• もっと見る
«治療後の状況 | Main | 第9回ボトックス日記»
自分で行う病状の改善法 [2009年12月08日(Tue)]
平林寺散策路

#091208 自分で行う病状の改善法

まぶたは下がり ショボショボと ドライアイとなって 痛みまぶしく


3月15日、皆様とのコメントから大切なことを忘れているのに気付きました。(12)項に追加いたします。

ここでは医師による処方ではなく、日常生活のなかでどのように症状を和らげるているか、またはどのような状態でいれば良くなるかについて上げてみます。

この件はすでにコメントでマイナーさんからお知らせいだき、私からもご返事のコメントをしております。ここで整理しながら自分ことについて纏めました。

なお、仕事を続けておられる方には、その様なことが日常出来るものかと不快に思われる場合があるかもしれませんがご了承ください。退職した身分で時間には余裕がありますので。

(1)心身共にリラックスすることが一番
@ゆったりと温泉につかる、風呂に入る
A睡眠時間をたっぷりとる
B楽しい気を使わない会話をする。愉快な酒の場は良い。
C音楽を聴く
D海山森空などの風景を楽しむ
Eお酒を楽しむ

(2)眼鏡
@サングラスは欠かせない
a:良く晴れた屋外では一番暗く感じる青と黒の可視光線透過率10%のスポーツ用を使います。野球で有名なイチロー選手が使っているものと全く同じです。可視光線透過率10%、偏光、紫外線カットのプラスチック製。青系のサングラスは眼に楽なのですが、何となく冬の寒空を感じます。寒い時期に使うと気持ちまで寒々としてしまいす。植物や特に赤い花の色が冴えません。
度はついていません。従ってピントに少々難があります。


b:次に晴れた日に屋外で使うのは茶黒系の可視光線透過率10%で眼鏡の縁に挟んで取り付けるタイプの紫外線カット、プラスチック製です。日のあたる場所でも、日陰に入ったときもレンズを跳ね上げられるのが便利です。茶系なので景色が実際以上に綺麗に見え、特に赤い花や紅葉は鮮やかです。上記の青系と透過率は殆ど差がないのに、若干明るく眩しく感じます。
眼鏡本体は遠近両用です。
aと違って、眼鏡の脇からの遮光能力がはっきり違います。

c:bと同じタイプですが、夕刻の屋外や建物内でも明るいところや薄暗い場所で使い分けています。
可視光線透過率が20%で異なるだけです。

d:ときどき使うようになった度付きサングラス
一度は度が合わなくなって眼が痛くて、止めていたものを使い始めました。理由は何故か度が合うように?なったからです。

止めた理由はもう一つあります。ドライアイが酷かったときに、フレームと眼の間から涙が蒸発するのを茶色のフィルムを取り付けて防ぐ一方、フレームに付けているフェルトから水分補給をするものでした。また側面からの日を遮るようになっていました。ところが、ドライアイが酷くこの程度では効果を感じなかったからです。フィルムやフェルトがとれて壊れたのもやめるきっかけにないました。
度がついてハッキリ見えるし、ボトックス注射を始めてからドライアイも軽くなったのでこれから使用頻度が上がると思います。可視光線透過率は10%程度でしたが、年数とともに色が褪せて薄くなっています。

Aクラッチ眼鏡
クラッチとはひっかけると言う意味ですが、眼根の縁からヒゲのように細い弾力のある棒状の金属バネで、閉じようとする上瞼を上方にひっかけて置くものです。
非常に程度度が軽いときは役に立ちます。瞼が緩んで下垂しているときにはかなり有効です。
眼瞼けいれんの症状が強いときは、瞼が積極的に瞼を閉じる筋肉が強い力で閉じようとしているので、とても止められません。私も1年余り使いましたが、両方のバネが折れてしまいました。
それに、瞼が閉じることで多少なりとも眼の中が楽になっています。機械的に開かせるのでは苦痛が酷くなるばかりです。

B着色した水中眼鏡
かなり良い効果がありました。眼の周りが密閉されるのでドライアイが酷いときに、結構助かりました。また、密着するゴムが瞼を周辺から均等に押さえるためクラッチ眼鏡より心地よく押さえられます。ただ、自宅内ならともかく外出時に使う勇気がありませんでした。
それと眼鏡が曇るのを頻繁にふき取るのも煩わしいのが欠点です。蒸発した涙が再びたまりま、この方が曇らずに良い面もあります。度付き水中眼鏡もないようです。

Cスキー用のゴーグル
水中眼鏡と違って曇らずドライアイ対策機能としては良いと思います。
適当な色のサングラスにならないこと、度付きが無いことは矢張り不自由です。
度付きサングラスとゴーグルを2重にかけると良いのですが、随分煩わしいものです。
見っともない位大きいし、水中眼鏡と比べ外出するにはもっと度胸が要ります。

D花粉症防止眼鏡
これがあれば良いと思ってさがしましたが、見当たらず残念です。
矢張り、度付きサングラスでドライアイ防止になるものが無くて残念です。

眼鏡メーカーへの提言
ドライアイ、眼瞼けいれんの眩しさ、曇らない、閉じる瞼をソフトに押さえるような機能をもつ専用の眼鏡兼度付きサングラスで、街中を平気で歩けるようなデザインの良いものを作ってくれませんか。十分できると思いますが。

(3)帽子は不可欠
極力ひさしの部分(ツバ)が広く下側が黒っぽいものを使っています。
ツバの下側が白っぽいのは反射光で眩しさを強く感じます。
夏向きの明るい帽子は、大抵ツバの下側も明るいのが普通です。
半透明のツバもありますが、私にはその程度位では眩しくて使えません。
その様なわけで、年中黒っぽい帽子をかぶっています。

(4)マッサージ、鍼灸師、漢方薬
@マッサージ、鍼灸師
施術の間だけ気持が良いことがありました。
首を後方から掴みマッサージする。
頭蓋骨をこめかみのあたりで左右から挟んで繰り返し押し付ける。
頭蓋骨を頭頂とこめかみの部分との間を挟むように繰り返し押し付ける。

A漢方薬
葛根カレイジュ(カッコンカレイジュといいますが漢字がわかりません)と言いましたが、瞼が開くという意味では、効果がありました。
しかし、興奮したように、眼がカット開くのですが眼の中の不快感は全く消えません。従って瞼が強引に開かせられて休まらないような感じでした。むしろ苦しい思いをしました。
使うに従って、効果も薄れてゆきました。

(5)運動、姿勢
@首をゆっくり左右に回すのは気持が良いけれど、そのときだけの効果です。
顔を上向きにするのも同じ効果です。
A視線はいつも下向きが良い。
パソコンの画面を見る姿勢、映画や舞台は後方の席から見下ろすのが良い。
眼が仰向きの姿勢を継続するのは苦痛です。
歩くときに遠くを見る必要があるときは、顎を上に向けて視線は顔に対しては下向きにします。多分どなたでも無意識でそうしていると思います。

健康維持のためラジオ体操、腰痛防止体操、脚力腹筋背筋強化の体操、柔軟体操、ダンベル体操、1万歩とお金のかからない体操を熱心に続けています。健康維持のためには可なりの効果を上げていますが、眼には全く効果がありません。

(6)強い刺激
眼が凝っている(私の造語です。眼の中から奥にかけて気が滅入る程の不快感のことです)ときに、その不快感をしのぐ強い刺激があると一時的によくなります。
@ボトックス注射をしているときと、その後暫くの間。
A非常に切迫感、義務感や緊張感がある事をしなければならないとき。
B痛みをうけるとき。顔や頭部の場合で、ギックリ腰では効果はなかったです。
これ等は一時的に眼の不快感を他へそらしているだけのように感じています。

(7)杖を使う
歩くときの気持ちのうえでも楽になります。
自分は眼が悪いと周囲に知らせるられので、常時白い杖を使いたいと思う事はよくあります。しかし、最近はターゲットにされて犯罪に巻き込まれ易くなるのも心配で使っていません。

(8)寄り添って歩いてもらう
杖の代わりではありませんが、歩く方向性や安全に対する神経が少しリラックスして随分助かります。

(9)ごまかして凌ぐ方法
@開く片眼をギュッと閉じると、反対の閉じた眼が開く。
A上瞼から眉毛にかけて、軽くこする。この刺激でホンの少し開く。
外出時に眼の状態が酷いときはこうやって凌ぎます。
クラッチ眼鏡はこのごまかしを利用しているのかな?とも思っています。
センソリートリックと言われているようです。

(10)その他
@夏なら氷嚢で、冬なら暖かいタオルを眼に乗せておく。
私にとって、最悪状態のときの一番の処置法です。
Aタオルで眼隠しするように、少しキツメに縛っておきます。
これは次善の方法です。

(11)同病者と話をする
私達患者同士は一番理解しあえる会話ができます。このブログそのように役立ちたいと思っております。

(12)家族の理解と協力
当たり前のことですが、眼に見えない症状であっても、話す事すべてを肯定してくれるのは全く違います。心の負担や辛さのレベルが違います。
(自分で行う改善法ではありませんが)

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
皆様、
本日(6月21日)のNHK朝の「おはよう日本を観られましたでしょうか?

街角情報室の中で「ゆたかな表情つくります!」という特集で、それに役立つグッズが三つ取り上げられていました。それらが顔瞼、顔面痙攣の患者に役立つのではないかと思いましたので、お知らせします。

1)目のまわりの筋肉を鍛えるグッズ(眼輪筋を疲れなくするメガネ(ゴム製のような感じに見えました)家の中で使うのにはとても良さそうです。パソコンを使っている女性が使っている映像でした。これで外で使えるようにレンズやサングラスがあったらと思いました。今度、メーカーに問い合わせてみます。

2)口元と頬の筋肉を鍛えるグッズ:
  こちらは簡単で安そうなプラスチック製のグッズです。

3)れんげを使って顔の筋肉のこりをとる方法:

それぞれ、メーカーの連絡先HPアドレスと電話番号が出ています。顔瞼痙攣、顔面痙攣の症状緩和に役立つかと思いました。
参考までにNHKのそのサイトURLを貼り付けますね:
http://www.nhk.or.jp/ohayou/machikado/20100621.html

Posted by: マイナー  at 2010年06月21日(Mon) 16:14

ひこ様、
コメントありがとうございます。

また、もっと詳しいことをご連絡いたしますが、10日間は最短の場合です。私の年齢(多分、ひこさんより上)にしては早い退院でした。30前後の若い方達は回復が早いです。70近くなると手術を拒否される場合もあり、手術を受けても回復が一般的に遅くなるようです。

特に問題なく無事に退院したものの、まだまだ家事を主人に手伝ってもらっていたり、用心して犬の散歩もしてもらっているのが実情です。ちょうど産後と同じでしばらくは昼寝などの合間に家事をしている状態です。術後1、2か月間は幾つかの禁止事項があります。重い物を持たない、飛行機に乗らない、毛染めやパーマの禁止、咳、くしゃみ、便秘などもできる限り避ける等です。ですから、ひこさんがもし手術を受けられるなら、ご家族のご理解が何より必要で(これは事前に、そして退院時に医師から説明が夫にありました)、退院後少なくとも一か月位はご老人の介護は別の方に頼む必要があると思います。

お子さんとご老人のことの兼ね合いで手術の時期を選ばればじぇればばらず、主婦は大変ですね。私も今、11歳の犬が死んだ後と思っていたのですが、症状が悪化しててきて決心しました。家の場合、幸いに主人が定年退職し、子供達も20代半ばで社会人なのと+主人は次男で兄夫婦が義母の面倒を主にみていてくれているので可能でした。でも、家の事情は人様々ですから主婦は悩みが多いですよね。

術後、4日間は痙攣が完全に止まっていました。4日目から再び痙攣が始まりました。こういうケースはかなり多いようです。術後すぐにどまる方もいます。95%以上の人が半年以内に治り、長い人でも2年で消えるようです。
私の場合、4年半前に、主人の仕事の関係で関西のひこさんと同じ地域に住んでいた頃に発症しました。今は関東ですが、3年に渡り、ボトックスを20回位は受けました。ボトックスを長く続けているとその側の顔の筋肉が若干退化してしまいます。できる範囲で、早めに手術を受けられた方がいいかもしれません。
私もまだ傷が完全には癒えていず、痙攣の症状も残っていますが、術前と違うのは気持です。ひこさんや他の同病の方々の為に少しでもお役に立ちたいという前向きな気持を持てるようになりました。
Posted by: マイナー  at 2010年03月28日(Sun) 10:45

坂本様
書き込みの中で 無意識に病院名を記載してしまいご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。    今回この病気になるまで ブログ上へ書き込みをしたのは初めてで 慣れぬことをし無作法致しました。

マイナー様 
無事手術を終えられ何よりです。一般的に 2週間入院とよく書いてあるのを目にしましたが
10日とは最短ですね。
順調なお様子 ほうとうに良かったですね。無理なさらないようお大事になさって下さいね。
坂本様にアドレスをお伝え致しましたので、メール交換ができるのを楽しみにしております。






Posted by: ひこ  at 2010年03月27日(Sat) 14:43

ひこさん
大変恐縮ですが、前回のコメントの中で病院名が具体的に示されました。従ってその部分をアルファベットで置き換えて ひこさんの代理 という形でコメントをだしました。申し訳ありませんがひこさんのコメントは削除させていただきます。
主旨は非難中傷の場にならないためです、是非ご理解ください。 坂本征男

今日 先週検査したMRIの結果を聞きにH病院に行ってきました。
大病院では検査結果聞くだけでも半日仕事でどっと疲れました。
やはり、蛇行した動脈が顔面神経を圧迫していたようです。
脳腫瘍の可能性はないかと少し心配していましたが、
それはないと断言してもらえ それだけはほっとしました。
今日ボツリヌスをうってもらえると思いきや まだ2カ月しかあいてないから 5月連休明けまでまでとりあえず次の注射は待ってみましょうと言われ ガックリ・・・・・
早く5月になればなぁー

整骨医院に通いだしてから 肩こりのほうは少し緩和しました。
でもやはり義母の家に行った日は必ず 痙攣、肩こりはひどくなるようです。
しまいには義母が 痙攣する私の顔をみるのがいやなのか 早く手術してもらえばと言いだし・・・・
義母からのストレスさえなければこんな病気にならずに済んだのに・・・といってみても
しょうがないことですが ストレスってほんとなくならないもんですかね?

マイナーさま もうそろそろ退院の頃でしょうか?
無事手術を終え完治されていることを祈っております。
またいいご報告を聞けるといいですね。

Posted by: ひこさん代理 坂本 征男  at 2010年03月26日(Fri) 23:52

ひこ 様
ご覧になりましたか。マイナーさんが元気で退院されました。
マイナーさんは、ひこさんのメールアドレスを知りたいとの事です。余りに危険が多すぎるので、コメント上にマイナーさんのメールアドレスを公開は致しません。是非私のメール宛にお知らせください。私が仲介してマイナーさんへ取り次ぎいたします。
アドレスの秘密厳守は必ずお約束します。
私としては、お二人が励ましあえる積極的なメール交換が発展できればと願っております。
私のe-mailアドレスは次の通りです。
syobosyobome@office.nethome.ne.jp
Posted by: 坂本 征男  at 2010年03月26日(Fri) 12:23

ひこ様、
無事に退院してまいりました!
手術を受けるのは一大決心ですが、終えてみて手術をお勧めしたい気持ちになります。勿論、多少のリスクを伴いますからご自身の強い気持ちとご家族の理解が不可欠です。
私の場合、2か所で顔面神経が動脈と接していました。

手術を受けた東京のM病院の脳神経外科では週2回、火曜と木曜が手術日でこの分野での名医がおられるので全国(海外からも)からくる毎週5,6人この手術を受けています。先生方も優秀で看護婦さん達もとても親切です。洗面所などで同じ病で同じ手術を受けた方達(結婚前の若い娘さんから70前後の方まで)とも年代を超えて親しくでき、喜びや今までの苦しみを分かち合えます。お互いに日に日に回復していくのがわかり、励みになりました。手術後2、3日は頭痛や目眩もあり、きついですが、それを過ぎると日に日に楽になります。

私の場合、入院に数は最短の10日間でした。入院費は差額ベッド代を差し引くと23万位でした。
この際、義母様もそう言ってられるのでしたら介護も少しの間、お休みを頂いて手術されるのもいいのではないでしょうか。やはり疲れが蓄積しているのだと思います。雑事から解放され、後半は楽ですよ。何か個人的にご質問がありましたら、坂本さんを通じて私に直接メールをくださっても結構です。
何か道は見つかると思います。私も少し前向きな気持ちになれ、人様のお役に立てればと思えるようになりました。
では又、
マイナー
Posted by: マイナー  at 2010年03月25日(Thu) 18:26

高橋 様
たまたまタイガーバウムがありますので、テストをしております。3月24日(水)にボトックス注射をしますから、その前日までテストをしてトピックス欄でご報告いたします。
幸いと言うか、良いチャンスと言うか眼は最悪状態です。効果を見るには良い時期でした。
Posted by: 坂本 征男  at 2010年03月20日(Sat) 11:37

坂本さん
タイガーバームを塗って、症状が緩和したとかの、感想をお願いします。
今後の他の人の参考にします。
Posted by: 高橋  at 2010年03月16日(Tue) 19:29

高橋様
こんにちは、コメント有難うございます。
子供のころからとは、随分辛いお話です。タイガーバウムは何にでも効くと言う塗り薬ですね。使うことを考えたこともありませんでした。発想の転換ですね、今度使ってみようかと思います。
私は眼瞼けいれんですが、効くと良いのですが。
坂本 征男
Posted by: 坂本 征男  at 2010年03月15日(Mon) 23:10

高橋様、

はじめまして、こんにちは。

そうですね、タイガーバームを塗ったことはありませんが、私の場合はおでこ、耳の上、首筋にミントの塗り薬(友人に英国土産にもらったもの)を塗るとすーっとして少し気分がよくなります。
Posted by: マイナー  at 2010年03月10日(Wed) 11:00

ひこさん、
いい整骨院の先生に出会えてよかったですね。

お姑さんの介護や送迎、大変ですね。車の運転に関しては、ご家族の方によく理解していただいて、できるだけ避けた方がいいと思います。痙攣するときは目が閉じ気味になって視界が狭くなるのと、集中力が極度に落ちるからです。私の場合は緑内障もかなりひどいので尚更です。私は去年、脱輪事故を起こしてしまい、それ以来ほとんど運転していません。確かに免許も車もあってとなると運転することを周囲からも期待されてしまいますが、事故にあってしまうと大変です。このことだけはご家族にも理解していただいておいた方がいいと思います。

私の場合、やや遠くにいる姑の介護も、最近は兄夫婦+主人にまかせっきりになってしまっており、肩身が狭い思いをしています。

その他に人と会ったりすることも、顔のこともあり、ストレスになりますし、ストレスが症状を悪化させるのは私もよーく実感しています。血流をよくすると一時的に症状は改善しますね。そうすると気持も少し上向きますね。

それからMRI検査ですが、私が以前、片面顔面痙攣専門でない検査機関で1年前に受けた検査で既に動脈と顔面神経がふれていることがはっきりしていたにも関わらず、検査結果に見落としがあり、逆の側の神経が隣接しているようだとの所見でした。今回、手術を受けるM病院の脳神経外科の専門医にそれを指摘されました。せっかく高い料金を払って検査をされるのでしたらこの分野の専門医にMRI鑑定をしてもらうことをお勧めします。

それぞれ色々な状況があり大変とは思いますが、何らかのお役に立てれば幸です。

Posted by: マイナー  at 2010年03月10日(Wed) 10:52

子供のころから、たまにしか症状はでなかったのですが、1昨年から症状がひどくなりました。そこで薬を塗ることを思いつき
 腰痛や肩こりに良い、塗る薬、コンプラック液やタイガーバームを顔に塗ってみました。そしたら症状が緩和しました。
今は顔ではなく、エラや首に塗るだけで、
スッキリしています。
Posted by: 高橋  at 2010年03月10日(Wed) 05:35

坂本様  マイナー様
ご返事有難うございます。
人と話す時に限って痙攣はひどくなり、外へ出掛けたくなくなりがちです。
しかし義母の病院の送り迎え(痙攣がでてると車の運転が疲れるんですよね)や家事手伝いもあり マスクして出掛けていました。
義母は顔面痙攣の知識がなく、遠慮なくこきつかわれていましたので、先日体調が悪くなり主人に状況を
説明してもらい、行く回数を週2回にしてもらえるようになりました。
あとはヘルパーさんの回数をふやしてくれるそうです。 まあ ただの嫁が役に立たなくなって不機嫌になり 
またストレスになってきてはいるのですが・・・

やっと時間が出来たので 今日整骨医院に行ってきました。
首と肩が痛く頭痛もするので それだけでも軽減できるかと祈る思いで行きました。
そこの先生も偶然に 交通事故でムチウチになってのち顔面痙攣になったそうで色々相談にのってもらえました。
電気をあててもらい、少しましになった気がします。肩こりがよくなれば痙攣も軽減するとおっしゃってました。完治は中々大変だけど 一時的に痙攣をおさえるつぼの位置があるとか 気温が低くなると痙攣が出てくるので気をつけるとか 血流が悪いとひどくなるので気をつけるとかして上手にこの病気と付き合っていますとおっしゃっていました。

私も一時はこんなストレスに弱い自分の体に嫌気がさし 気を使ってもらえない環境を恨み泣いてばかりいました。どうしてわたしだけこんなにつらいの、早く注射の時期が来てほしい・・だめなら早く手術してしまいたいと思ってました。でも義母や子供もいることもあり 家をあけて入院できる状態ではなくつらいところです。

しかしこんな私の話を聞いてくださった人たちがいてくださってとても癒されました。
坂本様 マイナー様有難うございます。
来週はMRIの検査の予定です。異常がないように・・・



Posted by: ひこ  at 2010年03月10日(Wed) 00:06

ひこさん、

同じ顔面痙攣(片側)の主婦です。
痙攣と麻痺が顔に同居している不自然な状態はよく理解できます。私もボトックスが2か月と持たず、12か所くらい打っています。症状も次第にひどくなり、痙攣するときに首の片側上まで締め付けられるような感じさえあり、顔の筋肉の力関係(痙攣と麻痺)が常に変化していっている状態です。
私は思い切って来週、東京のM病院で手術を受けます。全身麻酔で9日間の入院です。たまたま同じ病で同じ病院で手術をした方(40歳女性)と知り合い、決意しました。その方の場合、すっかり回復されました。
また退院後しばらくして落ち着いたらご報告いたします。
Posted by: マイナー  at 2010年03月09日(Tue) 17:53

ひこ さん
矢張りストレスがキッカケになるのでしょう、原因不明とは言いながら私もそう感じています。でも、ボツリヌス注射で一旦、症状が止まった話は始めて伺いました。私に比べ軽かったかもしれないので、残念です。一時の休息が取れると随分効果があるかも知れません。

介護は本当に主婦に大きなダメージを与えます。私も40歳位に両親が相次いで倒れ、3年介護をしました。家族3人交代でやっても、皆寝不足になりフラフラしていました。

お一人で介護はあまりにきつい話です。
どうしても家族の助けは必要ですし、実の娘や息子さんの家族の介護だと病人本人も病状が少し良くなりました。
家族の主婦業への理解と協力はどうしても欲しいものです。

全く月並みな事しか思い浮かびませんが
介護を頼んで自分の自由な時間や日を作って休息する。同じ状況の方達と話をしたり遊ぶ時間を作るなどかと思います。費用だって大変かかります、簡単に出来ることではありません。

もうやっていらっしゃるとは思いますが、市町村でどのような援助をしてくれますか、ご相談なさっては。

ともあれ、男の私が気の効いたアドバイスをするのは難しい。書いている自分が恥ずかしく思います。
ご婦人方の応援を是非よろしくお願いします。特に顔面けいれんの方の経験を聞かせていただければと思いますが。

本当にお粗末なことでもうしわけありません。

Posted by: 坂本 征男  at 2010年03月07日(Sun) 22:34

2年前に初めて顔面痙攣になりボツリヌス注射をしました。
2回目をうったのち今年の1月まで症状は落ち着いていたのですが、また再発しました。前は父の亡くなる前の看護疲れのときに発症しまして、今回は姑の介護で過度のストレスがかかったのだと思います。
前は注射の効き目はよかったのですが、今回の痙攣はひどく1日中ぴくぴくしてるので(前回6か所)10か所注射してもらいました。
しかし、半分麻痺が効いていて痙攣が残ってる状態なのです。
それと首から肩にかけてひどい痛みと頭痛があります。これは顔面痙攣と関係あるのでしょうか?
痙攣もつらいですがこれらが重なり、姑の介護もしていて体力的に参っています。

次回2カ月おかないと注射ができないと言われそれまでの緩和策がないか模索中です。
とりとめもなく書いてしまいましてすみません
Posted by: ひこ  at 2010年03月05日(Fri) 22:04

坂本様
ご返事いたします。
1、開発機が効果を出す機能、原理はどのようなものか。
 1)磁気の効果を使っています。
   1. 生体に磁気を発生させる
   2. 電磁誘導により新しい電気が起こる
   3. 血液中に電流を生じる
   4. 血液中イオンの増加
   5. 自律神経の働きが変わる
   6. 血液循環の促進
   7. 臨床効果
   8. +α
 2)従来の磁気治療に比較して体感と即効性があります。
 3疾病にたいしては一時的な症状の緩和ではなく自己治癒力の向上による治療になると考えられます。(完治を期待できます。)
2、腰痛防止の商品として、絨毯のような物に座って効果を試したことがありますが、そのようなものでしょうか。
 1)電位治療器、低周波治療器とは違います。
 2)交流磁気治療器とは同じ磁気を使っていますが、この治療器は体感と即効性があり、一度使うだけで効果が体感していただけると思います。
3、協力して下さっている先生を紹介頂けるか。
 可能です。
4、協力者に医療機器に通じている者がおりますが、一緒にお話を伺えるか。
 その人の立場によります。
5、テスト結果を医師と協力して頂き評価できるか。
 できます。
6、評価結果をどのように開示できるか。
 臨床試験の内容等によります。
7、特許を取得されているか。
 申請中です。
8、価格はどの位の予定か。
 1)販売形式によると思いますが、一般患者用には今までのような高額な家庭用治療器ではなくリーズナブルな価格にしたいと考えています。
 2)消費電力が少ないので外出先でも使えるバッテリー使用の携帯型の治療器も開発しています。
9、この病気は脳の運動する部位に関連していると解説されております。患者への安全性の確認はどこまで進んでいるか。
 1)今まで多数のパーキンソン病等の患者さんにおいて臨床試験を行い頭の部位にも施行してきましたが、副作用等の問題はでておりません。
 2)ただし心筋梗塞、脳梗塞等の患者さんには念のため施行していません。
 3)ここで使われている磁気の強さは薬事法で認められている出力以内です。

これ以上のご質問はお会いするか、smatsui@a2.mbn.or.jpにメールしていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

Posted by: 松井 茂  at 2010年02月21日(Sun) 15:59

大変興味を感じております。出来る事ならテストにご協力も考えます。
きっとビジネス展開を考えていらっしゃると思います。下記に質問させていただきたいと思います。
1、開発機が効果を出す機能、原理はどのようなものか。
例えば磁気による血流の促進を狙ったものか。
2、腰痛防止の商品として、絨毯のような物に座って効果を試したことがありますが、そのようなものでしょうか。
3、協力して下さっている先生を紹介頂けるか。
4、協力者に医療機器に通じている者がおりますが、一緒にお話を伺えるか。
5、テスト結果を医師と協力して頂き評価できるか。
6、評価結果をどのように開示できるか。
  特許を取得されているか。
7、価格はどの位の予定か。
8、この病気は脳の運動する部位に関連していると解説されております。患者への安全性の確認はどこまで進んでいるか。

私自身が開発業務に携わった経緯から、若干うるさいことを申し上げました。気を悪くなさらないで頂きたいと思います。このコメントでもe-mailでも構いません、ご返事いただければと思います。
Posted by: 坂本 征男  at 2010年02月19日(Fri) 18:46

坂本様
新しい磁気治療器を開発しているものですが、今主にパーキンソン病の臨床試験をしています。先日眼科の先生を紹介していただき、顔面ケイレンの患者さんに3回ほど磁気治療しましたが、良い結果がでています。この病気の患者さんは一人しかいませんので、もしよろしければご意見をうかがいたいのでご連絡ください。
Posted by: 松井 茂  at 2010年02月18日(Thu) 14:50

マイナーさん

あまり心配しないでください。

私、ブログの中でしょっちゅう間違えてい

ますから。気楽に、気楽に。
Posted by: 坂本 征男  at 2010年01月14日(Thu) 11:16

坂本さん、

いつも色々ありがとうございます。この病気+緑内障で片目状態に近いのとで、ときどき、効き目が閉じてしまい、先ほども字のうち間違いをして投稿してしまいました。同じ種類の病だと思ってお許しください。

kazuchannへの3行目は「お互いに少しでも楽に過ごしたいものですね」と書こうと思ったのですが・・・お恥ずかしいです。

マイナー
Posted by: マイナー  at 2010年01月12日(Tue) 15:01

kazuchann,

本当にお寒いですね!北海道はもっとお寒いことでしょう。

kazuchann、まだ50歳前ということ、お若いんですね。

緒方に少しでも楽に過ごしたいものです。また私の方の様子もご報告しますね。

明日は脳神経外科の診察に行ってきます。

マイナー
Posted by: マイナー  at 2010年01月12日(Tue) 14:53

マイナーさん寒中見舞い申し上げます。手術をされるという事良い結果が得られる事をお祈りいたしております。わたしも神経内科ではジストニアという診断でした。今年50になりますが今以上に症状がひどくなるようならば私も真剣に手術の事も考えなければならないかと思っております。季節柄お体をご自愛ください。
Posted by: kazuchann  at 2010年01月11日(Mon) 10:49

Kazuchann,坂本さん、皆さん、明けましておめでとうございます。2010も宜しくお願い申し上げます。年末年始に何度かコメント送信を試みたのですがうまくいかず今日になってしまいました。Kazuchann,コメントありがとうございます。北海道にお住まいなんですね!なんだかとてもロマンチックが場所のように思えますが、今は寒いんでしょうね。
私は東京から1時間半、隣のK県(海辺)に住んでおります。多分、kazuchann行かれたと思われるK眼科に(進行した緑内障もあるので)去年の秋から通院しています。メージュ症候群という病名は聞いたことがあります。私も同様に片側の目、頬、耳、首にも少々、症状が出ていて、K先生からジストニアの一種だと思われると言われました。実際にWikipediaで検索してみて、その病気なのかなとも思います。メージュ症候群とは別の病なのでしょうか?
先日、症状がだんだんきつくなってきていること、積極的に手術も検討したい旨をK先生にお話しましたところ、お忙しい年末にも関わらず、東京のM病院の脳神経外科の先生への紹介状を書いてくださりました。勿論、リスクも伴う手術ですので患者が相当望まない限りは勧めないとのことでした。
たまたま、最近、親類の友人等で同じ片面顔面痙攣の方で同じM病院で同じ(ジャネッタ手術)を受けて満足な状態に回復されたケースを2件知りました。その内のお一人は40歳のキャリアウーマンで先日、電話にてお話しする機会がありましたが。ちょうど一年前の年末に手術をされたそうです。お写真も拝見しましたが今はすっかり回復されて(お若いせいもあるでしょう)、女優さんのような美しさです。でも、去年までは私と同じように口元のピリピリや耳鳴りにも悩まされていたということで励まされました。少ない病気とは言え、けっこういるものですね。
この脳神経外科の手術(眼瞼下垂の手術とは別でけっこう大掛かりな手術のようです)の場合、60歳以上の人は動脈硬化などが出てくるとあまり効果が期待できないとのことでした。私も50代の後半で60まであと数年ですので、検査とかの上、適合するかどうかはわかりません。ただ、症状がここまできてしまうと前向きに生きる為には手術をしようと思えるようになりました。一月半ばに脳神経外科の予約をしました。
坂本さん、このような場を設けてくださって感謝しております。目を ご自愛ください
マイナー
Posted by: マイナー  at 2010年01月06日(Wed) 15:14

kazuchannさん、マイナーさん
明けましておめでとうございます。昨年中にコメントできず、新年になってしまいました。
こお陰様でこのブログで初めて、二人どうしのコメントができました。嬉しく思っております、またお礼申し上げます。

私も最後に受けている診断名は眼瞼けいれんですが、今もそのままかどうか分からないと思っています。先生から口、頬、喉にも症状が見られるとのことです。また、自分ではチョット喋りにくいところがあります。ただ、この程度なら十分我慢の範囲と思っています。

マイナーさんへ
眼科診待合室で眼輪筋とミュラータッキング手術の話を伺いました。矢張りその期待効果は十分でなかったようです。個人差の大きいこの病気ですから、沢山情報を受けて最終的には先生のアドバイスで決心することになさるのでしょう。

私は、老人性眼瞼下垂との診断で、垂れ下っ視界を遮る瞼を短縮しただけですから、症状改善には全く効果ありません。勿論承知の上でいたしました。

多くの手術経験をお持ちの方が、アドバイスをしていただけるとありがたいと思います。ぜひよろしくお願いします。
コメントしずらいことがあったら、私へメールを送ってください、私から代行してコメントします。
syobosyobome@office.nethome.ne.jpです。
マイナーさん、ご自分が納得されるように、積極的な気持ちが良いと思っております。お大事に。
Posted by: 坂本 征男  at 2010年01月02日(Sat) 12:05

マイナーさん初めまして、私は一昨年K眼科にも掛かり私の様な症状はメーッジュ症候群と言います。ただ幸い私は軽度の眼瞼けいれんと診断を受けました。私は北海道に住んでおり近隣に良い神経眼科の先生が居りません。(ただ私が知らないだけかもしれませんが)私の周囲にも手術を受けた方が居りますが、必ずしも快適とは言えないようですし、痙攣ではなく頑健下垂の方は非常に効果があるようです。メージュ症候群のように口角。首、耳に痙攣を生じている人には手術しても結局ボトックスも併用している方が大勢いるとも聞いております。
一刻も早く病気の原因が解明され、最小療法ではなく根本療法が発見される事を願っております。
Posted by: kazuchann  at 2009年12月29日(Tue) 16:38

kazuchannさん、
はじめまして、片面顔面痙攣を4年程前から患っているマイナーです。2年半前からボトックス治療も受けています。最初は片目のピクピクだけでしたが、だんだん口元→頬に広がり、最近は耳までびんびん響き、kazuchannさんと同様に口の周りや首にも痙攣がおき、飲食や時には発声にも影響して困っています。

素人なのでよくわかりませんが、kazuchannさんの症状は眼瞼痙攣ではなく、顔面痙攣ではないでしょうか?

ここ数ヶ月、症状が辛くなってきているので来年は真剣に手術を検討しようかと考えています。今までは手術が怖いので一生、ボトックスで騙し騙しやっていこうと考えていたのですが、残りの人生を消極的に生きていくより、思い切って(多少のリスクを伴いますが)手術を受けて、もっと前向きに生きた方がいいのではないかとも思えるようになりました。

坂本さん、

私も友の会に積極的に関わってくださっている東京のK先生のブログを時々読ませていただいています。参考になりますし、先生の熱心さに頭が下がります。

友の会終了後の出口で坂本さんのブログについて知り、とても励まされています。

また来年も宜しくお願い申し上げます。
よいお年をお迎えください。

マイナー
Posted by: マイナー  at 2009年12月27日(Sun) 15:04

眼瞼けいれんを発症して3年になります。ボトックスもためしましたが、口の周りや首などにもけいれんが出て苦しい思いをしたので、今は行なっておりません。そのかわり閉じてくる瞼に引っ張るようにテープを貼って押さえています(自分の手で瞼を押さえるのと同じ効果です)。目を閉じて休ませたい時ははがせば良いですし、その日の調子によってはり方を工夫したり、意外と目立たない絆創膏もあるので外出の時もいつも行なっています。
Posted by: kazuchann  at 2009年12月22日(Tue) 11:51