• もっと見る
«第41回ボトックスの総括 | Main | 第42回ボトックスの総括»
第43回ボトックス日記 [2019年12月25日(Wed)]
第43回ボトックス日記


DSCN6971 a.JPG
浦賀港の入り口にある灯明堂

このブログに関連したFACEBOOKもアップしています個人ブログの紹介
ISAKO HARADAさんがfacebook
http://www.facebook.com/isako.harada

立川くるみさんのfacebookを追加しました。よろしくお願いします。
https://www.facebook.com/hoodiez.kuruchan

川島さんのホームページを追加しました。
https://dyskaizen.jimdo.com/
facebookではhttps://www.facebook.com/dyskaizen2017/

ベンゾジアゾピン系薬害のゴンザレスさんのホームページ
https://ameblo.jp/gonzales2016/entry-12341800129.html

多田ゆりこさんのブログです。
薬害根絶デー。厚労省前で2名の向精神薬被害者がリレートークしました。
今年で2回目のトーク。
素晴らしい実績をおさめております
https://ameblo.jp/yuriri0924
ベンゾ被害当事者Wayen Douglasさんの講演録音


全国ベンゾジアゼピン薬害連絡協議会
https://ameblo.jp/bya-1108/entry-12387239643.html

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.pmda.go.jp/

YUKIO SAKAMOTOがfacebook
http://www.facebook.com/yukio.sakamoto.7

制度の谷間「眼球使用困難症」を救え!!
代表 立川くるみ 副代表 私
https://g-frontier.xyz

ご寄付のお願い!!(上記ホームンページの12項からも見られます)
チラシ印刷代、交通費、郵送代、サーバー代など諸々かかっております。寄付金でのご支援もよろしくお願いします。なお、ご寄付いただいた場合はお問い合わせフォームからご一報くださると幸いです。
以下口座情報
ゆうちょ銀行
普通口座
口座名 みんなで勝ち取る眼球困難フロンティアの会
記号10300
番号 89780041
店名 0三八(ゼロサンハチ)
店番 038
口座番号8978004


専門医の若倉医師のヨミドクhttps://yomidr.yomiuri.co.jp/column/wakakura-masato/

以下、の放送を是非お聞きください。
NHK視覚障害者ナビ・ラジオ
放送日 日曜日7:30〜8:00
再放送 翌日曜日7:30〜8:00
インターネットでも聞けます。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=44672
トップ→放送一覧→「眼球使用困難症」を知っていますか? 
2017−11−5放送→放送を聞く


ラジオ大阪で眼球使用困難症のことが2週に渡り放送されました。
YOU TUBEからです。障害年金の話がメインです。
第1週‬
https://www.youtube.com/watch?v=WRl-pi-SITM
‪第二週‬
https://www.youtube.com/watch?v=v5MAaOUC0DA

茨城放送ラジオで若倉先生のインタビューが聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=Z2jebnbOW0w

ブラインドサイトで立川くるみさんのの眼瞼痙攣年金裁判のドキュメンタリー動画が公開されています。是非ご覧ください。
https://blindside.or.jp/challenge/2020/379/

AbemaTV
まぶたの異常や痛み、まぶしさのため目を使うのが困難な「眼球使用困難症」の特集番組がAbemaTVにて放送されました。立川くるみさんもVTRとスタジオ生出演両方出ています。
全盲でなくても白杖を使うこと、読み上げ機能でパソコン、スマホは使えること、白杖を持たない視覚障害者もいること、制度の谷間障害は他にもたくさんある事も伝えられたと思います。

こちら記事です。
https://abematimes.com/posts/5608562

残念ですが28日間の無料視聴は終了しました。
参考 
https://abema.tv/video/episode/89-66_s99_p857?utm_campaign=episode_share_fb&utm_medium=social&utm_source=facebook

立川くるみさんの年金裁判。
日時 2020年2月19日(水)13:50
場所 東京高裁号室
敗訴が決定しました。今後の方針を検討中です。
この裁判の正当性を訴えるための署名活動を行っております。眼球困難フロンティアの会のホームページhttps://g-frontier.xyzの見開きから簡単に署名ができます。

ブラインドサイドで私の眼瞼痙攣年金裁判の15分ドキュメンタリー動画が公開されました!
https://blindside.or.jp/challenge/2020/379/


お知らせ 2019年5月29日
大部、経ってしまいましが2019年3月31日に馬場村塾で、立川くるみさんが視覚障害の資格獲得に向けた若倉医師の厚労省に向けた活動をコントにて発表しました。一部、私も参加しております。お聴きください。
https://m.youtube.com/watch?v=G8Yj8HDOMaM&feature=youtu.be


2月27日(木)BTX13週
新型マルコウィルスの感染症が拡大局面に入り、ニュースはこれで大騒ぎだ。
私も手洗い、うがいは元より外出時の手袋、除菌ウエットシートも使っている。これでも感染しても諦めるしかない・・・症状に早く気づく位かな?

寒くなり風も強くなった。それでも室内に戻れば暖かくなる。
昨日の財布紛失騒動も忘れ落ち着いた雰囲気で終日を過ごした。
明日は横浜の眼科の先生にBTX注射をする。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感がある。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:殆どない。
眼の中の緊張感:続いている。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


4月26日(水)BTX91日
楽しみしている姉弟で行う個展、実態は私の間借り個展の打ち合わせに都内に行った来た。全く問題なく話は進展して良かったけれど、大失敗をしてしまった。打ち合わせ後に喫茶店で寛ぎ、会計をするときに財布が無いことに気付いた。昼飯の食堂に問い合わせても見つからず、ギャラリーの事務所に戻り探したが無い。金額は大した事はないが、カード類が多い。使われないようにするにも、連絡先の電話が分からない。家に帰ってから届けるしかないと、有楽町から品川まで帰ったらギャラリーから発見したと電話があり大急ぎで戻り受け取った。目出度し、目出度しだがこの間は何処でなくしたか?早くカードを止めなければと気持ちが焦り頭は答えの無い問題に錯乱するばかりで何とも言えない精神状態になっていた。・・・不甲斐ない年寄りになった。

始めは楽しく、終わりは緊張と不安の連続。却って眼の悪さなど忘れてしまい
症状としては良くなったかもしれない。

眼の状態 0


4月25日(火)BTX90日
パソコン用のプリンターインクが不足したり、スピーカーからビビり音が出たり写真用の印画紙不足とあって買い物に一駅となりの金沢八景に出掛けた。隣駅でもこちらは横須賀市になる。駅名から分かるように風景は良いところだ。ただ開発された今は殺風景な町で少し離れた野島(実際にある島)とその海岸近くでないと物足りない。プリンター2機種のインクとⅬサイズの印画紙100枚を買ったら9,434円と随分な買い物になった。出掛けるときはリュックに水とカメラを入れて出るが年々これが重く感じる。80歳を越えた友人は写真に凝っているが、カメラが重くて肩が痛いと嘆く。写真まで撮れなくなる嘆かわしい年齢になった。日常に力を使う作業も増やさないといかん。ヒバの木の大剪定もやったけ。
夜は個展向けの写真を20枚程を今日買った印画紙でプリントした。明日の打ち合わせの準備だ。

ニュース番組が好きで良く聴いている。特に政治には関心が高い。最近は立川くるみさんの年金裁判を傍聴すると気が付いた事がある。当然行政訴訟だから相手は国ないし厚労省である。原告の主張、証言を虚偽とみなすために行政は不都合な事実は皆認めず、文章のごく一部を抜き取ったり行政御用達の医師に反論意見を出させる。それを裁判は認めるのだ。このやり取りは現内閣と野党側の国会質疑応答とそっくりである。森友、家計、桜を見る会の論争はそっくりだ。
分かる気がする、立法、司法、行政は対等であると言うが司法は行政が任命するからここに行政側の優位が出来てしまう。
今回の裁判を通じてこの考えを如実に知ることになった。それではどうしたら良いか。如何に大きな国民の応援支持が得られるかが大きな鍵になる。患者団体がいがみ合っている間は進展出来ず”鴨川の水流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたはかつ消え、かつ結びて久しくとどまりたるためしなし。・・・”のようなうたかたになりたくない。
足尾銅山鉱毒事件から始まり、水俣病、阿賀野川水銀中毒、・・・最近でハンセン病の隔離、等々理不尽な闘いに悪戦苦闘している歴史を思い起こす。

天候は朝の晴天から夕方には雨が降り始めるようになった。運動量が増えるに従い瞼は強く、ギューッと閉じる力が働くようになった。

眼の状態 0−



2月24日(月)BTX89日 振替休日

トピックス!!
社会福祉法人BLINDSIDEのゴトウ ヒサミツディレクターが立川裁判を切っ掛けにドキュメンタリー動画を公開しました。充実した良い報道です、上記欄外の案内を御覧ください。

昨日の日視連川崎大会は2日の予定だったので、町内老人会のカラオケは中止にしておいたら大会が中止になって突然閑ができた。なかなか出来なかったカラオケ設備のメンテナンスを3時間ぐらいやった。ある意味良いタイミングになった。
自宅の庭でも樹木の大剪定ができた。大いに助かる一日となったが、夕方近くになってからは疲れて半分居眠り状態になってしまった。
夜には昨日の大会で私を知って連絡があった。面会と入会したいとのことである。
矢張り行って良かった。

暖かく、また好きな仕事に熱中できたので眼はまあまあの状態であった。

眼の状態 0−


2月23日(日)BTX88日 天皇誕生日
第54回日本視覚障害者団体連合関東ブロック協議会川崎大会が行われた。横須賀在住の私には視覚障害者認定が無いのでこの会の参加は認められない。仕方がないので代表立川くるみさんの付き添いで参加した。懸念されているコロナウィルスの感染を懸念して2日間の大会を一日に短縮した。私達の狙いは第一分科会「生活」で埼玉県から『障害者手帳交付基準に眼球使用困難症を加える判断を一日も早く指名する要望する』と提案され議決された。大変有難いことで感謝したいと思います。
ただこの件が日視連としての新年度の活動項目に決まったわけではない。全国協議会で決まらなければ来年度に送られる。簡単に進まないが、多方面からの活動をしてゆくしかない。

大会では殆ど話を聞いているだけだったが、疲れと共に眼が閉じてしんどくなった。



2月22日(土)BTX87日
合唱のグループからコロナルウィルスの懸念でが止の知らせが入った。
庭木が暴れだしたので、強烈な剪定を続けている。皆さんは”そんなに切って大丈夫?”と心配するがそんな事はない。人間なら兎も角、椿などの常緑樹は強い。
大部日当たりも風通しも良くなってきた。花も芝もきっと綺麗に育つだろう。

夕方に向けりかなり強い風が吹き荒れた。被害が出る程ではないが、春一番の春の嵐だ。

眼の状態 0


2月21日(金)BTX86日
私達患者は個人毎の裁判でなく、皆の大きな目標として視覚障害判定基準の改正を要求する運動に展開することを提案します。

老人会の誕生日会に老人向けの交通安全教育があった。いつものように食べ、飲み、話しの3要素で楽しくすごした。無理にいろいろな行事をするよりこの位の方が皆さんは楽しんで参加する。
夕方から個展に向けた写真の抽出と編集を行った。これだけに集中すると、他の事は忘れてあっという間に時間が過ぎてしまう。これも楽しく眼を忘れるときだ。

眼の状態 0


2月20日(木)BTX12週
ブラインドサイトで立川くるみさんのの眼瞼痙攣年金裁判のドキュメンタリー動画が公開されています。是非ご覧ください。
https://blindside.or.jp/challenge/2020/379/

昨日の判決のことが頭から離れない。上告するにも時間がない、下手に上告しても棄却されればこれで終わりになる。私は日本国憲法全文の本を持っているが、素人では闘う案が見つける事ができない。考えて見ると地裁時点から行政側はもう闘い方を考えてストーリー通りやっている、上告させないようにも考えている。憲法15条Aには全ての公務員は、全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない、とある。
裁判所はこれを都合よく解釈して案件を処理しているのか?
ただ何故闘うの難しい原因は法律の不備である。視覚障害の認定基準および眼瞼痙攣の取り扱いである。ここの改正に取り組まない限り明快な解決は得られない。
個人個人の事情を判断して良い解決を狙うのは難しい。法律改正の運動とその主張する医学的根拠を明快しなけれいけない。医学界も医師であることを認識して、活躍することを願う。

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感が非常に強い。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:殆どない。
眼の中の緊張感:続いている。
瞼が閉じる:瞼が重い。動かない。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


2月19日(水)BTX84日
立川くるみさんは『視覚障害者2級以上』を目指したが高等裁判所で敗訴になった。一連の裁判経緯からは行政側の姿勢を正しいとする裁判所がわの姿勢は極めて露骨であり偏重した裁判判決は許し難い。
原告の日常生活の困難を主張しても、行政側に寄り添い原告の病気など初めて見たことも無い、当然治療もしたこともない医師の反論のみを妥当とする。個人よりも行政を維持することこそが、裁判所の務めとする姿を如実に晒した。憲法は個人を国家権力から擁護する事を保証しているが、裁判は行政即ち国家権力を擁護している。
しかし残念だがこれが実情であり、私が懸念した結果になった。最高裁にあげる時間的余裕は3か月もない。最高裁では憲法の違反性を闘う所と言われている。勝つためにはこの点を取り上げ闘わなければならない。厳しい、簡単に上告棄却される事もありうる。どうするか私達は署名活動で応援するしか手段を思いつかない。担当弁護士の方々の力量に期待しよう。

裁判後に支援者が集まり話し合い、本日は終わった。

眼は良くなる理由もない。でも昨日よりは少し良い。

眼の状態 0−


2月18日(火)BTX83日
学生時代の遅れた新年会に参加した。健康上何もない人などいない。お酒の注文学生時代の少なくて飲み放題の損得は微妙になった。良い話もあった、年賀はがきが百万分の一の確率で当選したので貴重なお年玉を頂けた。
喫茶店で駄弁り、カラオケで歌い楽しんだ。もう上手い下手なんかどうでも良くなった。気分良く帰宅に帰れた。

気分とは裏腹に眼は悪い。カラオケでは顔中クシャクシャして他人が歌っているときは、両手で顔を覆って我慢した。

眼の状態 0−


2月17日(月)BTX82日
残り少なくなった親戚が一人なくなった。つい先週も一人亡くなったばかりなのに。ささやかにひっそりと家族葬だ。皆80、90歳で安らか。でも寂しくなる。実家に寄って電球交換をやったり個展の準備を行った。
明日は学生時代の友人と旧暦新年会だ。楽しもう。

気持ちは兎も角晴天で、眼も贅沢は言えないが少々悪くなった。

眼の状態 0−


2月16日(日)BTX81日
合唱の練習日で雨が降り寒くて、教室の寒さが心配されたけれどエアコン修理が終わり暖かくなった。市は予算が足りないらしいと噂されている。肝心の歌も徐々に良くなって先生が珍しく綺麗ですよとおっしゃる。遠慮なく注意する方歌もとだから、きっと良くなったに違いりない。友人も最近歌が楽しくなりましたと言う。彼も私とどう年令だ。ユーミンの歌など始めて歌うから、リズムの取り方に馴染まないのだ。

眼は今日もやや良い。ときどき瞼の痙攣や収縮が強く出たりジンジンする程度だ。
気持ち良い眼とは程遠いいが。

眼の状態 0+


2月15日(土)BTX80日
今月の写真の勉強会はスライドで行った。パソコン操作で手際よくできるし、ソフトを使って編集したり議論もできる。A4の印刷10枚もしなくて済む。・・・と良い処ずくめと思って始めた試みだ。画面の綺麗さが全然劣るし、色具合が異なってしまう。それでも来月は私達の勉強室でスライドショーができるように、役員の方達が準備してくれた。
帰りは友人と一杯だけ飲んで、昨年から積る世間話をして帰った。

眼は全体に稍良い程度。夕方頃に一時的だが強烈に強く瞼が閉じて、痙攣した。

眼の状態 0+


2月14日(金)BTX79日
今月の写真の勉強会はスライドで行った。パソコン操作で手際よくできるし、ソフトを使って編集したり議論もできる。A4の印刷10枚もしなくて済む。・・・と良い処ずくめと思って始めた試みだ。画面の綺麗さが全然劣るし、色具合が異なってしまう。それでも来月は私達の勉強室でスライドショーができるように、役員の方達が準備してくれた。
帰りは友人と一杯だけ飲んで、昨年から積る世間話をして帰った。

眼は全体に稍良い程度。夕方頃に一時的だが強烈に強く瞼が閉じて、痙攣した。

眼の状態 0+


2月13日(木)BTX78日
早朝の雨から日中は好天に転じた。それに暖かい。意を決して大きくなり過ぎた庭の椿の大規模な剪定をした。高齢者は脚立を使った事故、特に死傷事故が多いと言われている。梯子を幹に縛り、身体には高所作業者のように固定ロープを巻き付て枝払いを行った。数年手入れを怠ったので割り箸より小さい位の枝が沢山伸び切って偉い体力仕事になった。
夜になって私達の眼球困難フロンティアの会のテレビ会議をおこなった。もともと代表の立川さんが導入して重宝している。今回は会員のAさんの司会で開催された。
流石に若いので直ぐ自分でマスターしてしまった。これから大きな戦力になって活躍してくれそうだ。もっとも眼球使用困難症だから、毎日の生活は楽なわけがない。

どうしたのか眼の具合が稍良い日が10日から続いている。日頃の運動が多くなったせいだろうか? でも快適とはとても言えない、より我慢がしやすくなった程度だ。

眼の状態 0+


2月12日(水)BTX77日
自分の現在の症状をBTXを始めた頃を思い出すと、大きな違いを感じる。
始めの頃は一日の症状の変動が非常に多きかった。
例えば
〇起床時『今日はなんか良さそうだ』と感じても時間が経つに連れドンドン悪化する事がある。
〇都内の混雑する駅構内に歩くと一気に悪化する。
〇混雑する階段を歩くと一気に悪化する。
〇晴天で暑い中にきつい上り坂に入ると一気に悪化する。
〇室内でも夜道でも明りがあればサングラスが不可欠。
〇太陽光に向かうと一気に瞼が閉じて、眩しさが苦しくて暗い所に逃げるしかない。
〇森の木陰を歩くとき、木漏れ日は暗さと明るさが不規則に眼に入り一気に瞼が閉じて歩けなくなる。
〇大雑把に朝良くて、夕方に向け悪化する。
〇一日内の変動だけでなく、日替わりで症状の変動が激しかった。
現在はけれどどの様なケースでも変化が緩やかになっている。毎回ボトックスの総括記事を書いているがこの様な観察を書いていなかった。
ただ、数字で表現するのが難しすぎる。

今日も定例の散歩コースを歩き1万歩を達成した。眼は久しぶり好転した。

眼の状態 0+


2月11日(火)建国記念の日 BTX76日
親戚の葬儀があって都内まで行って来た。昔と違って随分簡素になった。参列する親戚も少ない。年代からこれも無理はない。時代の流れで仕方がない。町内でも殆どが家族葬で町内会でさえ把握できないケースも珍しくなくなった。町内会も老人会も頑張っているが、コミュニケーションの不足と寂しさが募る。ただ、最近は小学生が増えて賑やかな声が聞こえるようになって嬉しい。

都内に行き6時間以上外出していると、疲れが出てしまう。特別何をやった訳でもないが。私には外出しているのが良い。気分転換になり周囲から何某かの情報が絶え間なく入ってくる、まるで川の流れを見ているように気持ちが新鮮になる。

眼の状態 0+


2月10日(月)BTX75日
町内のカラオケ練習日。最近は皆さんに気に入って貰ったらしく、積極的に参加するようになった。演芸大会で好評だったことが気を良くしたらしい。練習曲も積極的に歌うし、自宅で練習までするようになった。褒めて貰うのは絶大な効果をもたらした。カラオケのときはお互い譲り合ってばかりだったのが、簡単に歌いだしてくれる。人は褒めるのが一番で良薬になる。

こんな様子が眼にも影響したのか? シブシブ、ショボショボ感が弱くなった。

眼の状態 0+


2月9日(日)BTX74日
今年初めての視覚障害者ヨガ教室。この一年で随分身体が固くなり融通が効かなくなった。効果は認めるが経年変化には追い付かないのが現状だ。遅らせることは出来ても若返りは出来ない。

帰りに若手の男と酒屋に寄って一杯やってしまった。全く久しぶりで良い気分になったものの、眼には何の効果もない。

眼の状態 0


2月8日(土)BTX73日
合唱の練習日になった。会場取りの抽選に漏れて何時ものように日曜が出来なかった。ここは逗子小学校の音楽室をかりている。やすく借りられるので人気があるから仕方がない。肝心の歌はやっと慣れてきたので楽しめるようになってきた。

運動量をセーブして片道は電車を二駅あるくのを減らした。眼には影響なく悪いまま過ぎて行く。

眼の状態 0


2月7日(金)BTX72日
昨日の医者の先生の話はガッカリさせられた。兎に角安静に過そうと思ったら室内を掃除機で丹念に掃除機をかけてまわり、2階へ登ったり下ったりすると結構な運動になった。庭の雑草を刈っているとしゃがんだり、立ち上がったり、アチコチとふらつきながら歩きまわると、これまた良い運動になった。幸い出血もなかった。

雑念だらけの一日で眼にも良くない。

眼の状態 0−



2月6日(木)BTX10週
昨日何か消化器系統に違和感があった。落ち着かない気分で過ごしていたら、直腸から突然の出血があって慌てた。幸い少量出血なので良かった。今日、専門の先生に行って”まだ前立腺がんの手術による後遺症が未だ治らないのです。”と言ったら先生はあっさりと”ああ、それは治らないんでです。生涯続くんです”とおっしゃる。放射線治療は被爆を続けているので仕方がないとの事であった。手術前は放射線はもともと弱いし、半減期が一年なので1年で半分、2年で1/4、3年で1/84年で1/16なるから影響がなくなるので大丈夫との話だった。酷いと思う、バナナの叩き売りじゃない。外国から医療技術で習得した手術で医師は経験不足だから私達を使って勉強中なのだろうか? 多くの方に役に立つなら年寄りの私は喜ばなければいけないのだろう。

眼は昨日同様。悪いまま。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感が非常に強い。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:続いている。
瞼が閉じる:瞼が重い。動かない。
眼の痛み:ときどきある。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


2月5日(水)BTX70日
寒いが晴れていたので積極的に活動した。家の室内に掃除機をかけ、庭の雑草取りとシクラメンやすみれの水やりと手入れを行い一万歩コースを歩いて鷹取山に登り、追浜商店街に駆け下りて千円床屋で新年初めてのカットをした。十分な運動量と積極的活動をした。

眼は歩行に差し支える程度に悪い。特に下り坂に弱い・・・多分足元に神経を使うせいだろう。眼瞼痙攣歴20年の豊かな経験を活かして歩いている。始めての方は歩けないと思う。車の音、自転車、車道を渡るときのフラフラは要注意。

眼の状態 0−


2月4日(火)BTX69日
前回の第42回ボトックスの総括をアップするのが遅れています。WINDOWS10になってから、表計算ソフトがマイクロソフトからキングソフトに変わったら操作が分からずにトライ アンド エラーでやっていると記憶の悪さが如実に分かってきた。
折角理解しても、すぐに忘れるので或いは間違えるのでいっこうに進まない。こんな分けで表示されるグラフが随分変わってしまいます。遅れるばかりでは済まないので近日中にアップします。

今日は定例の散歩コースを一万歩歩いた。庭の芝の手入れや土作りもやった。かなありの運動量になったが体調は良くなった。私の場合は運動不足は消化不良に繋がることがハッキリしてきた。高齢になるにつけ顕著になる。家に蹲っていると碌なことにならない。歩く事、ちょこまか動く事、喋る事が健康に良い。

ただ眼瞼痙攣は健康に大きく左右されない。眩しさ、疲労、精神上のストレスを溜めない事が良いと感じている。今日は本当に瞼が閉じて安全に歩く事が難しくストレスを強く感じて症状は一段と悪くなった。

眼の状態 0−



2月3日(月)BTX68日
老人会が主導する公園清掃の日だ。天候不良で12月は清掃をしなかった。案外に落ち葉は少なく、雑草は未だ出てこない。天候にも恵まれて良い運動になった。
直後に今度は老人会の役員会があって、計画を確認すると後は世間話だ。町内、市内の情報も色々と得られる。いつも良い雰囲気で楽しいものだ。ついでにカラオケ部の予算不足と追加をお願いしたら、あっさり了解を得た。良かった、良かった。

眼はちっとも良くなならない。

眼の状態 0


2月2日(日)BTX67日
合唱の練習日だ。前回の練習後に新年会があって愉快な時間が取れた上に皆さんに覚えて頂けたようだ。私達のテーブルがたまたま4人に纏まっていたので話がしやすかった、楽しそうにかつ大声で喋っていたせいだ。でも幸い周囲に不快な気を起こさず、羨ましがられましたよ、聞かされた。最高齢の新人であるが、周囲は殆どベテラン女性で男性は3人しかいない。何となく声もかけにくかったが、すっかり雰囲気が変わってしまった。

眼の方はさっぱり良くならない。このまま今回の注射の効果はおわりそうだ。

眼の状態 0


2月1日(土)BTX66日
自宅で歌の練習を行った。しっかりした先生で生徒さん達もベテランだかサボっていると追いつかなくなる。教えられた分以外にYOUTUBEを利用する。多くの合唱団の歌を聞いていると非常に参考になる。得てしてそのまま聞いてばかりになることもある。

地球温暖化のニュースは大きく取り上げらるよになった。一方津波の避難の話を思い出す。東北地震の際に津波を知らせるニュースを聞いた子供がお祖母ちゃんに『避難しようと』と何度も誘ったが『大丈夫よ、こんな所まで来ないよと笑っていた』
しかし本当に津波が来るのを見て、大慌てで逃げて助かった。・・・そんな放送を聞いた。
地球の温暖化もこれに例えられることはないだろうか。16歳のグレタ・トウ−ンベリさんが危機を世界に向け発言した。ニュースには大きく取り上げられたが、実際に世界の対応遅いし日本は極めて鈍感と言うか来るべき脅威を感じていない。上述の津波は逃げられた方達もあったが、地球規模の温暖化はスケールが違う。科学技術の膨大なデーターと蓄積による大規模の計算による予測を馬鹿にしていたら取り返しは付かない。世界のリーダーは大きな責任を持たなければならない。戦争などやっていられる世の中ではない。

眼はショボショボ、閉じる、痛む、眩しい。

眼の状態 0


1月31日(金)BTX65日
もう皆さんご存知と思うが立川くるみさんの視覚障害者2級以上の認定を求める裁判は2月19日に東京高裁で判決が出る。朗報を期待するのは当然だが地裁も含めて裁判の経緯を聴いていると非常に難しいと思っている。
視覚障害認定基準は眼球の視力と視野のみで判定されている。私達眼球使用困難症は眩しさや瞼が閉じてしまってみる事ができない。眼球そのものだけなら正常範囲にあるから、法律的に私達は対応しようがない。私も横須賀市の市民相談窓口に行き話し合ったが、『市の行政としては法律にない事に対応はできない』と言われた。『法律を作って貰うしかない』との事であった。

日本は立法、司法、行政の3権分立と言うが実質は行政がトップに立って動かしている。解り易いのは最高裁長官を任命するのは行政のトップである内閣総理大臣である。裁判は行政の下に法律に則り判断をするのが原則であると思っています。
私達の社会は悲惨と思える理不尽な問題は沢山ある。また難病認定されない難病もある。私達の眼球使用困難症以外にも取り残された病気や市民のもつ難問は沢山ある。

行政側は 私達、個々の生存権が危うい問題があることは認識しても全てに法律に当てはめられない事案に対し例外的に認め始め出したら行政の運用そのものが危うくなると思うだろう。また予算も膨大に膨らむだろうの危機感を持つに違いない。
過去に水俣病やハンセン氏病など大きな問題を思い起こさざるを得ない。皆、誰もが不条理であると思うに違いない。行政は現行法律に則り判断をするのが大原則であり、該当しない事案は切り捨てて行くのが現状と思っています。

裁判を傍聴すると行政側は原告側の主張する証言を屁理屈としか思えなない主張で反論する。また難病ゆえに医師達も適切で確実な表現で証言として使えるには弱いカルテなんか逆利用されてしまっている。裁判での議論は私達の日常の議論とは格段の差がある。プロの厳しい闘いなのだ。高裁で原告弁護士は戦略を変え、患者当事者の障害を自分の驚異的な努力で盲人スキルを身に着けた日常生活を『見えているのに嘘をついている』としていることを不当として主張したと聞いている。
しかしこれは弁護士の窮余の策としか思えない。丁度、刑事犯に情状酌量を求めているように例えてみていた。本来は『患者が嘘をついていない事を厳密に証拠を持って主張する』ことが必要だった思う。これは無理からぬ事だろう、患者は得体の知れない病気で医者に行くとき、裁判で証言にしようと思っていない。医師と症状や生活状況を対話を通じて理解してゆくのだ。カルテに医師の証言があっても法律家のプロとの厳密な闘い勝のは容易ではない。

今回の高裁で立川さんが勝てば万々歳だが、非常に厳しいと思っている。
今後、視覚障害認定基準の法律を充実した隙間のないものに変えるのが患者活動の本筋だと思う。日本全体には眼球使用困難症の患者に相当する問題を抱えている極めて多くの方達がいる。この中で私達は如何多くの国民に理解を得、協力を得て活動しなければ目的は叶わないだろう。数人の個人活動でバラバラやっても先は見えない、行政に手玉に取られて先延ばしされるだけになる。患者団体が各々の考えで主張し行動するのは良い。ただ数の力、国民の多くから支持協力得ることが大切である。

眼は残念! 今日も変わらず。

眼の状態 0


1月30日(木)BTX9週
女房と市の中央に出掛けた。色々と用事もあっての事であるが最近は珍しい。ホームセンターに行った。家の中が雑然としているので、何とかせにゃならぬと棚を探して歩きまわったが簡単に据え付けられるものはなく、カタログを持って帰り再検討となった。
合唱の練習もしなければと参考にYOUTUBEで聴くのは良いが、沢山の人達が歌っていて面白い上に関係ない歌まで次々に聞き始めてあっという間に2時間も過ごしてしまう事がある。私はその位歌が好きなのだろう。楽譜から音を出せないので上達は極めて遅い。

眼は相変わらずしんどいまま続いている。眼の上をタオルで鉢巻のように回して縛っておくと何となく不快感が紛れるような気がする。

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感が強い。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。跳ね上げ式の簡易サングラスで間に合わせている(透過率10%、茶黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:続いている。
フラフラ:。定常的になってしまって1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感が強い。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:続いている。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。いるが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


1月29日(水)BTX63日
夜に横須賀芸術劇場で講演があるとの知らせがあって出かけた。文部科学省のもと事務次官の前川喜平さんのお話と横須賀市民連合の皆さんの選挙準備活動であった。
ただ前川さんは不透明な政治とそれに対して鈍感な国民に危機感を感じていることを訴えていたのは、最もだ。日本 アズ ナンバーワン等と褒められて浮かれて健康な政治批判が希薄になってしまった。自分で選挙投票したのに、政治家が悪い等と自分は何処に行ったのかと思う。選んでいるのは私達であり、選挙で選ばれて動いている先生方は私達自信の姿を鏡に映している。外国の国会のテレビ放送を見るてその国の姿を描いているだろう。日本の国会の無様な討論を見る世界の人達は
『ああ、日本人はこんな考えの国民なんだ』と認識するだろう。チ子ちゃんから
『ボーツとしてるんじゃない!!』と怒られないようにしたい。

眼は連日と変わらず。

眼の状態 0


1月28日(火)BTX62日
雨が降ってしまい、いつものル−トを変更して追浜駅まで歩いた。逗子に行くときは電車の駅をショートカットして六浦駅に行くが徒歩35分かかる。今日は無理して頑張ることはない、と思ったからだ。歌の練習はいつもの通り気楽に楽しむ会だからゆとりを持って歌っていられる。先生は”皆さん良いお声ですよ、そんな声を持っていらっしゃるのだか、長く大事歌い続けてください。”と励ましてくれる。先生も歌と会話の時間が楽しいのだろう。おしゃべりも歓迎なのかな?・・・と思ったりする。

眼は瞼が重く鬱陶しい。夕食後など何もしないで腕を組んで眼を瞑っていると何時もの間にか居眠りしている。何かをヤル気がおきずそのまま11時ごろには本格的に寝てしまう。


1月27日(月)BTX61日
雨交じりでかなり寒い一日となった。老人会のカラオケには皆さんそれでも集まってきた。新曲も気に入って貰ったようで嬉しそうに歌っている。昨年の演芸大会と忘年会で暖かいお褒めの言葉を頂いたのが功を奏したらしい。いつになっても褒めて貰うのは心の良薬になる。今年は4曲に増やして、私がソロでMY WAYを歌のも良いなどと調子が上がってきた。私も心の中では『ジャ、やって見るか』そんな気になった。まア度胸がないので無理だろう。

眼は今日も何となく、やや良い。勿論理由は分からないが。

眼の状態 0


1月26日(日)BTX60日
合唱の先生から、今日は寒いので暖かくして来てくださいと、お知らせが届いていた。市の音楽室は小学校の教室を借りていて、勝手の室温を替えられないし今後も変えないそうだ。市の予算がないからだとも言われているが。本格的にしっかりした先生に合唱を習うのは初めてだから、厳格に楽譜に沿って教えられるが私にとって中々ハードルが高い。
練習後は新年会でリーズナブルな中華料理で大変良かった。美味しかったし量も多くて二人分も持ち帰ってしまった。皆さんは雰囲気が良くてすっかり気分を良くしてしゃべり過ぎたようだ。大体我々高齢者は宴会になると大声になりやすい。

気分良くして眼が良くなったのか? 分からないが。少しだけ良くなった。

眼の状態 0


1月24日(金)BTX59日
女房と私の生命保険の状況を聴きに行った。近年の金融情勢の複雑さ、見通しのつかない事で株や投資信託など手がつけられない。僅かだが私より長生きする女房へ献金だ。グレタ トウンベリさんのお蔭と小泉進次郎の拙い発言で地球温暖化もニュースヴァリューが上がってきた。そもそも安倍晋三の第一次内閣で環境省は小池百合子大臣だった頃に地球温暖化は問題になっていたが、いつの間にか京都議定書は有耶無耶になってしまった。当時でさえ世界の気象学者はもう対策は間に合わないと、危機感を募らせていた。政治家はうまく出来ない事はいつの間にか国民から忘れさせ、新しい政策にすり替えて自分の寿命を延ばそうとする。国民はボヤっとしていてはいけない、私或いは皆さんが選んでいるのだ。選んだ国民にも責任がある事を忘れないで欲しい。国民は自分で声をださないと。政治家と評論家まかせで政治は良くならない。・・・何だか説教地味てきて、これも厭らしい。

午前の雨は早く上がり午後からは日が出る位で気温も一挙に上がった。身体はらくになるが眼は良くならない。

眼の状態 0


1月23日(木)BTX8週
寒くなった。雨も静かに降り続け珍しい光景になった。老人会カラオケで練習する4曲(喫茶店のかたすみで、MY WAY、涙そうそう、芭蕉布)の楽譜をプリントした。
いつもように何でもない枚数を間違えたりA3とA4を間違えながらお店でやってきた。喫茶店の片隅では1951年の歌だが実にしっとりとした雰囲気が良い。
MY WAYはYOUTUBEで島津亜矢は演歌だけれどこの方面の歌も良い、先日布施明と一緒に歌っていたでは彼女自身が感情移入してしまった。本音はこの2曲を追浜の秋の演芸大会に出そうと思っている。もう一つ私達のテーマ曲にして3年続けて”この街で”を歌っている。皆さんと相談と練習しながら決めて行こうと思っている。

雨で外出を止めたので散歩の代わりに2回へ30回連続で昇降した。とても量不足だが何もやらないより良い、また結構きついので確実にトレーニングにはなる。
湿度も上がり、薄暗い天候は私にほんの少し味方した。ちっとも楽になったきがしないが。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:ショボショボ、シブシブ感が強い。
眩しさ:非常に眩しい。サングラスを無くしたまま。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:続いている。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感がやや緩んでいる。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


1月22日(水)BTX56日
今日の散歩の帰りでは追浜町内の喫茶店に寄った。何しろ毎月の写真勉強会に出した作品を5枚も壁に飾ってくれている。お礼参りは当然だが、今月分も新しく入れ替えて頂こうとの下心もある。奥の部屋で積み重ねてある本や流しているクラシック音楽を聴きながら、マスターと色々な話をできるのが良い。面白いことに写真勉強会の皆さんが関心を持った作品でなく、問題にされなかった作品に興味を持ったことだ。人の見る目は各々違う、それが当然だろう。写真に熱意が高くなると、いつの間にかそのグループの見方が出来てしまう。グループの特徴となってしまう。

体力に回復に向けて良く歩いたし、体操もした。少し杜撰になっていた間食、甘い物、お米も自粛した。またどの位続けられるか努力を要する。
眼の眩しさや閉じる症状は強く外出時はかなり注意をようする。サングラスをいつの間にか無くしてしまった、もう色あせてきたので丁度良い機会になった。

眼の状態 0−


1月21日(火)BTX55日
庭の手入れが行き届かなくて殺風景になってしまった。近くの花屋さんでガーデンシクラメンを6鉢買ってきて各々配置して自分なりに喜んでいる。ヤッパリ花は良い。練習曲は春よこいでユーミンの歌だが、楽譜をみると私達のように唱歌か演歌程度の人間にとって飛んでもない難しい曲だと分かる。なかなか歌えないのも仕方がない。
最近出不精による運動不足から体の動きが悪い。年末年始に体調が悪く体操や散歩が減ったせいだろう。一挙に戻せないが少しずつ直して行こう。

散歩に出ると眩しさが激しい、鷹取山の不規則な岩の多い山道では気遣いで瞼が閉じる。まるで危険を知らせいるような気がする。

眼の状態 0−


1月20日(月)BTX54日
サボった自分のブログで大きく時間を割いてしまった。散歩に出掛けると近所の鷹取山で写真撮影に時間を使いすぎて、追浜の街に行けなくなり途中でギブアップとなった。今の時期は枯葉が落ちた木の梢が繊細で美しい。写真でこれを納得させるのが難しい。血管が細い部分まで見られるように、梢の先まで生きているような雰囲気が欲しい。
昨日習った歌は聞きなれないので歌いにくかった。楽譜からパソコンにいれてみたが、馴染みにくい曲だ。ちょっと困っている。
気に入った写真をもっと効果的にしようと悪戦苦闘している。私はパソコン技術のコピー・ペーストやカット・ペーストはしない主義だ。あくまでフィルム写真の現像テクニックだけにしている。いろいろな考えはあるし良し悪しはあることは分かっているつもりだ。理由は作曲に例えるならば他人の作品を取り入れて自分の作曲にするような気がしてしまう。でも自分の作品ばかりでやるなら、反って新しい作品を自由に創作できる。良い点はかなりある、拘らなければ写真の世界も大きくそう作品として発展するだろう。墨絵、油絵、パステル、版画・・・境が無くなってきているような気がしている。ただ一方科学技術に頼るしかないのも侘しく思う。

残念だが眼は悪いままだ。太陽光が特に眩しく下向きで歩くしかない。

眼の状態 0−


1月19日(日)BTX53日
今日は人数の多い合唱のクラブに参加した。先生も熱心で合理的な指導をするので好感を持っている。楽譜が読めない私は、譜面に沢山書き込みをしているが先生に見られたしまった。『ちゃんと予習しているですね』と言われたが、あまり恥ずかしい思いはない。私の力じゃ仕方がない、と居直り気分でいる。でも練習について行くのは大変だ、上のレベルに合わせているからだ。図々しくやれるような年齢だから継続できる。

眼は昨日同様。悪い。

眼の症状 0ー


1月18日(土)BTX52日
インクルーシブ防災の案内があって都内まで聞きに行った。昨年の水害のときに活躍なさった方の経験を聞かせて頂いた。避難がいかに出来たか或いは出来なかったか正直で貴重な話だった。この方達の平時の工夫と対策に驚くのは大変な個人的活動と熱意だった。それは敬服に値するが、私達が実現するのに生じる問題の大きさに気が遠くなるような気がした。ただ、結局は地域ごとのコミュニケーションが日常でどの位活発に行われることが基本の基であることが明白だった。この問題は個人のプライバシーを如何に守りながらできるかが要点と思う。
私が生まれた頃は戦争で空襲に見舞われていて『向こう三軒両隣』と言って強制的なコミュニケーションの現場であった。焼夷弾が落ちるとバケツリレーや手押しポンプで消化していた訓練のお蔭で必死の共同作業はかなりの成果をあげていた。
しかし大量の爆撃には一たまりなく東京大火災となった。コミュニケーションプラス緻密な災害対策準備が必要なのは言うまでもない。
会場では顔見知りの視覚障害者の方とも出会え一緒に帰ることができた。

眼はショボショボ、シブシブが追加されて更に悪化した。ただ眼の開き具合はそれほど変わらない。

眼の症状 0


1月17日(金)BTX51日
写真同好会の定例会。今年の計画、予算、イベント等の打ち合わせが行われた。役員の方々ご苦労様です、本当に助かります・・・心の中でも感謝!感謝!
10点作品を発表したら、奇跡的に3点に関心を持って貰えた。このグループは全国大会で金銀クラスの賞をもらっている、凄い人達がいる。彼等のコメントは貴重である。そのうちFACEBOOKに載せるつもりだ。
会員の方にPHOTOSHOPの使い方を教えてもらっていたが、最近やっと一部を使えるようになり一段と写真に向かう気持ちが強くなった。

眼は変わらず。精神的にも苦しくなるが、ベンゾ被害を思い起こすと我慢する気になれる。ベンゾに負けるもんか!・・・やせ我慢ではない。それだけの気持ちの強さは維持している。

眼の症状 0ー


1月16日(木)BTX7週
姉が個展をやると言う。少しスペースを開けて私の写真も置いてくれる事になった。打ち合わせに実家に行き、招待状の案を相談した。出品する銅版画の写真を数枚撮って使うためで、その中に親指の爪程の大きさの写真も2枚つけてくれるそうだ。自分一人ではとても出来ないので、有難く載せて貰うことにする。
また風邪気味になったようだ、クシャミが連続する。体調管理に気をつけないと大事になるかもしれない。厭でもそんな年齢だから仕方がない。帰りは澁谷で乗換て東横線に乗るが、いつもルートの複雑さと時間のかかる事で悩まされる。それでも最近は良くなったのだが。障害者にとっては危険地帯である。駅員は間違いなく視覚障害者を誘導できるのだろうか?なるべく澁谷に近寄らないことだ。

眼の症状はそんなに激しくはないので助かる。けれどこの鬱陶しい眼が続くとこっちの心が重たくなる。精神障害を招くは良く理解できる、ベンゾジアゼピン系だけではなく薬は絶対に使わない、医師に勧められても断ってきた。被害者の様子が分かるにつけ絶対に使わない決心は固い。

眼の症状 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:弱い。ショボショボ、シブシブ感が続く。
眩しさ:非常に眩しい。サングラス色紛失した。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:緊張感が緩い。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭は日常的に集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱い。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


1月15日(水)BTX49日
今週末には定例の写真同好会で10枚発表することになっている。最近は外出が減っているので、撮り溜めた写真が少ないので苦労する。私の撮影信条は”犬も歩けば棒に当たる”主義だから自宅に籠っていてはどうしようもない。
ま、それでも撮り溜めた作品を順々に確認して過ごした。これだけでも、結構眼を使うので疲れてしまった。選定、トリミング、編集作業をすると更に眼の負担が大きくなる。

眼は疲れたが、そんなに悪くもならずに済んでいる。

眼の状態 0


1月14日(火)BTX48日
今年初めての気楽な合唱の練習日。先生が少し考えたのか、皆がよく知っている歌を5曲ぐらい歌って解説をするようになった。ドイツに留学して歌はドイツとイタリアの歌が多いとのことだ。折角だからマスカーニの”アベマリア”をお願いしようと思っている。一回聞いたらすっかり気に入ったので・・・・。
風邪気味の声を出しているので、私の練習としては物足りなかった。
新しい練習曲は 御身を愛すIch Liebe Dich でかの有名なベートーヴェン作曲の歌とのことであった。大体9番の合唱しか知らなかったが、なかなか良い歌だ。YOUTUBEでプロの歌を聴くと素晴らしい。でも楽しみが出来た。

眼は今日も変わらず。

眼の状態 0


1月13日(月)、成人の日、BTX47日
ビックリした。こんなにブログを書いていなかったのか!!毎日記録は残しているので問題はないが、眼の症状に関しては心許なくなる。
さて働いていた頃の同僚と新年会で出会った。たかが7名だが、皆元気で姿勢も非常に良く普段の行いが良いことを表していた。そうは言いながら病気の話は何処へ行っても共通の話題である。一方皆が『今日は一日何をしたらいいだろう?』等と言う雰囲気は全く無かった。毎日各々が積極的に過ごしている証である。
昼食新年会はもう飲み放題なんか止めてしまった。二次会の喫茶店は賑やかな街から外れ、神奈川県の相談支援センターの喫茶店にいったらお休みだった。そうか、分かる気がした。

眼は通常の悪さだが、もう1ランク良くならないかと思う。瞼が重く鬱陶しい日々が続くと気も晴れない。天候も雲が多く鬱陶しい。

眼の状態 0


1月12日(日)BTX46日
働いていた頃の同僚達と新年会で横浜にいた。案外皆元気に出てくる。皆なにかしら病気を抱えているが、姿勢も良く口も達者ではないが楽しく話し合える事は貴重だ。賑やかな横浜市街はすぐに入れる喫茶がない、県の支援センターの喫茶店は空いていると思ったら休日休業だ。仕方がないからベンチに腰掛け自動販売機でお茶を買って済ませた。それでも延々3時間楽しく愉快に過ごせた良い時間であった。
帰りの電車で駅を間違え2度も下車した、居眠りするのでハッと気づくと降りてしまうせいだ。でも事故もなく帰宅できた。めでたしめでたし。

眼は何とか過ごせる状態をキープしている。

眼の状態 0


1月11日(土)BTX45日
今日も老人会カラオケとして会則を作ったり、会計、運営、名簿、担当などを纏めてみた。人数が増えてきたので周囲から信用されるにしなければならない。私には負担になるが町内のことゆえに気を付ける必要あり。こんな仕事でも終日時間がかかってしまう。
デスクワークは疲れる。それに間違いや思い違いでやり直しがしょっちゅうだ。作業時間が2,3倍かかっているような気がする。

眼は僅かだが回復傾向にあるようだ。デスクワークをしていたが悪化しなかった。

眼の状態 0


1月10日(金)BTX44日
目と心の相談室を訪問してきた。薬剤禍でズタズタになった友人を連れて行くはずが、体調不良で体が持たないと言ってきたので、仕方が無い私が一人で行って来た。
友人は私と同年齢だから今更減薬で苦しい日々を過ごすよりは、あまり減薬に傾倒しない方が良いだろうと言う考えが一致した。お断りしておくが、医師の考えは高齢になっても減薬を勧めている。一方友人の奥さんも今更減薬に拘らずに、毎日をより楽に過ごした方が良いと言っている。

昨日から眼の症状が一段階回復傾向に入ったように感じる。

眼の状態 0


1月9日(木)BTX6週
やっとノートパソコンの廃棄物処理にゆうパックが回収にきた。しかも全て無償ですんでしまった。自宅で老人会向けの選曲をして友人に作って貰ったカラオケ曲伴走を聴いた。私は楽譜を見て音がだせないので、練習用CDを長年作って貰っている。
演芸大会で歌うカラオケ伴奏もお願いしていると、だんだん熱心になって凝った編曲をしくれるようになった。これに追加してネットからプロの歌も録音して皆さんの参考にしている。ついつい夢中になって長時間余計な歌まで聞いてしまう。
半分自分も歌いながら聞いていると、あっという間に2,3時間が過ぎてしまう。

歌でも音楽でも夢中になって聞いていると、眼の状態は良くなる。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:瞼が重い。
ドライアイ:弱い。ショボショボ、シブシブ感が続く。
眩しさ:非常に眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:緊張感が緩んできた。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭はまだ集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


1月8日(水)BTX42日
天気予報通りお昼前後に強い雨風がやってきた。心配する程もなく13時頃は青空と積雲が見えてきた。
老人会の役員新年会と月例役員を行った。来年役員は現会長が続投をする旨の発言があって、皆大喜び。満場一致で決まった。

天候不良が続いて他の用事での外出は控えた。
不要になったパソコンはメーカーに相談したら、2台共無償で処理してくれる事になった。一時は一つのメーカーが6000円かかると言うので困っていた。要するに何時購入したかと型番で確認ができた。本当に助かる。

眼の状態  0−


1月7日(火)BTX41日
同じ市内に住みながらそして長い付き合いなのに、何故かご無沙汰してしまう友人がいる。思いついて電話すると、『実は俺も電話しようと思っていた』そんなタイミングで市の中央の酒屋であった。お互いに健康には要注意だから、気遣いながら話し合った。延々3時間気楽で楽しい時間を過ごした。私はアルコールと糖質制限をしているのでお腹が空くからこんな時は調子に乗って食べ過ぎてしまう。友人が朝昼抜きかよ?と聞いた位だ。

こんな愉快な時期でも顔がクシャクシャする位のメイジュ症候群になっている。
気分転嫁にはなるがそれだけでは足りないからしょっちゅう両手で顔をゴシゴシ洗うような仕草をして紛らわしている。これは気休めでしかなあいが、やらずにはいられない。

眼の状態  0−


1月6日(月)BTX40日
昨日の海辺でのRUN & WALKは海岸の景色が良かったのでまたもや写真を撮りに出掛けた。逆光で面白い写真が撮れると期待したが残念。思うような景色に会えず敗退した。勿論、観光写真ならいくらでもあるが自分なりの世界を創ろうと思うと全く違う。

眼はもう連日の鬱陶しい症状の継続で、本当に何もしたくなって困る。こんなときは頭を使う作業でなく、庭作業、一人カラオケ、一万歩が良いと思いながらグズグズと過ごしてしまう。これはピンチだ。

眼の状態 0−


1月5日(日)BTX39日
自宅から割と近い海の公園で視覚障害者向けのRUN AND WALKのイベントに初参加した。海辺の森の中と浜辺の舗装道路を使い一周2kmのコースだ。スポーツの得意な眼科の女医沢崎先生で視覚障害者向けの活動を積極的に行っている方だ、この度はオリンピックの聖火ランナーに参加が決まったとの事。松明は自費購入で6万円するそうだ。矢張り何処かでしっかり稼いでいるらしいが、本来は無償貸与で終了後に希望者に売ればよいのではないか。
朝9時半からなので寒かった、また日差しが低くて猛烈に眩しかった。それでも伴走者もいらずスタコラ歩くことが出来た。マナーは簡単なのですぐに理解できたが、伴走する経験と伴走される経験もしておこうと思う。

終わってからベンゾ被害の友人と会って、彼の経緯を詳しく聞いた。そもそも私と同じ会社で働いていた同期なのに気づかなかった。仕事柄、気を使う所にいたが退職する頃は多くの従業員の退職や再就職などに世話でストレス一杯の生活を続けていたせいでベンゾ系の精神薬を使う事になったようだ。毎日大量の薬を飲んでいる被害者をどうしたら良いか?もう高齢だ名案はない。

去年の暮れ位から、あまり経験のないどんよりと重い瞼に悩まされている。何もしないで眼を瞑りジッとしているのが一番凌ぎやすい。お蔭でやるべき仕事に着手できずにいる。

眼の状態 0−


1月4日(土)BTX38日
町内自治会の方達の活動はなかなか活発で会館を使って新年会が行われた。私達老人会も参加して賑やかで楽しく過ごせた。立食パーティーと歌、ギター伴奏、バンジョー伴奏と面白い編成の楽団が我々の為に慣れない歌を一生懸命演奏してくれた。

しかし眼は重々しく瞼が閉じる。眼玉の上部から後頭部にかけてどんより、じんわりと表現するのが難しい症状が続く。激しくはないが頭は働かず、かといって休まることもない。

眼の状態 −1


1月3日(金)BTX37日
大学駅伝の復路。青山学院大学が完全優勝。立派としか言いようがない。
写真の額装を5枚やって、壁に飾った。あと延ばしにしていたのげ、ついに年を越えて正月休みにやっとできた。それに釣られて部屋の中もかなり片付いた。正月も特別やることなく良いチャンスだ。

ベンゾ被害の友人から泣き言の電話が入ってきた。減薬、断薬についてアシュトン マニュアルの紹介やネットで売っている日本語版も教えるが、本人がかなり気力を無くしているので非常に心配だ。積極的に自ら調べる雰囲気が見られない。
本人も私もここまでのベンゾ被害者であることに気づかなかった。
もうじき80歳になろうとしてから減薬して何処まで期待できるのだろうか。
私みたいに運動、人に会って話す、歌うなど極力気分転嫁を図るしかないだろう。残念だが名案はない。

自分の眼もさっぱりBTXの効果がでない。今度から新しい先生に代わるので50単位を増やすか、薄くして注射か所を増やし変えるかやらなければならない。

眼の状態 −1


1月2日(木)BTX5週
恒例の大学箱根駅伝初日。ついついテレビにかじりついてしまう。始めて関心を持ったのは中学一年生。小学校の修学旅行は箱根にバスで行くのがきまっていた。
あの小田原から芦ノ湖までの急坂と距離の長さを知っていたので人間が駆け上がるなんて理解できなかった。中一では20kmを走る意気込みだったが、途中でリタイアしトラックに乗って帰ったら職員室に呼びだされてお叱りを受けた・・・そんな自分に比べたら嘘みたい。でも大学生達は良く走る、立派としか言いようがない。

追浜の街にある雷神社に女房と初詣をしてきた。良い年になりますように。

暖かい晴天が続く。眼は相変わらず瞼が重く、さらに閉じる力も強くなってきた。
午後の太陽光はまともに眼に入ってくる。帽子を目深に被り、下向きに地面だけを見て歩く。開きながら歩けるのは10%程度かな?方向を定めながら眼を瞑って歩く。

眼の状態 −1

1週間毎のチェック
瞼が閉じる:重くしぶとい。
ドライアイ:弱い。ショボショボ、シブシブ感が続く。
眩しさ:非常に眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:緊張感が続く。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭はまだ集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が続く。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かない。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。これはボトックスが昔程効かなくなっているのかもしれない。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


令和2年元旦(水)BTX35日
令和2年年賀状.jpg素晴らしい晴天特異日の元旦。
街に出て散策しながら、金沢八景の一つ夕照橋まで足をのばした。綺麗な水と空に満足し写真を沢山撮る事が出来た。穏やかで人出も少ない静かな風景だ。

久しぶりに眩しさが強く、写真を撮るのに苦労する。数打ちゃ当たる精神でシャッターを切りまくった。パソコンではマウスを滑らかに動かすことが出来ず直線的、鋭角的にギクシャクする。
瞼は自由に動かず、重く感じる。

眼の状態 −1


12月31日(火)BTX34日
家の中の不用品を選り分け外の物置小屋に放り込んで、室内を体裁よく整えるのに熱中した。気になるのは親から引き継いだ食器や掛け軸など。勿体ないと大事にしていたが、このまま一度も使わずに終わってしまいそう。日常のガラクタ食器は止めてきちょひんを惜しげ無く使った方が良い。
夕方から女房と買い物をしてNHKの紅白を見、年越しそばならぬ年越し寿司で済ました。

眼が酷い。生活不自由、屋内外も事故を起こさぬように。

眼の状態 −1


12月30日(月)BTX33日
使えないパソコンが2台ある。メーカーに電話するがいつまで経っても繋がらない。取り敢えずノートパソコンのハードディスクをドリルで4か所穴開けした。これで安全だろうが、もう一台のデスクトップパソコンには参った。外観のデザインは曲線を活かしてなかなか素敵だ。しかしその重さにビッリするが、頑丈さにまたビックリした。私の物ではないが高級機種だろう。とうとう分解を諦めてしまった。

天候が良いので老人会向けのカレンダーを配布しながら、追浜商店街まで山下りをした。年末とあって皆さん忙しそうに買物をしている、久しぶり活気を感じた。新年元旦は休店する旨の貼り紙が見受けられる。。。コンビニの影響がでているみたい。

テレビで相棒という番組は人気らしい。出てくる杉下右京と言う男は嫌味タップリで面白い。下らない細かいことに気づくのが欠点だが、その細かい所からの観察が事件解決の手がかりになると言う。もう一つは警察官僚の厭らしさを何度も見せつける。今の忖度行政と相通じる。忖度は政治行政だけなのか?もっと普遍的などこにでもある考え方のように思える。

眼がすっかり悪くなった。切っ掛けは分からない。比較的晴天乾燥だが、このレベルでは原因とは認められない。兎に角、瞼がどんより重たく開けるのは容易でない。

眼の状態 −1



12月29日(日)BTX32日
暫く止めていた”生ごみ処理兼堆肥作り”の容器を作った。大きなゴミ箱と思えばいい。身近の廃材を組み上げた。幅は両手、奥行きは片腕、高さ1.2m、これで一年間十分だ。困るのは一年間寝かしておかないと良い堆肥にならない。まさか同じものを二つ置く場所がない。堆肥を作っていると、周囲の木や草の根が中に侵入して養分を吸い取ってしまう。ごく細い隙間でも必ず見つけて入り込む。生物の感は鋭い。兎も角、ゴタゴタしていた庭が少し片付き見栄えが良くなった。

11月7日、衆議院議員会館第1会議室でベンゾ被害者のダグラス・ウェイン氏が下記講演を行いました。
『ベンゾジアゾピン系処方薬が
いかに人生をだめにさせるのか(私の場合)
および家族や社会への影響』
この第43回記事の始めにアップしました。お聴きください。

眼については、開き具合が心許ない。閉じる力がそんなに強くは感じないけれど開かない。だからと言って眼瞼下垂とも違う、私は老人性眼瞼下垂の手術をした経験者なので違いは判る。ショボツつきと鬱陶しさが非常に気になる。

眼の状態 0−


12月28日(土)BTX31日
長年に付き合っている友人は各種体調不良に加え顔が痛い、眼が痛い・・等いろいろ病気と症状に悩まされている。私の様に目薬を毎日使っているだけとは違って大量の薬を服用している。聴いてみるとベンゾ系の薬を長年使っているから、薬剤禍にかかっているらしい。ベンゾ系の薬の薬害をペインクリニックの先生に聴いたら、もう私の所にくるなと怒鳴られたそうだ。もう行く医者が無いと困っている。
私も良い先生はいないか?と聞かれても返事に窮する。情報は教えても解決はしない。
写真の額縁類を整理処分しているが、これも大変な作業になっている。大体置き場所がもうない。

眼は相変わらず鬱陶しい。昨日と変わらない。

眼の状態 0


12月27日(金)BTX30日
銀行関係はネットを利用するようにしてきたが、老化と共に忘れる、間違える、遅くなるの3拍子が揃ってきたのでまた窓口手続きにしようと相談している。本当にパソコンの利用は素晴らしいが、私には不向きになってきた。大事にならないういちに対応しておかなければいけない。もっとも銀行は私の年齢をみるとマイナス金利や口座利用料金、相続は損をしないようにと色々仕掛けてくる。金融業は信頼が大切とは昔話で、うっかりすると飛んでもない自分勝手な思い込みで失敗する破目に会いかねない。
帰りに床屋に寄ったのは良いが、いつものカットのみを指定するのを忘れてしまい、洗髪・・・もう髪はないが・・・顔剃りもしてしまった。ついつい居眠りしている間にやられてしまった。年に一度位は洗髪も良いか。

やっと風邪、咳から脱却できた。体を動かしたくなる気持ちが湧いてきた。
ただ眼は何か力強さがない、悪いとは思えないが眼に元気、気力が足りない。

眼の状態 0


12月26日(木)BTX4週
体調が今一なのと寒くて出掛ける気にならない。自分消極的になっているのが分かる。怠けていると体は楽になるから、言い訳をして室内にとどまっている。
早く42回BTXの総括もアップさせなければと着手する。今回マイクロソフトから互換性のあるキングソフトにしたら、グラフ作成が中々綺麗な形に纏まらない。
いつまでも時間をかけていられない・・・諦めて、分かれば良いだろう主義に妥協してアップしようかと、試案の堂々巡りを繰り返している。

気分は消極的でも、休息時間はたっぷりあるので眼は案外良い。前向きばかり良いとは限らないらしい。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し弱い。
ドライアイ:弱い。ショボショボ、シブシブ感が続く。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:緊張感が続く。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭はまだ集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


12月25日(水)BTX28日
図々しく後回しにしていた第43回ボトックスをやっとアップした。この作業も手間がかかる。見出しの風景写真を探さなければいけない、まだ殆ど使えない写真編集ソフトをもたもたしながら修正し画面に取り込んでいると根気との闘いになる。

昨日の眼の疲れがあるので、サボリサボリでパソコンに向かった。お蔭で眼んも症状はだいぶ緩んだ。

眼の状態 0+


12月24日(火)BTX27日
終日お休みしたパソコン作業を行った。ブログはもとより溜まっているメール、書類作成、調べものをやっていると時間の経つのが早いのなんの・・・一日なんかアッと言う間に通り過ぎてゆく。子供の頃の歌に”まわりどうろの絵のように”と言う歌詞を思い出す。何故だろう?忙しなく時間が通り過ぎて行く風景ではなくて蒸気機関車が引っ張る客車からの風景は、近くが矢鱈早く通り過ぎ遠くはゆっくり動いて見える、その錯覚で景色が回転しているように見えた。
気分転換に歌の練習をしたり、なかなか動かない写真のソフトの使い方を研究したりしているとがっかりする程手間がかかる。何かやる程、頭が言う事を利かなくるのを実感する。

パソコン作業で眼の疲れが進んでしまった。

眼の状態 0


12月23日(月)BTX26日
王虎湯のお蔭で朝起きた時、良くなって”これなら大丈夫”と自信が持てたらもう我慢が出来ずにシャワーを使った。着ていた上着、下着、ズボンや布団カバー、シーツも全て気持ち悪くなり一挙に洗濯した。勿論、女房にもお手伝いをして貰ったが。
咳が楽になったので、ぶり返さずに気をつけながら安静に努めた。上体の筋肉が痛くてたまらない。寝返りを打つにも、立ち上がるにも障害者みたな動作になってしまった。

眼の症状を子細に観察できないが良くもなく、特に悪くもなく程々の開眼率だと思う。

眼の状態 0


12月22日(日)BTX25日
終日在宅。朝から咳が酷い。咳をする度に上体が激しく動き痛い。背中の筋肉、胸や腹筋どれも全力で動く。まるで筋トレをやっているようなものだ。健康に戻ったらきっと鍛えられた身体になるだろう。内にあるルル3錠、葛根湯を飲んだが全く効果なし。誰が買ったのか王虎湯が痰や咳止め効くとの効能があり飲んでみた。
不安があったが確かに効果が出て、体が楽になった。ただ一日2回までとあるし、漢方薬にしては効き方が早すぎるので慎重に使うことにして指示通り2回に留めた。
明日の老人会カラオケを中止に、明後日の内輪だけのミニコンサートも欠席を伝えた。歌える訳がない。

殆ど床についていたので、眼の事など考える余裕はなかった。判定をするのは難しいが、無理やり0と決める。

眼の状態 0-


12月21日(土)BTX24日
年賀状作業が一段落したので、写真編集のソフトを動かしてみるおかしい。取り出した写真の編集作業に入ると、一瞬で消えてしまう。パソコンに詳しい友人に相談するとメモリー不足らしい、改めて取説を読むと2mm位の細かい文字4GB以上と書いてあった。私のパソコンはギリギリの4GBなので納得し、修理店に駆け付けた。友人の推奨で16GBにした。入れ替えること15分、15,400円で円満解決した。この出費は大きいが個展をやろうと言う意気込みだから止むを得ない。

なにか疲れが出て体調が悪い。重たいノートパソコンを背負って往復9451歩を歩いたが悪くかったようだ。咳がドンドン酷くなった。口をきくだけで、暫くはとまらず苦しい。眼はすっかり閉じる、眩しい、しょぼつく・・となった。

眼の状態 0


12月20日(金)BTX23日
町内老人会の誕生会と忘年会だった。有能な担当役員が一手に引き受けて下さるから私達男性は力を出すだけで、むしろ楽なものである。今回から誕生日該当者は前に出て人一人挨拶とお礼をしてから乾杯をするのを止めることにした。高齢女性は”人前に立って話すのが苦手で、誕生会が無ければ良い。”と言う意見を尊重したものだ。私には驚きだったが、案外そのような気持ちを持つ方は多かった。
私はカラオケ部を担当しているが、秋の追浜地区演芸大会で驚きの好評を得たことがあって歌うことにした。岸洋子さんが歌った”海よ教えて””遥かな友に””この街で”を特別にギター伴奏もあって楽しく歌え、心温まり過ぎる程の拍手を頂いた。
大成功!!

眼はそう簡単にはゆかない。いつもショボショボを気にしながら過ごしていた。

眼の状態 0


12月19日(木)BTX3週
毎月のミニ旅行会の忘年会。高齢者が多く、負担も大きく今後の運営をどうしてゆくかが大きな議論になった。結局仲良く継続することになったが、私は自分の限界が明らかになったので退会を宣言した。もう無理は出来ない、家族に迷惑をかける事はできない。我が家にも残る問題は沢山あるのだ。

風邪のひき掛けか、クシャミ、咳が多くなっている。要注意!!
弱い雨が続く天気でした。そのせいか眼はやや良くなった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し弱い。
ドライアイ:弱い。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ときどきある。
眼の中の緊張感:緩んでいる。
フラフラ:。定常的になってしまっているが少ない。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭はまだ集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。



12月18日(水)BTX21日
今日は立川くるみさんの高裁審議始まる日だ。始まるなり裁判所の考えは、地裁判決を妥当であるとして閉廷をしようとする始末だ。弁護士が再考を促したものの、2020年2月19日13:00に判決が出る事になった。
この裁判を考えてみると、判決は最初から決まっていて、その結論を導き出す審議としか思えない。審議を尽くす等と言う姿勢は見当たらず、すこしでも早く終結させたいとの雰囲気をアリアリと見せている。

立法、司法、行政の3件独立とは言うが、最高裁の長官は総理大臣が任命する。
司法の裁判所も厚労省も所詮は行政のなかに組み込まれているのが事実である。
彼等の上司は行政のトップだから、法律に従って公明、公正に従いうべきもの・・・と考えるだろう。法律の谷間に落ちこぼれてもそれは止むを得ない・・・(口には出さないけれど)、日本中から重要問題が付きつけられて冷静に国家のために判断せざるを得ない。国家を相手に闘うことはそう言うことなんだ。
予算が豊富にある国なら兎も角、消費税に汲々としている時世に美味しい判決はでないだろう。難病を抱えている方達も非常に多い、厚労省がどの国民を取り上げるかだって大変なことだ。
私達は患者同士は目標を絞り力を合わて、国民の多くの支持賛同をえなければ解決に向かえないと思う。こう書いているといつまで経ってもおわりそうもないので、一旦休止します。
法廷を出てから日比谷公園のお店で、自由討論をおこなった。いろいろな症状や、薬剤被害の深刻さもまたも思い知ることになった。薬害を認めず、新薬を国民に投与し続けて健康な国民がそだつのか?

私達の問題の深刻さは兎も角、十分話し合えたことは精神的に良くそれにつれて眼も良くなった。

眼の状態 0+


12月17日(火)BTX20日
不安的中した。昨日年賀状の印刷ソフトに悩まされたが、今日も朝一発目から動かなくなった。またソフト会社に連絡をつけてどうやら動かせるようになって印刷を始めたらあっという間に終わってしまい助かった。個性のない宛名書きは面白くないが、やむを得ない。手軽でサッサと終わってしまうのが良い。裏面は自分なりに、絵を描き印刷したから、自己満足を満たしている。売られているデザインは当然綺麗で私の及ぶところではない・・・でも味気ない。

天候は終日曇りがちで気温は15℃に及ばず、寒く感じる。乾燥して湿度は50%を下回っていた。眼は閉じる、しょぼつく、眼の周辺の筋肉痛のような痛みが出ている。

眼の状態 0


12月16日(月)BTX19日
朝は町内の公園清掃を行った。年末とあって参加は半分に減って、落ち葉は大漁だ。とても我々ではやりきれない。残されたもう一回ではやり切れず、来年へ持ち越しとなりそうだ。一人が急階段で転倒して頭を打ってしまった。幸い大事に至らず良かったが、運が良かっただけだ。何しろ93歳、私の目の前で足を踏み外してしまった。
年賀状の宛名印刷に着手したら、パソコンが止まってしまう。何度やっても止まってしまう。ソフト会社に遠隔サポートを有料で依頼したら延々7時間も掛かってしまった。パソコンからプリンターにデーターが送れないと言うお粗末なトラブルだ。
私のパソコンに問題はないと思うが一体幾ら請求されるか、今夜心配で眠れない。

眩しさとドライアイとショボショボ感で眼は低調だった。

眼の状態 0+


12月15日(日)BTX18日
合唱の練習日。先週はヨガとぶつかって休んでしまった。一回休むと遅れを取ってしまう。取り戻すには結構な努力を要する。先生も真面目な指導を堅実に続けてくれるので遣り甲斐もある。会場へ行くのに往復1万歩になり体力維持にも良いのだが、最近はこれ位でも疲れるようになってしまった。休息は健康維持に必須なのだ、無理は禁物。

晴れたが今日は眼が少し良い。ショボショボ感が弱まった。原因に思い当たることはない。

眼の状態 0+


12月14日(土)BTX17日
終日自宅で庭の整理と生ゴミ堆肥化の入れ物作りに頑張った。矢張り年のせいで恐ろしく不器用になり、力も弱い・・・そんな訳でとんでもなく作業が遅い。思ったより半分も出来ずに日が暮れてしまった。ヨガに期待しても一年前には戻らない現実を思い知らされる。でも何かやっている事は気分転換に良い、疲れが早いけれど侘しくなる自分を忘れる。
まりなさんの通夜には立川くるみさんが行ってくれた。私は遠すぎるし、ご両親の姿を見るに忍びなかった。

晴天続きで湿度が40%を切っている。晴天と乾燥は眼に悪い。

眼の状態 0


12月13日(金)BTX16日
写真同好会の方達の忘年会で質素な中華料理で楽しんだ。ここも高齢化で会員が減っている。高齢の作品展も会場費を工面するのが苦しくなって、秋の芸術祭は借りられず暑い夏にやろうかと相談する位になっている。私の写真を飾っている喫茶店で一枚5000円で売れた事と今年は春頃に姉弟二人で個展をやると宣言した。宣言すればもう後戻りは出来ない・・・その為だ。
散々泣かされたパソコンで漸く年賀状の印刷が完了した。絵だけで宛名はこれからだが、年々やっているので心配は無くなった。

晴れて乾燥しているので、眼はまた悪くなった。それ程酷くはないが眩しさは強くドライアイもショボショボ感につながっている。

眼の状態 0


12月12日BTX2週
残念な知らせがありました。発達障害・眼球使用困難症のツイートで眼球困難フロンティアの会の広報をなさっていたマリナさんが亡くなりました。長く休養なさっていました。AbemaTVで一時間程の特集番組が報道されたのも、彼女のツイートで大活躍した事が切っ掛けでした。慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

サポートセンターで一仕事やった後は、海岸のヴェルニー公園を通りながら未だバラが咲いているのに驚き、また嬉しくもあった。夕方近くで会場自衛隊基地周辺は太陽の反射で面白い風景を見せていた。

今日も眼は良い。気分良く散歩し出来て8000歩を達成。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し弱い。
ドライアイ:弱くなった。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:無い
眼の中の緊張感:緩んでいる。
フラフラ:。躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛みは無くなった。頭はまだ集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンとする脈動は無い。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


12月11日(水)BTX14日
今日は文句なく晴れて暖かい日になった。冬になると洗濯物が中々乾かないから絶好のチャンスだ。自分の物は自分でやる・・・そんなに出来ないが、洗濯物と朝昼の食事は自分でやることにして一年経った。自慢話ほどではないが、良いことだろう。シーツ類やパジャマも含めて大量の洗って乾かす事が出来て大成功。
年末になると銀行に用ができる。素人的発想で質問すると結構丁重に教えてくれる、忙しい時期に迷惑な客だろうと思う。

金利が殆ど付かない預金になって、逆に口座維持の負担をさせられる羽目になった。
日本が金を儲ける事が出来なくなってしまったと思っている。日本は基本的に漁業と農業程度しかない、海外から輸入して加工価値を付けJYAPAN AS NUMBER ONEとか言って得意になって輸出していたがその時期も終わった。日本の高い技術も後から追いかける諸国をリードできる程の安定した実力は無いから、コスト競争で負けてしまう。

輸出入での収入が減れば貧乏国になる。結局は銀行も貯金されても稼げる事業が無ければ運用やりようがない。いくら国が金利を下げても、仕事がなければ使い道がない・・・金は便利で大切だが金利を下げれば解決できるものではない。無理やり国債で株価を引き上げる手口では誤魔化しが効かない。自然淘汰される経済の世界では過当競争による低賃金と過重労働に向かうのは当然の結果であると思っている。

日本はお金がある時代に人を育てる事が出来なかった、学業成績優秀な人材が良い業績を上げる人材にはならなかった。何故か?価値観に多様性が少ない、皆一極集中過ぎる、個性が育ちにくい。私の様に学業不振な人間は存在するのも憚られる。昔、子供の頃に東京大学の学長が卒業生に”痩せたソクラテスになれ”言ったのを思い出す。何で此処でこんな話をしたのか?私が眼球困難フロンティアの会にいる事と関係がある。

眼の症状が緩んできたのは助かる。涙が出るようになりドライアイに繋がるショボショボ感も緩んだ。眩しさはまだ強烈で、これはなかなか難しい。日中日差しが低いので外出中はこれをよける方法があまりないからだ。

眼の状態 0+


12月10日(火)BTX13日
家庭的な雰囲気の合唱に参加した。内輪だけのクリスマスコンサートをするのでドタバタと練習をした。小学校の教室みたいな練習場だが、ここで軽食もするという。新参ものだから文句は言わない。

帰りに眼科で眼底検査をした。最近はいろいろな検査機器があって驚いた。
詳細は分からないが各段の進歩あったのだろう。10年前とは機器が違う。
結果は加齢によるもので飛蚊症も症状の程度は心配ないとの事だった。
眼圧は右14、左12mmHgでこれも問題は無かった。

やっと瞼が開き易くなった。症状に付随する辛さも少し軽くなった。どうやらBTXはまだ効くらしい。

眼の状態 0


12月9日(月)BTX12日
町内カラオケの練習日。驚いたことに定刻になったら一斉に集まってきた。原因は分からないが以前は設備、席、お茶の準備はまだ足腰がしっかりしている私がやってのだが。思い当たることもある。秋の演芸大会で歌ったのが、評判良かったらしい。 ”心が洗われるような歌だった”とコメントを頂いたので皆さん気を良くしたのではないか。私は気を使ったコメントと思い、嬉しくなんか思わずに心の中で
”嘘ばっかり”と思っていた。高齢者になっても”褒められる事”も”褒める事”は大切である。皆さんが伸び伸びと歌って楽しんでいるのを見ると、何が切っ掛けになるか分からない。

少し眼の閉じる力が緩んできたのを感じる。ただ瞼は簡単には開かない。開眼率としては良くならない。

眼の状態 0−


12月8日(日)BTX11日
晴れて暖かく感じる。海に近いから横須賀は都心に比べ2℃位気温は高い。
月一回の視覚障害者向けヨガで、体に動きやすさや身体のバランス感覚も良くなる。もっと言えば歌う発声の基本姿勢や呼吸法にまで通じていると実感している。ただ一人では出来ない、体力を要するので団体に入らないと継続できないししっかりした姿勢をとることも出来ない。やりがいを感じているのでサボる気にはならない。眼が不自由なのに片道1時間以上掛かっても来る方がいる位で、皆さんもやりがいを感じているに違いない。
終わって感じてから、若い男性に付き合ってもらい軽い忘年会をした。30歳も年齢差があるのでそんなに付き合えない、大体酒を辞めているのだから。彼は馴染みの店なので終電車に乗り遅れないか心配している。

残念!ヨガをしても眼は良くならない。

眼の状態 0−


12月7日(土)BTX10日
雨が降ったせいで終日在宅となった。気になるのは年賀状のだ。子年だからデザインはねずみが多い。あまりに決まり切っているので面白くないからカピバラにした。温泉に使ってウットリしている様子をテレビで見ている方も多いと思う。あれはネズミ科カピバラ属齧歯類とのことだ。写真を見ながら書いていると、何となくヤマアラシ風になった。学術的に説明は出来ないが、ヤマアラシの親戚でもあるらしい。悪戦苦闘しているうちに一日経ってしまった。

眼は今日も悪い。もう少し何とかならないか、落ち込んでしまいそうだ。

眼の状態 0−


12月6日(金)BTX9日
また今日も横浜で親戚と顔合わせした。私には分からない難しい講座へ熱心に通っているとのことだ。本人が楽しく、関心を持って都内から通っている位だから余計な口を差し挟むことではない。来年には私と一緒に個展をやろうと計画進行中だ。
私は写真、親戚はエッチングと方向は異なる。都内の画廊でやるから、楽しさとは別に心配もある・・・相手に迷惑をかけてはいけない。
二人で質素にスパゲッティを食べて、年内はこれが最終回だ。

BTXの効果は間違いなく出てきた。ただこの効果はそんなに期待できないことも分かっている。こんな程度が限度かな?偶にはもっといい日もあるかもしれない・・・
期待し過ぎないようにする。

眼の状態 0−


12月5日(木)BTX1週
幸い良く晴れて暖かい日になった。中高時代の友人4人と横浜で今年2度目の再会である。案の定待ち合わせ場所が分からなくて3人とも私のせいにする、彼等は多数決が正しいと主張する。本当に年を取りたくないものだ。
海の傍にあるベイクォーターの喫茶店で過ごしてから横浜観光クルーズ船でみなのとみらい、パシフィコ横浜、赤レンガ倉庫を海から眺めて氷川丸が永久停泊させている山下公園に到着した。のんびり気楽で丁度良い船旅になった。この公園はいつも何かイベントのある所で穏やかで明るく楽しい広場である。しばし歩いて今度は市の観光バス・赤い靴に乗り急坂を登ると一駅で港が見える丘公園に到着した。見渡しが良くみなとみらいからベイブリッジまで広く、遠くは鶴見の火力発電所のツインタワーまで望める。直ぐ近くの外人墓地や横浜気象台に寄って、下りはエレベターで一挙に降りると地下鉄中華街の駅に出てしまった。友人の紹介もあって良いお店で納得の中華料理に満足して今日の集まりは終わった。厭本当に楽しかった。

BTXの効果が僅かに定着してきたみたい。涙が出やすくなって、その分症状も緩んできた。ただ、眩しさは全く変わらない。私は逆光で撮影することが多いので、これは困った。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し強い。
ドライアイ:弱くなった。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:無い
眼の中の緊張感:強い。
フラフラ:。躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)。最近ヨガポーズ太陽崇拝とスクワットを練習しているのが効いているような気がする。
頭部痛み:痛む。頭の中は活発化して音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンと脈動する感じ。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:弱くなっている。上述ヨガとスクワットが効いているみたい。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が緩んだ。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。


12月4日(水)BTX7日
銀行に呼び出された。自分の記憶力、理解力は日に日に落ちるばかりなので、女房と一緒に行ってきた。金利の逆ザヤがニュースで取り沙汰していることが、自分に降りかかってきた。兎に角、金のプロの前に私のような技術者上りは手玉に取られるばかりだ。退職金や年金を皆銀行に預け、ご指導通りに株投資を損をし、投資信託で損をし、NISAで損をした。流石に生命保険は大丈夫だろうと思ったら、これも為替で損をしたらカタログ通りの利益は得られないと言う。その計算式が書いてあるが、専門家でなければ分かる訳がない。大体計算式に使われる算式の意味もアルファベットは何かも書いていない。頭の悪い私等一たまりもない。
結局善良で頭の悪い私は、金融関係者に一生懸命施しをしていたのだ。そう理解しながらまたしても、所定以上の投資をさせられる。支払いが面倒になるとか、いろいろと脅されて言われるままだ。こんなとき店員は矢鱈に丁重に頭を下げてご挨拶して下さる。気の弱い私はニコニコして挨拶をかえしながら店を出た。
帰りに女房と安あがりの喫茶店に寄って、コーヒーを飲み、サンドイッチを二人で分けながら愚痴をこぼしてから別れた。
私は一人海岸まで歩き、写真を撮ってから帰宅した。

こんな思いをしているのに、眼がちょっと良くなった。海岸まで歩いて13,778歩も歩いたのが良かったのか? 金より健康第一との教訓なのか?

眼の状態 0−



12月3日(火)BTX6日
またまた大チョンボをやってしまった。歌の練習日を間違えて、休みなのに行ってしまった。まあ、暖かく晴れていたので外出には良かった。駅からの帰りは、暫く行かなかった回り道を歩いて帰った。女房には何食わぬ顔をして、今日の失態を黙っていることにした。

ほんの少し眼の症状が緩んできたみたいだ。ドライアイがちょっと軽くなった。
他の症状も同調するかのように、ちょっと良くなった。ただ眩しさは強い。

眼の状態 0−


12月2日(月)BTX5日
定例の公園清掃は5人しか集まらなかった。天気予報が最悪だったせいだ、ただ集合時間はまだ曇っていたので元気の良い人達だけ集まった。でも途中から天気予報通り土砂降りとなって中断した。この後は老人会役員で忘年会や新年に向けた準備を確認した。いろいろと町内の世間話、情報交換が面白く結構役に立つ。
老人の集まりと馬鹿にしてはいけない。真面目な話から、笑い話にと繋がってゆくと楽しいひと時となる。

このひと時は私にとって大変有難い。口数が増えると自分の眼の事を忘れて喋ってしまう。大いに気分転換になる。人によっては苦手で反ってプレッシャーになるかもしれないが。私がやっているカラオケのとき、高齢女性たちが誕生会が無ければ良いのにとこぼす。どうやらいつも誕生日該当者がスピーチをさせられるのが嫌なのだと分かった。確か会場前列のテーブル席に並ばされ、気の利いた話など面倒くさい、気が滅入ると言うことだ。

一時眼が良いから終日よくなる事はない。今日も眼は変わらず、自宅で大人しくしていると症状の悪さばかりが気になる。

眼の状態 −1


12月1日(日)BTX4日
合唱の練習に出掛けた。先生の指導も堅実で好感が持てる。もう分からない事は遠慮なく質問することにした。新人のお年寄りだからと大目に見て貰えそうだ、これもコミュニケーションアップの一つだ。

天気が良くて、会場へ行くルートの一部はたっぷり歩いている。長い坂道を片道35分で往復70分歩数はほぼ1万歩になる。最近は原因が分からない眠気に悩まされている。眼の悪さのせいもあるが、体の疲労も激しい。風邪をひきかかけているのかもしえない。ちょっとジッとしていると居眠りしてしまう。
眼は相変わらず悪く、それにつれて消極的になりやすい。ハアーハアーとため息がでやすい。

眼の状態 −1


11月30日(土)BTX3日
もう11月も終わりか、なんでこんなに早いのだろう。老人会の12月カレンダー配布をした。細長い街で、元々が山の上だから結構な歩きでがあって良い運動になる。
今日も自分の物の洗濯をするが、最近天候不良と気温が低く乾くのに日数がかかるようになった。因みに朝食、昼食は自分で済まして女房の負担を減らしている。
奥さんを亡くした先輩が、日常生活を自分では何も出来なくて顔を会わせると愚痴が多いのを聴いて、自分なりに生活改善を行っている。
今日も庭に出て、体を動かすよに努める。直ぐに体力が落ちる、何でもなかったカバンが意外に重くなる。重い庭石を動かすと肩の周囲の筋肉がかなり痛くなる。
頭も体も口も錆びつかない努力が欠かせない。

眼の症状は連日のように最悪で、BTXの効果は見られない。

眼の状態 −1


11月29日(金)BTX2日
昨日BTXをするために立川に行ったせいなのか、疲れが取れない。眼も悪くてどうしても積極的に動こうとする気力が起きない。こんな事では拙いと思うと、これが気になって更に気持ちが落ち込む。負のサイクルが起きそうで、気分転換が必要なのはわかっている。早く脱却しなければ・・・これも焦らないこと。
庭に出て畑に芽を出した菜の花の位置を調整したり、切り倒した木の幹を整理したりと身体を動かして、成るべく頭を使わないで夢中になるのが良い。

兎に角眼は最悪状態に落ち入っている。ドライアイの強さに連れて、ショボショボ感も強い。単なるショボショボだけでなく、眉毛辺りの脳に違和感が生じる。眼の奥から後頭部にかけてどんよりとした重苦しさも感じている。これらは人の心を沈み込ませる実に厭な症状である。瞼を強くギュウギュウと閉じる力は涙が出るの力尽くで抑えるのではないか・・・・そんな風に思っている。

眼の状態 −1


11月28日(木)BTX初日
本来新しく第43回BTX日記をおこすところだが、間に合わないので暫定的に延長します。

追浜の自宅から立川の病院まで3時間弱かかる。寒くて雨が降る最悪の日になったが、これは私の日常の行いが悪いのでやむを得ない。行きは兎も角、帰りは通勤帰りのの時間帯もあって座れずに疲れてしまった。いつもなら座れなくても、トレーニングだと思って気にしないが、今回は堪えた。帰りは早合点して早く電車を降りただけでなく、通り過ぎたと思って戻ろうと電車に乗ってから ”いけねー手前の駅だった!!” と気づく始末。各駅停車に乗ろうとしたら急行や快速ばかり来るので乗れば座れない。珍しい位運の悪い日であった。

そんなこともあって、今回の先生の注射は最終回とさせて頂いた。今後は横浜市内のBTXをする先生を見つけたので、紹介状を頂いた。
BTXは50単位、両目で8か所、6.25単位/一ヵ所。この先生では一貫して変えなかった。単位も増やさず、飲み薬も一切使わなかった。先生は神経内科なのでベンゾジアゼピン系の薬を使いたかったのだが、私が断った。注射か所は先生にお任せした。

今日の外出行動はなかなか辛かった。よく見る事が出来ず駅のホーム、階段の上下は極めて慎重に行動した。危なくて早く動くことなどできなかった。

眼の状態 −1

1週間毎のチェック
目が閉じる:少し強い、瞼が重ったるい。
ドライアイ:強い。シブシブやショボショボ感が強い。
眩しさ:かなり眩しい。サングラス色が褪せている。(透過率10%、青黒色のサングラス)
眼の痛み:ドライアイの影響で強い。
眼の中の緊張感:強い。
フラフラ:やや強く躓きやすい。定常的になってしまった。筋肉の老化も影響している。(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。ヨガで木のポーズが取れない)
頭部痛み:痛む。頭の中は活発化して音のしないノイズを感じている。集中力に欠ける。
ズッキン、ズッキンと脈動する感じ。
新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
首肩のこり:強く痛くなっている。
複視:無い。
動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振って見る。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。
顔の症状:口周辺の緊張感が強くい。(メイジュ症候群)
精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力が、速度が落ちている。
振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタする。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。
洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。
  以前はBTXが効き出す兆候だった。
発声:眼瞼痙攣とは無縁。



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント