CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第21回ボトックス総括 | Main | 第22回ボトックス総括»
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
坂本 征男
日常生活の不都合 (01/29) 坂本 征男
日常生活の不都合 (01/29) 平川孝子
日常生活の不都合 (01/26) hara juniti
第34回ボトックス日記 (10/01) hara juniti
第34回ボトックス日記 (07/25) 坂本 征男
第34回ボトックス日記 (06/23) Nami
第34回ボトックス日記 (06/23) 坂本 征男
日常生活の不都合 (06/15) はじめまして
日常生活の不都合 (06/12) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/21)
第23回ボトックス日記 [2014年05月14日(Wed)]
第23回ボトックス日記

DSC07691.JPG

フラガールの踊り

このブログに関連したFACEBOOKもアップしています
https://www.facebook.com/groups/463888510322563/?fref=ts

個人ブログの紹介
ISAKO HARADAさんがfacebook
http://www.facebook.com/isako.harada

カネシゲ タカユキさんがアメバー
http://ameblo.jp/hachimitsubanana/entry-11413335211.html

YUKIO SAKAMOTOがfacebook
http://www.facebook.com/yukio.sakamoto.7

久し振りにソレアさんから千夜一夜物語にだい25夜の投稿がありました。ご覧下さい。
https://blog.canpan.info/syobosyobome/archive/63

8月10日(日)BTX93日
台風で風の影響が強く窓、戸が殆ど開けられない。湿度が高くてやり切れない。
何事もやる気が起こらず、休養に努めた。台風が強大で協力なので各地の被害も甚大。間接的には地球温暖化が進行しているせいだと思う。
退職した10年前は気象学者が危機を訴え、京都議定書で決めたCO2の削減目標が達成をできそうもなくなっていた。その後東北の地震、津波、原発事故はCO2の状況を一変させた、或いは忘れさせてしまった。
CO2は削減できない、原発は危険となれば自然エネルギーに頼るしか無い。しかし政府の姿勢は原発依存を続けている。外国に大きな輸出アイテムとして積極的に動いている。行き着く所は何処になるか。

旅行疲れが徐々に出て眼に影響し始めたか。ショボショボと眼の中の痺れというかジンジンすると言うか、かなり悪くなった。
明日は24回目のボトックス注射の日になった。

眼の状態 0−






8月9日(土)BTX92日
台風が四国に上陸しそうだ。しかし横須賀は静かで涼しく過ごしやすい。
疲れ休めと決め込んだ。終日殆ど身体が横になっていたようだ。テレビも沢山聞いた。

薬局へ薬を受け取りに行ったら忽ち眼がショボショボと閉じ始め、帰宅する頃には殆ど開かなくなっていた。その後自宅で休息していると殆ど問題は起きなかった。
薬局での血圧測定は 105/58mmHg、脈拍62/分
参考まで使っているは点眼薬のみです。

眼の状態 0−


8月8日(金)BTX91日
殆どつかれも無く起きることが出来た。体調に支障がないか慎重に行動したが大丈夫だ。横須賀は京都に比べると暑くない。随分ちがう。
近所の眼科で散々待たされて終わってから講習会に出席した。一旦帰宅して知人とまた再会した。案外忙しかったが疲れはない。高齢者だから2、3日後に疲労がどっと出るのかもしれない。気をつけよう。

朝から午後の講習会に出るまでは良かった。帰りから眼が酷くなってきた。帰宅する頃はスッカリ閉じてしまった。再度知人と会う時は少し戻った。

G先生診察
眼圧:右17、左15mmHgで少し高くなっている。
処方:ジクアスとムコスタを1.5ヶ月分

一時的には瞼が閉じてしまい、眼の奥や後頭部もジンジンしてきた。

眼の状態 0

1週間毎のチェエク
目が閉じる:ある
しょぼしょぼ:少しある
瞬き:会話中にやや多い
ドライア:少しある
眼の痛み:少しある
眩しさ:弱い
頭部痛み:少しある
新聞社説:少し読める。長い文章はダメ。
首肩のこり:少しある
フラフラ:少しある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:弱いが鼻に皺、眉間に立て皺がよる。ショボショボやドライアイのときになる。
精神状態:正常
振戦:パソコンのキーボード操作で間違える。
眼に水が入る:入らない


8月7日(木)BTX90日
今日も友人と歩き回った。
東福寺→伏見(伏見稲荷→有名酒屋→寺田屋)→祇園散策→建仁寺→知恩院→ホテル→京都駅から帰途につく
何時もながら東福寺の建物に感動する。見事としか言いようが無い。ここだけで無く京都には良くこれだけの社寺庭園が残されたものだ。有り難い。
京都に住む友人にも感謝、あまりも面倒を見てくれるのでうっかり誘い出しにくい位である。
本日の歩いた歩数27838歩(約18km)

本日も眼は好調を維持した。一時的な閉じるとショボショボは同じであった。

眼の状態 0+



8月6日(水)BTX89日
友人二人だけで鞍馬山・貴船に出掛けた。鬱蒼と茂る木々、点在する社寺。天狗が出そうな鞍馬山を越えて貴船の河床を眺めながら神社奥宮まで行き徒歩で貴船口駅まで徒歩で戻った。朝の登り始めではかなり強いにわか雨で心配したが途中から晴れ上がり良いハイキングとなった。高温多湿には参ったが。途中でハイカーからマムシとヒルと熊も出るかも知れないと脅かされた。
自然豊かに残されているので、緑の木陰が多く随分助けられた。途中下鴨神社を散策してホテルに戻った。
本日の歩いた歩数26131歩(約17km)

本日も眼は好調であった。閉じるとショボショボはあったが。

眼の状態 0+



8月5日(火)BTX88日
早朝の新幹線で友人二人と京都に到着した。そこから小学校時代の友人が車で案内をしてくれた。東本願寺→渉成園(庭園が素晴らしい)→昼食(お茶漬けの出る洋食あり)→高台寺→京都駅前ホテル(極めて割安)→河原町3条の飲み屋(なかなか観光客には分からない)→ホテル
猛暑の中だったが、地元の友人のお陰で楽な移動であった。しかし尋ねたお寺では十分歩かされた。この時期でも若い人達が随分訪れている。外国人は中国、韓国、台湾それに欧米人が多い。
私はお寺の建物や庭園に興味があり、歴史的背景にそれ程関心は高くない。
本日の歩いた歩数19227歩(約12km)

お陰で眼の状態は好調に推移した。一時的に閉じるとショボショボはあったけれど大した事は無かった。

眼の状態 0+






8月4日(月)BTX87日
今日はモミジの木を大胆に剪定した。お隣に枝が伸びて行くので毎年気になる。
少しずつ木を切り縮めている。まあこれで今年は一安心だ。夕方友人達とカラオケに出掛けた。一人7曲2時間半順繰りに歌い続けた。2次会はなし。私は明日早朝から京都旅行に向かう。3日間ブログをお休みします。

眼はかなりショボクなった。カラオケの効果もない。閉じてしまう瞼を一生懸命開けて付き合うのも大変だった。こうやってブログを書くのも手間がかかる。

眼の状態 0−


8月3日(日)BTX86日
暑さの中、庭の手入れをしてみたが2時間余りでダウン。身体の動きが徐々に悪くなった。でも、シャーワーを浴びてスポーツドリンクや麦茶で元気を取り戻した。最近ダイエット効果が顕著で体重は3kg減った。ベルトの穴の位置も3つ下がった。古いズボンもはけるようになった。この暑さで行き過ぎの感がある。食事の量を少し増やそう。食欲があるのにセーブしているのは面白くない。何時ものように散歩して久し振りの床屋にも行った。

ショボショボと眼に緊張があって、歩くに連れて閉じるようになった。

眼の状態 0


8月2日(土)BTX85日
暑さで身体の動きが悪い。あまり何かをやろう等と考えないでゆっくり過ごした。ただそうもゆかず、訃報が届いたのでどうするか相談をしながら落ちつかないでいたら、夕刻に家族葬にすると連絡があってひとまずホットした。
明後日から旅行の予定なので内心はどうしようか迷っていた。

何もしないで一日のんびりしていたのは眼に良かったのか?分からない。
注射後3ヶ月になる割に症状が酷くならない。過去の経験でもあまりない。
今度調べてみよう。ドライアイの症状として眼がショボショボするのと瞼が不規則に閉じるのはあるが・・・程度は軽い。

眼の状態 0+


8月1日(金)BTX12週
昨日の下見に来られなかった相棒と近くの逗子で会った。旅行の打ち合わせを行って今月末の幹事会で説明することにした。今日も暑い。疲れが出て動くのが面倒くさい。帰宅後は昼寝で過ごした。今日の睡眠量は凄い。
空は連日巻雲が見事なスケールの空模様を作っている。真っ青な空に白い、薄い、絹のように刷毛で描いたようだ。ぼんやりと眺めているが、その変化は面白く飽きない。

打ち合わせをしていると、眼も顔の表情も辛くなる。私はアウトドアー派らしい。外で楽しく過ごしていると眼の悪さが紛れてしまう。

眼の状態 0+

1週間毎のチェエク
目が閉じる:ある
しょぼしょぼ:ある
瞬き:会話中にやや多い
ドライア:弱い
眼の痛み:ない
眩しさ:弱い
頭部痛み:ない
新聞社説:読める。長い文章はダメ。
首肩のこり:少しある
フラフラ:少しある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:弱いが鼻に皺、眉間に立て皺がよる。ショボショボやドライアイのときになる。
精神状態:正常
振戦:パソコンのキーボード操作で間違える。
眼に水が入る:入らない


7月31日(木)BTX83日
猛烈な暑さの中9:00〜16:30まで外に居た。学生時代の横須賀旅行2日目の下見だ。横須賀自慢の綺麗な防潮堤を利用したうみかぜの路から始まり走水の水源地、防衛大学校、ふれあいの森、花の広場、観音崎と歩きバスで浦賀に出た。十分弁当、スポーツドリンク、お茶と準備してはいたが疲れた。浦賀駅近くで抹茶とコンデンスミルクをかけたかき氷が旨かったこと、そのお店で1時間も休息して生き返った。メガ盛り抹茶と言って500円だ。

暑い中ではあったが眼は無事だった。ときどき眼がショボショボしていたり眩しかったりに気付くが、その程度終わった。非常に良い状態であった。

眼の状態 +1





7月30日(水)BTX82日
墓参に都内まで出掛けてきた。飯田橋界隈も元気だ。大きな病院、大学が皆高層ビルで私にはオフィスビルにしか見えないが。お寺に近い神楽坂もまた活気がある。新しいお店、改装一新したお店、マンション、大学と元気だ。しかし経営者が入れ替わり立ち替わりしているところもある。お寺さんも経営熱心にいろいろなイベントをやってみたり、改装したり大変だ。その度に寄付のお願いもくる。

自宅を出て駅に着く頃はもう眼が閉じてしまった。しかし電車の中で寝ていたら休養になったのか、その後良かった。帰宅してから配布書類を印刷して配っていたら又眼が閉じ始め、帰宅する頃には閉じてしまった。また休息すると戻った。一日平均すれば大して悪くない。

眼の状態 0


7月29日(火)BTX81日
夜の9時頃慌ただしく電話が鳴って、“月下美人が咲いている”とお知らせがあった。一鉢分けて頂いていたので、こっちも懐中電灯を持って庭に出た。見事に花が四つ満開だった。私は愛用のカメラで、女房は携帯でカシャカシャと撮りっぱなしだった。薄い香りも周囲に漂い素晴らしい一時となった。

昨日のミニ旅行の下見で疲れ気味の一日であった。デスクワークを一時間やっては休息30分を繰り返していた。連日の猛暑から気温が下がり涼しく感じた。
眼は終日楽であった。

眼の状態 0+


7月28日(月)BTX80日
ミニ旅行・見学会の下見に4名で葛西臨海公園に出掛けた。気持ちの良い晴天で広い空。観覧車に乗れば都内の高層ビル、スカイツリー、三浦半島、房総半島、伊豆箱根、空には音も無く羽田に離着する飛行機が絶え間ない、東京湾ゲートブリッジが見えて爽快な気分になった。
散策すれば木陰、池、なぎさ、と自然豊かであった。水族園は新しい設計構想で水族館として面白かったが、ドーム型入り口の水と海を背景にしたには皆が歓声を上げたくらい素晴らしかった。

決して良い状態ではなかったが、お互いに楽しい雰囲気と会話が続いた。お陰で眼は良い状態を維持することができた。感謝感謝です。

眼の状態 0+


7月27日(日)BTX79日
ミニ旅行・見学会などで知りあった友人を町内の合唱・皆で元気に歌う会へ誘った。以外にもグループで歓迎されて本人も私も面食らった。2時間余りを目一杯歌って楽しい時間となった。
その後近くのレストランで昼食、更に自宅で世間話をした。どうやら毎回参加する気になったらしい。

眼は悪くなった。昼食のとき、世間話のときに悪くて困った眩しそうな目付き、つられて顔が緊張する。それと歌うときに声が出にくくなった。普通の会話でも声が掠れて出にくかった。

眼の状態 0−


7月26日(土)BTX78日
町内老人会の広報、学生時代の旅行計画、来月直ぐの京都旅行計画、明日の合唱に始めて参加する方への準備等々案外忙しい。一方この暑さでの雑草取りは応える。お陰で夜は良く寝られる。
幸い海が近いので夜になるとかなり涼しくなる。最近は深夜にバイクが轟音を響かせて走り回ることも随分少なくなった。

散歩で先ず鷹取山に登って、次ぎに追浜の街に下り自宅に登って帰る。はじめは眼もまあまあだったが、歩くに連れて徐々に悪くなり最後に自宅に着く頃は瞼がすっかり閉じてしまった。帰宅後休息してから大部持ち直した。
BTXが十分効かなかった頃は、こんな状態になったときは何度も立ち止まってドライアイの目薬をして歩き続けた。その目薬も殆ど効果がなく、自宅へ戻って氷嚢で冷やしていた。それに比べれば格段に良い。

眼の状態 0−


7月25日(金)BTX11週
暑くてあまり行動を起こせない。少々雑草取り、水遣り、日課の散歩くらいで終わった。

眼は悪くなった。ショボショボとしぶしぶが目立つ。鷹取山から自宅へ下る頃は殆ど瞼が閉じてしまった。こんな症状のときは眼の奥や後頭部もジンジンと痺れるような感じがして、思考能力も働かなくなる。

眼の状態 0

1週間毎のチェエク
目が閉じる:強い
しょぼしょぼ:強い
瞬き:多い
ドライア:弱い
眼の痛み:ジンとする痛み
眩しさ:ない
頭部痛み:ジンとする痛み
新聞社説:読める。長い文章はダメ。
首肩のこり:少しある
フラフラ:少しある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:普通。ショボショボするとき鼻に皺がよる
精神状態:正常
振戦:パソコンのキーボード操作で間違える。
眼に水が入る:入らない


7月24日(木)BTX76日
健康診断で前立腺肥大の恐れが指摘されて大病院の泌尿器科で念入りにチェックされた。結果、肥大の傾向はあるが心配はないとのことで、念のため来年1月15日に再検査を決めた。まあこれで一安心だ。

昨日と同様で、さっぱり分からないが眼は好調である。この時期になってBTXが本格的に効果を表して来たとも思えないが。

眼の状態 +1


7月23日(水)BTX75日
近所の公園から落ち葉を集めて堆肥作りの囲いに入れた。自分にとってこの暑さの中の作業は重労働だ。着ている物は全て汗でグショグショになった。これだけで本日の作業は終わりになった。
午後は都内に出掛け海洋に関する知識を得る講演を聴講してきた。タイムリーにうなぎのテーマであった。資源管理の難しさは鮭とは全く異なる。マリアナ諸島近海の深海で生まれて稚魚が回遊してくる生態はまだ殆ど分かっていない。資源乱獲で世界をかき回している国が絡むと管理なんか出来るのか? 出来なければ絶滅の恐れで食べなくなる。私は高価なうなぎなど10年来食べたことがないけれど。
面白い話しがあった。この稚魚シラスはスペインやポルトガルの油炒め料理として普及している。日本の蟹かまぼこ技術で目玉までついているシラスも使われているそうだ。

さっぱり分からないが眼は好調である。

眼の状態 +1


7月22日(火)BTX74日
朝から家庭医となって貰った先生から紹介状を受け取り、そこから都内サントリーホールで行われた“はじめてのクラシック〜中学・高校生のために〜”を聴きにいった。途中発展著しい品川駅東部を散策してみた。近代的なガラス張りの高層ビルが建ち並び、今も更に新しく開発が進んでいる。ど田舎の横須賀で人口は減り続け、シャッター通りが増える雰囲気とは全く異なる。まるで新興国に行ったようだ。

昨日と同様眼は結構良い。体調が良いのが影響するのだろうか・・・以前は関係無かったのに。
食事制限をして体重を2kg減らし、ストレッでチは極めてゆっくりと十分伸ばすように心掛けただけだが。歩行が軽く、歩幅が伸び、登り坂も楽になった。
一方健康診断では血糖値と前立腺肥大が懸念されている。
今は外部で飲む以外酒は止めている。家庭では女房殿が一人晩酌を続けている。

眼の状態 0+


7月21日(月)BTX73日
学生時代友人達との秋の一泊旅行のために一人で下見にでかけた。とんでもない間違いをした。海の日祝日なのにバスの平日ダイアを見て1時間半逗子で空回りをした。それでも気を取り直して湘南国際村→大楠山(三浦半島最高峰)→阿部倉温泉→横須賀菖蒲園と歩いた。この間2時間40分、6300歩、(昼食休み時間30分)であった。汗だくになる蒸し暑さと雨上がりの滑りやすい道を考えれば順当だろう。
最近体調が戻って、足が軽く上がるので大いに助かっている。

交通機関を利用していた追浜→逗子→湘南国際村の間は眼がショボショボと閉じるみら症状で先行き懸念されたが、コースを歩き始めたら皆忘れてしまった。帰宅後寝るまで何ともなかった。

眼の状態 0+


7月20日(日)BTX72日
残念な日になった。50鉢以上あるドングリの苗木を処分した。本来はボランティアの育苗園に移してそれから、植樹祭で森作りに参加する予定だった。なかなか育苗園に行けないので里親として自宅で育てていた。余りに多すぎて移植が間に合わず、鉢の底から出た根がシッカリ地中深くついてしまって掘り起こすことができない。根を切れば枯れてしまう。どうしようも無く3本残して処分することになった。3本は盆栽として残せるものかチャレンジしてみよう。
地中深く真っ直ぐに3〜5メートルになる性質がある木なので盆栽には向かないのだが。
因みにこの深根性が丈夫で保全林になる所以である。針葉樹は見た目が良くて観光的には良いが、根が浅く、火災に弱く、下草を刈り取って保全する必要がある。災害防止には比較にならない。

本当に不思議だ、ボトックス注射後2ヶ月経つがまだ酷い状態にならない。
最近健康診断でチェックされたのでお酒を止めたがその効果にしては早すぎるし、あまり関係ないと思うが。

眼の状態 0.3


7月19日(土)BTX71日
今日はゆっくり休息と決め込んで、ダラダラと過ごした。休日のテレビは不思議と面白くない。有名人が各地を訪問して名物を食べては“おいしイ―”とやる姿は聞き飽きた。ミステリー、ニュース、スポーツ、政治社会討論、音楽等々が好きだ。NHKの高橋真梨子名曲ライブと“日本人は何をめざしてきたのか知の巨人たち”は良かった。最近の世相から、本当に大丈夫? と思うので。

ダラダラしていてあまり良くも無ければ、あまり悪くもない。そうは言っても健常者と比べたら酷い眼なのだ。脳神経にかかわる病気は周囲の人達に理解されないことが多い。

眼の状態 0


7月18日(金)BTX70日
いろいろな出来事があると、物価に反映されてくる事が多い。最近そんなことが多くなった気がする。年金は増えないので気になる・・・特別良い手もない。
友人と横須賀の中心街で飲んだ。健康に関する話題はいつものこと、集団的自衛権も増えた。自衛隊の退職者が増えるだろう、そして徴兵制になるだろう。

薄暗い天候のお陰もあって、眼は良好の部類だ。デスクワークでは眼の中の緊張感と後頭部に軽い痛みがある。

眼の状態 0+

1週間毎のチェエク
目が閉じる:弱い
しょぼしょぼ:弱い
瞬き:多い
ドライア:弱い
眼の痛み:ない、眼の中に緊張感がある。
眩しさ:ない
頭部痛み:弱い
新聞社説:読める。長い文章はダメ。
首肩のこり:ない
フラフラ:少しある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:口の周囲に緊張感がある。何かに夢中になっていると殆ど忘れる程度
精神状態:正常
振戦:パソコンのキーボード操作で間違える。
眼に水が入る:入らない


7月17日(木)BTX69日
女房の旅行出発に駅まで付き添いに行ったら、靴底が割れ落ちてしまった。大慌てで替わりの靴を持って駅へ行き、無事間に合った。
健康診断の結果血糖値がやや高く、PSAもやや高いそうだ。
しかし健康指導で一日1400Kcal以内、一週間に150分以上の散歩とある。
どちらも十分管理している上、特に毎日1万歩(2時間以上になる)をやっていると申し上げたのに。
町内でコンクリートの電柱にスズメバチが巣を作ったので大騒ぎ。中は空洞だし小さな出入り口の穴もある。手頃な住みかだろう。東電が出入り口を接着剤で埋めてしまった。流石にスズメバチもどうしようも無く数匹が飛び回っていた。

女房を送った登り降りでは眼は無事だった。医者に行く下り坂では眼が閉じてしまった。その後の平らな道も登り降りもまあまあの状態となった。

眼の状態 0+


7月16日(水)BTX68日
午前中は来客。午後は雑草取り。春の大雪の被害やリフォームで庭が散らかったまま整理に手間取った。その分、庭の手入れも不十分だった。遅れたので雑草と格闘するハメにになった。

散歩に出ると自宅から鷹取山への登り下りは眼が悪く0−程度。自宅から追浜の街への下り登りは+1程度。一寸先が予測出来ない症状の変化。分かっていることだが、一体どうなっているんだ?

眼の状態 0


7月15日(火)BTX67日
午前中はデスクワーク。午後は暑くてムシムシする中で自宅床下周辺の雑草取りやった。私の自慢は腰が丈夫なことだ、2時間余りの作業でも腰のしんどさや痛みに悩まされずに済む。いつものように散歩で鷹取山と追浜を一周して、スポーツドリンクを買った。粉末を買って溶かして使えばペットボトルより三分一程度の安さで済む。

一体どうしたのか。眼が何ともなかった。健常者並とは言えないが、特に悪さを感じずに過ごせた。最近は記憶力や集中力の減退を感じているが、それと共に激しい症状の悪さも軽くなっている気がする。

眼の状態 +1


7月14日(月)BTX66日
午前中は町内のカラオケ練習日で吉幾三の“娘に”の練習をした。楽譜は易しく見えるが、間の取り方で難しい。私が一人で下手な歌だが練習してみた。先生がいないので私が歌って、皆に指摘して貰いながらやってみた。難しい。
午後は日帰り小旅行のグループと計画や下見の相談をした。
最近こう言う打ち合わせに間違いが多くなって困る。皆に迷惑をかけるのが辛い。かといって止めるわけにも行かない。

午前のカラオケ練習でも、午後の打ち合わせでも眼がショボショボと顔がクシャクシャで本当に集中力がない。焦る程間違える。自分をシッカリさせるのに精力を使ってしまって、頭の中を動かす余裕がない。

眼の状態 0


7月13日(日)BTX65日
追浜地区の御輿パレードで年1回賑わう日である。しかし御輿かつぎなど出来る体力も気力もない。リオのカーニバルのようなパレードが終わったら、カラオケスナックで友人と歌い飲んだ。私は小林旭の歌特集で通した。店を出たら外は明るい、店を変えてカラオケ専門店でまた歌った。今日は計4時間友人と歌いまくった。腰が痛い、背中が痛いと言っていた友人はすっかり治ったそうだ。

私も夜遅く帰宅する頃は眼も治っていたような気がする。

眼の状態 0


7月12日(土)BTX64日
恐ろしい位の高温多湿の日。一昨日調子に乗って海岸散歩をしたが今日になって疲れが出て来た。怠け者その者で何事もダラダラとやっては休息昼寝をしていた。それでも町内配達と床下白アリ対策の燻蒸を行った。床下を目張りして、バルサンを使うと1年は虫が入らない。お金がかからず助かる。

眼はショボショボ、閉じる、ドライアイ、眼の奥が痛いこれらが一緒になって顔がクシャクシャとなる・・・即ち総合的症状だ。それでも眼の状態の評価が0になるのは、歩行時の開眼率がそんなに悪くないからだ。この判断基準を変えると数字で表すことが出来なくなる・・・評価もクシャクシャでは意味がないので。

眼の状態 0.3



7月11日(金)BTX63日
台風一過の青空だった。海はまだ荒れているだろう。良い風景が見られそうだ。そう思ったらすぐに準備をして写真撮影に出掛けてしまった。

先日歩き終わった三浦海岸を起点にして半島東端の雨崎、剣崎を目指した。
漁船は出ていないが、案外海は穏やかに見えた。蒸し暑く木陰が殆どないが海の変化、巻雲の雄大な模様、房総半島の山々を楽しみながらあるいた。途中金田漁港のレストランでは定食がすっかり気に入ってしまった。準備したスポーツドリンクとおにぎり三個は持ち帰ることになった。最近こんな贅沢はしたことがない。おまかせ定食は新鮮で美味しく素朴で量は十分と素晴らしかった。
目的どおり剣崎灯台まで歩き帰りはバスで元へ戻った。
徒歩2万歩、⒋時間、約15km位歩いたろう。

眼がクシャクシャするのは昨日と同じ。晴天でサングラス着用なので眩しさも負担はない。

眼の状態 0+

1週間毎のチェエク
目が閉じる:弱い
しょぼしょぼ:かなり強い
瞬き:多い
ドライア:弱い。
眼の痛み:ない
眩しさ:ない
頭部痛み:ない
新聞社説:読める
首肩のこり:ない
フラフラ:少しある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:口の周囲に緊張感がある。何かに夢中になっていると殆ど忘れる程度
精神状態:正常
振戦:パソコンのキーボード操作で間違える。
眼に水が入る:入らない


7月10日(木)BTX62日
予報で横須賀にも大雨、洪水、強風の警報が出たので自分なりに準備をした。
家の外では身長より高くなった向日葵の倒れ止め、ガラクタが風に飛ばされないように片付けなどなど慌ただしかった。夜、床についたらすぐグッスリと寝込んでしまった。台風は間違いなく我が家の側を通過した筈だ。しかしシャッターや窓が叩かれる音は無かったと思う。屋外も木の葉、枝の散乱もない。向日葵も何事も無かったように佇んでいた。余程台風が衰えていたのだろう。ラッキーだった。

終日、眼と顔がクシャクシャして仕方がなかった。それでも瞼はかなり開いていた。

眼の状態 0+


7月9日(水)BTX61日
また梅雨空に戻った。午後からの市民懇親グループで横浜桜木町のニギワイ座で爆笑演芸会を楽しんだ。カンカラ三味線の岡大介は面白かった。三味線の胴に空き缶を利用して、糸以外は手作りだ。今を風刺した話しはなかなかのものであった。客席は飲食自由なのでこれまた、お酒を楽しむことができた。

眼は楽しくない。なるべく会話をして、お酒も利用して楽しむように心掛けた。少し飲みすぎだったかもしれないが、それでも違和感は続いた。

眼の状態 0


7月8日(火)BTX60日
青空が戻った。台風だ、前線が活発だと報道されるが、この横須賀は気持ち良い青空だ。いろいろな雑用があってもジッとしていられない。午後からは野比から三浦海岸に向けて散策した。台風の余波で海は荒れていたが、それもまた景色を引き立たせていた。心が晴れ晴れする3時間であった。

眼は天候のように行かない。朝から閉じる、ショボつく、瞬き多い、口の周りの違和感とかなり悪かった。ただ明るく美しい海岸散歩は精神的に良かった。
出掛けてみて良かった。

眼の状態 0−


7月7日(月)BTX59日
天気予報で降水量1mm/時間だったので公園清掃を始めたが集まったのは5人。予報を越えて降ったので無理も無い。清掃域を入り口付近にして終えたが、結局もう1回やり直しとなった。
年と共に植物の剪定作業も負担が大きくなる。ホームセンターで電動のカッターを探しに行った。結構高価だ。切り落とした大きな枝を小さくするとき一番負担が大きい。その機械は高いのだ。

昨日までの症状がやや軽くなっただけ。悪さに代わりはない。

眼の状態 0


7月6日(日)BTX58日
床下防蟻処理の準備として壊れた車庫の屋根材を利用することにした。幸い樹脂材なので洗ってきれいにした。雑草と竹の根っ子に取り組むと運動十分である。疲れてしまったと言う方が正しい。

眼は終日かなり悪くなった。閉じる、ショボつく、眼が痛い。歩行は若干注意。

眼の状態 0−


7月5日(土)BTX57日
水彩画と写真の合同作品展が終わった。自分なりに写真の撮り方を向上させようと思うが、今一集中力に欠けた気がする。今回はいつもの評論家が見えなかった、これも残念だった。この作品は後日このブログに載せよう。

作品展に行くとき、駅へ15分程の道を下るとどんどん眼が瞑り始め駅に到着する頃は殆ど開かなくなった。合同展で動き回っているときはそんな意識は殆どない。ただ会場で受付にいると悪くなった。帰宅時に急坂を登って帰るときは何ともない。
この位の変動は珍しくない。しかし以前は運動の負荷が大きくなると眼が悪くなり、休息して楽になると良くなる傾向だった。全く逆の症状の現れ方は理解しがたい。

眼の状態 0


7月5日(土)BTX57日
水彩画と写真の合同作品展が終わった。自分なりに写真の撮り方を向上させようと思うが、今一集中力に欠けた気がする。今回はいつもの評論家が見えなかった、これも残念だった。この作品は後日このブログに載せよう。

作品展に行くとき、駅へ15分程の道を下るとどんどん眼が瞑り始め駅に到着する頃は殆ど開かなくなった。合同展で動き回っているときはそんな意識は殆どない。ただ会場で受付にいると悪くなった。帰宅時に急坂を登って帰るときは何ともない。
この位の変動は珍しくない。しかし以前は運動の負荷が大きくなると眼が悪くなり、休息して楽になると良くなる傾向だった。全く逆の症状の現れ方は理解しがたい。

眼の状態 0


7月4日(金)BTX8週
何時雨が降っても不思議はない天候。それでも外出は心掛けて京急逸見駅から横須賀の海上自衛隊の埠頭とヴェルニ公園を通過した。風景写真も試みるが気に入った絵は撮れない。巨大スーパーの建物の中を散策しながら写真を撮るがこれでもダメ。それでも3時間をぶらついた。少しは健康に良かったろう。

不思議な眼の状態が続いている。極端に悪くも良くもならない。これはむしろ過去の最悪時期を思い出せば、結構良い状態を保っていると考えられる。
変動が少ない。分からないが、これぞ漢方芍薬甘草湯の威力なのか?!
或いは高齢化により過敏性が失われ鈍感になっているのか。
最近日中に眠くて仕方がない。何か関連があるのか?

眼の状態 0+


1週間毎のチェエク
目が閉じる:弱い
しょぼしょぼ:弱い
瞬き:少ない
ドライア:弱い。
眼の痛み:ない
眩しさ:ある
頭部痛み:ない
新聞社説:読める
首肩のこり:ある
フラフラ:少しある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:口の周囲に緊張感がある。何かに夢中になっていると殆ど忘れる程度
精神状態:正常
振戦:パソコンのキーボード操作で間違える。
眼に水が入る:入らない


7月3日(木)BTX55日
日差しを遮る緑のカーテンを作った。家には自然薯が沢山出てくるので利用する。何しろ土地が悪くても元気に伸びて増えてくる。無精な私には打って付けの植物だ。2階の手すりから市販の網を3枚つないで地面に垂らした。2組ぶら下げて様子をみる。秋にはムカゴがゴロゴロ落ちるのでこれもまた楽しみだ。

薬局から薬剤師の報告があった。芍薬甘草湯の効果を調べてくれた。結論は効果なしである。メーカーから“足がつる”骨格筋と眼輪筋の働き方が基本的に違うので効果は期待出来ない・・・との回答があった。もっとも学術論文があるわけでは無く、試した人々の経験則である。眼瞼けいれんの患者は藁を掴む思い出テストしていることが分かる。
私もまだ飲んでいるが、効いていると実感したことはない。なくなったら止めようと思う。

眼は変わり映えのしない症状が続いている。

眼の状態 0 


7月2日(水)BTX54日
町内バス旅行の写真を配ってくると、それだけで4000歩を越えている。一日分の4割で結構な量だ。連日雑草取りと庭の整備さらに2階から緑のおカーテンを作ろうと網を買って来て垂らしたら地面に届かない。何事もうまく行かない。

眼は昨日と同様。点眼液ジクアス、ムコスタを一日4回使うのをついつい忘れることが多。これが症状を悪くする要因かもしれない。着実に行うようにする。
芍薬甘草湯とDHCルテインは続けているがハッキリした効果は見えない。

眼の状態 0


7月1日(火)BTX53日
午後は作品展の受付当番に行った。午後2時を過ぎると訪れる人が止まってしまった。退屈で昔話が多くなる。満州大連に生まれた方の話しは、多くの人が思っている悪い話しばかりでもない。ここは政治の話しをする場所ではない。控える。

早朝から眼が悪かった。食前に芍薬甘草湯とDHCルテインを飲んだら30分後に眼の周りの違和感、緊張感が治まった。しかし食事をした後はまた悪くなった。この変化は薬が効いたのか、ジストニア独特の変動なのか分からない。

眼の状態 0


⒍月30日(月)BTX日
絵画・写真作品展の会場設営に行ってきた。年々皆さんの作品が向上してゆくのは素晴らしい。今回は見事な作品がありました。全体に華やかさがある。私はどうも壁にぶち当たった感じで冴えない。

激動する我が眼。今日はまた一昨日のように悪くなった。帰宅してから庭の手入れもやって楽しい事ばかりやったのに眼はよくならない。眼を瞑って何となくテレビを聞いている位しかない。

眼の状態 0−


⒍月29日(日)BTX51日
町内の書類を自宅のプリンターで印刷したら2時間もかかった。A4両面印刷で片面はカラー。このカラーがくせ者で50枚やるのに1時間をゆうに超えるのだ。お店では50円/枚もかかるので使えない。雑な画面で我慢するしかないか?
今日の雲は表情が豊かだった。鷹取山から眺めると、房総半島に豪雨が起きていた。黒い雨雲の下が水煙で視界が遮られていた。空にはあらゆる種類の雲が入れ替わり出てくる。面白いが感動的な写真にするのは難しい。

眼の症状は昨日より軽くなった。眼と鼻の近い部分に皺がよる感じもする。
口の周囲にも緊張感が出ている。

眼の状態 0


6月28日(土)BTX50日
典型的な梅雨空となった。1〜6丁目までの合同シニアクラブなる懇親会があった。今年は当番でないので気楽な参加となった。こういった会合で女性の活躍が大きい。準備ともてなす気持ちが皆を楽しませる。ただ老人会と言って皆様にお世話頂くより、少しでも良いから社会貢献する気持ちと行動が必要だ。その上に助け合うことだ。

楽しませて頂き食事もお酒も十分頂戴した。その割に眼は悪い。瞼は閉じる、ショボショボする、眼が痛い、後頭部から首、肩と痛い。どうしてこんなに変わるのだろう。何が原因なのか分からない。

眼の状態 0−


6月27日(金)BTX7週
終日曇りで湿度が高い。世の中は景気が良くなっているのか。消費税8%は生活に反映しているのは間違いない。自分なりに交通費は一番気になる。家内は生活費に連日身にしみているだろう。デフレのときは年金生活していると、生活費の負担は変わらずに済んだが、このインフレ傾向は着実に負担増になる。あっという間に貯蓄は減って行く。どうすれば良いか悩まされる。

湿度は高く、薄暗く、温度も暑さは感じない。ドライアイには好条件で眩しさも減る。散歩程度なら運動で暑さを感じることもない。眼瞼けいれんには好条件だが、昨日より悪くなった。この病気の気難しさを感じる・・・今更気づくことでもないが。

眼の状態 0+

1週間毎のチェエク
目が閉じる:弱い
しょぼしょぼ:弱い
瞬き:少ない
ドライア:弱い。
眼の痛み:ない
眩しさ:ある
頭部痛み:ない
新聞社説:読める
首肩のこり:ある
フラフラ:少しある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:殆ど忘れる程度
精神状態:正常
振戦:パソコンのキーボード操作で間違える。
眼に水が入る:入らない


6月26日(木)BTX48日
健康診断の一つとして胃と食道の内視鏡検査の予約を行った。えらい繁盛で8月の予約となった。帰りに処方のジクアス、ムコスタを薬局で受け取りついでに最近試している漢方・芍薬甘草湯について相談した。薬剤師はジストニアも眼瞼けいれんも承知していた。足がつったりこむら返りが起きる骨格筋と眼輪筋とは機能が違うので分からないが、調べてみますとの返事だった。しかし筋肉の不随意運動であることは共通であって間違いない。この難病には医師でさえ精神薬をいろいろ試している位だから、一般市販薬の芍薬甘草湯を服用続けて効果がでれば儲けものだろうと私の考えを伝えておいた。また継続したときに副作用がどうなるかも調べて貰うことにした。

何故か最近眼の状態があまり悪くならない。今日は本当に良くて健常者と変わらない位で不自由することがなかった。文字も読めた。

眼の状態 +1


6月25日(水)BTX47日
都内の実家に行った。猛烈なゲリラ豪雨に出会わずに済んだ。ピカピカゴロゴロはあっても雨は殆ど降らなかった。夕方は“航行安全を脅かす海賊問題”講師 田中俊弘氏(日本船首協会)の講演を聴いた。世界中紛争は増えるばかりの印象を受ける。多くの国が協議して対策をするがあまりにも根底の問題が大きすぎる。友人と一杯飲んで別れた。

近くの眼科医G先生の診察をうけた。眼瞼けいれんもドライアイの症状も眼圧も良いですねとのことだった。
眼圧:右16、左14mmHg
処方:ジクアス点眼液3%(ドライアイ治療剤)、ムコスタ点眼液UD2%
私が試している眼精疲労に使ったDHCルテインと足がつるときの芍薬甘草湯について伺ったところ、ニコニコしながら“原因のメカニズムが違うので難しいでしょうね”とのこと。

眼の状態 0+


6月24日(火)BTX46日
朝食抜きで健康診断に向かった。何時もの通りで検査を終了したが、結果は未だ先になる。食道、胃の内視鏡検査は別の医師になる。いくつか用事を済まして帰宅したら、まだ10時前で嬉しくなった。予定より早くて余裕ができた。午後の来客に向けて準備ができた。その来客との用事が済むと既に夕刻になって、女房は急に慌ただしくなった。

また朝からショボショボだ。検診から戻ってDHCルテインと芍薬甘草湯を飲んでみた。何となくとげとげしい症状は緩んでいるがスッキリ、ハッキリと良くなった感覚はない。薬を飲まなくてもこの程度の変化はある。皆さんに良いですよと、言えない。
この所悪いなりにも小康状態が続いている。これも珍しい。もっと大きく変化するのだが。

眼の状態 0


6月23日(月)BTX45日
町内のカラオケ練習日だった。人数が集まらずちょっと元気が出なかった。
大した用も無く家事、雑事こなしていた。

今日も朝から瞼が重い。ショボショボが特に顕著だ。夕方に足がつる薬を服用した。
その後夕食が済んで、パソコンを1時間位やったら少し眼が良くなった・・・そんな気がする。確信するにはテスト日数がかかる。結論はだせない。この程度の変化は薬を使わなくてもある事なので。

眼の状態 0


6月22日(日)BTX44日
今日は誕生日で74才になった。もうとっくにおまけの人生を過ごしている。
それにしては毎日が忙しい。このブログももう少し見直しが必要だ。先日この
ブログで毎日平均50件のアクセスを頂いている事が分かって尚更である。そう思いながらダラダラと2年が過ぎてしまった。

午後からは月1回の“皆で元気に歌う会”に参加した。本当に集中して楽しむことができる。練習で、皆さん無理しないで下さい!しかし少しだけ頑張って無理してください!そのためにキーを高くしています!と励まされる。
高齢者に取って実に良いアドバイスである。

眼精疲労のDHCルテインも筋肉のけいれんやこむら返りの芍薬甘草湯も使わなかった。効果を確認するためだが、残念。服用しなかったから悪くなる程の差を感じない。

眼の状態 0


6月21日(土)BTX43日
晴れて、涼しく、湿気が強く、風が気持ち良い終日だった。作品展に出す写真のプリントを依頼した。作っておいた色見本を忘れて街まで大急ぎで2往復した。今週は外出他行事で忙しかったので、昼寝をしたら幾らでも眠れてしまう。
自分でも呆れるくらいだ。

飲んでいたDHCルテインの効き目が分からなくなってしまった。一時は効いているように思ったのだが。薬局で市販されている「クラシエ」漢方芍薬甘草エキス顆粒を買ってきた。登山やハイキングで足がつったときに飲む薬だ。筋肉が痙攣して起きる症状だから案外眼にも効くかもしれない。そう思って買ってみた。夕飯前に飲んだが、その後お酒を飲んでしまったので効果は分からない。

瞼の重さは相変わらず続いている。ドライアイと眩しさも気になる。この二つの症状の程度を表現するのは難しい。ムコスタ、ジクアスのドライアイ向けの薬を点眼するときに気持ち良くなるのである程度は分かる。

眼の状態 0


6月20日(金)BTX6週
私の小学校時代の友達(女性)を町内老人会の集まりを利用して体験談を話して貰った。30年以上前から乳がん、筋腫、卵巣切除を始めとしてがん再発と激痛が起きた。調べたらコダマスイカの大きさになっていた。治療を拒否していたが奇跡的にこの大きさがミカンになりピンポン球にまでになった。しかし医者の予想通り心臓が衰弱して脈拍28まで下がってしまった。ペースメーカーを入れて健常者として生活している。実際は毎日モルヒネ系の薬で痛みを止めている。心の強さ、覚悟、判断には恐れ入りました。皆は静まりかえって茫然としていた。外見上は元気で幸せそうな奥様にしか見えない・・・。

連日瞼の重さが気になる。眼瞼けいれんと言うより眼瞼下垂かと思うくらいだ。
依然はぎゅうぎゅうと閉じる力を感じていた。連日の症状は瞼が重くて開かない・・・そんな感じだ。ボトックスの効き方によって変わるのかもしれない。

眼の状態 0

1週間毎のチェエク
目が閉じる:かなり閉じる。瞼の重さが気になる。すごく眠そうに見えるらしい。
しょぼしょぼ:弱い
瞬き:少ない
ドライア:軽い。目薬を忘れるくらい。
眼の痛み:ない
眩しさ:ある
頭部痛み:ない
新聞社説:あなり読みにくい。
首肩のこり:ない
フラフラ:少しある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:殆ど忘れる程度
精神状態:正常
振戦:パソコンのキーボード操作で少なくなった。
眼に水が入る:入らない


6月19日(木)BTX41日
38人揃って鎌倉見学した。円覚寺→東慶寺→浄智寺と回り、弁当を食べて中途退散した。時期もあって大賑わい。私は追浜に戻ってカラオケに参加した。町内の関係もあって積極的に参加したが、途中から声も出なくなった。

眼は程々に悪い。良く晴れて暑かった。瞼の重たさと眩しさが目立った。鎌倉近辺のお寺は登り下りが多いから足下に神経を使う。外を歩くときはサングラスで表情を隠せるが、暗いカラオケの部屋ではそうは行かない。女性も多いし、真っ昼間ではお酒でごまかせない。

眼の状態 0


6月18日(水)BTX40日
梅雨に戻った。涼しくてこの方が良い。写真屋さんで町内旅行や作品展向けのプリントをして貰った。作品展は楽しみではあるがと不安も混じる。重要な仕事に大半を費やした。これもパソコンを使うので間違いを頻発するが、根気よくやるしかない。

朝からショボショボですぐにDHCルテインを飲んだ。→パソコン作業で悪化→シッカリ休息で少し戻る→パソコンで悪化→休息で戻る→これを繰り返していた。ただ街に出掛けてもそんなに悪くならなかった。
症状としてはショショボと瞼の重さ(閉じると言う表現とは違う)が強い。
天候は雨で暗く、眩しさはない。

眼の状態 0


⒍月17日(火)BTX39日
朝5時に起床。薄い霧が出ている中を鷹取山へ散歩に行ってみた。太陽がぼんやり見えていたので今日は日中晴れて暑くなると思っていたら、結局晴れずに暑いままで過ぎてしまった。
竹の根っ子を征伐しようと奮闘2時間。グミの木の根に絡んでいる奴まで剥ぎ取った。それでもまだ終わらないが本日は終了。

早朝散歩からかなりショボショボ→帰宅してDHCルテインを飲む→近くの公園清掃を行って帰宅したら眼が良くなっているのに気づいた→パソコン作業を始めたら一挙に悪くなった→竹の根っ子征伐を終えて眼が良くなっているのに気づいた→パソコン作業をしたら悪くなった→晩飯後は良くなった

本日を振りかえると
パソコン作業は悪くなる。単純労働作業は良くなる。
散歩は何となく悪くなる。
DHCルテインは効果がありそうだ。定期的に飲まないで、悪いときに飲んでみる。

本日の眼の様子はどう判断するか難しい。私の判断基準に従い散歩中の状態で決める。瞼が20〜80%開いているので数値は0とする。あまりにも大雑把なので50〜80%らしく感じると0+、20〜50%なら0−,何となく悪いときや+−が決められないときは0とする。
いい加減には違いないが、もう何年もやっているので重要な目安になっていると思う。

眼の状態 0


⒍月16日(月)BTX38日
多くの方々とお付き合いすると、連絡に手間がかかる。物忘れが多い私には緊張感を持っていないと迷惑をかける。午後から来客あり・・・記憶忘れの単身者について相談と確認する。自分自身が危なっかしいのに、困った事だ。でも深刻な問題だ。

朝から瞼が重く、時間と共に悪くなって行く。パソコン作業をやったら一挙に閉じてしまうようになった。残念ながらDHCルテインを飲んだがダメだ。
散歩中はほどほどの悪さだ。

眼の状態 0


6月15日(日)BTX37日
残念だが日本サッカーチームは負けてしまった。身体能力と一人でも一気にゴール目がけて突進する力に大きな差を感じてしまった。ここまでに到達出来るのは何時になるだろう。
防蟻工事を着手した。床下の基礎に塗装を行った。

起床すると寝不足のような瞼の重さが強い。何かに夢中になっていると忘れてしまう。散歩で鷹取山へ登るときはまだいいが、街に下って行くと最後には殆ど瞼が開かない。急坂を登って自宅に向かうときはまた少し様なる。
以前は身体に負荷が掛かると悪くなったが、最近はそんなに単純では無くなった。

眼の状態 0−


6月14日(土)BTX36日
写真・作品展に向けて題名やサイズ等々の連絡が入ってくる。皆さんの顔を思い出しながらついついどんな作品か想像してしまう。日も迫り自分はまだ題名を考え中だ。ちょっと晴天が続いているので、床下防蟻処理を自分でやろうと考えて着手した。バルサンを大量に使って燻蒸するのだが、毎年のことだから良い装置を作ろうと思う。自分でやれば安上がりだ。

眼は不思議に思うくらい良い。ただ健常者と違って眼にスッキリ間がない。瞼は開いているがボンヤリした違和感がある。

眼の状態 +1


6月13日(金)BTX5週
午前中は事務処理、午後は来客と忙しい。15:00過ぎから散歩に出て鷹取山を登り、下って追浜の街に下り最後に急坂を登って我が家に戻った。天候は上々で暑くなった。

眼は順調である。DHCルテインは隔日に飲むことにして本日は飲まない。
日中は時々眼がショボショボするが、一時的で悪くなることは無かった。

眼の状態 +1

1週間毎のチェエク
目が閉じる:殆どない
しょぼしょぼ:弱い
瞬き:ない
ドライア:非常に軽い
眼の痛み:ない
眩しさ:少しある
頭部痛み:ない
新聞社説:読める
首肩のこり:ない
フラフラ:少しある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:殆ど忘れる程度
精神状態:正常
振戦:パソコンのキーボード操作で無くなった
眼に水が入る:入らない


⒍月12日(木)BTX34日
町内のバス旅行に秩父宮記念公園→乙女峠→元箱根→伊豆メロン狩り→柿田川湧水→五流の滝と回った。天気予報通り晴れて来て現地を回るには好天に恵まれた。秩父宮記念公園は森林の中に落ちついた雰囲気が漲り、季節の花、杉の森、見事な古木と気に入った。他でも皆さん楽しく過ごせて本当に良いバス旅行の一日だった。

起床時に眼はショボショボしたが、日中は忘れてしまった。

眼の状態 +1


⒍月11日(水)BTX33日
雨の多い一日だが寒くはない。保険の外交員よろしく集金に回った。いやいや、坂本さん大変な仕事ですな・・・と労われたものの間単位引き受ける人はいない。
明日のバス旅行の酒、つまみ、紙コップなどを買った。一方雨の予報でかなりの準備をした。

眼は朝からショボショボして徐々に悪くなった。でも一定の悪さで止まってしまった。

眼の状態 0+


⒍月10日(火)BTX32日
茅ヶ崎里山公園へ姉と散策に出かけた。二人とも高齢者だが幸い歩く事に不自由は無い。日常1万歩を当然のように歩いているからだ。子供を自由に駆け回らせておける広場と他は林、森、畑、田んぼ、小さい川、池と公園の名前のとおりだ。ブラリブラリと2時間半を過ごし、古民家風の綺麗な家に上がって弁当をたべてくつろいだ。良い一時であった。お金が要らない。たいして使う所もない。

眼は非常に良かった。天候はいつ雨が降るか分からない曇りが幸いして眩しさもなかった。ただ常時サングラスをしているけれど。

眼の状態 +1


⒍月9日(月)BTX31日
午前中はカラオケ練習日だった。吉幾三の“娘に・・”の練習を行った。この歌は難しい。“雪国”は皆簡単に歌えるがこっちはそうは行かない。彼独特の間の取り方がある。楽譜にこの間をどう表現しているか、まだ見ていない。

町内へ資料を配付しながら追浜の街へ下り、そこから鷹取山まで登ってから帰宅する。今日はこれで15,000歩を越えていた。

眼の具合は昨日と同じだ。眼の中や瞼の動きが鈍感な感じで、眼瞼けいれん特有の緊張や不快を感じない。その一歩前で留まっている。
DHCルテインが効いているようだ。

眼の状態 0


⒍月8日(日)BTX30日
明日のカラオケ練習の準備をする。その他雑用がワンサカあって忙しい。
老人クラブ傷害保険の担当にもなっている、この年になって保険だなんて・・・考えたこともない。
急がなければと思う作品展の写真選定も捗らない。
午後あたりから晴れ間が拡がり、梅雨の中休みらしい。

最近散歩に出ると眼が悪くなる。追浜の街に下って行くと徐々に悪くなり、到着する頃すっかり眼が閉じてしまう。でもそこをウロウロしているとまた眼は良くなって、更に坂を登って帰るとまあそんなに酷くなることもない。
それからタカユキさんの紹介があったDHCルテインが良さそうだ。眼の中のシブシブやジンジンする痺れみたいな感覚が和らぐ。当分続けてみる、使用量は1日1粒で一袋に20粒ある。毎日でなくて一日おきで良ければ1カ月もつ。

眼の状態 0


6月7日(土)BTX29日
写真作品展を選ぶのに終日奮闘しているが終わらない。困るのは前年の方が良い写真が多こと。上達しないまでも悪くなっては困る。気持ちが焦ってくる。
夕方はご近所の訃報で通夜に行った。私の周りは気づかないうちに少しずつ人が減っていく。

眼のショボショボは続く。かなりパソコンに集中しているのでやむを得ない。
雨が続いているので眩しさはない。口や頬の違和感と緊張が気になる。
毎日使う目薬をおろそかにしているのも良くないだろう・・・ムコスタとジクアスを4回/日を守ろう。

眼の状態 0


⒍月6日(金)BTX4週
写真作品展の準備が迫っている。この1年間の写真から抜粋して、自分で予選を繰り返して最後に3〜5枚に決めて行くがこれが大変。駄作の山から何とか出品出来るのがあればいいのだが。

午後は撮影会の発表と意見交換会に出掛けてきた。帰りに大雨に会う、最近の梅雨はシトシトではなく集中豪雨になったり警報がでるようになった。

朝から眼はショボショボで歩き始めると悪くなった。
撮影会の意見交換のときは“坂本さん眼は大丈夫ですかと”心配される位になった。でも話しが進むにつれて治ってきた。

眼の状態 0

1週間毎のチェエク
目が閉じる:かなり起きる。
しょぼしょぼ:強い
瞬き:かなりある
ドライア:ある
眼の痛み:ない
眩しさ:ある
頭部痛み:少しある
新聞社説:読める!!
首肩のこり:少しある
フラフラ:いつもある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:少しだが口の周囲の動きに不自然な力が入る
精神状態:少し弱気かもしれない
振戦:弱いが手が震える、キーボード操作ではピョンと指が飛んでしまう事もある。
眼に水が入る:入らない


6月5日(木)BTX27日
やっと梅雨入りした。雨が降ったり止んだりが増えてきた。急に寒くなった、長袖に着替えて町内のご苦労さん会に出掛けた。昼食時とあってそうそうお酒も飲めない。大体女性が半分、高齢者で飲めない・・・とあって仕方が無い。

早朝から眼はショボショボで外出すると更にはっきりとしてくる。
ご苦労さん会でも眼と口の周りの緊張感が気になってしまう。自然と口が回らず受け身になった。

眼の状態 0


⒍月4日(水)BTX26日
ベランダの最終仕上げで木製の簀の子に濡れ防止のポリカシートを貼り付けた。これで狙った通りの工事が完成した。あとは素人仕事がどんな結果になるか楽しみだ。丁度もうすぐ梅雨入りだ。
竹の根っ子とも奮闘したがまだ終わらない。毎日頑張るがいつまでたっても終わらない。

近所へ出かけたらすぐにショボショボ、眩しい、閉じる・・・が出て来た。
散歩に出たら本格的に悪くなって眼はショボショボ、シブシブ、頭はジンジンと痺れる感じ。夜に目薬をつけると沁みる・・・これは珍しい、多分ドラアイが悪くなったのだろう。ジクアス、ムコスタの目薬は効果的なので治るだろう。

眼の状態 0−


⒍月3日(火)BTX25日
なかなか雨が降らないので植物に元気がない。節約しながらの水遣り作業になる。ジョーロで撒くのがコツだがまだるこしくてつい、勢いよく水を出してしまう。
本日も竹の根っ子と奮闘した。グミの根元にシッカリ絡みついている。これを取り払うと真っ赤な実のなっているグミが枯れてしまいそうだ。丹念に少しずつ掘り返してゆくので時間がかかる。

好天に恵まれ庭作業とかたや事務処理と休息兼昼寝とテレビを眺める。これを繰り返している。

NYさんが電話でDBSの効果が期待出来なくなった、しかしアーテンを適量に使えばそれなりに効果が出る・・・と話している。私にも神経内科に行ったらどうかと言う。私もそう思うがジストニアを理解している先生がいない。心療内科、精神科、誰もしらない。

眼の状態 +1


⒍月2日(月)BTX24日
連日暑い日が続いている。その中、皆で公園清掃を行った。この暑さは女性の敵らしい。殆ど参加しないので男性ばかりの清掃集団になった。いつもと違ってお喋りが少ない。
少し続いた体力作業でやや疲れ気味だ。家では自重して竹征伐はお休みにした。

ほんのちょっと眼の違和感があるが問題無し。軽い手の震え、痙攣はある。
これは気にしない方が良くなる。口の周りの緊張感もそうだ。声が出にくいのは合唱の発声と同じお腹から大きな声を出す要領がいい。

眼の状態 +1


⒍月1日(日)BTX23日
今日もベラン補修の工事を頑張った。どうやら2階のベランダで洗濯物を干せるようになった。女房も一安心したようだ。続いて竹の根を掘り返したが、これは体力がいる。自然薯掘りが大変と言うが、地下で浅く深く変幻自在に伸び回る根っ子を掘り起こす体力が続かない。途中で切り上げた。

夢中になって作業をしていたので、眼に違和感はなく過ぎてしまった。

眼の状態 +1


⒌月31日(土)BTX22日
ベランダの床補強をポリカーボン材で始めた。春の雪で壊れた車庫の屋根材が使えたので大助かりだ。車庫は火災保険のお陰でお金が要らずに新設できた。ラッキーな事もあるもんだ。
一挙に伸び出した筍刈りと古い竹を選定して切り捨てる作業も行った。かなりの作業になる。途中休息と昼寝を併せて頑張る。

眼鏡屋さんで新調した老眼鏡のフレーム調整をして貰った。ここで買った分けでも無いのにサングラスのネジまで修理してくれた。

NYさんから電話があってお互いに厄介な病気になったと愚痴をこぼした。ボトックスによる対症療法しかなく、治癒の見込みがないと先行きに希望がない。
過日集まった皆さんも大変な毎日をすごしている。医学界にもまだ期待できる治療法は見えない。

眼は外出するとすぐにショボショボが始まった。しかし瞼は閉じない。肉体労働中は全く気付かない。
最近発声が十分出ていないことが分かった。対話の相手が訳の分からないような表情をすることが多くなった。ある程度合唱する要領で発声しないと、相手に理解できないことが分かった。

眼の状態 +1


⒌月30日(金)BTX3週
午前中来客。町内へ広報を配布。ベランダの素人工事を着手した。いろいろ工夫しながらやるのが楽しい。庭の樹木剪定も忙しい。女房は専門業者に頼めばいいと言う。しかし手抜きをしないし安く済む。午後は講習会に女房と参加した。

左側のジオターゲッティングによる日本地図でアクセス件数を知らせる色分け表示が未だにできない。質問しても返事がない。
解決出来ないなら、消そうと思っています。
表示出来ませんが、このCANPANブログでもアクセス数は解析しています。毎日40から50件ぐらいご覧頂いていることが分かりました。予想外に多く驚きました。感謝しております。
ジオターゲッティングの件数より3倍ありました。このブログを継続してゆく気持ちが湧いてきました。

眼に緊張感が強くなる。閉じる力とは違う感覚なのだ。眼、鼻、口にかけて妙な緊張感と違和感があって困る。ただ眼は開いている。

眼の状態 0+

1週間毎のチェエク
目が閉じる:正常
しょぼしょぼ:ごく弱い
瞬き:ない
ドライア:ない
眼の痛み:ない
眩しさ:ない
頭部痛み:ない
新聞社説:最近読めるようになってきました。!!
首肩のこり:少しある
フラフラ:いつもある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:少しだが口の周囲の動きに不自然な力が入る
精神状態:普通
振戦:弱いが手が震える
眼に水が入る:入らない


⒌月28日(水)BTX20日
JR上田駅からバスで1時間弱の温泉に行った。鹿教(カケと読む)湯温泉でゆったり過ごした。この街で1軒だろうかソバが美味しかった。ついていた玉ねぎの天ぷらも素朴で印象にのこる味わいだ。香りを味わって貰うためだろう、海苔を乗せるザルそばは無かった。拘りが感じられる。お奨めだ。
一人が携帯を紛失した。無事戻ったが貴重な名簿で一時はパニックになった。

眼は今日も絶好調。ただ眼ではなく口の周辺に緊張感がり、発生も悪いらしい。
自分で思っているより声が出ていないようだ。

眼の状態 +1


⒌月27日(水)BTX19日
小学校のゴルフ温泉一泊旅行に行ってきた。幹事一人以外は下手くそもいいところだ。終われば誰も忘れたようにゴルフの話しをしない。宴会での会話が楽しみだ。メンバーが一人来られなくなった・・・寂しくなる。
ホテルに戻るときに数人が迷子になった。私は20年使った上着を紛失した。
皆お互いに危なっかしくなった。

晴天のゴルフ場で何の問題もなく過ごせた。眩しさでさえ大丈夫だった。

眼の状態 +1


⒌月26日(月)BTX18日
町内カラオケ練習日。釧路湿原、雪国、有り難う感謝と熱心に歌い続けました。
茶飲み話も活発。元気に過ごせました。
明日はまたも小学校時代のクラス会に行ってきます。

町内眼科医に新しい老眼の点検をしたら計画通り出来ている。これで慣れるにして下さい・・・とのことでした。
追浜の町に降りて行く時、急に瞼が重くなり閉じる頻度が高くなった。その後医者の待合室で眼を瞑っていたら回復した。医者の診察では問題ないとのこと。

眼の状態 0−



⒌月25日(日)BTX17日
また月末になって事務処理が忙しくなって来た。終日アタフタと走り回り1時間の散歩がやっとであった。山の紫陽花に蕾が出てきた。今年も植物が元気な年になりそうだ。
楽しみにしていた“皆で元気に歌う会”の日だった。せめて月に2回やってくれればいいのだが。そう簡単にはいかないらしい。ならば他のグループを探そうかと思う。


眼は好調だ。まだ眼鏡屋さんに行く余裕がない。その分デスクワークは煩わしい。その程度だ。
ときどきショボショボと眩しさがあるけれど、問題ない。時に口の周りの緊張と手の震えが大きくなるぐらい。健常者と変わらない。


眼の状態 +1


⒌月24日(土)BTX16日
大雪に崩壊した車庫に換えて新しい車庫ができた。火災保険が適用されていた。デザインも使い勝手も良くなり、却って得した気がする。長い人生には、こんな事も希にはあっていいだろう。
鷹取山を中心とした散歩と写真を撮ってまわった。この新緑の時期を写真で表現するのが難しい。何の変哲もない写真が矢鱈増えてしまう。自分なり表現をすると言うのは本当に難しいし、悩んでしまう。

眼は好調に推移している。若干眩しさがあるくらいだ。老眼鏡がちょっと一部会わないのと眼鏡の縁が鼻からずれる。もう一回眼科の先生と眼鏡屋さんの世話になりそうだ。

眼の状態 +1


⒌月23日(金)BTX2週
長年働いた方達とのOB会に都内有楽町まで出かけた。気楽なグループで毎年楽しみになってきた。
数人と3次会まで続き、兎に角良い気分で帰宅した。

ボトックスにお酒の相乗効果とあって眼は快調だった。

眼の状態 +1

1週間毎のチェエク
目が閉じる:正常
しょぼしょぼ:弱い
瞬き:ない
ドライア:ない
眼の痛み:ない
眩しさ:ない
頭部痛み:少しある
新聞社説:読めない
首肩のこり:少しある
フラフラ:いつもある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:なし
顔の症状:少しだが口の周囲の動きに不自然な力が入る
精神状態:普通
振戦:弱いが手が震える
眼に水が入る:入らない




⒌月22日(木)BTX14日
やっと新調した老眼鏡が出来てきた。これでデスクワークも頭痛、肩こりが治るかもしれない。市内アチコチと買い物をして夕方から友人と一杯、ご機嫌で世間話を過ごしボトルキープしたカラオケスナックにいったら、貸し切りで丁重に断られて退散した。本日は打ち止め。

外出するとすぐにショボショボと眩しさが出て来た。でも一時より随分良くなった。

眼の状態 0+






⒌月21日(水)BTX13日
バスで忍野八海、浅間神社、河口湖オルゴールの森に行った。そもそもスケッチに行くグループに入れさせて貰ったのだが、しっかりと雨が降ってそれどころではなかった。絵をかけない分時間が余りすぎて幹事さんも困っていた。
最後のオルゴールの森でやっと晴れ富士山も一部見られるまで回復した。既に間に合わない、帰路につくだけとなった。

雨降りの薄暗いときは眼に問題ない。晴れても特に眩しさもなく眼は良い状態を続けた。口の周りの緊張感と違和感は時々出てくる。

眼の状態 +1


⒌月20日(火)BTX12日
デスクワークだけで眠くなったしまった。町内巡りや鷹取山の散歩に出かけたが眠気は覚めず。明日の日帰りバス見学旅行の準備を行って早め眠った。

この眠さはなんだろう? 近々の老眼眼鏡を紛失して頭痛、肩こり、首凝りが生じているが、そのせいだろうか?
ただ眼瞼けいれんの症状としては極めて良状態である。

眼の状態 +1


5月19日(月)BTX11日
午前中はBTXのデーター集計と作品展に出品する写真を探して過ごす。
午後は町内の方とカラオケで⒋時間あまり頑張って帰宅したらもう夕方薄暗く
なってしまった。女性が多くてお酒を控えたので気分が乗らない。

瞼に錘がくっついているように重たい。お酒を控えたカラオケは却って緊張し
て眼も良くなかった。口の周りの緊張感と声が出にくくて歌も調子が良くない。

眼の状態 0+


5月18日(日)BTX10日
ベランダ床の防水塗料が余っていたので一挙に3回目と4回目の塗装を行った。
強烈な刺激のシンナーの臭いには活性炭入りのマスクとゴーグルを使ったらかなり効果があった。矢張り無精しないで自分自身を養生することは必要だ。

晴天、湿度33%程度で朝の起床から眼、口、鼻が乾く。日中は眼の中が痛い。
近々の眼鏡がまだ出来ないので我慢しているのも影響しているだろう。しかし眼の開きは良い。まだ瞼の動きは悪い。

眼の状態 +1


5月17日(土)BTX9日
少し写真の整理や22回ボトックスのデーター整理を行った。午後は庭の手入れ後女房と昼食兼夜食にレストランに行った。お互いに体力も落ちてきたので、こんな休息も必要になる。

眼ははっきりと良くなっている。瞼の厚ぼったく感じる動きの鈍さは相変わらずだ。天気が良いので眩しいが修理したサングラスが効果を発揮している。私のサングラスは透過率10%と一番暗い青黒系だ。この程度でないと眼には負担になる。・・・しかしディジカメの液晶画面見えないことが結構ある。

眼の状態 0+


5月16日(金)BTX1週
写真クラブの撮影会に横浜の赤煉瓦倉庫に10人くらいで出かけてきた。
素晴らしく眩しい晴天であった。インストラクターがディジカメの操作を教えるが、これが難しい。皆高齢者だから理解と記憶が苦手でいつまでたっても覚えられない。勿論私もそうだ。気持ち良く団欒もして、最後はオマケもつけて海上保安庁の工作船の見学もした。北朝鮮の撃沈された残骸が展示されている。たまたま外国人も見学に来ていた。

凄い晴天でサングラスは離せない。このサングラスはディジカメの液晶画面が殆ど見えなくなってしまう。
瞼の動きにくさはあるが、気持ちが良くなってきた。もう少しだ。

眼の状態 0+

1週間毎のチェエク
目が閉じる:かなり空いている
しょぼしょぼ:弱い
瞬き:少ない
ドライア:軽い
眼の痛み:軽い
眩しさ:ある
頭部痛み:ある
新聞社説:読めない
首肩のこり:軽い
フラフラ:いつもある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:横目使いをすると起きる、気になる
顔の症状:口の周囲の動きに不自然な力が入る
精神状態:普通
振戦:弱いが手が震える
眼に水が入る:入る


5月15日(木)BTX7日
市民の日帰り見学会に武蔵野の江戸東京建物園に行ってきた。私達の班が幹事なので気になっていた天候は早めに決行と決めた。結果的に午後は暑いくらいの晴天と建物の情緒ある風景と70年になる古木が見事な樹齢と貫禄を見せつけていた。自分で言うのもどうかと思うが大成功だった。

眼は大部良くなって、サングラスがあまり要らない位になった。今回の注射は良くなるような予感がする。

眼の状態 0+


5月14日(水)BTX6日
サングラスのフレームが華奢なのでよく壊れる、これも修理して貰った。
レンズの色は青黒が矢張り一番楽で良い。風景が綺麗に見えないのが残念だ。茶系は景色の色が鮮やかで良いが、眼には今一である。

ベランダに置く簀の子を買って届けて貰う注文をした。もう一回上塗り塗装したら使う予定だ。

眼は良くなったのを感じる。ただ瞼の重さと動きの鈍さはある。洗顔時に石けん水も眼に入る。眩しさも楽になってきた。

眼の状態 0+


5月13日(火)BTX5日
近所の眼科G先生に行く。BTXをして貰ったS先生の様子を報告して診察を受けた。
眼圧:右16、左14mmHgで問題なし。
ドライアイ用のジクアス、ムコスタの処方を貰った。

近々用の眼鏡を紛失したので、処方を貰って眼鏡屋で注文をした。性能向上が著しいレンズが一杯あるが本当に必要なのか疑問に思う。詳しく質問して要らない機能を省かないと値段が高くなるのが困る。受け取りは一週間後なので暫く我慢を迫られる。

夕方じゃら学生時代の友人と横浜中華街で夕食とカラオケをやった。もう最近はこのパターンが定着した。

まだ瞼が重くてBTXの効果が出るにはまだかかりそうだ。

眼の状態 0


5月12日(月)BTX4日
カラオケ練習日。ご当地ソングの女王水森かおりの釧路湿原を熱心に練習して、最後は皆が気に入った小金沢昇司の“有り難う感謝・・ウェグディンVer”を全員で目一杯歌って終わった。

瞼がボテッと重く動きにくくなった。薬が効き始めた印である。ただそれだけでよくなった訳では無い。

眼の状態 0


5月11日(日)BTX3日
塗装するベランダの床を念入りに清掃した。箒、サンドペーパーをかける、水洗い、雑巾がけで乾燥した。近所の元プロに指導して貰いながら2回塗装を行った。乾くと手触りでは石のように固いが、素足で歩くと柔らかいお餅のような感触が面白い。十分乾燥して更にもう一回塗装の予定だ。

塗装時はシンナーの強烈な刺激が眼と鼻についた。薬剤禍で眼がジンと沁みるような違和感がある。

眼の状態 0


5月10日(土)BTX2日
ベランダの床の塗装を自分でやることにして特殊塗料をネットで購入した。
塗装用のローラー刷毛、マスキングテープ等々もホームセンターで購入して来た。面白そうなので少しワクワクする。

眼はやや楽になっている。

眼の状態 0


5月9日(金)BTX1日
結局横須賀、横浜ではBTX注射をしてくれる医師はなく都内御徒町のS先生にお願いした。今回はT先生からの詳細な紹介状があったらしくスムーズに移ることが出来た。ざっくばらんにお話が出来てよかった。驚いたのはこの程度注射は難しい物ではないから、私が近所で世話になっているG先生に教えるからやって貰えるようにしたらどうか・・・・とそんな話しがでました。G先生が大変忙しいので当面難しいとお答えしておきました。
一方この程度の話しと言われる事で日本中先生を探している患者も気の毒だ。

ボトックス注射の要領は両目で50単位、12カ所、更に眉間中央に1カ所合計13カ所となった。これは薬剤に添付されている書類の用法、用量に従った12カ所と私の眉間に痙攣があることに対する注射1カ所であると説明を頂いた。

ボトックスの治療費も印刷物で
1回の治療の薬剤費として53,000円
健康保険 1割負担 約 5,300円
     2割負担 約10,000円
     3割負担 約15,900円
と明記していました。

ここの眼科クリニックは明快で良い。

注射前30分に注射カ所に麻酔テープを貼ったのは良かった。
注射中の痛みがかなり軽減された。また注射中に眼瞼けいれんの症状が緩んでゆくのが感じられた。
しかしこの効果は一時であり、帰りの電車のなかで消えてしまった。
自宅で昼寝をしたら少し症状が軽くなった。

眼の状態 0−

1週間毎のチェエク
目が閉じる:殆ど閉じ放し
しょぼしょぼ:強い
瞬き:頻度は却って減る
ドライア:軽い
眼の痛み:軽い
眩しさ:ある
頭部痛み:ある
新聞社説:読めない
首肩のこり:軽い
フラフラ:いつもある。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が低下している)
複視:横目使いをすると起きる、気になる
顔の症状:口の周囲の動きに不自然な力が入る
精神状態:普通
振戦:弱いが手が震える
眼に水が入る:入らない

e뛑で煲.書類のみ뤠きoを:
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント