CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第44回ボトックス日記 | Main | 第45回ボトックス日記»
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
坂本 征男
日常生活の不都合 (01/29) 坂本 征男
日常生活の不都合 (01/29) 平川孝子
日常生活の不都合 (01/26) hara juniti
第34回ボトックス日記 (10/01) hara juniti
第34回ボトックス日記 (07/25) 坂本 征男
第34回ボトックス日記 (06/23) Nami
第34回ボトックス日記 (06/23) 坂本 征男
日常生活の不都合 (06/15) はじめまして
日常生活の不都合 (06/12) 坂本 征男
第32回ボトックス日記 (02/21)
第43回ボトックスの総括 [2020年06月12日(Fri)]
第43回ボトックスの総括
btx43.png

btxdis43.png注射後約2週間で効果が出て、4週間後には急速にー1最悪になった。その後は終わるまで一定範囲内を上下した。基準のように見える0は自覚症状で健常者のときの+1と、最悪で眼を開けていられないとき或いは立ち止まってしまい歩き続けられない状態を−1にしている、その中間でかなり+1に近いと0.3にして−1に近いときを−0.3としている。曖昧な表現であり日常生活感覚をムリムリ数字にしてしまった。残念だが+1が一回もない。逆に−1が7回もある。平均ー0.162は全体に悪い時期になった。

btxm.png
今回は−0.16でマアマアの出来栄えだった。この先生の世話になって+側になったのは4回あって良かったいけれど、この注射の効き目はこんな程度だろう。過去の成績を見れば、自分の年齢による神経の鈍化してゆく現状を考えれば止むを得ない。脳に栄養を与える食べ物が良い、と聞いた事があるけれど自分だって背一杯努力したものの成果はない。この病気になった当初は何かのショックで一気に回復するかもと期待したが、いろいろ試みたが何も得られない。次回からは眼瞼痙攣の患者を多く見てBTXをして来た先生と聞いている。期待しよう。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント