• もっと見る
«休憩の島(その1) | Main | 自分で行う病状の改善法»
治療後の状況 [2009年10月11日(Sun)]

治療後の状況

まぶたは下がり ショボショボと ドライとなって 痛みまぶしく



#091011治療後の状況
まず、’01/H13に2回ボトックス注射をしました。このときは全く効果がなかったので中断しました。原因は全く分かりませんが、私の素人判断ですが余りにもドライアイの痛みが酷かったので注射の効果を相殺していたのかなと思っています。

昨年4月に眼瞼・顔面けいれん友の会の方の話を機に、再チャレンジをしました。
以来先日の9月24日で6回眼の注射をしました。
この間の経過をもとに治療後どう変わったかをご説明いたします。

(1)日常生活に支障ないところまで良くなった
第1回目の注射は劇的な効果がありました。眼はスッキリ開き、涙は潤い、眩しさもなく全く健康な眼にもどりました。このときは、注射前に偶然眼の状態が何時になく良かったせいかもしれません。あまりの嬉しさに帰りがけ皇居、日比谷公園、霞が関から新橋と歩いてしまいました。そのときの日比谷公園の写真を見開きに使っています。(この地域を知らない方には感覚が分からなくて申し訳ありません)
ただ、2度とこれ程までに回復しことはありません。2回目以降からは効果が薄くなっています。非常に良くなったときの顔の写真を入れます。





この初回ボトックス注射の効果をグラフにしてみました。何故か注射直後から効果があがって、7月から8月に向け悪くなっています。日課の1万歩<のとき、新聞の社説を読むときそれから女房の判定を+1,0,-1の3段階にわけて表していす。

1万歩では +1 継続して歩ける
         0 たまに立ち止まる
        −1 頻繁に立ち止まる

社説では  +1 全文読める
         0  2/3が読める
        −1 1/3が読める

女房判断  +1 悪さを感じない
         0 ショボショボが目立つ
        −1 眼付が悪い 

尚、この評価方法は医学的なあるいは、学術的にはあまり意味がありません。一般患者に立っての生活感覚で分かりやすいのではないかと思ってやってみました。ご理解下さい。      






(2)効果は一つのパターンで変化する
注射後から1週間から2週間の範囲では、眼の調子が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら全体としては上向きに良くなり徐々に1か月位で安定した状況になる。
安定した状態はほぼ1カ月位継続する。
その後は下降期に入りこの時も良くなったり、悪くなったりしながら約1カ月で最低のレベルになる。

(3)随分よくなったが不満は多い
安定状態にあっても、善し悪しの変化かなりあります。良いときの時間が長いというだけで、眼調不良になったときは、注射前に戻ってしまいます。
車、自転車はダメ。パソコンや読書もダメ。ハアハア言うようなきつい運動はダメ。厳しい折衝はダメ等などですが治療前の症状は皆でてきます。
ただ助かるのは、散歩中などで立ちすくむことは殆どありません。眼がショボショボ、クシャクシャ、瞼が下がり 、痛いときでも、氷嚢で眼を冷やすところまで酷くはなりません。

(4)治療前の状況の自覚症状と比較してみます。
@薬が効いているときは(調子が良いとき)特にありません。しかし、良いときであっても何等かの条件で悪くなってしまうと元へ戻ってしまいます。

Aまばたきが多い
最悪のときでも可なり減りました。有名な某知事さんよりはるかにましです。

Bドラアイになる。
最悪のときでも楽になりました。ヒアレインの使用量は悪くても70%位、月平均でも50%程度になりました。

C眼の痛み
最悪のときでも煙が眼にしみる、あるいは石鹸水が眼に入ったときのような激しい痛みは殆どなくなりました。

D眼がこる
最悪のときでも、軽減されています。精神的に影響するところまでにはなりません,この点は非常にたすかります。

E眩しい
最悪のときでも立ち止まり、症状が和らぐのを待つほどの事はありません。
以前は夜間の散歩では、街灯さえも眩しくて光を遮ったりして歩きましたがこれも、無くなりました。

F眼、頬、口が歪む
最悪のときには同じです。この症状は眼の辛さを感じながら、無理に一生懸命見るため、或いは喋るためにおきます。眼を瞑ってジットして、喋らなければこのようにはなりません。

G不規則な眼の運動で、間欠的に見ているのは、あまり変わりません。

H集中力、記憶力
あまり良くなりません。もしかすると年齢の影響もあるとは思いますが、それだけでは無いようです。

I目まぐるしい変化
さまざまな条件でどんどん悪くなるのもあまり変わりません。特に息が切れるような運動のときは早く悪くなります。
ただ、休息すると回復するのも早いのですがこの点以前とあまり変わりません。

J緑内障の気配、眼圧の上昇
視神経は良くなりました。眼圧は下がり8〜15mmHGの範囲で安定しています。
眼圧低下の点眼液は止めています。

Kフラつきと眼が追いつかない
良くなりません。

L視界が狭くなる
良くなりません。

M細かい文字が読みずらい、パソコンが辛い
良くはなっていますが、この作業をやると眼は必ず悪くなります。

N極度に緊張を伴う折衝
良くはなっていますが、必ず悪くなります。

O激しい運動をすると悪くなる
良くはなっていますが、確実に急速に悪くなります。休息すると早めに回復します。

P最悪状態について
氷嚢で冷やす、タオルで温める、ジット息を殺して苦痛を通り過ぎるのを待つ、この様な状態にはなりません。これは非常にたすかります。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
たふちゃん、風邪大変ですね。
インフルエンザ大丈夫ですか、心配になります。
でも、お人柄のせいですか何となくユーモアを感じて読みながら笑ってしまいました。
申し訳ありません。お大事に!

坂本 征男
Posted by: 坂本  at 2009年12月02日(Wed) 22:55

こんにちはたふちゃんです。
5回目のボトックス注射を目前に風邪を引いてしまいました。
微熱ですが3日下がりません。
今日も病院が休み・・月曜日に行けばよかったと後悔しています。
頭の痛さが風邪によるものなのか、眼瞼けいれんによるものなのか分からなくなっています。
あぁ〜再度予約の入れなおしになるのかなぁ〜電話して相談してみます。
ぼやきでごめんなさい。

Posted by: たふちゃん  at 2009年12月02日(Wed) 10:43

こんにちは!たふちゃん、コメント有難うございます。
例会や懇親会に参加されるのは良いと思います。この世界では大活躍の先生方のお話がきけますから。
私はこのブログを始めてから、アクセス件数が予想を2桁上回りました。そのせいで焦ってしまい、もっと内容を増やさなければと考えてやってきました。しかし、全体を見直しみると雑なので少し見直しをしているところです。
今後とも、遠慮ないコメントをお待ちしております。
Posted by: 坂本 征男  at 2009年11月10日(Tue) 09:41

こんにちは
例会終了後の出入り口で≪ご案内≫を頂きまして感謝しております。
すごいパワーで驚きました。私はまだ例会、懇親会と2回目の参加でしてまだまだ良く分からずにいます
Posted by: たふちゃん  at 2009年11月06日(Fri) 18:24

マイナー さま
コメント頂いておりましたが、遅くなりまました。
病状がどんなときに良いかについて、私の場合について書いてみました。

1、朝起きて数時間は調子がよい
  同じです。
2、首をあたためるといい
  殆どかわりません。毎日かなりの運動を続けているので影響しないのかもしれません。
3、首を回すと・・・軽減する
  殆どかわりません。これも前項と同じ理由かもしれません。
4、東洋医学的マッサージ・・・軽減する
  殆どかわりません。かなり評判の良い先生でしたが駄目でした。
5、睡眠をたくさんとるといい
  全く同感です。私にとって一番の方法です。
6、何故か上を向くといい
  2,3項と似ているのでしょうか。変わりません。ただ、デスクワークが長いとき首は少し気持ちがいいのですが。
7、サングラスをかける
  非常に助かります。外出時や明るい室内でも欠かせません。明るさは3段階を持っていて、選んでいます。
8、つぼを指で・・・・
  経験で、こめかみを両側から手の平で強く圧迫すると少し楽になることがあります。
9、抜歯の際・・・
  抜歯の経験がありません。しかし、大腸ポリープの切除のときの麻酔は素晴らしく効果がありました。正常なときは、こんなだったとシミジミ感じました。ボトックスでもこれ程の効果はありません。

以上ですが、私の場合酷いときは氷嚢で眼を冷やす(夏なら)か逆に暖かいタオルで眼を暖める(冬なら)のが一番です。

ゆっくり風呂に入る、気楽な友人と酒を飲んで愉快に話をするなどもいいのですが。仕事中にこう言うわけにもいかないでしょう。
Posted by: 坂本  at 2009年10月31日(Sat) 22:46

坂本さんの7治療後の状況を読んでいるとかなり辛そうですね。同時によくわかるような気がします。

そんな大変な中、たくさんコメントをいただき恐縮です。

逆に坂本様の目にご負担をおかけしているのではないかと心配しております。クイック リスポンスでなく、スロー・リスポンスでもノー・リスポンスのときもあって結構ですのでご心配なく・・・亀の歩みで・・・できる範囲で結構ですので・・・お互いに自分の目と相談しながら、マイペースで続けられればと思います。

私の方は今日でボトックス後一週間。昨日、6日目には「今回はほとんど効いていない・・・しばらく諦めていなければ」と落ち込んでいました。

今朝、起きてみて、朝の犬の散歩時にかなり症状が軽くなっているのに気づきました。こういうアップダウンを繰り返しながら少しずつベターで安定した方向に向かっていきますね。これで来週はずっと我慢していた美容院のカットにもいけそうです。なにしろ状態が悪い時には美容院で鏡の前に座ったり、美容師さん達と話すのもリラックスできないので・・・

ただ注射の効果で症状が比較的よくなっている時期でも、坂本さんが言われるように強いストレスが加わったりする状況では悪化します。例えば犬の散歩時に自分の犬が苦手な犬と狭い道ですれ違わなければならないような時も症状が明かします。目に負担がかかる時も同様です。

それでは、お目、くれぐれもお大切になさってください。
Posted by: マイナー  at 2009年10月16日(Fri) 15:19