• もっと見る
«第45回ボトックス日記 | Main | 第46回BTX日記»
第44回ボトックスの総括 [2020年06月12日(Fri)]
第44回ボトックスの総括
btx44.png

btxdis44.png今回から新しく眼科の先生によるボトックス治療に切り替わっている。ただ神経眼科の医師の方々から十分な教育と実践経験も十分と承っている。それから私が4月下旬から5月の上旬までは腰部脊柱管狭窄症と坐骨神経痛による痛みと奮闘していたので、目の状態が十分正確な判断を出来ているかが心許ない。その点を考慮してグラフを見る必要がある。

始めの30日間は明らかにプラスで、注射直後から効果が出ている事が分かる。この傾向はかなり長い間経験していない事である。30日目位から+−と不安定になり、ボトックスの効果が落ち始めているように見える。ただ、この後の40日過ぎた頃は脊椎管狭窄症で強烈な痛みと格闘していた時期と重なる。

しかし不思議に0ばかりが連続して70日目位まで続いて、不自然に思える。恰も腰痛で目の悪さをマスキンギしているのではないかと思う位だ。或いは痛みに気を取られて本当に眼の症状が安定したのだろうか。腰痛が殆ど感じられなくなったら最悪−1が連発している。痛みが消えて眼の悪さがはっきりしたのか、今回のデーターを簡単に評価できない。
こんな事情で日数分布についてコメントはいたしません。


btxm.png

ここでも過去のデーターとの比較やコメントはいたしません。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント