• もっと見る
«第56回ボトックウス日記 | Main | ボトックス日記第58回»
第57回ボトックス日記 [2023年10月26日(Thu)]
第57回ボトックス日記



DSCN0470.JPG




1月22日(月)BTX13週
学生時代の友人と、新年同窓会で伊豆の長岡を目指して出発。参加10人。
新幹線の新横浜駅に集合した。心がけ良く、全員が集合した。待つ間はプラットフォームから写真を撮りまくった。とにかく無心で躊躇せずに撮るのが私の流儀だ。

乗車すれば、皆ワイワイとお喋りが始まり三島に着くまで絶えることなく続いた。
もう早速、一人が切符を紛失したと騒ぎ出した。・・・・矢張り高齢者騒動第一弾。
駅の改札口で遺失物として届けると、すぐさま乗った車両に連絡してくれ私達はオロオロしていると間もなく届がでた連絡がきた。証明されたので無事改札を出ることが出来た。

もう昼飯と意見一致してうなぎ屋に入る、サービス満点のうな重に気をよくしてすっかり旅行気分に乗って食べてしまった。
駅からやや遠いいが三島大社にお参りして順調に一回りして、駅近の駐車場に戻り始めた。運転に恐ろしい自信を持つ二人が山梨と東京から来ていたので、乗せて貰う積りでいた。

ここで高齢者騒動第2弾が始まった。運転自慢の男が自分のバックが無いと騒ぐ、どこに置いたか分からないと言う。記憶も貴重なバッグも無くしてしまった。
もう一台の車は伊豆の長岡に向けて出発してしまった。残った3人で大社に歩いて戻った。ここで焦った運転自慢が、転びかけた、幸い私が辛うじて抱きとめると近くにいた女性二人がすぐさま駆けつけて無事庭石に腰掛けさせることが出来た。

これからが大変だった。少し休息してから大社中、社務所、お店、全て見回り絶望的な思いに至った。悩む中、フト思い付き鳥居脇の交番に行ったら・・・なんと届いた。一気に心が弾けてしまった。すっかり気落ちしていた運転自慢の男も明るさ
を取り戻した。彼は自分の車を大社の駐車場に置いたのを忘れて駅近駐車場に向かっていたことも判明した。目出度し 目出度し。

一挙にホテルに向け運転自慢男は自信を取り戻し、ハラハラさせる運転で車を飛ばした。途中韮山近辺では二重になった見事な虹が見えた・・・絶景!!!
無事にホテルについた。
以後はお決まりのように、食事と温泉と冗談話を繰り返してゆく中で高齢者騒動第3弾が起きた。私の腕時計が無くなった。温泉の中まで探したが見つからず、落ち着かないまま寝てしまった。

眼の状態 0+


1703762704189a.jpg

写真はRINAKOさんの提供です。手前に江の島が見えています。私と同じ眼瞼けいれんで眩しさが強い症状があります。


1月19日(木)BTX12週+4日
朔日のことだが、都内の実家からの帰りに明治神宮に寄ってみた。代々木駅から神宮に入り原宿へ通り抜けるだけだ。それでも参拝者と外国人が沢山集まり、子供たちも案外多かったの意外に思った。都会の子供達も広い砂利敷きの通りは、解放感ではしゃぎ回っているのも面白かった。遠くの方に砂煙が上がっている、森を背景にした逆光の中では何かつむじ風が起きているようにも見えた。近づくと、子供達がわざと足を引き摺りザーッ、ザーッと音をたて砂埃を舞い挙げていた。
神宮の森は地元本来の木々で広葉樹や照葉樹を植えている。あまり針葉樹が目立たない。いつもホットする雰囲気を感じるので、私の好きな散歩コースである。

また電車で横浜に着くと、自分の不用品等をネット販売する有名店があって会員登録を行った。ご近所の方から頼まれた釣り道具を売ってみようと思う。もしかすると大儲けするかもしれない?!

眼の状態 0+


1月15日(月)BTX12週
自民党が裏金で揺れている。対策を派閥解消にすり替えて議論している。
結局は裏金を活かしたいとの意図が明白だ。政党であれ個人であれ、明快に会計報告を行っているのに何故自民党は誤魔化すのか?
献金する企業も個人も必要とする人々は裏金にしたいからだ。魚ごころあれば水ごころ・・・いつまでも続いてゆくのだろう。

今日は新年初の老人会の公園清掃に体力を使った、更に役員会で来年度の方針確認と役員会の新年会を行うことにした。我々は自民党ではないから、会計報告は極めて明白だ。

このところ、眼の調子は良くない。姉に体調不良があって毎週都内にお見舞い他で一泊している。大した事は出来ないが、行くだけでかなり体力を消耗する。精神的なことも影響して眼に影響している。

眼の状態 0


1月11日(木)BTX11週+4日
冷たい一日になった。薄い雲が空一杯覆って、太陽の光は感じない。風がそんなに強くないだけ助かっている。昨年は暑さと体力消耗で手入れが出来なかったシャクヤクの手入れを始めた。一旦、土を掘り起こして根っこを取り出して耕した。本格的な手入れのやり方は知らないが、全体を柔らかくして消毒や肥料も入れ株の整理をした。さて、効果は出るだろうか? 温暖化で芽が出るのも、花が咲くのも意外に早いかもしれない。
合唱をやってはいるが、今の先生はオペラのテナーとして活躍している。せっかくだから発声練習も受けたい。坂本さんは楽譜の勉強が必要ですね、と言われてしまった。分かっている!楽譜は読めなくて良いと了解を得ている。
しかし、それならやろうと思ったが楽典、コールユーブンゲン、コンコーネといろいろあってどれをやれば良いのか分からない。先生に聞いてみるが、幸いネットで無料指導しているので利用しよう。

眼の状態 0+


1月8日(月)成人の日 BTX11週
昨日は合唱の初練習だった。何故か皆さん張り切って、ソプラノの女性パートが男性パートに引っ張られてしまった。先生もビックリ! いつも男性がソプラノに引っ張られるの普通だった。もともと男性の方がパワーは圧倒していて、発声練習では優勢だが、歌いだすと女性のメロディーに引っ張られてしまうのが普通だった。
今年はなにか良いことがありそうだ。
今日も含めて庭仕事に熱中している、ついつい外の作業は夢中になってしまう。大した事はやっていないのに・・・農業に向いていたかもしれない。

連日、眼がショボショボ、シブシブ、閉じる、不規則に閉じるで悩まされているが
少し良くなってきた。

眼の状態 0+


1月4日(木)BTX10週4日
新年早々飛んでもない事が起きてしまった。JAL機と海上保安庁の機体接触事故だ。
でも全員無事に避難出来た、JALの乗務員の対処行動は絶賛に値する。乗客も良く冷静に行動した。素晴らしい。内閣総理大臣賞か・・・・
海上保安庁の飛行機は被災地石川に向かうところだったと聞く。残念で仕方がない。
何れにしても、これから事故調査委員会の結果を待つことになるだろう。

年末から新年に続いて、眼の閉じ方が強くなったいる。間欠的に瞼がギュウギュウ閉じる、ショボショボが極端になった。眩しさはまだ大丈夫。

眼の状態0



令和6年1月元旦(月)BTX10週
あ暖かく穏やかな晴天。直ぐに地球温暖化は止められるか等とすぐに考える貧乏性だ。しかし、飛んでもない地震が発生してしまった。石川、富山、新潟と広範囲な大地震で元に戻るには何年かかるか? 富山、石川へ旅行に行ったときも大地震の後の復興が終わりかけた頃だとおもう。建て換えた家の屋根がやたら黒光りしていたり、大きなお寺の柱が土台から外れて・・・・これどうやって修復するんだろう?と考えた事を思い出す。
津波、浸水、火災、倒壊・・・時代と共に良い話より悪い話の方が多くなっているような気がしてならない。人類が共存共栄するのは如何に難しいかを思い知らされる。政治家を選ぶ私達の責任は大きくなるばかりだ。

眼の状態 0


12月28日(木)BTX9週+4日
昨日の事だが、都内実家に姉のお見舞いに行った。たいしたもので駅までの買い物ややや遠いい紅葉山公園の早朝ラジオ体操に出掛けている。立派としか言いようがない。
帰りには家内と羽田空港に立ち寄り夕景、夜景を楽しんだ。良く晴れてスカイツリーは勿論、私の住む横須賀にあるS重工の大型の門型クレーンまで見えた。間違いないと思う、赤白の縞に塗られた2門は東京湾では他に見られない。
暗くあるまで眺めた後は大好きな「稲庭うどん」で祝杯を上げて帰った。ここから始発の京急電車がでるので、ゆっくり座れるの助かる。良い一日になった。

眼の状態 0+


12月25日(月)BTX9週
横須賀の友人たちとの忘年会を行った。長い付き合いだから高齢者が多いけれど若い女性が入ってきた。私と同じ眼瞼けいれんで気の毒だ。しかし、ホノルルマラソンに参加して3時間で走り切ったとは見事だ。たまたま逗子の視覚障害者の集まりで出会ってまだ間もない。誘ったらいとも簡単にバーベキューに来てくれたし、今回も喜んで来てくれた。お蔭で皆さん上機嫌で、雰囲気がすっかり明るく楽しくなった。もう早速次回の集まりの相談が始まったくらいであった。

眼の状態 0+


12月21日(木)BTX8週+4日
都内に住む学生時代の友人と新宿駅南口に集合した。平日なのに、この賑わいは何だ?しかも結構若い人達が多い。更に雑踏する西口飲み屋街に行くと、我々向けのお店がウジャウジャある。似たり寄ったりで迷う事30分、魚料理と焼き物中心の店に入った。
久しぶりに4人と顔合わせして乾杯。他愛のない世間話をすること、3時間経つともう夕刻を感じて解散した。こういう会合が気楽で気分爽快、一番良い。

最近ストレスの多い事が多く、眼には顕著に閉じる症状が出ている。気難しい病気だ。

眼の状態 0


12月19日(火)BTX8週
寒くなると安心する程地球温暖化が進んでいる。こんな人類の大問題もどこ吹く風どころかプーチンロシアはウクライナ侵攻を続ける。無駄で大量のCO2を排出しているだろう。習近平中国はアジアの侵略拡大を行い、中国皇帝を目指している。ここでも無駄なCO2を排出している。独裁者は国民も他国も餌食にする、民主主義国家は国民第一主義にする。
アメリカではトランプがアメリカ第一主義を掲げている。彼もまた独裁者になっている、彼が大統領になったら徐々に自分第一主義、則ち独裁者に変わってゆくだろう。彼を頼ろうと支持して大騒ぎする人達はトランプを大統領にしても、自分たちが食い物にされることに気付かない。

健康診断を年一回、誕生日月に行っている。殆どが内科が扱う範囲である。
目の健康診断もやって貰いたい。自分なりには年一回眼底検査を行っているけれど
多少の不具合も「お年ですから」との言葉でおわりだ。
一般健康診断のように項目ごとに数値で表し、健康範囲と比較して判定するようにして貰いたい。
我々眼球仕様困難症候群は検査に耐えらない、それを無理やり測定環境基準を逸脱してでも強引に測り見えるようにしてしまう。応用科学の我々技術者には信じられない、横暴な検査である。比較判定を行うのに、測定環境基準を無視するなんて考えられない。大体、誰のために検査しているのだ。彼らは医師では亡くなったのか。

眼の状態 0


12月14日(木)BTX7週+4日
イスラエルとパレスチナの紛争の原因は旧約聖書にまで戻ると言われている。残念だがそこまで勉強もしたこともない。生涯学習の講義に10回程習ったが、他愛ないお家騒動みたいな事が切っ掛けとなったという話だった。・・・本当なのか?
そんなことより、彼らはいつもまで殺し合いを続けるのだろう。これからも人類が生存する限り、お互いを殲滅させる事を目的とするのだろうか。彼らの宗教はなんだろう?

政治家の政治資金パーティーだ、裏金作りだ、政策活動費はなので不記載とか・・・いろいろニュースが飛び交うなかドジャースに入団する大谷選手の報道だけが明るい。
いつも思うが政治と金の問題は日本人の心の本質を示しているように思えてならない。「矢張り金が動かせないと政治家はダメだ・・」良く聞かれる。会社と会社のお付き合いには接待費が付き物、大企業の役員、部長、課長、担当者、資材調達にはランク毎に接待レベルも決まっていた。中には自分の口座に現金を振り込ませる人もいた。日本の政治家が接待政治家になってgive and take で偉くなっても不思議はない。国会議員の醜態騒動は選挙する国民を反映していると思っている。

眼の状態 0+ 


12月11日(月)BTX7週
昨日の事。所属の合唱のメンバーでどうしても話が通じない人がいる。
協力してくれる女性一人と計3名でレストランでいろいろと話し合った。
この方は音楽を大切にしており、専門に高度な勉強もしている。自分自身で音楽=愛と考えています。この考えで日常生活を過ごして行くことが如何に大変か、困難か・・・。私達が合唱を練習している中でも、生徒たちから疑問、質問、意見はでてくるから先生はリーダーが整理して来てくださいと仰る。それが納得できない、一人一人と向き合うべきと主張する。先生はあちこちで教える仕事がある、また自分自身の公演や練習もある、生活だってこの世界はままならない。先生が一人一人に向き合うなんて実際不可能と思う。
本人は心から音楽=愛で日常を整理しようとするが、大変な問題である・・・私達を理解してください、元気良く生きてください、楽しんでください・・・と願うばかりだ。

今日の夕方出身校の学生やOBで行う定例コンサートがある。最高OBは私の年代になる。毎年恒例のベートーベン交響曲9番だが今年はモーツァルトのレクイエムだ。
一年間一生懸命歌った成果は大きかった。横須賀合唱団より見事に歌った。
OB友人とも家内も一緒に聴けて良かった。

眼の状態 0+


12月7日(木)BTX6週+4日
小学校時代のクラス会に行ってきた。都内の区立小学校を卒業する事71年ぶりになる。全く無名な学校ではあるが、唯一有名になったのが「なごり雪」を歌ったイルカである。コロナ禍を過ぎて4年もたっ久しぶりの出会いとなった。参加9名と皆の顔を見ただけで、用事があって帰った男もいた。
お互いにただ話をするだけで楽しい、2次会の喫茶店で私はお先に失礼したが延々と続いたらしい。
大体このグループの女性達のお喋りはとんでもない。
もう10年以上前だ、クラス会の集合を一日前に間違えた事がある。
・・・とあるホテルのロビーで夕方まで過ごしたそうだ、それだけでは終わらない。
翌日は正しく集合して地方の温泉に泊まってから、オールナイトで夜が明けるまでお喋りしたと言う。この神経はどうなっているのか? 理解に苦しむ。

一方、私の眼はショボショボ、渋々、眩しい、眼を開けているの苦しい・・・と酷い症状に陥り、一足先に帰ってしまった。

眼の状態 0−


12月4日(月)BTX6週
町内の知り合いが恒例行事のベートーベン9番の合唱に出ると言うので聴きにいった。彼は私が所属する合唱を辞めて、横須賀芸術劇場の9番用合唱に移ってしまった。とんでもないけれど、教育もシステマチックにおしえるしドイツ語の発声も詳しく教えてくれるそうだ。マア、比較にならないからしょうがない。
女房と聴きにいった。矢張りシッカリしている、オーケストラは全員アマチュアでこれも通年教育を行っている。
私は日曜日が合唱練習の定例日だ。少し早めに行くと中から凄いソプラノの声が漏れていた。徐々に声が絶叫のような激しさで、かなり驚かされた。終わって出てきた女性はごく普通の人に見えた。9番を聴く中、ソプラノがソロで歌ったのが午前中に漏れ聞こえてきた歌そのものであった。勿論、別人だが矢張りプロが歌うソロの声はさすがに素人とは飛んでもないレベルである事をマザマザと思い知った日になった。

眼の状態 0+


11月30日(木)BTX5週+4日
横須賀の友人たちとバーベキューをやって楽しんだ。殆どが高齢者だが、今回若い頼もしい女性が加わった。身長が180cm程もありそうで、ホノルル マラソンを走って日常は三浦半島をトレーニングで走り回っているようだ。
更に私と同じ眼瞼けいれんで非常に眩しいとの事だ。
忽ち、人気者になり雰囲気がすっかり明るくなった。女性たちから、まるでモデルさんみたいとの声が上がった。
お蔭で気分爽快の一日になった。

眼の状態 0+


11月24日(月)BTX5週
昨日は雨で寒く、やっと冬が来た・・・と思ったらまた晴れてきた。もっとも、
気温は下がっているから小春日和にはならない。
昨日は合唱後に友人とお酒飲んできた。年齢的になかなか簡単に飲もうと誘えない。
ボケ、耳の不自由、足元の確かさ、等々無事に帰宅出来るかも心配になる。
合唱には入会希望者が体験練習にきた。バトミントンをやっているとは、驚きだ。
70歳くらいにはなるだろう、私も定年頃までやったけれど考えられない。
歌は声も良く出てきれいだ。練習曜日が重なるので、調整が必要になるから日程調整して来年から出来るかどうか、残念だが入会は未定。

眼の状態 0+


11月23日(木)BTX4週+3日
夜はザーッと雨が降って、今朝は暖かい日となった。
一昨日から都内の実家に泊り、昨日は新宿に立ち寄った。私が買ったカメラのレンズをズームに買い換えたくなったのだ。有名な量販店や中古品買取の店を回ってみた。なかなか簡単に買い換える値段ではなく、情報収集に終わってしまった。
しかし、気に入ったレンズがないとカメラ自体が使えなくなる。困った。

いつも帰り道は品川駅で乗り換える。京浜急行のホームは大規模な建設工事が進んでいる。品川はリニア新幹線の始発駅なるから、渋谷や新宿並みの大規模な駅ビルが出来るのかも知れない。

体力が落ちているので、疲れやすくなった。暇があれば寝ている状態だ。

眼の状態 0+


11月20日(月)BTX4週
天候も良く、老人会の公園清掃も順調い終わった。とは言うものの高齢化、会員減少とともに作業の負担が大きくなって。月2回の清掃では不十分で、4回はやらないと環境維持はできない。環境大臣から表彰を受けたものの、先行きは心もとない。
表彰状は額縁に入れて自治会館に掲げて、これから私が団体の集合写真を編集して記念写真にすることになった。・・・・年内に出来るかな?
午前中にもう一つ老人会の月例会議だ、忘年会をどうやって楽しくやるかだ。
もう皆ビンゴも飽きた、難しいゲームもだめ、単純なジャンケンの勝ち抜きゲームしようと決めた。
午後は家内と市内中央に出かけて、買い物に回った。私が障害者なので、バスと電車は半額になるので助かる。二人で出かける事も多くなった。

ガザ地区のパレスチナとイスラエルの戦いは無益な争い意外に何もない。
旧約聖書から始まる争いを続ける等は、人類が優れた生物ではない事の証明をしているだけだ。
プーチンのウクライナの侵略も深刻になるばかり。天下を平定した秀吉が朝鮮征伐を仕掛けたのと良く似ている。独裁者が老衰して陥る典型として世界史にのこるだろう。科学技術の発展は人類を幸せになる面もあるが、破滅させ得ることも明らかになった。米国の前大統領などは地球温暖化をフェイクと言う、それに共鳴する米国民が多数いる。落ちぶれた米国と言わざるを得ない。
日本だって危うい。あまりにもお粗末な犯罪に命をかけている、学校教育にも限度がある。
自分の将来がどうなるか?不安を持ちながら選挙は行かない。この無気力と自立する気力・・・破滅に向かっているように思える。


眼の状態 0+


11月16日(木)BTX3週+3日
歌う会では二つの会に参加している。
一つは先生が一線を退いて、楽しく気楽に歌っている。会員も皆楽しく遊びに来る雰囲気だから、私もなんの練習もせずに参加している。
一方現役のオペラ歌手で素晴らしい歌声だし、それなりに教え方も違う。
発声もおざなりではない、また歌の演出もレベルが違う。入って良かったと思っている。再来年にはSOUND OF MUSICのバックコーラスを歌うことになっている。
とろが、ところが先生の評価も価値も考えない生徒もいる。
ただ、歌えるだけでそれ以上期待しない人達もいる。
会が存続するには、人数がないと合唱としてていをなさない。活動資金も不足するからいろいろな方々に入って頂くことになる。混然一体でまとまって活動も良いところもある。面白くも難しい事だ。

眼の状態 0+


11月13日(月)BTX3週
昨日辺りから急に寒くなって、ダウンコートを来て出かけることになった。
今日はインフルエンザ予防注射をして来た。
寒過ぎるのも困るが、気温が下がるにつけ随分体調を持ち直した。駅までの山道はかなりの急坂があって20分前後かかる。高齢になると、ここを歩けず遠回りするバスになる。丘の上の住宅街で海が見えると言えば、素敵なイメージが涌かもしれない。とんでもない、近くのスーパーでもバスで一つ停留所を乗る人もいる。

最近、コロナワクチン接種で眼球使用困難症になったニュースを聴いている。
コロナのDNAを調べて劇的に早くワクチンが作られるようになったと聞いている。
ただ、技術的な歴史は短く未知な部分もあるとも聞いている。
全く予想外の事が発生すると、行政は無視することが多い。私達は大きな関心をもって注視しなければいけない。私達には予測外に気を付ける手段等ある分けがない。

眼の状態 0+


11月9日(木)BTX2週目+3日
親戚の女性がweaving(刺繍の一種)の作品展のはがきを送って来たので、家内と見に行きました。ビックリ! 本人の作品は無く、会場に来る予定も無いとのことだった。単なるお知らせだったようだ。お祝いと思って買ったお菓子は仕方がない、
寄付してきた。

話は変わる。プーチン大統領のような独裁者は安定した状態が嫌いなのではないか、
とそう思うようになった。私なんかは、世の中が安泰であれば嬉しいけれど彼らはそれが退屈で詰まらないのじゃないか。いつも周囲に問題が起きて、それに対応すると言うか、戦う事に生き甲斐を感じているように思える。
周囲がザワザワと波立っていると居心地が良いのではないか。
退職後に気が抜けて、何もできなくなり生き甲斐も無くなっていた人も知っている。
他人を征服する事だけが全ての人生としか考えられない。

眼の状態 0+


11月6日(月)BTX2週目
昨日は暑い晴天の中、高校のクラス会に出かけた。男女6名づつ合計12名となった。
身体的には皆何かしら問題を抱えているが元気だ。
皆各々楽しさを実感しながら生きている者たちが出てこられた気がする。
日々他愛ないことでも楽しんでいられることが重要になった。

今日は老人会が主催する公園清掃をお行った。山の傾斜を3段に刻んで平らにした場所だ。
雑草と落ち葉の収集と廃却は重労働になった。30分もやれば、お互いに気を付けないと危ない。
転倒する、暑さにやられる、思いゴミをやっとの思いで運んで捨てる・・・
最後は集まってご褒美のお菓子を貰っておわり。
疲れてしまい、今日は休息のみで終わる。

眼の状態 0+


11月2日(木)BTX1週目+3日
もう今年も残り少なくなった。コロナもワクチン接種で心配もなくなってきた。年内はインフルエンザ予防注射があるだけ。電車やバスではマスクをしている人達は30%以上いる。結構、皆さん用心している。それに釣られて交通機関に乗ればマスクをしている。

世界はイスラエル対パレスチナの凄まじい紛争・戦争がまた始まってしまった。
独裁者プーチンが率いるロシア、は世界の暴力団といえる。私達、国内には反社会勢力が存在する。こんな団体が勝手な行動をしたら私達平和的な国民はたまったものではない。でも幸いに法律があり警察がある。世界には共通の法律も警察がないから、基本的に無法地帯となっている。
ならば、武力を持って自衛するのが当然である。日本周辺には独裁政治や独裁国家がある。自衛する事、協力国家を持つことが重要。いつウクライナのような目に合うか分からない。

眼は日常生活に支障をきたすことはない。ただ、ジストニアの症状として手が震えるとか鏡を見れば、口をモグモグさせたり、目を不規則にパチクリさせている事に気付く。

眼の状態 0+


10月30日(月)BTX1週目
昨日の事。お隣り町の逗子で行われた「ブラインドワールド」に行ってきた。
○一緒にお話ししませんか
○視覚障害者のための相談会&展示会
○視覚障碍者のためのお役立ち口座
等などのイベントが行われていた。私としては「一緒にお話ししませんか」に出ようと思っていたけれど、もたもたしているうちにタイミングを逸したらしい。会議室を探すうちに眼鏡や視覚補助眼鏡、器具、画像機器をみていて時間が過ぎた。

帰り際に非常に背の高い女性RINAKOさんと話すことができた。眼瞼けいれんだが、見るからに元気で健康そう。聞けば、ホノルルマラソンに参加して3時間で走りとおしたとの事だ。
一般市民ランナーとしては立派なもの、マラソンや長距離の選手は一分で3kmを目標にしているが彼女は4分で1kmだ。

共催している「すこやかいきいき協議会」の沢崎先生にもお目にかかった。逗子・葉山・逗子を
中心に私達視覚障害者へボランティア活動を積極的に行っており、感謝している患者さんも広い。
私はその中で「チャレンジ ド ヨガ」に月一回参加している。

テレビでカナダで行われているスケート競技を見た、男女共に優勝と入賞多数で素晴らしい。
昔は選手がすってんころりんと転げるの見ては、日本人には向かないと思った。見事に成長した競技で世界一流になった。

眼の状態 0+


10月26日(木)BTX4日目
終日在宅。晴天、雲なく、風なく終日気持ちの良い天候に恵まれた。
今、自分で好んでやっている事は合唱と写真。
その例として先日、追浜地区文化祭の「追浜市民サロン」に歌で参加した。
ミュージカルSOUND OF MUSIC より 「 SOUD OF MUSIC」と「CLIMB EVERY MOUTAIN」
さらに
「この木なんの木」「BELIEVE」「レ・ミゼラブル 民衆の歌」「翼をください」を歌った。
早朝からの出演にもかかわらずほぼ満席と拍手、手拍子をいただき盛り上がった。
小さな会場ではあるが矢張り嬉しいものだ。

今日は歌の練習程度で昼から居眠りか休息に終始した。

眼の状態 0+


10月23日(月)BTX初日
今年の2月に姉の容態が急変して、その対応に追われてしまった。
私自身も疲れで体調不良と記憶が曖昧になりました。
最近涼しくなってやっと体力も戻り、頭もハッキリしてきました。

今日やっと気が付いて見たら、2月に第55回のボトックスを忘れていたこともが分かりました。
これを5月16日に行い、6カ月注射が空いていました。
8月16日第56回のボトックスを行っていました。

やっと事態が分かり、57回目のBTXを50単位注射しました。
こんなに酷いボケ方で毎日過ごしていたかと思うと愕然としました。

眼の状態 0+

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント