BTX80日
コロナの恐ろしさはこれからかな?その風に感じている。
先ずやる気が起きないでえモタモタ、ノロノロと何につけ行動がない。余計な考えが実行力を遮る。この位なら何もせず寝ていた方がましだ、そう思ってねてしまった。実際、居直ってそうした事が良い休息になった。
高齢者は寝ていると足、腰が急に衰えて痴ほうになると言われる。幸いは未だそんな気配はない。自分で気を付けて歩いてきたのが、ここで役に立ったと実感している。
恐ろしさとは言われているように後遺症だ。鼻が詰まって息苦しい、不規則な下痢便秘が起きる、そして眼瞼痙攣のギューッと閉じる、ショボショボする、眩しい・・・
等が完結的に生じる。久し振りに昔を思い出させてくれた。

眼の状態 0−


1月28日(土)BTX79日
本当に暫くぶりにAさんから、眼瞼痙攣についてお話がいあった。なかなか自分の望む治療がない、或いはボトックス注射の効果、ドクターの腕などについて話す事になる。
私は局所ジストニア眼瞼痙攣は未だ解明されていない病気と認識している。事実原因も発祥に至るメカニズムも分からないままだ。だから正式な診断名は無く、眼球使用困難症群などと言わざるを得ない。
医師達は多くの患者のデーターを揃え分析し、止むを得ず対症療法的に治療を行っている。ボトックスは筋肉を弛緩させる効果があり、極めて微量に使うなら瞼を閉じる力を軽減させる。
懸命に治療に励む医師の方々には申し訳ないが、何とか対症療法として漕ぎつけた程度にしかないのが現実である。ボツリヌス注射液は精製されているが、その効果は筋肉の動く力を制御するのが背一杯だ。私達患者は瞼が閉じる以外に様々な症状に喘いでいるが、ボトックス治療はそれらに応える能力をは備えていない。
誠実な医師達はこれを色々な治療法、或いは合わせ技で何とか応えようとするが、所詮は対症療法の範囲でしかない。

眼の状態 0+


1月27日(金)BTX11週
コロナ騒ぎもクリアー出来て、今日は1階のDKで過ごした。熱は全くないがインフルエンザ並みの咳、鼻水、クシャミは殆ど変わらず。マスクをしていないと、嫌がれる。家内なんかは「私はコロナに感染したくないから、こっちに来ないでよ」とにべもなく2階の部屋に押し戻そうとする。もっとも私にとって上で寝ている方が暖かくて良い位だ。
一方、何かの手違いがあったらしく、2月の練習会場が取れていないとの騒ぎだ。担当者が急に入院したので騒ぎになったらしい。会場の予約はインターネットを利用しないと受付られない。高齢者虐めが起きている。

眼の状態 0+


1月26日(木)BTX77日
今朝もコロナサポートからのお尋ねはあったが、私のサポートは終了とのお知らせもあった。どうやら大変軽症で済んだらしい。ただ、連日の寒さに気持ちも震えあがっている。寝床で寒さを耐える日々は続く。

眼の状態 0+


1月25日(水)BTX76日
毎朝、神奈川県療養サポートセンターから病状についてラインを通じて確認が来ている。
息苦しいか? 体温を何度か? パルスオキシメーター(血中酸素濃度)は何%ですか?  これに加えて、懸念される体調をならべて該当するさいは、コロナ119番にお電話下さい。
・・・・幸い問題ない回答を続けている。
今日の私の体温は36.5℃コピーライトマーク、酸素濃度96%その他も問題なし。

眼の状態 0+


1月24日(火)BTX75日
毎朝、神奈川県療養サポートセンターから病状についてラインを通じて確認が来ている。
息苦しいか? 体温を何度か? パルスオキシメーター(血中酸素濃度)は何%ですか?  これに加えて、懸念される体調をならべて該当するさいは、コロナ119番にお電話下さい。
・・・・幸い問題ない回答を続けている。

因み私の体温36.3℃、酸素濃度96%、懸念される症状はなし。
インフルエンザのように咳、鼻水、クシャミが多い。それに暖房しても寒いので布団の中に入って過ごしている。


眼の状態 0+


1月23日(月)BTX74日
定期的に行っている、老人会のカラオケは中止になってしまった。勿論、私が主催なのでやむを得ないけれど、代わりにやる人が居ないのも残念なことだ。
幸い症状は軽症だから自宅療養で随分助かっている。
YOUTUBEで音楽を聞きながら済ませるなんて、案外歌好きなんだろう。
言葉が交わせない、極端に減ってしまうのも苦痛になるし、発声がおかしくなる。
女房は耳が悪くなったので、大声で怒鳴り合う状態なったりする。
家族で我慢比べになる。
昨年末に買ったカメラNIKONZとレンズ80mmがお店に届いているが、引き取りにゆけない、もどかしさがある。

別件、「JRは乗車駅から後者駅までの料金はその経路に依らず、最短距離の乗車料金を払えば良い」と聞いている。そんなマニアいるのだろうか?
取り敢えず、私もやってみようと計画に着手した。
JRに限定されるから、横浜を出発にして一駅隣の東神奈川を終着する計画をした。
横浜発8:45〜東海道〜茅ヶ崎着9:11 
茅ヶ崎発9:28〜相模線〜橋本経由〜横浜線八王子着10:35
八王子発11:09〜八高線〜高崎着14:27
高崎発14:37〜両毛線〜水戸着17:55
水戸発18:15〜常磐線〜成田線〜成田着20:38
成田発20:42〜成田線〜千葉〜京葉線〜東京〜京浜東北〜東神奈川着22:44着
東神奈川は横浜から一駅である。
取り敢えず日帰り可能らしい。

眼の状態 0

1月22日(日)BTX73日
本来は合唱の練習日。当然、私は休みだが前回練習日に来た新人は会場もまだ知らず、関係者にお願いを電話して回る事になった。
横須賀市からは電話で私の症状や環境を確認してきた。心配をさせないで済んだらしい。症状以外に訊かれるのは体温、血中酸素濃度だ。酸素濃度は見慣れない或いは聞きなれない測定器だ。電機の量販店で1万円で買える。たまたま、私はカメラを買って稼いだポイントで買えた。コロナが蔓延した初めての頃には1500円の残り商品があって買ったけれど、つい先日壊れてしまった。丁度良い買い替え時期になった。そう言えば血中酸素濃度系は市が貸してくれるそうだ。
YOUTUBEで時間がある限り歌を聞いていた。クラシック系の曲が多いが次々と出て来る。全く飽きることなく楽しんでいた。

眼の状態 0


1月21日(土)BTX72日
朝に抗原検査を行ったところ、陽性が判明した。直ぐに駅に近い総合病院に電話してPCR検査に出掛けた。ここは畳2畳分の独立した建物が四つあって、コロナ患者の初期症状に対応している。室内には椅子2個とテーブルにはモニター画面がおいてある。エアコンも十分効いている。看護士さんがPCR検査ように鼻の奥からサンプルを採取してゆく事1時間足らずで結果がでた。”コロナです”と。
直ぐに処方が出た。後は横須賀市に患者登録されているので、ラインを使い手続きを行った。看護士さんが ”82歳でスマホを使いこなすなんて凄いですよ!!”褒め揚げてくれた。言われる程の事はやっていないと思うが。
帰宅してからは私は2階の和室で寝て、昼間は3畳の書斎に閉じこもることになった。

眼の状態 0


1月20日(金)BTX10週
朝からクシャミ、鼻水、咳が連発となった。只、体温は36.2℃程度で少し高いかなと思う程度あった。コロナ感染はかなり心配になってきた。私には基礎疾患として不整脈に依るペースメーカー内臓がある。もう1つは6歳から肺結核があって完治しているが、再発の可能性もある。油断は出来ない。

症状として肩凝りが重なって、眼の症状を悪化させているみたいだ。

眼の状態 0


1月19日(木)BTX70日
老人会の役員新年会が行わえた。この方面の女性が情報を集めてくれた。お酒は別として十分な料理で3700円以下に収めた手腕は凄い。皆、満足した。
駅からお店まで遠いいので、バスで往復するが私は気分よく歩いた。
帰ってから、寒さとクシャミの連発があった上に眼のショボツキが極端になった。
念のため抗原検査キットで、コロナの感染は見られなかった。

眼の状態 0


1月18日(水)BTX69日
合唱に二人を引っ張っりこんだが、皆さんはまだ勧誘活動に動く様子が見られないの。活発な女性に相談を持ちこんだら快く答えてくれた。私が聞きたかった事を揃えてくれた。思うより遥かに話がすすんで良かった。
私が男性二人を入会させ得たら、合唱のバランスが崩れてしまった。男性が圧倒して先生が男性は離れて歌ってください、いう事になった位。
会の発展に希望が見えて良かった。

眼の状態 0+


1月17日(火)BTX68日
愉快な日になった。学生時代の友人達と横浜に集合して、新年会だ。皆、80歳を越えてしまったが元気で大声を出し、周囲に迷惑を掛けたかもしれない。
厄介なコロナがまたも感染拡大している中、貴重な再会が出来て心の心底解放感を楽しむことが出来た。じゃ、夏ごろは母校巡りを行おうと衆議一決した。
皆、足元もしっかりしていて頼もしい。

眼の状態 0+


1月16日(月)BTX67日
朝起きると雨が降っている。嬉しかった。老人会の公園清掃の日ではあるが、寒いしまだ正月気分でのんびりしたい。今か今かと清掃中止の電話をまっていると、期待通り会長から「止めましょう」と嬉しい電話貰った。それでも新年第一回目の役員会は行かなければならなかった。
仕方がない傘をさして自治会館に行くと、暖房しても寒い。新年会をやろうと、この話だけは皆さん衆議一決、すいすいと19日に○○屋でと決まった。
これ以外の外出は、またも女房の買い物の付き添いだけ。物足りなさに、ワンカップの日本酒を買って帰った。この半年位、毎晩焼酎のお湯割りで過ごしてきた。
たまには良いだろう。

眼の状態 0+


1月15日(日)BTX66日
今日の外出は女房の買い物を迎えに行き、荷物を持って帰るだけ。
慣れない書類造りに慣れない頭を働かせた。今、合唱の会の人集めをしないと今後の活動が先細りになりそうで心配なのだ。皆さん歌いにくるけれど、色々な事情で辞める人がいても何もしない。結局、各自の費用負担が増えて臨時徴収をすることになる。会計担当はどうしよう、どうしようと戸惑うばかり。
そんな訳で年取った頭で計画を考えている・・・有効な方法が出来るか?

眼の状態 0+


1月14日(土)BTX65日
雨が降って気温は上がった。毎日朝夜と寝床の中で血圧と血中酸素酸素濃度を計測して2年を越えた。今の時期上は130mmHg下は70mmHg程度だ。
下痢をしたり、デスクワークに集中したり、スマホを熱心に使ったり、寒かったりすると150mmHgと跳ね上がる。
最高値は170mmHgだ。逆に下は上が著しく上がるとき±10程度の変動がある。医師はこの程度では全く何もありませんと断定する。
私が不整脈で緊急入院したとき血中酸素濃度は85%と危険だったと言うか意識を失い倒れてしまった。今の日常は96%前後で全く問題ないと言われている。
私はグラフ好きだから図に記録を続けている。
今日は遊んでいるグループの相談を終日スマホ文字送信で行った結果は170mmHgの最高値を叩きだした。

眼は血圧に左右されないらしい。

眼の状態 0+


1月13日(金)BTX9週
写真同好会の新年会だった。コロナや会員の健康、退会などいろいろな事情で集まることが無かった。久し振りに色々な話が交わされて楽しいひとときになった。
料理も和風で良かった・・・我々には一番受け入れらる料理だ、でもどうやって食べて良いか分からないものもある。いちいちマナーを教えて貰うのもどうかと思う。
こちらのレベルが低いと言われれば、これは仕方がない。

眼はほぼ良い。時々、ドライアイによるショボショボ、シブシブがある。

眼の状態 0+


1月12日(木)BTX63日
現在の海外ニュースでは、一番気になるのがロシアのウクライナ侵攻である。
独裁者、独裁政治、一党独裁政治・・・この独裁の目立つ国家には、何時も国民を自由に利用して自分の利益に集中させようとする。
現在ロシアは兵隊を消耗品として扱っている。個人の権利何か屁とも思っていない。恐ろしい思想?が成立する国だ。
しかし、日本も第2次世界大戦に向かって大敗北を喫した。
欧米の植民地化の争いが激しく、日本自身が犠牲になると言う切迫した危機感あった。日本はアジアの植民地を開放すると言う意義を主張して大日本帝国の領土として世界戦争に打って出た。
日本は我身の限度を全然分かっていなかった。日本には資源の無い国なのだ。
日清日露戦争の勝利に酔って冷静な判断を間違えた、また軍部独裁に引きずられて
神風の吹く日本軍と稚拙な考えに陥った。ど阿呆としか言いようがない。
今のロシアは。そっくりな侵略をやっている。
国家国民の為でなくプーチン大統領の面通と存続のために、国民を消耗させている。
日本も知らず知らずに独裁思考に引き込まれる恐れが十分にある。
日本国民に懸念を持つのは、お金の不正利用、資金隠し・・・が内閣に珍しくない程発生している。
国民のなかに「そりゃ不正資金なんかあるだろう、・・・その位金の動かせる人物じゃないと政治はできない」との認識があるのを度々感じている。
話はつきないが、ここまでに留めます。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+


1月11日(水)BTX62日
庭に出て先ずはサボっていたフライイングディスクの練習をした。初歩的な動きを習得していないので、サッパリ進歩していない。一番自分で出来ない点は腕に力が入ってしまうことだ。投球で腕に力が入ってはいけない事が分かっていて、ついついやってしまう。これが今の問題だ。
勿論、除草作業も行っている。梅の木には小さく固い蕾が沢山出ている、一つだけ豆粒位に大きく膨らんでいる。今年も温暖化傾向は進んでいる。
夜は合唱で練習中のミュージカルの歌CLIMB EVERY MOUTAINを一人繰り返していた。

眼はほぼ良い。時々、ドライアイによるショボショボ、シブシブがある。

眼の状態 0+


1月10日(火)BTX61日
寒くなり、風もやや強い。それでも午後からは歌の会に参加してきた。
私以外の男性は二人で90歳と92歳だがその元気な歌声には恐れ入る。私もその姿を見ながら頑張っている。
先生は忘年クリスマス会でソロを歌った。有名なLascia chio piangaと先生自身の作詞、作曲、編曲による「山の根の夜雨」の2曲だ。
大変先生の心の籠った歌が印象に残って、今日楽譜一式を頂いて「アー、ヤッパリ」と思った。2曲に通じる人生があると感じている。皆さんが口をそろえてお人柄と言うのも納得である。

眼の状態 0+


1月9日(月)BTX60日
老人会のカラオケを開催しました。7人集まって、歌えるだけ歌いまくりました。
皆さん集まれば楽しく元気になります。
午後は自宅で除草作業と生ゴミが半分堆肥化したものを地中に入れて熟成を待ちます。女房はややゲンキなりましたが、今一食欲がないので心配。

眼は気にする程の症状はありません。

眼の状態 0+


1月8日(日)BTX59日
合唱の練習に友人男性二人を連れて行った。一人は毎年横浜みなとみらい小ホールでオペラのソロを歌っている男。もう一人は横須賀芸術劇場でベートーヴェン9番の合唱を歌っていた男。男性二人が入って、元々女性優位の立場が一転した。
とうとう先生から女性の声が聞こえないので、後方に下がってくれと要請されてしまった。
このサークルは生徒が足りなくて、先生の謝礼不足に困り臨時徴収をしていて困っていた。僭越だと思って黙っていたが、見兼ねて会員を増やそうと昨年末に提案して友人二人を連れて行ったものだ。長続きすると良いのだが、そのためには努力を要する。どんな努力か? 皆、今日の雰囲気から何を考えたか?非情に関心がある。

午後は毎月のヨガに参加した。私に取って貴重なもので、一週間は体調が良いのです。これはどんな体操でもない感覚があります。

眼の状態 0+


1月7日(土)BTX58日
今朝、女房の元気がない。熱は37.2℃程度で抗原検査きっとを2回やったが陰性。一安心したものの食欲が無くて水を飲んだ程度寝てしまった。
私は元々昼飯は適当、夜は西友ストアーであんかけチャーハンと稲荷ずしを買って済ませた。
他は明日の合唱の練習を繰り返して過ごした。

眼の状態 0+


1月6日(金)BTX8週
未だ正月気分は抜けそうもなく、のんびり過ごしている。新年早々の合唱の練習を始めた。パソコンに入れた楽譜から出る音を頼り練習する。キーボードを買ったがまだ演奏しながら歌うのまでには程遠いい。
油断して年賀状が10通も届いている、、、、私の連絡洩れが原因だから、兎に角「寒中見舞い、、、、」を送った。
庭仕事が有り余る程あるから退屈することはない、こちらの体力が続かないだけだ。

眼は大丈夫!

眼の状態 0+


1月5日(木)BTX56日
新年初回のフライイングディスクの練習を行い引き続き新年会を市の総合福祉会館で行われた。サポーターの方達が全て段取り、弁当の手配を行ってくれるので有難い。私達にこれだけの支援をして貰えるのは、身に余る?ような気もしている。
夜はリモート会議で小学校クラス会を行った。2週間毎に行って今回58回目になった。コロナの真っただ中に始まったのが切っ掛けでもう2年続いた事になる。
参加4人は各々異なる世界で過ごしてきたから、話は面白い。何時の間にか各自が司会を努めてテーマを持って話しあ合うようになった。
今日は「お金に詳しい」男が仮想通過について解説してくれた。理屈はとても理解する事は出来なかったが、余りにリスクが高くて私が入る領域では無かった。
ただ、日銀がビットコインを始めると、決済は全てカードになるだろう。
現金は要らなくなる、マイナンバーカーードと共に個人の入出金は一銭たりとも見逃されない。
いつも話題に登る議員達の「闇献金」、闇取引などが明解になって嬉しい、喜ばしい限りだ。
もっとも武力、権力、独裁でイメージが浮かぶ国はビットコインのセキュリティを破り超高額な資金を得ているらしい。
国家はセキュリティーを守れることが、存続のために要求される。超高度な技術が育つことは極めて重要になる。

眼はまた良くなっている。

眼の状態 0+


1月4日(水)BTX55日
怠けると中々元に戻らない。私は既に勤め先も上司もないから人から命令されて動く必要もない。もっとも家内はまだ元気であるが命令や指示はない。そんな訳で一旦止まった事を動かすにはエネルギーいる。
物理の法則で質量があるものは、一旦動いているのを止めるにはエネルギーがいる。停止したものほ動かすのに、これまたエネルギーがいる。
人間も同じだが、気持ちを停止するのは「アー止めた」と放り出せば良いから簡単だ。所が私のように高齢になるとこの再度動き出すには、心のエネルギーを多く必要になる。エネルギーが無くなっているから、当然動きは鈍くなる。
動かすのに動機付けと言う言葉がある。火をつけるのにマッチをするが、これが動機付けに相当する。我々老人はっこのマッチが湿って中々燃えないのだ。

済みません、随分屁理屈を垂れてしまった。これも口だけ達者になって行くのも老人か?

眼は少し回復した。ドライアイが主な要因と思われる。

眼の状態 0+


1月3日(火)BTX54日
素敵な晴天が続いて嬉しい。昨年は親族に不幸があって年賀の挨拶は出来ない。パソン年賀状ソフトが壊れて住所録も無くなってしまった。そのせいで年賀状が沢山届てしまった。この始末を考えて気が滅入る、大した作業でもないのに前向きに片付けることが出来ずに考えてしまう。老人性鬱症状か?不安に思う。
でも箱根大学駅伝はそれを忘れさせるレースであり私の母校も全く久し振りの好成績を残した。昔と違って各大学の実力が伯仲しているので見応えがある。勿論、東京・箱根間往復という絶好のコース、新年休み等々の条件も加わる。
人気が高いのは当然だと思う。

眼は閉じる、シブシブ、ショボショボ、眩しい、閉じるとしんどくなった。
ドライアイの目薬で誤魔化すしかない。

眼の状態 0


1月2日(月)BTX53日
大学箱根駅伝が始まった。最初から最後まで応援していた。私が中学一年のときにラジオ放送を聞いてビックリしてから、この駅伝ファンになってしまった。
小学校の修学旅行が箱根で、国道をバスに乗って蘆ノ湖へ登った記憶があって「あんな所を人間が駆け上る」なんてことは考えられなかった。10年頃前に大平台のカーブを歩いてみても、駆け上がれるとは到底思えなかった。
当時の選手はセーターを着ていて、今みたいに凍えそうな服装では無かった。
またここだけは伴走者が許され二人で登っていた。今の選手はどうして軽く登れるのだろう。生涯の駅伝ファンである。

まだ眼が良くならない。ギューツと瞼が閉じてしまうことがある。

眼の状態 0


令和5年、2023年1月元旦(日)BTX52日
朝は雲がしっかり覆っていて、気温は11℃、湿度40%。それ程寒くはない。
やや贅沢な食事とお酒3種で一日を過ごした。
正月のテレビ番組はつまらない、なるべくスポーツとニュースを探して見る。

ちょっと眼が気になって、外出する気も起きない。ジッと動かないのは苦手なので
つまらない事をアレコレと考えて健康に良くない。早く正月が過ぎて、また動き回りたい。生来、貧乏性なのだ。

眼の状態 0


12月31日(土)BTX51日
今年最後の日。全て諦め本年はここまでと割り切って、家内と夜の食事も買いに行った。合唱に新人を誘ったのでコンビニでコピーを取った。慣れないコピー作業を何回も繰り返していると、自分の記憶力があいまいになってしまう。手間取る事、時間の掛る事閉口した。幸い、コピーを取りに来る人が居なくて助かった。
全て買い物に頼った晩飯ではあるが、ビール、日本酒、ワインと寿司それにおかず少々。十分満足出来た。

ドライアイの目薬を使って痛みに対処した。眩しさと閉じるはどうしようもない。昨日よりはかなり良くなった。

眼の状態 0+


12月30日(金)BTX7週
年末となって、庭仕事と屋内片付け清掃を行うが、捗るわけもなく出来るだけややる・・・・後は来年と割り切って過ごした。
力仕事は腱鞘炎に響くから、制約が大きい。

眼はちょっと辛くなってきた。眩しさと乾燥で瞼は閉じるしドライアイが強くなって痛みも出てきた。終日ではないがいろいろ不自由な目に合う。

眼の状態 0


12月29日(木)BTX49日
晴れて寒い日。老人会の予定表兼新年カレンダーの配布を行っただけで、自宅で過ごした。庭でレイアウトの変更を試みるが時間がドンドンたってしまう。気忙しくなって捗らない。寒くて外にいるのも厭になってきた。矢張り高齢化の影響かもしれない。無理をせず、室内作業に集中した。これでも、義理の母が亡くなり年賀状作成をしないで済んだ。随分助かっている。

眼はほゞほゞ良い。

眼の状態 0+


12月28日(水)BTX48日
年末にどうしても忘年会をとやりたいと強い希望を持つ人達のために、男女5人が集まった。飲み放題、大鍋具沢山、サラダ、煮物が豊富、3500円也、3時間と皆満足した。これで今年の飲む行事は終わった。

眼はほゞほゞ良い。

眼の状態 0+


12月27日(火)BTX47日
私は歌の会には3人の先生の所で月2回通っていた。残念だが、お一人が健康問題と教えるより気楽に歌いたいと辞めてしまった。従って残りのお一人の先生の今年最後の練習日になった。我々年寄りの気持ちを良く汲んで指導するので人気の高い方だ。当然、皆さんの雰囲気が非常に楽しい。
先生は本来クラシック畑でピアノのもかなり上手、作詞、作曲、編曲もなさっている。来年も楽しみになる。コロナ事情で止まっていたホテルロビーでのミニコンサートも期待できそうだ。

眼はほゞほゞ良い。

眼の状態 0+


12月26日(月)BTX46日
今日は私が町内老人会で行うカラオケの日だ。コロナで下火になっていたけれど、お一人入会があった。噂では隣接老人会からも入会希望者がいるとの事、嬉しい話である。こちらも心の準備をしなければ。

眼の状態 0+


12月25日(日)BTX45日
オペラ歌劇団を率いる先生が教える我ら素人、年寄り集団の歌の会に出た。
コロナ感染者も出て人数がすっかり減ってしまった。リーダーまでも突然ICUに運ばれて連絡がとれない状態。残った我々で協議し、3月一杯まで生徒募集をしてから存続するかどうか決める事にした。
再来年にはミュージカルSOUND OF MUSIC からCLIMB EVERY MOUTAINのバックコーラスを歌って貰おうと声が出ている。・・・俄然んヤル気が起きた。

眼の状態 0+


12月24日(土)BTX44日
追浜商店街に独自の活動をする喫茶店の主人が関川さんが、横須賀市の産業交流プラザでトワイライト シアターを開き貴重でユニークな映画を開いている。今回は「みつばちの大地」を見に行った。我々は何も知らにずミツバチの世話になって生きていることを知らされた。アイシュタインによれば「みつばちが絶滅すればその後4年後に人類は滅びる」と言う。
参考:みつばちの大地:作品情報ー映画.com
https://eiga.com/movie/79765
2013年 スイス映画賞、ドイツ映画賞最優秀ドキュメンタリー受賞

眼の状態 0+


12月23日(金)BTX6週
寒くて出掛けるのが億劫だが、都内の実家に行き帰りは壊れてしまった血中酸素濃度測定器を買いに量販店に寄った。1万円もしたが、先日買ったカメラのポイント
で買えてしまった。しかし、コロナ蔓延の危機ではネット販売で1500円だったのに、一体これは何だ!?軒並み10倍値上げだ。足元を見た許せないボロ儲けだろう。・・・・しかしナア、商売とはこんなものか。
また一人気楽に昼から寿司プラス中生で昼飯にした。

眼はまあ良い状態。

眼の状態 0


12月22日(木)BTX42日
本年最後のフライイングディスクの練習と忘年会だ。
最近月に隔週2回のゲームで自宅練習もしていないので、下手になるばかりだ。
忘年会はビュッフェスタイルで中生ビールと2000円のビーフステーキ。
極めて満足した。この団体は私を含めて肢体障害者ばかりだから、お互いに不自由を認め合いながら行動、運営している。皆、他人に世話を受けないように心掛けているが、これは大したものである。

眼はまあ良い状態。

眼の状態 0


12月21日(水)BTX41日
終日在宅で済ました。歌の会のパーティーがあるので狭い2畳間の書斎で練習した。私は音楽的教養がないので、曲中の苦手な部分はパソンコソフトで音を入れてからそれを聴いて練習する。手間のかかること大変で、最近は子供向けキーボードを購入するも今度は指先が中々言うことを聞かない。そんな事までして歌い続けるのは、タダ、歌が好きと言うことだろう。
友人達が矢張り忘年会をやりたいとの声が五月蠅くなった。皆さん解放感が欲しいのだ。ネットで飲み放題、鍋物、天ぷら等々、豪華で3500円、3時間が簡単に予約出来た。皆、安堵したらしい。

眼は何故かチョイと良くなった。

眼の状態 0+


12月20日(火)BTX40日
今年は横須賀市文化祭の写真部門でやっと佳作入選しましたが、その記念に新しくカメラを買いました。横浜まで出掛けて有名量販店で店員を手こずらせる事一時間半、やっとNIKON Zおよびズームレンズ70〜270mmを買いました。
従来はNIKON COOLPIX P900と言う途方もないレンズを装着して、24〜2000mmの範囲を撮れるカメラを使ってきた。高性能と言うか接写、広角,望遠何でもござれだが、残念なのは被写体にボカシを入れることが苦手でいつもカチン、カチンの画像になってしまう。私の性格に似ていて何しろ融通が利かない。
やっと気に入りのカメラが買えたが、納期は来年の2月と言う。最近流行りのIC半導体不足が原因らしい。店員はレンズは直ぐに入手できます、、、、と言うが本体がなければ撮影はできない。
帰りは天ぷら蕎麦プラス生ビールで不満解消して帰った。

最近は寒さと乾燥でドライアイ、それに太陽光の低さによる眩しさにショボショボと痛みが強くなっている。

眼の状態 0


12月19日(月)BTX39日
定例の町内公園清掃を行った。最近は自治会で長年活躍してきた方が老人会にも入って、自称「老人会青年部」と称して活躍をはじめた。矢張り体力が違う、原動機付き除草器も危なげなく使える。お蔭で見違えるように清掃作業が捗った。続いて老人会役員会も開いたが、もうそれ程のテーマも無く新年になったら自画自賛のご苦労さん会を決めた程度で終わった。

困った、眠気があってショボショボが続いてしんどい。

眼の状態 0


12月18日(日)BTX38日
終日在宅。増えて扱いに困ったクリスマスローズの花壇がやっとできた。名前の割に地味な花だとう思うが、人気は高い。増えすぎたら他人にあげるか捨てるかだ。困っているのはカンナだ、毎年元気に増えるので半分はすてるしかない。花屋さんに持ってい行っても、「タダでもいらない」そうだ。
庭にドングリと思って育ていたら、全く分からないピンク花が咲く植物ある。皆さんに聞いても誰も分からない。面白いから切り倒した櫻の株の洞を鉢に見立てておいていた。横須賀程度の寒さは問題なく元気だ。
今日、突然ネットを見ていいて分かった、ブーゲンビリアだ!南国の花で、我が家で育つと思わなかった。・・・じゃーどうするか?また厄介なテーマが出て生きた。

今日もショボショボが続いてしんどい。

眼の状態 0


12月17日(土)BTX37日
年末とあって都内にある先祖のお墓にお参りに行った。お寺の住職から、地震のせいで傾いているから直したらどうかと言われている。直すと言っても、トラッククレーンを使って大がかりな工事になり費用も恐ろしい。来年には真面目に相談しなければいけないが、頭が痛い。
帰りは実家ににも寄って、皆で昼食会を楽しんでから帰宅した。グズグズした寒い天候で楽しい外出にはならず。疲れが出た。
今日も眼はショボショボして、かなり気になる。事故を起こす程ではないがチト辛い。

眼の状態 0


12月16日(金)BTX5週
もう年末になり大慌てで床屋に行ってきた。人気があって繁盛しているので中々タイミングがとれない。今日は8時半から行ってみたら、もう外に2名待っていた。
開店は9時なのに寒い中を30分待たされた。私の頭は殆ど坊主同然だから、仕事は早い。手早く終わって自宅の戻ると老人会の誕生会・忘年会に早く来いと催促だ。
コロナの蔓延防止で飲食はダメ、お土産とビンゴゲームの賞品のお持ち帰りである。
皆でクリスマスソングを数曲歌って終わった。
何か疲れ気味になった。

眼の状態 0+


12月15日(木)BTX36日
朝の8時半に床屋へ行ったら、もう先着順二人が待っていた。開店は9時だから、皆さん焦って駆け付けたのだろう。私もそうだ。まだ店の中には灯りがついていないから店員はこれから来るのかなと思い待っていた。すると突然ガチャっと音がして店員が出てきて、慌ただしく一階へ開店を知らせる看板を持って行った。戻ると「どうぞお入り下さいと」中に入れてくれた。・・・この店員さん何処から店に入って居たのか?不思議になって仕方がない。他に出入口はないのに?まさかお店に寝泊りしているのかな?余計な推測をしながらまっていたら、順番が回って来て散髪はごく簡単に終わった。私は坊主頭だから、プロには美味しいお客さんだろう。
その後は、整形外科で本当に久し振りカルシュウム注射と機械で背骨を引っ張った治療を行った。たまには行けば効果も感じる。

身体の疲れが影響して、夕方近くなるとショボショボが強くなっている。
ドライアイが強くなるとショボショボが強くなる。ムコスタ点眼液で凌いでいる。

眼の状態 0


12月14日(水)BTX35日
中高時代の友人と都内世田谷の出身校を散策し、発展した駅近くの中華レストランで楽しんだ。お互いに活発に動き回れて、充実した毎日を過ごしている事が分かり、頼もしく愉快な時間を過ごせた。卒業校の生徒や先生達の受け答えが、明るく和やかで私達になんのわだかまりも無く話せたのは嬉し楽しの時間であり、改めて伝統ある校風に歓びを感じざるを得なかった。
これからは毎年春は三浦半島、秋は母校で会うことにした。

眼の状態 0+


12月13日(火)BTX34日
楽しむ歌の会にパティー付き発表会に参加した。いつも歌っているのを一通り歌っただけではあるが、先生の心遣いで和やかで楽しい。先生が2曲をソロで歌った。一つは自らの創作による作詞作曲で「山の根」ともう一つ「Lascia chio pianga
」。前者は先生の住む情景や豊かな環境を歌ったもの 素晴らしい。後者は有名な歌曲である。良い歌声と雰囲気は矢張りプロであった。ピアノ伴奏は先生のご主人。羨ましいかぎりだ。

眼の状態 0+


12月12日(月)BTX33日
老人会のカラオケの日。寒いし旅行に行って年内は帰らない人もあって、集まりが悪いだろうと思っていた。ところが、開始前にお祖母ちゃん二人が、家に迎えに来てくれた。こんな事は始まって以来だ、いつも私が準備段取りをしているので誘い合わせて来てくれたそうだ。また骨折してから外出を控えていた方は、「もうジッとしていられない」と息子さんの反対を押し切って出てきたそうだ。自宅に籠っていたら、気が狂いそうだ。コロナ感染なんかするかと出てきたとの事。両手にスッテッキをついて来た方もある。
お蔭で楽しいい雰囲気で過ごすことが出来た。

眼の状態 0+


12月11日(日)BTX32日
午前中は極めてオーソドックスな合唱の練習に参加した。もうコンサートも終わって一段落したのとリーダーが病欠、年末とあって意気上がらず。
子供向けの歌として「CLIMB EVEERY MOUTAIN」(全ての山に登れ)を歌った。サウンド オブ ミュージックを3部で練習した。先生はミュージカルを見ておいて下さいとの事。残念だが知らない曲でした。次回は忘年会も一緒だから、どうせ大して練習しないだろう。
午後の部はヨガに参加した。私にとって一番きついのがヨガだけれど、体調が良くなるももヨガである。充実した練習になった。
今日はまた、移動はなるべく歩いたので12,785歩になった。脊椎管狭窄症も大部治ってきたようだ。

眼の状態 0+

12月10日(土)BTX31日
突然トースターが壊れてしまった。緊急を要するので一駅隣の街まで女房と買いに出掛けた。ついでに昼夜兼用の食事を済ませた、これは女房の負担を減らすために大変有効であることが分かっている。ただ、外食も慣れるとあきてしまい、徐々に上等なものを選ぶようになるので、気を付けたい。物価高騰、年金は減る。油断出来ないこの時世だ。
ロシアのウクライナへの侵攻は執拗に続いている。特に寒さを利用して民間爆撃を続けるロシアの卑劣さ、非情さには腹立たしい限りである。またロシアは問題原因を相手にすり替えるのも常套手段である。
一旦戦争が始まれば戦争犯罪は敗戦国に負わせる。日本が太平戦争、或いは第二次世界大戦の終わり頃は大量の民間爆撃と広島、長崎の原子爆弾で屈服させられた。
結果日本は戦争犯罪と裁判を受けた。インドが日本の立場を支持したが、戦争犯罪は敗戦国にたいして行うものだ・・・・決めつけられたのだ。
この意味からからもウクライナは勝つしかない。
それにしても、EU、NATO,米国はウクライナを支持し武器供与も行っている。ただ、ロシア国内の攻撃をさせない範囲に留めている。支持国家はロシアを攻撃すると世界戦争になるからと言う。
私からみれば、いい気なもんだと思う。「ウクライナさん、応援するから頑張ってね」と言いながら自国に戦争、被害が伸びるのを防いでいる。最近は支援疲れも大きくなった。・・・・これが戦争の実情である。
日本の周囲には北方領土問題のあるロシア、竹島領土問題のある韓国、米国とは親分子分の関係と思っている北朝鮮、東シナ海で領海、領土、台湾に関連して武力衝突の危険な中国がある。
世界は人口問題、食糧問題、エネルギー問題、温暖化対策、民族衝突、宗教衝突・・・等々軍事衝突に発展する要因はあまりに多すぎる。海に囲まれ一見安全に思える日本は逆に孤立し資源のない国だ。生き残るための政治外交力、自衛力、非常時の一致協力を育てなければいけない。
日本に勉強する外国人は米国、英国、などの欧米に較べ劣る、未だに英語力も育たない。

最近は眩しさとドライアイそれに疲れが原因で眼が悪くなる。

眼の状態 0+


12月9日(金)BTX30日
月一回の写真勉強・発表会に参加した。この会はそもそも綺麗な花を撮る人達の集まりだが友人の紹介で入会させて貰った。だから私の作品は極めて得意な存在である、けれどそう邪険にされることも無くむしろ好意的に意見も頂けるので居心地が良い。
帰りは市の中央公園により、高台から東京湾、房総半島を広く見渡す。西は残念だが富士も相模湾も見えず、大楠山と周辺の山々とほのぼのとした夕焼けを見る事が出来た。

眼の状態 0+


12月8日(木)BTX4週
フライイングディスクの練習に出掛けた。いろいろと予定外の話が出てきて、今月は今日と22日のみだ。全く自宅練習もしていないので、下手になるばかり。
動き回って運動になるのが良いのだが。
帰りは歩行訓練として、近くのヴェルニー公園を通りながらサンドイッチと紅茶で昼食を済ませた。この一年間、海上自衛隊横須賀基地はかなりの増設が急ピッチで進んでいる。中国、ロシア、北朝鮮の危険な行動に対抗する準備の一つかと思う。
更に市が後援する生涯学習財団のまなび館やすこや館に立ち寄り、合唱のピアニストが居ないかと探すが残念!見当たらない。
今日は寄り道をして、12163歩を歩いた。好調で脊椎管狭窄症は遠のいた感がる。

眼の状態 0+


12月7日(水)BTX27日
家の敷地から一歩も出ずに、ひたすら雑草除去と花壇レイアウトのつくり直しで一日を過ごしてしまった。
夕食を済ますと、BSテレビの1時間半ニュースを見るのが日課になってしまった。大きなテーマや世界情勢など真面目に考えながらみている、参加する方達も各々その道で活躍しているので興味津々である。
皆さんの考え方の違い、ジックリ聴き自分なりにもまた考え、自分の判断に加えることが出来て面白い。物事は独断的な意見では、方向を見誤ると改めて認識する。
政治だけではない、科学でも経済でも芸術でも矢張り多様性を持つ事が重要になる。

眼の状態 0+

12月6日(火)BTX27日
やっと入選して市が特別展示会を開催してくれたが、今日が最終日で作品回収に行ってきた。午前中は雨が降ったがこれも程々に終わった。これからの自分の写真の表現はまだ稚拙だから、今後どうしようかと考えている。撮影技術、編集、仕上げ、今のカメラの特徴による制約・・・改善の余地があり過ぎて困っている。閑なようで時間は少ない。

眼の状態 0+


12月5日(月)BTX26日
今冬一番寒い朝になった。我々老人15名集まって公園清掃を行った。この2週間で大量の落ち葉が溜まり熊手で集めていると、膝まで埋まってしまう程だ。
しかも、作業中もまるで雪が降るように枯葉が舞い落ちてくる。作業が終わる頃に保育園の子供達がゾロゾロやって来た。絶好のタイミングで良かった。
此処は地形が3段階段状に平地が出来て立体的な公園だから、子供達は嬉しそうに飛び回っている。多少なりとも役に立っている感はある。
清掃後は雨が降り出してしまい、自宅室内に籠った。
やっと3オクターブ強のキーボードの練習を始めた。楽譜が読めないので、パソコンソフトで音取りをしていたが、じれったいので始めた。今度はキーの練習を始めることになった。パソコンも10本指を使えるので、きっと出来るだろう。

眼の状態 0+


12月4日(日)BTX25日
友人が透析専門患者を世話する老人ホームに入ったので、見舞ってきた。
三浦半島西海岸を見下ろす湘南国際村にあって素敵な景色である。清潔で安心出来るところだ。写真データーをパソコンに取り込み、整理する方法を頼まれて行った。彼はデーターの削除も分からずに次々と新しいメモリーディスクに入れて、自分でも何だか分からなくなっていた。今のパソコンのファイルシステムを知らないのには驚き。・・・・きっと知らないのではなく、忘れてしまったのだろう。私より3歳年上だ。
帰りは素晴らしい景観を楽しみながら、前田川沿いに「子安の里」、トンネルを幾つも通り抜けて海岸に出た。一旦、立石海岸を見てから足下に波が押し寄せる道路134号線を久留和バス停まで歩いた。気分の良い散歩ができた。今日は12,122歩を歩けた。脊椎管狭窄症はほぼ健常者並みに回復出来た。

眼の状態 0+


12月3日(土)BTX24日
終日在宅で燻っていた。少しでも外に出て庭仕事をしようと、自分を鼓舞しながら過ごした。やらなきゃ全てが遅れてしまう、そんな強迫観念に押されてのことだ。

眼の状態 0+


12月2日(金)BTX23日
私の心臓ペースメーカーの定期点検で診て貰った。診察なんて言う感じがしない。
首の回りチョット布切れを巻いて、直ぐ外した。後は私の体内からデーターが送られモニター画面に出て来る。後は先生とスタッフ2人で読み合い、確認しあい見ている。私には何も分からず黙って眺めている。最後に電池の寿命をチョット伸ばしておきました。次の診察は一年後にお知らせします。・・・・それで終わり。

私が市文化祭に写真で応募し、幸い入選して表彰式で表彰状、紅白饅頭は餡が沢山入っていてズッシリと重い、賞金は5000円でチョト軽めだ。
面白かったのは、将棋一般の部で7歳の小さい男の子が優勝で2位が一般男性。
あまりの違いに皆から笑いが出てしまった。この男の子は横須賀から天才少年として藤井聡太を脅かすと面白い。

眼の状態 0+


12月1日(木)BTX3週
終日ビッシリと厚い雲に遮られていた。相変わらず庭のリニューアルに取り組んでいた。敷地内で何処かのレイアウトを変えると、一時的に大量の土を摘んでおく場所が必要になる。そんな余裕がタップリある訳がないから、そのスペース作りをする。またそのため移動しなければ準備がいる。
これを繰り返しているので、やたら日時を要する。もう年末になって松のもみ上げと剪定になる。こんな調子で一年が過ぎて行く。

眼の状態 0+


11月30日(水)BTX21日
家内と市内に出掛けて帰りに昼食を取った。おー!結構良いじゃない!とソバ定食と何時もの通り生ビールを飲んだ。帰宅後、もう夕食抜きでいいなと話ながらレシートを見ると生ビールが請求されて居ない事に気付いた。そんな馬鹿な?真昼間ガラガラのお店でレジが見逃すのだろうか?私達は年に3回も行かないから、常連サービスでもあるまい。ふと思い出すことがあった。同じ建物のレストラン街にあるスパゲッティーのお店でも同じことがあった。私には意図不明のサービスが行われているのかも知れない。いずれにしても損は無いから、また行ってみよう。

眼の状態 0+


11月29日(火)BTX20日
合唱の先生がお止めになるので、お別れ会を行った。男性一人が緊急入院したので、黒一転の私と女性6人だ。先生は長年喘息と手の腱鞘炎で歌えずピアノは弾けずでとうとうギブアップとなった。そんな仲でも皆と気を揃えやってきた、事情は皆分かるので和やかな雰囲気で終始した。でも皆さんは未だ続けたいとの希望で先生探しを始めることになった。これが中々居るようで居ないのが現実。サテ!!

眼の状態 0+


11月28日(月)BTX19日
老人会のカラオケ練習日だ。専用マイクには300曲が入っている。他に曲のテンポ、キー、採点、歌手のお手本、曲の選定も手元のリスト以外にアイウエオ順と様々な機能がついている。これを図解入りで説明するが、なかなか理解出来ない。
皆さんはもうそこまで出来なくなってしまった。覚えさせようとすれば混乱するだけ。声も小さくなって聞き取れない、マイクでやっと聞こえる程度。
それでも、皆さん集まってきて楽しんでいる。・・・・不思議と思うが、役に立っていると思えば辞めるのもどうかと思う。

眼の状態 0+


11月27日(日)BTX18日
昨日都内に出掛けただけで疲れてしまった。大して飲んだわけでもないが、体力が落ちているのだろう。動きが悪い。不精するなと、自分に言い聞かせて庭に出れば占めたものだ。落ち葉集め、雑草掘り起こし除去、木の枝の切り縮め、レイアウトの変更、観葉植物の手入れ、庭木の選定・・・・やる事はいくらでもある。
ウンウン言いながら夢中でやり始めてしまう。なぜこんな事が好きなのか、考えたって分からない。幸せに違いない。

眼の状態 0+


11月26日(土)BTX17日
関西方面から来た友人と東京駅で会った。何処かで昼飯を思ったが、私の知っている東京駅は無かった。自分が駅の何処にいるかさえわかなくなる始末。
横須賀から来たお上りさんでしかない、どうして良いか分からない程大きくて、綺麗で、多様な店が並ぶ商店街。
久し振りの会話は楽しく続いた。もしかすると良い発展が期待できるかも市知れない。

眼の状態 0+


11月25日(金)BTX16日
庭で使うチェーンソーのチェーンが切れ無くなってきた。刃の部分が飛んで行って無くなっている。電車で行き、また遠いい不便なホームセンターで買うことができた。適合するチェーンを選定するのにも、飛んでもない時間が掛った。
行きも帰りもタップリと歩き一万歩を越えてしまった。
帰りにはラーメン屋に寄って餃子と生ビールに気分良く帰った。女房にとっても仕事が減って良かったらしい。

眼の状態 0+


11月24日(木)BTX2週
晴天で延期した公園清掃を実施した。皆一生懸命に草刈り、落ち葉集めに一生懸命やる。切り上げようと声を掛けても、切りの良い所までなどと言いながら続けている。ご褒美は精々煎餅、クッキー、スポーツドリンク程度だ。
運動になる、無駄話も良いから精神的なストレスからも開放される。
高齢者に一番よい行事かもしれない。

眼の状態 0+


11月23日(水)BTX14日
雨が降り続いて出掛ける気も起きずに自宅内で過ごした。
YOUTUBEと言う素晴らしいものがある。パソコンでもスマホでもテレビでも見聞きできる。時間があれば音楽を聞いている事が多い、以前はテレビのミステリー番組だったけれど飽きてしまった。
特にヴァン・クライバーン優勝者のピアニスト辻井伸行さんの演奏を聞いていると、止まらない。私は音楽を聞くのが好きだけれど、ピアノだけは聞かなかった。高名なピアニストの演奏でも単調に聞こえてしまい、協奏曲にだけ関心があった位だ。
辻井さんの演奏を聞いていると、楽しくて飽きることが無い。自分でも良く分からない、これはどうも私だけではないようだ。
彼の演奏は聴衆だけでなく共演者にも楽しさをもたらしているのが、画面で分かってきた。自分自身でも「皆さんに喜ばせたい、楽しませたい」と言っているが、その通りだ。きっと自分のセンス、テクニック、プライドなんかは後回しにしている勿論金目当ても忘れている。才能の上にエンターテナーの才能まで、アメリカ大リ^グで活躍する大谷選手と似た所を感じてしまう。

眼の状態 0+

11月22日(火)BTX13日
雨が降ったので公園清掃は木曜日に延期となった。一方、建物内の役員会はやって忘年会や新年会の計画を決めた。自分達の為の忘年会もやりたいと意見が強い。皆、それぞれストレスが溜まっている。役員を引き受ける人がいない。
それでも最近は自治会の、やや若い年代の人達が手伝いをしてくれるようになった。
望みはある。
午後からは歌を楽しむ会に参加した。少ない男性に気を遣う先生はいつも「素敵なテノールの男性3人方」と言う。私が82歳、あとは84歳、89歳だ。素敵な訳が無いだろうに。女性は13名で稀少価値を感じているらしい。
歌う曲は多様で面白い。

眼の状態 0+


11月21日(月)BTX12日
雨が降ったので公園清掃は木曜日に延期となった。ただ、役員会はやることになっている。忘年会や新年会の計画をきる一方、私達なりの忘年会もやりたいと意見が強い。皆、それぞれストレスが溜まっている。
それでも最近は自治会の、やや若い年代の人達が手伝いしてくれるようになった。

眼の状態 0+


11月20日(日)BTX11日
ほろ酔いクラブで、ミカン農園をやりながらバーベキューを実施した。メンバーは10人に増えているが中々全員揃う事は難しい。高齢者だから、なにか病気もある、仕事が医療福祉の人もある。お一人様も半分は居ると一日中話さない人もいて、電話で話すと声が出なくなっている。
こういう集まりは絶好の気晴らしのチャンスになる。皆お互いに会えること、話が出来る事が嬉しくなる。
今度は忘年会カラオケやろうと元気が良いけれど、コロナ環境は簡単には行かない。

眼の状態 0+


11月19日(土)BTX10日
庭には春の花のように濃いピンク木の芽が伸びている。誰に聞いても名前は分からない。始めはドングリがなる筈で育てていたが大きくなるに連れて、盆栽にしようと思って鉢植えにした。ところが、うっかり水が足りなくなって瀕死の状態に
なってしまった。再び庭に戻してハラハラしながら夏が過ぎやっと緑の葉っぱが出てきた。そして秋になるに従ってピンクの芽が伸びてきた。
これをどうするか考えた。庭には大きすぎて切り倒した桜の樹幹が地上1mの高さで残っている。腐った洞が上部にある、これをそのまま鉢にして洞に土を入れて名前しらずの木を植えてみた。どうなるか、またハラハラしながら見守ることになった。

眼の状態 0+


11月18日(金)BTX9日
老人を心配して、銀行からお出かけ下さいと案内があった。家内と一緒に少し電車に乗って行った。向こうも私一人より家内がいた方が安心するらしい。80を過ぎたから何事にも一人前に認められない。中学生以下の扱いをされている。
二人で最近開店したソバ屋で昼食兼夕食をした。生ビール一杯ですっかり酔ってしまったが?普通そんな事はないのに。まだワクチン接種後遺症が続いているらしい。幸い眼は戻っている。

眼の状態 0+


11月17日(木)BTX1週
喪中はがきの作成で終日掛かってしまった。ハガキ作成ソフトが住所録を消してしまったせいだ。昨年の年賀状から改めてやり直しになった。まだワクチン接種の後遺症も加わり体調は思わしくない。
気分転換で庭に出て、再生させていた木をまた盆栽に戻した。もう一本、赤い芽が出ている名前不詳の木も再生させている、これは記念に切り倒した桜の切り株を鉢植えのように作ろうと思っている。アイディアに自画自賛しながら作り始めた。こうやって工夫しているのが楽しくて、時間も忘れ、身体のや眼の不具合も忘れてしまう。
お昼ごろは空一杯イワシ雲=うろこ雲=巻積雲になっていた。夕方は空が羊雲=高積雲で一杯になっていた。近い中に雨が降る予兆だ。

就寝時の血圧が140〜150mmHgと高くなっている。普通なら130mmHg以下なのに。

眼の状態 0


11月16日(水)BTX7日
朝起きたら身体全体がかったるいのなんの。一体何事が起きたのかと暫し???た。そうか!ワクチンだ!
庭仕事をしてやり過ぎたので疲れと筋肉痛を起こしたと思ったが、そうではなかった。それにしても身体に弱点を起こして痛みを増幅させる、嫌味な症状だ。

眼も攻撃を受けて、ショボショボ、ドライアイが酷くなった。

眼の状態 0


11月15日(火)BTX6日
第5回目のワクチン接種をしてきた。ニュースでアナフィラキシーショックで亡くなったニュースが報じられていたので、私なり確認をした。
先ず、予約受付でアナフィラキシー対応を聴いたら、会場で聞いて下さい。こちらは受付なので分からない。
会場の整理スタッフで聴くと、医師に聞いて下さい。
医師に聞くと、統計的に発生することは稀で準備はない。救急対応で間に合うか?どうかだ。それで注射しますか?と此方に決めさせようとする。
私は過去4回ワクチン注射をしているが、幸いアナフィラキシーショックは無いので接種をした。でも、市はなにも対応しない事が分かった。
誰かにこのショックが起きたらどうするんだろう?

体調は問題なく、帰りは駅から山道を歩いて帰宅した。

眼の状態 0+


11月14日(月)BTX5日
少し寒さを感じるようになった。老人会のカラオケを行うが、設備が古くて誤動作が多く不自由極まりない。新しいカラオケマイクはテレビで宣伝しているが、有名歌手の有名曲は少なく、別途追加料金を支払うことになっている。
コロナ対策で自治会館は飲食不可、、、、、其の中皆さん止めてしまうのではないか?毎回、困っている。

眼の状態 0+


11月13日(日)BTX4日
肢体障害者向けのヨガに参加した。毎回ヨガ効果を感じている。
終わった後に明日から透析専門の高齢者入院施設に入る友人を見舞ってきた。
独身で近くには親戚もない、コロナ対策で外出もままならず一周間に一回だけ外出が認められると言う。6畳だからベッド一つで、狭く不自由で全く監獄に入れられているみたい・・・・と嘆く。渡しもこれと言ってお手伝い出来ることも無く、口先ばかりのサービス精神で申し訳無さを感じている。
精々友人達とお見舞いに行くだけだ。

眼の状態 0+


11月12日(土)BTX3日
歯の治療に行った。気の向かない治療だ。シャーシャー、ガーガー、ピーピーと嫌な音と痛みが気になる。今回は先生に驚かされた割には音も振動も時間も大した事はなく終わった。治療直後から、もう固まっているから直ぐ食べられますよ・・と嬉しい言葉をかけて貰えた。
自宅に戻ってからは庭の片付け作業で終日過ごした。最近は足腰の痛みも殆どなくなった。体幹強化を主体に腰痛防止体操の効果が効いてきたように思う。

眼の状態 0+


11月11日(金)BTX2日
天気が良くて暖かい。写真の勉強会に参加した。インストラクターのYさんは、かなりこの世界では知られた方である。その写真は多彩で、毎月彼の写真を見るのは楽しみである。長年の積み上げ、努力によるが素晴らしい。不思議な事に、その風景に優しさがある。人柄を見ているからそう思のだろうか。
帰りは横須賀中央の繁華街から次の汐入駅まで、有名などぶ板通りを抜けて歩いた
。米軍関係の外国人が来る、外人の街で独特な雰囲気の場所だ。並ぶお店の中に入る気は全く起きない。
そのまま米軍基地と横須賀海上自衛隊が並ぶ港とヴェルニー公園を通り抜けて、更に一駅足を伸ばして京急へみ駅まで歩いてしまった。写真を撮るはずが一枚も撮らずに終わってしまった。でも無駄ではない。11,740歩あるけた。

眼の状態 0+


11月10日(木)第54回目BTX初日
後日、新しい記事として発行します。暫定的にこのまま続けて行きます。

昨日と同様、桜木町に行きボトックス注射を50単位、14ヵ所行った。
過去の実績と較べてもかなり好成績で、先生も気を良くしたのか注射か所を同じにした。一時は睫毛の際に恐ろしい位置に注射したが、最近はやらなくなった。
お蔭でストレスもなくなった。

眼の状態 0+


第53回ボトックス日記 [2022年09月20日(Tue)]
第53回ボトックス日記
DSCN6391 g.JPG
水面のゆらぎ




11月14日(月)BTX5日
少し寒さを感じるようになった。老人会のカラオケを行うが、設備が古くて誤動作が多く不自由極まりない。新しいカラオケマイクはテレビで宣伝しているが、有名歌手の有名曲は少なく、別途追加料金を支払うことになっている。
コロナ対策で自治会館は飲食不可、、、、、其の中皆さん止めてしまうのではないか?毎回、困っている。

眼の状態 0+


11月13日(日)BTX4日
肢体障害者向けのヨガに参加した。毎回ヨガ効果を感じている。
終わった後に明日から透析専門の高齢者入院施設に入る友人を見舞ってきた。
独身で近くには親戚もない、コロナ対策で外出もままならず一周間に一回だけ外出が認められると言う。6畳だからベッド一つで、狭く不自由で全く監獄に入れられているみたい・・・・と嘆く。渡しもこれと言ってお手伝い出来ることも無く、口先ばかりのサービス精神で申し訳無さを感じている。
精々友人達とお見舞いに行くだけだ。

眼の状態 0+


11月12日(土)BTX3日
歯の治療に行った。気の向かない治療だ。シャーシャー、ガーガー、ピーピーと嫌な音と痛みが気になる。今回は先生に驚かされた割には音も振動も時間も大した事はなく終わった。治療直後から、もう固まっているから直ぐ食べられますよ・・と嬉しい言葉をかけて貰えた。
自宅に戻ってからは庭の片付け作業で終日過ごした。最近は足腰の痛みも殆どなくなった。体幹強化を主体に腰痛防止体操の効果が効いてきたように思う。

眼の状態 0+


11月11日(金)BTX2日
天気が良くて暖かい。写真の勉強会に参加した。インストラクターのYさんは、かなりこの世界では知られた方である。その写真は多彩で、毎月彼の写真を見るのは楽しみである。長年の積み上げ、努力によるが素晴らしい。不思議な事に、その風景に優しさがある。人柄を見ているからそう思のだろうか。
帰りは横須賀中央の繁華街から次の汐入駅まで、有名などぶ板通りを抜けて歩いた
。米軍関係の外国人が来る、外人の街で独特な雰囲気の場所だ。並ぶお店の中に入る気は全く起きない。
そのまま米軍基地と横須賀海上自衛隊が並ぶ港とヴェルニー公園を通り抜けて、更に一駅足を伸ばして京急へみ駅まで歩いてしまった。写真を撮るはずが一枚も撮らずに終わってしまった。でも無駄ではない。11,740歩あるけた。

眼の状態 0+


11月10日(木)第54回目BTX初日
後日、新しい記事として発行します。暫定的にこのまま続けて行きます。

昨日と同様、桜木町に行きボトックス注射を50単位、14ヵ所行った。
過去の実績と較べてもかなり好成績で、先生も気を良くしたのか注射か所を同じにした。一時は睫毛の際に恐ろしい位置に注射したが、最近はやらなくなった。
お蔭でストレスもなくなった。

眼の状態 0+


11月9日(水)BTX97日
以前、習っていたクラシック曲の先生のリサイタルに友人3人を誘って行った。横浜のみないとみらい小ホールだから大したものだ。この3年間はコロナ流行りで空いていたが、本来は毎年続けていたものだ。
私が銀座で写真の個展を開いたときに、コロナ真っ最中なのに見に来て頂いた。
因みに、横須賀の写真の会のメンバーはコロナを恐れて会長以外は誰も見に来なかった。だから本当に感謝!感謝!であった。
プログラムは本来のラテンクラシックの他に日本の歌曲やタンゴ、献呈/R.シュトラウス等々と2部でカタリ・カタリ、黒いオルフェ、グラナダと精一杯のサービスメニューであった。
終わって、有名な桜木町の素晴らしく安くて良い地下街飲み屋で十分懇談をたのしんだ。
そうだ! 先生の名前は茉莉和世でした。

眼の状態 0+


11月8(火)BTX96日
今日は忙しかった。朝からインフルエンザ予防接種と整形外科だカルシュウム注射を行った。お互いに離れているので面倒くさい、時間もかかる。
自宅には帰らず、イオンの喫茶店で休息をしながらラインの連絡をとりあっていたら、あっという間にお昼は過ぎてしまった。
午後は逗子の町で歌の勉強会だ。明るい先生でコロナ解禁になってから、20人が集まってきた。先生の人気がある。
最近カメラを持たずに歩かなくなっていたが、スマホで結構良い写真が撮れる。特に広角撮影が自然に撮れて、面白い。

アツ!家内の誕生日だった。自宅でささやかに寿司、ビール、ワインそれに私が買ってきたケーキでお祝いをした。メデタシ メデタシ

眼に状態 0+


11月7日(月)BTX95日
町内の公園清掃の日。自治会の役員たちが参加してくいれたら、年代が若いだけあって仕事の捗り方が全然違う。あっという間に綺麗になってしまった。老人会も若い年代が入ってくれると、雰囲気も明るくなる。

眼に状態 0+


11月6日(日)BTX94日
本日も終日在宅なり。昨日に続いても剪定樹木の切り揃え作業に従事した。やっていると中毒になったように、作業が楽しくなってくる。やりながら次は何をやろう、あっちはどうしようか、ジャーマンアイリスを掘り出した根っ子をご近所にあげちゃおう!・・・と思いついてAさん、Bさん、Cさんと連絡すると、皆さん貰います、貰いますと意外な反応。毎年4〜5月に沢山、紫色の花が道路から良く見えるので、関心を持っていたのだろう。一抱え以上大きな植木鉢に4杯もあったので、処分に困る位だから本当に助かる。どうやらDさんも貰ってくれそうだ。

眼の状態 0+


11月5日(土)BTX93日
少し寒くなって冬に向けて着替えの準備は整った。庭の作業衣も冬のスタイルにした。初夏の頃に選定した大量の枝は放りっぱなしにしてきた、枯れてもうゴミ出しに50CMに切り揃える時期になったと着手した。青い葉っぱが茂る生木を切断するのは厄介なのだ。やりだすと未だに青みがあって丈夫な奴もある。コツコツと少しずつ片付けてやるしかない。それにゴミ出しの袋に詰める作業もある。
他人様が私の作業を見たら「なんと!まだるっこしい」と思うに違いない。しかし、余命幾ばくも無いとは言え閑は無限にある。実際にやってみると、案外捗ってやった分だけ庭が綺麗になる。・・・・この気分が良いものだ。

今日は眼が少し良くなった。

眼の状態 0+


11月4日(金)BTX13週
すっかり暖かい風が吹く日になった。近くの鷹取山に登ったのも本当に久し振りだ。晴れて横浜の高層ビル街は見えるがさすがに東京のスカイツリーは見えない。年に数回みえるかどうかだ。帰りは山沿いの大きなマンション群沿いに遠回りしてやく7000歩になった。幸い脊椎管狭窄症の不具合もなく心地良い散歩になった。
ウィンドブレーカーを着て歩いたせいで汗ビッショリ、余程暖かい日だったのだろう。
チョット眼のショボショボが強く、瞼を閉じる力も出てきた。生活に不自由とまでにはならないが、かなり気になる。

眼の状態 0


11月3日(木)BTX91日
良く晴れて暖かい。庭の入口にジャーマンアイリスを植えていて、毎年紫色の花が沢山咲く。道路から良く見えていて、少しは自慢にしている。ただ、この場所はお昼後になると日陰に入ってしまう。この植物はひまわりほどでは無くても、敏感に太陽光を追いかけて日陰の部分から少しでも日向に出ようと寝そべってしまう。花の部分だけが起き上がってみっともない。それで日陰部分を減らそうと配置換えに庭の作り替えを始めた。
さすがに体力が落ちて、何をやるにも力不足と足元のフラフラ、ヨロヨロが目立ち時間の掛る事大変だ。最近にテレビで「ポツンと一軒家」の番組が人気で良く見ている。高齢でも実にしっかり働いている姿に憧れるものの、とても叶わない。
先日のバーベキューでサポートして頂いた、自治会の方が「高齢者はこんなに動かないのか!?」と驚いたと言う。「そうだ!そんなものだ!」と答えるしかない。

眼の状態 0+


11月2日(火)BTX90日
第54回ボトックスの予約は今月10日になった。3ヵ月毎なら今日注射すれば良いのだが、先生の都合もあるから仕方が無い。
ところでこのブログを始めたのが2009年9月頃だから、もう13年経っている。
この間このブログを読んで頂いた件数は600,000回を越えている。大雑把に一日平均126件読んでいただいている。ピークでは一日に700件もあった。患者さんとのコミュニケーションがあった頃はほぼ一日に200件強であった。
引退生活みたいな最近は一日に90件がコンスタントに続いている。
眼瞼痙攣の患者様にお役に立てる事もないけれど、読んで頂けるなら続けようと思っております。
今日は暖かく良い天気だが、昨日のコンサート後の解放感で終日のんびり、ゆったり何もせず・・・・で一日を過ごした。

眼の状態 0+


11月1日(月)BTX89日
ついに内輪のコンサートになった。できるだけの事はやって、諦めの境地。ある程度はどうしても合唱、重唱には迷惑をかけてしまった。ソロは残念だが高音部を誤魔化しながら歌い通した。幸いピアノの音響がデカいのとマスクを欠けて歌ったので大半の方は分からなからしい。
終わってから友人達と喫茶店、飲み屋2軒とハシゴして楽しい時間を過ごせた。

眼の症状 0


10月31日(月)BTX88日
歌の練習は諦めて、休息と昨日同様の自己流治療法に努めるのみ。

眼の症状 0


10月30日(日)BTX87日
どうにも声が出ないので「からおけ店」で思い切って声を出して練習した。
矢張り重症だ、ガッカリして帰宅した。声が枯れる、ガラガラ声になる、上のレミファ辺りの声がでない。これでは「落葉松」を歌えない。
練習を止めて休息しながら葛根湯、ルル、のど飴、喉ヌール、龍角散、・・・等々いろいろ試した。

眼の症状 0


10月29日(土)BTX86日
午後には「目と心の健康相談室」主催のリモート講演「白内障とその治療法」に聴講参加した。我々高齢者にとってはある種当たり前の病気になっている。私が長年世話になっている先生からは「年相応で生活に支障がない程度」とされている。
質問は次から次へと続き、予想以上に関心の高いテーマであることに、チョット以外さを感じた。自分の眼瞼系の症状が大きくて、あまり白内障の症状が隠れているのだろう。
このような無料相談は患者にとって大きな影響を与えるだろう。

歌の練習が結構ストレスになっているのか? 或いはソロソロ注射後3ヵ月になるせいか、ショボショボが酷くなった。

眼の症状 0


10月28日(金)BTX12週
朝は曇りがちで洗濯ものが乾くかどうかと心配したけれど、徐々に晴れてすっかり乾いた。そのかなで今日も歌の練習を午前一回、午後一回と行った。
最近、花壇を作り直そうとジャーマンアイリスの畑を移動しようと取り組んでいる。嘘みたいに体力が落ちてサッパリ捗らない。土地も砂利、砂みたいな土だからアイリスを植えていた土も一緒に移動させなければいけない。何をやるにも手間がかる。
ボトックス注射の時期が近づき、眼の状態も下降線に入った。
ショボショボと眩しさが強くなっている。眩しさは日差しが低くなってきたせいである。

眼の状態 0


10月27日(木)BTX84日
フライイングディスクの練習と大会だと言う。5種類の競技のスコアーを積算して成績順に表彰するが、いつも順位が決まっていて面白くないとの事。ゲーム終了後は皆で食事会とささやかに一杯だ。
帰りには整形外科によりカルシュウム注射といつも通りの機械による治療を行った。最近は随分回復して駅までの山道往復も問題なくあるけるようになった。
医師の治療にだけ頼らず、自分なりに歩く、腰痛防止体操や体幹を強化する体操で急がず焦らず地道に努力することが重要と悟った。医師の治療法では高齢者は体力が落ちるので不十分である。

眼の状態 0+


10月26日(水)BTX83日
暫くぶりに床屋さん。整髪カットのみと言っても、実際は殆ど丸坊主と違わない。それでも毎回丁寧に仕上げて、眉毛の切り縮めたり耳の毛を剃ってくれる。
今日もコンサートに向けて歌の練習を行う。いくら繰り返してもすぐ忘れる、情けない努力を繰り返している。良い方法がないのだから仕方がない。
「落葉松」と「遥かな友に」はソロで歌う、「春の日の花と輝く」と「菩提樹」は全員で合唱、「紅葉」は2重唱、これは二人で無伴奏。最後にお客様も含め全員で復興復興支援ソング「花は咲く」だ。最後まで声が続くだろうか?

眼の状態 0+


10月25日(火)BTX82日
今日は留守番。かなりの寒さを感じて自宅屋内で過ごした。歌の練習にカマかけて庭仕事はやれるが、やらなかった。急な寒さに怖じ気付いた。
歌の先生からは、「大丈夫、声はちゃんと出ています」とラインから激励の言葉が届いた。一方私はのどヌール、ルル、葛根湯、龍角散、イソジンうがい薬、、、、といろいろ試す一方鼻から咽に掛けて鼻洗浄器で洗う。涙ぐましい努力をしている。

眼の状態 0+


10月24日(月)BTX81日
グッと冬が近ずくなった。まだ晴れている空も何か心細く感じてしまう。
老人会のカラオケに集まった人数は5人だ。コロナを心配する家族から、出掛けない様に止められている方々もいる。全員揃えば8人になるのだが。
もう15年も使っているカラオケ曲入りマイクも年を取って、故障が頻繁になった。
画面や音を出すのに一般のテレビを使っていて、こちらは健在だ。
新しい曲入りマイクを購入することになった。人だけでなく、物もすっかり年を取った。

眼の状態 0+


10月23日(日)BTX80日
例年の横須賀海洋シンポジウムに参加した。私もこの行事を数年やっていたが、眼が悪くなってからは止めてしまった。「海の現状と未来」および「陸・淡水域の現状と未来」の二テーマが主体であるが、未来については難題である。ここでは書いていられない。
終わった後が4人で一年ぶりを祝って乾杯をを楽しんだ。お互いに年を取った。

眼の状態 0+


10月22日(土)BTX79日
追浜の街でささやかな喫茶店カメリアを開いているご主人がいる。
追浜文芸ミニコミ誌カメリア丸を毎月発行している。発行は船頭と称し関川日出男、編集長はいわなべ仙吉と言うが実際は同じ人物である。退職後は子供向けの童話を書き「山の上のぼくら」なる子供図書館を開いた。開店すぐからミニコミ紙を初めて賛同者を集めて果敢な挑戦を続けている。これは重篤な病と闘い、大胆な手術を行いながら奮闘している。
今日は北朝鮮拉致被害者のアニメ「めぐみ」とアメリカ映画「引き裂かれた家族の30年」を市内の産業交流プラザで上映したので見に行った。
この件は殆どの日本人は知っていると思う。
個人と国家、国家間の理不尽さに根本的実行力のある解決策が見えない、虚しさと悲しさに家族は苛まれ生き続けるしかない。ただ、今ロシア等の専制主義国家には、いつも人、国民を強制し利用することに注力する。私達は冷静に政治家を本当に「国民の安全と自由」を尊重しているか見極めなければならない。

ミニコミ誌に関心のある方は
TEL:090-2526-3751
〒237-0064 横須賀市追浜町3−11 喫茶店 カメリア  へどうぞ。

今日は講演ご写真を撮りながらヴェルニー公園を歩き回り、体調良く歩き回ることが出来た。

眼の状態 0+


10月21日(金)BTX11週
老人会の10月、11月誕生の方のお祝いを行った。コロナ禍のことで飲食禁止になっている。テーブルにはお弁当もソフトドリンクもお菓子もあるが自宅に戻って食べて下さい、と言うわけだ。結局マスクして話をするだけで、盛り上がる事はない。それでも24人集まって来た、顔合わせしたい、話したい・・・・それ程気が晴れない、鬱陶しさが溜まっている。

この一週間は疲れ、打撲など体調が少し下降気味だ。眼がショボショボと弱弱しくなっている。日差しが低くなって眩しさがきつくなっている。それでも日常生活に不都合はあまり感じない。

眼の状態 0


10月20日(木)BTX77日
今日は7年前に行った前立腺ガン手術のチェック検査である。やる事は血液検査と尿検査を行い、医師がこのデータをチェックする。検査項目はPSA値で0.0268だ、安全範囲は4.00以下である。従って問題はない筈だが医師は心配そうに「問題ありませんか? 大腸に問題ありませんか?」と訊ねる。これは普通この手術をするとこの数値が短期に劇的に下がるが、私の場合は時間が掛かって回復に長い年月が掛った事また放射線の影響で大腸から大きな出血があったせいだ。またこの数値も検出不可能な位になるのが普通だ。しかし、健康診断でも異状は認められないのでまた一年後も検査を継続することになった。
今日は晴天で気持ちの良い、ゆっくりゆったり出掛けられて良かった。

眼の状態 0+


10月19日(水)BTX76日
昨日のコンサート向け練習は反省すべきところが多かった。これからの練習をどうするか考えながら楽譜と歌詞を繰り返し読み直した。
先日のバーベキューの費用清算結果を纏めて参加した方々に配布した。上り下りと範囲が広く、大変良い運動にになってまた脊椎管狭窄症がかなり回復していることも確認できたのは嬉しい。

眼の状態 0+


10月18日(火)BTX75日
11月1日の内輪のコンサートに向けて、ピアニストも来て貰い最終練習を行った。
上出来の部分もあれば、失敗もあった。後は普段のように歌えるかどうかだけ。
淡々と繰り返し練習するのみだ。

眼の状態 0+


10月17日(月)BTX74日
ここ数日何が原因か分からないが右足首がぶつけたように赤く腫れて来た。リハビリ先生に診て貰うと、エックス線撮影と痛み止め注射と痛み止め湿布の処方で問題なし。でもぶつけていないのに?何故だろう?ぶつけた事自体私が忘れている?
まあ、でも内臓疾患に起因するものでも無さそう。

眼の状態 0+


10月16日(日)BTX73日
今日は日曜日の歌の練習日。これで午前中は終わった、メンバーが私の文化祭に出した写真を見たいと言う。これではお付き合いせざるを得ない。ここで別れて坂下の街に戻り昼食は春巻き、メンマ、イカ揚げと生ビール2杯で一息した。実は文化祭最終日なので、選外した作品を受け取るためもう一度坂を登り会場で引き取り自宅に戻った。
結構忙しかったが、昼時の生ビールの休息が良かったのだろう。眼は大丈夫。

眼の状態 0+



10月15日(土)BTX72日
老人会主催のバーベキューを行った。実際は自治会が心配して、食材調達、味付け、会場の運営とおんぶにだっこ状態になっていた。私達はただ飲み食い、話し楽しく過ごすだけで済んでしまった。皆さんすっかり喜んでしまって・・・でもコレ年中行事になりそうだ。毎回では自治会も厭になるだろう。

眼の状態 0+


10月14日(金)BTX10週
昨日の遊び疲れが出て、終日休息とノンビリで過ごした。

この一週間、眼は生活に困る程の状態にはならなかった。疲れにはショボショボが強くなった。睡眠時間と休息で解決している。

眼の状態 0+


10月13日(木)BTX70日
私が横須賀市の公募展写真の部で佳作になったので、女房と姉と3人で絵画も含めた文化祭を見に行った。私ともう一人の佳作の作品が最高賞の市長賞の両脇に展示
されている。スタッフに佳作は引き立て役ですか? 何で他の上位入賞の作品は全く別の場所に配置するんですか? と聞くが、私達が展示を決めたわけではないので分かりませんとアッサリしたものだ。でも入賞作品は年末の3日間特別展示することになっている。今度はどんな展示をするんだろう。
久し振りの顔合わせとなって、スパゲッティーの店でゆっくり昼食乾杯をすることが出来て良かった。お蔭で晩飯なしとなった女房は歓び、帰宅したら居眠りばかりしていた。

眼の状態 0+


10月12日(水)BTX69日
チョット疲れ気味だろうか。昨日雨中の案内状配布のせいかも知れない。休息に専念した。
眼もショボショボして、物をみるのが頼りなく感じた。

眼の状態 0+


10月11日(火)BTX68日
私は3人の先生の所で歌っている。最初は市内で内輪のコンサート向けの練習、それから昼食をとって、いや生ビールも飲んで逗子の一番気楽に歌える会に参加した。
先生は皆が楽しむ事に歓びを感じているから、雰囲気が朗らかで良い。
日本の唱歌からイタリアのオペラのアリアもあって、皆さん結構レベルが高い。
コンサートをやろう等と言い出さなければ良いが。
夕方から大雨のなかバーベキューの案内を配布して回った。カッパ上下と傘と長靴の重装備だ。ところが傘は風で2本折れ、長靴のなかにも水が降り込ジャブジャブになった。この年になってこんな経験をすることになった。

眼の状態 0+


10月10日(月)BTX67日
今日は茉莉和世先生のお弟子さん達のコンサートを聴きに行った。友人も歌うし、皆が揃って充実していた。皆さん、曲はオペラのアリアを歌うと言う高度なレベルだ。しかし、5年前は素人そのもので、聴くにに堪えない、プロとアマはこんなに違うか・・・・等と酷評していた。でもその差はあるものの聴きに行って良かった。大きなホールを借り切ってやるには、かなりの費用がかかる。生徒さんも生き甲斐を持って望んでいる。素晴らしい。
一方私は会場を間違えて、従来会場のみなとみらい小ホールに行ってしまい、間違いに気付いてから本郷台のリリスホールに駆け付けた。タッチの差で友人のソロ一曲目は聞き逃してしまった。忘れ物、記憶違いの毎日である。

眼の状態 0+


10月9日(日)BTX66日
降りそうで降らない一日。昨日のコンサートで気落ちしたのか、一日中ぼんやり過ごししていた。老人会主催でシーパラ八景島の対岸バーベキューをすることになった。下見に誘われたけれど、今日はお断りしてしまった。
11月9日の茉莉和世先生のチケットをやっと4枚売る事ができた。もうこの先生からは習っていないので、この位でで良いだろう。もう次の内輪のコンサートの準備もはじめなければいけない。11月1日だ。

眼の状態 0+


10月8日(土)BTX65日
ついに追浜地区の文化祭で我々の混声コーラスの発表だ。この年になってあがったのだろうか、音程がゆれてしまう。テンポもずれる。声も滑にでない。もっとも私だけではない、だから尚更みっともない。憮然たる思いで終わった。まあ我々レベルでは短期練習では無理だ。だから指揮の先生も何とも言わない。来春に向けて仕上げて行きましょう・・・で終わり。
友人と二人で飲みに寄った。彼は音楽を聴くファンであった。学生時代から上野の文化会館を筆頭に全国の一流会場で聴きまくっていた。日本だけではない、欧米まで一流演奏を追いかけていた。しかも、かなり良い席を入手している。ハアー!?ッとする話ばかり。次回のチャンスでは更にいろいろ聞かして貰おう。もとも彼の歌声はかなり疑問が残る。まだ私の方がましではないか・・・・。

眼の状態 0+


10月7日(金)BTX9週
バーベキュウの参加者は決まっていて、自治会役員との打ち合わせでた要領で案内文を作り配布して回った。外に出る頃から雨が強くなり、とうとう傘の骨が2本折れる程風も強くなった。さらに夕方と水煙で視界が遮る、表札を読むのに数センチも目を近づけないと読みくい、足元も良く見えない・・・やっとの思いで帰宅した。幸いカッパと長靴に防寒の服装で出掛けたのは良かった。カッパのズボンを長靴の内側に入れたの失敗だった。雨水が長靴に流れ込み、内側はジャブジャブとなった。帰って直ぐにシャーワーで温まり風邪もひかずに済んで良かった。
夜は明日のコンサートに向け最後の練習を行った。

眼の状態 0+

この一週間も日常生活影響するような症状は無かった。ストレスがあると一時的に眼がショボショボして閉じようとすることがあった。


10月6日(木)BTX63日
冷たい雨が続いた、風が殆ど無いので助かった。今日もまた合唱の特訓を続けた。
老人会でバーベキュウをやろうと言い出したら、私が担当になってしまった。
困ったな、と思っていたら自治会の役員たちが協力を申し出て相談会になった。
いつも積極的な活動をしている方お二人が終始リードして話が決まった。全く「おんぶにだっこ」そのもの。大雑把な私達の計画を見直して予算もシッカリ決めて頂けた。食材の買い物から、調理味付け、海の公園の会場までの往復に至るまで。恐れ入りました。

眼の状態 0+


10月5日(水)BTX62日
天気予報通りとなって、朝は暑く夕方に寒くなった。終日、自宅で歌の練習をしていたらとうとう長ズボンと上着を着ることになった。
その中で小学校時代の男女4人のライングループが出来て、賑わっている。
昔の表現なら井戸端会議に相当する。面白いのは殆どスタンプばかり送ってくるものもいる。極めて気楽で良い。
畑にまいた大根の芽が沢山出てきた。間引いておかずにしようとしたが、家内はどう利用したら良いか分からないらしい。

眼の状態 0+


10月4日(火)BTX61日
今日はもう一つの歌のグループで、ここでも内輪の発表会ではあるが最終練習に入っている。此処では私がソロで「落葉松」を歌わせて頂くことになっている。自分なりにこの一年練習してきた。でも、練習時の半分も歌えない。矢張りプロとは違う。
午後からは市の消費者センターに行き、ネット上の不審請求の相談をした。担当職員は私が82歳とあって、極めて親切に丁寧に対応してくれた。支払いのカード会社と請求会社と私の主張を確認して纏める厄介な部署である。それに電話がなかなか繋がらないのも大問題になる。今回は割と単純なことだった、それでも2時間掛った。日を跨ぎ一ヶ月もかかる場合がある。此処は私にとって最後の砦になっている。

眼の状態 0+


10月3日(月)BTX60日
老人会の公園清掃。
二つ入っている歌のグルプの練習曲を行う。一挙に両方やるとかなりの量になる。
忙しい。

眼の状態 0.3+


10月2日(日)BTX59日
目前に迫ったコンサートの最終練習日になった。ピアノ合わせも2回で終わり。
こんな難しい曲を直前に決めて飛んでもない・・・・と不満続出。私も同調して
「私も血圧がすっかり上がってしまった」と言うと、女性たちから、「この話しを先生にぶつけましょう、名前は出さないから」との声が上がった。
それでも、皆精一杯練習を頑張った。何とかなりそうだ、あとはリハしかない。

眼の状態 0+



10月1日(土)BTX58日
頼んだA3サイズの写真が出来上がったとお店から連絡があった。市の文化祭に出す作品なので大至急街に行き受け取って直ぐに額装を行って、家を飛び出した。別にそう急ぐこともない。単に持ち込み最終日と言うだけ、何時もは初日に持参しているのが何んとない焦りを起こしている。
注文が細かく煩いので、特別価格となり2枚で7,920円也。個展なんかやったら大変だ。前回は友人に頼んで一枚900円で済んだが、もう頼めない・・・病気量中になってしまった。素晴らしい作品を出す方だったが残念。

眼の状態 0+


9月30日(金)BTX8週
本日も晴天。大根の芽が伸びて来た。連日やってきた歌の練習で飛んでもない間違いが分かった。ネットで出ていた練習に頼って楽譜を疎かにしていたせいだ。一挙にストレス一杯になって練習のやり直しに取り掛かった。
庭では雑草除去と切り落とした大きな枯れ枝の切り揃えと、まあ忙しい。

眼の状態 0+


9月29日(木)BTX56日
晴天から曇りになって午後からは一時雨、夕方からは雨が続いた。
その雨の中老人会の10月カレンダーを配布して回った。行事がいろいろ増えてきて忙しい。自分自身の合唱発表会で頭が一杯で、一日を朝昼晩と3回に分けて練習した。もう、出来る事は練習回数を重ねるのみだ。
雨が多くなり、庭の雑草も新しく芽を出し始めた。切り倒した木を処分するつもりでいたら電動ノコが見当たらない。あれこれ探したら物置小屋に隠すように置いてあった。高価なので盗られないないようにしまって、自分で分からなくすると言うお粗末な話であった。

眼の状態 0+


9月28日(水)BTX55日
終日在宅。天候は晴天で穏やか。秋らしい青空に絹の衣のような或いは刷毛でサッと描いたような雲が拡がった。
その中で苦手な合唱曲を朝昼夕晩と練習する一方、庭に伸びだした名も知らぬ低木や雑草の処分をしながら一日が過ぎた。
最近は脊椎管狭窄症のリハビリとして自分なりにやっている体操の効果が出てきたような気がしている。自分の姿勢で気になっていたのは、「気を付け!」で両膝の間が段々広くなっている。いわゆるO脚が顕著になのだ。それでこの「気を付け」の姿勢で力一杯両膝をくっつける運動をする。歌やヨガで良く言われる「肛門を締める」姿でエイっと声かけこの姿勢を10数える、一旦緩めてまた繰り返す。これを8回、即ち80回繰り返す。
こうしていると、歩行時のふら付きがかなり減ってきた。

眼の状態 0+


9月27日(火)BTX54日
ほろ酔いクラブの集まりで、新人を含め6名が揃った。安い飲み屋で飲むのが我々のモットーだから、安心して参加できる。一方2名が休みになっているが、体調や仕事と色々あって全員揃うのはなかなか難しい。愉快にストレスを発散させてから、ラーメン屋に場所を替え本日の集会を締めて解散した。
世の中は元総理の国葬であった。ご冥福を祈るが、彼の政治活動の後ろ暗さと実績には疑問だらけである。国民はボーッとしていていけない。厭な事、理不尽な事、世界の情勢はマイナスの大きな問題ばかり増えている。人間が生きて行くのも大きな覚悟を要する。私の年代は世界にも稀に見る幸せ世代だけれど、子孫には問題を残してしまった。

眼の状態 0+


9月26日(月)BTX53日
老人会のカラオケを6人で行った。一人休んだ方は転んで骨折してお子さん達から外出禁止されているそうだ。以前、人口股関節の手術に成功して誰よりも元気で歩き回っていたのに。高齢者転倒は禁物だ。
古い歌を歌うと、自分の体験を思い出すのだろう、本当に涙してしまう方がいる。皆も十分分かるから、何も言わず受け入れて歌っている。拘りなく受け入れて歌い話せる場所が必要らしい。
自宅に戻れば雑草刈と歌の猛練習を行った。

眼の状態 0+


9月25日(日)BTX52日
合唱練習の日になった。先生と長い付き合いのピアニストで、大抵の音楽発表会のパートナーである。前向きで、皆を駆り立てようと明るい冗談で笑い飛ばしながら強引に勧める。勿論、その姿勢は評価する。ただ自分の実力を越えてやるのだからこれは大変。こっちもやるしかない! 結果を考えても仕方がないと割り切る。
帰宅してから、大根の種まきを行った。畑の面積が足りないので、種が余った。
水耕栽培にトライしてみよう。捨てるようなマスクが一杯あるから、畑にして芽を食べられるか?

眼の状態 0+


9月24日(土)BTX51日
終日在宅。合唱の練習に集中した。発表会で歌う The beauty of the earth
に悩まされている。コンクール出てくる小学生低学年レベルだと言う。転調3回、テンポが5回替わる。それに英語だ。高齢者泣かせだ。先生は「どうって言うことないですよ。あと2回ピアノ合わせ特訓で仕上げましょう」だって。
試験直前の勉強みたいな雰囲気になって、鬱になりそう。

眼の状態 0+


9月23日(金)BTX7週
老人会でバーベキューを行うことにしたけれど、私が担当することになってしまった。今日は取り敢えず案内募集のチラシを作って町内に配って歩いた。自治会青年部の人が肉の買い出しや味付け、当日は焼く所までやってくれると言う。大助かりで、年中行事になる気配だ。

眼の状態 0+


9月22日(木)BTX49日
脊椎管狭窄症で一ヶ月以上を休んでいた、肢体障害者向けフライイングディスクに参加してきた。このスポーツは一見簡単に見えるけれど、本当に難しいい。サッパリ上達しない。腰をかばいながらではあるが、楽しんで来た。
今日も帰りはリハビリ整形に寄ったり、公募展の写真のプリントを写真屋さんに頼んだ。A3サイズでは、私のプリンターでは出来ないのだ。飛んでもないプリント代がかかる。私のような写真はそもそも公募展向きではないのだが・・・・。

眼の状態 0+


9月21日(水)BTX48日
お彼岸の初日で、都内へ墓参りに出掛けた。今、困っているのは先祖の墓が地震で傾いている事だ。近寄るのも怖い。詳しく見ると土台が潰れたように見える。戻すのに専門業者が必要で30万円必要との事。単に戻すだけでは、また地震のときに倒壊するかもしれない・・・・困った。
帰りは横須賀公募展に出すのでプリント用紙やインク等を買い、また昼食兼夕食を済ませた。駅中のソバ屋さんだが、結構美味しくリーズナブルな値段で一杯もも楽しむ事が出来た。

眼の状態 0+


9月20日(火)BTX47日
家内と久し振りに市の中央に出掛けた。雑用兼昼食兼晩飯である。追浜の街に戻ってから私はリハビリ整形に行き家内は買い物にと一旦別れた。二人でまた合流すると帰りは身体障碍者向けタクシーサービスの特権を利用して帰宅した。夕方の雨でだったからで、通常はこんな利用はしないのだが。

眼の状態 0+


9月19日(月)BTX46日
台風の影響で時々強烈な雨が降って来た。当然、老人会の公園清掃はお休み。ところが、役員会は実施とあってずぶ濡れになって来た人もいた。こんな雨は経験したことがないとぼやいていた。幸い皆の帰りは雨が止み、大急ぎで帰宅した。

眼の状態 0+


9月18日(日)BTX45日
台風が日本を縦断しそうな気配で心配になる。合唱の練習は台風の影響を懸念して休みになった。コンサートまでに後練習は2回しかないと思ったが、上達しない曲に喘いでいるのだ。図々しい私もかなり悩んでいる。
悩みながら庭の雑草除去に懸命だ、大根を植える準備として畑を掘り返し堆肥を入れて種まき時期を待っている。

眼の状態 0+


9月17日(土)BTX44日
晴れて巻雲類の雲が眼だった。天気が崩れる兆しと言われるが、事実沖縄方面で恐ろしい規模の台風を進行中だ。海水温が28℃に上昇するなんて、昔は考えたことも無かった。今や、気温も40℃になる。体温が36℃だから熱中症になるのが当たり前だ。じゃ、魚は何度も生きられるのか?北極、南極の魚は大丈夫か?
アラスカ旅行に行って来た男が、現地の動物は暖かくなると内臓機能が落ちて生きられなくなるとの話を聞いてきた。世界中が協力しなければ、地球温暖化は止まらない。地球が滅びると言うが、滅びはしない。生物が激減するだけだ。代わりに活動出来る生物が頭角を表すだろう。

眼の状態 0+


9月16日(金)BTX7週
心臓だ、肺だと命が危ぶまれて何回も繰り返している友人と昼食をした。
幸いかなり元気ではあったが、自転車はバランスが取れず止めて杖を頼り歩いている。普段の買い物が大変で、奥様と支え合ってやっとの事だと言う。
話の一部では安倍総理の国葬になった。金融ジャブジャブ政策を始め碌な業績もなく、その上森友、家計、桜を見る会、統一教会と真っ暗闇の黒煙問題のある人を国葬なんて飛んでもない・・・となった。大体時期がエリザベス女王の国葬と近く、比較にならないお粗末さだ。虚しい空砲を打つと言うが、横須賀まで届かくて助かる。
この一周間は大過なく過ごせた。時々ドライアイ、ショボショボ感はあるが悪化せずに終わっている。

眼の状態 0+


9月15日(木)BTX42日
腰の痛みも殆ど消えて、その分庭の雑草除去に熱中した。蚊が増えたので、周囲3か所に蚊取り線香を配置した。結果は大正解で作業も楽になった。
脊椎管狭窄症の治療は整形外科リハビリに頼ってきたが、どうもそれだけではなく自主的なリハビリも必要であると思い、実行してきた。勿論、医者が発行している「腰痛防止体操」があって実行して効果も実感している。それ以外に、長嶋一茂が紹介した体幹を鍛えるための姿勢維持も実行している。更に自分なりに「のけ反り姿勢維持」と「気を付けの姿勢を維持」を追加した。
「のけ反り」は腹ばいから両手を突っ張て上体を弓なり反って維持する。
「気を付け」は両ひざの間を目一杯くっつけるべく、姿勢維持する。
私は年齢の割に姿勢が良いと言われている、多分歌う時の姿勢やヨガの影響があるだろう。ただ、鏡の前に立つと「気を付けの姿勢」で両膝の間が年々拡がっているのに気付いた。それでこの姿勢を10数えてから緩めて8回繰り返す。
決して痛くならないようにする事は大変重要である。

眼の状態 0+


9月14日(水)BTX41日
友人からユニークなラテンクラシックのリサイタルチケッテの依頼があった。ブラジルで歌ってきた経緯もあってだろう。後援はBRASIL駐日ブラジル大使館とある。友人からの誘いで、私も習ったがレベルが高くてついて行けずやめてしまった。
でも、ジャンルの広いリサイタルを毎年楽しみ出掛けている。その中で日本の歌、「落葉松」と「霧と話した」は私の気に入った歌であり毎回歌っているのも原因だ。
参考に11月9日(水)、開場13:00、みなとみらい小ホール、
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2224464

茉莉和世先生リサイタル.pdf

眼の状態 0+


9月13日(火)BTX40日
歌の会に参加。ここは一番気楽で当日行って歌って来ればよい。先生は男性3人を気遣い褒めて頂ける。でも最長老は79歳で若く一番元気、2番目は85歳で矢鱈声が良く出る、3番目が私で82歳で先輩を立て控え目に歌ってすごしている。
帰りには薬局で蚊取り線香を買って、庭作業に備えた。

眼の状態 0+


9月12日(月)BTX39日
老人会のカラオケで集まった。マスク着用、食べ物禁止、飲み物は自分の分だけ持参とのお達し。古いカラオケの誤動作に悩まされながら、歌い続けた。声が出るようになったとの声で何とかやっている価値がある。
午後は自宅でお決まりの除草作業を続けた。

眼の状態 0+


9月11日(日)BTX38日
午後からヨガ教室に行った。毎回、不思議なくらい身体が気持良くなる。本来は月2回やりたいところだ。
帰りに透析のため入院することになった男を見舞った。全くの独身でいたが、腎臓が悪化してとうとう入院せざるを得ないのが実情。残る一軒家を引き取る者もいない。奥さんが居た頃の家財道具も含めた家は山の上にあり不自由。全く気の毒だ、結局は成年後見人を立てて全ての財産を他人に任せて最後の準備を覚悟していた。何ともやりきれない気持ちで別れたが、本人は落ち着いており日記をつけ、写真の本や盆栽の本を書いている。立派なものだ。

眼の状態 0+


9月10日(土)BTX37日
いつの様に整形リハビリへ行き、自宅の庭で奮闘した。玄関脇を中心に雑草除去と鉢植えの場所も移転した。一時的に周囲は何もなくなった。庭のレイアウトを変える事は思った以上に難工事である。
腰を傷めずに作業する要領も段々分かってきた。スポンジマットを敷いて膝を付けるか尻をどっかり降ろしてやるのが良い。そんなに簡単ではない。場合によっては四つ這い、片手で除草作業やスコップで掘り起こし作業となる。こんなこんなで結構な労働を強いられる。でも、動いていられるだけでも価値がある。

眼の状態 0+


9月9日(金)BTX5週
何時もの通り整形リハビリに行き帰宅してからは、庭の手入れで芝刈りを行った。二日間かけてやっただけの効果はあった。散髪後のサッパリ感が何とも言えず良い。

眼の状態 0+

この一週間の眼の除隊は安定していた。ショボショボの程度、原因不明(ドライアイにより物がボケて見える)のボンヤリ感が気になる程度。


9月8日(木)BTX35日
暫くぶりに床屋で散髪、シャンプー、顔剃りとフルコースをやって貰った。矢張り気持ち良い時間を過ごした。
珍しく体調を起こして下痢、ムカムカと嘔吐しそうになった。それなりの準備をしてから普段とは違う一階のソファで寝る事にした。こんな事は最近無かった事なので少々不安になった。原因不明。

眼はこの体調に影響しなかった。

眼の状態 0+


9月7日(水)BTX34日
この夏初めて芝刈りを行った。サボったから、場所によって10cm以上伸びていた。土を入れたり、肥料をまいたり、除草もしなければいけない・・・追い付かない。一方、キュウリ、ナス、トマトは今日までで終わりにした。次は大根の準備開始になる。整形リハビリはクリニックの休みで終日在宅となった。

在宅が良かったか、芝刈りが良かったか? 眼は回復した。

眼の状態 0+


9月6日(火)BTX33日
今日は日曜日とは違う女性の歌の先生の所で練習した。身内のコンサートながら、先生の指導は熱心になった。ピアノのどの位置に立つか、どっちに向かってお辞儀をするか、楽譜はどう持つか、ページのめくりを揃える等々だ。
実はマスクを忘れて出掛けてしまった。家の近くから乗るバスで困った。仕方がないから帽子を脱いで鼻口を覆って、恐縮していた。幸い咎める人もなく、電車の駅でマスクを買う事ができた。

理由は全く分からないが、瞼が力なく垂れて視界を遮る。全体にピントが合わない。

眼の状態 0


9月5日(月)BTX32日
今日もまた整形リハビリ通い。床屋によると月、火連休となっていた。店員が徐々に高齢化と1000円床屋の繁盛で減ってしまい、店員一人でやっている。聞くと全く休みなしで朝から夕方まで働いている。週休2日でやる事も大変な事だと思っていたら、病気がちとの話も聞こえてきた。このような話は案外沢山あるのだろう、身近にしらないだけだろう。

眼は元に戻った。

眼の状態 0


9月4日(日)BTX31日
不安を抱えながら、合唱の練習に行った。男性の先生は大雑把で、あまり細かいところを指摘しない。・・・尤も今の中だけかもしれない。コンサートが近ずくと替わってくる可能性はある。分からない事は全く遠慮せずに質問できる所は大変助かる。こんな訳で却って愉快な練習が出来て良かった。

精神的に動揺があるかもしれない。ショボショボと瞼が垂れ下がって見にくくなった。

眼の状態 0


9月3日(土)BTX30日
今日もまた整形外科でリハビリだった。それより、差し迫った合唱の練習が明日になってしまった。苦闘するが上手くはならない。兎に角今日はここまでと、区切りを付けて寝てしまった。どうなる事か?心中穏やかでない。
会員の女性からは、「坂本さん、高音部は綺麗ですけど低音部に入ると、声が揺れますね」としっかり指摘される。実際、自覚しているのだが。
寝るのが得意な私は、不安や問題があっても問題はない。どんなに頑張っても一時間起きている事はない。幸せと言うか、お目出度いのか、でも私が世間の荒波に耐えてこられたのはこの睡眠力によるものだろう。

眼の状態 0+


9月2日(金)BTX4週
時折、強風と豪雨が降り出す一日。整形リハビリには行かず、自宅で古い写真や額縁の整理を行った。意外にに大仕事で一日中かかってしまった。
私にとって難関になっている歌「For the beauty of the earth」を一人練習する。眼を凝らして楽譜を読み、玩具のキーボードを操作しながら涙ぐましい努力をするが、サッパリ効果が出ない。

この一周間、眼の状態は殆ど変わらない。週毎の詳細報告は省き、毎月の第一金曜日に一ヶ月分として報告します。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定している。以下この部分は省略して良さそうだ。次週から簡略化しよう。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。



9月1日(木)BTX28日
整形外科リハビリのついでに、アリの殺虫剤と庭の虫コロリ殺虫剤を買ってきた。大量に使い床下の白アリ駆除を毎年行っている。素人作業だが幸い成功している。

眼の状態 0+


8月31日(水)BTX27日
老人会発行の9月カレンダー配布を行った。私の担当はたった10軒だが、山の上で登り下りが多く、最近の腰痛が応える。運動不足も手伝って直ぐに疲れる。でも歩くチャンスがあると思えば、それ程気にならない。

眼の状態 0+


8月30日(火)BTX26日
学生時代の友人が病気を克服して元気になったと言う。横須賀から遠く2時間半かかり都内を抜けて埼玉県の飯能市に皆で集まった。入間川沿いの森の仲の高台にあるアラビア料理のレストランで何種類もビールがあった。料理はやや酸っぱい独特な味で中々味を楽しむことができた。我々のテーマは年と共に病気が多くなる、80歳になれば止むを得ない。兎に角皆無事に会えた良かった。

眼の状態 0+


8月29日(月)BTX25日
今日も雑草除去とリハビリ整形を実施した。合唱で難しい歌が始まって参っている。
小学校低学年がコンクールで歌う程度だそうだ。何度も転調するは、テンポが替わる、その上英語で・・・・不器用な私には地獄の苦しみだ。参考に子供達の歌を聞くといとも簡単そうに歌う。滑ったり、転んだり、けっつまずいたり心は傷だらけだ。10月にはコンサートの日が決まっている。先生はオペラ歌手だから,我々に童謡なんか歌わせたくないだろう。私なんかは「怪獣のバラード」とか「モルダウ」をやって欲しいが。

眼の状態 0+


8月28日(日)BTX24日
今朝もラジオ体操に協力参加した、これで今年の子供会行事は無事終了した。
今日も庭の雑草除去作業を頑張った、30cm程の高さの椿の植え替えが出来て一歩前進できた。
左腰の痛みは、蹴躓いたときにはウツと唸る位痛い。クソツと食いしばって我慢するが、これでまた回復が遅れるだろうと心配になる。

眼の状態 0+


8月27日(土)BTX23日
最近には珍しく6時半からラジオ体操に参加してきた。夏休みの町内子供会に行事に我々老人会が協力する形だ。腰が痛いのを我慢しながら参加したけれど、腰痛で身体が動かせない。痛々しいのは私だけではない、何やら頭の手術をしたらしく包帯でくるみネットを被せている。でも会話すればお互いにまだ元気だ。
今日も整形外科リハビリにゆく・・・早く治って呉れと願うが、簡単には行かない。
夕方は久し振りの夕焼けがあり、近くの公園に駆け付けた。ここは電線が邪魔されない貴重な撮影場所なのだ。撮りまくったものの、中々良い作品にならないのは何時もの事だ。

眼の状態 0+
眼の状態が安定しているので、毎日同じ事を書く気がしないので・・・


8月26日(金)BTX3週
家内と逗子葉山の銀行に出掛けた。コロナ不況とウクライナ不況で店員は慌ただしい。私のような高齢者の相手なんかやっているが時間の無駄?・・・まあ、私のひがみか妄想か。
帰りに気に入っているうどん屋に寄った。矢張り歯ごたえがあって良い。
追浜の街に戻ると、眼鏡屋で眼鏡フレームの修正をして貰った。いつも無料で修正、洗浄をやってくれる。ここでは、もう10年以上眼鏡を買っていないのに申し訳ない。
整形リハビリを毎日やっても、それ程効果がみられないので今日はやめた。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定している。以下この部分は省略して良さそうだ。次週から簡略化しよう。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。


8月25日(木)BTX21日
今日も整形外科リハビリに通っただけ。自宅でもあまり動かず。腰を傷めない事に注意する。

眼もほぼ良い。

眼の状態 0+


8月24日(水)BTX20日
朝方はちょっと雨が降って、その後は降りそうで降らず一時は日が出て青空もでた。10月16日には歌の発表会を行う事が決まった。比較的レベルが高い小学生が発表会で歌うと言われる「For the beauty of the earth」を歌うと言う。そもそも小学唱歌とカラオケで過ごした私にとって苦手極まる歌なのだ。幸いYOUTUBEがるので、低音部を聞かせてくれる奴を探して練習をしている。転調とリズムが4回も替わる、英語の発音も歌成りに難しい、私にとって難曲極まる。今更、止められないと藻掻きながら練習している。
庭仕事は捗らないが、それでも、本の少しでもやるのとやらないのとは精神的にも、実を上げるにも極めて重要になる事が分かる。

ロシアのウクライナ侵攻は許し難い。カビ臭い過去の大ロシア帝国を夢見て暴走するプーチンとそれを選挙で大統領にする国民の政治意識の低さに驚く。自由、個人の人権、安全を守るには自分の強い意志と泥棒除けになる鍵とご近所との連携協力が欠かせない。

眼はほゞほぼ良い状態で安定している。

眼の状態 0+


8月23日(火)BTX19日
整形外科リハビリの帰りに胃カメラを扱える内科医に寄った。6月の健康診断の際に、かかりつけ医からもう数年経ったので検査を勧められていたからだ。2時間待ちは承知で行き、待合室でソファに座り込んで居眠りしたがこのソファは出来が良い。私の脊椎管狭窄症に起因する坐骨神経痛も全く感じる事はなく、空調も良くて大いに助かる2時間の大休息が出来た。ところで、胃カメラは80際も越えてリスクもあるから良く考えて下さいとの見解であった。私からは健康診断で何も異状なく、毎日服用する薬も無しで済んでいるからと、止める旨のご返事をして終わった。
この帰り道に腰の痛みが消た事に大喜びした。勿論、慎重に回復に努めるが。

眼はまあ良いが、目ヤニが出る。鏡でよく見ると、BTX注射跡が変色している。
きっと傷跡を消毒もせずに放っておいたせいだろう。問題はないだろう。

眼の状態 0+


8月22日(月)BTX18日
今日もまた、整形外科リハッビリで治療するが効果は殆ど出て来ない。毎月曜日はカルシュウム注射も行っている。これもまた効果は見えない。注射の効果は数か月かかるとの事。我慢の毎日だ。リハッビリだけでは運動不足によって筋力の衰えで
回復は望め無いと思う。今日から腰痛防止体操を始めた。これをやらないと歩行時の姿勢が維持出来なくなり、ふらつきや転倒を起こしやすくなる。
話は代わるが、プリンターの青色インクが無くなって、パソンコンを起動する度に不足のメッセージを出す。帰りに隣の駅まで足を伸ばして買ってきた。
案外歩けるようになっていた。でも油断は禁物。

お蔭様、眼は程々良い。

眼の状態 0+


8月21日(日)BTX17日
歌の勉強会に出席。私がこのままだと発表会には間に合わないと心配するが、先生は平気なもんで「メロディーは単純で繰り返しているだけ、大丈夫ですよ」と鷹揚に構えている。
帰りにご無沙汰した先輩友人を訪ねてみた。心臓の手術で回復の時間がかかり、ほぼ終日在宅の様子で奥様は協会。その帰りを待って奥様の運転で近くのレストランに行き久し振りの乾杯(私だけ)と食事をした。10年ぶりだろうか、お互いに無事に敢えて楽しい時間になって良かった。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月20日(土)BTX16日
整形外科リハビリに通う。まだ左足を引きずって歩いている。このままでは、運動不足で体力が落ちて外出不能になりそうで心配になる。リハビリに頼らず自主的に腰痛防止体操を始めた。傷めないように、慎重にやっている。
明日の合唱のために、YOUTYUBEを聴いたり、楽譜を念入りに点検し、玩具のキーボードで音取りをしたり・・・・涙ぐましい努力ではあるが。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月19日(金)BTX2週
午前中は整形外科。午後は写真の勉強会。いろいろと意見交換が出来るので楽しく有意義になる。問題は会の存続が懸念される事だ。ここでも高齢化して主体的に行動出来るような会長となる人がいない。人材はいるが事情があって会長になれない。
このままだと、仲良く過ごせても発展性がない。老人会でも会長になる人がいないとシニアクラブとか名前を変えて細々と2,3人で続けることになる。寂しい話だ。

眼は変わらず。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定してきた。読書事件の後遺症はなくなった。洗顔時に石鹼水が眼に入り痛くなる。これはBTX注射の効果が出てきた証拠になる。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。


8月18日(木)BTX14日
午前中は雨が降ったが午後は止んで、以外に涼しlくなった。
やる事は整形外科へ行く事と雑草除去のみ。合唱の練習をやるが難しくなって、通して歌えない。これで文化祭に参加できるか心配になる。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月17日(水)BTX13日
一見秋の空のような青空になった。実際は湿度は70%もあるので、全く実感はない。庭の雑草を取り除いたり、レイアウトを変えたり、キュウリの蔓があまりにも生い茂ってナスの実が育たないので間引きしたりとやる事は尽きない。
小学校時代の友人がライングループを作ろうと誘いがあって、少人数で取り敢えず作業に取り掛かった。慣れないので手間がかかる。
冷蔵庫の下に水が垂れていたのを修理して貰ったら、排水チューブがゴミで詰まっていた。買ってから19年以上なっていた。まだまだ使えそうで助かる。

本を読んで一挙に悪化した眼は、元に戻った。これで続けば良しとする。

眼の状態 0+


8月16日(火)BTX12日
積極的になった先生の歌の勉強会に行って来た。会随一のメゾソプラノがコロナ感染のあと微熱が続きお休みしてしまった。普通の合唱会でも滅多にいない声量もあって、替わりがいない。止む得ずテナーの私が一人でメロディーを歌い、他の方達は低音部で練習したけれど、飛んでもなくバランスが悪い。まだ日があるからと、・・・先生は心配していない。
個人レッスンになると、大好きな「落葉松」を歌った。まだまだ慣れないので、歌うにつれテンポが早くなってしまう。不安が残っているか、せっかちなせいか?
まだまだ先は長い。
帰宅後は庭仕事に専念し、大いに汗をかいた。また腰を痛めてしまった。

本日も腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月15日(月)BTX11日
遅れる庭の雑草除去を気にしながら、明日の歌の勉強をした。何を思ったか、今年は先生が積極的に準備を進める。ピアニストを採用したり、会場探しに奔走したり極めて前向きである。我々もぼんやりしていられない。
懸念された腰は殆ど痛まず、これがヨガの威力かと驚かされた。

腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月14日(日)BTX10日
脊椎管狭窄症の痛みがある中で、ヨガに参加してきた。やっている最中に「痛い!」声を上げてしまった。自分なり限界を心得ていたつもりだが、まともには継続できずに「出来る所だけやる」気持ちで最後までやってみた。帰りは左足を引きずりながら帰宅することになった。

腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月13日(土)BTX9日
このブログでボトックスの総括シリーズがある。症状の成績を記事はじめから続けてきたが、昨年からもっと理解しやすいようにと評価点を新基準に切り替えてきた。
ところが、私に誤りでこんな事をすると昔と今の比較が出来ないことが判明した。それ以来、第51回と52回のデーターを在来規準に戻した。今日やっと非公開にしていた総括を公開しようと、記事を書き直していると本当は第50回目から直さないといけない事に気付いた。ガッカリして、中止と再延期する事に決めた。

先日の読書事件で眼が悪くなってそのまま続いている。幸い、ショボショボとドライアイ程度で何とか済んでいる。

眼の状態 0


8月12日(金)BTX1週
庭園野菜ではナス2個、キュウリ2本の収穫あり。先日、キュウリで長さ45cm、直径4.5cm、重さ750gが採れた。結構な楽しみになっている。
今、日航機墜落事故37年でニュースで毎年取り上げられるテーマである。乗客、乗務員の無念さは計り知れない。ただ私にとって釈然としない点が何時までも残る。
それは
1、事故の原因究明と責任の所在
そもそも尻もち事故の後に行った修理の方法とその責任の所在に疑問がある。
啓は米国も絡んでいるせか、報道記事ではどうしても曖昧さを残す。
2、航空自衛隊の働き
ニュースで日航機を2機がフォローして飛んでいることを報道していた。
その目的は何か?達成したのか?
この自衛隊機はかなり辛い対応任務として負わされていたのだろうと思ってい
る。
9.11ニューヨークの同時多発テロでも米戦闘機がハイジャックされた一機
を撃ち落としたとの大がかり「テレビ特集報道」を見た。
3、重要な生存者2名の証言
別航空会社のスチューワデスと女子中学生は自衛隊が救助するテレビ報道も記
憶している。スチュワーデスのインタビュー記事は覚えているが、女子中学生
の話は聞かない。本来もっと聴くべき事、明らかにすべき事があると思う。

ご遺族の方々には心からのご冥福を祈るばかりだが、もっと明らかにすべき点があると思っている。

眼は相変わらずショボショボとピントが合わなくなってきた。ドライアイの目薬では冷たさだけの効果しかない。本なんか読まなきゃ良かったと悔しさを感じる、でもこれも経験だ。もう大丈夫だと言う油断があった。一挙に25頁を読まず、徐々に増やせば良かったのだろう。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
満足とまでは言えないが症状は良くはなった。でも本を読んだ翌日からショボショボが酷くなって継続している。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。

今日からの記事は後日改めて、第53回ボトックス日記として発表します。


8月11日(木)BTX7日
本日も終日在宅。私の住む横須賀は三浦半島の付け根あたりになる。鷹取山がすぐそばで標高70m程度で山と言うか丘と言うか程々の場所で住み良い。世の中は熱暑とか酷暑とか或いはこれ以上の暑さの表現はないものか等々温暖化の問題を絡めて話題になっている。ところで、今朝7時頃は18℃、湿度67とかなりの涼しさだ。夕方になると28℃、湿度67%になったがそれでも熱いと言う程ではない。別荘地になりそうな贅沢な土地である。
夜には定例の小学生時代の友人達とZOOMクラス会を行った。今回は私が司会をして長さ1mはどうやって決めたのか?その規準の変遷と現在の精密測定原理と技術について話した。コチコチの技術屋の話なんか皆さん飽きてしまうかと思いきや、「面白かった」とか「こんな話が大好きだ、飽きない」とか意外な反応でビックリしてしまった。
因みに1m規準の始まりを紹介します。
単位統一は17世紀にヨーロッパで起こり、1世紀以上の議論を重ねた後、1791年にフランスがメートル(ギリシャ語で「測る」の意味)という単位を提唱し、基準となったのが、地球の北極から赤道までの子午線の距離で、それの1千万分の1を1メートルとしました。
今はかけ離れた高精度の規準が決められていますが、あまりに専門的なのだ省略します。・・・・そもそも私だって全て理解できていません。

眼はまだショボショボが続き辛い日々です。

眼の状態 0


8月10日(水)BTX6日
町内でも市内でも友人達に会えるチャンスが殆どなくなってしまった。止むを得ない、中高時代に友人に電話した。何でも良いから長っ話をした。彼は中学のときにバイオリンを弾き、高校以降は合唱で活躍していた。昔話も交えて、今の私の歌についていろいろ教えて貰うことができた。スマホが熱くなってアラームを出す位、長引いて中止した。これからは一人一人に電話して退屈を凌ごう。
身体を動かすために、庭の雑草除去でも汗を流した。

眼は今日も戻らず。ショボショボとドライアイだ。

眼の状態 0


8月9日(火)BTX5日
連日の整形外科リハビリに通っている。夏休み8日間もあるので、取り敢えずリハビリも夏休みになり不安と悪化させない心掛けが大事になった。通常は午後から歌の勉強会Bだが、コロナBA5の急激な感染拡大で今月は中止となった。(因みに私が通う合唱の会は三つある。A先生は準備体操と発生練習と初心者向けに丹念に教える。B先生は唱歌が多いけれど気楽に参加できる。C先生は男性で歌劇団を率いる。私には発声練習が物凄く助かる。また練習で一番気合いが入る会だ)B先生のご主人はピアノも弾ける医師だ。また親族一同立派なお医者様ばかり、従って感染症で一番休会にすることが一番多い。
自宅に戻り、やっと買っておいたエゴの木を植えてしまった。枯れたもみじの木の根っ子は残ったままで気になるが、腰が治るのを待っていられない、苦渋の決断である。世間からみれば政治家の苦渋の決断とレベルが違う。でも内閣の皆さんは何処を向いた苦渋の決断か?と気になる。党、内閣の総合扶助だけではないか?

困った、本当に眼が良くならない。ショボショボ、ドライアイ、左目の痛みが続いている。本を読んだのは大失敗だ、余計な事をしなければ良かった。

眼の状態 0


8月8日(月)BTX4日
今日も整形外科リハビリに行った。骨粗鬆症に使うカルシウム注射を先週より半分減らして行った。カルシュウムに私の身体が過剰反応するので対処したいわけだ。
昨日に続き除草と絨毯の敷き詰め作業を実施完了した。
新曲を含め4曲を自宅練習した。新曲は途中でテンポが変り悩まされるが工夫しながらやる事は結構面白い。

まだ読書後遺症は続いている。

眼の状態 0


8月7日(日)BTX3日
コロナの濃厚接触者になったり、脊椎管狭窄症であまり動けなくなった。ろくに声も出ない中で合唱の練習に参加してきた。新曲2曲で、殆ど歌えなかった、参加することに意義があったかもしれない。
庭の雑草駆除に苦闘するなか、食堂の絨毯入れ替えで出た古い絨毯を細く長く切って庭の通路に敷いてみた。案外に見た目も良くて、これで雑草を抑えられるなら大成功だ。

どうも読書後遺症は続いている。

眼の状態 0


8月6日(土)BTX2日
薄い白く光る巻雲や巻層雲が終日続いていた。近いうちに天候が崩れると言われるが果たしてどうだろう。地球温暖化で従来通りの予想から段々外れているように思える。腰が痛いのは日常生活を極端に消極化させる。今日は何をどうやるか、順番は等いろいろ考えるのだが行動が伴わない。私にとって今は眼の悪さより腰の悪さが強敵である。
昨日、読書の目に対する影響を明るい見通しで書いていた。どうもそう簡単に済みそうもない。兎に角ショボショボが強く悪化してしまった。日常生活に大きな影響はないが、いつも症状を気にするようになった。

眼の状態 0


8月5日(金)第53回BTX初日
午前中は整形外科リハビリに行き、午後はBTX注射に横浜へ出掛けた。リハビリの効果は徐々に出ているけれど、歩行中に毛躓いてまた悪化してしまった。左足を引きずり、明らかに身体障害者らしく見える。一歩踏み出す度に、痛むけれど久し振りの横浜を歩いた。JRの新しいビルが駅に隣接し、線路を越えて海や高層ビル、高速道路が一望出来る。屋上庭園からの展望を沢山写真に撮ってから、高層階の食堂街で冷麺と生ビールを楽しんだ。また新種のコロナ感染には不安も感じず過ごす事ができた。
BTX注射は50単位、14ヵ所、痛みもあまりなく順調に終わった。

眼の回復を感じていたが、悪化再発を恐れて印刷物を読まないできた。医院や電車のなかで文庫本を読んだら20ページになった。眼も大丈夫で、画期的な回復である。だからと言って眼は100点満点になってはいない。軽いショボツキや眩しさは健常者に較べたらかなり悪い。でもこの程度なら我慢出来る。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
満足とまでは言えないが症状は良くなり安定している、軽いフラフラ、ショボショボ感と瞼が閉じる症状が気になる程度。読書も文庫本を20ページ読めた。
〇ドライアイ:眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっていた。ショボショボ感は弱くなった。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。

第52回ボトックス日記 [2022年04月23日(Sat)]
第52回ボトックス日記

DSCN6120a.jpg

足立美術館の庭園

>


9月15日(木)BTX42日
腰の痛みも殆ど消えて、その分庭の雑草除去に熱中した。蚊が増えたので、周囲3か所に蚊取り線香を配置した。結果は大正解で作業も楽になった。
脊椎管狭窄症の治療は整形外科リハビリに頼ってきたが、どうもそれだけではなく自主的なリハビリも必要であると思い、実行してきた。勿論、医者が発行している「腰痛防止体操」があって実行して効果も実感している。それ以外に、長嶋一茂が紹介した体幹を鍛えるための姿勢維持も実行している。更に自分なりに「のけ反り姿勢維持」と「気を付けの姿勢を維持」を追加した。
「のけ反り」は腹ばいから両手を突っ張て上体を弓なり反って維持する。
「気を付け」は両ひざの間を目一杯くっつけるべく、姿勢維持する。
私は年齢の割に姿勢が良いと言われている、多分歌う時の姿勢やヨガの影響があるだろう。ただ、鏡の前に立つと「気を付けの姿勢」で両膝の間が年々拡がっているのに気付いた。それでこの姿勢を10数えてから緩めて8回繰り返す。
決して痛くならないようにする事は大変重要である。

眼の状態 0+


9月14日(水)BTX41日
友人からユニークなラテンクラシックのリサイタルチケッテの依頼があった。ブラジルで歌ってきた経緯もあってだろう。後援はBRASIL駐日ブラジル大使館とある。友人からの誘いで、私も習ったがレベルが高くてついて行けずやめてしまった。
でも、ジャンルの広いリサイタルを毎年楽しみ出掛けている。その中で日本の歌、「落葉松」と「霧と話した」は私の気に入った歌であり毎回歌っているのも原因だ。
参考に11月9日(水)、開場13:00、みなとみらい小ホール、
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2224464

茉莉和世先生リサイタル.pdf

眼の状態 0+


9月13日(火)BTX40日
歌の会に参加。ここは一番気楽で当日行って歌って来ればよい。先生は男性3人を気遣い褒めて頂ける。でも最長老は79歳で若く一番元気、2番目は85歳で矢鱈声が良く出る、3番目が私で82歳で先輩を立て控え目に歌ってすごしている。
帰りには薬局で蚊取り線香を買って、庭作業に備えた。

眼の状態 0+


9月12日(月)BTX39日
老人会のカラオケで集まった。マスク着用、食べ物禁止、飲み物は自分の分だけ持参とのお達し。古いカラオケの誤動作に悩まされながら、歌い続けた。声が出るようになったとの声で何とかやっている価値がある。
午後は自宅でお決まりの除草作業を続けた。

眼の状態 0+


9月11日(日)BTX38日
午後からヨガ教室に行った。毎回、不思議なくらい身体が気持良くなる。本来は月2回やりたいところだ。
帰りに透析のため入院することになった男を見舞った。全くの独身でいたが、腎臓が悪化してとうとう入院せざるを得ないのが実情。残る一軒家を引き取る者もいない。奥さんが居た頃の家財道具も含めた家は山の上にあり不自由。全く気の毒だ、結局は成年後見人を立てて全ての財産を他人に任せて最後の準備を覚悟していた。何ともやりきれない気持ちで別れたが、本人は落ち着いており日記をつけ、写真の本や盆栽の本を書いている。立派なものだ。

眼の状態 0+


9月10日(土)BTX37日
いつの様に整形リハビリへ行き、自宅の庭で奮闘した。玄関脇を中心に雑草除去と鉢植えの場所も移転した。一時的に周囲は何もなくなった。庭のレイアウトを変える事は思った以上に難工事である。
腰を傷めずに作業する要領も段々分かってきた。スポンジマットを敷いて膝を付けるか尻をどっかり降ろしてやるのが良い。そんなに簡単ではない。場合によっては四つ這い、片手で除草作業やスコップで掘り起こし作業となる。こんなこんなで結構な労働を強いられる。でも、動いていられるだけでも価値がある。

眼の状態 0+


9月9日(金)BTX5週
何時もの通り整形リハビリに行き帰宅してからは、庭の手入れで芝刈りを行った。二日間かけてやっただけの効果はあった。散髪後のサッパリ感が何とも言えず良い。

眼の状態 0+

この一週間の眼の除隊は安定していた。ショボショボの程度、原因不明(ドライアイにより物がボケて見える)のボンヤリ感が気になる程度。


9月8日(木)BTX35日
暫くぶりに床屋で散髪、シャンプー、顔剃りとフルコースをやって貰った。矢張り気持ち良い時間を過ごした。
珍しく体調を起こして下痢、ムカムカと嘔吐しそうになった。それなりの準備をしてから普段とは違う一階のソファで寝る事にした。こんな事は最近無かった事なので少々不安になった。原因不明。

眼はこの体調に影響しなかった。

眼の状態 0+


9月7日(水)BTX34日
この夏初めて芝刈りを行った。サボったから、場所によって10cm以上伸びていた。土を入れたり、肥料をまいたり、除草もしなければいけない・・・追い付かない。一方、キュウリ、ナス、トマトは今日までで終わりにした。次は大根の準備開始になる。整形リハビリはクリニックの休みで終日在宅となった。

在宅が良かったか、芝刈りが良かったか? 眼は回復した。

眼の状態 0+


9月6日(火)BTX33日
今日は日曜日とは違う女性の歌の先生の所で練習した。身内のコンサートながら、先生の指導は熱心になった。ピアノのどの位置に立つか、どっちに向かってお辞儀をするか、楽譜はどう持つか、ページのめくりを揃える等々だ。
実はマスクを忘れて出掛けてしまった。家の近くから乗るバスで困った。仕方がないから帽子を脱いで鼻口を覆って、恐縮していた。幸い咎める人もなく、電車の駅でマスクを買う事ができた。

理由は全く分からないが、瞼が力なく垂れて視界を遮る。全体にピントが合わない。

眼の状態 0


9月5日(月)BTX32日
今日もまた整形リハビリ通い。床屋によると月、火連休となっていた。店員が徐々に高齢化と1000円床屋の繁盛で減ってしまい、店員一人でやっている。聞くと全く休みなしで朝から夕方まで働いている。週休2日でやる事も大変な事だと思っていたら、病気がちとの話も聞こえてきた。このような話は案外沢山あるのだろう、身近にしらないだけだろう。

眼は元に戻った。

眼の状態 0


9月4日(日)BTX31日
不安を抱えながら、合唱の練習に行った。男性の先生は大雑把で、あまり細かいところを指摘しない。・・・尤も今の中だけかもしれない。コンサートが近ずくと替わってくる可能性はある。分からない事は全く遠慮せずに質問できる所は大変助かる。こんな訳で却って愉快な練習が出来て良かった。

精神的に動揺があるかもしれない。ショボショボと瞼が垂れ下がって見にくくなった。

眼の状態 0


9月3日(土)BTX30日
今日もまた整形外科でリハビリだった。それより、差し迫った合唱の練習が明日になってしまった。苦闘するが上手くはならない。兎に角今日はここまでと、区切りを付けて寝てしまった。どうなる事か?心中穏やかでない。
会員の女性からは、「坂本さん、高音部は綺麗ですけど低音部に入ると、声が揺れますね」としっかり指摘される。実際、自覚しているのだが。
寝るのが得意な私は、不安や問題があっても問題はない。どんなに頑張っても一時間起きている事はない。幸せと言うか、お目出度いのか、でも私が世間の荒波に耐えてこられたのはこの睡眠力によるものだろう。

眼の状態 0+


9月2日(金)BTX4週
時折、強風と豪雨が降り出す一日。整形リハビリには行かず、自宅で古い写真や額縁の整理を行った。意外にに大仕事で一日中かかってしまった。
私にとって難関になっている歌「For the beauty of the earth」を一人練習する。眼を凝らして楽譜を読み、玩具のキーボードを操作しながら涙ぐましい努力をするが、サッパリ効果が出ない。

この一周間、眼の状態は殆ど変わらない。週毎の詳細報告は省き、毎月の第一金曜日に一ヶ月分として報告します。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定している。以下この部分は省略して良さそうだ。次週から簡略化しよう。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。



9月1日(木)BTX28日
整形外科リハビリのついでに、アリの殺虫剤と庭の虫コロリ殺虫剤を買ってきた。大量に使い床下の白アリ駆除を毎年行っている。素人作業だが幸い成功している。

眼の状態 0+


8月31日(水)BTX27日
老人会発行の9月カレンダー配布を行った。私の担当はたった10軒だが、山の上で登り下りが多く、最近の腰痛が応える。運動不足も手伝って直ぐに疲れる。でも歩くチャンスがあると思えば、それ程気にならない。

眼の状態 0+


8月30日(火)BTX26日
学生時代の友人が病気を克服して元気になったと言う。横須賀から遠く2時間半かかり都内を抜けて埼玉県の飯能市に皆で集まった。入間川沿いの森の仲の高台にあるアラビア料理のレストランで何種類もビールがあった。料理はやや酸っぱい独特な味で中々味を楽しむことができた。我々のテーマは年と共に病気が多くなる、80歳になれば止むを得ない。兎に角皆無事に会えた良かった。

眼の状態 0+


8月29日(月)BTX25日
今日も雑草除去とリハビリ整形を実施した。合唱で難しい歌が始まって参っている。
小学校低学年がコンクールで歌う程度だそうだ。何度も転調するは、テンポが替わる、その上英語で・・・・不器用な私には地獄の苦しみだ。参考に子供達の歌を聞くといとも簡単そうに歌う。滑ったり、転んだり、けっつまずいたり心は傷だらけだ。10月にはコンサートの日が決まっている。先生はオペラ歌手だから,我々に童謡なんか歌わせたくないだろう。私なんかは「怪獣のバラード」とか「モルダウ」をやって欲しいが。

眼の状態 0+


8月28日(日)BTX24日
今朝もラジオ体操に協力参加した、これで今年の子供会行事は無事終了した。
今日も庭の雑草除去作業を頑張った、30cm程の高さの椿の植え替えが出来て一歩前進できた。
左腰の痛みは、蹴躓いたときにはウツと唸る位痛い。クソツと食いしばって我慢するが、これでまた回復が遅れるだろうと心配になる。

眼の状態 0+


8月27日(土)BTX23日
最近には珍しく6時半からラジオ体操に参加してきた。夏休みの町内子供会に行事に我々老人会が協力する形だ。腰が痛いのを我慢しながら参加したけれど、腰痛で身体が動かせない。痛々しいのは私だけではない、何やら頭の手術をしたらしく包帯でくるみネットを被せている。でも会話すればお互いにまだ元気だ。
今日も整形外科リハビリにゆく・・・早く治って呉れと願うが、簡単には行かない。
夕方は久し振りの夕焼けがあり、近くの公園に駆け付けた。ここは電線が邪魔されない貴重な撮影場所なのだ。撮りまくったものの、中々良い作品にならないのは何時もの事だ。

眼の状態 0+
眼の状態が安定しているので、毎日同じ事を書く気がしないので・・・


8月26日(金)BTX3週
家内と逗子葉山の銀行に出掛けた。コロナ不況とウクライナ不況で店員は慌ただしい。私のような高齢者の相手なんかやっているが時間の無駄?・・・まあ、私のひがみか妄想か。
帰りに気に入っているうどん屋に寄った。矢張り歯ごたえがあって良い。
追浜の街に戻ると、眼鏡屋で眼鏡フレームの修正をして貰った。いつも無料で修正、洗浄をやってくれる。ここでは、もう10年以上眼鏡を買っていないのに申し訳ない。
整形リハビリを毎日やっても、それ程効果がみられないので今日はやめた。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定している。以下この部分は省略して良さそうだ。次週から簡略化しよう。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。


8月25日(木)BTX21日
今日も整形外科リハビリに通っただけ。自宅でもあまり動かず。腰を傷めない事に注意する。

眼もほぼ良い。

眼の状態 0+


8月24日(水)BTX20日
朝方はちょっと雨が降って、その後は降りそうで降らず一時は日が出て青空もでた。10月16日には歌の発表会を行う事が決まった。比較的レベルが高い小学生が発表会で歌うと言われる「For the beauty of the earth」を歌うと言う。そもそも小学唱歌とカラオケで過ごした私にとって苦手極まる歌なのだ。幸いYOUTUBEがるので、低音部を聞かせてくれる奴を探して練習をしている。転調とリズムが4回も替わる、英語の発音も歌成りに難しい、私にとって難曲極まる。今更、止められないと藻掻きながら練習している。
庭仕事は捗らないが、それでも、本の少しでもやるのとやらないのとは精神的にも、実を上げるにも極めて重要になる事が分かる。

ロシアのウクライナ侵攻は許し難い。カビ臭い過去の大ロシア帝国を夢見て暴走するプーチンとそれを選挙で大統領にする国民の政治意識の低さに驚く。自由、個人の人権、安全を守るには自分の強い意志と泥棒除けになる鍵とご近所との連携協力が欠かせない。

眼はほゞほぼ良い状態で安定している。

眼の状態 0+


8月23日(火)BTX19日
整形外科リハビリの帰りに胃カメラを扱える内科医に寄った。6月の健康診断の際に、かかりつけ医からもう数年経ったので検査を勧められていたからだ。2時間待ちは承知で行き、待合室でソファに座り込んで居眠りしたがこのソファは出来が良い。私の脊椎管狭窄症に起因する坐骨神経痛も全く感じる事はなく、空調も良くて大いに助かる2時間の大休息が出来た。ところで、胃カメラは80際も越えてリスクもあるから良く考えて下さいとの見解であった。私からは健康診断で何も異状なく、毎日服用する薬も無しで済んでいるからと、止める旨のご返事をして終わった。
この帰り道に腰の痛みが消た事に大喜びした。勿論、慎重に回復に努めるが。

眼はまあ良いが、目ヤニが出る。鏡でよく見ると、BTX注射跡が変色している。
きっと傷跡を消毒もせずに放っておいたせいだろう。問題はないだろう。

眼の状態 0+


8月22日(月)BTX18日
今日もまた、整形外科リハッビリで治療するが効果は殆ど出て来ない。毎月曜日はカルシュウム注射も行っている。これもまた効果は見えない。注射の効果は数か月かかるとの事。我慢の毎日だ。リハッビリだけでは運動不足によって筋力の衰えで
回復は望め無いと思う。今日から腰痛防止体操を始めた。これをやらないと歩行時の姿勢が維持出来なくなり、ふらつきや転倒を起こしやすくなる。
話は代わるが、プリンターの青色インクが無くなって、パソンコンを起動する度に不足のメッセージを出す。帰りに隣の駅まで足を伸ばして買ってきた。
案外歩けるようになっていた。でも油断は禁物。

お蔭様、眼は程々良い。

眼の状態 0+


8月21日(日)BTX17日
歌の勉強会に出席。私がこのままだと発表会には間に合わないと心配するが、先生は平気なもんで「メロディーは単純で繰り返しているだけ、大丈夫ですよ」と鷹揚に構えている。
帰りにご無沙汰した先輩友人を訪ねてみた。心臓の手術で回復の時間がかかり、ほぼ終日在宅の様子で奥様は協会。その帰りを待って奥様の運転で近くのレストランに行き久し振りの乾杯(私だけ)と食事をした。10年ぶりだろうか、お互いに無事に敢えて楽しい時間になって良かった。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月20日(土)BTX16日
整形外科リハビリに通う。まだ左足を引きずって歩いている。このままでは、運動不足で体力が落ちて外出不能になりそうで心配になる。リハビリに頼らず自主的に腰痛防止体操を始めた。傷めないように、慎重にやっている。
明日の合唱のために、YOUTYUBEを聴いたり、楽譜を念入りに点検し、玩具のキーボードで音取りをしたり・・・・涙ぐましい努力ではあるが。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月19日(金)BTX2週
午前中は整形外科。午後は写真の勉強会。いろいろと意見交換が出来るので楽しく有意義になる。問題は会の存続が懸念される事だ。ここでも高齢化して主体的に行動出来るような会長となる人がいない。人材はいるが事情があって会長になれない。
このままだと、仲良く過ごせても発展性がない。老人会でも会長になる人がいないとシニアクラブとか名前を変えて細々と2,3人で続けることになる。寂しい話だ。

眼は変わらず。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定してきた。読書事件の後遺症はなくなった。洗顔時に石鹼水が眼に入り痛くなる。これはBTX注射の効果が出てきた証拠になる。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。


8月18日(木)BTX14日
午前中は雨が降ったが午後は止んで、以外に涼しlくなった。
やる事は整形外科へ行く事と雑草除去のみ。合唱の練習をやるが難しくなって、通して歌えない。これで文化祭に参加できるか心配になる。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月17日(水)BTX13日
一見秋の空のような青空になった。実際は湿度は70%もあるので、全く実感はない。庭の雑草を取り除いたり、レイアウトを変えたり、キュウリの蔓があまりにも生い茂ってナスの実が育たないので間引きしたりとやる事は尽きない。
小学校時代の友人がライングループを作ろうと誘いがあって、少人数で取り敢えず作業に取り掛かった。慣れないので手間がかかる。
冷蔵庫の下に水が垂れていたのを修理して貰ったら、排水チューブがゴミで詰まっていた。買ってから19年以上なっていた。まだまだ使えそうで助かる。

本を読んで一挙に悪化した眼は、元に戻った。これで続けば良しとする。

眼の状態 0+


8月16日(火)BTX12日
積極的になった先生の歌の勉強会に行って来た。会随一のメゾソプラノがコロナ感染のあと微熱が続きお休みしてしまった。普通の合唱会でも滅多にいない声量もあって、替わりがいない。止む得ずテナーの私が一人でメロディーを歌い、他の方達は低音部で練習したけれど、飛んでもなくバランスが悪い。まだ日があるからと、・・・先生は心配していない。
個人レッスンになると、大好きな「落葉松」を歌った。まだまだ慣れないので、歌うにつれテンポが早くなってしまう。不安が残っているか、せっかちなせいか?
まだまだ先は長い。
帰宅後は庭仕事に専念し、大いに汗をかいた。また腰を痛めてしまった。

本日も腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月15日(月)BTX11日
遅れる庭の雑草除去を気にしながら、明日の歌の勉強をした。何を思ったか、今年は先生が積極的に準備を進める。ピアニストを採用したり、会場探しに奔走したり極めて前向きである。我々もぼんやりしていられない。
懸念された腰は殆ど痛まず、これがヨガの威力かと驚かされた。

腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月14日(日)BTX10日
脊椎管狭窄症の痛みがある中で、ヨガに参加してきた。やっている最中に「痛い!」声を上げてしまった。自分なり限界を心得ていたつもりだが、まともには継続できずに「出来る所だけやる」気持ちで最後までやってみた。帰りは左足を引きずりながら帰宅することになった。

腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月13日(土)BTX9日
このブログでボトックスの総括シリーズがある。症状の成績を記事はじめから続けてきたが、昨年からもっと理解しやすいようにと評価点を新基準に切り替えてきた。
ところが、私に誤りでこんな事をすると昔と今の比較が出来ないことが判明した。それ以来、第51回と52回のデーターを在来規準に戻した。今日やっと非公開にしていた総括を公開しようと、記事を書き直していると本当は第50回目から直さないといけない事に気付いた。ガッカリして、中止と再延期する事に決めた。

先日の読書事件で眼が悪くなってそのまま続いている。幸い、ショボショボとドライアイ程度で何とか済んでいる。

眼の状態 0


8月12日(金)BTX1週
庭園野菜ではナス2個、キュウリ2本の収穫あり。先日、キュウリで長さ45cm、直径4.5cm、重さ750gが採れた。結構な楽しみになっている。
今、日航機墜落事故37年でニュースで毎年取り上げられるテーマである。乗客、乗務員の無念さは計り知れない。ただ私にとって釈然としない点が何時までも残る。
それは
1、事故の原因究明と責任の所在
そもそも尻もち事故の後に行った修理の方法とその責任の所在に疑問がある。
啓は米国も絡んでいるせか、報道記事ではどうしても曖昧さを残す。
2、航空自衛隊の働き
ニュースで日航機を2機がフォローして飛んでいることを報道していた。
その目的は何か?達成したのか?
この自衛隊機はかなり辛い対応任務として負わされていたのだろうと思ってい
る。
9.11ニューヨークの同時多発テロでも米戦闘機がハイジャックされた一機
を撃ち落としたとの大がかり「テレビ特集報道」を見た。
3、重要な生存者2名の証言
別航空会社のスチューワデスと女子中学生は自衛隊が救助するテレビ報道も記
憶している。スチュワーデスのインタビュー記事は覚えているが、女子中学生
の話は聞かない。本来もっと聴くべき事、明らかにすべき事があると思う。

ご遺族の方々には心からのご冥福を祈るばかりだが、もっと明らかにすべき点があると思っている。

眼は相変わらずショボショボとピントが合わなくなってきた。ドライアイの目薬では冷たさだけの効果しかない。本なんか読まなきゃ良かったと悔しさを感じる、でもこれも経験だ。もう大丈夫だと言う油断があった。一挙に25頁を読まず、徐々に増やせば良かったのだろう。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
満足とまでは言えないが症状は良くはなった。でも本を読んだ翌日からショボショボが酷くなって継続している。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。

今日からの記事は後日改めて、第53回ボトックス日記として発表します。


8月11日(木)BTX7日
本日も終日在宅。私の住む横須賀は三浦半島の付け根あたりになる。鷹取山がすぐそばで標高70m程度で山と言うか丘と言うか程々の場所で住み良い。世の中は熱暑とか酷暑とか或いはこれ以上の暑さの表現はないものか等々温暖化の問題を絡めて話題になっている。ところで、今朝7時頃は18℃、湿度67とかなりの涼しさだ。夕方になると28℃、湿度67%になったがそれでも熱いと言う程ではない。別荘地になりそうな贅沢な土地である。
夜には定例の小学生時代の友人達とZOOMクラス会を行った。今回は私が司会をして長さ1mはどうやって決めたのか?その規準の変遷と現在の精密測定原理と技術について話した。コチコチの技術屋の話なんか皆さん飽きてしまうかと思いきや、「面白かった」とか「こんな話が大好きだ、飽きない」とか意外な反応でビックリしてしまった。
因みに1m規準の始まりを紹介します。
単位統一は17世紀にヨーロッパで起こり、1世紀以上の議論を重ねた後、1791年にフランスがメートル(ギリシャ語で「測る」の意味)という単位を提唱し、基準となったのが、地球の北極から赤道までの子午線の距離で、それの1千万分の1を1メートルとしました。
今はかけ離れた高精度の規準が決められていますが、あまりに専門的なのだ省略します。・・・・そもそも私だって全て理解できていません。

眼はまだショボショボが続き辛い日々です。

眼の状態 0


8月10日(水)BTX6日
町内でも市内でも友人達に会えるチャンスが殆どなくなってしまった。止むを得ない、中高時代に友人に電話した。何でも良いから長っ話をした。彼は中学のときにバイオリンを弾き、高校以降は合唱で活躍していた。昔話も交えて、今の私の歌についていろいろ教えて貰うことができた。スマホが熱くなってアラームを出す位、長引いて中止した。これからは一人一人に電話して退屈を凌ごう。
身体を動かすために、庭の雑草除去でも汗を流した。

眼は今日も戻らず。ショボショボとドライアイだ。

眼の状態 0


8月9日(火)BTX5日
連日の整形外科リハビリに通っている。夏休み8日間もあるので、取り敢えずリハビリも夏休みになり不安と悪化させない心掛けが大事になった。通常は午後から歌の勉強会Bだが、コロナBA5の急激な感染拡大で今月は中止となった。(因みに私が通う合唱の会は三つある。A先生は準備体操と発生練習と初心者向けに丹念に教える。B先生は唱歌が多いけれど気楽に参加できる。C先生は男性で歌劇団を率いる。私には発声練習が物凄く助かる。また練習で一番気合いが入る会だ)B先生のご主人はピアノも弾ける医師だ。また親族一同立派なお医者様ばかり、従って感染症で一番休会にすることが一番多い。
自宅に戻り、やっと買っておいたエゴの木を植えてしまった。枯れたもみじの木の根っ子は残ったままで気になるが、腰が治るのを待っていられない、苦渋の決断である。世間からみれば政治家の苦渋の決断とレベルが違う。でも内閣の皆さんは何処を向いた苦渋の決断か?と気になる。党、内閣の総合扶助だけではないか?

困った、本当に眼が良くならない。ショボショボ、ドライアイ、左目の痛みが続いている。本を読んだのは大失敗だ、余計な事をしなければ良かった。

眼の状態 0


8月8日(月)BTX4日
今日も整形外科リハビリに行った。骨粗鬆症に使うカルシウム注射を先週より半分減らして行った。カルシュウムに私の身体が過剰反応するので対処したいわけだ。
昨日に続き除草と絨毯の敷き詰め作業を実施完了した。
新曲を含め4曲を自宅練習した。新曲は途中でテンポが変り悩まされるが工夫しながらやる事は結構面白い。

まだ読書後遺症は続いている。

眼の状態 0


8月7日(日)BTX3日
コロナの濃厚接触者になったり、脊椎管狭窄症であまり動けなくなった。ろくに声も出ない中で合唱の練習に参加してきた。新曲2曲で、殆ど歌えなかった、参加することに意義があったかもしれない。
庭の雑草駆除に苦闘するなか、食堂の絨毯入れ替えで出た古い絨毯を細く長く切って庭の通路に敷いてみた。案外に見た目も良くて、これで雑草を抑えられるなら大成功だ。

どうも読書後遺症は続いている。

眼の状態 0


8月6日(土)BTX2日
薄い白く光る巻雲や巻層雲が終日続いていた。近いうちに天候が崩れると言われるが果たしてどうだろう。地球温暖化で従来通りの予想から段々外れているように思える。腰が痛いのは日常生活を極端に消極化させる。今日は何をどうやるか、順番は等いろいろ考えるのだが行動が伴わない。私にとって今は眼の悪さより腰の悪さが強敵である。
昨日、読書の目に対する影響を明るい見通しで書いていた。どうもそう簡単に済みそうもない。兎に角ショボショボが強く悪化してしまった。日常生活に大きな影響はないが、いつも症状を気にするようになった。

眼の状態 0


8月5日(金)第53回BTX初日
午前中は整形外科リハビリに行き、午後はBTX注射に横浜へ出掛けた。リハビリの効果は徐々に出ているけれど、歩行中に毛躓いてまた悪化してしまった。左足を引きずり、明らかに身体障害者らしく見える。一歩踏み出す度に、痛むけれど久し振りの横浜を歩いた。JRの新しいビルが駅に隣接し、線路を越えて海や高層ビル、高速道路が一望出来る。屋上庭園からの展望を沢山写真に撮ってから、高層階の食堂街で冷麺と生ビールを楽しんだ。また新種のコロナ感染には不安も感じず過ごす事ができた。
BTX注射は50単位、14ヵ所、痛みもあまりなく順調に終わった。

眼の回復を感じていたが、悪化再発を恐れて印刷物を読まないできた。医院や電車のなかで文庫本を読んだら20ページになった。眼も大丈夫で、画期的な回復である。だからと言って眼は100点満点になってはいない。軽いショボツキや眩しさは健常者に較べたらかなり悪い。でもこの程度なら我慢出来る。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
満足とまでは言えないが症状は良くなり安定している、軽いフラフラ、ショボショボ感と瞼が閉じる症状が気になる程度。読書も文庫本を20ページ読めた。
〇ドライアイ:眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっていた。ショボショボ感は弱くなった。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。

今日からの記事は後日改めて、第53回ボトックス日記として発表します。


8月4日(木)BTX105日
今日も整形外科リハビリに行って来た。腰痛が悪化しないように、動かないように我慢の一日を過ごしている。
明日は第52回のBTX注射なので、先生にお見せする成績データーを整理した。
予想はしていたが、かなりの好成績で本当に久し振り且つ画期的だ。
私がボトックス総括シリーズで第50回から、成績表示を変えた結果誤りが生じてしまった。何とかこのブログの日記も含め記載した成績評価もやり直した。これで明日は先生に修正したデーターで報告出来る。

すっかり眼は落ち着いてしまった。まだ不満は残るが、今の程度なら日常生活に殆ど支障はない。

眼の状態 0+


8月3日(水)BTX104日
インターネットやパソンコンの契約は苦手だ。営業にとうとうと喋られると、もう何が何だか分からない。スマホ、電話、テレビなど契約更改するのはもう出来ない。もっと我々老人が簡単に理解し使える努力をして貰いたい。契約と請求の差の違いを見極めるために困ってまた、3回目の相談で消費生活センターに行って来た。
直ぐに、プロバイダーに電話して話しを代行してくれた。即結論に至らなかったけれど、話し合いの緒に就いた。

今日も眼はもう予定通りで、ほぼ良い状態。

眼の状態 0+


8月2日(火)BTX103日
午前中は歌の練習日だ。コロナのせいかどうか分からないが、二人休んでしまった。先生は張り切って発表会の準備を進めている。ただ我々生徒の上達はどう見ても進まない。私は2部で歌うのが特別に下手でパートナーに迷惑をかけまいと努力はしているが・・・・。
午後は整形外科リハビリでカルシュウム注射とリハビリを行った。少しずつ痛みは小さくなっているが時間が掛かって、焦ってしまう。

眼はもう予定通りで、ほぼ良い状態。

眼の状態 0+


8月1日(月)BTX102日
今月のお老人会は役員会以外全てお休み。その役員会も私が言い出しっぺのバーベキュウの打ち合わせに集中してしまった。横浜の海の公園の松林に会場があるので、これを利用することに決定した。参加15人、これも予想外に集まった。思わず「やったー!」と言ってしまったのは、老人会以外からの参加と「全て私達が、準備、調達、調理、焼くまでやります」との言葉であった。嬉しかった!なんだか私が飛び回る事になりそうと思っていたから・・

今週BTX注射するので、先生に成績報告をしようと思ってデーター記入とグラフ作成を行っている。成績の付け方を変更したら、新旧のデーター比較がおかしくなってしまった。し方がないので第50回、51回、52回、のやり直しやっている。その手数の掛る事に閉口している、・・・・でもやらなければ長年やってきた事が不意になる。今、世話になっている先生の評価も出鱈目になってしまう。

相変わらず眼は、ほぼ良い状態で安定している。このような状態が続くと、本来のの気持ちの良いスッキリと物が見えた所に戻る事は無いだろう。これで続けられるなら、昔の最悪の状態と比較すれば天国に戻った感がある。

眼の状態 0+


7月31日(日)BTX101日
もう3ヶ月毎のBTX注射時期は通り過ぎてしまった。中々出掛けるられるチャンスが出来ないから、一週間伸ばして来週の金曜日にしようと思う。熱さに負けて、気に入りのリクライニングチェアで過ごしてしまう。YOUTUBEで外国の音楽祭を聞いていると楽しい。欧米系の人達の音楽の心は矢張り日本人とは全く異なる。伝統的な音楽、宗教の背景かよくもこんなに人が集まるものかと驚いている。

眼はまあ良い。あまり変化がない。

眼の状態 0+


7月30日(土)BTX100日
今日も整形外科リハビリに行った。腰の負担を減らしながら、何としてでも庭の手入れをして新しく生き返らせた庭を作りたいと、レイアウトを考えなら雑草除去、鉢植えの入れ替え、野菜の手入れを行っている。思うように進まないが、少しでもやっておけば後悔しなくて済む。
このブログも貯めこんでいたが、やっと暦に追い付いた。安心してまたも貯めこんでしまうだろう。

眼はまあ良い。あまり変化がない。

眼の状態 0+


7月29(金)BTX14週
少しでも早く腰を直さないと庭作業が滞るので、連日のリハビリに通っている。今日は都内で親戚と鰻を食べた。贅沢なので何年も食べたことがない。お店の特徴なのかアッサリ味で美味しく、ついつい食べ過ぎてしまった。高齢者なのに良く食い、ビールも何杯も飲んだのでお店からお礼を言われてしまった。実はこの店は私が2歳位まで住んでいた所なのだ。たいした思いではないが、忘れられない御茶ノ水である。東京大空襲で焼き尽くされたが、この店は昭和28年にお店を復興させたとの事だ。立派!立派!

眼の症状は昨日と変わらず。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
満足とまでは言えないが症状は良くなり安定している、軽いフラフラ、ショボショボ感と瞼が閉じる症状が気になる程度。
〇ドライアイ:眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっていた。ショボショボ感は弱くなった。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:ときどき強く閉じるようになった。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



7月28(木)BTX98日
整形外科では私の副作用、症状についで話したところ、次回の注射では量を半分にしますとの返事だった。やりながら、様子を見るしか無いだろう。床屋も寄った。店員さんは一人で孤軍奮闘、一時間待っても出来ないのでgive up 。

眼の症状は昨日と変わらず。

眼の状態 0+


7月27(水)BTX97日
老人会のとして毎月の予定とゴミ出し日程を入れたカレンダーを配布している。担当者が入院して私にお鉢が回ってきた。何とか出来上がったので、役員達で配り回るだ。私も10数軒程回るがこの土地は上下の起伏が激しいので、腰に響く。多少我慢して症状を悪化させないように気を付けてやれば、多少の運動になると自分に言い聞かせて続けるつもりだ。まあ、随分けつまずくようになった。つま先が上がらず、地面を擦りながら歩くから当然で、転倒しないように気を付ける。右足がけつまずくと左足で持ちこたえるが、その瞬間にズキッと左腰に痛みが走る。
もう一つ仕事がある。毎月一回、お一人様を担当してコミュニケーションを切らさない事。それで男性を訪問したら、何故か話が発展して一時間半も長話をしてしまった。奥様達を笑えない。

眼の症状は昨日と変わらず。

眼の状態 0+


7月26(火)BTX96日
先生の診察を受けた。結局、カルニシトニン注射(通常カルシウム注射と言われる)を週一回行うことになった。他のリハビリはベッドでマッサージ、温める、背骨を伸ばすのは従来通り継続した。
帰りの買い物中に顔がほてり、軽く熱が上がった。自宅で測ると体温は35.8℃で何も問題無かった。夕方になると身体のアチコチが痒くなったが、これも一時間程度終わった。一週間毎とは言いながら、このような薬を注射継続して大丈夫だろうか?継続すれば内臓に負担を掛けるから、やりたくない。従来の物理療法に留めたたいのだが。また明日、相談してみよう。

眼の症状は少しドライアイとショボショボ程度済んでいる。

眼の状態 0+


7月25日(月)BTX95日
久し振りに追浜の街に出て、整形外科リハビリを行った。左足全体に鈍痛が続いて効果はない。
明日は先生に相談しよう。帰りは喫茶店で一休みしたり、スーパーで買い物をした後、駅から自宅までバスで戻った。いつもは山道を下り登りしてきた習慣を替えざるを得ない。

眼は殆ど気になる症状はない。

眼の状態 0+


7月24日(日)BTX94日
世界陸上は終わった。日本の選手も良く戦った。100m×4の4位は惜しかった。これから好成績を残し続ける実力がついた。世界で好成績を上げる為には、人種に拘らない事も重要になる。陸上競技だけではない。私の日常生活でも同じだ。
コロナBA5感染拡大は大変な勢いだ、その中で陽性になり休んでいた息子も、正常生活に戻り、私と女房ともに一周間問題なく過ごせた。自宅で行った抗原検査も正常だ。明日から家中の隔離生活に戻れる。

眼は殆ど気になる症状はない。

眼の状態 0+



7月23日(土)BTX93日
朝、夕は26℃程度だが日中は晴れてあつくなった。老人会のカレンダー担当者が緊急入院で、私がピンチヒヒッター私に作成することになった。5年振りにパソコンを使うので手間取ってしまう、何とか原稿を作って会長さんに届ける事が出来た。
腰を傷めてるので、あまり動けないから女房に付き合い世界陸上のテレビ観戦とYOUTUBEで音楽、歌にドップリ使って過ごしている。

眼は本日も良い。

眼の状態 0+


7月22日(金)BTX13週
横須賀市のコロナBA5の感染は激しい。7月1日で56件、7月22日4で403件と7.2倍。どうなることやら。ただ、周辺の雰囲気はあまり危機感を感じられずにいる。
歌は益々YOUTUBEにのめり込んでいる。一日6時間位聞いている。

今回のボトックスは91日目になった。本来なら第53回のボトックスをする時期だが、延期は止むを得ない。

眼は何とか良い状態で推移している。悪化せずに助かる。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
症状は良くなり、ショボショボ感と瞼が閉じる症状が気になる程度。
〇ドライアイ:眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっていた。ショボショボ感は弱くなった。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:ときどき強く閉じるようになった。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。


7月21日(木)BTX90日
冷凍食品のスパゲッティを解凍していたら大失敗した。販売している包装を剝がさないでチンしてしまった。取り出すと包装が熱でクシャクシャになっていた。でも内部は冷たいままだから、包装をハサミで切っていたら指が触ってアツチツチと大やけどになった。対処方法は知っていたので、すぐさま氷水に指を漬けて我慢をしていると不思議にスーッと痛みが消えてしまった。全く火傷の後は何も残らず。
こんな失敗をするのは矢張りかなりのボケに入っている事を認識させられた。
今日もYOUTUBEで歌を聞いていたら、凄く綺麗な声で全く力みのない素直な歌声がすっかり気に入って次から次へと聴き続けた。女房に訊いたら、NHKの歌のお姉さんをしていた「あいだしょうこ」さんとのこと。私のことだから、当分聴き続ける事だろう。

眼は何とか良い状態で推移している。

眼の状態 0+


7月20日(水)BTX89日
YOUTUBEで歌を聞き出したら止まらなくなった。私は余程の歌好きなんだろう。YOUTUBEでは次から次へと飽きることなく歌が、歌手がでてくる。午後と夜と合計5時間以上聴き続けている。

今日も、眼は何とか良い状態で推移している。悪化せずに助かる。

眼の状態 0+


7月19日(火)BTX88日
気温は26℃前後で曇りから雨に変った。今日もテレビ観戦と居眠りで過ごした。世界陸上競技が米国オレゴン州でやっている。運動等全くやらない女房殿は終日これを見ている。見るスポーツの典型的なファンだ。ときどき見るが、一番好きな種目は短距離で100mだ。選手の走る姿が素晴らしい、無駄のない洗練された動きと身体だ。モデルとして最高の域に達していると思っている。

眼は何とか良い状態で推移している。悪化せずに助かる。

眼の状態 0+


7月18日(月)BTX87日
退屈な一日をテレビで過ごした。腰を傷めた事は本当に不覚をとった。体力的に目一杯の作業をしていてはいけない、分かっていてやってしまった。

眼が何とか良い状態で助かる。

眼の状態 0+


7月17日(日)BTX86日
先の見えないなか、どうやって毎日を過ごすか考えていた。結局、テレビの前でミステリー番組とニュースを見ていた。このままでは拙いなと運動がてら庭に出て、苦戦中の紅葉の根っ子を掘り出していた。気を付けていたがまた腰を痛めてしまった。濃厚接触者の身だから整形外科に行けない。思うように動けないから、尚更テレビに噛り付くことになった。

こんな中で、不思議にも眼は若干良くなった。

眼の状態 0+


本日は7月27日(水)16時です。先ず、家族全員無事にコロナから逃れました。これから遡ってブログを書き足して行きます。

7月16日(土)BTX85日
昨夜サラーリーマンの息子がコロナBA5に感染したことが分かった。厚労省が発信している2m範囲内で20分(ちょっと私の記憶でハッキリしない)以上登録された陽性者に居たことがしらされていたが、夜になって37.5℃に発熱した。今日は病院で陽性が確認された。本人は解熱剤を飲んで自宅治療となった。家内は4回目のワクチン接種がまだ、私は終わって一周間経っている。幸い何も症状はない。でも4、5日後に陽性検査で問題無しと確認までは自宅にいなければならない。
幸い1、2階があるので、生活範囲をハッキリ分ける事が出来ているのでコロナ対応は楽である。エアコンを殆ど使わないので、沢山ある扇風機を動員して、24時間換気体制を敷いている。何とか乗り切れそうだ。

雨がちで室内にいるとパソンコン作業、写真編集、歌を聞いて過ごすことになる。
youtubeで音楽を聞いていると、あっという間に時間が過ぎて済んでしまう。

こんな事でストレスの多い一日で、確実に眼はドライアイ、ショボショボ、瞼が時折強くなった。ボックス効果切れが段々ハッキリしてきた。

眼の状態 0


7月15日(金)BTX12週
老人会のワンコイン茶話会。お弁当とお菓子はでるが自宅で食べて下さい。ペットの飲み物は提供してくれる。何しろ会員の平均年齢はほぼ、日本の平均寿命と同じ位だから全員で懐メロを歌うだけの1時間でしかない。それでも、皆さんが顔を合わせ喋れるのが嬉しいようで、笑顔で帰って行けるのは良い。
眼は矢張り徐々に悪くなってきた。ショボショボだけでなく、閉じる力も感じ始めた。

眼は明らかに下降線を辿っている。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
ショボショボ感と瞼が閉じる症状が強くなっている。
〇ドライアイ:眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっていた。ショボショボ感がハッキリ感じるようになった。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:ときどき強く閉じるようになった。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。

7月14日(木)BTX84日
フライングディスクの練習日に参加した。最近は忙しくなって月2回なので、皆さんと顔を合わせるのが久し振りの感じる。私のスコアーは全く伸びない。皆さんはフォームが綺麗なに何でと。気配りの評価を貰っている。自分自身では腕、肩に余計な力が入るのが原因と分かっているけれど・・・・これが出来ない。
来週は皆でバーベキューをやろうと意見が一致していた。でも、横須賀市はコロナBA5が凄い勢いで感染拡大している。大丈夫かな?もっとも、このてのお店は換気が非常に良いから、却って安全かもしれない。

眼は矢張り徐々に悪くなってきた。ショボショボだけでなく、閉じる力も感じ始めた。

目の状態 0


7月13日(水)BTX83日
終日雨と曇り。殆ど外出もせず、ときどき庭作業を行った。
ところで、ロシアのプーチン大統領の顔がウクライナ侵略を始めた頃に較べて顔が風船のように丸く膨らんでしまった。彼の持病の症状か、或いは治療薬の継続投与に起因するのかは分からない。彼の大ロシア、プーチン皇帝を目指す妄想にウクライナや世界中に惨劇を引き起こしているのは許し難い。ロシア国民には気の毒だが、これからは長い期間世界の最貧国となりプライドだけになるだろう。困るのは北朝鮮のように武力で脅かす反社会集団になる事だ。

眼はショボツキが徐々に頻繁になってきた。

眼の状態 0


7月12日(火)BTX82日
今日も雑草除去に専念した。残酷に通り過ぎる季節は私の処理能力を越えている。最近ウクライナにおける闘いは熾烈であり、私達はロシアに対する不安と恐怖でかなりの動揺を受けている。それでも今回の参議院選挙挙投票率52.05%、とお寒い限りだ。前向きに生きる心を失ったように見える国民に将来の希望はあるのだろうか。・・・・どうせ変らないと考えて、自分の将来を開けるとは思えない。高齢化し気力を失った国は、野望を露骨に見せる国家にとって涎の垂れるような餌食だ。私は戦中生まれで、東京は爆撃機B29による絨毯爆撃で根こそぎ焼き尽くされた。遺体数10万人以上、負傷者15万人、罹災者300万人、罹災住宅70万個。他の都市も爆撃を受けている。戦争が始まったら終わりで理不尽が堂々とまかり通る。防ぎようがない。日本は島国で輸入に倒らざるを得ない、資源のない国は一旦戦争が始まれば生き延びることは出来ない。したたかな外交で戦争にならずに済ませる事が極めて大切だ。森友、家計、桜を見る会などお友達政治をやりながら、某宗教団体にビデオメッセージを送っていて我々国民の為の政治は出来るのか疑う。こんなレベルの低い話は政治談議にもならない。

ブツブツと文句を言いながらも、眼は持ちこたえていいる。ショボショボが目立ち始め、瞼をギューツと閉じることもある。ソロソロ、眼の状態が0になりそうだ。

眼の状態 0+


7月11日(月)BTX81日
老人会のカラオケを実施した。長い間コロナ休会があったので、どうなるかとおもっら8人全員が継続するとの意志表明を頂けた。これではやるしかない。
実態はおばあちゃまのお喋り7割、下手な歌3割が実態だ。でも大きな声でトンチンカンな会話で笑いが続くなら皆の健康にも有意義ありと考え続けて行こうと思う。
雑草も野菜も樹木も真っ盛りだ。私一人で孤軍奮闘の毎日が続いている。

眼はほぼ順調。

眼の状態 0+


7月10日(日)BTX80日
月一の視覚障害者向けヨガに参加した。矢張り、体力的にきつくなっていろいろなポーズが取れなくなっている。無理すれば転ぶか身体を傷めるかで気を付けるようになってしまった。でも、ヨガの意義を感じることになっている。

眼はほぼ順調。

眼の状態 0+



7月9日(土)BTX79日
相変わらず樹木の選定と雑草除去に集中した。その中、実家周辺で自宅を分譲下した方が居て、境界確認のため測量結果の報告に会社の方が報告にきた。それは兎も角、今回の測量は遥か昔と変わらない事が確認された。いろいろ話を聞くと、40年以上前の測量では数センチとか10cm位ずれるのは珍しくないとの事だ。今の我が家はどうだろう?確認しなければ。

眼はほぼ順調。

眼の状態 0+


7月8日(金)BTX11週
定例の写真の勉強会に参加した。この会は綺麗な花やそれにつく虫の写真を撮る人達の会だが、全国のアマプロのコンテストでも銀賞を得た人がいたり独自の写真で活躍方がいる。私のような毛色の変った写真も受け入れて貰えるので入会した。ただ、ここでも高齢化と会員減少があり運営がなかなか難しい。発表はスライドにしたのでプリントが要らなくなり、インク代が不要になって助かっている。ただたまにプリントすると綺麗な写真がでるまでに手数がかかる。
帰りに写友の男が病気なので山中の自宅で不自由な生活をしているのが心配で訪ねてみた。一ヶ月前よりは大部顔色も良くなって一安心した。

眼はほぼ順調。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は全て0+なった。多少は疲れでムラがあるが、下の各項に変化はない。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



7月7日(木)BTX77日
第4回目のワクチン接種を行った。3度目のファイザー社製だ。今回は自宅近くの総合病院なので手間もかからずに助かった。最近の造園作業で脊椎管狭窄症がまた痛み出しているので、整形外科クリニックで背骨を引っ張て来た。単純な治療法だが効果はある。
夕食後になると中高時代の友人達とラインでミーティングした。他愛話ばかりだが
一人が入院手術で欠席と心配になる。元気に三浦半島まで飲みにきたのに・・・・。

眼はほぼ順調。

眼の状態 0+


7月6日(水)BTX76日
昨日はそんなに飲んでいないのに疲れが残った。午前中は雨も降って自宅に籠り疲れを取り戻す事に専念した。体力を戻すのも仕事の内だ。
午後になるとジッとしいていられない。買ってきたエゴの木が未だ借り植えになっている。植えたくても、枯れた紅葉の太い根っ子が邪魔をして植えられない。こいつを取り除くのに悪戦苦闘しているし焦りもある。電動ノコ、電動ドリル、ノミ、楔、手ノコ等々いろいろな工具を使うが捗らない。今日もあまり進まない。

苦戦するなか、眼は幸い頑張っている。

眼の状態 0+


7月5日(火)BTX75日
歌の練習日で今日は女性の先生で、昨年と違いコンサートの企画を積極的に進めている。先生の姿勢が前向きになると、皆が積極的になる。昨年とは大違いだ。コロナ禍の影響を感じている。
午後は「ほろ酔いクラブ」の夏季開催を目指して一杯飲みながら相談した。男女2名の新人も参加とあって、気分の良いひと時を過ごした。

眼は良好状態を保っている。

眼の状態 0+


7月4日(月)BTX74日
朝の天候が悪いので、公園清掃は延期となり老人会の役員会のみとなった。私がバーベキュウ―開催を提案したら、案の定私が担当する事になった。高齢化しているので人材不足だ。元気の良い女性副会長はご主人の体調不良で忙しく今回は期待することは出来ない。

眼は良好状態を保っている。

眼の状態 0+


7月3日(日)BTX73日
歌の練習に参加した。男性の先生で明解な指導があって、私は一番やり易いグループである。会の中に新コロナ感染症の人がでている。保健所から私達は濃厚接触者でないことを明解にして続けていられる。当人は問題ないが、周囲への気遣いで休んでいる。気の毒な話だ。

眼は良好状態を保っている。

眼の状態 0+


7月2日(土)BTX72日
親戚の納骨式に都内のお寺に行ってきた。昔とは違ってお経が短い。それだけではない、経文が違う。住職が新作してしまい途中には演歌風な歌さえでてくる。最近は簡略化するなかで、一挙に通夜、諸七日、告別式、49日、納骨式のお経をまとめてしまった。住職は最後にこのような式が大切であることを解説してくれた。家族葬に移って行き寺の存続の危機感を教えて貰った。大道芸もやっている住職の苦労も理解できる。
式後は親戚一同揃って食事をして解散になったけれど、このような機会もこれからは極端にへるだろう。何しろ、皆親のお墓参りに全く行かなくなっているからだ。頑なに続けているのは我が家だけだ。

眼は良好状態を保っている。

眼の状態 0+


7月1日(金)BTX10週
整形外科で背骨を引っ張ってきただけで、家で雑草除去と水遣りで過ごした。横須賀は海に近いので、日中の気温は都内と違って低めになる。かなり過ごしやすいのは助かっている。夕方以降は涼しい風が吹くことが多い。住みやすい所だ。

眼は良好状態を保っている。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
またこの一週間の眼は全て0+なった。このまま安定すれば良いのだが。下の各項に変化はない。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。


6月30日(木)BTX70日
健康診断の結果を訊きに行った。間質性肺炎の懸念もあって、緊張感を持って臨んだが幸い問題なかった。従って治療は不要で日常飲む薬も無かった。非常に嬉しい、この上ない結果だ。好きな歌、写真、造園を全力で楽しもうと意気盛んである。
途中から家内と合流しJCOM店で器機返還し、DIY店で大型ノミを買った。このノミは自宅の木の根を切り離す為である。
二人でカンカン照りの道を辿り、ふと目についた蕎麦屋に入るとこれが美味しかった。ついついビールも2杯飲んでしまった。なお、今日も10600歩になった。ただ、これは歩き過ぎだ。脊椎管狭窄症を悪化させる。

眼はそれなりに順調である。

眼に状態 0+



6月29日(水)BTX69日
春に三浦海岸の河津桜見物の帰り道で見た、大木がどうなっているか気になっていた。巨大な2本の木が無残に枝を切り払われていて、このままでは枯れてしまうだろうと思った。新緑と梅雨を経てどうなったか見に行くことにした。強い日差しのなか、木陰を辿り水を飲みながら丘の頂上付近に出ると2本の巨木は生き延びていた。一本巨木は脇に伸びた枝に葉がでているけれど、今後はどうなるかなと懸念された。もう一本はかなり葉が茂り元気を取り戻していた。どちらも切り落とされた木の幹には朽ちた枝や洞が残っている。この推移を写真に残そうと今後も訪れるつもりだ。帰りは緑濃くなった桜並木の木陰トンネルを下り三浦海岸駅に戻り喫茶店で十分休息してから帰宅に向かった。
今日も失敗をした。JCOM店に不要な器機を返還するのに寄ったらお休みになっていた。

酷暑の中での散歩で9300歩を歩けた。眼の症状で立ち止まることな歩く無事。

眼の状態 0+


6月28日(火)BTX68日
日中の蒸し暑さから夕方になると、29℃湿度30%になり涼しい位になった。
空には薄い巻層雲が出て快適に天候と気象条件に替わった。
午後は上品な女性の先生による歌の会に参加した。長い休みから再開で11人集まって先生は上機嫌で積極的、発表会をしましょうと極めて頼もしい。私の希望曲「落葉松」を取り上げて詳しく解説する程になった。良い雰囲気の再開スタートが切れた。因みにこの先生の衣装はカラフルで薄い黄色、青、ピンクそれに赤い帽子。イタリア風のイメージかな? 何しろ良くっ目立つ。

気持ち良く過ごせた一日になり、眼も程々に良い。

眼の状態 0+



6月27日(月)BTX67日
晴天で蒸し暑い日になった。午前中は老人会のカラオケで6人集まった。私は皆元気に集まって頂ければそれで十分と思っていた。ところが皆さん歌いましょうよと、意外な反応に驚き慌ててカラオケを歌いだした。2年間も使わなかったマイクの一部機能が壊れてしまい選曲がままならず困ったが、皆さんそんな事は気遣いなくドンドン歌って頂けた。
まだカラオケ人気は継続しているようで、私は未だ止められそうもない。

眼はほぼ良い状態を継続している。

目の状態 0+


6月26日(日)BTX66日
歌の先生が率いる門下生のコンサートを聴きに行って来た。私達はとてもそんなレベルではないから、応援しに行くだけだ。もっとも縁あって門下生の一人が私達の練習を支える形で来ているのだ。皆さんんアマチュアだと思うが、一人20分を数曲歌う実力は凄い。その努力と情熱は何処からくるのか・・・とても及ばない。良いもんだ。
我々応援団の男性二人で帰りにお近づきの一杯をした。横浜のJR駅に接して近代的な楽しさ溢れるビルに入り飲み場所を探したが見当たらない。
案内係の若い男性に訪ねると、お調べしますとスマホや電話で探している。われわれのような高齢者向けの場所ではないようだ。周囲を見渡しても30代以下の若者ばかり。彼らはビールや酒は飲まないのか、何を飲んでいるのか。
仕方がない、昔の飲食地下街へ行きビールを飲みながら自己紹介しお互いを知り合い楽しいい時間を過ごす事ができた。

晴天で風も心地よく過ごせた。もっとも音楽会場は寒い位だったが。
快適な気分の一日で、目も良かった。

目の状態 0+


6月25日(土)BTX65日
昨日当たりから蒸し暑さを感じるようになった。造園作業は要注意だ。休む事、水補給が重要だ。畑や他の植物の水分補給も重要になる。一生懸命やるが捗らない・・・・焦るな焦るな!
JCOMのテレビ契約で良くなった事、youtubeが見られるようになった。これは嬉しいい、歌を3時間も聴き続けた。いろんなジャンルが自由に沢山聴ける。これに熱中しそうだ。
世の中には何でこんなに良い曲が沢山あるのだろう。今まで聴こうともしなかった人達がいる・・・知らないだけだったのだ。改めて見直し感動する事ができた。

眼は今日もほぼほぼ良い。

眼の状態 0+


6月24日(金)BTX9週
女房と市の中央に出掛けた。銀行は私の年齢から、色々と準備をなさるようにと心配してくれる。まあ、有難いが貴重なプライバシーをさらけ出す事になる。やりたくないな!矢張り自分でやるしかない。もう計画性を持ってやらなきゃ。面白くない作業だ。
自宅に戻って、JCOMに契約更改に伴う作業に立ち会った。要りもしない録画用ハードディスクの撤去だ。自分で出来ると思ったら配線が間違えたらしくテレビが全く見えなくなってしまい来て貰った。分かれば他愛ない間違いでも、高齢の目には細かいところが分からない。無償工事で助かった。

眼は今日もほぼほぼ良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は全て0+なった。素晴らしい。文章も少し継続して読めるようになった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



6月23日(木)BTX63日
コロナ禍中は色々な行事が少ないので、フライイングディスクを毎週行っていた。それでも足りなくて合唱サークルを追加した位だ。
幸い解禁状態になって忙しくなり過ぎた気がすする。今はフライイングディスクを月2回に減らしている。なかなか上達しないが、一ゲーム当たり10枚ディスクを4ゲーム目標に飛ばすけれど、あっちこっちと飛んで行ってしまうから回収するのが大変。皆さん立った足り、しゃがんだりとかなりの運動になる。・・・・これが中々良い。

眼は今日もほぼほぼ良い。

眼の状態 0+



6月22日(水)BTX62日
とうとう還暦に足すこと、22年になった。手術もあったが、順調で問題なく楽しく歓びをもって多くの方に付き合っていただいております。懸念はあるにしても、楽しさが上回っています。感謝!感謝であります。
女房と隣駅にある和食のお店で乾杯と食事をした。二人で面白い体験をした。このお店は前にも行っているが、予約すると何故か少し拙くなる。飛び込みで入ると美味しい。お店に聞く事も出来ず。結局、予約すると作り置きするせいだろうと結論付けた。

眼はほぼ順調だ。

眼の状態 0+


6月21日(火)BTX61日
また歌の練習に行った。日曜日とは別の先生だ。11月には内輪のコンサートができそうで、会場や曲の選定が始まった。昨年はピアニストが居なくて、落葉松が歌えなかったのが心残りだったけれど、今年はお願いして歌えるとの事だ。これは嬉しいい。
天候が悪くサッサと帰ったものの、雨で造園業はできず居眠りで過ごした。

眼はまだOK。

眼の状態 0+


6月20日(月)BTX60日
朝から老人会のボランティア公園清掃だ。高齢化と会員減少で広い公園をやりきれない。落ち葉と雑草処分で精一杯の所なのに、樹木の茂みは鬱蒼として笹ツ葉一杯、竹の子ドンドン出て来て伸びだす。とてもやり切れるものではない。自治会は市からでる老人会の予算を一部を当然の権利のように取り上げる。しかもなにも協力しない・・・・怪しからん話だ。
午後は女房と銀行に行き、僅かな貯蓄の目減りの説明を受けたが納得でkない。円安、ウクライナ情勢・・・きっとそのうち戻りますなんて説明されても全く信用出来ない。ロシア大統領プーチンと同じで信用が出来ない。
こんな白々しい説明をしている店員なり銀行員もどうせ自分の行ったことなど信じていない。彼等も同じ目にあっているに決まっている・・・・?
帰りは女房とうどんを食って生ビールを飲んで帰った。

色々あるが、眼がまだ助かっているから良い。

眼の状態 0+


6月19日(日)BTX59日
コロナ濃厚接触者が歌う会に発生した。幸い我々の会員の原因ではない事が保健所の調べで分かり一安心。ただ、本日は希望者のみの予定外練習となった。先生は女性を中心に発生練習を一人一人に教えた。合唱で声が弱弱しいいのが気になっていたのだろう。成り行きで男性にも回ってきた。
ハミングでムー、続けて口を開けミーアーを繰り返す。これで音程を上げて行く。なかなかのエネルギーを要する。私は上のファ#まで出来た。
高齢男性なので、皆からオーツと声があがった。
声の出し方には、いつも工夫がい必要で、慣れない曲では「この音を何処から出そうか」と考えるのは何時もの事だ。この点も先生はその点を指摘して、「そのやり方で良いんです」と行ってくれた。
最後にサンタルチアを一人一人歌わせた。良いチャンスと目一杯声をあげて歌うことができた。ここでまた先生が「歌は自分の歌だと思って、思うように歌えばいいんです」とコメントした。
先生に応援された気がして、すっかり嬉しくなってしまった。

今日はご機嫌でした。眼は大丈夫。

眼の状態 0+


6月18日(土)BTX58日
準備体操をシッカリやって、枇杷の木とグミの木の大剪定をやった。地上4mも伸びてしまい、風通しが悪く木陰も大きくなっていた。バッサ、バッサと大胆に切り落としていると、落ちた枝が山のように摘みあがってしまった。まだ残った竹の子も見えてきてこれも駆除した。これだけで体力は落ちてしまい終了とした。
明日の歌の練習も先生の指導が面白くて、練習も気合いが入った。同じ曲でもいつも同じ所を間違える。楽譜を何度も読み直して覚えるが、時間が経つとまた間違える。困ったものだ。いつも練習後はYOUTUBEで歌を効きだすと止まらなくなってしまう。何でこんなに良い曲が沢山あるのだろうと思いながら、深夜になってしまう。

疲れがあるが、眼は大丈夫。

眼の状態 0+


6月17日B(金)BTX8週
老人会の出席率が高く、コロナ禍で外出もままならなかったので喜びに溢れていた。飲食なし、消毒、マスク着用でも久し振りの対話で賑わった。表情も明るくなった・・・・こんな程度のイベントでも人の心が豊かになるなんて素晴らしい。
ところで、私の挨拶は「何の取柄もないが、歯は一本も抜いていない、毎日服用する薬はない。毎日5000歩なら続けられる、10000歩なら一週間毎で歩ける。最長不倒距離は自宅から衣笠まで4〜5万以上歩いた」と話、結構インパクトを与えることが出来た。

眼はほぼほぼ良い。症状を殆ど忘れていられる。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は2回を除き0+なった。天候に引きずられたり、忙しときショボショボが強くなるくらいだ。生活上の違和感や危険は殆どなかった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。


6月16日B(木)BTX56日
終日曇り。先ず1100円床屋で散髪と首耳の後ろを沿ってくれる。
実際、私は丸坊主だからこれで十分過ぎる。このお店は3人とお手伝いで運営され庶民的で良かったけれど、コロナ禍と高齢化で中年の女性一人が運営している。朝10時頃から夕方4時位まで、引っ切り無しで働いている。目まぐるしいまで動き、一方洗練され無駄なさ動作が全くない。一週間で2〜3日休みになったのは頷ける。こんな姿を見ていると、日本経済低調さが、我々庶民を追い詰めて行く姿を思い知らされる。健康をそこねれば一挙に貧困に追い込まれる。日本経済がピークの時は国民全体が中流意識と言われたが、それは本の僅かな間に過ぎなかった。参議院選挙が迫ってきた。またも投票率の低さが気になる。国民が政治に関心を持たずに良い生活などある訳が無い。
明日の老人会の誕生会で私も一言お礼の挨拶をしなけりゃ「ならない。どうしようか・・・・

幸い眼が復帰した。

眼の状態 0+


6月15日(水)BTX55日
またもや雨。梅雨入りだから仕方がない。健康診断の結果は未だだが、診察中に医師が何度も首を傾げて肺の下部から起きるカサカサした音を間質性を疑っていた。それで、地元の南共済組合でCTのX線検査を受けた。
これはかかりつけ医が自分の設備では出来ないので検査依頼をしたことになる。この結果が出るには1週間かかるそうだ。

鬱陶しい天候に引きずられ心も冴えず、眼は久し振りにショボショボ症状で煩らわされた。

眼の状態 0



6月14日(火)BTX54日
シッカリ雨降る日になったけれど歌う会に参加してきた。今、3人の先生の会に入って歌っているが、この先生をK先生と呼ぶ事にする。K先生は親族を含め立派なお医者様ご一家の奥様だ。楽しく歌うことが目的だからあまり煩い指導は無くて気が楽でいい。医一家だから今回のコロナ感染症に極めて敏感で、この丸2年間は丸々休会でやっと今年に入って2回目の練習日なのだ。他のF先生は毎回抗原検査を受けて教室は休まなかった。オペラ歌手の男性A先生はコロナ感染の状況を見ながら延期はするが休会殆どせず日程変更ですましている。

別件、第51回および52回のボトックス総括はクローズしています。理由はデーター処理の表示の変更と換算方法に誤りがあります。多変申し訳ありませんが、2回分のデーター表示と整理および表示を全て見直しいたします。時間がかかりますが、やってきた事が無駄にならないように致します。ご理解下さい。
眼の状態の表示は旧表示に戻す事に致します。

眼は疲れ気味でショボショボが強くなった。

眼の状態 0


6月13日(月)BTX53日
老人会のカラオケの日で、私が主催している。人数が減ってしまったものの、集まって愉快に話ながら、歌いながら過ごすのも良い。他愛ないようだが私達には貴重なコミニュケーションの場になる。歌がうまいとか下手の問題ではない。次回を楽しみにできるなら、それで十分だ。

今日も眼はほぼ良い。

眼の状態 0+



6月12日(日)BTX52日
歌の練習に出た。オペラの歌う男の先生で良い。非常にメリハリの効いた指導をする。この連日鼻水が出て、歌声がガラガラ声になっていたが事前の発声練習をシッカリやって貰えるのは大いに助かっている。声の負担が少なく十分声が出せるようになりガラガラ声も何時の間にか消えてしまった。やり替えのある練習日になった。
終わってヨガの練習に参加した。これもコロナの終息に向け活動が活発になってきた。毎日が楽しくなって行く。

今日も眼はほぼ良い。

眼の状態 0+



6月11日(土)BTX51日
やや腰の痛みが重たいのでリハビリに行った。庭のキュウリが急に萎れてしまったので大急ぎで植え替えた。根を切る虫がいるかと探したが見当たらず、原因不明で少々気になる。庭の造園業は忙しくなるばかりで体力勝負だ。手の腱鞘炎が仕事の邪魔になる・・・・左手を使ったっり、道具を使ったりと工夫するが。痛み止め軟膏を塗ってゴマかすのみだ。手術なんかしたくないが。
明日に歌の練習にも精を出した。いつまで歌えるか、どこまで出来るかチャレンジ精神で頑張っている。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+


6月10日(金)BTX7週
定例の写真勉強会を行った。ちょっと集中力に欠けた作品があって残念だ。最近は自分の能力を越えて動き過ぎているようだ。自重しなければいけない。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は一回を除きー0.2(旧表示で0+)となった。一日忙しくてショボショボが強くなるくらいだ。生活上の違和感や危険は殆どなかった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



6月9日(木)BTX49日
今日は整形リハビリに行った。出掛けついでと隣駅に行き買い物をした。一つはスマホの写真をパソコンに移すUSBコードとプリンターインクの購入だ。もう一つはまた6駅移動して市の中央のJCOM店に行った。7人待ちで一時間半待たされた。先月営業マンに月当たり5000円安くなると上手く言いくるめられて契約を更新した。しかしデーターの搬送容量なんか増えても実質何の効果もない、見もしない番組なんか要らない、ビデオ録画なんか面倒くさいから要らない、AUからJCOMに切り替えたてメッシュYiFiを採用したが何の効果もない。こんな事で問題をしてきして再度契約更改した。嬉しい事にこれで毎月1000円強の節約になった。
気分がスカッとした。
夜はまた小学校時代の友人とZOOMミーティングで円安について愚論、議論を展開した。金の話は苦手でいつも頭が混乱する。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+


6月8日(水)BTX48日
今日もトチリの外出となった。少し動き回り過ぎて腰が痛くなり整形リハビリに行ったところ休業日であった。少し疲れ気味で休息に勤めた。

幸い、眼回復した。

眼の状態 0+



6月7日(火)BTX47日
マア忙しい日になって大トチリもあった。天候が良かっただけいい。
健康診断の検査品をクリニックへ朝一番で届けてから、電車で3駅先のすこや館で歌の練習を行いそこにあるコンビニ弁当をベンチで食べた。終わるとJR横須賀駅まで歩きそこから横須賀線で3駅移動して逗子についた。ここで新年早々に一回だけで休業していた歌の会に行くと、会場はお休みになっていた。心を鎮め会長に電話すると「ちゃんとご連絡しなくて済みません。練習は来週火曜です」とのご返事。また大失敗した。諦めて追浜に戻りご無沙汰した喫茶店を訪ねた。マスター子供図書館を創設して自分の絵本を寄贈したばかりだ。癌の手術後が思わしくなく、いつまで店も自著の絵本も発行できるか分からないと言う。生きている時間を貴重に精一杯やるだけと・・・淡々としている。凄い意志の強さを感じる。

疲れたので眼はシブシブ ショボショボとなった。

眼の状態 0


6月6日(月)BTX46日
終日しっかり雨が降った。老人会の公園清掃は延期となる一方定期役員会は実施した。どこでも一緒だろう、高齢者の一人住まいが問題になり該当者とその担当者を決めて顔合わせや連絡を行って毎月その報告をすることにした。簡単そうだがやってみると色々問題もあって難しい。私から提案したフライイングディスクとバーベキュウは取り上げられて今月の誕生会を借りて発表する事になった。

眼はまだほぼ良好を維持している。

眼の状態 0+



6月5日(日)BTX45日
近い親戚の女性が98歳で老衰の為に亡くなった。18歳で結婚し、翌年から連続4人の子供を生み育てた。時期は日本が太平洋戦争で負ける直前の大空襲で東京が瓦礫になった頃の頃だ。立派である、慎んでご冥福お祈り申し上げます。
告別式に行ってきた。

眼は程々良い。

眼の状態 0


6月4日(土)BTX44日
今月は誕生月なので健康診断に行った。内科の先生はただ一つ気になると言う。
深い息をすると肺の下部から、カサカサと乾燥した音がするとの事だ。間質性肺炎を疑われるらしい。いろいろ意見交換するなか、このクリニックのレントゲン撮影では内臓に隠れて見えないので3次元に調べる必要が分かった。
肺胞間の間質が厚く固くなり酸素が取り込めなくなる。更には進行して間質が線維化する。乾いた咳や息苦しさが出る。・・・・該当する点があるので、近くの大きな南共済病院で詳しい検査をすることにした。

眼は程々良い。

眼の状態 0


6月3日(金)BTX6週
前にも触れた紅葉の根っこを掘り続けている。スコップ何かでは掘り起こせないから電動ドリルで幾つも穴をあけるがびくともしない。結局半日掛けても傍目には捗らない。いつになったらエゴの木を植えられるか、外に置きっ放しで枯れないかと気になる。 植木の剪定や、繁茂する雑草に気が休まらない。夏らしくなった天候で造園業は楽しく体調も良くなった気がする。

眼は程々良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は全てー0.2(旧表示で0+)となった。ショボショボが時々気になるくらいだ。生活上の違和感や危険は全くなかった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



6月2日(木)BTX42日
晴れて積乱雲も出る夏らしい日になったが、女房はまた神経痛で寝てしまった。
最近は頻度が高くなるので、気になる。従って独り相撲の一日となった。
老人会の仕事で誕生会の参加確認などやっていると、何だか分からずに時間が過ぎてゆく。町内でフライイングディスクが出来る会場を食品店周囲の広場にしようと
寸法を測った。10×13mもあって十分できそうだ。
話は替わるが、盆栽に仕立てようと名も知れない多分亜種だろうと言われる広葉樹が昨秋に枯れて幹にトゲ出てしまった。まるで葉の出る部分がトゲに変った、それでも幹に弾力があるので生き延びるかもしれないと庭に移し替えていた。冬が過ぎ、春が過ぎ5月になっても芽が出ない。私の不手際だ、残念だが廃棄処分にしようと、確認したら特徴ある赤い広葉樹の葉が数ミリづつ数枚芽をだしていた。やったー!と感激した。日毎に葉が増えいる、誰に聞いても名前が分からない木を今度は庭木として育てよう。

眼は程々良い。

眼の状態 +0

6月1日(水)BTX41日
熱い晴天の中友人がトマト、キュウリ、ナスの苗植え応援に来てくれた。
慣れたもので肥料を入れて土づくりから苗植えをしてから竹で支柱枠まで組み立て完成した。やって指導して貰えると簡単だが、一人でコツコツやっていたら一日タップリかかっただろう。感謝、感謝。
他にも大葉とバジルも少々植えた、今年は新しい楽しみが増えた。

眼はほぼほぼ良い。

眼の状態 0+


5月31日(火)BTX40日
老人会の今月カレンダー他連絡仕事が多く、お互いの凡ミスが沢山でる。一回の仕事が2,3回も訂正やり直しをする。幸い皆さんが自分たちは間違えるものだと割り切って対処しているから助かっている。これは私達にとって大変重要な心掛けであって、お互いに責任追求したら会は存続出来なくなるだろう。

紅葉の根起こしを始めたら大変だ。私の腕の太さ位の根が2本地中深く伸びている。
簡単に電動ノコは使えず、丹念にスコップ掘り起こさなければ進まない。
力と体力と根気をコントロールして作業を続けた。

眼はほぼほぼ良い。

眼の状態 0+


5月30日(月)BTX39日
やや熱い晴天。その中4回目のワクチン接種券が届いた。また戻ってファイザー製になった。3回目だけモデルナだった。順調に行けば6月25日位に接種することになりそうだ。
ネットのセキュリティソフトでトレンドマイクロが手続き上の混乱から、請求がきていたけれど、支払い停止および請求して一旦支払った金額は返金のされた。良かったと思う、また横須賀市の消費生活センターの支援も役に立った。
隣家への迷惑を配慮していた、紅葉が枯れてしまい代わりにエゴの木を買っていた。
早速、幹を切り倒した。枯れて2年経ったので電動ノコを使って容易に切り倒すことができた。さて、根っ子を掘り出さないとエゴの木が植えられない。これがなかなの仕事になりそうだ。まだ、竹の子も増えているし根もここまで伸びていた。
高齢者泣かせの重労働である。明後日は友人がトマト、ナス、キュウリの苗植えの指導にくる。老人会も活発になりだした。なんだか矢鱈忙しい。

眼はほぼほぼ良い。

眼の状態 0+


5月29日(日)BTX38日
友人に勧められたのでナス、トマト、きゅうりを各2本と隣の境にエゴの木を買った。帰ってから忙しかった。畑に残っていたクリスマスローズ8株、実生の高さ5CM程の紅葉、小さな草花を全部移しかえて耕した。勿論、移す先の土地も整地し直した。
エゴの木を植えるには、枯れた紅葉を切り倒し、根を掘り出さなければならない。
本日はこれまで。夜は歌の練習とYOUTUBEで歌を聞いていた。

眼はほぼ問題なし。
眼の状態 0+


5月28日(土)BTX37日
夏の強い日差しと積雲が雄大に昇る青空。家内と横浜の「海の公園」に出掛けて、町内老人会のバーベキュー会場を下見した。全面に砂浜で、海の向こう側に八景島シーパラがあり、沖には東京湾に出入りする船が見える。松林のなかで多くの人々がバーベキュウをやってノンビリと楽しんでいた。見ているだけでも長閑な気持ちなった。1グループで8人以内、会場代2300円、レンタルコンロ2000円、食べ物は一人当たり3000円程度と費用の検討がついてから、和食の店に入り乾杯した。結構な運動になった。

眼はほぼ問題なし。
眼の状態 0+


5月27日(金)BTX5週
朝から雨が降って外出するきにはならず。溜まった写真の整理や、放り題しているメールの返事などで過ごす。忘れ物を始め、何をやっても大なり小なりトラブルを起こしその回復作業が伴う。時間のかかること!
それでも歌の練習は丹念に楽譜を見直し、YOUTUBEなど利用して声を出して練習する。涙ぐましい努力かもしれないが、自分ではそれより楽しさが上回る。
しかし、YOUTUBE様様になった、画面に次々と曲を知らせてくれるから、何時の間にか聞き役になって延々2時間も聞いてしまう。最近はすっかりクラシックに傾注している・・・なんで私はこんなに歌がすきなのだろう。

眼はほぼ良い状態をキープしている。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は全てー0.2(旧表示で0+)となった。ショボショボ或いは眩しさが時々気になるくらいだ。生活上の違和感や危険は全くなかった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



5月26日(木)BTX35日
テーマ不足の老人会へフライイングディスクを紹介して、私が通っている身体障害者のフライイングディスクの練習を二人で見学して貰った。4種類5ゲームを見学体験をしてから、結構な運動になるとか足がつったとか或いは奥が深い等の感想が出てきた。老人会でやる体育館はないし、屋外では風の影響が強く難しくなる等問題が多い。これからの検討会で決めて行く。
夜は私の姉が90歳で健康、ピンピンしているのでお祝いの食事会を開いた。
版画など多種多方面で元気に遊んでいる。見事なものだ。

眼は、変わらずそれなりに安定状態だ。

眼の状態 0+



5月25日(水)BTX34日
2年間振りに老人会カラオケ同好会を開催した。自治会館から飲食禁止、マスク着用厳守とあって出来るかどうかと心配した。結局8人中6人集まって頂けた。
皆で車座になって一人一人自分のコロナ禍生活を話て頂いたところ、驚くほど皆さん良く話愉しカラオケなんかそっちのけ。歌っていた頃より明るく楽しいい雰囲気になった。「この会はいいじゃない」なんて、カラオケやらなくてもお喋りだけの方が却って良かったみたい。皆さんそれぞれ本当に明るく楽しく2時間を過ごした。
もっともトラブルはあった。会館の鍵を何処に置いたか分からなくなり、止むを得ず副会長の予備鍵を受け取りに伺った。ここでまた、副会長も私に渡すために出しておいた鍵を何処に置いたか忘れて右往左往。結局また更にもう一つの予備鍵を取り出して貸して頂くことになった。・・・イヤ、もう全員ボケてしまった。
笑えぬ冗談が沢山あって面白い日になった。
夜には患者さんと最近の病状について約一時間電話した。解決の道なき私達の病気はいつも諦め話で終わることになる。

眼はあまり変わらずに推移した。

眼の状態 0+


5月24日(火)BTX33日
今日も天候に恵まれて、友人3人と市の中央に集まり懇談会と飲み会を開催した。
熱心に独居老人問題について議論したあとは飲み会を行い、納得するため2次会も行った。帰宅すると家内は若干期限が悪く「晩御飯はいるんですか?」という。マアご飯と味噌汁で済ませた。最近は楽しい日が続いており嬉しい限りだ。

晴天だが、屋内で過ごす時間が多くて眩しさはなく済んだ。他の症状も弱い。

眼の状態 0+


5月23日(月)BTX32日
中学、高校時代の友人3名が三浦半島まで来てくれた。皆、心配された健康も回復して思ったより遥かに大きな声で会話が弾んだ。
三浦半島東南部に位置する江奈湾で地元では人気のあるレストラン。新鮮で美味しくリーズナブル。空と海が広々と一体になった穏やかな風景は、我々にピッタリであった。ノンビリ、ゆったりと嘘みたいな時間が過ごせて皆満足。素晴らしい日になった。

明るく晴れた青空の下で眩しさや軽いショボショボ感はあるが殆ど忘れてしまった。

眼の状態 0+


5月22日(日)BTX31日
気温があがってきた。中途半端になっていた衣服の交代時期で、この半月は夏冬を一部屋に拡げっ放しにしていた。やっと下着から入れ替え整理を始めた。毎回、面倒くさいのでついつい日数をついやしてしまう。
合唱の練習は先生の熱心さと私の熱意が相まって、充実した時間になって楽しみになった。コンサートや曲の剪定も始まり気合いも入る。

ネットでAUからJCOMに切替えたら、その面倒くさい手続きと理解不能で困惑しているがどうにか終わった。なにも変えないで済ませたい。

眼はほぼほぼ良い。

眼の状態 0+


5月21日(土)BTX30日
曇るが雨は左程気にならない程度。JCOMの営業にうまく乗せられて、ネットの送信速度160から320MBにした。AUのスマホも全てJCOMに切替て、月に5000円安くなると言う。見たくもないテレビも沢山見られる、番組予約や録画も3時間出来るという。5000円に負けて色々のサービスが受けられるのは良いが、分かりやすく扱えるようにしてくれないか・・・・高齢者はもっと積極的に利用すべきと言うが、第一にやることは分かり易く、取っ付き易くすることだ。高レベル技術は分かり易く技術を進歩させてからにして貰いたい。

天候は薄暗く、室内でノンビリ、ゆったりと過ごしていたので眼はマアマア良かった。

眼の状態 0+


5月20日(金)BTX4週
定例の写真の発表と勉強会に参加。コロナ明けで顔を合わせて元気に発表と議論が行われ良かった。特にリーダーが積極的に自分の意見やノウハウを教えてくれるので大いに助かっている。会員が減っていたが雰囲気が明るくなっている。
その中の友人が透析をしていたのが、坂道を降りたところで大ケガをした。顔面制動で右手首を複雑骨折して日常生活もままならない・・・・そんな情報で帰りに自宅を訪問した。ビックリ所ではない、急なハイキングコースの山道に石造りの粗末な階段が75段ある。上にあがれば普通の家だが、独身で身近な親戚もなく住んでいた。ご近所の評判が良い方なので、親切のしてくれて助かっている。
兎に角、山の下に引っ越すことに決めたものの前途多難を思うと溜息がでる。

昨夜は写真の仕上げに集中して若干眼調不良になった。でも症状は軽く、何かに集中していれば忘れてしまう。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
温泉旅行に友人と行った2日間は凄く良かった。眼について違和感は全くなかった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



5月19日(木)BTX28日
タップリ温泉につかり、気分爽快の一泊を過ごせた。折角だからとタクシーを使い一夜城(石垣山)を散策した。見下ろす小田原城どうして見えなかったが、城の石垣と痕跡を利用した開けた公園になっており、海まで展望のきく良い場所である。
登ったり降りたり不整地もあって2時間あまりの運動にもなった。
帰りはタクシーで小田原の街で昼食、小宴会と買い物をして解散した。
兎に角、精神的に物凄く良く、楽しく愉快に過ごせた最高の旅行になった。

今日も又、眼の事は忘れてしまった。終日、違和感なく過ごせた。画期的な一日となった。

眼の状態 +1


5月18日(水)BTX27日
ルンルン気分で温泉旅行に出掛けた。温泉ばかりでは運動不足と箱根湯本の早雲寺を訪れた。坂道が多く我々にはきつかったが、体力の個人差が大きく一人で出るのは難しい者から、ただ遅いだけの者とあった。でも、楽しく過ごせる余裕が会ったのが嬉しい。温泉、食事、お酒、楽しい会話で過ごせた。

眼の事は忘れてしまった。終日、違和感なく過ごせた。画期的な一日となった。

眼の状態 +1


5月17日(火)BTX26日
今日もまた大失敗した。午前中の歌の練習は予定通りに行い、順調に歌った。その後もう一つの歌の練習にも参加する所があった。行ったら会場は定休日になっていた。またも思い違いだ。本当に困ったおっちょこちょいだ。
明日から学生時代の友人と一泊で箱根湯本の温泉に行く。何年ぶりになったか、楽しみだ。幾ら何でも間違いない。

眼はほゞよろしい。

眼の状態 0+


5月16日(月)BTX25日
朝からシッカリと雨が降り、終日続いてしまった。これで老人会の公園清掃は延期となり次の木曜日になる。私は清掃責任者だけれど、友人と近くの温泉一泊旅行に予定がある。アチコチとお願いして替わって頂きホッとして感謝である。
明日の歌の練習を行った。その中にユーミンの「春よ来い」と中島みゆきの「時代」がある。両方好きだ、秋の発表会では人生の応援歌のように思える「時代」に決めようかな・・・・

最近のニュースはウクライナ情勢が大きい。たった一人の独裁者に世界が振り回されること、君主に頼ってささやかに生きられれば場良い位しか考えずにいるのだろうか?独裁者にとっては、願ってもない有難い国民だ。独裁は考え方が排他的になる、考え方も狭く偏りがちになる。おおくの議論には耐えられないから、武力でねじ伏せる。どのみち独裁は行き詰まる。この考えは一般の民間会社でも見られる。超一流会社でも、何でこんな不祥事が起きるのかと思うかもしれない。都合の悪い事は極力知らせずに置いて、時間を稼ぎ裏で解決しようとする。一旦報道されると偉い方々が一斉に頭をさげる。・・・・何度みたか?ミニプーチンはどこの世界でもいるものだ。矢張り報道の自由が尊重される世界が良い。政治家が報道を規制始める時は、地獄に向かう暗い夜道に踏み込んでいると覚悟しなければ。

眼はまあ良し。

眼の状態 0+


5月15日(日)BTX24日
学生時代の友人が横浜そごうで写真展を開くと案内を貰っていた。なかなか調整できず、今日の最終日にやっと間に合う事ができた。もう一人友人が駆け付けたきた。この写真クラブは光と影をテーマにしているようで素晴らしい作品が並んでいた。
私も光と影を狙っているものの、自宅周辺が圧倒的に多い。写真旅行があるものの、独りよがりの狙い方が多くて団体撮影旅行ではご迷惑を掛けるので遠慮している。
しかし、素晴らしい作品は良い。まだまだ前途多難である。来年はまた個展を開こうと会場を予約した。どこまで出来るか?ただ、やって見るしかない。
帰りは観光船の出る気持ちの良い風に当たりながら、ささやかに生ビール2杯で乾杯した。

疲れが残った影響か、眼がまたショボツキ開きにくくなった。

眼の状態 0


5月14日(土)BTX23日
終日、雨降りで気温はほゞ20℃、湿度80%。鬱陶しい一日であるが、飛んでもない事を発見した。このブログの第51回目ボットクスの総括を作成していた時の事。期間を通しての平均値が誤っていることに気付きました。
成績の旧表示と現表示の数値の表し方が違います。
旧表示 +1は現表示で0、同様に0+は−0.2、0は―0.5、0―は―0.8、―1は―1と変更しておりました。従って現表示の平均値は旧表示に換算しないと、正確な評価ができません。
従って前の第50回目のボトックス総括も訂正致します。申し訳ございません、見直すまで非公開とさせて頂きます。
50回目の総括記事でも「眼は良くなっている印象」があったのに何故か平均値が悪い、と思っておりました。気付くのが遅くなって残念です。


こんな事で終日ゴタゴタしてしまいました。でも眼は大丈夫。

眼の状態 0+


5月13日(金)BTX3週
終日、雨降りで気温はほゞ20℃、湿度80%。鬱陶しい一日であるが、飛んでもない事を発見した。このブログの第51回目ボットクスの総括を作成していた時の事。期間を通しての平均値が誤っていることに気付きました。
成績の旧表示と現表示の数値の表し方が違います。
旧表示 +1は現表示で0、同様に0+は−0.2、0は―0.5、0―は―0.8、―1は―1と変更しておりました。従って現表示の平均値は旧表示に換算しないと、正確な評価ができません。
従って前の第50回目のボトックス総括も訂正致します。申し訳ございません、見直すまで非公開とさせて頂きます。
50回目の総括記事でも「眼は良くなっている印象」があったのに何故か平均値が悪い、と思っておりました。気付くのが遅くなって残念です。

こんな事で終日ゴタゴタしてしまいました。でも眼は大丈夫。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
2日だけ眼が悪くなったが、取り戻している。10日(火)に写真の編集仕上げに相当目を使ったのが原因だろう。全体に「マア、マアの良い状態」であった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱いが間欠的に継続している。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:程度が強くなった。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。


5月12日(木)BTX21日
時々雨が降る日で涼しいより寒い日だった。脊椎管狭窄症で腰の痛みが強くなってきた。整形リハビリに行き温め、ウオーターベッドでマッサージし、椅子に腰かけ背骨を30kgで引っ張てきた。成果は明日にならないと分からない。
夜は小学校時代の友人とZOOM会議だ。結構、真面目なテーマで人間世界の問題について広く議論した。皆さん聞いていたらビックリするだろう、何と!!糞真面目な!!・・・と。でも面白い、、、、残念ながらこの年では犬の遠吠えに過ぎない。

パソコンを使う事が多く、まだ回復しない。

眼の状態 0


5月11日(水)BTX20日
晴れたが朝は涼しく9℃、むしろ寒い位だ。今日も写真の仕上げ作業をやったものの、眼が悪くなってしまった。ショボつくのと瞼が閉じる症状が強い。矢張り眼を使う写真の仕上げ作業が原因だろう。

こうなると気持ちが消極的になる、当然行動力も立ち上がりが悪い。「やらなきゃ」、「ウーン面当だな」、「やらないわけにも行かない」、「もチョット、休んでから」、「そうだな、どれからやるかな」、「サッサとやれよ」・・・・てな具合でグズグズ症状と長い時間付き合ってから「ヤッコラさ」と思い腰をあげる。誰も私を催促したり、咎める人はいない。全て自己責任も厄介な側面がある。

眼の状態 0


5月10日(火)BTX19日
朝から老人会の年会費徴収に駆け回った。案外、皆さん在宅ですんなり受け取る事ができた。
溜まった写真を整理し、編集仕上げに集中した。FACEBOOKへもご無沙汰で気になる。

終日続けたので眼の疲労は感じるものの、特に問題はない

眼の状態 0


5月9日(月)BTX18日
傘を差さずに近所のスーパーにゆける程の雨であった。一方昨日、結構歩いたのが少し響いたらしい。何となく体調が冴えなかった。コロナが少し沈静化したので、老人会も積極的活動をやろうと、話しあいは盛んになった。肢体障害者向けのフライイングディスクも採用するかどうか、ひとまず実際のゲームを見学する事になった。またカラオケも再開の準備も始めることにした。
何かやりだすと、細かいことがアレコレと出て忙しくなる。休息し退化した頭脳は対応できるか?身体も動けるか?まあ、やって見ての事になる。

ウクライナの騒動って?! 一体何だ?個人で例えるなら、町内に反社会組織が済みついて自分勝手に振る舞って他人の被害なんかどうでも良い・・・そんな話だ。こんな国家に良く国民は安住しているのだろう。お国のやる事を頼り安心している閉鎖的な国民の性格がこんな結果を引き起こすのだろう。日本の憲法は「国民の安全と自由を保証」している。隙あらば他国を侵略する国ではない。

眼は少し心許ない。でも未だ普通に歩ける。

眼の状態 0+



5月8日(日)BTX17日
定例の歌の練習は良かった。第一に思い切って声がだせたこと、第2には合唱らしく歌えるようになった事。矢張り、オペラ歌手として歌うだけの先生で発声も歌の解釈も説明されるので充実感を得られる。
連休の最後とあってヴェルニー公園も観光船も大賑わい、この位横須賀に人が来てくれれば良いのだが。
午後は公園でトンビにサンドイッチを奪われた後にヨガに参加した。
不思議なもので、翌日から身体が楽に、気持ち良くなる。出来るなら月に2回出来ればいいのだが・・・・先生はその意志がなさそうだ。

眼は今日もほぼ良し。

眼の状態 0+



5月7日(土)BTX16日
明日の歌の練習を迎え、かなり頑張った。何とかしてシッカリ声をだして歌おうと思っている。
庭には枇杷の木があって空高くそびえてしまった。お隣さんの桧葉と張り合って、お互いに日陰を作っている。思い切って脚立を引き出して、ロープで固定し自分自身も落下防止のロープで確保しながら作業をした。なかなか安全な姿勢を維持するのが難しく時間ばかり過ぎてしまった。
老人会がやっと活動を始めることになり、新年度の会費徴収を始めるので領収証の作成を行った。面倒で手数がかかるので、やりたくはないがやむを得ず。

眼は今日もほぼ良し。

眼の状態 0+


5月6日(金)BTX2週
最近、咳がコンコン、鼻水、クシャミが起きる。葛根湯やクシャミ3錠を使うがかえって喉や鼻が乾燥してしまい、これまた困る。どうも花粉症ではないように思う。私は畳の部屋で寝ており、朝晩布団の上げ下ろしをしている。昔と違って毎朝箒とハタキを使わずに掃除機を使っている。それで、毎日ではなく一周間から10日位はやらないので、綿埃が部屋の隅々でフワフワと溜まっている。床から30cmの高さはには細かい塵が沈殿していると言われる。これが寝ている間に吸い続けていることをは恐ろしい。そう思って今日は徹底的に掃除機を隅々まで、或いは家具等の配置替えまでして溜まった埃を除いた。掃除のやり方で変るかどうか?
夕方にはプロバイダーが来て、テレビ、インターネット、スマホ等を電気の使用量を含めて説明し契約更改をしてしまった。電気の支払いにはメリットがなく変更はしなかった。しかし幾ら説明されても、自分の知識外の話は信用することになってしまう。もう一度検討しようかと思う。

眼は昨日同様ほぼ良い。

眼の状態 0+


1週間毎のチェック
一日だけ眼が悪くなったが、取り戻している。この1週も「まあまあの状態」を続けられている。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱いが間欠的に継続している。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:程度が強くなった。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:億劫なる。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さが続いている。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている
。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。


5月5日(木)BTX14日
先月は日曜日が練習の歌う会に向けて、かなり気合いを入れて練習をした。午前も午後も3曲ずつ2回歌った。男の先生で大きな声が出せる教え方なので、気合いが入った。自分なりにも近所迷惑も憚らず大きな声を出している。私の書斎は隣家に面しているものの、別荘みたいに使っているらしく人気が無いので心配はない。
しかし、遠いい方の隣家の犬がワンワン吠えまくる。私は別に気にならないが、このワン公のご主人が気を利かして、室内に入れたけれど未だ吠えている。飼っているお宅も大変だろう。
庭仕事も相変わらず忙しいが、今日は松のみどり摘みを行った、新年早々剪定ともみ上げをやっていたので楽に一日仕事で済んでしまった。


眼はまた回復した。

眼の状態 0+


5月4日(水)BTX13日
晴天ではあるが女房の肋間神経痛はよくならない。自然に造園業をやったり、雑草刈りをすることになった。自主的活動としてトイレットペーパーを4包と女房向けアイスリムを買ったけれど、嵩張って買い物車に乗り切れない。一包当たり6ロールあるからチト欲張り過ぎた。返品も煩わしいと、サービス向けの薄い無料袋で縄をこしらえて車に括り付けてぶら下げた。バランスが悪くてひっくり返りそうなのを、何んとか持ちこたえ帰った。女房は「今はコンパクトになった商品がある」と言う。でも私のサービス精神は認めたようだ。

眼は何だか分からないが、ショボショボで力なく物を見るような感じで過ごした。

眼の状態 0


5月3日(火)憲法記念日 BTX12日
先生の熱心さで連休中の歌の稽古となった。夏は来ぬ、春よ来い、時代、花は咲く、菩提樹、春の日の花と輝くと計6曲を熱心に歌った。帰りは海上自衛隊基地に隣接するヴェルニー公園を散策して昼の弁当を食べた。素晴らしく青空の高い日で快適そのもの。ドット人が出てきてあちらも、こちらも混雑していた。軍港めぐりの観光船も心配するほど満員。ウクライナの騒乱もあって自衛隊にも関心が高まった気がする。ここへ来るとイージス艦、潜水艦、空母があり今日は機雷除去専門船もあった。日本の護衛艦隊司令官のいる所であり、ロシアに劇的に勝利した日本海海戦の旗艦三笠が護岸に永久固定されておりその舳先は皇居に向かっている。

皆さんも憲法を呼んで頂きたい、たった100頁程度だ。そして考えて頂きたい。9条だけではない、全部読んでほしい。

眼は程々の良い状態を続けている。

眼の状態 0+


5月2日(月)BTX11日
昨日の愉快な飲み会のお蔭で、若干軽い二日酔いとなった。そんな中、老人会の今月カレンダーの配布をすることになった。役員の方も連休にこんな仕事でご苦労様。月が変ってからの配布になったのは、初めてだ。私もボケていて、カレンダーと一緒に配れば良かったバス旅行案内を忘れてしまい2回も歩き回って配布をすることになった。終日在宅の予定が、お蔭で良い運動になってしまった。神様の采配に感謝いたします。
雨も降らず雑草除去に専念できて、本当に良い日だった?!

眼については弱いがショボショボ感と眼の奥の緊張感を感じている。

眼の状態 0+



5月1日(日)BTX10日
今年のゴールデンウイークは本当に珍しい位、天候が悪い。季節の変わり目なんてなくなってしまった感がある。そうはいうものの、花は例年より綺麗で鮮やかに思う。今年の農作物はどうなるだろう、心配になる。
今日は「ほろ酔いクラブ」で久し振りの飲み会となった。仕事やケガ病気で参加できない方もあったが5人揃って張り切って飲み話愉快な時間を過ごせた。私達が続くのは、リタイアしたら皆平等の価値観などがあるからだ。厭らしい自慢話や業績をほこっても何か不自然さ、わざとらしさ、上から目線の管理職思考を忘れて話し合えるからだろう。

眼はまあ良い状態を続けている。

眼の状態 0+


4月30日(土)BTX9日
ゴールデンウイークらしく晴天になった。昨日の墓参りに行く事自体は何でもない事だが、遠距離なので疲れてしまった。何となく身体の動きが鈍い。
それでも植物の成長が著しい毎日なので、手入れに没頭する。庭の姿も少しは変えようと庭石の配置も入れ替えているが、脊椎管狭窄症が心配で思い切って力が入れられないし、また右手指は腱鞘炎で痛い。やっている事は好きで面白いが思うようにはならない。
ロシアのプーチン大統領はまるで反社会的勢力の組長みたいだ。独裁に頼る国にはこういう人物が期待され出て来るものだろう。自分の考え一つが全て、他の人々の考えなんかは顧みる余地がない。独裁を維持するにはどうしても武力が必要になる。
国民に武力を使う軍隊であり、警察になる。自分を正当化するためには嘘を使う。
民主主義国家でさえ、上手に嘘を使い、正確な報道を嫌うことは全然珍しくない。
しかしいずれ破綻するが、その犠牲は恐ろしい。ぼんやりしていて、後で後悔しても間に合わない、大きな犠牲を自分に課すことになる。
独裁は思考が狭く、広く考える力に欠けるから間違いは大きく拡がってゆく。

眼はまあ良い状態を続けている。

眼の状態 0+


4月29日(金)昭和の日 BTX1週
曇りから予報通りしっかり雨が降った。昭和天皇の頃から晴天特異日としてされ、期待したものだが、今日は連休始まりと共に雨に見舞われることになった。姉と遠い親戚の墓参りに出掛けた。横須賀からは電車を乗り継ぎ埼玉県の生越町で、梅林で有名だ。また割と近くにハイキングコース正丸峠がある所だ。小さな丘を整備した綺麗な墓地だ。家族でゆっくり時を過ごせそうな雰囲気があって、眠る従兄弟はしあわせだろう。ただ、雨は本降りになり寒くなってしまった。やらなければと思いながら、先延ばしにしていたので、気持ちの整理が出来て本当に良かった。

今日も眼はまあまあの状態。長く続いて欲しい。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼調は持ち直して、BTX注射後の一週間としては「まあまあの状態」を続けられたのは画期的と思う。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱いが間欠的に継続している。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:程度が強くなった。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:億劫なる。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さが続いている。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている
。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。




4月28日(木)BTX7日
いつ雨が降るか分からない天候。フライングディスクの練習会に参加してきたが、暫く休んでしまった。その結果何時より、更に酷い結果になってしまった。その中で遠投競技では19mまで伸ばす事が出来た。従来は12〜14mで恥ずかしい位で女性だってもっと飛ばしている。コツは投げ出す直前はディスクを縦てることだった。もっとも個人差はあるが。
他には何処へ行くことも無く自宅で過ごしていた。

眼はまあまあ良い。まだBTXの効果も感じない。

眼の状態 0+


4月27日(水)BTX6日
何んとか雨が降らないで済んだ。私は年一回の眼底検査へ家内は肋間神経痛とやらでペインクリニックに行った。
私の検査結果は上々であった。特に治療を要するものはなく、白内障はあるが細かい文字は眼鏡で調整する程度、眼底も問題になるところはない、視野も大丈夫とあって有難い結果になった。眼瞼痙攣によるドライアイも医師の処方は不要になったし嬉しい。眼瞼痙攣でドライアイの処方を受けて20年になるが、市販目薬で済むことになったのは始めてだ。

眼底検査で瞳孔を拡げたので4時間経ってもまだ眩しい。それでも他の瞼を閉じる力もへり、ほぼ良い状態が続いた。

眼の状態 0+


4月26日(火)BTX5日
朝から強い雨と風になってしまった。パソンコンのセキュリティソフトの支払い請求に不明点があるので、市の消費生活センターに2回目の相談に出掛けた。参った、担当者が交代勤務でお休み。雨の中を折角出てきたからと、 飲み屋を探したり百円ショップによったりと精力的に歩き回ってきた。
一昨日に続き5月1日のソレイユの丘行きをどうするか、打ち合わせた結果は「いつものように、市内の飲み屋で一杯やる事」に決着した。期待が大きかったのに、マア仕方が無いか。

薄暗い一日で湿度も高く、眼には良い天候となった。ただ、症状はそんなに変わらず。

眼の状態 0+


4月25日(月)BTX4日
家内は地元の総合病院へ私は整形外科のリハビリと久し振りの眼科チェックに出掛けた。
眼科では画期的な診断が出た。実はBTX50回と51回の効果が何となく良かったので、半年ぶりの訪問になっていた。49回目はあまりにも酷くてドライアイの目薬のムコスタを規定以上に使い過ぎて注意を受けてムコスタとジクアスの併用を行っていた。ところがその後はかえって何んとない良い状態に変り、目薬の使用量が減っていた。今日出かかけるときに調べたら、まだ1ヵ月分残っていた。
先生は暫く眼を調べてから「ドラアイアイの症状は軽くなっています。もう特別な処方は要りませんね!市販の点眼液ソフトサンティア一日6回〜1時間毎に使って下さい」との事になった。もっとも、保険適用から外れるからかえって高くつくが。

眼の状態 0+


4月24日(日)BTX3日
今日もソレイユの丘へ行くことでラインは盛り上がっていた。バーベキューだ、浜焼きがいい、その近くに大きな店が増えて良いんじゃないか、飲み食いだけは三浦海岸の方が良い、いやいや飲み食いだけは市の中央は店が多くて良いと、、、、いつ果てる事なく意見続出。そのうち、ソレイユの丘の情報通から「連休中はバスも混む、渋滞が激しい、お店なんか待たされて食べられない」と連絡がきた。忘年会以来全員が揃わずに不満が溜まって、皆が5月1日を目指していた。困った、、、、。
一方庭仕事も玄関まわりの雑草除去と芽が沢山伸びて来た芍薬の剪定を行った。

眼はまあ良い状態で推移した。アレッと思ったのは瞼に涙が滲む感覚が出たことだ。経験上BTXが効きだす前兆で早すぎる気がした。

眼の状態 0+


4月23日(土)BTX2日
今回BTX記事を新に起こした。写真は足立美術館のあまり目立たない狭い庭園で手前の竹と茶色の砂地、後方の小さな滝である。眼玉の広大な枯山水庭園とは違って、ひっそりした味わいを感じている。自分が庭の手入れに苦労している分、これだけでも一年中どんなに手入れ作業を要するかが分かる。
一方、私も自分の庭の工事と雑草除去に奮闘したり、連休を利用し「ほろ酔いクラブ」で地元の「ソレイユの丘」に行く相談を進めている。全9名、男5名、女4名、私含め男2名が所帯持ち、他は高齢のお一人様。皆気楽に話し合える愉快なクラブになった。どんな店、どんな料理・・・各々意見が纏まらないのが面白い。他愛ないがこれで会話が盛り上がるのも良いもんだ。

BTXの効果が出るのは早すぎるが、今日はチョイと良い。瞼がギューギュー締まる力が弱くなった。

眼の状態 0+



4月22日(金)ボトックス初日
明日の歌の練習のために、おさらい練習とサンタ・ルチアの練習もした。皆で一区切りずつソロで歌うという。慣れないイタリア語の発声練習を繰り返すと、出来ないところが決まってきたので、ここを集中練習した。ところが不思議なもので、同じ所を何遍も繰り返して間違えてしまう。歌に留まらず、色々な時、所、場でも良く経験することだ。高校時代に英語の単純な慣用句を覚える事に馬鹿みたいに苦労した事が思い出される。私は覚えるのが下手なのだ。
ところが日常の会話になると、意外に喋り出したり記憶やアイディアが次々と出て来る。案外良く喋る男と誤解される。誤解の一番の記憶は国語の授業で先生と冗談交じりの会話をしたときに、先生が笑い出して入れ歯が外れてしまった事。・・・後から友人が教えてくれた。

第52回ボトックス注射は13ヵ所、50単位になった。3.3単位/1ヵ所。先生も大部経験を経て、注射が手早くなった。もう私のデーターやグラフも必要無くなったのだろう。顔の痙攣部分を狙っているようだ。これは私の感覚と食い違いがある。注射ヵ所は痙攣を起こす起因ヵ所にするべきと思う。これは微妙な違いで、私しか分からない範疇になる。例えば額の縦皺は表面に見えるが、その起因は眼輪筋の収縮力の強さである。説明しても先生に理解されるだろうか?難しそうだ。
毎回ビデ記録を残しているので、研究や診察の判断材料にしているのだろう。
痛み止めの麻酔は非常に良く効いている。私の経験では随一だ。


眼はショボショボと乾燥が強く、瞼の収縮力がギューギューと強く完結的におきている。

眼の状態 0
1週間毎のチェック
眼調は不良で下降線を辿っている。
〇ドライアイ:ショボショボ感は強い。ムコスタとジクアスの点眼液を気休めの症状緩和にしている。使用頻度が増えた。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:間欠的に継続している。ギューツ、ギューツと締まる。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:程度が強くなった。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:億劫なる。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さが出てきた。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている
。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。
第51回ボトックス日記 [2022年01月25日(Tue)]
第51回ボトックス日記


DSCN4895 a.JPG



4月21日(木)BTX91日
朝起きて来た女房が、何か元気がない。神経痛だと言う。不規則にお腹の辺りに痛みが走って、顔をしかめているから「何にもしないで寝ていろよ、買い物はやるし自分で好き勝手に食事も済ませる」と言って寝かせ終日そのままになった。
明日は52回目のボトックス注射なので、データーを整理したら日付に関連して間違いだらけになっている事に気付いた。それでブログを訂正しながら51回目のデーターとグラフを作ったら、まる一日かかってしまった。
夜には溜まった写真を整理しファイルすると、眼の負担が更に大きくなった。

結局は眼の症状悪化はそれ程進まず良かった。

眼の状態 0


4月20日(水)BTX90日
連日天気が冴えない。結構、雨が降るので出掛ける気にもならない。旅行もあって写真も溜まったので整理を始めた。沢山あるなか勉強会に出す作品を探すのは時間が掛る。偉い方はこの振り分け作業が飛んでもなく早い。私も以前は早かったが、良く探すと画面の一部に良い所があって丹念に見ている。
最近はウクライナの悲惨な戦況を見るのが厭になった。プーチンのような精神異常者が独裁大統領として君臨すると、他国も自国もただ、自分の思いだけに動かそうとする。選挙で当選しているから、従わざるを得ない。ろくに考えもせずに選ぶ国民にも問題がある。独裁プーチンの恐ろしさに何も言えない国民、私は日本で良かった。
ただ、独裁政治家は初めは穏やかな姿を見せて、優位に立つと恐ろしい位権力を使う。ぼんやりしていると、何時の間にか 見ざる、聞かざる、言わざる 状態に追い込まれてからハッと気付くのでは遅い。

薄暗い天候で比較的大人しく過ごせたのが良かったか?
眼は戻って来た。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


4月19日(火)BTX89日
歌の練習日で「坂本さんお元気ですか?大丈夫ですか?」と聞かれてビックリした。自分では疲れや眠さが気になっていたが、先生から心配されるとは以外だった。昨夜のお祝いが疲れに切り替わったのかな?・・・・ちょっと考えてしまった。
会員は皆年寄りばかり、健康上で何もない人なんか一人もいない。
いつものようにドタバタと歌って終わった。先生は皆さん良くなっていますよと、激励してくれるがとてもそんなレベルではないだろう。
いつものようにヴェルニー公園で食事してから、市の消費生活センターで「ネット上の支払い問題」について中間報告と意見交換を行った。ここは高齢者にとって本当に助かる信頼の出来る所だ。丁寧にしっかり話し合うことが可能な公的機関である。

帰宅後は相変わらず、ボンヤリ、眠く、過ごした。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


4月18日(月)BTX88日
結婚50周年のお祝いで、式場からご無料招待を頂いて都内に出掛けた。こんな事があるのか私達も驚いていた。式場建物はリニューアルされて素敵だ、周囲のビルも全て立派に建て替えられており、まさに隔世の感があった。変らぬものは皇居だけ。派手派手に親戚、友人達を招くような事はしたくなかった、眺望の良いゆったりと静かな雰囲気での食事とスタッフの心遣いも本当に良い記念となった。この式場をお礼に名前を公開しようかとも思ったけれど、露骨に商売心を見せるのもどうかと思い推測可能の範囲に留めた。

食事とお酒で夕方からは眼の症状を一時的に忘れることができた。終日トータルでは矢張りかなり悪いことは同じであった。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


4月17日(日)BTX87日
明日は歌の勉強会とあって、練習を行うが気持ちが乗らない。兎に角、怠け心が一杯で集中力がない。だらだらやってテレビをぼんやり見て、まただらだら歌う・・・これを繰り返し、時には庭に出て雑草とりを行う。終日、こんな事を繰り返して過ごした。

瞼がギュウ―ギュウ―と閉じる症状の苦しさに、ほぼ終日ボンヤリと思考能力を失って過ごした。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


4月16日(土)BTX86日
OB総会に出るため、今日も床屋に行くと未だ休んでいた。もう待てないので近くの1100円床屋で間に合わせた。もう一つ、都内の高名なレストランだから普段被っているキャップでは見っともない、女房と一緒に一駅行き協議の上紺色のハットを買った。田舎者だからこれが似合うかどうかは分からない、気休めに過ぎないかも。
会場に行くと、一人の友人は電車の乗換で手間取ったり上野駅を降りてから5分で着きそうな場所を間違えて1時間ウロウロして遅刻してきた。
会場に集まったのは50名に至らず47名。でも参加しただけの明るさと元気があり懐かしいバンド演奏と歌は大いに盛り上げてくれた。来てよかった。

一方眼は悪く、それでも一人で都内の会場まで来られたことは良かった。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


4月15日(金)BTX85日
明日は学生時代のOB総会なので、身だしなみを整うべく床屋に行ったら臨時休業。4、5人いた店員がいなくなり、コロナ禍の影響だろう女性店主が一人でやっていた。朝10時から夕方5時まで休みなしで働いていたから、大丈夫?とは思っていた。また再開してくれれば良いのだが。
脊椎管狭窄症で整形外科に久し振りでリハビリをしたら、診察を勧められた。先生は幾つか動きをチェックして、「問題ないな、リハビリは週一回程度やって下さい」と言う、あまり逆らうのもどうかと思い「何ともないので、忘れちゃうんです」と控えめに応えると「続けるのが大切だ」と仰る。自分なりにリハビリ体操をしているだから、必要ないと思っている。

眼の症状は昨日と同様で、気分が鬱陶しく何もやる気が起きない。何となく疲れて居眠りしたり、テレビを見たりとなった。自分でも厭になる、長く続けば鬱になる。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)



4月14日(木)BTX12週
今月からフライングディスクの参加を月2回に減らすことにした。コロナの解除で世の中が活発に動き出し、私も忙しくなりそうなので・・・。一ヶ月も練習会はお休みだったので、腕は一挙に元へ戻ってしまった。
自分の体力に応じて日常の生活スタイルを大人しく控え目にしないと、いつも疲れが残り、これが眠さを引き起こすのではないかと思うようになった。

ボトックスの効果切れと疲れが、重なって症状が悪化しているようだ。外出時に瞼が不規則に、また完結的に瞼がギューギューっと締めるように閉じる。歩行にはつまずき易く、かなり危険な状態になった。立ち止まらず歩けるだけが救いで、一旦休止せざるを得なくなったら、最悪レベルになってしまう。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

1週間毎のチェック
かなり良い状態を維持出来ている。
〇ドライアイ:ショボショボ感は強い。ムコスタとジクアスの点眼液を気休めの症状緩和にしている。使用頻度が増えた。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:程度が強くなった。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:億劫なる。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さが出てきた。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている
。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



4月13日(水)BTX83日
好天に恵まれて終日造園業を行った。進行中の作業は芝と樹木の境に石を並べ縁取りをするものだ。この境に塩ビの波板を深く埋めて、竹やドクダミ等の侵入防ぐ狙いがある。土を掘り起こして溝を作り、不要な木の根、雑草、石ころを選別しながらやっている。足元がヨタヨタするするから、なかなかの重労働になる。30分やったら30分休む、一時間やったら一時間半は休む・・・・こんな事でなかなか捗らない。最近はテレビの番組に「ポツンと一軒家」がありなかなか楽しい。山奥で農業や林業を高齢でも頑張り続ける姿は、私が続ける際の発奮材料になる。自然と関わることがすきなのだ。

ボトックス注射の時期も近づいてきたが、まだまあまあの状態を保っていられるので、随分助かる。

眼の状態 0+


4月12日(火)BTX82日
庭の手入れが滞っているのが気になるが、旅行疲れも残っている。女房から「元気だね」と言われる。確かに周囲の方々と較べて身体の動きは良さそうだ、でも頭脳の衰えは平均値だ。15日に第52回ボトックスの注射の予約を行った。前回も今回も眼の状態は病気の割に良かった。目薬を忘れることさえ度々あった位である。
病気慣れしているから、忘れることもある。健常者と較べると症状は苦しい。

眼の状態 0+


4月11日(月)BTX81日
何と言っても素晴らしい晴天に感激。女房を引っ張り出して市の菖蒲園に出掛けてみた。時節柄、菖蒲の花はまだまだで苗が綺麗に敷地一杯整列されて準備万端の状態であった。5月からとポスターが貼ってあった。
今は山側のシャクナゲが満開で赤とピンクで華やか、平地では水車小屋周辺の黄色い菜の花が良いバランスで咲き揃っていた。
ここは藤の花も見事だが、これももう一息で例年はシャクナゲ、藤の花、菖蒲と順に咲いて多くの人が集まってくる。
十分に風景を堪能してから市の中央に出て昼夜兼用の食事をとって帰宅に向かった。
まだ、先週の旅行の雰囲気が残っている。

眼も良かった。

眼の状態 0+


4月10日(日)BTX81日
矢張り旅行ボケらしい。合唱の練習日を忘れて遅い朝食をとっていると、練習に来られますか?と厳しいお問い合わせがきた。今更、間に合わないと申し訳なくご返事をした。大体、2週連続で練習なんて過去に無かったので油断した。
のんびり旅行でも、疲れが出て女房と終日ぼんやり過ごした。

眼は今日も良かった。

眼の状態 0+


4月9日(土)BTX80日
もう帰りの日になった。出発早々、忘れた上着を部屋に取りに帰った。一波乱なければ良いがと一抹の不安を抱えてまたも松江の街に戻った。立派な庁舎や県立の大病院もあり、松江城他の観光地があって横須賀とは比較にならない立派な観光都市である。横須賀と言えば米軍基地と海上自衛隊で何となく侘しい地方都市で観光は後回しの街にしか見えない。
さて観光船で宍道湖を1時間程周遊して、喉かな時間を過ごし松江城に向かった。お城を登るのは目と足が覚束ないので、手摺を頼りに登ると素晴らしい景色が待っていた。宍道湖、松江の街を見下ろし、桜吹雪が飛び交う様子は実に楽しい風景だ。
下に降りて今度は堀川の観光船に乗った。もともとお城のお堀の周遊だが、城壁ばかりでなく強い樹木で覆われ人が登れない密林状態が城壁代わりになっている。
だから、周遊していると緑豊かな風景が多く心を癒している。この街は第2次世界大戦で空襲を受けなかったので、古い街が残っているのも良い特徴になっている。
最後にここからバスで松江駅に向かう頃に事件が起きた。女房が待合室にバッグを忘れていたのだ、ご本人は私が気付くまで颯爽と歩いていた。大慌てでタクシーを使い乗った停留所に戻るとバッグはそのままベンチに残っていた。運転手さんは、松江では持ってゆく人が居ないから大丈夫と言った通りになった。

帰りの飛行機には問題なく搭乗できた。女房は地上が見えると喜んで熱心に外の景色に夢中になっていて。ついに富士山だと教えてくれる。富士山が左側に見えるので岐阜側から静岡にでるのだろうと話をしていると、CAさんが飛行ルート地上の景色をモニター画面で丁寧に教えてくれた。ついついこちらも横須賀に住んでいるから、家の上を通過するかも知れないと無駄話をするとCAさんも私は横浜ですから家が見えるかもと、、、、彼女も僅かな時間を割いてサービス精神を発揮してくれた。
何の問題もなく自宅にもどり、結婚後こんなにゆったり楽しく過ごせた記憶がない。
良い金婚旅行でした。

眼は今日も良かった。

眼の状態 0+


4月8日(金)BTX79日
今日は出雲大社に行き、帰りは宍道湖の北岸を一畑電車で回り松江に戻るコースにした。新婚旅行でも出雲大社に参拝したので、丁度良いお礼参りになった。
大社は表の木の鳥居から入ると広大な敷地に見事な桜の見ごろ。前回来た時は質素で静かにひっそりした雰囲気だったの、今の華やかで人出が多い情景に驚き、感激するばかり。巨大なしめ縄のある本殿で2礼4拍1礼を行い50年過ごせた事に感謝の意を表した。
帰りは木の鳥居を出た所で昼食はスタバにして簡単に済ませた。本来ならば、出雲蕎麦を食べるべきだが女房は何故かブツブツと呟きながらお土産探しに奔走していた。この50年ではあまり見かけない姿で、きっとこの地に来て良い心変わりが出来たのかもしれない。少し遅いが、変った事は評価出来る。
帰りは一畑電車で乗って見ると不思議な座席がある。外の景色が見やすいように座席が全て外側に一列に並んでいる。そこまでは理解するが、これでは山側の景色ばかり見ることになって肝心の湖とは逆向きだ。
出発するともう気になって仕方がない、とうとうお隣の方に尋ねてみた。
簡単なことで、一畑口駅で電車の進行方向を切り替えるとの事、箱根の登山鉄道がスイッチバックするのと同じ要領だ。・・・・でも平地で何でこんな事をするのか意図不明。晴天で喉かな湖面を見ながらゆったりと風景を楽しみながら松江についた。
JR松江までバスを乗り継ぎ、気動車でガタンガタンと横揺れ、加減速で首にショックを掛けられて筋肉を傷めそうな乗り心地に参った。
今日も温泉と地元料理に満足した。

のんびり旅行にリラックスして、今日も眼は良かった。

眼の状態 0+


4月7日(木)BTX11週
何の問題もなく飛行機に搭乗出来た。ただ、席が非常口なので前席背中にあるモニター画面がついていなかった。CAが気を使って広い座席を準備してくれたけれど、「真っ先に脱出できるから」とお断りしたものの申し訳ない気もした。降りる時にその座席が一ランク上だった事もわかり、チョット損したかな・・・なんて思った。

空港からバスで松江について、直ぐに観光案内に駆け込み足立美術館にゆく事に決めた。日本庭園は私の大好きな池もある一方枯山水も素敵でいつまでもここに居たいと思う位で新鮮な空気を一杯吸い込んだような気持ちになった。
絵画は横山大観他日本画の巨匠の作品、魯山人の陶芸に加え現代美術品も揃えた美術館であった。地元出身の創設者、故足立全康は良くもこれだけの物を残してくれた。ロシアのプーチンと対極的な人物だ。プーチンが後世に残すものは残虐非道な破壊を好み、科学は戦争に利用する干乾びた心の皇帝だろう。
さて玉造温泉に宿泊して気持ちの良い温泉につかり、地元料理と日本酒に酔い気分で一泊目を過ごした。

リラックスして、今日も眼は良かった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
かなり良い状態を維持出来ている。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。ムコスタとジクアスの点眼液を気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:のんびりした旅行のお蔭で安定している。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



4月6日(水)BTX76日
好天が続く予報の中で、今日から9日まで旅行に出る事にしました。私と家内の半世紀に渡る生活の区切りとしての金婚式を迎えるのが切っ掛けです。
本当は明朝に出発ですが、羽田から米子飛ぶのが早いので今夜は近いホテル泊りにしました。
なんとも気楽な出発で空港の離着を面白がって眺めてゆっくり眠る事ができました。

気楽さで眼は良い日でした。

眼の状態 0+


4月5日(火)BTX75日
やっと朝起きるのが億劫にならなくなった。いつもより早起きをして、歌の早朝練習をした。こちらの先生は歌の基礎練習講座みたいだ。生徒は高齢者ばかり、それでも昔はシッカリ合唱をやった方が多い。その中に私が楽譜も読めずに参加するので、高齢者の先生も苦労している。私はソロなら自分の責任だから気楽に歌うが、合唱となるとそうは行かない。音程もテンポもきちんと揃えないと合唱にならない、ソプラノの声は私の音程を邪魔するから、ハモるどころではない。幸い、最近はハモリ始めて来た。希望の囁きが聞こえてきたようだ。先生は気を使い、歌ってみせて、歌わせて、褒めてくれるので私もヤル気を起こし続けられる。

春たけなわ。いろいろな植物の花が、季節順なんかどこ吹く風で咲きまわる。桜は河津桜から始まり、そめい吉野、八重桜、山桜と咲き散り始めた。残るは緑色の花びらを付ける御衣黄桜のみだ。今日は帰りの山道でつつじが咲き出し、一部は散り始めていた。我が家ではジャーマンアイリスがすっかり咲き、純白の花びらを開かせる百合の太い芽が3本頭を出した。そう芍薬の芽も日に日に伸びている。

眼は今日もまあまあの状態を続けた。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


4月4日(月)BTX74日
朝から強い雨で老人会の公園清掃は取りやめ、木曜日に繰り延べとなった。一方、役員会は新旧の一年の活動報告と新年度の活動計画を纏めなければいけない。勿論この中に重要な裏付けとなる過去一年の決算報告並びに来年度の予算がある。監査報告もある。これがキッチリと出来て始めて世間に一人前に認められる。この一年はコロナ禍で殆ど活動が出来なかったが、それでもやった事や使った金は明解に公開出来る事が不可欠である。信頼を受けて存続出来るかどうかの分かれ目である。・・・・こんな事は社会人として当然だが、成人が18歳に引き下がる。皆さん大丈夫だろうか? 何しろ地方議員でも国会議員でも選挙投票率が極めて低い日本だ。考えられない位のお粗末な意識だ。お金に絡む不正はいつまで経っても無くならない。お金にからみたい議員も良くニュースにでる。国の法務大臣が臆面なく票を金で買う国だ。私達一般庶民はこの意識の低さを、馬鹿にされ利用されるばかりではないか。

昨日、悪化した眼がまた少し良くなった。きっとブログでこんな不満をグチグチを言ってストレスを開放したせいか? これは違う、時間経過が明らかに違う。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)



4月3日(日)BTX73日
合唱の練習日。自分なりに猛練習をして参加している。YOUTUBEでパーと練習と合唱が公開されているので、大変助かっている。でもパート練習は良くても、合唱になると同じところを繰り返し間違える。どう工夫したら良いか悩む、でもアーダ、コーダと考えながら練習するのも面白い。止めようと思う気持ちは全然起きない、特に根性とか努力とかそんな気持ちもない。お蔭で単調な老人生活も飽きることはない。私は余程お目出度い人間なんだろう。

午前中から厚い雲に覆われ午後はしっかり雨になった。
合唱練習を頑張ったのが悪くかったか? 眼はまた悪化してしまった。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


4月2日(土)BTX72日
徹底して急速に伸びる雑草駆除に格闘して過ごした。アッチもこっちも、あらゆる雑草の芽が出てくる。どこからこんなエネルギーを得るのか?発揮出来るのか毎年春になると感嘆せざるを得ない。近所の奥様が回覧を届けに来て、一頻り「公園みたいですね」、「うちの息子は植物の研究をしているのに、雑草取りはしないんです」とか「良くなさいますね、奥様お幸せですね」と所々にお褒めの言葉を散りばめてお話をされてからお帰りになった。お一人様だから、なにかと話がしかけるのだろう。

今日も天候が良く、穏やかで眼も良かった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


4月1日(金)BTX72日
横須賀に来てからの長い付き合いになった友人と久し振りの昼食飲み会を行った。学生時代からでもなく、職場でもなくゴルフが切っ掛け知り合ってから25年にもなった。彼は多病で幾つかのピンチを切り抜けてきた。この2,3年は会う度毎に会えて良かったと思い、かたや次の飲み会まで大丈夫かなと心配になる。場所も彼の家に近い焼き鳥、釜めしが得意な店にしている。お互いに限度はあるもののついつい飲み過ぎてしまう。安堵と楽しさゆっくり時間を過ごすことが出来た。

午前中は雨、午後は止んだものの雲っていた。眩しさも、乾燥も無くて目に良かったかもしれない。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月31日(木)BTX10週
女房が白内障手術のフォロー検査があって、写真撮影の後に合流して横須賀市の商店街で買い物に付き合った。身体障害者向けのタクシーチケットが残っていた分を使って自宅まで車に乗って帰ることが出来た。自分としては健康維持の為に、積極的に歩いているが、ペースメーカーを内臓している一級身体障害者だから利用するのが当たり前である。ただ、私は周囲から元気に見られているのでえ「何で障害者なんだ?」と言われることはある。

今日も眼はほぼ良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
ここ2,3日はー0.2レベルで停滞している。良く持ちこたえている。
〇ドライアイ:ショボショボ感を感じる。ムコスタとジクアスの点眼液で気休めの症状緩和にしている。そのせいであまり気にならないで済んでいる
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。時々ジンジンして頭が働かない。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。ウクライナの悲惨なニュースで悪くなる。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている




3月30日(水)BTX70日
今月のカード払いの利用代金明細書が郵便で届いた。突然、ト***ロ鰍ゥら5174円の請求額が出ていたので慌てた。カード会社に問い合わせると、詳細は請求した会社に直接聞いてくださいと電話番号を教えてくれた。ト***ロ鰍ヘ私と契約した形跡はないので、カード会社から利用紹介を****番号にて私共に改めて問い合わせして下さいとの回答。この間、電話が通じずどの位時間がかかった事か!この様子では私が両社の間をたらい回しされるかと思い、直ぐに横須賀市消費者生活センターに行き相談した。センターは直ぐに対応して、両社からヒアリングをしてからこの両会社は安全であるしこの手続きの結果を待って下さい、、、、との結果になった。公的機関が入っているので指導に従うことにした。でも請求額は一旦払って下さいとの事だ。契約の形跡もないのに何で払う必要があるのか、ひとくさり文句を言ってから了承した。どの程度まてば結論がでるか分からないから4月6日に一度ご返事しますとカード会社の答えであった。全く面倒くさい、うんざりである。

それでも鬱憤を晴らせたのか、眼は少々良くなった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月29日(火)BTX69日
お詫び
最近日付の間違いが多くなっております。大変申し訳ございません。

写真展の最終日で自分の作品を撤収するだけで、終わった。毎年、特に発表だけで表彰もなく静かな展覧会である。

眼は昨日同様。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


3月28日(月)BTX68
今日も友人が写真展に来てくれるので、会場に行った。私はも3回目になるので、殆ど話しっ放しで見て回り、本来の飲み屋へ直行した。
評判の良いお店で餃子とビール位で安く上げ、世間話にタップリ時間を割いて楽しんだ。最後はラーメンでまとめて本日は終了。

昨日と違って眼が悪化した。歩いているときに瞼がギュッーと繰り返し閉じるので
歩行時は注意を払うようになった。曇りがちになって眩しさはそれ程では無かった。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


3月27日(日)BTX67日
都内から親戚の者が写真展を見に来るとのことで、有難くお付き合いをした。
いろいろ話し合う中で目立つ傾向がハッキリしてきた。一つは大きな画面A3のび、A3サイズ程度にすること。A4サイズの作品は稀少であった。二つは写真の画像処理技術の普及に連れて実像から虚像を利用した表現が増えたこと。光の具合や色彩豊かにすること。三つはこれも画像処理技術の普及で幾つもの写真を切り張りしたり重ねたりして新に一つの作品を作ること。
もう写真というより写真の画像処理を駆使して新たな芸樹作品を創り出す時代に変っていると思う。これらを写真じゃないという人は未だ多いが、間違いなく進行してゆくだろう。
因みに同じフロアーで別のグループの写真展も開催されていて、見る事が出来た。
風景主体、殆ど画像処理は見られず、落ち着いた静かな雰囲気に包まれ私も自然に共鳴してしまった。額縁も木作りで統一て、この雰囲気を更に盛り上げていた。

感想を話し合いながら、帰りに一杯飲んで別れた。気分良い日になった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月26日(土)BTX66日
造園業に集中した。芍薬の手入れがお粗末だったので、区画整理と深く掘り起こし肥料も入れた。この根っ子は逞しいのでボタンの接ぎ木に使われると言われる。量があるので残念だが選択処分をした。時々にわか雨に見舞われて作業衣を交換する位の強さ、でももう既に春、暖かい雨になっている。梅の木には小さな実が出て、葉っぱも伸びだしている。

ウクライナ戦況にアメリカ大統領がポーランドに出掛けた。
EU諸国、NATO軍との緊密な関係を確認してメッセージを出している。
結局はEU,NATO或いは第3次世界大戦に戦場が拡大するのを恐れ「プーチンの意向を尊重して」ウクライナの武力支援は地上の兵器補充に限らている。
ウクライナからみれば「なんで戦闘機や、制空権を援助してくれないのか」、「私達はあなた方の盾になって闘っているんだ」、「ウクライナが敗戦すれば、貴方たちは直接ロシアの脅威と紛争に襲われるでしょう」と本音では思うに違いない。
米大統領はプーチン背一杯口撃するが、逆に喋る程支援の限度はここまでとロシアに支援の基本姿勢或いは限度をみせている。分かりやくてロシアはじゃあここまでなら大丈夫と攻撃できる。
結局、米、EU、NATOは自分達に戦闘被害が及ばぬ、プーチンが癇癪を破裂させぬように神経を尖らせている。私はこの姿を日本が例えばロシアからの危機にもウクライナ同様程度の支援になるのではないかと不安に感じる。日本の平和外交は米軍頼り一辺倒で過去に自主的に平和外交をしたことは記憶にない。・・・ならば日本へ加担する国はあるか・・・?
日本列島は米軍にとっておいしい場所だ、それが最大のメリットとして共有出来る。
日本が存在する位置にメリットがある。鉱物資源は無きに等しいがこの戦略的美味しさはロシア、中国、南北朝鮮にとっても同じだ。日本がどうやって平和に生き延びるかは大問題で今の政治、政党の議論はあまりにもお粗末だ。翻って選挙の投票率の低い日本人の心構えに起因していると思う。日本が第2次大戦で大敗北をした貴重な経験を活かしていない。喉元過ぎて忘却のかなたに行ってしまった。ボーツと甘えて生きる平和戦略なんかないと思う。

こんな事を考えていたら、眼が悪化してしまった。夕方頃から思考能力停止。
それでも最悪には至らず。

眼の状態 ー0,8(旧表示 0−)


3月25日(金)BTX65日
丁度良い散歩になるとJR横須賀駅に行き切符の払い戻しをした。来月の旅行に予約したが、飛行機が取れたので良かった。いつもの散歩コースでヴェルニー公園を通るとかなりの規模になる工事が進んでいる。新に米軍の施設が出来るのかもしれない。冷たい海は綺麗に透明で、歩くにつれ色合いが変り波の表情も変わって行く。いつも気分の良い散歩になる。最後は軍港めぐりの船着き場から大規模なフードコートのある店を通過し、国道16号を渡って横須賀芸術劇場の前にでる。裏道は有名などぶ板通りになって、今は米軍向けのお店が立ち並び日本の雰囲気が消えてしまう。
そのまま進めば市では一番賑やかな街になる。三笠通り商店街は日常の買い物で活気のある所だ。そのまま京浜急行の横須賀中央駅に出て散歩を終えた。追浜の駅から山道を歩くと幼稚園の白木蓮がも既に終わり枝垂れ桜が満開となり毎年見事に咲く桜の蕾が咲き始めている。森の中を写真を撮りながら歩いているとオジサンが私のカメラが気になって一頻り立ち話をした。最近はこの森の元気さが無くなりはじめ、徐々に倒木と竹が増える情けない風景に移り変っている。・・・残念。

下降気味の眼は一旦小休止。昨日より少し持ち直した。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月24日(木)BTX9週
横須賀市文化会館で行われる「三浦半島みんなの写真展」にグループ参加して写真2枚を出た。今日は初日で午前中は飾り付けを行い友人と久振りの乾杯昼食を行った。ここも昨日の中華飲み屋と同じお昼時リーズナブル店であった。違うのは女性一人でも入れる雰囲気である。
合唱の先生がミニオペラ「蝶々夫人」にピンカートン役で出演されるとのことで、夕方は家内と杉田劇場に出掛けた。ストーリーは有名で、中学校時代に珍しい男性の音楽教師からこの映画を見て感想文の提出を求められた。元宝塚の女優、八千草薫さんが出演して大評判になった。それが切っ掛けで、中学時代はイタリアオペラに夢中になってラジオにかじりついていた。オペラは知る限り皆悲劇で陽気な作品は聞いたことがない。悲劇は多くの人の心を捉える力があるのだろうか。オペレッタとは対照的である。
さて、歌手の皆さん以外は指揮者とピアノと最後の場面でシンバルを叩くパーカッションのメンバー3名で驚いた。ピアノは一人でオーケストラ分を演奏する超大活躍。主役の蝶々夫人も殆ど一人で歌いっ放しで、よくも声を維持できると驚きであった。まさにマラソン演技。配役で「すずき」のアルトの歌が一番良かったと思っている。またこの曲の編曲は指揮者が行ったと思うが、これも大変な仕事だろう。ストーリーは悲劇であるが、十分楽しむことが出来た。

今日も眼は朝から夜に向けて確実に悪くなる。ショボショボからギューッと瞼を閉じるようになる。特に外出時が眩しさと共に症状の悪化の切っ掛けになっている。
それにつれ足元への注意が必要になる。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)

1週間毎のチェック
ここ2,3日はー0.2レベルで停滞している。徐々に悪化する傾向を感じ取っている毎日だ。
〇瞼が閉じる:閉じる力が強くなっている。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。ムコスタとジクアスの点眼液で気休めの症状緩和にしている。そのせいであまり気にならないで済んでいる
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。ジンジンして頭が働かない。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。ウクライナの悲惨なニュースで悪くなっている。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



3月23日(水)BTX62日
昨日よりはやや暖かい朝になった。でも東電に協力節電をしながら午前中を過ごしていると、どうやら一斉停電の懸念解除のニュースが出てこちらも直ぐに普段通りに戻った。そんならと、女房の買い物に追浜の街まで出掛けてついでに中華料理の飲み屋に入ってみた。コロナの蔓延防止も解除されていたので、生ビールで乾杯も出来た。ついつい良い気分で食べてしまい、夕食は干ぴょうのり巻きで済まし女房も助かり良い一日となった。因みにこの中華店はリーズナブルで気に入った、ただ女房は一人で入れる店ではないそうだ。

眼は朝から夜に向けて確実に悪くなる。ショボショボからギューッと瞼を閉じるようになる。特に外出時が眩しさと共に症状の悪化の切っ掛けになっている。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


3月22日(火)BTX61日
急に冬の寒さが戻ってきた。その上、東電の電力不足が伝えられ節電のお願いになった。協力しなければと、エアコンは標準温度からー3℃に下げて、室内でも厚手の防寒服を着て過ごした。普通は夕方以降は普段テレビのBS放送でニュースを聞いている。今日は外出時の防寒服を着て、足には毛布を掛けてエアコン無で過ごした。この協力的な態度で東電は非常事態をクリアーできたたらしい。また、明日も電力不足らしい、協力するか?どうしよう。

眼は殆ど変わらず。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月21日(月)BTX60日
早朝の寒さに気を取られてうっかり公園清掃に遅刻するところだった。幸い雑草は殆ど無く、落ち葉も案外少なかった。異常気象或いは温暖化が懸念されているが、関係あるのだろうか?早く片付き寒風に曝されるなかで話ながら、ご褒美のお菓子をまっていた。担当役員が本年度最終回と言うことで、大盤振る舞いで高級なケーキだと言う。本当の所、コロナ禍で活動が殆どないから予算があまったせいだ。会員に抗原検査キットを会員に渡したのも同じこと。でも利用方向はまともで良い事である。
お彼岸でいつものように神楽坂近くのお寺に出掛けた。既にちらほらと桜が咲き始めて、神楽坂は人出がおおくなっていた。一日フライイングしているが、折角の休日で無理もない。今年もまた千鳥ヶ淵の桜見物に行きたいと思う。ボートにも乗って見たい。
昼飯に鰻重を食べてみた。こんな贅沢品をこの十年来食べていなかったから期待も大きかった。しかし、ヤッパリ鰻だと思える味は無かった。値段はいえないが2倍以上出さないと難しいのだろう。お酒も飲めたし気持ちは満足だ。

次回のボックス注射は残り1ヵ月となった。僅かづつだが、瞼が重たくなり開きにくくなっている。実用上の不具合はあまり違わないけれど。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月20日(日)BTX59日
合唱の練習では、先生が大部良くなりましたというけれど顔はまだこんな程度かと思っている。まあ、仕方がない。入会するときに「時間はかかるけれど、出来るように努力します」と明言している。今日の練習会場は自宅から近くになったので、終わって直ぐに帰れた。
昨日の練習で喉をの具合が悪く、某風邪薬を3錠飲んだら今度は喉がヒリヒリと乾いてかすれた声になってしまった。体調管理もなかなか難しい。
庭には新に花ニラも咲きだしていた。

眼は疲れ気味だが、大丈夫。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月19日(土)BTX58日
外出は女房の買い物に5分程の距離にあるスーパーに行っただけ。写真の額装と梱包を完了した。明日は合唱の練習日なので、何度の何度も繰り返し練習をした。
退職してから町内の元気に歌う会に参加したのが切っ掛けで昔からの唱歌や童謡など歌っていた。そのうち先生から「素晴らしいお声ですね」とわざわざ声を掛けられて、素直な性格の私は喜び勇んで市内の合唱に参加するようになった。以来、すっかり歌に熱中していたけれど、今は本格的な合唱に参加して苦戦している。音程があいまいになるので、パソコンから音取りをしていたでは余りに手数と時間がかかり過ぎる。ここで頑張ろうと一番安いキーボードを買った。いやいや機能的にしっかりして、玩具とは思えない。

練習はするが、上達は遅々として進まず。気合いで頑張るのみだ。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


3月18日(金)BTX58日
三浦半島みんなの写真展に参加する写真を2枚印刷した。カラーとモノクロを2枚だ。今回は印刷サイズを額縁のマットに寸法を合わせるのに苦労してしまった。慣れないソフトを使ったせいもあるし、コロナ禍でプリントする必要もなくテクニックを忘れてしまったせいだ。
午後はまた庭仕事に集中した。先々週は植物が急に眼を出して、その早さに驚いたがこの一周間はその大きく育つ早さに驚かされている。
あっという間に水仙、梅、パンジーが終わると ラージスケール・スノーフレークが20cm位に伸び、ジャーマンアイリスの蕾が膨らみ、芍薬の芽が伸びだした。今はクリスマスローズが一番元気だ。友人が畑に植えてくれたサニーレタスは寒さで縮じんでいたがやっと大きくなりだした。庭の片隅では気付かずにいたフキがいつの間にか大きな花の蕾になっている。春到来だ。

眼は昨日よりはかなり良くはなっている。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


3月17日(木)BTX8週
東北の福島や宮城県でまたもや大きな地震が発生した。横須賀でもう寝ていた私も激しさで眼を覚ました。10年前はゆらーり、ゆらーりとまるで大きな船が傾くような揺れ方だった。今回はガタガタと激しい揺れではあったが、起き上がる程ではなかった。懸念された津波も破壊された原発も大事にいたらずに、不幸中の幸いに留まった。しかし東北の方々はやりきれないだろう。お見舞い申し上げます。

日中はウクライナ大使館を訪れた。地下鉄の駅から15分位かかる。何しろ迷路の奥にあるみたいでお上りさんさながらにウロウロしまくった。でも高級住宅地でとんでもない生活レベルを思い出させる。近くには有栖川記念公園や都立中央図書館がある。大使館自体はひっそりした雰囲気の高級マンションだ。玄関前にテーブルが置かれ名前を記入するカードがあり投函できる。国旗の青と黄色因んだ花が献花されている。寄付は手紙や新聞などのポストに入れるようになっていた。
警護はロシア大使館前の機動隊バス5台とは全く違って、警察官が一人いただけ。
訪問者は途切れることなく続いていたが、それでも静かな雰囲気は変わらなかった。

帰宅したら、眼の不調が急に襲ってきて参った。閉じる、ショボショボする、顔は痙攣する、頭の中はジンジンと痺れる・・・こんな状態になり、小学校の友人達とのZOOMはお休みにした。ウクライナの悲惨さと、まさに悪魔の仕業としか言いようのないプーチンに手だての無い怒りが沸き上がったせいだろう。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

1週間毎のチェック
ここ2,3日は悪化している。ウクライナの悲惨なニュースが大きく影響している。
〇瞼が閉じる:閉じる力が弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。ムコスタとジクアスの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛は殆ど無い。ジンジンして頭が働かない。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。ウクライナの悲惨なニュースで悪くなっている。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



3月16日(水)BTX56日
今日も造園業に勤しんだ。既に(立てば)芍薬が芽を出している。お粗末に扱っていたので、一挙に根を掘り出し、土を深く掘り起こして埋め戻した。この花は水と肥料が沢山必要になると言われている。白い花が咲くはずでもう一つピンクがある。これは明日以降にして、芝生周囲に沿って雑草、特にドクダミが侵入しないように隔壁を作っている。中々の運動になった。

ウクライナは苦しい戦争に闘い続けている。西側周辺国、EU、NATO軍も裏側からの支援しかできない。私から見れば応援するから頑張って!!、、、と言っているように見える。ロシアから核を使うと言われると、すぐ引っ込める。結局は自由や規律や契約を重んずる側は、正直に闘い。戦争と武力で解決する側は強引に進めて有利になる。日本国内で例えるなら市民と反社会的勢力とが闘うようなもので、警察が動かなければ市民は蹂躙される。ウクライナにとって警察にあたるものはない。
ウクライナがプーチンに制圧されれば、次は自国が危機に曝されるのに動けない。自国が火傷をおうまで動けない。
ところで、ミャンマーは軍事政権が支配され、人権は蹂躙されている。ニュースの関心はウクライナと比較にならない。近く、日本企業の工場もあってもっと強い関心を持たなければいけないと思うが。

世界も日本も問題山積、でも眼は程々に良い。幸せなんだ。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月15日(火)BTX55日
暖かい筈が外に出るとヒンヤリとむしろ寒く感じた。そんな中、歌の練習に行ってきた。先生も生徒も高齢でもう一つ元気がでない。2時間歌って過ごせるだけでも、一日の気分が違う。帰りにコンビニでサンドイッチとプリンタイプの飲み物を買って、海に面したヴェルニー公園で昼食を楽しんだ。ここで飲み物の選択に失敗したことに気付いた。コップに入ったプリンが飲むようなかたちでは口に入って来ない。そもそも小さなスプーンも一緒についていなければ、食えるわけがない。アイスクリームをスプーン無しで食うのと同じだ。何とかそれでも食べきった。どんなに苦労したか想像して頂きたい。周囲にはおこぼれを期待した鳩が集まって終始私の一挙手一投足を面白がって見ていた。

夕方以降になると眼がかなりショボショボして辛くなった。思い当たる事はなし。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月14日(月)BTX54日
上顎の前歯が欠けてしまい、大至急で治療して貰った。もう年齢だからと樹脂で部分的に補修している。しかしこうして修理を度重ねると、欠ける部分は大きくなるばかりで限度を感じている。今更人工的な歯と入れ替える気がしない、命あるかぎり持ってくれと願う。
内科の医者も検査結果を聞きに行ったが、これも全く異常なしで目出度し目出度し。

眼も連日のように程々良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月13日(日)BTX53日
薄くて白く高い雲が今日の晴天を約束していた。それに従って造園業に熱中した。手に腱鞘炎があるので痛み止め麻酔軟膏を塗って作業する。油断すると一挙に悪化するので頑張るのも程々にするしかない。夕方以降には月末の写真展に向けて編集に取り組むとあっという間に数時間が過ぎてしまった。

それでも眼は大過なく過ごせて良かった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月12日(土)BTX52日
ついに春が来た。晴天で風はなく暖かい。女房を引っ張り出して西海岸の葉山から森戸海岸辺りを歩こうと出掛けた。バス停の名前が分からないので、適当に進み三が岡で降りた。ここは御用邸まで近く葉山美術館の目の前になる。丁度、奥谷博さんの生涯作品を纏めたものがあって見て来た。理解が出来ない所も多かったがそれでも面白いのが良い所だ。飛びぬけた観察と発想と人生が進むにつれて変化する様子に、この人は頭大丈夫?と思う一方描き方は極めて充実している。高知県生まれで海を見て育ったのだろう、波の描き方は実に力強く豪快で良い。こんな渦潮は高知で見られるのかな、鳴門の渦潮は有名だが、彼の出身の高知県宿毛市辺りだろう。西で九州に一番近い位置にあって瀬戸内海との潮流の出入りは急激で渦をおこすのだろうか?あまり聞いたことが無い。

ウクライナ問題は本当に深刻だ。プーチンの批判は激しいが気のおかしくなった独裁プーチンを抑える即効性のある手だてはないようだ。
ニュースではNATOは直接ウクライナを武力で守ることはせず、兵器供与はするとの事だ。NATOが参戦すると第3次大戦になるからと言う。これは私達日本も良く考えなければいけない。アメリカは参戦しないと早い時期に宣言している。これではロシアは随分助かる。NATO諸国にはそれなりの考えがあるのは分かるにしても、ロシアがウクライナをせん滅すれば、直ぐにNATO諸国はロシアに直面する危機を迎える。
武器は提供し、応援するから頑張れと都合の良い事を言って犠牲はウクライナで留めておこうと考えている。時間の猶予を持って自分たち(NATO)は経済制でロシアが動けなくなるのを待つという作戦だろう。北方4島で未解決の領土がある日本もウクライナのような立場になる可能性がある。
こう言うと憲法改正の議論が待ってましたと、出て来る。議論はやった方が良い、でも専守防衛の基本を崩してはいけない。言いがかりを作らせない態勢が重要だ。

今日もまた眼はまあまあOK!

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月11日(金)BTX51日
写真の勉強会を市の文化会館で行った。皆さん熱心に工夫して見事な作品を持ってくる。私はパソコンの編集ソフトに慣れず苦労している。もう少し扱いが優しいいソフトが欲しい。会の中でベテランの男性はセンスと技術ともに素晴らしいが、先輩達が高齢や病気で退会するなか、熱心に指導役を引き受けてくれ頼もしいし私も気合いが入ってきた。今月末には「三浦半島の皆の写真展」があるので、これから最終仕上げに集中しなければ!!

今日も眼はまあまあOK!

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月10日(木)BTX7週
フライングディスクの練習に電車で4駅乗って総合福祉会館に出掛けたら、オミクロン株でまた蔓延防止になり急遽取りやめで、今月はもう練習なしとの事だ。無駄骨となり自宅で独り一時間程練習をした。真っすぐ飛ばすことが中々難しいスポーツで第一段階は腕に力が入らない事と目標に腕から指先まで真っすぐ伸びる事だ。もうそろあと半年で3年になる。自分ではまだこんなものかと嘆かわしい位だが、一緒にやる障害者は皆10年選手で皆苦労したらしい。コツコツと続ければそのうちなんとかなるだろう。町内の老人会で少し推進してくれと要望があり困った。皆が面白く遊ぶ気にするのが重要。・・・・こいつが難しい。

眼はまあまあOK!

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力が弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が弱い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛は殆ど無くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



3月9日(水)BTX49日
良い天気で造園業で一日過ごした。パンジーが大部元気が無くなり、クリスマスローズが元気なってきた。梅は花がしぼみ始めてきたが、身がなり過ぎて樹木自体の勢いが保てるか心配になる。梅酒は作りたいが木の体力が維持出来ての事。私が知っているだけで45年経っている。埋めきらぬ馬鹿と言うが、この木は本当に枝を落とさないでいると病気も発生する。心配するほど強い剪定をしても平気で、私も安心している。松は本当に難しい、特に昨年切り落とした桜の蔭になって育ち方と私の手入れの粗雑で惨めな姿をしている、これも当分整枝に苦労しそうだ。
立てば芍薬という芽が出始めた。これも粗雑に扱ってきたので、今年は白とピンクの見事な花を咲かせたい。

眼は少し元気を取り戻した。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月8日(火)BTX48日
予定通りロシア大使館前でウクライナへの侵略、破壊、殺戮を即時停止およびウクイライナから退去のメッセージ掲げ、声をあげてきた。またウクライナ国旗も掲げ支持する意志をしめしました。
ところで行ったのは友人と二人のみ。他に地方から二人でロシア語でメッセージを持ってきた方いました。他の友人達はコロナ禍で基礎疾患が多い年代のせいか来られなかった。警察の機動隊がバス5台で大使館側の歩道に沿って待機しており、私達は反対側の歩道に幅50cm、長さ5m程度の囲いの中でメッセージを出すように、近隣の迷惑になるから大声でどならないようにとお願いと指導がありました。
来たからには大声位ださなければと叫んでも一人では全く周囲の騒音で消されてしまい効果は?大使館には届かなかったでしょう。
終わった後は友人と新橋の酒屋で久し振りの乾杯を行い、本当に楽しい時間を過ごせました。

眼は症状が悪いと言うより、周囲が良く見えず足元にはかなり注意を要しました。
後から思い出すとショボショボと頻繁に瞼が閉じる動作をしたのだと思います。

眼の状態 ー0.5(旧表示ー0.5)



3月7日(月)BTX47日
老人会の公園清掃を行った。終わった後に数人にフライイングディスクを披露した。
蔓延防止対策中に出来る遊びが出来ないかと思って宣伝した。その後に役員会でももう少しルールや道具類を紹介して、皆が遊べるように工夫品が進めることにした。年度変わり直前とあっていろいろ相談するが、公園のような屋外は良いが天候や風に影響される。自治会館で行うしかなさそうだ。良くある事で、言い出しっぺが推進役にされるので気を付けているが、仕方がないか?

眼は昨日と同様。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月6日(日)BTX46日
予定通り歌の練習をしてきた。先生から音程が揃ってない!テンポがズレている人がいる!どうも私が問題になっているようだが仕方がない。でもやっていると気合いが入ってくるのが良い所だ。

連日ロシアのウクライナ侵攻は暴挙の限りをつくしている。平和で生きたいと望むが世界は逆に危険が増長してみえる。特に独裁国家は危険で彼等は独裁同士の連携を進めている。人類はまた暗黒の世界で、闘わざるをえないだろう。ウクライナが頑張っても同盟関係をもたなければ、軍力を使わず支援をするだけに留まる。
しかしウクライナが陥落したら次は自国がロシアに侵略されるだろう。その前に軍事力を持って支援しなけければ、次は自国の番と覚悟しなければならない。
コロナ対策とついつい比較してしまう。感染の様子を伺いながら随時対策をして後で後でになって、クラスターが多数発生する。早期に強い対策をすれば後では経済効果は好調に戻る。この早めの対策が出来ないのだ民主主義の諸国である。今回はヨーロッパに深刻なダメージをもたらすだろう。遠くの火事ではない、北海道は海を隔てているが択捉、国後はすぐそばで戦車も置いてある。何のための戦車だろう?日本が戦争をしかけると思っているのか?逆だと思う、日本が漁業権を犯す、国境を侵略する・・・等々信じられない問題を起こして侵略するかもしれない。
友人とロシア大使館前でウクライナを支持しロシアに反対する意思表示をしてくる。

眼は昨日と同様。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月5日(土)BTX45日
明日の歌の練習で自主的特訓を行った。年をとってから合唱をやったので、3部とか4部とかをやったことがない。テナーパートをYOUTUBEで練習するがなかなかうまく出来ない。歌詞を歌うのでなく、アーアー、ラーラー等は何処を歌っているのか分からなくなったり、タイミングが外れたり、テンポが揺れたり、、、難関だらけだ。もともと記憶力の悪い私だが、更にその悪さを思い知らされている。でも好きなんだろう、止めようとは思わない。コツコツとわが道をゆく感じで周囲にご迷惑をかけている。

眼はこれ以上望めない程度良い。それでも眩しさとショボショボはある。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月4日(金)BTX44日
大切なお客様を自宅に来て頂いた。本当に久し振りなので、準備に大騒ぎになった。室内ばかりでなく、家具も装飾も埃を払い掃除機をかけ、見かけ良く家具を整え、自分の写真を飾って準備した。ここで話の内容は兎も角として順調に終わった。
さすが、最後に私の写真を褒めてからお帰えりになった。良かった、良かった。

終日、やや曇りがちだが穏やかで、眼の症状にそれ程気にせず済んだ。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月3日(木)BTX6週
整形外科リハビリから内科を訪問。念のためと自主的健康チェックの為である。年齢が上がるに連れて花粉症が徐々に強まっている。リハビリは何時ものように背骨を引っ張り、内科では喉、少し肺に方に深くなった咳についてX線検査、、血液検査、飲み薬処方を貰った。帰りには床屋でカットのみの散髪を行い薬局で飲み薬を受け取った。可成り頑張って歩き回り、最後は駅から自宅までの急坂をゆっくり登って帰った。良い運動になったが帰宅後は疲れがでるのか急に物ぐさとなってしまった。
夜では小学校時代の友人とZOOMクラス会で「皆さんが行う温暖化対策」について話した。

眩しさが気になるけれど、他の症状は弱い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)-0.2

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力が弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が弱い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛は殆ど無くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



3月2日(水)BTX42日
兼ねてから三崎の河津桜を見に行く計画があって、皆大いに期待していたが直前になって皆さんいろいろと問題が発生してしまった。もう我々の年代は何かと難しくなる。寂しく3人で、でも華やかな菜の花と絶好調満開の河津桜を十分楽しんだ。スーパーで各自好き勝手に買った酒とビールに肴類を各々にほろ酔い、明るくて暑い位の日差しを浴びリラックスした楽しい時間を過ごした。小松が池の周辺は地元三崎口の方達が毎年河津桜の花見見物を開催し人気が高くなった。もしかすると、夏の海水浴より人気があるかもしれない。
夜は昨日に続いて、BS放送でロシア駐日大使と小野寺元防衛大臣の討論があって聞く事ができた。大使とは劣勢であっても、どんなに矛盾だらけでもとうとうと日本語で主張し通すものなのだ、、、、と改めて驚き、ある意味感嘆する位の弁舌であった。
小野寺氏は沈着冷静にロシアの不条理な点をつく態度は非常に信頼感を持てることが出来た。この番組で問題解決は望むべくもない、虚しさ無念さウクライナの凄惨な予想をせざるを得ない。
来週にはロシア大使館に抗議をウクライナ大使館には応援をしに行く。

昼のお酒と肴で満足し、眼は殆ど気にせずの済ませた。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月1日(火)BTX41日
合唱練習日に出掛けた。この先生は準備体操にも熱心に行う。我々高齢者なので特に気を使っているのだろう、ご自身も高齢者で大差ないし。内容は文章で説明が難しくて出来ない。曲のなかに有名な菩提樹がある。2部に編曲して練習を行っていたが、北風が吹きすさぶ様子を独自のにアルトパートに入れたが撤回してしまった。
私の編曲が下手だったので、、、、と仰るが、実際は私達に難しすぎると思ったのが実情だろう。でも、歌詞の「おもを かすめて 吹く風寒く 傘は飛べども すてて急ぎぬ」を割愛してしまった。ちょっと酷いんじゃないか?

夜にBS放送で駐日ウクライナ大使が出席されて、実情とウクライナの主張を聴くことができた。
私が聞いている範囲の情報を元に聞いていると十分納得出来た。矢張りロシアの作り出した情報を元に武力行使を持ってウクライナに侵略をしたものと判断した。明日はろ駐日大使が同BS局の番組で主張するとの事だ。しっかり聞かせて貰う。

眼はまあ良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


2月28日(月)BTX40日
昨日作った老人会カレンダーを配布して回った。上り坂、下り坂があって良い運動になって有難い。天候に恵まれてフライイングディスクや庭仕事に熱を入れた。
友人からロシアのウクライナ侵攻反対でロシア大使館に即刻退去するよう求める行動をする事に賛同を貰った。
ウクライナの国旗とスローガンを掲げる準備を始めた。国旗は上が空を示す青、下は小麦を示す黄色だ。ネットに沢山国旗が出てくるので比例寸法で作ろう。

眼はまあ良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


2月27日(日)BTX39日
老人会では毎月カレンダーで一ヶ月の行事を知らせている。いつも作成している
担当者はパソコンとプリンターに手こずり始めた。トラブル続出で私にピンチヒッターの依頼が来た。もともと私もやっていた事なので、引き受けたのが大失敗。エクセルとワードを使うのは良いが、エクセルはもう忘れていて思い出し、失敗を繰り返してタップリ半日掛かってしまった。いやいや、疲れた。眼も参った。
もう一つ、町内会の副会長がパソコンを使うZOOM会議を提唱して第一回目を行った。やってみたら参加は私のみで、二人で意見交換会を一時間やることになった。もう高齢化して、皆さんはパソコンなんか見たくもないのが現実のようだ。ZOOMは兎も角、これだけトラブルの多いネットを利用するのは厭になってきた。もっと誰でも簡単に使えるような機器を開発して貰いたい。

一挙に眼は悪化。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0ー)


2月26日(土)BTX38日
着実に暖かくなっている。自宅で造園作業と植物の手当を行う。やることが変わらないので、ここで書く気が起きない。
ウクライナは心配になる、短期的には独裁或いは専制国家は戦争に強い。警察や軍隊が国民を武力を背景に従属させて、強制的に動かせるからだ。この点民主主義は自由な異見、意見を尊重する故に戦争の立ち上がりが遅い。ロシアや中国は昔から王様、皇帝に従属する気風があるように感じている。日本には天皇があるけれど、実行支配することは非常に少なかった。それは兎も角、何事につけて民主主義国家は遅くて時間がかかる。ただ重要なのは自主的に行動が一致したときは、非常に強い。これをいかんなく発揮したのが日本の女子カーリングチームのロコ・ソラーレだと言ったら見当違いだろうか?

眼はまあ良し。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


2月25日(金)BTX37
今日も家内と横須賀中央商店街を散歩した。最近の世界、世間の騒がしさが気になり自分なりに意見交換をして回っている。超小市民ではあるが、気になる事は沢山ある。連日、昼間から酒の出る店を探しているわけにも行かず、今日は喫茶店でパンとコーヒーで済ませた。それでも2人分でほゞ千円になった。安く上げるにはフードコートで買ったパン一個とpetの紅茶ですますか、立ち食いそばが良い。

首肩の凝り対策として、今週からラジオ体操、ストレッチ、腰痛防止体操を再開したら徐々に症状が軽減してきた。

眼の状態 ー0.2(旧表示 ー0.2)


2月24日(木)BTX5週
今日も好天に恵まれて女房と逗子に出掛けた。新コロナなの影響はこの街にも活気のない雰囲気をもたらしていた。商店街も半分はやっているのか休みなのか分かりにくい。JR駅前の車の出入り、人のでも少ない、明るい表情もない。昼飯のお店がなかなか見つからない。ウロウロと歩き回って、何やら薄暗いカレーの店に入った。決め手はアルコールの提供があったせいだ。なにか拘りを持った店内の装飾と芸術家の展覧会のパンフレットがおいてあった。それにそぐわないテニス用語の店名は何だ?でもカレーは美味かった。ビールが飲めて良かった。

以下私の独断と見解である。
夜のニュースでウクライナの状況を聞くと、プッチン大統領はウクライナ全土を侵略し、ロシア帝国に組み込もうとしている。最近のプッチンの表情は気になっていた。顔がたるんで締りなく、我々老人特有のどんよりして判断力に疑問を持ちたくなる。周囲への理解が出来ず、不満と怒りをぶちまける段階の直前に来ている・・・・そう感じている。プッチンはソ連のKGB(スパイ組織)の親方であった、極めて後ろ暗い背景を持って大統領になった。この戦争から何を得ようとするのか?どんなメリットを持っているのか?意味不明なこの闘いで得たいのは、彼の偉大なるロシアでかつてはソ連に属していたウクライナを自分の政治下に置き偉大な歴史に残る大統領になりたいのだろう。ロシア歴史にプッチン在り、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン(ロシア語: Владимир Владимирович Путин)
世界史の授業で偉大な業績を残した人物を****THE GRATEと紹介されたものだ。
ALEXANDOROS THE GRATE, MEIJI THE GRATEみたいに。
PUTTIN THE GRATE とになりたいのだろう。高齢化で冷静な判断力が無くなり、残るは名声のみ。
以上で私の独断と見解を終わる。

こんな事を書いて、精神的に解放感を得たのが良かったらしい。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力がやや強い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が弱い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:やや弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛は無くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:弱くなっているが継続して感じる。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



2月23日(水)BTX35日
少し暖かくなって、追浜の街まで出掛け帰りは歩行数を増すため大回りして帰った。気分良く、体力にも不安は無かった。消極的になっていた外出も8000歩を目指してやり直そう。帰宅後は庭に出て樹木剪定と急に伸びだした雑草刈を頑張った。

多少は眼と頭痛と肩凝りが軽くなった。気分的に少し良いだけだ。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


2月22日(火)BTX34日
オリンピックが終わり日本は良く活躍し好成績を収めた。大半の人はカーリング女子ロコソラーレの活躍を喜び、ゲームのルールが分からずに戦略、戦術もあれやこれやと考えながら好奇心に駆られ熱中したのではないかと思っている。一番不愉快な記憶は女子フィギュアスケートのドーピング問題で、特に15歳の子供に薬剤を使った報道にはロシアの独裁国家の心を表したものだと思っている。
一方すぐにウクライナへのロシア侵攻が迫ってきた。独裁政治をする国家は武器の戦いを全面に出して、外交協議は実践の戦略、戦術を進める時間稼ぎにしかならない。民主主義国家は自由を標榜するが故に結論に時間がかかり、相手に振り回されて実行に手間がかかる。国連安保理は実質機能しないことを独裁国家は見透かして、馬鹿にし、思うように実行できる。民主主義国家は経済制裁でも一挙に行わず徐々にレベルを上げる。独裁国家はこの間、相手を見極めながら戦術をすすめられる。
新コロナ感染症対策は強い対策処置をいち早く先手先手で行うのが最善と言われるが、武力に対抗するときは十分時間を掛けて協議したのでは間に合わない。憲法議論の際にいつも気になる考え方である。

今日も眼と頭痛と肩凝りに悩まされた。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


2月21日(月)BTX33日
老人会の公園清掃日に参加した。先日このブログに書いたシェアハウスの問題とフライイングディスクについて、取り上げて貰うように会長にお願いをした。案外テーマに困っているからチャンスがありそうだ。
晴天と冷たさで自宅での造園作業は捗らず、なにかと言い訳をしてはサボってしまった。

残念ながら眼の悪さは最悪で本日も早々に寝る。

眼の状態 ー1(旧表示 ー1)


2月20日(日)BTX32日
歌の練習日に参加した。お相撲さんみたいな先生がピアノを打楽器にように打ち鳴らして指導する。コンサートでは専門のピアニストがやるけれど、普段はあまりお金をかけられない。今日は殆ど発声練習でだった、多分女性の声が弱いので集中治療をしたのだろう。歌い方は女性のレベルが高いけれど、なにしろか細い。男は下手だが、声はでかい。でもまともな発声練習を教わったの始めてで質問もできたのは良かった。3部合唱曲「遠い日の歌」はソプラノとアルトの負担が男性と較べ圧倒的に大きい。今日の練習は先生の危機感を表したものだ。
冬のオリンピックで日本選手は大きな活躍をして素晴らしかった。ロシアのドーピング、審判の判定には疑問、不審が終わらない。商業化オリンピックも厭になって来た。政治が関与する金儲けとスポーツを分離させたい。
ウクライナに危機感が高まっている。独裁政治国家には必ず武力が裏表になって成り立っている。自由を掲げる国々は武力より、話し合いによる解決を行おうとする分だけ手間がかかり独裁国家に先手を打たれやすい。・・・・実に政治は難しい。

眼の悪さは昨日と同様。最悪で本日も早々に寝た。寝ても解決にならない。

眼の状態 ー1(旧表示 ー1)


2月19日(土)BTX31日
独身、高齢、一軒家に一人住まい、神奈川に親戚なし、健康に不安ありとかなりの問題である。四人で集まり、あれこれと議論するなか一人Tさんが提唱するシェアハウス構想を進めてみることにした。我々は他人に世話を掛けたくない、・・・この考えが強くてなかなか数人で一軒家を借り切り住むことは言い出せない。しかし、Tさんのきっぱりした信念と本人の切羽詰まった状況と妥協で希望者も募ることで開始した。なんとしても成功させたいと思っている。難問山積は承知だ。

眼そのものだけでなく、痛みが後頭部に伝わり首肩に強力な痛みと凝りが続いて何も出来ない。好きな屋外作業も歌も写真もだめ。早々に寝るしかない。

眼の状態 ー1(旧表示 ー1)


2月18日(金)BTX30日
写真の勉強会の日。高齢で体調の悪い友人と一緒に参加した。会の中心メンバーが体調を崩して退会してしまったので、心配したが積極的に引き受ける人が出て大助かりだ。特に神奈川県では代表的な活躍をしている方が、教育指導を引き受けてくれるのは大きい。
一人一人自分の作品を発表するのっだが、私はUSBメモリーにデータを入れ忘れて大失敗した。いや、確かにデーターが入ったことを覚えている。パソコンの信頼性が心配になる。
一緒の友人はかなり心配になるので、明日は友人達と集まって対策会議をすることにした。

賑やかに写真の勉強と会話があって、眼の悪さを忘れることができて良かった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)



2月17日(木)BTX4週
日差しも良く屋外を眺めると、穏やかな春の日と思わせる。ところが意外に寒く玄関内でも9〜11℃だ。風も寒さを刺激する。庭に出る気も無くなった。当然、オリンピック、ニュース、ミステリー番組などで過ごしていた。フィギュアスケート
で日本女子は立派な活躍だ。一方ロシアオリンピック委員会の薬剤利用には極めて不愉快でスポーツを政治に利用する姿が明らかになった。なんで国家の名前が使えない事情を理解できないのか。独裁国家とは個人はなく国家の存在のみが大切で個人は国家に尽くす事のみが評価されるのだろう。オリンピックには参加させないことにした方が良い。
夜は小学校時代の友人とZOOM懇談を楽しく過ごした。
定例のフライイングディスク練習はオミクロン株のお蔭で休会になった。

症状は気分良く過ごせている。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力がやや強い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低くなっているので、眩しさが強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:やや弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛い。後頭部から首、肩に痛みが伝わる。今回この痛みはしつこい。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:継続して痛み、凝りを感じる。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌のの活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



2月16日(水)BTX28日
意外に暖かい天気になったので、女房と二駅離れた商店街に出掛けて来た。ここに美味しい蕎麦屋さんがあるので楽しみにしていた。残念、コロナ休店だ。過去2回こんな目に遭っている。私達と余程相性が悪いのだろう、まるで貴方たちはお断りと、言われているような気がする。結局カフェでパンとコーヒーで済ましてしまった。帰ればオリンピックと歌の練習と写真の編集で過ごした。

眼の症状は気分良く過ごせるようになった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


2月15日(火)BTX27日
兎に角寒くて、空に浮かぶ雲が精神的に暗くさせる。運動不足にならぬよう庭作業とフライイングディスク練習を行った。最近は脊椎管狭窄症の症状が気にならなくなったので、ラジオ体操とストレッチと腰痛防止体操を復活している。幸い症状を悪化させることもないので一安心だ。

相も変わらず眼は痛く、頭痛、肩凝りも酷い。でも眼は何とか開けている。

眼の状態 0(旧表示 ー0.5)


2月14日(月)BTX26日
ヨガ教室もリモートになってしまった。コロナ騒動でも継続出来るのは強味で有難い。今日のように天候も悪く寒いし、メンバーは障害者だから出掛けずに済むメリットは大きい。只、カメラの位置や先生のインストラクターとしての姿も見たいし声もハッキリ聞きたい。久し振りなので、準備も十分出来なかった。今後の為に少し機材準備がい必要だ。
オリンピックのカーリングが面白くなってしまった。ルール、用語、簡単な戦術をもっと勉強しなければ物足りなくなってきた。
日本人は団体対競技が得意で、そのほうが力を発揮しやすい才能があるように思う。

雨で薄暗く寒い日。屋外作業も少なく、自然とテレビでオリンピックを見ることになった。シブチンの眼で見ていると、直ぐに眼が痛くなり、後頭部の頭痛から首肩の痛みと強烈な凝りが鬱陶しく溜息がでる。ドライアアイも強くなりだした。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


2月13日(日)BTX25日
北京の冬季オリンピックは日本選手の活躍が嬉しい。競技も多種多様になって楽しさもました。スケボー、Uパイプ、カーリング等遊びと思っていたのが正式競技になった。子供の頃に映画で見たカーリングでは氷上をブラシで真剣になって擦っている風景を皆で笑っていたのを思いだす。スポーツ競技の発祥なんてそんな他愛ない遊びから始まっていることが多いのだろう。多種多様は人の活躍の場を拡げている、人がいろいろな能力を発揮し認められることは素晴らしい。私も障害者手帳を持っているが、障害者が生きやすくなる事は間接的に社会の生きやすさを発展させている。多様性を増やせることは人類の発展でもある。障害者は不要であると適者生存の法則を主張する政治家もいる。何と狭苦しい頑なな思考だろう、情けない。発展性が感じられない。

眼の症状は殆ど変化なし。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


2月12日(土)BTX24日
ここの所、毎日の作業は殆ど変わらない。町内会の役員から「ZOOM会議を普及させて行きたいから、協力してください」と連絡があった。私もそう思っていたし、老人会では話題に取り上げていたので、お引き受けした。むしろ私より若い町内会の方がもっと早く実行するのが順序だろう。フライングディスクも老人会のゲームとしてピッタリじゃないかと思い、提案している。

眼の状態は連日変わらず。さすがに眼、頭痛、首肩の凝り痛みが酷いので評価を下げた。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


2月11日(金)BTX23日
また更に寒くなった。庭に出て土を掘り起こし、石ころを分類して積み上げる、良い土は畑用に一山積み上げる、畑も花壇も雑草の芽が吹きだした、、、こいつも処分しなければ後が大変だ。一方、怠け心も働きオリンピックに眼を引きずられている。

眼はチョット持ち直して、症状が緩んだ。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)



2月10日(木)BTX3週
フライイングディスク練習の日だ。「雪が降ったら休みます」と断っていたが、冷たい雨になって参加した。身体障害者の団体だから、来た人は半分位に減ってしまった。単純な競技と思われるかもしれないが、的にあてる競技が4種類と遠投を含め
5種をやると我々にとっては結構良い運動になる。最近は「上手になりましたね」とか「投げ方が恰好よくなりました」とお褒めの言葉も頂くようになった。競技としての得点は伸びていないから、まだまだ練習と研究を要する。

眼の状態は連日変わらず。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力がやや強い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低くなっているので、眩しさが強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:強い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛い。後頭部から首、肩に痛みが伝わる。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:痛み、凝りを感じる。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。



2月9日(水)BTX21日
晴れているからまだ良いが、寒い日が続いている。オミクロン株の影響で友人と会うチャンスもない。必然的に庭仕事になる。この数年はいろいろな事情で庭を荒らしてしまったことは、大きな損害になった。暴れまわる植物と言う表現が適当だろう。地上に育つ植物は見えるが、地下に這いまわり伸びて行く木の根、竹の根、雑草、芝、蔦、・・・・・等は見えないけれど整備し直すと飛んでもない大作業に
なることを思い知らされた。日々の手入れが重要なのは当然だが、開拓地で働いた人達がどんな苦労をされたのか、僅かではあるが想像に難くない。
そんな作業を続けているのが精一杯であるが、合唱、写真、フライイングディスクなどやっているのは身に過ぎた生活をしている事になる。虻蜂取らずになりそうだ。日々退屈することが無いだけでも良いと思っている。・・・・他にも年齢なりにやるべき事も残っている。忙しいのか?閑なのか?

眼は瞑って見られないような時間はそんなに多くない。只、眼の痛みからの頭痛、首肩の痛みと凝りはかなり強烈だ。毎日の眼の評価はまあいいのだが実態は結構苦しい。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


2月8日(火)BTX20日
雲が増えたり減ったりで寒い一日。外出は女房の買い物に付き添っただけ。庭でのフライイングディスク練習も殆どやらず、大半は室内で過ごした。歌の練習を繰り返し写真の編集に力を入れて過ごした。
オリンピックのスキージャンプで女子選手が服装違反で失格した。他にオーストリア、ドイツ、ノルウェーも含め4人になった。直観的に不自然さを感じた。ジャンプ後に抜き取り検査だと言うが、何故全員にやらないのか?ドーピング検査は全員やっている。公正さに疑念をもつ。今後、何か起きないかを懸念する。

眼の症状は連日変わらない。ただ、眼の痛みと後頭部頭痛は酷くて早く寝てしまった。

眼の状態 0


2月7日(月)BTX19日
老人会の公園清掃日である。晴れているが集まりは悪い。平均年齢は80歳を過ぎているから仕方がない、無理のお願いもできないから、世間話でもしに気て下さい、とお願いする程度になる。その後は月例の役員会になって話をすると、先ず次年度の役員に入ってくる方や特に会長さんがいない。「役員をやって頂き有り難うございます。ご協力はいたしますのでよろしくお願いいたします。」とこんな雰囲気である。
以前のように絵や書道、写真などの発表会もミニ町内新聞発行も花壇作りなどは手数がかかるので止めてしまった。そもそも、そんな事は要らないと思うようになった。これが高齢化の雰囲気なのだ。周辺の年代の若い街には前向きもの活動をしている所がある。次世代に繋がれば良いと思うが。
昨日買ったネットを垣根の周囲に上手く張る事ができた。実際に練習すると、ネットまでディスクが届くことはなく心配は無くなった。

今日も天候は良かった。症状も同じく眩しさと痛み更に後頭部から首、肩の痛みを凝りが強かった。それなのに眼の痛みは程酷くなって後頭部の方が痛い。早めに寝る事にした

眼の状態 0


2月6日(日)BTX18日
外出をする口実に、鼻洗浄機を設置する棚や庭でフライイングディスク練習する際のネット等を買おうと女房を引っ張り出した。行く先のホームセンターは6駅乗って行き、更に歩いて20分と遠いい。ネットは簡単に見つかったが棚は無い。代替品も探したが見つからず、十分散歩替わりになった。家内はもう晩飯作りが厭になっているのが分かっていたので、市の中央まで歩いて食事することにした。8000歩を越えて十分すぎる運動をしていたので、ゆっくりと休息と食事を済ませることが出来た。少し酔ってしまった。

天候は良かった。眼は眩しさと痛み更に後頭部から首、肩の痛みを凝りが強かった。
眼の痛みはそれ程酷くなくて後頭部の方が痛い。

眼の状態 0+


2月5日(土)BTX17日
最近は自宅の庭でフライイングディスク練習をするようになった。それは良いが、東に投げると道路や隣家に飛んで行ってしむ。ならばと西に投げると隣家と境の柵にぶつかりカーンと音が出る。仕方がないから手前にネットを張って、柵まで行かないようにしよう。それまでは、ディスクを地面すれすれに飛ばしている。これもまた意外に良いコントロールの練習になる。
それにしても、もう少し気温が上がるといいのだが。屋外作業が捗るだろう、尤も植物も芽を吹き出し活発になるからもっと忙しくなるに違いない。

どうも眼玉の奥の痛みと首肩の痛みと凝りが強い。オリンピックを見ていられないので、ラジオで聴きながら寝てしまった。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


2月4日(金)BTX16日
横須賀でも寒い日が続いている。家の中にいると身をもて余してしまう、幸い庭仕事はいくらやってもやり過ぎることはない。只、脊椎管狭窄症を再発させぬように注意をしなければいけない。アツという間に起きる場合もあるから、チョットしたことでも気を緩めてはいけない。少しづつ腰痛防止体操を徐々に始めてきて、効果が出てきた。焦らない事、続ける事、痛くならない範囲に留める事等が重要だ。
単純なフライイングディスクの練習練習も良い。独りでできるし、投げたら自分で10m以上歩いて拾いに行くし、拾う時に膝を曲げたり、前屈ので意外に身体が暖かくなる位の運動になる。
室内では写真の編集作業をやった。取捨選択、トリミングが最初の作業になる。その後は自分の望む画像にするべく編集作業を行う。これがトライ アンド エラーの連続で一番時間の掛る仕事になる。納得できる作品になるものが月に2,3枚できれば恩の字だ。

今日は眼は相変わらず眩しさとショボショボだ。少し目薬の使用頻度が高くなっている。加えて左目の痛みが後頭部へ突き抜けて頭痛を起こし、首と肩まで痛みと凝りになる。痛みで早く寝てしまった。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


2月3日(木)BTX2週
私の住む横須賀も今週になってオミクロン株が急増している。3回目のワクチン接種も終わっているものの高齢者であり、気持ちを引き締めている。
年寄りの冷や水でフライイングディクをやっているが、中々上達しない。天候も良くなって、庭でも練習している。目標に当たらないのは仕方が無いとして、垣根を飛び出して道路に飛んでゆく事がある。きっとその内自治会から一言ご注意を受けそうな気がする。今日から反対側の隣のお宅に向かって飛ばすことにした。こちら側は背の高い気があるし柵もある。念のためにネットを使って塞ぐようにする積りだ。
夜は小学校時代の友人とZOOMで話し合いをした。もう30数回もやっていると、何となく飽きて来る。外出が減る中で皆が共通に話せる事も少なくなった。じゃ、ZOOMでなくSkypeでやろうと試したりするが、今一である。

眼はこれ以上良くならないような気がする。この程度なら我慢して生きて行ける。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力がやや強い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低くなっているので、眩しさが強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:やや強い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:無い
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:凝りを感じる。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。


2月2日(水)BTX14日
私達、眼球使用困難症の患者の生活向上を目指して活動なさっている方々のZOOM会議にご招待を受けて参加しました。昨年末には眩しさ等の重症の方達に行ったアンケートに関する熱心な話し合いが行われました。内容について私から公表するのは控えますが、あらゆる面で私達の問題への認知度はまだまだ低いと思っています。アンケートについてではありませんが、眼球使用困難症患者でも生活に不安の無い方達は沢山いらっしゃると思います。是非この問題について一層深く関心をもち、活動に協力をお願いしたいと思います。私達が声を挙げなければ、誰も助ける人はいません。これは法律の上でも、医療の世界でも同じことです。重症とまでならなくても、決定的な治療法が無い現状はいつまで経っても変わらないままになります。簡単な解決法はありません、一人一人が自分の出来る範囲で改善に向けた活動に動いて頂きたいと思います。

庭の太陽が眩しい中での庭仕事で、眼が疲れ気味になった。ショボショボと休んでいると眼が閉じて居眠りみたいになってしまう。

眼の状態 0


2月1日(火)BTX13日
出掛けるのが厭だなと思う位の寒さとなった。それでも歌の勉強会には出席した。
楽譜の読めない私には2部合唱が困る。恥ずかしさも気にせずにやり続ける、厚かましさは高齢者の特権かもしれない。楽譜を見て音を出せるにはどんな訓練をしたらいいのだろう。女房でさえ教えられないのだから、先生方諸君も年よりには無理なのだろう。
帰りは何時ものように、ヴェルニー公園を通過して一駅分歩いて帰った。
米軍基地は杭を沢山打って、何やら新しい設備ができそうだ。

歩く中眩しさだけが際立つ、太陽に顔を向けるとクシャミが出るのは私だけだろうか。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月31日(月)BTX12日
ワクチン接種直後に自分のいろいろな身体の不具合、症状が極端に出てきて驚いた。このワクチンは健康診断に応用できるのではないか、と思う位だ。勿論、眼瞼痙攣もそうだ。また、奥歯の痛みも激しくなり、出血するまでになった。これはもうほっとけないと歯医者に緊急処置をお願いした。幸い簡単な止血とクリーニングで収まったが、コロナの日常生活に与える影響の広さに驚かされた。

眼はまあま良い状態に収まってしまったようだ。このまま何処まで続くか。
今一番気になるのは眩しさです。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月30日(日)BTX11日
今日も老人会のカレンダーの配布に町内を一巡して良い運動になっている。オミクロン株も徐々に拡散を始めて、こんな田舎町でも更に静かになってしまった。普通ならスーパー前の広場は小学生たちで賑やかに、騒々しいが今は子供が2,3人しかいない。コロナが通り過ぎるのをひたすらまっている雰囲気だ。
スーパーでトイレットペーパーを二束とギョーザの皮を買って帰った。どうやら女房は一夜で体調は戻り、晩飯を作る気になった。目出度し、目出度し。

天候に恵まれ、庭作業にも力が入った。脊椎管狭窄症さえ悪化しなければ、かなりの仕事が出来ると思うが自重することを忘れてはいけない。もう一回激痛を起こしたら、一挙に体力が減退してしますだろう。

どうやら、僅かながら眼の回復は進んでいる。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月29日(土)BTX10日
月末になって老人会の配布資料が送られてきた。部数が足りなくて仕方がないから自分の分は一読して皆さんにあげてしまった。一回りすると良い運動になる。
家内はワクチン接種の翌日とあってダウンした。38℃弱でグンニャリして寝たままだ。食欲が全くないし動く気にもならないようだ。帰りにスーパーに寄って自分の晩飯代わりの弁当と極上?のアイスクリームを2個買った。女房はアイスクリームならどうやら食べられてホッとした。

私はもワクチンの影響は殆どなくなっているから、五目寿司弁当は独り美味しく食べることが出来た。BTXが効きだしたのだろうか、眼が少しよくなってきた。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月28日(金)BTX9日
高齢の写真友達が体調不良で苦労している。お一人様で86歳になり近隣に親戚もいない中、内臓疾患で不安を抱えている。喫茶店で相談したが名案など簡単に出る訳もなく、取り敢えずは市の相談窓口にゆく事を薦めた。私も何度か相談に行っているがかなり熱心に対応してくれる。しかし彼は何でこの事態になるまで、何の準備をしなかったのだろう。人物から意外に感じる。
その後家内もワクチン接種が終わり、またもや二人で喫茶店に入り軽食を取る事になった。女房もワクチンの副作用が心配になる。
帰りはついでにリハビリに寄り、トレーニングのつもりで山道を登り自宅に帰った。

眼は良い状態を維持している。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月27日(木)BTX1週
終日在宅。学生時代同期会の寄稿文に熱中した。外出もせず、庭仕事もせず、家事もせず。通常なら眼は悪くなるはずが、むしろ良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力が強い。
〇ドライアイ:症状が強いときショボショボ感は非常に強い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低くなっているので、眩しさが強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:強い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:パソコン利用で顕著である。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:凝りを強く感じる。痛さもある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強いた。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。


1月26日(水)BBTX7日
風呂場脇の洗面所 兼脱衣所 兼洗濯場は寒さで閉口していた。風呂場は暖房を追加したが何となく後回しにしていた。女房と相談して隣駅まで買い物に出掛けた。事前にネットで調べて行ったが同じものがない。でも売れ筋の商品が分かって、丁度開梱直後の製品を買った。小型で1.2kwあるから2畳の部屋では十分過ぎるくらいだ。短時間しか使わないからこれ位で良かった。
昼飯時で和食の店に入ると店長兼料理長が客の注文取り、、、、何もかも一人でやっている。お酒の提供はしまい。精一杯でお店を動かしているみたい。待っている間に体調が悪くなってきた。先ず眼に痛みが出てから、眼の奥へ更に後頭部へと痛みが拡がって行く。首、肩も凝るような痛みが出る。脊椎管狭窄症に関連する腰痛や足の指まで痛む。呼吸は大した事はないが何とない息苦しさがある。お腹の具合も悪くトイレを急ぐことにもなった。3回目はモデルナのワクチンで少し副作用が強いようだ。
坂を下るときに眼を瞑ることが多く、瞼が閉じてくっつくと直ぐに離れない。薬の効果で眼輪筋の開く力が弱まったのだろう。ワクチン副作用らしく、症状全般に渡りかなり悪化している。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0 )


1月25日(火)BTX6日
毎日気温、湿度、気圧を測定していたが、気圧計は壊れても信頼性を期待する気圧計は高くて替えない。玄関の人気の少、日の当たらない場所ではこの数日8〜12℃でかなり寒い。私の3畳部屋でさえ電気ストーブでは暖かくならない。この地では珍しく霜柱が立ちっ放し。屋外作業に出る気も無くなった。
幸い今日はワクチン接種日とあって整形外科リハビリを行ってから接種会場に出掛けた。地元の大きなデパートの二つのフロアーを借りてやっている。要領が良くなって、対象人数も減り極めてスムーズに終わってしまった。この間約10分で後は経過観察15分で終了した。これで友人達も揃っておわれば「ほろ酔いクラブ」の新年会ができるだろう。

昨夜は就寝前にラジオはお休みタイマー30分にセットした。眠さも少し軽くなったせいだろう、眼は少し良くなった。でも僅かだ、評価点数は上げられない。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月24日(月)BTX5日
矢張り眠気はNHKのラジオ深夜便のせいらしい。昨夜はタイマーで30分セットしたら大部良くなった。フラフラや気分の悪さも軽くなった。年をとるとこんな所にまで影響を受けるようになるのだろう。
日中は寒くて庭にでるのも厭になった。この心、物ぐさこそ我々の大敵であるとおもいつつ部屋で呻吟している。学生時代の寄稿文を安請け合いして困っている、これがまた物ぐさの原因になっているのだ。ストーリーが纏まらないであれやこれや悩むばかり、いろいろとテーマを思いつくがしっかりピントを合わせられずにいる。
どうも良く見せようとの下心が揺れ動いているようだ。

どうも揺れ動く心理は積極さを生まない。眼も消極的で冴えない。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月23日(日)BTX4日
合唱の練習に参加してきた。私は前回の曲「COSMOS」を繰り返し練習して、YOUTUBEからプロのテノールパートを探してこれも繰り返し聞いてきた。ところが先生はそんな事にはお構いなく次の曲「遠い日の歌」に移ってしまった。コロナで休会もあるので先を急いでいるようだ。今まで参加していた会と扱いが違う。いきなりパート別に練習が始まってしまう。慣れない練習に戸惑いながらやっているうちに終わってしまった。相当心構えを整えて行かないとついて行けそうもない。
帰り道に床屋さんでスッカリ伸びた髪を殆ど坊主頭に近い位刈って貰った。

昼の眠気に悩まされている、椅子に座ったら直ぐに寝てしまうし気分が悪くなりフラフラしている。NHKのラジオ深夜便を付けっ放しにしているのが悪いかもしれない。音は小さくしているので、問題ないと思っているが。NHKも「副作用の無い睡眠薬」と言ってる位だから。
そんな影響もあるか、未だ眼は好転しない。注射後1週間にもならない、無理もない。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月22日(土)BTX3日
晴天と寒さで外出は女房の買い物帰りに迎えに行っただけ。庭に出て、どうやら終わりかけた松の木の揉み上げを行った。これで整枝もできそうだ。竹を添えて格好良く仕上げられるか、楽しみだが冷たくて指先の感覚が無くなってしまった。またひび割れやあかぎれにならないようにクリームで補修した。

比較的不精な一日は眼に良かったらしい。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月21日(金)BTX2日
コロナ休会が続いていたけれど、久し振りに写真の勉強会が開かれた。寂しいことに5人しか集まらない。コロナのせいではなく、高齢者ならではの病気が原因でこれもまた深刻な問題だ。それでも皆さんの研究熱心さは変わらず楽しい会話が弾んで良かった。メンバーの先生は多方面から写真の評価、指導をするようになって私としては嬉し楽しの時間となり、次回の作品にワクワク感を感じてしまった。
最近の発表はスライドで行っている、主旨はプリントする手間と費用が全然違うからだ。しかし、モニター画面は各々が使う機器とモニター画面で大いに異なる。
指導して貰った画面を家のモニターでみたら余りに違い明るさや色が違い過ぎて、参考にならなくなった。勿論無駄な指導ではないが、その結果を期待通りに見ることが出来ないのは残念な問題である。矢張りプリントで見ないと皆で正確に判断出来ない。

連日、眠さが酷くて日中に気分が悪くなるくらいだ。眼の症状にも何らかの影響が出ているかもしれない。眠さで瞼がくっつきそうだ。何処でも座ると眠ってしまう。何かの病気かも?

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月20日(木)BTX初日 第51回ボトック注射実施。
午前中はフライイングディスク練習で「上手くなった?フォームが綺麗になりましたね」なんて言われて若干喜びを感じた。しかし全4種類合計スコアはそんなに変わらない、まだまだ努力をようする。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

午後は横浜の神経内科の先生にクリニックに行った。スタッフの女性が「坂本さん!暫く来なかったから、今日の注射はいたいでよ!!」と脅かす。たかが2週間延期したから、痛くなる訳がないと思うが。年寄と思ってカラカッたのだろう。
先生にはボトックスの総括にだしたデーターをお見せして、複視の状況は眼輪筋への効果を目一杯出すために瞼の睫毛の部分に注射たのだろうと言う眼科の先生の見解をお伝えした。その他注射直後から、瞼がしっかり閉じないので洗顔時に水が眼に入るし、石鹸水が眼に入り痛いのことも説明した。グラフから成績もかなり悪化していることはアッサリと認め今回は注射ヵ所を変更する旨のご返事を頂いた。
前回は15ヵ所だが今回は13ヵ所左右眉毛の下や鼻と額に注射した。全量は変わらず50単位である。


1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:やや強い。閉じる力が強い。
〇ドライアイ:症状が強いときショボショボ感は非常に強い。ムコスタの点眼液を症状緩和と気休めにしている。使用頻度が極めてたかくなった。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、眩しさが更に強くなる。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:強い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:パソコン利用で顕著になった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:凝りを強く感じる。痛さもある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強くなった。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない



第49回ボトックス日記 [2021年07月23日(Fri)]
第49回ボトックス日記

DSCN2388d.png





10月7日(木)BTX92日
緊急事態解除になって、横須賀市の新コロナ感染症の発生は一桁以下で0もあった。5人は多い位だ。身体障害者のフライイングディスク練習も始まった。参加してみれば、全員無事で良かった。皆さんはかなり上手で、「なんで私は上手くならないんだろう?」とブツブツ言いながら投げていると先輩諸氏が心配していろいろと教えてくれるが上手くならない。一見健康そうに見えるが皆様のには分からない。それもまた無理ない事だ。人様に分かるくらいなら苦労は要らない。でもお蔭で良い運動になってる。帰りは一駅分遠回りして、追浜についてからは慎重に急坂な登りを歩き通して帰宅した。私の体調もこれからは良くなってゆきそうだ。

眼はまた良くなっている。勿論、理由なんか分からない。
明日からは第50回のボトックス注射の日だ。

眼の状態 0+


1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:やや強い。
〇ドライアイ:ややショボショボ感が強くなっている。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。




10月6日(水)BTX91日
私が1級障害者になってから、女房と出掛けることが多くなった。付き添いと言う名目があるが、電車バス等の交通費等に割引があるせいでもある。それは兎も角、用件があって二駅電車を要する所に行った。ここは横浜市になって、衆議院選挙を睨み街宣活動が始まっている。菅総理の地元選挙区だ、大きな関心を持つが喋っているご本人は「政治を替えよう」と言うが中身について語らず、詰まらん。
緊急事態が解除とあって餃子で有名な王将に入ってみると満員盛況だ、ただ誰もアルコール類を飲む人はいない。流石に2人分で千円には十分おつりが出た、それなりに十分美味しかった。下手するとサンドイッチと紅茶の弁当より特ではないか。人が集まるのも無理はない。

眼は悪い状態の継続。症状もかわらない。BTX待ちだ。

眼の状態  ー0.3


10月5日(火)BTX90日
やっと歌の勉強会が始まった。高齢者向けの生涯学習財団の講習が行われる「まなびかん」の音楽室でやっている。いつものように30分毎に換気、いつもマスク、座る椅子、机、ピアノ、ドアノブ・・・と触れる所は全てアルコール消毒を開始前と終わりに行う。
先生は体操から発声練習までかなり丹念に行うが、これがかなり効果がでている。
リズムの取り方、和音・・・と初歩の練習が私には向いている。
帰りはいつも海上自衛隊と米軍基地が良く見えるヴェルニー公園でサンドイッチと紅茶で昼食をするのが気分良い。ただ、今回はトンビに3度目になる攻撃を受けて食べ物が飛散してしまった。清掃するのに困っていたら、サッと鳩の群れが来てサッと片付けてくれた。感謝、感謝だが怪しからんトンビは直ぐそばの街灯に止まって私が食べているのを監視している。トンビとしても、失敗しているので、私の様子を観察して必ず頭の上から或いは背後から襲ってくる。私も承知なので、コンモリした木を背後しているが、今日は左頭上から来て右に飛んで行った。食事が終わって、カメラを向けたら直ぐに飛び去った。きっと何処かで痛い目のあったのかもしれない。大体野生の動物はカメラが嫌いのようだ、そこらは週刊誌に終われる立場の人々と似ているのか?

眼は本日も悪い状態が続いている。もう記念すべき第50回ボトックス注射は明々後日に迫った。悪くても仕方がない時期である。

眼の状態  ー0.3


10月4日(月)BTX89日
今日は散歩も8000歩、庭の雑草除去もしっかりやった。以前の私ならどうという事はない。今はこれでも自慢できる程になった。これからは外出自粛もかなり自由に出来るから、楽しみになるしもっと回復するだろう。

このシッカリのお蔭で眼は悪くなった。閉じて閉じて仕方がない。これに連れて眩しさ、ドライアイも悪くなり点眼液のムコスタとジクアスを沢山使って液の冷たさで症状を誤魔化して凌いだ。殆ど効果はないが、気持ちの切替という程度である。

眼の状態  ー0.3


10月3日(日)BTX88日
先日、横須賀の友人に「ほろ酔いクラブ」を提案して誘ったら直ぐに7名揃った。この程度が丁度良い。私が公募展に写真を出すので、それを名目で鑑賞してから緊急事態解除の祝いを行うとの事だ。皆さんの飲もうとする情熱に驚くが、スマホにラインのグループを作り飲み会計画をするのにまるで会話みたいに、頻繁にメールが飛び交っている。嘘のような驚きの世界だ、私は昨日スマホを忘れて荒崎に出掛けた、自宅に居ればカバンの中に入れっぱなし。最早高齢者だからスマホは分からん!、、、、と済まして居られない世界になってきた。

昨日の疲れが出て、ぐうたら生活をしていた。夕方近くになって女房の買い物でお手伝い後に鷹取山とマンション住宅地周辺を一周した。矢張り歩くのは基本運動で気持ちが良くなり健康的な空腹を得る事が出来た。

瞼が閉じる力が強くなっている。もうこのままBTX注射まで続いてしまうだろう。

眼の状態 0


10月2日(土)BTX87日
台風一過の晴天。先ずは市の文化会館に行き、文化祭公募展に参加出品する写真を2枚届けてきた。きっと海が荒れて荒崎海岸の風景が良いだろうと、そのままコンビニでサンドイッチと紅茶を買って直行した。
京急の終点三崎口についたら、城ヶ島行きのバスに行列が出来ていた。勿論、緊急事態が解除されたのが原因だが、この素朴な所に人出ができるとは驚き。私は空いているバスで荒崎に向かった。景色は期待通り波が荒れて良かった。ただ、海水が濁って深く濃い青色が冴えなくて残念。ここは磯を辿って歩き回りたいところだが、もう私一人である国は足元も波も危険で諦めるしかない。でも予定外の写真風景を発見できた、何回か撮っていれば良い作品ができそうだ。

晴天の眩しさと不精な生活に慣れて直ぐに疲れがでてしまいこれも眼に良くなかった。

眼の状態 0


10月1日(金)BTX86日
幸運な事に台風16号がそれて行った。千葉県沖に行き、風さえ大した事なく済んでしまった。庭を片付け、ベランの物干竿を片付け、シャッターをしっかり閉めて待っていた。夕方に一時風が強くなって、これからが本番と思っていたらそれだけで終わった。千葉県は風も雨も被害があって、こちらは対岸の被害を見ると言う申し訳ない。幸運である。年々スケールが大きくなる台風も温暖化が原因と、はっきりしてきた。従来の天気予報は温暖化について曖昧にしていた。それにしても温暖化対策には危うさがある。グレン・タンベルさんが泣きながら、CO2増大について我々大人が誤魔化してつけをを残したと主張している。あの年齢で問題を理解し、主張できるのは凄い。本質を理解出来ていない大人の方が情けない。

家に籠って何もせずで、精神的に良くない。直接原因ではないが、瞼が閉じる、ショボショボする。ドライアイもきつくなる。

眼の状態 0−


9月日30日(木)BTX12週
やっと市の総合福祉会館が開かれて、一ヶ月間休みとなったフライイングディスク「略FD」のプレーが出来るようになった。幸い用事があって休んだ一名以外は参加して、無事を確認できて良かった。見かけは簡単そうで極めて難しい。一番近い先輩さえ未だに冴えない。大した運動量にならないけれど、的を外れたディスクを回収したり準備・片付けは立ったりしゃがんだりと忙しく意外に良い運動量になる。
女房は眼科に行っているが、もう両眼は使えるので余計な付き添いはしなくて済んだ。
明日は16号台風接近とあって、物干し竿を片付けたり屋外や庭にある飛ばされそうな物を片付け回った。嵐の前の静けさで不思議なほど静まり返っている。

理由は勿論思い当たることはないが、眼はやや良くなった。点眼液を沢山使ったのが影響しただろうか。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:徐々に強くなっている。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強くなっている。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


9月29日(水)BTX84日
早朝の7:30発のバスで出掛けることになった。女房の眼帯を外す作業が8時からなので、仕方がない。忙しいクリニックだ、患者は皆予約制だから混雑はなく整然と途切れる事もなく進行されて行く。清潔で広く、先生もスタッフも多い、紹介される設備もどうやら立派な最新機器を備えている。街の自営クリニックではなく、眼科総合病院のイメージだ。立派な経営が出来ている。良くここまでやれると感心する。
今日も帰えりは喫茶店で過ごしてから帰った。まだ今晩の食事は簡素に済ませた。

瞼はかなり強く閉じる頻度が明らかに高くなっている。ドライアイの目薬で症状の緩和をさせる。これは気休め処方である。

眼の状態 0


9月28日(火)BTX83日
家内の白内障手術で眼科に迎えに行った。これで両目とも手術は終わった。特に問題もないらしい。眼帯は明日には外れるが、毎日目薬を時間指定されて点眼している。手術よりアフターケアーの方が余程大変だ。それも今週一杯で解放される予定だ。帰りは喫茶店でモーニングサービスを済ませた。今晩の晩飯は自宅スーパーの弁当で済ませた。普段は馴染みのないものを買ってみると、安かろうで結構うまいものだ。
食後ついつい居眠りをしていたら電話が鳴っていた。女房が知らせてくれて、小学校のZOOMクラス会で大慌て参加した。今日のテーマは「食べ物」について。経済力豊かな友人が世界各地の料理について教えてくれた。博学の彼の話はいつも教えられることが多い。私は土さ回りの拙い話をするのが精一杯だった。例えば田舎の街?で昼飯はポテトとタラを揚げて大皿に山盛り一杯出されて食いきれない・・・そんな程度しかない。拙くて中々飲めなかった給食の脱脂粉乳の思いでは良く出て来る話で、今回もそうだ。拙くともこれで健康を維持されたと思えば有難い。でも家畜の餌だとかトウモロコシの実だけではなく芯も丸ごと粉砕して家畜用に作ったものを使ったとも聞かされている。本音で有難いと思った事はない。

外出したときに瞼がギュッと閉じるようになった。比較的晴れていたこともあるが、ボトックスの効果が落ちているのが分かる。第50回目のBTXの予約は10月8日でもう直ぐだ。

眼の状態 0


9月27日(月)BTX82日
今日も終日在宅。コロナ感染症の勢いはかなり収まって、横須賀では一日10人以下が多くなった。緊急事態は解除されそうな気がして、何をしようかアレコレと楽しみを思い巡らせてしまう。実際、福祉会館やコミセンは開き始め、フライイングディスクは木曜日から再開すると知らせてきた。勿論参加するし、5日は歌の勉強会も始まる。
庭仕事はもっとやらないと、自然の変化に追い付かない。最近は右手の指が曲がってしまい、左手でこれを伸ばさなければ戻らない。それに痛いからあまり根気を詰めて出来ない。もっと重要なのは脊椎管狭窄症を悪化させないことだ。こう書いていると「ない」が矢鱈に多い。困ったものだ。

少しずつ眼の具合いが下降線をたどっているのが分かってきた。一時だが、不自然に眼が閉じてしまう。日中を平均してみれば、無視できる程度の時間である。

眼の状態 0+


9月26日(日)BTX81日
来月早々には記念すべきBTX注射第50回目になる。注射をしていなかった頃と今とどの位の違いがあるかを一度整理して見ようと思っている。どんな内容を纏めるか考えてゆこう。
今回のBTXはかなり良い成績になりそうだ。私が過去の成績と今の先生の成績を比較してお見せしたのは良かったのかと思っている。先生を比較するなど失礼なのかもしれないが、「俄然、戦闘モードに入った」とおっしゃるような気持ちを起こさせたのは良かった。大体そんな事まで期待していなかったから・・・。

眼の状態 0+


9月25日(土)BTX80日
私達眼球使用困難症群の患者にとって、大きな存在になっている「目と心の健康相談室」で恒例の講演会21、テーマ難治な目の病気とどう向き合うかが開催された。私は都合もあって相談室でZOOM講演を聞かせて頂いた。人間の心・感受性・脳神経の働きが如何に私共の患者にとって重要か改めて思い知ることになった。また様々な病も子供の頃から知っている在来の内科、外科、眼科、精神科、産婦人科・・・の縦割りによる医学研究、検査方法、診断、治療等々相互に融合的に解決してゆく事が医学界にブレークスルーを起こす事になるだろう。またきっとIT、AI技術の発展が大きく寄与すると思った。日本の医学界こそが世界に大きく貢献できる分野であるとも期待した。若倉医師は眼科専門医ではあったが、神経眼科或いは心療眼科の学会を創設させて医療現場からの経験観察に基づき心の問題に着目して研究を進め計測のむ付かしい感覚の領域から脳の大きな機能に到達した。大きく貢献されたことに感謝申し上げます。これからも一層のご活躍を期待し、お願い致します。これからは脳科学者の大きな役割が見えてきたように思っている。この点はとっくに皆様はご承知で取り組んでいらっしゃるのかもしれません。知らないのは私かも!?

患者会の活動は各々の個性で活躍すれば良いと思う。ただ日常生活の向上を目指すには、現実的に障害者手帳を得られなと多方面で生きて行く事ができなくなる。
根本的には医学的に明解な診断規準、対応できる法律、これにより保険、年金が決まり患者の人間的な生活が可能になる。今は自助しかない、共助、公助は何処へ行ったのか。

良い講演会だったと思う。帰りは友人と久し振りにあってコーヒー一杯で乾杯
と日常生活ぶりを披露しあって一時間半来月の解禁を目指し再会の約束をした。

眼は今日も順調。

眼の状態 0+


9月24日(金)BTX79日
竹の根っ子の根絶に困難を極めている。つつじや椿の根っ子に絡んでいるので、椿を犠牲にして切り倒して現在その根っこの掘り出しに苦闘する日々が続いている。
太い根はノコギリで切る、周辺から張りだす木の根っこも鋏やノコギリで切って更に周辺の土を掘り出す。脊椎管狭窄症がぶり返しては大変だから、百円ショップで買った椅子に腰かけてやる。また、ここの所蚊の攻撃も激しくなった。蚊取り線香を周囲に3ヵ所配置すると、これは十分効果があるけれどマア面倒くさい。動く度に蚊取り線香の配置換えをしなければいけない。でもお蔭様だ身体の動きも随分良くなっている。毎日、朝晩血圧と血中酸素濃度を計っているがこの酸素濃度が90程度だったのっが97に徐々に上昇している。矢張り運動不足も酸素濃度の低下を招く要因かもしれない。終日、家に籠って身体を動かさないと気付かない間に体調が落ちているのだろうか?このデーターはペースメーカーを挿入した事と新コロナで重症度の目安になった酸素濃度に注目して毎日記録を残している。

眼は程々に良好。

眼の状態 0+


9月23日(木)BTX11週
我が家には面白い火鉢がある。子供の頃からあるがあまり使っていた記憶がない。
和室の客間になるような部屋に置いてあった。飾りになっていたかもしれない、お湯を沸かす鉄瓶なりやかんを置くごとくがない。使い道が無くて、売っても二足三文にしかならないだろう。木の根っこを掘り出し、削って仕上げている。灰を入れる金属容器は形状が複雑でかつ二つを繋ぎ合わせてる難しい技術で作ってある。隅っこに置いてあって埃が一杯蓄積されており、情けない姿である。いろいろ考えて女房が作るドライフラワーをこれに入れて、玄関に飾ることに決めた。灰を出して容器部はブラシで擦り落とし、木部は掃除機やブラシで埃をとるが冴えない。水洗で根っ子の細かい溝に溜まったゴミも落とした。何度も雑巾がけをしたらやっと貫禄のぁる木部の色が戻ってきた。更に白木用ワックスをかけるかどうか思案中だ。
横須賀市から市の公共施設の開場を27日にすると、知らせてきた。これで自治会館もオープンになるだろう。賑わいを取り戻したいものだ。

眼は程々に良好。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:少し楽。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。少し減っている。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



9月22日(水)BTX77日
今日は女房の手術後の眼帯が外れる日なので、付き添って行った。行って驚いた、高層ビルの4F殆どを占有した綺麗で清潔な眼科専門病院と言えるような見事なものであった。道理で近所の奥様方に評判が良いのも分かる気がした。医師もスタッフも多くて大病院だ。
しかし白内障手術で初めの頃は熱心にレーザー手術をすすめ、家内の目には一番良い手術方法と説明を受けた。ところが何の事情かしらにないが、日程がかなり遅れるからと、一般の手による手術に切り替わってしまった。一体以前の説明はなんだったのか?? ちょっと理解不能。
帰りに簡単な昼飯にとレストランに寄ったら、閑散として薄暗い。帰ろうかなと思いながらもドアを押したら、客がいて営業していた。ここは安上がりで人気が高いけれど、客は全くポツンポツンいるだけで静まり返っている。コロナ不況をマザマザと見せ付けられた。
本屋でナンプレ初級という本が気になった買ってしまった。さてやってみると初級中の初級の第1問が出来ない事に大きな衝撃を受けた。幾ら何でもこんな事になるとは!そんな馬鹿な!とグチグチと言いながらとうとうできず仕舞いになった。

それでも、眼は影響を受けずに済んだ。

眼の状態」0+


9月21日(火)BTX76日
家内の白内障手術の日となった。先に一人で行き、帰りのタイミングで迎えにゆく事になった。お互いに勝手な思い込みで待ち合わせするから、「某喫茶店に到着」とメールしていたら、女房は術後に直ぐ店に来てしまった。片目になっているし、足元もチョット危ういので、こっちが迎えに行く筈だった。お互いに非難中傷しながら軽いサンドイッチで昼飯にした。夕食はスーパーで弁当を買って済ませた。安くて結構美味しいので、お互いに良かった。
北朝鮮がまた新しいミサイルを日本の排他的経済的に落としたニュースが流れた。
その内容は兎も角、金正恩氏の画像が幾度ともなく流れているが「影武者」じゃないかと思う。この点は女房と意見が一致した。私には若く元気に見えて、表情も仕草も変わったと思う。女房はすっかり痩せてあんな姿ではない、別人だという。
そもそも本人の姿は余りにも太り過ぎて、動くのも大義そうに見えた。さて本当に影武者なら、これからはどんな人生になるのだろう。日本の映画にあった影武者は石を投げられ追い出されたが、さて?

眼は今日も安定している。ときどきお断りしているが、普通の方から見ればショボショボ目つき、濃いサングラス、頬口周辺に絶え間ない動きは気になるだろう。ここで表す眼の状態では、自覚症状について述べています。

眼の状態 0+


9月20日(月)BTX75日
老人会の公園清掃に参加してきた。コロナ騒動もあったし、天候不良もあって久し振りでした。園内は草茫々で、やたらに丈の高いやつもある。この会も年よりばかりになって人出も足りない。自然に子供が遊ぶ滑り台やブランコ、鉄棒周辺に集中して雑草刈を行っている。私も幾つかの病気に見舞われて休みが増えた。お互いに声をかけ休むように心掛けてやっている。もう15年以上のお付き合いだが、すっかり年を取ってしまった。次世代が入らないのはどこでも同じだ。
自宅の庭にある水道蛇口を交換した。2口あるようにしてホース接続と一般蛇口にして作業がしやすくした。大部煩わしさが無くなる。

眼は頗る安定している。

眼の状態0+


9月19日(日)BTX74日
やっと文化祭公募展の写真プリントが出来上がった。煩い注文をつけたけれど、ほぼ満点近い出来上がりでほっとした。一方、友人からは出展を諦めるとの知らせがきた。体調が悪くて外出もままならず写真も冴えないものになったとの事。残念。
女房がリハビリに行くので、一緒に街まで歩いて行った。私は全く腰に違和感がなく済んだ。流石に帰りの山登りは避けてバスで帰った。
帰ってからは写真を何度も見直して、あーでも無いこーでも無いと最近スッカリ増えた堂々巡りをしていた。

眼は頗る安定している。過去にこのような安定した事があったか、思い出せない。

眼の状態0+


9月18日(土)BTX73日
厄介なインターネットでも矢張り便利さがあって止める分けに行かい。セキュリティーが厳しくなるにつれて、パスワードが長ったらしくて閉口する。新しく買い物のお店のネット取引をすると、画面からの手続きの面倒くさい事。何処から手を付けたら良いか探し回って、同じことを繰り返す堂々巡りをやってついに一旦休止することになる。日を替えてまたやりだすのだが、今度は前回何処までやったか分からなくなる。それが原因でまた画面からやり直しを迫られる。私の代行ロボットが欲しい。
真面目にヴォイトレと外郎売の練習をした。中々毎日は出来ないがやっていると、僅かながら効果は出て来る。両方とも発声練習となり口の動きがよくなった。
特に外郎売はアナウンサー並には行かないが、早さだけなら負けない位になった。ただ、彼等は流石にプロだ。むらなく一定の速度話す、私は優しい場所は早く難しい所は遅くなる。

眼はほぼ問題なし。

眼の状態0+


9月17日(金)BTX72日
女房がリハビリに行くので、散歩がてら追浜の街まで歩いて行った。私の脊椎管狭窄症は油断できないから暫くバスを利用していた。本当に久し振りに歩き、無事に着いた。かなり急な下り坂が多いけれどたかが20分弱だ。ゆっくり歩けば心配はなさそうだ。、もう少し慣れたら登りもチャレンジしよう。市の公募展に出す写真のプリントはまだ出来ていなかった。まだ焦る程のことはない、それより友人が今年は体調が悪くて出掛けるチャンスも少ないから参加しないと連絡がきた。何回かいろいろな公募展で優秀な成績を得ているので残念だ。私の作品はどちらかと言えば臍曲がりだから、入賞するのは難しい。これは個性の問題であって仕方がない。それでも関心を持って呉れる方々がいる。天才画家が後世に認められて高価な取引になっている事もある。私だって若しかすると、子供に偉大な財産を残せるかもしれないのだ。・・・・ウーン、これはチョット無理かもしれない。

眼の状態 0+


9月16日(木)BTX10週
都内の実家から、親戚がブログを出したいから教えてくと依頼されてホイホイと出掛けた。まだ台風14号の影響もなくて良いタイミングいであった。面白い女の子を目撃する事に驚き感銘を受けたものだ。電車で立っていた女の子がやたらに足が長い、両手の肘辺りが腰の高さと同じ位だ。私なんかの肘は腰より12cmくらい高い、何しろ古い時代に育ったから、消化の悪い植物を食べていたので消化器系統が長い。何処まで本当か知らないが大人で7〜9mあると聞いたことがある。これは調べてみるとしても、こんなに上体が短いと内臓も短く心肺も小さくなって長い手足の身体運動をまかない切れるのかと茫然した位だ。いや、本当に生き延びられるのかと思った。電車を乗換たらまたもや手足の長い女の子に出くわした。顔が小さくスラーっとして8頭身並ではないか!! 同じ学校の生徒さんだろうか、白い長袖のシャツと黒の細めのパンツと運動靴で流行りのランドセル形の黒いバッグを背負っている。おおそ派手な雰囲気は全くない。
目的のブログ発行の手伝いと言えば、高齢者同士の勉強会だからすんなり進む訳がない。悪戦苦闘してどうやらアップ直前まで漕ぎつけた。後は書くだけの事だ。

眼は特に変わらず。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:雨が多く日差し弱いので助かる。少し楽になっている。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:弱くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



9月15日(水)BTX70日
庭の散水ホース向けに部品を買いたい、安物で使い道の無いラジオが私に回ってきた。何しろ酷い。周波数が勝手に動いて聞こえなくなる、音量も大きくなったり聞こえなくなったりで私子供の頃にあった並4ラジオでもこんな事は無かった。ネットで安く買ったと自慢して、使いのにならなくて私に呉れたものだ。無責任で不愉快だ。・・・で、ラジオも買いたい。
新しくスマホを使って貯めたポイントで1万円買えるので、家電量販店に行きかなり良いラジオを買うことができた。続けて7駅離れた所にあるホームセンターで散水ホース関連の部品も買って帰った。お蔭で8000歩も歩けた。良かった、良かった。

出掛けるに連れ晴天になり、眩しさも増して夕方頃に眼が疲れとシブチンで一時的にはかなり悪くなった。ムコスタとジクアス点眼液を使って気休め処方をした。

眼の状態 0+


9月14日(火)BTX69日
小学校のクラス会があった。今日の司会者のテーマは「年を取ったなと感じること」であった。ただ、我々は余りにも実感し過ぎていて今一盛り上がらなかった。メンバーが一人一人自分のテーマを出して話し合うのだが、案外難しい。
庭にある散水ホースのシャワーヘッドが壊れてしまった。蛇口に繋ぐ場所も一口しかないので、一口追加しないと洗い物に不便だ。部品を買うために段取りや寸法調査を行って結構な時間を費やしてしまった。
事務仕事も捗らずにあっという間の一日だ。一体何やってんのと自問自答する。

眼はそれなりに安定しており、納得するしかない。

眼の状態 0+


9月13日(月)BTX68日
電子レンジのサービスの方が来てくれた。心臓部に当たるマグネトロンの故障で部品交換になるそうだ。幸い早めに入手出来るとの事で助かる。
この電子レンジには厭な思い出がある。ある世間を震撼させた宗教団体が、この原理で大がかりな装置を作り使ったと当時の新聞に報道された。まさに悪魔の仕業としか言いようがない、全身に身震いを起こさせるものだった。
室内を2回に分けて掃除機掛けを行った。またこれから2回に分けてワックス掛けをしなければならない。
月下美人が二鉢あって、たった2輪だが2か月離れて立派に咲いた。夕方から徐々に蕾が膨らみ始めて21時ごろに一挙に咲く。ここ暫く手入れが届かずに2輪しか開かなかった。深く反省して鉢を替え土も入れ替え綺麗に掃除をして室内に置いた。この植物は砂漠に育つサボテンの一種との事だ。そもそも手の掛らない植物で、丁寧に育てたらゆうにドアの高さ、1.8mになってしまい大胆に切り落として手入れも疎かにしたのだ。また、来年も綺麗に咲くだろう。

眼は順調だが、疲れると首、肩凝りが始まった。しんどくて早々に寝てしまった。

眼の状態 0


9月12日(日)BTX67日
我が家の電子レンジが運転停止している。スタートさせると大きなブザーのような音が鳴り響いて加熱しない。音が凄いので直ぐに電源を停止せざるを得ない。明日にならないと修理の人が来ない。女房は戸惑っている。私は風呂焚き、七輪の火起こし等々経験した世代だからこんな事で驚く事はない。不便なのは分かるが。

ニュースでは新コロナ感染症のワクチン接種を拒否する方達が多いらしい。今までにも世界中で随分沢山のワクチンをしてきていると思うが、今この重症に至る危険を知っていてもワクチンを受けない理由は、コロナよりワクチンがはっきり危険だと判断しているのだろう。
でも何故だろう? 私は新聞が読めないので、テレビニュースで情報を得ている。時間に余裕があるばかりでなく、単純な思い込みに走らないようにまた少しでも正確に把握するために系列の異なる局を4通り以上見て比較している。BSまで含めると7局以上になる。ニュースソースやデーターがより明らかでまた科学的ある事に留意している。その結果としてワクチン接種を推進することに賛成する。
SNSでかなり人気があり話し方が上手な人達がいる。ただ、データーが足りないのとニュースソースがはっきりしない。裏からこんな情報を得ているんだとか外国の知人から実情を聞いているとか・・・何とも心許ない。私は医師でも医療関係者でもないが科学技術者である。話しが面白とか興味を惹くとかで賛同は出来ない。
これとは真逆で討論しているのが政治の世界である。しかし根拠を示し正確に議論すべきだが、下手に正確にするとそのデーターで自分が追い込まれることにもなり兼ねない。この世界は私の神経を逆なでする論法が多すぎて腹立たしい事が多い。やっぱり私はコチコチの技術者だ。

眼は今日もほぼほぼ順調だ。

眼の状態 0+


9月11日(土)BTX66日
午前は室内の掃除、午後は庭の雑草除去と汗が出る良い運動が出来た。屋外では蚊が殺到する、室内では体長2mm程度の羽虫が照明に、天井周辺を飛び回る。食事のテーブルにゴミのように大量に落ちて来て食べ物にも入ってしまう。少し観察すると、蛍光灯でもLEDも群がってくるが、傘に止まると何故か自然に落ちてしまいテーブルで暫く経ってまた舞い上がる。まるで水蒸気が上昇気流で空高く上がって雨になり、下に落ちてまた水蒸気になり上昇を繰り返す様子と良く似ている。網戸なんか平気で入ってくる。食堂で殺虫剤を散布もできないから、全てドアや窓はシャッターを降ろしガラス戸も締め切り掃除機で丹念に吸い取った。エライ面倒くさい作業となった。今の気温なら普段は使わないエアコンも運転開始した。お蔭様で収まったが・・・この虫の名前はなんだろう。

ときどき眼が痛み、首も痛み、肩も痛く凝ったが大過なく終わった。マア、良い状態を維持した。

眼の状態 0+


9月10日(金)BTX65日
朝から乱層雲が目立ったが、午後に向けて晴天になった。天候が良くないと外出不足も庭作業も怠り勝ちになる。左腰の痛みが、いかにも脊椎管狭窄症が発症直前のような危機感を覚えて、リハビリに行った。ウオーターベッドと脊椎の牽引は明らかに効果がある。
文化祭向けの写真のプリントを出来る所がないと不満を漏らしていたが、街のプリント屋さんにもう一回頼みに寄ってみた。今度はシッカリした店員さんが、特別注文を引き受けますよとアッサリ承諾してくれた。詳しく私の希望とサンプルを受け取って手配してくれた。何の事はない、先日私に対応した店員は未だ慣れていなかった事が分かった。諦めずに2回お店に立ち寄ったのが良かった。これで一安心だ。
そりゃそうだ、A3サイズ以上のプリンターを個人で持っている人はアマチュアではそんなにいないだろうし、必要な仕事だからビジネスは成り立つだろう。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+


9月9日(木)BTX9週
ネットで依頼した写真が届いてガッカリした。案の定、自分の狙いとは程遠いものだが、所詮はサンプルを渡して説明してからやるべきものだから不満はいえない。展示会などに出す写真のプリントを引き受けるなら、サンプルを渡さないと無理だと思うが。折角だから業者さんへ意見は述べさせて貰った。
またも雨がシッカリ降って呉れる。気になっている掃除、特に掃除機掛けだ。家中を一気にやるパワーは無いから、少しずつ分けてやる。ダークダックスの歌に「月曜日に・・・・とかして、火曜日に・・・へ行く、水曜日には・・・する」そんな歌があった。そんな調子でやって行く。
歌の勉強会の先生から、内輪の発表会に個人で4曲、皆で合唱を一曲「埴生の宿」を歌って下さい。せめて2曲は暗譜して下さいとのお達しだ。これが困る、毎日10コ覚えたら11コ忘れるのに・・・歌うよりプレッシャーを感じてしまう。でも目標が出来たので、兎に角やる。個人の4曲については、私がリクエストしたからには「落葉松」と「ねむの木の子守歌」は歌おう。残りは井上陽水の「少年時代」といるかの「なごり雪」と決めてご返事をした。イルカさんは私が卒業した都内の中野区立谷戸小学校の後輩にあたる。勿論、彼女が私を知る訳ない。ただ、全国に知られた有名人は彼女だけだ。

目について。相変わらず安定している。今回は良い成績が出そうだ。BTX注射をして頂いている先生に毎回のボトックスの成績をお店したら「俄然、競争心に火が付いた」との事だと。先生の意志が結果に結びつき始めたのかも知れない。今までBTX以外の薬は使っていないから、過去の先生方の腕と比較し易い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:雨が多く日差し弱いので助かる。少し楽になっている。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:弱くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


9月8日(水)BTX63日
昨日の故郷訪問で朝寝坊をした。顔を洗う時に蛇口の締りが悪い、更に前から気付いていたが何となく後回しにしていたところ女房が門の前の板(縞鋼板と呼ばれる滑り止めの鉄板)とベランダに敷いたプラスチックの板(ポリカーボネートと呼ばれ駐車場の屋根に使われる対候性の強度の高い板)が雨で滑って転んだから何とかしてくれと言うのを思い出した。二人でホームセンターに出掛けるが行きはバス帰りは電車を利用してみた。バスは片道348円、電車は198円で所要時間はバス45分、電車10分とかなり阿保らしい。降りてからの距離の違いでバスに乗ったが帰りは深く反省して電車を使った。因みに寄った素朴なカフェでは、私はエビピラフにアイスコーヒー女房はケーキセットとアイスコーヒーの各500円は内容から割安だろう。交通費との配分を考え、今後の支出のあり方を慎重に考えるべきと話し合った。

眼は本日もほぼ良い状態を維持している。

眼の状態0+


9月7日(火)BTX62日
奇跡的に晴れて、故郷の茨城県新治郡下大津村(現かすみがうら市)を姉と共に訪れ先祖の墓もお参りして来た。ここの南圓寺は勿論歴史は長いが地元しか知られていない。火災で全焼して過去帳も祖父の時代からしか残っていない。新に建て直してピカピカのお寺であった。またお墓も私の祖父まで土葬だったのを、今の場所に移し替えたので墓石もピッカピッカであった。僅かに文字も良く読めない曾祖父母のものが歴史を表していた。ここから車で私が戦争中に疎開していた場所を訪れると、他人の家に渡っており門柱のみが昔のままに残っていた。ご近所の農家は豪農らしく立派な門、屋敷で圧倒される雰囲気であった。ここのご主人は私が4,5歳頃は遊び友達だったが、昨年会っていた事もあり縁遠くなったいるので通り過ぎた。ここからは人と牛馬が荷車を引いて歩いた道で今でも素朴で森と畑を進むと霞ケ浦に出た。周辺は見渡す限り蓮田となって埋め尽くされていた。水田は全く見当たらない、もしかすると蓮の日本一生産地かもしれない。きっと米より収益が上がるのではないだろうか。土浦に向かうと左が蓮田、右が崖で時々洞穴がある。これは霞ケ浦の水面が屋根に届く程の大洪水で埋もれていた所に穴があき古代の人骨が見つかったと言われている。こんなに平坦で人に出会わず、信号機もなく勿論渋滞もなく快適に走った経験は思い出せない。土浦に着くと都会に戻ったが、良い故郷訪問の旅になった。

終日の晴天は帰りの電車に乗った頃から、眼は痛くなり後頭部から首肩に伝わった。ここで忘れていた眼瞼痙攣をしっかり思い出すことになった。今日全体では好調と言える。

眼の状態 0+


9月6日(月)BTX61日
晴れるかと期待したが今日も降ったり止んだりで自宅に籠っていた。
パソコン作業は本当に煩わしい、10年前と比較すると楽になったとは思えない。
ログインパスワードを16桁にしろと言う。こんなものを幾つも管理なんか出来る訳ないだろう。同じ会社がこれをセキュリティーコードと書いて、(ログインパスワードと同じ)と注意書きがある。一流企業がこんな事をやっていてはディジタル衰退国になってしまう。・・・最近は愚痴が多くなった、きっと新コロナ感染症の2次的症状に違いない。治療薬はないのか? この数日、朝の空き缶、空き瓶のゴミ出しに缶ビールが激減した。半分にならない。雨と気温低下が影響している。

眼は今日も程々に良い。本当に助かる。若しかしたら愚痴は眼に良いのか?

眼の状態 0+


9月5日(日)BTX60日
ここの所雨の日が連続で気温は下がり過ごしやすくて良いが外出はあまりしない。
メールを見ると要らないものが殆どだ。長年の付き合いの友人へも面倒くさくなって放ってきたが、矢張り反省した。政治特に外交に関心の高い男に、日本の領土について意見を聞いた。日本の領土の最南端に南鳥島がある。ここはサンゴ礁の中に三つの島がある。円形で明らかに人工的に囲まれたいる。そもそも海面に出ていた岩が消滅しないように保護して日本領土とした。これが在るので日本の領土は或いは排他的経済水域とてつもなく拡がっている。当然、中国は猛烈に反発し避難していたが、一方で全く同じ要領で南沙諸島に人工島を作り方日本も含め周辺海域国は避難している。日本は中国を避難できるのだろうか?

今日も眼はほぼ良好である。

眼の状態 0+


9月4日(土)BTX59日
写真展に出すなら何としてもそれなりのプリントをして呉れる所を探さなければならぬと、やっとネット上で一軒探し出した。ポスター印刷はあるが使う気になれない。ネットから事前に支払い手続きをしてから写真をネットで送信することなる。非常に気になるのは送信した写真データーを受け取った業者が印刷はするが、仕上がり程度はお任せになる。コミュニケーションがないのでかなり不安になる。次に支払いだ。いつもの使うカードで受け付けないので第2のカードでやったら駄目、第3のカードでも駄目。何遍も繰り返して奮闘すること3時間強、やっと受付完了した。何が悪かったか、或いは何が良くて出来たのか全く分からない。兎に角テスト的にプリントを依頼した。ディジタル庁が創設されると言うが、堪ったものでは無い。我々高齢者の命を縮める事のないようにお願いする。私に替わるAIロボットも無料で準備して貰いたい。

もうBTX注射して2か月で残り1カ月だ。どうやらかなり良い安定状態に入っている。このまま続いて貰いたい。ここら辺は神のみぞ知る範囲だ。

眼の状態 0+


9月3日(金)BTX58日
少しでも外出しようと一駅隣の八景に出掛けた。事務用A4プリント用紙を買うためだった。持ち帰るときに「しまった!」と気付いたが遅かった。紙の2.5kgがこんなに重く感じるとは思わなかった。普段の、肩掛けカバンも2kgあるから計4.5kgで重いわけ訳だ。カメラとペットボトルに水を入れて歩くと更に1.5kg増える。年齢が嵩むにつれ手荷物の負担も予想以上に大きくなる。
横須賀市の文化祭は予定通り開催するとのお知らせと参加募集も来ている。毎年絵画、写真、短歌、俳句、川柳、書と多彩である。無料参加で2枚まで出品できる。女房の意見もいろいろ拝聴しながら2枚選定した。写真の仕上げはこれからが本番になるが、大問題がある。写真展向けのようなプリント屋さんが、街から消えてしまったのだ。ディジカメの普及につれて、安価で性能の良いプリンターも簡単に入手できるからだ。それに街のプリント屋さんは、これまた合理的に安価に綺麗な写真が出来る。私達マニアは本当に困っている。写真展ではサイズが大きくA3程度以上になるので、事務用プリンターでは使えない。色も物足りない。

悩みは尽きないが、眼はほぼ良い。

眼の状態 0+


9月2日(木)BTX8週
女房は白内障の手術の準備に入って、眼科へ通っている。昨日に続き私も用事を作って市の中央に出て合流した。雨が降り続き買い物ばかりに集中して荷物を四つも三つもぶら下げて歩く事になった。女房だけでなく女性は平気で荷物をいくつもぶら下げて歩く姿を見かける。いくら服装やスタイルに拘っても腕に袋をいくつもぶら下げたら台無しだ。活動的にリュックを背負い、カートを引っ張って動きやすい服装にしたらどうか。もっともセレブな奥様が、有名ブランドの袋をいくつも抱えて高級車に乗り込むなら別だが。残念ながら我が家は違う。

昨日から曇りとあ雨になって、気温も下がりすっかり過ごしやすくなった。眼は昨日同様。これ以上望むのは経験から無理であろう。症状を上回る気分転換が大切だ。
症状に負けないで頑張れと言っても、簡単ではない。私はむしろ奇跡的にボトックスが効いているから良い。薬や酒に頼らざるを得なくるとき、神経内科、心療内科、精神科の先生方は良く理解して過剰使用にならない指導をして頂きたい。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。少し楽になっている。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:弱くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



9月1日(水)BTX56日
時々雨が降る涼しい一日であった。女房とまた二駅離れた街に出掛けて買い物をして、ピザとスパゲッティの店で昼食を取った。いずれにせよアルコールを出さないから、以前のような明るさがなくヒッソリと小声で話し合っている侘しい雰囲気だ。ノンアルコールビールを注文しても冷たくて気持ちが明るくならない。二人でピザとスパゲッティを注文したら、以外にヴォリュームがあって手こずってしまい夜食はもうやめようと決めた。美味しかったのは確かだ。いつか時間が過ぎてしまい帰宅する頃は夕食を作る時間になってしまった。

眼は安定時期に入って、とにかく眼の悪さを意識しないで済んでいる。

眼の状態 0+


8月31日(火)BTX55日
今日も整形外科リハビリに行ってきた。これで暫く行かなくても大丈夫そうだ。自宅に戻ってから、また一生懸命に雑草取りを行った。堆肥作りをしている側なのでドクダミが多く元気に育っている場所だ。チョット大袈裟かもしれないが、太麺を一束つかむような程になっている。5ミリ程度でも取り残したら、消滅することはない。絶え間なく成長し逞しく育つ。全て篩にかけて取り残しをゼロなんてできるわけもない。従って、我が家では永久にドクダミと闘わねばならない。どくだみ茶の作り方を研究するかな、商売になるなら育ててみるが。
夜になると小学校時代の友人とZOOMクラス会だ。今夜は私が主催で目に関する各自の病気、経験を披露しあい話し合った。とりとめのない世間話も良いが、テーマを持って話すのも面白い。

本日の眼もやや良好。

眼の状態 0+


8月30日(月)BTX54日
大事に至らぬようにと、整形外科リハビリに行った。腰の湿式温め、ウオーターベッド、腰の牽引と3点セットになる。暑いのに腰を温めるのは、なんとも気持ちが悪いものだ。待合室は人が多いので、風通しが良い屋外にも用意されている椅子で我慢しながら温めている。このリハビリは確かに効果を感じ取れるので嬉しい。眼瞼痙攣みたいにボトックス注射しても安定的な効果を期待できない情けなさとは大違いだ。
いつもの眼科に行き2か月ぶりに診察を受けた。今回は角膜に傷がついているので、もう少ししっかり目薬を使うようにと指示があった。眼圧は右20、左が17mmHgと高めだが、視神経が大丈夫だから緑内障は心配ないそうだ。白内障は年齢だから止むを得ない範囲で未だ手術の必要はないとのことでした。眼は痛い、眩しい、クシャクシャする、後頭部が痛い、首の後ろが凝って痛い、肩も凝って痛い、文字も見にくくボヤケる・・・・どうにかならないですか?・・・と無駄な質問をしてみた。先生はニコニコしながら、この患者さんは皆さんは本当に大変ですね・・・労って頂いた。有難うございます。感謝!感謝!!

そうは言ったものの、眼はやや良い範疇だった。

眼の状態 0+


8月29日(日)BTX53日
私のお隣は横須賀米軍基地の兵隊さんだ。割と若いのに二人で戸建て住宅に済んでいる。ときどき大声で怒鳴っているが、喧嘩ではないようだ。日本人の家庭なら、先ず喧嘩と思うに違いない。若い男は派手な入れ墨をしていて、割と不愛想だ。ほんのチョット年配の男はきちんと挨拶をするから、少しは安心する。しかし、昨夜当たりから友人達も集めて大騒ぎだ。日本人の大騒ぎとは比較にならない。
日本はコロナ感染が諸外国より低いと言われる。静かな話し方は、口から飛沫を飛ばす量が全然違うだろう。清潔好き、風呂好き、マスクを着用すると言われる。それ以外にきっと通常会話の静かさが大きく影響するのではないか。

眼はしょぼつき、瞼が閉じやすくなった。

眼の状態 0


8月28日(土)BTX52日
整形外科に行きリハビリをして、帰宅してから雑草除去を行う。腰を屈めたり立ち上がったりとスクワット運動を繰り返す作業を行う。今の段階ではリハビリを無駄にしないよう、慎重にやっている。高温多湿で空は水蒸気で白っぽくなっているから作業後はシャワーで気持ち良く一休み。

眼は割と良かった。症状をいつも気にしないで済む程度だ。実際これ以上贅沢?は言えない。

眼の状態 0+

8月27日(金)BTX51日
腰の痛みが強くなったので、整形外科リハビリに出掛けた。暑さなのか、新コロナ感染の脅威か珍しく空いていた。何時もの通り、ウオーターベッド、腰の温め、腰の牽引の3セットを順調にこなした。どうやら痛めてしまったらしい、牽引の際に違和感のある痛みを感じる。左側に倒れて腰椎間板が潰れているから、牽引のみに頼らず自分でもこれを補う体操を工夫することにした。
バスで近くのスーパーに降りて、日常の散歩コースを歩いて帰宅した。

今日も首肩頭痛に悩まされた。体操や散歩だけでは簡単に治らない。目もクシャクシャして見るのが辛い。ドライアイも影響している。

眼の状態 0ー


8月26日(木)BTX7週
今日も女房と二駅離れた横浜市の金沢文庫に出掛けた。用件が終わって巨大なスーパーに寄った。改装してもう何年か経っているが、スケールの大きい食品街で圧倒されれた。横須賀と横浜の違いを見せつけられた。

昨日同様に首、肩、頭痛が続いているが、眼の影響は少なかった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:強い。首、肩、頭痛の影響がある。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛い。首肩頭痛の影響あり。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。最近強い。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


8月25日(水)BTX49日
やや気温が下がってきた。予定の散歩も実行したけれど、腰に若干の違和感を感じている。脊椎管狭窄症がぶり返しているようだ。余程慎重に動かないといけない。ところでアフガニスタンでは悲惨な問題が起きている。民主主義を支援してきた米国が撤退するに連れてあっけなくタリバンに制覇されてしまった。この地名を知ったのは探偵シャーロックホームズの同居人であり相棒の医者ワトソン君の経歴からである。彼はアフガン戦争で負傷して帰国していた。当時19世紀後半は英国にヴィクトリア女王が君臨してインドを植民地として絶大な勢力を誇っていた。その頃からアフガンは外国に侵略される厄介な立場の国であった。それが未だに大国のみならずタリバンやイスラミック・ステートの武力闘争の絶好の繁殖地となっている。タリバンから逃れられないと思って人が赤ちゃんを米兵に託した姿は涙を誘ったと思う。これは日本が大戦に破れ満州から逃れて凄惨な苦難の道を歩いたのとそっくりだ。幼児や赤ちゃんを中国人に託して帰国した、戦後その子供達を日本に帰国する運動が続いたことはご記憶の方も多いだろう。この日本の苦難な歴史もあっという間に忘れ去られる時代になってきた。

終日、頭痛、首痛み、肩の痛みに悩まされた。運動不足に起因するのだろうが、眼のしんどさに繋がっている。

眼の状態 0−


8月24日(火)BTX48日
今朝の血圧と酸素濃度の結果が気になって、循環器内科に行き診察を受けた。
ポイントは下の血圧が最近60mmHg下回ることが気になたせいだ。結果は「何にも問題ありません」であった。気温が上がっているので、血管も拡がり血圧が下がるからであるとの説明を受けた。これでもう、すっかり安心して帰宅出来た。そんなに簡単に血圧は下がるのかな?熱中症で倒れるのは血圧低下で、身体で一番高い所である頭に行く血液が上がりにくくなるせいだろうか。成程、昨年の夏に住宅街を歩いて気絶し倒れたのはそう言うことかと、・・・納得した。
テレビなりラジオなりからのニュースは社会を見る窓みたいなもので、現役生活から離れた今は貴重な存在だ。政治に関する数人スペシャリストの討論、議論を聞いた。現総理、内閣、党3役の今後の動きについて話し合われた。彼等はプロだから司会者が時々考え方の筋道を理解出来るように誘導してくれる。これがないと、私のような国民には全く分からなくなってしまう。
これから総理の任期や衆院選がまじかになった今、関与する当事者の考えることはあまりにお粗末で嘆かわしいとしか思えない。どんな美味しいうたい文句で自分への賛同を得るかを練っているようだ。基本的に日本のコロナ感染率は諸外国に較べると断然低いとの認識が強い。まるで政治の成果と思っているように見える。勝たなければ政治を指導できない、兎に角勝つことだ・・・その様子を理解できたのは大きい。残念だが国民の安全と自由およびコロナ対策は2の次である事は良く分かった。兎に角自分が勝つことだ!!
東京パラリンピックが開幕した、これも内閣の成果になるのだろう。

いろいろ腹が立つことも多いが、眼はちょっとシブシブ、ショボショボである。

眼の状態 0


8月23日(月)BTX47日
毎朝起床時に血圧と血中酸素濃度を測っている。気になるのは下の血圧が60を切ったり、脈拍が60以下になることだ。ペースメーカー手術をしているのに、気になる。ここ1週間位の傾向だ。それでも、日中は床拭きワックス掛けをやっているが問題はない。庭仕事は力がいるから控えて、夕方は散歩に出た。6000歩弱を一時間で異常はなし。横須賀市長は毎日、外出を控えるアナウンスでデルタ株対策に懸命だ。ただ、外出してもスーパーマーケットに行かなければ100m歩いて一人位しか出会わない。殆ど顎マスクにして、すれ違うときに鼻口に掛け直している。

今日は眼がショボついて、鬱陶しい。少し悪くなった。

眼の状態 0


8月22日(日)BTX46日
夜中に強い雨が降った。その程度済んでいるから良いが、激しい豪雨で水害が起きている。新コロナ禍、干ばつ・水害、国家破綻・武力闘争は世界中に拡がるばかりに見える。それなのに株の世界は上昇し、貧富の差は拡大する。
横浜市長は野党派に旗が上がった。政治の世界を理解することは出来ないが、結果は分かる。選挙する私は遠慮なく自分で選択する。・・・もっとも今回は横浜の事であって私の済む横須賀には関係ない。憂さ晴らしに過ぎない。

眼は特に変化なし。

眼の状態 0+


8月21日(土)BTX45日
晴天、暑さ、気温は30℃に満たないので、過ごしやすい日かもしれない。パソコンで事務処理をしても捗らない。いつもの如く、雑草除去作業を継続している。僅かずつではあるが、除草した後は綺麗になって気持ちが良い。オリンピックも終わり女房はゴルフのテレビ観戦が好きだ、スポーツは全くやらないのに以外に熱心にみるのは不思議である。私もテレビはあ見るがスポーツ、音楽、ミステリー番組とニュースだ。最近の傾向として政治報道番組が多い。遠ざかった娑婆の世界を懐かしむかのようだ。技術者の私には、複雑怪奇な世界は理解しがたい一方関心もある。未知への世界を知りたいのだろうか、BSテレビでは政治番組があって専門家の話を聴いていると面白い。

ほぼ眼は安定した。悪いなりに納得できる。

眼の状態 0+


8月20日(金)BTX44日
また先日の銀行に寄った。面白い事に近くの蕎麦屋さんを薦めるので昼食に入ってみた。お店は大変しっかりした構えでソバも大変美味しかった。でも銀行から蕎麦屋さんを薦められたのは人生で初めてだから、ついつい何でなの?と考えてしまう。銀行のお得意様なのだろうか?
BTX後43日なってしまったけれど、横浜の脳神経内科に注射後の診察に行った。
先生からみれば、眼を中心とした症状はかなり悪く見える。私にして見れば、最悪時代を過ぎた今はむしろ上の部である。「先生が処方をいろいろ提案頂いているが、いつもお断りしている。私は生涯をBTXのみで済ませようと思っているが、それでも良かったら、先生お願いします。ブログでその推移を発表しています。」と申し上げたら、あっさりご了解頂いた。
帰り際にみなとみらいに寄り写真を撮りながら、Queens'Square,日本丸、最近できたロープウェイ等を見て回った。
かなり歩き回ったので、追浜へ戻ったらすっかり疲れが出てしまった。幸いドトールコーヒーショップがあるのでアイスコーヒーを飲みながら1時間ボーツとしてバスで帰宅に向かった。

外出も気分良かったし、天候も良し、目も程々に良し。

眼の状態 0+


8月19日(木)BTX6週
晴天でアチコチと入道雲がにょきにょき、もりもり盛り上がっている。太い棒状の雲も見かけるようになった。大量の水蒸気が盛んに上昇気流で空を上がり、上空で冷えて水滴になり雲が出来る。最近の温暖化に連れて線状降水帯はこれの大規模な入道雲雲が発生している状態だろう。人類の生命を脅かす水害になる、人工的な構造物の堤防や砂防ダムで賄えるだろうか? コロナ感染症と共に人類の脅威になった。
トイレットペーパーは女房の買い物の負担が大きい。何しろ嵩張る、軽いからと言っても楽ではない。スーパーへこの為だけに買い物車に行ったのは良いが、乗り切らない。無料提供の薄い袋を使って紐を作り2個入りの4袋を縛り付けた。幸い店員さんは協力的でお咎めは無かった。目出度し、目出度し!
私がどんな歌のCDを持っているか、想像出来ないと思う。Jupiterでデビューした歌手の平原綾香さんである。個性ある詩、曲、歌い方が結構気に入っている。もう一つは私が教えて頂いたラテンクラシック分野で活躍している先生の茉莉和世(まりかずよ)だ。ラテンのみならず広い分野で歌っており素晴らしいメゾソプラノだがもっと人気が出ると良いのだが・・・これが難しい。じゃ、他に誰のCDが好きで持っているか? 小林旭、アリス、さだまさし、河島英五、森山直太朗、吉幾三、BEGIN,鮫島有美子、和田アキ子(CDのみ)、高橋真梨子・・・好みに一貫性がない。

まあ一日をのんびりと楽しく過ごせた。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強い。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。これが経験が無い位だ続いている。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



8月18日(水)BTX42日
兎に角晴れて、女房と電車で二駅にある銀行に出掛けた。面倒くさいから滅多にお店へ行く事はないし、必要もない。支店が移転したのでちょっと様子を見に行った。
テリトリーでは横須賀から横浜になったわけで、綺麗で個人情報には何事につけて厳格である。この点の扱い方は10年前と著しく異なる、店員さんもご苦労様だ。何事も簡単に信用出来ないご時世、仕方がない。

日中27℃とそんなに暑くもなく、眼の負担も少なくなって少し眼は良くなった。

眼の状態 0+


8月17日(火)BTX41日
やっと続いていた歌の会も横須賀市長が公的な福祉会館などの施設を閉めたので、練習する場所が無くなってしまった。どちらにしても午前中は雨が降って、積極的に行動する気もならず燻っていた。夜には小学校時代の友人5人とZOOM会議を行った。困るのは、私が意外に結構軽薄に喋り過ぎることなのだ。私が育った中、高校時代に先生が「君たちの先輩で、なかなか面白い事を言う男がいるんだよ。だけど中身が無いんだなア」・・・この一言は結構堪えた。逆に「立派な事を言わねばならぬ」と浅はかにも思い込んで、すっかり人前で喋る事ができなくなった。この融通の利かなさが問題であったのだ。最近は「どうせ自分は自分にしかなれない」と諦め居座っている。

横須賀市の視覚障害者協会はまだ私達眼球使用困難症群の人を入会を認めていない。お願いはしているが、いつになるかは分からない。10日に眼球使用困難症候群協会の秋國事務局長が公明党のご協力を得て、山本副厚労大臣に面会し「要望書」を提出している。この辺の様子と目と心の健康相談室の講演会の案内状を作成して横須賀市協会長に送る資料を纏めていた。

鬱陶しい一日で過ごした。眼はまた下向きに転じた。

眼の状態 0


8月16日(月)BTX40日
九州、西日本はまたも豪雨災害に襲われている。一日に1000mmも雨が降るなんて私の退職時代までに聞いたことが無かった。地球温暖化の影響は年々加速するようになった・・・恐ろしい速さで進行している。日照りは火災で焼き尽くす、豪雨は水害で水没させる。私が20年前にIPCCの警告を聞いてから、アッと言い間に予測された事態に直面することなってしまった。CO2の排出権取引は良く聴いてみると、自然の緑を破壊して工場を作ると取引が成立すると言うのは全く理解出来なかった。この仕組みは経済を減衰するものではないと、専門家が経済計算で証明したり、排出権を証券化して投資信託化できる・・・とても理解できない。環境問題に取り組む会社への株投資も注目されているらしいが、本当に大丈夫なの?
私が生きている間は大丈夫と思っていたが、もう目前に迫った。子供の世代は避けることが出来なくなった。水素燃料を持ち上げているが、水素を作るのにどんなに大きなエネルギーを消費するものなのか?私が思いつく案は、水力発電で水を電気分解する位しかない。水は水素の燃えカスだから、この方法でも燃えるより遥かにに大きいエネルギーが必要になる。CO2はできなくても膨大なエネルギーを排出する。・・・・目に関係が無い話を延々とやって申し訳ありません。

さて、眼はやや良くなった。

眼の状態 0+


8月15日(日)BTX39日
今日も台風の影響で全く室内に留まった。家内も買い物を止めてしまった。知人と情報交換したり、他愛ない世間話をする、音楽を聞く、テレビでスポーツ観戦、ミステリー番組を見る、ラジオを聞く。・・・なんとも言い難い。
新コロナ感染症で、3密対策がある。これをお互い2m離れて配置してみた。自分を中心に6名が
時計の2,4,6,8,10,12時の位置に人が居る。この中一人が陽性であれば陽性率は14%になる。但し、外側の一人黒丸印が中心の私に近ずくと黒丸の両脇の人との人との距離も近ずき4人間の距離が2mを割ってしまう。これで感染すると一挙に陽性率は57%になる。距離を確保するの難しさを改めて知った。 
感染症距離対策.png


8月14日(土)BTX38日
台風の影響で強い雨が降ったり止んだりを繰り返し、外出は女房の買い物に付き合っただけ。それも帰り掛けに迎えに行くのみ、買っている最中は余計な口出しはしないように心掛けている。これだけ外出を控えると鬱陶しいことかぎりない。
もう特にここで披露する話もなく、のんびりと過ごした。運動不足は日常生活に支障を来すのでラジオ体操、ストレッチ以外に握力強化、ダンベルとスクワットを少しだけ加えている。高齢者だから十分気を付けながら続けて行く。

眼が良くなった。昨日と何でこんなに変わるのか、何が切っ掛けか?全く分からない。

眼の状態 0+


8月13日(金)BTX37日
朝、眼が覚めたときに何となく身体に力が入らなくて心許ない。不安感を持ってしまう。日常的に血圧と血中酸素濃度を測ってみると次の通り。
6時00分:血圧 上132mmHg/下80/脈拍54毎分 血中酸素濃度97(%)
9:57 :    140/78/66               98
10:38 :    110/67/63               97
15:15  :    129/79/69               97
22:20  :    99/63/61                97
22:30   :   116/66/66       97
起床時の血圧がいつもより高い、また脈拍も遅い。別段異常はない。
酸素濃度は医師の測定器に較べ精度が落ちているので+3〜+4を加えて補正している。
眼の悪さに血圧や血中酸素濃度に関連するかと思ったが、全く関係は見いだせなかった。低気圧の接近や前線の影響を長年研究なさっている方が居ることも聞いている。そのチャレンジ精神は立派である。医学や学術的観点に立って関連を結びつけ証明するのは素人には中々難しい。私達機械技術者は鉄の強さを41kgf/平方ミリメートルという値を使っている。しかしJIS規格に準じてこの数値を決めるまでには大変なデーターの積み上げがある。証明するのは容易な事ではない。まして人間であり生物が対象だから、いろいろな環境条件に左右する。

原因は分からないが、眼がクシャクシャして、後頭部はジンジン、ガンガン、精神的には超下向きで終日ゴロゴロ、ダラダラと過ごした。

眼の状態 ー1


8月12日(木)BTX5週
割と眼が良かったので、一挙にデスクワークに集中して午前中を過ごした。台風の影響はまだ少なく午後はかなりの快晴となった。当然、庭で暴れまわる雑草除去に奮闘を続けている。困ったことに隣家との境にあるモチノキの根っ子に竹の根っ子が伸びているのを発見した。愕然としたものの、「クソツ」と一挙に戦闘モードに入り竹の根と格闘した。お蔭様で大変良い運動になって、シャワーを浴びて夕飯時の軽い一杯を楽しめた。

一日を気持ち良く過ごせて、眼もやや負い状態になった。眼の悪さを意識せずに済むときは眼は良くなっている。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強い。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。これが経験が無い位だ続いている。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



8月11(水)BTX35日
コロナ感染拡大には恐怖を感じている。うがい、手洗い、消毒と3密対策は実施するが来月の床屋さんはどうしよう。友人達と会うのもいつになるか分からない、横須賀市は全ての人が集まる公共施設を閉鎖した。福祉会館、文化会館、生涯学習教育、コミュニティセンター、みんなの家等々で行き先が無くなった。一人風景を楽しみ、庭仕事、室内清掃、歌の練習と写真に没頭するか。
今日は床のワックス掛けに専念した。かなり労力をようするので、疲れその後はテレビを見ながら居眠りに興じていた。

今日はワックス疲れで眼が悪くなり、これが居眠りを促進させた。

眼の状態 0


8月10(火)BTX34日
久し振りに市の中央に出掛けた。最近のインド株によるコロナ感染症の拡散、拡大は日々恐怖が強くなるのを感じている。自分の身は自分で守る・・・それ以上の手段はない。政府はワクチンを早くやれと号令して、ワクチンが入手できないで不足する。医療逼迫になると、重症しか入院させずに自宅治療にすると治療対策放棄を持ち出して避難されると撤回する。自分の手柄、業績を誇りたい気持ちと内心のプライドが絡み合い頭脳が凝り固まって回転出来なくなっている。第2次大戦で日本政府が国民の犠牲を顧みずに戦闘拡大と敗戦、撤退を繰り返しながら玉砕だ、転進だ、本土決戦など口ばかり勇ましさを謳いあげて原爆投下の悲惨な目に合わせた。
その頑な態度とそっくりさんだ。
敗戦が決まると、政府軍部は書類焼却し関連する大学の学部は資料を焼却し、学部名も無くしてしまった。戦後、私如きが入れた学部は精密工学だったが、これは戦前の造兵学部の名前を一夜にして書き換えたものであると・・・これは教授の方々から聞かされた。

特に眼の症状は変わらない。

眼の状態 0


8月9(月)BTX33日
長崎へ原爆投下された記念日。NHKのラジオを広島の惨状を知った米国女子学生が許せないと言ったのが気になっている。直接には広島でも長崎でも自分と同じキリスト教なのに、殺した事によるものだ。しかしその後に、日本人は何故米国を憎まないのか?と聞くと、それは無いと答える事だという。彼女は自分なら絶対に許せないと言う。ただ、宗教観の違いに寄るものだけでは無いと思って聞いていた。米国人は日本の真珠湾攻撃を許せないと思っているのか、今も変わらないのか。
来週にはボトックス注射後の診察に向けて、データーの整理に着手した。結構、面倒な作業になるので少しずつ始めている。

眼は今日もマアマア程度の良さ。

眼の状態 0


8月8(日)BTX32日
ブログに第48回ボトックス総括記事をアップ。今回はその最後に、ボトックスを使う前との症状比較を加えた。そうしないと、このブログを延々と書いていて何が良かったのか分からず終いになってしまうだろう。次回からも整理して行こう。

オリンピックは閉会。選手の活躍は素晴らしいし立派な成績を残した。ただオリンピックの開催は無謀としか言えない。政治は自分と業績に従って行って手遅れと失敗を繰り返している。手柄とかプライド程、厄介なものはない。沈着、冷静な判断なくして政治は出来ない。

眼は連日変わらず。

眼の状態 0


8月7日(土)BTX31日
このブログをお読みなっている方は呆れておられると思う。自分では2,3日書いていなかったと思って開くと、もう一週間になりそうになっている事が度々である。これも私の楽観的物忘れである。
オリンピックのテレビ観戦は先ず女子のゴルフだ。全く運動らしいものは全くしない女房も結構スポーツ観戦をする、意外に関心があるようだ。学生時代は音楽を専攻していてピアノもあるのに弾こうとしないし聴こうともしない。音楽会は誘えば行くが自分からは行かない。・・・なのにスポーツは気になるらしい、得たいが知れない性格だ。それは兎も角、井波もえさんが銀。野球は米国に勝利し優勝は見事で立派。

眼はテレビ観戦の影響であまり良くない。かと言ってかなり悪いわけでもない。

眼の状態 0


8月6日(金)BTX30日
終日行動は昨日と変わらない。暑さは更に強くなり、身体を動かすのも億劫になり益々オリンピックの報道に頼っている。日本の選手が活躍は矢張り気分が高揚する。
因みに発声練習や活舌訓練の外郎売はボチボチと続けているが、それでも声がガラガラ声になるのが気になる。少し弱い風邪気味になっているようだ。

ドライアイとショボショボ感が目立つけれど、そんなに悪くはない。

眼の状態 0+


8月5日(木)BTX4週
台風が三つも出来ているが、こちらに向かうの1コだけらしい。朝は入道雲が活発に沸き上がり夏らしく、夕方には天候が下り坂を予感させる絹のような雲が沢山空に広がっていた。台風の予報を見ても雨が主体で風は大した事は無さそうだ。世間んはオリンピックとコロナの急速な感染拡大に歯止めは掛らず、ワクチンを接種したは以前より脅威と不安を感じている。娘は年齢順待ちとなって未接種だ、一方感染拡大の著しい横浜で働いているのでかなり心配になる。
このブログはオリンピックのとばっちりを受けて、アクセス件数は激減して毎日百件を割っている。いろいろ批判もされるが、自粛生活の我々には重要な息抜き、娯楽になっているのは間違いない。
暫くご無沙汰している友人、知人にメールを送ったりラインのお蔭でご無沙汰知人とも挨拶、情報交換をしている。
一方、身体は動かさないとドンドン錆びつくから、室内清掃ワックス掛けと庭での雑草取りを行っている。頭も錆びつくが、頭脳を使うと頭が疲れて血圧が150mmHg位上がるからこれも程々にしなければいけない。

眼は朝方、しょぼつきと痛みがあって昼から夕方に向け徐々に良くなった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。これが経験が無い位だ続いている。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


8月4日(水)BTX28日
毎日、あまりにオリンピックに頼って生きているみたい。しかし屋外は暑い。室内の清掃、特に中々出来ないフローリングのワックス掛けを少しずつが良い。一畳分位が丁度だ、気が付いてみると女房が家庭内で長年やって来た雑用が身体を動かすのに手軽で実用的な運動になる。それに庭仕事をやれば立ったり、しゃがんだりスクワットまがいの運動にもなる。・・・そう自分に言い聞かせている。
夜になると、小学校時代の友人と定例ZOOM会議を行った。隔週ごとなので話題が無くなり始めた。

眼は連日変わらず、落ち着いてきた。

眼の状態 0+


8月3日(火)BTX27日
さて楽しみにしている歌の勉強会に参加した。一時より増えて7名になった。
今日も会場を間違えて2分遅れで到着した。すでに皆さんで席やピアノの配置と殺菌消毒が済んでおり申し訳ない。人数も増えたこともあって、先生は発生のメカニズムから発声準備体操それから発声練習ときめ細やかに行った。一方歌う曲は「静かな鐘の音、埴生の宿、Long Long Ago、」で小学校時代の歌でもう一つは「春への憧れSehnsucht Nach dem Fruhling」これは聴きなれない歌だ。
いつも歌の後はJR横須賀駅を通り過ぎ日米横須賀基地とヴェルニー公園の弁当昼食を済ませ汐入駅から帰宅するが、コロナインド株と日曜日の救急処置後とあってすんなり帰宅に戻った。

眼は連日変わらず。

眼の状態 0+


8月2日(月)BTX26日
熱暑と昨日の騒ぎで外出には慎重になった。老員会の配布資料は女房にお任せ。明日の歌の練習と庭の雑草処理とオリンピックのテレビ観戦ぐらいで済ました。
歌の練習で一番苦手なのが、ハモル事だ。低音部を繰り返して覚えるのに、イザ合唱を始めると忽ちメロディーに引っ張られる。他人のメロディーに聴きながら合わせてハモらせるとか自分の歌を堂々と歌うように心掛けなさいと言われるが、難しい。今の先生は基本から教えてハモらせたり、外したりと繰り返しいろいろ工夫して貰えるのが非常に助かる。これは日常で他人に教えるときの大切な方法だなと思い当たる。私のような出来ない人間を教育指導するときの心構えだ。
最近は金融機関の方達と話すと、健康の確認、家族に私の信託貯蓄などを承知するように求める。物騒な世の中だから、そこまで配慮して貰うのも良い事だ。しかし、相続の心配もしてくれるがこれは商売熱心の心が伺える。

眼の方はどうやら、限界まで良くなった気がする。当然、満足している訳ではない。
しょぼつき、眩しさ、鬱陶しい、眼玉の周囲に緊張感、ドラアイ他に白内障で霞む、眼の中がゴミだらけになる、黒いゴミが虫のように動く。眼瞼痙攣以外にも加齢で生じる症状が入り混じっている。白内障の手術をしたらどうか、緑内障に関わる眼圧低下の点眼液を使ったらどうか・・・先生に相談しようと思う。ただ、最近先生は高齢だからと諦めている雰囲気を感じてならない。

眼の状態 0+


8月1日(日)BTX25日
朝食中に異常をきたした。汚い話で恐縮だが便秘で猛烈に苦しくなった。水分補給とヨーグルトを食べて自分なり気を付けていたのに、何故だ? 此処ならずも救急車で横須賀市の救急医療センターにゆく事になってしまった。幸い大事に至らず軽い処置済んだ。医師は私の場合、直腸からの大量出血の恐れがあるのでここの医療センターに来たのは良い判断であったとの事であった。
原因は不明だが、深夜に喉が渇き頻繁に水を飲み頻繁にトイレ通いを一時間も経たずに繰り返していた。・・・・何か影響があるのだろうか?

いろいろとトラブルはあったが、眼に影響せずに済んだ。眼もここら辺が限界で、後はラッキーで奇跡で+1が起きるかどうかだけのような気がする。

眼の状態 0+

7月31(土)BTX24日
オリンピックのテレビ観戦、庭仕事で終わり。それに一か月町内に渡りボランティア活動の方々が私の写真を展示してくれて今日が最終日。皆さんのご協力で無事終え撤収した。途中2回程度しか顔をだしていないので、評判は分からないけれど良いチャンスを頂けたことには大いに感謝、感謝!!

怠けても眼はほゞほゞ状態を維持している。

眼の状態 0+


7月30日(金)BTX23日
昨日の都内小旅行の疲れが残った。サボるのが良いと終日ダラダラとオリンピックの報道番組を見ながら過ごした。以前と違って各局がいろいろなスポーツを中継するので、退屈することはない。

怠けても眼はほゞほゞ状態を維持している。

眼の状態 0+


7月29日(木)BTX3週
晴天、高温で更に新コロナのインド株とあって外出はしたくないが、母親の命日とあって都内の飯田橋にあるお寺に出掛けた。なるべく荷物は減らしたいがお花を持って行くのが億劫だ、かと言って都内で花を買うと高くつく。行けば同じお寺にある女房の親父さんのお墓も知らん顔もできない。二人で嵩張る花束を持って出掛けた。でも、私が1級身体障碍者だから女房は付き添いになって二人で一人前の交通費でこれは随分助かる。連日の晴天、高温でお墓に並ぶお花は皆見事にドライフラワーになっていた。因みにここのお寺には井戸がある、飲んではいけない事になっているが災害時には貴重な水になるだろう。
昼飯は神楽坂では高くつくと、東京駅地下街のレストラン街に寄って見た。一巡しても特にこれと言ったお店も無く、全国ブランドの何でも揃うお店に入った。従って注文も中華系とサラダになった。矢張り流石に神楽坂は違う、特徴あるお店が競って並ぶので却って高いとばかり言えない。お酒は全く出ないので瓶入りのノンアルコールで祝杯を揚げるしかなかった。
帰りに品川からの電車で私に席を譲って頂いた。その方は横浜まで立ちっ放しになってしまい、却って申し訳なかった。譲られる私達も混雑時は控えるべきだろう。

ちゃんと先祖のお墓参りを行った心掛けか、今日も眼は良かった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


7月28日(水)BTX21日
学生時代の友人と合わせて3人で三浦海岸駅で合流した。県知事が神奈川版緊急事態宣言で人影殆ど無い。砂浜までのお店もひっそりして、海にでるとやっと人が多くなる程度だ。海は荒れ気味、波打ち際で遊ぶのが精一杯の様子。台風の影響が大きすぎる。撮影後にお店で乾杯をしたいが、例外なく酒の提供はやらない。コンビニで缶ビールを買ってきたいと言ってもノーだ。
諦めきれず巨大なリゾートホテルのレストランに入っても同じ、シブシブとノンアルコールビールで祝杯をあげて食事にした。メニューもあまり選択の余地が少なく丼物ばかり。まあそれでも、卒業以来の顔もあって長い話になった。40歳過ぎて脱サラし今日にいたるまで、事業を続けている男がいた。卒業以来公的交通機関に乗った事が無いと言う。勤め先まで25分以内で自家用車ばかり乗っている。だから日焼けしていないし、足元がチョイ危なっかしい。ビックリしたのは電車やバスの切符の買い方や乗り方をしらないのには愕然とした。・・・この世の人とは思えない。
食事後は西海岸に回り夕陽の撮影を狙い荒崎海岸からスタートした。ここは程々に海が荒れ、良いタイミングになった。ただ西海岸をバスで北上すると、水平線の雲徐々に濃くなり、真名瀬から森戸神社辺りの景勝地の海、岩礁、富士、箱根、伊豆は霞みに隠れてしまった。大きな期待外れの撮影会となった。でも気落ちすることもなく一日を愉快に過ごすことが出来た。

眼は最悪を免れたけれど、あまり良くはならない。友人と付き合っていて、眼を忘れていただけ。眼を意識すれば悪さを忽ち感じてしまう。

眼の状態 0−


7月27日(火)BTX20日
台風の影響は殆どなく暑さを象徴するように入道雲がニョキニョキと発達し続けていた。友人との再会も明日へ延期となった。

眼は一挙に後戻りした。オリンピックを見るのがいけないのだが、矢張り気になって止められない。朝から晩まで眼が痛い、頭痛、首が痛い、肩が痛い、瞼は簡単には開かない。

眼の状態 ー1


7月26日(月)BTX19日
今日のオリンピックは卓球、バレーボール、水泳、柔道が主になった。日本の選手のレベルが着実に世界レベルに向けて高くなっている。素晴らしい結果が嬉しくなる。これからはバスケットボールも活躍出来そうで頼もしい。
明日は友人達と三浦の漁港レストランで一杯飲む予定だが、天候不良で明後日に延期した。新鮮さが売り物だけに時化で冷蔵庫の残り物を食うことになるのは避けたい。

眼は昨日同様。

眼の状態 0+


7月25日(日)BTX18日
オリンピックが始まって日常生活が変わってしまった。各テレビ局が色々な種目を見せてくれるので、選択に迷う位だ。結局2台をつけてどちらかを見る様にしている。眼は霞んでいるので、私は大画面を女房は普通サイズになる。兎に角、終日飽きる事がなくて結構だ。一方、台風がこっちに来るらしいので庭仕事も急がず、慌てずに頑張っている。逞しい雑草に取り組みその強さに圧倒されながら続けている。

眼は良い状態になった。瞼の痙攣は減って動きが鈍くなっている。眼のなかのスッキリ感はないが弱いショボショボ感が残っている程度だ。

眼の状態 0+


7月24日(土)BTX17日
横須賀市視障協の役員の方々とお話をする事ができた。幸い、私達の病状、生活実情、医学界の現状、最近公明党の積極的な協力を得て田村厚労大臣の協力姿勢を国会で名言されたこと・・・等々しっかり聴いて頂くことが出来た。この協会はまだ障害者手帳を持たないと会員にはなれない。だけれど私達患者を理解し、受け止めて頂けるようにまた患者さんや専門医師の話しを聴いて頂けるようにお願いした。過去の市協の方針から即座に受け入れられるのは難しいだろう。ここでも多様性を発揮して頂きたい。

なんとなく眼が良い方向になっているのを実感している。

眼の状態 0+


7月23日(金)BTX16日
オリンピック開会式となった。コロナ禍と批判の渦巻くなかの開催ではあったが兎に角開催された。選手達はにはやりにくいかもしれないが、競技に集中して最善の結果をだして頂ければ良い。政治的狙いや関係団体組織の集金を狙っての活動も報道関係かから多くの指摘をされて知るにつけ、私達はどうして鈍感なのかと思ってしまう。権威主義、殿に仕える、会社あっての自分がある、寄らば大樹の蔭・・・くっついていて安心する。海に囲まれて孤立無援の日本列島は協調性を大切にしてきた。良く似た位置関係を持つ英国とは随分違う。長い歴史いの中で、矢張り日本は大陸との闘いが少ない。或いは蒙古を除くと攻め込まれずに済んだ幸せ背景がそうさせたのかもしれない。
米国も格差や黒人差別があって住み良い国とは思えない。でも、多方面に大きな成果を輩出する素地がある。世界から人材が集まり、競い合って新しいトップの姿を創り出すエネルギーがある。このエネルギーがまた次の世代を創出する。これからのディジタル世界は地域の格差を乗り越えて、発展につなげられるのか?私にそんな問題は桁違いに大きすぎて名案など出る訳もない。

眼の症状は好転している。瞼の痙攣が弱る前に、厚ぼったく動きが鈍くなる傾向を感じるようになった。

眼の状態 0+


7月22日(木)BTX2週
今日も暑くて外出は女房の買い物のお供で行くだけ。後は日陰を頼って庭の手入れをするだけ。それ以外は室内清掃、休息で何とか済ましている。
夕方には友人と三浦半島で美味い物探しようと、相談した。

眼は良くなるだろうが小康状態だ。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:閉じる力が弱くなった。眼玉の後ろ側の緊張感は消えた。
〇ドライアイ:涙が溜まっているのは鏡で確認出来ている。ムコスタ点眼液とジクアス点眼液を一日おきに交互に使う。パソコン画面をに集中していると、ピンボケになる。しっかりと瞬きするとハッキリ見える。結局コンスタントに涙が出ていないと画面も文章も継続して見ることは出来ない。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が減るにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極的さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入るようになった。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


7月21日(水)BTX14日
日中の気温30℃越え、湿度70%越えはそんなにお驚く程の事ではない。三浦半島は海に近いし、海風も通るから恵まれている。それでも日中庭で作業をするのは危険だから、日陰のなかや夕方になるがその内蚊に追い回される。向こうは命がけだから、装備工夫が必要だ。もう少し経つと蚊取り線香を身体の周囲に3ヵ所もおかなければならなくなる。
オリンピック開会式が迫る中、コロナ禍に関連する問題が次から次へと出て来る。多くの方から誰のためのオリンピックか?誰を守っているのか?と指摘される。参加する選手達にとっては4年に一度の人生を掛けた大イベント、参加し栄冠を目指すのは当然。この心を金儲けに利用する人物や組織そして国家。こんな下心が良く見えるオリンピックになった。今回の金の収支決算は誰が責任をもって発表するのか、或いは誰が闇に葬るのか。

眼は少し良くなる傾向を感じる。涙が溜まるようになった、瞼が厚ぼったく動きにくくなった。過去の経験からボトックス効果の出て来る兆候である。

眼の状態 0


7月20日(火)BTX13日
歌の勉強会の日だ。会場につくと先生が一人でピアノの練習をしていた。最近、先生が一層熱心になっているのを感じていたがチョットびっくり。先生もワクチン接種が終わり解放感を味わっているのかもしれない。準備体操、発声練習と懇切丁寧でいい。2部合唱でも嘗て教えて貰った事が無い程、理論も含めて丁寧だ。私も参加している楽しみが増えている。そもそも私がリクエストした「ねむの木の子守歌」を練習後に一人一人で独唱したが、私には立って姿勢や楽譜の持ち方まで教えて貰った。眼の悪さで姿勢が悪く成ったり、ジストニア振戦で手や身体が震えているので気になったのだろう。折角だからこの機にと・・・と思い病状説明をしておいた。
夜は小学校時代の友人とZOOMクラス会でしばし気楽な話を一時間程行った。

連日の状態を継続している。

眼の状態 0


7月19日(月)BTX12日
暑いが朝晩は30度にならないし湿度も70%前後で、海に近い山の上は随分助かっている。この程度も続けば体力の負担が大きいい。昨年の熱中症と不整脈が緊急入院になった事や女房も疲れ気味なので、台所と繋がる居間はエアコンを付けっ放しにする事に決めた。雑草の闘いは続く、昔の人達が新たな土地を開墾して畑を作り収穫を得た等とても今の自分には出来ない。一家で毎日必死の思いで働いて、犠牲も沢山あっただろう。長生きなんか出来るわけが無いだろう。
踏切の中でスマホを見ながら、事故死のニュースが流れた。この事故の直前に周囲にいた人が何故注意しないのだろう?かなり疑問に思っていたら、皆スマホを見ていて気付かなかったという。国民全体スマホ中毒、スマホ依存症なのだ。そのうち医療機関にスマホ依存症の治療が始まるかもしれない。電車の乗降、階段、横断歩道、自転車に乗りながら、車の運転中・・・危険はますばかりだ。実はそんな危険が自宅にもある。この無責任さの発祥の地は自宅なのか?!

眼はまた程々に悪い状態になった。一つ最近に見られない事が起きた。洗顔時に水が眼に入るようになった事。瞼が厚ぼったく動きにくい。これはボトックス注射後に見られることだったけれど起きなくなって久しい。良い兆候であればいいが。

眼の状態 0


7月18日(日)BTX11日
高齢者優先でワクチン接種2回を完了した我々は、堂々と飲み屋街に出掛けた。お店は遠慮がちで閉めている所も多い。全国ブランドのお店にはいると、直ぐに90分でラストオーダーと言われるがそれで十分だ。お酒も料理も絞り込まれているが、そんな事は気にならない。いつもの如く他愛ない世間話と病気の話で解放感溢れた一時であった。別れた後に二人が別々な所で2次会をやったそうだ。余程嬉しかったに違いない。私には飲み過ぎた感があり、帰宅後はぐったりするばかりであった。

眼は朝から日中に掛けて軽いショボショボ感があった。夕方になってショボショボがきつくなった。

眼の状態 0


7月17日(土)BTX10日
朝から空にに逞しい入道雲がにょきによきと育っていた。でも気温は30℃に至らず、湿度は70%だ。まだエアコンはたまに使う程度済んでいる。扇風機は各部屋で大活躍している。庭に出て雑草と闘うが、毎日敗退する。育ったドクダミの茎など、太いうどんみたいになっている。何時も植物の根っ子の多様な姿、生き伸び方には感嘆する。草をむしっていると分からないが、スコップで掘り返していると良く分かる。夏休みの自由研究には面白く、独創的な作品になるだろう。一年間続けたらちょっとした論文になる。
夜には眼球使用困難症の協会設立協議会ZOOMが行われた。私はもう脇で聞いているだけのオブザーバーである。8月には一段と進んだ報告がきかれそうで、楽しみになった。
今日も活舌の外郎売と初歩初歩のヴォイトレを涙ぐましく続けた。もっとも他人から見ればであって、自分は淡々とやっているだけだ。

眼の症状はほんの少し症状が緩んだような気がする。

眼の状態 0


7月16日(金)BTX9日目
ヤル気の無さを何とか脱出しようと、活舌向上の外郎売を3回音読し、YOUTUBEから外郎売の先生を参考に練習した。続けてボイストレーニングを亀渕友香先生の超基礎練習CDでも練習と、聞くも涙語るも涙の物語ではないか!この二つを続けるのは頑張る気持ちが必要だ。何故かと言えば、ちっとも面白くないからだ・・・下手でも良いから歌い続けたい気持ちがなければ出来ない。
午後は整形リハビリに行ってきた、これは随分腰の回りが軽くなり希望が出てきた。これからは、慎重なトレーニングで一人前に歩けそうだ。

眼は朝の間眼の後部の緊張感が緩み、日中は眼がボーツとしていて、夕方にはまた緊張感とショボショボ感が出てきた。

眼の状態 0


7月15日(木)BTX1週目
可成り眼が悪くなって。極端な症状は眼玉の後ろ側に強い緊張感があって文字を見る時は、その緊張感で見ている事が辛くなる。これは眼輪筋の収縮痙攣が瞼を閉じるのとは異なるメカニズムのように感じてしまう。今は瞼の閉じる力はそんなに働いていない。眼に涙だが溜まっているのも見えるからドライアイも弱い。いつもの眼科に行くと代診なのであっさりと眼瞼痙攣の症状だろうと言う。私が前回の診察で眼圧が20mmHgだったのを指摘すると、「何も問題はない、眼底も綺麗、」で終わった。最近ここの先生は私の高齢化を見て「・・・どうせお年なんだから」と投げ遣りになっている気がする。べつな先生に診て頂く必要がありそうだ。
かかりつけ医に健康診断の結果を聞きに行った。前半に良好で特に調べて頂いた知心臓のポンプ力(初めて聞く調査だ)は十分良く心配ないとの事であった。
その他は従来通りの血糖値と尿酸値に注意を払いことであった。
また前立腺がん手術による副症状が大腸ガン検査に引っかかるので、専門病院で相談することになった。大腸がんの苦しい検査なんかやりたくない。
さらに整形外科でリハビリをして帰宅した。すっかり高齢者らしく3医師巡りをしてしまった。

眼は兎に角眼の後側の異様な緊張感に参った。

眼の状態 ー1

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:閉じる力が強くなった。但し、開く力も弱い。不快感が出てきた。眼玉の後ろ側に強烈な緊張感がある。眼圧20mmHgの影響はないのだろうか。
〇ドライアイ:涙が溜まっているのは鏡で確認出来ている。ドライアイではないだろう。眼にほんの気持ち気持ち良さがあるのでムコスタ点眼液とジクアス点眼液を一日おきに交互に使う。
〇眩しさ:眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が減るにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:眼玉後部の緊張感が起因して痛みがある。肩が凝って痛みに感じる。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。やや消極的。何事も動き出しが遅い。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


7月14日(水)BTX7日目
今日も動きたくないが、庭に繫茂する雑草の勢いにジッとしていられなくなった。日差しは大した事がない、でも高温多湿である。ドクダミ、つゆ草、蔦と逞しい植物と格闘した。30分やったら30分休む、とても続けられない。どうやら女房にやった!言える位には除草した。まだまだ、竹の根っ子の除去が全然すすんでいない、地上に掘り出した根っ子からもう葉っぱが伸びだしている。焦っても仕方がない、良い運動になったと思う。

屋外作業はかなり矢張り眩しかったのかもしれない。瞼が下がって、ピントも会わないので簡単な新聞記事さえ読めない。

眼の状態 ―1


7月13日(火)BTX6日目
昨日のつくばへの小旅行が結構影響した。疲れたのだろう、動く気がしないまま一日終わってしまった。気に入っているリクライニングのソファで何となくテレビに向かい過ごした。ここが一番楽で良い。

眼も極端にショボショボして、瞼が開かない。珍しく後頭部も痛みが出ていた。眼の中の緊張感は何だろう、眼玉の奥或いは後部に収縮する力が働いているように感じる。眼圧が20mmHgと高くなっているのと関連するのだろうか。

眼の状態 ―1


7月12日(月)BTX5日目
親戚と筑波に行って来た。故郷の茨城県には昨年の3月に行ってから久し振りのことだ。秋葉原で待ち合わせてつくばエックスプレスで向かった。初めて乗る車両は特急で素晴らしく快速を飛ばし45分で当着した。デザインも洒落て綺麗な車両には好感が持てる。ただ、走行時にシャーシャーという騒音が気になり、今一クッション性に欠ける。案外コストを控えた作りではないか?この路線はトンネルが多いし、踏切も無い、カーブも少ないので環境安全性は抜群だ。その分低価格に生産できたのでは。
つくば大学の生徒さんには勿論、この学園都市に住む方、働いている方に随分便利な所だ。駅前は広々として、高いビルもなく解放感あふれた快適な地である。大学向けの循環バスで広大な森に囲まれた敷地を一周した。こんなに環境に恵まれて過ごせるなんて、幸せそのものだろ。
とは言っても大都会の街の灯りから離れたくない人々には凡そ不向きである。
バス待ちのベンチで昼食をお結びとお茶で済ませ、次の筑波山神社に向かった。
バスを降りると直ぐに新装なった新品そのもの神社に到着し、周囲の変化に驚いた。
もう私の記憶する雰囲気はなくなってしまい、コロナ禍で静かになろお店も旅館も侘しい。私は脊椎管狭窄症が再発しないように、山頂には行かずコーラやアイスクリームで時間を過ごし土浦に向かうバスを待った。
帰りのバスは一旦乗換て土浦駅に向かった、子供の頃はローカルなガソリンカーだったか満員になると、傾斜で動かなくなった事が懐かしく思い出させる。今はその路線は廃止されて「りんりんロード」という自転車専用道路になっていた。
文句を付けて申し訳ないが、バスのクッション性が悪くてガタピシと身体に応えた。
我住む、三浦半島でもう少し乗り心地が良い。
こうやってつくばからバスで走っていると、殆ど坂が無い。さすがに関東平野だけのことはある・・・・等と今頃になって感心した。関東地域外から訪問されると、広さを感じ飽きてしまうのではないか?
土浦からの電車は、常磐線で電化が遅れた路線で随分蒸気機関車に引かれる列車に乗り田畑の中を進み、回り灯篭を回るような景色に喜んでいた事が思い出された。

今日は何のストレスも感じない、のんびり小旅行で眼もまあまあご機嫌であった。

眼の状態 0+


7月11日(日)BTX4日目
暑くて積雲が浮かぶ夏空ではあったが、まだ梅雨の真っ最中で場所によってはかなりの被害も出ている。熱海の被害は人為的でお粗末な業者の工事が原因らしい。いつまでこの手の問題がおきるのか、腹立たしいばかりだ。
月一のヨガは視覚障害者相手であり、高齢者向けにもなっている。私にとっては大変良い運動になる。月2回とか3回あっても良い位。アシスタントに眼科の先生がいらっしゃり、藤沢地区で聖火ランナーを勤めたとの事でトーチを見せて頂いた。トーチと共に私と先生も含めてスマホ写真を撮ることができた。そのうち、FACEBOOKにアップしようと思う。先生のお名前も含めてご了解を得た。
いつのもの事だが、A君とノミニケーションをしっかり行った。当然3密に十分配慮した上でだ。

未だBTX効果は出て来ない。

眼の状態 0


7月10日(土)BTX3日目
太陽が出てきたので大急ぎで洗濯物を干してからフローリングのワックス掛けを行った。水で雑巾がけをして20分乾燥、液体ワックスを3回重ね塗りをする。この間も乾燥に20分かかる。ゴタゴタ家具を取り除け、終わったら戻す。たたみ2畳にも満たないのに、ガックリする位体力を使う。女房を誘って隣の八景駅の中華店で生ビールと五目そば、餃子で晩飯ヌキとした。これは女房対策でいつも良い影響がある。

きょうもまだBTXの効果は全くない。眼の奥の異様な緊張感、首肩のコリが気になりだした。

眼の状態 0


7月9日(金)BTX2日目
写真の勉強会が久し振りに行われた。コロナ禍であること、高齢化して山の上にある市の文化会館に来られない、平地でも来られな・・・こんな事情で参加は半数にもみたいない、7人と寂しい。作品発表も前はA4プリントだったのが、スライドになった。これは作者のイメージとかなり変わるので、面白味が無くなってしまった。皆は口に出さないが、自然消滅かな? と思っている。これはいろいろな社会活動グループに共通している。因みに私の写真をFACEBOOKにのせました。
ニュースで聴覚情報処理障害APDを報じていた。私達の眼球使用困難症群と通じて聞けるか、見られるかの違いで個人差もある感覚の極めて敏感な問題であると思った。脳神経の分野はまだまだ未踏の巨大な山のようだ。日本の医学界よ世界をリードする業績をあげてくれ!大谷選手だって頑張っているんだ。

まだBTXの効果は出てこない。

眼の状態 0


7月8日(木)第49回BTX初日
ワクチン2回目も終わり横浜へ出掛けるのも、一応心配が亡くなった。いい具合にBTX注射の日になった。午後3時にクリニックに着くと、ワクチン注射を待つ人たちが順番待ちになって、私の予約時間なんか通りり過ぎていた。
私のBTX注射のときは、先生忙しくってあまり話をする時間など殆ど無かった。事前に痛み止めクリームを塗ったせいか、随分楽になった。注射ヵ所は前回と大部異なり、症状を見ながらの対応だろう。50単位は同じだが、何か所かは分からず仕舞いになった。中間の診察で伺おう。
帰りは追浜の整形外科で1っか月振りの診察を受けた。ベッドで俯き姿勢で先生は背骨に沿って圧迫しなが腰まで確認をして痛みなし。
仰向きになって足を床に直角にあげて痛みもない、私に親指を反らせて頑張らせながら先生は指を曲げる。この力に頑張ったら「アツ!治った」と声をあげて、「良かった、良かった」という一方「念のため、リハビリは週2か3でも続けて下さい」とビジネスも忘れない。さすがに痛み止めの処方はしなかった。

BTX注射の際はかなり眼の状態は悪くなって、先生にとっては分かり易かっただろう。
また治療薬のお勧めがあったが、お断りした。先生からすれば、いろいろと試してみたいのは分かるが、あまり薬害禍を知っているととてもヤル気にならない。
先生にとってつまらん患者かも知れない。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:閉じる力が強くなった。但し、開く力も弱い。不快感が出てきた。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。涙不足で乾きとシブシブ感がある。ムコスタ点眼液とジクアス点眼液を一日おきに交互に使う。
〇眩しさ:眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が減るにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:ない。活動が鈍い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。やや消極的。何事も動き出しが遅い。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。
第47回ボトックス日記 [2021年01月25日(Mon)]
第47回ボトックス日記

DSCN0993a.jpg



4月7日(水)BTX90日
昨日歌の帰りに総合福祉会館に立ち寄ったときに、フト写真を撮りたい場所を発見した。スマホ撮影では全然物足りなくて、カメラ持参で朝から出掛けた。壁掛けた絵に映る画像が面白くて1時間も撮り続けてしまった。面白い作品になればとワクワクする。帰りは整形外科と忘れ物をした薬局に立ち寄ってから帰った。
薬局の方は忘れ物を開いて驚いただろうな。楽譜は兎も角としてサンドイッチの包装や紅茶の空ペットボトル等々汚いものも一緒くたにしていたから・・・。

もうだい48回ボトックスが明日になって、眼はクシャクシャ、シブチンドライアイと不快な終日。

眼の状態 0


4月6日(火)BTX89日
歌の練習日では90歳以上のおばあちゃまが参加すると聞いていた。20年以上歌っていないと言うがアルトの実にシッカリした発声で会話も立派。見かけからは想像がつかない、プロでさえ驚くと思う。朧月夜の低音は彼女のお蔭で成立したようなものだった。私は声が出ないと先生にこぼしていたが、飛んでもない私も更に努力せにゃならない。
でも「イルカ」の「なごり雪」は全く歌えないし、「落葉松」も歌ったことがないようで声が出なかった。しかし、次回が楽しみになる。
先生は何故か本当に声が出ない方なので、教えるのには相当工夫している。
帰りに眼科医でムコスタ点眼液を使いすぎと叱られたが、そんな事を言われるとは思わなかった。市販の目薬と同様に安易に使い過ぎたらしい。・・・そんなら事前に注意してくれれば良いのに。もう10年位使っているのだ。薬局に寄ったとき楽譜を忘れた、帰宅してから処方したお客さんに片っ端から電話して私にお知らせしてくれた、感謝!感謝!

晴天で寒く感じる天候ではあったが、帰りに散歩をして回り良い運動で8000歩を越えた。眼は相変わらず低調だ。

眼の状態 0


4月5日(月)BTX88日
老人会の年度末の締めになる役員会が行われた。実際にはこの一年間はコロナ自粛で殆ど活動をしていない。問題なく実行できたのは月2回の公園清掃だけであった。広い公園だから、密になるどころではない人手不足なのだ。自治会も含め一番活動したのは私達だったと思う。伝統行事として皆さんが協力してやってきたので、横須賀市からは何回か表彰され、県からも表彰っされてきた地味ではあるが良い活動だったと思う。私が担当しているカラオケ・合唱は会館閉鎖で一度も行えず、会費徴収もせずに終わった。誕生会は集まっても飲食なし、会話も弾まず、弁当は持ち帰りとあって寂しい一年間を顧みることになった。実際、これからの一年は変異株の出現で更に危険な年になりかねない。もうワクチン頼み政策に期待するだけとなっている。

一時は強風と雨の春の嵐が吹き抜けた。全く花チラシの雨で桜は終わりゴミ処理に忙しくなる。気持ちがどうしても俯き加減で目も悪化している。目薬も不足、BTXも期限切れの時期である。暫くは我慢、我慢の日が続く。

眼の状態 0−


4月4日(日)BTX87日
花が次々と咲く中で庭仕事は楽しい。庭がどのように出来上がるかを楽しみと生き甲斐にして雑草と土と闘っているみたい。近所の方から「お精が出ますね、良いですね」と言われて更に喜んでやっているからお目出度い限りだ。日中は案外太陽の日差しも出て気分良く一日を過ごした。
夜のテレビでは歌、NHKのクラシック、ポツンと一軒家を聞きながらいつの間にか居眠りに入っている。いつもの事だが。

眼はもうBTXまで仕方がない。でも一人で外出できる程度だから、大丈夫だ。

眼の状態 0


4月3日(土)BTX86日
今日もまた新しく百合の芽が4本でてきた。白で大きいいカサブランカで見応えがある。球根は放っておけば毎年新しく咲いてくれるから、便利で手軽で助かる。
残飯から植物のみを選んで堆肥作りの大箱に放り込んでいる。どこからか、いつの間にかミミズが増えてくる。時々土を入れると腐敗臭もない、自宅に散らばる枯葉を入れながら一年寝かせてさらに一年おくと良い堆肥ができる。家の土も増えて鉢植えにも使える。こんな事でも結構な楽しみになる。

一方パソコン作業も多いので眼はかなり参ってきた。来週は目薬を貰い、第48回ボトックス注射をしなければいけない。

眼の状態 0


4月2日(金)BTX12週
連日のごとく整形外科へリハビリに行く。桜が散り始めて、小さい芽が伸びだしている。フリージアは白い花ばかりだったのが濃いピンクも出てきた、更に黄色も出てきた。紅梅白梅の芽も出てきた。大谷石の塀に伸びる蔦の芽も出始めて来たので大慌て剪定をする、これもやらないと盛り上がって散髪を忘れたみっともない姿になってしまう。荒れた芝生もゴルフのパットが出来るように縁取りを変更している。尤もゴルフはとっくにやめているが、せめてパット位やってみたい。雑草や樹木の根っこが地中から侵入しないように樹脂板で仕切る計画だ。飽きる事はない、やる事は幾らでもある。大体ブログには書けない雑用だって毎日沢山残っている。長生きしてやるしかないか?

目薬がないのだが、決められた期間に一定以上の薬を我々に処方する事が出来ないとのことだから止むを得ない。いくら症状が悪かろうと出せないらしい。健康保険を使わないで10倍の値段で買うなら問題はない。そうそう簡単には買えない。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:閉じるが力はない。
ドライアイ:。ショボショボ感がかなり気になる。ムコスタ点眼液を使えない。眼科医から過剰には出せないとの事。
眩しさ:眩しい。そんなに強くはない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
眼の痛み:痛みはない。
フラフラ:気になる。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。自粛と運動不足による足腰の筋力低下の影響もある。
頭部痛み:ない。眠さは一時程ではない。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。
複視:なくなった。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。最近は消極的な気持ちと行動になり易くなった。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルを起こしてしまった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。



4月1日(木)BTX84日
4月馬鹿とかいわれるが今年はそんな冗談が交わされることが無かった。コロナ感染症の蔓延状態で、ニュースも取り上げるのは控えただろう。
しかし政府の対応、関連省庁の対応があまりにも酷すぎる。とても先進国とは思えない。やっているのは毎日の感染症の発生件数を数えて、確実に増加した結果を確認してから自粛を要請するだけの事。こんな程度なら私だって出来そうだ。これからは法律で「まん延防止等重点措置」が取られるようだ。後手後手政策をやってる限りは科料を与えても反発を招く。政府は誰の為にあるのだ?立派な方達を集めた専門家会議、諮問会議は国民の税金を使い金と時間を浪費する。なんでこんな内閣が出来上がるのか、国民にも責任がある。選挙をないがしろにしている、その心が国会、行政に反映されていることに気付かないのが不思議だ。私達国民も厳しい視線をもって選挙をし、行政を監視しないと怠け者政治家に負けてしまう。
日本は科学立国で高い技術で世界をリードしたかもしれないが、もう既に後い追い国になっている。まだ例外的に一つの会社として或いは個人的に世界をリード出来る存在があるかもしれないが、只それはどんどん少なくなるばかりだろう。忖度に前進はない、渋滞と後退がこれから見の回りに起きる。
このブログは政治議論をするところではないので、申し訳ありません。ただ現実の恐ろしさとそれによる将来不安で言わざるを得ないと思いました。

花が多く咲だして庭仕事は楽しくきつくなってきた。BTXの効果も落ちてきた、もうじき3ヶ月となり注射時期である。ソロソロ予約をしなけらば。

眼の状態 0


3月31日(水)BTX83日
いつものように整形外科でリハビリをおこなってから市の障害福祉課に出掛けた。一級障害者だから水道料金が割り引かれるとの話を聞き確認したところ、障害者手帳の取得日に65歳に達しているので該当しなことが判明した。ただNHKの受信料は半額免除になることも分かった。ただ私はJCOM経由なので、そちらと相談することになった。
帰りは遅くなったし、女房もこれから買い物をして帰ってからの食事ではやりたくない・・・そんな雰囲気を察してチョット洒落たイタリアンレストランに入った。メニューはピザとスパゲッティとワインとビールに限定している。どれも特徴ある料理とお酒で理解不能の私達は、説明を聞きながらリーズナブルな選択をして最初はビールで乾杯した。以後は酒も料理も名前は覚えていない、どうせ記憶に留めるのは難しいから構う事はない。でも美味しかった、満足。ダサイと言われる横須賀にしては良かった。

忙しく歩き回って眼の事は忘れていたが、症状は良くなっていた。

眼の状態 0+


3月30日(火)BTX82日
小学校の友達と定例ZOOM会議ができてしまった。男性5名で女性は何故か参加しない。長い付き合いがあった訳ではないから、気楽で楽しい雰囲気を感じないだろう。女性は夜8時ごろから顔を見せて出たくも無いだろう。面倒くさいし、お化粧に気を付けて出て来る事なんかご「免なさい」が本音だろう。
司会者が「無人島に行く時持って行く本を紹介しよう」と宿題を出していた。Aさんは本ではなく30年も続いた日記を、私は長年無関心だった星座の本にした。その他方々はあまり本について語ることが無かった。他愛ない話が続き、では2週間後の再会を・・・と約束して終わった。

最近は目薬が不足しているので、眼調不良が続いている。

眼の状態 0


3月29日(月)BTX81日
すっかり整形外科でリハビリをするのが当たり前になってしまった。外出時や庭作業ではコルセットをしている、特に庭作業では腰の負担が随分楽になる。どのような庭に仕上げるかを想像しながら作業するので楽しい。でも当面は雑草を刈ったり、石ころを除けたり要らない物を処分している時間が多いのも実情だ。植物の育ち方が早く、暑くなれば蚊に悩まされる。一昨年から夏の暑さにすっかり弱くなってしまった。去年は不整脈騒ぎもあった。今年はどうなるか?夏にエアコンを使わずに済ませていられたが、昨年からはジャンジャン使うようになった。今年銀座で個展をするのは諦めたが、来年は7月下旬に予約した。一緒にやる人を探しているが、皆腰が引けてしまう・・・困ったものだ。

眼はドライアイで目薬も不足して、いつもショボショボを忘れることはない。

眼の状態 0


3月28日(日)BTX80日
強い雨風が時々降り出して、庭作業も外出もしないですませた。
昨日に続いて小学校時代の友人とZOOM会議の練習をしたら、案外スムーズに進んで暫くは近況や世間話をして過ごす事ができた。次回のZOOMクラス会には一人増えて愉快になりそうだ。
今、ある会の会計処理を行っているが大変な作業になっている。

パソンコンに集中し続けるのは実に眼瞼痙攣に悪い。症状が悪化し始めている。

眼の状態 0



3月27日(土)BTX79日
小学校時代の友人とやっているZOOM会議にもう一人引っ張りこもうと、簡単な解説をした。彼は日常ノートパソンコンを使っていないので、お互いに意図の理解が進まずに終わって明日もう一回チャレンジして貰うことにした。
長男の誕生日なので、リハビリ後にご馳走とワインを買い込んできた。持ち帰りの寿司はかなり良かったのに、スペイン産のワインは水っぽくて大失敗だ。今までスペインのワインを飲んだことは無かったのだ。そうは言っても楽しく過ごせた。

口を動かす事は眼瞼痙攣に良いと言う、経験から「あたりめ」をガム替わりに噛んでいる。なかなか歯ごたえがあって良い、けれどするめの匂いが周囲にプンプンと広がるのが残念だ。それと食べ過ぎに注意、お酒は飲み過ぎるから更に注意。
目薬が不足して、ショボつきが強くなって症状が悪くなってきた。

眼の状態 0


3月26日(金)BTX11週
終日いつでも雨が降りそうな日だった。丁度整形外科に行く時にパラパラふってきた。幸い濡れる程でも無く済んだ。日差しが出ると我が家の庭は春爛漫、紫色のジャーマンアイリス、白のラージスケールスノーフレーク、黄色の菜の花、白の水仙赤の椿と楽しい。困るのは芝生に成長著しいカラスのエンドウだ。日に日に倍に大きくなり、紫色の花も咲き小さいさやえんどうみたいで蔓も伸びる。薬剤で枯らしても根が成長するので間に合わない。取り敢えず刈り取り、後に根を掘り起こして薬剤と合わせる位やらないと退治できない。この冬に切り倒しかけていた桜には僅かに花が咲いてしまった。切るに忍びない、花が終わったら処分しよう。

目薬が少なくなったので、節約しているとどうしてもショボつきが強くなる。でもまだ良い方だ。

眼の状態 0+


1週間毎のチェック
瞼が閉じる:やや。閉じる
ドライアイ:。ショボショボ感がかなり気になる。ムコスタ点眼液を頻繁に使っている。眼科医の勧め。
眩しさ:眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。まともに日差しを受けると耐えられない。
眼の痛み:痛みはない。
フラフラ:気になる。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。自粛と運動不足による足腰の筋力低下の影響もある。
頭部痛み:ない。眠さは一時程ではない。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。
複視:なくなった。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。最近は消極的な気持ちと行動になり易くなった。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルを起こしてしまった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


3月25日(木)BTX77日
私が参加している肢体障害者のフライイングディスクの練習日であり、後期の活動報告会の日でもあった。未だ腰に不安があるので、報告会と食事会に参加した。
幹事さんも3密確保で苦労してお店を選んだようだ。華々しいメニューに期待したが、次々出て来るメニューは「今一」ばかり。誰かから「突き出しばかり出て来る!」とヤジが飛ぶ始末だ。人数にも詳しく配慮してお刺身一枚一枚勘定してあり、少しの無駄もないようにしていた。日本は食べ物をゴミにして廃棄する量が世界のトップクラスだから、素晴らしい心掛けだ。ウーン心なしか、悪酔いしたような気分もした。
帰りに町内の「みんなの家」で知り合いが写真の個展を開いているので、寄ってみると何だか私の作品に共通する所がある。ウム!私の作品の影響を受けているか!・・・等、勝手な解釈をしていると、私に作品を出すように勧められて「約束しましたよ」と真顔で言われてしまった。私にとってもチャンスだから、断る理由もない。

本日も眼はマアマアである。

眼の状態 0+


3月24日(水)BTX76日
お彼岸の墓参りに間に合わず、今日都内に行って来た。余りにも天気が良かったので、女房と千鳥ヶ淵の桜見物に寄ってみた。満開の少し前で瑞々しく新鮮で鮮やかな花で見事だ。横須賀の桜に比べ花びらは白っぽく見える。皇居のお堀の岸辺はもう緑色になって花の色の背景としても美しい。平日にも拘らず見物客でお互いに距離を隔てるなんて無理だった。見飽きることのない花見見物ができたが、二人とも足腰に疲れが出てしまった。半蔵門近くの喫茶店で休息し気持ちを取り直して、地下鉄に乗り市ヶ谷駅に出ると、事故があったらしくて大遅れ。今日の整形外科リハビリを中止して横須賀で昼夜兼用の食事にした。これで一杯、生き返った。久し振りの散策は10,004歩!良く歩いた。

今日は眼が戻り、歩いているときは悪さを忘れることもできた。

眼の状態 0+


3月23日(火)BTX75日
昨日に続き市の文化会館に出掛けて「三浦半島みんなの写真展」最終日の作品撤収に行って来た。寂しい展覧会になってしまった、個人的には銀座で写真の個展をしようと思っていたがこれも来年に持ち越しにした。自粛で撮影も覚束ないので、とても自分の眼が育たない止むを得ない。
帰りに友人と酒場に入ったら、ガラガラで我々にとって幸い。私達の会の存続や来年に向けた活動、政治談議等々話題には困らない。それにしても今の政治のお粗末さに危うさと恐ろしさを予感してしまう。友人が私に政治活動をしないかと、熱心だが幾ら何でももう出来ない。十分関心は持っているからと断った・・・。

眼が急にショボショボし始めて、いつもの鬱陶しい日になった。こんなときは、ムコスタ点眼液で誤魔化すのだが残り少ない。

眼の状態 0


3月22日(月)BTX74日
「三浦半島みんなの写真展」で受けつ当番になって午前中を過ごした。コロナの影響でお客様は激減し、来るのは知り合いの高齢者ばかりだ。役員が高齢者ばツかりだ、若い人来ないかと、嘆いているがしょうがない。月曜日だ!若者が来るわけないよ。
受付で憂さ晴らしの冗談話で賑わっていた。
帰りに眼科でムコスタ点眼液の追加をお願いしに行ったら、前回2ヵ月分あげたので、未だ1ヶ月しか経っていないからあげられません、と断られた。確かに大目に使ったのは事実だが倍も使ってはいないだろう。受けつでは規定以上は健康保険が使えないとのことだ、10倍の値段では買えない。受付の方は気の毒そうに、私がボケて薬をどっかにしまい込んだに違いないと思っているのがピンピンと伝わる。
止むを得ないから「探してみます」と憮然たる思い出帰った。

眼は特に変わらず。

眼の状態 0+


3月21日(日)BTX73日
昨日とは打って変わって大荒れの天気となった。パソコンに向かったの作業を行っていたが、データー不足で行き詰まった。昨日は飲みすぎはないだろうが、以外に食べ過ぎた嫌いもあって体調が冴えない。夜のテレビ番組「ポツンと一軒家」が好きで、今日も面白かった。殆どの方が高齢者だから、皆さんの人生生活経緯と現在の生き方には面白さ、興味、羨ましさについつ毎回楽しみしている。

眼は特にお変わりございません。

眼の状態 0+


3月20日(土)BTX72日
リフォーム成ったご家庭を3人で訪問した。楽しく和やかな雰囲気で終始した。高層マンションで四方に障害物が何もないから、日差しの良い明るい空と海それに咲き始めた桜と文句言いようがない。新築同様にリフォームされた室内には天候の良さとともに気持ち良い風が通り抜ける、羨ましい位の住まいである。
中高齢者で和やかに過ごた。一人が共有集合住まいを提案して勧めている、一方夢を語りながら自宅の庭で農作業と活発なウオーキングの楽しさを話すが、どうも私には手遅れとの感がある。自分が十分健康に過ごせないと、他人に世話をかけるばかりになってしまう。

楽しくお酒も入ったものの、眼に響かず。いつもと変わらず。

眼の状態 0+


3月19日(金)BTX10週
天候は良いので勿体ないが会計処理を主体にしてしまい、他は女房とリハビリ、買い物に出ただけになった。明日は三浦海岸の河津桜花見会以来ご無沙汰の皆様とリフォームなったご家庭をお祝い訪問する予定だ。皆さんと買い物や時間の調整を行った。残念だが私はお酒を自重せざるを得ない状態でチト残念だ。

眼はあまり変わる事もなく推移している。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:やや。閉じる
ドライアイ:。ショボショボ感が弱い。ムコスタ点眼液を頻繁に使っている。眼科医の勧め。
眩しさ:眩しいが一時程の眩しさはなくなった。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。まともに日差しを受けると耐えられない。
眼の痛み:痛みはない。
フラフラ:気になる。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。自粛と運動不足による足腰の筋力低下の影響もある。
頭部痛み:ない。眠さは一時程ではない。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。
複視:なくなった。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。最近は消極的な気持ちと行動になり易くなった。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルを起こしてしまった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


3月18日(木)BTX70日
横須賀市はコロナ自粛を公民館等で解除し始めている。私も作品を出す”三浦半島みんなの作品展”の初日飾り付けを行った。高齢の我々に失敗がつきものだが、私はその筆頭的存在を発揮した。昨日の写真題名の誤りと変更、本日はグループで統一した額縁でなく個展に使った額縁を持って行ったこと。これは優しい皆様のご理解で、そのまま認めて頂いた。私以外にも女性は参加無で、自粛疲れとコロナの恐ろしさが高齢者に蔓延している。老老介護で自分が感染したら親の介護が出来なくなる不安もある。全体にも参加者は少なく雰囲気が上がらない。

世情は芳しくないが、眼は影響されず頑張っている。

眼の状態 0+


3月17日(水)BTX69日
天候が良く自主体操も庭仕事も順調に実施した。当然リハビリにも出掛けた、今回から背骨を引っ張る力を28kgから31kgに10%引き上げている。そのせいか肩や肋骨辺りに慣れない、経験の痛みがでている。ずーっと続いている運動不足も影響が出ているようだ。
いまは年度末なのである所の会計を纏めているが、データー全体の構成をしっかっり把握するだけでも時間がかかるし眼にも影響する。眼に相談しながら丹念に進めている。

眼はあまり変わらずに推移している。

眼の状態 0+


3月16日(火)BTX68日
歌の練習は楽しく過ごすことができた。皆さんと会うのも半年ぶりだが元気に参加してきた。先生が「落葉松」を歌うプロは声を張り上げ過ぎていけない、歌い出だしはppだからやっと聞こえる位の静かな歌いだしにしなさい・・・・とのアドバイスに共感を覚えた。静けさから歌い始めるとfやffにもメリハリがつくと言うものだ。プロは特に男性は声量豊かに歌い上げたいとの意識が強いのかもしれない。
初歩的な重唱(2部)も先生の教え方が良くて助かった。どういう風に歌えるかを教えて貰えたからだ。ただ欠点だけを指摘されても私なんかには、効果的な練習にならない。お蔭で良い練習になった。
帰りはヴェルニー公園のベンチでおにぎりを食べて、のんびりと過ごした。今日はトンビに気を付けたので、おにぎりをカッサラワれる事もなかった。歌が余程楽しかったのだろう、楽しい気分で過ごせた。
夜には小学校の友人とのZOOM懇談があってこれも、大部馴染んできて良いひと時になった。

眼について特に書くことも無し。

眼の状態 0+


3月15日(月)BTX67日
今日も女房と整形外科でリハビリを行ってきた。ついでに床屋で節約散髪をして貰った。ここは元々理髪師としているので顔剃りができる。私はカットのみにしているが、首の後ろ側や耳の後ろ側はサービスで剃ってくれる。すっかり馴染んンだ1000床屋は国家資格がないから出来ないし、水を使う設備もないから衛生面でも安心できる。同じ料金だから当然昔ながらの床屋さんに行く。
ついに明日に迫った歌の会の練習日だが、もうこれ以上どうしようもないと・・・と諦めの境地になってしまった。おかしなもので急に気楽になった。

眼について特に書くことも無くなった。

眼の状態 0+


3月14日(日)BTX66日
日曜日とあっても、現実は毎日休日に外出自粛だから何の変わりもない。自宅の自然環境はかなり良いので、庭が騒がしくなって来た。小鳥が来るようにと要らなくなった蛍光灯の丸い傘を利用して水を溜めた。元々空池なので周辺にゴロゴロしている岩や石も使って自然らしく作った積りだ。ところが小鳥がサッパリ来ない、蛍光灯の傘は真っ白なので、これが不自然で危険を感じるかもしれない。傘の色を塗料で塗るのも難しいから一工夫してみよう。
歌の練習が火曜日から再会なので、練習するが喉に痰が絡んで変な声しかでない。
うがい、鼻洗浄、葛根湯、喉飴、口を動かす訓練として「あたりめ」を噛み続ける、亀淵友香のCDで初歩の発生練習、YOUTUBEでプロの歌に併せて歌ってみる・・・等々と思いつく事はやってみる。プロの歌ではアルト歌手の小川明子さんが良さそうだ。彼女がYOUTUBEで歌のレッスンを行って要る事を発見した。数年前に指導して貰ったより比較にならない。

いろいろと工夫しながら、運動もしているが眼にはなんの影響もない。

眼の状態 0+


3月13日(土)BTX65日
ここの所、眼の状態は可成り良い状態が続いている。ただ、高齢のせいだろう仕事の理解間違い、遅い、誤りが多く何事にも手間がかかる。結果的にかなりの時間が掛かってしまう。いろいろ自分なりに工夫するもののサッサと片付けるのは最早困難。自分なりのペースで努力するが、もうネット上のスキルアップなどやるだけ有効時間が無くなりトラブルが増えるばかりだ。情けないが現実には抗えない。
今日も女房とリハビリ、買い物をした。

眼は相変わらず。

眼の状態 0+


3月12日(金)BTX9週
この頃は女房とリハビリに通うのが日課になってしまった。女房は一旦診察を受けた結果更に2週間治療を続けることになった。私も来週中には14回のリハビリが終わるので、結果次第だが多分治療延長は無いと思う。
来週には歌う会が始まって、皆でソロで「落葉松」を歌う事になっている。私が希望した曲だし、先生から機会あるごとに練習してきなさいとメールがくる。練習をサボったと思わえない程度には歌わなければならない。個人レッスンはNHKで教えていた亀淵友香先生のCDでボイストレーニングをしている。兎に角、声が出なくなったのが最大の悩みで、簡単に解決できないから参る。後はYOUTUBEの各先生の歌を聞きながらのレッスンである。・・・日は迫る・・・心許ない。

眼は相変わらず。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:やや。閉じる
ドライアイ:。ショボショボ感が弱い。ムコスタ点眼液を頻繁に使っている。眼科医の勧め。
眩しさ:眩しい。一時程の眩しさはなくなった。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。まともに日差しを受けると耐えられない。
眼の痛み:痛みはない。
フラフラ:気になる。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
頭部痛み:ない。眠さであまり感じていない。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。
複視:なくなった。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。最近は消極的な気持ちと行動になり易くなった。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルを起こしてしまった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


3月11日(木)BTX61日
終日曇りがちで一時雨が降った。ここの所、女房とリハビリに行き買い物をして家では庭作業とやる事はおなじ。

眼も相変わらずマア良い。

眼の状態 0+


3月10日(水)BTX61日
春の季節がドンドン進んで行くのを感じると、庭の雑草のなかに緑鮮やかに伸びるカラスのエンドウが気になる。地上に出ている葉をむしっても地中の根っこはしっかり残っている。除草剤でも中々駆除は難しい、だから庭中アチコチで勢力を伸ばしている。ドクダミと竹の根っこは昔から苦労させられてきたが、こいつは第3悪玉勢力になりそうだ。私は根気よく根っこから掘り出している、何故か分からないがこんな作業でも周囲の植物環境も含めて観察していると面白さを感じて飽きない。
腰の調子も良さそうなので、午後からは鷹取山の散歩に出掛けてみた。ところが上り坂にかかったら膝に軽い痛みが出た途端に、力が入らずガクッと落ちる。アレアレツと思いながら進むと同じことが続いた。もう無理するな!悪化させるな!・・・自分に言い聞かせ自宅に戻った。何とも言えない情けなさと寂しさを感じながら、同病の友人に電話して長話をしてしまった。彼も同じように悩まされていたけれど、毎日体操やストレッチを一時間やっているとのことだ。自分の体調と相談しながら、痛みは避けて出来るだけの範囲を動かしている・・・・全く同感で私も整形外科の先生の指導に反抗してやってみる。

体調にはいろいろな問題が起きるけれど、眼は影響を受けずにいる。

眼の状態 0+


3月9日(火)BTX60日
今日も女房と整形外科に通った。今はリハビリ中で先生に愚痴るな!と言うチャンスがない。私が1級障害者なので女房は付き添いになって移動できる。交通費は二人で一人分払えば済むので、助かっている。帰りに大量に買い物をするとタクシーチケットで割引もある、尤も回数制限がある。
庭の雑草刈もやる一方花が増え始めた、綺麗で名前を忘れてしまった。水仙も2種類目が咲きだしている。畑も掘り起こし何を植えるか思案中。

眼の状態 0+


3月8日(月)BTX59日
今日も整形外科に行き、背骨を引っ張るリハビリに行って来た。雨が降っているので患者さんは激減した。この先生は良い先生だと思っているがどうも愚痴っぽいようだ。私に「兎に角忙しくってストレスが溜まって大変だ」、「ゴルフでもやらないとやってられない」、「何で世の中の日とは一万ぽ歩いたり、誰が勧めたんだ、歩かなけりゃ良いのに、ウオーキングは駄目だ散歩にしろよ違い分かるか、腹筋背筋をするな、スクワットもやるな」「3時間一分も休みなしだ堪らないよ」と患者に無駄話をする。女房は「なんで私にそんな話をするんだ・・・」と怒っている。今度先生に「一分も休みなく働いても稼げない人達が沢山いるんだから、贅沢な愚痴を言うな」と言いたいが果たして言えるだろうか。

先生の愚痴でも眼は持ちこたえた。

眼の状態 0+


3月7日(日)BTX58日
雲がしっかり空を閉じて太陽を見ることは出来なかった。ただ、雲の高さが高く雨が降りそうな気配はなかった。でも、疲れと眠さで一日中ダラダラと過ごしいていた。夜のテレビで「ポツンと一軒家」を毎週見ている。ここで過ごしている方達は孤立した、ちょっと気難しいのでは思っていたが全く違っている。むしろ自分の人生を素直に受け止め豊かな生活、人生と社会を作っていて羨ましく思う位だ。年齢の割に皆さんが元気であることも、驚く。不便な生活にも拘らずに生きられるのが健康の源になっているように見えてしまう。

ポツンと一軒家の方違って、眠くボンヤリと過ごした。それでも眼はマアマア良い。

眼の状態 0+


3月6日(土)BTX57日
久し振りの街を訪れて知人と合う事が出来た。酒は飲めないが、結構楽しく愉快な時間を過ごした。割と暖かいので人出も多く、大丈夫かなと心配になる位。駅と周辺はむしろ混雑していた。何となくコロナに対する安心感が出てしまった。行き掛けの京急電車は混んでいて座れなかった。帰りの京浜急行も暫く混んでいていて座れなかった。ヘルプマークの威力はない。

先日友人と脳波の話をしたが、私の場合眼瞼痙攣の症状が強いと頭の中は興奮状態になっていると思う。眩しさの定量的な測定と脳波の分析も診断規準の方法にならないかと思っている。
眼科医の勧めでムコスタ点眼液を毎日6コ以上使っている。何となく良い状態にはこの影響があるかもしれない。

眼の状態 0+


3月5日(金)BTX8週
昨日は矢張り歩き過ぎたらしい。疲れかも知れないが眠くて仕方がない。休息なんだと自分に言い聞かせて過ごした。腰も少し痛いので整形外科に通った。まあ大過なく一日を過ごせた。

疲れても眼は影響を受けずに済んでいる。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:やや。閉じる
ドライアイ:。ショボショボ感が弱い。ムコスタ点眼液を頻繁に使っている。眼科医の勧め。
眩しさ:眩しい。一時程の眩しさはなくなった。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。まともに日差しを受けると耐えられない。
眼の痛み:痛みはない。
フラフラ:気になる。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
頭部痛み:ない。眠さであまり感じていない。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。
複視:なくなった。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。最近は消極的な気持ちと行動になり易くなった。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルを起こしてしまった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


3月4日(木)BTX63日
気を取り直して歩くことにした。電車で野比駅まで行き海岸に沿って三浦海岸駅までを散歩と写真を撮りながら歩いた。もう颯爽と歩く事は出来ないが、犬の散歩と同じペースでゆっくりと急がず焦らずにと心掛けた。ところが随分歩いているのに三浦海岸が見えて来ない。幸い曇り空で気温も高くはなく体力的心配はないものの、休息はしなければとレストランでケーキセットを注文した。実は飛んでもない失敗をしていた。サングラスを掛けずに室内用の眼鏡で来てしまったのだ、家を出てから5分位経って気づいたが坂道を登って登るのが億劫なのでそのままにした。不思議なことに殆ど眩しさを感じないで済んでいた。気を取り直してどうやら三浦海岸駅にたどり着き電車で追浜駅に戻り、問題なく家に帰った。電車に乗りながらそもそも歩いた道は3区間あった事が分かった。私は2区間の積りで歩いていたのだ。「何でこんなに長いんだ?!」とつぶやきながら歩いた理由が分かり、またもオッチョコチョイぶりでガッカリさせられるハメになった。歩く事11,000歩良く歩いたから良いだろう。

眩しさがなくて助かった。以外に眼は良いのかもしれない。

眼の状態 0+


3月3日(水)BTX62日
雛祭りとは言いながら、すっかり無縁になってしまった。
天気が良いので女房と整形外科に行き私は脊椎管狭窄症の治療で女房は膝の痛みの治療を行って、バイバイ。女房は買い物へ、私は眼科の定期検査に向かった。

昨年末から視力が落ちているのに気づいていた。視力が1.2とか1.5とか老眼視力で結構良かったのが急に落ちている。今回は年一回の眼底検査も行った。
結果はドライアイで極端に涙が少なく涙の膜が薄くなっていること、および中程度の白内障になっているのが視力低下の原因とのことだがった。
白内障は未だ手術する程ではない、眼底も問題にする程でもない。従って、ドライアイ向けの点眼液を頻繁に使う事が重要とのことでムコスタ点眼液を2ヵ月分の処方を貰った。
尚、ドライアイに角膜の傷は無く、眼圧は左14右16mmHgでやや高い。
最近はパソコンに向かっていると画面が白っぽくなって読めなくなる事が起きている。これも涙がたりなくなっているせいだと言われた。

自分は眼だけでなく身体全体に乾燥気味であることに気づいていた。例えば冬の乾燥で皮膚にかゆみが多くなる、口の中が乾きやすく声が枯れやすく喉がいがらっぽくなる・・・声が出にくく歌えなくなる。汗も減っている。
老化現象でもあるが自粛による運動不足で、更に言えば身体の不活性化に通じていると感じてしまう。
軽い脊椎管狭窄症と不整脈によるペースメーカー装着をして安全に過ごすことに心掛ける一方、出来る限り運動と人とのコミュニケーションを活発にする事を痛感している。

ドライアイはあるものの瞼は程々に開き、精神的な不快感や苦しさは無かった。

眼の状態 0+


3月2日(火)BTX61日
朝から雨と強風で日中は台風並みの嵐になった。脊椎管狭窄症のリハビリと眼科ではムコスタ点眼液を貰って眼底検査も行う予定だったが、天候に負けて意気消沈して明日に延期した。今月は三浦半島の写真展が開催される、市の文化会館が開催を認めてくれたのは7日の自粛解除を期待したものだろう。私自身、自粛で撮影も編集、プリントもずっとやっていないので、プリンターも上手く動くかも心配になる。
そんな訳でこの半年間撮った写真から選んで編集作業に没頭した。久し振りで頭がボッーとしてしまった。

天候が悪くガラス戸はシャッターで締めたので、夜のような生活になった。でも眼は良くも悪くもならない。

眼の状態 0+


3月1日(月)BTX60日
昨日の歩行の危うさは放って置けないので、ペースメーカー手術をした病院に予定外診察を受けてきた。幸い以上は無かった、とすれば毎日の運動量不足による筋力低下と思う。フラフラも昨日より良い。痛い部分には気を付けながら少しでも身体を動かさないと、あっと言う間に身体が衰退して行くのが分かる。
コロナ感染症で自粛と経済のバランスを取る政策が取られている。自粛するならお金を支援するのが当然。収入が途絶えれば自粛など言っていられないのは当たり前。

何年か前に所得の大きい人々が儲かれば、富裕層が使うお金が徐々に我々にも流れて来る。だから、景気さえ良く成れば全て国民も潤う・・・そんな理屈がまことしやかに言われた。実際そんな事を実感した人は少なく、所得格差は広がるばかりと思う人が多かったと思う。
高所得者はお金をそんなに消費に使っているか統計調査したらどうか!!
彼等は不動産を買ったり、株投資を行ったり、海外投資したりで街の商店街が潤うような使い方はしていない。投資は投資を招いている異次元の世界が動いているのではないか。私は技術者だから経済の事に評論できないとは言え、見たり聞いたりはするしそれなりに考える。
金は血液のようなもので、活発に循環して社会経済が潤うと言う。ならば、金を血液と例えるなら人間の身体の細胞は国民の一人一人に例えられる。循環する血液が一つ一つの細胞に酸素や栄養を供給しなければ、身体は機能を失うだろう。大切な心肺や頭脳にだけ血液を循環すれば生きられるわけではない。どこの部分も細胞で成り立っているのだ。肥満は無駄な部分である、この肥満が高額所得者とは言わないがついついそう思いたくなる。貧者のひがみ的思想なのか?

眼は眩しさと閉じる力が強くなった以外はマアマアである。

眼の状態 0+


2月28日(日)BTX59日
女房が近くのスーパーに行くが、その時は一緒に行かないことにしている。側に居ると余計な口出しをするのが厭で鬱陶しいようだ。私の存在はかつてのボトックスをする前の眼瞼痙攣と同じらしい。だから時間を計って帰りのタイミングで迎えに行き荷物車を引っ張りにだけ行く。お互いの心の健康のための知恵だ。
ただ、迎えに行く途中に膝がガクッとおちて前のめりに転倒しそうになった。一瞬、整形外科で強力な磁気温暖治療を受けてペースメーカーに故障が起きないかと?心配した事を思い出した。歩行中にフラフラして心許ない、女房の手伝いどころではなかった。

でも眼は結構開けていて、連日同様にマア良い。

眼の状態 0+


2月27日(土)BTX58日
今日も女房と仲良く整形外科に行き、帰りは買い物を沢山して帰った。最近は障害者でタクシーチケットを頂けるので助かっている。私がまだ働いている頃は身体の不自由な方が多くなったような気がしていた。30年前のことだが、高齢者の増加に連れて驚く程歩行困難の方がごく当たり前になり整形外科は満員盛況だ。先生は超多忙で私にストレスが溜まって堪らんと嘆く。高齢者は先生の話を直ぐに理解出来ないのでもどかしくイライラするのだろう。でも、先生も最早高齢者ですよ、商売繫盛と思えば羨ましい限りですよ!

眼はお蔭様上の部だ。ボトックスが効きだす前を思い出すと雲泥の差だ。当時はこんな鬱陶しい、気分の悪くなる眼ならいっそ毟り取って捨てたい。完全に眼が見えない方がましだ・・・・連日そんな事を考えていた。
先日の目と心の相談室の中級講座でパネリストの女性が「見たくない、見ると吐き気がする」と話されたのは実に適格な表現だ。

眼の状態 0+


2月26日(金)BTX8週
最近は女房が膝を痛めて私と同じ整形外科に通っている。普段は何かと気が付くのが遅いのに今日はビックリするような事に気づいてくれた。私がペースメーカーを入れているのに、腰を温めたり腰を引っ張たりする治療は重大な故障を起こさないかという事だ。確かに強力な磁力が働いていると思われので、スタッフに確認すると一同がビックリして騒然とした。受付には届けておいたが医師までには届かなかったらしい。お互いに油断があった。まあ、今の所自覚症状はなくて済んだ。
中高校時代の友人から生きているかどうか確認の電話がきた。彼は自粛生活が私より徹底しているらしい。これでも私の方が動き回っているように思ったらしい。思う存分日本全国酒のみ音頭でも歌うかと話し合った。この歌
「一月は正月で 酒は飲めるぞ 酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ
 二月は豆まきで 酒が飲めるぞ 酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ」
・・こんな調子で12月まで歌い、その後は沖縄から北海道まで歌うのだ。
酔っ払って歌いたいものだ。

兎に角我慢しながらでも、眼が使えるから良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:やや強い。
ドライアイ:。ショボショボ感が強い。
眩しさ:眩しさが強い。日差しが低くくなって非常に辛い時期になっている。サングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。まともに日差しを受けると耐えられない。
眼の痛み:瞼を開く緊張感がある。痛みはない。
フラフラ:殆ど気にならない。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
頭部痛み:ない。興奮を感じる。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:凝りが続く。首、肩。
複視:なくなった。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。最近は消極的な気持ちと行動になり易くなった。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルを起こしてしまった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


2月25日(木)BTX56日
残念な訃報が届いた。私の同年代の従兄で学生時代までは、付き合いも続いていたが結婚してお互いに遥か離れた所にいたのでいつの間にか年賀状のやり取りだけになっていた。私に近い年代の親戚はもうほんの僅かになった。
脊椎管狭窄症のせいで医者から散歩はいいがウオーキングは駄目だ等いろいろ制約をされて気晴らしが思うようにできない。気分転換が出来ない。何となく家にいるだけ。

眼は今日も程よい状態をキープしている。

眼の状態 0+


2月24日(水)BTX55日
やや寒い晴天。コロナ感染の勢いは可成り抑えられた効果が出ている。だから安心とは言えないが、都内実家にどうしても断れない用事で行って来た。京浜急行、山手線、中央線とどれも空いて楽に座れた。コロナ発生が報じられたスーパーマーケットで買い物をすると、丁度お昼時で賑わっていたがここも不安を感じる3密は無かった。実家は日当たりも良く静かで何の不安もない。
用件もスムーズに終わり、久し振りの楽しい気楽な時間を過ごしていると、昨日の花見友達から「本当に元気で楽しかった!」ご機嫌の電話が入った。「これから4月は染井吉野の花見、5月は菖蒲の花見をやろうと」激励した。ペースメーカー手術をして障害者1級になったので、逐次今何処にいるかメールで家内に連絡をした。
整形外科で背骨を引っ張る処置をするが、連日歩き過ぎで腰の痛みはまだ続いている。

眼は幸いに我慢続ける程度に良い。季節的に太陽光の眩しさは気になる。

眼の状態 0+


2月23日(火)BTX54日
友人達と集まり、三浦海岸近くの小松が池の桜並木を楽しみ行った。6人揃って会えるのはチョット感激で気分上々で河津桜と菜の花が満開の景色も例年のように見事で、近くで調達した飲み物とつまみ、料理も申し分無かった。気分爽快、意気揚々と帰宅へと解散した。いつも3密は回避できたのでこちらも安心だった。帰りの電車では居眠りし過ぎて気が付いたらまた三浦海岸に向かっていた。ちょっと度が過ぎたようだ。漸く自宅に戻ったら食堂で座り込んだまま、夕食が過ぎるまで寝てしまった。でも本当に楽しかった。

お蔭で眼も程々に良かった。精神状態も良好。

眼の状態 0+


2月22日(月)BTX53日
昨夜から腰に鈍痛を感じていたので、脊椎管狭窄症で診てもらった整形外科に行った。満員御礼で待合室もリハビリ室も3密状態になっている。医師もこなして行くのに精一杯であった。診察後のリハビリは1時間以上待たされてから、腰を温め、上半身を機械で引っ張り上げた、以前と全く同じ要領でこれは30分位で終わった。
処方も出たが痛み止めとその薬が胃腸を痛めるので、防止する薬としてムコスタことにした。むしろ痛みを感じるから、自分の動きに注意するようになるのだから痛みが無かったら養生する注意喚起をしなくなる。その方が余程怖い。痛み止めは治療薬ではないのだから。

天候は晴れて暖かく気分も良い。

眼の状態 0+


2月21日(日)BTX52日
昨日花見の話をしたら、皆さんは待っていたように集まって6、7人になるそうだ。嬉しいが逆に3密が心配になる。なにしろ親戚が入っている老人ホームで集団感染が起きている。青シートを拡げて宴会にならなければ良いが、きっと誰か気を利かせて酒やつまみを揃えてくるだろう。歩きながらの宴会かな?
全豪オープンテニスで大坂なおみがまた優勝してしまった。成長著しいこの選手は何処まで勝つか楽しみだ。飛躍した話ではない、人類の多様性を認める事は成長をさせる切っ掛けになる。障害者を認めることにより、スポーツも発展しているが社会生活でも駅などでエスカレーター、エレベーター、道路面のガイドタイルなど視覚障害者団体の活動があって一般の人も恩恵を受けている。結局経済活動も活発になっていると思う。
夜に眼球使用困難症の障害年金、手帳を受け取れるための運動でZOOM会議を行った。
皆さんは極めて熱心で2時間を越える討議となった。不思議に眼球使用困難症の方達は真面目である。

眼はまた低調になってきた。歌の練習で楽譜を丹念に見ていると悪くなる。困ったものだ。

眼の状態 0


2月20日(土)BTX51日
我が家の電気掃除機は寿命が長い。何時の頃買ったか覚えていないが、家を建て替えた後でもう20年以上になると思う。国内のトップクラスのメーカーだが、結構不満が多かった。吸塵するパイプ3ヵ所嵌め合わせて繋いでいるが、掃除中にスッポ抜けしまう或いは本体が頻繁にひっくり返りまるで亀の子がお腹を上に向けてバタバタしているように見える。どうせこんな調子で早く壊れると思っていたら、飛んでもない。よく我慢して使ったものだ、私とどっちが長生きするか興味がある。
友人とそろそろ河津桜を見に行く話をした。まだ早いが希望者を集めることにした。屋外で散策するなら、吹きさらしの小松が池なら3密にならないだろう。

幸い眼は程々の程度で持ちこたえている。

眼の状態 0+


2月19日(金)BTX7週
体操と庭仕事、歌の練習・・・これは2007年にNHKが教育テレビで放送していた亀渕友香のボイストレーニングにCDを貰ったので、やってみる事にした。何も面白くないが、発生の基礎練習として先ずこれからやってみる。歌える時期が来た時に備えるつもりだ。

今、眼鏡使用困難症候群の患者活動が一段階上がって各々の患者団体が目標を揃え活動し始めている。重症者が多い方々の活動は中々その方向性が一致せずに、大きな力にはならなかった。良い動きになってきて嬉しい。

参考にいくつか私の考えを述べたい。
1、行政は法律に無いことはできない。
私が患者団体のなかで二人の男性をしりました。二人とも30歳代で結婚して 
おり一人は小さな子供さんがいらっしゃった。そして失業中。
私もこれは何とかならないか、私の地元市民相談室で聞いて貰ったときに
六法全書を呼んで「法律に決められていない事は出来ない、国会で法律を作る
しかない」これが回答でした。
親切心に欠けると思われるかもしれないが、日本は法治国家だから基本的に
当然だたと思っています。いろいろ救済制度はあるにしも、その制度にも法律
が伴っているでしょう。
裁判所は三権分立しているが、それでも法律を順守する行政の枠組みに入り
法律に従うのが基本であり、法律にないものは過去の判例に従うのが順当で
あろう。正義感や生活苦を裁判の判断基準にするのは感情を伴うので極めて
難しいか出来ないだろう。
2、憲法25条
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
A国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の
向上および増進努めなければならない。

よく引き合いに出される条文だが、日常生活で健康的、文化的、最低限度は
どの程度になるか分からない。この条文だけでは判断基準がなく裁判では
闘えないと思う。

3、憲法15条
Aすべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。
因みに、ここでは国会議員も各地の地方議員も公務員である。

私達は忘れがちだが、当然のことである。陳情するときは個人でなく同じ
主旨の人とその後援者団体でなければ、公務員には通じないと思う。
国中、他にまだ認められない難病や日常生活に困難している人達は幾らでも
いる。
行政訴訟を個人で闘うのは極めて困難と思っている。

天候が良く、眩しいのとショボショボ感が気になる程度で眼はやや良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:軽い。
ドライアイ:。ショボショボ感が強い。
眩しさ:眩しさが強い。日差しが低くくなって非常に辛い時期になっている。サングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。まともに日差しを受けると耐えられない。
眼の痛み:瞼を開く緊張感がある。痛みはない。
フラフラ:殆ど気にならない。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
頭部痛み:ない。ジンジンとする興奮を感じる。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:凝りが続く。首、肩。
複視:なくなった。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。最近は消極的な気持ちと行動になり易くなった。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルを起こしてしまった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


2月18日(木)BTX49日
寒い晴天で朝起きるのが面倒くさい。グズグズと寝坊してから起きて、一人勝手に適当な物を食べ、更にそれからシャワーを使ってやっと運転開始した。床のご
みが気になりだして掃除機をかけて一回りした。今日も真面目に歌の練習をして散歩もゆき、修理パソンコンも受けっとて来た。不調の原因は今一だが、私の左手がジストニアで勝手な動きをするのも原因かもしれないとの事であった。左にCTRL,FN,ALT等を無意識に頻繁に触っているのかもしれない。少し工夫をしてみよう。

今日は一点の曇りもない、綺麗で透明な青空で物凄い眩しさを感じた。青空の色も最近見た事のない明るいブルー。当然眼には良くない。

眼の状態 0


2月17日(水)BTX48日
お昼ごろになって一昨日の天気予報が当たってきた。台風並みの風でシャッターを締め切りにしていた。薄暗い部屋では鬱陶しい、先に伸ばしていた歌の練習をし始めた。先生から3月には練習場を予約したので「落葉松」をリズム良く歌えるようにしてください。・・・とおっしゃる、この歌はプロが独自のタイミングでピアノと合わせて歌うからYOUTUBE聞きながら練習すると先生のタイミングと合わないことはしばしばある。「糸」「少年時代」「菩提樹」・・・でも楽しみではある。そもそも声が出なくなったのが戻せるか??

春の陽気で梅が咲いたか、目が覚めたか?桜はまだかいな?
少し眼が良い気がする。桜はまだまだで、三崎口の河津桜はそろそろだろう。

眼の状態 0+


2月16日(火)BTX47日
パソコンの動作異常で専門店に出掛けた。つい先日も世話人なったばかりの店だ。
店員の前で文章を打つが異常は現れないので、私が続けて問題が起きたら知らせることにしてバタバタと文章を書いて一時間位たつとやっと症状がでた。大急ぎで店員を呼んでやってみせると、また異常がでない。仕方がないのでパソコンを預けて調べて貰うことにした。
結構重たいパソンコンをリュックに入れて、いつものカバンを肩に掛けることになって念の為に女房についてきて貰った。近くのレストランでビール付ランチにしたが、以外に客は多く経営の心配も無さそうだった。換気で暖かさが物足りないけれど気分良く過ごせた。いくつか大きなレストランが集まり駐車場も広いことが人気のあるせいだろう。
一旦帰宅して夕方になってからかかりつけ医を訪れた。診察して、X線写真をとり問題なし。酸素濃度計の値が先生のと私で4程度差があることが分かった。ネット購入したときに、コロナの影響により軒並み売り切れで残り物を買ったのがいけなかった。今後読み取り値に+4すれば良いことが分かった。

天候に恵まれて12000歩も歩き、眼もほんのちょっと良くなった。随分久し振りのことである。

眼の状態 0+


2月15日(月)BTX46日
天気予報では雨と強風になると脅かされたので、庭で使う梯子にカバーを掛けてロープで固定した。いつまで経っても天候は荒れることなく終わってしまった。自宅で測った血中酸素濃度が90を割る事があってかかりつけ医に予約していたが、これもキャンセルしてしまい失敗の連続の日である。
ここのかかりつけ医は私がコロナ患者の懸念を持っているらしく、当日最終診察を後回しにした。心臓の問題だから関係ないと思うが、酸素濃度が低いのでの配慮らしい。

今日は眼が悪いだけで特になし。

眼の状態 0


2月14日(日)BTX45日
昨夜また福島で震度6の大地震が発生した。我が家もかなりの横揺れがあって震度、
被害が心配された。ラジオから津波の心配が無い事が分かり一安心した。朝になってから福島に関係する友人にメールを送ったが幸い大きな被害はなかったらしく、一安心した。
日中は直径40cm位の桜の木を切り倒し初めた。もう既に上部は枝を払い、幹も地上180cmまで切り縮めてあった。幹の中心部は腐り空洞になって周囲で残っているのは北東から北側でせいぜい4cm位の厚さであった。それでも丈夫なもので1時間半も奮闘したが切り落とせなかった。1970年頃に植えられたものだろうが、此処まで枯れても毎年花を咲かせてきた生命力には流石に感動する。
買った血中酸素濃度計の数字に異常な変動が見られて一時は90%を割っている。かかりつけ医に相談して、明日診察を受けることにした。
もう一つ困っている、先日修理したパソコンがまたおかしくなった。カーソルが勝手に動いたり、文字やページが勝手に大小変わってしまう。参った!もう交換かもしれない。

こんな状態なのに眼がチョットよくなった。摩訶不思議!

眼の状態 0+


2月13日(土)BTX44日
運動不足にならないようにと追浜の街の床屋さんに行った。顔剃りはしませんとあっさり終わった。折角だからと鷹取川沿って歩くと図書館や中学校、高校の前を過ぎると平潟湾に出る。むかい側で野島で右へ行けば有名な自動車工場があって
行きどまり、左に進めば金沢八景駅に向かう。八景のひとつ夕照橋を渡れば野島になるが今日はここまでにして引き返した。いつも体調と相談しながら無理にならないよう気を付けている。それでも自宅へ戻る急坂は慎重に登って帰る事ができた。

眼はきょうも冴えず。鬱陶しく精神状態が下向き加減だ。

眼の状態 0


2月12日(金)BTX6週
先日購入したばかりの血中酸素濃度計を興味本位で使っている。ネットで調べると最低96%程度としているが、私の場合は92〜94位が殆ど。ハアハアと息が切れるときは85位だ。参考に女房は99位と全く正常だ。かかりつけ医に相談すると月曜日の午後に詳しく診ましょうとの事になった。
そんな事があっても散歩に鷹取山へ出掛け、自宅ではラジオ体操、ストレッチ、腰痛防止体操、軽い筋トレが出来るようになった。早く以前のような楽しさを取り戻したい。NHKがやっていたボイストレーニングのCDが見つかった。面白くないが、合唱の先生からまたリズム良く歌えるように練習して来なさい・・・とメールがくる。お願いしたソロの「落葉松」だから、やらない訳には行かない。

眼は変わらず、体調は少し良くなり散歩もスムーズに歩けた。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:かなりある。瞼が固く動きにくい。
ドライアイ:強い。ショボショボ感も強い。
眩しさ:眩しさが強い。日差しが低くくなって非常に辛い時期になっている。サングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。まともに日差しを受けると耐えられない。
眼の痛み:瞼を開く緊張感が強く。痛みはない。
フラフラ:殆ど気にならない。一時期のフラフラは不整脈に起因する血中酸素濃度の低下が原因とおもわれる(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
頭部痛み:ない。ジンジンとする興奮を感じる。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:凝りが続く。首、肩。凝ると言うより痛い。
複視:なくなった。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。瞼が
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。最近は消極的な気持ちと行動になり易くなった。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


2月11日(木)BTX42日
今日も好天に恵まれ、女房を誘って三浦海岸のホテルのレストランに行くと、全館休業でまるでゴーストタウン状態になっていた。やむなく海岸に向けて歩くと開店
していれば人が並んでいる。とうとう海岸について店に入ると座って注文してから30分待ちだ。止むを得ず生ビールをチビチビと飲んで、スマホを見ながら待っていた。外は風が強くお店の旗がはためいている。料理が来て食べても物足りずまた注文すると、また30分待たされまた生ビールを注文することになった。
それでも気晴らしになった、女房も晩飯を作らないで済むからのんびり気分を過ごせて良かった。
帰りは駅から自宅まで1級障害者のタクシーチケットを利用した。どうしても足元が頼りないので頼ってしまった。
夜になるとフロンティア会の立川さんからSLUCKとか言う掲示板の教育を受けた。彼女はネット利用に向いていない私に無理やり教え込もうとする。私の脳力にスペースが無い事を理解できないらしい。

眼の状態 0


2月10日(水)BTX41日
とうとう重たいノートパソンコンを背負って修理店に駆け込んだ。流石にプロ、2時間余りで復帰してくれた。商売もしっかりしていて、年間24時間対応でトラブル処理に応じる、今のセキュリティ対策は甘いので今回のトラブルが起きているからカスペルスキーにしましようと説得され3年間3万円で契約した。技術者の対応や説明が良かったので、かなり信用してしまった。多分、問題は無いと思う。
修理している間近くのレストランに入りケーキセットでゆっくりしていた、本来イタリアンのお店なので夕食どきとあってお客さんは6割位は入っていた。最近はどこのお店も3密は守って体温も測るので不安は感じない。
帰るころはすっかり暗くなり、リュックにパソコンを入れ、日常のカバンを下げて歩くと随分足元の危うさを感じてしまう。電車やバスの乗降や駅の階段でも同じ。この一年間随分体力が落ちたものだ。ペースメーカー手術後少しずつ良くなっていたが思うように行かない。
最近買った血中酸素濃度の計測器を買った。自宅で安静にしているときでも92〜94%と低い。家内はいも99%と極めて正常である。いつも眠気とフラフラに悩まされるのは、もしかすると酸素濃度が影響しているかもしれない。まさか眼瞼痙攣に影響していないだろうな?

眼の状態 0


2月9日(火)BTX40日
国会予算委員会で公明党山口議員との質問と田村厚労大臣の回答から
8月には厚労省の研究・調査の結果と眼球使用困難症群の患者の日常生活の不自由さの評価も発表されると思う。特に重症者の患者さんの団体だけでなく、個人でも厚労省に向けてアッピールして頂きたい。
私のパソコンの画面が大きくなったり、小さくなったり、文字の大小も同様、カーソルが移動したり・・・飛んでもないトラブルに見舞われている。いつダウンするか分からない状態だ。

眼の状態 0


2月8日(月)BTX39日
終日雑用で過ごした。しかし眼球使用困難症の方といろいろ意見交換が出来た事は良かった。兎に角毎日会話が出来ることが精神的に良い事を実感する。
上のお知らせのように、眼球使用困難症群の患者の問題が国会で取り上げられるようになったのは大きい。今後の私達の新たな出発点になるだろう。このチャンスを活かして患者団体の活動もより協力的、発展的になるに違いない。

眼は相変わらず。気分転換がなければ鬱陶しい一日になるだけ。

眼の状態 0


2月7日(日)BTX38日
暖かい晴天で嬉しさ一杯。お隣には米軍横須賀基地の若い男性が引っ越してきた。アメリカ人はあまり洗車をしないと言われていたが、大違いで車を泡だらけにして細かい所まで手入れをしていた。珍しい風景を店て貰った。私は芝の中に繁茂していたカラスのエンドウの処分が終わって、電動芝刈り機をかけて取り敢えずサッパリさせてた。長期にわたって手入れをしなかったので、ゴルフのパッと練習が出来るのは夏を過ぎるだろう。

眼は変わらず、頭が重い。眼の力がか細い。

眼の状態 0


2月6日(土)BTX37日
庭の梅が咲きだしている。私の身長位の高さで紅梅、白梅の2本である。咲き始めはごく普通、早いときは12月のときもあった。気になるのは花付きがまばらで、花が着かない枝も結構多い。まさか枯れないだろう、梅切らぬ馬鹿と言われないように毎年しっかり剪定しているから。芝はまだ彼ているが、中にカラスのエンドウが緑鮮やかにこんもりと育っている。根っこはマメ科に植物らしくツブツブがついている。田圃の蓮華が肥料になると言うが、それなら芝生の肥料になると良い。実際には芝を駆逐する勢いなので駆除をしている。なんとも足腰に応える作業で、30分続けることが背一杯だ。
夜になると眼球困難フロンティアの会を中心としたZOOM会議を行った。様々な患者会があり各々の個性で活動をしており、これを一つの会に纏めるのは困難極まる。従って高い目標で皆に共通する協議会でお互いに意見交換しながら、法律不備を改めて私達が視覚障害に認定され年金手帳や障害年金を受け取れるように運動を進めようとしている。皆さん熱心で夜の11時を回ってしまった。


眼は若干戻った。良くなった感じはしない。

眼の状態 0


2月5日(金)BTX5週
朝のテレビで13歳のワンちゃんが散歩中に20〜30昼寝をする話をしていた。どうやら高齢で疲れてしまうのだろうとの事であった。ヤッパリ、私そのものだ!と納得した。このワンちゃんは大事に扱われて居るらしいが、私はどうか、居眠りは日常茶飯事で家族は特に心配する様子はない。
女房の病院帰りに三浦海岸辺りで昼食と思ったが昼食時間切れ、近くのホテルに行くと閉鎖。やっとFOOD COURTでスパゲッティの店を発見した。生ビールも飲んで良い気分で駅から自宅へ向かうと、坂道で息切れが顕著になりハアハア息切れしと何か危なかったような気がする。
分からない疲れが出て眼は更にしんどくなった。ただムコスタ点眼液をジャンジャン使って気休めにした。

眼の状態 0ー

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:かなりある。
ドライアイ:強い。ショボショボ感も強い。
眩しさ:眩しさが強い。日差しが低くくなって非常に辛い時期になっている。サングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。まともに日差しを受けると耐えられない。
眼の痛み:瞼を開く緊張感が強く。痛みはない。
フラフラ:殆ど気にならない。一時期のフラフラは不整脈に起因する血中酸素濃度の低下が原因とおもわれる(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
頭部痛み:ない。ジンジンとする興奮を感じる。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:凝りが続く。首、肩。凝ると言うより痛い。

複視:なくなった。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。最近は消極的な気持ちと行動になり易くなった。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


2月4日(木)BTX35日
親戚の男が入院していたが可なりの重症で入院していた。電話でお見舞いをしたら内臓疾患で大変な思いをして、自宅で療養中だった。感染症を極端に警戒して全く外出は不可能とのこと。食べられるのはカレーライスと果物だけ、それ以外は薬だけと言う。でも新コロナでなくて良かった。お互いに元気に生きようと励まし合った。これで本日の電話作戦も完了した。
私もペースメーカー手術をしているので朝夕血圧を測定記録をしていたが、新コロナでは血中酸素濃度が重要視されるので購入したが、品切れで再度注文した。ネット購入したところ、売り切れ製品が多く自然に高めのものを買わされることになった。

眼は相変わらずで、もう書くまでもなくなった。

眼の状態 0


2月3日(水)BTX34日
今日も目的の無い電話を十分行えた。昨日は写真散歩を1万歩を越えたので、本日は控え目に7000歩として鷹取山と女房の買い物に付き合った。疲れが残っているのか、居眠りが多くなっている。こんな体調になると、気分転換が出来ずにグズグズと時間を過ごすことが多くなる。
眼についても鬱陶しいままで、目薬を多用して誤魔化す一日になった。

眼の状態 0


2月2日(火)BTX33日
朝から友人と長電話をした。法学部物卒なので、いろいろと教えて貰った。ショッチュウ話が脱線するので本当に聞きたいところは今一になった。面白く話したいと思う気持ちがあるので仕方がない。それでも一時間余り口の運動にはなった。
夜は小学校のZOOMがあってこれは、何の拘りがなくて愉快に楽しく一時間が過ごせた。会話は心の百薬の長だ。
運動不足解消に思い切って野島公園に行って来た。金沢八景近くにある、夕照橋を渡ると樹木の多い海辺の公園は楽しい散策コースになっている。暫く写真撮影をすると、日差しが低く矢鱈眩しい。どの程度撮れたかは、帰ってからではないと見えない。海岸は風が強くカメラを支える手が動いてしまうしファインダーを覗いても眩しくてよく見えない。帰りは一駅電車に乗って帰った。1月2日以来の1万歩を達成した。良い運動になった。

若干、眼は戻り良くなった。

眼の状態 0


2月1日(月)BTX32日
気持ちが進まず愚図愚図と時間を費やしてしまう。思い切って庭に出て切り落とした枝の整理、芝の中に伸びた雑草を丹念に取り除く作業に集中した。いつも腰を屈ませる仕事は長続きしない。何度も気を取り直しては作業を続けた。
女房は私がついつい溜息をつくので気になるらしい。スーパーで安い菓子を買ってきてくれるが、運動不足なので気になりながら食べている。一々つまらない事に気を使って過ごすことになる。

新型コロナのような感染症は勿論経験がない。関連のニュースは気になるがその中でテレワークを始めてからストレスを感じる人が59.6%、その中の67%がストレスを解消出来ていないと報道している。私のような高齢者は顔を合わせてコミュニケーションを取ることで信頼関係を作る習慣が身についているとリモートとかテレワークは便利なツールと思っているから、ストレスがたまるのは当然と思う。まして思い違いや誤解を招きやすい。

世界のリーダーたちが一堂に集まり**サミットを行うのも、リモートでは足りない信頼関係の構築を行っている、・・・と思っている。それでなければ、大金を使って、時間を使ってやる意義がない。私達庶民だって同じで便利さと信頼のバランスを取って使い分けが大切だと思う。

歴史上、高度の文明を持ち隆盛した国家があるとき忽然と消滅している事を本で何回か読んでいる。調査では原因不明で、感染病ではないかとしている。エボラ出血熱やSARSは身近にならず良かったが、国々が安全保障の配慮や意図を感じさせる姿は大きな問題を現実体験している。
どうしても、気分が晴れずに悶々としている。気分転換など他人に指導しても自分が対応できなければ価値無しだ。

眼の状態 0ー


1月31日(日)BTX31日
久し振りに老人会から来月の行事を知らせるカレンダーが届いた。予定はは何もなくて、分かり切ったゴミ出しの日があるだけ。裏には誕生日の該当者名があるだけで殺風景もいいところ。あまり意味のないカレンダーを各個に配って回り、日常の散歩に1500歩位は+して寄与出来た。
心の健康のため、日課の電話を一軒やってみると、相手も退屈なのだろうタップリと無駄話ができた。一方大切な電話も頂き、十分話し合うことができた。収穫の大きい日になった。

眼は連日悪い状態ばかり。良く晴れた日でも心まで下向きになってしまう。

眼の状態 0ー


1月30日(土)BTX30日
良い天気になって、出掛けたくって仕方が無かった。それでも今ここで新コロナに感染したらどうなるんだ。高齢で基礎疾患があればどうなるか、何処で感染したか分からないケースも珍しくない、感染したら家庭内はどうしたら良いか・・・沢山理由を付けて我慢した。結局、夕飯の準備に出掛ける買い物にくっついてスーパーに行ったのと定例の町内散歩で8000歩を稼いだだけになった。幸い同期会向けの原稿も一段落して、やっと気軽になった。あと一息。

眼の症状はまだまだ悪い。乾燥が強くドライアイ向けムコスタを一日6回以上使って凌ぐ。晴天は眩しさになる、帽子とサングラス程度で顔を日陰に入るよう気を付けている。メイジュ症候群の症状をきたしている。

眼の状態 0


1月29日(金)BTX4週
少し暖かさが戻ってくれた。一日過ごす気分が随分変わってくる。小学校時代の友人と電話会談を行った。苦労続きの人生なのに、いつも穏やかで人気が高い。気楽な登山のリーダーをしてきたが、もう年だから辞めると言っても止めさせてくれない・・・とこぼしている。岩登りをやってヒマラヤにも出かけている経験で信頼が厚い。旅行会社に勤めながら趣味を兼ねてスキーツアーや世界の美術館巡りを企画して添乗員をやりながら人生を楽しんできた話はいつも楽しい話が続く。
一方、私は寄稿文に難渋してきたがやっと目途が立った。自粛は長くなるに連れて消極的になって、とうとう考えが止まり堂々巡りをしていたのだ。こんな事は初めてで眼にも影響してしまった。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:かなりある。
ドライアイ:強い。ショボショボ感も強い。
眩しさ:眩しさが強い。日差しが低くくなって非常に辛い時期になっている。サングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。まともに日差しを受けると耐えられない。
眼の痛み:瞼を開く緊張感が強く。痛みはない。
フラフラ:殆ど気にならない。一時期のフラフラは不整脈に起因する血中酸素濃度の低下が原因とおもわれる(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
頭部痛み:ない。ジンジンとする興奮を感じる。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:凝りが続く。首、肩。
複視:なくなった。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。最近は消極的な気持ちと行動になり易くなった。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


1月28日(木)BTX28日
都内は雪が降ったのか、夕方電話したけれど場所によって違ったらしい。寒さに怯えて暖房を効かせた食堂で済ました。新コロナ対策で他は常時換気をしているのでとても居られるような場所はない。食堂は朝だけ換気して後は締め切っている、女房と二人だけなので心配はない。

今日も眼は不調で耐えるだけ。

眼の状態 0


1月27日(水)BTX27日
すっかり老人らしくなって、寒いと外出が億劫になる。今日も庭は別として外出はしなかった。我々暇人の考えることは似たり寄ったりで、友人から電話が来た。彼も電話訪問に希望を託している。内容なんか何もない、冗談と健康・病気と精々昔話程度だ。自粛も原因だが、友人が一人、二人と消えて行くのが堪らなく寂しく、空しくなる。今の80歳は男性寿命の平均程度だから、これから皆歯が抜けるように亡くなってゆくだろう。私にとって友人と付き合う事が心の燃料みたいなもので、
早くタンカーが来るのをまっている。

眼は勿論冴えない。今回はBTXの効果があまり出ないので、点眼液ムコスタを多用してごごまかして凌いでいるだけ。

眼の状態 0


1月26日(火)BTX26日
暖かく晴れて良い日であった。それに加えて同病患者さんと長時間の電話ができた。全く久しぶりでお元気な雰囲気が伝わってきて、こちらも勇気付けられた。ついつい子供の頃からの昔話まで遡ってしまった。B29爆撃機の爆弾跡はすり鉢状になる事、田圃に落ちた跡は池が出来て子供が毎年溺れて亡くなったこと、艦砲射撃でシュルシュルと砲弾が飛ぶ音に怯えたこと、農家では本当に米軍上陸を迎え竹槍を持っていたこと、GOTOの話等々思いつく事を延々と2時間以上話ができた。良い友人として配慮して頂き嬉しかった。私には自粛生活の良薬である。これからも友人巡りをして行こう。ただこの薬も一時であり、また気分が優れなくなる。一筋縄で行くわけはない。学生時代のOB会に寄稿文を書いているが、これが偉く心の負担になっている。従来私は結構喜んで書いていたのに、考える事が多くて進まない。この鬱に進みそうな心をどうやって戻したら良いか、名案はないか。ベンゾ系の薬など絶対に飲まない!

眼の状態 0−


1月25日(月)BTX25日
どうもこのコロナ自粛は精神的に良くないと実感する。以前は合唱で月5回、写真サークルで一回、ヨガで一回、健康で遊ぶ会で一回、老人会の合唱・カラオケ2回と他にも臨時行事もカレンダーに書き込まれ忙しかった。年末に向けて皆中止となってしまった。3密にはならないからとフライングディスクの会に参加して昨年末まではやっていたが、とうとう福祉会館の講堂も閉鎖になった。残るは散歩、庭作業、歌の練習や写真撮影と編集と一人になってしまった。読書は好きで退職後の楽しみだったが、眼瞼痙攣で難しくなった。いつの間にか生き甲斐になっていた他人との交流が一挙に切れてしまった。毎日1時間電話で話をしようと思うが相手の事情もある、3人で合計1時間になったりする。

BTX注射しても何となく眼の症状が向上しないで、気分も晴れない。コロナ自粛は心にも眼瞼痙攣にもボディブローのようにダメージを与えているようだ。笑う回数もすっかり減っている。

眼の状態 0−


1月24日(日)BTX24日
昨日に続き講座に参加して、初めてソーシャルワーカーの仕事を知ると共に意義の重要さをしらされました。また会場からの発言も積極的であり、これから眼球使用困難症群の患者さん達には大きな発展を期待させるものでした。良くスポーツで一段ギアを上げたと言いますが、何かそんな予感を感じております。

残念ですが、眼はほんのチョットだけ良くなりました。

眼の状態 0


1月23日(土)BTX23日
ご存知の 眼と心の健康相談室https://metokokoro.jimdofree.com/から二日間に渡って中級口座「目に異常は見つからない目と視覚の苦痛どうするか」が行われました。極めて深刻な実情をご本人やご家族の方からのご説明がありました。
Aさんからは「物を見るとめまいがする、吐き気がする」状態が終日続く話やBさんのご子息が「19歳頃から発症して、現在は30歳中ごろで眩しさで終日暗室で過ごし僅かな家電の通電ランプも眩しくて見られない」の話しに何とも言い表せない気持ちでした。その内内容が公開されると良いのでですが。

こんなお話を聞いていたら、眼は悪くなった。

眼の状態 0-


1月22日(金)BTX3週
天候が良いので庭に出て、地面に這うような植物の剪定をした。散髪でもするようにザクザクと切り落とした。続いて自家製の堆肥箱の補修を行った。これは我が家のゴミ処理に大きく役立っている。朝のゴミ出し量と手数が全然違うので、女房の負担はかなり軽減されている。まだまだ改善の余地があるが、一応ここまでにする。

眼はまだ良くない。顔クシャ、口周囲の痙攣、ドライアイ、瞼が閉じる・・・まだ先が長そうだ。

眼の状態 0


1月21日(木)BTX14日
我が家には八重椿が沢山ある。大きなって手に負えなくなり、手が届く範囲に切り縮めていたが、一本だけ残っていた。大胆にバッサ、バッサと枝を払た。植物はハラハラドキドキする位に剪定しても枯れることはない。いつもこの生命力には驚かされる。そして最後のひと踏ん張りで松の剪定が終わった。喉につっかえた物が通り過ぎた気がする。

散歩、ラジオ体操、腰痛防止体操、ストレッチ、軽い筋力トレーニングをこなしても眼に悪影響は無かった。症状としては眩しさとドライアイそれに伴う眼の疲労で肩が凝る。

眼の状態 0


1月20日(水)BTX13日
今日も松の剪定に精を出した。素人作業だから一々考えながらで時間のかかること大変で、終わらずしまいとなった。
夜はフロンティア会のスマホ・ライン会議で3時間以上かかった。大変前向きな内容でこれからの発展が大いに期待できる。

患者団体は多くあり、各々の個性で活躍する一方その考えの違いから協力して運動が出来ないことが多い。ただ私達の眼瞼痙攣を含めた眼球使用困難症の患者は視覚障害の認定基準に該当せず、現状の健康保険ないし障害年金ではあまりにもお粗末であり特に重症者は生活もままならないのが現実である。
どうしても各団体が同一目的に対して協力する協議会を創り活動することが重要になる。
ここで参考になる例がある。日本疾病団体協議会通称JPAである。ここは非常に多くの団体および参加者が加入している。下記にお読み下さい。
*************************
一般社団法人 日本難病・疾病団体協議会の資料ー1
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11601000-Shokugyouanteikyoku-Soumuka/0000183886.pdf
<団体概要>
・目的
私ども、日本難病・疾病団体協議会(JPA)は、2005 年に設立され、2011 年に一般社団法人となりました、難病、長期慢性疾患、小児慢性疾患などの患者団体の連合体組織です。
加盟団体との連携した運動を通じて、医療を必要とする患者・家族が抱える課題を社会的に解決するために組織しています。患者・家族自身の運動と医療関係者をはじめとする国民的な運動との連携を重視し、真に豊かで、患者・家族が人間として尊重される社会保障制度の実現を目指しています。
・現在の活動
JPA の活動は多岐に渡っていますが、主な事業として
(1)難病の原因究明及び治療法の確立を目指す事業
(2)病気の予防及び治療に関する知識の普及と啓発に関する事業
(3)患者・家族の医療・福祉・就労・教育・社会参加・情報など諸要求の実現を   目指す事業
(4)加盟団体相互の理解・連帯を強める交流や情報交換活動に関する事業
(5)当法人の目的及び課題の調査研究や政策提言、研修活動に関する事業
等があります。
・主な構成員
2017 年 10 月現在 89 団体が加盟し、各団体の会員数合計は 26 万人となっています。
・幹部名等
代表理事 森幸子
*********

さて眼については、朝方は気持ち良く健常者のような感じ。ところが昼間から夕方更に深夜になると、どうしようもない程眼がシブチンになり頭はジンジン、視機能低下に悩まされた。

眼の状態 0−


1月19日(火)BTX12日
プリンターに印刷不良があって、メーカーと相談したらメーカーへ送り修理するしかない、との返事。そんなにあっさり諦める訳には行かないと、あれこれと修復作業をしていたら用紙供給のトレーが奥に入り込んでしまい全く動かなくなった。またもやメーカーに電話して通じるまで30分弱かかった。相談するとあっさりメーカーへの修理手続きをして下さいと言う。買ってから2年弱、保証期間は1年、購入価格9,250円だが修理代は15,000円強だから新品を買った方が良いに決まっている。
しかしその前に一頑張りとプリンターをひっくり返して見ると、動かない場所が分かり直す事ができた。更にインク4種類を全て交換して、ノズル洗浄を行ったら完全に印刷が出来て大成功した。まあ、素っ気ないメーカーの修理担当の知識不足、説明不足による判断には恐れ入る。一流メーカーでさえこんな調子だ。

今日も散歩他トレーニングを行って、体が少しずつイキイキと戻っている気がする。一方眼は眩しさとドライアイが激しい。ムコスタ点眼液を頻繁に使うので、文字は読みやすくなるが瞼の痙攣で閉じてしまう。眼の奥や頭の中もジンジンと異様に活発化しているのを感じる。ただ、立ち尽くす事はなく歩けるから最悪には至っていない。

眼の状態 0−


1月18日(月)BTX11日
近くの眼科医にドライアイの薬の処方を頂くのに出掛けた。いきなり受付で「随分暫くですね、お加減は如何ですか?」とご挨拶だ。確かに4ヵ月を越えてしまった。ドライアイの薬は2ヵ月分だったから、当に無くなっている筈だ、だが未だ十分残ってる。高齢者の私を怒る事も出来ずに取り敢えずシルマーテストをされたら3〜4mm/5分と飛んでもない少なさで、私も驚いた。視力検査でも文字が読みにくくなって「一体どうした?角膜に傷がついたのか?それとはチョット違うな?」等と思っていたが、傷はそんなに無く涙が薄すぎて歪み綺麗な画像が作れないのが原因との事だった。
今回の処方はムコスタのみになり、ジクアスは中止した。「定期的に、忘れずに目薬をしなさい」、「眼底検査も行う時期だから早めに来なさい」と叱られ受付でも同じ注意をされてしまった。
尚、眼圧は左右とも15mmHgでやや高めとのこと。緑内障の懸念はない。

眼の状態 0−


1月17日(日)BTX10日
今日も松の剪定に苦戦した。良い姿に仕上げる手段が思い浮かべられない。このままだと、古い芽が伸びだして更に手が負えなくなる。
この悩みが眼に悪影響を及ぼしたのか、急に眼が悪く苦しくなったきた。それとも最近の体操、ストレッチ、腰痛防止体操の疲れが影響したのか。
瞼の痙攣収縮とドライアイの症状が特に酷くなった。

眼の状態 0ー


1月16日(土)BTX9日
寒さでどうしても、自宅に籠りっきりになってしまう。午後から気を取り直して鷹取山の散歩に出掛けた。珍しくスカイツリーが薄黒く見えた。普通なら夕方の日差しで光って見えるはずなのに、まるでシルエットみたいだ。一緒に歩く人達は、私のような高齢者が多い。自粛する私達の考える事は似たり寄ったりだ。
庭の松の剪定も余り進まないで考えては遠くから眺め、またチョット切ってまた眺め考える。そもその私の素人剪定が拙かったのが原因で取り返しがつかないのだ。
松の芽は必ず葉がある所から幹側には出ない。従って元に戻って新しく枝を育てることが出来ない。見っともない我が家の松を近所にお見せするのが、悔ししい。

眼は順調に症状は良い。

眼の状態 0+


1月15日(金)BTX1週目
終日曇りがちでしたが、幸い寒くもなくて楽に外出が出来た。BTX注射をして頂いたJ先生の所へ診察に行った。私から経過は順調と申し上げたので、観察と症状について確認を行った。この先生は研究熱心なので好感を持つ。いろいろな薬の効果も説明を受けるが、私が断るので諦めたみたい。これも良く理解して頂けて良い。

ついでに昼食は桜木駅近くの飲み屋中心の商店街のCAFFEEですました。飲み屋さんで一番繁盛しているのは立ち飲み屋さんだ。当然、人出は少ないけれどお店の自粛に対する姿勢によって、客の出入りも違っている。
みなとみらいにも足を延ばしランドマークタワーや日本丸周辺で写真を撮りまくった。曇りがちの天候で残念ではああるが、それなりの受け止め方も必要になる。

BTXの聞き始めに起きる眼玉周辺の緊張感と涙の潤いがあって、良い方向に向かっている。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:全くない
ドライアイ:弱くショボショボ感は殆どない。
眩しさ:眩しさが強い。日差しが低くくなって非常に辛い時期になっている。サングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。まともに日差しを受けると耐えられない。
眼の痛み:瞼を開く緊張感が強く、痛みはない。
フラフラ:殆ど気にならない。一時期のフラフラは不整脈に起因する血中酸素濃度の低下が原因とおもわれる(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
頭部痛み:ない。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:凝りが続く。首、肩。
複視:なくなった。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:ない。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。最近は消極的な気持ちと行動になり易くなった。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


1月14日(木)BTX7日
今日は更に暖かく青空も澄んで、洗濯ものも乾きが良くなった。庭では放っておいて伸びっ放しの黒松を切り縮める事に決心して、先ず枝を切り落とした。もう梯子に登って剪定は危険でできない。今、我が家では全て背を低くする作業中。畑や花に日が良く当たる。
溜まるばかりで追い付かないメールの処理やネットでの買い物をしようとしたら、いつの間にかアカウントが他人のアカウントに替わっていて出来ない。原因不明で買い物が出来ない。

眼は昨日程度で変わらず。

眼の状態 0+


1月13日(水)BTX6日
ヤーやっと暖かくなってきた。もう寒さが戻らないようにお願いしたい。
一方物ぐさになった心は簡単に戻らない。自分をイチ、ニ、サン、シと激励しながら体操をする。「鷹取山へ散歩に行けよ」と言い聞かせる。「ちょっとだけでも、庭の手入れをやっておけ。着手するかしないか、違いができる」と言った具合だ。もう私に先生はいないから自分でやるしかない。

眼の症状は良くなってきた。眼の中の緊張感とは、瞼を開く力が働いている事に起因しているように感じている。眼輪筋に注射液が働いているだろう。もっとも贅沢は言えないが、逆に弱いが閉じにくくなっている。今回の先生になって初めての経験である。上下瞼のギリギリに注射をするので、針先が目玉に入らないか気になったのを思い出す。注射の痛みも大きかったけれどそんな事どうでもよい。
この先生は私の顔をスマホで撮影している、観察と研究する心を感じさせるので大変良い印象を持つし信頼感を持つ。
一方、もう15年以上になるが漢方医に処方して貰った時を思い出した。これは利き過ぎでまるで興奮剤を飲んだみたいで、瞼を閉じるのが苦しくなった。漢方薬にしてはあまりにも即効性がありすぎる。眼瞼痙攣は瞼を閉じることで楽になっている面もある。閉じられなくなった時の苦しさはこれまた格別である。眠くて仕方がないときに、瞼がカッと開いて閉じられなくなったらどうなるか?想像に難くないと思う。

眼の状態 0+


1月12日(火)BTX5日
今日も寒い。布団から抜け出すのも勇気がいる。同期会からの訃報にあれこれと連絡を取り合う事になった。時期が時期だけに幹部があたふたしていた。メールが使えない人達がいるからFAXやはがき、ついには電話に頼る。私には全てが届いたがFAXは故障で「一体何が来たのだろう?」と女房と顔を見合わせていた。
夕方からはOB会のZOOMミーティングを行った。入室は出来たものの、音声が繋がらないので入口で退会してしまった。このようなケースは珍しくない。お互いの端末の相性があるような気がしているけれど、原因不明で未解決のままだ。
新しいことには対応するのに苦労する。

BTX注射跡も薄れて、眼玉の奥に緊張感が出て瞼を開かせる力を感じる。ただ、瞼が開き易いとか眩しくないと言う良さは未だ。

眼の状態 0


1月11日(月)成人の日 BTX4日
成人の日は悪天特異日だと思っていた。毎年綺麗に着飾った女性が雨に祟られて、苦労している姿ばかりを思い出してしまう。今年はその点晴天なのにコロナの影響で式そのものが大祟りになった。期待した成人たちは、式のない結婚式をしたような情けなさを感じた事だろう。自分自身は寒さに心が縮み上がって出かける気にもならなかった。
メールのやり取りも不精しているので、大事な方には連絡を取り合っていた。こんな事でも受ける事、やる事、お願いする事を整理しているだけで時間ばかりが過ぎてしまう。

眼はしんどい状態を過ぎたので、終日息をするのがしんどいような事は無かった。
BTXが効いているのかもしれない。

眼の状態 0


1月10日(日)BTX3日
必要に駆られてチョット自分の考えを書く事になったが、気楽に書ける内容ではないので随分頭を悩ませ、時間をかけて書いた。2時間以上かかってしまい終わってからは暫く茫然としてしまった。現役時代から離れて慣れないことは嘘みたいに負担になってしまう。自分で元気を出そうと近くの鷹取山を登り、町内の散策もした。西友広場ではキャーキャー騒ぐ子供の数が減ってしまった。総理大臣に代わって親が子供に自粛要請をしたんだろう。親たちも追浜の街を敬遠して、近所の西友で買い物をしている。男性は保存食品や簡単に温められる食品の買い物が多い、高齢の一人住まいなのか?あまり良い発想が浮かばなくて残念。
夜NHKテレビ放送の「オーケストラ 明日へのアンサンブル」を聴いていた。有名な楽団の代表するソリストが10数人での演奏にはすっかりのめり込んで聴いてしまった。大きな会場で観客はなくステージ上に距離を隔て向かい合う演奏は驚きでした。

瞼の注射傷は茶色に変色しているが、痛みはない。眼玉の周辺に緊張感と軽い圧迫感を感じている。一方で瞼の閉じる力は弱くなる一方、僅かだけれど開く力が強くなってきた。眩しさは相変わらず強くサングラスと帽子のつばでがまんしている。
ドライアイはあまり感じなくなっている。

眼の状態 0


1月9日(土)BTX2日目
電話の長話を実行するが、一人の方に1時間続けるのは中々難しいので今日は3人と話した。Aさんとは今年銀座で写真の発表会をやろうと熱心に進めた。町内の写真好きBさんにも同じように銀座でやろうと勧めた。もう一つはフロンティア会の役員とあれこれと随分話し合いを行った。中々続けることが難しそうだ。
健康回復と共に近くの鷹取山への散歩とラジオ体操、ストレッチ、軽い筋力トレーニング更に腰痛防止体操を始めた。量は少なく、軽めにしている。順調なら2ヵ月程度かけて以前の元気なころに戻したい。

今朝の洗顔時に瞼の注射跡が赤く充血しているのを発見した。別に痛くはないし、他人が気にすることもないだろう。瞼の注射した部分に軽い緊張感が生じている。注射か所が変わって新たな緊張感が早めに出てきた。まだ瞼の開きが楽にはならない。日差しが低い時期なので、外出時の眩しさは厳しい。

眼の状態 0



1月8日(金)BTX初日
新しい記事として発行しなければいけないが、私自身の都合で間に合わない。暫くは延長させて頂きます。
BTX注射に出掛けると、電車は普段通りで空いてもいなければ混んでもいない。窓を少し開けているのでスウスウして少し寒い。15:30頃に駅を出て商店街を通ると店が殆ど開いていない。開けていてもひっそりしている。発熱外来の医院に二人の男性が入っていった。通りがかった人々は往復200名にはならないから、少なくとも感染を疑われるのは1%位か? 少し推測がいい加減かもしれない。

注射はBTX40単位、片目の上瞼に3ヵ所、下瞼に3ヵ所、鼻筋に2ヵ所、額に2列で6ヵ所である。両目で全体20ヵ所。1ヵ所当たり2単位。針は34ゲージ(0.2mm)。瞼の周辺は経験の無い程縁に近く、眼玉に針先が入らないかハラハラするでした。それに過去にない位瞼周辺の痛みが大きかった。眼輪筋の注射か所としては効果が大きいヵ所との説明であった。
尚、ボトックスは1瓶50単位であるが、一週間後に様子を見て再度注射するとの事であった。
注射直後から、効き始めを感じてきたのは先生の狙い通りだ。

眼の状態 0
第44回ボトックス日記 [2020年03月08日(Sun)]
第44回ボトックス日記

DSCN8314 a.JPG
横須賀から見る房総半島君津付近を眺める。有名な製鉄所でこれを見て、建物や設備が何となく沈み込んでいるようにかんじませんか。これは海を隔て水平線の向こう側にあるからです。水平線の向こうからこちらに向かう船は舳先が上り坂を登る様に、上を向いているのが分かります。


DSCN5222 b.jpg大変申し訳ございません。私の個展も新型コロナの影響で延期で延期になりました。7月13日〜19日で調整中です。改めてお知らせ致します。このポスターを消すと皆さんが忘れてしまうだろうと恐怖に駆られ残しておきます。

姉がetching lithographyの個展を開くので私も相乗りで写真の個展をすることにしまた。
お出かけいただければ幸いです。
指差し確認左 ポスターの部分をクリックすると大きな画面で見られます。
写真は皆モノクロではありません。当てはめる縦型の写真がそのように見えるからです。

また眼球使用困難症の患者の為の活動資金として写真の販売も図々しくやることにしました。
こちらもご協力頂ければと思っております。
☆銀座幸伸ギャラリー www.ginza-kosin.com/
4月27日〜5月3日
ポスターで小さく縦長の3枚あるのが私の写真の一部です。

坂本 征男

このブログに関連したFACEBOOKもアップしています個人ブログの紹介
ISAKO HARADAさんがfacebook
http://www.facebook.com/isako.harada

立川くるみさんのfacebookを追加しました。よろしくお願いします。
https://www.facebook.com/hoodiez.kuruchan

川島さんのホームページを追加しました。
https://dyskaizen.jimdo.com/
facebookではhttps://www.facebook.com/dyskaizen2017/

ベンゾジアゾピン系薬害のゴンザレスさんのホームページ
https://ameblo.jp/gonzales2016/entry-12341800129.html

多田ゆりこさんのブログです。
薬害根絶デー。厚労省前で2名の向精神薬被害者がリレートークしました。
今年で2回目のトーク。
素晴らしい実績をおさめております
https://ameblo.jp/yuriri0924
ベンゾ被害当事者Wayen Douglasさんの講演録音


全国ベンゾジアゼピン薬害連絡協議会
https://ameblo.jp/bya-1108/entry-12387239643.html

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.pmda.go.jp/

YUKIO SAKAMOTOがfacebook
http://www.facebook.com/yukio.sakamoto.7

制度の谷間「眼球使用困難症」を救え!!
代表 立川くるみ 副代表 私
https://g-frontier.xyz

ご寄付のお願い!!(上記ホームンページの12項からも見られます)
チラシ印刷代、交通費、郵送代、サーバー代など諸々かかっております。寄付金でのご支援もよろしくお願いします。なお、ご寄付いただいた場合はお問い合わせフォームからご一報くださると幸いです。
以下口座情報
ゆうちょ銀行
普通口座
口座名 みんなで勝ち取る眼球困難フロンティアの会
記号10300
番号 89780041
店名 0三八(ゼロサンハチ)
店番 038
口座番号8978004


専門医の若倉医師のヨミドクhttps://yomidr.yomiuri.co.jp/column/wakakura-masato/

以下、の放送を是非お聞きください。
NHK視覚障害者ナビ・ラジオ
放送日 日曜日7:30〜8:00
再放送 翌日曜日7:30〜8:00
インターネットでも聞けます。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=44672
トップ→放送一覧→「眼球使用困難症」を知っていますか? 
2017−11−5放送→放送を聞く


ラジオ大阪で眼球使用困難症のことが2週に渡り放送されました。
YOU TUBEからです。障害年金の話がメインです。
第1週‬
https://www.youtube.com/watch?v=WRl-pi-SITM
‪第二週‬
https://www.youtube.com/watch?v=v5MAaOUC0DA

茨城放送ラジオで若倉先生のインタビューが聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=Z2jebnbOW0w

ブラインドサイトで立川くるみさんのの眼瞼痙攣年金裁判のドキュメンタリー動画が公開されています。是非ご覧ください。
https://blindside.or.jp/challenge/2020/379/

AbemaTV
まぶたの異常や痛み、まぶしさのため目を使うのが困難な「眼球使用困難症」の特集番組がAbemaTVにて放送されました。立川くるみさんもVTRとスタジオ生出演両方出ています。
全盲でなくても白杖を使うこと、読み上げ機能でパソコン、スマホは使えること、白杖を持たない視覚障害者もいること、制度の谷間障害は他にもたくさんある事も伝えられたと思います。

こちら記事です。
https://abematimes.com/posts/5608562

残念ですが28日間の無料視聴は終了しました。
参考 
https://abema.tv/video/episode/89-66_s99_p857?utm_campaign=episode_share_fb&utm_medium=social&utm_source=facebook

立川くるみさんの年金裁判。
日時 2020年2月19日(水)13:50
場所 東京高裁号室
敗訴が決定しました。今後の方針を検討中です。
この裁判の正当性を訴えるための署名活動を行っております。眼球困難フロンティアの会のホームページhttps://g-frontier.xyzの見開きから簡単に署名ができます。

ブラインドサイドで私の眼瞼痙攣年金裁判の15分ドキュメンタリー動画が公開されました!
https://blindside.or.jp/challenge/2020/379/



5月25日(月)BTX87日
またまた大失敗をしている事に気づいた。45回目のBTX注射の日が明日になったので、今回の44回目の成績データー整理をしようと思ったら未だに43回目の総括記事をアップしていなかった事気づいた。腰痛の痛みが1ヶ月もつづいたのでスッカリ忘れていたのだ。慌てて整理を始めたが間に合わなかった。私のこと等コロナ騒ぎ程世間から注目されるわけもない。まあしょうがなかった・・・と気楽に考える。
とうとう周囲の方達や家族までスマホを使いだした。家内でさえやり始めたので、やむなくお店へ行ってきた。確かに外出時に時刻表や地図がいつも見られれば便利ではある。

今日はが出時にタクシーを拾うのに400m位歩いたら、結構歩く事ができたけれど少し痛み戻ってきた。もう処方された痛み止めは今日までで終わりになる。外を歩くのは気持ちがいい・・・幸い眼も悪くはならなかった。

眼の状態 0


5月24日(日)BTX86日
腰の具合も良くなっていると思い、一時の私の髪みたいにボサボサになっている梅の剪定を行った。教科書通りなら今の時期は徒長枝を切っておけば良いと言う。私はいつも切り縮め過ぎる癖があって、大胆に切り落とした。毎年やっているので問題はない。むしろ心配なのは黒松である。桜の木に埋もれていて、桜側の枝が無い。いつか私が切り落としたのだが、松は切り落とした所からは2度と枝が出る事はない。今、別な方向の枝を折り曲げ、引っ張って見栄えが良くなるように試みるが思うように行かない。腰の具合は悪くなってしまった。起きているよりも寝るときの方が痛くなる。
やっと合唱に準備された楽譜を全てパソコンに入れたの一段落した。ただパソコンで使うスピーカーがビビリ音を起こして壊れている。イヤホンは使えるが物足りないのでネット購入して到着を待っている。

腰がまた悪くなっただけではなく、パソコンを使いすぎて眼も急に悪くなった。
ショボショボ、シブシブ、閉じる、頬口周辺も痙攣が強い。

眼の状態 −1


5月23日(土)BTX85日
好天を期待していたけれど、日中は曇りがちで庭に出る気もなくなった。楽譜から音を出せるべく深夜まで頑張った。子供の頃にシャーロックホームズを全て読んだので、今でもテレビではミステリー、刑事もの等をついつい見てしまう。シャーロック ホームズを読むとその後の推理小説のパターンが出来ている事が分かる。
有能な探偵とややおっとりしたその友人がおバカな警察よりも事件解決する、これは国内外でも共通しているのは面白い。
国内では著名なミステリー作家は羨ましい、自分で取材して書いた本は人気が出て
売れる、その成果でまた取材をして新しいストーリーを作れる。有能で、情熱あって、人気がある。とても真似ができない。
検察の人事が世間を騒がせたが今回は国民が猛反対をしたのが良かった。権力を握る政権の起こす典型的なパターンである。もう一つツイッターが政権に影響力を及ぼしたことは大きいい。外出自粛を狙ったやり口に対応できたのだ。そのうち、ツイッター等に制約をかけようとするかもしれない。何しろ総務省は報道関係に制約を掛けられるようにしているからだ。
夜になってから楽譜をパソコンに取り込む作業に熱中した。

眼は朝からショボショボ、シブシブ、で瞼が閉じてしまう。

眼の状態 −1


5月22日(金)BTX12週
ずーっと中断している合唱のグループから楽譜が3曲届いている。自粛からそろそろ開放されそうなので勉強を始めた。3曲あって ふるさと、作詞:小山薫堂、作曲:youth、編曲:富澤裕 STRANGER IN PARADISE(韃靼人の踊り)、Jesus bliebet Freude(主よ人の望みの喜びよ」だ。今までは日本の唱歌の雰囲気が多かったが急に難しくなった。私は楽譜を見ても音が出せないので、音楽ソフトに楽譜を入れて音を出してから始めて歌う練習になるから飛んでもない手間がかかる。
町内老人会で図々しく歌の指導をしている。勿論、皆さんには私の実力が儚いことを説明している。ところが女学生時代に本格的に合唱をしていた方も2,3いる。私が新曲楽譜を配ると「良い曲ですね、感動しました」と反応が来る。勿論逆反応もある、でもこんな方達でも一緒に歌ってもらえるのは私の方が感動してしまう。

リハビリで背骨を引っ張て来た。大部良くなってきた、医院からタクシー乗り場まで約200m位を痛み無く歩けた。痛み止めの薬を服用しているのでまだまだ本物ではない。
眼も普通どうりの症状で過ごした。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が閉じる力はそう強くない。
ドライアイ:ショボショボ、感が強い。
眩しさ:終日殆ど在宅なので感じない。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:殆どない。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:たまにある。頭は日常的に集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きなかったが、なかなか出来ない。
首肩のこり:運動不足でいつも感じる。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口周辺に緊張感が継続。(メイジュ症候群)この症状は対面する相手の表情に影響する。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


5月21日(木)BTX84日
最近のテレビのニュース番組で参加するコメンテーターが遠隔で自宅参加しているケースが非常に増えた。新コロのお蔭で休息増えてきたのは良い事だ。私達患者は日本全国散らばって、一同に集まっての会議が中々難しいがこれは大きなツールである。私達の眼球困難フロンティアの会では、立川くるみ代表が以前から導入して実施している。ただ視覚障害者だから折角の画像が出ていても、使えず音声のみで勿体ない。横須賀のチャレンジド・ヨガでテスト的に電話会議で5分間ミーティングを行った。これなら皆参加できそうだ。ヨガ道場も画像を使って行うという、これなら自宅でできそうで期待をしている。

眼は日中は瞼が強力に閉じるので、日中大半は眼を瞑って音楽CDを聴いていた。鮫島有美子さんの日本の歌(19曲入り)で非常に綺麗な歌声と歌い方で素晴らしいので時々聴いては、歌い方や発声法の練習にしている。

眼の状態 −1


5月20日(水)BTX83日
本日も整形外科に通い、いつもの様に背骨を引っ張て来た。変わり映えしない一日で終わった。痛みがぶり返して少々気になる。

テレビで「ポツンと一軒家」の番組は面白くて楽しみだ。予想に反して一軒家のご主人たちは面白く、個性を発揮し、生き甲斐をもって生活していらっしゃる。羨ましく思い共感する方も多いだろう、私もそうだ。勿論、番組の狙いがあるから「限界集落の実情」と言うテーマなら厳しい現実を突きつけられるに違いない。このご主人たちだって最後までそこで楽しく過ごせるとは限らない。ユニークなこの番組は無条件で面白い。番組スタッフも楽しさと人情に感動しているだろう。

眼については余り変わらず。

眼の状態 0


5月19日(火)BTX82日
今日も個展に出す写真を見直しているが、何べんも見ていると物足りなくなってしまう。色々と修正してみるが冴えない。一度何処へ出かけて写真を撮ってきたいが・・・今の腰の具合では無理だし、困った。
雨が降って庭の手入れも出来ない、育って貰いたくない雑草が元気に伸びだしている。今年も雑草に負けそうで残念だ。

何となくテレビに向かって一日を過ごした。あまり眼の負担にはならないから、症状も程々で済んでいる。

眼の状態 0


5月18日(月)BTX81日
定例の公園清掃の参加は中止した。整形外科のリハビリに行くと、何の拍子か腰がまた痛くなった。分からないがコルセットを紛失して使えないのが禍したようだ。兎に角今日も背骨を引っ張てきて僅かに良くはなった。今週のBTX注射には行けるだろうが。床屋にも行った、なにしろ4ヵ月も経ってしまい首の周りが気持ち悪くて仕方が無かった。最近は高齢者でも長い髪の人が多いけれど、髭を伸ばすのと共にする気はない。強いて言うならちょんまげ程度だ。

眼の方は、何故か分からないが症状は緩んでいる。ギュウギュウと瞼を閉じる力が弱くなった。

眼の状態 0−


5月17日(日)BTX80日
自粛休日+腰痛⇒怠け癖と言うのが私自身の事である。やる事はあって、あれを此処までまで、そろそろやらなきゃ、どっちを先にするか、ああそうだ!あいつもやらなきゃ・・・と考えるがやらない。腰痛がまだ治らなから、ま、、良いか。
そんな中で個展に向けて他にないかと改めて写真を見直した。同好の友人達もいないので、意見も聞けないとなんか張り合いもない。
庭に出てまたも伸び放題になった雑草を掘り返した。これが拙かった、慎重にやったつもりだがまた腰が少し痛くなった。矢張り我慢しなければ・・・・

晴天で庭にいたので太陽光が眩しい。いつの間にか眼はショボショボ、ドライアイ、頬や口周辺の痙攣がでてしまう。今月末はBTX注射の日だから効果も切れたのかもしれない。

眼の状態 −1


5月16日(土)BTX79日
コロナ自粛で休みが継続していたチャレンジド・ヨガから電話会議を利用した5分間ミーティングの案内があって参加した。指導の佐藤ゆみ先生他インストラクターの方々で私を含め4人であった。始めてのことなので、こんなところかと思う。
普段なかなかできないが楽し会える場として参加できる方が増えるいいのだが。

検察トップの定年延長で国会も市民も大騒動になっている。民主主義を壊滅させるこんな法案を通そうとする自民党の陰湿な忖度政治が露呈した。
国民はもっと目を覚まして欲しい。「選挙で投票してもどうせ変わらない」と言うニヒルな生き方を変えて貰いたい。

コルセットを紛失したので、痛みが強くなってきた。夜寝るときの方が痛みが顕著になる。この痛みを堪えるときに瞼をギューッと締めるのが眼瞼痙攣を助長している。

眼の状態 −1


5月15日(金)BTX78日
私の中学、高校時代の友人から電話がきた。かれも連日の自粛にうんざりしていた。まあそれでも散歩する公園が近くでいいらしい。私の自宅周辺は鷹取山公園だから様々な散歩を楽しめるのは良いが、脊椎管狭窄症なので身動きの取れない強制自粛の日々を過ごしている旨話した。久しぶりで昔話も出て長電話になった。
午後は整形外科で背骨を伸ばしてきたらうっかりコルセットを忘れて来た。その位回復している証拠だろう。
夕方になると鼻水とクシャミが多発した。いざコロナ!と熱を測ると36.3℃、念のため鼻洗浄を行った。これは風邪気味程度の頃に効果がある。ノズルで食塩水を鼻から入れて喉を洗い、口から出すので面倒でスマートさに欠けるが中々いいものだ。
今日は雲が多かったが、湿度は40%前後で20〜22℃でやや暑さを感じて
いた。眼はショボショボ、シブシブで瞼はギュウギュウ締める。頬口周辺の勝手な動作で顔はクシャクシャだ。

眼の状態 −1

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:痙攣をおこしながら強く瞼が閉じる。
ドライアイ:ショボショボ、感が強い。
眩しさ:終日殆ど在宅なので感じない。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:しばしばある。痺れるときもある。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:ときどきある。頭は日常的に集中力に欠ける。ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。症状としてなのか分からないがボンヤリと眠気が終日続く。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きなかったが、なかなか出来ない。
首肩のこり:運動不足でいつも感じる。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口周辺に緊張感が継続。(メイジュ症候群)この症状は対面する相手の表情に影響する。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


5月14日(木)BTX77日
今日も良い天気で涼しく感じる位だった。夕方調べると23℃、湿度35%、気圧1028hpであった。冬なら火災警報が出る程だろう、皮膚が冷たくなるくらい。
やっと庭に出て雑草刈や水遣りをした。中腰での作業は危険なのでお尻は地面に降ろして小一時間だがやる事が出来た。
腰の痛み止め薬がきれたので、以後は背骨を引っ張る治療だで後5回やらなければならない。

眼は湿度が低いのでショボショボ、シブシブが強くて目が開けられない。夜寝る頃は口、頬周辺も違和感が強かった。

眼の状態 −1


5月13日(水)BTX76日
朝、空を見ると雲一つない快晴ではあるが、冬のスモッグのような黄色だ。天気予報で聞いていた中国から飛んでくる黄砂だろう。幸い風が強いので、洗濯物にくっつくこともなく通り過ぎた。三浦半島の付け根になる横須賀は海の街で風通しの良い場所だ。
都内と違って夏でも涼しく、エアコンで冷房する日は10日間もない。日本家屋の特長を活かして建てたので、建築屋さんから「日当たりが良くって、風通しが良く、収納が多い」と評価された。自分なりに気に入っている。

今日も整形外科へ行き背骨を引っ張て来た。所要時間約15分、保険一割負担で160円也。沢山の人が色々な機械で治療している。私以外には首を引っ張ている方も多い。想像以上にここを利用している人々が多い。高齢者で不自由そうに歩いている人々が増えてしまい、10年前、20年前と着実に増加した。

眼の症状は緩やかになり過ごしやすくなった。閉じる、ショボショボ、口週辺の違和感が常駐している。

眼の状態 0


5月12日(火)BTX75日
昨夜はうっかりしてコルセットをしないで寝たのは失敗だった。一日中腰の痛みが戻ってしまった。寝るときは良いだろうと考えていたので忘れたのだ。左腰後ろ側、脛、足首と鈍痛が走る。痛み止めの薬で我慢する。

眼は閉じる、ショボショボする症状が顕著だ。

眼の状態 0−


5月11日(月)BTX74日
蒸し暑い晴天になって追浜の街を歩く姿もすっかり夏だ。今日は整形外科に背骨を引っ張りに行った。知らない世界には面白い装置あるものだ。私の場合腰の周囲にベルトを回し温めながらブルブルと振動させる事5分。次に床屋さんの見たいな椅子すに腰掛けてベルトで固定する。両脇下にアームが入ってきてから上向きにリクライニングする。脛と膝を空気ベルトに圧力をかけて固定する。ここから両脇のアームが26kg背骨を引っ張り、ゆっくり戻してまた引っ張る。これを11回かけて終了する。今回が4回目になるが、終わって歩くと却って痛みが増す。もしかして引っ張り直ぎではないかと、気になる。
帰りは女房と母の日プレゼントでケーキを買って帰った。

眼の様子は従来とあまり変わらない。閉じる力とショボショボそれに頬と口の痙攣が顕著である。

眼の状態 0−


5月10日(日)BTX73日
見っともない病気の話を続けて申し訳ありません。
今日から復帰初日と致します。まだ外を一人で出歩くまでには時間がかかりますが、本来のブログを始めたいと思います。
私の姿勢は固い椅子に良い姿勢で座るのが一番良い。柔らかくリクライニングのソファーはその次。一番悪いのは寝床で身体を平らに伸ばして仰向きに寝るのが最悪で、なかなか寝付けず苦労しました。

瞼は腰痛の影響もあるでしょうが、痛みがなくても強く閉じる力が働いていました。
テレビを見ていましたが、ニュースは理解していましたがミステリードラマはストーリーが分からなくなり何となく眺めている事が多かったです。気晴らしになればいいと思っていたせいでしょう。音楽は画面を見ないでも良いので楽しみにしました。夜は痛みを忘れるのに、CDを聞いたりNHKラジオ深夜便を付けっ放しにしていましした。

日常では高齢者が寝込む切っ掛けにならぬよう、日中は起きて食堂の固い椅子で凄し、自分の洗濯やシャワーを使うことは自分でやりました。多分痛みで凄い形相をしてやっていたと思います。

眼の状態 −1


5月9日(土)BTX72日
やっと足を引きずりながら自宅建物内程度なら5分位歩ける。便秘も軽くなってきた。もうすぐだから頑張ろう。
ブログも2,3時間書き足すところまで出来た。

眼の状態 *


5月8日(金)BTX10週
午前中は消化器内科で薬を倍に服用して使うことで様子を見ることになった。
次回は今月末とのことで、まあ一安心。
午後は整形外科で脊骨を延ばしただけで、10回延ばしたら診察するとの事であった。先生は楽観しているようなのっで私もまた一安心した。
毎日は苦しい思いを続けているが、経緯を見ると少しずつではあるが快方に向かっていることを感じている。

この一週間の眼の経過は書けないので省略します。

眼の状態 *


5月7日(木)BTX70日
パソコンの前に座ってブログを書き足したが、継続できずに諦めらた。
久し振りの友人から電話を貰ったが、お互いに自粛生活から話す種もなく激励し合うだけであった。

眼の状態 *


5月6日(水)BTX69日
痛みも便秘も変わらず。医師から使ってみて下さいと言われた下剤を服用した。
深夜緊急地震速報で目が覚めた。千葉と茨城が震度4、横須賀は震度3で大した事はなくて良かった。今の私には何処かへ逃げる事は不可能だから。

眼の状態 *


5月5日(火)BTX68日
コロナの自粛延期が決まる一方で大阪府知事が定量的に数値目標を示した出口対策を示したことは素晴らしい。国の行政に大きな影響を及ぼすだろう。謙虚に受け止めるべきで、訳の分からない、言い訳とした見えないような対応を国はしないように望む。

眼の状態 *



5月4日(月)BTX67日
コロナの自粛が延期になりそうと報道が出た。漫然とした今の現状では止むを得ない。データーの不透明さや数値判断基準が行政側から出なければ仕方がない。
便秘が少し良くなり、ホッとした。

眼の状態 *


5月3日(日)BTX66日
特に痛みも便秘も変わらず。

眼の状態 *


5月2日(土)BTX65日
痛みは変わらず。便秘に懲りたので、水分補給に注意をするが食事の量は少ないので腹がダブダブになっているのではないか?

眼の状態 *


5月1日(金)BTX9週
連休に入る前にと朝から消化器内科で便秘の処置を行った。随分続いたので処置には相当辛い眼にあった。体の痛みから殆ど身体を固定して運動不足になったことが原因と医者は直ぐに納得した。
午後は整形外科に行き、腰部の潰れた椎間板を基に戻すため引っ張る治療を行った。26kgと言うから、概略体重の半分になる。医師は良くなっただろうと言うが、そどれほどの効果は感じない。

(注)書いたブログを読むと日付けに誤りがアチコチにある事を発見しました。
いちいち断らずに訂正しております。申し訳ありません。

眼の状態 *


4月30日(木)BTX63日
特に変わらず。医者は休みで行けない。我慢のみだ。
やっとブロこのに追記を始めたが、とても続けられず中した。断

眼の状態 *


4月29日(水)BTX62日
昨日と同様。腰痛に起因する痛みや便秘の苦しさと眼瞼痙攣の症状と見分ける事は難しい。只、ギュウギュウと瞼を閉じたり、口を歪めるようなことは頻繁に起きている。

眼の状態 *


4月28日(火)BTX61日
痛みは続くよ何処までも・・・続いている。薬も整形外科治療もまだ効果は表さない。日中は食堂の固い椅子に体を固定しているのが一番楽で、テレビに向かい過ごしている。コロナのニュースは関心が高く、あちこちのテレビ局の報道を比較して見ている。するとこの医学に関する報道も各コメンテーター、評論家にも与党側と野党側に分かれて行く傾向がはっきりする。与党側は曖昧な反論に傾き、野党側はデーターを基に主張する。明らかに後者がまともな主張をしている、全てを曖昧にして自分の主張を繰り返す政府、与党には本当にいい加減にしろと言いたい。
今回連日報道を見て私達の「眼球使用困難症症候群」の法律不備がいつになったら解決されるか? 如何に遥か遠いい目的であることが分かる。
患者の活動は各論でなかなか足並みが揃わないけれど、皆が法律変更を目標に統一して活動をしないと簡単に崩されてしまう。一人一人で国や行政と闘うのはあまりにも損である。

眼の状態 *


4月27日(月)BTX60日
連日椅子に腰かけっぱなしだったのが、便秘を起こして苦しくなっていた。
連休も近くなって医者も休みになるだろうからと、整形外科に行った。腰部をX線撮影し、最下段の椎間板が潰れているのが分かった。先生は取り敢えず痛み止めの薬だけにして治療は週末に引っ張るそうだ。診断名は腰部脊椎管狭窄症および坐骨神経痛との事だ。
兎に角医者に行けて良かった。治りそうな気がする。途中道路を歩かざるを得ないので痛みはまたもとに戻った気がするけれど、治療できる見通しがついて気持ちは少し明るくなった。

眼の状態 *


4月26日(日)BTX59日
やっとパソコンの前に座る事ができた。メールを読んだり、写真の整理も短時間ではあるが出来た。ただ2時間位だろう、またもに戻って痛くなり食堂の椅子にお決まりの姿勢で腰かけ続けた。

眼の状態 *


4月25日(土)BTX58日
友人に頼んでおいた合唱用のCDが届いた。町内でやっているカラオケグループで使うためで、高齢者集団向けに編曲を依頼している。腰は朝方少し良くなった気がしたものの夕方に向けて悪化してしまった。それだけでも明るい兆しと嬉しくなる。

眼の状態 *


4月24日(金)BTX8週
実は夜寝るのが一苦労なのだ。どんな姿勢でも痛いのだ。毎晩、左へ右へ仰向き、うつ伏せ・・・色々変えても痛くて眠れない。あれこれとやってるうちに、いつの間にか寝ているのだ。紛らわすためにNHKのラジオ深夜便かCDを聞いている。

眼の状態 *


4月23日(木)BTX55日
腰痛は変わらず。友人から電話がきて、ネット会議を使って合唱をやってみる・・・と言う。今はとてもできないから、うまく出来たら教えて貰うことにした。
私もやってみたいと思うのだが。

眼の状態 *


4月22日(水)BTX54日
更に腰が良くなった気がする。やっと食堂の椅子に腰かける事ができた。
歩いている時は、左足を大袈裟に引きづり片手は何処かに支える。椅子に腰掛けても姿勢は変えず終日過ごす。こんな事が出来るのは、これが一番楽だからである。
健康であればとてもできない。

眼の状態 *


4月21日(火)BTX53日
少し良くなってきたかな? 医者に行けるよになれば良いがと思う。

眼の状態 *


4月20日(月)BTX52日
シャワーを使って体を洗ったのは良いが、更に痛みは激しくなった。痛みを我慢しながら食堂の椅子に決まった姿勢で終日テレビを見て過ごすのが、最善に方法である。繊維筋痛症の方は痛みで気絶する程だから、私の腰痛なんかまだまだ楽なもんだ。天気が良いが、庭の手入れどころか水遣りもできない。屋外の鉢植えは枯れ始めている。

眼の状態 *


4月19日(日)BTX51日
昨日同様で痛みを堪えながら過ごした。町内老人会の行事は当分休む旨を伝えたが、新コロ流行で町内行事も会館も閉鎖なので何の問題もない。

眼の状態 *


4月18日(土)BTX53日
昨日同様で痛みを堪えながら過ごした。町内老人会の行事は当分休む旨を伝えたが、新コロ流行で町内行事も会館も閉鎖なので何の問題もない。
痛みを堪える寝る姿勢が決まらないで難渋している。どんな姿勢でも痛いので音楽を聴いたり、NHKのラジオ深夜便を聞いて我慢しいつの間にか寝るのを待つしかない。

眼の状態 *


4月17日(金)BTX52日
昨日同様に痛みを堪え過ごした。整体の友人に聞いても最早、相談できる段階ではなく整形外科に行くしかないことが分かった。痛みは更に激しくなった。

眼の状態 *


4月18日(土)BTX51日
昨日同様に痛みを堪え過ごした。整体の友人に聞いても最早、相談できる段階ではなく整形外科に行くしかないことが分かった。

眼の状態 *


4月17日(金)BTX7週
昨日同様に痛みを堪え過ごした。整体の友人に聞いても最早、相談できる段階ではなく整形外科に行くしかないことが分かった。

眼の状態 *

眼の一週間の状態も書けないので中止とする。


4月16日(木)BTX49日
腰痛が激しくて、三度の食事、洗顔、トイレがやっとである。医者に行くにも、タクシーに乗る事もできない。少し静まってから行く事にした。高齢だから寝床で寝っ転がっていると、立てなくると危機を感じた。どうやって痛みを堪えながら起き続けるかと色々試みた・・・食堂の椅子にキチンと腰かけ、背もたれによりかかり、左足膝を右足膝に乗せるの一番良いことがわかり、これをキープし続けテレビを見ながら終日を過ごした。

眼の状態 *

4月15日(水)BTX48日
腰痛を気にしながら、鷹取山の散歩をした。しかし追浜商店街まで行くことは出来ずに途中で帰宅してしまった。さらに猛烈な腰痛に立ち上がるのも難しくなった。整体をしている友人に聞いて、治療法を聞いてやってみたがこれが大失敗となった。

痛みで眼瞼痙攣どころではなかった。椅子に腰かけて食事をとるのが精一杯にになった。痛みを堪えるのに眼を瞑って顔を歪めてウンウン唸っているので、眼の状態を示すの不可能だ。

これを書き始めたのは5月7日で、やっとパソコンの前で作業ができ始めた。
この間は残っている殴り書きメモを頼りに簡略に追記してゆく。

眼の状態 不明(今後*で表す)


4月14日(火)BTX47日
いつもの女房の買い物付き添いと鷹取山散策に外出した。腰痛が酷くなって、ウー、ウーと声を出さずに呻きながら歩き続けた。友人は脊椎管狭窄症ではないかと言う、私は昔のゴルフをやっていた頃の後遺症と思っている。当時、良いタイミングでゴルフを止めて、自然に症状は治まっていた。高齢になって体力、筋力の衰えと共に顕在化し始めたのかな、・・・と思っている。

眼について
変わり映えしない。閉じるとしょぼつくだけ。

眼の状態 0ー


4月13日(月)BTX46日
雨風の強い中、老人会の報告書や了解を頂く署名、捺印を頂く書類の回収に回った。なにもこんな中でやらなくたって良いのにと思われたに違いない。何かにつけ、理由を付けて後回しにする自分を励ます為にやっただけの事だ。
声が出なくなって気になるので、自室で歌い始めた。確かに声の出が悪い、喉に詰まったような気がする。少しづつ声のリハビリをしようと思っていたら、歌の会から「ボロディンの韃靼人の踊りとバッハの主よ人の望みの喜びよの2曲をYOUTUBEで聴いておくように」連絡がきた。流石に先生、まだいつ練習ができるか分からないのに!熱心でよく教えて頂けるので楽しみしている。

眼は本当に表現しようがない程特徴のない、ただ瞼が閉じる、痙攣するだけ。
眩しさや痛みはない。ドライアイもあまり気にならない。

眼の状態 0ー


4月12日(日)BTX45日
最近の外出は女房が○○ストアーに行った帰りに、荷物車をゴロゴロ引っ張るのが仕事だ。買い物中は、私が口出しするのが不愉快らしいので自重している。
散歩で鷹取山を登るとき、息切れするえようになった。こんな筈ではないが、運動不足が祟り始めたらしい。太腿が何となく細くなっているのに気づいた、一方体重は少し増えている。注意をしたいが、腰の痛みで思うように歩きまわれない。

眼について
終日瞼が下がりっ放し。特別痛みも眩しさもない。

眼の状態 0ー


4月11日(土)BTX44日
外出して、人に会って、話をする・・・そんな姿が基本形なのに新コロのお蔭で日常生活が狂ってしまった。いろいろやる事はあるが、どうしても今とか明日までにとか切羽詰まった仕事や他人との約束がないから緊張感がすっかり緩んでしまった。
あるとすれば、植物の季節変化に応じて庭の作業だ。ドクダミ退治と松のみどり摘みがある。今、松のみどりが凄い勢いで伸び始また。閑なくせに焦りを感じるとはなんだ?私の精神的の不安定さ、脆さを示している。
最近、左腰辺りに痛みが出るようになった。鈍痛・・・気になる。

散歩をしているときに、瞼が下がるのは毎度の事。

眼の状態 0



4月10日(金)BTX6週
何となく退屈。やる事はいくらでもあるのに、どうしてもボンヤリ過ごしてしまう。世間から隔離されている環境って言うのはこんなものか。掃除、洗濯、庭仕事をやるが腰が痛い。昔ゴルフをやっていた頃の後遺症だろう。左足太腿、脛、まで痛む。
少しずつ動かし、誤魔化している。歩くのはまだまだ良いが、庭作業は腰から下半身に負担が大きいので辛い。

眼について
歩き続ける事は出来るが、瞼は殆ど閉じっぱなしでショボショボがキツイ。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:閉じるだけ。強い痙攣や緊張感はない。
ドライアイ:ショボショボ、感が続く。
眩しさ:天候のせいも大きいく非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:時々ある。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。症状としてなのか分からないがボンヤリと眠気が終日続く。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きなかったが、やってみよう。
首肩のこり:運動不足でいつも感じる。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口周辺の軽いが緊張感が継続。(メイジュ症候群)この症状は対面する相手の表情に影響する。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


4月9日(木)BTX42日
良く晴れている割には寒く感じる一日だった。日視連の本部から始まり全加盟59団体にメールを送り眼球困難フロンティアの会の実情、生活状況などを動画も含めて送った。残り2か所はメールアドレスが分からずに保留となっている。もう一ヵ所は会長から「そのような問題は横須賀の視覚障害者団体に相談しなさい」と断られてしまった。一方横須賀市の視覚障害者団体は「手帳を持っていないから」と断られている。まア、それは各団体が独立して活動しているので一律に対応して貰えるものではないが。皆さんは眼が不自由だから、各会長さんを始めとして資料や動画は晴眼者である事務方の理解と会長への説得力が必要になる。
今回メールアドレスを教えて頂くために電話で事務の方と話し合うことができた。
皆、私達の眼球使用困難症を知る人はいなかった。ただ電話で話をすることができた事は却ってよかったと思っている。
昨日の16,000歩による腰の疲れで庭作業がサッパリとなった。

眼について
自宅内でも手探りで歩くようになった。瞼が重い、開いてもすぐに閉じる力が働いてしまう。

眼の状態 0


4月8日(水)BTX41日
老人会は年度末と新年度にかけて活動報告、会計報告、役員交代報告をだすことになっている。これは当然のことだが今年は自治会も新コロの影響で全て会議をせず文書交換で行い、出来た文書が配布されてきた。署名捺印で賛否の意志表示を貰い決定することになった。私達もこれに準じて行うことになって出来た書類配りを行った。
散歩は近くばかりでは面白くないので野島まで出かけた。この金沢八景周辺は穏やかな海岸である、野島に渡るときは八景の一つ夕照橋を渡る。山頂は諦め海沿いに一周すると対岸に八景島シーパラダイスも見える。キャンプ場、研修会場、グラウンド、観光施設と揃いさすがに横浜市である。途中に横浜南共済病院を通るとテントがありどうやら新コロ対応をしているらしい。帰宅すると16,000歩を越えていた。少し体力が戻ったのか、途中から体が動きやすくなって気分良く変えることができた。

眼について
眼の悪さには慣れているので、しょぼつきや眩しさはあっても、風景や周囲への関心に気が向いていると忘れてしまう。これが精神的に良い効果をもたらしていると思う。

眼の状態 0


4月7日(火)BTX40日
天候も良く、お月様はスーパームーンとか言っていつもより大きく輝いたらしい。そう言われれば明るかった。ただ、言われなければ分かる訳はない。今日の散歩はいつもより遠回りして、バス通りに沿って歩いてみた。新コロで街は静かだ、元々16号線沿いの商店街はシャッター通りになっていたが更に空いている店は減ってしまった。私は携帯ガラホを未だに使っている、大部前に撮った写真が残っていたので携帯からパソコンにつなぐ通信ケーブルを買って、移動させた。パソコンで見たら結構面白い写真になっていた。馬鹿にできない。
夕方から新コロ対策で安倍首相が緊急事態宣言をした。先ず遅い、医学的あるいはウィルス学的対処方法は政治的に行った。専門家の合理的な判断を無視したと思われる。日本医師会、東京都医師会、山中教授が危機を指摘したのに政治的に非合理的な対策を行って2週間様子を見るとの事。経済対策は私の苦手な分野で言えないところがあるけれど、これも疑わしい。・・・どうなるか心配。小手先の対処でなく、本音の最善を尽くすときだ。

眼について
朝は良い。朝食ごろからショボショボが強くなり、散歩ではついに眼を瞑りながら歩いた。10歩毎に眼を瞑り、パッと瞼を開けてからまた10歩く・・・こんな要領で安全な道では可能だ。

眼の状態 0−


4月6日(月)BTX39日
老人会の公園清掃も役員会も予定通り実施した。公園清掃は屋外で広く開放的だからコロナウィルス感染症は大丈夫、役員会は会場がだだっ広い部屋に8人だから大丈夫と言う訳だ。会議をしても実質5月末までは自治会館は閉じていて何もできない。年度末の活動、会計、人事の報告は書類だけで済ませるが新年度も同じ事。
町内も活気がなく静かだ。
写真展の案内はがきを作成した分の手数料が届いた。その一部5,000円を『私達の眼球困難フロンティアの会』へ寄付した。会費は常時10万円位は欲しい、交通費、広告宣伝費、通信費は賄えない。いつも懐に相談し、足りなければ自費しかない。7月に個展をやって私の写真を買って頂き、会費に入れたいと思うが、そんなに売れるかは疑問だ。お読みになって下さる方々よろしくお願いいたします。

目について
日中は結構良かったが、優雅の散歩で一気に悪くなった。ショボショボと閉じるである。

眼の状態 0-


4月5日(日)BTX38日
今日も早朝散歩に出掛け、日中は庭でどくだみ除去作業。夕方からまた散歩に出た。
散歩は体に良い事を実感する。家だけで過ごすとテレビ、ラジオの側で過ごし必要もなく間食をしたり居眠るをして時間を過ごす。体も心も活性化しない。必然的に消極的な負のサイクルに入りかける。心も体も活動させないと、全てが停滞するイメージにのめり込んでしまう。

眼について
朝夕2回の散歩に出たが、出るとすぐにショボショボ、閉じるの症状が顕著になる。
特に下り坂では瞼を閉じたまま歩くようになった。
眼の状態 0−


4月4日(土)BTX37

早朝、珍しく散歩に出て鷹取山を登ってきた。山頂近くの講演では20人以上あるグループがラジオ体操をやっていた。私が知る限りもう15年以上続いている。大したものでもう代替わりしている筈だから、ここは電源がないので退職した大学教授が重そうなラジオを抱えて30m以上の標高差を毎日登って来た。
私は体操に関係なく駆け下りて○○ストアーの前を通り過ぎるともう行列ができていた。未だ7時前だから1時間以上並ぶのだろう。お年寄りもいるし、本当に走ってくる人もいる。・・・女房はあまり関係なさそうで午後から買い物に出ている。
日中は庭作業、特にどくだみ退治に熱中して夕方近くから2度目の散歩に追浜の商店街に降りた。コロナが心配でまだ床屋さんには寄らずに帰ってしまった。

眼について
起床時は良かった。早朝散歩からはショボショボ眩しく瞼が閉じて徐々に悪くなるの感じていた。しかし夕方の散歩では症状が楽に歩けるようになった。

眼の状態 0


4月3日(金)BTX5週
新コロのお蔭で外出を控えて床屋さんさえ行っていない。自分でも気持ちが悪いけえれど3密の二つが揃っている、床屋さんの資格はカミソリを使うので衛生管理は行き届ている。でも心配にはなるのでもう少し伸ばそう。ただ、殆ど自宅で過ごす日常生活には慣れていいないので体調が良くない。リズムが狂ってしまって精神的にもグウタラになり始めた。何となく時間が過ぎて行くみたいで、自分から動く気持ちが働かない。これは鬱の始まりではないか。そう思いながら鷹取山への往復散歩に出掛けた。

眼について
起床時は良かった。朝のニュースを聴いているうちに瞼が下がり、シブシブが出た。
シブシブが出るときは瞼が痙攣を繰り返してギュウギュウと開閉する。
終日この状態が続いた。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:閉じる筋肉の緊張感を感じる。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感が続く。
眩しさ:天候のせいも大きいく非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:時々ある。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。症状としてなのか分からないがボンヤリと眠気が終日続く。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きなかったが、やってみよう。
首肩のこり:運動不足でいつも感じる。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口周辺の緊張感が継続。(メイジュ症候群)この症状は対面する相手の表情に影響する。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


4月2日(木)BTX35日
やっと花見に行く時期が到来した。女房と町内バス通りに出ると桜は真っ盛りだ。花の色が白っぽく見えた雨、低めの気温が影響して発色不足かもしれない。○○ストアーでのり巻きとノンアルコールビールを買って鷹取山を登ると、僅かな標高差と日当たりの加減で花は少くなくなる。路面を花弁が綺麗に飾っており、見ごろであった。公園のベンチで質素な乾杯をしているとご近所の奥様も休息中で女房と一頻りお喋りが続いた。東京湾と房総半島を背景に桜見物を楽しむことができたけれど、ノンアルコールビールは矢張り物足りない。作っているメーカーには申し訳ないが。

眼について
起床時は正常。昼もまあ良い。夕方も酔い。
終日この状態が続いた。

眼の状態 0+


4月1日(水)BTX34日
終日雨降りで、出かけたのは女房と近くの○○ストアーまでだ。久しぶりに少し寒くなった。新コロで外出も少なくなった。友人と会うのも心配になる。スパイみたいで誰が敵なのかお互いに分からない。スパイより質が悪い、自分さえ分からないからだ。
先日、テレビで大部前に亡くなった漫画家の赤塚不二夫さんが話ているのを聞いた。自分が一番馬鹿だと思っていればいい、他人は皆自分より偉いと思っていればいい、それで皆見える。・・・まア、こんな事だったと思う。
私と考え方とあまりにもピッタリ一致していたので驚いた。

(福)日本視覚障害者団体連合には加盟団体が62もある。その中の関東ブロック協議会の川崎大会が2月23日に行われた。この中の提出議題として『障害者手帳交付基準に眼球使用困難症を加える判断を一日も早く示すよう要望する』と提案され賛同いただけた。これは埼玉県視覚障害者福祉協会が議題に提出して頂いたお蔭である。ただ多くの議題の中からの主要3項目に入れなかった。だから今後の全国大会で新年度の活動項目にはならないだろう。
そう思って62の加盟団体に一つ一つ眼球使用困難症の問題をお願い文、ポスター、動画サイトを添付したメールを送っている。この作業をしていると、連絡先にメールアドレスが記載されていないので調べるのに偉い手間がかかる。やっと14か所を終えたばかりである。こんな事なぜこのブログで書くかと言うと、厭になって止めてしまわないためだ。こうやってブログで発表すれば、止めるわけに行かない。
意志薄弱の私だから仕方がない。

起床時はショボショボは軽い。朝食時になるとショボショボが強くなり、自然に瞼が閉じる。日中はこのままで夕方は眠さに襲われる。・・・これは眼瞼痙攣とは無関係かもしれない。

眼の状態 0


3月31日(火)33日
視覚障害者の方々が参加して楽しく活発活動している馬場村塾があります。私は、ここのメーリングリストに登録しております。今、新型コロナウィルス感染症に関してドイツのメルケル首相演説が評判になっています。翻訳して発信した山口通さんから三浦さん宛に日本の全ての人々に呼んで頂きたい。と仰っているのでご紹介させて頂きます。
始めは山口さんと三浦さんのメール交換もそのままにのせています。

東京は三鷹のルーこと、山口通です。


三浦さん
世界的、公的な演説でス。問題はないと思います。

この演説を邦訳していただいた方も、併せてお知らせしようと考えましたが、調べる
ことができませんでした。
残念です。

是非、日本のすべての人々に読んでいただきたいものです。
三浦さん、ありがとうございます。
山口通 拝

三鷹のルーさま、こんばんは、山形市の三浦です、拝読いたしました。すばらしい
、心と信念のこもったメルケルさんのお話ですね。ルーさん、お願いがあります。
このメルケル首相の演説、拡散してもよろしいでしょうか。具体的には私が庶務係
をしている「やまネット」というMLがあるのですが、そこに転載させていただけれ
ば幸いです。ご検討、よろしくお願いいたします。

iPadから送信

2020/03/27 20:55、山口 通 のメール:

> >  馬場村塾の皆さま
> > > 三鷹のルーです。
> 障碍者、マイノリティ、庶民、国民は、必読です。
> > 友人の友人から、すばらしいメールをいただきました。
> 二回に分けて、お送りいたします。
> > テーマ  3月18日のドイツ、メルケル首相のテレビでの演説が好評です。
> > ここからです。
> > >> 日本でも、このようなメッセージを出せる政治家がいたらなあと
>> 思わせる素晴らしいもので、ドイツ人友達による翻訳文です。
>> 演説後、明らかに効果があったと思ったのは、テレビの街頭インタビュー
>> や私の知り合いにも「メルケル首相の演説を聞いたから、これから
>> 家にこもります」とか「買い溜めをやめます」などと言っている人たち
>> がいたこと。メルケル首相の演説がどんなものか、ドイツが現在
>> どのような状況かお伝えしたいと思います。拙い訳ですが、大体意味は
>> お判りいただけると思います
************************
ここからがメルケル首相の演説です
> ◎◎> >> 親愛なるドイツ国民の皆さん!
>> 現在、コロナウィルスは私たちの生活を著しく変えています。日常生活、公的
> > 生活
>> 、社会的な人との関わりの真価が問われるという、これまでにない事態に発展
> > して> います。
>> >> 何百万人もの人が職場に行けず、子供たちは学校や保育施設に行けない状況で
> > す。
>> 劇場、映画館、店などは閉鎖されていますが、最も辛いことは、これまで当た
> > り前> に会っていた人に会えなくなってしまったことでしょう。このような状
> > 況に置かれ> れば、誰もがこの先どうなるのか、多くの疑問と不安を抱えてし
> > まうのは当然のこ> とです。
>> >> >> >> このような状況の中、今日、首相である私と連邦政府のすべての同僚たちが導
> > き出> したことをお話ししたいと思います。 オープンな民主主義国家であり
> > ますから、> 私たちの下した政治的決定は透明性を持ち、詳しく説明されなけ
> > ればなりません。
>> 決定の理由を明瞭に解説し、話し合うことで実践可能となります。
>> >> すべての国民の皆さんが、この課題を自分の任務として理解されたならば、こ
> > の課> 題は達成される、私はそう確信しています。 ですから、申し上げます
> > 。事態は深> 刻です。どうかこの状況を理解してください。東西ドイツ統一以
> > 来、いいえ、第二> 次世界大戦以来、我が国においてこれほどまでに一致団結
> > を要する挑戦はなかった> のです。
>> 連邦政府と州が伝染病の中ですべての人を守り、経済的、社会的、文化的な損
> > 失> を出来る限り抑えるために何をするべきか、そのためになぜあなた方を必
> > 要として> いるのか、そしてひとりひとりに何が出来るのかを説明したいと思
> > います。
>> >> >> >> 伝染病について私がこれから申し上げることは、ロベルト・コッホ研究所のエ
> > キス> パ
>> ート、その他の学者、ウィルス学者からなる連邦政府協議会からの情報です。
> > 世界> 中が全力で研究していますが、まだコロナウィルスの治療薬もワクチン
> > も発見され> ていません。 発見されるまでの間に出来ることがひとつだけあ
> > ります。それは私> たちの行動に関わってきます。つまり、ウィルス感染の拡
> > 大の速度を落とし、その> 何カ月もの間に研究者が薬品とワクチンを発見でき
> > るよう、時間稼ぎをするのです
>> 。もちろん
>> 、その間に感染し発病した患者は出来る限り手厚く看護されなければなりませ
> > ん。
>> >> >> >> ドイツには優れた医療制度があり、世界でもトップクラスです。しかし、短期
> > 間に> 多くの重症患者が運び込まれた場合、病院には大きな負担がかかります
> > 。それは統> 計上の単なる抽象的な数字ではなく、父または祖父、母または祖
> > 母、パートナーで> あり、彼らは人間です。そして、私たちはすべての人の命
> > に価値があることを知る> コミュニティで生活しているのです。 まずこの場
> > を借りて、医師、そして看護施> 設、病院などで働くすべての方にお礼を申し
> > 上げます。あなた方は最前線で戦って> います。この感染の深刻な経過を最初
> > に見ています。毎日、新しい感染者に奉仕し
>> 、人々のためにそこにいてくれるのです。あなた方の仕事は素晴らしいことで
> > あり
>> 、心から感謝します。
>> >> >> >> さて、ドイツでのウィルス感染拡大を遅らせるために何をするべきか。そのた
> > めに> 極めて重要なのは、私たちは公的な生活を中止することなのです。もち
> > ろん、理性> と将来を見据えた判断を持って国家が機能し続けるよう、供給は
> > 引き続き確保され
>> 、可能な限り多くの経済活動が維持できるようにします。
>> >> しかし、人々を危険にさらしかねない全てのこと、個人的のみならず、社会全
> > 体を> 害するであろうことを今、制限する必要があります。私たちは出来る限
> > り、感染の> リスクを回避しなければなりません。
>> >> すでに現在、大変な制限を強いられていることは承知しています。イベントは
> > 無く> なり、見本市、コンサートは中止、学校も大学も保育施設も閉鎖、公園
> > で遊ぶこと> さえ出来ません。州と国の合意によるこれらの閉鎖は厳しいもの
> > であり、私たちの> 生活と民主的な自己理解を阻むことも承知しています。こ
> > ういった制限は、この国> にはこれまであり得ないことでした。 旅行や移動
> > の自由を苦労して勝ち取った私> のような人間にとって(注※メルケル首相は
> > 東独出身)、そのような制限は絶対に> 必要な場合にのみ正当化されます。民
> > 主主義国家においては、そういった制限は簡> 単に行われるべきではなく、一
> > 時的なものでなくてはなりません。今現在、人命を> 救うため、これは避けら
> > れないことなのです。 そのため、今週初めから国境管理> を一層強化し、最
> > も重要な近隣諸国の一部に対する入国制限を施行しています。
>> >> >> >> 経済面、特に大企業、中小企業、商店、レストラン、フリーランサーにとって
> > は現> 在すでに大変厳しい状況です。今後数週間は、さらに厳しい状況になる
> > でしょう。
>> しかし、経済的影響を緩和させるため、そして何よりも皆さんの職場が確保さ
> > れる> よう、連邦政府は出来る限りのことをしていきます。企業と従業員がこ
> > の困難な試> 練を乗り越えるために必要なものを支援していきます。
>> >> そして安心していただきたいのは、食糧の供給については心配無用であり、ス
> > ーパ
>> ーの棚が一日で空になったとしてもすぐに補充される、ということです。スー
> > パー> に向かっている方々に言いたいのです。家にストックがあること、物が
> > 足りている> ことは確かに安心です。しかし、節度を守ってください。買い溜
> > めは不要で無意味> であり、全く不健全です。 また、普段、感謝の言葉を述
> > べることのなかった人々> に対しても
>> 、この場を借りてお礼を申し上げます。スーパーのレジを打つ方々、スーパー
> > の棚> に商品を補充される方々は、この時期、大変なお仕事を担われています
> > 。私たち国> 民のためにお店を開けていてくださって、ありがとうございます
> > 。
>> > > つづく

後半です
> さて、現在急を要すること、それはウィルスの急速な拡散を防ぐために私たちが効
果的な手段を使わない限り、政府の措置は意味を持たなくなるということです。私
> たち自身、誰もがこのウィルスに感染する可能性があるのですから、すべての人が
> 協力しなければなりません。
>
> まず、今日、何が起こっているかを真剣に受け止めましょう。パニックになる必要
> はありませんが軽んじてもいけません。すべての人の努力が必要なのです。 この
> 伝染病が私たちに教えてくれていることがあります。それは私たちがどれほど脆弱
> であるか、どれほど他者の思いやりある行動に依存しているかということ、それと
> 同時に、私たちが協力し合うことでいかにお互いを守り、強めることができるか、
> ということです。
>
> ウィルスの拡散を受け入れてはなりません。それを封じる手段があります。お互
> いの距離を保ちましょう。ウィルス学者は明確にアドバイスしています。握手をし
> てはいけません。丁寧に頻繁に手を洗い、人と少なくとも1,5メートルの距離を置
> き、出来るだけお年寄りとのコンタクトを避けましょう。お年寄りは特にリスクが
> 高いからです。 この要求が難しいことであることは承知しています。こういった
> 困難な時期にこそ、人にそばにいてもらいたいものですし、物理的な近接、触れ合
> いこそが癒しとなるものです。残念ながら、現時点ではそれは逆効果を生みます。
> 誰もが距離を置くことが大変重要であることを自覚しなくてはなりません。
>
> 善意のある訪問、不必要な旅行、これらはすべて感染を意味し、行ってはならない
> のです。
>
> 専門家が「お年寄りは孫に会ってはいけない」と言うのには、こういった明白な理
> 由があるからです。
>
> 人と会うことを避ける方は、毎日たくさんの病人の看護をしている病院の負担を軽
> 減させているのです。
>
> これが私たちが人命を救う方法なのです。
>
> 確かに難しい状況の人もいます。世話をしている人、慰めの言葉や未来への希望が
> 必要な人をひとりにはさせたくはありません。私たちは家族として、あるいは社会
> の一員として、お互いに支えあう他の方法を見つけましょう。
>
> ウィルスが及ぼす社会的影響に逆らうクリエイティブな方法はたくさんあります。
> 祖父母が寂しくないように、ポッドキャストに録音する孫もいます。愛情と友情を
> 示す方法を見つける必要があります。Skype、電話、メール、そして手紙を書くと
> いう方法もあります。郵便は配達されていますから。自分で買い物に行けない近所
> のお年寄りを助けているという素晴らしい助け合いの話も耳にします。この社会は
> 人を孤独にさせない様々な手段がたくさんある、私はそう確信しています。
>
>
>
> 申し上げたいのは、今後適用されるべき規則を遵守していただきたい、ということ
> です。政府は常に現状を調査し、必要であれば修正をしていきます。現在は動的な
> 情勢でありますから、いかなる時も臨機応変に他の機関と対応できるよう、高い意
> 識を保つ必要があります。そして説明もしていきます。
>
> ですから、私からのお願いです。どうか私たちからの公式発表以外の噂を信じない
> でください。発表は多くの言語にも訳されます。
>
>
>
> 私たちは民主国家にいます。強制されることなく、知識を共有し、協力しあって生
> 活しています。これは歴史的な課題であり、協力なしでは達成できません。 私た
> ちがこの危機を克服できることは間違いありません。しかし、いったいどれほどの
> 犠牲者となるのでしょう?どれだけの愛する人々を失うことになるのでしょう?そ
> れは大部分が今後の私たちにかかってきています。今、断固として対応しなければ
> なりません
> 。現在の制限を受け入れ、お互いに助け合いましょう。 状況は深刻で未解決です
> が
> 、お互いが規律を遵守し、実行することで状況は変わっていくでしょう。 このよ
> うな状況は初めてですが、私たちは心から理性を持って行動することで人命が助け
> られることを示さなければなりません。例外なしに、一人一人が私たちすべてに関
> わってくるのです。
>
>
>
> ご自愛ください。そしてあなたの愛する人を守ってください。ありがとうございま
> す
> 。
>
>
>
> UNQT
>
>
>
> ドイツの医療制度は国民皆保険で強固なファミリードクター制度をとっており検査
> は
>
> 全て無料。今回のコロナ騒動でも致死率0.25%(3/22現在)と欧州では圧倒的に機
> 能しているといえよう。致死率に関して言えば中国・イタリア・イラン・スペイン
> ・フランスは
>
> 夫々 4.0% ,9.0% ,7.5% ,5.3% ,3.1% (日本は2.5%なれど今後検査数が増えれば大
分減少する見込み)
********************
以上です。
この演説に多くの皆様も感動なさったのではないかと思います。
ただこの演説文を日本政府が発信したらどうなるか?
具体策を示せ! 収入を補償しろ! 何処へ行けばいいんだ!  等々批判、非難ごうごうになりそうなきがします。
恐らくドイツ国民と政府或いはメルケル首相の信頼感があるから共感し賛同するのでしょう。
日本政府と国民には信頼感がか細いから批判が沸き上がるだろうと思います。
残念ですが、私はそう思っています。

眼について
起床時は平穏、朝食頃からショボショボして瞼が閉じる。昼食時はしょぼつき、瞼が閉じて、後頭部がジーンとする。夕方頃から眼の中が痛い。

目の状態 0


3月30日(月)BTX32日
日本視覚障害者団体連合は旧日盲連の事で、略称日視連と呼んでいる。代表立川くるみはここに繋がる組織でも活動している。皆さんネット利用が得意というか、必要に迫られて上達した方々が多い。更に眼球使用困難症についても理解して頂き易いことも理由になっている。先月、日視連関東ブロック協議会川崎大会に参加してきた。その議題として『障害者手帳交付規準に眼球使用困難症を加える判断を一日も早く示すよう要望する』として取り上げられ賛同を得た。しかしこれから全国大会に向けて絞る重要3項目には入らなかった。これは他にもある重要かつ急を要するテーマが優先したからである。日視連として認めて頂くには地道な教宣活動を要すると思っている。それには全国加盟団体にも一つ一つ理解を深めるところから着手した。加盟団体は62あるが電話・FAXのみの公開でメールは分からない。
電話で事情説明をしてメールアドレスを聞き出してからメール添付で資料を届けている。・・・時間のかかる仕事だがやるしかない。

眼について
起床時は眠くて仕方がない。朝食後には力なく瞼が下がり、上げても上げても下がってしまうけれど眠さはない。夕食時にはまた眠さが強くなった。

眼の状態 0


3月29日(日)BTX31日
南関東に雪が降るのは季節の変わり目に多い。西高東低の標準的な気圧配置では晴れているのが通常だ。だから今降るのに不思議はないが、もうすぐ4月では遅すぎる。温暖化による異常気象ではこれから人類が経験したことのない、天候に耐えられるように迫られることが私達にも予測出来る段階に進んだ。新型コロナ感染症で世界はパニックになっている。大袈裟な話ではなく、人類が協調して生き延びる覚悟をしなければいけない時期になったと思う。政治家、学者は激変して行く世界を予測して新しい人類社会の構築を目指して欲しい。・・・・・ウーン、身の程知らずが調子に乗って書き過ぎたかもしれない。

終日居眠りに襲われる中、パソコンに向かっていたら眼疲れが酷く閉じる、しょぼつきが酷くなった。

眼の状態 0−


3月28日(土)BTX30日
まだ天候が良いけれど予報では明日は雨だ。庭仕事に熱を入れた。芝の中に深く侵入するドクダミを掘り起こし、根が残らないようにする作業は体力と馬鹿々々しく見える根気がいる。芝用の雑草除草剤なんか余程使わないと効果がでない。ゴルフ場みたいに専門のスタッフが毎日手入れするような真似はできない。
庭にはシクラメン、ラージスケールスノウフレイク、水仙、アマリリス、クリスマスローズ驚くのは菖蒲が咲きだしている。芍薬も芽が10cm位伸びている。まるで5月の花も一緒に咲きだしたみたいだ。ただ、町内の桜は4部咲ぐらいかな?周囲の早さに遅れをとっている。

眼は朝からショボショボ、シブシブ。昼間はまあまあ。夕方からは眼に緊張が強くなり、眼玉の動きが悪くなった。

眼の状態 0


3月27日(金)BTX4週
コロナの感染爆発が差し迫ってきて、緊張感を覚える。行政の決断と簡単に言うが、難しい。後世に褒め称えられるかどうか、とても私には結論はだせない。ただ、行政には多くのスタッフを抱え予算もある、足りなければ臨時の予算も組める。起きている事実を早く見極めて対策を行うのが責任ある者たちの義務である。忖度行政はこの事実を認めることが大嫌いだ。それが紙一枚の差で大きな損失を招く。本来は優秀なスタッフが能力を放棄して自分の利益を最優先にする。国民の自由と安全等をお題目ばかり唱えられては大きな迷惑だ。
今日は日視連(日本視覚障害者団体連合)に眼球使用困難症の解決に結びつけるべく組織的に支援をお願いする文案を作った。視覚障害者認定基準の見直し検討会で竹下会長が少数派の私達を応援する立場で積極的発言をして頂いた。全国都道府県市の組織に協力のお願いする準備だ。

眼は緊張感とボンヤリが同居する、鬱陶しい一日だった。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:閉じる筋肉の緊張感を感じる。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感は残る。
眩しさ:天候のせいも大きいく非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:無い。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。症状としてなのか分からないがボンヤリと眠気が終日続く。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きなかったが、やってみよう。
首肩のこり:殆ど感じない。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口周辺の緊張感が継続。(メイジュ症候群)この症状は対面する相手の表情に影響する。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


3月26日(木)BTX28日
前立腺がんの術後検査に行って来た。PSAの数値は0.494と下がっている。2015〜2016年の手術した頃は5.5位で術後に9.1位上がり心配したが徐々に下がり今回」は0.494に下がった。先生は4年経っているのでもっと下がっていても良いのではないかと思っている。次回検査は9月になった、もう行かなくても良い様に思うが先生は気になるらしい。大腸出血が月に2回位あるのも心配らしい。
帰り海の公園近くなのでたっぷり散歩して帰った。

瞼が下がるので、パソコン操作の間違えが多い。手間取って堪らない、精神的に悪い。眼玉に圧迫感と緊張感がある。

眼の状態 0−


3月25日(水)BTX27日
暖かい日が続いていて助かる。今日も百合の球根を植え替えた。何故か知らないが他の球根と絡み合って両方とも元気が良い。これを分離するには両方とも傷をつけるしかない。慎重に解しながら分けての作業は実に一時間もかかった。私はこんな庭仕事が好きだ、飽きることなくやっている・・・不思議な人間だ。
お決まりの鷹取山、追浜商店街回遊コースを散歩した。新コロの影響で人出は少ないが鷹取山に登ってくる人は多い。人はまばらで気晴らしには丁度良いようだ。横須賀の特徴で外国人も来る、まだ桜は2分咲きで元気がない。殆ど人に会うことも無く追浜の街に下りてしまった。夕方近くで、〇〇ストアーは人出が多くなった。自宅に戻る上り坂はいつもより特に急に感じる、皆さんこの道を歩いて帰れる事が自分の体力指標と思って一生懸命歩いているお年寄りは多い。標高差25m位だろう、息切れして休み休み登る人、手摺を頼りに登る人・・・まだ自分は大丈夫だ。町内の大先輩は80歳になって初めて富士山に登り90歳になって2度目の富士登山をした男性がいる。糖尿病だが食事療法で薬は一切使わないとの事で実に立派だ、私も目標にしている。

瞼が下がる、上げてもまた下がる、繰り返しながら歩く。下り坂になるとこの症状は更に顕著になる。

眼の状態 0−


3月24日(火)BTX26日
庭にある百合がおかしな所に植えてある、自分のやった事なのだが。移植しようと掘り返したら、球根をザックリとスコップ切ってしまった。大失敗だが、球根は丈夫で来年にはまた花が咲くだろう。花壇に侵入してくるドクダミも排除するのは大仕事になる。一枚の葉が地表にでていれば、地中には次々と分岐し他方へ伸びだす。
密集するれば、うどんの一塊みたいになっている。土を砕いて根だけより分ける、えらい手間の作業だ。これと竹の根っこには本当に悩まされる。

春の陽気みたいに、ぼんやりと集中力がなく瞼は閉じる症状が続いている。眠さが眼に直結しているみたいだ。

眼の状態 0


3月23日(月)BTX25日
思う存分朝寝坊をした。ゆっくり朝食後の朝シャワーをしていたら、老人会の方が見えた。申し訳ないがもう一度来て頂いた。私がやっているカラオケの費用が予算オーバーで、追加のお願いをしていたところ幸い追加を認めて頂いていた。そのお金を届けに見えたわけだ。カラオケグループは8人と小さいが、高齢で自治会館の会場まで歩いてくるのがやっとの方達が多い。秋の追浜地区演芸大会に向けての数曲練習、おしゃべり、茶話会、自由カラオケと気楽にやっているだけだ。それに机、椅子、カラオケ設備、お茶等々の体力仕事もある。演芸大会の評価が良かったことと皆さんの熱心さに応えて頂いたわけだ。一番良いのは皆さんが楽しみ集まって頂ける事、私もや簡単にめるわけにゆかない。只、新コロで3,4月は休みで自治会活動も軒並み中止で町内は静かだ。

眼は朝寝坊でまだ目が覚めないままのような症状で、瞼が閉じるのと何となくボンヤリする妙な症状だ。

眼の状態 0



3月22日(日)BTX24日
お彼岸なので都内にあるお寺に行ってきた。この時期に見たことが無い枝垂桜が赤、ピンク、白と三色揃って綺麗に咲いていた。晴天ではあるが強風に煽られて線香が燃えだす勢いで、お寺さんが線香を缶に入れて渡してくれた。帰りにイタリアンレストランに寄った。此処はお洒落な町だから高くつかと思うが、そうではない。残念ながら横須賀と変わらず、美味しい。競争の激しい所だから高くても美味しくて良いと言ってられない事情を感じる。お洒落デオーナーの配慮も良い、それに久し振りに行ったのに私達の事を覚えていた。流石、商売感覚もある、私にはとても真似が出来ない。

眩しい晴天、強風は眼に悪い筈だが影響はそれ程感じない。

眼の状態 0


3月21日(土)BTX23日
昨日の強行軍の疲れだろうか、動く気がサッパリおきない。体に疲労感はなく痛みもない。老人は全て鈍感になって自分の体調に気づかないと、聞いたことがある。昨日3万歩を歩いている際も感じ無かった。日常こんな事もあるかもしれない。行き倒れになるかもしれない。それでも構わない。
テレビで悲惨な子供たちを助けて下さい、僅かな寄付で子供たちの一日を助けよう・・・あまり正確ではないがこんな広告を覚えている方は多いだろう。只私はついつい考えてしまう。あの広告に一体どれだけの費用が掛かっているか。ストーリーの作成、撮影、テレビ放映料は皆寄付で賄っているのか。ある新製品を出すときに大体広告料一本は一億円と聞いた事がある。この広告を年中行われることはない。でも繰り返されるのは十分な利益がでるからだろう。途中の中間費用を無くして直接現地に届けられないかと思う。1000円の寄付は現地に幾ら届くのだろう。本当は誰を助けているのか?・・・どうしても考えてしまう。

良く晴れて暑いくらいだった。寒さよりは楽に過ごせる。あまり眼に影響しない。

眼の状態 0


3月20日(金)春分の日 BTX3週
朝起きたら躊躇なく家を飛び出した。文句なしの晴天だ。追浜から都内を通り抜け昼前には常磐線快速電車で土浦に到着した。駅前にはバスの発着する広場があるけれど、どれに乗れば良いのかわからない。軽くカフェーで昼食を済ませ交番で聞くと昔の住所を調べてバスも教えてくれた。しかしバスの出発時間が遅くて土浦に戻るのも夜になりそう・・・と言うわでタクシーに乗り、加茂入り口から一時間歩いて目的地に到着した。たまたま出会った方と話すと、忽ち思い出話にが出て良く遊んだ方とも出会えることが出来た。お互いにもう80歳前後で、良くもいろいろな思い出が湧きだすかと思う。広々とした北海道的な雰囲気と共に良い思い出が出来た。その後はまたひたすら歩き続け霞ケ浦に出て水とサンドイッチで休息した。周辺は蓮池ばかりで湖岸に出られず、強風に煽られて写真も殆ど撮れずに終わった。
帰りがまた大変で、道も間違えたりで延々と休みなく5時ごろまで歩き続けた。コンビニにやっとついて相談したところ、一番近い神立駅までタクシーで行くしか今日中に横須賀に帰れないし体力も危ないことがはっきりした。無事にタクシーで帰えり自宅に戻ったのは21時頃になった。今日一日楽しく、面白い思い出も出来、30000歩、21kmを歩けて自信を持つ事が出来た。

これだけ晴天、強風、乾燥のなか歩き続ける事4時間半。普通なら眼は良いのだろうが、眩しさと瞼が閉じてしまうの耐えながらだから、昨日より悪化しなかっただけでも大成功だ。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:閉じる筋肉の緊張感を感じるが弱い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感は残る。
眩しさ:天候のせいも大きいく非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:無い。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きなかったが、やってみよう。
首肩のこり:殆ど感じない。最近運動不足も影響しているだろう。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口周辺の緊張感が継続。(メイジュ症候群)この症状は対面する相手の表情に影響する。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


3月19日(木)BTX21日
暖かく綺麗な青空だったが、徐々に雲が増えて夕方には雨模様となった。夜には多少降ったらしいが殆ど気づかないくらいだった。クリスマスローズも徐々に元気になって、いつの間にか玄関に飾ってあった、女房が気を利かしたのだろうが珍しい。暖かい天候が心に変化をおこしたのか面白い現象だ。
フト、戦争中に疎開した霞ケ浦の北岸をネット検索したみた。親から何度も教え込まれた住所、茨城県新治郡下大津村大字加茂松本2000番地は生涯忘れないだろう。現在この住所では分からないし郵便物は届かない。記憶を辿り調べてゆくと幾つか地名が出てきた。住んでいた所から霞ケ浦までの道も分かってきた、昔のバス停名はそのまま残っている。歩いたら1時間以上かかるだろう。風景を思い出し、想像しているうちに行った見たくなった。『行ってくるよ』と女房に元気よく宣言して眠った。

日中は庭のていれで、良い運動になった。眼に影響はない。また少し悪くなった。

眼の状態 0


3月18日(水)BTX20日
色々と連絡事項が沢山あって中々捗らない。タイミングが外れてしまいつつある事が積もってしまい困っている。老化能力低下に逆らいながら日々である。
室内の鉢植えの花、庭の花、植物の水やりと手入れ、ドンドン伸びだす雑草除去、
芝の整地・・・樹木には手が届かない。室内だって掃除機をかけて回る。体力でも負けて最後は休息と居眠りだ。

ここでまた糞真面目な話をしよう。憲法の二つをあげる。
憲法第25条
全て国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
A国は、すべての生活面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
憲法第15条
Aすべての公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。
@、B、Cは除く。

私たちは患者の起こす行政訴訟では第25条を基本として主張する。
行政(ここでは厚労省)は第15条を基本として判断しているに違いない。
個人で訴訟を起こして勝訴するのは余程の事情があるのだろう。
同病、同主旨の裁判は集団になって協力しあいながら闘うのが順当で基本的な方法だろう。個人で闘いは、行政にとっては扱いやすく処理できる。
私はこんな風に考えている。

眼はまたほんの少し症状が軽くなった。
眼の状態 0+


3月17日(火)BTX19日
先週かかりつけ医で心臓や居眠りの診察、検査、相談をして結果を聞きに行った。
先生はなにか困った様な雰囲気なので、何事があったのかな?と不安になった。
徐々に話を聞くと、全く問題がないとの事だ。特にヘモグロビンA1Cは65から61に改善していると言う。あまり何もないので先生が考えこんだらしい。
居眠りについていろいろと話し合っているうちに、睡眠時無呼吸症候群の懸念があることがわかってきた。寝ているときの大いびきや頻尿も多いらしい。確かに心当たりもある。睡眠時に酸素飽和度をポリノグラフィーでモニター測定出来るとの事。
やってみようと思うが自分なりにもう少し勉強してからにする。
眼鏡の度が合わないし、サングラスを紛失してこまっている。横浜まで出かけてきたが気に入らない。結局帰りは横浜ベイサイドクオーター周辺を散策しながら写真を大量に撮って帰った。

眼は朝からショボショボし始めて悪くなった。予備サングラスを使っているが全然物足りなくて困った。特に写真撮影は不自由した。

眼の状態 0


3月16日(月)BTX18日
朝食後にゆっくりニュースを聴いていたら”公園清掃ですよ!物置小屋の鍵を持ってきてください”と電話だ。只でさえ世間から遠のくのに、最近は新コロ流行りで外出も少ない。月曜日だなんて忘れていた。幸い公園の落ち葉は少ない、それでも人数が減っているので一人当たりの作業はかなりの負担になった。手当としてくれるお菓子がいつもより益しになった。幹事さんの心遣いか、行事が減って予算が余ったからか?日常あまり使わない上半身をフルにに使って熊手で落ち葉を集め、大きな塵取りを使って山に返す。これはかなりの重労働で足腰もヨタヨタする。自宅に戻ってシャワーを使ってからは大休息になった。
絶好の写真撮影日和だが、出かける気力は無くなってしまった。

眼は本日も症状が軽く済んで助かっている。尤も疲れで居眠りが多いから、喜ぶ程ではない。

眼の状態 0+


3月15日(日)BTX17日
何事が起きているのか訳が分からない。このブログのアクセス数が1,400件/日も越えていた。13日から未だ続いている。その内100件前後に収束するだろう。
あまり反響の多さを気にしていると、自分を見失いそうで普段は件数など見ないことにしているが。原因は何だろう? 今回ボトックスの効果が良さそうな記事を書いたからか? まさか個展の延期と房総半島の写真のせいではないだろう。

湿度50%以下でやや寒く乾燥気味。眼の症状による違和感は意識せずに済んだ。
疲れはかなりある。

眼の状態 0+


3月14日(土)BTX16日
全く最悪の天候で雨どころか雪まで降り出して夜まで続いていた。勿論出掛ける気なんか起きない。テレビもイベントが減りだして、予備番組で賄っている所もある。
その中で長嶋一茂さんがつい先日亡くなった野村監督についての話は面白かった。
人物の好き嫌いで言うなら嫌いだが、野球に関して何も言えない。尊敬するとしか言いようがない。選手への教育に思いがある。・・・そんな主旨だったと思う。
私は子供の頃からアンチジャイアンツで育った、不思議に東京に居ながら大阪の南海ホークスを応援していた。彼はホークスをさちよさん事件で追い出され転々としたが、生涯の通算成績は超トップクラスで君臨した。その割に人気はないし記憶に残る選手でもない。
しかし監督として選手の育成も立派でファンである。彼は育てる事、育つことに関心を持っていた。『選手の素質は一見しただけで分からない。良く一振りスウィングを見ただけ分かると言うが居るが、そんな事では私にはわからん。』と言った言葉が記憶に残っている。日常生活から研究、工夫し学び続ける事で成長する事を言っていた。全く賛同する。超一流監督である。

天候が悪いから眩しさは気にならない。パソコンを使って少々勉強したり、連絡を取ったりで眼を使い過ぎたけれど、大丈夫持ちこたえた。

眼の状態 0+


3月13日(金)BTX第2週
取り敢えず世間は静かなので未だ良いのかもしれない。隣近所や或いは自分がコロナウィルス感染症になったら、どんな騒ぎになるか。周辺がどんな騒ぎになるか、落ち着いて地域全体が対処できるか・・・いろいろ周辺の皆様の顔を思い出しながら考える。特に私は老人会のカラオケや合唱をやっていると気になる。

天候は晴れから曇りで日中の気温は17℃を越えていたが、風が強かった。庭にはクリスマスローズが咲きだしている。不思議にピンク系は元気だが白は弱い。二つの条件を入れ替えてみるが、いつもピンク系が強く白は年々弱弱しくなっている。今年は白をどう育てるか、未だ名案はない。

今回のボトックス注射は少し期待できそうな気がする。多くの先生方にお願いしてきて、『所詮どこの先生に行っても同じと』諦めがあった。
自分なりに眼瞼痙攣では眼玉の周囲に緊張感を起こしているように感じている。
眼輪筋の痙攣は当然だが、眼玉を遠近、上下左右と動かす筋肉だって痙攣なり固く動かなくなる事はあるだろう。お互いに隣接している筋肉なんだから。
今回の先生は私の症状を観察して眼輪筋に拘らず、近隣周辺の筋肉にも注射したことが良い影響を起こしているような気がする。
期待しながら観察を続けよう。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:閉じる筋肉の緊張感を感じるが弱い。
ドライアイ:十分ではないが涙が滲み出る。ただ弱くてもショボショボ、シブシブ感は残る。
眩しさ:眩しいが、少し弱くなっている。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:無い。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きなかったが、やってみよう。
首肩のこり:強くはないが、いつも感じている。最近運動不足も影響しているだろう。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
顔の症状:口周辺の緊張感が継続。(メイジュ症候群)この症状は対面する相手の表情に影響する。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


3月12日(木)BTX14日
いろいろと事務処理が多くて困る。頭が働けなくなったのに使わなければけない。時間がかかってしまう。合唱の練習が滞っているから声が出にくくなっている。歌を忘れたカナリア状態である。人とあまり会えないから口数も減る、自分の声が変わってしまった様に聞こえている。早くこの新コロが終息しないか、待ち遠しい。

目に涙が出て来た。眼の中の緊張が緩んでいるみたいだ。症状も楽になっている。

眼の状態 0+


3月11日(水)BTX13日
昨日買った合同展のはがき400枚を印刷完了し担当幹事さんに郵送した。
いくら手数料をくれるかな? 少し多めにくれたら眼球使用困難フロンティアの会に寄付しよう。なにしろ会の存続困難症だから。私たちの会への協力をお願いすると決まって聞かれることがある。会員は何人?会費はあるか?定例会議は行っているか?・・・結局この3要素は外部から見る判断基準になっていることが分かる。
これが出来ない会は長く続かないと思われてしまう。厳しい現実であって世間は甘くない。こういう活動を長く続けて来た先輩たちは皆クリアーして大きな成果を上げて来たのだ。

今日も定例コースを散歩して、標高差120m、歩数1万歩を達成した。眠さはあっても体調に問題はないらしい。単なる疲れかもしれない。

眼は相変わらず。

眼の状態 0


3月10日(火)BTX12日
前々から動悸と息切れを感じているが自宅の腕時計タイプの血圧計で測ったら
上が80、下が35と恐ろしく低いのでもう一回測ったら測定不能でerrorが出てしまった。未だ死んだわけではないが気になる。それと矢鱈に眠くなる。・・・そんなわけでかかりつけ医に行った。先ずは血圧は上106、下65と全く正常だ。因みに血圧を下げる薬は一切使っていない。心電図も過去のデーターと比較して問題く心臓肥大もなし。X線撮影も異常なし。血液検査の結果は来週になる。
結局、大したことはなさそうだ。
帰りに折り畳み傘と絵と写真の合同展の案内はがきを400枚買って帰った。
医者への帰りは海岸から一山越えて追浜の街まで歩いて、買い物をして急坂を登って自宅に戻った。さすがにキツイ登りで体力低下は感じる。

眼の症状は殆ど気にならない。かと言って良くはない。複雑だ。


3月9日(月)BTX11日
空は天候が崩れる事を知らせる雲が出ていた。巻雲類が出るときはたいてい当たってしまう。新コロのお蔭で町内が何となく静かになってしまうが、マンホールの蓋の入れ替え工事が続いてガラガラ、ガタガタと時々煩い。建築中の家は静かであまり音も聞こえない。何だか奇妙な雰囲気で人通りが少ない。老人会のカラオケは3月一杯止めてしまったが、町内自治会は4月末まで行事はないようだ。

ちょっと厚労省のホームページから、私達に関係する所を探してみた。
〇2019年度に視覚障害者認定基準見直しに関連した調査研究について
障害者政策総合研究事業、山本秀一、国立大学法人千葉大学大学院、交付決定額14,378千円(2019年度)とあった。同事業は2020年度にはないのでもう調査研究は終わっている。結果報告はもう纏まっているだろう。この予算でどの程度の調査難病研究ができたのだろうか。

〇患者等に対する障害程度区分認定 
障害者総合支援法では 疾患群として 視神経疾患 (加齢性黄斑変性症、視神経症=難治性視神経症、網膜色素変性症)のみ眼球使用困難症は外されている。

私たちの活動はまだまだこれからで前途多難である。

眼の症状はあまり良くならないものの、妙に落ち着いている。症状にあまり変化がない。もしかしたら今回の注射の最好調に達しているのかもしれない。

眼の状態 0


3月8日(日)BTX10日
テレビ朝日の開局60周年記念番組『氷雪に閉ざされた秘境 天空のヒマラヤ部族』を一生懸命に見た。取材の厳しさ苦労もとてつもないものだった。しかし、こんな環境でヤク、山羊等と共に僅かな自然の恵みを共有して生き延びる姿は感動的であった。あんな平和で充実した姿で生きて行く事が出来るのだ。多分、争いなんか殆どないだろう。それは自滅するだけである事を理屈なしに分かっているのだろう。
新年の踊り、歌の情熱も本物で私達の町内盆踊りとは全く違う。やる事は生活に自然に密着して無用な行事なんかあり得ない。歌があまりにも沖縄のメロディーと似ているのに驚いた。4200mの高地と海の沖縄に縁があるとは思えない。
ヒマラヤ、ディンキーの集落、ドルポの人々は感動的記憶として残る。
人類が自ら作り出した地球温暖化に自ら対処できず、これから争いは増えるばかりだろう。女の子に厳しく指摘、糾弾されても流されてしまう我々は一体何者だろう。

寒くて時々雨も降り、外に出ることもなく過ごしてしまった。眼はぼんやりするだけで特別な症状はない。だから良いか?とんでもない!

眼の状態 0


3月7日(土)BTX9日
久しぶりに他愛ない勉強会をした。内容は兎も角、集中して人の話を聞くのも良いものだ。一方、自分の理解力の遅さと記憶が直ぐに抜けて行くことを実感してしまった。ま、そんな事を気にしていたらストレス一杯で眼瞼痙攣が悪化する。収入を得られる仕事から離れてから16年になる。程々の生活が維持できればこんなに自由で楽しく毎日を過ごせる時期はない。後は健康と少ない友人がいれば、今やっている合唱や写真を止めても興味・関心に尽きる事はない。退職してからの時期は人生の貴重な時間だ。今年は庭仕事で後れを取りたくない、少しでも毎日続けたい。枇杷の葉が沢山落ちているので集めて堆肥作りの囲いに放り込んだ。

CDで和田アキコの歌を聴いている。結構良い歌があるのに、なんで歌から遠ざかってしまったのだろう。私が知らないだけなのか?好きな曲は夢、だってしょうがないじゃないか、コーラス・ガール、MOTHER、もう一度二人で歌いたい、・・・気持ち良く聞きながら夜の睡眠薬になっている。嫌味ではない、NHKのラジオ深夜便は副作用の無い睡眠薬と言われるように。

眼は頭がぼんやりする位に反応が鈍い。今、視力は1.5に回復して素晴らしいが老眼は進行している眼鏡が合わないかも。

眼の状態 0


3月6日(金)BTX1週
外出不足になったので鷹取山から追浜の街と最後には金沢八景の一つ夕照橋まで足をのばした。途中で懇意になったカメリア喫茶でしばし寛いだ。ここは自由な会話と時間を過ごせる良い雰囲気だ。姉と私の共同個展のポスターを見せたら、偉く気に入ってくれて”見に行くよ”と言う銀座まで随分かかるのに感激であった。お礼に安いブレンド一杯に500円払って帰った。どうもケチに過ぎるかもしれない。

今日も眼玉が固くコロコロとする。かなり気になる。

眼の状態 0ー

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感がある。涙は増えない。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:やや感じる。
眼の中の緊張感:続いている。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:やや強くなった。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が継続。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


月5日(木)BTX7日
庭の落ち葉集めと隣家かから入り込む木を切り、土を掘り返しながら雑草除去とスクワットの運動を繰り返し足腰を鍛えた。
月曜に雨で流れた公園清掃を実施した。
高齢と人手不足もあって月2回やってもやりきれない。何処かは残して来月に回すしかない。

夜のネット会議は新人の有力会員で期待と希望がましてきた。矢張り老人は中々戦力にならない。でも皆それぞれ生活事情がある。あまりにも個人負担が大き過ぎる。

眼玉が不自然に固くコロコロと感じる。ボトックスをする遥か昔に眼圧が上がって緑内障が懸念された時を思い出す。当時はボトックスの効果で眼圧が下がったけれど、今はボトックスを使っているので困る。要注意で先生通いの頻度を上げよう。

眼の状態 0


3月4日(水)BTX6日
私達の眼球使用困難症についてはまだまだ世間に知られていないことを痛感する。日視連の関東ブロック協議会としての活動方針としては取り上げて貰えなかった。
第一分科会の提出議題の『障害認定、ヘルパー』12項目に障害者手帳交付基準に眼球使用困難症を加える判断を一日も早く示すよう要望する。と掲げ提案理由では
厚労省では調査、検討がなされているようですが一日も早い見直しを要求するものです。埼視協からていた。ただ重点項目からは外れてしまった。これからも来年に向けて認知されべく努力を要する。
そのため今までにやって来た上に更に行動を拡げなければならない。
きょうも一日アイディアを関係組織にアプローチしていた。簡単に出来ることではない。
町内のカラオケ部が赤字になってこれも困ってメンバーと相談するが、結局は赤字は自分で負担し会費は増額すると言う当たり前の結論になってしまった。

今回は眼がよくなるか、と期待したが残念。むしろ変な緊張感を感じるようになった。

眼の状態 0


3月3日(火)BTX5日
ひな祭りはもう縁がなくなってしまった。BTX注射をした報告で近所の眼科医G先生の所へ行って来た。もう44回も注射すると報告もあまりする内容が無くなった。
緑内障については15年間観察しているので、年一回の眼底検査をしていれば大丈夫。視野検査は私が耐えられないので仕方がない。眼圧は右16、左13で何時もの範囲で問題ない。飛蚊症は特別異常な症状は起きていないので、眼の中がゴミだらけで煩いかもしれないが手術はしない。ドライアイの目薬ムコスタの処方を貰った。

天気が良くて横須賀本港から船で猿島を観光してきた。本港は日本海海戦の旗艦”みかさ”が陸中に永久固定されている。猿島は砲台跡で太平洋戦争に準備されたが今は無人島になって横須賀の観光名所になっている。帰りは10分程の船旅で居眠りをして船員から起こされてしまった。12,000歩以上歩いたくらいで疲れてしまった。

眼の状態 0


3月2日(月)BTX4日
早朝から雨が降って公園清掃は中止となり、一方役員会は行われた。古いエアコンはフル運転しても暖まらない、それに自治会館も簡素な建物だから止むを得ない。
高齢者問題は山積しているがこれと言った方策は出ないから、対症療法的と言うか世間の様子を伺うというような事しかできない。余りにも問題が大き過ぎるのだ。

注射4日目になった。昨日少し良くなるかと期待も外れて瞼が閉じる力が働いている。写真やパソコンに取り組んでいたのが影響したと思う。

眼の状態 0+


3月1日(日)BTX3日
老人会カラオケ部の会計を整理し始めた。小さなグーループだから金額は大した事はない。ただ困ることがある、皆が高齢者だから記憶違い、忘れ、話の筋道が逸れ易い。些細だが困る事に時間も手数も増える。
今日は会計を計算ソフトを使って集計して印刷をすると、紙に収まらなかったり縦横が方向が違ったりで半日も費やした。安く買ったパソコンは性能が良いがソフトはマイクロソフトに互換性を持たせている国産ソフトで実績はあるが、操作は随分違う。
個展をやる話が纏まって一安心したら、姉から難し注文をつけられた。自分の作品が黒色を主体にしたので私のカラー写真は非常に作品展示上、作品の雰囲気が壊れてしまう。作品が切り替わる所はモノクロ写真から始めて徐々にカラーに切替てくれと言う。冗談じゃないよ!とはいうものの、主体は姉の個展で私は居候の身だ。
諦めて出品作の見直しをすることにした。ヤレヤレ。

今朝起きたら眼の緊張感が緩んでいた。しかも、瞼に涙が滲み出すのを感じた。
昼に向けその症状はなくなり、いつものようなドライアイに戻ってしまった。終日を通して良くなった。

眼の状態 0+


2月29日(土)BTX2日
もう今月も終わりになった。老人会が発行するカレンダーを役員は担当班の個人に配って回る。こうしていると高齢化で静まり返ってゆくお宅が徐々に増えてゆく事が分かる。いろいろな組織で孤独な生活に入り込まないように運動を起こしているが難しい。どうしても人前に出たくない、或いは出たくなくなってしまった方いる。
組織で動くよりも日常生活で自然に付き合いが広げられるといいが。
今、流行りだした新マルコウィルス感染症なんかの対応は更に難しくなる。

庭を綺麗にしようと樹木の剪定、落ち葉を集め堆肥作り、家の修理・・・やる事ばかりが追い立てる。

眼にはまだ今回のボトックスの効果がでない。特に変化なし。

眼の状態 0


2月28日(金)BTX第44回初日
本来は新しい記事タイトルを起こすところですが準備が間に合わないので、暫く続けてゆきます。

今回から横浜の眼科の先生にボトックス注射をお願いしました。先生はお若いので、私の経験や知識、情報の方が多いような気がしました。
ただ先生から、注射量50単位は眼に関する治療としては多いから減らしましょう。
両目と両眉毛に近い鼻にあまり皺が寄らないので、この部分に注射はしない。
との見方でした。
私はいろいろな考え方でやってみるのは良いと思っているので前向きに同意しました。
注射量:40単位 
注射か所:各両目周辺上部に3か所と下部に3か所、
     額に水平に6ヵ所の計18か所で2.22単位/1ヵ所
注射の姿勢:床屋さんのような椅子を大きく後ろに倒し、頭が腰の高さより下がる。
注射前準備:痛み止めの絆創膏を貼るか、(脱脂綿ないしガーゼらしいもの)冷却するかでは冷却を選択しました。ただ私としては痛み止めは無くても良いと返事をしましたが。
注射針:良く聴きとれなかったが30G(ゲージ)だったと思う。一番細い針と伺ったが32及び33Gもあるので再確認する。
注射要領:極めて慎重、丁寧、各ヵ所ごとに説明しながら進めるので、非常に信頼感、安心感を持った。終了後全く違和感はなかった。

終わってからは普段行き慣れない場所なので野毛山動物園、横浜市中央図書館、横浜総鎮守伊勢山皇大神宮の近辺を散策しながら海の方を見るとみなとみらいのランドマークが予想を超えた大きさで近づいてきた。フト、気が付くと横浜市民ギャラリの前に出ていた。たまたま良い機会に出会えた、横浜市民ギャラリーコレクション展と日本風景写真協会の歳時記が同時開催になっていた。
前者は明治から戦後を経て最近のベイブリッジ建設頃の絵が見られる。船への荷物の積み下ろしに使われた広大な貨物操車場と海の風景は面白かった。残念だが私には理解が出来ない絵も数点あった。職員の方に訪ねても理解できない位だ、やむを得ない!
一方写真の歳時記は素晴らしかった。どれをとっても見事で私の及ぶ所ではない。
会員は皆フィルムを使う拘りのある会だ。
良い寄り道が出来た。更に偶然あった、自宅から100メートルにも満たない所に住むおばあちゃまが休息所で歳時記のパンフを熱心に見ておられた。彼女も新しい作風で活躍している。お互いに直ぐ近くに居たのに気づかなかった、彼女は熱心さで私はパンとジュースで安上がりな休息に夢中だったせいだ。

歩いた所は急な上り坂、下り坂で距離のわりに体力を使ってしまった。駅からはトイレットペーパーを買い損ねながら急坂を登り帰宅した。途中動悸がして脈を測ると結滞脈になっているので慎重にゆっくり、ゆっくりと歩いた。・・・いつ何が起きるか分からない。帰宅後は休息に専念した。

眼はまあ結構良い状態を維持できた。観光地として有名ではない横浜散策も良いものだ。

眼の状態 0

第43回ボトックス日記 [2019年12月25日(Wed)]
第43回ボトックス日記


DSCN6971 a.JPG
浦賀港の入り口にある灯明堂

このブログに関連したFACEBOOKもアップしています個人ブログの紹介
ISAKO HARADAさんがfacebook
http://www.facebook.com/isako.harada

立川くるみさんのfacebookを追加しました。よろしくお願いします。
https://www.facebook.com/hoodiez.kuruchan

川島さんのホームページを追加しました。
https://dyskaizen.jimdo.com/
facebookではhttps://www.facebook.com/dyskaizen2017/

ベンゾジアゾピン系薬害のゴンザレスさんのホームページ
https://ameblo.jp/gonzales2016/entry-12341800129.html

多田ゆりこさんのブログです。
薬害根絶デー。厚労省前で2名の向精神薬被害者がリレートークしました。
今年で2回目のトーク。
素晴らしい実績をおさめております
https://ameblo.jp/yuriri0924
ベンゾ被害当事者Wayen Douglasさんの講演録音


全国ベンゾジアゼピン薬害連絡協議会
https://ameblo.jp/bya-1108/entry-12387239643.html

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.pmda.go.jp/

YUKIO SAKAMOTOがfacebook
http://www.facebook.com/yukio.sakamoto.7

制度の谷間「眼球使用困難症」を救え!!
代表 立川くるみ 副代表 私
https://g-frontier.xyz

ご寄付のお願い!!(上記ホームンページの12項からも見られます)
チラシ印刷代、交通費、郵送代、サーバー代など諸々かかっております。寄付金でのご支援もよろしくお願いします。なお、ご寄付いただいた場合はお問い合わせフォームからご一報くださると幸いです。
以下口座情報
ゆうちょ銀行
普通口座
口座名 みんなで勝ち取る眼球困難フロンティアの会
記号10300
番号 89780041
店名 0三八(ゼロサンハチ)
店番 038
口座番号8978004


専門医の若倉医師のヨミドクhttps://yomidr.yomiuri.co.jp/column/wakakura-masato/

以下、の放送を是非お聞きください。
NHK視覚障害者ナビ・ラジオ
放送日 日曜日7:30〜8:00
再放送 翌日曜日7:30〜8:00
インターネットでも聞けます。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=44672
トップ→放送一覧→「眼球使用困難症」を知っていますか? 
2017−11−5放送→放送を聞く


ラジオ大阪で眼球使用困難症のことが2週に渡り放送されました。
YOU TUBEからです。障害年金の話がメインです。
第1週‬
https://www.youtube.com/watch?v=WRl-pi-SITM
‪第二週‬
https://www.youtube.com/watch?v=v5MAaOUC0DA

茨城放送ラジオで若倉先生のインタビューが聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=Z2jebnbOW0w

ブラインドサイトで立川くるみさんのの眼瞼痙攣年金裁判のドキュメンタリー動画が公開されています。是非ご覧ください。
https://blindside.or.jp/challenge/2020/379/

AbemaTV
まぶたの異常や痛み、まぶしさのため目を使うのが困難な「眼球使用困難症」の特集番組がAbemaTVにて放送されました。立川くるみさんもVTRとスタジオ生出演両方出ています。
全盲でなくても白杖を使うこと、読み上げ機能でパソコン、スマホは使えること、白杖を持たない視覚障害者もいること、制度の谷間障害は他にもたくさんある事も伝えられたと思います。

こちら記事です。
https://abematimes.com/posts/5608562

残念ですが28日間の無料視聴は終了しました。
参考 
https://abema.tv/video/episode/89-66_s99_p857?utm_campaign=episode_share_fb&utm_medium=social&utm_source=facebook

立川くるみさんの年金裁判。
日時 2020年2月19日(水)13:50
場所 東京高裁号室
敗訴が決定しました。今後の方針を検討中です。
この裁判の正当性を訴えるための署名活動を行っております。眼球困難フロンティアの会のホームページhttps://g-frontier.xyzの見開きから簡単に署名ができます。

ブラインドサイドで私の眼瞼痙攣年金裁判の15分ドキュメンタリー動画が公開されました!
https://blindside.or.jp/challenge/2020/379/


お知らせ 2019年5月29日
大部、経ってしまいましが2019年3月31日に馬場村塾で、立川くるみさんが視覚障害の資格獲得に向けた若倉医師の厚労省に向けた活動をコントにて発表しました。一部、私も参加しております。お聴きください。
https://m.youtube.com/watch?v=G8Yj8HDOMaM&feature=youtu.be


2月27日(木)BTX13週
新型マルコウィルスの感染症が拡大局面に入り、ニュースはこれで大騒ぎだ。
私も手洗い、うがいは元より外出時の手袋、除菌ウエットシートも使っている。これでも感染しても諦めるしかない・・・症状に早く気づく位かな?

寒くなり風も強くなった。それでも室内に戻れば暖かくなる。
昨日の財布紛失騒動も忘れ落ち着いた雰囲気で終日を過ごした。
明日は横浜の眼科の先生にBTX注射をする。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感がある。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:殆どない。
眼の中の緊張感:続いている。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


4月26日(水)BTX91日
楽しみしている姉弟で行う個展、実態は私の間借り個展の打ち合わせに都内に行った来た。全く問題なく話は進展して良かったけれど、大失敗をしてしまった。打ち合わせ後に喫茶店で寛ぎ、会計をするときに財布が無いことに気付いた。昼飯の食堂に問い合わせても見つからず、ギャラリーの事務所に戻り探したが無い。金額は大した事はないが、カード類が多い。使われないようにするにも、連絡先の電話が分からない。家に帰ってから届けるしかないと、有楽町から品川まで帰ったらギャラリーから発見したと電話があり大急ぎで戻り受け取った。目出度し、目出度しだがこの間は何処でなくしたか?早くカードを止めなければと気持ちが焦り頭は答えの無い問題に錯乱するばかりで何とも言えない精神状態になっていた。・・・不甲斐ない年寄りになった。

始めは楽しく、終わりは緊張と不安の連続。却って眼の悪さなど忘れてしまい
症状としては良くなったかもしれない。

眼の状態 0


4月25日(火)BTX90日
パソコン用のプリンターインクが不足したり、スピーカーからビビり音が出たり写真用の印画紙不足とあって買い物に一駅となりの金沢八景に出掛けた。隣駅でもこちらは横須賀市になる。駅名から分かるように風景は良いところだ。ただ開発された今は殺風景な町で少し離れた野島(実際にある島)とその海岸近くでないと物足りない。プリンター2機種のインクとⅬサイズの印画紙100枚を買ったら9,434円と随分な買い物になった。出掛けるときはリュックに水とカメラを入れて出るが年々これが重く感じる。80歳を越えた友人は写真に凝っているが、カメラが重くて肩が痛いと嘆く。写真まで撮れなくなる嘆かわしい年齢になった。日常に力を使う作業も増やさないといかん。ヒバの木の大剪定もやったけ。
夜は個展向けの写真を20枚程を今日買った印画紙でプリントした。明日の打ち合わせの準備だ。

ニュース番組が好きで良く聴いている。特に政治には関心が高い。最近は立川くるみさんの年金裁判を傍聴すると気が付いた事がある。当然行政訴訟だから相手は国ないし厚労省である。原告の主張、証言を虚偽とみなすために行政は不都合な事実は皆認めず、文章のごく一部を抜き取ったり行政御用達の医師に反論意見を出させる。それを裁判は認めるのだ。このやり取りは現内閣と野党側の国会質疑応答とそっくりである。森友、家計、桜を見る会の論争はそっくりだ。
分かる気がする、立法、司法、行政は対等であると言うが司法は行政が任命するからここに行政側の優位が出来てしまう。
今回の裁判を通じてこの考えを如実に知ることになった。それではどうしたら良いか。如何に大きな国民の応援支持が得られるかが大きな鍵になる。患者団体がいがみ合っている間は進展出来ず”鴨川の水流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたはかつ消え、かつ結びて久しくとどまりたるためしなし。・・・”のようなうたかたになりたくない。
足尾銅山鉱毒事件から始まり、水俣病、阿賀野川水銀中毒、・・・最近でハンセン病の隔離、等々理不尽な闘いに悪戦苦闘している歴史を思い起こす。

天候は朝の晴天から夕方には雨が降り始めるようになった。運動量が増えるに従い瞼は強く、ギューッと閉じる力が働くようになった。

眼の状態 0−



2月24日(月)BTX89日 振替休日

トピックス!!
社会福祉法人BLINDSIDEのゴトウ ヒサミツディレクターが立川裁判を切っ掛けにドキュメンタリー動画を公開しました。充実した良い報道です、上記欄外の案内を御覧ください。

昨日の日視連川崎大会は2日の予定だったので、町内老人会のカラオケは中止にしておいたら大会が中止になって突然閑ができた。なかなか出来なかったカラオケ設備のメンテナンスを3時間ぐらいやった。ある意味良いタイミングになった。
自宅の庭でも樹木の大剪定ができた。大いに助かる一日となったが、夕方近くになってからは疲れて半分居眠り状態になってしまった。
夜には昨日の大会で私を知って連絡があった。面会と入会したいとのことである。
矢張り行って良かった。

暖かく、また好きな仕事に熱中できたので眼はまあまあの状態であった。

眼の状態 0−


2月23日(日)BTX88日 天皇誕生日
第54回日本視覚障害者団体連合関東ブロック協議会川崎大会が行われた。横須賀在住の私には視覚障害者認定が無いのでこの会の参加は認められない。仕方がないので代表立川くるみさんの付き添いで参加した。懸念されているコロナウィルスの感染を懸念して2日間の大会を一日に短縮した。私達の狙いは第一分科会「生活」で埼玉県から『障害者手帳交付基準に眼球使用困難症を加える判断を一日も早く指名する要望する』と提案され議決された。大変有難いことで感謝したいと思います。
ただこの件が日視連としての新年度の活動項目に決まったわけではない。全国協議会で決まらなければ来年度に送られる。簡単に進まないが、多方面からの活動をしてゆくしかない。

大会では殆ど話を聞いているだけだったが、疲れと共に眼が閉じてしんどくなった。



2月22日(土)BTX87日
合唱のグループからコロナルウィルスの懸念でが止の知らせが入った。
庭木が暴れだしたので、強烈な剪定を続けている。皆さんは”そんなに切って大丈夫?”と心配するがそんな事はない。人間なら兎も角、椿などの常緑樹は強い。
大部日当たりも風通しも良くなってきた。花も芝もきっと綺麗に育つだろう。

夕方に向けりかなり強い風が吹き荒れた。被害が出る程ではないが、春一番の春の嵐だ。

眼の状態 0


2月21日(金)BTX86日
私達患者は個人毎の裁判でなく、皆の大きな目標として視覚障害判定基準の改正を要求する運動に展開することを提案します。

老人会の誕生日会に老人向けの交通安全教育があった。いつものように食べ、飲み、話しの3要素で楽しくすごした。無理にいろいろな行事をするよりこの位の方が皆さんは楽しんで参加する。
夕方から個展に向けた写真の抽出と編集を行った。これだけに集中すると、他の事は忘れてあっという間に時間が過ぎてしまう。これも楽しく眼を忘れるときだ。

眼の状態 0


2月20日(木)BTX12週
ブラインドサイトで立川くるみさんのの眼瞼痙攣年金裁判のドキュメンタリー動画が公開されています。是非ご覧ください。
https://blindside.or.jp/challenge/2020/379/

昨日の判決のことが頭から離れない。上告するにも時間がない、下手に上告しても棄却されればこれで終わりになる。私は日本国憲法全文の本を持っているが、素人では闘う案が見つける事ができない。考えて見ると地裁時点から行政側はもう闘い方を考えてストーリー通りやっている、上告させないようにも考えている。憲法15条Aには全ての公務員は、全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない、とある。
裁判所はこれを都合よく解釈して案件を処理しているのか?
ただ何故闘うの難しい原因は法律の不備である。視覚障害の認定基準および眼瞼痙攣の取り扱いである。ここの改正に取り組まない限り明快な解決は得られない。
個人個人の事情を判断して良い解決を狙うのは難しい。法律改正の運動とその主張する医学的根拠を明快しなけれいけない。医学界も医師であることを認識して、活躍することを願う。

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感が非常に強い。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:殆どない。
眼の中の緊張感:続いている。
瞼が閉じる:瞼が重い。動かない。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


2月19日(水)BTX84日
立川くるみさんは『視覚障害者2級以上』を目指したが高等裁判所で敗訴になった。一連の裁判経緯からは行政側の姿勢を正しいとする裁判所がわの姿勢は極めて露骨であり偏重した裁判判決は許し難い。
原告の日常生活の困難を主張しても、行政側に寄り添い原告の病気など初めて見たことも無い、当然治療もしたこともない医師の反論のみを妥当とする。個人よりも行政を維持することこそが、裁判所の務めとする姿を如実に晒した。憲法は個人を国家権力から擁護する事を保証しているが、裁判は行政即ち国家権力を擁護している。
しかし残念だがこれが実情であり、私が懸念した結果になった。最高裁にあげる時間的余裕は3か月もない。最高裁では憲法の違反性を闘う所と言われている。勝つためにはこの点を取り上げ闘わなければならない。厳しい、簡単に上告棄却される事もありうる。どうするか私達は署名活動で応援するしか手段を思いつかない。担当弁護士の方々の力量に期待しよう。

裁判後に支援者が集まり話し合い、本日は終わった。

眼は良くなる理由もない。でも昨日よりは少し良い。

眼の状態 0−


2月18日(火)BTX83日
学生時代の遅れた新年会に参加した。健康上何もない人などいない。お酒の注文学生時代の少なくて飲み放題の損得は微妙になった。良い話もあった、年賀はがきが百万分の一の確率で当選したので貴重なお年玉を頂けた。
喫茶店で駄弁り、カラオケで歌い楽しんだ。もう上手い下手なんかどうでも良くなった。気分良く帰宅に帰れた。

気分とは裏腹に眼は悪い。カラオケでは顔中クシャクシャして他人が歌っているときは、両手で顔を覆って我慢した。

眼の状態 0−


2月17日(月)BTX82日
残り少なくなった親戚が一人なくなった。つい先週も一人亡くなったばかりなのに。ささやかにひっそりと家族葬だ。皆80、90歳で安らか。でも寂しくなる。実家に寄って電球交換をやったり個展の準備を行った。
明日は学生時代の友人と旧暦新年会だ。楽しもう。

気持ちは兎も角晴天で、眼も贅沢は言えないが少々悪くなった。

眼の状態 0−


2月16日(日)BTX81日
合唱の練習日で雨が降り寒くて、教室の寒さが心配されたけれどエアコン修理が終わり暖かくなった。市は予算が足りないらしいと噂されている。肝心の歌も徐々に良くなって先生が珍しく綺麗ですよとおっしゃる。遠慮なく注意する方歌もとだから、きっと良くなったに違いりない。友人も最近歌が楽しくなりましたと言う。彼も私とどう年令だ。ユーミンの歌など始めて歌うから、リズムの取り方に馴染まないのだ。

眼は今日もやや良い。ときどき瞼の痙攣や収縮が強く出たりジンジンする程度だ。
気持ち良い眼とは程遠いいが。

眼の状態 0+


2月15日(土)BTX80日
今月の写真の勉強会はスライドで行った。パソコン操作で手際よくできるし、ソフトを使って編集したり議論もできる。A4の印刷10枚もしなくて済む。・・・と良い処ずくめと思って始めた試みだ。画面の綺麗さが全然劣るし、色具合が異なってしまう。それでも来月は私達の勉強室でスライドショーができるように、役員の方達が準備してくれた。
帰りは友人と一杯だけ飲んで、昨年から積る世間話をして帰った。

眼は全体に稍良い程度。夕方頃に一時的だが強烈に強く瞼が閉じて、痙攣した。

眼の状態 0+


2月14日(金)BTX79日
今月の写真の勉強会はスライドで行った。パソコン操作で手際よくできるし、ソフトを使って編集したり議論もできる。A4の印刷10枚もしなくて済む。・・・と良い処ずくめと思って始めた試みだ。画面の綺麗さが全然劣るし、色具合が異なってしまう。それでも来月は私達の勉強室でスライドショーができるように、役員の方達が準備してくれた。
帰りは友人と一杯だけ飲んで、昨年から積る世間話をして帰った。

眼は全体に稍良い程度。夕方頃に一時的だが強烈に強く瞼が閉じて、痙攣した。

眼の状態 0+


2月13日(木)BTX78日
早朝の雨から日中は好天に転じた。それに暖かい。意を決して大きくなり過ぎた庭の椿の大規模な剪定をした。高齢者は脚立を使った事故、特に死傷事故が多いと言われている。梯子を幹に縛り、身体には高所作業者のように固定ロープを巻き付て枝払いを行った。数年手入れを怠ったので割り箸より小さい位の枝が沢山伸び切って偉い体力仕事になった。
夜になって私達の眼球困難フロンティアの会のテレビ会議をおこなった。もともと代表の立川さんが導入して重宝している。今回は会員のAさんの司会で開催された。
流石に若いので直ぐ自分でマスターしてしまった。これから大きな戦力になって活躍してくれそうだ。もっとも眼球使用困難症だから、毎日の生活は楽なわけがない。

どうしたのか眼の具合が稍良い日が10日から続いている。日頃の運動が多くなったせいだろうか? でも快適とはとても言えない、より我慢がしやすくなった程度だ。

眼の状態 0+


2月12日(水)BTX77日
自分の現在の症状をBTXを始めた頃を思い出すと、大きな違いを感じる。
始めの頃は一日の症状の変動が非常に多きかった。
例えば
〇起床時『今日はなんか良さそうだ』と感じても時間が経つに連れドンドン悪化する事がある。
〇都内の混雑する駅構内に歩くと一気に悪化する。
〇混雑する階段を歩くと一気に悪化する。
〇晴天で暑い中にきつい上り坂に入ると一気に悪化する。
〇室内でも夜道でも明りがあればサングラスが不可欠。
〇太陽光に向かうと一気に瞼が閉じて、眩しさが苦しくて暗い所に逃げるしかない。
〇森の木陰を歩くとき、木漏れ日は暗さと明るさが不規則に眼に入り一気に瞼が閉じて歩けなくなる。
〇大雑把に朝良くて、夕方に向け悪化する。
〇一日内の変動だけでなく、日替わりで症状の変動が激しかった。
現在はけれどどの様なケースでも変化が緩やかになっている。毎回ボトックスの総括記事を書いているがこの様な観察を書いていなかった。
ただ、数字で表現するのが難しすぎる。

今日も定例の散歩コースを歩き1万歩を達成した。眼は久しぶり好転した。

眼の状態 0+


2月11日(火)建国記念の日 BTX76日
親戚の葬儀があって都内まで行って来た。昔と違って随分簡素になった。参列する親戚も少ない。年代からこれも無理はない。時代の流れで仕方がない。町内でも殆どが家族葬で町内会でさえ把握できないケースも珍しくなくなった。町内会も老人会も頑張っているが、コミュニケーションの不足と寂しさが募る。ただ、最近は小学生が増えて賑やかな声が聞こえるようになって嬉しい。

都内に行き6時間以上外出していると、疲れが出てしまう。特別何をやった訳でもないが。私には外出しているのが良い。気分転換になり周囲から何某かの情報が絶え間なく入ってくる、まるで川の流れを見ているように気持ちが新鮮になる。

眼の状態 0+


2月10日(月)BTX75日
町内のカラオケ練習日。最近は皆さんに気に入って貰ったらしく、積極的に参加するようになった。演芸大会で好評だったことが気を良くしたらしい。練習曲も積極的に歌うし、自宅で練習までするようになった。褒めて貰うのは絶大な効果をもたらした。カラオケのときはお互い譲り合ってばかりだったのが、簡単に歌いだしてくれる。人は褒めるのが一番で良薬になる。

こんな様子が眼にも影響したのか? シブシブ、ショボショボ感が弱くなった。

眼の状態 0+


2月9日(日)BTX74日
今年初めての視覚障害者ヨガ教室。この一年で随分身体が固くなり融通が効かなくなった。効果は認めるが経年変化には追い付かないのが現状だ。遅らせることは出来ても若返りは出来ない。

帰りに若手の男と酒屋に寄って一杯やってしまった。全く久しぶりで良い気分になったものの、眼には何の効果もない。

眼の状態 0


2月8日(土)BTX73日
合唱の練習日になった。会場取りの抽選に漏れて何時ものように日曜が出来なかった。ここは逗子小学校の音楽室をかりている。やすく借りられるので人気があるから仕方がない。肝心の歌はやっと慣れてきたので楽しめるようになってきた。

運動量をセーブして片道は電車を二駅あるくのを減らした。眼には影響なく悪いまま過ぎて行く。

眼の状態 0


2月7日(金)BTX72日
昨日の医者の先生の話はガッカリさせられた。兎に角安静に過そうと思ったら室内を掃除機で丹念に掃除機をかけてまわり、2階へ登ったり下ったりすると結構な運動になった。庭の雑草を刈っているとしゃがんだり、立ち上がったり、アチコチとふらつきながら歩きまわると、これまた良い運動になった。幸い出血もなかった。

雑念だらけの一日で眼にも良くない。

眼の状態 0−



2月6日(木)BTX10週
昨日何か消化器系統に違和感があった。落ち着かない気分で過ごしていたら、直腸から突然の出血があって慌てた。幸い少量出血なので良かった。今日、専門の先生に行って”まだ前立腺がんの手術による後遺症が未だ治らないのです。”と言ったら先生はあっさりと”ああ、それは治らないんでです。生涯続くんです”とおっしゃる。放射線治療は被爆を続けているので仕方がないとの事であった。手術前は放射線はもともと弱いし、半減期が一年なので1年で半分、2年で1/4、3年で1/84年で1/16なるから影響がなくなるので大丈夫との話だった。酷いと思う、バナナの叩き売りじゃない。外国から医療技術で習得した手術で医師は経験不足だから私達を使って勉強中なのだろうか? 多くの方に役に立つなら年寄りの私は喜ばなければいけないのだろう。

眼は昨日同様。悪いまま。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感が非常に強い。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:続いている。
瞼が閉じる:瞼が重い。動かない。
眼の痛み:ときどきある。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


2月5日(水)BTX70日
寒いが晴れていたので積極的に活動した。家の室内に掃除機をかけ、庭の雑草取りとシクラメンやすみれの水やりと手入れを行い一万歩コースを歩いて鷹取山に登り、追浜商店街に駆け下りて千円床屋で新年初めてのカットをした。十分な運動量と積極的活動をした。

眼は歩行に差し支える程度に悪い。特に下り坂に弱い・・・多分足元に神経を使うせいだろう。眼瞼痙攣歴20年の豊かな経験を活かして歩いている。始めての方は歩けないと思う。車の音、自転車、車道を渡るときのフラフラは要注意。

眼の状態 0−


2月4日(火)BTX69日
前回の第42回ボトックスの総括をアップするのが遅れています。WINDOWS10になってから、表計算ソフトがマイクロソフトからキングソフトに変わったら操作が分からずにトライ アンド エラーでやっていると記憶の悪さが如実に分かってきた。
折角理解しても、すぐに忘れるので或いは間違えるのでいっこうに進まない。こんな分けで表示されるグラフが随分変わってしまいます。遅れるばかりでは済まないので近日中にアップします。

今日は定例の散歩コースを一万歩歩いた。庭の芝の手入れや土作りもやった。かなありの運動量になったが体調は良くなった。私の場合は運動不足は消化不良に繋がることがハッキリしてきた。高齢になるにつけ顕著になる。家に蹲っていると碌なことにならない。歩く事、ちょこまか動く事、喋る事が健康に良い。

ただ眼瞼痙攣は健康に大きく左右されない。眩しさ、疲労、精神上のストレスを溜めない事が良いと感じている。今日は本当に瞼が閉じて安全に歩く事が難しくストレスを強く感じて症状は一段と悪くなった。

眼の状態 0−



2月3日(月)BTX68日
老人会が主導する公園清掃の日だ。天候不良で12月は清掃をしなかった。案外に落ち葉は少なく、雑草は未だ出てこない。天候にも恵まれて良い運動になった。
直後に今度は老人会の役員会があって、計画を確認すると後は世間話だ。町内、市内の情報も色々と得られる。いつも良い雰囲気で楽しいものだ。ついでにカラオケ部の予算不足と追加をお願いしたら、あっさり了解を得た。良かった、良かった。

眼はちっとも良くなならない。

眼の状態 0


2月2日(日)BTX67日
合唱の練習日だ。前回の練習後に新年会があって愉快な時間が取れた上に皆さんに覚えて頂けたようだ。私達のテーブルがたまたま4人に纏まっていたので話がしやすかった、楽しそうにかつ大声で喋っていたせいだ。でも幸い周囲に不快な気を起こさず、羨ましがられましたよ、聞かされた。最高齢の新人であるが、周囲は殆どベテラン女性で男性は3人しかいない。何となく声もかけにくかったが、すっかり雰囲気が変わってしまった。

眼の方はさっぱり良くならない。このまま今回の注射の効果はおわりそうだ。

眼の状態 0


2月1日(土)BTX66日
自宅で歌の練習を行った。しっかりした先生で生徒さん達もベテランだかサボっていると追いつかなくなる。教えられた分以外にYOUTUBEを利用する。多くの合唱団の歌を聞いていると非常に参考になる。得てしてそのまま聞いてばかりになることもある。

地球温暖化のニュースは大きく取り上げらるよになった。一方津波の避難の話を思い出す。東北地震の際に津波を知らせるニュースを聞いた子供がお祖母ちゃんに『避難しようと』と何度も誘ったが『大丈夫よ、こんな所まで来ないよと笑っていた』
しかし本当に津波が来るのを見て、大慌てで逃げて助かった。・・・そんな放送を聞いた。
地球の温暖化もこれに例えられることはないだろうか。16歳のグレタ・トウ−ンベリさんが危機を世界に向け発言した。ニュースには大きく取り上げられたが、実際に世界の対応遅いし日本は極めて鈍感と言うか来るべき脅威を感じていない。上述の津波は逃げられた方達もあったが、地球規模の温暖化はスケールが違う。科学技術の膨大なデーターと蓄積による大規模の計算による予測を馬鹿にしていたら取り返しは付かない。世界のリーダーは大きな責任を持たなければならない。戦争などやっていられる世の中ではない。

眼はショボショボ、閉じる、痛む、眩しい。

眼の状態 0


1月31日(金)BTX65日
もう皆さんご存知と思うが立川くるみさんの視覚障害者2級以上の認定を求める裁判は2月19日に東京高裁で判決が出る。朗報を期待するのは当然だが地裁も含めて裁判の経緯を聴いていると非常に難しいと思っている。
視覚障害認定基準は眼球の視力と視野のみで判定されている。私達眼球使用困難症は眩しさや瞼が閉じてしまってみる事ができない。眼球そのものだけなら正常範囲にあるから、法律的に私達は対応しようがない。私も横須賀市の市民相談窓口に行き話し合ったが、『市の行政としては法律にない事に対応はできない』と言われた。『法律を作って貰うしかない』との事であった。

日本は立法、司法、行政の3権分立と言うが実質は行政がトップに立って動かしている。解り易いのは最高裁長官を任命するのは行政のトップである内閣総理大臣である。裁判は行政の下に法律に則り判断をするのが原則であると思っています。
私達の社会は悲惨と思える理不尽な問題は沢山ある。また難病認定されない難病もある。私達の眼球使用困難症以外にも取り残された病気や市民のもつ難問は沢山ある。

行政側は 私達、個々の生存権が危うい問題があることは認識しても全てに法律に当てはめられない事案に対し例外的に認め始め出したら行政の運用そのものが危うくなると思うだろう。また予算も膨大に膨らむだろうの危機感を持つに違いない。
過去に水俣病やハンセン氏病など大きな問題を思い起こさざるを得ない。皆、誰もが不条理であると思うに違いない。行政は現行法律に則り判断をするのが大原則であり、該当しない事案は切り捨てて行くのが現状と思っています。

裁判を傍聴すると行政側は原告側の主張する証言を屁理屈としか思えなない主張で反論する。また難病ゆえに医師達も適切で確実な表現で証言として使えるには弱いカルテなんか逆利用されてしまっている。裁判での議論は私達の日常の議論とは格段の差がある。プロの厳しい闘いなのだ。高裁で原告弁護士は戦略を変え、患者当事者の障害を自分の驚異的な努力で盲人スキルを身に着けた日常生活を『見えているのに嘘をついている』としていることを不当として主張したと聞いている。
しかしこれは弁護士の窮余の策としか思えない。丁度、刑事犯に情状酌量を求めているように例えてみていた。本来は『患者が嘘をついていない事を厳密に証拠を持って主張する』ことが必要だった思う。これは無理からぬ事だろう、患者は得体の知れない病気で医者に行くとき、裁判で証言にしようと思っていない。医師と症状や生活状況を対話を通じて理解してゆくのだ。カルテに医師の証言があっても法律家のプロとの厳密な闘い勝のは容易ではない。

今回の高裁で立川さんが勝てば万々歳だが、非常に厳しいと思っている。
今後、視覚障害認定基準の法律を充実した隙間のないものに変えるのが患者活動の本筋だと思う。日本全体には眼球使用困難症の患者に相当する問題を抱えている極めて多くの方達がいる。この中で私達は如何多くの国民に理解を得、協力を得て活動しなければ目的は叶わないだろう。数人の個人活動でバラバラやっても先は見えない、行政に手玉に取られて先延ばしされるだけになる。患者団体が各々の考えで主張し行動するのは良い。ただ数の力、国民の多くから支持協力得ることが大切である。

眼は残念! 今日も変わらず。

眼の状態 0


1月30日(木)BTX9週
女房と市の中央に出掛けた。色々と用事もあっての事であるが最近は珍しい。ホームセンターに行った。家の中が雑然としているので、何とかせにゃならぬと棚を探して歩きまわったが簡単に据え付けられるものはなく、カタログを持って帰り再検討となった。
合唱の練習もしなければと参考にYOUTUBEで聴くのは良いが、沢山の人達が歌っていて面白い上に関係ない歌まで次々に聞き始めてあっという間に2時間も過ごしてしまう事がある。私はその位歌が好きなのだろう。楽譜から音を出せないので上達は極めて遅い。

眼は相変わらずしんどいまま続いている。眼の上をタオルで鉢巻のように回して縛っておくと何となく不快感が紛れるような気がする。

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感が強い。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:続いている。
フラフラ:。定常的になってしまって1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感が強い。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:続いている。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。いるが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


1月29日(水)BTX63日
夜に横須賀芸術劇場で講演があるとの知らせがあって出かけた。文部科学省のもと事務次官の前川喜平さんのお話と横須賀市民連合の皆さんの選挙準備活動であった。
ただ前川さんは不透明な政治とそれに対して鈍感な国民に危機感を感じていることを訴えていたのは、最もだ。日本 アズ ナンバーワン等と褒められて浮かれて健康な政治批判が希薄になってしまった。自分で選挙投票したのに、政治家が悪い等と自分は何処に行ったのかと思う。選んでいるのは私達であり、選挙で選ばれて動いている先生方は私達自信の姿を鏡に映している。外国の国会のテレビ放送を見るてその国の姿を描いているだろう。日本の国会の無様な討論を見る世界の人達は
『ああ、日本人はこんな考えの国民なんだ』と認識するだろう。チ子ちゃんから
『ボーツとしてるんじゃない!!』と怒られないようにしたい。

眼は連日と変わらず。

眼の状態 0


1月28日(火)BTX62日
雨が降ってしまい、いつものル−トを変更して追浜駅まで歩いた。逗子に行くときは電車の駅をショートカットして六浦駅に行くが徒歩35分かかる。今日は無理して頑張ることはない、と思ったからだ。歌の練習はいつもの通り気楽に楽しむ会だからゆとりを持って歌っていられる。先生は”皆さん良いお声ですよ、そんな声を持っていらっしゃるのだか、長く大事歌い続けてください。”と励ましてくれる。先生も歌と会話の時間が楽しいのだろう。おしゃべりも歓迎なのかな?・・・と思ったりする。

眼は瞼が重く鬱陶しい。夕食後など何もしないで腕を組んで眼を瞑っていると何時もの間にか居眠りしている。何かをヤル気がおきずそのまま11時ごろには本格的に寝てしまう。


1月27日(月)BTX61日
雨交じりでかなり寒い一日となった。老人会のカラオケには皆さんそれでも集まってきた。新曲も気に入って貰ったようで嬉しそうに歌っている。昨年の演芸大会と忘年会で暖かいお褒めの言葉を頂いたのが功を奏したらしい。いつになっても褒めて貰うのは心の良薬になる。今年は4曲に増やして、私がソロでMY WAYを歌のも良いなどと調子が上がってきた。私も心の中では『ジャ、やって見るか』そんな気になった。まア度胸がないので無理だろう。

眼は今日も何となく、やや良い。勿論理由は分からないが。

眼の状態 0


1月26日(日)BTX60日
合唱の先生から、今日は寒いので暖かくして来てくださいと、お知らせが届いていた。市の音楽室は小学校の教室を借りていて、勝手の室温を替えられないし今後も変えないそうだ。市の予算がないからだとも言われているが。本格的にしっかりした先生に合唱を習うのは初めてだから、厳格に楽譜に沿って教えられるが私にとって中々ハードルが高い。
練習後は新年会でリーズナブルな中華料理で大変良かった。美味しかったし量も多くて二人分も持ち帰ってしまった。皆さんは雰囲気が良くてすっかり気分を良くしてしゃべり過ぎたようだ。大体我々高齢者は宴会になると大声になりやすい。

気分良くして眼が良くなったのか? 分からないが。少しだけ良くなった。

眼の状態 0


1月24日(金)BTX59日
女房と私の生命保険の状況を聴きに行った。近年の金融情勢の複雑さ、見通しのつかない事で株や投資信託など手がつけられない。僅かだが私より長生きする女房へ献金だ。グレタ トウンベリさんのお蔭と小泉進次郎の拙い発言で地球温暖化もニュースヴァリューが上がってきた。そもそも安倍晋三の第一次内閣で環境省は小池百合子大臣だった頃に地球温暖化は問題になっていたが、いつの間にか京都議定書は有耶無耶になってしまった。当時でさえ世界の気象学者はもう対策は間に合わないと、危機感を募らせていた。政治家はうまく出来ない事はいつの間にか国民から忘れさせ、新しい政策にすり替えて自分の寿命を延ばそうとする。国民はボヤっとしていてはいけない、私或いは皆さんが選んでいるのだ。選んだ国民にも責任がある事を忘れないで欲しい。国民は自分で声をださないと。政治家と評論家まかせで政治は良くならない。・・・何だか説教地味てきて、これも厭らしい。

午前の雨は早く上がり午後からは日が出る位で気温も一挙に上がった。身体はらくになるが眼は良くならない。

眼の状態 0


1月23日(木)BTX8週
寒くなった。雨も静かに降り続け珍しい光景になった。老人会カラオケで練習する4曲(喫茶店のかたすみで、MY WAY、涙そうそう、芭蕉布)の楽譜をプリントした。
いつもように何でもない枚数を間違えたりA3とA4を間違えながらお店でやってきた。喫茶店の片隅では1951年の歌だが実にしっとりとした雰囲気が良い。
MY WAYはYOUTUBEで島津亜矢は演歌だけれどこの方面の歌も良い、先日布施明と一緒に歌っていたでは彼女自身が感情移入してしまった。本音はこの2曲を追浜の秋の演芸大会に出そうと思っている。もう一つ私達のテーマ曲にして3年続けて”この街で”を歌っている。皆さんと相談と練習しながら決めて行こうと思っている。

雨で外出を止めたので散歩の代わりに2回へ30回連続で昇降した。とても量不足だが何もやらないより良い、また結構きついので確実にトレーニングにはなる。
湿度も上がり、薄暗い天候は私にほんの少し味方した。ちっとも楽になったきがしないが。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感が強い。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:続いている。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


1月22日(水)BTX56日
今日の散歩の帰りでは追浜町内の喫茶店に寄った。何しろ毎月の写真勉強会に出した作品を5枚も壁に飾ってくれている。お礼参りは当然だが、今月分も新しく入れ替えて頂こうとの下心もある。奥の部屋で積み重ねてある本や流しているクラシック音楽を聴きながら、マスターと色々な話をできるのが良い。面白いことに写真勉強会の皆さんが関心を持った作品でなく、問題にされなかった作品に興味を持ったことだ。人の見る目は各々違う、それが当然だろう。写真に熱意が高くなると、いつの間にかそのグループの見方が出来てしまう。グループの特徴となってしまう。

体力に回復に向けて良く歩いたし、体操もした。少し杜撰になっていた間食、甘い物、お米も自粛した。またどの位続けられるか努力を要する。
眼の眩しさや閉じる症状は強く外出時はかなり注意をようする。サングラスをいつの間にか無くしてしまった、もう色あせてきたので丁度良い機会になった。

眼の状態 0−


1月21日(火)BTX55日
庭の手入れが行き届かなくて殺風景になってしまった。近くの花屋さんでガーデンシクラメンを6鉢買ってきて各々配置して自分なりに喜んでいる。ヤッパリ花は良い。練習曲は春よこいでユーミンの歌だが、楽譜をみると私達のように唱歌か演歌程度の人間にとって飛んでもない難しい曲だと分かる。なかなか歌えないのも仕方がない。
最近出不精による運動不足から体の動きが悪い。年末年始に体調が悪く体操や散歩が減ったせいだろう。一挙に戻せないが少しずつ直して行こう。

散歩に出ると眩しさが激しい、鷹取山の不規則な岩の多い山道では気遣いで瞼が閉じる。まるで危険を知らせいるような気がする。

眼の状態 0−


1月20日(月)BTX54日
サボった自分のブログで大きく時間を割いてしまった。散歩に出掛けると近所の鷹取山で写真撮影に時間を使いすぎて、追浜の街に行けなくなり途中でギブアップとなった。今の時期は枯葉が落ちた木の梢が繊細で美しい。写真でこれを納得させるのが難しい。血管が細い部分まで見られるように、梢の先まで生きているような雰囲気が欲しい。
昨日習った歌は聞きなれないので歌いにくかった。楽譜からパソコンにいれてみたが、馴染みにくい曲だ。ちょっと困っている。
気に入った写真をもっと効果的にしようと悪戦苦闘している。私はパソコン技術のコピー・ペーストやカット・ペーストはしない主義だ。あくまでフィルム写真の現像テクニックだけにしている。いろいろな考えはあるし良し悪しはあることは分かっているつもりだ。理由は作曲に例えるならば他人の作品を取り入れて自分の作曲にするような気がしてしまう。でも自分の作品ばかりでやるなら、反って新しい作品を自由に創作できる。良い点はかなりある、拘らなければ写真の世界も大きくそう作品として発展するだろう。墨絵、油絵、パステル、版画・・・境が無くなってきているような気がしている。ただ一方科学技術に頼るしかないのも侘しく思う。

残念だが眼は悪いままだ。太陽光が特に眩しく下向きで歩くしかない。

眼の状態 0−


1月19日(日)BTX53日
今日は人数の多い合唱のクラブに参加した。先生も熱心で合理的な指導をするので好感を持っている。楽譜が読めない私は、譜面に沢山書き込みをしているが先生に見られたしまった。『ちゃんと予習しているですね』と言われたが、あまり恥ずかしい思いはない。私の力じゃ仕方がない、と居直り気分でいる。でも練習について行くのは大変だ、上のレベルに合わせているからだ。図々しくやれるような年齢だから継続できる。

眼は昨日同様。悪い。

眼の症状 0ー


1月18日(土)BTX52日
インクルーシブ防災の案内があって都内まで聞きに行った。昨年の水害のときに活躍なさった方の経験を聞かせて頂いた。避難がいかに出来たか或いは出来なかったか正直で貴重な話だった。この方達の平時の工夫と対策に驚くのは大変な個人的活動と熱意だった。それは敬服に値するが、私達が実現するのに生じる問題の大きさに気が遠くなるような気がした。ただ、結局は地域ごとのコミュニケーションが日常でどの位活発に行われることが基本の基であることが明白だった。この問題は個人のプライバシーを如何に守りながらできるかが要点と思う。
私が生まれた頃は戦争で空襲に見舞われていて『向こう三軒両隣』と言って強制的なコミュニケーションの現場であった。焼夷弾が落ちるとバケツリレーや手押しポンプで消化していた訓練のお蔭で必死の共同作業はかなりの成果をあげていた。
しかし大量の爆撃には一たまりなく東京大火災となった。コミュニケーションプラス緻密な災害対策準備が必要なのは言うまでもない。
会場では顔見知りの視覚障害者の方とも出会え一緒に帰ることができた。

眼はショボショボ、シブシブが追加されて更に悪化した。ただ眼の開き具合はそれほど変わらない。

眼の症状 0


1月17日(金)BTX51日
写真同好会の定例会。今年の計画、予算、イベント等の打ち合わせが行われた。役員の方々ご苦労様です、本当に助かります・・・心の中でも感謝!感謝!
10点作品を発表したら、奇跡的に3点に関心を持って貰えた。このグループは全国大会で金銀クラスの賞をもらっている、凄い人達がいる。彼等のコメントは貴重である。そのうちFACEBOOKに載せるつもりだ。
会員の方にPHOTOSHOPの使い方を教えてもらっていたが、最近やっと一部を使えるようになり一段と写真に向かう気持ちが強くなった。

眼は変わらず。精神的にも苦しくなるが、ベンゾ被害を思い起こすと我慢する気になれる。ベンゾに負けるもんか!・・・やせ我慢ではない。それだけの気持ちの強さは維持している。

眼の症状 0ー


1月16日(木)BTX7週
姉が個展をやると言う。少しスペースを開けて私の写真も置いてくれる事になった。打ち合わせに実家に行き、招待状の案を相談した。出品する銅版画の写真を数枚撮って使うためで、その中に親指の爪程の大きさの写真も2枚つけてくれるそうだ。自分一人ではとても出来ないので、有難く載せて貰うことにする。
また風邪気味になったようだ、クシャミが連続する。体調管理に気をつけないと大事になるかもしれない。厭でもそんな年齢だから仕方がない。帰りは澁谷で乗換て東横線に乗るが、いつもルートの複雑さと時間のかかる事で悩まされる。それでも最近は良くなったのだが。障害者にとっては危険地帯である。駅員は間違いなく視覚障害者を誘導できるのだろうか?なるべく澁谷に近寄らないことだ。

眼の症状はそんなに激しくはないので助かる。けれどこの鬱陶しい眼が続くとこっちの心が重たくなる。精神障害を招くは良く理解できる、ベンゾジアゼピン系だけではなく薬は絶対に使わない、医師に勧められても断ってきた。被害者の様子が分かるにつけ絶対に使わない決心は固い。

眼の症状 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:弱い。ショボショボ、シブシブ感が続く。
眩しさ:非常に眩しい。サングラス色紛失した。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:緊張感が緩い。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


1月15日(水)BTX49日
今週末には定例の写真同好会で10枚発表することになっている。最近は外出が減っているので、撮り溜めた写真が少ないので苦労する。私の撮影信条は”犬も歩けば棒に当たる”主義だから自宅に籠っていてはどうしようもない。
ま、それでも撮り溜めた作品を順々に確認して過ごした。これだけでも、結構眼を使うので疲れてしまった。選定、トリミング、編集作業をすると更に眼の負担が大きくなる。

眼は疲れたが、そんなに悪くもならずに済んでいる。

眼の状態 0


1月14日(火)BTX48日
今年初めての気楽な合唱の練習日。先生が少し考えたのか、皆がよく知っている歌を5曲ぐらい歌って解説をするようになった。ドイツに留学して歌はドイツとイタリアの歌が多いとのことだ。折角だからマスカーニの”アベマリア”をお願いしようと思っている。一回聞いたらすっかり気に入ったので・・・・。
風邪気味の声を出しているので、私の練習としては物足りなかった。
新しい練習曲は 御身を愛すIch Liebe Dich でかの有名なベートーヴェン作曲の歌とのことであった。大体9番の合唱しか知らなかったが、なかなか良い歌だ。YOUTUBEでプロの歌を聴くと素晴らしい。でも楽しみが出来た。

眼は今日も変わらず。

眼の状態 0


1月13日(月)、成人の日、BTX47日
ビックリした。こんなにブログを書いていなかったのか!!毎日記録は残しているので問題はないが、眼の症状に関しては心許なくなる。
さて働いていた頃の同僚と新年会で出会った。たかが7名だが、皆元気で姿勢も非常に良く普段の行いが良いことを表していた。そうは言いながら病気の話は何処へ行っても共通の話題である。一方皆が『今日は一日何をしたらいいだろう?』等と言う雰囲気は全く無かった。毎日各々が積極的に過ごしている証である。
昼食新年会はもう飲み放題なんか止めてしまった。二次会の喫茶店は賑やかな街から外れ、神奈川県の相談支援センターの喫茶店にいったらお休みだった。そうか、分かる気がした。

眼は通常の悪さだが、もう1ランク良くならないかと思う。瞼が重く鬱陶しい日々が続くと気も晴れない。天候も雲が多く鬱陶しい。

眼の状態 0


1月12日(日)BTX46日
働いていた頃の同僚達と新年会で横浜にいた。案外皆元気に出てくる。皆なにかしら病気を抱えているが、姿勢も良く口も達者ではないが楽しく話し合える事は貴重だ。賑やかな横浜市街はすぐに入れる喫茶がない、県の支援センターの喫茶店は空いていると思ったら休日休業だ。仕方がないからベンチに腰掛け自動販売機でお茶を買って済ませた。それでも延々3時間楽しく愉快に過ごせた良い時間であった。
帰りの電車で駅を間違え2度も下車した、居眠りするのでハッと気づくと降りてしまうせいだ。でも事故もなく帰宅できた。めでたしめでたし。

眼は何とか過ごせる状態をキープしている。

眼の状態 0


1月11日(土)BTX45日
今日も老人会カラオケとして会則を作ったり、会計、運営、名簿、担当などを纏めてみた。人数が増えてきたので周囲から信用されるにしなければならない。私には負担になるが町内のことゆえに気を付ける必要あり。こんな仕事でも終日時間がかかってしまう。
デスクワークは疲れる。それに間違いや思い違いでやり直しがしょっちゅうだ。作業時間が2,3倍かかっているような気がする。

眼は僅かだが回復傾向にあるようだ。デスクワークをしていたが悪化しなかった。

眼の状態 0


1月10日(金)BTX44日
目と心の相談室を訪問してきた。薬剤禍でズタズタになった友人を連れて行くはずが、体調不良で体が持たないと言ってきたので、仕方が無い私が一人で行って来た。
友人は私と同年齢だから今更減薬で苦しい日々を過ごすよりは、あまり減薬に傾倒しない方が良いだろうと言う考えが一致した。お断りしておくが、医師の考えは高齢になっても減薬を勧めている。一方友人の奥さんも今更減薬に拘らずに、毎日をより楽に過ごした方が良いと言っている。

昨日から眼の症状が一段階回復傾向に入ったように感じる。

眼の状態 0


1月9日(木)BTX6週
やっとノートパソコンの廃棄物処理にゆうパックが回収にきた。しかも全て無償ですんでしまった。自宅で老人会向けの選曲をして友人に作って貰ったカラオケ曲伴走を聴いた。私は楽譜を見て音がだせないので、練習用CDを長年作って貰っている。
演芸大会で歌うカラオケ伴奏もお願いしていると、だんだん熱心になって凝った編曲をしくれるようになった。これに追加してネットからプロの歌も録音して皆さんの参考にしている。ついつい夢中になって長時間余計な歌まで聞いてしまう。
半分自分も歌いながら聞いていると、あっという間に2,3時間が過ぎてしまう。

歌でも音楽でも夢中になって聞いていると、眼の状態は良くなる。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:弱い。ショボショボ、シブシブ感が続く。
眩しさ:非常に眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:緊張感が緩んできた。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭はまだ集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


1月8日(水)BTX42日
天気予報通りお昼前後に強い雨風がやってきた。心配する程もなく13時頃は青空と積雲が見えてきた。
老人会の役員新年会と月例役員を行った。来年役員は現会長が続投をする旨の発言があって、皆大喜び。満場一致で決まった。

天候不良が続いて他の用事での外出は控えた。
不要になったパソコンはメーカーに相談したら、2台共無償で処理してくれる事になった。一時は一つのメーカーが6000円かかると言うので困っていた。要するに何時購入したかと型番で確認ができた。本当に助かる。

眼の状態  0−


1月7日(火)BTX41日
同じ市内に住みながらそして長い付き合いなのに、何故かご無沙汰してしまう友人がいる。思いついて電話すると、『実は俺も電話しようと思っていた』そんなタイミングで市の中央の酒屋であった。お互いに健康には要注意だから、気遣いながら話し合った。延々3時間気楽で楽しい時間を過ごした。私はアルコールと糖質制限をしているのでお腹が空くからこんな時は調子に乗って食べ過ぎてしまう。友人が朝昼抜きかよ?と聞いた位だ。

こんな愉快な時期でも顔がクシャクシャする位のメイジュ症候群になっている。
気分転嫁にはなるがそれだけでは足りないからしょっちゅう両手で顔をゴシゴシ洗うような仕草をして紛らわしている。これは気休めでしかなあいが、やらずにはいられない。

眼の状態  0−


1月6日(月)BTX40日
昨日の海辺でのRUN & WALKは海岸の景色が良かったのでまたもや写真を撮りに出掛けた。逆光で面白い写真が撮れると期待したが残念。思うような景色に会えず敗退した。勿論、観光写真ならいくらでもあるが自分なりの世界を創ろうと思うと全く違う。

眼はもう連日の鬱陶しい症状の継続で、本当に何もしたくなって困る。こんなときは頭を使う作業でなく、庭作業、一人カラオケ、一万歩が良いと思いながらグズグズと過ごしてしまう。これはピンチだ。

眼の状態 0−


1月5日(日)BTX39日
自宅から割と近い海の公園で視覚障害者向けのRUN AND WALKのイベントに初参加した。海辺の森の中と浜辺の舗装道路を使い一周2kmのコースだ。スポーツの得意な眼科の女医沢崎先生で視覚障害者向けの活動を積極的に行っている方だ、この度はオリンピックの聖火ランナーに参加が決まったとの事。松明は自費購入で6万円するそうだ。矢張り何処かでしっかり稼いでいるらしいが、本来は無償貸与で終了後に希望者に売ればよいのではないか。
朝9時半からなので寒かった、また日差しが低くて猛烈に眩しかった。それでも伴走者もいらずスタコラ歩くことが出来た。マナーは簡単なのですぐに理解できたが、伴走する経験と伴走される経験もしておこうと思う。

終わってからベンゾ被害の友人と会って、彼の経緯を詳しく聞いた。そもそも私と同じ会社で働いていた同期なのに気づかなかった。仕事柄、気を使う所にいたが退職する頃は多くの従業員の退職や再就職などに世話でストレス一杯の生活を続けていたせいでベンゾ系の精神薬を使う事になったようだ。毎日大量の薬を飲んでいる被害者をどうしたら良いか?もう高齢だ名案はない。

去年の暮れ位から、あまり経験のないどんよりと重い瞼に悩まされている。何もしないで眼を瞑りジッとしているのが一番凌ぎやすい。お蔭でやるべき仕事に着手できずにいる。

眼の状態 0−


1月4日(土)BTX38日
町内自治会の方達の活動はなかなか活発で会館を使って新年会が行われた。私達老人会も参加して賑やかで楽しく過ごせた。立食パーティーと歌、ギター伴奏、バンジョー伴奏と面白い編成の楽団が我々の為に慣れない歌を一生懸命演奏してくれた。

しかし眼は重々しく瞼が閉じる。眼玉の上部から後頭部にかけてどんより、じんわりと表現するのが難しい症状が続く。激しくはないが頭は働かず、かといって休まることもない。

眼の状態 −1


1月3日(金)BTX37日
大学駅伝の復路。青山学院大学が完全優勝。立派としか言いようがない。
写真の額装を5枚やって、壁に飾った。あと延ばしにしていたのげ、ついに年を越えて正月休みにやっとできた。それに釣られて部屋の中もかなり片付いた。正月も特別やることなく良いチャンスだ。

ベンゾ被害の友人から泣き言の電話が入ってきた。減薬、断薬についてアシュトン マニュアルの紹介やネットで売っている日本語版も教えるが、本人がかなり気力を無くしているので非常に心配だ。積極的に自ら調べる雰囲気が見られない。
本人も私もここまでのベンゾ被害者であることに気づかなかった。
もうじき80歳になろうとしてから減薬して何処まで期待できるのだろうか。
私みたいに運動、人に会って話す、歌うなど極力気分転嫁を図るしかないだろう。残念だが名案はない。

自分の眼もさっぱりBTXの効果がでない。今度から新しい先生に代わるので50単位を増やすか、薄くして注射か所を増やし変えるかやらなければならない。

眼の状態 −1


1月2日(木)BTX5週
恒例の大学箱根駅伝初日。ついついテレビにかじりついてしまう。始めて関心を持ったのは中学一年生。小学校の修学旅行は箱根にバスで行くのがきまっていた。
あの小田原から芦ノ湖までの急坂と距離の長さを知っていたので人間が駆け上がるなんて理解できなかった。中一では20kmを走る意気込みだったが、途中でリタイアしトラックに乗って帰ったら職員室に呼びだされてお叱りを受けた・・・そんな自分に比べたら嘘みたい。でも大学生達は良く走る、立派としか言いようがない。

追浜の街にある雷神社に女房と初詣をしてきた。良い年になりますように。

暖かい晴天が続く。眼は相変わらず瞼が重く、さらに閉じる力も強くなってきた。
午後の太陽光はまともに眼に入ってくる。帽子を目深に被り、下向きに地面だけを見て歩く。開きながら歩けるのは10%程度かな?方向を定めながら眼を瞑って歩く。

眼の状態 −1

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:重くしぶとい。
ドライアイ:弱い。ショボショボ、シブシブ感が続く。
眩しさ:非常に眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:緊張感が続く。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭はまだ集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が続く。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


令和2年元旦(水)BTX35日
令和2年年賀状.jpg素晴らしい晴天特異日の元旦。
街に出て散策しながら、金沢八景の一つ夕照橋まで足をのばした。綺麗な水と空に満足し写真を沢山撮る事が出来た。穏やかで人出も少ない静かな風景だ。

久しぶりに眩しさが強く、写真を撮るのに苦労する。数打ちゃ当たる精神でシャッターを切りまくった。パソコンではマウスを滑らかに動かすことが出来ず直線的、鋭角的にギクシャクする。
瞼は自由に動かず、重く感じる。

眼の状態 −1


12月31日(火)BTX34日
家の中の不用品を選り分け外の物置小屋に放り込んで、室内を体裁よく整えるのに熱中した。気になるのは親から引き継いだ食器や掛け軸など。勿体ないと大事にしていたが、このまま一度も使わずに終わってしまいそう。日常のガラクタ食器は止めてきちょひんを惜しげ無く使った方が良い。
夕方から女房と買い物をしてNHKの紅白を見、年越しそばならぬ年越し寿司で済ました。

眼が酷い。生活不自由、屋内外も事故を起こさぬように。

眼の状態 −1


12月30日(月)BTX33日
使えないパソコンが2台ある。メーカーに電話するがいつまで経っても繋がらない。取り敢えずノートパソコンのハードディスクをドリルで4か所穴開けした。これで安全だろうが、もう一台のデスクトップパソコンには参った。外観のデザインは曲線を活かしてなかなか素敵だ。しかしその重さにビッリするが、頑丈さにまたビックリした。私の物ではないが高級機種だろう。とうとう分解を諦めてしまった。

天候が良いので老人会向けのカレンダーを配布しながら、追浜商店街まで山下りをした。年末とあって皆さん忙しそうに買物をしている、久しぶり活気を感じた。新年元旦は休店する旨の貼り紙が見受けられる。。。コンビニの影響がでているみたい。

テレビで相棒という番組は人気らしい。出てくる杉下右京と言う男は嫌味タップリで面白い。下らない細かいことに気づくのが欠点だが、その細かい所からの観察が事件解決の手がかりになると言う。もう一つは警察官僚の厭らしさを何度も見せつける。今の忖度行政と相通じる。忖度は政治行政だけなのか?もっと普遍的などこにでもある考え方のように思える。

眼がすっかり悪くなった。切っ掛けは分からない。比較的晴天乾燥だが、このレベルでは原因とは認められない。兎に角、瞼がどんより重たく開けるのは容易でない。

眼の状態 −1



12月29日(日)BTX32日
暫く止めていた”生ごみ処理兼堆肥作り”の容器を作った。大きなゴミ箱と思えばいい。身近の廃材を組み上げた。幅は両手、奥行きは片腕、高さ1.2m、これで一年間十分だ。困るのは一年間寝かしておかないと良い堆肥にならない。まさか同じものを二つ置く場所がない。堆肥を作っていると、周囲の木や草の根が中に侵入して養分を吸い取ってしまう。ごく細い隙間でも必ず見つけて入り込む。生物の感は鋭い。兎も角、ゴタゴタしていた庭が少し片付き見栄えが良くなった。

11月7日、衆議院議員会館第1会議室でベンゾ被害者のダグラス・ウェイン氏が下記講演を行いました。
『ベンゾジアゾピン系処方薬が
いかに人生をだめにさせるのか(私の場合)
および家族や社会への影響』
この第43回記事の始めにアップしました。お聴きください。

眼については、開き具合が心許ない。閉じる力がそんなに強くは感じないけれど開かない。だからと言って眼瞼下垂とも違う、私は老人性眼瞼下垂の手術をした経験者なので違いは判る。ショボツつきと鬱陶しさが非常に気になる。

眼の状態 0−


12月28日(土)BTX31日
長年に付き合っている友人は各種体調不良に加え顔が痛い、眼が痛い・・等いろいろ病気と症状に悩まされている。私の様に目薬を毎日使っているだけとは違って大量の薬を服用している。聴いてみるとベンゾ系の薬を長年使っているから、薬剤禍にかかっているらしい。ベンゾ系の薬の薬害をペインクリニックの先生に聴いたら、もう私の所にくるなと怒鳴られたそうだ。もう行く医者が無いと困っている。
私も良い先生はいないか?と聞かれても返事に窮する。情報は教えても解決はしない。
写真の額縁類を整理処分しているが、これも大変な作業になっている。大体置き場所がもうない。

眼は相変わらず鬱陶しい。昨日と変わらない。

眼の状態 0


12月27日(金)BTX30日
銀行関係はネットを利用するようにしてきたが、老化と共に忘れる、間違える、遅くなるの3拍子が揃ってきたのでまた窓口手続きにしようと相談している。本当にパソコンの利用は素晴らしいが、私には不向きになってきた。大事にならないういちに対応しておかなければいけない。もっとも銀行は私の年齢をみるとマイナス金利や口座利用料金、相続は損をしないようにと色々仕掛けてくる。金融業は信頼が大切とは昔話で、うっかりすると飛んでもない自分勝手な思い込みで失敗する破目に会いかねない。
帰りに床屋に寄ったのは良いが、いつものカットのみを指定するのを忘れてしまい、洗髪・・・もう髪はないが・・・顔剃りもしてしまった。ついつい居眠りしている間にやられてしまった。年に一度位は洗髪も良いか。

やっと風邪、咳から脱却できた。体を動かしたくなる気持ちが湧いてきた。
ただ眼は何か力強さがない、悪いとは思えないが眼に元気、気力が足りない。

眼の状態 0


12月26日(木)BTX4週
体調が今一なのと寒くて出掛ける気にならない。自分消極的になっているのが分かる。怠けていると体は楽になるから、言い訳をして室内にとどまっている。
早く42回BTXの総括もアップさせなければと着手する。今回マイクロソフトから互換性のあるキングソフトにしたら、グラフ作成が中々綺麗な形に纏まらない。
いつまでも時間をかけていられない・・・諦めて、分かれば良いだろう主義に妥協してアップしようかと、試案の堂々巡りを繰り返している。

気分は消極的でも、休息時間はたっぷりあるので眼は案外良い。前向きばかり良いとは限らないらしい。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し弱い。
ドライアイ:弱い。ショボショボ、シブシブ感が続く。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:緊張感が続く。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭はまだ集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


12月25日(水)BTX28日
図々しく後回しにしていた第43回ボトックスをやっとアップした。この作業も手間がかかる。見出しの風景写真を探さなければいけない、まだ殆ど使えない写真編集ソフトをもたもたしながら修正し画面に取り込んでいると根気との闘いになる。

昨日の眼の疲れがあるので、サボリサボリでパソコンに向かった。お蔭で眼んも症状はだいぶ緩んだ。

眼の状態 0+


12月24日(火)BTX27日
終日お休みしたパソコン作業を行った。ブログはもとより溜まっているメール、書類作成、調べものをやっていると時間の経つのが早いのなんの・・・一日なんかアッと言う間に通り過ぎてゆく。子供の頃の歌に”まわりどうろの絵のように”と言う歌詞を思い出す。何故だろう?忙しなく時間が通り過ぎて行く風景ではなくて蒸気機関車が引っ張る客車からの風景は、近くが矢鱈早く通り過ぎ遠くはゆっくり動いて見える、その錯覚で景色が回転しているように見えた。
気分転換に歌の練習をしたり、なかなか動かない写真のソフトの使い方を研究したりしているとがっかりする程手間がかかる。何かやる程、頭が言う事を利かなくるのを実感する。

パソコン作業で眼の疲れが進んでしまった。

眼の状態 0


12月23日(月)BTX26日
王虎湯のお蔭で朝起きた時、良くなって”これなら大丈夫”と自信が持てたらもう我慢が出来ずにシャワーを使った。着ていた上着、下着、ズボンや布団カバー、シーツも全て気持ち悪くなり一挙に洗濯した。勿論、女房にもお手伝いをして貰ったが。
咳が楽になったので、ぶり返さずに気をつけながら安静に努めた。上体の筋肉が痛くてたまらない。寝返りを打つにも、立ち上がるにも障害者みたな動作になってしまった。

眼の症状を子細に観察できないが良くもなく、特に悪くもなく程々の開眼率だと思う。

眼の状態 0


12月22日(日)BTX25日
終日在宅。朝から咳が酷い。咳をする度に上体が激しく動き痛い。背中の筋肉、胸や腹筋どれも全力で動く。まるで筋トレをやっているようなものだ。健康に戻ったらきっと鍛えられた身体になるだろう。内にあるルル3錠、葛根湯を飲んだが全く効果なし。誰が買ったのか王虎湯が痰や咳止め効くとの効能があり飲んでみた。
不安があったが確かに効果が出て、体が楽になった。ただ一日2回までとあるし、漢方薬にしては効き方が早すぎるので慎重に使うことにして指示通り2回に留めた。
明日の老人会カラオケを中止に、明後日の内輪だけのミニコンサートも欠席を伝えた。歌える訳がない。

殆ど床についていたので、眼の事など考える余裕はなかった。判定をするのは難しいが、無理やり0と決める。

眼の状態 0-


12月21日(土)BTX24日
年賀状作業が一段落したので、写真編集のソフトを動かしてみるおかしい。取り出した写真の編集作業に入ると、一瞬で消えてしまう。パソコンに詳しい友人に相談するとメモリー不足らしい、改めて取説を読むと2mm位の細かい文字4GB以上と書いてあった。私のパソコンはギリギリの4GBなので納得し、修理店に駆け付けた。友人の推奨で16GBにした。入れ替えること15分、15,400円で円満解決した。この出費は大きいが個展をやろうと言う意気込みだから止むを得ない。

なにか疲れが出て体調が悪い。重たいノートパソコンを背負って往復9451歩を歩いたが悪くかったようだ。咳がドンドン酷くなった。口をきくだけで、暫くはとまらず苦しい。眼はすっかり閉じる、眩しい、しょぼつく・・となった。

眼の状態 0


12月20日(金)BTX23日
町内老人会の誕生会と忘年会だった。有能な担当役員が一手に引き受けて下さるから私達男性は力を出すだけで、むしろ楽なものである。今回から誕生日該当者は前に出て人一人挨拶とお礼をしてから乾杯をするのを止めることにした。高齢女性は”人前に立って話すのが苦手で、誕生会が無ければ良い。”と言う意見を尊重したものだ。私には驚きだったが、案外そのような気持ちを持つ方は多かった。
私はカラオケ部を担当しているが、秋の追浜地区演芸大会で驚きの好評を得たことがあって歌うことにした。岸洋子さんが歌った”海よ教えて””遥かな友に””この街で”を特別にギター伴奏もあって楽しく歌え、心温まり過ぎる程の拍手を頂いた。
大成功!!

眼はそう簡単にはゆかない。いつもショボショボを気にしながら過ごしていた。

眼の状態 0


12月19日(木)BTX3週
毎月のミニ旅行会の忘年会。高齢者が多く、負担も大きく今後の運営をどうしてゆくかが大きな議論になった。結局仲良く継続することになったが、私は自分の限界が明らかになったので退会を宣言した。もう無理は出来ない、家族に迷惑をかける事はできない。我が家にも残る問題は沢山あるのだ。

風邪のひき掛けか、クシャミ、咳が多くなっている。要注意!!
弱い雨が続く天気でした。そのせいか眼はやや良くなった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し弱い。
ドライアイ:弱い。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:緩んでいる。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭はまだ集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。



12月18日(水)BTX21日
今日は立川くるみさんの高裁審議始まる日だ。始まるなり裁判所の考えは、地裁判決を妥当であるとして閉廷をしようとする始末だ。弁護士が再考を促したものの、2020年2月19日13:00に判決が出る事になった。
この裁判を考えてみると、判決は最初から決まっていて、その結論を導き出す審議としか思えない。審議を尽くす等と言う姿勢は見当たらず、すこしでも早く終結させたいとの雰囲気をアリアリと見せている。

立法、司法、行政の3件独立とは言うが、最高裁の長官は総理大臣が任命する。
司法の裁判所も厚労省も所詮は行政のなかに組み込まれているのが事実である。
彼等の上司は行政のトップだから、法律に従って公明、公正に従いうべきもの・・・と考えるだろう。法律の谷間に落ちこぼれてもそれは止むを得ない・・・(口には出さないけれど)、日本中から重要問題が付きつけられて冷静に国家のために判断せざるを得ない。国家を相手に闘うことはそう言うことなんだ。
予算が豊富にある国なら兎も角、消費税に汲々としている時世に美味しい判決はでないだろう。難病を抱えている方達も非常に多い、厚労省がどの国民を取り上げるかだって大変なことだ。
私達は患者同士は目標を絞り力を合わて、国民の多くの支持賛同をえなければ解決に向かえないと思う。こう書いているといつまで経ってもおわりそうもないので、一旦休止します。
法廷を出てから日比谷公園のお店で、自由討論をおこなった。いろいろな症状や、薬剤被害の深刻さもまたも思い知ることになった。薬害を認めず、新薬を国民に投与し続けて健康な国民がそだつのか?

私達の問題の深刻さは兎も角、十分話し合えたことは精神的に良くそれにつれて眼も良くなった。

眼の状態 0+


12月17日(火)BTX20日
不安的中した。昨日年賀状の印刷ソフトに悩まされたが、今日も朝一発目から動かなくなった。またソフト会社に連絡をつけてどうやら動かせるようになって印刷を始めたらあっという間に終わってしまい助かった。個性のない宛名書きは面白くないが、やむを得ない。手軽でサッサと終わってしまうのが良い。裏面は自分なりに、絵を描き印刷したから、自己満足を満たしている。売られているデザインは当然綺麗で私の及ぶところではない・・・でも味気ない。

天候は終日曇りがちで気温は15℃に及ばず、寒く感じる。乾燥して湿度は50%を下回っていた。眼は閉じる、しょぼつく、眼の周辺の筋肉痛のような痛みが出ている。

眼の状態 0


12月16日(月)BTX19日
朝は町内の公園清掃を行った。年末とあって参加は半分に減って、落ち葉は大漁だ。とても我々ではやりきれない。残されたもう一回ではやり切れず、来年へ持ち越しとなりそうだ。一人が急階段で転倒して頭を打ってしまった。幸い大事に至らず良かったが、運が良かっただけだ。何しろ93歳、私の目の前で足を踏み外してしまった。
年賀状の宛名印刷に着手したら、パソコンが止まってしまう。何度やっても止まってしまう。ソフト会社に遠隔サポートを有料で依頼したら延々7時間も掛かってしまった。パソコンからプリンターにデーターが送れないと言うお粗末なトラブルだ。
私のパソコンに問題はないと思うが一体幾ら請求されるか、今夜心配で眠れない。

眩しさとドライアイとショボショボ感で眼は低調だった。

眼の状態 0+


12月15日(日)BTX18日
合唱の練習日。先週はヨガとぶつかって休んでしまった。一回休むと遅れを取ってしまう。取り戻すには結構な努力を要する。先生も真面目な指導を堅実に続けてくれるので遣り甲斐もある。会場へ行くのに往復1万歩になり体力維持にも良いのだが、最近はこれ位でも疲れるようになってしまった。休息は健康維持に必須なのだ、無理は禁物。

晴れたが今日は眼が少し良い。ショボショボ感が弱まった。原因に思い当たることはない。

眼の状態 0+


12月14日(土)BTX17日
終日自宅で庭の整理と生ゴミ堆肥化の入れ物作りに頑張った。矢張り年のせいで恐ろしく不器用になり、力も弱い・・・そんな訳でとんでもなく作業が遅い。思ったより半分も出来ずに日が暮れてしまった。ヨガに期待しても一年前には戻らない現実を思い知らされる。でも何かやっている事は気分転換に良い、疲れが早いけれど侘しくなる自分を忘れる。
まりなさんの通夜には立川くるみさんが行ってくれた。私は遠すぎるし、ご両親の姿を見るに忍びなかった。

晴天続きで湿度が40%を切っている。晴天と乾燥は眼に悪い。

眼の状態 0


12月13日(金)BTX16日
写真同好会の方達の忘年会で質素な中華料理で楽しんだ。ここも高齢化で会員が減っている。高齢の作品展も会場費を工面するのが苦しくなって、秋の芸術祭は借りられず暑い夏にやろうかと相談する位になっている。私の写真を飾っている喫茶店で一枚5000円で売れた事と今年は春頃に姉弟二人で個展をやると宣言した。宣言すればもう後戻りは出来ない・・・その為だ。
散々泣かされたパソコンで漸く年賀状の印刷が完了した。絵だけで宛名はこれからだが、年々やっているので心配は無くなった。

晴れて乾燥しているので、眼はまた悪くなった。それ程酷くはないが眩しさは強くドライアイもショボショボ感につながっている。

眼の状態 0


12月12日BTX2週
残念な知らせがありました。発達障害・眼球使用困難症のツイートで眼球困難フロンティアの会の広報をなさっていたマリナさんが亡くなりました。長く休養なさっていました。AbemaTVで一時間程の特集番組が報道されたのも、彼女のツイートで大活躍した事が切っ掛けでした。慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

サポートセンターで一仕事やった後は、海岸のヴェルニー公園を通りながら未だバラが咲いているのに驚き、また嬉しくもあった。夕方近くで会場自衛隊基地周辺は太陽の反射で面白い風景を見せていた。

今日も眼は良い。気分良く散歩し出来て8000歩を達成。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し弱い。
ドライアイ:弱くなった。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:無い
眼の中の緊張感:緩んでいる。
フラフラ:。躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭はまだ集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


12月11日(水)BTX14日
今日は文句なく晴れて暖かい日になった。冬になると洗濯物が中々乾かないから絶好のチャンスだ。自分の物は自分でやる・・・そんなに出来ないが、洗濯物と朝昼の食事は自分でやることにして一年経った。自慢話ほどではないが、良いことだろう。シーツ類やパジャマも含めて大量の洗って乾かす事が出来て大成功。
年末になると銀行に用ができる。素人的発想で質問すると結構丁重に教えてくれる、忙しい時期に迷惑な客だろうと思う。

金利が殆ど付かない預金になって、逆に口座維持の負担をさせられる羽目になった。
日本が金を儲ける事が出来なくなってしまったと思っている。日本は基本的に漁業と農業程度しかない、海外から輸入して加工価値を付けJYAPAN AS NUMBER ONEとか言って得意になって輸出していたがその時期も終わった。日本の高い技術も後から追いかける諸国をリードできる程の安定した実力は無いから、コスト競争で負けてしまう。

輸出入での収入が減れば貧乏国になる。結局は銀行も貯金されても稼げる事業が無ければ運用やりようがない。いくら国が金利を下げても、仕事がなければ使い道がない・・・金は便利で大切だが金利を下げれば解決できるものではない。無理やり国債で株価を引き上げる手口では誤魔化しが効かない。自然淘汰される経済の世界では過当競争による低賃金と過重労働に向かうのは当然の結果であると思っている。

日本はお金がある時代に人を育てる事が出来なかった、学業成績優秀な人材が良い業績を上げる人材にはならなかった。何故か?価値観に多様性が少ない、皆一極集中過ぎる、個性が育ちにくい。私の様に学業不振な人間は存在するのも憚られる。昔、子供の頃に東京大学の学長が卒業生に”痩せたソクラテスになれ”言ったのを思い出す。何で此処でこんな話をしたのか?私が眼球困難フロンティアの会にいる事と関係がある。

眼の症状が緩んできたのは助かる。涙が出るようになりドライアイに繋がるショボショボ感も緩んだ。眩しさはまだ強烈で、これはなかなか難しい。日中日差しが低いので外出中はこれをよける方法があまりないからだ。

眼の状態 0+


12月10日(火)BTX13日
家庭的な雰囲気の合唱に参加した。内輪だけのクリスマスコンサートをするのでドタバタと練習をした。小学校の教室みたいな練習場だが、ここで軽食もするという。新参ものだから文句は言わない。

帰りに眼科で眼底検査をした。最近はいろいろな検査機器があって驚いた。
詳細は分からないが各段の進歩あったのだろう。10年前とは機器が違う。
結果は加齢によるもので飛蚊症も症状の程度は心配ないとの事だった。
眼圧は右14、左12mmHgでこれも問題は無かった。

やっと瞼が開き易くなった。症状に付随する辛さも少し軽くなった。どうやらBTXはまだ効くらしい。

眼の状態 0


12月9日(月)BTX12日
町内カラオケの練習日。驚いたことに定刻になったら一斉に集まってきた。原因は分からないが以前は設備、席、お茶の準備はまだ足腰がしっかりしている私がやってのだが。思い当たることもある。秋の演芸大会で歌ったのが、評判良かったらしい。 ”心が洗われるような歌だった”とコメントを頂いたので皆さん気を良くしたのではないか。私は気を使ったコメントと思い、嬉しくなんか思わずに心の中で
”嘘ばっかり”と思っていた。高齢者になっても”褒められる事”も”褒める事”は大切である。皆さんが伸び伸びと歌って楽しんでいるのを見ると、何が切っ掛けになるか分からない。

少し眼の閉じる力が緩んできたのを感じる。ただ瞼は簡単には開かない。開眼率としては良くならない。

眼の状態 0−


12月8日(日)BTX11日
晴れて暖かく感じる。海に近いから横須賀は都心に比べ2℃位気温は高い。
月一回の視覚障害者向けヨガで、体に動きやすさや身体のバランス感覚も良くなる。もっと言えば歌う発声の基本姿勢や呼吸法にまで通じていると実感している。ただ一人では出来ない、体力を要するので団体に入らないと継続できないししっかりした姿勢をとることも出来ない。やりがいを感じているのでサボる気にはならない。眼が不自由なのに片道1時間以上掛かっても来る方がいる位で、皆さんもやりがいを感じているに違いない。
終わって感じてから、若い男性に付き合ってもらい軽い忘年会をした。30歳も年齢差があるのでそんなに付き合えない、大体酒を辞めているのだから。彼は馴染みの店なので終電車に乗り遅れないか心配している。

残念!ヨガをしても眼は良くならない。

眼の状態 0−


12月7日(土)BTX10日
雨が降ったせいで終日在宅となった。気になるのは年賀状のだ。子年だからデザインはねずみが多い。あまりに決まり切っているので面白くないからカピバラにした。温泉に使ってウットリしている様子をテレビで見ている方も多いと思う。あれはネズミ科カピバラ属齧歯類とのことだ。写真を見ながら書いていると、何となくヤマアラシ風になった。学術的に説明は出来ないが、ヤマアラシの親戚でもあるらしい。悪戦苦闘しているうちに一日経ってしまった。

眼は今日も悪い。もう少し何とかならないか、落ち込んでしまいそうだ。

眼の状態 0−


12月6日(金)BTX9日
また今日も横浜で親戚と顔合わせした。私には分からない難しい講座へ熱心に通っているとのことだ。本人が楽しく、関心を持って都内から通っている位だから余計な口を差し挟むことではない。来年には私と一緒に個展をやろうと計画進行中だ。
私は写真、親戚はエッチングと方向は異なる。都内の画廊でやるから、楽しさとは別に心配もある・・・相手に迷惑をかけてはいけない。
二人で質素にスパゲッティを食べて、年内はこれが最終回だ。

BTXの効果は間違いなく出てきた。ただこの効果はそんなに期待できないことも分かっている。こんな程度が限度かな?偶にはもっといい日もあるかもしれない・・・
期待し過ぎないようにする。

眼の状態 0−


12月5日(木)BTX1週
幸い良く晴れて暖かい日になった。中高時代の友人4人と横浜で今年2度目の再会である。案の定待ち合わせ場所が分からなくて3人とも私のせいにする、彼等は多数決が正しいと主張する。本当に年を取りたくないものだ。
海の傍にあるベイクォーターの喫茶店で過ごしてから横浜観光クルーズ船でみなのとみらい、パシフィコ横浜、赤レンガ倉庫を海から眺めて氷川丸が永久停泊させている山下公園に到着した。のんびり気楽で丁度良い船旅になった。この公園はいつも何かイベントのある所で穏やかで明るく楽しい広場である。しばし歩いて今度は市の観光バス・赤い靴に乗り急坂を登ると一駅で港が見える丘公園に到着した。見渡しが良くみなとみらいからベイブリッジまで広く、遠くは鶴見の火力発電所のツインタワーまで望める。直ぐ近くの外人墓地や横浜気象台に寄って、下りはエレベターで一挙に降りると地下鉄中華街の駅に出てしまった。友人の紹介もあって良いお店で納得の中華料理に満足して今日の集まりは終わった。厭本当に楽しかった。

BTXの効果が僅かに定着してきたみたい。涙が出やすくなって、その分症状も緩んできた。ただ、眩しさは全く変わらない。私は逆光で撮影することが多いので、これは困った。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し強い。
ドライアイ:弱くなった。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:無い
眼の中の緊張感:強い。
フラフラ:。躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛む。頭の中は活発化して音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンと脈動する感じ。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


12月4日(水)BTX7日
銀行に呼び出された。自分の記憶力、理解力は日に日に落ちるばかりなので、女房と一緒に行ってきた。金利の逆ザヤがニュースで取り沙汰していることが、自分に降りかかってきた。兎に角、金のプロの前に私のような技術者上りは手玉に取られるばかりだ。退職金や年金を皆銀行に預け、ご指導通りに株投資を損をし、投資信託で損をし、NISAで損をした。流石に生命保険は大丈夫だろうと思ったら、これも為替で損をしたらカタログ通りの利益は得られないと言う。その計算式が書いてあるが、専門家でなければ分かる訳がない。大体計算式に使われる算式の意味もアルファベットは何かも書いていない。頭の悪い私等一たまりもない。
結局善良で頭の悪い私は、金融関係者に一生懸命施しをしていたのだ。そう理解しながらまたしても、所定以上の投資をさせられる。支払いが面倒になるとか、いろいろと脅されて言われるままだ。こんなとき店員は矢鱈に丁重に頭を下げてご挨拶して下さる。気の弱い私はニコニコして挨拶をかえしながら店を出た。
帰りに女房と安あがりの喫茶店に寄って、コーヒーを飲み、サンドイッチを二人で分けながら愚痴をこぼしてから別れた。
私は一人海岸まで歩き、写真を撮ってから帰宅した。

こんな思いをしているのに、眼がちょっと良くなった。海岸まで歩いて13,778歩も歩いたのが良かったのか? 金より健康第一との教訓なのか?

眼の状態 0−



12月3日(火)BTX6日
またまた大チョンボをやってしまった。歌の練習日を間違えて、休みなのに行ってしまった。まあ、暖かく晴れていたので外出には良かった。駅からの帰りは、暫く行かなかった回り道を歩いて帰った。女房には何食わぬ顔をして、今日の失態を黙っていることにした。

ほんの少し眼の症状が緩んできたみたいだ。ドライアイがちょっと軽くなった。
他の症状も同調するかのように、ちょっと良くなった。ただ眩しさは強い。

眼の状態 0−


12月2日(月)BTX5日
定例の公園清掃は5人しか集まらなかった。天気予報が最悪だったせいだ、ただ集合時間はまだ曇っていたので元気の良い人達だけ集まった。でも途中から天気予報通り土砂降りとなって中断した。この後は老人会役員で忘年会や新年に向けた準備を確認した。いろいろと町内の世間話、情報交換が面白く結構役に立つ。
老人の集まりと馬鹿にしてはいけない。真面目な話から、笑い話にと繋がってゆくと楽しいひと時となる。

このひと時は私にとって大変有難い。口数が増えると自分の眼の事を忘れて喋ってしまう。大いに気分転換になる。人によっては苦手で反ってプレッシャーになるかもしれないが。私がやっているカラオケのとき、高齢女性たちが誕生会が無ければ良いのにとこぼす。どうやらいつも誕生日該当者がスピーチをさせられるのが嫌なのだと分かった。確か会場前列のテーブル席に並ばされ、気の利いた話など面倒くさい、気が滅入ると言うことだ。

一時眼が良いから終日よくなる事はない。今日も眼は変わらず、自宅で大人しくしていると症状の悪さばかりが気になる。

眼の状態 −1


12月1日(日)BTX4日
合唱の練習に出掛けた。先生の指導も堅実で好感が持てる。もう分からない事は遠慮なく質問することにした。新人のお年寄りだからと大目に見て貰えそうだ、これもコミュニケーションアップの一つだ。

天気が良くて、会場へ行くルートの一部はたっぷり歩いている。長い坂道を片道35分で往復70分歩数はほぼ1万歩になる。最近は原因が分からない眠気に悩まされている。眼の悪さのせいもあるが、体の疲労も激しい。風邪をひきかかけているのかもしえない。ちょっとジッとしていると居眠りしてしまう。
眼は相変わらず悪く、それにつれて消極的になりやすい。ハアーハアーとため息がでやすい。

眼の状態 −1


11月30日(土)BTX3日
もう11月も終わりか、なんでこんなに早いのだろう。老人会の12月カレンダー配布をした。細長い街で、元々が山の上だから結構な歩きでがあって良い運動になる。
今日も自分の物の洗濯をするが、最近天候不良と気温が低く乾くのに日数がかかるようになった。因みに朝食、昼食は自分で済まして女房の負担を減らしている。
奥さんを亡くした先輩が、日常生活を自分では何も出来なくて顔を会わせると愚痴が多いのを聴いて、自分なりに生活改善を行っている。
今日も庭に出て、体を動かすよに努める。直ぐに体力が落ちる、何でもなかったカバンが意外に重くなる。重い庭石を動かすと肩の周囲の筋肉がかなり痛くなる。
頭も体も口も錆びつかない努力が欠かせない。

眼の症状は連日のように最悪で、BTXの効果は見られない。

眼の状態 −1


11月29日(金)BTX2日
昨日BTXをするために立川に行ったせいなのか、疲れが取れない。眼も悪くてどうしても積極的に動こうとする気力が起きない。こんな事では拙いと思うと、これが気になって更に気持ちが落ち込む。負のサイクルが起きそうで、気分転換が必要なのはわかっている。早く脱却しなければ・・・これも焦らないこと。
庭に出て畑に芽を出した菜の花の位置を調整したり、切り倒した木の幹を整理したりと身体を動かして、成るべく頭を使わないで夢中になるのが良い。

兎に角眼は最悪状態に落ち入っている。ドライアイの強さに連れて、ショボショボ感も強い。単なるショボショボだけでなく、眉毛辺りの脳に違和感が生じる。眼の奥から後頭部にかけてどんよりとした重苦しさも感じている。これらは人の心を沈み込ませる実に厭な症状である。瞼を強くギュウギュウと閉じる力は涙が出るの力尽くで抑えるのではないか・・・・そんな風に思っている。

眼の状態 −1


11月28日(木)BTX初日
本来新しく第43回BTX日記をおこすところだが、間に合わないので暫定的に延長します。

追浜の自宅から立川の病院まで3時間弱かかる。寒くて雨が降る最悪の日になったが、これは私の日常の行いが悪いのでやむを得ない。行きは兎も角、帰りは通勤帰りのの時間帯もあって座れずに疲れてしまった。いつもなら座れなくても、トレーニングだと思って気にしないが、今回は堪えた。帰りは早合点して早く電車を降りただけでなく、通り過ぎたと思って戻ろうと電車に乗ってから ”いけねー手前の駅だった!!” と気づく始末。各駅停車に乗ろうとしたら急行や快速ばかり来るので乗れば座れない。珍しい位運の悪い日であった。

そんなこともあって、今回の先生の注射は最終回とさせて頂いた。今後は横浜市内のBTXをする先生を見つけたので、紹介状を頂いた。
BTXは50単位、両目で8か所、6.25単位/一ヵ所。この先生では一貫して変えなかった。単位も増やさず、飲み薬も一切使わなかった。先生は神経内科なのでベンゾジアゼピン系の薬を使いたかったのだが、私が断った。注射か所は先生にお任せした。

今日の外出行動はなかなか辛かった。よく見る事が出来ず駅のホーム、階段の上下は極めて慎重に行動した。危なくて早く動くことなどできなかった。

眼の状態 −1

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し強い、瞼が重ったるい。
ドライアイ:強い。シブシブやショボショボ感が強い。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ドライアイの影響で強い。
眼の中の緊張感:強い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛む。頭の中は活発化して音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンと脈動する感じ。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:強く痛くなっている。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が強くい。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。



第42回ボトックス日記 [2019年08月30日(Fri)]
第42回ボトックス日記



DSCN5222 a.JPG
三浦半島西海岸の立石。あまりにも平凡なので仕上げ色を変えてみました。

このブログに関連したFACEBOOKもアップしています個人ブログの紹介
ISAKO HARADAさんがfacebook

http://www.facebook.com/isako.harada

立川くるみさんのfacebookを追加しました。よろしくお願いします。
https://www.facebook.com/hoodiez.kuruchan

川島さんのホームページを追加しました。
https://dyskaizen.jimdo.com/
facebookではhttps://www.facebook.com/dyskaizen2017/

ベンゾジアゾピン系薬害のゴンザレスさんのホームページ
https://ameblo.jp/gonzales2016/entry-12341800129.html

多田ゆりこさんのブログです。
薬害根絶デー。厚労省前で2名の向精神薬被害者がリレートークしました。
今年で2回目のトーク。
素晴らしい実績をおさめております
https://ameblo.jp/yuriri0924

全国ベンゾジアゼピン薬害連絡協議会
https://ameblo.jp/bya-1108/entry-12387239643.html

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.pmda.go.jp/

YUKIO SAKAMOTOがfacebook
http://www.facebook.com/yukio.sakamoto.7


制度の谷間「眼球使用困難症」を救え!!
代表
https://g-frontier.xyz

ご寄付のお願い!!(上記ホームンページの12項からも見られます)
チラシ印刷代、交通費、郵送代、サーバー代など諸々かかっております。寄付金でのご支援もよろしくお願いします。なお、ご寄付いただいた場合はお問い合わせフォームからご一報くださると幸いです。
以下口座情報
ゆうちょ銀行
普通口座
口座名 みんなで勝ち取る眼球困難フロンティアの会
記号10300
番号 89780041
店名 0三八(ゼロサンハチ)
店番 038
口座番号8978004


マリナさん(発達障害・眼球使用困難症)のツイート
眼球困難フロンティアの会 広報
残念ですがお亡くなりになりました。

専門医の若倉医師のヨミドクhttps://yomidr.yomiuri.co.jp/column/wakakura-masato/

以下、の放送を是非お聞きください。


NHK視覚障害者ナビ・ラジオ
放送日 日曜日7:30〜8:00
再放送 翌日曜日7:30〜8:00
インターネットでも聞けます。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=44672
トップ→放送一覧→「眼球使用困難症」を知っていますか? 
2017−11−5放送→放送を聞く


ラジオ大阪で眼球使用困難症のことが2週に渡り放送されました。
YOU TUBEからです。障害年金の話がメインです。
第1週‬
https://www.youtube.com/watch?v=WRl-pi-SITM
‪第二週‬
https://www.youtube.com/watch?v=v5MAaOUC0DA

茨城放送ラジオで若倉先生のインタビューが聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=Z2jebnbOW0w


AbemaTV
まぶたの異常や痛み、まぶしさのため目を使うのが困難な「眼球使用困難症」の特集番組がAbemaTVにて放送されました。立川くるみさんもVTRとスタジオ生出演両方出ています。
全盲でなくても白杖を使うこと、読み上げ機能でパソコン、スマホは使えること、白杖を持たない視覚障害者もいること、制度の谷間障害は他にもたくさんある事も伝えられたと思います。

こちら記事です。
https://abematimes.com/posts/5608562

残念ですが28日間の無料視聴は終了しました。
参考 
https://abema.tv/video/episode/89-66_s99_p857?utm_campaign=episode_share_fb&utm_medium=social&utm_source=facebook

立川くるみさんの年金裁判。
日時 2020年2月19日(水)13:50
場所 東京高裁号室 確認中
審議をする事が決まっただけ。
この裁判の正当性を訴えるための署名活動を行っております。眼球困難フロンティアの会のホームページhttps://g-frontier.xyzの見開きから簡単に署名ができます。

お知らせ! 5月29日
大部、経ってしまいましが3月31日に馬場村塾で、立川くるみさんが視覚障害の資格獲得に向けた若倉医師の厚労省に向けた活動をコントにて発表しました。一部、私も参加しております。お聴きください。
https://m.youtube.com/watch?v=G8Yj8HDOMaM&feature=youtu.be

11月27日(水)BTX91日
立川さんの裁判を支援する手書き署名は296名集まった。実質1ヵ月もない短期館だったので残念な数字になった。出来る範囲は纏めた。早速送付しておいた。
私達高齢者には難しい作業になった。ネット署名など信頼が置けない、メールアドレスなんか何処まで広がるか分かったものじゃない・・・こんな意見が非常に多かった。手書き署名も住所も都道府県名まででメールアドレスもない、こんな署名は通じるのか。更に代理署名なんかいい加減で出鱈目な人を幾らでも書けるじゃないか。等々で署名をしてくれた人は一応私を信用したのと、手書き署名が殆どだから住所が市町村名と番地が無いので被害もないと思ったからだろう。

眼はますます悪くなるばかりだ。瞼は開いても瞬間で、細く開くのみ。眼の奥の妙な緊張感と頭のなかの異様な活発さが加わり、時間の継続と共に思考能力は減退する。更にドライアイの痛みや首肩コリとなる。それでも瞬間的には瞼が開くから、不自由でも歩ける。評価は実質ー14にしたいところだ。

眼の状態 0−


11月26日(火)BTX90日
傘を使う程ではないが、僅かに雨が降り続けた。今日は和やかムード一杯の合唱に参加して来た。先生は練習中に自由自在にに編曲をする、『こう言う風に変えてみましょう』、『アラ、難しいですか?』『ジャ、テノールさん簡単にラの音を延ばすだけにしましょう』、『ウーン、じゃ好きなようにメロディーを歌ってもいいですよ。他のパートでも構わないですよ』ってな調子である。理解も融通が利かなくなった我々をどう扱うか戸惑っていることが実に良く分かる。でも先生も私達を理解して幼稚園の子供のように扱って、準備してきて欲しい。こんな調子で内輪のクリスマスコンサートをするそうだ。出来るのかなあ?? 楽譜なんか何度も修正して、分からなくなっている。眼瞼痙攣の私には苦労させられる。お人柄の分かる良い先生だが、謝礼も払っていますよ!・・・と、心の中で叫んでいる。

眼は今日も変わらず。

眼の状態 0−


11月25日(月)BTX89日
カラオケ練習日。暖かくて暖房は要らない位で皆さんスムーズに集まってきた。
メンバー全員が高齢者だから、運営はスムーズに行かない。一人で責任を持つことができない。お金の問題はもとより事故、ケガが恐ろしい。軽症に見えても、寝込んだり入院騒動になれば一大事。結局やむを得ない事情の方は除いて、皆が担当役員になって運営することにした。話し合うにつれ、お互いのコミュニケーションがよくなって行くのが感じられた。危ないと思って私一人で引き受けより、協力しあう方がいいらしい。
お茶菓子で世間話をしてから、本来のカラオケを歌って楽しむ事ができた。

眼は今日も変わらず。

眼の状態 0−


11月24日(日)BTX88日
合唱では私が一番の新人で、多分最高齢ではないかと思う。徐々に慣れてきたので声を大きくし始めたら、先生が男性3人は皆違う音を出していますよ・・・チクリ。
また先生がパートを入れ替えたら、普段アルトの女性がここぞとばかり大きな声でメロディーを歌った。下手くそな私にはいい迷惑だ、耳栓する振りをして見せたが全く気にしない。
終わった後に一人の男性に裁判の署名をお願いしたら、そう言うことはやったことがないと言う。でも話相手にはなってくれたので、サポートセンターの席を借りてよもやま話をした。お互いに高齢で話す材料に事欠かないから、あっという間に1時間半が過ぎてしまった。結局は署名してくれた。こんなに手間をかけて無駄と考えるか、有意義な会談が出来て今後のコミュニケーションに役に立ったと思うか。私は後者だが、暇人の私だからこそ出来たことでもある。
帰りのカメリア喫茶に寄って、私の写真売ってくれた主人に新しく百均の額縁を渡しここでも一頻り無駄話をしてから帰宅に向かった。

眼はもう絶望的である。外を一人で歩けるからまだ良い。

眼の状態 0−


11月23日(土)BTX87日
しっかり雨が降って外出する気力もなし。明日の合唱練習に向けて予習をした。先生がコールユーブンゲンと言う、合唱の教則本を教え始めたからだ。昔中学時代に習った記憶がある。でも勉強意欲はなく何も残っていない。先生はコンサートは再来年にすると明言している。無理もない、高齢者を集めて私のような楽譜を読めない者を集めてやるのだから。先生の意欲的な取り組みは好感が持てる。唯、私の寿命で間に合うか?心配になる。パソコンで楽譜を音に出しながらコツコツと勉強した。

眼は駄目だ。どうしようもない。歩けるだけ良い。

眼の状態 0−


11月22日(金)BTX86日
雨がしっかり降って、終日在宅。いや、署名協力のお宅に伺ったのと郵便局に行った。

眼は連日同様だが、疲れが溜まってなにも出来なくて動くのも面倒くさい。
眼が悪くなると、チョットした事でぶつかる、お茶碗をひっくり返す等々だが
高齢化に向けて気を回す訓練をしなければ。

眼の状態 0−


11月21日(木)BTX12週
日帰りミニ旅行のグループで浦賀の灯明堂(昔の灯台)、西叶神社、渡し船で東叶神社と回り少々疲れ気味なので二次会なしに帰宅した。晴天で東京湾入り口になる所だから東叶神社の奥の院は房総半島や勿論東京湾も見られ良い風景だ。

あと一週間でBTX注射の日だ。眼瞼痙攣の各症状が活発になるのも当然だ。
気分転換で切り抜けるしかない。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し強い、瞼が重ったるい。
ドライアイ:強い。シブシブやショボショボ感が強い。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せてきた。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ドライアイの影響で強い。
眼の中の緊張感:強い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中は活発化して音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンと脈動する感じ。一時的には痛いときもある。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:強くなっている。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が強くい。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


11月20日(水)BTX84日
町内老人会を中心とした日帰りバス旅行で秩父に行った。自宅近くまでバスが送迎してくれるので結構人気が高い。見事な晴天だった、欲を言えばやや寒いのとやや風が強かった位だ。秩父さくら湖・浦山ダムでは鮮やかな紅葉も見られ民さん楽しんだ。ただ帰りのバスは渋滞に入ってから室内の暖かさもあってアチコチで居眠り続出した。無事帰宅で良かった。

バスではお喋りが多く、とうとうお喋り疲れもあってこれは症状緩和に効果があった。しゃべる事は人の話を聞く事にもなる。私は人の話しを聴いていると、想像力を働かして興味関心が高まるにつて面白くなった。しゃべる事は症状緩和に効果的である。

眼の状態 0−


11月19日(火)BTX83日
また大失敗した。歌の練習日を間違えて会場まで行ってから休みを知った。タイミングが悪い。夕方から飲みに来ないかと誘いが来た、まだお昼のサンドイッチを駅のホームで食べたばかりなのだ。一旦自宅に戻るのも面倒くさいから、金沢八景に出てプリンターのインク、来年の手帳、カメリア喫茶への額縁を買ってから良いチャンスと自分に言い聞かせながら周辺で写真を撮りまくった。実は気に入った風景がなくて、何か無いかと探しまわって14,000歩になってしまった。

喫茶店では4人が集まり串焼きの店で飲んだ。私はノンアルコールビールとほうじ茶で通した。こだわりのオリジナル串焼きはなかなかのもので、お客さんも満足げに楽しんでいる良い店だった。

眼は本当にドライアイがきつく痛みで参った。

眼の状態 −1


11月18日(月)BTX82日
本来町内公園清掃の日だが、天気予報がかんばしくなく朝食中に雨がポツポツと振り出してきた。何となく体調がかったるいのでもしかしたらと思っていたら、中止の連絡がきた。代わりに自宅の庭を整理する事ができた。幸い雨は短く良い天気になってしまった。久しぶりに近所の鷹取山に登り、通常ルートを散策しながら追浜の街に出てからカメリア喫茶に寄ってみた。この前私の写真が売れてしまって、空きスペースが出来ているから新たに1枚を届けた。たまたま視覚障害仲間がいて話をする事ができた。彼は糖尿病を併発しておりかなり重症である。それでもJRSPの活動に行くと言う。今の状態ではそれどころじゃない、治療に専念しなければと思うが。

眼科G先生に寄った。通常通り視力と眼圧の検査で視力は正常で眼圧は右16、左12mmHgで右はやや高めだが、緑内障の気配ないとの事だ。いつも通りドライアイ用の目薬トルソフトの処方を頂いた。先生は各種ダンスを中心にいろいろな視覚障害者向けのボランティア活動をなさっている。これもなかなか難しいことが起きるので、苦労なさっているようだ。私が通っているヨガにもインストラクターに参加なさっている。先生やスタッフの方全員が立川さんの裁判を支持する署名に協力して頂けた。

ドライアイと眩しさで症状は強く、瞼は睡眠不足みたいな疲れ切ったように見えて頭は機能不良に陥っている。でもまだ立ち止まらずにあるける。

眼の状態 0−


11月17日(日)BTX81日
合唱の練習に行った。この先生は地道に指導してくれるのでなかなか良い。始めのうちは、こんなヴォイストレーニングで役に立つのかなと思っていたが。次のコンサートは2年後などと言う。勿論、お金の問題があるからしっかりしたコンサートをするには練習だけでは済まない。結構気苦労の多い仕事?先生はボランティア精神もあるように見受けられるが。
私が気に入らない先生は、教えられないのに出来ないのは生徒が悪いと思う人。お金にルーズであったり、不透明にする人。

眩しさとドライアイに負ける。

眼の状態 0−


11月16日(土)BTX80日
寒くなるかと思うと、案外暖かい日が続いている。私が二十歳代頃は出勤のとき手袋をしてコートを着て、車が通り過ぎるときの風が寒くて・・・来るな、来るな・・早く行け・・・なんて思いながら歩いていた時代あった。

眼球使用困難症の患者団体で患者の実態を明らかにし、深刻な患者のQOLを上げようとする積極的なグーループがいる。更に視覚障害の認定基準の見直しから裁判まで進んでいる方達がいる。しかし皆自分自身を思うに任せない人達だから、周囲の健常者が弱者を助ける習慣がもっとあって良いと思う。欧米人は以外に弱者に親切だ、一方彼等は自分の障害を隠さずに堂々と生きている。私達はそれを後真似でやっている人種なのかも。
もう日本は凋落の一途でそんな事は出来ない、津波が来たらテンデンコに逃げろと言うように、もう自分の事だけで精一杯になって生きているのだ。

消費税が始まったのはまだ私が現役時代だった。税金は取りやすい所から、薄く多くの国民からとるのがコツだそうだ。この頃、きっと国民を支える中堅の人達を切り崩し、貧しさに向かわせると思っていた。これに耐える高額所得層が残ってゆく。中堅が衰亡して行く国に希望は望めない。国があっての私、或いは会社あってこそ私が生きていられるなどはありえない。会社は社員や国民の為でなくなり、株主の為に存在している。株主は資産家である。私が入社した頃は、会社は重要な雇用の責任があると・・・役員たちも言っていたものだ。社会は様変わりした。

当然安易な政治は会社あっての豊かな国だと思わせるが、そんな甘い考えは通じない。私達が政治に関心を持ち、自分の為に活動する政治家を選挙しなければ良くなる訳がない。いい政治家は自分で育てよう。日没する国にならないように。

眼が悪いのでついつい八つ当たりの浅知恵愚論を展開したが、こんな事で眼が良くなる訳もない。

眼の状態 0−


11月15日(金)BTX79日
老人会のワンコイン茶話会。弁当を食べた後はギター伴奏でいろいろな歌を揃って歌う。それだけでも20〜30名ぐらい集まる。簡単な事だがやるだけの意義を感じる。毎月一回何となく集まって、食べて、歌って、話して・・・と単純だけれどこの三つが基本3原則なのか。
良いチャンスと立川さんの裁判を応援する署名を集めた。街頭で署名活動をしたって誰も見向きもしないが、ご近所で知り合った方々だから全員署名協力を得た。

温暖な良い天気ではあるが眼には通じない。悪いままだ。
眼の状態 0−


11月14日(木)BTX11週
床屋へ行ったら、随分伸びましたね!・・一言言われてしまった。次は良く話ができる溜まり場的喫茶店に寄った。ご主人が人の出会いを拡げるように開いたお店で、徐々に人気上昇中である。私の拙い写真でも5枚程壁に陳列てくれている。お店にいたお客さんが私の写真を偉く気に入って『5000円でいいですか?大丈夫ですか?』などと言って買ってくれた。驚いた!私の写真が売れる等と思った事がないので。記念に半額はフロンティアの会に寄付する。
それに喫茶店の主人とこのお客さんが、家族を含め署名してくれた。今日は良い日だ。
私の写真はFACEBOOKにだしているので、データー量が多くなると記事に制限されると思いこのブログにはアップしていなかった。今回は写真が初めて売れた記念にここへアップします。6DSCN2829 b.jpg
因みに喫茶店は街角のカフェ『カメリア』だ。追浜地域ミニコミ誌カメリ丸を毎月発行して今月は11号だ。インターネットwww.anjin.co.jp/goma_news/news2019/201907_04/index.html
から見ることができる。

今日も悪いままに安定している。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し強い、瞼が重ったるい。
ドライアイ:強い。シブシブやショボショボ感が強い。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せてきた。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:弱い。
眼の中の緊張感:強い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中は活発化して音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンと脈動する感じ。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:強くなっている。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が強くなってきた。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


11月13日(水)BTX77日
上記のお知らせにある裁判12月18日に向けて、応援する旨の署名活動を進めているが、圧倒的に高齢者の多い私の知人はネット署名が出来ず戸惑うばかりだ。
仕方がなく手書き署名を集めているが、今月一杯で纏め裁判所に提出するところである。従来の手書き署名は十分人に説得し話し合える時間があって良いけれど、何しろ手数がかかる。ネット署名は手軽に出来て助かるが、どの位の理解を広げられるか?我々高齢者にはチョット心許なく感じる。
まだ署名をしてない方は眼球困難と闘うフロンティアの会 ホームページ
https://g-frontier.xyzから容易に署名ができます。よろしくお願いいたします。

庭に菜の花畑を作ったが、蒔く時期遅れてしまった。仕方がなく夜には断熱シートを作って、布団をかけるように寒さを防ぐようにした。間に合ってくれれば良いが。

結構毎日天候が良くて眩しい。それに湿度も下がり始めた。眼の悪化は先ず眩しさで次に乾燥が大きな要因になっている。

眼の状態 0−


11月12日(火)BTX76日
合唱の練習を一回休んだだけで、皆さんとは本当にお久しぶり・・・とそんな感じになった。最近は眼が悪さで楽譜を見るのに苦労する。繰り返し記号やコーダマークがあると何処だか分からなくなってしまう。1番、2番、3番と歌詞が上下に並んでいるとこんがらがってしまう。変な事で苦労させられる。こんな調子で12月には内輪でコンサートをやるって言うが、困った。
会場への行き帰りは今日も1万歩を歩いた。自分ながら良く平気で歩けると感心する。

眼は本日も悪く終日苦戦した。

眼の状態 0−


11月11日(月)BTX75日
今月初めての老人会カラオケ練習日だ。昨日の演芸大会の録音を聴いたり、お菓子とお茶で話をして殆ど終わってしまった。気休めに皆でカラオケを歌って済ませた。
帰宅してからは何となく全身が疲れて、積極的に何かする気が起きずダラダラと休んでしまった。

眼は本日も悪く終日苦戦した。

眼の状態 0−


11月10日(日)BTX74日
私の住む追浜地区老人会の演芸大会に合唱で参加した。いろいろな演目がある中で合唱をしたのは私達だけ。他は民謡、三味線、日舞が殆どで同じグループが入れ替わり立ち代わり舞台に上がって盛り上げていた。要するに老人たちも参加減少が毎年激しくなっている。この調子では数年の間に演芸大会も終わるのではないか・・・随分寂しい話である。午後は月一回の視覚障害者向けヨガに参加した。この効果ははっきりしている。せめて月4回位はやりたいところだ。

眼は本日も悪く終日苦戦した。

眼の状態 0−


11月9日(土)BTX73日
難病・慢性疾患全国フォーラム2019を聴きに行った。第一部では患者・家族の声、第2部ではパネルディスカッションが行われて難病法指定後5年になろうとしているとき、更に問題が取り残されていることを明らかにしてくれた。
また全国フォーラムのアッピールとして、超概略であるが
〇軽症者の登録カードの実現
 軽症者の福祉制度の活用や就職・就労・就学や支援のあり方に有効な役割を持つ。また症状の変化、特に急な重症化・増悪への対応としても重要である事
〇重症度の基準の見直しは症状にあわせた支援を行う事が患者・家族にとって極めて大切な要素であり各疾病の特性に沿った支援を行うために、医学的な見地での重症度とは異なった基準と判定が必要であること
が採択された。

私達の眼瞼痙攣はジストニアの一つの症状であるが、難病としていまだに議論されていない。難病としての追求と向精神薬の薬害も併せてアッピールしてゆかなければならない。

眼は更にわるかなってきた。今月28日が第43回目のbtx注射の予定だ。もう効果も下がってしまったのだろう。

眼の状態 0−


11月8日(金)BTX72日
写真同好会の定例発表会だが最近辞める人が続いている。ここも高齢者集団だから、当たり前ではある。私は今月の作品が出せなかった。写真編集専用にしていたパソコンWindows7がついにダウンして、もう一台のパソコンWindows10とPhotoshop
15の組あわせが上手く作動出来ずに参っているのだ。教則本はあるがジックリ読みながら勉強する時間と根気がない。大体私は脳が無いのに欲張りすぎるのだ。
会の代表が立川くるみの裁判を支持して呉れ、皆さんが署名をしてくれた。
それは兎も角、終わってから女性達に気を使って白玉とお茶で会話を楽しんだ。地元の三崎出身で海で泳ぐのは大好き、その上に本格的山女でもある。健康と頑丈さは男勝り。山の景色が好きで写真にも夢中になっている。面白い昔話を沢山聴きながらあっという間に2時間が経ってしまった。帰りに女房の誕生日向けのケーキを探してアチコチ店を回って帰宅した。どうやらお気に召したようだ。

楽しんだ割に眼は良くならず、会話中もしかめっ面をせざるを得なかった。皆さんは私の眼についてしっかり勉強できただろう。この会にもう一人眼瞼痙攣の女性がいることを知ったのは今年になってからだ。

眼の状態 0



11月7日(木)BTX10週
衆院第1議員会館で行われた講演を聴きに行ってきた。
1、ベンゾ被害当事者 ダグラス・ウエイン氏の自分の体験、裁判、まともな人権を認められない生活について。
2、若倉雅登井上眼科病院名誉院長
眼瞼けいれんの病気・問題点を解説
3、東京都都議会議員 上田令子氏
薬害、特に向精神薬についての実情と警鐘
等だが今ここで詳細は書けない。

もう一つ第19回製薬協フォーラムを聴きに行った。
薬害の問題を一言話そうと思っていったら、的はずれでPMDAの新たな取り組みを高らかに歌い上げる、お祭りイベントであった。折角、会場からの質問を受けてくれたので『局所ジストニア眼瞼痙攣の患者を扱う医師は神経内科、心療内科、眼科、神経眼科等になるが治療として使う薬剤が異なり、薬剤禍をきたしている。このような問題は何処にぶつければいいか』と質問した。『医師同士で話し合い、解決して貰いたいと』あっさり片付けられた。質問は私一人で議論する場でもなく終えてしまった。

眼は昨日よりわずかに良くなった。重要問題にかかわる講演に出たので眼は前は向き志向で少し良くなったみたいだ。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し強い、瞼が重ったるい。
ドライアイ:強い。シブシブやショボショボ感が強い。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せてきた。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:弱い。
眼の中の緊張感:徐々に高まっている。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中は活発化して音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が強くなってきた。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


11月6日(水)BTX70日
極めて絶対音感に優れていると子供の頃か期待されていた青年のヴァイオリンコンサートを聴きに行った。ヨーロッパでも勉強し活躍をして今は一時期日本帰国しているとの事だ。久しぶりに聴いて、アッ音が良くなったな! 選曲も昔の難曲に取り組む姿とは随分変わった気がする。素人の私が評論するのはおこがましいのだが。
会場に行く電車は時間より安さを重視して京急、東横、大井町、田園都市の4路線を使った。地図でみると馬鹿にしか見えない遠回りだ。

今日も快晴、乾燥で太陽がサンサンと輝き、眼には苦しいだけの最悪の日となった。
立ち止まらずに歩けたから良かった。瞼が離れずに立ち止まって瞼が開くの待って歩くようになったら成績は−1になってしまう。眩しさが特別酷かったのが今日の特徴で他の症状は昨日と同様である。

眼の状態 0−


11月5日(火)BTX69日
今日も良い天気で何処かへ行きたいところだが、町内自治会館が古臭くなって建て替えようと話が進んでいる。その為には不用品を捨てなければと、有志が集まって廃棄物を整理した。それだけでは済まない、隔月やるワンコイン茶話会で歌う歌集を作るという偉い作業があった。38曲を30冊作るのに、印刷から初めてクリアーファイルに収めるのに8人で2時間半かかった。クリアーファイルに歌詞を一枚一枚入れるまだるこっしい事、精神的に極めて悪い。皆でやったから出来たけれど一人ではとても無理、放り出してしまうだろう。

こんな訳で詰まらない作業と、乾燥した晴天は非常に悪影響があった。瞼は下がって、ショボショボする、眼の奥は緊張感が強まりドライアイが顕著になった。口は絶えず尖がらせたり、への字にしたり、頬は痙攣した。

眼の状態 0−


11月4日(月)振替休日 BTX68日
晴れたのは良いが、変に忙しかった。演芸大会向けに臨時合唱の練習と公園清掃が午前中にやることになってしまtった。会場準備⇒公園清掃準備と開始。途中から自治会館に行き合唱の練習⇒自宅に戻り簡単に昼食⇒自治会館の不用品を選び⇒老人会の役員会。帰ってから庭の手入れ。

疲労が溜まって眼が良くなる訳がない!!

眼の状態0


11月3日(日)文化の日 BTX67日
終日在宅で平穏、即ち消極的生活となった。実際二日連続で遠距離を歩くと疲れが出てしまい。何となくボンヤリ過ごすようになる。これではいかんと気を取り直して土をひっくり返して庭づくりに励んだ。しかしどうしても今一気が乗らない。こんな時は諦めてテレビを聴きながら時間を過ごした。こんな調子だから後になって番組は何だったか分からない。N響のコンサートを聞き逃してしまった。

眼は悪い。ショボショボ、シブシブで頭はボンヤリしている。

眼の状態0


11月2日(土)BTX66日
恒例の友の会交流会が台風の影響で中止になっていたが、スタッフや医師の努力で延期開催となり本日となった。私は近所のYさんとお互いに付き添いとなって会場に向かった。いつも往復4時間かかるので良い情報交換の機会となっている。
会場では立川くるみさんが『眼瞼けいれん発症体験マンガ』を作ってきた。中々良く出来ている。『みんなだ勝ち取る眼球困難フロンティアの会』はいつも資金不足で困っているから、これを売って少しは賄おうと言うわけだ。裏表全6ページA5版。500円ぐらいで売りたいがどうだろう・・・・皆さんに買って頂きたい。
テーブルごとに話し合いがあって、役員の方とたまたま看護士さんが二人もいらっしゃって話がすっかり盛り上がって賑やかで愉快な時間が過ごせたのは大きかった。

追浜から電車に乗って会場まで、殆ど電車に乗りっぱなしである。途中、屋外を歩くことはほとんどない。会場では賑やかに話ができたけれど、その反動も眼に出たらしい。眼に緊張感が強くなって、ショボショボするようになった。

眼の状態0


11月1日(金)BTX65日
追浜地区老人会の演芸大会に出るため、楽譜の表紙を揃えるのだが探したファイルが中々見当たらずにとうとう6駅も離れた大きな店まで行く羽目になった。折角だからとファイル以外に剪定鋏や菜の花まで買ってしまった。消費税アップに対応してカード払いとポイント稼ぎも怠らないようにしている。ここまで来ると、帰りは海岸に沿って3駅分は歩きながら海の景色を歩いて帰った。

矢張り秋の青空は眼に悪い。眩しいのが一番気になる。ドライアイでショボショボシブシブになり、引きずられて眼が痛くなり、緊張感もました。

眼の状態0−


10月31日(木)BTX9週
朝方は靄か霞みかと思う天候で晴れて暖かい。勿論風もない。従って庭作業に集中した。季節が変わってきて植物も大人しくなった。この季節に来春の準備をしないと手遅れになる。急ぎたいが焦らずに集中した。老人会の仕事もあって、書類作りをして配布しなら町内を回っていると簡単に一時間は過ぎてしまった。

眼は割と良い状態になった。穏やかな天候が助けてくれたような気分である。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し強い、瞼が重ったるい。
ドライアイ:少し強い。シブシブやショボショボ感につながる。
眩しさ:最近の天候は雨か曇り。眩しさは弱い。透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
眼の中の緊張感:緩くなった。眼より気持ちの面で助かる。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が強くなってきた。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月30日(水)BTX63日
今日は快晴のなか都内の実家に行って来た。オーブントースターの交換が重くて運べないからと頼まれたからだ。尤も母の命日とあってお寺に行くのがメインだ。
今は大江戸線が走っていてお寺から実家まで簡単に行けるので助かる。この路線はかなりの地下を深く走っているの・・・大水害と停電があったらあっという間に水没するのではないか、排水ポンプの非常電源はあると言ってもその危うさを最近実感するばかり。悪天候の際は地下鉄に乗らないように心掛けている。
帰りに澁谷から東横線に乗り換えると一時期に比べ通路が分かるようになった。やっと駅ビルの一端が見えるようになって、近代ビルの綺麗な明るい透明感を楽しませる雰囲気が感じる。

晴れで明るく、湿度は低く、気分は普通と眼には悪条件だが、案外眼は酷く悪くもならずに済んだ。

眼の状態 0+


10月29日(火)BTX62日
小雨降る中を都内の芸術劇場に出掛けた。小学校からの友人からヴァイオリン奏者前橋汀子さんのコンサートを聴きに行った。満員盛況でまず驚いた。彼女は私より年上なので、申しわけないが演奏活動はしていない・・・と思っていた。
私にとって知っている10曲で、わかり易く十分楽しかった。たまたま私の町内でクリスマスコンサートをする元神奈川フィルのコンサートマスターの方も毎回ティゴエルワイゼンを弾く、ヴァイオリン奏者には好まれる曲なのかもしへない。前橋さんの情熱とプロ意識には唯々驚かされるばかり。
この演奏会を教えてくれた友人は立派な合唱団のメンバーで、そのメンバーの方が私の臨席になりいろいろと話を伺うことが出来たのも楽しかった。

雨で薄暗く、湿度も高く、気分も良くと好条件が揃ったので眼は少し良くなった気がする。・・・尤もこの条件でも悪いときもあるから何とも言えないが。

眼の状態 0+


10月28日(月)BTX61日
カラオケ部に突然二人が参加してきた。嬉しいが11月10日の演芸大会に出演して頂こうと特訓をした。この一年間なにしていいたの? 私がわぞと歌わずにいたら声はでないし、音程も怪しい。色々演習したが流石に皆さん反省してもう一回練習日を設ける事にしたた。でも7名かあ9名に増えて私もやる気がました。

眼は今日も変わらず。

眼の状態 0


10月27日(日)BTX60日
午前中は先月行ったコンサートの打ち上げ会が練習後にあった。私はまだ曲も歌えず観客に徹していたが、皆さんと知り合う良いチャンスと考え参加した。途中から市の文化祭の最終日なので、見に行き自分の写真は佳作にもならない事を知った。
風変わりな抽象画的写真は、先生方に気に入ることはないだろう。やむを得ない、力なき自己主張であった。

眼は今日も悪い。一時は良くなったり、症状を忘れたりするがどうにもならない。

眼の状態 0


10月26日(土)BTX59日
物置小屋にはもういい加減要らないだろうと思う物が詰まっていて、肝心の室内が片付かない。女房に了解を得て石油ストーブを処分することにした。非常時の災害には役立つと思ったが、もう火が付かない。50cm以下にしないと市が無料で処分してくれないから、分解だけでは済まず金鋸やたがねも使ってそれでも小さくならい鉄板はハンマーで叩き折曲げた。近所迷惑な音を出しながら約3時間で終わった。これで1,000円也の節約になった。
女房は夕方合唱の演奏会とやらで、勝手に食べて下さいとのことだ。近くのスーパーで豆腐とトンカツを買ってきて他は自分で何とかした。

一日中雲が取れない空であった。廃棄作業は作業姿勢が悪くて、結構な重労働になってしまった。特に腰の辛さは格別で眼の辛さと2重奏だ。もう少しヨガをやりたい。眼は今日もしんどく、眩しい日だった。

眼の状態 0


10月25日(金)BTX58日
また台風21号だ。朝から土砂降りが続いた。しかし昨日書いた手紙を出したり、自治会館に用が出来たり、スーパーへ買い物に行ったりと積極的外出主義で過ごした。カッパ、長靴、勿論傘で重装備で出かけた。皆さんは案外簡単な服装で歩いているけれど帰宅して随分煩わしい作業になるのでではないか。重装備は脱いでしまえばむしろ快適になる。

眼は急に悪くなった。こんな時は何かする気が起きない。何となくテレビを聴いてダラダラと過ごした。これでは拙いと気を取り直し、練習に入った歌のメロディーをパソコンに入れた。この音楽ソフトもWindows10版に入れ替えるのに丸々1日かかってやっと使えるようになったばかりだ。
眼が悪くなのも当たり前もしれない。瞼が閉じっぱなしになる寸前だ。

眼の状態 0ー


10月24日(木)BTX8週
また天候が悪くなった。いつでも雨が降りそうな雲が空を覆っている。外出は控えて手紙を書くことにした。立川くるみさんの年金裁判を支援する署名活動を行っているので、その一環としての事であり眼瞼痙攣に関する活動をしている会へ向け協力をお願いしたものだ。
この署名は国会請願ではなく裁判所に正当性のある主張である事を訴え届けるのが狙いなので、皆様にもご協力をお願い致します。簡易的な署名で住所は都府県までで町名は要らない。自分の家族や障害者の代理署名も可能である。インターネット上でも、ダウンロードした記入用紙に記入して送ることもできる。
因みに、眼球困難フロンティアの会のホームページhttps://g-frontier.xyzの見開きから簡単に署名ができます。

慣れない手紙を書いたら眼が悪くなってしまった。精々メールのやりとい程度だからまともな文章も正確な文字も慣れていない。いちいち気を使うので疲れた。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し強い、瞼が重ったるい。
ドライアイ:少し強い。シブシブやショボショボ感につながる。
眩しさ:最近の天候は雨か曇り。眩しさは弱い。透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
眼の中の緊張感:ウズウズと落ち着きのない緊張感を少し感じる。この症状は精神的に滅入らせる。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が強くなってきた。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月23日(水)BTX56日
やっと晴天が訪れた。嬉しくなって近くの鷹取山を目指して散歩「に出掛けた。あいにく台風の被害で倒れたり木や崩れた土砂の後片付けをしていて通行止めになっていた。やむを得ないから歩行数を稼ぐためにいろいろな所まで足を延ばした。一番遠い中学校脇を抜け16号線に降りた。カメラを持っていたので鷹取川沿いに水面の風景を観察しながら下った。満潮どきで水の流れは殆どなく穏やかで、写真を撮りたい景色では無かった。少し波だったり、川底が見えたりと変化があった方が良い。丁度良く行政センターがあり中のコミセンに寄ってヨガ教室を探した。高齢になったらリズムのある体操や筋トレより静かなヨガの方が良い。体調が良くなり体の痛みもない。残念だが日時あう教室は無かった。帰り道は太陽に向かい、川面の反射も面白くなって暫くシャッターを切り続けた。私の写真は風変わりなので、通る人が”この人何を撮っているの?”そんな雰囲気で私を見たり、撮っている方向を眺めて不審そうな顔をする。それを見ているのも私には面白い。
帰宅する頃は青空に雄大積雲や層積雲が並び豊かな風景をみせていた。しかし、この天気はそう続かない。

久しぶりにしっかりと11,727歩を気持ち良く歩けたので眼の辛さを忘れる事が出来た。

眼の状態 0+



10月22日(火)BTX55日
即位礼正殿の儀の日。私は申し訳ないが祭日になっている事を知らなかった。代わりに小学校のクラス会に都内飯田橋に出掛けた。何時も様に偉く気楽で楽しい、特別な事はしないが雰囲気だけで十分だ。健康については皆何かを持っているが危機感を持っている者はいない。唯一人素晴らしく健康な女性がいる。ここまで病気で医者に罹ったことが無い、常用する薬は何もない・・・あるとすれば日本酒を毎日楽しむだけ。お化粧はしないが色白で全く若々しい。自分の生き方に自信を持っており、年々発言が積極的になる。・・・全く恐れ入りました。
天皇陛下と皇后さまは立派だ、全く日本の象徴として相応しい。

昨日同様、天候は冴えないが眼は悪くなって、会話にも変な緊張感が出て困った。

眼の状態 0


10月21日(月)BTX54日
町内の公園清掃は案の定大荒れになった落ち葉と折れた枝の整理に追いまくられた。
前回の清掃も時間切れで終わったのに、台風19号で上乗せされてしまった。
またまた来月に持ち越してしまった。
最近は日常の体操や軽い筋トレではあまり効果なく、月一のヨガをやろうと探して歩いた。市のすこや館で都合の良いヨガ教室を2件探して歩いた。ついでに演芸大会に出る際の楽譜ファイルを探したがこれは見つからずに終わった。こんな感じで歩き回ったら13,000歩を簡単にクリアーした。
たまに雨が降るどんよりとした天気でカメラを持っていてもチャンスはなく、面白さに欠けるウオーキングだった。
夜にはWindows10にはトラブルの多い音楽ソフトのヴァージョンアップを行ったら、訳の分からないことだらけで一旦中止を余儀なくされた。高齢者泣かせだ。

何故か眼が少し楽になった。何時ものように原因は分からないが、薄暗い天候と湿度の高さが影響しているかもしれない。

眼の状態 0+


10月20日(日)BTX53日
合唱の練習に行ってきた。会場は小学校の教室で椅子も机も小さくて面白い。
先日コンサートが目出度く終わって、新しい楽譜が配られた。ビックリしたのはコールユーブンゲンも買わされた事。合唱基礎訓練の本で中学校で習ったことを思い出した。およそ勉強などする気がなかったから、何も覚えていない。今から70の手習いだ、いや来年は80の手習いになる。新曲は”誰もいない海” ”希望” ”峠の我が家” ”小さな好み”で皆知っているものばかりでカラオケなんかでは簡単に歌える。合唱となると細かい所まで気を配らないと揃わない・・・今までは随分雑に歌っていたことに気が付くしまつ。

それでも楽しく歌えたし、生徒さん達と話が出来て良かった。練習だけでサッサと帰るのではつまらない。その効果は眼に出てきた? 少しは症状が軽くなった。

眼の状態 0


10月19日(土)BTX52日
またまた天候が悪くなってきた。今の天気予報は精度が高くてネットで調べると横須賀の天気を1時間毎に明日、明後日と教えてくれる。確率付きで雨量、風速、風向きが分かる。テレビの天気予報も画像の作りが凄い、特に風の流れはまるで水の流れが動くようだ。恐ろしい程の世界の気候変動にはこの位の事をする必要がありそうだ。それは兎も角カメラを持って出掛ける気にはならず、廃棄物の解体に取り組んだ、錆びて使えない装飾品、リスの小屋、嵩張る電気製品等々を50cm以下の大きさにした。一方庭木の剪定も必要になってきた、いつの間にか自由勝手に伸びだしている。良い天候が続けばやることは山の様ある。

眼はショボショボして瞼が重く下がる。最近は晴天が少なく眩しさの負担がかからないので助かる。

眼の状態 0


10月18(金)BTX51日
朝寝坊を決め込んで、軽く食事を済ませた。今日は町内老人会の誕生日会である。
特に大きな準備も要らない。弁当、お酒、飲み物程度で誕生日該当者はこれにお赤飯がつく。会長が祝辞をのべて乾杯、該当者はお礼の挨拶程度だ。あとはお知らせ位で会話が続く。そんな程度で難しい話はしない。少しは話題になるかと、私が紐を使ったクイズを出した。実は先月の誕生会でもやって誰も出来なくて、宿題にしておいた。結局一か月たっても誰も出来なかった。ヒントを要求されて一言喋ったら、忽ち一人が回答を出した。流石に頭脳明晰な女性であった。
このクイズをここで披露したいが、このブログでは絵が描けない。

結構楽しんだが、眼はそうは行かない。たまたまタイミングよく、私の症状も悪いので皆さまに私の眼瞼痙攣、眼球使用困難症の解説を見本として行った。勿論裁判の経過説明も行い、今後の署名活動に協力をお願いした。

眼はこのところ変わりなく悪い。

眼の状態 0


10月17日(木)BTX7週
高齢者のミニ日帰り旅行に都内目黒にある庭園美術館に行った。団体扱いの20名で予約したが、足が痛い、股関節が痛い、忘れた・・・等々の理由で参加は15名になってしまった。これが高齢者団体の現状である。
芝の綺麗な庭園で車座になって弁当を済ませてからは,やっとの思いで運営している私達の会をどうしたらよいかと、随分と熱心討議を行った。折角の見学そっちのけになることが心配でハラハラしながら見守った。
見学は各自で行い解散し、飲めなくなった男3人とまだ飲める男一人で酒場に寄った。一人はコーヒー、私はノンアルコール、お付き合いにほんの少しビール、まともな酒の注文は一人だけ。店長も大笑いだ。
ここでも会を存続する為にと、議論沸騰すれども名案はなく飲むだけでサッパリ酔うことも無く終わった。

眼は悪い状態は続いている。
眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:強い、瞼が重ったるい。
ドライアイ:強い。シブシブやショボショボ感につながる。
眩しさ:最近の天候は雨か曇り。眩しさは弱い。透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
眼の中の緊張感:ウズウズと落ち着きのない緊張感を少し感じる。この症状は精神的に滅入らせる。眼玉が落ち着かず振戦を起こしているかもしれない。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が強くなってきた。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月16日(水)BTX49日
台風の被害のニュースが止まる事がない。恐ろしくなる。天気は良くならず、追浜まで出かけてPASMOに2000円を入れて、明日のミニ旅行に向けての準備をした。
要するに朝になってから手際よく物事を片付けられずに間違いを起こすからなのだ。
眼球使用困難症で裁判を起こしている立川さんを支援する署名活動を始めた。まずは学生時代の友人にネット利用署名の協力を頼んだ。高齢者だから慣れない事が出来るか、ネットに対する不信感があるだろう、どんな反応ああ来るか楽しみだ。
早速視覚障害者1級の友人から協力する旨の連絡があった。ただスマホを奥さんが使っているだけで、本人は何もできないから手書き署名の用紙を送ってくれとの事だった。もう一軒はお前がやっている活動だから女房と一緒にネット利用で署名すると電話がきた。他の友人達はどうするかな?

眼は相変わらず渋ちん状態が続く。

眼の状態 0



10月15日(火)BTX48日
台風19号の被害が分かるにつれて、途轍もない広範囲であり深刻かつ重大であることがわかってきた。被災者の方々には心からお見舞い申し上げます。
気休めみたいで申し訳ありませんが、少しでも早く復旧されることをお祈り申し上げます。
気象学者がもう40年以上前から、異常気象に気づいていたことを思い出します。ただ地球温暖化のような見解は出ていなかった。しかし退職する20年前には京都議定書が決まり、日本が大胆なCO2削減目標を世界に発表したのでIGES(地球環境戦略気候)関係者達がパニックになりそうだったのを思い出す。
年々気象被害が大きくなれば、後追い対策では間に合わない。地球規模の一致協力体制ができるのだろうか? 『温暖化なんてフェイクだ』と喚いていた大統領が世界を騒がしている位だ。

眼は残念ながら昨日同様。精神的に参る。

眼の状態 0−


10月14日(月)体育の日 BTX47日
朝から雨が降りだしてしまった。老人会のカラオケの出席が悪くなる。
まあ我々は歌の練習、カラオケそれに茶話会だ。歌がきっかけで集まり、話し合える貴重行事になっている。止めよう等と言う噂は出てこないから私もこまる。止めるにやめられない。
午後は視覚障害者向けのヨガに参加した。始めい一人一人一言スピーチを行う。
私は『台風の被害は全くなし。気候が良くなって眠くて仕方がない。目の覚めるようなヨガをお願いします』と挨拶した。きついヨガを期待したが、それ程のことも無く終わった。

寒い位で薄暗い天候になった。上着が必要になった位だ。通常は眼に良い天候なのだがサッパリだ。ショボショボ、シブシブ、鼻に皺寄せ、口はへの字かひょっとこのように突き出し、頬に痙攣をおこしかなり辛い日になった。

眼の状態 0ー


10月13日(日)BTX46日
BLIND WORLDと言う視覚障害者向けイベントがあるので逗子文化プラザ市民交流センターに行っ的にみたら台風直後とあって中止となってしまった。関連のポスター・チラシ、案内、資料を先生がお一人で展示、説明をなさっていた。希望した講習はなかったので、そのまま地元の合唱発表会に行ったら此処も中止。やむを得ない一日となった。
今回の台風の被害はまた大きな水の被害となってしまった。大規模の気象災害は地球温暖化によることを皆認識するようになったが、世界共通認識で対応する様子は見られない。目標あれど実行不可能と諦めた様子、最終的には人類破綻に突き進むのだろうか。

台風一過、眼の悪さも殆どなくなった。ショボショボ感だけは抜けない。
外を歩き回り15,329歩になった。気持ちの上では辛さは無かった。

眼の状態 0+


10月12日(土)BTX45日
最強の台風19号が来たけれど、上陸地点は伊豆半島に大きく西側にそれた。
海に近いので実家の都内より強い風が吹き荒れた。雨よけになるシャッターは、ドオツ―と風がなると、バーンと叩きつける凄まじい音がする。始めのうちは何処かで金属を叩いているかのように思った位。速度も速く22時過ぎる頃は、シーンと静かになってしまった。玄関を開けて外にでると、嘘のように静かな普段の夜になっていた。準備した屋外も困るものが飛び散ることもなく、助かった。

眼はだんだん頭が重く、瞼も重く開かず鬱陶しい限りで単純に瞼が閉じるより遥かにしんどく精神的にこたえる。

眼の状態 0


10月11日(金)BTX44日
台風で風に飛ばされないように、いろいろ想定しながら準備を完了した。でも40〜50m/秒(144〜180km/時)なんてどうすれば十分なのか分からない。比較邸小さい窓にはシャッターがないから気休めにテープを貼ろうか?ゴミ回収の箱が3種類ある。風の来ない裏側のお宅の間に寝かせてレンガをのせて置いた。いつも吹き溜まりになる所に置いたのだが、さて?

眼は一層悪くなった。ショボショボ、強く閉じる、眼の奥に僅かに緊張感を感じます。これが憂鬱にさせます。

眼の状態 0―


10月10日(木)BTX6週
やっと庭の雑草退治が終わった。しかし台風の準備に忙しくなった。植木鉢がゴロゴロしているのを纏めたり積み上げたりと忙しい。
昨日歌の先生の事が気になって、会長さんに電話で話してみた。先生はイタリア語やドイツ語で歌うのが大好きらしい。また皆が歌うのを聞いては、もっと良くならないかとドンドン修正するようだ。その度に生徒さんはパニックになるとの事。10人に満たない小グループだから、納得ずくでそんな事も気にせず楽しんでいる会だ。それならこちらももう少し気楽に参加できるだろう。

眼は昨日また悪くなった。ショボショボ、閉じる、眼の奥に緊張感がある。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱いけれど瞼が重ったるい。
ドライアイ:弱い。
眩しさ:今の季節は太陽の日差しが低いのでやや強い。透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
眼の中の緊張感:ウズウズと落ち着きのない緊張感を少し感じる。この症状は精神的に滅入らせる。眼玉が落ち着かず振戦を起こしているかもしれない。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感は殆どない。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月9日(水)BTX42日
矢張り終日休息かつ終日在宅となった。台風19号がこちらに向かいそうで気になる。建物の外周に吹き飛ばされそうな物を纏めて準備し、雑草刈を行った。どうやらこの草刈りも終わりが近づいた。もう一息頑張ろう。

疲労が抜けないけれど、眼は若干良くなった。風邪をひき掛けているらしいので
ルル3錠を飲んで何時もに輪をかけグウタラらで過ごした。

眼の状態 0


10月8日(火)BTX41日
小グループの歌の会に出掛けた。この先生は合唱の編曲するのが楽しいらしい。
歌ってみてから色々と直すので生徒たちはパニックになる。私のようにまだ慣れていないと何も分からずのに済ましてしまう。ちょっと困った。
これでは年末に内輪のコンサートには歌えなくなりそうだ。・・・そう先生に言ったら、心配して辞めないで下さいよ、と偉く心配させてしまったらしい。
今日も練習会場に行く電車賃節約と健康増進のために5区間を行きは2区間、帰りは3区間分を歩いた。都合13,436歩になった。実際これは歩きすぎで、明日は疲れて家で休んでしまうのが普通だ。

眼はショボショボで瞼が開けない。

眼の状態 0


10月7日(月)BTX40日
老人会の公園清掃を久しぶりに行った。暑いから夏休みと天候不良と台風襲来もあったせいだ。公園は雑草が元気に育ちすぎ、台風で枝折れと木の葉が大量に盛り上がっていた。とても我ら老人ではやり切れない、2週間後になるがその頃にはまた元に戻ってしまいそうだ。また19号台風は頗る協力だとの事、最近の天気予報はかなり正確になったので恐ろしい。非常事態に備えるか。水、食料は兎も角、
大停電にはどうすりゃ良いのだ。
清掃後はすぐに役員会があって秋の演芸大会に我々カラオケ部が3曲を披露することになった。参加することに意義あり。

眼は歩いているとき60%以上閉じてしまう。瞼が重く、ショボショボし、ドライアイも強くなった。頭の中はボンヤリして働かない、唯でさえボケに悩まされているのに堪らない。

眼の状態 0―


10月6日(日)BTX39日
日本のラグビーが大活躍をしてくれ嬉しい。日本人には無理だろうと思っていたスポーツの一つだ。フィギュアスケートは既に世界トップクラスでこれからはラグビーに期待してしまう。更にバスケットボールもこれから楽しみになってきた。
先日NHKテレビで慢性痛の話があった。この中で日記と瞑想について解説していた。
どこも悪くないのに痛みに悩まされる。日記と瞑想は自分を良く観察し、自分を把握して積極的な生きることが痛みから防ぐ・・・そんな風に理解した。症状を忘れる位、自分を好きな事に集中させることが重要であると思った。自分には合唱や写真に夢中になることに通じているように思えた。

そんな事を考える一方で眼は昨日より更に悪くなってきた。症状は昨日と変わらないが程度が進んでいる。

眼の状態 0


10月5日(土)BTX38日
毎年今頃になると『よこすか海洋シンポジウム』がボランティア活動で行っている。地道な活動で人気を集めているが今年は『近代日本と鯨』および『日本の生活と鯨』
のテーマで行われた。前者ではアメリカが捕鯨のために日本に来たことやその基地として日本に開国を求めてきた話を聞かせてもらい、あまり知られていないペルリ以前の様子を知ることが出来て面白かった。
この講演会の後はいつものように友人達と一杯を楽しんだ。しかし私達のミニ日帰り旅行会も高齢化が進みリーダー不在となり、一方会員も減って困っている。皆自分がリーダーになるが気力が失せて『決めてくれれば、ついて行きます』の雰囲気が濃厚になった。

朝から眼が重くなって瞼が閉じてしまう。表現のしようがない、しんどさや不快感が強くなった。人と話をしているときも頬が痙攣するので苦労した。最近はノンアルコールで済ませるから気持ちが今一高揚しないので尚更である。

眼の状態 0



10月4日(金)BTX37日
私の歳になると当然準備そしなければいけない事がある。実家に出掛けて区の臨時相談室に行ってみた。案外やるべき事は常識的であり以外に思う事は無かった。難しいと言うよりは実行するかどうかの方が問題である。ただ最近大手の不動産会社や金融機関が信託などとお手伝いをしてあげる旨の広告宣伝がある。最近はこの手の案内が増えてきた。十分注意を要する。
姉弟で久しぶりだからとわざわざ築地に出向いた。有名寿司店に入るとお店も構えが立派で一体幾ら掛るかと心配しながら待っていた。出てきた寿司を口に入れたら
”あっ! シャリが暖かい”炊き立でかもしれない、これは無いだろう。
すっかり白けてしまった。素人だから何とも言えないが???

瞼の重さが気になり、睫毛の位置に当たる脳の感覚に変な緊張と重さを感じ不快感を引き起こしている。閉じる力もやや強くなって特に下側瞼が変に上に動き閉じようとする。頬や口の周辺の痙攣と緊張もはっきり意識するようになった。BTX注射後一か月を過ぎている。この頃から悪くなったケースも経験済みで驚く事も慌てることもない。

眼の状態 0


10月3日(木)BTX5週
ミニ旅行会に参加する人数が20人になった。高齢化してメンバーだから、人数が纏まらなくなっている。まして湘南地域から都内の庭園美術館となると尚更である。
無理なお願いをしてトラブルが起きても困る。何しろ大半が70代なんだから。
この美術館は20名以上を団体扱いにしている。頼む、誰も休まないで!
高齢者の団体割引も大きいから、天の神様、仏様、キリスト様お願いします。アラーの神様は信者がいないからお願いしなくてもいいかな。
今日も雑草刈を続けた。家の北側だから苔や羊歯やドクダミや苔などが多い。
土ごと大きく掘り返して、引っこ抜くが腰の負担が大きい。

瞼が重ったるくて、開けるのに負担が大きい。でもそれだけで贅沢は言えない。
道路を横断する際に左右を確認するのに困る。眼がうまく動かないから、首ごと大きく振らざるを得ない。他人が見れば、隋便大袈裟なことをする人に見えるだろう。
そうは言っても、瞼はそんなに閉じないの我慢する範囲だ。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱いけれど瞼が重ったるい。
ドライアイ:弱い。
眩しさ:今の季節は太陽の日差しが低いのでやや強い。透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感は殆どない。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月2日(水)BTX35日
横須賀文化祭に出品する写真のプリントを指導の先生から受け取った。しかしこの先生はあまり煩い指導は行わない。あくまで自主性を重んじるので、上手く編集して下さい等と言うと断られる。もっともな話で、自分の作品でなく先生の作品になってしますからだ。世の中には自分流に直す先生も珍しくない。流派などと言うのはこう言うケースだろう。私の作品は風変わりだから、出品しても入賞することはないと思う。とにかくプリントの出来は気に入った。上々の出来栄えだ。
引き取りの帰りには海岸を散策しようと意気込んでいたが、あれこれと溜まった仕
事を思い出すとサッサと帰宅してしまった。

本日も眼は助かっている。不自由なりに満足する。

眼の状態 0+


10月1日(火)BTX34日
また連続で2日を一万ぽ以上歩いたせいらしい。疲れてまた外出をサボった。
それでも家内の仕事はやっている。掃除機で清掃、風呂の清掃、自分の着るものの洗濯そして庭作業だ。この庭作業が徐々に苦しくなってゆく。体操や 軽い筋力トレーニング、スクワットを頑張ると却って疲労が溜まる。もう頑張れる時期は終わったみたい。歩くのは結構いけるが、毎日連続は矢張り難しい。
愚痴ったが猛烈な雑草刈を続けている。これもどうやら先が見えてきた、次は庭木の剪定作業が待っている。季節が焦るくらい早い、植物は私を待っていない。

眼は助かる。不自由なりに満足する。

眼の状態 0+



9月30日(月)BTX33日
眼球困難フロンティアの会代表の立川くるみさんの東京高裁に於ける控訴裁判を傍聴してきた。始まったら裁判長は最初から地裁判決を打倒として、サッサと控訴を却下して終わろうとした。勿論、国側検事も同じであった。控訴など無用で早く終えてしまいたいとの意図ははっきりしていた。弁護側の意見を無視できないので、もう一回弁論を認め12月18日に結審する日程が出されました。
この裁判は最初から難しい闘いになるとおもっていました。まず診断基準そのものが不備であり、法律見直し検討会では多数決で眼瞼痙攣は程度に拘わらず障害手当金で済ませてしまたことも大変不利に影響しています。更に障害が発生した時期H25年について本人の症状を厳密に、客観的にわかり易く照明するのが難しいことです。医師の診断書でも裁判で使うような記録ではないと思います。医師が自分の診療記録として後に使えるためにしているのであって、裁判で証明するための記述ではないからです。検事側では揚げ足取りで原告を嘘の主張しているかのようにする不毛の議論をして本質から逸らしている。
弁護側は『機能障害』と『能力障害』の説明で議論の本質を主張するようだ。
前者は文字通りの障害であり、後者は本人が努力(音声機能を使い読む聴く、白状を習得する等)で足りない能力を補うがそれでも補えない障害が残ること。
検事側の主張はこの二つを混ぜ返して、本人が努力して補った行動を逆手に使い
『出来るくせに嘘をついて出来ないと主張していると』裁判官に訴えている。
今度の高裁で弁護側はどのように主張できるか、裁判官はどう判断するかしっかり見て行こう。


私は技術端であり、生産会社で働いてきた者として眼科の診断基準に極めてルーズだと思っている。
視覚障害の判断基準はご承知のように視力と視野で決められている。
視力では表示されている表の明るさがどの程度範囲に収められているか、キャリブレーションは定期的に行っているか?点検記録はあるのか?明るさの規定範囲で判読しているか?まさかサングラスを着用していないだろうな?規定時間内に判読しているか?そもそも規定時間はあるのか?
既定の明るさや規定時間内に判読出来なければ、時間をかけて何度も違う文字で検査したら読めない文字も読めてしまうこともある。
勿論、被験者がわざと視力をごまかさないための配慮をして時間をかけていることもあるとは思うが。
眼瞼痙攣の患者は眩しいことが多く瞼を閉じてしまう。この検査に眩しくて応じられないなら、視力障害があると判断すべきである。
視野検査では、光点を移動させて視野範囲に入っているかどうかを確認して判断をしている。光点は自動的に移動するが、ただ手動でゆっくり時間をかけ移動し検査することができる。
視点が移動すると、私のような眼瞼痙攣の患者は苦しくて追いきれないで瞼は閉じてしまう。実質、視野が極端に狭くなっているのと同じであり視野障害があると判断すべきである。

以上のように工業の世界では考えられない位曖昧な検査に思える。時間の要素を無視しているのだ。日常生活で時間要素を無視したらとんでもないことだ。車の運転、スポーツ、歩行者だってそうだ。動体視力と言う時間要素の概念が欠如している。
外国から技術導入をして、日本国にも適用させる手法は工業技術の世界ではもうとっくに終わっている。眼科医学界でも独自に基準を作り、世界をリードしたらどうか。

裁判後、傍聴に来ていただいた方を含め7名と昼食・懇談をした。馬場村塾から2名、ブラインドサイトから1名、付き添い1名、立川さんの友人、眼瞼痙攣の患者は立川、坂本の2名。皆さんの明るい前向きな会話は楽しく愉快でした。終わってからは一人で日比谷公園を散策して写真を撮りまくって帰りました。

眼は今日も元気で一万歩を歩くことが出来ました。

眼の状態 0+


9月29日(日)BTX32日
所属する会のコンサートを聞きに行ってきた。私は入会したばかりで、沢山の曲を覚える時間もなくてパスした。立派な演奏会で演出もしっかり出来て、私のような初心者程度では今後一緒にやれるかなと思うくらい。でもその分楽しみで来月から本格的に練習参加する。
今日も運動と節約を兼ねて十分歩いた。16,000歩になった。明日の疲労が心配になる。

眼は疲れが酷かったが、瞼は何とか開いていた。まあまあである。

眼の状態 0+


9月28日(土)BTX31日
良い天候に恵まれて追浜地区老人会の町内対抗グラウンドゴルフ大会に参加してきた。行ったら私の町内の会長がドタキャンしてしまった。それでもクレームをつける人もなく順調に終わった。私達二人はスコアが56と57で如何なる賞品も貰えなかった。終わってかなり遠いい街の行政センターに出掛け、インクジェットプリンターの不用品回収箱まで届けてから帰宅して今日も一万歩を達成した。
帰ってからはまたもや雑草と取り組み、もう足腰を立たせるのがやっとの状態になった。

眼は今日も良い。

眼の状態 0+


9月27日(金)BTX30日
昨日も8000歩程度歩いたのでまたぐうたら生活になった。午前中は歌の楽譜を一生懸命にパソコンへ取り込んだら全て一瞬で消えてしまった。音楽ソフトのメーカーに問い合わせをするとwindows10では使えないので、新しいソフトを買ってくださいとの事。4,800円に新しい消費税が乗るのだろう。参るな!
午後は雑草と格闘して終わった。
今日も散歩の帰りにノンアルコールビールとトコロテンを買って帰り、夕食に備えた。

眼は今日も良い。

眼の状態 0+


9月26日(木)BTX4週
前立腺手術後の定期検査に出掛けた。結果は全く問題なしでこれから3か月毎から半年毎に切り替わった。時間はかかるものの順調な回復と思う。いつもこの病院に来ると近くに住んでいる友人と情報交換をしている。病院最上階の東京湾を見渡す絶好の場所である。お互いにあらゆる分野での意見交換をしている。・・・実際はただの世間話で高邁な精神に基ずく様なレベルではない。それでもタップリと2時間も話して病院から『診察室にお出で下さい』とアナウンスを受けることがある。

友人と話しているときだけ瞼が閉じたり、片目を強く閉じたり、口の周辺が痙攣したりしんどい症状があった。ただそれだけで、その後は普通の悪さに戻った。

最近どうも字が読みにくくなった。白内障や老眼が進んでいると思う。そろそろ手術を覚悟しなければならない。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱い
ドライアイ:弱い。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感は殆どない。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


9月25日(水)BTX28日
市の文化祭に出す写真候補を先生に送った。2枚しか出せないので却って選択に迷ってしまう。考えれば考える程これと言ってきめるのが難しくなる。昨日の交通費節約兼体力維持で疲れてしまった。残念ながら1万歩は翌日に影響を残すことがはっきりしてきた。

眼の方は有難いことに、程々の調子でこれと言って特に悪い症状はない。

眼の状態 0+



9月24(火)BTX27日
今日はまた別の先生の歌の会に出掛けた。Edelweis,愛のテーマ、MY WAY、Jesus bleit meine Freud、La Traviata。恐れ入りました、幼稚な歌(初心者向け)ばかり歌っていたので驚く、たまげる、ひっくり返る。でも折角のチャンスだから図々しくやってみる。先生だって私が歌うのを聴いて『良いお声です、是非入会なさってください』と心配りを頂いたのだ、今更断れないだろう。会場に向かうのに二駅分を節約して一日分の8000歩をクリアーしてかつ電車賃を二駅分節約している。往復80円になるから、これでノンアルコールビール1缶に近くなる。今度回数券にすればもう少し、あと一息かな。

今日も眼は同じ状態を維持している。

眼の状態 0+


9月23日(月)BTX26日
敬老の日だが、周辺では特にイベントはない。定例の老人会カラオケ練習日だ。休息時のお菓子を当番の人が忘れてしまって、お茶ばかり飲んでいた。秋の追浜地区で行う演芸大会の曲を決めた。ただ中にはキーが高いので下げてくれとの希望がでる。他の曲だと歌っているのに何故なの? と思うが。彼女曰く男性は声が高いと言う。五木ひろしだって高いでしょ・・・と言う。私には説得も指導も出来ない。結局1音下げたCDを作る事にした。
高めの気温と強風で過ごしやすくは無かった。皆さん、足腰悪くて会場準備もケガしないように余程注意しなければいけない。

眼は同じ状態を維持している。感謝、感謝!

眼の状態 0+


9月22日(日)BTX25日
9月30日に合唱コンサートがある。私はまだ一か月しか経っていないので、参加は辞退して練習のみ参加している。指導の先生の高まりと、生徒さんさんの全体レベルの高まり差は大きい。先生は一生懸命にここまでは歌って頂戴と教えている雰囲気が良く伝わってくる。コンサート後の新曲から参加するのが楽しみだ。この先生は障害者の歌の指導も行っているのが嬉しい。コンサートに歌う。

眼は本当にまあまあの状態を維持してくれている。この程度なら日常生活にあまり懸念はない。交通事故だけは要注意だ。

眼の状態 0+


9月21日(土)BTX24日
三日連続で都内に出掛けたら、疲れてしまった。眠っても休まらず、何か仕事をしても集中力が足りなく、続かない。やりたい事は次々と頭の中に湧き出すがとてもこなせない。もう歳だ仕方がない。グズグズと悩まず諦める。最後まで諦めてはいけない等と言うが、この様なケースには該当しない。でも合唱の練習には出かけてきた。声がかすれて発声が心もとない。歌うチャンスが少ないのが残念だ。今、二つのサークルに入っているが月に5回しかない。自分としては週に2回のペースが欲しい。時間もお金もちょっとむりかな? そもそも眼球困難フロンティアの会に力を注ぐべきだが。

いろいろあるが、眼は耐えてくれている。不自由なれど辛くはない・・・ちょっと我慢しすぎかもしれない。

眼の状態 0+


9月20日(金)BTX23日
お昼の弁当を提供する、老人会の誕生日会が開かれた。これとワンコイン茶話会がある。毎月どちらかを実施しているが、そうそう良いアイディアがある訳もない。マンネリ化してしまう。素人手品をやったり、今日のように私が紐を使ったクイズを出しても種切れになる。でも不思議なもので皆さん集まって話をして食事をすれば、それだけでも満足する。如何にコミュニケーションが不足しているかが分かる。
終わって都内で視覚障害の方向け『楽しく勉強する会の馬場村塾』に参加した。
事前に私達の眼球困難フロンティア会の代表立川さんと食事と話し合いを行い、彼女の友達Sさんも一緒になった。
この塾に参加する方々は大変積極的で前向きであり、参加することが楽しい。段々慣れてきたし、私も発言をしようと思う。人に会える事、話すことは前向き思考を育てるものだ。

本当に眼は良い状態をキープしている。不自由なれど辛さや溜息をつかないで済む事は嬉しい。今注射で世話になっている先生は片道2時間半位かかる。幸い横浜にも良い先生が見つかったので、11月末を最終日として来年からは横浜に移ろう。

眼の状態 0+


9月19日(木)BTX3週
ミニ日帰り旅行で都内四谷にある東京都消防庁を見学した。江戸時代の火消しの様子や最近の消防車、梯子車、防災ヘリと面白かった。子供さん達も興味を持ちそうだ。帰りはお決まりのコースでわざわざビールで乾杯するために、銀座に寄った。我らおのぼりさんはささやかなたのしみだ。帰りになると皆、帰り道が分からなくなって私一人はぐれてしまった。それでも眼の悪い私が一番早く駅にたどりつた。
酔っ払いの高齢者は危ない、私はノンアルコールビールしか飲んでいないが迷う。

まあ楽しく過ごせたから眼も良かった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:弱い
ドライアイ:弱い。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読める。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感は殆どない。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


9月18日(水)BTX21日
姉が暑さに負けて体調不良と聞き、都内実家へ見舞に行った。幸い重篤ではなかった。横須賀の高齢者の間では強い咳が続くことは知られているが、私が世話になっている内科医もしらない。軽い咳止めとうがい薬程度の処方との事で私の経験と同じ。散々な目に遭った。
通過する澁谷の駅は私を混迷させる。幾たびごとに、建設中で景色が変わり乗換時に同じ通路を歩くのが難しく危険と間違いが身に及びそう。完成したら見事な都市ビルの風景が見られるだろう。写真撮影の興味が楽しみになる。

都内では眼が疲れてストレスも溜まる。喫茶店で休んでも痙攣が強く続いた。

眼の状態 0


9月17日(火)BTX20日
朝方は結構雨が降って、老人会の公園清掃は中止となった。順延で木曜日になるが私は日帰りミニ旅行への参加があるので無理、結局大半の方々が都合が悪かったり体調不良で中止となった。20日の馬場村塾に出るので名刺を作ろうと決心したものの、ギブアップした。画面上では出来上がっているのに、印刷ができない。
まだ時間があるからもう少し頑張ろう。眼球フロンティアの缶バッジをシンボルマークとして名刺に取り込んでみた。
この会の会計を集計すると、この1年で交通費だけでも3万円ぐらいになる。寄付だけでなく、会費を頂くことが必要になる。寄付は安定収入にはならない。

昨夜、頑健けいれんの方から、眼調不良で電話相談を頂いた。かなりのしっかり者で頭脳明晰、何事にもよく気配りが行き届く。前向きで自分の眼調をどうやってクリアーするか積極的に考え、行動をする。私からはアレコレと指導なんかできない。
むしろ、のんびり、ゆったり過ごしたらと言うくらいだ。この方はそれが出来ない性分で損をしてしまうような気がしてならない。

ゆっくり過ごせたのは良かった。

眼の状態 0+


9月16日(月)BTX19日
昨夜からまた強い雨が降り続いた。本当に千葉県は弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂だ。高圧送電線の鉄塔が倒れたり、塩害による絶縁不良による停電だが。いつも沖縄はどうやってこの被害を防いでいるのだろうと思う。昔から台風の通り道だから、当たり前のように対策が施されているのではないか。行政は沖縄へ見学に行くなり指導を受けたらどうか。議員さん物見遊山の勉強ではなく沖縄から学んでもらいたい。老人会の公園清掃は中止となって、申し訳ないがちょっと嬉しい。
夕方には雨が止んでいて、自宅で逞しく伸び切った雑草と奮闘した。蚊の攻撃を防ぐために自分の周辺に蚊取り線香を3個配置している。これだけやると流石に蚊は全く近寄らない。風の方向が変わっても大丈夫だ。

お蔭様で、あまり悪い症状を気にせずに済んだ。案外好成績だ。

眼の状態 0+


9月15日(日)BTX18日
チャレンジド ヨガに参加。知り合いとは簡単に挨拶する程度で、そんなにお喋りをする余裕はない。終わった後にお茶の出ない茶話会があってから小一時間程話し合う。先生が視覚障害の初心者向けの話し合う場にしたいとのご希望である。皆さんヨガが終わったらサッサ帰ってしまう。夕方にかけて早く帰りたいだろう。もっと楽しく話し合える雰囲気を作らなければ。
いつも一杯やるメンバーも今日は用があって、何事もなく解散となった。

今日も終日ボンヤリ状態であまり悪い症状を気にせずに済んだ。

眼の状態 0+


9月14日(土)BTX17日
天候は薄い雲が広がって涼しく感じる一日。老人会の用事でちょと出かけたのと、ノンアルコールビールの在庫が切れたので買い足しに行った程度済ませてしまった。
しかし千葉県の方々の停電被害は深刻で、お気の毒だがこちらも忽ちお役に立てることがない。電気がこんなに普及していると、電気文明の脆弱さを思い知らされる。
戦中、戦後のどさくさは却って停電で悩む事は無かった。インフラが高度に整備すると突発的な事態にはあまりにも弱い。平和な日本は良い、戦争でミサイルがボンボン飛んできたら忽ち日本は機能不全になる。

何となくボンヤリした眼で過ごした。ボンヤリは眼に良い。

眼の状態 0+


9月13日(金)BTX16日
写真の勉強会の日。いつものように私の作品は綺麗な風景や花、可愛い動物はないので女性方には凡そ関心がない。この記事の始めにFACEBOOKのアドレスを紹介しているので、良かったらご覧ください。終わった写真展と今月の勉強作をアップしておきます。そんな訳で人気がないが、時々関心を持って下さる貴重な方々もいらっしゃる。奇特な方がご自分のリトグラフ作品個展に2、3枚置かせてくれるとの事。折角だから引き受けよう、でもご本人に迷惑を掛けないよう頑張ろう。来年
だから鬼が笑う話だ、再来年は個展をやりなさいと・・・・後押しして貰った。
鬼の野郎どもの高笑いが聞こえそうだ。

勉強後は真っすぐに帰宅し、ノンアルビールとところてんで一杯し満足した。

眼の状態 0+


9月12日(木)BTX15日
本日もひねもすのたりのたりであった。夕方、鷹取山に登ったら並木の桜が5、6本も5m幅の歩道を遮ってしまい、上を乗り越え下をくぐり登坂障害物競争みたいになった。・・・・うん、チョット大袈裟すぎたか?ここは岩山なので、薄い地層に這っていた木は簡単に岩から剥がれて倒れていた。それれにしても今回の15号台風の威力は凄かった。我が家のすぐ脇、あるいは眼に入った位を通過したんだから
無事だったことは奇跡かもしれない。
我が家には屋根に問題があったけれど、大修理をしただけの事十分にあった。
築20年たったとき、大手住宅ハウスメーカーD社が点検にきて『問題ありません』として帰って行った。ただ塗装をする時期だったので、塗装の業者さんにお願いした。ついでに鉄板瓦ぶき屋根の塗装も点検してもらった。その結果驚きの大問題が発覚した。西側の瓦が90枚以上位置がずれていたのだ。自宅近所の大工さんに事情を話したら、『基本作業が全くできていない。上場会社なのに考えられない』と唖然としていたのを思い出す。D社は保証期限切れだから有償工事で引き受けますと嘯くばかり。そんな訳で今最強と言われる屋根に切り替えたが良かった。近くに東海した家の屋根、壁が道路をふさいでいたのも見かけている。
今日も雑草と格闘した。

眼は嘘のようにマアマア状態を維持している。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:やや強い
ドライアイ:やや強い。眩しさ:まあまあ。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。頭の中に音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読めたけれど今は出来ない。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感気になる。会話中に気になる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


9月11日(水)BTX14日
ヤッパリ昨日の余計な散歩の反動が出てしまった。それに暑い。怠けご心に鞭を打ち、雑草と取り組んだら忽ちバテてしまった。それでも休み、休み、嫌々やっていたら中高時代の友人から秋のクラス会の相談がきた。友人は都内在住だからお互いに便利な中間の品川か横浜にしようと提案だ。すぐに横浜案が決まり日程調整をお願いした。夕暮れにはノンアルコールビールと冷奴を気持ちよく楽しんだ。
ノンアルは慣れてきたが、缶一本で十分だ。沢山飲んでも酔っていい気分になることはない。却ってお腹が冷たくなってしまう。

お蔭様でここのところ、眼は何とか良い状態を続けている。

眼の状態 0+


9月10日(火)BTX13日
歌の会でまた間違えた。午後なのに午前10時から会場に行ってしまった。丁度良いからと逗子の海岸に出てみた。波は静かで立ち漕ぎでサーフィンボードを練習していいる風景が面白かった。上手な人は真っ直ぐ立つけれど、初心者は膝も腰も曲げて必死に漕いでいる。私は立つこともできないが。余計な行動をしたので今日は22,969歩(約16km)も歩いてしまった。明日の反動が恐ろしい。

歌の会に眼瞼痙攣の方を発見した。何事につけて敏感で大腸カタルで悩まされ、アレルギー体質。瞼が閉じたときは指でこじ開けても開けられない閉眼固守になる。
ただ、アレルギーの薬を飲んで40分程ジッと我慢していると治るそうだ。
個人差の大きさには驚くばかり。

眼は以外に良い。本当に今回のBTXは成功の部になるかもしれない。

眼の状態 0+


9月9日(月)BTX12日
台風の被害らしいものは無かった。木の葉と小枝が自宅の庭や道路に散らばった程度だ、そう作業用の長靴のしまい方が悪かったので中に水が溜まった位。でも台風は自宅のすぐそばを、イヤイヤ頭の上を通ったに違いない。お天気番組を見ると、台風の目を見る事ができたのではないか?・・・と思う。残念!!
結局老人会のカラオケは皆さまの合意で中止になった。おかしなもので、こんな時に自治会館のカラオケを訪れた人がいる。普段は参加しないのに。
台風の被害が無かったというのは自分の事。停電している地域を見ると横須賀も被害を受けている。塩害漏電が彼方此方で起きている、我が家はラッキーだったのだ。

患者会の活動で気に気になることがある。お蔭様で患者同士の繋がりは随分広がった。私達frontierの会のネット利用は大きく貢献している。代表の活躍は非常に大きい、また日本盲人連合会の協力も大きく有難い。でも患者本人の周辺、例えばご近所、友人、サークルその方々の知り合いに広げてくれる・・・こんなエネルギーが少ない。皆、不自由な生活を強いられているから難しいが自分の近くの人からの協力を拡げて行きたい。今、厚労省のやっている眼の問題について調査・研究をしている。ここへ多く方達の賛同を得てアッピールすることは必要だ。

眼は今日も安泰。満足には程遠いが。

眼の状態 0+


9月8日(日)BTX11日
強力な台風がくるというには静かな天気。昨日頑張って歩いてしまったので怠け心持ち上がってきた。屋外の風に飛ばされそうなものは、女房が片付けてくれた。明日は老人会のカラオケがあるので、中止するかどうか微妙な時間帯になりそうだ。我が家は周辺の建物に遮られていつも被害が少ない。夜は時々起き上がって周辺の様子を見るがあまり心配する程ではない。ただ風の音はなかなかのものでシャッターがガタガタ叩かれるので吹き飛ばされるだろうかと気にはなった。結局は何事も無かった。完全に戸締りして締め切り状態で蒸し暑さは凄くて扇風機をオールナイトで回していた。

眼は少し落ち着いてきた。我慢し続けられる範囲の症状になった。

眼の状態 0+


9月7日(土)BTX10日
合唱の練習日に出掛けた。私は最近会に入ったばかりなので、月末のコンサートには間に合わない。帰りに自宅まで徒歩で帰ってみようと決心した。10年前なら難なく歩いた山道は廃道寸前で道があるのか心配になった。人口減少でハイカーも減って山道全体に草木が茂り景色も見渡せず寂しい。所要1時間と思ったのが2時間になり汗だくで帰宅した。おかげで15000歩になった。

かなりの疲れで帰宅後は2時間ばかり寝てしまった。今日も眼の症状は緩んでいる。

眼の状態 0


9月6日(金)BTX9日
まだまだ暑い。そんな中横浜に出掛けて親戚と会った。もう月一回の定例行事となり『日常生活情報交換会』のようなものだ。スカイビルにあるレストランでビルと運河と遠く三浦半島を眺め食事をした。お酒は止めたのでノンアルコールビールをお替りした。酔わなくても楽しめるように訓練して徐々に慣れてきた。
事故が一部復旧した京急電車で横浜まで乗車できて助かった。電車もガラガラ。

少しBTXが効きだしたのか、症状が緩和してきた。以前のように良い、悪いが何だかはっきりしない。感覚が鈍っているように思う。

眼の状態 0


9月5日(木)BTX8日
目と心の相談室の講演に行ってきた。都内町田市にある和光大学ポリプリホールで『広げよう思いやりの輪・輪・輪』と謳う講演会だ。後援者セアまりさんは網膜色素変性症で失明されているが、自分で頭の中に芸術的な作品を描きそれをアシスタントに透明フィルムに描き数枚を重ねるという手法で素晴らしい作品2点を紹介された。2点あって一つは具体的な形で大雑把に言うなら雪の結晶に色付けた感じのもの、もう一つは抽象画のようで色のついたいくつかの光の帯。特に抽象画の方が良かった。彼女の積極さ、前向き思考には驚かされる。
相沢桂子さんは『眼球使用困難症はなぜ理解されないか』はわかり易く我々患者の症状、日常生活の難しいさを説明して頂いた。皆さんの理解を得られたと思う。
若倉 純さんのミニライブ「緘黙の歌声」は4曲 
〇優しい場所 〇あなたがいたから 〇君は頑張っているよ 〇歌声
初めて聞くご本人の『場面緘黙』と言う精神の悩みを克服しながら歌ったもので説得力があった。また歌声が良くてもっと活躍できそうな気がした。
帰り掛けには眼科女医先生から『ブラインドワールド』の活動と冊子の案内と
お子さんが眼球使用困難症で苦労されている方と話ながら電車で途中まで帰った。

今日も行き掛けは電車を乗り越し料金も損をした。帰りには京急電車の踏切大事故で大回りして帰った。振替料金をお願いしたら、パスモを使ったら出来ませんと断られてしまった。目的のある切符でないとダメとのことでした。

眼は本日も良くない。横浜駅の事故による雑踏は悩まされた。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:やや強い
ドライアイ:やや強い。眩しさ:まあまあ。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み無い。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新的に聞記事が10分位読めたけれど今は出来ない。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感気になる。会話中に気になる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


9月4日(水)BTX7日
来月のミニ旅行会の案内状を作成した。もう現地を下見して材料は揃っているので楽に出来た。行き先は東京都庭園美術館でなかなか良い所だ。元々1933年に朝香宮邸として出来た豪快邸宅と庭園である。戦後は吉田茂氏の総理大臣公邸や外務大臣公邸として使われたものだ。https://www.teien-art-museum.ne.jp

明日は目と心の相談室5周年記念講演に行くが遠いいので、休息して備えた。
眼調は変わりありません。

眼の状態 0


9月3日(火)BTX6日
また大失敗をした。このブログの第41回ボトックス日記が消失してしまった。て暫くは茫然自失となった。CANPAN事務局に問合せしているが、私の操作に問題があったかもしれない。つい最近ボトックス日記第42回をアップしたときのことだ。操作を簡略するために、CANPANブログにある第41回ボトックス日記の原文ファイルを引き出してこれを修正し不要な文を削除した上で第42回ボトックス日記として登録しました。この際に41回は42回に更新されてしまったのだろうと推測しています。普通パソコンに収納したファイルを取り出して修正し新しいファイルを作り新しいファイル名で保存すれば旧ファイルは残りますが、このブログでは旧ファイルを消してしまうのでしょう。
私は毎日、手書きで詳しく日記をつけているけれどこれを基にもう一回41回版を起こすことはできますが、気力がおきません。

こんな訳で眼は悪いままです。

眼の状態 0


9月2日(月)BTX5日
朝から老人会の公園清掃に参加した。清掃も夏休みにしたので一時間の草刈り清掃ではやりきれない。大体健康第一の方が大切だ、チリチリジリジリと日差しが強いので倒れたら大問題になってしまう。その後は役員会でいろいろな行事の計画を相談したが、私は11月の演芸大会に参加して3曲歌う事になる。元気に参加して歌いきれればいい、それ以上は望めない。
眼科で一般の診察と処方を受けた。先生は”もうBTXがあまり効かなくなったようですね”と。良くも悪く原因は分からない他に良い治療がない以上は仕方がない。ドライアイ用のムコスタ点眼液を受けた。
眼圧は右13、左12mmHgとなかなか良い数字だ。
お酒を止めて血圧が下がり良くなった。一時は139に上がったが最近は上104、下55、脈拍67と極めて良い。
帰り際に喫茶店カメリアに寄って、世間話無駄話をした。私の写真を3か月も無償で店の壁に飾ってくれ話題にしてくれた。有難い存在である。

身体全体、頭のなかがスッキリしない。薄い霧で曇ったいる。近くの鷹取山から東京湾を見下ろすと白く水蒸気で煙っていることがある・・・そんな感じだ。

眼の状態 0


9月1日(日)BTX4日
また昨日の遠出で疲れがでた。それでも庭の雑草と取り組み、汗だくになりながら奮闘した。疲れが出てだるさが気になる。夜もよく眠れない。私にしては珍しいことで体重も1kg程減ってしまった。

眼は不調を続けている。なのに眼の開き具合は昨日より良い。

眼の状態 0


8月31日(土)BTX3日
馬場村塾に参加してきた。視覚障害に関わる方が自由に講演を行い討論をする明るい雰囲気の会合である。私の年代とは二回りも下の方達で積極的な活動と意見交換に楽しさを感じ、ハンディキャップを感じさせない。ITを使い意志疎通を図る事に慣れている。私の年代は世の中を見直さなければドンドン遅れるばかりだ。
参加は3回目になる、次回が楽しみだ。

眼は不調を続けている。
眼の状態 0−


8月30日(金)BTX2日
残念ながら遠出をすると疲れが出てしまった。夏も終わりに近づき涼しい日が出るにつれ身体が安心するのか体調が何となく悪くなる。これは冬から春にかけても出てくる私の症状である。そんな訳で今日はぐったりして何もする気が起きない。この時期でも夏バテと言うのか。
テレビのミステリーを聴くのが好きなので、無為に時間を過ごしていた。なにか心にわだかまりが残る。
眼も引きずられかなり悪い症状が続いた。

眼の状態 0−



8月29日(木)BTX初日
注射の都合もあって代表の立川くるみさんと会った。驚く程元気が良かったのでビックリした。
これからの活躍が期待出来そうだ。

今、注射をして頂く先生が都内立川に異動され、私も後を追いかけて2回目になった。かってからずーっと50単位、全8か所、一か所当たり6.25単位で場所も同じで変わらない。瞼を閉じる筋肉の力を緩める基本的な注射か所と言える。今回も全く同じだ。先生が変わると注射か所や量が随分異なるが、それ程差があるとも思えない。メイジュや額に深い皺がある場合は異なり、私もメイジュに違いないが、拘らないことにしている。

病院までの距離が長く、行くだけで疲れてしまう。連日のメイジュ症候群で眼だけではなく、顔中いつもクシャクシャ状態が続いた。先生の注射も痛かった。注射中に痙攣が起きると針の周囲に影響して痛いとのことだ。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:かなり強い
ドライアイ:やや強い。眩しさ:まあまあ。ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛み弱い。集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。一時新聞記事が10分位読めたけれど今は出来ない。
首肩のこり:ある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感気になる。会話中に気になる。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。
第39回ボトックス日記 [2019年01月02日(Wed)]

第39回ボトックス日記


DSCN2317 a.jpg

このブログに関連したFACEBOOKもアップしています個人ブログの紹介
ISAKO HARADAさんがfacebook
http://www.facebook.com/isako.harada

立川くるみさんのfacebookを追加しました。よろしくお願いします。
https://www.facebook.com/hoodiez.kuruchan

川島さんのホームページを追加しました。
https://dyskaizen.jimdo.com/
facebookではhttps://www.facebook.com/dyskaizen2017/

ベンゾジアゾピン系薬害のゴンザレスさんのホームページ
https://ameblo.jp/gonzales2016/entry-12341800129.html

YUKIO SAKAMOTOがfacebook
http://www.facebook.com/yukio.sakamoto.7

制度の谷間「眼球使用困難症」を救え!!
眼球困難フロンティアの会 代表 立川くるみ
https://g-frontier.xyz

マリナさん(発達障害・眼球使用困難症)のツイート
眼球困難フロンティアの会 広報
https://twitter.com/marinakoganei

専門医の若倉医師のヨミドクhttps://yomidr.yomiuri.co.jp/column/wakakura-masato/

以下、の放送を是非お聞きください。


NHK視覚障害者ナビ・ラジオ
放送日 日曜日7:30〜8:00
再放送 翌日曜日7:30〜8:00
インターネットでも聞けます。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=44672
トップ→放送一覧→「眼球使用困難症」を知っていますか? 
2017−11−5放送→放送を聞く


ラジオ大阪で眼球使用困難症のことが2週に渡り放送されました。
YOU TUBEからです。障害年金の話がメインです。
第1週‬
https://www.youtube.com/watch?v=WRl-pi-SITM
‪第二週‬
https://www.youtube.com/watch?v=v5MAaOUC0DA



茨城放送ラジオで若倉先生のインタビューが聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=Z2jebnbOW0w


AbemaTV
まぶたの異常や痛み、まぶしさのため目を使うのが困難な「眼球使用困難症」の特集番組がAbemaTVにて放送されました。立川くるみさんもVTRとスタジオ生出演両方出ています。
全盲でなくても白杖を使うこと、読み上げ機能でパソコン、スマホは使えること、白杖を持たない視覚障害者もいること、制度の谷間障害は他にもたくさんある事も伝えられたと思います。

こちら記事です。
https://abematimes.com/posts/5608562

これから28日間の間無料視聴も可能です。ぜひ皆さんご覧、お聞きください!
無料視聴はこちら
https://abema.tv/video/episode/89-66_s99_p857?utm_campaign=episode_share_fb&utm_medium=social&utm_source=facebook



2月27日(水)BTX94日
また寒さが戻ってきた。眼も悪いのを口実に散歩を休んだ。しかし、家に籠るのは苦手で精神的に良くない。これは人それぞれで、女房はむしろ家に居ることが気持ちが落ち着くらしい。いろいろな面で正反対だ。今の私は症状が気になって仕方が無くなる。それが悪循環をしてしまう。折角無駄食いをしないように心掛けても、ついつい食べたり、お茶を飲んだりする。体重が1〜1.5kgも増えてしまった。私にとっては外出は薬の代わりになる位だ。

瞼は閉じて ショボショボと ドライとなって 痛み眩しく・・・句の通り。

眼の状態 0−


2月26日(火)BTX93日
大変嬉しいニュースが届きました。従来から日本盲人連合会の竹下会長は一昨年の『視覚障害者認定基準見直し検討会』に於いて、眼球使用困難症の問題を積極的に取り上げて支持して頂きました。それに呼応して厚労省が本年度から『調査研究の実施』に動き始めました。一方、2月25日の第53回日本盲人連合会関東ブロック協議会横浜大会に於ける決議案で『障害者手帳交付基準に、眼球使用困難症などの羞明による障害を加えること』の1項を入れて頂きました。
今後の私達の活動に大きな支援を頂けると期待し頑張ってゆきます。

いつもの通りの散歩コースを歩いてきた。撮影対象として面白い木を見つけたのでバチバチと撮ってきた。見ごたえのある木なので、これからは何度も撮ってみよう。
何しろ瞼が閉じて、苦労する。ジストニアの症状で手が震えるから手振れに悩まされる。三脚持って散歩もしんどい。

眼の状態 0−


2月25日(月)BTX92日
曇りがちだが徐々に暖かくなった。老人会のカラオケの日。一時6人まで減ったメンバーが新人を迎えて8人になった。来月からまた一人増えるとの事で嬉しい。高齢者ばかりなので人の協力に頼るのを控えてきた。でも発声練習で声が出やすくなると、自主的に歌いだすようになった、下手くそな司会や運営も見ていられなくなったのか、女性がやり始めてくれた。おかげで私はカラオケの機器の準備と片付け中心になってきた。大いに助かる。

眼は不調続きだ。なかなか瞼が開かない。ショボショボしてドライアイになる。今月28日はBTX注射の日になる。注射の効果は効かなくなっている。かといって言って50単位から100単位にする気にもならない。一時的に少し良くなる位でまた悪くなるだろう・・・そんな気がして。結局お金がかかるばかりじゃない?

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:強い。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが強い
眩しさ:やや強い(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:やや強い。
フラフラ:弱い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:強い。痛い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感あり。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


2月24日(日)BTX91日
皆で楽しく語ろう会と名付けて、小さいグループができた。高齢者男女7人が揃って三浦半島の小松が池に出かけた。共通するのはお酒を程々飲めることだ。桜の満開、休日、晴天、暖かいと文句なし。人出が多すぎて肩がぶつかり合うばかりなのが難点。到着したら躊躇なく、池の畔で青シートを広げて酒宴を始めた。女性リーダーの決断が良かった、花を見てからでは手遅れになったろう。皆さんは何か食べ物や飲み物を持参してきていて十分に楽しく過ごせた。後になって私だけが何も持参しなかったことに気づいた。拙かったな・・・でも手遅れで仕方がない。終わってからはゆっくりピンク色の濃い河津桜を鑑賞しながら駅へ戻った。時期をを揃えて菜の花も満開で彩りを添えていた。続いて、横須賀中央随一リーズナブルと評判のお店で本格的に愉快で楽しい会話の花を咲かせた。暫く遠のいていたカラオケで最終仕上げをして解散。

楽しそうだが、そればかりでは済まない。眼瞼痙攣は時に出ては、沈みを繰り返した。眼だけではなく口周辺に痙攣がでると厄介だ。でもお酒も手伝い、周囲に影響はなかったと思う。

眼の状態 0−



2月23日(土) BTX90日
推敲と言えば格好いいが、兎に角自分の書いた文を削って、削って読む人は理解するだろうかと悩みながら作業を終了した。これ以上いじくり回してもどうしようもない。
いつもの鷹取山〜追浜〜自宅へのおきまりコースを歩いた。

眼は最悪だがまだ立ち止まらずに歩ける。大丈夫だ。

眼の状態 −1


2月22日(金)BTX89日
昨日の延長で原稿の修正をしていた。なかなか纏まらず、気分転換に散歩に出たら小雨が振り出した。アッサリ諦めて自宅に戻ってからは、歌の練習をしたり新曲の楽譜を作曲ソフトに入れて聴いていたら突然音が出なくなった。調べるとまたもや愕然とした・・・入れたデーターが見事に消えている。もうこの中古パソコンは嫌になった。新品は買いたいが、高齢者には高価過ぎる。

眼は更に悪くなった。眼の凝りだけではない、眼の奥の痛み、思考能力停止、後頭部の頭痛、首肩の凝り

眼の状態 −1


2月21日(木)BTX88日
学生時代の同期会にAbemaTV報道を紹介したら、お前の活動を会報に寄稿しないか・・・と問い合わせてきた。折角のチャンスだから応じるしかない。写真を2枚入れて800文字以内とのことだ。少なくて如何に内容を絞るかが問題だ。思いつくままドンドン書いていたら、アッサリ1200文字を越えてしまい本日はここまでで終わり。アイディアも出ず、あれこれと考えながら何となく過ぎてしまった。
困ったときは庭作業がいい、何も考えず手を動かしていると片付いて綺麗になる。手足腰の運動にもなる。

眼は悪い。ショボショボして瞼を開くのに苦労する。

眼の状態 0−


2月20日(木)BTX87日
今年初めての暖かい晴天。ウジウジしていた気分を晴らそうと思い切って歩くことにした。何時ものように自宅から鷹取山を登り、追浜の街に下り、カットのみの1,080円散髪をしてから鷹取川沿いに野島脇の夕照橋に出た。ここは金沢八景の一つとして知られている。最近は水面の風景写真に拘っているので、海沿いに島を一周するがなかなか良い風景に出会えることは出来なかった。帰宅した時点で20,500歩歩いていた。概略14kmは歩いた。

眼の症状は悪いに違いない。けれど写真のアイテムを探しながら歩いていれば、不思議に忘れる。対象を見ているときはかなり不自由を感じているけれど、苦痛を感じてはいない。

閉じる、ドライアイ、ショボショボ、顔口の痙攣あり。

眼の状態 0−


2月19日(火)BTX86日
またまたどんより曇り寒い。夕方から弱くて細かい雨が降った。幸い湿る程度で濡れた感じはしなかった。
消極的にチマチマと剪定樹木の切りそろえをした。気持ちが上向かず、撮った写真を眺め同編集するか考えながら過ごしてしまった。
困った事に気づいた。ハードディスクに入れてあった写真が部分的に消えている。2重にデーターを保存しているのに。完璧に保存する手段はないと思っているが・・・・それにしても。

眼は連日同様不調である。

眼の症状 0−


2月18日(月)BTX12週
若干の二日酔いを感じて公園清掃を休ませていただいた。しかし剪定樹木の切りそろえ作業ばかりでは飽き足らずに散歩に出た。最近は写真撮影も怠っていたので、カメラも持参した。いつもより海に近い川の周辺の散策も追加した。幸い綺麗な川面も菜の花の満開も楽しむ事ができた。ここらの川は汐の満ち干の影響を受けて魚やゴミまで下ったり上ったりしている。昔は不潔な汚い川だったが、市民活動と下水道完備で綺麗で透明な水になった、ボラは多いがえいも居るという。

眼は悪くても瞼が開くタイミングと合わせて、結構写真撮影はできる。カメラの飛躍的性能向上があればこそである。

眼の症状 0−


1週間毎のチェック
目が閉じる:強い。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが強い
眩しさ:やや強い(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:やや強い。
フラフラ:弱い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:強い。痛い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感あり。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


2月17日(日)BTX84日
月一回のチャレンジドヨガの練習に行ってきた。高齢者が多いのでインフルエンザなど休みが多かった。しかし私と同年齢の全盲の方の話が紹介された。高齢になってかっらでその不自由さ、一人住まいの不安と危険はどんなことか想像に難くない。今度、視覚障害者の訓練を受けるので施設に入ったとの事でした。当然の事かもしれないが、積極的な姿に一同からオーっと声が上がった位だ。
友人二人が休んでしまったけれど、男女二人の仲間と一緒に遅くなった新年会をたっぷりやって、駅から自宅までの上り坂をフラフラしながら帰った。危ない、無事でよかった。

飲んでも眼は良くならない。瞼が閉じる、頬と口周辺も痙攣する。ドライアイも強い。

眼の症状 0−



2月16日(土)BTX83日
雲ってまだまだ寒い。気持ちは俯きがちになる。幸い雨が降ることはない、庭に出て剪定樹木の枝を廃棄物に出すために50cm以下に切りそろえる作業コツコツとと続けた。多くの人は丹念にそんなにやらなくてもいいじゃない・・・という。しかしやってみると、そうでもない。かえって能率的であることが分かった。それにヴォリュームが1/10位になる。ハサミと鋸を使うので指、肩ばかりでなく良い運動になる。

眼は当然悪い。

眼の症状 0−



2月15日(金)BTX82日
学生時代の友人の新年会だ。1月より今頃の方が会場も取りやすい。閑な私達にはこの方が良い。
都内池袋まで遠距離だがワクワクしながらでかける。一旦横浜駅まで行けば、地下鉄の副都心線があって一本で行ける。集まって中華屋さんに行と次々と料理が続き、高齢者を十分喜ばせてくれる。我々は飲み放題なんて、あまりある。カラオケで皆遠慮なく、上手いも下手も、古い歌、懐かしい歌を歌い時間も延長して楽しんだ。
便利になったとは言え、横須賀までの時間はかかる。幸い腰掛けて帰れた。

気分はいいのに、眼は良くならない。昨日と変わらない。

眼の状態 0-


2月14日(木)BTX81日
また寒い一日で、すっかり出不精になった。とうとう日課の体操までやめるだらしなさ。これは心のデフレスパイラルに入り込んでしまいそう。何事も積極的にヤル気が起きない。気を取り直して、AbemaTV・眼球使用困難症の特別番組の拡散のために関係先を探してはメールでお知らせしている。この作業をしていると何かの返信があることは多い。だが読んでから、更に拡散してくれるケースは少ない。無料視聴できるのは2月19日までしかない。皆さまのご協力をお願いいたします。

消極的な過ごし方は眼にも影響する。眼玉の周辺が痛くて、瞼を開けるのが容易でない。ショボショボしてドライアイも強くなっている。この点だけは点眼液ムコスタをどんどん使うとほんの少し症状が和らぐ。また角膜の傷もつきにくい。放っておくと傷だらけとなり、痛みが激しくなりクシャクシャする。私の経験では目ヤニが大量に出て、白眼は赤く充血する。

眼の状態 0-


2月13日(水)BTX80日
辞めた合唱の人達と顔合わせをした。私達が辞めてから会員は半分位になったとの事です。合唱として体をなさないらしい。会員から集めたお金を全て自分のものにして、領収証も会計報告もなし。年間500万円位の収入を闇にしている。人が寄らなくなるのは当たり前だろう。一頻りその後の情報交換をしてから、楽しく食事と会話で過ごした。

こんなとき私の眼も顔も痙攣、ドライアイ、眩しさで酷い症状を呈しているがお二人とも気遣って、何もないようにしていた。有難うございます、と言いたい。

眼の状態 0−


2月12日(火)BTX79日
今日も晴れるが寒い。出かけ気もなく家でAmebaTV眼球使用困難症の拡散に努めた。

眼は非常に悪い。閉じる、ショボショボ、ドライアイ、痛い、眩しい・・・それに顔も引きつったり、口の周辺がゆがんだりの痙攣

眼の状態 0−


2月11日(月)BTX第11週
老人会のカラオケ練習日。雪がチラッと降る位の寒さだ。毛糸の帽子を被るくらいなので心配したが全員集合した。矢っ張り皆さんは熱心なのだ。私からもう“カラオケをやるのを止めようか“
とは言えない。発声練習、テーマ曲の練習後に入ると最近積極的になったご婦人が皆さんを仕切ってくれる。私にすれば大助かりで、皆さんも積極的に歌い出すようになった。私もつられて“君こそ命、我がー命と・・・”熱唱してしまった。もう50年以上前に水原ひろしが歌った。

眼はカラオケのときから、瞼を開けるのが容易でなかった。皆さんはも私の事は分かっているので
気にする様子はない。閉じる、シブシブ、眼の周辺の痛み、ドライアイ、首肩が凝る、精神的にしんどくて溜息を頻発。自宅外、内を問わず歩く事に要注意。

眼の状態 −1

1週間毎のチェック
目が閉じる:強い。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが強い
眩しさ:弱い。(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:強い。
フラフラ:弱い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは強いがボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:強い。痛い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感あり。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


2月10日(日)BTX77日
我々AbemaTVニュース・眼球使用困難症の拡散に努めた。それ以外は居眠り休息をしていた。体力不足と運動不足にならないように2階へ20往復もやっている。

最近の痛ましいニュース。父親が小学生10歳の娘をいじめ殺すと言う話。恐らく自分は何が悪いかなんて分かるわけも無くただ父親から一方的に暴力で殺された。父親の神経を想像することができない。写真を見るとごく普通で凶悪さなど感じられない、周囲の人も温厚で真面目と思っていたらしい。彼の子供の頃の家庭環境や学校時代はどんな人物だったか、環境はどうだったのか気になる。いろいろな面から問題点を指摘され、対応策もあるようだ。この年で親に殺され人生を終わってしまう・・・ただ不憫さばかり私の心に留まる。

天気は良いが寒い。湿度も40%を下回った。眼は閉じる、ショボショボ、ドライアイ、兎に角しんどい。

眼の状態 0−


2月9日(土)BTX76日
朝からドンドン冷えて夕方から雪になった。今期初めてだ。明日の朝は雪掻きにならなければいいが。丁寧に剪定した紅梅、白梅は八分咲きになって雪との調和がなかなか良い。
AbemaTVのお知らせをしたり、応援のメールに返事をしてるとあっという間に夕方になってしまった。テレビに出てくれたくるみさん、マリナさんの活躍のお陰である。勿論、私達に注目してくれたネットテレビにも感謝だ。

寒さは眼に影響ないらしい。更に悪くなる事も良くなることもない。

眼の状態 0


2月8日(金)BTX75日
寒いが楽しくて忙しい一日となった。午前中は新しく入った歌の会では皆さん歌い慣れて不通に歌うが私はまだできない。しっかり覚えきらないとついて行けない。自宅で練習はしたが、ほど遠い。でも楽しみな目標になる。お昼は太巻き寿司160円を食べて過ごし、午後は写真の発表勉強会に参加した。私は画質が粗っぽい、皆さんは画像編集ソフトを使いこなし立派に仕上げる。良くそんなところに気づくんですか?・・・と聞かれるが分からない。へそ曲がりな真愛好家と言われているかもしれない。でも会の作品展では、誰かに注目されるのは良いと思っている。
終わってから友人等と安い飲み屋でタップリ楽しく過ごした。

楽しいの日なのに眼は良くない。渋ちんの一日だった。

眼の状態 0−


2月7日(木)BTX74日
今年初めて都内の実家に行ってきた。昨日とは打って変わって暖かい晴天だったのが動機となった。JR総武線が濃霧のせいで遅れていた。信号機が見えないので全線各駅に停車している電車に無線連絡で確かめながら、順次進行させて行く・・・と言う気の遠くなる手段を取るそうだ。安全の為にはやむを得ない。
実家の蛍光灯を交換したり、ご馳走になって帰宅した。

眼はどの症状も悪く取り柄がない。全て悪い。

眼の状態 0


2月6日(水)BTX73日
インターネットのAbemaTVが眼球使用困難症を特別番組で報道してくれた。見られるのは2月19日までだ。メールでおしらせするが、間に合うか心配になる。今日は関東地域の視覚障害者協会の大会に参加する各県の協会にお知らせしている。他にも私の知り合いに連絡を取るが、間違いが多く手間取る。

眼は悪い。

眼の状態 0−


2月5日(火)BTX72日
昨日から10℃も下がった、寒い日で縮こまっていた。曇っているから洗濯物は乾かない。明日の暖かさを期待して取り込んだ。AbemaTVの眼球使用困難症の特別番組を拡散のお願いで終日過ごした。ネット上で中傷されている患者さんが気になってしょうがない。無神経なコメントには憤りを感ずる。ニュースで少女を家庭で殺すまでのDVDに晒された事を思い出させる。自由を主張するのが当然と思われているが、他人の自由を自由に邪魔する権利はない。今の日本は精神的に幼稚になってしまったのか。

すっかり曇って寒い日。眼は疲れてボンヤリした。
眼の状態 0


2月4日(月)BTX第10週
昨夜は春の嵐が吹きまくった。幸い庭にあったバケツが門まで飛んでいた位で、被害はなかった。定例の公園清掃に行くと、落ち葉は綺麗に吹き飛ばされて見事に綺麗になっていた。清掃始まって以来の奇跡と言われた位だ。
続いて役員会で一昨日作ったラミネートした眼球使用困難症のポスターチラシを配った。
AbemaTVの眼球使用困難症の特別番組を紹介して、理解と番組拡散をお願いした。

眼は朝から瞼が閉じてしまった。お昼頃にはドライアイが酷く夕方に向けて更に酷くなった。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:強い。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが弱い
眩しさ:弱い。(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:弱い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:強い。痛い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は弱い。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


2月3日(日)BTX70日
終日在宅。運動不足にならないように2階へ20回連続往復した。竹のゴミ出しは切りそろえ袋にいれるが、これが厄介だ。竹の枝はビニール袋を突き破って飛び出すし、大きく破れてしまう。手間がかかるが仕方がない。

眼は朝から瞼が閉じる、昼から夜に掛けてドライアイが進みしょぼつき痛みも酷くなった。

眼の状態 0−


2月2日(土)BTX69日
健康で遊ぶ会との趣旨でけんゆう会と称するグループに15年以上入って楽しく付き合っている。その中の女性から昔描いた自分の絵を見直し、修正して発表する会を開いたとの事で久里浜まで出かけてきた。いやいや、驚いた。大袈裟に言えば日本のゴッホと言える強い表現が静かになっていた。一方狙いが緩くなっていた。年令によるせいかなと思った。
帰りは眼球困難のポスターチラシをラミネーターでフィルムに挟んで接着した、雨に晒しても痛まないようにした。8枚作った。町内の老人会が協力して門の前に取り付けてくれる。有り難い。

天気は良く暖かい。晴天でも眩しさは弱かった。閉じる力も弱くて済んだ。

眼の状態 0+


2月1日(金)BTX68日
始めて聞いたラテンクラシックを教えている歌の会に2度目の参加をした。歌う姿勢や発声を元気よく、楽しく教えながら歌える。ただ、私にとっては初めての歌の世界となった。歌うリズムがちがう、イタリア語になる・・・大体イタリア語を知らないから別に訳詞を調べる事になる。
新年会もあってこれからが楽しみになる。
横浜まで行き親戚とで出会い本日2回目の新年会をやった。もうお酒を飲む必要が無くなった。

起床時は涙眼と軽いショボショボ感で楽、昼に向かいショボショボ感が強くなり瞼が閉じるようになった。夕方には閉じる力が強くなり頭の中は重く,思考能力が無くなった。

眼の状態0−



1月31日(木)BTX67日
今冬一番寒い。雨は降ったり、止んだり。雪は無かった。
外出も止めて縮こまっていた。運動不足にならないように2階へ20往復して済ませた。
朝の起床時に涙が滲んで、眼は少し良かった。日中はショボショボが強くなり閉じるようになった。夕方には頑張らないと瞼は開けられない。

眼の状態 0


1月30日(水)BTX66日
すっかり写真クラブにご無沙汰していたが、2月から参加できそうだ。昨年は行事が木曜日に偏っていたのが、今年は金曜日に偏り出した。どれを優先するか悩んだりする。皆さんとは一緒に出来ないな・・・と、練習後の会話、茶飲み、酒飲みが楽しみになっているから。写真クラブは毎月A4で10枚を発表をする。半年分の撮り溜めから探すのも結構な時間を要している。
捗らない庭の整理をしてから、日課の散歩コースを歩いて来た。寒いが登ったり下ったりとあまり平らな場所は少なく大変良い運動になる。汗をかく位になる。

眼は朝からショボショボ、これが終日続いてしまった。疲労も感じる。瞼が開いても1〜2mm程度で鬱陶しい。ドラアイの目薬を大量に使い、目玉を洗うと気分的に少しは良くなる。サングラスを使っているので、眩しさは凌げる。しかし太陽光が直接眼に入ると耐えられないので、下向きになったり日陰に入っている。・・・皆さん、同じでしょう。

眼の状態0―



1月29日(火)BTX65日
時代遅れの男になりたい・・・河島英五の歌で私も好きだ。最近はすっかり願望でなく実現してしまった。若い方達のネットの利用法はなかなか真似ができない。教えられたアプリを入れても使うまでに時間がかかる。しかも説明は英文になると更に苦戦する。一方提供したアプリからは”早く使いなさい”とメールで余計なお節介が来る。いつもあれやこれやとやっているうちに出来てしまうことがある。しかしトラブル解決はできない、ここでまた時間がかかる。
歌の会を替えラテン クラシックのソロを歌う会と馴染み日本の歌を歌う会に入った。先生の指導レベルがグンと高くなって緊張感が高まる、一方嬉しさと喜びも感じる。

天気が良いのでいつも通り自宅→鷹取山→追浜の街→自宅を標高差120m、約一万歩強、約7km、2時間弱をこなした。慣れているのであまり負担に感じることはない。単なる散歩と変わりない。

眼は何となく良いくらい。症状に慣れてしまったので悪くても当たり前位で過ごせている。

眼の状態 0+


1月28日(月)BTX9週
上記AbemaTVで眼球使用困難症の特別番組を出してくれました。静止画の記事と放映番組です。御覧下さい

午前中は老人会のカラオケ練習。昨年末から町外の方が参加している。以前は認められなかったが、最近はテストケースと認めて貰った。会員は高齢者で減るばかり、どうのこうの、議論ばかりでは解決しないので役員の皆様の理解を得てやることになった。
今年になってから、歌う前に発声練習を始めた。私には指導などできないが、録音した発声練習をやったらこれが結構良かった。会のテーマ曲”この街で”、”星に願いを”、”遥かな友”を練習して自由にカラオケをすると皆さんの積極性が出て、声も多きなった。
大坂なおみを讃える報道で大賑わいだ。欧米人を相手にあの可愛らしさ、強さ、素直さ、で勝のが理解し難い位だ。期待が大きくなるばかり。凡人の私はテレビの前で一喜一憂するするばかり。私も自分を信じ、何かに集中したら世界一の大仕事をやり遂げただろうか。まあ、無理だろうな。でも若い人達は変わるだろう。

カラオケのお手伝い仕事や、運動のために階段を上下しているときに眼がショボショボして頭の中もジンジンして思考停止になりそうになる。眼の上をタオルで鉢巻をすると症状に耐えられる。・・・ときどきこうやって凌いでいる。ドライアイも強いので、一挙にムコスタを2本分で眼を洗うくらいに使うと少し楽だ。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:強い。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが弱い
眩しさ:弱い。(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:弱い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:強い。痛い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は弱い。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。



1月27日(日)BTX63日
暫くぶりにG−frontierの立川代表と連絡を取った。25日の障害年金裁判の様子を伺った。相変わらず国側検事は”日常は生活は見えている”という部分的事実を曲解して主張しているようだ。守る国側の主張法は珍しくない、厚労省は何を守っているのか? 国民か? 政治家か? 国民の意識の高さが重要だが、このようなチャンスを利用して変えてゆくのは私達の仕事になる。

夜になってからネット会議があった。これも立川代表の音頭で行っている。
6人が出席。私以外は殆どが中年以下で未成年も参加。はっきりしているのは日常生活を維持する困難さ、障害者の手帳のない理不尽さに悩まされていることだ。
それでも、この様な会議では情報共有ができて少しでもお互いに利用できるのが良い。多くの方が”みんなで勝ち取る眼球困難フロンティアの会”に入って欲しい。http://g-frontier.xyz
最近、この会で大活躍の女性がネット上の中傷で自殺未遂に追い込まれている。只他人の中傷のみが目的にしか見えない。何の責任感も感じないのだろう。

晴天と寒さは若い頃なら平気だが、今は面倒くさくなる日もある。明日のゴミ出しに備え、切り落とした剪定樹木の袋詰めをやったくらいで済ました。

眼の状態 0+



1月26日(土)BTX62日
眼瞼痙攣が始まった頃から世話になっている近くのG眼科医に行ってきた。BTX注射の資格はもっているが、横須賀では患者が少なすぎて手間もかかり、採算性がないのでやらない。理解できるので私に注射をやってくださいとは言えない。頻繁にドライアイの目薬ムコスタの処方を貰った。
矯正視力は正常、眼圧は右16、左15mmHg、角膜に傷なし。参考に血圧128/66mmHg、脈拍78/分・・・高血圧とのことだ。
とうとう大阪なおみが優勝した。世界でもまれに見るチャンピオンになった。なおみ時代が本物になって始まった。
剪定した枝のゴミ出し作業を続けている、細かくしてごみ袋に入れる作業をまだ続けている。

眼は昨日同様まあまあ良かった。ただ庭仕事をしているとき、眩しさによるのか悪化した。
タオルで眼の上を鉢巻のように頭全体を巻くように縛って凌いだ。

眼の状態 0


1月25日(金)BTX61日
立川くるみさんの裁判の日だが応援に行けない。申し訳ない、残念だが行けない場合もある。どんな状況になっているか心配になる。用事があって市内をあちこち歩いて13,000歩も歩いた。

眼はまあまあ良かった。

眼の状態 0+


1月24日(木)BTX60日
矢張り昨日の疲れが出てしまった。無理をせず、休息に努めた。即ちブラブラ、居眠り、ちょっと郵便局へ。全豪テニスで大阪なおみの活躍は凄まじい。こんな日本人いるのか!驚くばかり。

眼は疲れがでてきた。瞼が開かない。

眼の状態 0

1月23日(水)BTX59日
友人からハイキングを兼ねて田浦の梅林を見に行こうと、誘いがあって一人下見に歩いてきた。東京湾を見下ろしながら丘を歩くと畑があり、無人の野菜販売があったりする。詳しい事は知らないが戦後外地から帰国した人々に開拓地として与えた場所もある。安針塚や十三峠を通るこの道は鎌倉時代の古道(裏街道)とも呼ばれている。 さて歩いて見てガッカリした。雰囲気がスッカリ無くなって、寂れてしまった。人に案内する気にならない。遙かに梅林の丘を見て諦め、中途半端に切り開かれた森の中を進むと懐かしいのの字坂に出会った。景色が変わって気づかなかったが昔良く歩いたループ状に一回りする坂道だった。ここを過ぎると直ぐにJR田浦駅にでた。相変わらず辺鄙なところで飲料水の自動販売機がある程度で、店はなくタクシ−がせいぜい1,2台。路線バスは30分待ちだ。ここからバスで我が町追浜へ帰るしかない。京急田浦に歩いたら1時間もかかるだろう。バスに乗り海沿いの道に出ると漁港があり、ヨットの停泊場所もある。暫く進むと工場が出て来て、日産追浜工場や関連工場がかたまっている。節約と運動の為と二停留場前で降りてしまい、最後は追浜駅前から鷹取山に向かう急坂を登り自宅に戻った。今日は約13.5km歩いた。それ程疲れもなく元気だった。

眼はあまり良くなかった。サングラスでも眩しく、歩くにはかなり神経を使う場所が多かった。

眼の状態 0


1月22日(火)BTX58日
関東ブロックの各地方自治体にある視覚障害者福祉協会が大会がある。私達の立川くるみ代表が、我々に参加させて貰いたいとお願いしているが、お断りされている。ここでも障害者手帳があって、協会に登録されているのが参加条件なのだ。彼女は必死に食い下がっているが難しい。私も横須賀、神奈川から頼むが難しい。手帳を持つことを条件に組織的に取り決めたからのようだ。立川代表が埼玉の視障協に登録されたのは、彼女の熱心さと各自治体に許される判断なのだろう。会場は新横浜で彼女には遠距離で行けず、私が代行しようとするので難しくなっている。

それとは別にAmebaTVで立川くるみ代表が眼球使用困難症の特別報道番組にLIVE出演した。最近活躍の副代表マリーナさんも参加した。日常生活、BTX注射の様子、眩しさの実態、視覚障害者の手帳が貰えない実情、等々充実した番組になっていた。これだけの報道がされたのは初めてである。これから確認するが再放送されると思う。AmebaTVさん、有難う!感謝!

私の生活はまた庭の片づけや、日課の一万歩、関係者へのメール等々で忙しく過ごした。

程々に良い状態が暫く続いたが、またしんどくなってきた。

眼の状態 0ー


1月21日(月)BTX8週
朝から老人会の公園清掃だ。私は小屋から箒、熊手、鎌、鋤、大型塵取りを出して皆さんを待つ。急斜面を階段状に切って平らにした公園は坂を上ったり下ったりと体力を使う。大量に散乱する落ち葉を掻き寄せて掬い取り、山の中に放り出す、これも中々体力を使う。毎回良い運動になっている。菓子一袋を貰って帰宅するとシャーワーを浴びてのんびりとしていた。
すっかり忘れていた老人会の新年役員会をやりますよ!・・・声が掛かった。オーストラリアで頑張って大阪なおみが少々苦戦しているのを見て、忘れていた。役員会は案外積極的な意見交換ができて良い、熱心な女性副会長が厳選したチラシ丼をご馳走になった。500円也と思えない具沢山だ。正月とあって、いつもお世話になっているからと、特別サービスにしてくれたようだ。大阪なおみは無事準決勝に進んだ。錦織も準決勝に進み、良かった良かった。

眼もそれなりに落ち着いている。終日良いとは言えない・・・悪いときもある。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:強い。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが弱い
眩しさ:弱い。(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:弱い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:強い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は弱い。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


1月20日(日)BTX56日
体調は戻った。天候も良くて庭仕事に集中できている・・・まだ完了しない。剪定した枝が寝っ転がって、その下には枯葉が重なり、雑草も伸びている。閑な私だからやっていられるが、これだけの作業を人にお願いすれば簡単に10万円を超すだろう。余り役に立たないと思われているが、結構目立たたない経費節減をしているのだ。
午後はお決まりの散歩コースを歩き鷹取山、追浜の街を1万歩をした。カメラは持っていても余り慣れ過ぎた風景ではシャッターチャンスもない。

眼はおかげ様でまあまあの良い状態を継続している。

眼の状態 0+


1月19日(土)BTX55日
昨日の強行軍が祟ってしまった。結局は半分は居眠りしながら終日を過ごしてしまった。

眼も昨日とは大きく変わってしまい、眼はショボショボして閉じてしまう。ドライアイもあって頻繁に目薬ムコスタ点眼液を使った。

眼の状態 0


1月18日(金)BTX54日
忙しい日になった。朝から突然Nさんから電話があった。このブログで眼瞼痙攣の経験とその治療のためにDBS手術を行った男性からだ。最後に電話したときは、声が殆ど出なくて聞き取れなくて私からの連絡は控えていたのだ。ビックリしたのは会話が明瞭で全く不自由さが感じられなかった。また詳しい話しを聞かせて頂くことにした。今日の驚きの1番。
このブログの見開きの右側にカテゴリーアーカイブ欄があります。NY氏眼瞼DBS手術を参照下さい。

午前中は新しい歌の会に参加した。素晴らしい先生の声量と表現の良さに感激した。先生の雰囲気から雰囲気が楽しかった。内心入会することに決めた。ところでこの先生のお母さんが眼瞼痙攣だったこと。今日の驚きの2番目。

午後は町内老人会の歌と昼食会に出席した。ここでも唱歌と演歌を皆で歌った。予算の制約上お酒はなくソフトドリンクの飲み放題。

更に衆議院第一議員会館でJPAの今年度の全国家族周回のはじまり。テーマやスケジュール、会場などが決まった。

夜帰宅してから写真の整理をしようと思いカメラのディスクからUSBメモリーに写した。さてこの後USBからハードディスクに写そうと思ったら、空っぽだ。不通は操作失敗してもどこかに残っているが、いくら探しても見つからない。こんな事は初めて驚きの3番目。


1月17日(木)BTX53 日
本当に半年ぶりにけんゆう会の初詣に参加した。わりに近い富岡八幡宮は1300年頃に津波がここまで押し寄せたと言う。一同、神主さんに祝詞をあげて貰ったのも久し振りだ。後は飲み放題付きの昼食と打合せになった。熱心な打合せに2時間も費やしているので、とうとう我慢できずお先に失礼してしまった。直ぐに市の中央に戻り、2次会を開始して愉快な時間を過ごした。
去年辞めた合唱のサークルに替わり、友人達の誘いで二つのサークルに入った。早速あすから初練習で楽しみになった。

今日はどうしたのだろう、眼が非情に良かった。撮った写真を見たら眼がパッチリ開いている。
なんか不自由な思い、症状を思い出せない。

眼の状態 +1



1月16日(水)BTX52日
新年になってから外出と行っても、自宅の周辺ばかかりだった。庭の手入れは休んで久しぶり歩いた。片道300円以下のYRP(横須賀リサーチパーク)は日本の携帯電話の最先端技術開発の町として出来た所だ。日本の大手の有名な通信会社の入っているビルが並んでいる。そこに野鳥がいる池の公園を狙い写真を撮ろうと思った。ところが高台に閑散とする近代的なガラス張りのビルが立ち並ぶ姿は異様に寂しい。でも写真はとしては面白く撮れたと思う。

稀勢の里がついに辞める決心をした。これからと言うタイミングで大怪我をしてしまい、成績は振るわず“横綱の責任“を取る事になった。どんなに辛いか、無念かその胸中を察するに余りある。

今朝のニュースで、男の人が自転車に乗り、片足を地につけて踏切内で電車の通過を待って危うく命を落とすことになりそうだった。また高齢者か?他人事ではない。

天候が良く気持ちの良いハイキングとなった。写真を撮り、景色を楽しんでいると気分が良くなった。途中から眼の症状を忘れてしまった。

眼の状態 0+


1月15日(火)BTX51日
BTX注射の中間で行う診察に行ってきた。もうあまり良くないのは先生も承知だ。
診察も無く、次回の注射日を2月末に決めた。ただ、先生は異動があり替わりの先生も居なくなるとの事であった。予定されている病院は立川になるらしい。可成り遠いので考えてしまう。片道3時間かかりそうだ。私の住む横須賀の患者さんは都内有名な専門病院に通っている。何処の先生へ行ってももうこれ以上良くなりそうも無い。注射を止めるわけにも行かない。
天候は時々小雨が降る冴えない寒さ、それでも午後横須賀に戻った頃は晴れ上がっていた。出がけに干した洗濯物は半乾きになって良かった。

眼はあまり変わらず。

眼の状態 0


1月14日(月)BTX7 週
今日も晴天。今年初めての老人会カラオケ練習日だ。私に発声法を教えて下さい等と頼まれても困る。録音した練習を聴いて貰いながら、一緒に声を出した。続いて私達の持ち歌である遙かな友、この街で、星に願いを練習してから通常のカラオケ遊びをして終わった。最近皆さんが積極的に歌い出したのは嬉しい。高齢でも新人が入ったのは影響する。
帰宅してからは、庭の手入れに没頭した。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:強い。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが強い。
眩しさ:強い。(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:弱い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:強い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は弱い。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。思考能力の停止。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


1月13日(日)BTX49日
視覚障害者向けのチャレンジドヨガに参加した。新年から立川くるみさんの障害者手帳を要求している裁判に傍聴してくれたY(男性)とM(女性)が参加した。
お二人共学生時代からの知り合いで、また何故か一緒に視覚障害になってしまった。
いつも愉快な会話を続ける素晴らしい方達だ。帰りは新年の一杯をやりたかったが、自重してお別れし帰ってしまった。チョッピリ残念だった。

眼の状態 0−


1月12日(土)BTX48日
なかなか雨の降らない天気が続いている。今日も本の少し、濡れた跡が分かる程度で寒い。線香のような温熱療法を続けてきた。始めの頃は効いた気がしていたが、いつの間にか効果は分からなくなって、症状が厳しいときは全くダメだった。
ご厚意で貸していた線香と機器をお返しすることにした。貸して頂いた方と借りた私は同じ写真のサークルなのに、お互いに眼瞼痙攣患者であることに気づかなかった。きっかけは眼球使用困難症のポスターを使いサークルで説明したのが切っ掛けだ。いつも宣伝活動を意識していることが大切だ。
駅の改札近くであれこれと病状について話していると、眼は痙攣が強くなってしまった。

眼の状態 0−


1月11日(金)BTX47日
打って変わって晴天で風はなく暖かい。気持ちが良くなって鷹取山から追浜の町を回ってきた。
空は巻雲類が広がり見事な模様を作る。なかでも刷毛をサッとはいたような巻雲が好きだ。まるで幅広の滝の水が落ちるように見える壮大な絵となる。このような雲がでるときは、天候が崩れると言われるように明日は雪がちらつくと予報されている。写真をとるがなかなか気にいったものは撮れない。ピントが合いずらいし、力強さに欠けるのだ。

庭も竹の葉が積もり、雑草が伸びている部分を清掃した。ゴミ袋45Lがたちまち一杯になってしまう。行動をしていると、何か気持ちが晴れる。もう1月も半ばになったので、辞めてしまった歌の会も新しい所を探さなければいけない。

眼は症状が軽くなった。

眼の状態 0


1月10日(木)BTX46日
寒くて、曇って外出する気にならず。家に籠もってしまった。
自分でも消極的に過ごしてしまった、と思う。体操は室内でやるから問題ないが日常の散歩は1階〜2階を連続20往復して替わりにした。パソコンの作動がおかしくて、電話するがサッパリ繋がらない。いろいろやる中で、理解できないまま解決する事もある。こう言うのは本当に困る。今日は精神的に良くない。

眼もしょぼつきとドライアイと閉じるで悪化した。

眼の状態 0−


1月9日(水)BTX45日
昨日、自宅から追浜の3往復が応えたようだ。すっかり朝寝坊をしてしまった。朝食を忘れることは無いが、お天気記録を忘れた。忘れることは珍しくないが、少し慌てたのだろう。世の中が動き出したので、いろいろな行事に向け電話連絡を始めた。年賀状到着も終わったけれど、今年は面白い事が起きた。私に届いた年賀状に、私から返信年賀状を送ったところまた先方から年賀状が届いた。お互いに記録ボケ、記憶ボケが年賀状に現れた。
散歩がてら静かな喫茶店に立ち寄った。主人はコーヒーに拘り注文の度に豆を挽き始める。私はあまり気にしない質なので、折角だが美味しさんのは分からない。むしろ息子さんとの会話の方が面白かった。大学入試を目前にしてそんな緊張感が全くない。追浜に増えてきたネパール人向けの食料販売をしているお店の評判を話している。親子がカウンターを挟んでのんびり話す雰囲気は面白かった。学生服をキチンと着ている高校生って珍しいような気がする。

ツイートとで驚異的活躍をしているマリーナさんのURLを上記に追加しました。表現に面白さと興味を惹かれます。

眼については眩しさが更に強くなった。度付きサングラスの上に黒のサングラスを重ねて歩いた。眩しい苦しさは歩行困難にさせる。

眼の状態 0


1月8日(火)BTX44日
糖尿病の懸念があるので、間食を止める、糖質制限する、お酒は1週間毎、運動を継続するなどをやってきた。9月以来でどうなったか気になっている。気を付けてから3ヶ月にもならないうちに体重は4kgに減って心配したが、幸い下げ止まり50〜50.5kgとなっていた・
検査結果は血糖値118で基準値109をややオーバー。ヘモグロビンA1Cは6.0で基準値6.2を下回った。先生は今まで通りの日常生活で良い、とコメントを頂いた。

いろいろ失敗をした。最初は先生を間違えて泌尿器科に行き、受付から間違えているでしょ?と言われて一端自宅に戻り診察券を取ってきた。終わって自宅に戻ったら外した門松が庭に置きっ放しになっていることに気づいた。またこれを雷神社に持って行き燃して貰った。
私の自宅は標高70m、追浜の町は標高3m弱で急坂を3往復もすることになった。
良い運動になったから、失敗を情けなく思うことは引きずらないようにしよう。

眩しさが強くなって、瞼を開くの困難になって歩行時は神経を使うようになった。

眼の状態 0


1月7日(月)BTX6週
晴れ渡って寒そうだったけれど外に出ると風がなくて、むしろ暖かく感じるぐらい。またしても庭に出て雑草取り、刈り払った枝を更に切り縮めた。庭に盛り上がった枝はこれだけでは終わらない。全部が終わるのに未だ未だ実働一週間ぐらいはかかるだろう。足腰がまだ大丈夫なのでやってゆけそう。
買った中古パソコンはいろいろトラブルがおきる。アルファベットにアスキー文字が入っています・・・等と警告されても私に選択の余地がないので困る。電話で問い合わせても、待たされるばかりいつになったら解決出来るのかわからない。更にメールに複数の写真が添付できない。仕事が片づかない。

眼は最近には珍しく、症状が軽くなった。まぶしさは相変わらずだが。

眼の状態 0+


1週間毎のチェック
目が閉じる:閉じる力が弱い。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが弱い。
眩しさ:やや強い。(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:弱い。
フラフラ:弱い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:強い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は弱い。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。思考能力の停止。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


1月6日(日)BTX42日
働いていた頃の新年会でほぼ同期が7人揃った。去年より一人減ったがまだ健在だ。もう内容は健康、病気、症状が殆どだった。一人ヨットで赤道まで行った男もいたが、作ってきたビデオがパソコントラブルで見えず残念。
2次会で喫茶店を探したが7人座れるところがない。とうとう私だけ一足お先に失礼した。

知り合いに眼瞼痙攣の人がいるらしい。連絡を貰うことになった。
結構薄暗く、寒い日で屋外の散歩はやめ。眼も普通の悪さだ。

眼の状態 0


1月5日(土)BTX41日
馬場村塾で神田信氏の講演会を聴きに行った。彼は自分の網膜色素変性症の進行と職業、年齢にどのように対応し多くの関連団体積極的に参加した事が良かった。また参加しても余り寄与することがなければ見切りをつけたことも良かったと思う。今は川柳で多くの方達のコミュニケーションを取ろうとしている。全般に自分の病状変化、環境の変化に冷静に対応していること、また携わった方達への感謝も感じられる良い講演であった。

嬉しいことにインターネット・テレビ AbemaTV https:/abema.tv/timetableがビデオ撮影して頂けたことNHKの視覚障害者むけナビ ラジオも取材していた。別途放送日程が分かったらお知らせします。
また特筆すべきこととして私達の眼球困難フロンティア会代表立川くるみさんが3月に馬場村塾で講演をする事になりました。

会終了後は代表くるみさん、広報マリーナさん、サポーターYさんと私で軽く乾杯と食事更に楽しく話をして別れました。マリーナさんはツイッターで短期間に5万件のアクセスを一躍私達のアイドルとなった。

眼については、今の時期の太陽光が極端に眩しく、閉じる、ドライアイが強かった。今日はいつもより眩しく室内でも普通の度付きサングラスと黒の濃いサングラを併用していた。

眼の状態 0


1月4日(金)BTX40日
晴天で風もなく温かく感じるくらい。新年の庭仕事として勝手に伸びまわる竹の根っこを退治した。何時ものことだが、大変力がいる。2時間ほどで1.5mぐらい掘り出して終えた。これ以上はとても続けられない。
大休息をしてからいつもと違う散歩コースを歩いた。慣れないコースは不思議と長く感じる。街ではやっとお店が開き始めてきた。でも全般に寂しい静かな雰囲気だ。カメラは持って出たが、気にいる風景に出会えず。

眼だけは何とか苦しさに耐える程もなく終わって助かる。

眼の状態 0


1月3日(木)BTX39日
大学箱根駅伝の復路をすっかり見て聞いてしまった。全コース217.1km/20区間/20人これを11時間程度で走ってしまう。大体3分/km=5.5m/秒=100m/18秒になる。1校でこれだけの速度で走り切れることは驚異的だ。優勝するのは如何に大変なことかわかる。ちなみにマラソンは世界トップクラスは42.195kmを大体2時間5分で優勝する。2.96分/kmになるから走行距離を考えると大学駅伝の倍の距離を走る・・・世界一は恐ろしい。故障者がでるのも無理はない。強い者のなかからラッキーで優勝するようなものだ。ましてオリンピックで連覇するなどは、人間とは思えない。只の人である私は、この計算をして諦めるが、チャレンジしようとする人々は凄い。
終わってからお決まりのコースを散歩して、追浜にある雷神社へ初詣に行った。さて2礼2拍1拝を暫くの間、思い出せず困った。

晴天、乾燥、で眼には良くないが、悪いなりに症状は楽になった。ドライアイの目薬を多用して紛らわしていた。

眼の状態 0


1月2日(水)BTX38日
今日も穏やかな晴天。箱根駅伝が始まった。大手町から箱根まで駅伝とはそもそもの発想がすごい。小学校の修学旅行で箱根に行き、中学のときたまたまラジオで箱根を駆け上がる様子を聞いたときは驚愕!! 駆け上がるなんて! こんな寒さで! 当時選手たちは山登りのときはセーターを着たり、伴走選手がいた。今は寒そうなランニング シャツと短パンで伴走選手はいない。あの姿は未だに理解できない。でも選手は立派だ見事に走り切った。

今日も昨日と全く同じコースを散歩してきた。そして眼も同じように悪い。

眼の状態 0−

平成31年年賀状.docx

2019年(H29)1月元旦(火)BTX37日
元旦は子供のころから晴天特異日だと聞かされていた。実際その通り、今日も素晴らしい晴天で雲、風もない。
天皇陛下が仰る通り、平穏な平成であったがいつまでも続いて欲しい。実際には激動と不安を懸念されるのが実感だ。米国大統領とランプ氏は世界中を引っ掻き回して、自分の業績を誇示したがっているようだ。全く理解出来ないのは、とてもトランプ大統領が目指すところは彼を選挙で支持した人々とは相容れないと思うことだ。選挙で支持した人々は、彼の人物を見通すことが出来なかった・・・何で?・・・理解に苦しむ。米国社会も変革を迫られるが、対応できずに思考能力が停止し下手すれば一挙に混乱の世界に進むのではないかと心配してしまう。他人事ではない、日本もまだ自力で革命をしないで済ました。第2次大戦は外国に負けて、平和を貰っただけ。本質的に日本が自ら考え、事実を知り自立した政治を行っていない。
寄らば大樹の陰、会社あっての自分だから会社のために働き業績を出せば自分の幸せがくる・・・そんな事をまだ考えていないだろうか。

正月料理とお酒を楽しみ、庭仕事は控えのんびり過ごした。午後は鷹取山にに登り、追浜の街に下り、自宅に登り帰宅した。矢張り体操だけでは不十分だ。歩くことは基礎体力として必要だと改めて感じる。
晴天と乾燥は眼にきつい。瞼はなかなか開かない、眩しい、しょぼつく、注意力散漫、フラフラで散歩も危険が大きくなってきた。

眼の状態 0−



12月31日(月)BTX5週
悪戦苦闘した松ノ木の剪定作業が終了した。眼の症状を我慢し無理をしながらやっと終わった。どうやら新年に持ち越さないで済んだ。夕食後はNHKでお決まりのベートーベン9番を聴いてから、紅白歌合戦を最後まで見た。
寝床に入って零時には船の汽笛が一斉にヴォー、ヴォーと鳴り響いた。東京湾に近いからこの音は物凄い。ただ事は10分も続いただろうか、短時間に終わった。以前は一時間以上あちらから、こちらからと続いたのだが。

眼の状態 −1


12月30日(日)BTX35日
今日も松ノ木の剪定を続けた。途中は気分転換に老人会の新年1月のカレンダーを配った。遅々と進まない剪定作業を見ていた隣家のご主人が「大変な作業ですな。葉を一本づつ抜くんですか?」と聞く。実際にはもっと大胆に一挙にむしっているのだが、そう見えるのだろう。枝の剪定もあるのでこれにも時間がかかる。大きな桜が覆いかぶさっていたので、枝が日差しを求めておかしな方向に延びているからこれも修正しなければいけない。
これからは桜の木を切り倒して無くなったから大変な修正作業を何年もかけてやらなければいけない。

そんなこんなで、眼は開かず、眩しく作業は今日も終わらず「瞼は下がり ショボショボと ドライとなって 痛み眩しく」になった。

眼の状態 −1


12月29日(土)BTX34日
連日の雑草取りで腰が重くなった。残っていた松のもみ上げと剪定整姿に切り替えた。これも既に時季外れだが放っておくわけにはいかない。ところが晴天で猛烈に眩しい、また葉っぱを摘みむときにしっから眼で確認するから、これまた眼の負担が大きい。とうとう諦めて老人会のカレンダー配りを兼ねて鷹取山に登ってきた。少し夕焼け前で、積雲が次々と頭の上を通過していった。ほんの少し霰もパラパラ落ちてきた。この頃の風景は光と影が多様な姿を変えて面白い。久しぶりに写真を取ることができた。
結局作業は殆ど進まずに終わり、疲れと眼の悪さのみが残った。

眼の状態 −1


12月28日(金)BTX33日
今日もまた雑草取り。どうやら半分以上終わった。まだまだ切り倒した木、剪定した枝の処分がある。松の木の剪定も残っている。年内はもう無理か。

眼はもう殆ど開けない、開いても2,3mmか。

眼の状態 0−


12月27日(木)BTX32日
今日も続いて雑草取り。一時間おきに休息、居眠り、食事を入れるが結構疲れてしまう。まだ天気が良いし暖かい。外出もせず一日続けた。まだでも半分終わらない。年内はには終わらないかもしれない。夕食、風呂、寝る。

眼も連日と変わらず。しんどいが庭仕事が好きなのか、忘れてやっている。

眼の状態 0−


12月26日(水)BTX31日
この一年間はいろいろな事が多くて自分の家のを疎かにしてしまった。幸い年末に向けて一段落した。取り敢えず荒れ放題にんなった庭の作り直しをしようとしている。無用になった桜を処分するのを始めとして大掛かりになりそうだ。昨日、今日と雑草除去をしているがしゃがみ込んだん姿勢は腰の負担が大きい。各種体操をしても駄目で立ち上がるとヨタヨタする。思い切って鷹取山に登り、追浜の街降りて自宅に帰るコースを歩いたら随分しっかり歩けるようになった。

ウンウン言いながら雑草取りをする作業は眼に良くない。結構眼を働かせて作業している。しかもアチコチと見まわしている。せっかちな性格も災いしているのだろう。瞼がなかなか開かない、ドライアイの目薬も多用している。

眼の状態 0−


12月25日(火)BTX30日
年賀状を発送して一安心。庭の桜の木も枝をすべて切り落として、幹だけが2m程の高さに残った。花咲くとき以外は邪魔な存在で近所迷惑、自宅の庭は木陰で他の植物が育たない。一番大きかったときは2階の屋根に覆いかぶさるくらいになった。1969年住宅開発されたころの木だ。勿体ないと言われるが、もう私の手に余る。残念だがこれで終わりになった。

天候は乾燥して晴天。連日忙しく疲れが溜まった気がする。瞼がなかなか開けない。シブシブショボショボ、痛い。勿論眩しい。

眼の状態 −1


12月24日(月)BTX4週
すっかり寒くなった。それでもカラオケには皆さん揃ってくれたうえ、新人が一人参加してくれた。上手で学生時代は合唱をやっていたとのこと。全員に刺激を与えたようで、積極的に声を出し曲の注文も増えた。
年賀状ソフトをインストールしたら、メールが消えてしまった。JCOMのおまかせサポートで直して貰ったが、年賀状のあて名書き印刷ができず、旧パソコンを取り出して印刷できた。幸いネットに接続しなければ問題なく使える。処分しなくて良かった。

連日のトラブルでさらに眼がわるくなった。瞼を開けるのに苦労した。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:閉じる力が強力で殆ど開かない。かなりの努力を要する。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが弱い。
眩しさ:やや強い。(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:眼玉周辺で眼の奥ではない。
フラフラ:弱い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:強い。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は弱い。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。思考能力の停止。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


12月23日(日)天皇誕生日、BTX28日
下手な年賀状でも自分の絵を使いたいと思っている。いろいろ写真、図案を眺め参考にしてやっと作り上げた。笑われたって、それは自分を映しているのだからどう思われても仕方がない。
とにかくはがきに印刷できた。随分ホッとした。

年賀状作成に終日取り組んでいたので、一挙に眼は閉じる、ショボショボ、シブシブでかなり酷くなった。

眼の状態 0−


12月22日(土)BTX27日
残った桜の枝も切り落としたいが、寒さと雨が降りそうなのでやる気が起きない。明日は雨と予報が出て道具を片付けてしまった。暇にはならない、家の中の整理は尽きる事がない。古本屋に売れないかと、未だ残している本はイザヤベンダサン=山本七平著”日本教について”、”チャップリン自伝”、保坂修司著”正体オッサマ・ビんラディンの半生と聖戦”、アンドリュー・モートン著”ダイアナ妃の真実”、立花隆記事 文芸春秋昭和49年11月特別号”田中角栄研究 その金脈と人脈”、吉村冬彦(寺田虎彦)”冬彦集”等だ。寺田虎彦全集も持っていた位の随筆好きであった。何方か買っていただけないか?
ゴタゴタとあまり纏まらない仕事で終日を過ごしてしまった。

何となく忙しく、落ち着かず、大した事もできず。押し迫ってくる年賀状もまだ図案が纏まらない。
夜になると立川くるみさんとマリーナさんとのZOOM会議があった。マリーナさんは眼球使用困難症漫画で短期間にTwitterで50,000ツイートになる勢いとの事。どうしてそんな事ができるのか?!
メモをしていたが、うっかり消してしまった。普通そんなにあっさりWORD文書が消えるわけないのに。

眼は何となく良い状態で過ごせた。

眼の状態 0+


12月21日(金)BTX26日
隣家の境で気になっていた桜を大胆に切り落とし始めた。やり始めたら案外にすんなり大枝の半分以上やっつけた。隣家や道路に危険を及ぼさないところまで出来た。一旦休息して、午後からは老人会の忘年会に出た。準備と買い物、後片付けが大仕事になる。力を発揮できる人が限られてしまう。ヨタヨタする私でもまだ戦力のうちになる。老人会にすんなり入る人は少ない。ここでも高齢化と会員減少が進んでしまう。

眼は静かに瞼が閉じてしまう。ぎゅうぎゅう閉じるのとは違う。一見、眼瞼下垂に思えるくらいだ。
ドライアイも感じるのでムコスタ点眼液を頻繁に使っている。

眼の状態 0


12月20日(木)BTX25日
全くヴァイオリンをやって良かったと思う青年のコンサートを聴きに上野の文化会館へ行った。名前は弓新(本名でユミアラタと読む)。強い弓の使い方、細かいテクニック凄いなと思う。ヨーロッパでかなり活躍していると聞く。バッハ、ヴェートーベン、ストラビンスキー、シューベルトと見事な演奏だった。

眼は眩しく、痛みが強くなってきた。

眼の状態 0


12月19日(水)BTX24日
樹木の剪定をすると切り口が痛んでくる、ここから腐食が進まないように薬剤を塗るのだが、これが頗る高い。
桜は切り倒すからいいが、他の木は心配なので買ってみたが接着剤並みに高い。気楽に使えない。帰りには散髪で一年一回の顔剃りまでやって貰った。当然2060円也と高くつく。髪は殆どないのだから1060円也の刈り上げだけでさえ高くついている。

眼は眩しく、痛みが強くなってきた。

眼の状態 0


12月18日(火)BTX23日
遅れをとっているブログを書き足しているが、なかなか追いつかない。桜はもう、個人の自宅にはそぐわない。大きくて日陰に隠れた植物は育たない、花見は良いが毛虫と落ち葉には他人迷惑だ。女房は相当負担になっているだろう。何が切っ掛けで不満が爆発が起きるか心配になる。椿、紫陽花、もち、竹・・・まだまだ残っている。
桜は切り倒すことに決めた。年と共に作業の危険も大きくなる。勿体ないが仕方がない。

夜、立川くるみさん司会で眼球困難フロンティアの会のZOOM会議にちょっと参加した。皆さん障害者手帳を取得の難しさについての話だが、私自身はもう厚生年金で暮らしているので一緒に話すのが申し訳ない気がした。他の事情もあるが、会議から退出した。このようにネット通信で数人で会議ができるの便利でよい。私達は外出不自由、お互いに遠隔地である、費用はほとんど掛からない。十分活用したい。

朝は雨が降って、公園清掃は中止となった。晴れ上がってきたので、鷹取山の散歩コースを歩き、追浜の街で買い物をしてきた。

眼は過ごしやすくなるくらい良くなった。原因、心当たりはない。

眼の状態 0+


12月17日(月)BTX3週
朝は雨がしっかり降って、公園清掃は中止になった。午後には晴天になり、久しぶりの鷹取山に登ってきた。
モヤがあって見通しが悪く、東京湾は良く見えない。何回通った道か、カメラは持っているが新しい景色はない。いくら何でも飽きてしまう。

眼は急に良くなった。原因不明。

眼の状態 0+


12月16日(日)BTX20日
町内の自治会館でクリスマス コンサートが行われた。体調不良でお休みだったメゾソプラノの先生も特別参加。バイオリンは小笠原伸子、ピアノは矢島寛子さん、フルートは関愛さんで皆プロで活躍なさっている。いつもこんなコラボは聞いたことはない・・・言われるがどうして どうして面白い演奏を楽しませて貰った。
これが切っ掛けでご無沙汰していた友人とも会えた。
コンサート後はネット通信に使うルーターを買いに横浜方面に行き、ついでに年賀状に向けてプリンターのインクも買ってきた。

終日曇って、気温は10℃前後、乾燥気味。眼はショボショボ感が少し強い。

眼の状態 0


12月15日(土)BTX19日
寒いが晴天。昨日に続き庭で生垣、樹木の剪定を続けた。

庭仕事が良いのか、BTXが効いてきたのかまあまあの状態になっている。しかし鬱陶しい。

眼の状態 0+


12月14日(金)BTX18日
温かく晴れた日。歌の会を辞めることになったので、会員に電話でご挨拶し終わった。こらからは健康な明るい雰囲気のところで歌おう。私もいろいろな問題にもっと早く気付くべきだった。新年には新しい歌のを探そう。
年末に自宅は清潔にすっきりさせたい、特に隣家への配慮が重要だ。境の雑草や生垣の刈り込みも行った。時間も体力も余裕がいないので重点志向でやる。目立たないところは後回しにするしかない。

眼に極端な症状はなく、緩い症状なので楽になっている。

眼の状態 0+


12月13日(木)BTX17日
雲の取れない終日であった。気温も下がっている。やっと地球温暖化が叫ばれているが、危機は京都議定書が出たころでさえ、専門家は間に合うだろうか?と大きな懸念を示していた。結局いまだに解決のめどは立たずに時は過ぎてゆく。私が若いサリーマンだった50年くらい前の今頃の季節は都内府中市で働いていた。通勤時に府中街道を歩いてくると、通り過ぎる車の風が冷たくて”車、来るなよ”とブツブツ言いながら歩いていた。服装はマフラー、防寒コート、手袋で完全防寒体制であった。当時の冬は季節風が強く乾燥して冷たかった。一部の気象学者は氷河期到来を訴えていた。随分変わった、科学技術が猛烈に発展しているが解決策は程遠い。
荒れ放題の庭を少しずつ手入れしているが、捗らず・・・でもやっていれば綺麗になるのも事実。

あまり外に出て活動をする事が減っているが体が休まるし、気持ちも落ち着いてきた。影響したのだろうか?
眼は良い。

眼の状態 0+


12月12日(水)BTX16日
友人たちと市の相談室に行き、会議を行った。市も関係セクションを呼んで5人も出てきた。私達には物足りない結果になったが、主張する所は理解してくれた。ただ、行政の届くところの限界を知らされた。・・・読んでいる皆さんにはサッパリ分からないと思います。勝手な独演会で申し訳ありません。

曇りがち、湿度50%以上。眼には良い条件かもしれない・・・やや眼は良くなった。

眼の状態 0+


12月11日(火)BTX15日
市の相談室に行くための書類作りに専念した。それだけで一日終わってしまった。行政に相談するには、わかり易くする準備が必要になる。正確なデーターを揃えて説明しないと、私自身の方が質問攻めに会う事も考えておかなければいけない。

やや眼は良いかなと感じる。最近歩いているとき何%瞼が開いているか・・・この条件で、眼の良し悪しが判定出来ないことが分かって止めています。BTXを始めてから、かなりの因果関係があると感じていたが最近は例外が多くなって判断基準には出来なくなりました。

眼の状態 0+


12月10日(月)BTX2週
今日は在宅して、室内整理、書類整理、納戸の整理をした。少しずつやっていると、嘘みたいに綺麗になる。私もゴミ屋敷に入り込む心境に陥りかけてきたのかもしれない。一旦溜まると整理に向かう気持ちが衰えてしまい、日常やるべき事を後回しにしてしまう。案外私自身もいつの間にか危ない状態になりかけていた。

薄暗く、乾燥していたが、眼はシブシブ、ショボショボ鬱陶しい日になった。BTX注射の効果は見えず。

眼の状態 0


12月9日(日)BTX14日
コンサートは予定通り大過なく終わった。何故か先生やピアニスト以外に私へ花がプレゼントされた。他の方にはないので、会へプレゼントを頂いたことにしてしまった。しかし、これはプレセンターには大変失礼なことであった。
終わってからこのプレゼンター、歌の友人、聴きに来た友人、ヨガにきていた視覚障害の友人等々と一杯飲み屋で楽しく過ごせた。

歌の出来は??だが、終わってからは楽しく愉快に過ごせて良かった。

眼の状態 0


12月8日(土)BTX13日
明日のコンサートに向け、静かに一人練習をした。急に掲示板の文字をゴシックにしてくれと、依頼されしばしバタバタしたが特に問題もない。

眼も程々に悪い。

眼の状態 0


12月7日(金)BTX12日
親戚と横浜であい、食事をした。海がすぐそばで横浜ベイクォーターと呼ばれる。近くには高級マンションがあり、食事や買い物に便利過ぎるくらいの場所だ。私は血糖値を下げているので糖分控えめである一方肉は多くとるようにしている。従って、サーロインステーキを食べた。身に余る贅沢をしたような気分。

眼の状態 0


12月6日(木)BTX11日
雨の日。一般の混成が合唱の日。淡々と練習して終わった。帰りは珍しく一人で飲み屋に寄って帰った。
コンサートが無事終わればいい。

眼の状態 0


12月5日(水)BTX10日
アカペラの最終練習日が終わった。歌の3グループの3会長で今後の進め方を相談した。一方指導の先生からは自分がいかに素晴らしい成果を出したているかの説明をたっぷり聞かせて頂いた。人様々で如何に人々の理解や言動が異なるか、ガッカリする一方大きな勉強にもなった。現実は受け止めるしかない・・・あとは自分がどう対応するかだ。

今日は暖かいが湿度は低い。眼はまた下降した。

眼の状態 0


12月4日(火)BTX9日
暖かくなって、いろいろと用件があって市役所を回ってきた。尋ねて見れば、結構面白い組織がある。市役所巡りも案外いいものだ。
横須賀市には他人に上げる案外お土産がない。専門店に寄ったが矢張りない。結局素朴なノリを買って帰った。

雲が厚く、湿度は55〜60%、気温14〜21度C。眼には良い環境だったと思う。
今の自分なら、眼は上々の部だ。

眼の状態 0


12月3日(月)BTX1週
先日行われたJPA主催の難病・慢性疾患フォーラム実行委員会の反省会に眼球使用困難フロンティア会代表立川くるみさんと一緒に参加してきた。
〇反省点は難病法の見直し時期を前にもっと検討発言が必要だが参加人数が少なかった。(全ての関係者を含め210名ほど)
〇パネルディスカッションでは会場側とのセッションがもっと必要。
〇国会議員は公明、立憲民主、国民民主、日本共産の各党から4名。政権側の自由民主党は来なかった。
〇別途フォーラム2018の報告を配布する。PDFで作っておく。
〇私達としてJPAに参加する方法をもっとハッキリさせること。

気分転換になったか、多少眼は良くなった。

眼の状態 0−


12月2日(日)BTX7日
コンサート当日の会場に置く立て看板を作ることになっていた。あまりセンスの無い私より女性にお願いして文字だけパソコンと拡大コピーを繰り返して作った。10cm角のサイズにすると、プリンターのインク代金も嵩むので白抜き文字にした。あとはセンスの良い女性にお任せで、随分気楽になった。失敗するとまたコピー屋さんに出掛けるので結構な時間を使ってしまった。
雨が降りそうで降らず、気温は13〜14度Cでやや寒め。

眼は悪く、良くなるなる気配は何も無い。

眼の状態 0−


12月1日(土)BTX5日
久し振りにゴスペルクワイアを聴きに行った。米海軍基地の方達と横須賀市民団体が一緒に歌い、練習して年一回行ってきたもので、もう20年になるだろう歴史ある活動となった。ただ初めの頃は日本人より米軍基地の方々が主体で、熱心な信者が多かった。今回は演奏活動としては洗練され素晴らしかったが、基地関係の方はすっかり減ってしまった。日本人は黒人霊歌の心まで理解出来ないだろう、その方達を理論的には分かって歌っているが・・・。
終わってからはいつものように、友人たちと一杯飲みに出かけた。暫く会えなかった方達と楽しい時間を過ごすことができた。

晴天で暑いくらいになり、着込んだ防寒服は邪魔になるばかりであった。楽しく過ごせた分、眼も良くなったかもしれない。

眼の状態 0ー


11月30日(金)BTX4日
雲が多くて日中の気温は15〜17度C。まだ寒さはない。老人会の仕事で来月のカレンダーを配って回った。
私のICレコーダーからカラオケアンプに音声が入らないので困っていた。タイミング良く自治会館の部屋が空いていたので、入力ジャックとコードを見つけてテストをしたところICレコーダーの音が出てきた。これで皆さんに色々な歌を聞かせることができる。

本日の眼も相変わらず最悪。

眼の状態 -1


11月29日(木)BTX3日
始めは天候が良く、高層雲が広がってよかった。しかし徐々に崩れて薄暗いなか少し小雨も混じることもあった。
しかし、寒くもない。
歌の練習後に数人と話しをしていたら、突然先生が現れてこの歌のサークルは全て自分のものと自己主張するので延々と2時間も果てしない無駄な議論を続けた。なにか精神の異常さえ感じるくらいだった。

未だBTX注射の効果は出ず、しんんどい一日が続いた。

眼の状態 -1


11月28日(火)BTX2日
曇りがちだが、気温は温かく過ごしやすい。
コンサートに向けた練習日で、トラブルが無いように気を付け円満に過ごせるように気遣った。アカペラはなかなか難しい、特に男性が少数派なので責任が大きい。

本日も眼は最悪を維持して、しんどい一日となった。

眼の状態 -1


11月27日(火)
今日は12月17日(月)です。ため込んだん日記をこれから書き始めます。11月27日から多くのトラブルが続きとても書けないまま本日に至ってしまいました。一つは中古パソコン(性能は良い)に切り替え時のトラブルがあったこと。インターネットに繋がりにくくなったこと。これはネットに繋げるルーターの故障頻度が段々高くなったこと。この二つの原因で更にトラブル原因究明に手こずりました。
更にコンサートが近づいたとき、指導の先生が参加費として集めた代金を自分勝手に流用し、領収証も会計報告も出さないと言い出す始末。理由は30年来こうやってきたからで、集めた金は全て自分のものなのです...と主張する。この他にも営利目的に使ってはならない福祉会館かコミュニティーセンターを使い日常の演習会場としても使っている。今回のコンサートも使っている。行政は内部の問題に立ち入ることが出来ないので、質の悪い人物やサークルにやりたい放題の場所を提供していることになる。今の時代にこんなことが続いている横須賀市は余りにも情けない。何とかコンサートは終わったが、録音を聞くと、合唱の出来はかなり酷いものになってしまった。指導の先生に対する不信は強く多くの退会者が出ている。何とも後味の悪いコンサートであった。
また、一週間毎のチエック記事も間が空いてしまい新鮮味がないのでやめます。


さて本来のブログに戻そう。
今日は3軒も医者巡りをやった。最初は大腸肛門科I先生。夏に胃の内視鏡検査をやっているのでえ、最終結果を尋ねた。軽い慢性胃炎レベル1で全く癌の気配もないとの事。
2軒目は眼瞼痙攣になってから長年世話になっているG眼科。眼圧は右17、左16で若干高めだが問題なし。ドライアイ用の目薬ムコスタをあまり使っていないで、コンスタントに点眼するように注意を受けた。使っても眼瞼痙攣は治らないので怠ってしまうが、角膜に傷がつくのでまずい。
最後のH耳鼻咽喉科では、声がしゃがれたり、ガラガラ声になるのを直してコンサートのための準備だ。内視鏡で喉を見ると、声帯の上部に泡が立っている。これがガラガラになる原因で声帯の筋力が衰えて、泡を吹き飛ばせないからだとの事。

眼は絶不調。クシャクシャ、閉じる、口頬は痙攣する。

眼の状態 -1
血圧125/83mmHg、脈71bpm


11月26日(月)第39回BTX初日
都内の病院で39回目の注射を行った。総量50単位、両眼で8か所、若干濃度を上げる液量を減らしたとの事だ。注射中に症状がほんの少し緩和されたような気がした。先生は私を診察して”だいぶ来てますね”と一言。大体口数が少ない方だ。診断方法もゆっくり閉じて、開いて と ギュッと閉じてパッと開いてぐらいで極めて単純明快だ。私もそんな程度で十分のような気がしてきた。今の医学のレベルでは所詮対症療法でしかないのだ。

眼の状態 -1

帰りは病院近くの友人とあって一杯飲みながら世間話、友人たちの様子を聞いて過ごした。

第38回ボトックス日記 [2018年08月22日(Wed)]
第38回ボトックス日記

DSCN1456 c.jpg
水模様

このブログに関連したFACEBOOKもアップしています個人ブログの紹介
ISAKO HARADAさんがfacebook
http://www.facebook.com/isako.harada

立川くるみさんのfacebookを追加しました。よろしくお願いします。
https://www.facebook.com/hoodiez.kuruchan

川島さんのホームページを追加しました。
https://dyskaizen.jimdo.com/
facebookではhttps://www.facebook.com/dyskaizen2017/

ベンゾジアゾピン系薬害のゴンザレスさんのホームページ
https://ameblo.jp/gonzales2016/entry-12341800129.html

YUKIO SAKAMOTOがfacebook
http://www.facebook.com/yukio.sakamoto.7

眼球使用困難症と闘う友の会のホームページ
https://gankyu-siyou-konnan.jimdo.com

専門医の若倉医師のヨミドクhttps://yomidr.yomiuri.co.jp/column/wakakura-masato/

以下、の放送を是非お聞きください。


NHK視覚障害者ナビ・ラジオ
放送日 日曜日7:30〜8:00
再放送 翌日曜日7:30〜8:00
インターネットでも聞けます。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=44672
トップ→放送一覧→「眼球使用困難症」を知っていますか? 
2017−11−5放送→放送を聞く


ラジオ大阪で眼球使用困難症のことが2週に渡り放送されました。
YOU TUBEからです。障害年金の話がメインです。
第1週‬
https://www.youtube.com/watch?v=WRl-pi-SITM
‪第二週‬
https://www.youtube.com/watch?v=v5MAaOUC0DA



茨城放送ラジオで若倉先生のインタビューが聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=Z2jebnbOW0w

重症患者Aのブログを10月23日に追加しました






11月25日(日)BTX98日
不精して枯れてしまった室内向け植物を処分した。手入れさえすれば長く持つだろうが・・・こえからは極力余分な趣味を減らしてゆこう。最近は本の処分や荒れた庭のリストラに力を入れている。結構なエネルギーがいる・・・ある意味身体の運動にもなる。
趣味の参加グループ向けの文書作成、電話連絡、しばらくご無沙汰している方との情報交換と案外退屈することもなく時間が通り過ぎて行く。

眼は非常に悪い。ショボショボ感、閉じる、眼を開ける努力で疲れてしまう。
ドライアイも強い。頬も口周辺も痙攣が強い。

眼の状態 -1


11月24日(土)BTX97日
横須賀は終日雲が切れないままで終わった。もう年末の慌ただしさを感じて気持ちも落ち着かない。やらなけれとばと思うが捗らず、頭の中には次から次へととテーマが押し寄せてくる。いろいろ手を出しすぎていないか・・・転石、苔を結ばず・・・なあんて考える。どうせ大した事ができる人間ではないから、終日何もせずいるより身体と頭を働かせているだけでも良いに違いない。言い訳をしなが時は進む。

夕方は女房と追浜では珍しく好評のとんかつ屋に行ってみた。確かに有名チェーン店より美味しかった。この店はすぐ近く大きなマンションがあって、更に大企業に勤める方たちが通る所だ。いつもお客さんが来る好条件が揃っている。

眼は頗る悪い。ショボショボ感が強烈でドライアイも強い。昼間も夜も外を歩くのは厄介で緊張感もあって事故を起こさないように神経を使う。

眼の状態 -1


11月23日(金)勤労感謝の日 BTX96日
晴天で気温が下がってきた。室内ではとうとう暖房を入れてしまった。まいた菜の花の種が育つか心配で夕方には青シートをかけた。少しでも地面の温度が下がらないようにと思うが効果が出ればいいけれど。
ご無沙汰していて気になる方たちがいる、あちこちと電話をかけて安心する。案外こんなことで2,3時間はあっという間に過ぎてしまう。それでも十分情報を得られる。横須賀に住んでいるが視覚障害者の方々との知り合いも増えてきた。そろそろこの地域のグループを作っても良さそうだ。
皆さまは協力的なのでやってみよう。

眼はまた悪くなってきた。症状は強くないが瞼が心もとなく下がってしまう。一見、眼瞼下垂みたいだ。鬱陶しく頭がボンヤリしてしまう。精神的に悪い。症状を緩和する手段として、同病の方と話すのは良い。一時忘れることができるから・・・。来週の月曜日は第39回BTX注射の日になる。

眼の状態 0


11月22日(木)BTX95日
曇りがちで気温が下がって寒くなった。我が家にも菜の花を咲かせたいし、食べたいと種をまいた。あまりにも泥縄しきで、本当に間に合うか心配だ。
友人に頼んだCDが送られてきた。老人会のカラオケ向けに伴奏とメロディーを入れて作ってもらった。2曲は”これが音楽”作詞 永六輔、作曲 中村八大と”遥かな友に”作詞、作曲 磯部 俶だ。皆さんが気にいればいいのだが。ゆったりとした静かな曲と元気の出る歌で易しいから大丈夫だろう。

眼には線香というか、お灸というかを使う治療を時々行っている。おでこや頭部それに瞼もやってみた。眼の近い所はやめるように言われたが、やってみると温かさが気持ち良く、ついつい続けてしまった。どんな結果になるか??

眼の状態 0


11月21日(水)BTX94日
アカペラ練習日は良かったが、とんでもないドジをした。朝から来年2月の練習場予約を抽選で取れたのは良かった。とろが午後からそこで初めて本日が練習日であることに気づいた。自分の時間がたっぷり取れる思っていたのが、飛んでもないことになった。幸い時間に余裕があったので、楽譜やICレコーダーを取りに帰ることができた。気温も上がり写真の撮れる日がふいになった。
コンサートに向け、皆さんの気持ちが高まって良かった。
帰宅してからは大急ぎで菜の花の種を空き地にまいた。時期遅れになったかもしれない。

晴天と気温が上がって、多少眼が楽になった。

眼の状態 0+


11月20日(火)BTX93日
歌に関連する問題が大きくなり、横須賀市職員の方に相談して回った。動いて気を紛らわすが、明暗があるわけでもない。午後は女房の誕生祝を横浜に出かけて家族4人そろった。珍しい。安くてなかなかの料理で十分満足した。お店もなかなか雰囲気が良く、お客様も満員状態であった。私は帰り一人で写真を撮りながら帰った。

眼はかなり良い。夕方の写真を撮るときにそれ程眩しさがなく、ショボショボ感も少なかった。このくらいが毎日続くといいのだが。

眼の状態 0+


11月19日(月)BTX13週
朝から公園清掃をしっかり行ってから、午後はコンサートの打ち合わせに集まった。歌以外にも相談する事が沢山ある。無事に終わってもまだまだ問題山積。・・・ここでは言えないが。
夕方は中高の友人とあってささやかなクラス会。ここは和やかなで気持ちよく話せるので長く続いている。
あっという間にラストオーダーになり9時に解散。来年はまた皆さん横須賀にくるそうだ。楽しみである。

身体は随分動かしたが、気分は良く眼も良くなった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:瞼が開けにくい。閉じる力は案外弱い。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが弱い。
眩しさ:弱い。(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:まあまあ。
フラフラ:弱くなった。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:シッカリある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は弱い。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。思考能力の停止。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


11月18日(日)BTX91日
町内の餅つき大会で私達老人はただ参加して食べてくればいいので気楽。食べてみると大変お腹にもたれて苦しいくらいになった。私が育った時代は皆貧しくて、お餅つきの風景が記憶にない。米がないのに餅がつけるわけがない。でも配給かなんか貰えたような記憶がある。
少し疲れがでて、今日はあまり動かず休息に努めた。

今日も眼はしんどい。ただそれだけ。

眼の状態 0-


11月17日(土)BTX90日
JPA(難病疾病団体協議会)が毎年行う全国フォーラムに行った。今年は立川さんにステージで私達の実情を訴えるつもりだったが、未だ弱小団体なので出来なかった。ただフォーラム企画時点から参加していたので会場からの発言を認められていた。しかし体調が優れないので午前中は会場に来られず心配した。でも、予定時刻には頑張ってやってきた。彼女は体調が悪くても殆ど愚痴も言わないし、そのような気配を見せないのでついつい安心してしまうが実際は相当きつい状態なのだ。大勢の中で緊張したのか、いつもに似合わず話にてこずってしまった。でもJPAの幹部からは労いの言葉をいただいた。
懇親会では幾人か知り合いもできてえ、情報交換もできた。私達は同病者だけでなく、ほかの人達と知り合い知って貰うことが重要だ。仲間内だけでは発展性がない。

帰りは立川さんの彼氏と3人で軽く食事をして別れた。

眼の状態 0-


11月16日(金)BTX89日
町内老人会のワンコイン茶話会で、弁当を食べてからギター奏者の伴奏で懐メロを20曲ぐらい歌う。最後はカラオケ部で3年間歌ってきた”この街で”を歌うようになった。皆さん評判がなかなかよろしい。先日の追浜地区の演芸大会でも評判になったのが切っ掛けだ。終わってから散髪にに行きさっぱりした。私は頭をほとんど丸坊主みたいに短く刈っているので、伸びると鬱陶しい。

今日も良く晴れて気分はいいはずだが、そうは行かない。

眼の状態 0-


11月15日(木)BTX88日
コンサートのリハーサルであった。まあまあ順調に進んだと思う。もっとも昨日のアカカペラは先生が怒ったとの事だ。私のパートを個人攻撃したという。”歌っていない! 話し言葉だ!なっていない!”・・・そんな話だ。私は休んでいて良かった、良かった。
終わってからは友人と一杯飲み屋でジックリと話し合った。合唱の人達は飲む人がいない、いつも二人なってしまう。

眼は気持ち少し良くなったかな。そんな程度だ。

眼の状態 0


11月14日(水)BTX87日
親戚の不幸で葬儀に都内へ出かけた。私の従兄で親と同じくらいの年齢差があり100歳の長寿を全うした。朝家族がまるで寝ているように穏やかな姿で亡くなっているを発見したそうだ。余程良い人生を過ごしたのだろう。家族葬で静かに行われた、これで良いのだと思う。派手な葬儀は私もいらない。ただ人口減少は親戚にも表れており寂しさは拭えない。
私も長寿になるのだろうか?従兄のようにうまく生きられるか、疑問が大きい。
今日のアカペラは休みました。

素晴らしい晴天だったが、眼には悪い。頼りないショボショボ感+眩しさだ。

眼の状態 0-


11月13日(火)BTX86日
立川くるみさんの障害者年金2級を獲得する裁判の傍聴をした。横須賀からはチャレンジドヨガに参加しているA君も来てくれた。視覚障害者で彼女を支持しているYさん、Mさん、親しい友人Yさん、社会保険労務士のAさん、ほかにもお二人が傍聴してくれた。立川さんには心強かっただろう。
立川さんに対する証人尋問は厳しいものであった。結局、検事側の尋問は彼女が見えることを明らかにしたかったに違いない。100%見えない訳ではないからえ日常生活が困難なことを証明するのは大変難しい。
彼女と視覚障害者1、2級の方を承認して比較したら分かると思うが。
終わってから喫茶店で集まり自己紹介、懇談をして別れた。私の住む横須賀に近い方二人の視覚障害者の方とも知り合えて大いに心強くなった。チャレンジドヨガに参加して貰おう。

眼は頼りなくショボショボして苦しい状態が続いていた。

眼の状態 0-



11月12日(月)BTX12週
町内のカラオケ練習日。今のままでは高齢化で先細りが見えているので、これからどう過ごすかを相談した。一度、ピアニストと合唱の友達を読んで歌ってみようかと提案した。皆さん遠慮がちだが、やってみる価値はあるだろう・・・と説得してしまった。歌をきっかけに楽しさが共有出来ればいいではないか。

眼はドライアイがきつくなって、更に悪くなった。

眼の状態 0ー

1週間毎のチェック
目が閉じる:瞼が開けにくい。閉じる力は案外弱い。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボが強い。
眩しさ:弱い。(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:まあまあ。
フラフラ:弱くなった。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:シッカリある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は強い。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。思考能力の停止。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


11月11日(日)BTX84日
チャレンジドヨガに参加した。大分知り合いも増えた。先月から誘った友人N、フェイスブックで活躍するISAKO HARADA夫妻、そのお友達のSさん、まだ若く時々追浜近辺で会えるHさん、Aさん、リーダー的存在のIさん。皆さんなかなか頼もしい。どうやら私が最年長らしい。きっと眼球使用困難症問題解決に協力して頂けるだろう。付き合いは健康の元・・・年を経るに従いそう思う。帰りはAさんと生ビールで乾杯して別れた。

眼はほんの少しだけ良くなった。

眼の状態 0


11月10日(土)BTX83日
終日在宅できたので、途中になっていたドアフォンの修理を完了した。大谷石の塀も風化して崩れた部分をセメントで修正した。始めはコテを使っていたが、素手でやった方が仕上がり良いことを発見した。みっともないと思おうかもしれないが、案外風合い良い。高い建材で仕上げればこれは見事だが、私の素人仕上げも悪くはない。それが終わると今度は本の処分を始めた。文庫本も全集も専門書ももういらない。残しても誰も惜しむ人はいない、家族に処分させて悩ませるより私がやっておいた方がいい。今日は結構な肉体運動になった。

眼はほんの少しだけ良くなった。

眼の状態 0


11月9日(金)BTX82日
本来は写真の定例会で作品10点を持ってゆくはずだが、慌ただしくて出来ない。先日の写真展を引き取りに行くだけとなった。最近は勝手に休んだり、会場撤収も他人まかせで申し訳がない。心掛けが悪いものだから帰りにはしっかり雨が降ってしまった。まあ、秋雨も風情があっていいものだ!!?

眼は瞼も、顔も、口も、頬も不自然な動きと頭の中のジンジンする活動、首肩の凝りで極めて不調。
まだ瞼が開けるからいい。

眼の状態 0-


11月8日(木)BTX81日
今日も歌の勉強会でコンサートに向けての練習をした。徐々に皆調子が良くなってきた。練習後3人で飲んだり、お茶とケーキだったり各様で面白く話ができた。女房の誕生日なので早めに帰ったつもりが、帰りの電車でついつい居眠りをして横浜近くまで通り過ぎてしまった。女房は大変お冠で”もういいわよ”と残った寿司を勝手に食べろ言う。困ったものだ、大人なんだから一々怒らないで貰いたい。

眼の状態 0-


11月7日(水)BTX80日
アカペラ練習日。自分自身でも録音を聞き、先生の指導を確認しながら練習して出かけた。会場ではもう来年の2月の予約を受け付けている。今回も抽選で勝ち取る事が出来た。実際の練習では楽譜を極力見ないで歌うように心掛けた。一つ覚えれば一つ忘れる年頃だから、かなりの努力を要する。でも気合いが入れば記憶も出来る、歌も良くなる。

眼は良くない。

眼の状態 0


11月6日(火)BTX79日
眼瞼痙攣専門医に中間診察を受けた。いつものように瞼を緩く閉じて、ゆっくり開く。ギュッと閉じてパッと開く様子で判断しているらしい。”大分来ていますね”とかなり悪いと判断したようだ。

帰りに雨降る中、横浜市視覚障碍者福祉教会に寄って事務局長に面会した。晴眼者のせいか、私が説明しても簡単に信用しないで質問や批判と冷ややかな態度が目立つ人物で頭脳明晰だ。今まで接した日盲連の方々と極端に違和感を持たせた。私達は本来この様な人と戦わなければいけないのだろう。

先生の言葉が影響した訳ではないが、眼はショボショボ、シブシブ感が強く、顔も口も頬も異様に動いてしまう。

眼の状態 0-


11月5日(月)BTX11週
町内の公園清掃と月頭の役員会が行われた。来年度の役員改選が議題に上がった。会長になりたい人はいないので、例年揉めることになる。老人会の中でも高齢化は進み、入会する人は減っている。悩みが大きい。会の平均年齢は82.5歳だ、自主的に動ける人が少ないから周囲の人々の支えが必要なのだ。

眼はまた悪くなった。公園清掃が体力を使うので疲労の影響があるかもしれない。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:瞼が開けにくい。閉じる力は弱くなった。
ドライアイ:シブシブ、ショボショボの主な原因。空気の乾燥には影響されない。
眩しさ:弱い。晴天が多く眩しさが気になる(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:まあまあ。
フラフラ:弱くなった。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:シッカリある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は強い。
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。思考能力の停止。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。パソコンの応答速度が速すぎて困っている。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


11月4日(日)BTX77日
今日は父親の命日。都内のお寺に出かけた。ときどき雨が降る薄暗い天気で、気持ちは沈みがちだ。
お参りを終わっても余り散策する気にもなれず、簡単にそば屋で昼食に決めた。それが意外に旨かった。
歯ごたえのあるのが気にいった。どこに良い店があるか、矢張り入って見ないとわからない。
電車に乗るとアナウンスが“野郎らいん・・・”と案内している。英語だから野郎ジャあるまいし、と聞き耳をたてたら、イエローラインで黄色い線の後に下がってください・・・とのことだった。もう英語は忘れた。横須賀は米軍基地の町なので英語位聞き話せないといけないな。

薄暗いのが良かったか・・・・眼はかなり良かった。

眼の状態 0+


11月3日(土)文化の日 BTX76日
追浜に住んでいる視覚障害の友人からサイトワールドに誘われた。都内錦糸町のデパートで行っていた。一体何をやっているのか? と思う程駅の周辺から賑わっていた。白杖を持った人、付き添いの人、ボランティアの案内の人が目だった。会場は広くIT関連を利用して、多くの商品が並べられていた。友人はスマホを使い点字ブロックについたQRコードを読みながら、目的場所に行く訓練体験をした。昼食どきには、参加会社の代表やボランティアの方達と食事ができた。折角のチャンスと眼球使用困難症の患者について話をさせて貰った。私達眼球使用困難症の患者より活動的なので、お付き合いをして頂いて助かることが多い。視覚障害認定が認められないと障害者手帳が得られない・・・・こんな事が私達に多方面で障害になっているのだ。

有り難い、眼はマアマア良い。

眼の状態 0+


11月2日(金)BTX75日
良い天気で、終日在宅。こんな事は珍しい。門に着いているドアーホンが外れて壊れそうになった。大谷石で門柱なので風化が進み崩れたのが原因だ。崩れた部分を綺麗にしてセメントを私の手そのものをコテ代わりにしてしあげた。素人だからコテよりかえって上手く塗れた。もっと綺麗にしたいと雨よけまでつけたが、良い接着剤がなくて仮止めになってしまった。何事もスンナリ進まない。

気分良く楽しんでいる。そのせいもあって、眼はまあ良い。

眼の状態 0+


11月1日(木)BTX74日
今日も歌の練習をいつも通り行って、更に4人で特訓を受けた。この費用は30分で3000円になる。先生は一人一人にしいたいと言う、気持ちは分かるが通常の授業料1300円+月の積み立て500円なので本日のみで4800円になってしまう。こんな訳で3000円を4人で分けて貰い750円で本日は2550円也。それでも本日のみだ!高い!しかも公共の福祉会館で無料で立派な体育館ほどの大きさの音楽室を使っている。勿論グランドピアノもある。理解しがたい。

有り難い。眼はまた少し良くなった。

眼の状態 0+


10月31日(水)BTX73日
アカペラ練習日。終わってから3グループの会長で下打ち合わせを行って飲みに寄った。いつもとお店を代え“本日半額“のビラに誘われて楽しんだ。いつもより店が広く綺麗だ。しかし精算になったら、うまく店に騙されたことを知った。結果いつもより高くなった代金を払った。

高くついた性もあったか、眼調不良でうまく騙されたのか?眼は少し悪くなった。

眼の状態 0


10月30日(火)BTX72日
一年おきに行っている胃の内視鏡検査を行った。慢性胃炎が続いていると言う。でも心配なさそうだ。JPA(難病疾病団体協議会)の11月17日の家族集会に向けての打ち合わせに参加した。
眼球使用困難症の患者についてステージで講演をさせて貰おうと思ったが、今回は見送りとなった。立川くるみさんに話して貰おうと思ったが残念。替わりトップ質問を受けて貰えそうなので、仕方がない、私がやることにした。本人は今のところ体調が悪く行けそうにない。

眼の調子がマアマアの状態を継続している。食品や線香によって暖めるなどの治療を行っているが、他に最近おろそかにしがちだったラジオ体操、筋力トレーニング、ストレッチなどしっかり継続していることや血糖値を下げるためお酒をシッカリ押さえ、間食をしない、糖質も少なめにする等をやっているのが効いているかもしれない。また話会いのチャンスをなるべく増やすのも良さそうだ。

眼の状態 0+


10月29日(月)BTX10週
晴天で暑い。上着にベストまで着て出掛けたらすっかり汗をかいてしまった。
市会議員と面会して私達眼球使用困難症の患者の問題、即ち法律上の谷間にあることや日常生活維持が困難になる実情を話した。
勿論市会議員の扱う範疇を超えているが、周知活動として必要と思ったからだ。市にも視覚障害者福祉協会、点字図書館、視覚障害者向けイベントもあるので理解を広め
障害者手帳を持たない不利な日常を知って貰った。その他いろいろな日常生活の問題を話会ってきた。
久し振りにカメラを持って、海辺の公園をうろつき周り撮影をした。日差しが強くて良い条件が揃っていた。

晴天で本来なら眩しくて、撮影は苦しくなるがあんまり拘らずに済んでしまった。
もう注射して70日だが今頃になって効き出したのか?注射以外の影響か?
ドローっと水飴みたいなサプリか?線香で温める治療法なのか?

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:瞼が開けにくい。閉じる力は弱くなった。
ドライアイ:ショボショボの主な原因。弱くなった。
眩しさ:弱い。晴天が多く眩しさが気になる(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:まあまあ。
フラフラ:弱くなった。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:シッカリある。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は弱くなっている。
精神状態:正常のつもりだが。気分が悪くなって、もしかすると鬱病になるのではないか?と不安になる位だ。記憶、判断力が、速度が落ちている。思考能力の停止。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月28日(日)BTX70日
忙しくて良い日になった。写真展に大先輩が来てくれるとの事で行ったら、既に到着していた、私の個性ある写真は不思議?!そんな印象で、“こんな写真撮れるの?“と言ってお土産の柿をおいて帰った。12月にあるゴスペル クワイヤーのチラシも貰った。これも受付の人に紹介したら”行く行く“と言いだしてこれも売り切れ。自宅に中古パソコンのチラシが入っていたので、詳しい人に聞いたら”CPU・・コアi5 SSDならお勧め”に直ぐ販売会場に駆け付けた。行列が出来ていて中々の人気らしい。目的の機種は最後の一台を62千円で入手した。嬉しくなってしまった。この販売会はJEMTEC(社)日本電子機器補修協会が行っている。

気分が良い一日で、眼も昨日に続いて程々に良かった。

眼の状態 0+


10月27日(土)BTX69日
久し振りに鷹取山に登った。午後になったので、空は晴れ快適な散歩で山を下り追浜市街を歩き、又山道を登り自宅へ戻った。
山のように作った下らない書類の整理、廃棄をやっている。本ももっと廃却しなければいけない。勿体ないとは思っても必要とされないから仕方がない。
そうすれば我が家も、もう少し綺麗になるだろう。

たっぷり歩いたので気分も良くすごせた。プロ野球の日本シリーズはちょっと記憶に無いくらい、良い試合となった。

眼も今日は良かった。閉じるとショボショボはあるがこの位なら問題無い。

眼の状態 0+


10月26日(金)BTX68日
写真展の受付を午後と思い違いをしていたら、電話で呼び出された。
でも良かった、合唱の友達が見に来てくれたり町内の方も見えた。
程々に受け付け作業は優秀な人材にお任せして、合唱兼酒飲みの友人と飲み屋に向かった。
私は一人なら自分をコントロール出来るが、他人様から誘われると弱い。飲む量を控え気味するだけになる。
暫くしたら男性5人のグループで喧嘩が始まった。大男が小柄な男に怒鳴り散らしている。
周囲が大男を必死になって押さえながら、小柄な男に先に帰れとすすめている。
所が小男は大胆にも椅子に座って腕組みしながら、言葉で攻撃するから大変だった。
なんとかなだめて小男を帰して座は静かになった。すっかり醒めてしまった我々はソソクサと精算をして
喫茶店でまた駄弁りまくって終わった。それでも帰る頃はまだ十分明るい時間帯であった。

兎に角今日も良い日で過ごせた。眼は変わらず。もう今回のBTXの効果はこれまでで終わりそうだ。
頂いた線香のお灸でどの位の効果が出てくるか・・・・少し効いている気もする。

眼の状態 0


10月25日(木)BTX67日
私の参加する写真クラブの作品展の初日である。午前中は会場のレイアウト作りと写真の取り付けだ。
いろいろと人材豊富なので、見事に素早く段取りをして早く飾り付けができてしまう。
現役の頃は生産技術かと思わせる。またパソコンも自作するし、なんでも教えてくれる。
全国クラスの写真展でも、表彰される位の人もいる。全くプロとしか言いようがない。
カメラ、撮影技術、フォトレタッチ、並べきれないくらい多方面に精通している。
あまりに高度で私には理解不能の会話では、全く蚊帳の外である。
私なんかディジカメがあってこそ撮影が出来る程度の初心者だ。
それでも受け入れて貰える所が良い。

好天で過ごしやすい一日であった。午前中の作業で疲れと一安心で帰りは一人喫茶店でボーッと過ごして帰った。

眼の状態 0


10月24日(水)BTX66日
朝はまた歌の練習会場の予約をして、一旦自宅に戻った。夕方の友人との飲み会までには時間があり過ぎた。
この友人も長く続いている気の置けない友達として貴重だ。新たに探してくれた魚が得意な店で良かった。
お互いに年を取ってそんなには飲めない、健康診断での注意点もあるから自然に終わってしまう。

雲の多い日で若干眼には楽だった。でも目立つ変化はない。

眼の状態 0


10月23日(火)BTX65日
卒業65年目の小学校クラス会で、都内のうどん屋に行った。うどん屋と言って馬鹿に出来ない有名店で良い料理を出してくれる。
いつも他愛ない昔話、病気の話が主になる。ただ大変元気な女性がいて我々とは逆に元気さが目立つようになった。声がでかくてハッキリ、顔色は色白でつやがあり頬はピンク色、健康に何の問題も無く、健康診断では何も引っかからない、食欲旺盛、只一人平気で日本酒を注文する。一体何時まで生き延びるのか?恐ろしい。
毎年楽しく、屈託無く、良いクラス会が続いている。

眼は悪いなりに安定している。

眼の状態 0


10月22日(月)BTX9週
老人会のカラオケ演習日。先日土曜日の演芸大会の反省と来年はどうするか?が話題になった。
覚えるのが大変だから、同じ曲を3年もやって来たのだから、無理もない。
毎月2回同じ曲を始めに歌ってから、カラオケ装置で好き勝手に歌うだけ。
芸がないけれど、私ではどうしようもない。以前は月ごとに新曲を練習したが、高齢化と共に覚えるのも難しくなってしまった。

この悩みは眼に影響ない。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:瞼が開けにくい。
ドライアイ:ショボショボの主な原因。ドラアイ点眼液を使っても気休め程度。
眩しさ:強い。晴天が多く眩しさが気になる(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:まあまあ。
フラフラ:いつも意識させられる。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。ボンヤリする割に頭の中はジンジンするように活発化しているみたいだ。音の無い静かな騒音が起きているように感じる。眼のピントが老眼のように合わない感じがする。逆にカチンとしっかり物が見えると、辛くなる。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:シッカリある。
複視:ある。バランスが非常に悪い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。
     道路を横断するときバランスを乱す。
     この症状で必要以上に首を振り、フラフラに繋がる。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は弱くなっている。
精神状態:正常のつもりだが。気分が悪くなって、もしかすると鬱病になるのではないか?と不安になる位だ。記憶、判断力が、速度が落ちている。思考能力の停止。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。BTXの効果が落ちている事を示しているのだろうか?
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月21日(日)BTX63日
視覚障害の友人が行く喫茶店に寄ったら案の定Hさんが来ていた。
他にもお客さんがいて、様々な世間話をするなかで彼のエレベーターのメンテナンス経験談を聞く事ができた。
私も技術者上がりだから面白くて、引き込まれてしまった。
大きなトラブルと対応の悪さで有名になった会社の製品については、日本の法整備の合間を縫って使われたとの事だ。
外国の会社は抜け目がない、法律を抜ければ当然と思われる製品責任の対応なんか平然と無視だ。

話が終わってから、市の文化会館で文化祭に出した写真を引き取りに行ってきた。
残念ながら表彰されるも事も無かった。無理もない私のは抽象画風で大抵の人は“何じゃこれ!”と疑問をもつ
だろう。まあ、25日からは参加しているグループの作品展もある。時間が無くて5枚しか出品出来ないがこちらでは頑張れるだろう。

忙しくて夕方帰宅した女房とスーパーで買ってきた寿司と缶ビールで乾杯した。

人と話をしていれば、眼の症状は一時的に忘れることはできる。歩いていても何かに夢中なら忘れることもある。
事故に会わない心構えは必要で、何となく気楽な散歩にはならない。

眼の状態 0


10月20日(土)BTX62日
追浜老人会連合の秋のイベントである演芸大会に出演した。この大会は商店街のグループが多数参加して活躍し、この方達で老人会も保たれている。日本の民謡や踊りが主体で他はカラオケだが、カラオケ参加もすっかり減ってしまった。私達は伴奏カラオケで、大声で気合いをいれて元気そうに歌い通した。椅子に座るしか無い人、ステージへの登り降りも杖や人の手を借りなければ出来ないグループなのだ。皆さん、いざとなれば普段とは全く変わり随分声を出してくれた。たまにはこんな気付け薬も良いもんだ。

お陰で風邪気味からは脱却して、身体も少し楽になった。ただし、眼は変わらず。
0
眼の状態 0


10月19日(金)BTX61日
老人会の誕生日会。最近は多くの皆様が積極的に準備や後片付けをするようになって来た。
今回は趣味として花火に夢中になり、とうとう花火師の資格まで取ってしまった方のお話を聞くことができた。個性ある趣味を続けてきた面白さは愉快だ。この方はお祭りを仕切るのが好きでもある。

私は昨日のお陰で二日酔いと眠さを我慢しながら過ごし、最後に明日の老人会の追浜演芸大会にむけて“星に願い”と“この街で”をカラオケ部で歌い終わった。

眠気と眼の悪さと二日酔いで帰宅したらすぐに寝てしまった。眼の悪さは変わらず続いている。

眼の状態 0


10月18日(木)BTX60日
今日は歌の勉強会。課外特別練習も行った。高い!100円/分だ。前回は“初恋”今回は“この道”、細やかに美しく歌おうとすれば易しい歌なんかないと実感している。
コンサートは予想以上にお金がかかる。なんと言っても、先生に対する謝礼だ。福祉会館でこんな金儲け授業をやっていていいのか?? あちこちから不満が噴出している。楽しい筈の歌でもまた、悩まされるトラブルが出てくるとは!
終わってから、もうすっかり決まって友人と一杯どころか大部のんで帰った。

朝から猛烈な眠さと闘い続けた。歌の時も、飲んでいるときも。子供の頃から春先に眠気に襲われたが、この時期に何だろう? 季節の変わり目で風邪を惹いたのが影響しているかもしれない。
声がガラガラ声で喉に効く漢方を飲みながら歌っていた。

眠気はあっても、眼の悪さは変わらず続いている。

眼の状態 0


10月17日(水)BTX59日
福祉会館で9時からの練習会場予約に行き、無事抽選無しで予約獲得した。午後のアカペラ練習まで時間があり過ぎる。天候は冴えず、散歩する気にもならない。結局は大量のお店がある複合施設の食事が自由に出来るスペースで時間を過ごした。ここは便利だ、パンと飲み物を会わせて200円程度買って楽譜を見ながら歌の練習をやる。すぐ前は軍港巡りの観光船が出入りする良港でのんびり過ごせる。午後は4駅遠くにある“少年の家”でアカペラ練習を行った。ここも周囲は住宅街と広いテニスコートに囲まれた良い環境だ。歌の練習がだんだんと難しくなってきて、プログラムから外そうかと問題になってきた。

眼の治療法として、線香のようなに暖かさで患部を温める方法をやってみた。幸い出てくる煙りに咽せることは無かった。30分程やってから、しばし睡眠を取ったら“オヤ?”と思う程、顔の表情の険しさが緩んだ。もしかして効果が出たのか?・・・まだ分からない。この病気は予測不可能な症状の変動があるからだ。ただ、眼そのものは別に良くなった訳では無い。

眼の状態 0


10月16日(火)BTX58日
今日もクリスマスコンサートについて相談した。お金が問題になると、難しくなる。
視覚障害者の友人から電話を貰って長時間話をした。彼の友人にも早くあっておきたい。知り合いが多く、アイディアも面白い。
眼瞼痙攣の治療として、線香の煙を周辺に軽くすり込むような治療を紹介されて、チャレンジした。当分やってみるが、果たして効果は? もう一つテレビでもコマーシャルに出てくるドロッとした液体も試している。こいつは甘いので、糖質制限を行っている私には使い方が難しい。

眼はマアマア良し。

眼の状態 0


10月15日(月)BTX8週
定例の公園清掃を実施した。台風の影響で大量の落ち葉を片付ける事になった。我々10数人の老人では荷が重くて次回に持ち越しとなった。クリスマスコンサートもやることになったが、先生に払う謝礼の負担が大きくてこちらも頭が痛い。世界が変われば、お金に対する扱いも異なる。決めた事なので止めることも出来ない。
1000円カットの床屋さんも、今は消費税が8%のせて1080円だが更に10%になるのだろうか? 高齢者は天国に住んでいるのではない、徐々に負担が増えるのは間違いない。老後を趣味で生きるなんて贅沢なことは出来ない。

眼は我慢できる状態を維持している。有り難い。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
目が閉じる:瞼が開けにくい。
ドライアイ:ショボショボの主な原因。ドラアイ点眼液を使っても気休め程度。
眩しさ:弱い。最近は曇りと雨が多いせいだ。通常は太陽の日差しが低くなって、これから眩しさも本格的になる。(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:まあまあ。
フラフラ:いつも意識させられる。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:痛みは弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。ボンヤリする割に頭の中はジンジンするように活発化しているみたいだ。音の無い静かな騒音が起きているように感じる。眼のピントが老眼のように合わない感じがする。逆にカチンとしっかり物が見えると、辛くなる。困った眼だ。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:シッカリある。
複視:ある。バランスが非常に悪い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。
     道路を横断するときバランスを乱す。
     この症状で必要以上に首を振り、フラフラに繋がる。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は弱くなっている。
精神状態:正常のつもりだが。気分が悪くなって、もしかすると鬱病になるのではないか?と不安になる位だ。記憶、判断力が、速度が落ちている。思考能力の停止。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。BTXの効果が落ちている事を示しているのだろうか?
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


10月14日(日)BTX56日
雨が降りそうな空模様だった。月一回の視覚障害者向けに行っている、ヨガに参加した。FACEBOOKでは眼球使用困難症の独り言で活躍していらっしゃるISAKO HARADAさんもお友達を連れての初参加でした。私も眼に不自由している友人を連れて参加した。病名は知らないが高齢なので眼の大手術を必要としているけれど、出来ないと諦めている。このヨガのお陰で急に友達が増えてしまった。知り合える、話せる、情報を得る良いチャンスとなった。

何だか分からないが、今日も眼がほんの少し良い。続いて貰いたい。

眼の状態 0


10月13日(土)BTX55日
散々溜め込んだこのブログを一挙に書いた。大部端折ったが、そうそう頑張っているわけにも行かない。やることはいくらでもある。私が関わった眼球使用困難症と闘う患者友の会も、とうとうホームページも消されてしまった。次期会長を探したが、引き受けてくださる方もなく私の出来ることはもう何も無い。この教訓を活かし、次の活動に切り替えてゆく。

どうするか、考えはまとまってきている。我々に対する障害者手帳を得る法律の変更を目標に、周知活動をするために実行力のある組織の協力を得る、問題解決に積極的な医師
や医療関係者と協力を得て講演会を行う、厚労省の調査・研究の動向をフォローしてゆく、・・・などを念頭に当分は個人的活動を行ってゆく。

自宅であまり慌てずノンビリ過ごしたのが良かった、友人とも結構電話で話しができて、気持ちリラックス出来た。

眼の状態 0


10月12日(金)BTX54日
合唱の練習日。習っていた歌ばかりではなく、横須賀市歌、開始の歌、クリスマスソング・・・等々盛り上げる為に分かりやすい歌などが追加されてくる。私のように融通が効かない人には何でも難しくなる。それに振り付けをされたりすると、もうパニックだ。もう一寸笑顔でなんていわれても、私は眼瞼痙攣でそう簡単に出来るわけが無い。大きめサングラスで誤魔化すしかない。身体からリズム感が消えているから相当努力を要する。

眼はマアマア良くなってきた。ただし、健常者と比較しようがない。

眼の状態 0


10月11日(木)BTX53日
合唱の練習日。習っていた歌ばかりではなく、横須賀市歌、開始の歌、クリスマスソング・・・等々盛り上げる為に分かりやすい歌などが追加されてくる。私のように融通が効かない人には何でも難しくなる。それでも振り付けをされたりすると、もうパニックだ。もう一寸笑顔でなんていわれても、私は眼瞼痙攣でそう簡単に出来るわけが無い。大きめサングラスで誤魔化すしかない。身体からリズム感が消えているから相当努力を要する。

眼はマアマア良くなってきた。ただし、健常者と比較しようがない。

眼の状態 0


10月10日(水)BTX52日
アカペラ練習日で、コンサートを踏まえ歌だけで無く、移動や舞台上の動きも練習し始めた。
まだぎこちない・・・いや、まだ動けないのが本当のところ。

眼はやや良い感じで、良くなって来たか?と期待される。でも、本来こんな程度で良いなんて言えない・・・そんなレベルだ。

眼の状態 0


10月9日(火)BTX51日
以前から予約をしていた神奈川県視覚障害者福祉協会を訪ねた。理事長の鈴木孝幸氏は他にも日盲連理事、座間市障害者団体連合会会長。受賞としては座間名誉市民賞、日本障害者スポーツ協会功労賞、神奈川県知事表彰、日本身体障害者団体連合会長賞、厚生労働大臣賞ととんでもない方だった。
私達の眼球使用困難症の患者が障害者手帳を取れないでいる事情と日常生活の困難な現実を説明し理解を頂けた。法律改正に向けた活動案も聞いて頂く事ができた。

帰りは都内に出て外国旅行に行く親戚と夕食を取って、帰宅した。今日は良い日になった。

良い打ち合わせが出来て、非常に嬉しく眼にも良い効果をもたらしたのか?!
少し良かった。

眼の状態 0


10月8日(月)体育の日  BTX7週
老人会のカラオケ練習日だ。20日にある追浜地区老人会連合の演芸大会にでるので
歌と当日の段取り確認を行った。皆さん参加する事に意義があるわけでコンクールではない。
大声で元気に歌いましょうと、励まし合って終わった。

眼は鬱陶しく、歌の準備といっても頭が働かない、間違いも多い。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:瞼がくっつく感じ。瞼が厚ぼったく、重い。
ドライアイ:かなり気になる。ドラアイ点眼液を多用する。気休め程度にしかならない。
眩しさ:弱い(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:まあまあ。
フラフラ:強い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:眼の奥から後頭部にかけて、弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。痛みはそれ程ではない。ボンヤリする割に頭の中はジンジンするように活発化しているみたいだ。音の無い静かな騒音が起きているように感じる。眼のピントが老眼のように合わない感じがする。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:シッカリある。
複視:ある。右眼があまり開かないので、バランスが非常に悪い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。
     道路を横断するときバランスを乱す。
     この症状で必要以上に首を振り、フラフラに繋がる。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は強い。終日継続している。
精神状態:正常のつもりだが。気分が悪くなって、もしかすると鬱病になるのではないか?と不安になる位だ。記憶、判断力が、速度が落ちている。思考能力の停止。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。BTXの効果が落ちている事を示しているのだろうか?
発声:眼瞼痙攣とは無関係で、咳が出て発生を邪魔する。


10月7日(日)BTX49日
友人達7名と鎌倉に出掛けた。“鎌倉 極楽寺・稲村ヶ崎アートフェスティバル”で極楽寺で下車して個人のおたくで披露している作品を見せて貰うと言う面白い趣向である。ただ我々は高齢者だから、急階段と急坂が殆ど直ぐに“もう帰ろう”となってしまった。通勤時よりも混み合う江ノ電で鎌倉へ戻り、ビール祭りをやっている市役所前に行った。流石に鎌倉で、多くのテントが張られた広場で多様な鎌倉ビールを飲める、イベントも盛ん。若干所帯疲れも見える横須賀とは違い、綺麗な若奥様がビールとお喋りの花-0.3を咲かしていた。
しかし、ここも日当たりが良くて高齢者は耐えきれず街中の飲み屋に逃れた。やっと一息ついて、会話も楽しくなった。久し振りに会って愉快な一時を過ごせた。

良い仲間と過ごせたが、眼には効果が無かった。何時ものように、しんどさが同居していた。

眼の状態 0-


10月6日(土)BTX48日
視覚障害者の友人とカラオケ店で会う約束だったが、来ない。心当たりを探したが見当たらず、歌わず昼食を取るのみで帰宅した。仕事も忙しいし、体調もままならない。時々あることなのでサッサと諦めて帰ってしまった。カラオケ店では高齢者がプロみたいに歌っていた。ママさんに歌いなさいなどと言われても勇気がでない。

眼は昨日から急転してやや良くなった。当然原因は見当たらず。

眼の状態 0-

10月5日(金)BTX47日
横須賀市の文化祭に写真で応募して、作品を届けてきた。仲間にそんな写真を出すのは拙いと言われながら出品した。毎年2枚限定で無料参加なので良いチャンスである。

雨の降りそうな中、無事に濡れずに追浜まで帰ってホッとした。喫茶店で一人ボンヤリと過ごしてから、標高差69mの坂を上り帰宅した。

文化会館への登り下り、自宅への登り下りで結構な運動量になった。その疲労の性だろうか,瞼は極端に閉じるようになった。最悪である。

眼の状態 −1


10月4日(木)BTX46日
歌の勉強会とコンサートの打ち合わせを行った。本来一杯飲んで帰りたいが、健康に配慮して控える。慣れない作業なので、何回やっても分からない事が残ってしまう。
本来の歌もまだまだ仕上がらない。先生もイライラするのだろう。

一方、何故か眼は少し良くなった。瞼が開き易くなった。気分の差ぐらいか?

眼の状態 0


10月3日(水)BTX45日
定例の歌の練習は無し。コンサートの打ち合わせを行った。慣れていない私達は、どうやらどんな要領でやれば良いのかが朧気ながら理解できてホッとした。終われば友人と安い酒場で一杯飲んだ。最近は前立腺がんの密封小線源を用いた手術を行った後遺症で時々出血する。
医師は大した事はないがしつこく続くと言う。お酒をセーブしないと出血するので控えめになった。これも健康法と納得している。

お酒の効果で多少は症状を忘れるが、一日中飲んでいるわけでは無い。矢っ張りしんどいのは変わらず。

眼の状態 0−


10月2日(火)BTX44日
本日も竹の根っ子と格闘して、ダウン。空には巻雲類が広がり、湿度は低く過ごしよい日だが、身体中汗だくとなって得意の居眠りに入った。

眼は悪くただしんどさだけ。書き表すのにも代わり映えがない。

眼の状態 0−


10月1日(月)BTX6週
パソコンの操作ミスから、1週間分が消えてしまい更に9日からはショックと怠け心でブランクが出来てしまった。幸い、日記はファイルに描き続けていうので大嘘は書かないで済む。

定例の公園清掃を老人会で行った。先月は暑さで気分の悪い方も出て、残った作業も取り返そうと頑張ろう。そんな意気込みは直ぐ消え、大量の落ち葉を集めて掬い、山中に投げ下ろす作業は重労働で30分やれば後は惰性でやるのみ。幸い無事に終了した。
終わるとすぐに役員会でこれはむしろ情報交換と計画の確認ぐらい。世間話も多く案外楽しい。

自宅に戻って、またもや勝手に這いずり回った竹の根っ子を掘り出した。これまでが精一杯、後は居眠りするだけとなった。

眼は冴えないままで継続中。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:瞼がくっつく感じ。瞼が厚ぼったく、重い。
ドライアイ:かなり気になる。ドラアイ点眼液を多用する。気休め程度にしかならない。
眩しさ:弱い(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:まあまあ。
フラフラ:強い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:眼の奥から後頭部にかけて、弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。痛みはそれ程ではない。ボンヤリする割に頭の中はジンジンするように活発化しているみたいだ。音の無い静かな騒音が起きているように感じる。眼のピントが老眼のように合わない感じがする。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:シッカリある。
複視:ある。右眼があまり開かないので、バランスが非常に悪い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。
     道路を横断するときバランスを乱す。
     この症状で必要以上に首を振り、フラフラに繋がる。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は強い。終日継続している。
精神状態:正常のつもりだが。気分が悪くなって、もしかすると鬱病になるのではないか?と不安になる位だ。記憶、判断力が、速度が落ちている。思考能力の停止。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わる。緊張感の強弱が影響する。
洗顔時、眼に水が入る:入らない。この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。BTXの効果が落ちている事を示しているのだろうか?
発声:眼瞼痙攣とは無関係で、咳が出て発生を邪魔する。



9月30日(日)BTX42日
台風24号の接近で、外出を控え屋外の強風対策を行った。それ程心配することはなく、シャッターを締め、浴槽に水を一杯入れて済んでしまった。日中は静かな天候、嵐の前の静けさ。

若い女性からのメールで「やぶさかではない」の言葉を使って、年寄りの私には意味が分からないと・・・思ったらしい。わざわざ「意味が分からないで使っています」注意書きがあった。
面白かったので絵文字で(-^〇^-)を送ったら「ワーッ、喜んでする」と言う意味とは知らなかった・・・と返事が来た。本当に笑い話になった。

女子バレーボールはオランダに惜敗。女子卓球の石川は中国の丁寧にストレート負け。残念!!

何故テレビを見ていたか? 眼の状態が酷くて何かをやる気が起きないせいだ。溜息交じりで過ごしていた。

眼の状態 0−


9月29日(土)BTX41日
また強烈な台風が近づくとの事。屋外の整理も含めて芝に生えた雑草退治を行った。サボったせいですすきまで生えてしまった。この根っ子は完全に退治しないと、大変なことになる。雨が降る中汗まみれで奮闘した。上下に合羽を着たのは大失敗、汗まみれと汚れがかえって酷くなってしまった。重労働になって、また昼寝をするどころか夜寝に繋がってしまった。

眼の悪さは頭の中に起因するので、いろいろと異常を感じるのは当然だろう。たださえ老齢化しているのに、眼に圧迫感を脳内は痺れてボンヤリ。まともな判断が出来ているのか心配だ。

眼の状態 0−


9月28日(金)BTX40日
午前中は手入れ不足で暴れ出した庭の手入れにかかった。樹木の剪定も含めると可なりの重労働になる。午後は最近知った喫茶店に行き、眼球使用困難症のポスターを貼ってくれたお礼にコーヒーを飲みながら話をした。
コンサートのポスター貼りや招待券配布、写真展の案内はがきなど皆引き受けてくれた。こんな事があるのか?!と驚いた。それにしても視覚障害の友人が開拓してくれたこのお店は情報交換の良い場所になった。年を取るに付け、友人が増えてくるのは嬉しい。
横須賀市に患者団体名簿の管理に関する心得や、法律的な根拠と責任などについて相談していた。市の職員もあまり分からず、弁護士の無料相談をしてくれた。訊いたところ、私の管理方法は十分で、責任者は絶対に明かしてはならない・・・とのコメントであった。ただ情報漏洩は裁判になっても、厳密に何処から漏れた情報が直接被害をもたらしたかは大変難しい。他のルートから漏洩していないことも十分あり得るから、との事であった。
そう言えば、大手の会社が大量のデーター漏洩があっても深々と頭を下げているのみだ。あんまり被害と損害賠償を大きく報道されていないようだ。

眼は少し良くなった。継続するかどうか心許ない。

眼の状態 0−


9月27日(木)BTX39日
前立腺がん手術後のフォローで、朝は病院で採決、採尿検査をしてから歌の勉強会で特訓を受けてまた病院に戻り検査結果を訊くことになった。コンサートに向けてビラ配り、招待券配布、ポスター貼りと忙しくなってきた。でも検査結果は順調、先生は今頃になって大腸出血は丁度出後3年に入る今頃で当然みたいな説明をする。今まで一度もそんな話をしたことは無かった。患者から情報を得ようとするが、予測される問題は知っていても教えてくれない・・・そんなものなのか? 私の受けた手術は外国からの技術導入で、国内での実績はまだ浅いから医師側も患者から情報を得て勉強している段階なのだろう。

あっちこっちと移動があって落ち着かない日となった。まあ大過なく過ごせたから良しとする。眼は相変わらずだ。

眼の状態 0−


9月26日(水)BTX38日
雨で出掛けるのが煩わしい。それでもアカペラの練習に出掛ける。男性が少ないので、休むと編成のバランスが崩れるので先生が苦労する。コンサート準備に入ると尚更である。

体調のフラフラと眠さを我慢しながらの行動は眼の煩わしさに追い打ちをかける。

眼の状態 0−


9月25日(火)BTX37日
写真展に出すための額装を行った。これで一区切りついた。最近は声が出にくいので、歌の練習を続けながらの訓練と思っている。先生は上のファまで出ていますから大丈夫ですよ。それより下のラの方が心配です。男性が少ないので頑張っちゃって、力んでいますよ・・・とおっしゃる。そうかもしれない。でも自分では声が出ないので力が入っている気がする。

体調は何となく良くなっているので心配はなさそうだ。それでも身体がフラフラするのは続いて、眠さが酷い。寝過ぎる位で睡眠不足はない。ジッとしていれば直ぐ寝てしまうくらいだから。

眼の状態 0−


9月24日(月)BTX5週
町内のカラオケ練習日。追浜地域の老人会行事の演芸大会に参加するため、熱心に練習をした。
歩くのもやっとのかたもいる位だから、気負わずに大声を出そうと話会っている。
午後は散歩に鷹取山を登り、追浜の街に降りてから自宅に登り13000歩程度の散歩をした。最近糖質制限をシッカリやっているのが、どうも過ぎたるは及ばざるが如し・・・になったようだ。
体調が冴えなくて、力が入らない。フラフラも強くなった。水分補給だけでは間に合わない。
女房が“今日は歌の発表会だから、晩飯は自由にどうぞ”とお小遣いをくれたのを幸い、スーパーの地下食品街で特上寿司を買って自宅に帰り缶ビールを飲んだ。効果はあらたかで、食べるにつけ体調が戻ってきた。低血糖の状態に陥ったのではないか? 寝る頃にはすっかり良い気分になった。

散歩中はで大量の冷や汗をかいて、眼もおかしかった。危ない所だったのかもしれない・・・自分ではそれ程危機感は無かった。大量の汗で濡れた白のTシャツが、洗濯したら紅茶色に変色した。
矢張りかなりの体調不良が起きていたのだろう。

眼の症状はあまり変わらなかった。

眼の状態 0−

一週間毎のチェックは消えてしまいました。修復は不可能で手元に記録は残していないので、諦めます。


9月23日(日)秋分の日 BTX35日
視覚障害者2級の友人から喫茶店に来ないかと誘いが合った。何やら拘りのある考えを持った人達が話し合える所だと言う。早速出掛けてみると、遅れたせいも合ってお二人は帰るばかりであった。
友人とお見せのご主人で眼球使用困難症の話をしたら、大変良く理解をしてくれた。またお店の前にもポスターを張り出してくれる事になった。この友人はちょっと風変わりな所が有るけれど、友人も多く話題も広く貴重な存在である。今後に私達の活動を協力してくれるとの事だ。
お店の主人も経験豊かで、これからも頼もしい存在になるだろう。

眼はクシャクシャ、頬もクシャクシャ。鼻に皺を寄せて、唇はへの字にしたり、口の周辺は痙攣する。眉間に縦皺で眉毛を寄せる。こんな顔付きで他人と話し合うのは、精神的にも負担が大きくなる。

眼の状態 0−


9月22日(土)BTX34日
雨を心配したが、どうやら曇りの中で地域のファミリー運動会が行われた。私は老人会メンバーとして玉入れに参加した。馬鹿に出来ないもので、玉がサッパリ入らない・・・後ろから頑張れ!頑張れて応援がかかる。見ていられなくなったのだろう、自分でも何で出来ないか不思議思った位だ。
午後はお彼岸とあって都内の飯田橋まで出掛けた。最近は糖質制限をしているので、ビールも飲まず、ご飯(米)も食べずにハンバークとサラダにした。面白いのは、糖質制限すると蛋白が不足して筋肉が痩せるから肉を取りなさいと行ったのは私が通う眼科の先生だ。内科の先生は運動療法とお酒の制限しか言わなかった。帰りは蒸し暑く、電車で座れたものの疲れた。因みに8月に入ってから体重が3kgも減った。やり過ぎか? 体調に異変ありか?

体重減少に眼の悪さが影響するのか。あるとすれば心理的な影響か?
別件だが、大体BTX注射の液は何処まで浸潤すのか? 技術レベルが高ければ、必要な筋肉にのみ浸潤するのか? 予防注射は必要な箇所を狙ってやっているわけではない。
ここで言いたい事は、浸透圧の原理があって必要な箇所にも広がる筈だと思っている。だから薬液は周辺に影響するに違いない。
BTXは筋肉を麻痺させる兵器にも使われたと聞いてる。副作用としてピントを合わせる筋肉や瞳孔を収縮させる筋肉、両眼の動きをコントロールさせて一体画像をさせる筋肉、・・・等に微量であっても影響あると見なすべきである。BTX注射をする医師はもっと患者にたいして説明をして貰いたい。医師や製薬会社のご意見が聞きたい


9月21日(金)BTX33日
小雨が時々降り続く日だ。老人会の誕生日会で過去最高の32名と増えてきた。特別講演で
詐欺に騙されない為の勉強会だが、期待以上に面白かった。契約とクーリングオフを結びつけて話をしたのは良かった。講師は消費者生活センターの方で分かりやすい。ここの相談電話は118(イイヤ)との事だ。
血糖値に配慮して酒も、ワインも、ビールも、ジュースも控えた。

眼の状態 0−


9月20日(木)BTX32日
今日は合唱の練習日。昨日と同じジョイント仲間だ。歌以外に振り付けもある。教えるメンバーは見事なダンサーで素敵だが、他は高齢者で身体を動かすのもやっと言う方もいる。ダンサー主体に積極派数人は踊り、私共はその他大勢で小学生のお遊戯くらいでやる。反響が楽しみになる。
終わってから友人と一杯飲んで楽しみ、写真へのコメントも貰った。それでもまだ2枚に絞り悩む。贅沢な悩みである。

相変わらず、眼のピントが合わない、これが頭をボンヤリさせる。それなのに頭は活発に動いていえて疲れる。酒をのんでも変わらない。顔が神経質に動くのも気になる。

眼の状態 0−


9月19日(水)BTX31日
アカペラの練習日だ。歌だけでは無い。準備が沢山あるので見落としなくやるのは結構大変だ。
皆さん協力してくださいと言われても具体的に何をすれば良いのかを考える所から始まる。

相変わらず、眼のピントが合わない、これが頭をボンヤリさせる。それなのに頭は活発に動いていえて疲れる。

眼の状態 0−


9月18日(火)BTX30日
今日も歌の練習と写真展に向けた最後の1枚で悩んだ。兎に角3枚に絞って、友人の意見も聞こう。
印刷するとインク代が嵩むので、気安くプリントも出来ない。
こんな事でも矢張り楽しんでやっているから、気楽である。

眼のピントが合わない、これが頭をボンヤリさせる。それなのに頭は活発に動いていえて疲れる。

眼の状態 0−


9月17日(月)BTX4週
公園清掃の日で蒸し暑かった。高齢者が気分が悪くなり、ベンチに崩れるように倒れ込んでしまった。頑張らないで、遊びに来る程度で良いのだ。他の皆さんも相当バテバテになった。
今日も歌の練習に時間をつぎ込んだり、写真展に出す最後の一枚の選択にアレコレと悩み続けてもいる。

眼のピントが合わない、これが頭をボンヤリさせる。それなのに頭は活発に動いていえて疲れる。

眼の状態 0−

一週間毎のチェックは、消えてしまい修復は不可能です。


9月16日(日)BTX28日
コンサートに向けて、練習を始めた。ジョイント・コンサートなので25曲を越える。そもそも、年寄りの気まぐれだ始めたから、覚えが悪い。周辺に多大なるご心配とご迷惑をかけている。
何しろ1ヶ覚えれば、1ヶは押し出されるように忘れるのが実情だ。それでもあまり気にせず、ある意味図々しくやって楽しんでいる。
庭の雑草取りや樹木の剪定をしたが、以外な所に竹が2本伸びているのを発見。ショックが大きい。
これを掘り起こす労力を考えると気が滅入る。

眼は悪いが、何だかピントが合わない。合わない老眼鏡を掛けているみたい。それでも視力検査では問題無い。緑内障も白内障も問題なし。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:瞼がくっつく感じ。瞼が厚ぼったく、重い。
ドライアイ:かなり気になる。ドラアイ点眼液を多用する。気休め程度にしかならない。
ムコスタは一日6本使うが、気休めだ。
眩しさ:弱い(ただし、透過率10%、青黒色のサングラスをに切り替えた)。
眼の痛み:まあまあ。
フラフラ:強い。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している)
頭部痛み:眼の奥から後頭部にかけて、弱いがにボンヤリ、集中力に欠ける。痛みはそれ程ではない。ボンヤリする割に頭の中はジンジンするように活発化しているみたいだ。音の無い静かな騒音が起きているように感じる。眼のピントが老眼のように合わない感じがする。
新聞社説:継続して読めない。
首肩のこり:シッカリある。
複視:ある。右眼があまり開かないので、バランスが非常に悪い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。
     道路を横断するときバランスを乱す。
     この症状で必要以上に首を振り、フラフラに繋がる。
顔の症状:口周辺の緊張感と違和感は強い。終日継続している。
精神状態:正常のつもりだが。気分が悪くなって、