CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第47回ボトックスの総括 | Main | 第48回ボトックスの総括»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
坂本 征男
日常生活の不都合 (01/29) 坂本 征男
日常生活の不都合 (01/29) 平川孝子
日常生活の不都合 (01/26) hara juniti
第34回ボトックス日記 (10/01) hara juniti
第34回ボトックス日記 (07/25) 坂本 征男
第34回ボトックス日記 (06/23) Nami
第34回ボトックス日記 (06/23) 坂本 征男
日常生活の不都合 (06/15) はじめまして
日常生活の不都合 (06/12) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/21)
第49回ボトックス日記 [2021年07月23日(Fri)]
第49回ボトックス日記

DSCN2388d.png





10月7日(木)BTX92日
緊急事態解除になって、横須賀市の新コロナ感染症の発生は一桁以下で0もあった。5人は多い位だ。身体障害者のフライイングディスク練習も始まった。参加してみれば、全員無事で良かった。皆さんはかなり上手で、「なんで私は上手くならないんだろう?」とブツブツ言いながら投げていると先輩諸氏が心配していろいろと教えてくれるが上手くならない。一見健康そうに見えるが皆様のには分からない。それもまた無理ない事だ。人様に分かるくらいなら苦労は要らない。でもお蔭で良い運動になってる。帰りは一駅分遠回りして、追浜についてからは慎重に急坂な登りを歩き通して帰宅した。私の体調もこれからは良くなってゆきそうだ。

眼はまた良くなっている。勿論、理由なんか分からない。
明日からは第50回のボトックス注射の日だ。

眼の状態 0+


1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:やや強い。
〇ドライアイ:ややショボショボ感が強くなっている。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。




10月6日(水)BTX91日
私が1級障害者になってから、女房と出掛けることが多くなった。付き添いと言う名目があるが、電車バス等の交通費等に割引があるせいでもある。それは兎も角、用件があって二駅電車を要する所に行った。ここは横浜市になって、衆議院選挙を睨み街宣活動が始まっている。菅総理の地元選挙区だ、大きな関心を持つが喋っているご本人は「政治を替えよう」と言うが中身について語らず、詰まらん。
緊急事態が解除とあって餃子で有名な王将に入ってみると満員盛況だ、ただ誰もアルコール類を飲む人はいない。流石に2人分で千円には十分おつりが出た、それなりに十分美味しかった。下手するとサンドイッチと紅茶の弁当より特ではないか。人が集まるのも無理はない。

眼は悪い状態の継続。症状もかわらない。BTX待ちだ。

眼の状態  ー0.3


10月5日(火)BTX90日
やっと歌の勉強会が始まった。高齢者向けの生涯学習財団の講習が行われる「まなびかん」の音楽室でやっている。いつものように30分毎に換気、いつもマスク、座る椅子、机、ピアノ、ドアノブ・・・と触れる所は全てアルコール消毒を開始前と終わりに行う。
先生は体操から発声練習までかなり丹念に行うが、これがかなり効果がでている。
リズムの取り方、和音・・・と初歩の練習が私には向いている。
帰りはいつも海上自衛隊と米軍基地が良く見えるヴェルニー公園でサンドイッチと紅茶で昼食をするのが気分良い。ただ、今回はトンビに3度目になる攻撃を受けて食べ物が飛散してしまった。清掃するのに困っていたら、サッと鳩の群れが来てサッと片付けてくれた。感謝、感謝だが怪しからんトンビは直ぐそばの街灯に止まって私が食べているのを監視している。トンビとしても、失敗しているので、私の様子を観察して必ず頭の上から或いは背後から襲ってくる。私も承知なので、コンモリした木を背後しているが、今日は左頭上から来て右に飛んで行った。食事が終わって、カメラを向けたら直ぐに飛び去った。きっと何処かで痛い目のあったのかもしれない。大体野生の動物はカメラが嫌いのようだ、そこらは週刊誌に終われる立場の人々と似ているのか?

眼は本日も悪い状態が続いている。もう記念すべき第50回ボトックス注射は明々後日に迫った。悪くても仕方がない時期である。

眼の状態  ー0.3


10月4日(月)BTX89日
今日は散歩も8000歩、庭の雑草除去もしっかりやった。以前の私ならどうという事はない。今はこれでも自慢できる程になった。これからは外出自粛もかなり自由に出来るから、楽しみになるしもっと回復するだろう。

このシッカリのお蔭で眼は悪くなった。閉じて閉じて仕方がない。これに連れて眩しさ、ドライアイも悪くなり点眼液のムコスタとジクアスを沢山使って液の冷たさで症状を誤魔化して凌いだ。殆ど効果はないが、気持ちの切替という程度である。

眼の状態  ー0.3


10月3日(日)BTX88日
先日、横須賀の友人に「ほろ酔いクラブ」を提案して誘ったら直ぐに7名揃った。この程度が丁度良い。私が公募展に写真を出すので、それを名目で鑑賞してから緊急事態解除の祝いを行うとの事だ。皆さんの飲もうとする情熱に驚くが、スマホにラインのグループを作り飲み会計画をするのにまるで会話みたいに、頻繁にメールが飛び交っている。嘘のような驚きの世界だ、私は昨日スマホを忘れて荒崎に出掛けた、自宅に居ればカバンの中に入れっぱなし。最早高齢者だからスマホは分からん!、、、、と済まして居られない世界になってきた。

昨日の疲れが出て、ぐうたら生活をしていた。夕方近くになって女房の買い物でお手伝い後に鷹取山とマンション住宅地周辺を一周した。矢張り歩くのは基本運動で気持ちが良くなり健康的な空腹を得る事が出来た。

瞼が閉じる力が強くなっている。もうこのままBTX注射まで続いてしまうだろう。

眼の状態 0


10月2日(土)BTX87日
台風一過の晴天。先ずは市の文化会館に行き、文化祭公募展に参加出品する写真を2枚届けてきた。きっと海が荒れて荒崎海岸の風景が良いだろうと、そのままコンビニでサンドイッチと紅茶を買って直行した。
京急の終点三崎口についたら、城ヶ島行きのバスに行列が出来ていた。勿論、緊急事態が解除されたのが原因だが、この素朴な所に人出ができるとは驚き。私は空いているバスで荒崎に向かった。景色は期待通り波が荒れて良かった。ただ、海水が濁って深く濃い青色が冴えなくて残念。ここは磯を辿って歩き回りたいところだが、もう私一人である国は足元も波も危険で諦めるしかない。でも予定外の写真風景を発見できた、何回か撮っていれば良い作品ができそうだ。

晴天の眩しさと不精な生活に慣れて直ぐに疲れがでてしまいこれも眼に良くなかった。

眼の状態 0


10月1日(金)BTX86日
幸運な事に台風16号がそれて行った。千葉県沖に行き、風さえ大した事なく済んでしまった。庭を片付け、ベランの物干竿を片付け、シャッターをしっかり閉めて待っていた。夕方に一時風が強くなって、これからが本番と思っていたらそれだけで終わった。千葉県は風も雨も被害があって、こちらは対岸の被害を見ると言う申し訳ない。幸運である。年々スケールが大きくなる台風も温暖化が原因と、はっきりしてきた。従来の天気予報は温暖化について曖昧にしていた。それにしても温暖化対策には危うさがある。グレン・タンベルさんが泣きながら、CO2増大について我々大人が誤魔化してつけをを残したと主張している。あの年齢で問題を理解し、主張できるのは凄い。本質を理解出来ていない大人の方が情けない。

家に籠って何もせずで、精神的に良くない。直接原因ではないが、瞼が閉じる、ショボショボする。ドライアイもきつくなる。

眼の状態 0−


9月日30日(木)BTX12週
やっと市の総合福祉会館が開かれて、一ヶ月間休みとなったフライイングディスク「略FD」のプレーが出来るようになった。幸い用事があって休んだ一名以外は参加して、無事を確認できて良かった。見かけは簡単そうで極めて難しい。一番近い先輩さえ未だに冴えない。大した運動量にならないけれど、的を外れたディスクを回収したり準備・片付けは立ったりしゃがんだりと忙しく意外に良い運動量になる。
女房は眼科に行っているが、もう両眼は使えるので余計な付き添いはしなくて済んだ。
明日は16号台風接近とあって、物干し竿を片付けたり屋外や庭にある飛ばされそうな物を片付け回った。嵐の前の静けさで不思議なほど静まり返っている。

理由は勿論思い当たることはないが、眼はやや良くなった。点眼液を沢山使ったのが影響しただろうか。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:徐々に強くなっている。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強くなっている。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


9月29日(水)BTX84日
早朝の7:30発のバスで出掛けることになった。女房の眼帯を外す作業が8時からなので、仕方がない。忙しいクリニックだ、患者は皆予約制だから混雑はなく整然と途切れる事もなく進行されて行く。清潔で広く、先生もスタッフも多い、紹介される設備もどうやら立派な最新機器を備えている。街の自営クリニックではなく、眼科総合病院のイメージだ。立派な経営が出来ている。良くここまでやれると感心する。
今日も帰えりは喫茶店で過ごしてから帰った。まだ今晩の食事は簡素に済ませた。

瞼はかなり強く閉じる頻度が明らかに高くなっている。ドライアイの目薬で症状の緩和をさせる。これは気休め処方である。

眼の状態 0


9月28日(火)BTX83日
家内の白内障手術で眼科に迎えに行った。これで両目とも手術は終わった。特に問題もないらしい。眼帯は明日には外れるが、毎日目薬を時間指定されて点眼している。手術よりアフターケアーの方が余程大変だ。それも今週一杯で解放される予定だ。帰りは喫茶店でモーニングサービスを済ませた。今晩の晩飯は自宅スーパーの弁当で済ませた。普段は馴染みのないものを買ってみると、安かろうで結構うまいものだ。
食後ついつい居眠りをしていたら電話が鳴っていた。女房が知らせてくれて、小学校のZOOMクラス会で大慌て参加した。今日のテーマは「食べ物」について。経済力豊かな友人が世界各地の料理について教えてくれた。博学の彼の話はいつも教えられることが多い。私は土さ回りの拙い話をするのが精一杯だった。例えば田舎の街?で昼飯はポテトとタラを揚げて大皿に山盛り一杯出されて食いきれない・・・そんな程度しかない。拙くて中々飲めなかった給食の脱脂粉乳の思いでは良く出て来る話で、今回もそうだ。拙くともこれで健康を維持されたと思えば有難い。でも家畜の餌だとかトウモロコシの実だけではなく芯も丸ごと粉砕して家畜用に作ったものを使ったとも聞かされている。本音で有難いと思った事はない。

外出したときに瞼がギュッと閉じるようになった。比較的晴れていたこともあるが、ボトックスの効果が落ちているのが分かる。第50回目のBTXの予約は10月8日でもう直ぐだ。

眼の状態 0


9月27日(月)BTX82日
今日も終日在宅。コロナ感染症の勢いはかなり収まって、横須賀では一日10人以下が多くなった。緊急事態は解除されそうな気がして、何をしようかアレコレと楽しみを思い巡らせてしまう。実際、福祉会館やコミセンは開き始め、フライイングディスクは木曜日から再開すると知らせてきた。勿論参加するし、5日は歌の勉強会も始まる。
庭仕事はもっとやらないと、自然の変化に追い付かない。最近は右手の指が曲がってしまい、左手でこれを伸ばさなければ戻らない。それに痛いからあまり根気を詰めて出来ない。もっと重要なのは脊椎管狭窄症を悪化させないことだ。こう書いていると「ない」が矢鱈に多い。困ったものだ。

少しずつ眼の具合いが下降線をたどっているのが分かってきた。一時だが、不自然に眼が閉じてしまう。日中を平均してみれば、無視できる程度の時間である。

眼の状態 0+


9月26日(日)BTX81日
来月早々には記念すべきBTX注射第50回目になる。注射をしていなかった頃と今とどの位の違いがあるかを一度整理して見ようと思っている。どんな内容を纏めるか考えてゆこう。
今回のBTXはかなり良い成績になりそうだ。私が過去の成績と今の先生の成績を比較してお見せしたのは良かったのかと思っている。先生を比較するなど失礼なのかもしれないが、「俄然、戦闘モードに入った」とおっしゃるような気持ちを起こさせたのは良かった。大体そんな事まで期待していなかったから・・・。

眼の状態 0+


9月25日(土)BTX80日
私達眼球使用困難症群の患者にとって、大きな存在になっている「目と心の健康相談室」で恒例の講演会21、テーマ難治な目の病気とどう向き合うかが開催された。私は都合もあって相談室でZOOM講演を聞かせて頂いた。人間の心・感受性・脳神経の働きが如何に私共の患者にとって重要か改めて思い知ることになった。また様々な病も子供の頃から知っている在来の内科、外科、眼科、精神科、産婦人科・・・の縦割りによる医学研究、検査方法、診断、治療等々相互に融合的に解決してゆく事が医学界にブレークスルーを起こす事になるだろう。またきっとIT、AI技術の発展が大きく寄与すると思った。日本の医学界こそが世界に大きく貢献できる分野であるとも期待した。若倉医師は眼科専門医ではあったが、神経眼科或いは心療眼科の学会を創設させて医療現場からの経験観察に基づき心の問題に着目して研究を進め計測のむ付かしい感覚の領域から脳の大きな機能に到達した。大きく貢献されたことに感謝申し上げます。これからも一層のご活躍を期待し、お願い致します。これからは脳科学者の大きな役割が見えてきたように思っている。この点はとっくに皆様はご承知で取り組んでいらっしゃるのかもしれません。知らないのは私かも!?

患者会の活動は各々の個性で活躍すれば良いと思う。ただ日常生活の向上を目指すには、現実的に障害者手帳を得られなと多方面で生きて行く事ができなくなる。
根本的には医学的に明解な診断規準、対応できる法律、これにより保険、年金が決まり患者の人間的な生活が可能になる。今は自助しかない、共助、公助は何処へ行ったのか。

良い講演会だったと思う。帰りは友人と久し振りにあってコーヒー一杯で乾杯
と日常生活ぶりを披露しあって一時間半来月の解禁を目指し再会の約束をした。

眼は今日も順調。

眼の状態 0+


9月24日(金)BTX79日
竹の根っ子の根絶に困難を極めている。つつじや椿の根っ子に絡んでいるので、椿を犠牲にして切り倒して現在その根っこの掘り出しに苦闘する日々が続いている。
太い根はノコギリで切る、周辺から張りだす木の根っこも鋏やノコギリで切って更に周辺の土を掘り出す。脊椎管狭窄症がぶり返しては大変だから、百円ショップで買った椅子に腰かけてやる。また、ここの所蚊の攻撃も激しくなった。蚊取り線香を周囲に3ヵ所配置すると、これは十分効果があるけれどマア面倒くさい。動く度に蚊取り線香の配置換えをしなければいけない。でもお蔭様だ身体の動きも随分良くなっている。毎日、朝晩血圧と血中酸素濃度を計っているがこの酸素濃度が90程度だったのっが97に徐々に上昇している。矢張り運動不足も酸素濃度の低下を招く要因かもしれない。終日、家に籠って身体を動かさないと気付かない間に体調が落ちているのだろうか?このデーターはペースメーカーを挿入した事と新コロナで重症度の目安になった酸素濃度に注目して毎日記録を残している。

眼は程々に良好。

眼の状態 0+


9月23日(木)BTX11週
我が家には面白い火鉢がある。子供の頃からあるがあまり使っていた記憶がない。
和室の客間になるような部屋に置いてあった。飾りになっていたかもしれない、お湯を沸かす鉄瓶なりやかんを置くごとくがない。使い道が無くて、売っても二足三文にしかならないだろう。木の根っこを掘り出し、削って仕上げている。灰を入れる金属容器は形状が複雑でかつ二つを繋ぎ合わせてる難しい技術で作ってある。隅っこに置いてあって埃が一杯蓄積されており、情けない姿である。いろいろ考えて女房が作るドライフラワーをこれに入れて、玄関に飾ることに決めた。灰を出して容器部はブラシで擦り落とし、木部は掃除機やブラシで埃をとるが冴えない。水洗で根っ子の細かい溝に溜まったゴミも落とした。何度も雑巾がけをしたらやっと貫禄のぁる木部の色が戻ってきた。更に白木用ワックスをかけるかどうか思案中だ。
横須賀市から市の公共施設の開場を27日にすると、知らせてきた。これで自治会館もオープンになるだろう。賑わいを取り戻したいものだ。

眼は程々に良好。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:少し楽。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。少し減っている。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



9月22日(水)BTX77日
今日は女房の手術後の眼帯が外れる日なので、付き添って行った。行って驚いた、高層ビルの4F殆どを占有した綺麗で清潔な眼科専門病院と言えるような見事なものであった。道理で近所の奥様方に評判が良いのも分かる気がした。医師もスタッフも多くて大病院だ。
しかし白内障手術で初めの頃は熱心にレーザー手術をすすめ、家内の目には一番良い手術方法と説明を受けた。ところが何の事情かしらにないが、日程がかなり遅れるからと、一般の手による手術に切り替わってしまった。一体以前の説明はなんだったのか?? ちょっと理解不能。
帰りに簡単な昼飯にとレストランに寄ったら、閑散として薄暗い。帰ろうかなと思いながらもドアを押したら、客がいて営業していた。ここは安上がりで人気が高いけれど、客は全くポツンポツンいるだけで静まり返っている。コロナ不況をマザマザと見せ付けられた。
本屋でナンプレ初級という本が気になった買ってしまった。さてやってみると初級中の初級の第1問が出来ない事に大きな衝撃を受けた。幾ら何でもこんな事になるとは!そんな馬鹿な!とグチグチと言いながらとうとうできず仕舞いになった。

それでも、眼は影響を受けずに済んだ。

眼の状態」0+


9月21日(火)BTX76日
家内の白内障手術の日となった。先に一人で行き、帰りのタイミングで迎えにゆく事になった。お互いに勝手な思い込みで待ち合わせするから、「某喫茶店に到着」とメールしていたら、女房は術後に直ぐ店に来てしまった。片目になっているし、足元もチョット危ういので、こっちが迎えに行く筈だった。お互いに非難中傷しながら軽いサンドイッチで昼飯にした。夕食はスーパーで弁当を買って済ませた。安くて結構美味しいので、お互いに良かった。
北朝鮮がまた新しいミサイルを日本の排他的経済的に落としたニュースが流れた。
その内容は兎も角、金正恩氏の画像が幾度ともなく流れているが「影武者」じゃないかと思う。この点は女房と意見が一致した。私には若く元気に見えて、表情も仕草も変わったと思う。女房はすっかり痩せてあんな姿ではない、別人だという。
そもそも本人の姿は余りにも太り過ぎて、動くのも大義そうに見えた。さて本当に影武者なら、これからはどんな人生になるのだろう。日本の映画にあった影武者は石を投げられ追い出されたが、さて?

眼は今日も安定している。ときどきお断りしているが、普通の方から見ればショボショボ目つき、濃いサングラス、頬口周辺に絶え間ない動きは気になるだろう。ここで表す眼の状態では、自覚症状について述べています。

眼の状態 0+


9月20日(月)BTX75日
老人会の公園清掃に参加してきた。コロナ騒動もあったし、天候不良もあって久し振りでした。園内は草茫々で、やたらに丈の高いやつもある。この会も年よりばかりになって人出も足りない。自然に子供が遊ぶ滑り台やブランコ、鉄棒周辺に集中して雑草刈を行っている。私も幾つかの病気に見舞われて休みが増えた。お互いに声をかけ休むように心掛けてやっている。もう15年以上のお付き合いだが、すっかり年を取ってしまった。次世代が入らないのはどこでも同じだ。
自宅の庭にある水道蛇口を交換した。2口あるようにしてホース接続と一般蛇口にして作業がしやすくした。大部煩わしさが無くなる。

眼は頗る安定している。

眼の状態0+


9月19日(日)BTX74日
やっと文化祭公募展の写真プリントが出来上がった。煩い注文をつけたけれど、ほぼ満点近い出来上がりでほっとした。一方、友人からは出展を諦めるとの知らせがきた。体調が悪くて外出もままならず写真も冴えないものになったとの事。残念。
女房がリハビリに行くので、一緒に街まで歩いて行った。私は全く腰に違和感がなく済んだ。流石に帰りの山登りは避けてバスで帰った。
帰ってからは写真を何度も見直して、あーでも無いこーでも無いと最近スッカリ増えた堂々巡りをしていた。

眼は頗る安定している。過去にこのような安定した事があったか、思い出せない。

眼の状態0+


9月18日(土)BTX73日
厄介なインターネットでも矢張り便利さがあって止める分けに行かい。セキュリティーが厳しくなるにつれて、パスワードが長ったらしくて閉口する。新しく買い物のお店のネット取引をすると、画面からの手続きの面倒くさい事。何処から手を付けたら良いか探し回って、同じことを繰り返す堂々巡りをやってついに一旦休止することになる。日を替えてまたやりだすのだが、今度は前回何処までやったか分からなくなる。それが原因でまた画面からやり直しを迫られる。私の代行ロボットが欲しい。
真面目にヴォイトレと外郎売の練習をした。中々毎日は出来ないがやっていると、僅かながら効果は出て来る。両方とも発声練習となり口の動きがよくなった。
特に外郎売はアナウンサー並には行かないが、早さだけなら負けない位になった。ただ、彼等は流石にプロだ。むらなく一定の速度話す、私は優しい場所は早く難しい所は遅くなる。

眼はほぼ問題なし。

眼の状態0+


9月17日(金)BTX72日
女房がリハビリに行くので、散歩がてら追浜の街まで歩いて行った。私の脊椎管狭窄症は油断できないから暫くバスを利用していた。本当に久し振りに歩き、無事に着いた。かなり急な下り坂が多いけれどたかが20分弱だ。ゆっくり歩けば心配はなさそうだ。、もう少し慣れたら登りもチャレンジしよう。市の公募展に出す写真のプリントはまだ出来ていなかった。まだ焦る程のことはない、それより友人が今年は体調が悪くて出掛けるチャンスも少ないから参加しないと連絡がきた。何回かいろいろな公募展で優秀な成績を得ているので残念だ。私の作品はどちらかと言えば臍曲がりだから、入賞するのは難しい。これは個性の問題であって仕方がない。それでも関心を持って呉れる方々がいる。天才画家が後世に認められて高価な取引になっている事もある。私だって若しかすると、子供に偉大な財産を残せるかもしれないのだ。・・・・ウーン、これはチョット無理かもしれない。

眼の状態 0+


9月16日(木)BTX10週
都内の実家から、親戚がブログを出したいから教えてくと依頼されてホイホイと出掛けた。まだ台風14号の影響もなくて良いタイミングいであった。面白い女の子を目撃する事に驚き感銘を受けたものだ。電車で立っていた女の子がやたらに足が長い、両手の肘辺りが腰の高さと同じ位だ。私なんかの肘は腰より12cmくらい高い、何しろ古い時代に育ったから、消化の悪い植物を食べていたので消化器系統が長い。何処まで本当か知らないが大人で7〜9mあると聞いたことがある。これは調べてみるとしても、こんなに上体が短いと内臓も短く心肺も小さくなって長い手足の身体運動をまかない切れるのかと茫然した位だ。いや、本当に生き延びられるのかと思った。電車を乗換たらまたもや手足の長い女の子に出くわした。顔が小さくスラーっとして8頭身並ではないか!! 同じ学校の生徒さんだろうか、白い長袖のシャツと黒の細めのパンツと運動靴で流行りのランドセル形の黒いバッグを背負っている。おおそ派手な雰囲気は全くない。
目的のブログ発行の手伝いと言えば、高齢者同士の勉強会だからすんなり進む訳がない。悪戦苦闘してどうやらアップ直前まで漕ぎつけた。後は書くだけの事だ。

眼は特に変わらず。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:雨が多く日差し弱いので助かる。少し楽になっている。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:弱くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



9月15日(水)BTX70日
庭の散水ホース向けに部品を買いたい、安物で使い道の無いラジオが私に回ってきた。何しろ酷い。周波数が勝手に動いて聞こえなくなる、音量も大きくなったり聞こえなくなったりで私子供の頃にあった並4ラジオでもこんな事は無かった。ネットで安く買ったと自慢して、使いのにならなくて私に呉れたものだ。無責任で不愉快だ。・・・で、ラジオも買いたい。
新しくスマホを使って貯めたポイントで1万円買えるので、家電量販店に行きかなり良いラジオを買うことができた。続けて7駅離れた所にあるホームセンターで散水ホース関連の部品も買って帰った。お蔭で8000歩も歩けた。良かった、良かった。

出掛けるに連れ晴天になり、眩しさも増して夕方頃に眼が疲れとシブチンで一時的にはかなり悪くなった。ムコスタとジクアス点眼液を使って気休め処方をした。

眼の状態 0+


9月14日(火)BTX69日
小学校のクラス会があった。今日の司会者のテーマは「年を取ったなと感じること」であった。ただ、我々は余りにも実感し過ぎていて今一盛り上がらなかった。メンバーが一人一人自分のテーマを出して話し合うのだが、案外難しい。
庭にある散水ホースのシャワーヘッドが壊れてしまった。蛇口に繋ぐ場所も一口しかないので、一口追加しないと洗い物に不便だ。部品を買うために段取りや寸法調査を行って結構な時間を費やしてしまった。
事務仕事も捗らずにあっという間の一日だ。一体何やってんのと自問自答する。

眼はそれなりに安定しており、納得するしかない。

眼の状態 0+


9月13日(月)BTX68日
電子レンジのサービスの方が来てくれた。心臓部に当たるマグネトロンの故障で部品交換になるそうだ。幸い早めに入手出来るとの事で助かる。
この電子レンジには厭な思い出がある。ある世間を震撼させた宗教団体が、この原理で大がかりな装置を作り使ったと当時の新聞に報道された。まさに悪魔の仕業としか言いようがない、全身に身震いを起こさせるものだった。
室内を2回に分けて掃除機掛けを行った。またこれから2回に分けてワックス掛けをしなければならない。
月下美人が二鉢あって、たった2輪だが2か月離れて立派に咲いた。夕方から徐々に蕾が膨らみ始めて21時ごろに一挙に咲く。ここ暫く手入れが届かずに2輪しか開かなかった。深く反省して鉢を替え土も入れ替え綺麗に掃除をして室内に置いた。この植物は砂漠に育つサボテンの一種との事だ。そもそも手の掛らない植物で、丁寧に育てたらゆうにドアの高さ、1.8mになってしまい大胆に切り落として手入れも疎かにしたのだ。また、来年も綺麗に咲くだろう。

眼は順調だが、疲れると首、肩凝りが始まった。しんどくて早々に寝てしまった。

眼の状態 0


9月12日(日)BTX67日
我が家の電子レンジが運転停止している。スタートさせると大きなブザーのような音が鳴り響いて加熱しない。音が凄いので直ぐに電源を停止せざるを得ない。明日にならないと修理の人が来ない。女房は戸惑っている。私は風呂焚き、七輪の火起こし等々経験した世代だからこんな事で驚く事はない。不便なのは分かるが。

ニュースでは新コロナ感染症のワクチン接種を拒否する方達が多いらしい。今までにも世界中で随分沢山のワクチンをしてきていると思うが、今この重症に至る危険を知っていてもワクチンを受けない理由は、コロナよりワクチンがはっきり危険だと判断しているのだろう。
でも何故だろう? 私は新聞が読めないので、テレビニュースで情報を得ている。時間に余裕があるばかりでなく、単純な思い込みに走らないようにまた少しでも正確に把握するために系列の異なる局を4通り以上見て比較している。BSまで含めると7局以上になる。ニュースソースやデーターがより明らかでまた科学的ある事に留意している。その結果としてワクチン接種を推進することに賛成する。
SNSでかなり人気があり話し方が上手な人達がいる。ただ、データーが足りないのとニュースソースがはっきりしない。裏からこんな情報を得ているんだとか外国の知人から実情を聞いているとか・・・何とも心許ない。私は医師でも医療関係者でもないが科学技術者である。話しが面白とか興味を惹くとかで賛同は出来ない。
これとは真逆で討論しているのが政治の世界である。しかし根拠を示し正確に議論すべきだが、下手に正確にするとそのデーターで自分が追い込まれることにもなり兼ねない。この世界は私の神経を逆なでする論法が多すぎて腹立たしい事が多い。やっぱり私はコチコチの技術者だ。

眼は今日もほぼほぼ順調だ。

眼の状態 0+


9月11日(土)BTX66日
午前は室内の掃除、午後は庭の雑草除去と汗が出る良い運動が出来た。屋外では蚊が殺到する、室内では体長2mm程度の羽虫が照明に、天井周辺を飛び回る。食事のテーブルにゴミのように大量に落ちて来て食べ物にも入ってしまう。少し観察すると、蛍光灯でもLEDも群がってくるが、傘に止まると何故か自然に落ちてしまいテーブルで暫く経ってまた舞い上がる。まるで水蒸気が上昇気流で空高く上がって雨になり、下に落ちてまた水蒸気になり上昇を繰り返す様子と良く似ている。網戸なんか平気で入ってくる。食堂で殺虫剤を散布もできないから、全てドアや窓はシャッターを降ろしガラス戸も締め切り掃除機で丹念に吸い取った。エライ面倒くさい作業となった。今の気温なら普段は使わないエアコンも運転開始した。お蔭様で収まったが・・・この虫の名前はなんだろう。

ときどき眼が痛み、首も痛み、肩も痛く凝ったが大過なく終わった。マア、良い状態を維持した。

眼の状態 0+


9月10日(金)BTX65日
朝から乱層雲が目立ったが、午後に向けて晴天になった。天候が良くないと外出不足も庭作業も怠り勝ちになる。左腰の痛みが、いかにも脊椎管狭窄症が発症直前のような危機感を覚えて、リハビリに行った。ウオーターベッドと脊椎の牽引は明らかに効果がある。
文化祭向けの写真のプリントを出来る所がないと不満を漏らしていたが、街のプリント屋さんにもう一回頼みに寄ってみた。今度はシッカリした店員さんが、特別注文を引き受けますよとアッサリ承諾してくれた。詳しく私の希望とサンプルを受け取って手配してくれた。何の事はない、先日私に対応した店員は未だ慣れていなかった事が分かった。諦めずに2回お店に立ち寄ったのが良かった。これで一安心だ。
そりゃそうだ、A3サイズ以上のプリンターを個人で持っている人はアマチュアではそんなにいないだろうし、必要な仕事だからビジネスは成り立つだろう。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+


9月9日(木)BTX9週
ネットで依頼した写真が届いてガッカリした。案の定、自分の狙いとは程遠いものだが、所詮はサンプルを渡して説明してからやるべきものだから不満はいえない。展示会などに出す写真のプリントを引き受けるなら、サンプルを渡さないと無理だと思うが。折角だから業者さんへ意見は述べさせて貰った。
またも雨がシッカリ降って呉れる。気になっている掃除、特に掃除機掛けだ。家中を一気にやるパワーは無いから、少しずつ分けてやる。ダークダックスの歌に「月曜日に・・・・とかして、火曜日に・・・へ行く、水曜日には・・・する」そんな歌があった。そんな調子でやって行く。
歌の勉強会の先生から、内輪の発表会に個人で4曲、皆で合唱を一曲「埴生の宿」を歌って下さい。せめて2曲は暗譜して下さいとのお達しだ。これが困る、毎日10コ覚えたら11コ忘れるのに・・・歌うよりプレッシャーを感じてしまう。でも目標が出来たので、兎に角やる。個人の4曲については、私がリクエストしたからには「落葉松」と「ねむの木の子守歌」は歌おう。残りは井上陽水の「少年時代」といるかの「なごり雪」と決めてご返事をした。イルカさんは私が卒業した都内の中野区立谷戸小学校の後輩にあたる。勿論、彼女が私を知る訳ない。ただ、全国に知られた有名人は彼女だけだ。

目について。相変わらず安定している。今回は良い成績が出そうだ。BTX注射をして頂いている先生に毎回のボトックスの成績をお店したら「俄然、競争心に火が付いた」との事だと。先生の意志が結果に結びつき始めたのかも知れない。今までBTX以外の薬は使っていないから、過去の先生方の腕と比較し易い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:雨が多く日差し弱いので助かる。少し楽になっている。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:弱くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


9月8日(水)BTX63日
昨日の故郷訪問で朝寝坊をした。顔を洗う時に蛇口の締りが悪い、更に前から気付いていたが何となく後回しにしていたところ女房が門の前の板(縞鋼板と呼ばれる滑り止めの鉄板)とベランダに敷いたプラスチックの板(ポリカーボネートと呼ばれ駐車場の屋根に使われる対候性の強度の高い板)が雨で滑って転んだから何とかしてくれと言うのを思い出した。二人でホームセンターに出掛けるが行きはバス帰りは電車を利用してみた。バスは片道348円、電車は198円で所要時間はバス45分、電車10分とかなり阿保らしい。降りてからの距離の違いでバスに乗ったが帰りは深く反省して電車を使った。因みに寄った素朴なカフェでは、私はエビピラフにアイスコーヒー女房はケーキセットとアイスコーヒーの各500円は内容から割安だろう。交通費との配分を考え、今後の支出のあり方を慎重に考えるべきと話し合った。

眼は本日もほぼ良い状態を維持している。

眼の状態0+


9月7日(火)BTX62日
奇跡的に晴れて、故郷の茨城県新治郡下大津村(現かすみがうら市)を姉と共に訪れ先祖の墓もお参りして来た。ここの南圓寺は勿論歴史は長いが地元しか知られていない。火災で全焼して過去帳も祖父の時代からしか残っていない。新に建て直してピカピカのお寺であった。またお墓も私の祖父まで土葬だったのを、今の場所に移し替えたので墓石もピッカピッカであった。僅かに文字も良く読めない曾祖父母のものが歴史を表していた。ここから車で私が戦争中に疎開していた場所を訪れると、他人の家に渡っており門柱のみが昔のままに残っていた。ご近所の農家は豪農らしく立派な門、屋敷で圧倒される雰囲気であった。ここのご主人は私が4,5歳頃は遊び友達だったが、昨年会っていた事もあり縁遠くなったいるので通り過ぎた。ここからは人と牛馬が荷車を引いて歩いた道で今でも素朴で森と畑を進むと霞ケ浦に出た。周辺は見渡す限り蓮田となって埋め尽くされていた。水田は全く見当たらない、もしかすると蓮の日本一生産地かもしれない。きっと米より収益が上がるのではないだろうか。土浦に向かうと左が蓮田、右が崖で時々洞穴がある。これは霞ケ浦の水面が屋根に届く程の大洪水で埋もれていた所に穴があき古代の人骨が見つかったと言われている。こんなに平坦で人に出会わず、信号機もなく勿論渋滞もなく快適に走った経験は思い出せない。土浦に着くと都会に戻ったが、良い故郷訪問の旅になった。

終日の晴天は帰りの電車に乗った頃から、眼は痛くなり後頭部から首肩に伝わった。ここで忘れていた眼瞼痙攣をしっかり思い出すことになった。今日全体では好調と言える。

眼の状態 0+


9月6日(月)BTX61日
晴れるかと期待したが今日も降ったり止んだりで自宅に籠っていた。
パソコン作業は本当に煩わしい、10年前と比較すると楽になったとは思えない。
ログインパスワードを16桁にしろと言う。こんなものを幾つも管理なんか出来る訳ないだろう。同じ会社がこれをセキュリティーコードと書いて、(ログインパスワードと同じ)と注意書きがある。一流企業がこんな事をやっていてはディジタル衰退国になってしまう。・・・最近は愚痴が多くなった、きっと新コロナ感染症の2次的症状に違いない。治療薬はないのか? この数日、朝の空き缶、空き瓶のゴミ出しに缶ビールが激減した。半分にならない。雨と気温低下が影響している。

眼は今日も程々に良い。本当に助かる。若しかしたら愚痴は眼に良いのか?

眼の状態 0+


9月5日(日)BTX60日
ここの所雨の日が連続で気温は下がり過ごしやすくて良いが外出はあまりしない。
メールを見ると要らないものが殆どだ。長年の付き合いの友人へも面倒くさくなって放ってきたが、矢張り反省した。政治特に外交に関心の高い男に、日本の領土について意見を聞いた。日本の領土の最南端に南鳥島がある。ここはサンゴ礁の中に三つの島がある。円形で明らかに人工的に囲まれたいる。そもそも海面に出ていた岩が消滅しないように保護して日本領土とした。これが在るので日本の領土は或いは排他的経済水域とてつもなく拡がっている。当然、中国は猛烈に反発し避難していたが、一方で全く同じ要領で南沙諸島に人工島を作り方日本も含め周辺海域国は避難している。日本は中国を避難できるのだろうか?

今日も眼はほぼ良好である。

眼の状態 0+


9月4日(土)BTX59日
写真展に出すなら何としてもそれなりのプリントをして呉れる所を探さなければならぬと、やっとネット上で一軒探し出した。ポスター印刷はあるが使う気になれない。ネットから事前に支払い手続きをしてから写真をネットで送信することなる。非常に気になるのは送信した写真データーを受け取った業者が印刷はするが、仕上がり程度はお任せになる。コミュニケーションがないのでかなり不安になる。次に支払いだ。いつもの使うカードで受け付けないので第2のカードでやったら駄目、第3のカードでも駄目。何遍も繰り返して奮闘すること3時間強、やっと受付完了した。何が悪かったか、或いは何が良くて出来たのか全く分からない。兎に角テスト的にプリントを依頼した。ディジタル庁が創設されると言うが、堪ったものでは無い。我々高齢者の命を縮める事のないようにお願いする。私に替わるAIロボットも無料で準備して貰いたい。

もうBTX注射して2か月で残り1カ月だ。どうやらかなり良い安定状態に入っている。このまま続いて貰いたい。ここら辺は神のみぞ知る範囲だ。

眼の状態 0+


9月3日(金)BTX58日
少しでも外出しようと一駅隣の八景に出掛けた。事務用A4プリント用紙を買うためだった。持ち帰るときに「しまった!」と気付いたが遅かった。紙の2.5kgがこんなに重く感じるとは思わなかった。普段の、肩掛けカバンも2kgあるから計4.5kgで重いわけ訳だ。カメラとペットボトルに水を入れて歩くと更に1.5kg増える。年齢が嵩むにつれ手荷物の負担も予想以上に大きくなる。
横須賀市の文化祭は予定通り開催するとのお知らせと参加募集も来ている。毎年絵画、写真、短歌、俳句、川柳、書と多彩である。無料参加で2枚まで出品できる。女房の意見もいろいろ拝聴しながら2枚選定した。写真の仕上げはこれからが本番になるが、大問題がある。写真展向けのようなプリント屋さんが、街から消えてしまったのだ。ディジカメの普及につれて、安価で性能の良いプリンターも簡単に入手できるからだ。それに街のプリント屋さんは、これまた合理的に安価に綺麗な写真が出来る。私達マニアは本当に困っている。写真展ではサイズが大きくA3程度以上になるので、事務用プリンターでは使えない。色も物足りない。

悩みは尽きないが、眼はほぼ良い。

眼の状態 0+


9月2日(木)BTX8週
女房は白内障の手術の準備に入って、眼科へ通っている。昨日に続き私も用事を作って市の中央に出て合流した。雨が降り続き買い物ばかりに集中して荷物を四つも三つもぶら下げて歩く事になった。女房だけでなく女性は平気で荷物をいくつもぶら下げて歩く姿を見かける。いくら服装やスタイルに拘っても腕に袋をいくつもぶら下げたら台無しだ。活動的にリュックを背負い、カートを引っ張って動きやすい服装にしたらどうか。もっともセレブな奥様が、有名ブランドの袋をいくつも抱えて高級車に乗り込むなら別だが。残念ながら我が家は違う。

昨日から曇りとあ雨になって、気温も下がりすっかり過ごしやすくなった。眼は昨日同様。これ以上望むのは経験から無理であろう。症状を上回る気分転換が大切だ。
症状に負けないで頑張れと言っても、簡単ではない。私はむしろ奇跡的にボトックスが効いているから良い。薬や酒に頼らざるを得なくるとき、神経内科、心療内科、精神科の先生方は良く理解して過剰使用にならない指導をして頂きたい。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。少し楽になっている。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:弱くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



9月1日(水)BTX56日
時々雨が降る涼しい一日であった。女房とまた二駅離れた街に出掛けて買い物をして、ピザとスパゲッティの店で昼食を取った。いずれにせよアルコールを出さないから、以前のような明るさがなくヒッソリと小声で話し合っている侘しい雰囲気だ。ノンアルコールビールを注文しても冷たくて気持ちが明るくならない。二人でピザとスパゲッティを注文したら、以外にヴォリュームがあって手こずってしまい夜食はもうやめようと決めた。美味しかったのは確かだ。いつか時間が過ぎてしまい帰宅する頃は夕食を作る時間になってしまった。

眼は安定時期に入って、とにかく眼の悪さを意識しないで済んでいる。

眼の状態 0+


8月31日(火)BTX55日
今日も整形外科リハビリに行ってきた。これで暫く行かなくても大丈夫そうだ。自宅に戻ってから、また一生懸命に雑草取りを行った。堆肥作りをしている側なのでドクダミが多く元気に育っている場所だ。チョット大袈裟かもしれないが、太麺を一束つかむような程になっている。5ミリ程度でも取り残したら、消滅することはない。絶え間なく成長し逞しく育つ。全て篩にかけて取り残しをゼロなんてできるわけもない。従って、我が家では永久にドクダミと闘わねばならない。どくだみ茶の作り方を研究するかな、商売になるなら育ててみるが。
夜になると小学校時代の友人とZOOMクラス会だ。今夜は私が主催で目に関する各自の病気、経験を披露しあい話し合った。とりとめのない世間話も良いが、テーマを持って話すのも面白い。

本日の眼もやや良好。

眼の状態 0+


8月30日(月)BTX54日
大事に至らぬようにと、整形外科リハビリに行った。腰の湿式温め、ウオーターベッド、腰の牽引と3点セットになる。暑いのに腰を温めるのは、なんとも気持ちが悪いものだ。待合室は人が多いので、風通しが良い屋外にも用意されている椅子で我慢しながら温めている。このリハビリは確かに効果を感じ取れるので嬉しい。眼瞼痙攣みたいにボトックス注射しても安定的な効果を期待できない情けなさとは大違いだ。
いつもの眼科に行き2か月ぶりに診察を受けた。今回は角膜に傷がついているので、もう少ししっかり目薬を使うようにと指示があった。眼圧は右20、左が17mmHgと高めだが、視神経が大丈夫だから緑内障は心配ないそうだ。白内障は年齢だから止むを得ない範囲で未だ手術の必要はないとのことでした。眼は痛い、眩しい、クシャクシャする、後頭部が痛い、首の後ろが凝って痛い、肩も凝って痛い、文字も見にくくボヤケる・・・・どうにかならないですか?・・・と無駄な質問をしてみた。先生はニコニコしながら、この患者さんは皆さんは本当に大変ですね・・・労って頂いた。有難うございます。感謝!感謝!!

そうは言ったものの、眼はやや良い範疇だった。

眼の状態 0+


8月29日(日)BTX53日
私のお隣は横須賀米軍基地の兵隊さんだ。割と若いのに二人で戸建て住宅に済んでいる。ときどき大声で怒鳴っているが、喧嘩ではないようだ。日本人の家庭なら、先ず喧嘩と思うに違いない。若い男は派手な入れ墨をしていて、割と不愛想だ。ほんのチョット年配の男はきちんと挨拶をするから、少しは安心する。しかし、昨夜当たりから友人達も集めて大騒ぎだ。日本人の大騒ぎとは比較にならない。
日本はコロナ感染が諸外国より低いと言われる。静かな話し方は、口から飛沫を飛ばす量が全然違うだろう。清潔好き、風呂好き、マスクを着用すると言われる。それ以外にきっと通常会話の静かさが大きく影響するのではないか。

眼はしょぼつき、瞼が閉じやすくなった。

眼の状態 0


8月28日(土)BTX52日
整形外科に行きリハビリをして、帰宅してから雑草除去を行う。腰を屈めたり立ち上がったりとスクワット運動を繰り返す作業を行う。今の段階ではリハビリを無駄にしないよう、慎重にやっている。高温多湿で空は水蒸気で白っぽくなっているから作業後はシャワーで気持ち良く一休み。

眼は割と良かった。症状をいつも気にしないで済む程度だ。実際これ以上贅沢?は言えない。

眼の状態 0+

8月27日(金)BTX51日
腰の痛みが強くなったので、整形外科リハビリに出掛けた。暑さなのか、新コロナ感染の脅威か珍しく空いていた。何時もの通り、ウオーターベッド、腰の温め、腰の牽引の3セットを順調にこなした。どうやら痛めてしまったらしい、牽引の際に違和感のある痛みを感じる。左側に倒れて腰椎間板が潰れているから、牽引のみに頼らず自分でもこれを補う体操を工夫することにした。
バスで近くのスーパーに降りて、日常の散歩コースを歩いて帰宅した。

今日も首肩頭痛に悩まされた。体操や散歩だけでは簡単に治らない。目もクシャクシャして見るのが辛い。ドライアイも影響している。

眼の状態 0ー


8月26日(木)BTX7週
今日も女房と二駅離れた横浜市の金沢文庫に出掛けた。用件が終わって巨大なスーパーに寄った。改装してもう何年か経っているが、スケールの大きい食品街で圧倒されれた。横須賀と横浜の違いを見せつけられた。

昨日同様に首、肩、頭痛が続いているが、眼の影響は少なかった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:強い。首、肩、頭痛の影響がある。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛い。首肩頭痛の影響あり。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。最近強い。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


8月25日(水)BTX49日
やや気温が下がってきた。予定の散歩も実行したけれど、腰に若干の違和感を感じている。脊椎管狭窄症がぶり返しているようだ。余程慎重に動かないといけない。ところでアフガニスタンでは悲惨な問題が起きている。民主主義を支援してきた米国が撤退するに連れてあっけなくタリバンに制覇されてしまった。この地名を知ったのは探偵シャーロックホームズの同居人であり相棒の医者ワトソン君の経歴からである。彼はアフガン戦争で負傷して帰国していた。当時19世紀後半は英国にヴィクトリア女王が君臨してインドを植民地として絶大な勢力を誇っていた。その頃からアフガンは外国に侵略される厄介な立場の国であった。それが未だに大国のみならずタリバンやイスラミック・ステートの武力闘争の絶好の繁殖地となっている。タリバンから逃れられないと思って人が赤ちゃんを米兵に託した姿は涙を誘ったと思う。これは日本が大戦に破れ満州から逃れて凄惨な苦難の道を歩いたのとそっくりだ。幼児や赤ちゃんを中国人に託して帰国した、戦後その子供達を日本に帰国する運動が続いたことはご記憶の方も多いだろう。この日本の苦難な歴史もあっという間に忘れ去られる時代になってきた。

終日、頭痛、首痛み、肩の痛みに悩まされた。運動不足に起因するのだろうが、眼のしんどさに繋がっている。

眼の状態 0−


8月24日(火)BTX48日
今朝の血圧と酸素濃度の結果が気になって、循環器内科に行き診察を受けた。
ポイントは下の血圧が最近60mmHg下回ることが気になたせいだ。結果は「何にも問題ありません」であった。気温が上がっているので、血管も拡がり血圧が下がるからであるとの説明を受けた。これでもう、すっかり安心して帰宅出来た。そんなに簡単に血圧は下がるのかな?熱中症で倒れるのは血圧低下で、身体で一番高い所である頭に行く血液が上がりにくくなるせいだろうか。成程、昨年の夏に住宅街を歩いて気絶し倒れたのはそう言うことかと、・・・納得した。
テレビなりラジオなりからのニュースは社会を見る窓みたいなもので、現役生活から離れた今は貴重な存在だ。政治に関する数人スペシャリストの討論、議論を聞いた。現総理、内閣、党3役の今後の動きについて話し合われた。彼等はプロだから司会者が時々考え方の筋道を理解出来るように誘導してくれる。これがないと、私のような国民には全く分からなくなってしまう。
これから総理の任期や衆院選がまじかになった今、関与する当事者の考えることはあまりにお粗末で嘆かわしいとしか思えない。どんな美味しいうたい文句で自分への賛同を得るかを練っているようだ。基本的に日本のコロナ感染率は諸外国に較べると断然低いとの認識が強い。まるで政治の成果と思っているように見える。勝たなければ政治を指導できない、兎に角勝つことだ・・・その様子を理解できたのは大きい。残念だが国民の安全と自由およびコロナ対策は2の次である事は良く分かった。兎に角自分が勝つことだ!!
東京パラリンピックが開幕した、これも内閣の成果になるのだろう。

いろいろ腹が立つことも多いが、眼はちょっとシブシブ、ショボショボである。

眼の状態 0


8月23日(月)BTX47日
毎朝起床時に血圧と血中酸素濃度を測っている。気になるのは下の血圧が60を切ったり、脈拍が60以下になることだ。ペースメーカー手術をしているのに、気になる。ここ1週間位の傾向だ。それでも、日中は床拭きワックス掛けをやっているが問題はない。庭仕事は力がいるから控えて、夕方は散歩に出た。6000歩弱を一時間で異常はなし。横須賀市長は毎日、外出を控えるアナウンスでデルタ株対策に懸命だ。ただ、外出してもスーパーマーケットに行かなければ100m歩いて一人位しか出会わない。殆ど顎マスクにして、すれ違うときに鼻口に掛け直している。

今日は眼がショボついて、鬱陶しい。少し悪くなった。

眼の状態 0


8月22日(日)BTX46日
夜中に強い雨が降った。その程度済んでいるから良いが、激しい豪雨で水害が起きている。新コロナ禍、干ばつ・水害、国家破綻・武力闘争は世界中に拡がるばかりに見える。それなのに株の世界は上昇し、貧富の差は拡大する。
横浜市長は野党派に旗が上がった。政治の世界を理解することは出来ないが、結果は分かる。選挙する私は遠慮なく自分で選択する。・・・もっとも今回は横浜の事であって私の済む横須賀には関係ない。憂さ晴らしに過ぎない。

眼は特に変化なし。

眼の状態 0+


8月21日(土)BTX45日
晴天、暑さ、気温は30℃に満たないので、過ごしやすい日かもしれない。パソコンで事務処理をしても捗らない。いつもの如く、雑草除去作業を継続している。僅かずつではあるが、除草した後は綺麗になって気持ちが良い。オリンピックも終わり女房はゴルフのテレビ観戦が好きだ、スポーツは全くやらないのに以外に熱心にみるのは不思議である。私もテレビはあ見るがスポーツ、音楽、ミステリー番組とニュースだ。最近の傾向として政治報道番組が多い。遠ざかった娑婆の世界を懐かしむかのようだ。技術者の私には、複雑怪奇な世界は理解しがたい一方関心もある。未知への世界を知りたいのだろうか、BSテレビでは政治番組があって専門家の話を聴いていると面白い。

ほぼ眼は安定した。悪いなりに納得できる。

眼の状態 0+


8月20日(金)BTX44日
また先日の銀行に寄った。面白い事に近くの蕎麦屋さんを薦めるので昼食に入ってみた。お店は大変しっかりした構えでソバも大変美味しかった。でも銀行から蕎麦屋さんを薦められたのは人生で初めてだから、ついつい何でなの?と考えてしまう。銀行のお得意様なのだろうか?
BTX後43日なってしまったけれど、横浜の脳神経内科に注射後の診察に行った。
先生からみれば、眼を中心とした症状はかなり悪く見える。私にして見れば、最悪時代を過ぎた今はむしろ上の部である。「先生が処方をいろいろ提案頂いているが、いつもお断りしている。私は生涯をBTXのみで済ませようと思っているが、それでも良かったら、先生お願いします。ブログでその推移を発表しています。」と申し上げたら、あっさりご了解頂いた。
帰り際にみなとみらいに寄り写真を撮りながら、Queens'Square,日本丸、最近できたロープウェイ等を見て回った。
かなり歩き回ったので、追浜へ戻ったらすっかり疲れが出てしまった。幸いドトールコーヒーショップがあるのでアイスコーヒーを飲みながら1時間ボーツとしてバスで帰宅に向かった。

外出も気分良かったし、天候も良し、目も程々に良し。

眼の状態 0+


8月19日(木)BTX6週
晴天でアチコチと入道雲がにょきにょき、もりもり盛り上がっている。太い棒状の雲も見かけるようになった。大量の水蒸気が盛んに上昇気流で空を上がり、上空で冷えて水滴になり雲が出来る。最近の温暖化に連れて線状降水帯はこれの大規模な入道雲雲が発生している状態だろう。人類の生命を脅かす水害になる、人工的な構造物の堤防や砂防ダムで賄えるだろうか? コロナ感染症と共に人類の脅威になった。
トイレットペーパーは女房の買い物の負担が大きい。何しろ嵩張る、軽いからと言っても楽ではない。スーパーへこの為だけに買い物車に行ったのは良いが、乗り切らない。無料提供の薄い袋を使って紐を作り2個入りの4袋を縛り付けた。幸い店員さんは協力的でお咎めは無かった。目出度し、目出度し!
私がどんな歌のCDを持っているか、想像出来ないと思う。Jupiterでデビューした歌手の平原綾香さんである。個性ある詩、曲、歌い方が結構気に入っている。もう一つは私が教えて頂いたラテンクラシック分野で活躍している先生の茉莉和世(まりかずよ)だ。ラテンのみならず広い分野で歌っており素晴らしいメゾソプラノだがもっと人気が出ると良いのだが・・・これが難しい。じゃ、他に誰のCDが好きで持っているか? 小林旭、アリス、さだまさし、河島英五、森山直太朗、吉幾三、BEGIN,鮫島有美子、和田アキ子(CDのみ)、高橋真梨子・・・好みに一貫性がない。

まあ一日をのんびりと楽しく過ごせた。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強い。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。これが経験が無い位だ続いている。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



8月18日(水)BTX42日
兎に角晴れて、女房と電車で二駅にある銀行に出掛けた。面倒くさいから滅多にお店へ行く事はないし、必要もない。支店が移転したのでちょっと様子を見に行った。
テリトリーでは横須賀から横浜になったわけで、綺麗で個人情報には何事につけて厳格である。この点の扱い方は10年前と著しく異なる、店員さんもご苦労様だ。何事も簡単に信用出来ないご時世、仕方がない。

日中27℃とそんなに暑くもなく、眼の負担も少なくなって少し眼は良くなった。

眼の状態 0+


8月17日(火)BTX41日
やっと続いていた歌の会も横須賀市長が公的な福祉会館などの施設を閉めたので、練習する場所が無くなってしまった。どちらにしても午前中は雨が降って、積極的に行動する気もならず燻っていた。夜には小学校時代の友人5人とZOOM会議を行った。困るのは、私が意外に結構軽薄に喋り過ぎることなのだ。私が育った中、高校時代に先生が「君たちの先輩で、なかなか面白い事を言う男がいるんだよ。だけど中身が無いんだなア」・・・この一言は結構堪えた。逆に「立派な事を言わねばならぬ」と浅はかにも思い込んで、すっかり人前で喋る事ができなくなった。この融通の利かなさが問題であったのだ。最近は「どうせ自分は自分にしかなれない」と諦め居座っている。

横須賀市の視覚障害者協会はまだ私達眼球使用困難症群の人を入会を認めていない。お願いはしているが、いつになるかは分からない。10日に眼球使用困難症候群協会の秋國事務局長が公明党のご協力を得て、山本副厚労大臣に面会し「要望書」を提出している。この辺の様子と目と心の健康相談室の講演会の案内状を作成して横須賀市協会長に送る資料を纏めていた。

鬱陶しい一日で過ごした。眼はまた下向きに転じた。

眼の状態 0


8月16日(月)BTX40日
九州、西日本はまたも豪雨災害に襲われている。一日に1000mmも雨が降るなんて私の退職時代までに聞いたことが無かった。地球温暖化の影響は年々加速するようになった・・・恐ろしい速さで進行している。日照りは火災で焼き尽くす、豪雨は水害で水没させる。私が20年前にIPCCの警告を聞いてから、アッと言い間に予測された事態に直面することなってしまった。CO2の排出権取引は良く聴いてみると、自然の緑を破壊して工場を作ると取引が成立すると言うのは全く理解出来なかった。この仕組みは経済を減衰するものではないと、専門家が経済計算で証明したり、排出権を証券化して投資信託化できる・・・とても理解できない。環境問題に取り組む会社への株投資も注目されているらしいが、本当に大丈夫なの?
私が生きている間は大丈夫と思っていたが、もう目前に迫った。子供の世代は避けることが出来なくなった。水素燃料を持ち上げているが、水素を作るのにどんなに大きなエネルギーを消費するものなのか?私が思いつく案は、水力発電で水を電気分解する位しかない。水は水素の燃えカスだから、この方法でも燃えるより遥かにに大きいエネルギーが必要になる。CO2はできなくても膨大なエネルギーを排出する。・・・・目に関係が無い話を延々とやって申し訳ありません。

さて、眼はやや良くなった。

眼の状態 0+


8月15日(日)BTX39日
今日も台風の影響で全く室内に留まった。家内も買い物を止めてしまった。知人と情報交換したり、他愛ない世間話をする、音楽を聞く、テレビでスポーツ観戦、ミステリー番組を見る、ラジオを聞く。・・・なんとも言い難い。
新コロナ感染症で、3密対策がある。これをお互い2m離れて配置してみた。自分を中心に6名が
時計の2,4,6,8,10,12時の位置に人が居る。この中一人が陽性であれば陽性率は14%になる。但し、外側の一人黒丸印が中心の私に近ずくと黒丸の両脇の人との人との距離も近ずき4人間の距離が2mを割ってしまう。これで感染すると一挙に陽性率は57%になる。距離を確保するの難しさを改めて知った。 
感染症距離対策.png


8月14日(土)BTX38日
台風の影響で強い雨が降ったり止んだりを繰り返し、外出は女房の買い物に付き合っただけ。それも帰り掛けに迎えに行くのみ、買っている最中は余計な口出しはしないように心掛けている。これだけ外出を控えると鬱陶しいことかぎりない。
もう特にここで披露する話もなく、のんびりと過ごした。運動不足は日常生活に支障を来すのでラジオ体操、ストレッチ以外に握力強化、ダンベルとスクワットを少しだけ加えている。高齢者だから十分気を付けながら続けて行く。

眼が良くなった。昨日と何でこんなに変わるのか、何が切っ掛けか?全く分からない。

眼の状態 0+


8月13日(金)BTX37日
朝、眼が覚めたときに何となく身体に力が入らなくて心許ない。不安感を持ってしまう。日常的に血圧と血中酸素濃度を測ってみると次の通り。
6時00分:血圧 上132mmHg/下80/脈拍54毎分 血中酸素濃度97(%)
9:57 :    140/78/66               98
10:38 :    110/67/63               97
15:15  :    129/79/69               97
22:20  :    99/63/61                97
22:30   :   116/66/66       97
起床時の血圧がいつもより高い、また脈拍も遅い。別段異常はない。
酸素濃度は医師の測定器に較べ精度が落ちているので+3〜+4を加えて補正している。
眼の悪さに血圧や血中酸素濃度に関連するかと思ったが、全く関係は見いだせなかった。低気圧の接近や前線の影響を長年研究なさっている方が居ることも聞いている。そのチャレンジ精神は立派である。医学や学術的観点に立って関連を結びつけ証明するのは素人には中々難しい。私達機械技術者は鉄の強さを41kgf/平方ミリメートルという値を使っている。しかしJIS規格に準じてこの数値を決めるまでには大変なデーターの積み上げがある。証明するのは容易な事ではない。まして人間であり生物が対象だから、いろいろな環境条件に左右する。

原因は分からないが、眼がクシャクシャして、後頭部はジンジン、ガンガン、精神的には超下向きで終日ゴロゴロ、ダラダラと過ごした。

眼の状態 ー1


8月12日(木)BTX5週
割と眼が良かったので、一挙にデスクワークに集中して午前中を過ごした。台風の影響はまだ少なく午後はかなりの快晴となった。当然、庭で暴れまわる雑草除去に奮闘を続けている。困ったことに隣家との境にあるモチノキの根っ子に竹の根っ子が伸びているのを発見した。愕然としたものの、「クソツ」と一挙に戦闘モードに入り竹の根と格闘した。お蔭様で大変良い運動になって、シャワーを浴びて夕飯時の軽い一杯を楽しめた。

一日を気持ち良く過ごせて、眼もやや負い状態になった。眼の悪さを意識せずに済むときは眼は良くなっている。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強い。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。これが経験が無い位だ続いている。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



8月11(水)BTX35日
コロナ感染拡大には恐怖を感じている。うがい、手洗い、消毒と3密対策は実施するが来月の床屋さんはどうしよう。友人達と会うのもいつになるか分からない、横須賀市は全ての人が集まる公共施設を閉鎖した。福祉会館、文化会館、生涯学習教育、コミュニティセンター、みんなの家等々で行き先が無くなった。一人風景を楽しみ、庭仕事、室内清掃、歌の練習と写真に没頭するか。
今日は床のワックス掛けに専念した。かなり労力をようするので、疲れその後はテレビを見ながら居眠りに興じていた。

今日はワックス疲れで眼が悪くなり、これが居眠りを促進させた。

眼の状態 0


8月10(火)BTX34日
久し振りに市の中央に出掛けた。最近のインド株によるコロナ感染症の拡散、拡大は日々恐怖が強くなるのを感じている。自分の身は自分で守る・・・それ以上の手段はない。政府はワクチンを早くやれと号令して、ワクチンが入手できないで不足する。医療逼迫になると、重症しか入院させずに自宅治療にすると治療対策放棄を持ち出して避難されると撤回する。自分の手柄、業績を誇りたい気持ちと内心のプライドが絡み合い頭脳が凝り固まって回転出来なくなっている。第2次大戦で日本政府が国民の犠牲を顧みずに戦闘拡大と敗戦、撤退を繰り返しながら玉砕だ、転進だ、本土決戦など口ばかり勇ましさを謳いあげて原爆投下の悲惨な目に合わせた。
その頑な態度とそっくりさんだ。
敗戦が決まると、政府軍部は書類焼却し関連する大学の学部は資料を焼却し、学部名も無くしてしまった。戦後、私如きが入れた学部は精密工学だったが、これは戦前の造兵学部の名前を一夜にして書き換えたものであると・・・これは教授の方々から聞かされた。

特に眼の症状は変わらない。

眼の状態 0


8月9(月)BTX33日
長崎へ原爆投下された記念日。NHKのラジオを広島の惨状を知った米国女子学生が許せないと言ったのが気になっている。直接には広島でも長崎でも自分と同じキリスト教なのに、殺した事によるものだ。しかしその後に、日本人は何故米国を憎まないのか?と聞くと、それは無いと答える事だという。彼女は自分なら絶対に許せないと言う。ただ、宗教観の違いに寄るものだけでは無いと思って聞いていた。米国人は日本の真珠湾攻撃を許せないと思っているのか、今も変わらないのか。
来週にはボトックス注射後の診察に向けて、データーの整理に着手した。結構、面倒な作業になるので少しずつ始めている。

眼は今日もマアマア程度の良さ。

眼の状態 0


8月8(日)BTX32日
ブログに第48回ボトックス総括記事をアップ。今回はその最後に、ボトックスを使う前との症状比較を加えた。そうしないと、このブログを延々と書いていて何が良かったのか分からず終いになってしまうだろう。次回からも整理して行こう。

オリンピックは閉会。選手の活躍は素晴らしいし立派な成績を残した。ただオリンピックの開催は無謀としか言えない。政治は自分と業績に従って行って手遅れと失敗を繰り返している。手柄とかプライド程、厄介なものはない。沈着、冷静な判断なくして政治は出来ない。

眼は連日変わらず。

眼の状態 0


8月7日(土)BTX31日
このブログをお読みなっている方は呆れておられると思う。自分では2,3日書いていなかったと思って開くと、もう一週間になりそうになっている事が度々である。これも私の楽観的物忘れである。
オリンピックのテレビ観戦は先ず女子のゴルフだ。全く運動らしいものは全くしない女房も結構スポーツ観戦をする、意外に関心があるようだ。学生時代は音楽を専攻していてピアノもあるのに弾こうとしないし聴こうともしない。音楽会は誘えば行くが自分からは行かない。・・・なのにスポーツは気になるらしい、得たいが知れない性格だ。それは兎も角、井波もえさんが銀。野球は米国に勝利し優勝は見事で立派。

眼はテレビ観戦の影響であまり良くない。かと言ってかなり悪いわけでもない。

眼の状態 0


8月6日(金)BTX30日
終日行動は昨日と変わらない。暑さは更に強くなり、身体を動かすのも億劫になり益々オリンピックの報道に頼っている。日本の選手が活躍は矢張り気分が高揚する。
因みに発声練習や活舌訓練の外郎売はボチボチと続けているが、それでも声がガラガラ声になるのが気になる。少し弱い風邪気味になっているようだ。

ドライアイとショボショボ感が目立つけれど、そんなに悪くはない。

眼の状態 0+


8月5日(木)BTX4週
台風が三つも出来ているが、こちらに向かうの1コだけらしい。朝は入道雲が活発に沸き上がり夏らしく、夕方には天候が下り坂を予感させる絹のような雲が沢山空に広がっていた。台風の予報を見ても雨が主体で風は大した事は無さそうだ。世間んはオリンピックとコロナの急速な感染拡大に歯止めは掛らず、ワクチンを接種したは以前より脅威と不安を感じている。娘は年齢順待ちとなって未接種だ、一方感染拡大の著しい横浜で働いているのでかなり心配になる。
このブログはオリンピックのとばっちりを受けて、アクセス件数は激減して毎日百件を割っている。いろいろ批判もされるが、自粛生活の我々には重要な息抜き、娯楽になっているのは間違いない。
暫くご無沙汰している友人、知人にメールを送ったりラインのお蔭でご無沙汰知人とも挨拶、情報交換をしている。
一方、身体は動かさないとドンドン錆びつくから、室内清掃ワックス掛けと庭での雑草取りを行っている。頭も錆びつくが、頭脳を使うと頭が疲れて血圧が150mmHg位上がるからこれも程々にしなければいけない。

眼は朝方、しょぼつきと痛みがあって昼から夕方に向け徐々に良くなった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。これが経験が無い位だ続いている。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


8月4日(水)BTX28日
毎日、あまりにオリンピックに頼って生きているみたい。しかし屋外は暑い。室内の清掃、特に中々出来ないフローリングのワックス掛けを少しずつが良い。一畳分位が丁度だ、気が付いてみると女房が家庭内で長年やって来た雑用が身体を動かすのに手軽で実用的な運動になる。それに庭仕事をやれば立ったり、しゃがんだりスクワットまがいの運動にもなる。・・・そう自分に言い聞かせている。
夜になると、小学校時代の友人と定例ZOOM会議を行った。隔週ごとなので話題が無くなり始めた。

眼は連日変わらず、落ち着いてきた。

眼の状態 0+


8月3日(火)BTX27日
さて楽しみにしている歌の勉強会に参加した。一時より増えて7名になった。
今日も会場を間違えて2分遅れで到着した。すでに皆さんで席やピアノの配置と殺菌消毒が済んでおり申し訳ない。人数も増えたこともあって、先生は発生のメカニズムから発声準備体操それから発声練習ときめ細やかに行った。一方歌う曲は「静かな鐘の音、埴生の宿、Long Long Ago、」で小学校時代の歌でもう一つは「春への憧れSehnsucht Nach dem Fruhling」これは聴きなれない歌だ。
いつも歌の後はJR横須賀駅を通り過ぎ日米横須賀基地とヴェルニー公園の弁当昼食を済ませ汐入駅から帰宅するが、コロナインド株と日曜日の救急処置後とあってすんなり帰宅に戻った。

眼は連日変わらず。

眼の状態 0+


8月2日(月)BTX26日
熱暑と昨日の騒ぎで外出には慎重になった。老員会の配布資料は女房にお任せ。明日の歌の練習と庭の雑草処理とオリンピックのテレビ観戦ぐらいで済ました。
歌の練習で一番苦手なのが、ハモル事だ。低音部を繰り返して覚えるのに、イザ合唱を始めると忽ちメロディーに引っ張られる。他人のメロディーに聴きながら合わせてハモらせるとか自分の歌を堂々と歌うように心掛けなさいと言われるが、難しい。今の先生は基本から教えてハモらせたり、外したりと繰り返しいろいろ工夫して貰えるのが非常に助かる。これは日常で他人に教えるときの大切な方法だなと思い当たる。私のような出来ない人間を教育指導するときの心構えだ。
最近は金融機関の方達と話すと、健康の確認、家族に私の信託貯蓄などを承知するように求める。物騒な世の中だから、そこまで配慮して貰うのも良い事だ。しかし、相続の心配もしてくれるがこれは商売熱心の心が伺える。

眼の方はどうやら、限界まで良くなった気がする。当然、満足している訳ではない。
しょぼつき、眩しさ、鬱陶しい、眼玉の周囲に緊張感、ドラアイ他に白内障で霞む、眼の中がゴミだらけになる、黒いゴミが虫のように動く。眼瞼痙攣以外にも加齢で生じる症状が入り混じっている。白内障の手術をしたらどうか、緑内障に関わる眼圧低下の点眼液を使ったらどうか・・・先生に相談しようと思う。ただ、最近先生は高齢だからと諦めている雰囲気を感じてならない。

眼の状態 0+


8月1日(日)BTX25日
朝食中に異常をきたした。汚い話で恐縮だが便秘で猛烈に苦しくなった。水分補給とヨーグルトを食べて自分なり気を付けていたのに、何故だ? 此処ならずも救急車で横須賀市の救急医療センターにゆく事になってしまった。幸い大事に至らず軽い処置済んだ。医師は私の場合、直腸からの大量出血の恐れがあるのでここの医療センターに来たのは良い判断であったとの事であった。
原因は不明だが、深夜に喉が渇き頻繁に水を飲み頻繁にトイレ通いを一時間も経たずに繰り返していた。・・・・何か影響があるのだろうか?

いろいろとトラブルはあったが、眼に影響せずに済んだ。眼もここら辺が限界で、後はラッキーで奇跡で+1が起きるかどうかだけのような気がする。

眼の状態 0+

7月31(土)BTX24日
オリンピックのテレビ観戦、庭仕事で終わり。それに一か月町内に渡りボランティア活動の方々が私の写真を展示してくれて今日が最終日。皆さんのご協力で無事終え撤収した。途中2回程度しか顔をだしていないので、評判は分からないけれど良いチャンスを頂けたことには大いに感謝、感謝!!

怠けても眼はほゞほゞ状態を維持している。

眼の状態 0+


7月30日(金)BTX23日
昨日の都内小旅行の疲れが残った。サボるのが良いと終日ダラダラとオリンピックの報道番組を見ながら過ごした。以前と違って各局がいろいろなスポーツを中継するので、退屈することはない。

怠けても眼はほゞほゞ状態を維持している。

眼の状態 0+


7月29日(木)BTX3週
晴天、高温で更に新コロナのインド株とあって外出はしたくないが、母親の命日とあって都内の飯田橋にあるお寺に出掛けた。なるべく荷物は減らしたいがお花を持って行くのが億劫だ、かと言って都内で花を買うと高くつく。行けば同じお寺にある女房の親父さんのお墓も知らん顔もできない。二人で嵩張る花束を持って出掛けた。でも、私が1級身体障碍者だから女房は付き添いになって二人で一人前の交通費でこれは随分助かる。連日の晴天、高温でお墓に並ぶお花は皆見事にドライフラワーになっていた。因みにここのお寺には井戸がある、飲んではいけない事になっているが災害時には貴重な水になるだろう。
昼飯は神楽坂では高くつくと、東京駅地下街のレストラン街に寄って見た。一巡しても特にこれと言ったお店も無く、全国ブランドの何でも揃うお店に入った。従って注文も中華系とサラダになった。矢張り流石に神楽坂は違う、特徴あるお店が競って並ぶので却って高いとばかり言えない。お酒は全く出ないので瓶入りのノンアルコールで祝杯を揚げるしかなかった。
帰りに品川からの電車で私に席を譲って頂いた。その方は横浜まで立ちっ放しになってしまい、却って申し訳なかった。譲られる私達も混雑時は控えるべきだろう。

ちゃんと先祖のお墓参りを行った心掛けか、今日も眼は良かった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


7月28日(水)BTX21日
学生時代の友人と合わせて3人で三浦海岸駅で合流した。県知事が神奈川版緊急事態宣言で人影殆ど無い。砂浜までのお店もひっそりして、海にでるとやっと人が多くなる程度だ。海は荒れ気味、波打ち際で遊ぶのが精一杯の様子。台風の影響が大きすぎる。撮影後にお店で乾杯をしたいが、例外なく酒の提供はやらない。コンビニで缶ビールを買ってきたいと言ってもノーだ。
諦めきれず巨大なリゾートホテルのレストランに入っても同じ、シブシブとノンアルコールビールで祝杯をあげて食事にした。メニューもあまり選択の余地が少なく丼物ばかり。まあそれでも、卒業以来の顔もあって長い話になった。40歳過ぎて脱サラし今日にいたるまで、事業を続けている男がいた。卒業以来公的交通機関に乗った事が無いと言う。勤め先まで25分以内で自家用車ばかり乗っている。だから日焼けしていないし、足元がチョイ危なっかしい。ビックリしたのは電車やバスの切符の買い方や乗り方をしらないのには愕然とした。・・・この世の人とは思えない。
食事後は西海岸に回り夕陽の撮影を狙い荒崎海岸からスタートした。ここは程々に海が荒れ、良いタイミングになった。ただ西海岸をバスで北上すると、水平線の雲徐々に濃くなり、真名瀬から森戸神社辺りの景勝地の海、岩礁、富士、箱根、伊豆は霞みに隠れてしまった。大きな期待外れの撮影会となった。でも気落ちすることもなく一日を愉快に過ごすことが出来た。

眼は最悪を免れたけれど、あまり良くはならない。友人と付き合っていて、眼を忘れていただけ。眼を意識すれば悪さを忽ち感じてしまう。

眼の状態 0−


7月27日(火)BTX20日
台風の影響は殆どなく暑さを象徴するように入道雲がニョキニョキと発達し続けていた。友人との再会も明日へ延期となった。

眼は一挙に後戻りした。オリンピックを見るのがいけないのだが、矢張り気になって止められない。朝から晩まで眼が痛い、頭痛、首が痛い、肩が痛い、瞼は簡単には開かない。

眼の状態 ー1


7月26日(月)BTX19日
今日のオリンピックは卓球、バレーボール、水泳、柔道が主になった。日本の選手のレベルが着実に世界レベルに向けて高くなっている。素晴らしい結果が嬉しくなる。これからはバスケットボールも活躍出来そうで頼もしい。
明日は友人達と三浦の漁港レストランで一杯飲む予定だが、天候不良で明後日に延期した。新鮮さが売り物だけに時化で冷蔵庫の残り物を食うことになるのは避けたい。

眼は昨日同様。

眼の状態 0+


7月25日(日)BTX18日
オリンピックが始まって日常生活が変わってしまった。各テレビ局が色々な種目を見せてくれるので、選択に迷う位だ。結局2台をつけてどちらかを見る様にしている。眼は霞んでいるので、私は大画面を女房は普通サイズになる。兎に角、終日飽きる事がなくて結構だ。一方、台風がこっちに来るらしいので庭仕事も急がず、慌てずに頑張っている。逞しい雑草に取り組みその強さに圧倒されながら続けている。

眼は良い状態になった。瞼の痙攣は減って動きが鈍くなっている。眼のなかのスッキリ感はないが弱いショボショボ感が残っている程度だ。

眼の状態 0+


7月24日(土)BTX17日
横須賀市視障協の役員の方々とお話をする事ができた。幸い、私達の病状、生活実情、医学界の現状、最近公明党の積極的な協力を得て田村厚労大臣の協力姿勢を国会で名言されたこと・・・等々しっかり聴いて頂くことが出来た。この協会はまだ障害者手帳を持たないと会員にはなれない。だけれど私達患者を理解し、受け止めて頂けるようにまた患者さんや専門医師の話しを聴いて頂けるようにお願いした。過去の市協の方針から即座に受け入れられるのは難しいだろう。ここでも多様性を発揮して頂きたい。

なんとなく眼が良い方向になっているのを実感している。

眼の状態 0+


7月23日(金)BTX16日
オリンピック開会式となった。コロナ禍と批判の渦巻くなかの開催ではあったが兎に角開催された。選手達はにはやりにくいかもしれないが、競技に集中して最善の結果をだして頂ければ良い。政治的狙いや関係団体組織の集金を狙っての活動も報道関係かから多くの指摘をされて知るにつけ、私達はどうして鈍感なのかと思ってしまう。権威主義、殿に仕える、会社あっての自分がある、寄らば大樹の蔭・・・くっついていて安心する。海に囲まれて孤立無援の日本列島は協調性を大切にしてきた。良く似た位置関係を持つ英国とは随分違う。長い歴史いの中で、矢張り日本は大陸との闘いが少ない。或いは蒙古を除くと攻め込まれずに済んだ幸せ背景がそうさせたのかもしれない。
米国も格差や黒人差別があって住み良い国とは思えない。でも、多方面に大きな成果を輩出する素地がある。世界から人材が集まり、競い合って新しいトップの姿を創り出すエネルギーがある。このエネルギーがまた次の世代を創出する。これからのディジタル世界は地域の格差を乗り越えて、発展につなげられるのか?私にそんな問題は桁違いに大きすぎて名案など出る訳もない。

眼の症状は好転している。瞼の痙攣が弱る前に、厚ぼったく動きが鈍くなる傾向を感じるようになった。

眼の状態 0+


7月22日(木)BTX2週
今日も暑くて外出は女房の買い物のお供で行くだけ。後は日陰を頼って庭の手入れをするだけ。それ以外は室内清掃、休息で何とか済ましている。
夕方には友人と三浦半島で美味い物探しようと、相談した。

眼は良くなるだろうが小康状態だ。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:閉じる力が弱くなった。眼玉の後ろ側の緊張感は消えた。
〇ドライアイ:涙が溜まっているのは鏡で確認出来ている。ムコスタ点眼液とジクアス点眼液を一日おきに交互に使う。パソコン画面をに集中していると、ピンボケになる。しっかりと瞬きするとハッキリ見える。結局コンスタントに涙が出ていないと画面も文章も継続して見ることは出来ない。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が減るにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極的さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入るようになった。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


7月21日(水)BTX14日
日中の気温30℃越え、湿度70%越えはそんなにお驚く程の事ではない。三浦半島は海に近いし、海風も通るから恵まれている。それでも日中庭で作業をするのは危険だから、日陰のなかや夕方になるがその内蚊に追い回される。向こうは命がけだから、装備工夫が必要だ。もう少し経つと蚊取り線香を身体の周囲に3ヵ所もおかなければならなくなる。
オリンピック開会式が迫る中、コロナ禍に関連する問題が次から次へと出て来る。多くの方から誰のためのオリンピックか?誰を守っているのか?と指摘される。参加する選手達にとっては4年に一度の人生を掛けた大イベント、参加し栄冠を目指すのは当然。この心を金儲けに利用する人物や組織そして国家。こんな下心が良く見えるオリンピックになった。今回の金の収支決算は誰が責任をもって発表するのか、或いは誰が闇に葬るのか。

眼は少し良くなる傾向を感じる。涙が溜まるようになった、瞼が厚ぼったく動きにくくなった。過去の経験からボトックス効果の出て来る兆候である。

眼の状態 0


7月20日(火)BTX13日
歌の勉強会の日だ。会場につくと先生が一人でピアノの練習をしていた。最近、先生が一層熱心になっているのを感じていたがチョットびっくり。先生もワクチン接種が終わり解放感を味わっているのかもしれない。準備体操、発声練習と懇切丁寧でいい。2部合唱でも嘗て教えて貰った事が無い程、理論も含めて丁寧だ。私も参加している楽しみが増えている。そもそも私がリクエストした「ねむの木の子守歌」を練習後に一人一人で独唱したが、私には立って姿勢や楽譜の持ち方まで教えて貰った。眼の悪さで姿勢が悪く成ったり、ジストニア振戦で手や身体が震えているので気になったのだろう。折角だからこの機にと・・・と思い病状説明をしておいた。
夜は小学校時代の友人とZOOMクラス会でしばし気楽な話を一時間程行った。

連日の状態を継続している。

眼の状態 0


7月19日(月)BTX12日
暑いが朝晩は30度にならないし湿度も70%前後で、海に近い山の上は随分助かっている。この程度も続けば体力の負担が大きいい。昨年の熱中症と不整脈が緊急入院になった事や女房も疲れ気味なので、台所と繋がる居間はエアコンを付けっ放しにする事に決めた。雑草の闘いは続く、昔の人達が新たな土地を開墾して畑を作り収穫を得た等とても今の自分には出来ない。一家で毎日必死の思いで働いて、犠牲も沢山あっただろう。長生きなんか出来るわけが無いだろう。
踏切の中でスマホを見ながら、事故死のニュースが流れた。この事故の直前に周囲にいた人が何故注意しないのだろう?かなり疑問に思っていたら、皆スマホを見ていて気付かなかったという。国民全体スマホ中毒、スマホ依存症なのだ。そのうち医療機関にスマホ依存症の治療が始まるかもしれない。電車の乗降、階段、横断歩道、自転車に乗りながら、車の運転中・・・危険はますばかりだ。実はそんな危険が自宅にもある。この無責任さの発祥の地は自宅なのか?!

眼はまた程々に悪い状態になった。一つ最近に見られない事が起きた。洗顔時に水が眼に入るようになった事。瞼が厚ぼったく動きにくい。これはボトックス注射後に見られることだったけれど起きなくなって久しい。良い兆候であればいいが。

眼の状態 0


7月18日(日)BTX11日
高齢者優先でワクチン接種2回を完了した我々は、堂々と飲み屋街に出掛けた。お店は遠慮がちで閉めている所も多い。全国ブランドのお店にはいると、直ぐに90分でラストオーダーと言われるがそれで十分だ。お酒も料理も絞り込まれているが、そんな事は気にならない。いつもの如く他愛ない世間話と病気の話で解放感溢れた一時であった。別れた後に二人が別々な所で2次会をやったそうだ。余程嬉しかったに違いない。私には飲み過ぎた感があり、帰宅後はぐったりするばかりであった。

眼は朝から日中に掛けて軽いショボショボ感があった。夕方になってショボショボがきつくなった。

眼の状態 0


7月17日(土)BTX10日
朝から空にに逞しい入道雲がにょきによきと育っていた。でも気温は30℃に至らず、湿度は70%だ。まだエアコンはたまに使う程度済んでいる。扇風機は各部屋で大活躍している。庭に出て雑草と闘うが、毎日敗退する。育ったドクダミの茎など、太いうどんみたいになっている。何時も植物の根っ子の多様な姿、生き伸び方には感嘆する。草をむしっていると分からないが、スコップで掘り返していると良く分かる。夏休みの自由研究には面白く、独創的な作品になるだろう。一年間続けたらちょっとした論文になる。
夜には眼球使用困難症の協会設立協議会ZOOMが行われた。私はもう脇で聞いているだけのオブザーバーである。8月には一段と進んだ報告がきかれそうで、楽しみになった。
今日も活舌の外郎売と初歩初歩のヴォイトレを涙ぐましく続けた。もっとも他人から見ればであって、自分は淡々とやっているだけだ。

眼の症状はほんの少し症状が緩んだような気がする。

眼の状態 0


7月16日(金)BTX9日目
ヤル気の無さを何とか脱出しようと、活舌向上の外郎売を3回音読し、YOUTUBEから外郎売の先生を参考に練習した。続けてボイストレーニングを亀渕友香先生の超基礎練習CDでも練習と、聞くも涙語るも涙の物語ではないか!この二つを続けるのは頑張る気持ちが必要だ。何故かと言えば、ちっとも面白くないからだ・・・下手でも良いから歌い続けたい気持ちがなければ出来ない。
午後は整形リハビリに行ってきた、これは随分腰の回りが軽くなり希望が出てきた。これからは、慎重なトレーニングで一人前に歩けそうだ。

眼は朝の間眼の後部の緊張感が緩み、日中は眼がボーツとしていて、夕方にはまた緊張感とショボショボ感が出てきた。

眼の状態 0


7月15日(木)BTX1週目
可成り眼が悪くなって。極端な症状は眼玉の後ろ側に強い緊張感があって文字を見る時は、その緊張感で見ている事が辛くなる。これは眼輪筋の収縮痙攣が瞼を閉じるのとは異なるメカニズムのように感じてしまう。今は瞼の閉じる力はそんなに働いていない。眼に涙だが溜まっているのも見えるからドライアイも弱い。いつもの眼科に行くと代診なのであっさりと眼瞼痙攣の症状だろうと言う。私が前回の診察で眼圧が20mmHgだったのを指摘すると、「何も問題はない、眼底も綺麗、」で終わった。最近ここの先生は私の高齢化を見て「・・・どうせお年なんだから」と投げ遣りになっている気がする。べつな先生に診て頂く必要がありそうだ。
かかりつけ医に健康診断の結果を聞きに行った。前半に良好で特に調べて頂いた知心臓のポンプ力(初めて聞く調査だ)は十分良く心配ないとの事であった。
その他は従来通りの血糖値と尿酸値に注意を払いことであった。
また前立腺がん手術による副症状が大腸ガン検査に引っかかるので、専門病院で相談することになった。大腸がんの苦しい検査なんかやりたくない。
さらに整形外科でリハビリをして帰宅した。すっかり高齢者らしく3医師巡りをしてしまった。

眼は兎に角眼の後側の異様な緊張感に参った。

眼の状態 ー1

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:閉じる力が強くなった。但し、開く力も弱い。不快感が出てきた。眼玉の後ろ側に強烈な緊張感がある。眼圧20mmHgの影響はないのだろうか。
〇ドライアイ:涙が溜まっているのは鏡で確認出来ている。ドライアイではないだろう。眼にほんの気持ち気持ち良さがあるのでムコスタ点眼液とジクアス点眼液を一日おきに交互に使う。
〇眩しさ:眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が減るにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:眼玉後部の緊張感が起因して痛みがある。肩が凝って痛みに感じる。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。やや消極的。何事も動き出しが遅い。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


7月14日(水)BTX7日目
今日も動きたくないが、庭に繫茂する雑草の勢いにジッとしていられなくなった。日差しは大した事がない、でも高温多湿である。ドクダミ、つゆ草、蔦と逞しい植物と格闘した。30分やったら30分休む、とても続けられない。どうやら女房にやった!言える位には除草した。まだまだ、竹の根っ子の除去が全然すすんでいない、地上に掘り出した根っ子からもう葉っぱが伸びだしている。焦っても仕方がない、良い運動になったと思う。

屋外作業はかなり矢張り眩しかったのかもしれない。瞼が下がって、ピントも会わないので簡単な新聞記事さえ読めない。

眼の状態 ―1


7月13日(火)BTX6日目
昨日のつくばへの小旅行が結構影響した。疲れたのだろう、動く気がしないまま一日終わってしまった。気に入っているリクライニングのソファで何となくテレビに向かい過ごした。ここが一番楽で良い。

眼も極端にショボショボして、瞼が開かない。珍しく後頭部も痛みが出ていた。眼の中の緊張感は何だろう、眼玉の奥或いは後部に収縮する力が働いているように感じる。眼圧が20mmHgと高くなっているのと関連するのだろうか。

眼の状態 ―1


7月12日(月)BTX5日目
親戚と筑波に行って来た。故郷の茨城県には昨年の3月に行ってから久し振りのことだ。秋葉原で待ち合わせてつくばエックスプレスで向かった。初めて乗る車両は特急で素晴らしく快速を飛ばし45分で当着した。デザインも洒落て綺麗な車両には好感が持てる。ただ、走行時にシャーシャーという騒音が気になり、今一クッション性に欠ける。案外コストを控えた作りではないか?この路線はトンネルが多いし、踏切も無い、カーブも少ないので環境安全性は抜群だ。その分低価格に生産できたのでは。
つくば大学の生徒さんには勿論、この学園都市に住む方、働いている方に随分便利な所だ。駅前は広々として、高いビルもなく解放感あふれた快適な地である。大学向けの循環バスで広大な森に囲まれた敷地を一周した。こんなに環境に恵まれて過ごせるなんて、幸せそのものだろ。
とは言っても大都会の街の灯りから離れたくない人々には凡そ不向きである。
バス待ちのベンチで昼食をお結びとお茶で済ませ、次の筑波山神社に向かった。
バスを降りると直ぐに新装なった新品そのもの神社に到着し、周囲の変化に驚いた。
もう私の記憶する雰囲気はなくなってしまい、コロナ禍で静かになろお店も旅館も侘しい。私は脊椎管狭窄症が再発しないように、山頂には行かずコーラやアイスクリームで時間を過ごし土浦に向かうバスを待った。
帰りのバスは一旦乗換て土浦駅に向かった、子供の頃はローカルなガソリンカーだったか満員になると、傾斜で動かなくなった事が懐かしく思い出させる。今はその路線は廃止されて「りんりんロード」という自転車専用道路になっていた。
文句を付けて申し訳ないが、バスのクッション性が悪くてガタピシと身体に応えた。
我住む、三浦半島でもう少し乗り心地が良い。
こうやってつくばからバスで走っていると、殆ど坂が無い。さすがに関東平野だけのことはある・・・・等と今頃になって感心した。関東地域外から訪問されると、広さを感じ飽きてしまうのではないか?
土浦からの電車は、常磐線で電化が遅れた路線で随分蒸気機関車に引かれる列車に乗り田畑の中を進み、回り灯篭を回るような景色に喜んでいた事が思い出された。

今日は何のストレスも感じない、のんびり小旅行で眼もまあまあご機嫌であった。

眼の状態 0+


7月11日(日)BTX4日目
暑くて積雲が浮かぶ夏空ではあったが、まだ梅雨の真っ最中で場所によってはかなりの被害も出ている。熱海の被害は人為的でお粗末な業者の工事が原因らしい。いつまでこの手の問題がおきるのか、腹立たしいばかりだ。
月一のヨガは視覚障害者相手であり、高齢者向けにもなっている。私にとっては大変良い運動になる。月2回とか3回あっても良い位。アシスタントに眼科の先生がいらっしゃり、藤沢地区で聖火ランナーを勤めたとの事でトーチを見せて頂いた。トーチと共に私と先生も含めてスマホ写真を撮ることができた。そのうち、FACEBOOKにアップしようと思う。先生のお名前も含めてご了解を得た。
いつのもの事だが、A君とノミニケーションをしっかり行った。当然3密に十分配慮した上でだ。

未だBTX効果は出て来ない。

眼の状態 0


7月10日(土)BTX3日目
太陽が出てきたので大急ぎで洗濯物を干してからフローリングのワックス掛けを行った。水で雑巾がけをして20分乾燥、液体ワックスを3回重ね塗りをする。この間も乾燥に20分かかる。ゴタゴタ家具を取り除け、終わったら戻す。たたみ2畳にも満たないのに、ガックリする位体力を使う。女房を誘って隣の八景駅の中華店で生ビールと五目そば、餃子で晩飯ヌキとした。これは女房対策でいつも良い影響がある。

きょうもまだBTXの効果は全くない。眼の奥の異様な緊張感、首肩のコリが気になりだした。

眼の状態 0


7月9日(金)BTX2日目
写真の勉強会が久し振りに行われた。コロナ禍であること、高齢化して山の上にある市の文化会館に来られない、平地でも来られな・・・こんな事情で参加は半数にもみたいない、7人と寂しい。作品発表も前はA4プリントだったのが、スライドになった。これは作者のイメージとかなり変わるので、面白味が無くなってしまった。皆は口に出さないが、自然消滅かな? と思っている。これはいろいろな社会活動グループに共通している。因みに私の写真をFACEBOOKにのせました。
ニュースで聴覚情報処理障害APDを報じていた。私達の眼球使用困難症群と通じて聞けるか、見られるかの違いで個人差もある感覚の極めて敏感な問題であると思った。脳神経の分野はまだまだ未踏の巨大な山のようだ。日本の医学界よ世界をリードする業績をあげてくれ!大谷選手だって頑張っているんだ。

まだBTXの効果は出てこない。

眼の状態 0


7月8日(木)第49回BTX初日
ワクチン2回目も終わり横浜へ出掛けるのも、一応心配が亡くなった。いい具合にBTX注射の日になった。午後3時にクリニックに着くと、ワクチン注射を待つ人たちが順番待ちになって、私の予約時間なんか通りり過ぎていた。
私のBTX注射のときは、先生忙しくってあまり話をする時間など殆ど無かった。事前に痛み止めクリームを塗ったせいか、随分楽になった。注射ヵ所は前回と大部異なり、症状を見ながらの対応だろう。50単位は同じだが、何か所かは分からず仕舞いになった。中間の診察で伺おう。
帰りは追浜の整形外科で1っか月振りの診察を受けた。ベッドで俯き姿勢で先生は背骨に沿って圧迫しなが腰まで確認をして痛みなし。
仰向きになって足を床に直角にあげて痛みもない、私に親指を反らせて頑張らせながら先生は指を曲げる。この力に頑張ったら「アツ!治った」と声をあげて、「良かった、良かった」という一方「念のため、リハビリは週2か3でも続けて下さい」とビジネスも忘れない。さすがに痛み止めの処方はしなかった。

BTX注射の際はかなり眼の状態は悪くなって、先生にとっては分かり易かっただろう。
また治療薬のお勧めがあったが、お断りした。先生からすれば、いろいろと試してみたいのは分かるが、あまり薬害禍を知っているととてもヤル気にならない。
先生にとってつまらん患者かも知れない。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:閉じる力が強くなった。但し、開く力も弱い。不快感が出てきた。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。涙不足で乾きとシブシブ感がある。ムコスタ点眼液とジクアス点眼液を一日おきに交互に使う。
〇眩しさ:眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が減るにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:ない。活動が鈍い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。やや消極的。何事も動き出しが遅い。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント