• もっと見る
«第13回ボトックスの総括 | Main | 休息の島(その5)»
ソレアさんの千夜一夜物語 [2011年10月03日(Mon)]
眼瞼けいれん患者・
ソレアさんの千夜一夜物語 

 まぶたは下がり ショボショボと 
              ドライとなって 痛みまぶしく



始めまして、ソレアと申します。現役で仕事をしていますが程良い年齢に達しております。いつまで出来ることかな?と懸念致しております。いま一番不自由な事は車の運転が困難で、歩く時にも何度か立ち止まらないといけないことです。
食べる時、運動の時はパッチリ眼が開いてるので、主人など勝手な眼だなと理解なきことを申しております。 今から困難な道のりな人生になるでしょうが、不自由ななかで自由を楽しんで生きたいと思っております。



第30夜話
 
ひさしぶりの投稿です。
 毎日、猛暑が続きへたってます。  瞼も最悪でショボショボと辛い日が続いてます。暑さと瞼不自由さで集中力が、欠けて一日の流れが滞ってしまいがちです。

  昨年11月に,予期せぬ病が発覚、今年の2月に手術で8月に踊りの公演と今年に入り、今日まで目まぐるしい日々でして、又、病気発覚と同時に昨年11月に叔母がホスピスに入院で、日々、看病に日参致してました。 毎日、穏やかな時間が過ぎ、生きざまは死にざまと申しますが、私が一寸,席を外した時にスッと旅立ちました。

 手術後 上京致しましてボトックスで、状態が良いのか悪いのか、その時々,又、会話中、テレビを見てても,良くなったり悪くなったりで最近は心の状態が、すぐ反映するなと思うようになりました。

 幸い佐賀に転院する事が出来、今月末にボトックスです。中々、痛みに慣れる事が出来ずです。

 毎朝、5時半から30分、ウオーキング致してます。。朝は少々、瞼開かずとも車の往来少なく空気も澄み心地良いです。朝のウオーキングを、するのとしないのでは、一日の身体の状態が全然、違います。今晩は、練習です。激しい稽古に何時まで出来るか老体にムチ打ち励んでまいります。


第29夜話
 今日は、酷暑の間,束の間の涼しい日です。
5月21日ボトックス術以来,丁度3か月、此処1週間は辛い日々です。
大体,朝5時起き、除草、犬の世話、掃除、洗濯等8時迄3時間休みなく家事を、こなし瞼に支障がないのですが、此処2日間位は朝から瞼開かずです。
パソコンも時間が,かかります。
 明日は盂蘭盆(福岡は大体8月13日から15日)です、忙しくなりますが、瞼様、開けて下さるように。

相も変わらず蚊に喰われながら草取と断捨離に勤しんでいます。自分の過去が見えてきて反省、悔恨の日々です。
自分が何で、この病になったのかと少しずつ分かった様な気がします。未だ倉庫等に沢山あります、費用も掛かりますので
一遍には片づける事は出来ませんがね、、、。最近【親の家を片づける】等の書籍がでてますね、せめて私が逝った後、子供に迷惑かけぬ用に、立つ鳥跡を濁さずで、ありたいなと思います。(最近のソレアはミニマリストになりつつです。) 






第28夜話
福岡は今日は寒くて、まさしく衣更着ですね。 26年度は、お寺の婦人会長。ようやく終わるかと思いきや、27年は神社の会計

と忙しく、大晦日と初詣と神社の行事になれぬ事で右往左往でした。  又,初籠りと言い氏子が皆様集まり食事をするのですが

瞼の調子が一番悪いときで難儀かな?とおもいきや、終わり頃にショボショボと、緊張が取れたのかな。

  2月初旬にボトックスに上京致して、発表会にのぞみましたが、支障なし、ほっとです。  朝から楽屋入致して夜まで支障無し

摩訶不思議な病です。本当に医者をも狂わす病です。加齢に伴い筋力低下、瞼が開かず直前の記憶が無くなると言う現実に何時まで

踊る事が出来るか挑戦ですね。  やっと自分の時間が出来、大好きな映画を見に、深夜食堂をみてきました。60歳過ぎて良かった事は

\1100でみられる事かな。映画は 大変良くあちらこちらで、すすり泣きが聞こえていました。時折、瞼が開かず見逃がした場面

も多々ありでございました。 福岡は市場には土筆が売られています。 春ですね。


第27夜話
お久ぶりです。
 毎日 毎日 瞼を開けられない自分との格闘です。
運動すると開けられるのは、身体があったまるせいか?兎に角、何も感じず日常生活が出来ないものかと
希望する日々ではありますが、不自由の中の自由を満喫するしか、今の処、処方箋がないですね。

 福岡はクリスマスで警固公園 博多駅とイルミネーションが華やかですよ〜
わたしは大丸エルガーラのオープンカフェで夕方、イルミネーション見ながらコーヒーを飲むかビールをよく飲みます。
 最近は衣食住においてダンシャリアン目指してて、ちょっとしたぜいたくなひとときです。
今日はあいにくの雨です。
年末慌ただしいですが雨を理由にのんびりした休日です。
 人生下り坂最高とばかりに来年の目標でもたてますか?






第26夜話
我が家の庭には、すすきが風に吹かれ、老柿が色付き秋がすぐそこという感じです。

専業主婦になりましてゆたりと時間が流れ,、為す事沢山ありきですが、一日あっという間におわります。

朝、高血圧の夫のお弁当作りに始まり、洗濯、簡単な掃除が終わると9時で、以前でしたらデスクで今日の仕事の確認を致してるとこでしょう。今までどうやって家の事を処理してたかを考えると? 一段落してコーヒータイムとなりますと瞼ショボショボです。

* 交感神経と副交感神経の関係かしら?それとも、忙しくしてなさいという合図かしら?
ボトックス後、2ケ月近くなりますが段々歩く時は閉じてる時が多くなってきました。

* 今日は中秋の名月、福岡快晴、きっと今宵は美しい月を愛でる事が出来るでしょう。

この辺りの老人は農作物を作ってらっしゃる方が多く、夏の作物の収穫を終え冬野菜の準備で又、忙しく成る事と思います。

私も家庭菜園と思いますが、蚊が多くて閉口です。最近は又、ビールを飲む用になりまして尚の事、寄って参ります。

退職後は夫婦で晴耕雨読、キャンピングカーで日本一周と連れ合いは申しています、、、、、、、???


第25夜話
昨日の大雨と打って変わり、本日は雨も明かり過ごしやすい日です。
仕事から解放され、毎日、晴耕雨読といきたいものですが、家の中の整理に明け暮れてます。
良りよい老後を迎える為に断捨離です。  とりあえず一日一個捨てる事を目指してです。

毎日ウオーキングと行きたいものですが、直ぐに眼を閉じてしまい中々至難の技です。

仕事、子育て、親の介護、孫育てと走馬灯の用に過ぎて参りました。 
色んな試練を乗り越えて結果、眼瞼痙攣かな?と思わなきはないですが,これも身の内。
仲よくしていきたいものです。
庭には最近、かちがらす(カササギ)が2羽いつも遊びにきています。



第24夜話
福岡はすつかり秋です、秋の味覚が店頭に並び食欲そそぎます。
前回のボトックスから大分に日数が経過致しておりますので、相当状態が悪く、最近は限を閉じて歩くことにも慣れてまいりました。

危うく、人はもとより自転車、車にぶつかりそうは数知れずですがね。
(時々、道あるいていて立ち止まつたり致しますので,人が怪訪な顔していたり、又友人とおしゃべりしていても集中力にかけてきちんと聞いてなかったり、最近はテレビなどみるのも億劫になります。)

福岡は台風の影響はさもあらずですが他方は竜巻、浸水等 大変だったと思います。
近所の上手には彼岸花が咲き乱れ、コスモスなどは季節以外に咲いたりいたしますが
彼岸花だけはお彼岸頃に例年さきますね、我が家も義父が生前、庭に自い彼岸花を植えてい
ましたがまだまだ開花は先のようです。

最近はヘルマンヘッセの「庭しごとのたのしみ」を愛読いたしていますが、彼は長いこと精神を病んでただみたいですが、庭仕事をすることが、唯一の療法だつたのでしょう。

“なんで、この病気になつたのか問うまえに、以下にして、この病気と仲良くするか問いたまえ“
ですね。

トーキョーバナナ様、あなたの闘病生活から抜け出すまでの経由を詳しく知りとうございます。
マラノンがんばってください。

ちょつと弱気な千夜一夜でございます。






23夜
酷暑、猛暑 炎暑 いつまで続くのやら、変なもので身体のほうも暑さに慣れてきまし
て32度位はクーラー無で過ごしております。(クーラー大好きな主人は少々不機嫌ではあ
りますが)瞼が開けられないおりは保冷剤で眼の上を冷やすと気持ちよく少しは状態よく
なります。  一時的ではありますがね。


フラメンコの発表会が6月末にありまして心配致していました県の事も差し障りなく終
える事が出来ました。
諸先生方 友人にも随分と心配をかけましたが交換神経が優位だつ
たのでしょうか? 最近は副交感神経が優位の時は瞼開かず、交感神経優位の時は険差
し障りなくかな?と感じています。


10月にボトックスに上京予定でありますが、段々効果が薄れるようでしたら我慢致して
間隔を延ばそうかなとも思います。一生涯続けるのも大変ですね―。皆様その辺りは自分
の中でどのように処理なさってあるのかしら?元来,呑気な私ですが、たまには不安にな
ります。(私にどうかエールを)


昨年は納骨堂役員、今年は戦没者の会の役員など引き受けていまして、日頃、年齢など
考えずに過ごしておりますが、あ― もうそういう年齢に達したのかなと痛感致しておりま
す。


会社近くのお濠には蓮の花が咲いていて癒されます。 最近、絵筆を握りたい衝動によ
くかられます。 一段落致しましたら昔みたいに蓮の花を描こうかなと思つています。


もうじき福岡市もあちらこちらで花火大会が模様されます。私が育ちました所も例年、花
火大会があり、母が亡くなる年に日頃、甲斐甲斐しくもてなし料理を作るのに台所に立ち
つぱなしでしたが、その年だけはみいつていた母の姿が忘れられない光景です。


第22夜
昨年12月にボトックス施術、今回は余り成果感じずで段々効果が薄れてきてるのでしょうか?
 昨日、会社関係の方が厚生労働大臣賞を授与されましたので、その祝賀会がホテルであり、受付から祝賀会、反省会と一日中、眼は何の不自由も感じずでしたが、反省が終わるや否や
部屋を出た途端、瞼が閉じたまま、最近は瞼を開けた瞬間に前方と危険な場所を察知、本当に不自由な中の自由を前向きに生活している状況です。 昨年は信号待ちの折に瞼を開けること出来ず
前に停車中の車にコツンと。 車の運転も限界かなと感じてます。流れに逆らわず生きたいと常々思ってますので、それもありかなと(笑い)。我が家の庭には私の大好きな水仙、クリスマスローズがそろそろ
開花かなという感じです。最近は忙しいさにかまけて庭にでるのも余りせずでしたが、今年はもっと庭に手をかけようかと、月夜の庭の水仙はとても綺麗ですよ。


第21夜
 大変、ご無沙汰致しております。  元気です。日曜日も会議等で出る事がおおいのですが、今日は家で家事三昧でした。  外歩くのが段々難儀になって人にぶつかる事もふえてきて申し訳ない、必ずや先方からあやまられ恐縮です。  

家の中で家事する分は支障ないのですが、マーケット等は瞼が閉じてしまいますねー、仕事で一日、パソコンに向かいぱなっしで支障ないのですが、家でパソコン操作になると、不自由で、この現象は何なのか?
又、地下鉄、喫茶店等にて読書は支障無しですが、家でソファにすわって読書は不自由で、緊張時とリラックス時が関係かな?  

 甲府は如何でしたか?丁度、ぶどうの時期にて堪能されたのでは?
 私も是非、ツムラを試して見ようかと思います、処方して下さる病院探せねばと思っています。 

トーキョウバナナ様、長い間、おつらかったことと思います。
平凡に生活できることが、いかに幸せかと思います。この病気になって良かったとまでは申しませんが生き方は確かに変わった(良いほうに)かな?  エリス博士の性格はかえられない、それでも人生は変えられる、読んでみようと思います。
  

今夜の空は星ひとつなく、ソフトバンクの喧騒も静かになり一雨毎に寒くなるんだなと。市場で赤穂をかって玄関に飾ってみました、赤は赤でも秋らしい風情になりました。 おやすみなさい、明日から又、スター並のスケジュールです。


第20夜
 8月にはいるやいなや4回目のボトックスを受け候、なかなか慣れず、施術中は力が入る。  他の患者の方に若い方が多いのには驚かされる。  何かと生活していくうえで不自由であろうが、何とか乗り越えて欲しい。

施術前は、道歩くのすら、難儀でしたが、今はうそみたいです。 約4ヶ月空けた訳ですが正直、限界でした。   なるだけボトックス受けなくて良い方法はなきにしもあらずと、眼に関する本を読んだりしましたが、ナカナカ?

 お盆(福岡は旧盆にて)のため主人も約10日間帰省致してました。  以前はお盆に入ったらキッチンに入りっぱなしで大変でしたが、今は静かな盆です。  
久しぶりに糸島半島をドライブ、食事等に行きましが昨今の変わりようにビックリ、海岸沿いにはレストラン、カフェ等が沢山軒を連ね、又山沿いには蕎麦やなど、エネルギッシュな老若男女なオーナー達に喝采です。 元々、糸島は魚の宝庫ですが、カウンター越しに海を一望出来る寿司屋に入り美味しい刺身に堪能して主人は又、東京の戦場に出稼ぎにまいりました。  

今回の上京の祭は、久しぶりに部活の合間を縫って孫も一緒に、東京スカイツリーに入って参りました。  日本の建築技術の凄さに感動と同時に将来を担う若者にどうか平和な世の中、3個を2個に我慢して少しでも地球温暖化を減退せねばと話したものでした。少欲知足。

第19夜
 福岡は19時30分というのにまだまだ明るく我が家のワンちゃんは庭であそんでます。
毎日、雨で今日も雨、今はやんでますがまだまだ空は泣きっ面です。
毎日、毎日勢力的に行動なさってらっしゃって尊敬です。(社につくとPCを開き、まずブログを拝見いたします。 ) 仕事中はなんの障害もないのですが、家でテレビなど見る時、外を歩く時は坂本様が表現なさってあるように難儀です。
 社の連中は私の不自由さを感じてないみたいです。 まさしく職業ジストニアの特徴でしょう。  

 何日か前にペレス、ブラード楽団のコンサートにいらっしゃたとか、亡くなった母が大好きでしたので懐かしく感じました。  段々暗くなってきました。 福岡はいよいよ計画停電の案内がまいりました。 本格的に始まれば、冷蔵庫等支障をきたしましょうが、不自由のなかでしか出来ない工夫もあろうかと思います。
隣のお嬢様がお子様をつれてカナダから里帰り中ですが、コンビ二はないし、遊ぶ所もないし冬は−40度になり、マーケットまでは40キロとか成田に着くや否や、余りに便利すぎてびっくりと。 

 今年は玄関から門まで真夏の夜を照らす植物を少しずつ朝出勤前に植栽いたしてます。草が次から次に生えるのには閉口ですがね。埼玉には盆栽庭園がございますが行かれた事おありですか?上京の折には是非行きたいと思ってますが、、、、。内のだんな様は今日は川崎→世田谷等々力公園→羽田空港→川崎と自転車で行ったそうな。無理しないでね。 (真面目だけが取り得のソレアでした)

第18夜
 我が家の夜は薄桃色の芍薬が庭を照らし、疲れて帰宅した私を癒してくれます。 
毎回、芍薬、ぼたんと咲く時期が違いますが、今年は同時に咲いて一層、華やかです。 GWには主人は9日間、帰ってましたが後1日あれば開花に間にあったのにと残念です。 
 毎朝、犬の散歩に行くのですが、未だ6時というのに眩しくて帰り眼を閉じて犬にひっぱられなすがままに着いていくと、家まで誘導してくれました。 我が家のお助け犬です。 日曜日は殆ど、理事会、臨時理事会と出てまして
今日、久しぶりの日曜の休みで、朝から、プルーンジャム、トマトジャムを作成、家中にいいにおいです。 6月は毎年、糖断いたしますので、アー作るべきではなかったかとチト後悔です。 

 今回のボトックスは前に比べて不自由はあるものの前回よりはいいような、私は両目を注射いたしてますが、右目は正常な気が致します、両方致した方が宜しいのでしょうか?
次回は左だけ施術いたそうかなと思ってますが、、、、。以前、坂本様はボトックス150日目とあったような記憶がありますが、せめて年に2回位に済めばと思ってますが。

第17夜
 ボトックス3回目の為上京致しました。 福岡は葉桜となってるところもありますが東京はまだ満開とはいかずで2回桜を楽しむ事ができました。
 今回は4ヶ月ぶりです。 外を歩く時は難儀で坂本様はウオーキングの時は眼をとじてあるいてらっしゃるのかしら?

 今回は未だ効果はでませんでしょうが、施術前と変わりなく眼をとじるとしばらくは開けるまで時間がかかります。

 仕事中とか料理してる時、踊ってる時は今のところ支障なしですが、このことを問診の時に申すと、逆にリラックスしてる時に眼を開けてられる方もいらっしゃるということです。

 私達夫婦も品川のホテルにディナーにいきましたが、日頃ストイックな食事をしてるせいか余り入らず、主人などやはり居酒屋むきかと痛感帰りに、川崎大師公園の夜桜をみに行きましたがとても寒く車の中からの鑑賞となりました 。
  
 福岡に戻ると、我が家の庭は利休梅、花蘇芳が満開で利休梅など暗闇に白の花が浮かび幻想的です。昔の私はビール片手に至福のときでしたが今はチコリコーヒーと変われば変わったなと我ながら思います。
 ルッコラはバジルの変わりに私はジェノベーゼにしたり、又ドレッシングにと活用致してます。 
今年は私も庭に山菜を植えようかなあと思ってますが、福岡は段々と亜熱帯かしてるので可能かな? (ここまで打つのに1時間30分かかりました。なんだか悲しくなります。)


第16夜
 パソコン復旧おめでとうございます。  きっと神様が眼の休養を下さったのですね。  

 1月からあっという間に3月です。 仕事が忙しくなるに付け眼はsyobosyoboに、久しぶりに庭に出るとクリスマスローズ、水仙が満開に,梅の後は利休梅、黄梅と楽しみが増えますが、決算、理事会、総会と休日も忙しく、ゆっくり愛でるゆとりもなく、主人は最近、仙台の仕事が
おおくなり段々と福岡から遠ざかり、私の不自由さなどわかってるのかしらと,慣れは怖いもので最近は眼を閉じて歩いてる時もあります。

 先日、映画に行きましたら通常¥1800が、還暦を向かえましたので¥1000に、良い事もあるもんだなと。
 59歳の時は私の人生ターニングポイント、東日本大震災、眼瞼けいれん発病と忘れられぬ年となるでしょう。

 後1,2年で仕事も辞め、念願だった晴耕雨読しながら東京と福岡半々の生活をしながら、これ以上悪くならないように自然体でいけたらと願ってますが?
 今日は朝から福岡は雨でしたが今頃は晴れてきました。今晩は娘夫婦、孫が食事にくるそうです。ちらし寿司,博多雑煮(鰤、かつお菜里芋、椎茸、かまぼこ)で迎えてあげましょ。

第15夜
福岡も寒い寒いですよー。 

 又又、角膜ヘルペス発症致しました。 福岡でも大きな眼科に通院致してますが、ひどいのでしょうか?明日、院長先生の診察があります。
12月は良かったのですが、年末年始と食べすぎ、汗出さないと悪条件が併発の原因かなと思っています。  今日一日断食です。 枇杷お灸しましてモヤがかかった感じだったのが少し改善です。 

 今日、大濠公園を散策
友人とスタバにより(もちろん、お茶のみ)ゆったりとした一時でした。 
歩くときは、不自由で友人の大丈夫と手を差し出してくれ有難いです。   

毎日ブログ拝見いたしてます。 症状を明確に綴ってあり感心致してます。 
又精力的に外に出てあり羨ましい限りです。 私などツイツイ歩くのが難儀で本当は一日1万歩を歩きたいのですがね。  

1月はいく、2月はにげる、3月はさる、4月はしるとあるように1月もあと僅かですね。 
本当は2月22日が父の命日ですが忙しくなるので、先日に7回忌の法要をお寺で致しました。 
お経も大変長い時間でしたが、何時もなら早く終わらないかなとか、不謹慎な事思うのですが、本堂の広くて寒いにも関わらず、お経の中に吸い込まれていく感じで、私も次の世界に近づきつつあるのかなと感慨深い法要でした。

今日は主人からのメールで東京タワーに行ったと。 本当に富士山と東京タワーが好きな亭主です。  今日も何事もなく暮れていきます。明日も平和で無事な一日で有りますように
 






第14夜
 13日から15日まで休みでだらだらと過ごす。  13日未明より吐き気がして寝られず、今日当たり少し治まったが、同時に眼の調子がいまいち悪くてそれが原因でしょうか?仕事の日は比較的に支障なくて休みになると悪くなる。
緊張感のせいか、仕事の時は他のかたと会話をするので、循環がよくなるのでしょうか?

坂本様は毎日1万歩歩いてらっしゃるようで、眼をとじての歩行は大変ではと察します。 私などは歩かねばと思いますが調子わるいと直ぐ公共の乗り物に頼ってしまいます、悪循環と分かっていますが、もっと自分に厳しくとおもいつつ、きっと脇が甘いのでしょう。

14日は友人と中州に鯖づくしを食べに、刺身にはじまり、最後は鯖バーガーで〆でとても美味しく頂きました。

 昨年は良くしめ鯖を作りました。  塩を真っ白になるくらいして1時間漬け、洗い後30分甘酢につけて時間をきっちり守ると殆どレア状態で美味しく頂けます。昨年は済州島の鯖が新鮮で良く購入致しました。

 本日は昨年中に収穫してたレモンでレモン塩を作りました。 夏に孫が部活の練習に持っていきます。 熱中症予防と汗で塩分不足を補うためとか、 私も料理にはかかせませんので。  

今日は日曜日と言うのに子供達は1人として外に居らず、家中で遊んでるのかしら? 
主人は今日も、川崎から世田谷、狛江と約60キロ近く自転車でツーリングで今、家に戻ったとメールあり、今から車で横浜まで犬の散歩に行くとか−行ってらっしゃーい。

第13夜
肩から手指先までしびれが昨年から直らず、痛みもともなうので脳神経外科でCT、診察をする。 6年前の台風の時に庭のくぐり戸が倒れ、それを元に戻す作業中に両手首、頚椎を損傷した。そのときにお世話になった先生ですが、脳は異常無し、そのときの後遺症との事。

眼瞼けいれんを発症した事、ボトックスを施術してる事を話すと、同じ患者さまがいらっしゃるとの事で、運転もままならぬ程、ひどかった方が体操で今では、運転も出来る程、回復されたそうです。 
ボトックスより体操だと。私も幾つか習い、早速実行です。 すぐには結果は出ませんでしょうが、気長に直していくつもりです。

  私も今年は坂本氏に触発され庭いじりにいそしもうかと、、、ルッコラは虫が大好きですね。人間が先か、虫が先かですね、昔、庭仕事にいそしんでるときは、夜の幻想的な庭でビールを飲むのが楽しみでもありましたが

私の場合は仕事をもってるせいか庭をすると、家中がおろそかになるし、家の中を中心にすると庭がおろそかになるし、両方を楽しめる様になるのは何時になるのかしら?次回、上京の折には埼玉の盆栽庭に行くのを楽しみに致しております。  
今日の福岡は晴天です。

第12夜
23年度大晦日
 30日に続き好天続きで、掃除におせち作りが捗ります。
 毎年、恒例の実家の墓掃除に。山の上の方にあり、先祖様の墓が約30人程入らして掃除だけでも大変です。 

毎年12月中旬には主人に帰ってきてもらい行くのですが今年は私の上京と重なり年末になりました。
 何時もながら、叔母、従兄弟がすでに綺麗に掃除してあり、感謝です。 今年も終わりだなーと森林浴しながらすがすがしくなんとも言えない気持ちで下山致します。

大晦日は娘と婿殿、孫と賑やかにシャンパンで乾杯で夜が更けて行きます。 今年は大震災、私の発病と大変な年でしたが,こうやって家族揃っての宴が行なえる事に感謝です。

第11夜
先週から第2回ボトックス注射の為に上京致しました。  土曜日と日曜日は好天に恵まれて気持ち良い東京でした。  

病院に着くともうアイスノンで眼の周りを冷やしてある患者さんが10人ほどいらしてビックリです。。結構、患者の方が沢山いらしゃるなと痛感致しました。終わると次回の予約を確認するだけで医師の診察もないのが、なんだか不安ですね。やはり直らない病気なのか好転はしないのかと?

 帰りに前から行きたかった町田市鶴川の武相荘(旧白州邸)に足を運びました。 白州次郎、正子の両者の生き様を家を通して見る事が出来、本で見る以上の美意識の高さに改めて感動でした。
鶴川はがんで亡くくなった姉が嫁いで最初に暮らした場所でもあり余計に感慨深いものでもありました。

 注射の成果は少しは良いかなという感じです。 福岡に帰った折は東京より寒かったのですが、今日の夜はどうにか暖房なしでも過ごすことが出来ます。

第10夜
今日の福岡は快晴で、福岡国際マラソンは良い天気に恵まれてよかったです。 私といえば天気がいいにも関わらず家でだらだらと無駄な時間の使いかたをしたなと反省です。 

12月になると家の掃除など色々とすることがあるのにと、メリハリに欠けた一日でした。  こんなならウオーキングに行けば良かったなと。  最近は調子がわるく、坂本氏が良くテレビを聞くという表現をされますが、よくわかります。 
友人が最近は又、調子悪そうねと、そろそろ薬(やく)きれてきたと言って茶かしてますが、落ち込むこともありです。

一昨日の眼科検診では角膜ヘルペスは一応治まってるとの事で寒くなると発症する方があるので気をつけてくださいと言われました。 やはり身体を冷やさないようにしないと、
 今年は庭のもみじは紅葉しなくて、夜は毎年、紅葉した木々をみながらコーヒーをのむなが楽しみでしたが残念です、 先週、大宰府にいきましが、ここより気温が2,3度低いせいか、紅葉を愛でる事が出来ました。
明日から又、仕事モードに切り替えてファイト。おやすみなさい。

第9夜
朝から市場行き肉厚の生したけ沢山購入、天日干しの椎茸作りです。一週間位で美味しい椎茸ができます。 保存用にはもう少し天日干しに致します。それと塩麹作りで本日は玄米麹で作りました。

朝から腰落ち着く間もなく動き詰めで爽快です。因みに本日は週一の断食(と言っても人参、りんごジュースを昼、夕方飲みまして、明日朝は、すまし(椎茸、昆布の出し)汁です。) 

角膜ヘルペスが最近は全然発症しなくなり病院に行くと大分澄んできましたとーやはり体内に必要以上に水分が溜まるとダメな体質のようです。  最近読んだ本に「白内障 緑内症が小食でよくなる」というタイトルの本を読みました。
ストイックに食べ物の制限は致してませんが、以前から健康に関する本はよみあさってましたので気はつけてます。

地下鉄の階段を走るのが難儀になりましたのと今年の2月位から眼瞼けいれんの症状が激しくなり、まず食事に注意するようになり、今日まで10キロの体重減少で頭痛もなくなり、眼の不自由は或るものの体調はすこぶるよく3時間位の稽古はへへいのへい。

只、ボトックスは効果は3ヶ月位と、最近は歩く時は不自由になってまいりました。
 お稽古の時は眼は正常、それと歯医者で治療をすると眼はパッチリお眼眼で、治療台に座る時は、閉じてて治療が始まるときれいに開くので先生もビックリです。三叉神経が関係かなと仰ってました。
それと仕事にはパソコンを使いますが一日にらめっこしてても平気ですが、こうやって家で打ってるときは何回も眼を閉じてしまいます。 不思議です。 お稽古も歯医者も仕事も一旦離れると元の木阿弥です。
 
 先程犬の散歩に行きましたが人の気配もなく日曜の家族団らんか日本シリーズのテレビ観戦かしら? 私のベットから星がみえるのですが、最近はお天気悪く見えません。 今日はみえるかしら?
 
第8夜
やっと発表会も終わりホット致してる所です。  発表会といえど舞台装置はスペインから一流のアーティスト来訪にて本格的で両サイドから6個の強い照明、舞台袖でスタンバイしてるときなど、まともに眼をあけてられる状態ではなく、どうなることかと思ってましたが、舞台に立つやいなや何の支障もなくてでした。 成果は、、、、?でしたがね。 

 終息と以前書きましたが、当初申したように不自由の中で自由を満喫してて行こうかと考えてます。  フラメンコは人生の生き様、自然に出来なくなるまで踊って行こうかなと?考えてます。 

主人も4日から帰福してましたが、雨ばかりで庭木の剪定が出来ずに残念そうでした。11月と言えど湿度が高くて、今年の紅葉は如何なものかと心配です。

本日は視覚障害者の方達の文化祭のお手伝いに伺いましたが、視覚障害者の方の凛としたお手前で美味しいお菓子とお抹茶を頂き一時の秋を満喫致しました。

第7夜
福岡の今日は冬間近かなと思う位、寒くなりました。 衣替えする間もなく身体が夏から冬にシフトする間もなく秋を感じる間もなく、デパートにはお節の見本が並んでて気ばかりあせります。

昨日はかかり付けの眼科で検査でした。 角膜ヘルペスを患ってて11年です。  何度か再発を繰り返し今に至ってます。 ある本で東洋医学の視点では角膜ヘルペスは水毒だと記してあるのを読んだ事がありますが、、、、、、。
確かに低体温がひどくて一理あるでしょうね。 
眼瞼はこれが原因かな?と思ったりしてますが、周りの方たちは私が神経の病気?そんなに繊細?と言わんばかりの顔をしますから。

本番まで後、数日です。仕事しながらで中々練習出来ず(日頃の練習不足もありますが)今更ながら慌ててます。 集中力が欠けてきたのか老化のせいか途中で忘れたりで友人とお稽古が終わり爆笑です。(お稽古中は緊張で顔は強張っていますが) 今から食事を小食から微食にして当日に向かいます。今日の夜空は雲の合間に少し星が見え隠れして、それはそれで風情があります。

 坂本様、 コーラスは楽しそうですね。 サングラスで舞台に立ってある、お姿拝見致して思わず笑ってしまいました(失礼)実は私もサングラスでお稽古致したりしてますので。声を出すことはとても眼にいいですよね、口を動かす時は(食べている時)
私は眼を開けていられて何かの筋肉が関係してるのかと自分勝手に解釈致してますが。
 
マイナー様、 お元気になられたら又、投稿を楽しみに致しております。  福岡は寒くなるにつれ美味しい物がたくさん出てきます。博多の思い出話もお聞きしたいです。

第6夜
 フラメンコ草子  頃は秋深しスタジオ 皆の顔 緊張したるはいうべきにあらず 眼のいとまぶしさも またさらなり 振りなど思いだせなく 初心者ごときことなりにまちがいて わろし
 
 踊っている間は正常なごとき 終わると眼を開けておられず、こういう状態は周りの方には中々分かって頂けないと、、、、、。 悲観的になることもたまにあり、
 本日は市場、犬の散歩以外は家から出ず、朝10時にりんご2個 にんじん3本のジュース 夕飯は野菜カレー(粟 人参 南瓜 玉葱 じゃが芋 生姜 大蒜 自家製カレー粉)だけの小食メニューです。
 最近は小食で体調よくて身体も軽くこれで眼瞼の調子良ければと、まあ、これも私に神様がくれた試練かな? 先ほど犬(ミーちゃん)の散歩に行くと星が出てなく明日のハッピーマンデーは雨かな、、。   


坂本様  おつらい様子が伝わって来ます。 せめて外での行動の時なりガイドが使えるようになればと思います。 同行援護で認めてもらえば良いのですが私も白杖が必要だなと思うことが間々あります。
気をつけて下さい。  段々と寒くなってまいります。 身体冷やす事なく、体温が上がるような食事(低体温は眼にも悪いと最近は痛切に感じます)をされご自愛ください。

第5夜
ご無沙汰致しております。 今日は小雨で一雨毎に寒くなるのでしょうね。 最近は衣替えする間もなく秋から冬になるのが早い気が致します。  ブログを拝見、今回はお辛そうでご不自由だろうと察します。

 本日は孫と主人の還暦のプレゼントを買いに天神まで買い物へ、前からバッグが欲しいと申してましたので購入、早速に明日、送ろうと思っています。 大丸でご老人の男性にぶつかり、先方から謝られ恐縮でした。ボトックス注射後一月位で正常に近い状態と言われましが、良かったり悪かったりです。 確かに良く運動すれば代謝がよくなるのかいいような気がします。 今日は孫と柿(樹齢60年以上 とんごがき、とこちらでは言いますが)、ゆずの収穫と楽しいひと時を過ごしました。

来月早々フラメンコのおさらい会があり2曲踊るのですが、終わるまでは落ち着きません。  この眼で踊るのですから我ながら空恐ろしいきがします。  後、何年踊れるかなと思ってましたが、こういう形で終息するとは想像も致しませんでした。フラメンコは特に集中力を要しますので振りを覚えるのが一苦労です。今夜は星一つ出てなくて。。。。

  坂本様。 私の取り留めない記事意でよければ、アップ願います。 ありがとうございます。 よかったら是非びわお灸なさってください。 私など夜テレビを見られない折などにすると調子よくてです。 記事に書きました通り今から一月練習にあけくれます。 終わりしだいに写真、署名を送ります

第4夜
 BTC1回目 18日目 福岡は台風の影響で風が強くて気温も下がり寒いです。 秋を通り越して一気に冬到来かなと思うくらいです。 昨日2週間目の診察に上京致しました。 大体この違和感は1ヶ月目位にはなくなるだろうとの事です。
今日は左目が悪く何度も目を閉じて、その瞬間口までよがんでしまいます。  

今回は新幹線で往復致しました。 皆様ビールを片手に乗り込んでこられ一息、気持ちは分かるな、2年前までは私も兎にも角にもビール,家にかえるや否や,冷蔵庫に直行でした。コップも冷蔵庫で冷やして置いてまずは一杯でした。
缶から直接飲むのが嫌いなのでバッグには何時もマイコップを持ち歩いて、私の人生ビールがあればという感じでしたが2011年11月にきっぱりビールとおさらば致しました。

理由は別にありませんが、今となれば、この楽しみを残しとけばと、少しは病気から逃避できたかもナンテネ。今は一滴も飲めなくなりました。 新幹線は時間はかかりますが、車窓がらみる田園風景が大好きです。 稲穂がきれいで、まだまだ日本は、この風景を消さないようにすれば大丈夫と思いながら帰途に着きました。

 BTX14回目のブログ読ませて頂きました。 大変参考になりました。 神経内科でしたらそこまで具体的に説明して頂けるんですね、考えちゃいます。
 写真、署名の分をお送りいたします。 宜しければ住所お教えいただきたく存じます。
 今日は星一つ出てません。枇杷お灸致して休みます。 おやすみなさい。  

第3夜
ビワのお灸のお尋ねがありましたのでご説明しましょう。どなたにでも効くかは分かりませんが、また眼瞼けいれんに効くとも言えません。 
ビワの葉お灸が眼に効いてるかは定かではありませんが、ぐっすり朝まで就寝できるし、便通もすこぶるよいです。 低体温(34度台だったのが今は36度台です。)癌患者の方には確かにいいようです。
 
私が最初に施術頂いたびわの葉お灸の店は癌患者の方がたくさんおいでです。 私の従兄弟も余命3ヶ月でしたが、ビワの葉お灸を術すると,その日から痛み止めの薬もやめ食事と運動と普通に生活を最後の日まで行い逝きました。 
奥様には非常に感謝されました。

 「びわの葉自然療法」著書 望月 研(東城百合子様次男) を是非お読み下さい。 又、東京都渋谷区千駄ヶ谷1−21−1 03(5411)2887 枇杷葉温床健康会 で 枇杷の葉お灸のセット約¥12000位です。
それを買い求められるとよいです。(熱くないし痕がつかないしどなたにも安心して出来ます。)私が説明するより本読まれたほうが詳しくてよいと思います。是非にお勧めです。

 孫は中学1年生でバスケットをやってますが、足腰が疲れると、びわの葉お灸やってと家にまいりす。私にとってもコミュニケーションがとれていいです(笑) 大体他の人にやってもらうのがよろしいですが、私は一人なので、おなか周り(大体7−80パーセントはおなか周りでも効き目があるそうです)と瞼の上から、それと頭に術致してます。 いろんな病気に効き目があるようです。都内の千駄ヶ谷では月に1度位、教室もあるみたいです。 
 
第2夜
9月3日にボトックス注射を致しました。 注射前に血圧を測ると日頃は低いのに下が102と緊張してたんですね。 まだ効果は出ずです。2日から2週間くらい効果がでるのにかかるとの事、右眼は特に異常は感じませんが両方に注射いたしました。

いいのかな?こぶくろの方は半年間位に静養すれば直るとのこと、眼瞼けいれんも、そうであればと思います。 

気候変動に目をむけて10年とブログにありました。 私も孫の時代は、どうなるのかといつも心配です。 

 帰りの飛行機の中で、山田博士著の「ひとり月1万円食費で幸せ生活」を読みました。 気候ではなく環境の事を記してありますが、共通の問題ですね、機上から下を見ると稲穂と水の国と言われてた日本は建物ばかりで先行き不安になります。  今日もびわ温灸を致しまして休みます。 明日からの眼の状態が如何なりますかな?
第1夜
 福岡は快晴です。本日も暑くなりそうです。  幸いパソコンはいまのところ使えます。 老後は晴耕雨読で生きていこうと思ってましたが、本など読めるようになるのかしら?と不安です。 気功をやっていますが,余り効果がありません。

また、びわの葉お灸をやってますが、(瞼の上から施術)就寝前に行なってますが、ぐっすり寝られて朝すっきりおきれます。(果たして眼によいかどうかは?)又長い間、フラメンコダンスをやってますが、踊ってる間は眼がパッチリで不思議です。血流のせいか又は頭の中が余計な事考えてないのかと。 

東京は台風(9月2日丁度私が東京上京日にあたります)が横須賀に接近するかもしれません。気をつけてください。 又、ブログ拝見致しますと、署名活動などなさっていらっしゃる様で、主人が神奈川県川崎市に在住です。
何かお役にたつ事がございましたら仰って下さい。 ボトックス注射後報告致します。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
第26話のソレアさん
なかな難しい病気で、横浜で面会したNYさんも先日電話で”やっかいな病気になったものだ”と嘆いていました。ダンシャリは心の上で助かるものですか? 私はそれが出来ず悩んでいます。親の残した訳の分からない物。平均余命を数えながら今年は何とかしなければと・・・。
Posted by: 坂本 征男  at 2015年01月12日(Mon) 20:24

先日横浜でお会いしたときのこと。
我々患者独特の辛そうな眼の症状と千夜一夜物語からの印象を思い出して比べておりました。

その1
あの症状で博多から読書が出来るなんて。これは、私には出来ません。
その2
仕事でも、日本画の趣味、花と庭、家庭での主婦業の印象からどうしてもフラメンコと結びつかなくて。落ちついた雰囲気と華やかなフラメンコ? そもそもフラメンコに対する理解不足かも知れませんが。

かちがらす=かささぎ ネットと調べました。関東には生息していないようです。朝鮮半島・大陸にいるらしいが日本のとは違うらしい。カラスのように群れを作らず、つがいらしい。
Posted by: 坂本 征男  at 2014年07月13日(Sun) 06:07

こんにちは!ソレアさん。

>>トーキョーバナナ様、あなたの闘病生活から抜け出すまでの経由を詳しく知りとうございます。

ぼくは21になるかどうかの頃、ある日まぶたが勝手にポツリポツリ落ちてきて、だんだんひどくなり片目が少しだけ開けれる状態でした。公立の総合病院に当たっても原因不明。
やっとわかった眼科でも最初は誤診でした。
眼科で筋電図(心電図もあれば筋肉のもあります)でまぶたの筋肉を測ったら、そこでやっと眼瞼痙攣と診断されました。
そのあと、国立精神神経症センター病院でボトックス注射をまぶたにしましたが、最高のフルの二倍射っても効果がなくて、
ボトックス注射の権威ある坂本先生から兵庫医科大学で三村先生に手術をしてもらいました。
まぶたの筋肉をレーザーメスで半分切断する手術をしました。
結果は半分以下くらいで良くなりました。
そのあと家庭間で紆余曲折がある中で去年漢方薬のツムラの54番ヨクカンサンで目の周りがかなり良くなりました。

それで実は、目の周りが良くなっても口がすぼむので口の周りにボトックス注射を射つかどうか神経内科の先生とご相談します。

要約していきさつををかきましたが、
眼瞼痙攣の経緯についてはぼくのブログをご紹介します。
http://ameblo.jp/hachimitsubanana/entry-11340798836.html
Posted by: トーキョーバナナ  at 2013年10月08日(Tue) 22:06

ソレアさんの様子は今の私と同じです。明日BTX注射をしに行きます。眼を瞑って歩くのに慣れたとの事ですが事故は本当に気をつけてください。私の住んでいるところは道幅が広くて人通りも車も割に少ないので良いのですが。

ヘッセの心境は尤もですがなかなかどうして行き着かないです。今日の一日が精一杯では無理もありません。慰めようもありません。
”ご健闘を祈ります”しかで言いようがないのです。

診断・治療のガイドラインも出来て一段落してしまいました。
当分は新しい治療法もジストニアの原因究明も時間がかかりそうです。

NYさんが行ったDBS手術の治療も個人差があります。手足が動きすぎる方や身体全体が動きすぎる方達には顕著ですが、眼のように動きが小さい方には効果が出にくいようです。NYさんは珍しいケースなのかもしれません。

同じく脳に起因して脳の近くのパーキンソン病ではIPS細胞の治療研究が始まったと聞きますが、どうも私の人生には間に合わないようです。

どうも話が暗くなりました。お仕事が一段落なさったら、趣味に熱中するのはきっと良い方向に向かいます。それに多くの方と知り合い会話が多くなるのもおそうです・・・私の経験ですが。

パソコンは修理するか、買い換えなさらないのでしょうか?
メールが使えないと不便ではありませんか。
Posted by: 坂本 征男  at 2013年10月04日(Fri) 06:58

ソレアさん
台風が直撃しそうですが準備万端怠りなしですか。
最近の気が狂ったような天候は、世界の将来を激変するだろうと思って心配しています。“命を守る行動を起こしてください” “嘗て経験した事が無い豪雨に警戒して下さい” など飛んでもない表現が出てくるようになりました。
気象に携わる方々は危機を表すのに如何に苦労しているか分かります。

10月にボトックスのため上京とありますが。
個人差があるので簡単には言えません。私は神経眼科に通っていたとき、先生は注射時期を少しでも延ばそうとするのに気づいていました。

ボトックスを販売している製薬会社は最低2ヶ月空けるように指導しています。
当然短期に続けると身体に抗体を作ってしまい、効果が薄れることを懸念しています。

しかし神経内科や神経外科の先生はあまり拘っていないように思えます。症状が悪かったら2ヶ月を越えれば注射して良いと思っているようです。
勿論問いただすと期間延長が良いと認めます。しかし神経眼科の繊細と応対する感覚が違います。

私自身は従来4ヶ月毎にしていました。時には6ヶ月我慢したことあります。“ボトックスの総括”記事のグラフから分かるように効果が出ている時期は1ヶ月程度しかありません。後は我慢しているだけです。
症状の悪化はデフレサイクルのように更に悪化させることがあります。治そうとする心と症状の辛さを我慢する心の葛藤が却って悪くした経験が幾度もあります。

現在期間を3ヶ月にしたのは、短縮することで良い状態を多くして症状の辛さから脱却することで却って全体的に楽になるだろうと・・・神経外科の医師と意見が一致しました。

いつもソレアさん=頑張り屋さんのイメージがあります。事情が許されるなら
“脱頑張り”に切り替えられればと思っております。
しかし医師ではない私に責任をもった指導はできません。医学の勉強をしていないのです。違法行為になるでしょう。

若倉医師は “病気と闘うのは止めた方が良い”と言っております。“病気と付き合い、冷静に観察し自分の治療法を選択し進めるべき” とも言っております。
長くなりました。目が悪くなりそうで申し訳ありません。
ご健闘を祈ります。
Posted by: 坂本 征男  at 2013年08月30日(Fri) 07:29

ソレアさん
交感神経と副交感神経の話は面白いですね。特にソレアさんはそうだろうなと思っていました。
交感神経は“闘争と逃走”のシステムと言われ、心臓の拍動を早めたり、血管を収縮させたりして、闘争心をかき立てストレスや危機に対応しようとする。
副交感神経は“食事と休息のシステム”と言われ、心臓の拍動を抑え、血圧を下げ、血管を拡張させて、身体を休めさせ、エネルギを蓄える・・・・“脳の仕組み“ 福永篤志監修、ナツメ社発行、による。
私の症状が非常に悪いときはソレアさんと逆になることが多かったのです。その中でも、ごく一時的にピンチを脱するため瞼が開くこともありましたが。複雑なものです。

若倉医師は“神経過敏症”がもとになっていると話しております。
梶龍児医師は病気を“治そうと思わない”のも治療の一つと言われました。
これは実感しています。
神経過敏は多方面にわたります。幸い加齢と共に感覚が鈍くなり症状を緩和しているように感じています。
当初私は必死になって治そうとしていました。
ボトックスを始めてその効果が見えたときに気持ちが楽になり、激しい症状が少しずつ減っています。治そうとする焦りがなくなり症状と付き合うことが出来たと思っています。

ソレアさんは交感神経から副交感神経主体の生活が長い目で楽になるだろう・・・そう思っています。
Posted by: 坂本 征男  at 2013年08月19日(Mon) 23:42

ソレアさん、お久しぶりです。トーキョーバナナです。

10月にボットクスがご不安ですか、
ボトックスはみなさん、ご存知の通り間隔が近すぎると効果が薄れますよね。
ぼくでしたら、日を延ばして、まぶたを伸ばします(ギャグではありません、たぶん)
フラメンコ発表会、無事に終わりよかったですね。フラメンコって踊りでしたっけ?あまり詳しくなくすみません。

ぼくは最近はジョギングに凝っています!眼瞼痙攣のころは太陽の日差しが眩しく耐えられませんでした。
ですが、今は夏の青空をときどき見上げて走っています。
希望を持ち続けて生きて良かったって思いました。

いずれ、ランニング大会に出場目指します!参加する事に意義があります。

クーラー好きな旦那様をときどき許してあげてくださいwすみません、余計なお節介でした(>人<;)
Posted by: トーキョーバナナ  at 2013年08月13日(Tue) 11:53

ソレアさん、残暑お見舞い申し上げます。今年は残暑が厳しいですね。
ソレアさんの文章を読んでいて、福岡の大濠公園を懐かしく思い出しています。(17年ほど前まで7年間ほど、佐賀と福岡市に住んでいた時期があるので)大濠公は近く、よく行っていました。蓮の花が美しかったことを今もよく憶えています。

ボトックスのことは本当に悩みますね。私も3年前(脳外科手術を受けるまで)、3年間ほど頻繁にボトックス注射を受けていました。最初は3か月か4か月に一度だったのが、次第に効かなくなってきて、しだいに回数が増え、2か月に一度、時には一か月以下で効果がなくなり、その間に追加接種までうけたこともあり、こんなことをずーっと一生続けていくのかと不安でした。高価なボトックスを受けても、目が開きすぎるとき、逆に閉じてしまうとき、口角がだらっと下がってしまい(効きすぎて)、これでは今回は人前にとても出られないとガックリくるときもありました。顔の中でもボトックスがよく効いている部分と、効いていない部分があり、アンバランスで不自然な表情が気になってしかたがありませんでした。ボトックス注射の間隔については坂本さんも苦労されているようですね。本当に試行錯誤だと思います。

ソレアさんは視覚障害者のために働かれているのですね。ありがとうございます。私は3年前の手術で顔面けいれんこそ治りましたが、以前からの緑内障が進行し、今は片目状態です。手術や眼圧を下げる目薬など、できることは殆どしましたが、残る片目の視力も視野も、少しずつ下がってきていて、PC作業に支障をきたしてきています。年齢はソレアさんと同じくらいのはす(辰年)ですが、現在、強い老眼鏡+虫メガネでなければ新聞も文書もよむことができません。PCは、視覚障碍者用設定で、白黒反転(ハイコントラスト)画面で拡大して使っています。

粒子があらいレビ画面のような見え方です。眼瞼けいれんとは違う原因で、常に眩しく(曇りの日も)、瞼が全開できません。眼科には(年齢のせいでしょうが)、眼瞼下垂とも言われ、PC使用時は効き目の瞼を指で引っ張り上げながら、翻訳作業をしていますが、処理スピードは遅くなっており、長く作業を続けることができません。病気の種類は違っても、眩しい、瞼が開か全開しない等の不都合は共通しています。ただ、眼瞼けいれんの方が、下に引っ張る力が強く働くのでしょうから、更に大変なことだろうと想像します。

私の方は、いつか、もう片目の視力も失われる恐怖に不安を感じています。できるときに、できることをしておくことしかないと考え、今を生きるようにしています。ソアラさんのようにフルに社会貢献はできていませんが・・・

ソレアさんの交感神経と副交感神経のお話は大変、興味をもって読ませて頂きました。

残暑が続きますので、お身体、ご自愛ください。

まとまりのないコメントを書き「、お許しください。

マイナー
Posted by: マイナー  at 2013年08月10日(Sat) 20:28

ソレアさん
随分心配しておりました。以前8月頃に仕事に一区切りつけるような話がありました。そんなことで慌ただしく過ごしていらっしゃるとも思っていました。しかし又々新たに一仕事か二仕事を引き受けるとの事。驚きましたしその積極的さに感心するばかりです。

因みにこのブログ中の”私の作品展”の中に”いい絵だったね”があります。女の子がシルエットになっている写真です。これはご案内頂いた新国立美術館の墨絵展を見に行ったとき撮影したものです。
市の写真愛好家の作品展に出して好評を得ました。

このグループには絵画のグループもあります。開期中にこの方達と話をすると非常に和やかな雰囲気を感じて、楽しくすごせます。私も本来絵を描くのが好きですが時間がありません。毎日1万歩の途中を利用して撮っています。外出中はカメラを肩にかけて、何時でも撮れるよう心掛けています。
以上昔を思い出して絵筆をお取りになることをお勧めします。
Posted by: 坂本 征男  at 2013年08月10日(Sat) 05:52

ソレアさん、
お久しぶりの第22夜を楽しみにしておりました。
相変わらずの頑張り屋さんが見えてきます。きっと生来のご性分で変わらないのでは?
責任感が強くて仕事中は瞼がしっかり開き、仕事が終わると安堵共に瞼が閉じる。これは私と全く逆です。どもう私はソレアさんと違って、性格がひ弱い?のかもしれません。スイッチのはいり方が逆ですが電子回路には珍しくありません。もっともこの場合は設計製造上の誤りが原因ですが。

今年はより良い転機になるのではと思っております。豊かなな趣味、楽しみを心得ていらっしゃるので退屈する隙間など全く無いのでしょう。お月様とよくご相談なさって、勿論ご主人とも。
余計はお世話を申し上げました。

車の運転は本当にお気を付けください。私は自損事故で済みましたが納入間もない新車の修理費用は20万円かかりました。

我が家の水仙は先日の雪で潰れて起き上がりません。クリスマスローズは夏の水やりが不足だったのか元気がありません。
Posted by: 坂本 征男  at 2013年01月23日(Wed) 13:07

こんにちは!ソレアさん、はじめまして!ぼく、トーキョーバナナです!
ぼくもこの眼瞼けいれんで良い事は名にひとつありませんでしたが、
学ぶべきことは沢山ありました。そういう意味では、眼瞼けいれんを通して貴重な体験をしました。

あ、ソレアさん、ツムラの54番でしたら内科かまたは心療内科で先生に頼めば普通に処方箋を出してくれますよ。

アルバート・エリスさんの本は、頑張り屋さんな目を労わりながら少しずつ読んでみてください、オススメです!

Posted by: トーキョーバナナ  at 2012年10月31日(Wed) 13:00

ソレアさん、お久しぶりです。
ご様子を伺っていると積極的な事に向かうときは良くて、リラックスするときに眼が閉じる。そんなケースも伺えます。何だか逆みたいにも思います。神経性の病気と言う物はこうも個人差があるかと、改めて難しさを感じます。
ただパソコン作業などでは問題がない方は珍しくないようです。
心療眼科を提唱した先生もありますが、分かる気がします。

性格は変えられない。しかし、順応は出来るようになる。それが私の場合です。
時々本性(性格)が頭を持ち上げてきて困る場合もあります。最近は順応し過ぎて、自分は本来こんな人間じゃない・・・と思うことがあります。
本来融通が効くタイプではないから、性格は頑として変わりません。

私は子供の頃から南海ホークスのファンで残念でした。優秀な別所投手を引っ張って日本シリーズで優勝したジャイアンツに腹立たしかったせいもあるでしょう。これは60年以上前の話です。

夜の空を眺めていらっしゃる様子を気付いています。私が寝る部屋は宵の明星、明けの明星が光っているのがよく見えます。それと横須賀は民間航空機の通過点で、夜は飛行機の明かりがよく見えます。
Posted by: 坂本 征男  at 2012年10月23日(Tue) 21:51

お元気で何より。ソレアさんは余程活動的なのでしょう。あまりじっとしていられないのではないですか。むしろ、大人しくしていると眼が気になってしまったり?
ペレスプラードは良かったですよ、すっかりメンバーが替わっても充実した演奏でした。当時学生時代だったので、とても生演奏を聴くチャンスなどなかったので嬉しい一時でした。
良く休息に努めて、調子の良いときにまたご投稿下さい。
ではまた。
Posted by: 坂本 征男  at 2012年07月08日(Sun) 06:18

投稿いただきありがとうございます。
赤、白芍薬各々を紐で束ねて花が垂れ下がらないようにしてみました。効果あるでしょうか?

眼の片側が正常とのことですが、多分鏡でも確認なさっているのでしょう。他人の目でも正常なら先生と相談の上、一度片側のみでも良いかと思います。私は始めの頃右だけでしたが、医師は両方に症状を認めて両方に注射しました。

ボトックスを15日間我慢したことがあります。
磁気治療の効果を確認するのに、ボトックスの効果と重なってはどちらの影響か分からないためです。
苦しいのを我慢しただけでお奨めできません。
Posted by: 坂本 征男  at 2012年05月15日(Tue) 11:27

何か事情があってお酒を控えていらっしゃるのでしょうか。
私は鍼灸師に眼が充血するから、と言われて止めていましたが逆に眼科F先生から程々に飲むように勧められました。治る事はなくとも、却って飲むようになって良かったと思っています。
F先生は女医さんですが、私も晩酌していますとの事でした。
Posted by: 坂本 征男  at 2012年04月11日(Wed) 11:59

記事を書くのに1時間半。
実際私もそうなんです。
集中力が途切れる、症状に気をとられる、 書こうとした事をど忘れする(ソレアさん、ここは無いでしょう)→ いつの間にか別な事を考えていたりする。
まあ、困ったものです。
Posted by: 坂本 征男  at 2012年04月10日(Tue) 19:31

きっとご主人がお帰りになるのが最高の良薬かなと思っております。もっとも忙しくなって負担が大きくなるのもこれまた大変かもしれませんが。

けしからん私の女房は、なるべく家にいない方が助かると申しております。そうは言っても夕飯はしっかり作ってくれます、中華系が得意で和食はむしろ苦手です。我が家では”食い物はまずい方が良い、皆で食べるとき外食がうまく感じるし健康にも良い”と言っております。

頂くメールの文字が案外小さいので、以外に思います。読むときでなく書くときでも大きい方が楽です。もちろん、老眼の影響もありますが。

毎年遅れる我が家の桜も五分咲きです。ジャーマンアイリスが1輪さいてこれからどんどん開くでしょう。芍薬の芽が20cm位伸びています。

水仙は毎年春の嵐でなぎ倒されるので、束毎に紐で束ねたら正解でした。
Posted by: 坂本 征男  at 2012年04月10日(Tue) 10:04

パソコンはトラブルの泥沼に陥ったのですが、どうやら脱出することができました。

ソレアさんもご様子ではヘルペスから脱出なさったようで良かったと思います。少々心配しておりました。
お庭が綺麗そうです。今年は寒さで我が家の庭は放りっぱなしだったので、荒れてしまいました。クリスマスローズと紅梅、白梅それに水仙が咲いています。嬉しいのは白の芍薬の芽が出てきました。もう少しするとピンクの芍薬の芽も吹き出すでしょう。ちんまりとした庭ですが、フキノトウやミョウガも直径2cn程度の筍も出てきます。
野菜としてはルッコラが全盛期です、香りが強いので我が家ではサラダに使うのが殆どです。良い使い道を教えて頂きたいと思います。この野菜は何もしなくても育って、種は自然に飛び散ってまた芽が出て増えてゆきます。
Posted by: 坂本 征男  at 2012年03月19日(Mon) 18:13

角膜ヘルペス再発はご心配ですね。
どうやら上皮型と実質型とあるようで治療も異なるすです。

お疲れがあると思います。
二つの病気にならないよう静養と治療をなさってください。

ご主人はこれから東京湾ゲートブリッジやスカイツリーと
お好きな名所が増えて楽しみです。

Posted by: 坂本 征男  at 2012年02月05日(Sun) 11:34

矢張り仕事に向かうとどなたでも、気持が前向きになって良くなる例はよく聞くことです。
ただ集中すればするほど、その翌日には大きな反動で、地獄の苦しみ(少し大袈裟かな?)を味わう事もまた聞いております。
勿論私もですが。

他人と話をするのは良い影響があります。しかし仕事で非常に緊張させられる話し合いのときは非常に悪くなります。
大なり小なりこの傾向は皆さん共通のようです。
気分が悪くて眼が覚めるのは心配ですね。あまり指摘されないのですが、フラフラする症状にもつながるような気がします。
私も程度は軽くても気分が悪かったことはあります。
お近くに診察をお願いできる先生がいらっしゃると良いのですが。

福岡はしめ鯖が名物でしょうか。空港のお土産で買う人が多かったのを覚えております。私も買ってかえりましたが。

前回のコメントで湯島の聖堂と書いたのは誤りで湯島の天神様が正解です。

何時頃、私のこのブログの存在を気づかれたのですか?
Posted by: 坂本 征男  at 2012年01月15日(Sun) 20:44

ソレアさん、体操はぜひお勧めします。
ブログに協力頂いているNYさんも最近体操教室に参加して、
体調が良くなるとの事です。

私も退職してから9年、日課として1万歩とストレッチをしております。
またこの3年位筋トレも追加しました。
週に1回位は休みますが、無理にならない様少しづつ続けると必ず体調に良い成果が出て来ます。
毎年の健康診断でも今は何も引っかかることがありません。
そもそも退職した当時は何項目も異常を指摘されていました。
健康を取り戻せば眼も治ると信念を持って続けてきたのですが、
残念!いまだに眼だけに成果が見えません。

でもこのように運動を続けてきたからこそ、
今位で済んでいるのかもしれません。
良い効果はあっても悪くなる事はないと思っております。
Posted by: 坂本 征男  at 2012年01月12日(Thu) 12:02

年末の忙しくも、新年を迎える清々しい気持ちが良く伝わってきます。
ご家族がそろっての嬉しさもいいものです。

我が家は女房があまり年末年始を気にしないたちで、
紅白歌合戦がないと新年を迎える切り替えを感じなくなっています。
Posted by: 坂本 征男  at 2012年01月10日(Tue) 23:29

注射のためだけで都内にいらっしゃるのは大変な話ですね。
私の場合、アイスノンは何の効果もありません。
痛みが緩和されることもありません。
使っていない病院もいくらでもあります。

本来医師は診察をしてからでなければ治療は出来ないのですが、
きっと看護師さんが事前にヒアリングをして、
注射直前に医師が二言三言確認することで
診察代わりになっているのでしょう。
患者さんが多い病院なので効率を上げた注射体制を作ったと思います。
診察は積極的にお願いしないと、対応してくれないでしょう。
これは私の経験です。

武相荘に行かれたとは、白州次郎も喜んだでしょうな。
よくも鶴川までお尋ねになったと思います。
あそこは大規模住宅公団のアパートがあって、
私は10年間住んでおりました。
当時周辺は丘陵と雑木林と畑と田んぼばかりで、団地は陸の孤島でした。
夜になれば ころり ころり ころころころ 啼いている 蛙の大合唱
でした。従って武相荘の由来も存在も始めて教えていただきました。
去年鶴川駅の側を流れる鶴見川を海岸から水源地まで42kmを歩きました。

懐かしさもあって脱線しました。
日記ではあまり辛さを書いていらっしゃらないのですが、
思わず耐えかねて東京まで飛んでしまったのでしょう。
お茶の水には湯島の聖堂もあって、ご縁があるのかもしれません。
お大事なさってくだいさい。休息は大事です。
Posted by: 坂本 征男  at 2011年12月23日(Fri) 22:24

ソレアさんも、何となく気が乗らない日があるようです。
どうやら普通の人間らしくて安心しました。
躁鬱ではなくても気分の浮き沈みは私もしょっちゅうです。
眼がうっとおしくて不快感で、眼を掴んで放り出したい気になることはありませんか。
最近はボトックスの効果でしょうか、そこまで酷くなることは稀ですが。
明日は町内の公園清掃日です。山のように落ち葉が集まるでしょう。
良い運動になります。
Posted by: 坂本 征男  at 2011年12月05日(Mon) 00:39

ソレアさんは気分転換或いは気持の切り替えが上手な方のようです。
戦闘モードに入ると眼はパチッと開いて、リラックス・モードでは
眼が塞がるみたいです。
医師の前で眼が開く話はよく聞きます。
何もかも忘れる状態が良いと思っているのですが、
私の場合は後に反動がでてきます。
この症状の急変が原因で誤解を受けるのも私たちにとってはは残念です。

椎茸の話、面白いですね。
へへいのへい・・・笑ってしまいました。
いつも心にゆとりがあって、私は楽しさを感じております。
Posted by: 坂本 征男  at 2011年11月22日(Tue) 21:20

ソレアさんと私の違い
ソレアさんは普段眼の状態が悪くても、フラメンコを始めると、
悪さなんか何処かへ行ってしまうようです。
その後はどうでしょうか、反動がでないでしょうか。

私は新聞記事など、特に社説などを読むと悪くなります。実際読めません。
パソコンは好きな事に使って熱中していると一時悪さを忘れます。
庭仕事や家庭工作なんかもそうです。
しかし後で反動がでます。

一番悪いのは仕事で設計図面を書いていたときです。
当時必死の思いで瞼を開けて仕事を続けました。
今でもたまにそんな仕事をすると、たちまち眼が悪くなります。

ソレアさんは、
フラメンコの後も症状が良い方向に向かうのではないかと思います。
私は一時良くても反動が出てしまいます。
この差は今後に大きな差が出そうです。
Posted by: 坂本 征男  at 2011年11月16日(Wed) 10:03

ソレアさん
フラメンコは人生の生き様・・・。非常に良いですね、自分を精一杯表現出していらっしゃるのでしょう歌であれ絵であれスポーツであれ、集中して楽しむのは必要ですね。人それぞれに持って、自分を表現できる場所があれば最高の楽しみです。

私の時代は仕事が終わったら何をしようか真剣に悩んだりする方がいる位です。
Posted by: 坂本 征男  at 2011年11月09日(Wed) 16:32

ソレアさん
日本眼科学会によれば
感染後、ウイルスは三叉さんさ神経節(目の後ろにある)
に潜伏感染します。
成人になった後、発熱やストレス、疲労が誘因となって、
神経節のウイルスが活性化して、
約0.05%の人に角膜ヘルペスが発症します。
との事です。
ソレアさんストレス、疲労に気をつけてください。
自分で気づかぬままになってしまう。眼瞼痙攣と似ています。
楽しんで本番をお迎え下さい。言うに易しではありますが。
Posted by: 坂本 征男  at 2011年10月27日(Thu) 22:08

ソレアさん、第6夜ありがとうございます。

矢張りフラメンコは体調に良いようです。
枇杷の葉お灸とともに健康の良薬になっていると思います。
東京、神奈川あたり大会があれば見に行くところですが残念。
ご健闘を祈ります。

人間の身体は結構順応し対応できるものです。
実家に泊まって朝帰宅しましたが、軽い二日酔いも手伝って
慎重に慎重をかさねて横須賀の自宅に戻りました。
Posted by: 坂本 征男  at 2011年10月14日(Fri) 11:53

ソアラさん、

こんばんは、
元顔面けいれん患者のマイナーです。

ビワの自然治癒の本は以前、まだ視力がさほど悪くなかったq時に読みました。

我家にビワの木があり、その種を毎年、焼酎漬にして骨髄癌患者の知人にさしあげています。余命3年と言われた方が5年過ぎた今も働き続けていらっしゃいます。毎日、一粒ずつ食べてくださっています。効果はあるようですね。

ソアラさんと私は同い年のようです。私は以前、主人の仕事の関係で福岡市に4年ほど住んでいたことがあり、大好きな都市です。美味しいものがたくさんあり、玄界灘の景色とかも素晴らしいですね。

緑内障悪化のため、明日から10日間ほど手術のために入院することになりました。

しばらくは このサイトを訪問することができなくなりますが、今後とも宜しく〜

マイナー

Posted by: マイナー  at 2011年10月11日(Tue) 23:27

ソレアさん
フラメンコをなさるとは。その気力と体力に何か凄さを感じます。
ご本人はそんな事気にならないのでしょうが。
でも運動することは、絶対お勧めです。集中力は病気を忘れさせます。
会話も弾むでしょう。毎日家族以外の5人と話せといわれます。
後はゆっくり静養をなさってください。
Posted by: 坂本 征男  at 2011年10月11日(Tue) 11:50

ソレアさん

『ひとり月1万円で幸せ生活』のステキなご感想、ありがとうございます!

著者の山田博士先生のメソッドを、より多くの読者の方たちに知っていただきたいです。

ありがとうございました!


担当編集より
Posted by: 大村栄治  at 2011年10月04日(Tue) 15:37

ソレアさん
原稿いただき有難うございます。写真が届いたら追加いたします。
フラメンコを踊っていらっしゃるその元気さと情熱が頼もしく思います。

ソレアさんとへ直接メールをすることはできませんが、仲介は致します。
勿論このコメント欄で話会われることは問題ありません。

びわお灸について皆さまに申し上げます。商業的宣伝ではありません。
楽に過ごす方法の一つとしてごソレアさんのをお知らせしております。
試してみたい方にご紹介した方が良いと判断いたしました。
従って効能についてこのブログの責任で保証もできません。
また私自身も効果の確認をしておりません。
この点ソレアさん、御了解ください。
Posted by: 坂本 征男  at 2011年10月03日(Mon) 13:15