• もっと見る

  瞼はさがり ショボショボと ドライとなって 痛みまぶしく


患者自身だけでなく家族や友人も含めた情報交換あるいは意見交換を行う広場にしたいと思います。
 
 自分の病気を知らず重症になりかねない、情報のとぼしい地域、交通不便で病院へも行けない、症状も悩みも相談する人がいない、退職を余儀なくされる、など多くの問題があります。また、解決の道も探れると思っております。

 潜在患者さんが早く自分の病気に気付いて病院に行かれるようにし、また多くの方に参加いただければ患者パワーとして治療への要望、発言力も強くなります。

 これにより私たち患者が病気と付き合いながら少しでも日常生活の幸せを向上させるよう努力したいと思っております。
 
 今日よりも明日 今月より来月 今年より来年をより良く、ほんの少しでもより良くしようと目指しています。

お願い
この広場は前向きな交流としたいと思っております。
ぜひ誹謗中傷がないようにお願いいたします。
医療機関や医師名は特定されないよう、英数字2文字以内の組み合わせにします。
地域名は都道府県までにして、市区町名は書かないこと。
ご自分の個人情報の漏えいを防ぐため仮名を使うようにお願いします。


トピックス

私共が参加活動するグループ眼球使用困難症群協会の秋國事務局長が今月10日に参議院議員会館に於いて公明党の大口眼球使用困難症群推進プロジェクトチーム座長と共に山本厚労副大臣と面会し、患者の「視機能の障害」についておよび「障害者手帳の交付や障害年金の支給対象とする」旨の要望書を提出しました。

調査研究の政府説明.png
大臣へ要望書提出.png















眼球使用困難症群協会のホームページ
https://pdess.org/


このブログに関連したFACEBOOKもアップしています個人ブログの紹介
ISAKO HARADAさんがfacebook  https://www.facebook.com/isako.harada

!!このブログの見出し画面で右側のカテゴリーアーカイブの項目 □顔面けいれん患者の闘病記を書いております。

NY氏の眼瞼DBS手術の経験です。カテゴリーアーカイブの項目 □NY氏眼瞼DBS手術 を書いております。


立川くるみさんのfacebookを追加しました。よろしくお願いします。
https://www.facebook.com/hoodiez.kuruchan

川島さんのホームページを追加しました。
https://dyskaizen.jimdo.com/
facebookではhttps://www.facebook.com/dyskaizen2017/

ベンゾジアゾピン系薬害のゴンザレスさんのホームページ
https://ameblo.jp/gonzales2016/entry-12341800129.html

多田ゆりこさんのブログです。
薬害根絶デー。厚労省前で2名の向精神薬被害者がリレートークしました。
今年で2回目のトーク。
素晴らしい実績をおさめております
https://ameblo.jp/yuriri0924
ベンゾ被害当事者Wayen Douglasさんの講演録音
Wayne Douglas.mp3

全国ベンゾジアゼピン薬害連絡協議会
https://ameblo.jp/bya-1108/entry-12387239643.html

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.pmda.go.jp/

YUKIO SAKAMOTOがfacebook
http://www.facebook.com/yukio.sakamoto.7
自分の写真ですが、コロナの影響で発表会が休会なので、新しい作品は追加なく休業中です。

制度の谷間「眼球使用困難症」を救え!!
代表 立川くるみ 、私は一般会員なっています。
https://g-frontier.xyz


ご寄付のお願い!!(上記ホームンページの12項からも見られます)
チラシ印刷代、交通費、郵送代、サーバー代など諸々かかっております。寄付金でのご支援もよろしくお願いします。なお、ご寄付いただいた場合はお問い合わせフォームからご一報くださると幸いです。
以下口座情報
ゆうちょ銀行
普通口座
口座名 みんなで勝ち取る眼球困難フロンティアの会
記号10300
番号 89780041
店名 0三八(ゼロサンハチ)
店番 038
口座番号8978004


専門医の若倉医師のヨミドクhttps://yomidr.yomiuri.co.jp/column/wakakura-masato/

目と心の健康相談室
理事長 荒川 和子  副理事長 若倉雅登医師
打ち明けよう!眼の悩み!
https://metokokoro.jimdofree.com

眼瞼・顔面けいれん友の会
http://www.gankenganmen.jp/

眼科医の加茂純子先生は視覚障害者に向けて非常に積極的な活動をなさっています。特に私達にとって重要な視覚障害者認定基準の見直しや国内外で
の活動や論文発表をなさっています。
山梨県視覚障害を考える会
https://sites.google.com/view/mayeyeclinic/whywecametoFVS

加茂純子先生のFACEBOOK
https://www.facebook.com/junko.kamo


NHK視覚障害者ナビ・ラジオ
放送日 日曜日7:30〜8:00
再放送 翌日曜日7:30〜8:00
インターネットでも聞けます。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/list/detail.html?id=44672

AbemaTV
まぶたの異常や痛み、まぶしさのため目を使うのが困難な「眼球使用困難症」の特集番組がAbemaTVにて放送されました。立川くるみさんもVTRとスタジオ生出演両方出ています。
全盲でなくても白杖を使うこと、読み上げ機能でパソコン、スマホは使えること、白杖を持たない視覚障害者もいること、制度の谷間障害は他にもたくさんある事も伝えられたと思います。

こちら記事です。
https://abematimes.com/posts/5608562

ブラインドサイドで私の眼瞼痙攣年金裁判の15分ドキュメンタリー動画
https://blindside.or.jp/challenge/2020/379/
第54回ボトックス日記 [2022年11月19日(Sat)]
第54回ボトックス日記
DSCN7854 b.jpg




12月1日(木)BTX22日
終日ビッシリと厚い雲に遮られていた。相変わらず庭のリニューアルに取り組んでいた。敷地内で何処かのレイアウトを変えると、一時的に大量の土を摘んでおく場所が必要になる。そんな余裕がタップリある訳がないから、そのスペース作りをする。またそのため移動しなければ準備がいる。
これを繰り返しているので、やたら日時を要する。もう年末になって松のもみ上げと剪定になる。こんな調子で一年が過ぎて行く。

眼の状態 0+


11月30日(水)BTX21日
家内と市内に出掛けて帰りに昼食を取った。おー!結構良いじゃない!とソバ定食と何時もの通り生ビールを飲んだ。帰宅後、もう夕食抜きでいいなと話ながらレシートを見ると生ビールが請求されて居ない事に気付いた。そんな馬鹿な?真昼間ガラガラのお店でレジが見逃すのだろうか?私達は年に3回も行かないから、常連サービスでもあるまい。ふと思い出すことがあった。同じ建物のレストラン街にあるスパゲッティーのお店でも同じことがあった。私には意図不明のサービスが行われているのかも知れない。いずれにしても損は無いから、また行ってみよう。

眼の状態 0+


11月29日(火)BTX20日
合唱の先生がお止めになるので、お別れ会を行った。男性一人が緊急入院したので、黒一転の私と女性6人だ。先生は長年喘息と手の腱鞘炎で歌えずピアノは弾けずでとうとうギブアップとなった。そんな仲でも皆と気を揃えやってきた、事情は皆分かるので和やかな雰囲気で終始した。でも皆さんは未だ続けたいとの希望で先生探しを始めることになった。これが中々居るようで居ないのが現実。サテ!!

眼の状態 0+


11月28日(月)BTX19日
老人会のカラオケ練習日だ。専用マイクには300曲が入っている。他に曲のテンポ、キー、採点、歌手のお手本、曲の選定も手元のリスト以外にアイウエオ順と様々な機能がついている。これを図解入りで説明するが、なかなか理解出来ない。
皆さんはもうそこまで出来なくなってしまった。覚えさせようとすれば混乱するだけ。声も小さくなって聞き取れない、マイクでやっと聞こえる程度。
それでも、皆さん集まってきて楽しんでいる。・・・・不思議と思うが、役に立っていると思えば辞めるのもどうかと思う。

眼の状態 0+


11月27日(日)BTX18日
昨日都内に出掛けただけで疲れてしまった。大して飲んだわけでもないが、体力が落ちているのだろう。動きが悪い。不精するなと、自分に言い聞かせて庭に出れば占めたものだ。落ち葉集め、雑草掘り起こし除去、木の枝の切り縮め、レイアウトの変更、観葉植物の手入れ、庭木の選定・・・・やる事はいくらでもある。
ウンウン言いながら夢中でやり始めてしまう。なぜこんな事が好きなのか、考えたって分からない。幸せに違いない。

眼の状態 0+


11月26日(土)BTX17日
関西方面から来た友人と東京駅で会った。何処かで昼飯を思ったが、私の知っている東京駅は無かった。自分が駅の何処にいるかさえわかなくなる始末。
横須賀から来たお上りさんでしかない、どうして良いか分からない程大きくて、綺麗で、多様な店が並ぶ商店街。
久し振りの会話は楽しく続いた。もしかすると良い発展が期待できるかも市知れない。

眼の状態 0+


11月25日(金)BTX16日
庭で使うチェーンソーのチェーンが切れ無くなってきた。刃の部分が飛んで行って無くなっている。電車で行き、また遠いい不便なホームセンターで買うことができた。適合するチェーンを選定するのにも、飛んでもない時間が掛った。
行きも帰りもタップリと歩き一万歩を越えてしまった。
帰りにはラーメン屋に寄って餃子と生ビールに気分良く帰った。女房にとっても仕事が減って良かったらしい。

眼の状態 0+


11月24日(木)BTX2週
晴天で延期した公園清掃を実施した。皆一生懸命に草刈り、落ち葉集めに一生懸命やる。切り上げようと声を掛けても、切りの良い所までなどと言いながら続けている。ご褒美は精々煎餅、クッキー、スポーツドリンク程度だ。
運動になる、無駄話も良いから精神的なストレスからも開放される。
高齢者に一番よい行事かもしれない。

眼の状態 0+


11月23日(水)BTX14日
雨が降り続いて出掛ける気も起きずに自宅内で過ごした。
YOUTUBEと言う素晴らしいものがある。パソコンでもスマホでもテレビでも見聞きできる。時間があれば音楽を聞いている事が多い、以前はテレビのミステリー番組だったけれど飽きてしまった。
特にヴァン・クライバーン優勝者のピアニスト辻井伸行さんの演奏を聞いていると、止まらない。私は音楽を聞くのが好きだけれど、ピアノだけは聞かなかった。高名なピアニストの演奏でも単調に聞こえてしまい、協奏曲にだけ関心があった位だ。
辻井さんの演奏を聞いていると、楽しくて飽きることが無い。自分でも良く分からない、これはどうも私だけではないようだ。
彼の演奏は聴衆だけでなく共演者にも楽しさをもたらしているのが、画面で分かってきた。自分自身でも「皆さんに喜ばせたい、楽しませたい」と言っているが、その通りだ。きっと自分のセンス、テクニック、プライドなんかは後回しにしている勿論金目当ても忘れている。才能の上にエンターテナーの才能まで、アメリカ大リ^グで活躍する大谷選手と似た所を感じてしまう。

眼の状態 0+

11月22日(火)BTX13日
雨が降ったので公園清掃は木曜日に延期となった。一方、建物内の役員会はやって忘年会や新年会の計画を決めた。自分達の為の忘年会もやりたいと意見が強い。皆、それぞれストレスが溜まっている。役員を引き受ける人がいない。
それでも最近は自治会の、やや若い年代の人達が手伝いをしてくれるようになった。
望みはある。
午後からは歌を楽しむ会に参加した。少ない男性に気を遣う先生はいつも「素敵なテノールの男性3人方」と言う。私が82歳、あとは84歳、89歳だ。素敵な訳が無いだろうに。女性は13名で稀少価値を感じているらしい。
歌う曲は多様で面白い。

眼の状態 0+


11月21日(月)BTX12日
雨が降ったので公園清掃は木曜日に延期となった。ただ、役員会はやることになっている。忘年会や新年会の計画をきる一方、私達なりの忘年会もやりたいと意見が強い。皆、それぞれストレスが溜まっている。
それでも最近は自治会の、やや若い年代の人達が手伝いしてくれるようになった。

眼の状態 0+


11月20日(日)BTX11日
ほろ酔いクラブで、ミカン農園をやりながらバーベキューを実施した。メンバーは10人に増えているが中々全員揃う事は難しい。高齢者だから、なにか病気もある、仕事が医療福祉の人もある。お一人様も半分は居ると一日中話さない人もいて、電話で話すと声が出なくなっている。
こういう集まりは絶好の気晴らしのチャンスになる。皆お互いに会えること、話が出来る事が嬉しくなる。
今度は忘年会カラオケやろうと元気が良いけれど、コロナ環境は簡単には行かない。

眼の状態 0+


11月19日(土)BTX10日
庭には春の花のように濃いピンク木の芽が伸びている。誰に聞いても名前は分からない。始めはドングリがなる筈で育てていたが大きくなるに連れて、盆栽にしようと思って鉢植えにした。ところが、うっかり水が足りなくなって瀕死の状態に
なってしまった。再び庭に戻してハラハラしながら夏が過ぎやっと緑の葉っぱが出てきた。そして秋になるに従ってピンクの芽が伸びてきた。
これをどうするか考えた。庭には大きすぎて切り倒した桜の樹幹が地上1mの高さで残っている。腐った洞が上部にある、これをそのまま鉢にして洞に土を入れて名前しらずの木を植えてみた。どうなるか、またハラハラしながら見守ることになった。

眼の状態 0+


11月18日(金)BTX9日
老人を心配して、銀行からお出かけ下さいと案内があった。家内と一緒に少し電車に乗って行った。向こうも私一人より家内がいた方が安心するらしい。80を過ぎたから何事にも一人前に認められない。中学生以下の扱いをされている。
二人で最近開店したソバ屋で昼食兼夕食をした。生ビール一杯ですっかり酔ってしまったが?普通そんな事はないのに。まだワクチン接種後遺症が続いているらしい。幸い眼は戻っている。

眼の状態 0+


11月17日(木)BTX1週
喪中はがきの作成で終日掛かってしまった。ハガキ作成ソフトが住所録を消してしまったせいだ。昨年の年賀状から改めてやり直しになった。まだワクチン接種の後遺症も加わり体調は思わしくない。
気分転換で庭に出て、再生させていた木をまた盆栽に戻した。もう一本、赤い芽が出ている名前不詳の木も再生させている、これは記念に切り倒した桜の切り株を鉢植えのように作ろうと思っている。アイディアに自画自賛しながら作り始めた。こうやって工夫しているのが楽しくて、時間も忘れ、身体のや眼の不具合も忘れてしまう。
お昼ごろは空一杯イワシ雲=うろこ雲=巻積雲になっていた。夕方は空が羊雲=高積雲で一杯になっていた。近い中に雨が降る予兆だ。

就寝時の血圧が140〜150mmHgと高くなっている。普通なら130mmHg以下なのに。

眼の状態 0


11月16日(水)BTX7日
朝起きたら身体全体がかったるいのなんの。一体何事が起きたのかと暫し???た。そうか!ワクチンだ!
庭仕事をしてやり過ぎたので疲れと筋肉痛を起こしたと思ったが、そうではなかった。それにしても身体に弱点を起こして痛みを増幅させる、嫌味な症状だ。

眼も攻撃を受けて、ショボショボ、ドライアイが酷くなった。

眼の状態 0


11月15日(火)BTX6日
第5回目のワクチン接種をしてきた。ニュースでアナフィラキシーショックで亡くなったニュースが報じられていたので、私なり確認をした。
先ず、予約受付でアナフィラキシー対応を聴いたら、会場で聞いて下さい。こちらは受付なので分からない。
会場の整理スタッフで聴くと、医師に聞いて下さい。
医師に聞くと、統計的に発生することは稀で準備はない。救急対応で間に合うか?どうかだ。それで注射しますか?と此方に決めさせようとする。
私は過去4回ワクチン注射をしているが、幸いアナフィラキシーショックは無いので接種をした。でも、市はなにも対応しない事が分かった。
誰かにこのショックが起きたらどうするんだろう?

体調は問題なく、帰りは駅から山道を歩いて帰宅した。

眼の状態 0+


11月14日(月)BTX5日
少し寒さを感じるようになった。老人会のカラオケを行うが、設備が古くて誤動作が多く不自由極まりない。新しいカラオケマイクはテレビで宣伝しているが、有名歌手の有名曲は少なく、別途追加料金を支払うことになっている。
コロナ対策で自治会館は飲食不可、、、、、其の中皆さん止めてしまうのではないか?毎回、困っている。

眼の状態 0+


11月13日(日)BTX4日
肢体障害者向けのヨガに参加した。毎回ヨガ効果を感じている。
終わった後に明日から透析専門の高齢者入院施設に入る友人を見舞ってきた。
独身で近くには親戚もない、コロナ対策で外出もままならず一周間に一回だけ外出が認められると言う。6畳だからベッド一つで、狭く不自由で全く監獄に入れられているみたい・・・・と嘆く。渡しもこれと言ってお手伝い出来ることも無く、口先ばかりのサービス精神で申し訳無さを感じている。
精々友人達とお見舞いに行くだけだ。

眼の状態 0+


11月12日(土)BTX3日
歯の治療に行った。気の向かない治療だ。シャーシャー、ガーガー、ピーピーと嫌な音と痛みが気になる。今回は先生に驚かされた割には音も振動も時間も大した事はなく終わった。治療直後から、もう固まっているから直ぐ食べられますよ・・と嬉しい言葉をかけて貰えた。
自宅に戻ってからは庭の片付け作業で終日過ごした。最近は足腰の痛みも殆どなくなった。体幹強化を主体に腰痛防止体操の効果が効いてきたように思う。

眼の状態 0+


11月11日(金)BTX2日
天気が良くて暖かい。写真の勉強会に参加した。インストラクターのYさんは、かなりこの世界では知られた方である。その写真は多彩で、毎月彼の写真を見るのは楽しみである。長年の積み上げ、努力によるが素晴らしい。不思議な事に、その風景に優しさがある。人柄を見ているからそう思のだろうか。
帰りは横須賀中央の繁華街から次の汐入駅まで、有名などぶ板通りを抜けて歩いた
。米軍関係の外国人が来る、外人の街で独特な雰囲気の場所だ。並ぶお店の中に入る気は全く起きない。
そのまま米軍基地と横須賀海上自衛隊が並ぶ港とヴェルニー公園を通り抜けて、更に一駅足を伸ばして京急へみ駅まで歩いてしまった。写真を撮るはずが一枚も撮らずに終わってしまった。でも無駄ではない。11,740歩あるけた。

眼の状態 0+


11月10日(木)第54回目BTX初日
後日、新しい記事として発行します。暫定的にこのまま続けて行きます。

昨日と同様、桜木町に行きボトックス注射を50単位、14ヵ所行った。
過去の実績と較べてもかなり好成績で、先生も気を良くしたのか注射か所を同じにした。一時は睫毛の際に恐ろしい位置に注射したが、最近はやらなくなった。
お蔭でストレスもなくなった。

眼の状態 0+


第50回 51回 52回 第50、51、52回まとめボトックスの総括 [2022年09月30日(Fri)]

第50回、第51回、52回、ボトックスの総括


データー処理に誤りがあったので、過去にさかのぼって第50回、51回、52回を一つにまとめて総括記事しました。
尚、この期間は2021年10月8日から2022年8月4日になります。
この間、かなり休息に眼の状態が良くなっていることが分かります。
改善された症状
1、ドライアイが殆ど感じなくなったこと。
  眼科医から市販の角膜保湿剤に切り替えることになった。
2、神経を逆なでするような気分になる、フラフラする不快感は  無くなった。
3、瞼を閉じる症状もかなり弱くなって、日常は意識することはない。
  ストレスを感じるときは一時的におきている。このとき瞬きが多くなる。
4、顔や特に口の周辺に違和感と無意識に動かしていることはある。
5、サングラスを常時使うが、眩しさもすっかり弱くなった。特に夜道を歩いてもサングラスを
  かけていた頃とは比較にならない。
6、混雑する駅の通路や階段でも、立ち止まらざるを得ないこんなことも無くなった。


そんな訳で半分はもう全快したような気分でいる。ただ、ボトックス注射後3ヶ月近くになると
、症状が出て来る。

btx50.png
50回目、ボトックス注射の直後は回復するまでの2週間ぐらい、かなり悪い日がある。一方3ヶ月の終わりごろの数日も悪い。効き目が無くなったせいであろう。成績の分布では結構良いとかかなり悪い辺り多くなっていている。極端に良くも悪くないがやや+側に平均値があって、程々に良かったと言える。
btxdis50.png
51回目、顕著に結構良いと判断できる日が殆どになった。注射直後から回復している。最悪の日も少しはあるが、全体に上出来である。
btx51a.png
分布は好成績を明らかに示している。
btxdis51a.png

btx52a.png
私の感覚判断では素晴らしい成績で、データーは+側になっている。健常者ではないから、この程度に回復するなら文句は言えない。
btxdis52a.png
成績分布からも言うことなし。
btxm52a.png
過去最高の成績になった。素晴らしい。

第53回ボトックス日記 [2022年09月20日(Tue)]
第53回ボトックス日記
DSCN6391 g.JPG
水面のゆらぎ




11月14日(月)BTX5日
少し寒さを感じるようになった。老人会のカラオケを行うが、設備が古くて誤動作が多く不自由極まりない。新しいカラオケマイクはテレビで宣伝しているが、有名歌手の有名曲は少なく、別途追加料金を支払うことになっている。
コロナ対策で自治会館は飲食不可、、、、、其の中皆さん止めてしまうのではないか?毎回、困っている。

眼の状態 0+


11月13日(日)BTX4日
肢体障害者向けのヨガに参加した。毎回ヨガ効果を感じている。
終わった後に明日から透析専門の高齢者入院施設に入る友人を見舞ってきた。
独身で近くには親戚もない、コロナ対策で外出もままならず一周間に一回だけ外出が認められると言う。6畳だからベッド一つで、狭く不自由で全く監獄に入れられているみたい・・・・と嘆く。渡しもこれと言ってお手伝い出来ることも無く、口先ばかりのサービス精神で申し訳無さを感じている。
精々友人達とお見舞いに行くだけだ。

眼の状態 0+


11月12日(土)BTX3日
歯の治療に行った。気の向かない治療だ。シャーシャー、ガーガー、ピーピーと嫌な音と痛みが気になる。今回は先生に驚かされた割には音も振動も時間も大した事はなく終わった。治療直後から、もう固まっているから直ぐ食べられますよ・・と嬉しい言葉をかけて貰えた。
自宅に戻ってからは庭の片付け作業で終日過ごした。最近は足腰の痛みも殆どなくなった。体幹強化を主体に腰痛防止体操の効果が効いてきたように思う。

眼の状態 0+


11月11日(金)BTX2日
天気が良くて暖かい。写真の勉強会に参加した。インストラクターのYさんは、かなりこの世界では知られた方である。その写真は多彩で、毎月彼の写真を見るのは楽しみである。長年の積み上げ、努力によるが素晴らしい。不思議な事に、その風景に優しさがある。人柄を見ているからそう思のだろうか。
帰りは横須賀中央の繁華街から次の汐入駅まで、有名などぶ板通りを抜けて歩いた
。米軍関係の外国人が来る、外人の街で独特な雰囲気の場所だ。並ぶお店の中に入る気は全く起きない。
そのまま米軍基地と横須賀海上自衛隊が並ぶ港とヴェルニー公園を通り抜けて、更に一駅足を伸ばして京急へみ駅まで歩いてしまった。写真を撮るはずが一枚も撮らずに終わってしまった。でも無駄ではない。11,740歩あるけた。

眼の状態 0+


11月10日(木)第54回目BTX初日
後日、新しい記事として発行します。暫定的にこのまま続けて行きます。

昨日と同様、桜木町に行きボトックス注射を50単位、14ヵ所行った。
過去の実績と較べてもかなり好成績で、先生も気を良くしたのか注射か所を同じにした。一時は睫毛の際に恐ろしい位置に注射したが、最近はやらなくなった。
お蔭でストレスもなくなった。

眼の状態 0+


11月9日(水)BTX97日
以前、習っていたクラシック曲の先生のリサイタルに友人3人を誘って行った。横浜のみないとみらい小ホールだから大したものだ。この3年間はコロナ流行りで空いていたが、本来は毎年続けていたものだ。
私が銀座で写真の個展を開いたときに、コロナ真っ最中なのに見に来て頂いた。
因みに、横須賀の写真の会のメンバーはコロナを恐れて会長以外は誰も見に来なかった。だから本当に感謝!感謝!であった。
プログラムは本来のラテンクラシックの他に日本の歌曲やタンゴ、献呈/R.シュトラウス等々と2部でカタリ・カタリ、黒いオルフェ、グラナダと精一杯のサービスメニューであった。
終わって、有名な桜木町の素晴らしく安くて良い地下街飲み屋で十分懇談をたのしんだ。
そうだ! 先生の名前は茉莉和世でした。

眼の状態 0+


11月8(火)BTX96日
今日は忙しかった。朝からインフルエンザ予防接種と整形外科だカルシュウム注射を行った。お互いに離れているので面倒くさい、時間もかかる。
自宅には帰らず、イオンの喫茶店で休息をしながらラインの連絡をとりあっていたら、あっという間にお昼は過ぎてしまった。
午後は逗子の町で歌の勉強会だ。明るい先生でコロナ解禁になってから、20人が集まってきた。先生の人気がある。
最近カメラを持たずに歩かなくなっていたが、スマホで結構良い写真が撮れる。特に広角撮影が自然に撮れて、面白い。

アツ!家内の誕生日だった。自宅でささやかに寿司、ビール、ワインそれに私が買ってきたケーキでお祝いをした。メデタシ メデタシ

眼に状態 0+


11月7日(月)BTX95日
町内の公園清掃の日。自治会の役員たちが参加してくいれたら、年代が若いだけあって仕事の捗り方が全然違う。あっという間に綺麗になってしまった。老人会も若い年代が入ってくれると、雰囲気も明るくなる。

眼に状態 0+


11月6日(日)BTX94日
本日も終日在宅なり。昨日に続いても剪定樹木の切り揃え作業に従事した。やっていると中毒になったように、作業が楽しくなってくる。やりながら次は何をやろう、あっちはどうしようか、ジャーマンアイリスを掘り出した根っ子をご近所にあげちゃおう!・・・と思いついてAさん、Bさん、Cさんと連絡すると、皆さん貰います、貰いますと意外な反応。毎年4〜5月に沢山、紫色の花が道路から良く見えるので、関心を持っていたのだろう。一抱え以上大きな植木鉢に4杯もあったので、処分に困る位だから本当に助かる。どうやらDさんも貰ってくれそうだ。

眼の状態 0+


11月5日(土)BTX93日
少し寒くなって冬に向けて着替えの準備は整った。庭の作業衣も冬のスタイルにした。初夏の頃に選定した大量の枝は放りっぱなしにしてきた、枯れてもうゴミ出しに50CMに切り揃える時期になったと着手した。青い葉っぱが茂る生木を切断するのは厄介なのだ。やりだすと未だに青みがあって丈夫な奴もある。コツコツと少しずつ片付けてやるしかない。それにゴミ出しの袋に詰める作業もある。
他人様が私の作業を見たら「なんと!まだるっこしい」と思うに違いない。しかし、余命幾ばくも無いとは言え閑は無限にある。実際にやってみると、案外捗ってやった分だけ庭が綺麗になる。・・・・この気分が良いものだ。

今日は眼が少し良くなった。

眼の状態 0+


11月4日(金)BTX13週
すっかり暖かい風が吹く日になった。近くの鷹取山に登ったのも本当に久し振りだ。晴れて横浜の高層ビル街は見えるがさすがに東京のスカイツリーは見えない。年に数回みえるかどうかだ。帰りは山沿いの大きなマンション群沿いに遠回りしてやく7000歩になった。幸い脊椎管狭窄症の不具合もなく心地良い散歩になった。
ウィンドブレーカーを着て歩いたせいで汗ビッショリ、余程暖かい日だったのだろう。
チョット眼のショボショボが強く、瞼を閉じる力も出てきた。生活に不自由とまでにはならないが、かなり気になる。

眼の状態 0


11月3日(木)BTX91日
良く晴れて暖かい。庭の入口にジャーマンアイリスを植えていて、毎年紫色の花が沢山咲く。道路から良く見えていて、少しは自慢にしている。ただ、この場所はお昼後になると日陰に入ってしまう。この植物はひまわりほどでは無くても、敏感に太陽光を追いかけて日陰の部分から少しでも日向に出ようと寝そべってしまう。花の部分だけが起き上がってみっともない。それで日陰部分を減らそうと配置換えに庭の作り替えを始めた。
さすがに体力が落ちて、何をやるにも力不足と足元のフラフラ、ヨロヨロが目立ち時間の掛る事大変だ。最近にテレビで「ポツンと一軒家」の番組が人気で良く見ている。高齢でも実にしっかり働いている姿に憧れるものの、とても叶わない。
先日のバーベキューでサポートして頂いた、自治会の方が「高齢者はこんなに動かないのか!?」と驚いたと言う。「そうだ!そんなものだ!」と答えるしかない。

眼の状態 0+


11月2日(火)BTX90日
第54回ボトックスの予約は今月10日になった。3ヵ月毎なら今日注射すれば良いのだが、先生の都合もあるから仕方が無い。
ところでこのブログを始めたのが2009年9月頃だから、もう13年経っている。
この間このブログを読んで頂いた件数は600,000回を越えている。大雑把に一日平均126件読んでいただいている。ピークでは一日に700件もあった。患者さんとのコミュニケーションがあった頃はほぼ一日に200件強であった。
引退生活みたいな最近は一日に90件がコンスタントに続いている。
眼瞼痙攣の患者様にお役に立てる事もないけれど、読んで頂けるなら続けようと思っております。
今日は暖かく良い天気だが、昨日のコンサート後の解放感で終日のんびり、ゆったり何もせず・・・・で一日を過ごした。

眼の状態 0+


11月1日(月)BTX89日
ついに内輪のコンサートになった。できるだけの事はやって、諦めの境地。ある程度はどうしても合唱、重唱には迷惑をかけてしまった。ソロは残念だが高音部を誤魔化しながら歌い通した。幸いピアノの音響がデカいのとマスクを欠けて歌ったので大半の方は分からなからしい。
終わってから友人達と喫茶店、飲み屋2軒とハシゴして楽しい時間を過ごせた。

眼の症状 0


10月31日(月)BTX88日
歌の練習は諦めて、休息と昨日同様の自己流治療法に努めるのみ。

眼の症状 0


10月30日(日)BTX87日
どうにも声が出ないので「からおけ店」で思い切って声を出して練習した。
矢張り重症だ、ガッカリして帰宅した。声が枯れる、ガラガラ声になる、上のレミファ辺りの声がでない。これでは「落葉松」を歌えない。
練習を止めて休息しながら葛根湯、ルル、のど飴、喉ヌール、龍角散、・・・等々いろいろ試した。

眼の症状 0


10月29日(土)BTX86日
午後には「目と心の健康相談室」主催のリモート講演「白内障とその治療法」に聴講参加した。我々高齢者にとってはある種当たり前の病気になっている。私が長年世話になっている先生からは「年相応で生活に支障がない程度」とされている。
質問は次から次へと続き、予想以上に関心の高いテーマであることに、チョット以外さを感じた。自分の眼瞼系の症状が大きくて、あまり白内障の症状が隠れているのだろう。
このような無料相談は患者にとって大きな影響を与えるだろう。

歌の練習が結構ストレスになっているのか? 或いはソロソロ注射後3ヵ月になるせいか、ショボショボが酷くなった。

眼の症状 0


10月28日(金)BTX12週
朝は曇りがちで洗濯ものが乾くかどうかと心配したけれど、徐々に晴れてすっかり乾いた。そのかなで今日も歌の練習を午前一回、午後一回と行った。
最近、花壇を作り直そうとジャーマンアイリスの畑を移動しようと取り組んでいる。嘘みたいに体力が落ちてサッパリ捗らない。土地も砂利、砂みたいな土だからアイリスを植えていた土も一緒に移動させなければいけない。何をやるにも手間がかる。
ボトックス注射の時期が近づき、眼の状態も下降線に入った。
ショボショボと眩しさが強くなっている。眩しさは日差しが低くなってきたせいである。

眼の状態 0


10月27日(木)BTX84日
フライイングディスクの練習と大会だと言う。5種類の競技のスコアーを積算して成績順に表彰するが、いつも順位が決まっていて面白くないとの事。ゲーム終了後は皆で食事会とささやかに一杯だ。
帰りには整形外科によりカルシュウム注射といつも通りの機械による治療を行った。最近は随分回復して駅までの山道往復も問題なくあるけるようになった。
医師の治療にだけ頼らず、自分なりに歩く、腰痛防止体操や体幹を強化する体操で急がず焦らず地道に努力することが重要と悟った。医師の治療法では高齢者は体力が落ちるので不十分である。

眼の状態 0+


10月26日(水)BTX83日
暫くぶりに床屋さん。整髪カットのみと言っても、実際は殆ど丸坊主と違わない。それでも毎回丁寧に仕上げて、眉毛の切り縮めたり耳の毛を剃ってくれる。
今日もコンサートに向けて歌の練習を行う。いくら繰り返してもすぐ忘れる、情けない努力を繰り返している。良い方法がないのだから仕方がない。
「落葉松」と「遥かな友に」はソロで歌う、「春の日の花と輝く」と「菩提樹」は全員で合唱、「紅葉」は2重唱、これは二人で無伴奏。最後にお客様も含め全員で復興復興支援ソング「花は咲く」だ。最後まで声が続くだろうか?

眼の状態 0+


10月25日(火)BTX82日
今日は留守番。かなりの寒さを感じて自宅屋内で過ごした。歌の練習にカマかけて庭仕事はやれるが、やらなかった。急な寒さに怖じ気付いた。
歌の先生からは、「大丈夫、声はちゃんと出ています」とラインから激励の言葉が届いた。一方私はのどヌール、ルル、葛根湯、龍角散、イソジンうがい薬、、、、といろいろ試す一方鼻から咽に掛けて鼻洗浄器で洗う。涙ぐましい努力をしている。

眼の状態 0+


10月24日(月)BTX81日
グッと冬が近ずくなった。まだ晴れている空も何か心細く感じてしまう。
老人会のカラオケに集まった人数は5人だ。コロナを心配する家族から、出掛けない様に止められている方々もいる。全員揃えば8人になるのだが。
もう15年も使っているカラオケ曲入りマイクも年を取って、故障が頻繁になった。
画面や音を出すのに一般のテレビを使っていて、こちらは健在だ。
新しい曲入りマイクを購入することになった。人だけでなく、物もすっかり年を取った。

眼の状態 0+


10月23日(日)BTX80日
例年の横須賀海洋シンポジウムに参加した。私もこの行事を数年やっていたが、眼が悪くなってからは止めてしまった。「海の現状と未来」および「陸・淡水域の現状と未来」の二テーマが主体であるが、未来については難題である。ここでは書いていられない。
終わった後が4人で一年ぶりを祝って乾杯をを楽しんだ。お互いに年を取った。

眼の状態 0+


10月22日(土)BTX79日
追浜の街でささやかな喫茶店カメリアを開いているご主人がいる。
追浜文芸ミニコミ誌カメリア丸を毎月発行している。発行は船頭と称し関川日出男、編集長はいわなべ仙吉と言うが実際は同じ人物である。退職後は子供向けの童話を書き「山の上のぼくら」なる子供図書館を開いた。開店すぐからミニコミ紙を初めて賛同者を集めて果敢な挑戦を続けている。これは重篤な病と闘い、大胆な手術を行いながら奮闘している。
今日は北朝鮮拉致被害者のアニメ「めぐみ」とアメリカ映画「引き裂かれた家族の30年」を市内の産業交流プラザで上映したので見に行った。
この件は殆どの日本人は知っていると思う。
個人と国家、国家間の理不尽さに根本的実行力のある解決策が見えない、虚しさと悲しさに家族は苛まれ生き続けるしかない。ただ、今ロシア等の専制主義国家には、いつも人、国民を強制し利用することに注力する。私達は冷静に政治家を本当に「国民の安全と自由」を尊重しているか見極めなければならない。

ミニコミ誌に関心のある方は
TEL:090-2526-3751
〒237-0064 横須賀市追浜町3−11 喫茶店 カメリア  へどうぞ。

今日は講演ご写真を撮りながらヴェルニー公園を歩き回り、体調良く歩き回ることが出来た。

眼の状態 0+


10月21日(金)BTX11週
老人会の10月、11月誕生の方のお祝いを行った。コロナ禍のことで飲食禁止になっている。テーブルにはお弁当もソフトドリンクもお菓子もあるが自宅に戻って食べて下さい、と言うわけだ。結局マスクして話をするだけで、盛り上がる事はない。それでも24人集まって来た、顔合わせしたい、話したい・・・・それ程気が晴れない、鬱陶しさが溜まっている。

この一週間は疲れ、打撲など体調が少し下降気味だ。眼がショボショボと弱弱しくなっている。日差しが低くなって眩しさがきつくなっている。それでも日常生活に不都合はあまり感じない。

眼の状態 0


10月20日(木)BTX77日
今日は7年前に行った前立腺ガン手術のチェック検査である。やる事は血液検査と尿検査を行い、医師がこのデータをチェックする。検査項目はPSA値で0.0268だ、安全範囲は4.00以下である。従って問題はない筈だが医師は心配そうに「問題ありませんか? 大腸に問題ありませんか?」と訊ねる。これは普通この手術をするとこの数値が短期に劇的に下がるが、私の場合は時間が掛かって回復に長い年月が掛った事また放射線の影響で大腸から大きな出血があったせいだ。またこの数値も検出不可能な位になるのが普通だ。しかし、健康診断でも異状は認められないのでまた一年後も検査を継続することになった。
今日は晴天で気持ちの良い、ゆっくりゆったり出掛けられて良かった。

眼の状態 0+


10月19日(水)BTX76日
昨日のコンサート向け練習は反省すべきところが多かった。これからの練習をどうするか考えながら楽譜と歌詞を繰り返し読み直した。
先日のバーベキューの費用清算結果を纏めて参加した方々に配布した。上り下りと範囲が広く、大変良い運動にになってまた脊椎管狭窄症がかなり回復していることも確認できたのは嬉しい。

眼の状態 0+


10月18日(火)BTX75日
11月1日の内輪のコンサートに向けて、ピアニストも来て貰い最終練習を行った。
上出来の部分もあれば、失敗もあった。後は普段のように歌えるかどうかだけ。
淡々と繰り返し練習するのみだ。

眼の状態 0+


10月17日(月)BTX74日
ここ数日何が原因か分からないが右足首がぶつけたように赤く腫れて来た。リハビリ先生に診て貰うと、エックス線撮影と痛み止め注射と痛み止め湿布の処方で問題なし。でもぶつけていないのに?何故だろう?ぶつけた事自体私が忘れている?
まあ、でも内臓疾患に起因するものでも無さそう。

眼の状態 0+


10月16日(日)BTX73日
今日は日曜日の歌の練習日。これで午前中は終わった、メンバーが私の文化祭に出した写真を見たいと言う。これではお付き合いせざるを得ない。ここで別れて坂下の街に戻り昼食は春巻き、メンマ、イカ揚げと生ビール2杯で一息した。実は文化祭最終日なので、選外した作品を受け取るためもう一度坂を登り会場で引き取り自宅に戻った。
結構忙しかったが、昼時の生ビールの休息が良かったのだろう。眼は大丈夫。

眼の状態 0+



10月15日(土)BTX72日
老人会主催のバーベキューを行った。実際は自治会が心配して、食材調達、味付け、会場の運営とおんぶにだっこ状態になっていた。私達はただ飲み食い、話し楽しく過ごすだけで済んでしまった。皆さんすっかり喜んでしまって・・・でもコレ年中行事になりそうだ。毎回では自治会も厭になるだろう。

眼の状態 0+


10月14日(金)BTX10週
昨日の遊び疲れが出て、終日休息とノンビリで過ごした。

この一週間、眼は生活に困る程の状態にはならなかった。疲れにはショボショボが強くなった。睡眠時間と休息で解決している。

眼の状態 0+


10月13日(木)BTX70日
私が横須賀市の公募展写真の部で佳作になったので、女房と姉と3人で絵画も含めた文化祭を見に行った。私ともう一人の佳作の作品が最高賞の市長賞の両脇に展示
されている。スタッフに佳作は引き立て役ですか? 何で他の上位入賞の作品は全く別の場所に配置するんですか? と聞くが、私達が展示を決めたわけではないので分かりませんとアッサリしたものだ。でも入賞作品は年末の3日間特別展示することになっている。今度はどんな展示をするんだろう。
久し振りの顔合わせとなって、スパゲッティーの店でゆっくり昼食乾杯をすることが出来て良かった。お蔭で晩飯なしとなった女房は歓び、帰宅したら居眠りばかりしていた。

眼の状態 0+


10月12日(水)BTX69日
チョット疲れ気味だろうか。昨日雨中の案内状配布のせいかも知れない。休息に専念した。
眼もショボショボして、物をみるのが頼りなく感じた。

眼の状態 0+


10月11日(火)BTX68日
私は3人の先生の所で歌っている。最初は市内で内輪のコンサート向けの練習、それから昼食をとって、いや生ビールも飲んで逗子の一番気楽に歌える会に参加した。
先生は皆が楽しむ事に歓びを感じているから、雰囲気が朗らかで良い。
日本の唱歌からイタリアのオペラのアリアもあって、皆さん結構レベルが高い。
コンサートをやろう等と言い出さなければ良いが。
夕方から大雨のなかバーベキューの案内を配布して回った。カッパ上下と傘と長靴の重装備だ。ところが傘は風で2本折れ、長靴のなかにも水が降り込ジャブジャブになった。この年になってこんな経験をすることになった。

眼の状態 0+


10月10日(月)BTX67日
今日は茉莉和世先生のお弟子さん達のコンサートを聴きに行った。友人も歌うし、皆が揃って充実していた。皆さん、曲はオペラのアリアを歌うと言う高度なレベルだ。しかし、5年前は素人そのもので、聴くにに堪えない、プロとアマはこんなに違うか・・・・等と酷評していた。でもその差はあるものの聴きに行って良かった。大きなホールを借り切ってやるには、かなりの費用がかかる。生徒さんも生き甲斐を持って望んでいる。素晴らしい。
一方私は会場を間違えて、従来会場のみなとみらい小ホールに行ってしまい、間違いに気付いてから本郷台のリリスホールに駆け付けた。タッチの差で友人のソロ一曲目は聞き逃してしまった。忘れ物、記憶違いの毎日である。

眼の状態 0+


10月9日(日)BTX66日
降りそうで降らない一日。昨日のコンサートで気落ちしたのか、一日中ぼんやり過ごししていた。老人会主催でシーパラ八景島の対岸バーベキューをすることになった。下見に誘われたけれど、今日はお断りしてしまった。
11月9日の茉莉和世先生のチケットをやっと4枚売る事ができた。もうこの先生からは習っていないので、この位でで良いだろう。もう次の内輪のコンサートの準備もはじめなければいけない。11月1日だ。

眼の状態 0+


10月8日(土)BTX65日
ついに追浜地区の文化祭で我々の混声コーラスの発表だ。この年になってあがったのだろうか、音程がゆれてしまう。テンポもずれる。声も滑にでない。もっとも私だけではない、だから尚更みっともない。憮然たる思いで終わった。まあ我々レベルでは短期練習では無理だ。だから指揮の先生も何とも言わない。来春に向けて仕上げて行きましょう・・・で終わり。
友人と二人で飲みに寄った。彼は音楽を聴くファンであった。学生時代から上野の文化会館を筆頭に全国の一流会場で聴きまくっていた。日本だけではない、欧米まで一流演奏を追いかけていた。しかも、かなり良い席を入手している。ハアー!?ッとする話ばかり。次回のチャンスでは更にいろいろ聞かして貰おう。もとも彼の歌声はかなり疑問が残る。まだ私の方がましではないか・・・・。

眼の状態 0+


10月7日(金)BTX9週
バーベキュウの参加者は決まっていて、自治会役員との打ち合わせでた要領で案内文を作り配布して回った。外に出る頃から雨が強くなり、とうとう傘の骨が2本折れる程風も強くなった。さらに夕方と水煙で視界が遮る、表札を読むのに数センチも目を近づけないと読みくい、足元も良く見えない・・・やっとの思いで帰宅した。幸いカッパと長靴に防寒の服装で出掛けたのは良かった。カッパのズボンを長靴の内側に入れたの失敗だった。雨水が長靴に流れ込み、内側はジャブジャブとなった。帰って直ぐにシャーワーで温まり風邪もひかずに済んで良かった。
夜は明日のコンサートに向け最後の練習を行った。

眼の状態 0+

この一週間も日常生活影響するような症状は無かった。ストレスがあると一時的に眼がショボショボして閉じようとすることがあった。


10月6日(木)BTX63日
冷たい雨が続いた、風が殆ど無いので助かった。今日もまた合唱の特訓を続けた。
老人会でバーベキュウをやろうと言い出したら、私が担当になってしまった。
困ったな、と思っていたら自治会の役員たちが協力を申し出て相談会になった。
いつも積極的な活動をしている方お二人が終始リードして話が決まった。全く「おんぶにだっこ」そのもの。大雑把な私達の計画を見直して予算もシッカリ決めて頂けた。食材の買い物から、調理味付け、海の公園の会場までの往復に至るまで。恐れ入りました。

眼の状態 0+


10月5日(水)BTX62日
天気予報通りとなって、朝は暑く夕方に寒くなった。終日、自宅で歌の練習をしていたらとうとう長ズボンと上着を着ることになった。
その中で小学校時代の男女4人のライングループが出来て、賑わっている。
昔の表現なら井戸端会議に相当する。面白いのは殆どスタンプばかり送ってくるものもいる。極めて気楽で良い。
畑にまいた大根の芽が沢山出てきた。間引いておかずにしようとしたが、家内はどう利用したら良いか分からないらしい。

眼の状態 0+


10月4日(火)BTX61日
今日はもう一つの歌のグループで、ここでも内輪の発表会ではあるが最終練習に入っている。此処では私がソロで「落葉松」を歌わせて頂くことになっている。自分なりにこの一年練習してきた。でも、練習時の半分も歌えない。矢張りプロとは違う。
午後からは市の消費者センターに行き、ネット上の不審請求の相談をした。担当職員は私が82歳とあって、極めて親切に丁寧に対応してくれた。支払いのカード会社と請求会社と私の主張を確認して纏める厄介な部署である。それに電話がなかなか繋がらないのも大問題になる。今回は割と単純なことだった、それでも2時間掛った。日を跨ぎ一ヶ月もかかる場合がある。此処は私にとって最後の砦になっている。

眼の状態 0+


10月3日(月)BTX60日
老人会の公園清掃。
二つ入っている歌のグルプの練習曲を行う。一挙に両方やるとかなりの量になる。
忙しい。

眼の状態 0.3+


10月2日(日)BTX59日
目前に迫ったコンサートの最終練習日になった。ピアノ合わせも2回で終わり。
こんな難しい曲を直前に決めて飛んでもない・・・・と不満続出。私も同調して
「私も血圧がすっかり上がってしまった」と言うと、女性たちから、「この話しを先生にぶつけましょう、名前は出さないから」との声が上がった。
それでも、皆精一杯練習を頑張った。何とかなりそうだ、あとはリハしかない。

眼の状態 0+



10月1日(土)BTX58日
頼んだA3サイズの写真が出来上がったとお店から連絡があった。市の文化祭に出す作品なので大至急街に行き受け取って直ぐに額装を行って、家を飛び出した。別にそう急ぐこともない。単に持ち込み最終日と言うだけ、何時もは初日に持参しているのが何んとない焦りを起こしている。
注文が細かく煩いので、特別価格となり2枚で7,920円也。個展なんかやったら大変だ。前回は友人に頼んで一枚900円で済んだが、もう頼めない・・・病気量中になってしまった。素晴らしい作品を出す方だったが残念。

眼の状態 0+


9月30日(金)BTX8週
本日も晴天。大根の芽が伸びて来た。連日やってきた歌の練習で飛んでもない間違いが分かった。ネットで出ていた練習に頼って楽譜を疎かにしていたせいだ。一挙にストレス一杯になって練習のやり直しに取り掛かった。
庭では雑草除去と切り落とした大きな枯れ枝の切り揃えと、まあ忙しい。

眼の状態 0+


9月29日(木)BTX56日
晴天から曇りになって午後からは一時雨、夕方からは雨が続いた。
その雨の中老人会の10月カレンダーを配布して回った。行事がいろいろ増えてきて忙しい。自分自身の合唱発表会で頭が一杯で、一日を朝昼晩と3回に分けて練習した。もう、出来る事は練習回数を重ねるのみだ。
雨が多くなり、庭の雑草も新しく芽を出し始めた。切り倒した木を処分するつもりでいたら電動ノコが見当たらない。あれこれ探したら物置小屋に隠すように置いてあった。高価なので盗られないないようにしまって、自分で分からなくすると言うお粗末な話であった。

眼の状態 0+


9月28日(水)BTX55日
終日在宅。天候は晴天で穏やか。秋らしい青空に絹の衣のような或いは刷毛でサッと描いたような雲が拡がった。
その中で苦手な合唱曲を朝昼夕晩と練習する一方、庭に伸びだした名も知らぬ低木や雑草の処分をしながら一日が過ぎた。
最近は脊椎管狭窄症のリハビリとして自分なりにやっている体操の効果が出てきたような気がしている。自分の姿勢で気になっていたのは、「気を付け!」で両膝の間が段々広くなっている。いわゆるO脚が顕著になのだ。それでこの「気を付け」の姿勢で力一杯両膝をくっつける運動をする。歌やヨガで良く言われる「肛門を締める」姿でエイっと声かけこの姿勢を10数える、一旦緩めてまた繰り返す。これを8回、即ち80回繰り返す。
こうしていると、歩行時のふら付きがかなり減ってきた。

眼の状態 0+


9月27日(火)BTX54日
ほろ酔いクラブの集まりで、新人を含め6名が揃った。安い飲み屋で飲むのが我々のモットーだから、安心して参加できる。一方2名が休みになっているが、体調や仕事と色々あって全員揃うのはなかなか難しい。愉快にストレスを発散させてから、ラーメン屋に場所を替え本日の集会を締めて解散した。
世の中は元総理の国葬であった。ご冥福を祈るが、彼の政治活動の後ろ暗さと実績には疑問だらけである。国民はボーッとしていていけない。厭な事、理不尽な事、世界の情勢はマイナスの大きな問題ばかり増えている。人間が生きて行くのも大きな覚悟を要する。私の年代は世界にも稀に見る幸せ世代だけれど、子孫には問題を残してしまった。

眼の状態 0+


9月26日(月)BTX53日
老人会のカラオケを6人で行った。一人休んだ方は転んで骨折してお子さん達から外出禁止されているそうだ。以前、人口股関節の手術に成功して誰よりも元気で歩き回っていたのに。高齢者転倒は禁物だ。
古い歌を歌うと、自分の体験を思い出すのだろう、本当に涙してしまう方がいる。皆も十分分かるから、何も言わず受け入れて歌っている。拘りなく受け入れて歌い話せる場所が必要らしい。
自宅に戻れば雑草刈と歌の猛練習を行った。

眼の状態 0+


9月25日(日)BTX52日
合唱練習の日になった。先生と長い付き合いのピアニストで、大抵の音楽発表会のパートナーである。前向きで、皆を駆り立てようと明るい冗談で笑い飛ばしながら強引に勧める。勿論、その姿勢は評価する。ただ自分の実力を越えてやるのだからこれは大変。こっちもやるしかない! 結果を考えても仕方がないと割り切る。
帰宅してから、大根の種まきを行った。畑の面積が足りないので、種が余った。
水耕栽培にトライしてみよう。捨てるようなマスクが一杯あるから、畑にして芽を食べられるか?

眼の状態 0+


9月24日(土)BTX51日
終日在宅。合唱の練習に集中した。発表会で歌う The beauty of the earth
に悩まされている。コンクール出てくる小学生低学年レベルだと言う。転調3回、テンポが5回替わる。それに英語だ。高齢者泣かせだ。先生は「どうって言うことないですよ。あと2回ピアノ合わせ特訓で仕上げましょう」だって。
試験直前の勉強みたいな雰囲気になって、鬱になりそう。

眼の状態 0+


9月23日(金)BTX7週
老人会でバーベキューを行うことにしたけれど、私が担当することになってしまった。今日は取り敢えず案内募集のチラシを作って町内に配って歩いた。自治会青年部の人が肉の買い出しや味付け、当日は焼く所までやってくれると言う。大助かりで、年中行事になる気配だ。

眼の状態 0+


9月22日(木)BTX49日
脊椎管狭窄症で一ヶ月以上を休んでいた、肢体障害者向けフライイングディスクに参加してきた。このスポーツは一見簡単に見えるけれど、本当に難しいい。サッパリ上達しない。腰をかばいながらではあるが、楽しんで来た。
今日も帰りはリハビリ整形に寄ったり、公募展の写真のプリントを写真屋さんに頼んだ。A3サイズでは、私のプリンターでは出来ないのだ。飛んでもないプリント代がかかる。私のような写真はそもそも公募展向きではないのだが・・・・。

眼の状態 0+


9月21日(水)BTX48日
お彼岸の初日で、都内へ墓参りに出掛けた。今、困っているのは先祖の墓が地震で傾いている事だ。近寄るのも怖い。詳しく見ると土台が潰れたように見える。戻すのに専門業者が必要で30万円必要との事。単に戻すだけでは、また地震のときに倒壊するかもしれない・・・・困った。
帰りは横須賀公募展に出すのでプリント用紙やインク等を買い、また昼食兼夕食を済ませた。駅中のソバ屋さんだが、結構美味しくリーズナブルな値段で一杯もも楽しむ事が出来た。

眼の状態 0+


9月20日(火)BTX47日
家内と久し振りに市の中央に出掛けた。雑用兼昼食兼晩飯である。追浜の街に戻ってから私はリハビリ整形に行き家内は買い物にと一旦別れた。二人でまた合流すると帰りは身体障碍者向けタクシーサービスの特権を利用して帰宅した。夕方の雨でだったからで、通常はこんな利用はしないのだが。

眼の状態 0+


9月19日(月)BTX46日
台風の影響で時々強烈な雨が降って来た。当然、老人会の公園清掃はお休み。ところが、役員会は実施とあってずぶ濡れになって来た人もいた。こんな雨は経験したことがないとぼやいていた。幸い皆の帰りは雨が止み、大急ぎで帰宅した。

眼の状態 0+


9月18日(日)BTX45日
台風が日本を縦断しそうな気配で心配になる。合唱の練習は台風の影響を懸念して休みになった。コンサートまでに後練習は2回しかないと思ったが、上達しない曲に喘いでいるのだ。図々しい私もかなり悩んでいる。
悩みながら庭の雑草除去に懸命だ、大根を植える準備として畑を掘り返し堆肥を入れて種まき時期を待っている。

眼の状態 0+


9月17日(土)BTX44日
晴れて巻雲類の雲が眼だった。天気が崩れる兆しと言われるが、事実沖縄方面で恐ろしい規模の台風を進行中だ。海水温が28℃に上昇するなんて、昔は考えたことも無かった。今や、気温も40℃になる。体温が36℃だから熱中症になるのが当たり前だ。じゃ、魚は何度も生きられるのか?北極、南極の魚は大丈夫か?
アラスカ旅行に行って来た男が、現地の動物は暖かくなると内臓機能が落ちて生きられなくなるとの話を聞いてきた。世界中が協力しなければ、地球温暖化は止まらない。地球が滅びると言うが、滅びはしない。生物が激減するだけだ。代わりに活動出来る生物が頭角を表すだろう。

眼の状態 0+


9月16日(金)BTX7週
心臓だ、肺だと命が危ぶまれて何回も繰り返している友人と昼食をした。
幸いかなり元気ではあったが、自転車はバランスが取れず止めて杖を頼り歩いている。普段の買い物が大変で、奥様と支え合ってやっとの事だと言う。
話の一部では安倍総理の国葬になった。金融ジャブジャブ政策を始め碌な業績もなく、その上森友、家計、桜を見る会、統一教会と真っ暗闇の黒煙問題のある人を国葬なんて飛んでもない・・・となった。大体時期がエリザベス女王の国葬と近く、比較にならないお粗末さだ。虚しい空砲を打つと言うが、横須賀まで届かくて助かる。
この一周間は大過なく過ごせた。時々ドライアイ、ショボショボ感はあるが悪化せずに終わっている。

眼の状態 0+


9月15日(木)BTX42日
腰の痛みも殆ど消えて、その分庭の雑草除去に熱中した。蚊が増えたので、周囲3か所に蚊取り線香を配置した。結果は大正解で作業も楽になった。
脊椎管狭窄症の治療は整形外科リハビリに頼ってきたが、どうもそれだけではなく自主的なリハビリも必要であると思い、実行してきた。勿論、医者が発行している「腰痛防止体操」があって実行して効果も実感している。それ以外に、長嶋一茂が紹介した体幹を鍛えるための姿勢維持も実行している。更に自分なりに「のけ反り姿勢維持」と「気を付けの姿勢を維持」を追加した。
「のけ反り」は腹ばいから両手を突っ張て上体を弓なり反って維持する。
「気を付け」は両ひざの間を目一杯くっつけるべく、姿勢維持する。
私は年齢の割に姿勢が良いと言われている、多分歌う時の姿勢やヨガの影響があるだろう。ただ、鏡の前に立つと「気を付けの姿勢」で両膝の間が年々拡がっているのに気付いた。それでこの姿勢を10数えてから緩めて8回繰り返す。
決して痛くならないようにする事は大変重要である。

眼の状態 0+


9月14日(水)BTX41日
友人からユニークなラテンクラシックのリサイタルチケッテの依頼があった。ブラジルで歌ってきた経緯もあってだろう。後援はBRASIL駐日ブラジル大使館とある。友人からの誘いで、私も習ったがレベルが高くてついて行けずやめてしまった。
でも、ジャンルの広いリサイタルを毎年楽しみ出掛けている。その中で日本の歌、「落葉松」と「霧と話した」は私の気に入った歌であり毎回歌っているのも原因だ。
参考に11月9日(水)、開場13:00、みなとみらい小ホール、
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2224464

茉莉和世先生リサイタル.pdf

眼の状態 0+


9月13日(火)BTX40日
歌の会に参加。ここは一番気楽で当日行って歌って来ればよい。先生は男性3人を気遣い褒めて頂ける。でも最長老は79歳で若く一番元気、2番目は85歳で矢鱈声が良く出る、3番目が私で82歳で先輩を立て控え目に歌ってすごしている。
帰りには薬局で蚊取り線香を買って、庭作業に備えた。

眼の状態 0+


9月12日(月)BTX39日
老人会のカラオケで集まった。マスク着用、食べ物禁止、飲み物は自分の分だけ持参とのお達し。古いカラオケの誤動作に悩まされながら、歌い続けた。声が出るようになったとの声で何とかやっている価値がある。
午後は自宅でお決まりの除草作業を続けた。

眼の状態 0+


9月11日(日)BTX38日
午後からヨガ教室に行った。毎回、不思議なくらい身体が気持良くなる。本来は月2回やりたいところだ。
帰りに透析のため入院することになった男を見舞った。全くの独身でいたが、腎臓が悪化してとうとう入院せざるを得ないのが実情。残る一軒家を引き取る者もいない。奥さんが居た頃の家財道具も含めた家は山の上にあり不自由。全く気の毒だ、結局は成年後見人を立てて全ての財産を他人に任せて最後の準備を覚悟していた。何ともやりきれない気持ちで別れたが、本人は落ち着いており日記をつけ、写真の本や盆栽の本を書いている。立派なものだ。

眼の状態 0+


9月10日(土)BTX37日
いつの様に整形リハビリへ行き、自宅の庭で奮闘した。玄関脇を中心に雑草除去と鉢植えの場所も移転した。一時的に周囲は何もなくなった。庭のレイアウトを変える事は思った以上に難工事である。
腰を傷めずに作業する要領も段々分かってきた。スポンジマットを敷いて膝を付けるか尻をどっかり降ろしてやるのが良い。そんなに簡単ではない。場合によっては四つ這い、片手で除草作業やスコップで掘り起こし作業となる。こんなこんなで結構な労働を強いられる。でも、動いていられるだけでも価値がある。

眼の状態 0+


9月9日(金)BTX5週
何時もの通り整形リハビリに行き帰宅してからは、庭の手入れで芝刈りを行った。二日間かけてやっただけの効果はあった。散髪後のサッパリ感が何とも言えず良い。

眼の状態 0+

この一週間の眼の除隊は安定していた。ショボショボの程度、原因不明(ドライアイにより物がボケて見える)のボンヤリ感が気になる程度。


9月8日(木)BTX35日
暫くぶりに床屋で散髪、シャンプー、顔剃りとフルコースをやって貰った。矢張り気持ち良い時間を過ごした。
珍しく体調を起こして下痢、ムカムカと嘔吐しそうになった。それなりの準備をしてから普段とは違う一階のソファで寝る事にした。こんな事は最近無かった事なので少々不安になった。原因不明。

眼はこの体調に影響しなかった。

眼の状態 0+


9月7日(水)BTX34日
この夏初めて芝刈りを行った。サボったから、場所によって10cm以上伸びていた。土を入れたり、肥料をまいたり、除草もしなければいけない・・・追い付かない。一方、キュウリ、ナス、トマトは今日までで終わりにした。次は大根の準備開始になる。整形リハビリはクリニックの休みで終日在宅となった。

在宅が良かったか、芝刈りが良かったか? 眼は回復した。

眼の状態 0+


9月6日(火)BTX33日
今日は日曜日とは違う女性の歌の先生の所で練習した。身内のコンサートながら、先生の指導は熱心になった。ピアノのどの位置に立つか、どっちに向かってお辞儀をするか、楽譜はどう持つか、ページのめくりを揃える等々だ。
実はマスクを忘れて出掛けてしまった。家の近くから乗るバスで困った。仕方がないから帽子を脱いで鼻口を覆って、恐縮していた。幸い咎める人もなく、電車の駅でマスクを買う事ができた。

理由は全く分からないが、瞼が力なく垂れて視界を遮る。全体にピントが合わない。

眼の状態 0


9月5日(月)BTX32日
今日もまた整形リハビリ通い。床屋によると月、火連休となっていた。店員が徐々に高齢化と1000円床屋の繁盛で減ってしまい、店員一人でやっている。聞くと全く休みなしで朝から夕方まで働いている。週休2日でやる事も大変な事だと思っていたら、病気がちとの話も聞こえてきた。このような話は案外沢山あるのだろう、身近にしらないだけだろう。

眼は元に戻った。

眼の状態 0


9月4日(日)BTX31日
不安を抱えながら、合唱の練習に行った。男性の先生は大雑把で、あまり細かいところを指摘しない。・・・尤も今の中だけかもしれない。コンサートが近ずくと替わってくる可能性はある。分からない事は全く遠慮せずに質問できる所は大変助かる。こんな訳で却って愉快な練習が出来て良かった。

精神的に動揺があるかもしれない。ショボショボと瞼が垂れ下がって見にくくなった。

眼の状態 0


9月3日(土)BTX30日
今日もまた整形外科でリハビリだった。それより、差し迫った合唱の練習が明日になってしまった。苦闘するが上手くはならない。兎に角今日はここまでと、区切りを付けて寝てしまった。どうなる事か?心中穏やかでない。
会員の女性からは、「坂本さん、高音部は綺麗ですけど低音部に入ると、声が揺れますね」としっかり指摘される。実際、自覚しているのだが。
寝るのが得意な私は、不安や問題があっても問題はない。どんなに頑張っても一時間起きている事はない。幸せと言うか、お目出度いのか、でも私が世間の荒波に耐えてこられたのはこの睡眠力によるものだろう。

眼の状態 0+


9月2日(金)BTX4週
時折、強風と豪雨が降り出す一日。整形リハビリには行かず、自宅で古い写真や額縁の整理を行った。意外にに大仕事で一日中かかってしまった。
私にとって難関になっている歌「For the beauty of the earth」を一人練習する。眼を凝らして楽譜を読み、玩具のキーボードを操作しながら涙ぐましい努力をするが、サッパリ効果が出ない。

この一周間、眼の状態は殆ど変わらない。週毎の詳細報告は省き、毎月の第一金曜日に一ヶ月分として報告します。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定している。以下この部分は省略して良さそうだ。次週から簡略化しよう。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。



9月1日(木)BTX28日
整形外科リハビリのついでに、アリの殺虫剤と庭の虫コロリ殺虫剤を買ってきた。大量に使い床下の白アリ駆除を毎年行っている。素人作業だが幸い成功している。

眼の状態 0+


8月31日(水)BTX27日
老人会発行の9月カレンダー配布を行った。私の担当はたった10軒だが、山の上で登り下りが多く、最近の腰痛が応える。運動不足も手伝って直ぐに疲れる。でも歩くチャンスがあると思えば、それ程気にならない。

眼の状態 0+


8月30日(火)BTX26日
学生時代の友人が病気を克服して元気になったと言う。横須賀から遠く2時間半かかり都内を抜けて埼玉県の飯能市に皆で集まった。入間川沿いの森の仲の高台にあるアラビア料理のレストランで何種類もビールがあった。料理はやや酸っぱい独特な味で中々味を楽しむことができた。我々のテーマは年と共に病気が多くなる、80歳になれば止むを得ない。兎に角皆無事に会えた良かった。

眼の状態 0+


8月29日(月)BTX25日
今日も雑草除去とリハビリ整形を実施した。合唱で難しい歌が始まって参っている。
小学校低学年がコンクールで歌う程度だそうだ。何度も転調するは、テンポが替わる、その上英語で・・・・不器用な私には地獄の苦しみだ。参考に子供達の歌を聞くといとも簡単そうに歌う。滑ったり、転んだり、けっつまずいたり心は傷だらけだ。10月にはコンサートの日が決まっている。先生はオペラ歌手だから,我々に童謡なんか歌わせたくないだろう。私なんかは「怪獣のバラード」とか「モルダウ」をやって欲しいが。

眼の状態 0+


8月28日(日)BTX24日
今朝もラジオ体操に協力参加した、これで今年の子供会行事は無事終了した。
今日も庭の雑草除去作業を頑張った、30cm程の高さの椿の植え替えが出来て一歩前進できた。
左腰の痛みは、蹴躓いたときにはウツと唸る位痛い。クソツと食いしばって我慢するが、これでまた回復が遅れるだろうと心配になる。

眼の状態 0+


8月27日(土)BTX23日
最近には珍しく6時半からラジオ体操に参加してきた。夏休みの町内子供会に行事に我々老人会が協力する形だ。腰が痛いのを我慢しながら参加したけれど、腰痛で身体が動かせない。痛々しいのは私だけではない、何やら頭の手術をしたらしく包帯でくるみネットを被せている。でも会話すればお互いにまだ元気だ。
今日も整形外科リハビリにゆく・・・早く治って呉れと願うが、簡単には行かない。
夕方は久し振りの夕焼けがあり、近くの公園に駆け付けた。ここは電線が邪魔されない貴重な撮影場所なのだ。撮りまくったものの、中々良い作品にならないのは何時もの事だ。

眼の状態 0+
眼の状態が安定しているので、毎日同じ事を書く気がしないので・・・


8月26日(金)BTX3週
家内と逗子葉山の銀行に出掛けた。コロナ不況とウクライナ不況で店員は慌ただしい。私のような高齢者の相手なんかやっているが時間の無駄?・・・まあ、私のひがみか妄想か。
帰りに気に入っているうどん屋に寄った。矢張り歯ごたえがあって良い。
追浜の街に戻ると、眼鏡屋で眼鏡フレームの修正をして貰った。いつも無料で修正、洗浄をやってくれる。ここでは、もう10年以上眼鏡を買っていないのに申し訳ない。
整形リハビリを毎日やっても、それ程効果がみられないので今日はやめた。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定している。以下この部分は省略して良さそうだ。次週から簡略化しよう。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。


8月25日(木)BTX21日
今日も整形外科リハビリに通っただけ。自宅でもあまり動かず。腰を傷めない事に注意する。

眼もほぼ良い。

眼の状態 0+


8月24日(水)BTX20日
朝方はちょっと雨が降って、その後は降りそうで降らず一時は日が出て青空もでた。10月16日には歌の発表会を行う事が決まった。比較的レベルが高い小学生が発表会で歌うと言われる「For the beauty of the earth」を歌うと言う。そもそも小学唱歌とカラオケで過ごした私にとって苦手極まる歌なのだ。幸いYOUTUBEがるので、低音部を聞かせてくれる奴を探して練習をしている。転調とリズムが4回も替わる、英語の発音も歌成りに難しい、私にとって難曲極まる。今更、止められないと藻掻きながら練習している。
庭仕事は捗らないが、それでも、本の少しでもやるのとやらないのとは精神的にも、実を上げるにも極めて重要になる事が分かる。

ロシアのウクライナ侵攻は許し難い。カビ臭い過去の大ロシア帝国を夢見て暴走するプーチンとそれを選挙で大統領にする国民の政治意識の低さに驚く。自由、個人の人権、安全を守るには自分の強い意志と泥棒除けになる鍵とご近所との連携協力が欠かせない。

眼はほゞほぼ良い状態で安定している。

眼の状態 0+


8月23日(火)BTX19日
整形外科リハビリの帰りに胃カメラを扱える内科医に寄った。6月の健康診断の際に、かかりつけ医からもう数年経ったので検査を勧められていたからだ。2時間待ちは承知で行き、待合室でソファに座り込んで居眠りしたがこのソファは出来が良い。私の脊椎管狭窄症に起因する坐骨神経痛も全く感じる事はなく、空調も良くて大いに助かる2時間の大休息が出来た。ところで、胃カメラは80際も越えてリスクもあるから良く考えて下さいとの見解であった。私からは健康診断で何も異状なく、毎日服用する薬も無しで済んでいるからと、止める旨のご返事をして終わった。
この帰り道に腰の痛みが消た事に大喜びした。勿論、慎重に回復に努めるが。

眼はまあ良いが、目ヤニが出る。鏡でよく見ると、BTX注射跡が変色している。
きっと傷跡を消毒もせずに放っておいたせいだろう。問題はないだろう。

眼の状態 0+


8月22日(月)BTX18日
今日もまた、整形外科リハッビリで治療するが効果は殆ど出て来ない。毎月曜日はカルシュウム注射も行っている。これもまた効果は見えない。注射の効果は数か月かかるとの事。我慢の毎日だ。リハッビリだけでは運動不足によって筋力の衰えで
回復は望め無いと思う。今日から腰痛防止体操を始めた。これをやらないと歩行時の姿勢が維持出来なくなり、ふらつきや転倒を起こしやすくなる。
話は代わるが、プリンターの青色インクが無くなって、パソンコンを起動する度に不足のメッセージを出す。帰りに隣の駅まで足を伸ばして買ってきた。
案外歩けるようになっていた。でも油断は禁物。

お蔭様、眼は程々良い。

眼の状態 0+


8月21日(日)BTX17日
歌の勉強会に出席。私がこのままだと発表会には間に合わないと心配するが、先生は平気なもんで「メロディーは単純で繰り返しているだけ、大丈夫ですよ」と鷹揚に構えている。
帰りにご無沙汰した先輩友人を訪ねてみた。心臓の手術で回復の時間がかかり、ほぼ終日在宅の様子で奥様は協会。その帰りを待って奥様の運転で近くのレストランに行き久し振りの乾杯(私だけ)と食事をした。10年ぶりだろうか、お互いに無事に敢えて楽しい時間になって良かった。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月20日(土)BTX16日
整形外科リハビリに通う。まだ左足を引きずって歩いている。このままでは、運動不足で体力が落ちて外出不能になりそうで心配になる。リハビリに頼らず自主的に腰痛防止体操を始めた。傷めないように、慎重にやっている。
明日の合唱のために、YOUTYUBEを聴いたり、楽譜を念入りに点検し、玩具のキーボードで音取りをしたり・・・・涙ぐましい努力ではあるが。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月19日(金)BTX2週
午前中は整形外科。午後は写真の勉強会。いろいろと意見交換が出来るので楽しく有意義になる。問題は会の存続が懸念される事だ。ここでも高齢化して主体的に行動出来るような会長となる人がいない。人材はいるが事情があって会長になれない。
このままだと、仲良く過ごせても発展性がない。老人会でも会長になる人がいないとシニアクラブとか名前を変えて細々と2,3人で続けることになる。寂しい話だ。

眼は変わらず。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定してきた。読書事件の後遺症はなくなった。洗顔時に石鹼水が眼に入り痛くなる。これはBTX注射の効果が出てきた証拠になる。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。


8月18日(木)BTX14日
午前中は雨が降ったが午後は止んで、以外に涼しlくなった。
やる事は整形外科へ行く事と雑草除去のみ。合唱の練習をやるが難しくなって、通して歌えない。これで文化祭に参加できるか心配になる。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月17日(水)BTX13日
一見秋の空のような青空になった。実際は湿度は70%もあるので、全く実感はない。庭の雑草を取り除いたり、レイアウトを変えたり、キュウリの蔓があまりにも生い茂ってナスの実が育たないので間引きしたりとやる事は尽きない。
小学校時代の友人がライングループを作ろうと誘いがあって、少人数で取り敢えず作業に取り掛かった。慣れないので手間がかかる。
冷蔵庫の下に水が垂れていたのを修理して貰ったら、排水チューブがゴミで詰まっていた。買ってから19年以上なっていた。まだまだ使えそうで助かる。

本を読んで一挙に悪化した眼は、元に戻った。これで続けば良しとする。

眼の状態 0+


8月16日(火)BTX12日
積極的になった先生の歌の勉強会に行って来た。会随一のメゾソプラノがコロナ感染のあと微熱が続きお休みしてしまった。普通の合唱会でも滅多にいない声量もあって、替わりがいない。止む得ずテナーの私が一人でメロディーを歌い、他の方達は低音部で練習したけれど、飛んでもなくバランスが悪い。まだ日があるからと、・・・先生は心配していない。
個人レッスンになると、大好きな「落葉松」を歌った。まだまだ慣れないので、歌うにつれテンポが早くなってしまう。不安が残っているか、せっかちなせいか?
まだまだ先は長い。
帰宅後は庭仕事に専念し、大いに汗をかいた。また腰を痛めてしまった。

本日も腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月15日(月)BTX11日
遅れる庭の雑草除去を気にしながら、明日の歌の勉強をした。何を思ったか、今年は先生が積極的に準備を進める。ピアニストを採用したり、会場探しに奔走したり極めて前向きである。我々もぼんやりしていられない。
懸念された腰は殆ど痛まず、これがヨガの威力かと驚かされた。

腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月14日(日)BTX10日
脊椎管狭窄症の痛みがある中で、ヨガに参加してきた。やっている最中に「痛い!」声を上げてしまった。自分なり限界を心得ていたつもりだが、まともには継続できずに「出来る所だけやる」気持ちで最後までやってみた。帰りは左足を引きずりながら帰宅することになった。

腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月13日(土)BTX9日
このブログでボトックスの総括シリーズがある。症状の成績を記事はじめから続けてきたが、昨年からもっと理解しやすいようにと評価点を新基準に切り替えてきた。
ところが、私に誤りでこんな事をすると昔と今の比較が出来ないことが判明した。それ以来、第51回と52回のデーターを在来規準に戻した。今日やっと非公開にしていた総括を公開しようと、記事を書き直していると本当は第50回目から直さないといけない事に気付いた。ガッカリして、中止と再延期する事に決めた。

先日の読書事件で眼が悪くなってそのまま続いている。幸い、ショボショボとドライアイ程度で何とか済んでいる。

眼の状態 0


8月12日(金)BTX1週
庭園野菜ではナス2個、キュウリ2本の収穫あり。先日、キュウリで長さ45cm、直径4.5cm、重さ750gが採れた。結構な楽しみになっている。
今、日航機墜落事故37年でニュースで毎年取り上げられるテーマである。乗客、乗務員の無念さは計り知れない。ただ私にとって釈然としない点が何時までも残る。
それは
1、事故の原因究明と責任の所在
そもそも尻もち事故の後に行った修理の方法とその責任の所在に疑問がある。
啓は米国も絡んでいるせか、報道記事ではどうしても曖昧さを残す。
2、航空自衛隊の働き
ニュースで日航機を2機がフォローして飛んでいることを報道していた。
その目的は何か?達成したのか?
この自衛隊機はかなり辛い対応任務として負わされていたのだろうと思ってい
る。
9.11ニューヨークの同時多発テロでも米戦闘機がハイジャックされた一機
を撃ち落としたとの大がかり「テレビ特集報道」を見た。
3、重要な生存者2名の証言
別航空会社のスチューワデスと女子中学生は自衛隊が救助するテレビ報道も記
憶している。スチュワーデスのインタビュー記事は覚えているが、女子中学生
の話は聞かない。本来もっと聴くべき事、明らかにすべき事があると思う。

ご遺族の方々には心からのご冥福を祈るばかりだが、もっと明らかにすべき点があると思っている。

眼は相変わらずショボショボとピントが合わなくなってきた。ドライアイの目薬では冷たさだけの効果しかない。本なんか読まなきゃ良かったと悔しさを感じる、でもこれも経験だ。もう大丈夫だと言う油断があった。一挙に25頁を読まず、徐々に増やせば良かったのだろう。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
満足とまでは言えないが症状は良くはなった。でも本を読んだ翌日からショボショボが酷くなって継続している。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。

今日からの記事は後日改めて、第53回ボトックス日記として発表します。


8月11日(木)BTX7日
本日も終日在宅。私の住む横須賀は三浦半島の付け根あたりになる。鷹取山がすぐそばで標高70m程度で山と言うか丘と言うか程々の場所で住み良い。世の中は熱暑とか酷暑とか或いはこれ以上の暑さの表現はないものか等々温暖化の問題を絡めて話題になっている。ところで、今朝7時頃は18℃、湿度67とかなりの涼しさだ。夕方になると28℃、湿度67%になったがそれでも熱いと言う程ではない。別荘地になりそうな贅沢な土地である。
夜には定例の小学生時代の友人達とZOOMクラス会を行った。今回は私が司会をして長さ1mはどうやって決めたのか?その規準の変遷と現在の精密測定原理と技術について話した。コチコチの技術屋の話なんか皆さん飽きてしまうかと思いきや、「面白かった」とか「こんな話が大好きだ、飽きない」とか意外な反応でビックリしてしまった。
因みに1m規準の始まりを紹介します。
単位統一は17世紀にヨーロッパで起こり、1世紀以上の議論を重ねた後、1791年にフランスがメートル(ギリシャ語で「測る」の意味)という単位を提唱し、基準となったのが、地球の北極から赤道までの子午線の距離で、それの1千万分の1を1メートルとしました。
今はかけ離れた高精度の規準が決められていますが、あまりに専門的なのだ省略します。・・・・そもそも私だって全て理解できていません。

眼はまだショボショボが続き辛い日々です。

眼の状態 0


8月10日(水)BTX6日
町内でも市内でも友人達に会えるチャンスが殆どなくなってしまった。止むを得ない、中高時代に友人に電話した。何でも良いから長っ話をした。彼は中学のときにバイオリンを弾き、高校以降は合唱で活躍していた。昔話も交えて、今の私の歌についていろいろ教えて貰うことができた。スマホが熱くなってアラームを出す位、長引いて中止した。これからは一人一人に電話して退屈を凌ごう。
身体を動かすために、庭の雑草除去でも汗を流した。

眼は今日も戻らず。ショボショボとドライアイだ。

眼の状態 0


8月9日(火)BTX5日
連日の整形外科リハビリに通っている。夏休み8日間もあるので、取り敢えずリハビリも夏休みになり不安と悪化させない心掛けが大事になった。通常は午後から歌の勉強会Bだが、コロナBA5の急激な感染拡大で今月は中止となった。(因みに私が通う合唱の会は三つある。A先生は準備体操と発生練習と初心者向けに丹念に教える。B先生は唱歌が多いけれど気楽に参加できる。C先生は男性で歌劇団を率いる。私には発声練習が物凄く助かる。また練習で一番気合いが入る会だ)B先生のご主人はピアノも弾ける医師だ。また親族一同立派なお医者様ばかり、従って感染症で一番休会にすることが一番多い。
自宅に戻り、やっと買っておいたエゴの木を植えてしまった。枯れたもみじの木の根っ子は残ったままで気になるが、腰が治るのを待っていられない、苦渋の決断である。世間からみれば政治家の苦渋の決断とレベルが違う。でも内閣の皆さんは何処を向いた苦渋の決断か?と気になる。党、内閣の総合扶助だけではないか?

困った、本当に眼が良くならない。ショボショボ、ドライアイ、左目の痛みが続いている。本を読んだのは大失敗だ、余計な事をしなければ良かった。

眼の状態 0


8月8日(月)BTX4日
今日も整形外科リハビリに行った。骨粗鬆症に使うカルシウム注射を先週より半分減らして行った。カルシュウムに私の身体が過剰反応するので対処したいわけだ。
昨日に続き除草と絨毯の敷き詰め作業を実施完了した。
新曲を含め4曲を自宅練習した。新曲は途中でテンポが変り悩まされるが工夫しながらやる事は結構面白い。

まだ読書後遺症は続いている。

眼の状態 0


8月7日(日)BTX3日
コロナの濃厚接触者になったり、脊椎管狭窄症であまり動けなくなった。ろくに声も出ない中で合唱の練習に参加してきた。新曲2曲で、殆ど歌えなかった、参加することに意義があったかもしれない。
庭の雑草駆除に苦闘するなか、食堂の絨毯入れ替えで出た古い絨毯を細く長く切って庭の通路に敷いてみた。案外に見た目も良くて、これで雑草を抑えられるなら大成功だ。

どうも読書後遺症は続いている。

眼の状態 0


8月6日(土)BTX2日
薄い白く光る巻雲や巻層雲が終日続いていた。近いうちに天候が崩れると言われるが果たしてどうだろう。地球温暖化で従来通りの予想から段々外れているように思える。腰が痛いのは日常生活を極端に消極化させる。今日は何をどうやるか、順番は等いろいろ考えるのだが行動が伴わない。私にとって今は眼の悪さより腰の悪さが強敵である。
昨日、読書の目に対する影響を明るい見通しで書いていた。どうもそう簡単に済みそうもない。兎に角ショボショボが強く悪化してしまった。日常生活に大きな影響はないが、いつも症状を気にするようになった。

眼の状態 0


8月5日(金)第53回BTX初日
午前中は整形外科リハビリに行き、午後はBTX注射に横浜へ出掛けた。リハビリの効果は徐々に出ているけれど、歩行中に毛躓いてまた悪化してしまった。左足を引きずり、明らかに身体障害者らしく見える。一歩踏み出す度に、痛むけれど久し振りの横浜を歩いた。JRの新しいビルが駅に隣接し、線路を越えて海や高層ビル、高速道路が一望出来る。屋上庭園からの展望を沢山写真に撮ってから、高層階の食堂街で冷麺と生ビールを楽しんだ。また新種のコロナ感染には不安も感じず過ごす事ができた。
BTX注射は50単位、14ヵ所、痛みもあまりなく順調に終わった。

眼の回復を感じていたが、悪化再発を恐れて印刷物を読まないできた。医院や電車のなかで文庫本を読んだら20ページになった。眼も大丈夫で、画期的な回復である。だからと言って眼は100点満点になってはいない。軽いショボツキや眩しさは健常者に較べたらかなり悪い。でもこの程度なら我慢出来る。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
満足とまでは言えないが症状は良くなり安定している、軽いフラフラ、ショボショボ感と瞼が閉じる症状が気になる程度。読書も文庫本を20ページ読めた。
〇ドライアイ:眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっていた。ショボショボ感は弱くなった。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。

第52回ボトックス日記 [2022年04月23日(Sat)]
第52回ボトックス日記

DSCN6120a.jpg

足立美術館の庭園

>


9月15日(木)BTX42日
腰の痛みも殆ど消えて、その分庭の雑草除去に熱中した。蚊が増えたので、周囲3か所に蚊取り線香を配置した。結果は大正解で作業も楽になった。
脊椎管狭窄症の治療は整形外科リハビリに頼ってきたが、どうもそれだけではなく自主的なリハビリも必要であると思い、実行してきた。勿論、医者が発行している「腰痛防止体操」があって実行して効果も実感している。それ以外に、長嶋一茂が紹介した体幹を鍛えるための姿勢維持も実行している。更に自分なりに「のけ反り姿勢維持」と「気を付けの姿勢を維持」を追加した。
「のけ反り」は腹ばいから両手を突っ張て上体を弓なり反って維持する。
「気を付け」は両ひざの間を目一杯くっつけるべく、姿勢維持する。
私は年齢の割に姿勢が良いと言われている、多分歌う時の姿勢やヨガの影響があるだろう。ただ、鏡の前に立つと「気を付けの姿勢」で両膝の間が年々拡がっているのに気付いた。それでこの姿勢を10数えてから緩めて8回繰り返す。
決して痛くならないようにする事は大変重要である。

眼の状態 0+


9月14日(水)BTX41日
友人からユニークなラテンクラシックのリサイタルチケッテの依頼があった。ブラジルで歌ってきた経緯もあってだろう。後援はBRASIL駐日ブラジル大使館とある。友人からの誘いで、私も習ったがレベルが高くてついて行けずやめてしまった。
でも、ジャンルの広いリサイタルを毎年楽しみ出掛けている。その中で日本の歌、「落葉松」と「霧と話した」は私の気に入った歌であり毎回歌っているのも原因だ。
参考に11月9日(水)、開場13:00、みなとみらい小ホール、
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2224464

茉莉和世先生リサイタル.pdf

眼の状態 0+


9月13日(火)BTX40日
歌の会に参加。ここは一番気楽で当日行って歌って来ればよい。先生は男性3人を気遣い褒めて頂ける。でも最長老は79歳で若く一番元気、2番目は85歳で矢鱈声が良く出る、3番目が私で82歳で先輩を立て控え目に歌ってすごしている。
帰りには薬局で蚊取り線香を買って、庭作業に備えた。

眼の状態 0+


9月12日(月)BTX39日
老人会のカラオケで集まった。マスク着用、食べ物禁止、飲み物は自分の分だけ持参とのお達し。古いカラオケの誤動作に悩まされながら、歌い続けた。声が出るようになったとの声で何とかやっている価値がある。
午後は自宅でお決まりの除草作業を続けた。

眼の状態 0+


9月11日(日)BTX38日
午後からヨガ教室に行った。毎回、不思議なくらい身体が気持良くなる。本来は月2回やりたいところだ。
帰りに透析のため入院することになった男を見舞った。全くの独身でいたが、腎臓が悪化してとうとう入院せざるを得ないのが実情。残る一軒家を引き取る者もいない。奥さんが居た頃の家財道具も含めた家は山の上にあり不自由。全く気の毒だ、結局は成年後見人を立てて全ての財産を他人に任せて最後の準備を覚悟していた。何ともやりきれない気持ちで別れたが、本人は落ち着いており日記をつけ、写真の本や盆栽の本を書いている。立派なものだ。

眼の状態 0+


9月10日(土)BTX37日
いつの様に整形リハビリへ行き、自宅の庭で奮闘した。玄関脇を中心に雑草除去と鉢植えの場所も移転した。一時的に周囲は何もなくなった。庭のレイアウトを変える事は思った以上に難工事である。
腰を傷めずに作業する要領も段々分かってきた。スポンジマットを敷いて膝を付けるか尻をどっかり降ろしてやるのが良い。そんなに簡単ではない。場合によっては四つ這い、片手で除草作業やスコップで掘り起こし作業となる。こんなこんなで結構な労働を強いられる。でも、動いていられるだけでも価値がある。

眼の状態 0+


9月9日(金)BTX5週
何時もの通り整形リハビリに行き帰宅してからは、庭の手入れで芝刈りを行った。二日間かけてやっただけの効果はあった。散髪後のサッパリ感が何とも言えず良い。

眼の状態 0+

この一週間の眼の除隊は安定していた。ショボショボの程度、原因不明(ドライアイにより物がボケて見える)のボンヤリ感が気になる程度。


9月8日(木)BTX35日
暫くぶりに床屋で散髪、シャンプー、顔剃りとフルコースをやって貰った。矢張り気持ち良い時間を過ごした。
珍しく体調を起こして下痢、ムカムカと嘔吐しそうになった。それなりの準備をしてから普段とは違う一階のソファで寝る事にした。こんな事は最近無かった事なので少々不安になった。原因不明。

眼はこの体調に影響しなかった。

眼の状態 0+


9月7日(水)BTX34日
この夏初めて芝刈りを行った。サボったから、場所によって10cm以上伸びていた。土を入れたり、肥料をまいたり、除草もしなければいけない・・・追い付かない。一方、キュウリ、ナス、トマトは今日までで終わりにした。次は大根の準備開始になる。整形リハビリはクリニックの休みで終日在宅となった。

在宅が良かったか、芝刈りが良かったか? 眼は回復した。

眼の状態 0+


9月6日(火)BTX33日
今日は日曜日とは違う女性の歌の先生の所で練習した。身内のコンサートながら、先生の指導は熱心になった。ピアノのどの位置に立つか、どっちに向かってお辞儀をするか、楽譜はどう持つか、ページのめくりを揃える等々だ。
実はマスクを忘れて出掛けてしまった。家の近くから乗るバスで困った。仕方がないから帽子を脱いで鼻口を覆って、恐縮していた。幸い咎める人もなく、電車の駅でマスクを買う事ができた。

理由は全く分からないが、瞼が力なく垂れて視界を遮る。全体にピントが合わない。

眼の状態 0


9月5日(月)BTX32日
今日もまた整形リハビリ通い。床屋によると月、火連休となっていた。店員が徐々に高齢化と1000円床屋の繁盛で減ってしまい、店員一人でやっている。聞くと全く休みなしで朝から夕方まで働いている。週休2日でやる事も大変な事だと思っていたら、病気がちとの話も聞こえてきた。このような話は案外沢山あるのだろう、身近にしらないだけだろう。

眼は元に戻った。

眼の状態 0


9月4日(日)BTX31日
不安を抱えながら、合唱の練習に行った。男性の先生は大雑把で、あまり細かいところを指摘しない。・・・尤も今の中だけかもしれない。コンサートが近ずくと替わってくる可能性はある。分からない事は全く遠慮せずに質問できる所は大変助かる。こんな訳で却って愉快な練習が出来て良かった。

精神的に動揺があるかもしれない。ショボショボと瞼が垂れ下がって見にくくなった。

眼の状態 0


9月3日(土)BTX30日
今日もまた整形外科でリハビリだった。それより、差し迫った合唱の練習が明日になってしまった。苦闘するが上手くはならない。兎に角今日はここまでと、区切りを付けて寝てしまった。どうなる事か?心中穏やかでない。
会員の女性からは、「坂本さん、高音部は綺麗ですけど低音部に入ると、声が揺れますね」としっかり指摘される。実際、自覚しているのだが。
寝るのが得意な私は、不安や問題があっても問題はない。どんなに頑張っても一時間起きている事はない。幸せと言うか、お目出度いのか、でも私が世間の荒波に耐えてこられたのはこの睡眠力によるものだろう。

眼の状態 0+


9月2日(金)BTX4週
時折、強風と豪雨が降り出す一日。整形リハビリには行かず、自宅で古い写真や額縁の整理を行った。意外にに大仕事で一日中かかってしまった。
私にとって難関になっている歌「For the beauty of the earth」を一人練習する。眼を凝らして楽譜を読み、玩具のキーボードを操作しながら涙ぐましい努力をするが、サッパリ効果が出ない。

この一周間、眼の状態は殆ど変わらない。週毎の詳細報告は省き、毎月の第一金曜日に一ヶ月分として報告します。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定している。以下この部分は省略して良さそうだ。次週から簡略化しよう。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。



9月1日(木)BTX28日
整形外科リハビリのついでに、アリの殺虫剤と庭の虫コロリ殺虫剤を買ってきた。大量に使い床下の白アリ駆除を毎年行っている。素人作業だが幸い成功している。

眼の状態 0+


8月31日(水)BTX27日
老人会発行の9月カレンダー配布を行った。私の担当はたった10軒だが、山の上で登り下りが多く、最近の腰痛が応える。運動不足も手伝って直ぐに疲れる。でも歩くチャンスがあると思えば、それ程気にならない。

眼の状態 0+


8月30日(火)BTX26日
学生時代の友人が病気を克服して元気になったと言う。横須賀から遠く2時間半かかり都内を抜けて埼玉県の飯能市に皆で集まった。入間川沿いの森の仲の高台にあるアラビア料理のレストランで何種類もビールがあった。料理はやや酸っぱい独特な味で中々味を楽しむことができた。我々のテーマは年と共に病気が多くなる、80歳になれば止むを得ない。兎に角皆無事に会えた良かった。

眼の状態 0+


8月29日(月)BTX25日
今日も雑草除去とリハビリ整形を実施した。合唱で難しい歌が始まって参っている。
小学校低学年がコンクールで歌う程度だそうだ。何度も転調するは、テンポが替わる、その上英語で・・・・不器用な私には地獄の苦しみだ。参考に子供達の歌を聞くといとも簡単そうに歌う。滑ったり、転んだり、けっつまずいたり心は傷だらけだ。10月にはコンサートの日が決まっている。先生はオペラ歌手だから,我々に童謡なんか歌わせたくないだろう。私なんかは「怪獣のバラード」とか「モルダウ」をやって欲しいが。

眼の状態 0+


8月28日(日)BTX24日
今朝もラジオ体操に協力参加した、これで今年の子供会行事は無事終了した。
今日も庭の雑草除去作業を頑張った、30cm程の高さの椿の植え替えが出来て一歩前進できた。
左腰の痛みは、蹴躓いたときにはウツと唸る位痛い。クソツと食いしばって我慢するが、これでまた回復が遅れるだろうと心配になる。

眼の状態 0+


8月27日(土)BTX23日
最近には珍しく6時半からラジオ体操に参加してきた。夏休みの町内子供会に行事に我々老人会が協力する形だ。腰が痛いのを我慢しながら参加したけれど、腰痛で身体が動かせない。痛々しいのは私だけではない、何やら頭の手術をしたらしく包帯でくるみネットを被せている。でも会話すればお互いにまだ元気だ。
今日も整形外科リハビリにゆく・・・早く治って呉れと願うが、簡単には行かない。
夕方は久し振りの夕焼けがあり、近くの公園に駆け付けた。ここは電線が邪魔されない貴重な撮影場所なのだ。撮りまくったものの、中々良い作品にならないのは何時もの事だ。

眼の状態 0+
眼の状態が安定しているので、毎日同じ事を書く気がしないので・・・


8月26日(金)BTX3週
家内と逗子葉山の銀行に出掛けた。コロナ不況とウクライナ不況で店員は慌ただしい。私のような高齢者の相手なんかやっているが時間の無駄?・・・まあ、私のひがみか妄想か。
帰りに気に入っているうどん屋に寄った。矢張り歯ごたえがあって良い。
追浜の街に戻ると、眼鏡屋で眼鏡フレームの修正をして貰った。いつも無料で修正、洗浄をやってくれる。ここでは、もう10年以上眼鏡を買っていないのに申し訳ない。
整形リハビリを毎日やっても、それ程効果がみられないので今日はやめた。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定している。以下この部分は省略して良さそうだ。次週から簡略化しよう。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。


8月25日(木)BTX21日
今日も整形外科リハビリに通っただけ。自宅でもあまり動かず。腰を傷めない事に注意する。

眼もほぼ良い。

眼の状態 0+


8月24日(水)BTX20日
朝方はちょっと雨が降って、その後は降りそうで降らず一時は日が出て青空もでた。10月16日には歌の発表会を行う事が決まった。比較的レベルが高い小学生が発表会で歌うと言われる「For the beauty of the earth」を歌うと言う。そもそも小学唱歌とカラオケで過ごした私にとって苦手極まる歌なのだ。幸いYOUTUBEがるので、低音部を聞かせてくれる奴を探して練習をしている。転調とリズムが4回も替わる、英語の発音も歌成りに難しい、私にとって難曲極まる。今更、止められないと藻掻きながら練習している。
庭仕事は捗らないが、それでも、本の少しでもやるのとやらないのとは精神的にも、実を上げるにも極めて重要になる事が分かる。

ロシアのウクライナ侵攻は許し難い。カビ臭い過去の大ロシア帝国を夢見て暴走するプーチンとそれを選挙で大統領にする国民の政治意識の低さに驚く。自由、個人の人権、安全を守るには自分の強い意志と泥棒除けになる鍵とご近所との連携協力が欠かせない。

眼はほゞほぼ良い状態で安定している。

眼の状態 0+


8月23日(火)BTX19日
整形外科リハビリの帰りに胃カメラを扱える内科医に寄った。6月の健康診断の際に、かかりつけ医からもう数年経ったので検査を勧められていたからだ。2時間待ちは承知で行き、待合室でソファに座り込んで居眠りしたがこのソファは出来が良い。私の脊椎管狭窄症に起因する坐骨神経痛も全く感じる事はなく、空調も良くて大いに助かる2時間の大休息が出来た。ところで、胃カメラは80際も越えてリスクもあるから良く考えて下さいとの見解であった。私からは健康診断で何も異状なく、毎日服用する薬も無しで済んでいるからと、止める旨のご返事をして終わった。
この帰り道に腰の痛みが消た事に大喜びした。勿論、慎重に回復に努めるが。

眼はまあ良いが、目ヤニが出る。鏡でよく見ると、BTX注射跡が変色している。
きっと傷跡を消毒もせずに放っておいたせいだろう。問題はないだろう。

眼の状態 0+


8月22日(月)BTX18日
今日もまた、整形外科リハッビリで治療するが効果は殆ど出て来ない。毎月曜日はカルシュウム注射も行っている。これもまた効果は見えない。注射の効果は数か月かかるとの事。我慢の毎日だ。リハッビリだけでは運動不足によって筋力の衰えで
回復は望め無いと思う。今日から腰痛防止体操を始めた。これをやらないと歩行時の姿勢が維持出来なくなり、ふらつきや転倒を起こしやすくなる。
話は代わるが、プリンターの青色インクが無くなって、パソンコンを起動する度に不足のメッセージを出す。帰りに隣の駅まで足を伸ばして買ってきた。
案外歩けるようになっていた。でも油断は禁物。

お蔭様、眼は程々良い。

眼の状態 0+


8月21日(日)BTX17日
歌の勉強会に出席。私がこのままだと発表会には間に合わないと心配するが、先生は平気なもんで「メロディーは単純で繰り返しているだけ、大丈夫ですよ」と鷹揚に構えている。
帰りにご無沙汰した先輩友人を訪ねてみた。心臓の手術で回復の時間がかかり、ほぼ終日在宅の様子で奥様は協会。その帰りを待って奥様の運転で近くのレストランに行き久し振りの乾杯(私だけ)と食事をした。10年ぶりだろうか、お互いに無事に敢えて楽しい時間になって良かった。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月20日(土)BTX16日
整形外科リハビリに通う。まだ左足を引きずって歩いている。このままでは、運動不足で体力が落ちて外出不能になりそうで心配になる。リハビリに頼らず自主的に腰痛防止体操を始めた。傷めないように、慎重にやっている。
明日の合唱のために、YOUTYUBEを聴いたり、楽譜を念入りに点検し、玩具のキーボードで音取りをしたり・・・・涙ぐましい努力ではあるが。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月19日(金)BTX2週
午前中は整形外科。午後は写真の勉強会。いろいろと意見交換が出来るので楽しく有意義になる。問題は会の存続が懸念される事だ。ここでも高齢化して主体的に行動出来るような会長となる人がいない。人材はいるが事情があって会長になれない。
このままだと、仲良く過ごせても発展性がない。老人会でも会長になる人がいないとシニアクラブとか名前を変えて細々と2,3人で続けることになる。寂しい話だ。

眼は変わらず。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼は安定してきた。読書事件の後遺症はなくなった。洗顔時に石鹼水が眼に入り痛くなる。これはBTX注射の効果が出てきた証拠になる。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。洗顔時に石鹸水が目に染みる。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。


8月18日(木)BTX14日
午前中は雨が降ったが午後は止んで、以外に涼しlくなった。
やる事は整形外科へ行く事と雑草除去のみ。合唱の練習をやるが難しくなって、通して歌えない。これで文化祭に参加できるか心配になる。

眼は変わらず。

眼の状態 0+


8月17日(水)BTX13日
一見秋の空のような青空になった。実際は湿度は70%もあるので、全く実感はない。庭の雑草を取り除いたり、レイアウトを変えたり、キュウリの蔓があまりにも生い茂ってナスの実が育たないので間引きしたりとやる事は尽きない。
小学校時代の友人がライングループを作ろうと誘いがあって、少人数で取り敢えず作業に取り掛かった。慣れないので手間がかかる。
冷蔵庫の下に水が垂れていたのを修理して貰ったら、排水チューブがゴミで詰まっていた。買ってから19年以上なっていた。まだまだ使えそうで助かる。

本を読んで一挙に悪化した眼は、元に戻った。これで続けば良しとする。

眼の状態 0+


8月16日(火)BTX12日
積極的になった先生の歌の勉強会に行って来た。会随一のメゾソプラノがコロナ感染のあと微熱が続きお休みしてしまった。普通の合唱会でも滅多にいない声量もあって、替わりがいない。止む得ずテナーの私が一人でメロディーを歌い、他の方達は低音部で練習したけれど、飛んでもなくバランスが悪い。まだ日があるからと、・・・先生は心配していない。
個人レッスンになると、大好きな「落葉松」を歌った。まだまだ慣れないので、歌うにつれテンポが早くなってしまう。不安が残っているか、せっかちなせいか?
まだまだ先は長い。
帰宅後は庭仕事に専念し、大いに汗をかいた。また腰を痛めてしまった。

本日も腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月15日(月)BTX11日
遅れる庭の雑草除去を気にしながら、明日の歌の勉強をした。何を思ったか、今年は先生が積極的に準備を進める。ピアニストを採用したり、会場探しに奔走したり極めて前向きである。我々もぼんやりしていられない。
懸念された腰は殆ど痛まず、これがヨガの威力かと驚かされた。

腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月14日(日)BTX10日
脊椎管狭窄症の痛みがある中で、ヨガに参加してきた。やっている最中に「痛い!」声を上げてしまった。自分なり限界を心得ていたつもりだが、まともには継続できずに「出来る所だけやる」気持ちで最後までやってみた。帰りは左足を引きずりながら帰宅することになった。

腰の痛みは、眼に響かず。まあまあの目で済んでいる。

眼の状態 0


8月13日(土)BTX9日
このブログでボトックスの総括シリーズがある。症状の成績を記事はじめから続けてきたが、昨年からもっと理解しやすいようにと評価点を新基準に切り替えてきた。
ところが、私に誤りでこんな事をすると昔と今の比較が出来ないことが判明した。それ以来、第51回と52回のデーターを在来規準に戻した。今日やっと非公開にしていた総括を公開しようと、記事を書き直していると本当は第50回目から直さないといけない事に気付いた。ガッカリして、中止と再延期する事に決めた。

先日の読書事件で眼が悪くなってそのまま続いている。幸い、ショボショボとドライアイ程度で何とか済んでいる。

眼の状態 0


8月12日(金)BTX1週
庭園野菜ではナス2個、キュウリ2本の収穫あり。先日、キュウリで長さ45cm、直径4.5cm、重さ750gが採れた。結構な楽しみになっている。
今、日航機墜落事故37年でニュースで毎年取り上げられるテーマである。乗客、乗務員の無念さは計り知れない。ただ私にとって釈然としない点が何時までも残る。
それは
1、事故の原因究明と責任の所在
そもそも尻もち事故の後に行った修理の方法とその責任の所在に疑問がある。
啓は米国も絡んでいるせか、報道記事ではどうしても曖昧さを残す。
2、航空自衛隊の働き
ニュースで日航機を2機がフォローして飛んでいることを報道していた。
その目的は何か?達成したのか?
この自衛隊機はかなり辛い対応任務として負わされていたのだろうと思ってい
る。
9.11ニューヨークの同時多発テロでも米戦闘機がハイジャックされた一機
を撃ち落としたとの大がかり「テレビ特集報道」を見た。
3、重要な生存者2名の証言
別航空会社のスチューワデスと女子中学生は自衛隊が救助するテレビ報道も記
憶している。スチュワーデスのインタビュー記事は覚えているが、女子中学生
の話は聞かない。本来もっと聴くべき事、明らかにすべき事があると思う。

ご遺族の方々には心からのご冥福を祈るばかりだが、もっと明らかにすべき点があると思っている。

眼は相変わらずショボショボとピントが合わなくなってきた。ドライアイの目薬では冷たさだけの効果しかない。本なんか読まなきゃ良かったと悔しさを感じる、でもこれも経験だ。もう大丈夫だと言う油断があった。一挙に25頁を読まず、徐々に増やせば良かったのだろう。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
満足とまでは言えないが症状は良くはなった。でも本を読んだ翌日からショボショボが酷くなって継続している。
〇ドライアイ:ショボショボでドライアイの目薬を使うが気休め。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:少しある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。

今日からの記事は後日改めて、第53回ボトックス日記として発表します。


8月11日(木)BTX7日
本日も終日在宅。私の住む横須賀は三浦半島の付け根あたりになる。鷹取山がすぐそばで標高70m程度で山と言うか丘と言うか程々の場所で住み良い。世の中は熱暑とか酷暑とか或いはこれ以上の暑さの表現はないものか等々温暖化の問題を絡めて話題になっている。ところで、今朝7時頃は18℃、湿度67とかなりの涼しさだ。夕方になると28℃、湿度67%になったがそれでも熱いと言う程ではない。別荘地になりそうな贅沢な土地である。
夜には定例の小学生時代の友人達とZOOMクラス会を行った。今回は私が司会をして長さ1mはどうやって決めたのか?その規準の変遷と現在の精密測定原理と技術について話した。コチコチの技術屋の話なんか皆さん飽きてしまうかと思いきや、「面白かった」とか「こんな話が大好きだ、飽きない」とか意外な反応でビックリしてしまった。
因みに1m規準の始まりを紹介します。
単位統一は17世紀にヨーロッパで起こり、1世紀以上の議論を重ねた後、1791年にフランスがメートル(ギリシャ語で「測る」の意味)という単位を提唱し、基準となったのが、地球の北極から赤道までの子午線の距離で、それの1千万分の1を1メートルとしました。
今はかけ離れた高精度の規準が決められていますが、あまりに専門的なのだ省略します。・・・・そもそも私だって全て理解できていません。

眼はまだショボショボが続き辛い日々です。

眼の状態 0


8月10日(水)BTX6日
町内でも市内でも友人達に会えるチャンスが殆どなくなってしまった。止むを得ない、中高時代に友人に電話した。何でも良いから長っ話をした。彼は中学のときにバイオリンを弾き、高校以降は合唱で活躍していた。昔話も交えて、今の私の歌についていろいろ教えて貰うことができた。スマホが熱くなってアラームを出す位、長引いて中止した。これからは一人一人に電話して退屈を凌ごう。
身体を動かすために、庭の雑草除去でも汗を流した。

眼は今日も戻らず。ショボショボとドライアイだ。

眼の状態 0


8月9日(火)BTX5日
連日の整形外科リハビリに通っている。夏休み8日間もあるので、取り敢えずリハビリも夏休みになり不安と悪化させない心掛けが大事になった。通常は午後から歌の勉強会Bだが、コロナBA5の急激な感染拡大で今月は中止となった。(因みに私が通う合唱の会は三つある。A先生は準備体操と発生練習と初心者向けに丹念に教える。B先生は唱歌が多いけれど気楽に参加できる。C先生は男性で歌劇団を率いる。私には発声練習が物凄く助かる。また練習で一番気合いが入る会だ)B先生のご主人はピアノも弾ける医師だ。また親族一同立派なお医者様ばかり、従って感染症で一番休会にすることが一番多い。
自宅に戻り、やっと買っておいたエゴの木を植えてしまった。枯れたもみじの木の根っ子は残ったままで気になるが、腰が治るのを待っていられない、苦渋の決断である。世間からみれば政治家の苦渋の決断とレベルが違う。でも内閣の皆さんは何処を向いた苦渋の決断か?と気になる。党、内閣の総合扶助だけではないか?

困った、本当に眼が良くならない。ショボショボ、ドライアイ、左目の痛みが続いている。本を読んだのは大失敗だ、余計な事をしなければ良かった。

眼の状態 0


8月8日(月)BTX4日
今日も整形外科リハビリに行った。骨粗鬆症に使うカルシウム注射を先週より半分減らして行った。カルシュウムに私の身体が過剰反応するので対処したいわけだ。
昨日に続き除草と絨毯の敷き詰め作業を実施完了した。
新曲を含め4曲を自宅練習した。新曲は途中でテンポが変り悩まされるが工夫しながらやる事は結構面白い。

まだ読書後遺症は続いている。

眼の状態 0


8月7日(日)BTX3日
コロナの濃厚接触者になったり、脊椎管狭窄症であまり動けなくなった。ろくに声も出ない中で合唱の練習に参加してきた。新曲2曲で、殆ど歌えなかった、参加することに意義があったかもしれない。
庭の雑草駆除に苦闘するなか、食堂の絨毯入れ替えで出た古い絨毯を細く長く切って庭の通路に敷いてみた。案外に見た目も良くて、これで雑草を抑えられるなら大成功だ。

どうも読書後遺症は続いている。

眼の状態 0


8月6日(土)BTX2日
薄い白く光る巻雲や巻層雲が終日続いていた。近いうちに天候が崩れると言われるが果たしてどうだろう。地球温暖化で従来通りの予想から段々外れているように思える。腰が痛いのは日常生活を極端に消極化させる。今日は何をどうやるか、順番は等いろいろ考えるのだが行動が伴わない。私にとって今は眼の悪さより腰の悪さが強敵である。
昨日、読書の目に対する影響を明るい見通しで書いていた。どうもそう簡単に済みそうもない。兎に角ショボショボが強く悪化してしまった。日常生活に大きな影響はないが、いつも症状を気にするようになった。

眼の状態 0


8月5日(金)第53回BTX初日
午前中は整形外科リハビリに行き、午後はBTX注射に横浜へ出掛けた。リハビリの効果は徐々に出ているけれど、歩行中に毛躓いてまた悪化してしまった。左足を引きずり、明らかに身体障害者らしく見える。一歩踏み出す度に、痛むけれど久し振りの横浜を歩いた。JRの新しいビルが駅に隣接し、線路を越えて海や高層ビル、高速道路が一望出来る。屋上庭園からの展望を沢山写真に撮ってから、高層階の食堂街で冷麺と生ビールを楽しんだ。また新種のコロナ感染には不安も感じず過ごす事ができた。
BTX注射は50単位、14ヵ所、痛みもあまりなく順調に終わった。

眼の回復を感じていたが、悪化再発を恐れて印刷物を読まないできた。医院や電車のなかで文庫本を読んだら20ページになった。眼も大丈夫で、画期的な回復である。だからと言って眼は100点満点になってはいない。軽いショボツキや眩しさは健常者に較べたらかなり悪い。でもこの程度なら我慢出来る。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
満足とまでは言えないが症状は良くなり安定している、軽いフラフラ、ショボショボ感と瞼が閉じる症状が気になる程度。読書も文庫本を20ページ読めた。
〇ドライアイ:眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっていた。ショボショボ感は弱くなった。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさも気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:あまり感じない。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとすると悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:弱くなった。口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:コロナBA2の旧感染と脊椎管狭窄症による運動不足でまた声が出なくなった。

今日からの記事は後日改めて、第53回ボトックス日記として発表します。


8月4日(木)BTX105日
今日も整形外科リハビリに行って来た。腰痛が悪化しないように、動かないように我慢の一日を過ごしている。
明日は第52回のBTX注射なので、先生にお見せする成績データーを整理した。
予想はしていたが、かなりの好成績で本当に久し振り且つ画期的だ。
私がボトックス総括シリーズで第50回から、成績表示を変えた結果誤りが生じてしまった。何とかこのブログの日記も含め記載した成績評価もやり直した。これで明日は先生に修正したデーターで報告出来る。

すっかり眼は落ち着いてしまった。まだ不満は残るが、今の程度なら日常生活に殆ど支障はない。

眼の状態 0+


8月3日(水)BTX104日
インターネットやパソンコンの契約は苦手だ。営業にとうとうと喋られると、もう何が何だか分からない。スマホ、電話、テレビなど契約更改するのはもう出来ない。もっと我々老人が簡単に理解し使える努力をして貰いたい。契約と請求の差の違いを見極めるために困ってまた、3回目の相談で消費生活センターに行って来た。
直ぐに、プロバイダーに電話して話しを代行してくれた。即結論に至らなかったけれど、話し合いの緒に就いた。

今日も眼はもう予定通りで、ほぼ良い状態。

眼の状態 0+


8月2日(火)BTX103日
午前中は歌の練習日だ。コロナのせいかどうか分からないが、二人休んでしまった。先生は張り切って発表会の準備を進めている。ただ我々生徒の上達はどう見ても進まない。私は2部で歌うのが特別に下手でパートナーに迷惑をかけまいと努力はしているが・・・・。
午後は整形外科リハビリでカルシュウム注射とリハビリを行った。少しずつ痛みは小さくなっているが時間が掛かって、焦ってしまう。

眼はもう予定通りで、ほぼ良い状態。

眼の状態 0+


8月1日(月)BTX102日
今月のお老人会は役員会以外全てお休み。その役員会も私が言い出しっぺのバーベキュウの打ち合わせに集中してしまった。横浜の海の公園の松林に会場があるので、これを利用することに決定した。参加15人、これも予想外に集まった。思わず「やったー!」と言ってしまったのは、老人会以外からの参加と「全て私達が、準備、調達、調理、焼くまでやります」との言葉であった。嬉しかった!なんだか私が飛び回る事になりそうと思っていたから・・

今週BTX注射するので、先生に成績報告をしようと思ってデーター記入とグラフ作成を行っている。成績の付け方を変更したら、新旧のデーター比較がおかしくなってしまった。し方がないので第50回、51回、52回、のやり直しやっている。その手数の掛る事に閉口している、・・・・でもやらなければ長年やってきた事が不意になる。今、世話になっている先生の評価も出鱈目になってしまう。

相変わらず眼は、ほぼ良い状態で安定している。このような状態が続くと、本来のの気持ちの良いスッキリと物が見えた所に戻る事は無いだろう。これで続けられるなら、昔の最悪の状態と比較すれば天国に戻った感がある。

眼の状態 0+


7月31日(日)BTX101日
もう3ヶ月毎のBTX注射時期は通り過ぎてしまった。中々出掛けるられるチャンスが出来ないから、一週間伸ばして来週の金曜日にしようと思う。熱さに負けて、気に入りのリクライニングチェアで過ごしてしまう。YOUTUBEで外国の音楽祭を聞いていると楽しい。欧米系の人達の音楽の心は矢張り日本人とは全く異なる。伝統的な音楽、宗教の背景かよくもこんなに人が集まるものかと驚いている。

眼はまあ良い。あまり変化がない。

眼の状態 0+


7月30日(土)BTX100日
今日も整形外科リハビリに行った。腰の負担を減らしながら、何としてでも庭の手入れをして新しく生き返らせた庭を作りたいと、レイアウトを考えなら雑草除去、鉢植えの入れ替え、野菜の手入れを行っている。思うように進まないが、少しでもやっておけば後悔しなくて済む。
このブログも貯めこんでいたが、やっと暦に追い付いた。安心してまたも貯めこんでしまうだろう。

眼はまあ良い。あまり変化がない。

眼の状態 0+


7月29(金)BTX14週
少しでも早く腰を直さないと庭作業が滞るので、連日のリハビリに通っている。今日は都内で親戚と鰻を食べた。贅沢なので何年も食べたことがない。お店の特徴なのかアッサリ味で美味しく、ついつい食べ過ぎてしまった。高齢者なのに良く食い、ビールも何杯も飲んだのでお店からお礼を言われてしまった。実はこの店は私が2歳位まで住んでいた所なのだ。たいした思いではないが、忘れられない御茶ノ水である。東京大空襲で焼き尽くされたが、この店は昭和28年にお店を復興させたとの事だ。立派!立派!

眼の症状は昨日と変わらず。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
満足とまでは言えないが症状は良くなり安定している、軽いフラフラ、ショボショボ感と瞼が閉じる症状が気になる程度。
〇ドライアイ:眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっていた。ショボショボ感は弱くなった。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:ときどき強く閉じるようになった。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



7月28(木)BTX98日
整形外科では私の副作用、症状についで話したところ、次回の注射では量を半分にしますとの返事だった。やりながら、様子を見るしか無いだろう。床屋も寄った。店員さんは一人で孤軍奮闘、一時間待っても出来ないのでgive up 。

眼の症状は昨日と変わらず。

眼の状態 0+


7月27(水)BTX97日
老人会のとして毎月の予定とゴミ出し日程を入れたカレンダーを配布している。担当者が入院して私にお鉢が回ってきた。何とか出来上がったので、役員達で配り回るだ。私も10数軒程回るがこの土地は上下の起伏が激しいので、腰に響く。多少我慢して症状を悪化させないように気を付けてやれば、多少の運動になると自分に言い聞かせて続けるつもりだ。まあ、随分けつまずくようになった。つま先が上がらず、地面を擦りながら歩くから当然で、転倒しないように気を付ける。右足がけつまずくと左足で持ちこたえるが、その瞬間にズキッと左腰に痛みが走る。
もう一つ仕事がある。毎月一回、お一人様を担当してコミュニケーションを切らさない事。それで男性を訪問したら、何故か話が発展して一時間半も長話をしてしまった。奥様達を笑えない。

眼の症状は昨日と変わらず。

眼の状態 0+


7月26(火)BTX96日
先生の診察を受けた。結局、カルニシトニン注射(通常カルシウム注射と言われる)を週一回行うことになった。他のリハビリはベッドでマッサージ、温める、背骨を伸ばすのは従来通り継続した。
帰りの買い物中に顔がほてり、軽く熱が上がった。自宅で測ると体温は35.8℃で何も問題無かった。夕方になると身体のアチコチが痒くなったが、これも一時間程度終わった。一週間毎とは言いながら、このような薬を注射継続して大丈夫だろうか?継続すれば内臓に負担を掛けるから、やりたくない。従来の物理療法に留めたたいのだが。また明日、相談してみよう。

眼の症状は少しドライアイとショボショボ程度済んでいる。

眼の状態 0+


7月25日(月)BTX95日
久し振りに追浜の街に出て、整形外科リハビリを行った。左足全体に鈍痛が続いて効果はない。
明日は先生に相談しよう。帰りは喫茶店で一休みしたり、スーパーで買い物をした後、駅から自宅までバスで戻った。いつもは山道を下り登りしてきた習慣を替えざるを得ない。

眼は殆ど気になる症状はない。

眼の状態 0+


7月24日(日)BTX94日
世界陸上は終わった。日本の選手も良く戦った。100m×4の4位は惜しかった。これから好成績を残し続ける実力がついた。世界で好成績を上げる為には、人種に拘らない事も重要になる。陸上競技だけではない。私の日常生活でも同じだ。
コロナBA5感染拡大は大変な勢いだ、その中で陽性になり休んでいた息子も、正常生活に戻り、私と女房ともに一周間問題なく過ごせた。自宅で行った抗原検査も正常だ。明日から家中の隔離生活に戻れる。

眼は殆ど気になる症状はない。

眼の状態 0+



7月23日(土)BTX93日
朝、夕は26℃程度だが日中は晴れてあつくなった。老人会のカレンダー担当者が緊急入院で、私がピンチヒヒッター私に作成することになった。5年振りにパソコンを使うので手間取ってしまう、何とか原稿を作って会長さんに届ける事が出来た。
腰を傷めてるので、あまり動けないから女房に付き合い世界陸上のテレビ観戦とYOUTUBEで音楽、歌にドップリ使って過ごしている。

眼は本日も良い。

眼の状態 0+


7月22日(金)BTX13週
横須賀市のコロナBA5の感染は激しい。7月1日で56件、7月22日4で403件と7.2倍。どうなることやら。ただ、周辺の雰囲気はあまり危機感を感じられずにいる。
歌は益々YOUTUBEにのめり込んでいる。一日6時間位聞いている。

今回のボトックスは91日目になった。本来なら第53回のボトックスをする時期だが、延期は止むを得ない。

眼は何とか良い状態で推移している。悪化せずに助かる。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
症状は良くなり、ショボショボ感と瞼が閉じる症状が気になる程度。
〇ドライアイ:眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっていた。ショボショボ感は弱くなった。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:ときどき強く閉じるようになった。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。


7月21日(木)BTX90日
冷凍食品のスパゲッティを解凍していたら大失敗した。販売している包装を剝がさないでチンしてしまった。取り出すと包装が熱でクシャクシャになっていた。でも内部は冷たいままだから、包装をハサミで切っていたら指が触ってアツチツチと大やけどになった。対処方法は知っていたので、すぐさま氷水に指を漬けて我慢をしていると不思議にスーッと痛みが消えてしまった。全く火傷の後は何も残らず。
こんな失敗をするのは矢張りかなりのボケに入っている事を認識させられた。
今日もYOUTUBEで歌を聞いていたら、凄く綺麗な声で全く力みのない素直な歌声がすっかり気に入って次から次へと聴き続けた。女房に訊いたら、NHKの歌のお姉さんをしていた「あいだしょうこ」さんとのこと。私のことだから、当分聴き続ける事だろう。

眼は何とか良い状態で推移している。

眼の状態 0+


7月20日(水)BTX89日
YOUTUBEで歌を聞き出したら止まらなくなった。私は余程の歌好きなんだろう。YOUTUBEでは次から次へと飽きることなく歌が、歌手がでてくる。午後と夜と合計5時間以上聴き続けている。

今日も、眼は何とか良い状態で推移している。悪化せずに助かる。

眼の状態 0+


7月19日(火)BTX88日
気温は26℃前後で曇りから雨に変った。今日もテレビ観戦と居眠りで過ごした。世界陸上競技が米国オレゴン州でやっている。運動等全くやらない女房殿は終日これを見ている。見るスポーツの典型的なファンだ。ときどき見るが、一番好きな種目は短距離で100mだ。選手の走る姿が素晴らしい、無駄のない洗練された動きと身体だ。モデルとして最高の域に達していると思っている。

眼は何とか良い状態で推移している。悪化せずに助かる。

眼の状態 0+


7月18日(月)BTX87日
退屈な一日をテレビで過ごした。腰を傷めた事は本当に不覚をとった。体力的に目一杯の作業をしていてはいけない、分かっていてやってしまった。

眼が何とか良い状態で助かる。

眼の状態 0+


7月17日(日)BTX86日
先の見えないなか、どうやって毎日を過ごすか考えていた。結局、テレビの前でミステリー番組とニュースを見ていた。このままでは拙いなと運動がてら庭に出て、苦戦中の紅葉の根っ子を掘り出していた。気を付けていたがまた腰を痛めてしまった。濃厚接触者の身だから整形外科に行けない。思うように動けないから、尚更テレビに噛り付くことになった。

こんな中で、不思議にも眼は若干良くなった。

眼の状態 0+


本日は7月27日(水)16時です。先ず、家族全員無事にコロナから逃れました。これから遡ってブログを書き足して行きます。

7月16日(土)BTX85日
昨夜サラーリーマンの息子がコロナBA5に感染したことが分かった。厚労省が発信している2m範囲内で20分(ちょっと私の記憶でハッキリしない)以上登録された陽性者に居たことがしらされていたが、夜になって37.5℃に発熱した。今日は病院で陽性が確認された。本人は解熱剤を飲んで自宅治療となった。家内は4回目のワクチン接種がまだ、私は終わって一周間経っている。幸い何も症状はない。でも4、5日後に陽性検査で問題無しと確認までは自宅にいなければならない。
幸い1、2階があるので、生活範囲をハッキリ分ける事が出来ているのでコロナ対応は楽である。エアコンを殆ど使わないので、沢山ある扇風機を動員して、24時間換気体制を敷いている。何とか乗り切れそうだ。

雨がちで室内にいるとパソンコン作業、写真編集、歌を聞いて過ごすことになる。
youtubeで音楽を聞いていると、あっという間に時間が過ぎて済んでしまう。

こんな事でストレスの多い一日で、確実に眼はドライアイ、ショボショボ、瞼が時折強くなった。ボックス効果切れが段々ハッキリしてきた。

眼の状態 0


7月15日(金)BTX12週
老人会のワンコイン茶話会。お弁当とお菓子はでるが自宅で食べて下さい。ペットの飲み物は提供してくれる。何しろ会員の平均年齢はほぼ、日本の平均寿命と同じ位だから全員で懐メロを歌うだけの1時間でしかない。それでも、皆さんが顔を合わせ喋れるのが嬉しいようで、笑顔で帰って行けるのは良い。
眼は矢張り徐々に悪くなってきた。ショボショボだけでなく、閉じる力も感じ始めた。

眼は明らかに下降線を辿っている。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
ショボショボ感と瞼が閉じる症状が強くなっている。
〇ドライアイ:眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっていた。ショボショボ感がハッキリ感じるようになった。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:ときどき強く閉じるようになった。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。

7月14日(木)BTX84日
フライングディスクの練習日に参加した。最近は忙しくなって月2回なので、皆さんと顔を合わせるのが久し振りの感じる。私のスコアーは全く伸びない。皆さんはフォームが綺麗なに何でと。気配りの評価を貰っている。自分自身では腕、肩に余計な力が入るのが原因と分かっているけれど・・・・これが出来ない。
来週は皆でバーベキューをやろうと意見が一致していた。でも、横須賀市はコロナBA5が凄い勢いで感染拡大している。大丈夫かな?もっとも、このてのお店は換気が非常に良いから、却って安全かもしれない。

眼は矢張り徐々に悪くなってきた。ショボショボだけでなく、閉じる力も感じ始めた。

目の状態 0


7月13日(水)BTX83日
終日雨と曇り。殆ど外出もせず、ときどき庭作業を行った。
ところで、ロシアのプーチン大統領の顔がウクライナ侵略を始めた頃に較べて顔が風船のように丸く膨らんでしまった。彼の持病の症状か、或いは治療薬の継続投与に起因するのかは分からない。彼の大ロシア、プーチン皇帝を目指す妄想にウクライナや世界中に惨劇を引き起こしているのは許し難い。ロシア国民には気の毒だが、これからは長い期間世界の最貧国となりプライドだけになるだろう。困るのは北朝鮮のように武力で脅かす反社会集団になる事だ。

眼はショボツキが徐々に頻繁になってきた。

眼の状態 0


7月12日(火)BTX82日
今日も雑草除去に専念した。残酷に通り過ぎる季節は私の処理能力を越えている。最近ウクライナにおける闘いは熾烈であり、私達はロシアに対する不安と恐怖でかなりの動揺を受けている。それでも今回の参議院選挙挙投票率52.05%、とお寒い限りだ。前向きに生きる心を失ったように見える国民に将来の希望はあるのだろうか。・・・・どうせ変らないと考えて、自分の将来を開けるとは思えない。高齢化し気力を失った国は、野望を露骨に見せる国家にとって涎の垂れるような餌食だ。私は戦中生まれで、東京は爆撃機B29による絨毯爆撃で根こそぎ焼き尽くされた。遺体数10万人以上、負傷者15万人、罹災者300万人、罹災住宅70万個。他の都市も爆撃を受けている。戦争が始まったら終わりで理不尽が堂々とまかり通る。防ぎようがない。日本は島国で輸入に倒らざるを得ない、資源のない国は一旦戦争が始まれば生き延びることは出来ない。したたかな外交で戦争にならずに済ませる事が極めて大切だ。森友、家計、桜を見る会などお友達政治をやりながら、某宗教団体にビデオメッセージを送っていて我々国民の為の政治は出来るのか疑う。こんなレベルの低い話は政治談議にもならない。

ブツブツと文句を言いながらも、眼は持ちこたえていいる。ショボショボが目立ち始め、瞼をギューツと閉じることもある。ソロソロ、眼の状態が0になりそうだ。

眼の状態 0+


7月11日(月)BTX81日
老人会のカラオケを実施した。長い間コロナ休会があったので、どうなるかとおもっら8人全員が継続するとの意志表明を頂けた。これではやるしかない。
実態はおばあちゃまのお喋り7割、下手な歌3割が実態だ。でも大きな声でトンチンカンな会話で笑いが続くなら皆の健康にも有意義ありと考え続けて行こうと思う。
雑草も野菜も樹木も真っ盛りだ。私一人で孤軍奮闘の毎日が続いている。

眼はほぼ順調。

眼の状態 0+


7月10日(日)BTX80日
月一の視覚障害者向けヨガに参加した。矢張り、体力的にきつくなっていろいろなポーズが取れなくなっている。無理すれば転ぶか身体を傷めるかで気を付けるようになってしまった。でも、ヨガの意義を感じることになっている。

眼はほぼ順調。

眼の状態 0+



7月9日(土)BTX79日
相変わらず樹木の選定と雑草除去に集中した。その中、実家周辺で自宅を分譲下した方が居て、境界確認のため測量結果の報告に会社の方が報告にきた。それは兎も角、今回の測量は遥か昔と変わらない事が確認された。いろいろ話を聞くと、40年以上前の測量では数センチとか10cm位ずれるのは珍しくないとの事だ。今の我が家はどうだろう?確認しなければ。

眼はほぼ順調。

眼の状態 0+


7月8日(金)BTX11週
定例の写真の勉強会に参加した。この会は綺麗な花やそれにつく虫の写真を撮る人達の会だが、全国のアマプロのコンテストでも銀賞を得た人がいたり独自の写真で活躍方がいる。私のような毛色の変った写真も受け入れて貰えるので入会した。ただ、ここでも高齢化と会員減少があり運営がなかなか難しい。発表はスライドにしたのでプリントが要らなくなり、インク代が不要になって助かっている。ただたまにプリントすると綺麗な写真がでるまでに手数がかかる。
帰りに写友の男が病気なので山中の自宅で不自由な生活をしているのが心配で訪ねてみた。一ヶ月前よりは大部顔色も良くなって一安心した。

眼はほぼ順調。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は全て0+なった。多少は疲れでムラがあるが、下の各項に変化はない。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



7月7日(木)BTX77日
第4回目のワクチン接種を行った。3度目のファイザー社製だ。今回は自宅近くの総合病院なので手間もかからずに助かった。最近の造園作業で脊椎管狭窄症がまた痛み出しているので、整形外科クリニックで背骨を引っ張て来た。単純な治療法だが効果はある。
夕食後になると中高時代の友人達とラインでミーティングした。他愛話ばかりだが
一人が入院手術で欠席と心配になる。元気に三浦半島まで飲みにきたのに・・・・。

眼はほぼ順調。

眼の状態 0+


7月6日(水)BTX76日
昨日はそんなに飲んでいないのに疲れが残った。午前中は雨も降って自宅に籠り疲れを取り戻す事に専念した。体力を戻すのも仕事の内だ。
午後になるとジッとしいていられない。買ってきたエゴの木が未だ借り植えになっている。植えたくても、枯れた紅葉の太い根っ子が邪魔をして植えられない。こいつを取り除くのに悪戦苦闘しているし焦りもある。電動ノコ、電動ドリル、ノミ、楔、手ノコ等々いろいろな工具を使うが捗らない。今日もあまり進まない。

苦戦するなか、眼は幸い頑張っている。

眼の状態 0+


7月5日(火)BTX75日
歌の練習日で今日は女性の先生で、昨年と違いコンサートの企画を積極的に進めている。先生の姿勢が前向きになると、皆が積極的になる。昨年とは大違いだ。コロナ禍の影響を感じている。
午後は「ほろ酔いクラブ」の夏季開催を目指して一杯飲みながら相談した。男女2名の新人も参加とあって、気分の良いひと時を過ごした。

眼は良好状態を保っている。

眼の状態 0+


7月4日(月)BTX74日
朝の天候が悪いので、公園清掃は延期となり老人会の役員会のみとなった。私がバーベキュウ―開催を提案したら、案の定私が担当する事になった。高齢化しているので人材不足だ。元気の良い女性副会長はご主人の体調不良で忙しく今回は期待することは出来ない。

眼は良好状態を保っている。

眼の状態 0+


7月3日(日)BTX73日
歌の練習に参加した。男性の先生で明解な指導があって、私は一番やり易いグループである。会の中に新コロナ感染症の人がでている。保健所から私達は濃厚接触者でないことを明解にして続けていられる。当人は問題ないが、周囲への気遣いで休んでいる。気の毒な話だ。

眼は良好状態を保っている。

眼の状態 0+


7月2日(土)BTX72日
親戚の納骨式に都内のお寺に行ってきた。昔とは違ってお経が短い。それだけではない、経文が違う。住職が新作してしまい途中には演歌風な歌さえでてくる。最近は簡略化するなかで、一挙に通夜、諸七日、告別式、49日、納骨式のお経をまとめてしまった。住職は最後にこのような式が大切であることを解説してくれた。家族葬に移って行き寺の存続の危機感を教えて貰った。大道芸もやっている住職の苦労も理解できる。
式後は親戚一同揃って食事をして解散になったけれど、このような機会もこれからは極端にへるだろう。何しろ、皆親のお墓参りに全く行かなくなっているからだ。頑なに続けているのは我が家だけだ。

眼は良好状態を保っている。

眼の状態 0+


7月1日(金)BTX10週
整形外科で背骨を引っ張ってきただけで、家で雑草除去と水遣りで過ごした。横須賀は海に近いので、日中の気温は都内と違って低めになる。かなり過ごしやすいのは助かっている。夕方以降は涼しい風が吹くことが多い。住みやすい所だ。

眼は良好状態を保っている。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
またこの一週間の眼は全て0+なった。このまま安定すれば良いのだが。下の各項に変化はない。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。


6月30日(木)BTX70日
健康診断の結果を訊きに行った。間質性肺炎の懸念もあって、緊張感を持って臨んだが幸い問題なかった。従って治療は不要で日常飲む薬も無かった。非常に嬉しい、この上ない結果だ。好きな歌、写真、造園を全力で楽しもうと意気盛んである。
途中から家内と合流しJCOM店で器機返還し、DIY店で大型ノミを買った。このノミは自宅の木の根を切り離す為である。
二人でカンカン照りの道を辿り、ふと目についた蕎麦屋に入るとこれが美味しかった。ついついビールも2杯飲んでしまった。なお、今日も10600歩になった。ただ、これは歩き過ぎだ。脊椎管狭窄症を悪化させる。

眼はそれなりに順調である。

眼に状態 0+



6月29日(水)BTX69日
春に三浦海岸の河津桜見物の帰り道で見た、大木がどうなっているか気になっていた。巨大な2本の木が無残に枝を切り払われていて、このままでは枯れてしまうだろうと思った。新緑と梅雨を経てどうなったか見に行くことにした。強い日差しのなか、木陰を辿り水を飲みながら丘の頂上付近に出ると2本の巨木は生き延びていた。一本巨木は脇に伸びた枝に葉がでているけれど、今後はどうなるかなと懸念された。もう一本はかなり葉が茂り元気を取り戻していた。どちらも切り落とされた木の幹には朽ちた枝や洞が残っている。この推移を写真に残そうと今後も訪れるつもりだ。帰りは緑濃くなった桜並木の木陰トンネルを下り三浦海岸駅に戻り喫茶店で十分休息してから帰宅に向かった。
今日も失敗をした。JCOM店に不要な器機を返還するのに寄ったらお休みになっていた。

酷暑の中での散歩で9300歩を歩けた。眼の症状で立ち止まることな歩く無事。

眼の状態 0+


6月28日(火)BTX68日
日中の蒸し暑さから夕方になると、29℃湿度30%になり涼しい位になった。
空には薄い巻層雲が出て快適に天候と気象条件に替わった。
午後は上品な女性の先生による歌の会に参加した。長い休みから再開で11人集まって先生は上機嫌で積極的、発表会をしましょうと極めて頼もしい。私の希望曲「落葉松」を取り上げて詳しく解説する程になった。良い雰囲気の再開スタートが切れた。因みにこの先生の衣装はカラフルで薄い黄色、青、ピンクそれに赤い帽子。イタリア風のイメージかな? 何しろ良くっ目立つ。

気持ち良く過ごせた一日になり、眼も程々に良い。

眼の状態 0+



6月27日(月)BTX67日
晴天で蒸し暑い日になった。午前中は老人会のカラオケで6人集まった。私は皆元気に集まって頂ければそれで十分と思っていた。ところが皆さん歌いましょうよと、意外な反応に驚き慌ててカラオケを歌いだした。2年間も使わなかったマイクの一部機能が壊れてしまい選曲がままならず困ったが、皆さんそんな事は気遣いなくドンドン歌って頂けた。
まだカラオケ人気は継続しているようで、私は未だ止められそうもない。

眼はほぼ良い状態を継続している。

目の状態 0+


6月26日(日)BTX66日
歌の先生が率いる門下生のコンサートを聴きに行って来た。私達はとてもそんなレベルではないから、応援しに行くだけだ。もっとも縁あって門下生の一人が私達の練習を支える形で来ているのだ。皆さんんアマチュアだと思うが、一人20分を数曲歌う実力は凄い。その努力と情熱は何処からくるのか・・・とても及ばない。良いもんだ。
我々応援団の男性二人で帰りにお近づきの一杯をした。横浜のJR駅に接して近代的な楽しさ溢れるビルに入り飲み場所を探したが見当たらない。
案内係の若い男性に訪ねると、お調べしますとスマホや電話で探している。われわれのような高齢者向けの場所ではないようだ。周囲を見渡しても30代以下の若者ばかり。彼らはビールや酒は飲まないのか、何を飲んでいるのか。
仕方がない、昔の飲食地下街へ行きビールを飲みながら自己紹介しお互いを知り合い楽しいい時間を過ごす事ができた。

晴天で風も心地よく過ごせた。もっとも音楽会場は寒い位だったが。
快適な気分の一日で、目も良かった。

目の状態 0+


6月25日(土)BTX65日
昨日当たりから蒸し暑さを感じるようになった。造園作業は要注意だ。休む事、水補給が重要だ。畑や他の植物の水分補給も重要になる。一生懸命やるが捗らない・・・・焦るな焦るな!
JCOMのテレビ契約で良くなった事、youtubeが見られるようになった。これは嬉しいい、歌を3時間も聴き続けた。いろんなジャンルが自由に沢山聴ける。これに熱中しそうだ。
世の中には何でこんなに良い曲が沢山あるのだろう。今まで聴こうともしなかった人達がいる・・・知らないだけだったのだ。改めて見直し感動する事ができた。

眼は今日もほぼほぼ良い。

眼の状態 0+


6月24日(金)BTX9週
女房と市の中央に出掛けた。銀行は私の年齢から、色々と準備をなさるようにと心配してくれる。まあ、有難いが貴重なプライバシーをさらけ出す事になる。やりたくないな!矢張り自分でやるしかない。もう計画性を持ってやらなきゃ。面白くない作業だ。
自宅に戻って、JCOMに契約更改に伴う作業に立ち会った。要りもしない録画用ハードディスクの撤去だ。自分で出来ると思ったら配線が間違えたらしくテレビが全く見えなくなってしまい来て貰った。分かれば他愛ない間違いでも、高齢の目には細かいところが分からない。無償工事で助かった。

眼は今日もほぼほぼ良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は全て0+なった。素晴らしい。文章も少し継続して読めるようになった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



6月23日(木)BTX63日
コロナ禍中は色々な行事が少ないので、フライイングディスクを毎週行っていた。それでも足りなくて合唱サークルを追加した位だ。
幸い解禁状態になって忙しくなり過ぎた気がすする。今はフライイングディスクを月2回に減らしている。なかなか上達しないが、一ゲーム当たり10枚ディスクを4ゲーム目標に飛ばすけれど、あっちこっちと飛んで行ってしまうから回収するのが大変。皆さん立った足り、しゃがんだりとかなりの運動になる。・・・・これが中々良い。

眼は今日もほぼほぼ良い。

眼の状態 0+



6月22日(水)BTX62日
とうとう還暦に足すこと、22年になった。手術もあったが、順調で問題なく楽しく歓びをもって多くの方に付き合っていただいております。懸念はあるにしても、楽しさが上回っています。感謝!感謝であります。
女房と隣駅にある和食のお店で乾杯と食事をした。二人で面白い体験をした。このお店は前にも行っているが、予約すると何故か少し拙くなる。飛び込みで入ると美味しい。お店に聞く事も出来ず。結局、予約すると作り置きするせいだろうと結論付けた。

眼はほぼ順調だ。

眼の状態 0+


6月21日(火)BTX61日
また歌の練習に行った。日曜日とは別の先生だ。11月には内輪のコンサートができそうで、会場や曲の選定が始まった。昨年はピアニストが居なくて、落葉松が歌えなかったのが心残りだったけれど、今年はお願いして歌えるとの事だ。これは嬉しいい。
天候が悪くサッサと帰ったものの、雨で造園業はできず居眠りで過ごした。

眼はまだOK。

眼の状態 0+


6月20日(月)BTX60日
朝から老人会のボランティア公園清掃だ。高齢化と会員減少で広い公園をやりきれない。落ち葉と雑草処分で精一杯の所なのに、樹木の茂みは鬱蒼として笹ツ葉一杯、竹の子ドンドン出て来て伸びだす。とてもやり切れるものではない。自治会は市からでる老人会の予算を一部を当然の権利のように取り上げる。しかもなにも協力しない・・・・怪しからん話だ。
午後は女房と銀行に行き、僅かな貯蓄の目減りの説明を受けたが納得でkない。円安、ウクライナ情勢・・・きっとそのうち戻りますなんて説明されても全く信用出来ない。ロシア大統領プーチンと同じで信用が出来ない。
こんな白々しい説明をしている店員なり銀行員もどうせ自分の行ったことなど信じていない。彼等も同じ目にあっているに決まっている・・・・?
帰りは女房とうどんを食って生ビールを飲んで帰った。

色々あるが、眼がまだ助かっているから良い。

眼の状態 0+


6月19日(日)BTX59日
コロナ濃厚接触者が歌う会に発生した。幸い我々の会員の原因ではない事が保健所の調べで分かり一安心。ただ、本日は希望者のみの予定外練習となった。先生は女性を中心に発生練習を一人一人に教えた。合唱で声が弱弱しいいのが気になっていたのだろう。成り行きで男性にも回ってきた。
ハミングでムー、続けて口を開けミーアーを繰り返す。これで音程を上げて行く。なかなかのエネルギーを要する。私は上のファ#まで出来た。
高齢男性なので、皆からオーツと声があがった。
声の出し方には、いつも工夫がい必要で、慣れない曲では「この音を何処から出そうか」と考えるのは何時もの事だ。この点も先生はその点を指摘して、「そのやり方で良いんです」と行ってくれた。
最後にサンタルチアを一人一人歌わせた。良いチャンスと目一杯声をあげて歌うことができた。ここでまた先生が「歌は自分の歌だと思って、思うように歌えばいいんです」とコメントした。
先生に応援された気がして、すっかり嬉しくなってしまった。

今日はご機嫌でした。眼は大丈夫。

眼の状態 0+


6月18日(土)BTX58日
準備体操をシッカリやって、枇杷の木とグミの木の大剪定をやった。地上4mも伸びてしまい、風通しが悪く木陰も大きくなっていた。バッサ、バッサと大胆に切り落としていると、落ちた枝が山のように摘みあがってしまった。まだ残った竹の子も見えてきてこれも駆除した。これだけで体力は落ちてしまい終了とした。
明日の歌の練習も先生の指導が面白くて、練習も気合いが入った。同じ曲でもいつも同じ所を間違える。楽譜を何度も読み直して覚えるが、時間が経つとまた間違える。困ったものだ。いつも練習後はYOUTUBEで歌を効きだすと止まらなくなってしまう。何でこんなに良い曲が沢山あるのだろうと思いながら、深夜になってしまう。

疲れがあるが、眼は大丈夫。

眼の状態 0+


6月17日B(金)BTX8週
老人会の出席率が高く、コロナ禍で外出もままならなかったので喜びに溢れていた。飲食なし、消毒、マスク着用でも久し振りの対話で賑わった。表情も明るくなった・・・・こんな程度のイベントでも人の心が豊かになるなんて素晴らしい。
ところで、私の挨拶は「何の取柄もないが、歯は一本も抜いていない、毎日服用する薬はない。毎日5000歩なら続けられる、10000歩なら一週間毎で歩ける。最長不倒距離は自宅から衣笠まで4〜5万以上歩いた」と話、結構インパクトを与えることが出来た。

眼はほぼほぼ良い。症状を殆ど忘れていられる。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は2回を除き0+なった。天候に引きずられたり、忙しときショボショボが強くなるくらいだ。生活上の違和感や危険は殆どなかった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。


6月16日B(木)BTX56日
終日曇り。先ず1100円床屋で散髪と首耳の後ろを沿ってくれる。
実際、私は丸坊主だからこれで十分過ぎる。このお店は3人とお手伝いで運営され庶民的で良かったけれど、コロナ禍と高齢化で中年の女性一人が運営している。朝10時頃から夕方4時位まで、引っ切り無しで働いている。目まぐるしいまで動き、一方洗練され無駄なさ動作が全くない。一週間で2〜3日休みになったのは頷ける。こんな姿を見ていると、日本経済低調さが、我々庶民を追い詰めて行く姿を思い知らされる。健康をそこねれば一挙に貧困に追い込まれる。日本経済がピークの時は国民全体が中流意識と言われたが、それは本の僅かな間に過ぎなかった。参議院選挙が迫ってきた。またも投票率の低さが気になる。国民が政治に関心を持たずに良い生活などある訳が無い。
明日の老人会の誕生会で私も一言お礼の挨拶をしなけりゃ「ならない。どうしようか・・・・

幸い眼が復帰した。

眼の状態 0+


6月15日(水)BTX55日
またもや雨。梅雨入りだから仕方がない。健康診断の結果は未だだが、診察中に医師が何度も首を傾げて肺の下部から起きるカサカサした音を間質性を疑っていた。それで、地元の南共済組合でCTのX線検査を受けた。
これはかかりつけ医が自分の設備では出来ないので検査依頼をしたことになる。この結果が出るには1週間かかるそうだ。

鬱陶しい天候に引きずられ心も冴えず、眼は久し振りにショボショボ症状で煩らわされた。

眼の状態 0



6月14日(火)BTX54日
シッカリ雨降る日になったけれど歌う会に参加してきた。今、3人の先生の会に入って歌っているが、この先生をK先生と呼ぶ事にする。K先生は親族を含め立派なお医者様ご一家の奥様だ。楽しく歌うことが目的だからあまり煩い指導は無くて気が楽でいい。医一家だから今回のコロナ感染症に極めて敏感で、この丸2年間は丸々休会でやっと今年に入って2回目の練習日なのだ。他のF先生は毎回抗原検査を受けて教室は休まなかった。オペラ歌手の男性A先生はコロナ感染の状況を見ながら延期はするが休会殆どせず日程変更ですましている。

別件、第51回および52回のボトックス総括はクローズしています。理由はデーター処理の表示の変更と換算方法に誤りがあります。多変申し訳ありませんが、2回分のデーター表示と整理および表示を全て見直しいたします。時間がかかりますが、やってきた事が無駄にならないように致します。ご理解下さい。
眼の状態の表示は旧表示に戻す事に致します。

眼は疲れ気味でショボショボが強くなった。

眼の状態 0


6月13日(月)BTX53日
老人会のカラオケの日で、私が主催している。人数が減ってしまったものの、集まって愉快に話ながら、歌いながら過ごすのも良い。他愛ないようだが私達には貴重なコミニュケーションの場になる。歌がうまいとか下手の問題ではない。次回を楽しみにできるなら、それで十分だ。

今日も眼はほぼ良い。

眼の状態 0+



6月12日(日)BTX52日
歌の練習に出た。オペラの歌う男の先生で良い。非常にメリハリの効いた指導をする。この連日鼻水が出て、歌声がガラガラ声になっていたが事前の発声練習をシッカリやって貰えるのは大いに助かっている。声の負担が少なく十分声が出せるようになりガラガラ声も何時の間にか消えてしまった。やり替えのある練習日になった。
終わってヨガの練習に参加した。これもコロナの終息に向け活動が活発になってきた。毎日が楽しくなって行く。

今日も眼はほぼ良い。

眼の状態 0+



6月11日(土)BTX51日
やや腰の痛みが重たいのでリハビリに行った。庭のキュウリが急に萎れてしまったので大急ぎで植え替えた。根を切る虫がいるかと探したが見当たらず、原因不明で少々気になる。庭の造園業は忙しくなるばかりで体力勝負だ。手の腱鞘炎が仕事の邪魔になる・・・・左手を使ったっり、道具を使ったりと工夫するが。痛み止め軟膏を塗ってゴマかすのみだ。手術なんかしたくないが。
明日に歌の練習にも精を出した。いつまで歌えるか、どこまで出来るかチャレンジ精神で頑張っている。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+


6月10日(金)BTX7週
定例の写真勉強会を行った。ちょっと集中力に欠けた作品があって残念だ。最近は自分の能力を越えて動き過ぎているようだ。自重しなければいけない。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は一回を除きー0.2(旧表示で0+)となった。一日忙しくてショボショボが強くなるくらいだ。生活上の違和感や危険は殆どなかった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



6月9日(木)BTX49日
今日は整形リハビリに行った。出掛けついでと隣駅に行き買い物をした。一つはスマホの写真をパソコンに移すUSBコードとプリンターインクの購入だ。もう一つはまた6駅移動して市の中央のJCOM店に行った。7人待ちで一時間半待たされた。先月営業マンに月当たり5000円安くなると上手く言いくるめられて契約を更新した。しかしデーターの搬送容量なんか増えても実質何の効果もない、見もしない番組なんか要らない、ビデオ録画なんか面倒くさいから要らない、AUからJCOMに切り替えたてメッシュYiFiを採用したが何の効果もない。こんな事で問題をしてきして再度契約更改した。嬉しい事にこれで毎月1000円強の節約になった。
気分がスカッとした。
夜はまた小学校時代の友人とZOOMミーティングで円安について愚論、議論を展開した。金の話は苦手でいつも頭が混乱する。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+


6月8日(水)BTX48日
今日もトチリの外出となった。少し動き回り過ぎて腰が痛くなり整形リハビリに行ったところ休業日であった。少し疲れ気味で休息に勤めた。

幸い、眼回復した。

眼の状態 0+



6月7日(火)BTX47日
マア忙しい日になって大トチリもあった。天候が良かっただけいい。
健康診断の検査品をクリニックへ朝一番で届けてから、電車で3駅先のすこや館で歌の練習を行いそこにあるコンビニ弁当をベンチで食べた。終わるとJR横須賀駅まで歩きそこから横須賀線で3駅移動して逗子についた。ここで新年早々に一回だけで休業していた歌の会に行くと、会場はお休みになっていた。心を鎮め会長に電話すると「ちゃんとご連絡しなくて済みません。練習は来週火曜です」とのご返事。また大失敗した。諦めて追浜に戻りご無沙汰した喫茶店を訪ねた。マスター子供図書館を創設して自分の絵本を寄贈したばかりだ。癌の手術後が思わしくなく、いつまで店も自著の絵本も発行できるか分からないと言う。生きている時間を貴重に精一杯やるだけと・・・淡々としている。凄い意志の強さを感じる。

疲れたので眼はシブシブ ショボショボとなった。

眼の状態 0


6月6日(月)BTX46日
終日しっかり雨が降った。老人会の公園清掃は延期となる一方定期役員会は実施した。どこでも一緒だろう、高齢者の一人住まいが問題になり該当者とその担当者を決めて顔合わせや連絡を行って毎月その報告をすることにした。簡単そうだがやってみると色々問題もあって難しい。私から提案したフライイングディスクとバーベキュウは取り上げられて今月の誕生会を借りて発表する事になった。

眼はまだほぼ良好を維持している。

眼の状態 0+



6月5日(日)BTX45日
近い親戚の女性が98歳で老衰の為に亡くなった。18歳で結婚し、翌年から連続4人の子供を生み育てた。時期は日本が太平洋戦争で負ける直前の大空襲で東京が瓦礫になった頃の頃だ。立派である、慎んでご冥福お祈り申し上げます。
告別式に行ってきた。

眼は程々良い。

眼の状態 0


6月4日(土)BTX44日
今月は誕生月なので健康診断に行った。内科の先生はただ一つ気になると言う。
深い息をすると肺の下部から、カサカサと乾燥した音がするとの事だ。間質性肺炎を疑われるらしい。いろいろ意見交換するなか、このクリニックのレントゲン撮影では内臓に隠れて見えないので3次元に調べる必要が分かった。
肺胞間の間質が厚く固くなり酸素が取り込めなくなる。更には進行して間質が線維化する。乾いた咳や息苦しさが出る。・・・・該当する点があるので、近くの大きな南共済病院で詳しい検査をすることにした。

眼は程々良い。

眼の状態 0


6月3日(金)BTX6週
前にも触れた紅葉の根っこを掘り続けている。スコップ何かでは掘り起こせないから電動ドリルで幾つも穴をあけるがびくともしない。結局半日掛けても傍目には捗らない。いつになったらエゴの木を植えられるか、外に置きっ放しで枯れないかと気になる。 植木の剪定や、繁茂する雑草に気が休まらない。夏らしくなった天候で造園業は楽しく体調も良くなった気がする。

眼は程々良い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は全てー0.2(旧表示で0+)となった。ショボショボが時々気になるくらいだ。生活上の違和感や危険は全くなかった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



6月2日(木)BTX42日
晴れて積乱雲も出る夏らしい日になったが、女房はまた神経痛で寝てしまった。
最近は頻度が高くなるので、気になる。従って独り相撲の一日となった。
老人会の仕事で誕生会の参加確認などやっていると、何だか分からずに時間が過ぎてゆく。町内でフライイングディスクが出来る会場を食品店周囲の広場にしようと
寸法を測った。10×13mもあって十分できそうだ。
話は替わるが、盆栽に仕立てようと名も知れない多分亜種だろうと言われる広葉樹が昨秋に枯れて幹にトゲ出てしまった。まるで葉の出る部分がトゲに変った、それでも幹に弾力があるので生き延びるかもしれないと庭に移し替えていた。冬が過ぎ、春が過ぎ5月になっても芽が出ない。私の不手際だ、残念だが廃棄処分にしようと、確認したら特徴ある赤い広葉樹の葉が数ミリづつ数枚芽をだしていた。やったー!と感激した。日毎に葉が増えいる、誰に聞いても名前が分からない木を今度は庭木として育てよう。

眼は程々良い。

眼の状態 +0

6月1日(水)BTX41日
熱い晴天の中友人がトマト、キュウリ、ナスの苗植え応援に来てくれた。
慣れたもので肥料を入れて土づくりから苗植えをしてから竹で支柱枠まで組み立て完成した。やって指導して貰えると簡単だが、一人でコツコツやっていたら一日タップリかかっただろう。感謝、感謝。
他にも大葉とバジルも少々植えた、今年は新しい楽しみが増えた。

眼はほぼほぼ良い。

眼の状態 0+


5月31日(火)BTX40日
老人会の今月カレンダー他連絡仕事が多く、お互いの凡ミスが沢山でる。一回の仕事が2,3回も訂正やり直しをする。幸い皆さんが自分たちは間違えるものだと割り切って対処しているから助かっている。これは私達にとって大変重要な心掛けであって、お互いに責任追求したら会は存続出来なくなるだろう。

紅葉の根起こしを始めたら大変だ。私の腕の太さ位の根が2本地中深く伸びている。
簡単に電動ノコは使えず、丹念にスコップ掘り起こさなければ進まない。
力と体力と根気をコントロールして作業を続けた。

眼はほぼほぼ良い。

眼の状態 0+


5月30日(月)BTX39日
やや熱い晴天。その中4回目のワクチン接種券が届いた。また戻ってファイザー製になった。3回目だけモデルナだった。順調に行けば6月25日位に接種することになりそうだ。
ネットのセキュリティソフトでトレンドマイクロが手続き上の混乱から、請求がきていたけれど、支払い停止および請求して一旦支払った金額は返金のされた。良かったと思う、また横須賀市の消費生活センターの支援も役に立った。
隣家への迷惑を配慮していた、紅葉が枯れてしまい代わりにエゴの木を買っていた。
早速、幹を切り倒した。枯れて2年経ったので電動ノコを使って容易に切り倒すことができた。さて、根っ子を掘り出さないとエゴの木が植えられない。これがなかなの仕事になりそうだ。まだ、竹の子も増えているし根もここまで伸びていた。
高齢者泣かせの重労働である。明後日は友人がトマト、ナス、キュウリの苗植えの指導にくる。老人会も活発になりだした。なんだか矢鱈忙しい。

眼はほぼほぼ良い。

眼の状態 0+


5月29日(日)BTX38日
友人に勧められたのでナス、トマト、きゅうりを各2本と隣の境にエゴの木を買った。帰ってから忙しかった。畑に残っていたクリスマスローズ8株、実生の高さ5CM程の紅葉、小さな草花を全部移しかえて耕した。勿論、移す先の土地も整地し直した。
エゴの木を植えるには、枯れた紅葉を切り倒し、根を掘り出さなければならない。
本日はこれまで。夜は歌の練習とYOUTUBEで歌を聞いていた。

眼はほぼ問題なし。
眼の状態 0+


5月28日(土)BTX37日
夏の強い日差しと積雲が雄大に昇る青空。家内と横浜の「海の公園」に出掛けて、町内老人会のバーベキュー会場を下見した。全面に砂浜で、海の向こう側に八景島シーパラがあり、沖には東京湾に出入りする船が見える。松林のなかで多くの人々がバーベキュウをやってノンビリと楽しんでいた。見ているだけでも長閑な気持ちなった。1グループで8人以内、会場代2300円、レンタルコンロ2000円、食べ物は一人当たり3000円程度と費用の検討がついてから、和食の店に入り乾杯した。結構な運動になった。

眼はほぼ問題なし。
眼の状態 0+


5月27日(金)BTX5週
朝から雨が降って外出するきにはならず。溜まった写真の整理や、放り題しているメールの返事などで過ごす。忘れ物を始め、何をやっても大なり小なりトラブルを起こしその回復作業が伴う。時間のかかること!
それでも歌の練習は丹念に楽譜を見直し、YOUTUBEなど利用して声を出して練習する。涙ぐましい努力かもしれないが、自分ではそれより楽しさが上回る。
しかし、YOUTUBE様様になった、画面に次々と曲を知らせてくれるから、何時の間にか聞き役になって延々2時間も聞いてしまう。最近はすっかりクラシックに傾注している・・・なんで私はこんなに歌がすきなのだろう。

眼はほぼ良い状態をキープしている。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
この一週間の眼は全てー0.2(旧表示で0+)となった。ショボショボ或いは眩しさが時々気になるくらいだ。生活上の違和感や危険は全くなかった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているが眩しさもきに気にならない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:無い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事がかなり読める。真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



5月26日(木)BTX35日
テーマ不足の老人会へフライイングディスクを紹介して、私が通っている身体障害者のフライイングディスクの練習を二人で見学して貰った。4種類5ゲームを見学体験をしてから、結構な運動になるとか足がつったとか或いは奥が深い等の感想が出てきた。老人会でやる体育館はないし、屋外では風の影響が強く難しくなる等問題が多い。これからの検討会で決めて行く。
夜は私の姉が90歳で健康、ピンピンしているのでお祝いの食事会を開いた。
版画など多種多方面で元気に遊んでいる。見事なものだ。

眼は、変わらずそれなりに安定状態だ。

眼の状態 0+



5月25日(水)BTX34日
2年間振りに老人会カラオケ同好会を開催した。自治会館から飲食禁止、マスク着用厳守とあって出来るかどうかと心配した。結局8人中6人集まって頂けた。
皆で車座になって一人一人自分のコロナ禍生活を話て頂いたところ、驚くほど皆さん良く話愉しカラオケなんかそっちのけ。歌っていた頃より明るく楽しいい雰囲気になった。「この会はいいじゃない」なんて、カラオケやらなくてもお喋りだけの方が却って良かったみたい。皆さんそれぞれ本当に明るく楽しく2時間を過ごした。
もっともトラブルはあった。会館の鍵を何処に置いたか分からなくなり、止むを得ず副会長の予備鍵を受け取りに伺った。ここでまた、副会長も私に渡すために出しておいた鍵を何処に置いたか忘れて右往左往。結局また更にもう一つの予備鍵を取り出して貸して頂くことになった。・・・イヤ、もう全員ボケてしまった。
笑えぬ冗談が沢山あって面白い日になった。
夜には患者さんと最近の病状について約一時間電話した。解決の道なき私達の病気はいつも諦め話で終わることになる。

眼はあまり変わらずに推移した。

眼の状態 0+


5月24日(火)BTX33日
今日も天候に恵まれて、友人3人と市の中央に集まり懇談会と飲み会を開催した。
熱心に独居老人問題について議論したあとは飲み会を行い、納得するため2次会も行った。帰宅すると家内は若干期限が悪く「晩御飯はいるんですか?」という。マアご飯と味噌汁で済ませた。最近は楽しい日が続いており嬉しい限りだ。

晴天だが、屋内で過ごす時間が多くて眩しさはなく済んだ。他の症状も弱い。

眼の状態 0+


5月23日(月)BTX32日
中学、高校時代の友人3名が三浦半島まで来てくれた。皆、心配された健康も回復して思ったより遥かに大きな声で会話が弾んだ。
三浦半島東南部に位置する江奈湾で地元では人気のあるレストラン。新鮮で美味しくリーズナブル。空と海が広々と一体になった穏やかな風景は、我々にピッタリであった。ノンビリ、ゆったりと嘘みたいな時間が過ごせて皆満足。素晴らしい日になった。

明るく晴れた青空の下で眩しさや軽いショボショボ感はあるが殆ど忘れてしまった。

眼の状態 0+


5月22日(日)BTX31日
気温があがってきた。中途半端になっていた衣服の交代時期で、この半月は夏冬を一部屋に拡げっ放しにしていた。やっと下着から入れ替え整理を始めた。毎回、面倒くさいのでついつい日数をついやしてしまう。
合唱の練習は先生の熱心さと私の熱意が相まって、充実した時間になって楽しみになった。コンサートや曲の剪定も始まり気合いも入る。

ネットでAUからJCOMに切替えたら、その面倒くさい手続きと理解不能で困惑しているがどうにか終わった。なにも変えないで済ませたい。

眼はほぼほぼ良い。

眼の状態 0+


5月21日(土)BTX30日
曇るが雨は左程気にならない程度。JCOMの営業にうまく乗せられて、ネットの送信速度160から320MBにした。AUのスマホも全てJCOMに切替て、月に5000円安くなると言う。見たくもないテレビも沢山見られる、番組予約や録画も3時間出来るという。5000円に負けて色々のサービスが受けられるのは良いが、分かりやすく扱えるようにしてくれないか・・・・高齢者はもっと積極的に利用すべきと言うが、第一にやることは分かり易く、取っ付き易くすることだ。高レベル技術は分かり易く技術を進歩させてからにして貰いたい。

天候は薄暗く、室内でノンビリ、ゆったりと過ごしていたので眼はマアマア良かった。

眼の状態 0+


5月20日(金)BTX4週
定例の写真の発表と勉強会に参加。コロナ明けで顔を合わせて元気に発表と議論が行われ良かった。特にリーダーが積極的に自分の意見やノウハウを教えてくれるので大いに助かっている。会員が減っていたが雰囲気が明るくなっている。
その中の友人が透析をしていたのが、坂道を降りたところで大ケガをした。顔面制動で右手首を複雑骨折して日常生活もままならない・・・・そんな情報で帰りに自宅を訪問した。ビックリ所ではない、急なハイキングコースの山道に石造りの粗末な階段が75段ある。上にあがれば普通の家だが、独身で身近な親戚もなく住んでいた。ご近所の評判が良い方なので、親切のしてくれて助かっている。
兎に角、山の下に引っ越すことに決めたものの前途多難を思うと溜息がでる。

昨夜は写真の仕上げに集中して若干眼調不良になった。でも症状は軽く、何かに集中していれば忘れてしまう。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
温泉旅行に友人と行った2日間は凄く良かった。眼について違和感は全くなかった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱い。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:弱いが継続。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



5月19日(木)BTX28日
タップリ温泉につかり、気分爽快の一泊を過ごせた。折角だからとタクシーを使い一夜城(石垣山)を散策した。見下ろす小田原城どうして見えなかったが、城の石垣と痕跡を利用した開けた公園になっており、海まで展望のきく良い場所である。
登ったり降りたり不整地もあって2時間あまりの運動にもなった。
帰りはタクシーで小田原の街で昼食、小宴会と買い物をして解散した。
兎に角、精神的に物凄く良く、楽しく愉快に過ごせた最高の旅行になった。

今日も又、眼の事は忘れてしまった。終日、違和感なく過ごせた。画期的な一日となった。

眼の状態 +1


5月18日(水)BTX27日
ルンルン気分で温泉旅行に出掛けた。温泉ばかりでは運動不足と箱根湯本の早雲寺を訪れた。坂道が多く我々にはきつかったが、体力の個人差が大きく一人で出るのは難しい者から、ただ遅いだけの者とあった。でも、楽しく過ごせる余裕が会ったのが嬉しい。温泉、食事、お酒、楽しい会話で過ごせた。

眼の事は忘れてしまった。終日、違和感なく過ごせた。画期的な一日となった。

眼の状態 +1


5月17日(火)BTX26日
今日もまた大失敗した。午前中の歌の練習は予定通りに行い、順調に歌った。その後もう一つの歌の練習にも参加する所があった。行ったら会場は定休日になっていた。またも思い違いだ。本当に困ったおっちょこちょいだ。
明日から学生時代の友人と一泊で箱根湯本の温泉に行く。何年ぶりになったか、楽しみだ。幾ら何でも間違いない。

眼はほゞよろしい。

眼の状態 0+


5月16日(月)BTX25日
朝からシッカリと雨が降り、終日続いてしまった。これで老人会の公園清掃は延期となり次の木曜日になる。私は清掃責任者だけれど、友人と近くの温泉一泊旅行に予定がある。アチコチとお願いして替わって頂きホッとして感謝である。
明日の歌の練習を行った。その中にユーミンの「春よ来い」と中島みゆきの「時代」がある。両方好きだ、秋の発表会では人生の応援歌のように思える「時代」に決めようかな・・・・

最近のニュースはウクライナ情勢が大きい。たった一人の独裁者に世界が振り回されること、君主に頼ってささやかに生きられれば場良い位しか考えずにいるのだろうか?独裁者にとっては、願ってもない有難い国民だ。独裁は考え方が排他的になる、考え方も狭く偏りがちになる。おおくの議論には耐えられないから、武力でねじ伏せる。どのみち独裁は行き詰まる。この考えは一般の民間会社でも見られる。超一流会社でも、何でこんな不祥事が起きるのかと思うかもしれない。都合の悪い事は極力知らせずに置いて、時間を稼ぎ裏で解決しようとする。一旦報道されると偉い方々が一斉に頭をさげる。・・・・何度みたか?ミニプーチンはどこの世界でもいるものだ。矢張り報道の自由が尊重される世界が良い。政治家が報道を規制始める時は、地獄に向かう暗い夜道に踏み込んでいると覚悟しなければ。

眼はまあ良し。

眼の状態 0+


5月15日(日)BTX24日
学生時代の友人が横浜そごうで写真展を開くと案内を貰っていた。なかなか調整できず、今日の最終日にやっと間に合う事ができた。もう一人友人が駆け付けたきた。この写真クラブは光と影をテーマにしているようで素晴らしい作品が並んでいた。
私も光と影を狙っているものの、自宅周辺が圧倒的に多い。写真旅行があるものの、独りよがりの狙い方が多くて団体撮影旅行ではご迷惑を掛けるので遠慮している。
しかし、素晴らしい作品は良い。まだまだ前途多難である。来年はまた個展を開こうと会場を予約した。どこまで出来るか?ただ、やって見るしかない。
帰りは観光船の出る気持ちの良い風に当たりながら、ささやかに生ビール2杯で乾杯した。

疲れが残った影響か、眼がまたショボツキ開きにくくなった。

眼の状態 0


5月14日(土)BTX23日
終日、雨降りで気温はほゞ20℃、湿度80%。鬱陶しい一日であるが、飛んでもない事を発見した。このブログの第51回目ボットクスの総括を作成していた時の事。期間を通しての平均値が誤っていることに気付きました。
成績の旧表示と現表示の数値の表し方が違います。
旧表示 +1は現表示で0、同様に0+は−0.2、0は―0.5、0―は―0.8、―1は―1と変更しておりました。従って現表示の平均値は旧表示に換算しないと、正確な評価ができません。
従って前の第50回目のボトックス総括も訂正致します。申し訳ございません、見直すまで非公開とさせて頂きます。
50回目の総括記事でも「眼は良くなっている印象」があったのに何故か平均値が悪い、と思っておりました。気付くのが遅くなって残念です。


こんな事で終日ゴタゴタしてしまいました。でも眼は大丈夫。

眼の状態 0+


5月13日(金)BTX3週
終日、雨降りで気温はほゞ20℃、湿度80%。鬱陶しい一日であるが、飛んでもない事を発見した。このブログの第51回目ボットクスの総括を作成していた時の事。期間を通しての平均値が誤っていることに気付きました。
成績の旧表示と現表示の数値の表し方が違います。
旧表示 +1は現表示で0、同様に0+は−0.2、0は―0.5、0―は―0.8、―1は―1と変更しておりました。従って現表示の平均値は旧表示に換算しないと、正確な評価ができません。
従って前の第50回目のボトックス総括も訂正致します。申し訳ございません、見直すまで非公開とさせて頂きます。
50回目の総括記事でも「眼は良くなっている印象」があったのに何故か平均値が悪い、と思っておりました。気付くのが遅くなって残念です。

こんな事で終日ゴタゴタしてしまいました。でも眼は大丈夫。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
2日だけ眼が悪くなったが、取り戻している。10日(火)に写真の編集仕上げに相当目を使ったのが原因だろう。全体に「マア、マアの良い状態」であった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱いが間欠的に継続している。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:程度が強くなった。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。


5月12日(木)BTX21日
時々雨が降る日で涼しいより寒い日だった。脊椎管狭窄症で腰の痛みが強くなってきた。整形リハビリに行き温め、ウオーターベッドでマッサージし、椅子に腰かけ背骨を30kgで引っ張てきた。成果は明日にならないと分からない。
夜は小学校時代の友人とZOOM会議だ。結構、真面目なテーマで人間世界の問題について広く議論した。皆さん聞いていたらビックリするだろう、何と!!糞真面目な!!・・・と。でも面白い、、、、残念ながらこの年では犬の遠吠えに過ぎない。

パソコンを使う事が多く、まだ回復しない。

眼の状態 0


5月11日(水)BTX20日
晴れたが朝は涼しく9℃、むしろ寒い位だ。今日も写真の仕上げ作業をやったものの、眼が悪くなってしまった。ショボつくのと瞼が閉じる症状が強い。矢張り眼を使う写真の仕上げ作業が原因だろう。

こうなると気持ちが消極的になる、当然行動力も立ち上がりが悪い。「やらなきゃ」、「ウーン面当だな」、「やらないわけにも行かない」、「もチョット、休んでから」、「そうだな、どれからやるかな」、「サッサとやれよ」・・・・てな具合でグズグズ症状と長い時間付き合ってから「ヤッコラさ」と思い腰をあげる。誰も私を催促したり、咎める人はいない。全て自己責任も厄介な側面がある。

眼の状態 0


5月10日(火)BTX19日
朝から老人会の年会費徴収に駆け回った。案外、皆さん在宅ですんなり受け取る事ができた。
溜まった写真を整理し、編集仕上げに集中した。FACEBOOKへもご無沙汰で気になる。

終日続けたので眼の疲労は感じるものの、特に問題はない

眼の状態 0


5月9日(月)BTX18日
傘を差さずに近所のスーパーにゆける程の雨であった。一方昨日、結構歩いたのが少し響いたらしい。何となく体調が冴えなかった。コロナが少し沈静化したので、老人会も積極的活動をやろうと、話しあいは盛んになった。肢体障害者向けのフライイングディスクも採用するかどうか、ひとまず実際のゲームを見学する事になった。またカラオケも再開の準備も始めることにした。
何かやりだすと、細かいことがアレコレと出て忙しくなる。休息し退化した頭脳は対応できるか?身体も動けるか?まあ、やって見ての事になる。

ウクライナの騒動って?! 一体何だ?個人で例えるなら、町内に反社会組織が済みついて自分勝手に振る舞って他人の被害なんかどうでも良い・・・そんな話だ。こんな国家に良く国民は安住しているのだろう。お国のやる事を頼り安心している閉鎖的な国民の性格がこんな結果を引き起こすのだろう。日本の憲法は「国民の安全と自由を保証」している。隙あらば他国を侵略する国ではない。

眼は少し心許ない。でも未だ普通に歩ける。

眼の状態 0+



5月8日(日)BTX17日
定例の歌の練習は良かった。第一に思い切って声がだせたこと、第2には合唱らしく歌えるようになった事。矢張り、オペラ歌手として歌うだけの先生で発声も歌の解釈も説明されるので充実感を得られる。
連休の最後とあってヴェルニー公園も観光船も大賑わい、この位横須賀に人が来てくれれば良いのだが。
午後は公園でトンビにサンドイッチを奪われた後にヨガに参加した。
不思議なもので、翌日から身体が楽に、気持ち良くなる。出来るなら月に2回出来ればいいのだが・・・・先生はその意志がなさそうだ。

眼は今日もほぼ良し。

眼の状態 0+



5月7日(土)BTX16日
明日の歌の練習を迎え、かなり頑張った。何とかしてシッカリ声をだして歌おうと思っている。
庭には枇杷の木があって空高くそびえてしまった。お隣さんの桧葉と張り合って、お互いに日陰を作っている。思い切って脚立を引き出して、ロープで固定し自分自身も落下防止のロープで確保しながら作業をした。なかなか安全な姿勢を維持するのが難しく時間ばかり過ぎてしまった。
老人会がやっと活動を始めることになり、新年度の会費徴収を始めるので領収証の作成を行った。面倒で手数がかかるので、やりたくはないがやむを得ず。

眼は今日もほぼ良し。

眼の状態 0+


5月6日(金)BTX2週
最近、咳がコンコン、鼻水、クシャミが起きる。葛根湯やクシャミ3錠を使うがかえって喉や鼻が乾燥してしまい、これまた困る。どうも花粉症ではないように思う。私は畳の部屋で寝ており、朝晩布団の上げ下ろしをしている。昔と違って毎朝箒とハタキを使わずに掃除機を使っている。それで、毎日ではなく一周間から10日位はやらないので、綿埃が部屋の隅々でフワフワと溜まっている。床から30cmの高さはには細かい塵が沈殿していると言われる。これが寝ている間に吸い続けていることをは恐ろしい。そう思って今日は徹底的に掃除機を隅々まで、或いは家具等の配置替えまでして溜まった埃を除いた。掃除のやり方で変るかどうか?
夕方にはプロバイダーが来て、テレビ、インターネット、スマホ等を電気の使用量を含めて説明し契約更改をしてしまった。電気の支払いにはメリットがなく変更はしなかった。しかし幾ら説明されても、自分の知識外の話は信用することになってしまう。もう一度検討しようかと思う。

眼は昨日同様ほぼ良い。

眼の状態 0+


1週間毎のチェック
一日だけ眼が悪くなったが、取り戻している。この1週も「まあまあの状態」を続けられている。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱いが間欠的に継続している。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:程度が強くなった。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:億劫なる。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さが続いている。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている
。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。


5月5日(木)BTX14日
先月は日曜日が練習の歌う会に向けて、かなり気合いを入れて練習をした。午前も午後も3曲ずつ2回歌った。男の先生で大きな声が出せる教え方なので、気合いが入った。自分なりにも近所迷惑も憚らず大きな声を出している。私の書斎は隣家に面しているものの、別荘みたいに使っているらしく人気が無いので心配はない。
しかし、遠いい方の隣家の犬がワンワン吠えまくる。私は別に気にならないが、このワン公のご主人が気を利かして、室内に入れたけれど未だ吠えている。飼っているお宅も大変だろう。
庭仕事も相変わらず忙しいが、今日は松のみどり摘みを行った、新年早々剪定ともみ上げをやっていたので楽に一日仕事で済んでしまった。


眼はまた回復した。

眼の状態 0+


5月4日(水)BTX13日
晴天ではあるが女房の肋間神経痛はよくならない。自然に造園業をやったり、雑草刈りをすることになった。自主的活動としてトイレットペーパーを4包と女房向けアイスリムを買ったけれど、嵩張って買い物車に乗り切れない。一包当たり6ロールあるからチト欲張り過ぎた。返品も煩わしいと、サービス向けの薄い無料袋で縄をこしらえて車に括り付けてぶら下げた。バランスが悪くてひっくり返りそうなのを、何んとか持ちこたえ帰った。女房は「今はコンパクトになった商品がある」と言う。でも私のサービス精神は認めたようだ。

眼は何だか分からないが、ショボショボで力なく物を見るような感じで過ごした。

眼の状態 0


5月3日(火)憲法記念日 BTX12日
先生の熱心さで連休中の歌の稽古となった。夏は来ぬ、春よ来い、時代、花は咲く、菩提樹、春の日の花と輝くと計6曲を熱心に歌った。帰りは海上自衛隊基地に隣接するヴェルニー公園を散策して昼の弁当を食べた。素晴らしく青空の高い日で快適そのもの。ドット人が出てきてあちらも、こちらも混雑していた。軍港めぐりの観光船も心配するほど満員。ウクライナの騒乱もあって自衛隊にも関心が高まった気がする。ここへ来るとイージス艦、潜水艦、空母があり今日は機雷除去専門船もあった。日本の護衛艦隊司令官のいる所であり、ロシアに劇的に勝利した日本海海戦の旗艦三笠が護岸に永久固定されておりその舳先は皇居に向かっている。

皆さんも憲法を呼んで頂きたい、たった100頁程度だ。そして考えて頂きたい。9条だけではない、全部読んでほしい。

眼は程々の良い状態を続けている。

眼の状態 0+


5月2日(月)BTX11日
昨日の愉快な飲み会のお蔭で、若干軽い二日酔いとなった。そんな中、老人会の今月カレンダーの配布をすることになった。役員の方も連休にこんな仕事でご苦労様。月が変ってからの配布になったのは、初めてだ。私もボケていて、カレンダーと一緒に配れば良かったバス旅行案内を忘れてしまい2回も歩き回って配布をすることになった。終日在宅の予定が、お蔭で良い運動になってしまった。神様の采配に感謝いたします。
雨も降らず雑草除去に専念できて、本当に良い日だった?!

眼については弱いがショボショボ感と眼の奥の緊張感を感じている。

眼の状態 0+



5月1日(日)BTX10日
今年のゴールデンウイークは本当に珍しい位、天候が悪い。季節の変わり目なんてなくなってしまった感がある。そうはいうものの、花は例年より綺麗で鮮やかに思う。今年の農作物はどうなるだろう、心配になる。
今日は「ほろ酔いクラブ」で久し振りの飲み会となった。仕事やケガ病気で参加できない方もあったが5人揃って張り切って飲み話愉快な時間を過ごせた。私達が続くのは、リタイアしたら皆平等の価値観などがあるからだ。厭らしい自慢話や業績をほこっても何か不自然さ、わざとらしさ、上から目線の管理職思考を忘れて話し合えるからだろう。

眼はまあ良い状態を続けている。

眼の状態 0+


4月30日(土)BTX9日
ゴールデンウイークらしく晴天になった。昨日の墓参りに行く事自体は何でもない事だが、遠距離なので疲れてしまった。何となく身体の動きが鈍い。
それでも植物の成長が著しい毎日なので、手入れに没頭する。庭の姿も少しは変えようと庭石の配置も入れ替えているが、脊椎管狭窄症が心配で思い切って力が入れられないし、また右手指は腱鞘炎で痛い。やっている事は好きで面白いが思うようにはならない。
ロシアのプーチン大統領はまるで反社会的勢力の組長みたいだ。独裁に頼る国にはこういう人物が期待され出て来るものだろう。自分の考え一つが全て、他の人々の考えなんかは顧みる余地がない。独裁を維持するにはどうしても武力が必要になる。
国民に武力を使う軍隊であり、警察になる。自分を正当化するためには嘘を使う。
民主主義国家でさえ、上手に嘘を使い、正確な報道を嫌うことは全然珍しくない。
しかしいずれ破綻するが、その犠牲は恐ろしい。ぼんやりしていて、後で後悔しても間に合わない、大きな犠牲を自分に課すことになる。
独裁は思考が狭く、広く考える力に欠けるから間違いは大きく拡がってゆく。

眼はまあ良い状態を続けている。

眼の状態 0+


4月29日(金)昭和の日 BTX1週
曇りから予報通りしっかり雨が降った。昭和天皇の頃から晴天特異日としてされ、期待したものだが、今日は連休始まりと共に雨に見舞われることになった。姉と遠い親戚の墓参りに出掛けた。横須賀からは電車を乗り継ぎ埼玉県の生越町で、梅林で有名だ。また割と近くにハイキングコース正丸峠がある所だ。小さな丘を整備した綺麗な墓地だ。家族でゆっくり時を過ごせそうな雰囲気があって、眠る従兄弟はしあわせだろう。ただ、雨は本降りになり寒くなってしまった。やらなければと思いながら、先延ばしにしていたので、気持ちの整理が出来て本当に良かった。

今日も眼はまあまあの状態。長く続いて欲しい。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
眼調は持ち直して、BTX注射後の一週間としては「まあまあの状態」を続けられたのは画期的と思う。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。眼科医から残りのムコスタとジクアスの点眼液を使い切ってから一般市販の目薬に替える位、良くなっている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:弱いが間欠的に継続している。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:程度が強くなった。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が少なく弱い。
〇精神状態:億劫なる。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さが続いている。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化継続している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている
。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。




4月28日(木)BTX7日
いつ雨が降るか分からない天候。フライングディスクの練習会に参加してきたが、暫く休んでしまった。その結果何時より、更に酷い結果になってしまった。その中で遠投競技では19mまで伸ばす事が出来た。従来は12〜14mで恥ずかしい位で女性だってもっと飛ばしている。コツは投げ出す直前はディスクを縦てることだった。もっとも個人差はあるが。
他には何処へ行くことも無く自宅で過ごしていた。

眼はまあまあ良い。まだBTXの効果も感じない。

眼の状態 0+


4月27日(水)BTX6日
何んとか雨が降らないで済んだ。私は年一回の眼底検査へ家内は肋間神経痛とやらでペインクリニックに行った。
私の検査結果は上々であった。特に治療を要するものはなく、白内障はあるが細かい文字は眼鏡で調整する程度、眼底も問題になるところはない、視野も大丈夫とあって有難い結果になった。眼瞼痙攣によるドライアイも医師の処方は不要になったし嬉しい。眼瞼痙攣でドライアイの処方を受けて20年になるが、市販目薬で済むことになったのは始めてだ。

眼底検査で瞳孔を拡げたので4時間経ってもまだ眩しい。それでも他の瞼を閉じる力もへり、ほぼ良い状態が続いた。

眼の状態 0+


4月26日(火)BTX5日
朝から強い雨と風になってしまった。パソンコンのセキュリティソフトの支払い請求に不明点があるので、市の消費生活センターに2回目の相談に出掛けた。参った、担当者が交代勤務でお休み。雨の中を折角出てきたからと、 飲み屋を探したり百円ショップによったりと精力的に歩き回ってきた。
一昨日に続き5月1日のソレイユの丘行きをどうするか、打ち合わせた結果は「いつものように、市内の飲み屋で一杯やる事」に決着した。期待が大きかったのに、マア仕方が無いか。

薄暗い一日で湿度も高く、眼には良い天候となった。ただ、症状はそんなに変わらず。

眼の状態 0+


4月25日(月)BTX4日
家内は地元の総合病院へ私は整形外科のリハビリと久し振りの眼科チェックに出掛けた。
眼科では画期的な診断が出た。実はBTX50回と51回の効果が何となく良かったので、半年ぶりの訪問になっていた。49回目はあまりにも酷くてドライアイの目薬のムコスタを規定以上に使い過ぎて注意を受けてムコスタとジクアスの併用を行っていた。ところがその後はかえって何んとない良い状態に変り、目薬の使用量が減っていた。今日出かかけるときに調べたら、まだ1ヵ月分残っていた。
先生は暫く眼を調べてから「ドラアイアイの症状は軽くなっています。もう特別な処方は要りませんね!市販の点眼液ソフトサンティア一日6回〜1時間毎に使って下さい」との事になった。もっとも、保険適用から外れるからかえって高くつくが。

眼の状態 0+


4月24日(日)BTX3日
今日もソレイユの丘へ行くことでラインは盛り上がっていた。バーベキューだ、浜焼きがいい、その近くに大きな店が増えて良いんじゃないか、飲み食いだけは三浦海岸の方が良い、いやいや飲み食いだけは市の中央は店が多くて良いと、、、、いつ果てる事なく意見続出。そのうち、ソレイユの丘の情報通から「連休中はバスも混む、渋滞が激しい、お店なんか待たされて食べられない」と連絡がきた。忘年会以来全員が揃わずに不満が溜まって、皆が5月1日を目指していた。困った、、、、。
一方庭仕事も玄関まわりの雑草除去と芽が沢山伸びて来た芍薬の剪定を行った。

眼はまあ良い状態で推移した。アレッと思ったのは瞼に涙が滲む感覚が出たことだ。経験上BTXが効きだす前兆で早すぎる気がした。

眼の状態 0+


4月23日(土)BTX2日
今回BTX記事を新に起こした。写真は足立美術館のあまり目立たない狭い庭園で手前の竹と茶色の砂地、後方の小さな滝である。眼玉の広大な枯山水庭園とは違って、ひっそりした味わいを感じている。自分が庭の手入れに苦労している分、これだけでも一年中どんなに手入れ作業を要するかが分かる。
一方、私も自分の庭の工事と雑草除去に奮闘したり、連休を利用し「ほろ酔いクラブ」で地元の「ソレイユの丘」に行く相談を進めている。全9名、男5名、女4名、私含め男2名が所帯持ち、他は高齢のお一人様。皆気楽に話し合える愉快なクラブになった。どんな店、どんな料理・・・各々意見が纏まらないのが面白い。他愛ないがこれで会話が盛り上がるのも良いもんだ。

BTXの効果が出るのは早すぎるが、今日はチョイと良い。瞼がギューギュー締まる力が弱くなった。

眼の状態 0+



4月22日(金)ボトックス初日
明日の歌の練習のために、おさらい練習とサンタ・ルチアの練習もした。皆で一区切りずつソロで歌うという。慣れないイタリア語の発声練習を繰り返すと、出来ないところが決まってきたので、ここを集中練習した。ところが不思議なもので、同じ所を何遍も繰り返して間違えてしまう。歌に留まらず、色々な時、所、場でも良く経験することだ。高校時代に英語の単純な慣用句を覚える事に馬鹿みたいに苦労した事が思い出される。私は覚えるのが下手なのだ。
ところが日常の会話になると、意外に喋り出したり記憶やアイディアが次々と出て来る。案外良く喋る男と誤解される。誤解の一番の記憶は国語の授業で先生と冗談交じりの会話をしたときに、先生が笑い出して入れ歯が外れてしまった事。・・・後から友人が教えてくれた。

第52回ボトックス注射は13ヵ所、50単位になった。3.3単位/1ヵ所。先生も大部経験を経て、注射が手早くなった。もう私のデーターやグラフも必要無くなったのだろう。顔の痙攣部分を狙っているようだ。これは私の感覚と食い違いがある。注射ヵ所は痙攣を起こす起因ヵ所にするべきと思う。これは微妙な違いで、私しか分からない範疇になる。例えば額の縦皺は表面に見えるが、その起因は眼輪筋の収縮力の強さである。説明しても先生に理解されるだろうか?難しそうだ。
毎回ビデ記録を残しているので、研究や診察の判断材料にしているのだろう。
痛み止めの麻酔は非常に良く効いている。私の経験では随一だ。


眼はショボショボと乾燥が強く、瞼の収縮力がギューギューと強く完結的におきている。

眼の状態 0
1週間毎のチェック
眼調は不良で下降線を辿っている。
〇ドライアイ:ショボショボ感は強い。ムコスタとジクアスの点眼液を気休めの症状緩和にしている。使用頻度が増えた。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇瞼を閉じる力:間欠的に継続している。ギューツ、ギューツと締まる。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:程度が強くなった。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:億劫なる。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さが出てきた。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている
。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。
第51回ボトックス日記 [2022年01月25日(Tue)]
第51回ボトックス日記


DSCN4895 a.JPG



4月21日(木)BTX91日
朝起きて来た女房が、何か元気がない。神経痛だと言う。不規則にお腹の辺りに痛みが走って、顔をしかめているから「何にもしないで寝ていろよ、買い物はやるし自分で好き勝手に食事も済ませる」と言って寝かせ終日そのままになった。
明日は52回目のボトックス注射なので、データーを整理したら日付に関連して間違いだらけになっている事に気付いた。それでブログを訂正しながら51回目のデーターとグラフを作ったら、まる一日かかってしまった。
夜には溜まった写真を整理しファイルすると、眼の負担が更に大きくなった。

結局は眼の症状悪化はそれ程進まず良かった。

眼の状態 0


4月20日(水)BTX90日
連日天気が冴えない。結構、雨が降るので出掛ける気にもならない。旅行もあって写真も溜まったので整理を始めた。沢山あるなか勉強会に出す作品を探すのは時間が掛る。偉い方はこの振り分け作業が飛んでもなく早い。私も以前は早かったが、良く探すと画面の一部に良い所があって丹念に見ている。
最近はウクライナの悲惨な戦況を見るのが厭になった。プーチンのような精神異常者が独裁大統領として君臨すると、他国も自国もただ、自分の思いだけに動かそうとする。選挙で当選しているから、従わざるを得ない。ろくに考えもせずに選ぶ国民にも問題がある。独裁プーチンの恐ろしさに何も言えない国民、私は日本で良かった。
ただ、独裁政治家は初めは穏やかな姿を見せて、優位に立つと恐ろしい位権力を使う。ぼんやりしていると、何時の間にか 見ざる、聞かざる、言わざる 状態に追い込まれてからハッと気付くのでは遅い。

薄暗い天候で比較的大人しく過ごせたのが良かったか?
眼は戻って来た。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


4月19日(火)BTX89日
歌の練習日で「坂本さんお元気ですか?大丈夫ですか?」と聞かれてビックリした。自分では疲れや眠さが気になっていたが、先生から心配されるとは以外だった。昨夜のお祝いが疲れに切り替わったのかな?・・・・ちょっと考えてしまった。
会員は皆年寄りばかり、健康上で何もない人なんか一人もいない。
いつものようにドタバタと歌って終わった。先生は皆さん良くなっていますよと、激励してくれるがとてもそんなレベルではないだろう。
いつものようにヴェルニー公園で食事してから、市の消費生活センターで「ネット上の支払い問題」について中間報告と意見交換を行った。ここは高齢者にとって本当に助かる信頼の出来る所だ。丁寧にしっかり話し合うことが可能な公的機関である。

帰宅後は相変わらず、ボンヤリ、眠く、過ごした。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


4月18日(月)BTX88日
結婚50周年のお祝いで、式場からご無料招待を頂いて都内に出掛けた。こんな事があるのか私達も驚いていた。式場建物はリニューアルされて素敵だ、周囲のビルも全て立派に建て替えられており、まさに隔世の感があった。変らぬものは皇居だけ。派手派手に親戚、友人達を招くような事はしたくなかった、眺望の良いゆったりと静かな雰囲気での食事とスタッフの心遣いも本当に良い記念となった。この式場をお礼に名前を公開しようかとも思ったけれど、露骨に商売心を見せるのもどうかと思い推測可能の範囲に留めた。

食事とお酒で夕方からは眼の症状を一時的に忘れることができた。終日トータルでは矢張りかなり悪いことは同じであった。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


4月17日(日)BTX87日
明日は歌の勉強会とあって、練習を行うが気持ちが乗らない。兎に角、怠け心が一杯で集中力がない。だらだらやってテレビをぼんやり見て、まただらだら歌う・・・これを繰り返し、時には庭に出て雑草とりを行う。終日、こんな事を繰り返して過ごした。

瞼がギュウ―ギュウ―と閉じる症状の苦しさに、ほぼ終日ボンヤリと思考能力を失って過ごした。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


4月16日(土)BTX86日
OB総会に出るため、今日も床屋に行くと未だ休んでいた。もう待てないので近くの1100円床屋で間に合わせた。もう一つ、都内の高名なレストランだから普段被っているキャップでは見っともない、女房と一緒に一駅行き協議の上紺色のハットを買った。田舎者だからこれが似合うかどうかは分からない、気休めに過ぎないかも。
会場に行くと、一人の友人は電車の乗換で手間取ったり上野駅を降りてから5分で着きそうな場所を間違えて1時間ウロウロして遅刻してきた。
会場に集まったのは50名に至らず47名。でも参加しただけの明るさと元気があり懐かしいバンド演奏と歌は大いに盛り上げてくれた。来てよかった。

一方眼は悪く、それでも一人で都内の会場まで来られたことは良かった。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


4月15日(金)BTX85日
明日は学生時代のOB総会なので、身だしなみを整うべく床屋に行ったら臨時休業。4、5人いた店員がいなくなり、コロナ禍の影響だろう女性店主が一人でやっていた。朝10時から夕方5時まで休みなしで働いていたから、大丈夫?とは思っていた。また再開してくれれば良いのだが。
脊椎管狭窄症で整形外科に久し振りでリハビリをしたら、診察を勧められた。先生は幾つか動きをチェックして、「問題ないな、リハビリは週一回程度やって下さい」と言う、あまり逆らうのもどうかと思い「何ともないので、忘れちゃうんです」と控えめに応えると「続けるのが大切だ」と仰る。自分なりにリハビリ体操をしているだから、必要ないと思っている。

眼の症状は昨日と同様で、気分が鬱陶しく何もやる気が起きない。何となく疲れて居眠りしたり、テレビを見たりとなった。自分でも厭になる、長く続けば鬱になる。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)



4月14日(木)BTX12週
今月からフライングディスクの参加を月2回に減らすことにした。コロナの解除で世の中が活発に動き出し、私も忙しくなりそうなので・・・。一ヶ月も練習会はお休みだったので、腕は一挙に元へ戻ってしまった。
自分の体力に応じて日常の生活スタイルを大人しく控え目にしないと、いつも疲れが残り、これが眠さを引き起こすのではないかと思うようになった。

ボトックスの効果切れと疲れが、重なって症状が悪化しているようだ。外出時に瞼が不規則に、また完結的に瞼がギューギューっと締めるように閉じる。歩行にはつまずき易く、かなり危険な状態になった。立ち止まらず歩けるだけが救いで、一旦休止せざるを得なくなったら、最悪レベルになってしまう。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

1週間毎のチェック
かなり良い状態を維持出来ている。
〇ドライアイ:ショボショボ感は強い。ムコスタとジクアスの点眼液を気休めの症状緩和にしている。使用頻度が増えた。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:程度が強くなった。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。毛躓き、下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が数分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:億劫なる。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さが出てきた。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:全般に悪化している。パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている
。朝夕にクシャミと鼻水が出る、これが喉に流れて歌に影響する。



4月13日(水)BTX83日
好天に恵まれて終日造園業を行った。進行中の作業は芝と樹木の境に石を並べ縁取りをするものだ。この境に塩ビの波板を深く埋めて、竹やドクダミ等の侵入防ぐ狙いがある。土を掘り起こして溝を作り、不要な木の根、雑草、石ころを選別しながらやっている。足元がヨタヨタするするから、なかなかの重労働になる。30分やったら30分休む、一時間やったら一時間半は休む・・・・こんな事でなかなか捗らない。最近はテレビの番組に「ポツンと一軒家」がありなかなか楽しい。山奥で農業や林業を高齢でも頑張り続ける姿は、私が続ける際の発奮材料になる。自然と関わることがすきなのだ。

ボトックス注射の時期も近づいてきたが、まだまあまあの状態を保っていられるので、随分助かる。

眼の状態 0+


4月12日(火)BTX82日
庭の手入れが滞っているのが気になるが、旅行疲れも残っている。女房から「元気だね」と言われる。確かに周囲の方々と較べて身体の動きは良さそうだ、でも頭脳の衰えは平均値だ。15日に第52回ボトックスの注射の予約を行った。前回も今回も眼の状態は病気の割に良かった。目薬を忘れることさえ度々あった位である。
病気慣れしているから、忘れることもある。健常者と較べると症状は苦しい。

眼の状態 0+


4月11日(月)BTX81日
何と言っても素晴らしい晴天に感激。女房を引っ張り出して市の菖蒲園に出掛けてみた。時節柄、菖蒲の花はまだまだで苗が綺麗に敷地一杯整列されて準備万端の状態であった。5月からとポスターが貼ってあった。
今は山側のシャクナゲが満開で赤とピンクで華やか、平地では水車小屋周辺の黄色い菜の花が良いバランスで咲き揃っていた。
ここは藤の花も見事だが、これももう一息で例年はシャクナゲ、藤の花、菖蒲と順に咲いて多くの人が集まってくる。
十分に風景を堪能してから市の中央に出て昼夜兼用の食事をとって帰宅に向かった。
まだ、先週の旅行の雰囲気が残っている。

眼も良かった。

眼の状態 0+


4月10日(日)BTX81日
矢張り旅行ボケらしい。合唱の練習日を忘れて遅い朝食をとっていると、練習に来られますか?と厳しいお問い合わせがきた。今更、間に合わないと申し訳なくご返事をした。大体、2週連続で練習なんて過去に無かったので油断した。
のんびり旅行でも、疲れが出て女房と終日ぼんやり過ごした。

眼は今日も良かった。

眼の状態 0+


4月9日(土)BTX80日
もう帰りの日になった。出発早々、忘れた上着を部屋に取りに帰った。一波乱なければ良いがと一抹の不安を抱えてまたも松江の街に戻った。立派な庁舎や県立の大病院もあり、松江城他の観光地があって横須賀とは比較にならない立派な観光都市である。横須賀と言えば米軍基地と海上自衛隊で何となく侘しい地方都市で観光は後回しの街にしか見えない。
さて観光船で宍道湖を1時間程周遊して、喉かな時間を過ごし松江城に向かった。お城を登るのは目と足が覚束ないので、手摺を頼りに登ると素晴らしい景色が待っていた。宍道湖、松江の街を見下ろし、桜吹雪が飛び交う様子は実に楽しい風景だ。
下に降りて今度は堀川の観光船に乗った。もともとお城のお堀の周遊だが、城壁ばかりでなく強い樹木で覆われ人が登れない密林状態が城壁代わりになっている。
だから、周遊していると緑豊かな風景が多く心を癒している。この街は第2次世界大戦で空襲を受けなかったので、古い街が残っているのも良い特徴になっている。
最後にここからバスで松江駅に向かう頃に事件が起きた。女房が待合室にバッグを忘れていたのだ、ご本人は私が気付くまで颯爽と歩いていた。大慌てでタクシーを使い乗った停留所に戻るとバッグはそのままベンチに残っていた。運転手さんは、松江では持ってゆく人が居ないから大丈夫と言った通りになった。

帰りの飛行機には問題なく搭乗できた。女房は地上が見えると喜んで熱心に外の景色に夢中になっていて。ついに富士山だと教えてくれる。富士山が左側に見えるので岐阜側から静岡にでるのだろうと話をしていると、CAさんが飛行ルート地上の景色をモニター画面で丁寧に教えてくれた。ついついこちらも横須賀に住んでいるから、家の上を通過するかも知れないと無駄話をするとCAさんも私は横浜ですから家が見えるかもと、、、、彼女も僅かな時間を割いてサービス精神を発揮してくれた。
何の問題もなく自宅にもどり、結婚後こんなにゆったり楽しく過ごせた記憶がない。
良い金婚旅行でした。

眼は今日も良かった。

眼の状態 0+


4月8日(金)BTX79日
今日は出雲大社に行き、帰りは宍道湖の北岸を一畑電車で回り松江に戻るコースにした。新婚旅行でも出雲大社に参拝したので、丁度良いお礼参りになった。
大社は表の木の鳥居から入ると広大な敷地に見事な桜の見ごろ。前回来た時は質素で静かにひっそりした雰囲気だったの、今の華やかで人出が多い情景に驚き、感激するばかり。巨大なしめ縄のある本殿で2礼4拍1礼を行い50年過ごせた事に感謝の意を表した。
帰りは木の鳥居を出た所で昼食はスタバにして簡単に済ませた。本来ならば、出雲蕎麦を食べるべきだが女房は何故かブツブツと呟きながらお土産探しに奔走していた。この50年ではあまり見かけない姿で、きっとこの地に来て良い心変わりが出来たのかもしれない。少し遅いが、変った事は評価出来る。
帰りは一畑電車で乗って見ると不思議な座席がある。外の景色が見やすいように座席が全て外側に一列に並んでいる。そこまでは理解するが、これでは山側の景色ばかり見ることになって肝心の湖とは逆向きだ。
出発するともう気になって仕方がない、とうとうお隣の方に尋ねてみた。
簡単なことで、一畑口駅で電車の進行方向を切り替えるとの事、箱根の登山鉄道がスイッチバックするのと同じ要領だ。・・・・でも平地で何でこんな事をするのか意図不明。晴天で喉かな湖面を見ながらゆったりと風景を楽しみながら松江についた。
JR松江までバスを乗り継ぎ、気動車でガタンガタンと横揺れ、加減速で首にショックを掛けられて筋肉を傷めそうな乗り心地に参った。
今日も温泉と地元料理に満足した。

のんびり旅行にリラックスして、今日も眼は良かった。

眼の状態 0+


4月7日(木)BTX11週
何の問題もなく飛行機に搭乗出来た。ただ、席が非常口なので前席背中にあるモニター画面がついていなかった。CAが気を使って広い座席を準備してくれたけれど、「真っ先に脱出できるから」とお断りしたものの申し訳ない気もした。降りる時にその座席が一ランク上だった事もわかり、チョット損したかな・・・なんて思った。

空港からバスで松江について、直ぐに観光案内に駆け込み足立美術館にゆく事に決めた。日本庭園は私の大好きな池もある一方枯山水も素敵でいつまでもここに居たいと思う位で新鮮な空気を一杯吸い込んだような気持ちになった。
絵画は横山大観他日本画の巨匠の作品、魯山人の陶芸に加え現代美術品も揃えた美術館であった。地元出身の創設者、故足立全康は良くもこれだけの物を残してくれた。ロシアのプーチンと対極的な人物だ。プーチンが後世に残すものは残虐非道な破壊を好み、科学は戦争に利用する干乾びた心の皇帝だろう。
さて玉造温泉に宿泊して気持ちの良い温泉につかり、地元料理と日本酒に酔い気分で一泊目を過ごした。

リラックスして、今日も眼は良かった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
かなり良い状態を維持出来ている。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。ムコスタとジクアスの点眼液を気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:のんびりした旅行のお蔭で安定している。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



4月6日(水)BTX76日
好天が続く予報の中で、今日から9日まで旅行に出る事にしました。私と家内の半世紀に渡る生活の区切りとしての金婚式を迎えるのが切っ掛けです。
本当は明朝に出発ですが、羽田から米子飛ぶのが早いので今夜は近いホテル泊りにしました。
なんとも気楽な出発で空港の離着を面白がって眺めてゆっくり眠る事ができました。

気楽さで眼は良い日でした。

眼の状態 0+


4月5日(火)BTX75日
やっと朝起きるのが億劫にならなくなった。いつもより早起きをして、歌の早朝練習をした。こちらの先生は歌の基礎練習講座みたいだ。生徒は高齢者ばかり、それでも昔はシッカリ合唱をやった方が多い。その中に私が楽譜も読めずに参加するので、高齢者の先生も苦労している。私はソロなら自分の責任だから気楽に歌うが、合唱となるとそうは行かない。音程もテンポもきちんと揃えないと合唱にならない、ソプラノの声は私の音程を邪魔するから、ハモるどころではない。幸い、最近はハモリ始めて来た。希望の囁きが聞こえてきたようだ。先生は気を使い、歌ってみせて、歌わせて、褒めてくれるので私もヤル気を起こし続けられる。

春たけなわ。いろいろな植物の花が、季節順なんかどこ吹く風で咲きまわる。桜は河津桜から始まり、そめい吉野、八重桜、山桜と咲き散り始めた。残るは緑色の花びらを付ける御衣黄桜のみだ。今日は帰りの山道でつつじが咲き出し、一部は散り始めていた。我が家ではジャーマンアイリスがすっかり咲き、純白の花びらを開かせる百合の太い芽が3本頭を出した。そう芍薬の芽も日に日に伸びている。

眼は今日もまあまあの状態を続けた。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


4月4日(月)BTX74日
朝から強い雨で老人会の公園清掃は取りやめ、木曜日に繰り延べとなった。一方、役員会は新旧の一年の活動報告と新年度の活動計画を纏めなければいけない。勿論この中に重要な裏付けとなる過去一年の決算報告並びに来年度の予算がある。監査報告もある。これがキッチリと出来て始めて世間に一人前に認められる。この一年はコロナ禍で殆ど活動が出来なかったが、それでもやった事や使った金は明解に公開出来る事が不可欠である。信頼を受けて存続出来るかどうかの分かれ目である。・・・・こんな事は社会人として当然だが、成人が18歳に引き下がる。皆さん大丈夫だろうか? 何しろ地方議員でも国会議員でも選挙投票率が極めて低い日本だ。考えられない位のお粗末な意識だ。お金に絡む不正はいつまで経っても無くならない。お金にからみたい議員も良くニュースにでる。国の法務大臣が臆面なく票を金で買う国だ。私達一般庶民はこの意識の低さを、馬鹿にされ利用されるばかりではないか。

昨日、悪化した眼がまた少し良くなった。きっとブログでこんな不満をグチグチを言ってストレスを開放したせいか? これは違う、時間経過が明らかに違う。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)



4月3日(日)BTX73日
合唱の練習日。自分なりに猛練習をして参加している。YOUTUBEでパーと練習と合唱が公開されているので、大変助かっている。でもパート練習は良くても、合唱になると同じところを繰り返し間違える。どう工夫したら良いか悩む、でもアーダ、コーダと考えながら練習するのも面白い。止めようと思う気持ちは全然起きない、特に根性とか努力とかそんな気持ちもない。お蔭で単調な老人生活も飽きることはない。私は余程お目出度い人間なんだろう。

午前中から厚い雲に覆われ午後はしっかり雨になった。
合唱練習を頑張ったのが悪くかったか? 眼はまた悪化してしまった。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


4月2日(土)BTX72日
徹底して急速に伸びる雑草駆除に格闘して過ごした。アッチもこっちも、あらゆる雑草の芽が出てくる。どこからこんなエネルギーを得るのか?発揮出来るのか毎年春になると感嘆せざるを得ない。近所の奥様が回覧を届けに来て、一頻り「公園みたいですね」、「うちの息子は植物の研究をしているのに、雑草取りはしないんです」とか「良くなさいますね、奥様お幸せですね」と所々にお褒めの言葉を散りばめてお話をされてからお帰りになった。お一人様だから、なにかと話がしかけるのだろう。

今日も天候が良く、穏やかで眼も良かった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


4月1日(金)BTX72日
横須賀に来てからの長い付き合いになった友人と久し振りの昼食飲み会を行った。学生時代からでもなく、職場でもなくゴルフが切っ掛け知り合ってから25年にもなった。彼は多病で幾つかのピンチを切り抜けてきた。この2,3年は会う度毎に会えて良かったと思い、かたや次の飲み会まで大丈夫かなと心配になる。場所も彼の家に近い焼き鳥、釜めしが得意な店にしている。お互いに限度はあるもののついつい飲み過ぎてしまう。安堵と楽しさゆっくり時間を過ごすことが出来た。

午前中は雨、午後は止んだものの雲っていた。眩しさも、乾燥も無くて目に良かったかもしれない。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月31日(木)BTX10週
女房が白内障手術のフォロー検査があって、写真撮影の後に合流して横須賀市の商店街で買い物に付き合った。身体障害者向けのタクシーチケットが残っていた分を使って自宅まで車に乗って帰ることが出来た。自分としては健康維持の為に、積極的に歩いているが、ペースメーカーを内臓している一級身体障害者だから利用するのが当たり前である。ただ、私は周囲から元気に見られているのでえ「何で障害者なんだ?」と言われることはある。

今日も眼はほぼ良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
ここ2,3日はー0.2レベルで停滞している。良く持ちこたえている。
〇ドライアイ:ショボショボ感を感じる。ムコスタとジクアスの点眼液で気休めの症状緩和にしている。そのせいであまり気にならないで済んでいる
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。時々ジンジンして頭が働かない。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。ウクライナの悲惨なニュースで悪くなる。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている




3月30日(水)BTX70日
今月のカード払いの利用代金明細書が郵便で届いた。突然、ト***ロ鰍ゥら5174円の請求額が出ていたので慌てた。カード会社に問い合わせると、詳細は請求した会社に直接聞いてくださいと電話番号を教えてくれた。ト***ロ鰍ヘ私と契約した形跡はないので、カード会社から利用紹介を****番号にて私共に改めて問い合わせして下さいとの回答。この間、電話が通じずどの位時間がかかった事か!この様子では私が両社の間をたらい回しされるかと思い、直ぐに横須賀市消費者生活センターに行き相談した。センターは直ぐに対応して、両社からヒアリングをしてからこの両会社は安全であるしこの手続きの結果を待って下さい、、、、との結果になった。公的機関が入っているので指導に従うことにした。でも請求額は一旦払って下さいとの事だ。契約の形跡もないのに何で払う必要があるのか、ひとくさり文句を言ってから了承した。どの程度まてば結論がでるか分からないから4月6日に一度ご返事しますとカード会社の答えであった。全く面倒くさい、うんざりである。

それでも鬱憤を晴らせたのか、眼は少々良くなった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月29日(火)BTX69日
お詫び
最近日付の間違いが多くなっております。大変申し訳ございません。

写真展の最終日で自分の作品を撤収するだけで、終わった。毎年、特に発表だけで表彰もなく静かな展覧会である。

眼は昨日同様。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


3月28日(月)BTX68
今日も友人が写真展に来てくれるので、会場に行った。私はも3回目になるので、殆ど話しっ放しで見て回り、本来の飲み屋へ直行した。
評判の良いお店で餃子とビール位で安く上げ、世間話にタップリ時間を割いて楽しんだ。最後はラーメンでまとめて本日は終了。

昨日と違って眼が悪化した。歩いているときに瞼がギュッーと繰り返し閉じるので
歩行時は注意を払うようになった。曇りがちになって眩しさはそれ程では無かった。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


3月27日(日)BTX67日
都内から親戚の者が写真展を見に来るとのことで、有難くお付き合いをした。
いろいろ話し合う中で目立つ傾向がハッキリしてきた。一つは大きな画面A3のび、A3サイズ程度にすること。A4サイズの作品は稀少であった。二つは写真の画像処理技術の普及に連れて実像から虚像を利用した表現が増えたこと。光の具合や色彩豊かにすること。三つはこれも画像処理技術の普及で幾つもの写真を切り張りしたり重ねたりして新に一つの作品を作ること。
もう写真というより写真の画像処理を駆使して新たな芸樹作品を創り出す時代に変っていると思う。これらを写真じゃないという人は未だ多いが、間違いなく進行してゆくだろう。
因みに同じフロアーで別のグループの写真展も開催されていて、見る事が出来た。
風景主体、殆ど画像処理は見られず、落ち着いた静かな雰囲気に包まれ私も自然に共鳴してしまった。額縁も木作りで統一て、この雰囲気を更に盛り上げていた。

感想を話し合いながら、帰りに一杯飲んで別れた。気分良い日になった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月26日(土)BTX66日
造園業に集中した。芍薬の手入れがお粗末だったので、区画整理と深く掘り起こし肥料も入れた。この根っ子は逞しいのでボタンの接ぎ木に使われると言われる。量があるので残念だが選択処分をした。時々にわか雨に見舞われて作業衣を交換する位の強さ、でももう既に春、暖かい雨になっている。梅の木には小さな実が出て、葉っぱも伸びだしている。

ウクライナ戦況にアメリカ大統領がポーランドに出掛けた。
EU諸国、NATO軍との緊密な関係を確認してメッセージを出している。
結局はEU,NATO或いは第3次世界大戦に戦場が拡大するのを恐れ「プーチンの意向を尊重して」ウクライナの武力支援は地上の兵器補充に限らている。
ウクライナからみれば「なんで戦闘機や、制空権を援助してくれないのか」、「私達はあなた方の盾になって闘っているんだ」、「ウクライナが敗戦すれば、貴方たちは直接ロシアの脅威と紛争に襲われるでしょう」と本音では思うに違いない。
米大統領はプーチン背一杯口撃するが、逆に喋る程支援の限度はここまでとロシアに支援の基本姿勢或いは限度をみせている。分かりやくてロシアはじゃあここまでなら大丈夫と攻撃できる。
結局、米、EU、NATOは自分達に戦闘被害が及ばぬ、プーチンが癇癪を破裂させぬように神経を尖らせている。私はこの姿を日本が例えばロシアからの危機にもウクライナ同様程度の支援になるのではないかと不安に感じる。日本の平和外交は米軍頼り一辺倒で過去に自主的に平和外交をしたことは記憶にない。・・・ならば日本へ加担する国はあるか・・・?
日本列島は米軍にとっておいしい場所だ、それが最大のメリットとして共有出来る。
日本が存在する位置にメリットがある。鉱物資源は無きに等しいがこの戦略的美味しさはロシア、中国、南北朝鮮にとっても同じだ。日本がどうやって平和に生き延びるかは大問題で今の政治、政党の議論はあまりにもお粗末だ。翻って選挙の投票率の低い日本人の心構えに起因していると思う。日本が第2次大戦で大敗北をした貴重な経験を活かしていない。喉元過ぎて忘却のかなたに行ってしまった。ボーツと甘えて生きる平和戦略なんかないと思う。

こんな事を考えていたら、眼が悪化してしまった。夕方頃から思考能力停止。
それでも最悪には至らず。

眼の状態 ー0,8(旧表示 0−)


3月25日(金)BTX65日
丁度良い散歩になるとJR横須賀駅に行き切符の払い戻しをした。来月の旅行に予約したが、飛行機が取れたので良かった。いつもの散歩コースでヴェルニー公園を通るとかなりの規模になる工事が進んでいる。新に米軍の施設が出来るのかもしれない。冷たい海は綺麗に透明で、歩くにつれ色合いが変り波の表情も変わって行く。いつも気分の良い散歩になる。最後は軍港めぐりの船着き場から大規模なフードコートのある店を通過し、国道16号を渡って横須賀芸術劇場の前にでる。裏道は有名などぶ板通りになって、今は米軍向けのお店が立ち並び日本の雰囲気が消えてしまう。
そのまま進めば市では一番賑やかな街になる。三笠通り商店街は日常の買い物で活気のある所だ。そのまま京浜急行の横須賀中央駅に出て散歩を終えた。追浜の駅から山道を歩くと幼稚園の白木蓮がも既に終わり枝垂れ桜が満開となり毎年見事に咲く桜の蕾が咲き始めている。森の中を写真を撮りながら歩いているとオジサンが私のカメラが気になって一頻り立ち話をした。最近はこの森の元気さが無くなりはじめ、徐々に倒木と竹が増える情けない風景に移り変っている。・・・残念。

下降気味の眼は一旦小休止。昨日より少し持ち直した。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月24日(木)BTX9週
横須賀市文化会館で行われる「三浦半島みんなの写真展」にグループ参加して写真2枚を出た。今日は初日で午前中は飾り付けを行い友人と久振りの乾杯昼食を行った。ここも昨日の中華飲み屋と同じお昼時リーズナブル店であった。違うのは女性一人でも入れる雰囲気である。
合唱の先生がミニオペラ「蝶々夫人」にピンカートン役で出演されるとのことで、夕方は家内と杉田劇場に出掛けた。ストーリーは有名で、中学校時代に珍しい男性の音楽教師からこの映画を見て感想文の提出を求められた。元宝塚の女優、八千草薫さんが出演して大評判になった。それが切っ掛けで、中学時代はイタリアオペラに夢中になってラジオにかじりついていた。オペラは知る限り皆悲劇で陽気な作品は聞いたことがない。悲劇は多くの人の心を捉える力があるのだろうか。オペレッタとは対照的である。
さて、歌手の皆さん以外は指揮者とピアノと最後の場面でシンバルを叩くパーカッションのメンバー3名で驚いた。ピアノは一人でオーケストラ分を演奏する超大活躍。主役の蝶々夫人も殆ど一人で歌いっ放しで、よくも声を維持できると驚きであった。まさにマラソン演技。配役で「すずき」のアルトの歌が一番良かったと思っている。またこの曲の編曲は指揮者が行ったと思うが、これも大変な仕事だろう。ストーリーは悲劇であるが、十分楽しむことが出来た。

今日も眼は朝から夜に向けて確実に悪くなる。ショボショボからギューッと瞼を閉じるようになる。特に外出時が眩しさと共に症状の悪化の切っ掛けになっている。
それにつれ足元への注意が必要になる。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)

1週間毎のチェック
ここ2,3日はー0.2レベルで停滞している。徐々に悪化する傾向を感じ取っている毎日だ。
〇瞼が閉じる:閉じる力が強くなっている。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。ムコスタとジクアスの点眼液で気休めの症状緩和にしている。そのせいであまり気にならないで済んでいる
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。下り坂は要注意。
〇頭部痛み:痛みは殆ど無い。ジンジンして頭が働かない。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。ウクライナの悲惨なニュースで悪くなっている。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



3月23日(水)BTX62日
昨日よりはやや暖かい朝になった。でも東電に協力節電をしながら午前中を過ごしていると、どうやら一斉停電の懸念解除のニュースが出てこちらも直ぐに普段通りに戻った。そんならと、女房の買い物に追浜の街まで出掛けてついでに中華料理の飲み屋に入ってみた。コロナの蔓延防止も解除されていたので、生ビールで乾杯も出来た。ついつい良い気分で食べてしまい、夕食は干ぴょうのり巻きで済まし女房も助かり良い一日となった。因みにこの中華店はリーズナブルで気に入った、ただ女房は一人で入れる店ではないそうだ。

眼は朝から夜に向けて確実に悪くなる。ショボショボからギューッと瞼を閉じるようになる。特に外出時が眩しさと共に症状の悪化の切っ掛けになっている。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


3月22日(火)BTX61日
急に冬の寒さが戻ってきた。その上、東電の電力不足が伝えられ節電のお願いになった。協力しなければと、エアコンは標準温度からー3℃に下げて、室内でも厚手の防寒服を着て過ごした。普通は夕方以降は普段テレビのBS放送でニュースを聞いている。今日は外出時の防寒服を着て、足には毛布を掛けてエアコン無で過ごした。この協力的な態度で東電は非常事態をクリアーできたたらしい。また、明日も電力不足らしい、協力するか?どうしよう。

眼は殆ど変わらず。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月21日(月)BTX60日
早朝の寒さに気を取られてうっかり公園清掃に遅刻するところだった。幸い雑草は殆ど無く、落ち葉も案外少なかった。異常気象或いは温暖化が懸念されているが、関係あるのだろうか?早く片付き寒風に曝されるなかで話ながら、ご褒美のお菓子をまっていた。担当役員が本年度最終回と言うことで、大盤振る舞いで高級なケーキだと言う。本当の所、コロナ禍で活動が殆どないから予算があまったせいだ。会員に抗原検査キットを会員に渡したのも同じこと。でも利用方向はまともで良い事である。
お彼岸でいつものように神楽坂近くのお寺に出掛けた。既にちらほらと桜が咲き始めて、神楽坂は人出がおおくなっていた。一日フライイングしているが、折角の休日で無理もない。今年もまた千鳥ヶ淵の桜見物に行きたいと思う。ボートにも乗って見たい。
昼飯に鰻重を食べてみた。こんな贅沢品をこの十年来食べていなかったから期待も大きかった。しかし、ヤッパリ鰻だと思える味は無かった。値段はいえないが2倍以上出さないと難しいのだろう。お酒も飲めたし気持ちは満足だ。

次回のボックス注射は残り1ヵ月となった。僅かづつだが、瞼が重たくなり開きにくくなっている。実用上の不具合はあまり違わないけれど。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月20日(日)BTX59日
合唱の練習では、先生が大部良くなりましたというけれど顔はまだこんな程度かと思っている。まあ、仕方がない。入会するときに「時間はかかるけれど、出来るように努力します」と明言している。今日の練習会場は自宅から近くになったので、終わって直ぐに帰れた。
昨日の練習で喉をの具合が悪く、某風邪薬を3錠飲んだら今度は喉がヒリヒリと乾いてかすれた声になってしまった。体調管理もなかなか難しい。
庭には新に花ニラも咲きだしていた。

眼は疲れ気味だが、大丈夫。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月19日(土)BTX58日
外出は女房の買い物に5分程の距離にあるスーパーに行っただけ。写真の額装と梱包を完了した。明日は合唱の練習日なので、何度の何度も繰り返し練習をした。
退職してから町内の元気に歌う会に参加したのが切っ掛けで昔からの唱歌や童謡など歌っていた。そのうち先生から「素晴らしいお声ですね」とわざわざ声を掛けられて、素直な性格の私は喜び勇んで市内の合唱に参加するようになった。以来、すっかり歌に熱中していたけれど、今は本格的な合唱に参加して苦戦している。音程があいまいになるので、パソコンから音取りをしていたでは余りに手数と時間がかかり過ぎる。ここで頑張ろうと一番安いキーボードを買った。いやいや機能的にしっかりして、玩具とは思えない。

練習はするが、上達は遅々として進まず。気合いで頑張るのみだ。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


3月18日(金)BTX58日
三浦半島みんなの写真展に参加する写真を2枚印刷した。カラーとモノクロを2枚だ。今回は印刷サイズを額縁のマットに寸法を合わせるのに苦労してしまった。慣れないソフトを使ったせいもあるし、コロナ禍でプリントする必要もなくテクニックを忘れてしまったせいだ。
午後はまた庭仕事に集中した。先々週は植物が急に眼を出して、その早さに驚いたがこの一周間はその大きく育つ早さに驚かされている。
あっという間に水仙、梅、パンジーが終わると ラージスケール・スノーフレークが20cm位に伸び、ジャーマンアイリスの蕾が膨らみ、芍薬の芽が伸びだした。今はクリスマスローズが一番元気だ。友人が畑に植えてくれたサニーレタスは寒さで縮じんでいたがやっと大きくなりだした。庭の片隅では気付かずにいたフキがいつの間にか大きな花の蕾になっている。春到来だ。

眼は昨日よりはかなり良くはなっている。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


3月17日(木)BTX8週
東北の福島や宮城県でまたもや大きな地震が発生した。横須賀でもう寝ていた私も激しさで眼を覚ました。10年前はゆらーり、ゆらーりとまるで大きな船が傾くような揺れ方だった。今回はガタガタと激しい揺れではあったが、起き上がる程ではなかった。懸念された津波も破壊された原発も大事にいたらずに、不幸中の幸いに留まった。しかし東北の方々はやりきれないだろう。お見舞い申し上げます。

日中はウクライナ大使館を訪れた。地下鉄の駅から15分位かかる。何しろ迷路の奥にあるみたいでお上りさんさながらにウロウロしまくった。でも高級住宅地でとんでもない生活レベルを思い出させる。近くには有栖川記念公園や都立中央図書館がある。大使館自体はひっそりした雰囲気の高級マンションだ。玄関前にテーブルが置かれ名前を記入するカードがあり投函できる。国旗の青と黄色因んだ花が献花されている。寄付は手紙や新聞などのポストに入れるようになっていた。
警護はロシア大使館前の機動隊バス5台とは全く違って、警察官が一人いただけ。
訪問者は途切れることなく続いていたが、それでも静かな雰囲気は変わらなかった。

帰宅したら、眼の不調が急に襲ってきて参った。閉じる、ショボショボする、顔は痙攣する、頭の中はジンジンと痺れる・・・こんな状態になり、小学校の友人達とのZOOMはお休みにした。ウクライナの悲惨さと、まさに悪魔の仕業としか言いようのないプーチンに手だての無い怒りが沸き上がったせいだろう。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

1週間毎のチェック
ここ2,3日は悪化している。ウクライナの悲惨なニュースが大きく影響している。
〇瞼が閉じる:閉じる力が弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。ムコスタとジクアスの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛は殆ど無い。ジンジンして頭が働かない。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。ウクライナの悲惨なニュースで悪くなっている。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



3月16日(水)BTX56日
今日も造園業に勤しんだ。既に(立てば)芍薬が芽を出している。お粗末に扱っていたので、一挙に根を掘り出し、土を深く掘り起こして埋め戻した。この花は水と肥料が沢山必要になると言われている。白い花が咲くはずでもう一つピンクがある。これは明日以降にして、芝生周囲に沿って雑草、特にドクダミが侵入しないように隔壁を作っている。中々の運動になった。

ウクライナは苦しい戦争に闘い続けている。西側周辺国、EU、NATO軍も裏側からの支援しかできない。私から見れば応援するから頑張って!!、、、と言っているように見える。ロシアから核を使うと言われると、すぐ引っ込める。結局は自由や規律や契約を重んずる側は、正直に闘い。戦争と武力で解決する側は強引に進めて有利になる。日本国内で例えるなら市民と反社会的勢力とが闘うようなもので、警察が動かなければ市民は蹂躙される。ウクライナにとって警察にあたるものはない。
ウクライナがプーチンに制圧されれば、次は自国が危機に曝されるのに動けない。自国が火傷をおうまで動けない。
ところで、ミャンマーは軍事政権が支配され、人権は蹂躙されている。ニュースの関心はウクライナと比較にならない。近く、日本企業の工場もあってもっと強い関心を持たなければいけないと思うが。

世界も日本も問題山積、でも眼は程々に良い。幸せなんだ。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月15日(火)BTX55日
暖かい筈が外に出るとヒンヤリとむしろ寒く感じた。そんな中、歌の練習に行ってきた。先生も生徒も高齢でもう一つ元気がでない。2時間歌って過ごせるだけでも、一日の気分が違う。帰りにコンビニでサンドイッチとプリンタイプの飲み物を買って、海に面したヴェルニー公園で昼食を楽しんだ。ここで飲み物の選択に失敗したことに気付いた。コップに入ったプリンが飲むようなかたちでは口に入って来ない。そもそも小さなスプーンも一緒についていなければ、食えるわけがない。アイスクリームをスプーン無しで食うのと同じだ。何とかそれでも食べきった。どんなに苦労したか想像して頂きたい。周囲にはおこぼれを期待した鳩が集まって終始私の一挙手一投足を面白がって見ていた。

夕方以降になると眼がかなりショボショボして辛くなった。思い当たる事はなし。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月14日(月)BTX54日
上顎の前歯が欠けてしまい、大至急で治療して貰った。もう年齢だからと樹脂で部分的に補修している。しかしこうして修理を度重ねると、欠ける部分は大きくなるばかりで限度を感じている。今更人工的な歯と入れ替える気がしない、命あるかぎり持ってくれと願う。
内科の医者も検査結果を聞きに行ったが、これも全く異常なしで目出度し目出度し。

眼も連日のように程々良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月13日(日)BTX53日
薄くて白く高い雲が今日の晴天を約束していた。それに従って造園業に熱中した。手に腱鞘炎があるので痛み止め麻酔軟膏を塗って作業する。油断すると一挙に悪化するので頑張るのも程々にするしかない。夕方以降には月末の写真展に向けて編集に取り組むとあっという間に数時間が過ぎてしまった。

それでも眼は大過なく過ごせて良かった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月12日(土)BTX52日
ついに春が来た。晴天で風はなく暖かい。女房を引っ張り出して西海岸の葉山から森戸海岸辺りを歩こうと出掛けた。バス停の名前が分からないので、適当に進み三が岡で降りた。ここは御用邸まで近く葉山美術館の目の前になる。丁度、奥谷博さんの生涯作品を纏めたものがあって見て来た。理解が出来ない所も多かったがそれでも面白いのが良い所だ。飛びぬけた観察と発想と人生が進むにつれて変化する様子に、この人は頭大丈夫?と思う一方描き方は極めて充実している。高知県生まれで海を見て育ったのだろう、波の描き方は実に力強く豪快で良い。こんな渦潮は高知で見られるのかな、鳴門の渦潮は有名だが、彼の出身の高知県宿毛市辺りだろう。西で九州に一番近い位置にあって瀬戸内海との潮流の出入りは急激で渦をおこすのだろうか?あまり聞いたことが無い。

ウクライナ問題は本当に深刻だ。プーチンの批判は激しいが気のおかしくなった独裁プーチンを抑える即効性のある手だてはないようだ。
ニュースではNATOは直接ウクライナを武力で守ることはせず、兵器供与はするとの事だ。NATOが参戦すると第3次大戦になるからと言う。これは私達日本も良く考えなければいけない。アメリカは参戦しないと早い時期に宣言している。これではロシアは随分助かる。NATO諸国にはそれなりの考えがあるのは分かるにしても、ロシアがウクライナをせん滅すれば、直ぐにNATO諸国はロシアに直面する危機を迎える。
武器は提供し、応援するから頑張れと都合の良い事を言って犠牲はウクライナで留めておこうと考えている。時間の猶予を持って自分たち(NATO)は経済制でロシアが動けなくなるのを待つという作戦だろう。北方4島で未解決の領土がある日本もウクライナのような立場になる可能性がある。
こう言うと憲法改正の議論が待ってましたと、出て来る。議論はやった方が良い、でも専守防衛の基本を崩してはいけない。言いがかりを作らせない態勢が重要だ。

今日もまた眼はまあまあOK!

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月11日(金)BTX51日
写真の勉強会を市の文化会館で行った。皆さん熱心に工夫して見事な作品を持ってくる。私はパソコンの編集ソフトに慣れず苦労している。もう少し扱いが優しいいソフトが欲しい。会の中でベテランの男性はセンスと技術ともに素晴らしいが、先輩達が高齢や病気で退会するなか、熱心に指導役を引き受けてくれ頼もしいし私も気合いが入ってきた。今月末には「三浦半島の皆の写真展」があるので、これから最終仕上げに集中しなければ!!

今日も眼はまあまあOK!

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月10日(木)BTX7週
フライングディスクの練習に電車で4駅乗って総合福祉会館に出掛けたら、オミクロン株でまた蔓延防止になり急遽取りやめで、今月はもう練習なしとの事だ。無駄骨となり自宅で独り一時間程練習をした。真っすぐ飛ばすことが中々難しいスポーツで第一段階は腕に力が入らない事と目標に腕から指先まで真っすぐ伸びる事だ。もうそろあと半年で3年になる。自分ではまだこんなものかと嘆かわしい位だが、一緒にやる障害者は皆10年選手で皆苦労したらしい。コツコツと続ければそのうちなんとかなるだろう。町内の老人会で少し推進してくれと要望があり困った。皆が面白く遊ぶ気にするのが重要。・・・・こいつが難しい。

眼はまあまあOK!

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力が弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が弱い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛は殆ど無くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



3月9日(水)BTX49日
良い天気で造園業で一日過ごした。パンジーが大部元気が無くなり、クリスマスローズが元気なってきた。梅は花がしぼみ始めてきたが、身がなり過ぎて樹木自体の勢いが保てるか心配になる。梅酒は作りたいが木の体力が維持出来ての事。私が知っているだけで45年経っている。埋めきらぬ馬鹿と言うが、この木は本当に枝を落とさないでいると病気も発生する。心配するほど強い剪定をしても平気で、私も安心している。松は本当に難しい、特に昨年切り落とした桜の蔭になって育ち方と私の手入れの粗雑で惨めな姿をしている、これも当分整枝に苦労しそうだ。
立てば芍薬という芽が出始めた。これも粗雑に扱ってきたので、今年は白とピンクの見事な花を咲かせたい。

眼は少し元気を取り戻した。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月8日(火)BTX48日
予定通りロシア大使館前でウクライナへの侵略、破壊、殺戮を即時停止およびウクイライナから退去のメッセージ掲げ、声をあげてきた。またウクライナ国旗も掲げ支持する意志をしめしました。
ところで行ったのは友人と二人のみ。他に地方から二人でロシア語でメッセージを持ってきた方いました。他の友人達はコロナ禍で基礎疾患が多い年代のせいか来られなかった。警察の機動隊がバス5台で大使館側の歩道に沿って待機しており、私達は反対側の歩道に幅50cm、長さ5m程度の囲いの中でメッセージを出すように、近隣の迷惑になるから大声でどならないようにとお願いと指導がありました。
来たからには大声位ださなければと叫んでも一人では全く周囲の騒音で消されてしまい効果は?大使館には届かなかったでしょう。
終わった後は友人と新橋の酒屋で久し振りの乾杯を行い、本当に楽しい時間を過ごせました。

眼は症状が悪いと言うより、周囲が良く見えず足元にはかなり注意を要しました。
後から思い出すとショボショボと頻繁に瞼が閉じる動作をしたのだと思います。

眼の状態 ー0.5(旧表示ー0.5)



3月7日(月)BTX47日
老人会の公園清掃を行った。終わった後に数人にフライイングディスクを披露した。
蔓延防止対策中に出来る遊びが出来ないかと思って宣伝した。その後に役員会でももう少しルールや道具類を紹介して、皆が遊べるように工夫品が進めることにした。年度変わり直前とあっていろいろ相談するが、公園のような屋外は良いが天候や風に影響される。自治会館で行うしかなさそうだ。良くある事で、言い出しっぺが推進役にされるので気を付けているが、仕方がないか?

眼は昨日と同様。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月6日(日)BTX46日
予定通り歌の練習をしてきた。先生から音程が揃ってない!テンポがズレている人がいる!どうも私が問題になっているようだが仕方がない。でもやっていると気合いが入ってくるのが良い所だ。

連日ロシアのウクライナ侵攻は暴挙の限りをつくしている。平和で生きたいと望むが世界は逆に危険が増長してみえる。特に独裁国家は危険で彼等は独裁同士の連携を進めている。人類はまた暗黒の世界で、闘わざるをえないだろう。ウクライナが頑張っても同盟関係をもたなければ、軍力を使わず支援をするだけに留まる。
しかしウクライナが陥落したら次は自国がロシアに侵略されるだろう。その前に軍事力を持って支援しなけければ、次は自国の番と覚悟しなければならない。
コロナ対策とついつい比較してしまう。感染の様子を伺いながら随時対策をして後で後でになって、クラスターが多数発生する。早期に強い対策をすれば後では経済効果は好調に戻る。この早めの対策が出来ないのだ民主主義の諸国である。今回はヨーロッパに深刻なダメージをもたらすだろう。遠くの火事ではない、北海道は海を隔てているが択捉、国後はすぐそばで戦車も置いてある。何のための戦車だろう?日本が戦争をしかけると思っているのか?逆だと思う、日本が漁業権を犯す、国境を侵略する・・・等々信じられない問題を起こして侵略するかもしれない。
友人とロシア大使館前でウクライナを支持しロシアに反対する意思表示をしてくる。

眼は昨日と同様。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月5日(土)BTX45日
明日の歌の練習で自主的特訓を行った。年をとってから合唱をやったので、3部とか4部とかをやったことがない。テナーパートをYOUTUBEで練習するがなかなかうまく出来ない。歌詞を歌うのでなく、アーアー、ラーラー等は何処を歌っているのか分からなくなったり、タイミングが外れたり、テンポが揺れたり、、、難関だらけだ。もともと記憶力の悪い私だが、更にその悪さを思い知らされている。でも好きなんだろう、止めようとは思わない。コツコツとわが道をゆく感じで周囲にご迷惑をかけている。

眼はこれ以上望めない程度良い。それでも眩しさとショボショボはある。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月4日(金)BTX44日
大切なお客様を自宅に来て頂いた。本当に久し振りなので、準備に大騒ぎになった。室内ばかりでなく、家具も装飾も埃を払い掃除機をかけ、見かけ良く家具を整え、自分の写真を飾って準備した。ここで話の内容は兎も角として順調に終わった。
さすが、最後に私の写真を褒めてからお帰えりになった。良かった、良かった。

終日、やや曇りがちだが穏やかで、眼の症状にそれ程気にせず済んだ。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月3日(木)BTX6週
整形外科リハビリから内科を訪問。念のためと自主的健康チェックの為である。年齢が上がるに連れて花粉症が徐々に強まっている。リハビリは何時ものように背骨を引っ張り、内科では喉、少し肺に方に深くなった咳についてX線検査、、血液検査、飲み薬処方を貰った。帰りには床屋でカットのみの散髪を行い薬局で飲み薬を受け取った。可成り頑張って歩き回り、最後は駅から自宅までの急坂をゆっくり登って帰った。良い運動になったが帰宅後は疲れがでるのか急に物ぐさとなってしまった。
夜では小学校時代の友人とZOOMクラス会で「皆さんが行う温暖化対策」について話した。

眩しさが気になるけれど、他の症状は弱い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)-0.2

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力が弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が弱い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛は殆ど無くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:無い。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



3月2日(水)BTX42日
兼ねてから三崎の河津桜を見に行く計画があって、皆大いに期待していたが直前になって皆さんいろいろと問題が発生してしまった。もう我々の年代は何かと難しくなる。寂しく3人で、でも華やかな菜の花と絶好調満開の河津桜を十分楽しんだ。スーパーで各自好き勝手に買った酒とビールに肴類を各々にほろ酔い、明るくて暑い位の日差しを浴びリラックスした楽しい時間を過ごした。小松が池の周辺は地元三崎口の方達が毎年河津桜の花見見物を開催し人気が高くなった。もしかすると、夏の海水浴より人気があるかもしれない。
夜は昨日に続いて、BS放送でロシア駐日大使と小野寺元防衛大臣の討論があって聞く事ができた。大使とは劣勢であっても、どんなに矛盾だらけでもとうとうと日本語で主張し通すものなのだ、、、、と改めて驚き、ある意味感嘆する位の弁舌であった。
小野寺氏は沈着冷静にロシアの不条理な点をつく態度は非常に信頼感を持てることが出来た。この番組で問題解決は望むべくもない、虚しさ無念さウクライナの凄惨な予想をせざるを得ない。
来週にはロシア大使館に抗議をウクライナ大使館には応援をしに行く。

昼のお酒と肴で満足し、眼は殆ど気にせずの済ませた。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


3月1日(火)BTX41日
合唱練習日に出掛けた。この先生は準備体操にも熱心に行う。我々高齢者なので特に気を使っているのだろう、ご自身も高齢者で大差ないし。内容は文章で説明が難しくて出来ない。曲のなかに有名な菩提樹がある。2部に編曲して練習を行っていたが、北風が吹きすさぶ様子を独自のにアルトパートに入れたが撤回してしまった。
私の編曲が下手だったので、、、、と仰るが、実際は私達に難しすぎると思ったのが実情だろう。でも、歌詞の「おもを かすめて 吹く風寒く 傘は飛べども すてて急ぎぬ」を割愛してしまった。ちょっと酷いんじゃないか?

夜にBS放送で駐日ウクライナ大使が出席されて、実情とウクライナの主張を聴くことができた。
私が聞いている範囲の情報を元に聞いていると十分納得出来た。矢張りロシアの作り出した情報を元に武力行使を持ってウクライナに侵略をしたものと判断した。明日はろ駐日大使が同BS局の番組で主張するとの事だ。しっかり聞かせて貰う。

眼はまあ良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


2月28日(月)BTX40日
昨日作った老人会カレンダーを配布して回った。上り坂、下り坂があって良い運動になって有難い。天候に恵まれてフライイングディスクや庭仕事に熱を入れた。
友人からロシアのウクライナ侵攻反対でロシア大使館に即刻退去するよう求める行動をする事に賛同を貰った。
ウクライナの国旗とスローガンを掲げる準備を始めた。国旗は上が空を示す青、下は小麦を示す黄色だ。ネットに沢山国旗が出てくるので比例寸法で作ろう。

眼はまあ良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


2月27日(日)BTX39日
老人会では毎月カレンダーで一ヶ月の行事を知らせている。いつも作成している
担当者はパソコンとプリンターに手こずり始めた。トラブル続出で私にピンチヒッターの依頼が来た。もともと私もやっていた事なので、引き受けたのが大失敗。エクセルとワードを使うのは良いが、エクセルはもう忘れていて思い出し、失敗を繰り返してタップリ半日掛かってしまった。いやいや、疲れた。眼も参った。
もう一つ、町内会の副会長がパソコンを使うZOOM会議を提唱して第一回目を行った。やってみたら参加は私のみで、二人で意見交換会を一時間やることになった。もう高齢化して、皆さんはパソコンなんか見たくもないのが現実のようだ。ZOOMは兎も角、これだけトラブルの多いネットを利用するのは厭になってきた。もっと誰でも簡単に使えるような機器を開発して貰いたい。

一挙に眼は悪化。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0ー)


2月26日(土)BTX38日
着実に暖かくなっている。自宅で造園作業と植物の手当を行う。やることが変わらないので、ここで書く気が起きない。
ウクライナは心配になる、短期的には独裁或いは専制国家は戦争に強い。警察や軍隊が国民を武力を背景に従属させて、強制的に動かせるからだ。この点民主主義は自由な異見、意見を尊重する故に戦争の立ち上がりが遅い。ロシアや中国は昔から王様、皇帝に従属する気風があるように感じている。日本には天皇があるけれど、実行支配することは非常に少なかった。それは兎も角、何事につけて民主主義国家は遅くて時間がかかる。ただ重要なのは自主的に行動が一致したときは、非常に強い。これをいかんなく発揮したのが日本の女子カーリングチームのロコ・ソラーレだと言ったら見当違いだろうか?

眼はまあ良し。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


2月25日(金)BTX37
今日も家内と横須賀中央商店街を散歩した。最近の世界、世間の騒がしさが気になり自分なりに意見交換をして回っている。超小市民ではあるが、気になる事は沢山ある。連日、昼間から酒の出る店を探しているわけにも行かず、今日は喫茶店でパンとコーヒーで済ませた。それでも2人分でほゞ千円になった。安く上げるにはフードコートで買ったパン一個とpetの紅茶ですますか、立ち食いそばが良い。

首肩の凝り対策として、今週からラジオ体操、ストレッチ、腰痛防止体操を再開したら徐々に症状が軽減してきた。

眼の状態 ー0.2(旧表示 ー0.2)


2月24日(木)BTX5週
今日も好天に恵まれて女房と逗子に出掛けた。新コロナなの影響はこの街にも活気のない雰囲気をもたらしていた。商店街も半分はやっているのか休みなのか分かりにくい。JR駅前の車の出入り、人のでも少ない、明るい表情もない。昼飯のお店がなかなか見つからない。ウロウロと歩き回って、何やら薄暗いカレーの店に入った。決め手はアルコールの提供があったせいだ。なにか拘りを持った店内の装飾と芸術家の展覧会のパンフレットがおいてあった。それにそぐわないテニス用語の店名は何だ?でもカレーは美味かった。ビールが飲めて良かった。

以下私の独断と見解である。
夜のニュースでウクライナの状況を聞くと、プッチン大統領はウクライナ全土を侵略し、ロシア帝国に組み込もうとしている。最近のプッチンの表情は気になっていた。顔がたるんで締りなく、我々老人特有のどんよりして判断力に疑問を持ちたくなる。周囲への理解が出来ず、不満と怒りをぶちまける段階の直前に来ている・・・・そう感じている。プッチンはソ連のKGB(スパイ組織)の親方であった、極めて後ろ暗い背景を持って大統領になった。この戦争から何を得ようとするのか?どんなメリットを持っているのか?意味不明なこの闘いで得たいのは、彼の偉大なるロシアでかつてはソ連に属していたウクライナを自分の政治下に置き偉大な歴史に残る大統領になりたいのだろう。ロシア歴史にプッチン在り、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン(ロシア語: Владимир Владимирович Путин)
世界史の授業で偉大な業績を残した人物を****THE GRATEと紹介されたものだ。
ALEXANDOROS THE GRATE, MEIJI THE GRATEみたいに。
PUTTIN THE GRATE とになりたいのだろう。高齢化で冷静な判断力が無くなり、残るは名声のみ。
以上で私の独断と見解を終わる。

こんな事を書いて、精神的に解放感を得たのが良かったらしい。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力がやや強い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が弱い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低く強くなっているので、眩しさが更に強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:やや弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛は無くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:弱くなっているが継続して感じる。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌の活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習は止めている



2月23日(水)BTX35日
少し暖かくなって、追浜の街まで出掛け帰りは歩行数を増すため大回りして帰った。気分良く、体力にも不安は無かった。消極的になっていた外出も8000歩を目指してやり直そう。帰宅後は庭に出て樹木剪定と急に伸びだした雑草刈を頑張った。

多少は眼と頭痛と肩凝りが軽くなった。気分的に少し良いだけだ。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


2月22日(火)BTX34日
オリンピックが終わり日本は良く活躍し好成績を収めた。大半の人はカーリング女子ロコソラーレの活躍を喜び、ゲームのルールが分からずに戦略、戦術もあれやこれやと考えながら好奇心に駆られ熱中したのではないかと思っている。一番不愉快な記憶は女子フィギュアスケートのドーピング問題で、特に15歳の子供に薬剤を使った報道にはロシアの独裁国家の心を表したものだと思っている。
一方すぐにウクライナへのロシア侵攻が迫ってきた。独裁政治をする国家は武器の戦いを全面に出して、外交協議は実践の戦略、戦術を進める時間稼ぎにしかならない。民主主義国家は自由を標榜するが故に結論に時間がかかり、相手に振り回されて実行に手間がかかる。国連安保理は実質機能しないことを独裁国家は見透かして、馬鹿にし、思うように実行できる。民主主義国家は経済制裁でも一挙に行わず徐々にレベルを上げる。独裁国家はこの間、相手を見極めながら戦術をすすめられる。
新コロナ感染症対策は強い対策処置をいち早く先手先手で行うのが最善と言われるが、武力に対抗するときは十分時間を掛けて協議したのでは間に合わない。憲法議論の際にいつも気になる考え方である。

今日も眼と頭痛と肩凝りに悩まされた。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


2月21日(月)BTX33日
老人会の公園清掃日に参加した。先日このブログに書いたシェアハウスの問題とフライイングディスクについて、取り上げて貰うように会長にお願いをした。案外テーマに困っているからチャンスがありそうだ。
晴天と冷たさで自宅での造園作業は捗らず、なにかと言い訳をしてはサボってしまった。

残念ながら眼の悪さは最悪で本日も早々に寝る。

眼の状態 ー1(旧表示 ー1)


2月20日(日)BTX32日
歌の練習日に参加した。お相撲さんみたいな先生がピアノを打楽器にように打ち鳴らして指導する。コンサートでは専門のピアニストがやるけれど、普段はあまりお金をかけられない。今日は殆ど発声練習でだった、多分女性の声が弱いので集中治療をしたのだろう。歌い方は女性のレベルが高いけれど、なにしろか細い。男は下手だが、声はでかい。でもまともな発声練習を教わったの始めてで質問もできたのは良かった。3部合唱曲「遠い日の歌」はソプラノとアルトの負担が男性と較べ圧倒的に大きい。今日の練習は先生の危機感を表したものだ。
冬のオリンピックで日本選手は大きな活躍をして素晴らしかった。ロシアのドーピング、審判の判定には疑問、不審が終わらない。商業化オリンピックも厭になって来た。政治が関与する金儲けとスポーツを分離させたい。
ウクライナに危機感が高まっている。独裁政治国家には必ず武力が裏表になって成り立っている。自由を掲げる国々は武力より、話し合いによる解決を行おうとする分だけ手間がかかり独裁国家に先手を打たれやすい。・・・・実に政治は難しい。

眼の悪さは昨日と同様。最悪で本日も早々に寝た。寝ても解決にならない。

眼の状態 ー1(旧表示 ー1)


2月19日(土)BTX31日
独身、高齢、一軒家に一人住まい、神奈川に親戚なし、健康に不安ありとかなりの問題である。四人で集まり、あれこれと議論するなか一人Tさんが提唱するシェアハウス構想を進めてみることにした。我々は他人に世話を掛けたくない、・・・この考えが強くてなかなか数人で一軒家を借り切り住むことは言い出せない。しかし、Tさんのきっぱりした信念と本人の切羽詰まった状況と妥協で希望者も募ることで開始した。なんとしても成功させたいと思っている。難問山積は承知だ。

眼そのものだけでなく、痛みが後頭部に伝わり首肩に強力な痛みと凝りが続いて何も出来ない。好きな屋外作業も歌も写真もだめ。早々に寝るしかない。

眼の状態 ー1(旧表示 ー1)


2月18日(金)BTX30日
写真の勉強会の日。高齢で体調の悪い友人と一緒に参加した。会の中心メンバーが体調を崩して退会してしまったので、心配したが積極的に引き受ける人が出て大助かりだ。特に神奈川県では代表的な活躍をしている方が、教育指導を引き受けてくれるのは大きい。
一人一人自分の作品を発表するのっだが、私はUSBメモリーにデータを入れ忘れて大失敗した。いや、確かにデーターが入ったことを覚えている。パソコンの信頼性が心配になる。
一緒の友人はかなり心配になるので、明日は友人達と集まって対策会議をすることにした。

賑やかに写真の勉強と会話があって、眼の悪さを忘れることができて良かった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)



2月17日(木)BTX4週
日差しも良く屋外を眺めると、穏やかな春の日と思わせる。ところが意外に寒く玄関内でも9〜11℃だ。風も寒さを刺激する。庭に出る気も無くなった。当然、オリンピック、ニュース、ミステリー番組などで過ごしていた。フィギュアスケート
で日本女子は立派な活躍だ。一方ロシアオリンピック委員会の薬剤利用には極めて不愉快でスポーツを政治に利用する姿が明らかになった。なんで国家の名前が使えない事情を理解できないのか。独裁国家とは個人はなく国家の存在のみが大切で個人は国家に尽くす事のみが評価されるのだろう。オリンピックには参加させないことにした方が良い。
夜は小学校時代の友人とZOOM懇談を楽しく過ごした。
定例のフライイングディスク練習はオミクロン株のお蔭で休会になった。

症状は気分良く過ごせている。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力がやや強い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低くなっているので、眩しさが強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:やや弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛い。後頭部から首、肩に痛みが伝わる。今回この痛みはしつこい。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:継続して痛み、凝りを感じる。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:歌のの活動が活発になって声が出るようになった。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



2月16日(水)BTX28日
意外に暖かい天気になったので、女房と二駅離れた商店街に出掛けて来た。ここに美味しい蕎麦屋さんがあるので楽しみにしていた。残念、コロナ休店だ。過去2回こんな目に遭っている。私達と余程相性が悪いのだろう、まるで貴方たちはお断りと、言われているような気がする。結局カフェでパンとコーヒーで済ましてしまった。帰ればオリンピックと歌の練習と写真の編集で過ごした。

眼の症状は気分良く過ごせるようになった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


2月15日(火)BTX27日
兎に角寒くて、空に浮かぶ雲が精神的に暗くさせる。運動不足にならぬよう庭作業とフライイングディスク練習を行った。最近は脊椎管狭窄症の症状が気にならなくなったので、ラジオ体操とストレッチと腰痛防止体操を復活している。幸い症状を悪化させることもないので一安心だ。

相も変わらず眼は痛く、頭痛、肩凝りも酷い。でも眼は何とか開けている。

眼の状態 0(旧表示 ー0.5)


2月14日(月)BTX26日
ヨガ教室もリモートになってしまった。コロナ騒動でも継続出来るのは強味で有難い。今日のように天候も悪く寒いし、メンバーは障害者だから出掛けずに済むメリットは大きい。只、カメラの位置や先生のインストラクターとしての姿も見たいし声もハッキリ聞きたい。久し振りなので、準備も十分出来なかった。今後の為に少し機材準備がい必要だ。
オリンピックのカーリングが面白くなってしまった。ルール、用語、簡単な戦術をもっと勉強しなければ物足りなくなってきた。
日本人は団体対競技が得意で、そのほうが力を発揮しやすい才能があるように思う。

雨で薄暗く寒い日。屋外作業も少なく、自然とテレビでオリンピックを見ることになった。シブチンの眼で見ていると、直ぐに眼が痛くなり、後頭部の頭痛から首肩の痛みと強烈な凝りが鬱陶しく溜息がでる。ドライアアイも強くなりだした。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


2月13日(日)BTX25日
北京の冬季オリンピックは日本選手の活躍が嬉しい。競技も多種多様になって楽しさもました。スケボー、Uパイプ、カーリング等遊びと思っていたのが正式競技になった。子供の頃に映画で見たカーリングでは氷上をブラシで真剣になって擦っている風景を皆で笑っていたのを思いだす。スポーツ競技の発祥なんてそんな他愛ない遊びから始まっていることが多いのだろう。多種多様は人の活躍の場を拡げている、人がいろいろな能力を発揮し認められることは素晴らしい。私も障害者手帳を持っているが、障害者が生きやすくなる事は間接的に社会の生きやすさを発展させている。多様性を増やせることは人類の発展でもある。障害者は不要であると適者生存の法則を主張する政治家もいる。何と狭苦しい頑なな思考だろう、情けない。発展性が感じられない。

眼の症状は殆ど変化なし。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


2月12日(土)BTX24日
ここの所、毎日の作業は殆ど変わらない。町内会の役員から「ZOOM会議を普及させて行きたいから、協力してください」と連絡があった。私もそう思っていたし、老人会では話題に取り上げていたので、お引き受けした。むしろ私より若い町内会の方がもっと早く実行するのが順序だろう。フライングディスクも老人会のゲームとしてピッタリじゃないかと思い、提案している。

眼の状態は連日変わらず。さすがに眼、頭痛、首肩の凝り痛みが酷いので評価を下げた。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


2月11日(金)BTX23日
また更に寒くなった。庭に出て土を掘り起こし、石ころを分類して積み上げる、良い土は畑用に一山積み上げる、畑も花壇も雑草の芽が吹きだした、、、こいつも処分しなければ後が大変だ。一方、怠け心も働きオリンピックに眼を引きずられている。

眼はチョット持ち直して、症状が緩んだ。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)



2月10日(木)BTX3週
フライイングディスク練習の日だ。「雪が降ったら休みます」と断っていたが、冷たい雨になって参加した。身体障害者の団体だから、来た人は半分位に減ってしまった。単純な競技と思われるかもしれないが、的にあてる競技が4種類と遠投を含め
5種をやると我々にとっては結構良い運動になる。最近は「上手になりましたね」とか「投げ方が恰好よくなりました」とお褒めの言葉も頂くようになった。競技としての得点は伸びていないから、まだまだ練習と研究を要する。

眼の状態は連日変わらず。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力がやや強い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低くなっているので、眩しさが強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:強い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:痛い。後頭部から首、肩に痛みが伝わる。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:痛み、凝りを感じる。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。



2月9日(水)BTX21日
晴れているからまだ良いが、寒い日が続いている。オミクロン株の影響で友人と会うチャンスもない。必然的に庭仕事になる。この数年はいろいろな事情で庭を荒らしてしまったことは、大きな損害になった。暴れまわる植物と言う表現が適当だろう。地上に育つ植物は見えるが、地下に這いまわり伸びて行く木の根、竹の根、雑草、芝、蔦、・・・・・等は見えないけれど整備し直すと飛んでもない大作業に
なることを思い知らされた。日々の手入れが重要なのは当然だが、開拓地で働いた人達がどんな苦労をされたのか、僅かではあるが想像に難くない。
そんな作業を続けているのが精一杯であるが、合唱、写真、フライイングディスクなどやっているのは身に過ぎた生活をしている事になる。虻蜂取らずになりそうだ。日々退屈することが無いだけでも良いと思っている。・・・・他にも年齢なりにやるべき事も残っている。忙しいのか?閑なのか?

眼は瞑って見られないような時間はそんなに多くない。只、眼の痛みからの頭痛、首肩の痛みと凝りはかなり強烈だ。毎日の眼の評価はまあいいのだが実態は結構苦しい。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


2月8日(火)BTX20日
雲が増えたり減ったりで寒い一日。外出は女房の買い物に付き添っただけ。庭でのフライイングディスク練習も殆どやらず、大半は室内で過ごした。歌の練習を繰り返し写真の編集に力を入れて過ごした。
オリンピックのスキージャンプで女子選手が服装違反で失格した。他にオーストリア、ドイツ、ノルウェーも含め4人になった。直観的に不自然さを感じた。ジャンプ後に抜き取り検査だと言うが、何故全員にやらないのか?ドーピング検査は全員やっている。公正さに疑念をもつ。今後、何か起きないかを懸念する。

眼の症状は連日変わらない。ただ、眼の痛みと後頭部頭痛は酷くて早く寝てしまった。

眼の状態 0


2月7日(月)BTX19日
老人会の公園清掃日である。晴れているが集まりは悪い。平均年齢は80歳を過ぎているから仕方がない、無理のお願いもできないから、世間話でもしに気て下さい、とお願いする程度になる。その後は月例の役員会になって話をすると、先ず次年度の役員に入ってくる方や特に会長さんがいない。「役員をやって頂き有り難うございます。ご協力はいたしますのでよろしくお願いいたします。」とこんな雰囲気である。
以前のように絵や書道、写真などの発表会もミニ町内新聞発行も花壇作りなどは手数がかかるので止めてしまった。そもそも、そんな事は要らないと思うようになった。これが高齢化の雰囲気なのだ。周辺の年代の若い街には前向きもの活動をしている所がある。次世代に繋がれば良いと思うが。
昨日買ったネットを垣根の周囲に上手く張る事ができた。実際に練習すると、ネットまでディスクが届くことはなく心配は無くなった。

今日も天候は良かった。症状も同じく眩しさと痛み更に後頭部から首、肩の痛みを凝りが強かった。それなのに眼の痛みは程酷くなって後頭部の方が痛い。早めに寝る事にした

眼の状態 0


2月6日(日)BTX18日
外出をする口実に、鼻洗浄機を設置する棚や庭でフライイングディスク練習する際のネット等を買おうと女房を引っ張り出した。行く先のホームセンターは6駅乗って行き、更に歩いて20分と遠いい。ネットは簡単に見つかったが棚は無い。代替品も探したが見つからず、十分散歩替わりになった。家内はもう晩飯作りが厭になっているのが分かっていたので、市の中央まで歩いて食事することにした。8000歩を越えて十分すぎる運動をしていたので、ゆっくりと休息と食事を済ませることが出来た。少し酔ってしまった。

天候は良かった。眼は眩しさと痛み更に後頭部から首、肩の痛みを凝りが強かった。
眼の痛みはそれ程酷くなくて後頭部の方が痛い。

眼の状態 0+


2月5日(土)BTX17日
最近は自宅の庭でフライイングディスク練習をするようになった。それは良いが、東に投げると道路や隣家に飛んで行ってしむ。ならばと西に投げると隣家と境の柵にぶつかりカーンと音が出る。仕方がないから手前にネットを張って、柵まで行かないようにしよう。それまでは、ディスクを地面すれすれに飛ばしている。これもまた意外に良いコントロールの練習になる。
それにしても、もう少し気温が上がるといいのだが。屋外作業が捗るだろう、尤も植物も芽を吹き出し活発になるからもっと忙しくなるに違いない。

どうも眼玉の奥の痛みと首肩の痛みと凝りが強い。オリンピックを見ていられないので、ラジオで聴きながら寝てしまった。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


2月4日(金)BTX16日
横須賀でも寒い日が続いている。家の中にいると身をもて余してしまう、幸い庭仕事はいくらやってもやり過ぎることはない。只、脊椎管狭窄症を再発させぬように注意をしなければいけない。アツという間に起きる場合もあるから、チョットしたことでも気を緩めてはいけない。少しづつ腰痛防止体操を徐々に始めてきて、効果が出てきた。焦らない事、続ける事、痛くならない範囲に留める事等が重要だ。
単純なフライイングディスクの練習練習も良い。独りでできるし、投げたら自分で10m以上歩いて拾いに行くし、拾う時に膝を曲げたり、前屈ので意外に身体が暖かくなる位の運動になる。
室内では写真の編集作業をやった。取捨選択、トリミングが最初の作業になる。その後は自分の望む画像にするべく編集作業を行う。これがトライ アンド エラーの連続で一番時間の掛る仕事になる。納得できる作品になるものが月に2,3枚できれば恩の字だ。

今日は眼は相変わらず眩しさとショボショボだ。少し目薬の使用頻度が高くなっている。加えて左目の痛みが後頭部へ突き抜けて頭痛を起こし、首と肩まで痛みと凝りになる。痛みで早く寝てしまった。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


2月3日(木)BTX2週
私の住む横須賀も今週になってオミクロン株が急増している。3回目のワクチン接種も終わっているものの高齢者であり、気持ちを引き締めている。
年寄りの冷や水でフライイングディクをやっているが、中々上達しない。天候も良くなって、庭でも練習している。目標に当たらないのは仕方が無いとして、垣根を飛び出して道路に飛んでゆく事がある。きっとその内自治会から一言ご注意を受けそうな気がする。今日から反対側の隣のお宅に向かって飛ばすことにした。こちら側は背の高い気があるし柵もある。念のためにネットを使って塞ぐようにする積りだ。
夜は小学校時代の友人とZOOMで話し合いをした。もう30数回もやっていると、何となく飽きて来る。外出が減る中で皆が共通に話せる事も少なくなった。じゃ、ZOOMでなくSkypeでやろうと試したりするが、今一である。

眼はこれ以上良くならないような気がする。この程度なら我慢して生きて行ける。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力がやや強い。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低くなっているので、眩しさが強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:やや強い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:無い
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:凝りを感じる。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強い。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。


2月2日(水)BTX14日
私達、眼球使用困難症の患者の生活向上を目指して活動なさっている方々のZOOM会議にご招待を受けて参加しました。昨年末には眩しさ等の重症の方達に行ったアンケートに関する熱心な話し合いが行われました。内容について私から公表するのは控えますが、あらゆる面で私達の問題への認知度はまだまだ低いと思っています。アンケートについてではありませんが、眼球使用困難症患者でも生活に不安の無い方達は沢山いらっしゃると思います。是非この問題について一層深く関心をもち、活動に協力をお願いしたいと思います。私達が声を挙げなければ、誰も助ける人はいません。これは法律の上でも、医療の世界でも同じことです。重症とまでならなくても、決定的な治療法が無い現状はいつまで経っても変わらないままになります。簡単な解決法はありません、一人一人が自分の出来る範囲で改善に向けた活動に動いて頂きたいと思います。

庭の太陽が眩しい中での庭仕事で、眼が疲れ気味になった。ショボショボと休んでいると眼が閉じて居眠りみたいになってしまう。

眼の状態 0


2月1日(火)BTX13日
出掛けるのが厭だなと思う位の寒さとなった。それでも歌の勉強会には出席した。
楽譜の読めない私には2部合唱が困る。恥ずかしさも気にせずにやり続ける、厚かましさは高齢者の特権かもしれない。楽譜を見て音を出せるにはどんな訓練をしたらいいのだろう。女房でさえ教えられないのだから、先生方諸君も年よりには無理なのだろう。
帰りは何時ものように、ヴェルニー公園を通過して一駅分歩いて帰った。
米軍基地は杭を沢山打って、何やら新しい設備ができそうだ。

歩く中眩しさだけが際立つ、太陽に顔を向けるとクシャミが出るのは私だけだろうか。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月31日(月)BTX12日
ワクチン接種直後に自分のいろいろな身体の不具合、症状が極端に出てきて驚いた。このワクチンは健康診断に応用できるのではないか、と思う位だ。勿論、眼瞼痙攣もそうだ。また、奥歯の痛みも激しくなり、出血するまでになった。これはもうほっとけないと歯医者に緊急処置をお願いした。幸い簡単な止血とクリーニングで収まったが、コロナの日常生活に与える影響の広さに驚かされた。

眼はまあま良い状態に収まってしまったようだ。このまま何処まで続くか。
今一番気になるのは眩しさです。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月30日(日)BTX11日
今日も老人会のカレンダーの配布に町内を一巡して良い運動になっている。オミクロン株も徐々に拡散を始めて、こんな田舎町でも更に静かになってしまった。普通ならスーパー前の広場は小学生たちで賑やかに、騒々しいが今は子供が2,3人しかいない。コロナが通り過ぎるのをひたすらまっている雰囲気だ。
スーパーでトイレットペーパーを二束とギョーザの皮を買って帰った。どうやら女房は一夜で体調は戻り、晩飯を作る気になった。目出度し、目出度し。

天候に恵まれ、庭作業にも力が入った。脊椎管狭窄症さえ悪化しなければ、かなりの仕事が出来ると思うが自重することを忘れてはいけない。もう一回激痛を起こしたら、一挙に体力が減退してしますだろう。

どうやら、僅かながら眼の回復は進んでいる。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月29日(土)BTX10日
月末になって老人会の配布資料が送られてきた。部数が足りなくて仕方がないから自分の分は一読して皆さんにあげてしまった。一回りすると良い運動になる。
家内はワクチン接種の翌日とあってダウンした。38℃弱でグンニャリして寝たままだ。食欲が全くないし動く気にもならないようだ。帰りにスーパーに寄って自分の晩飯代わりの弁当と極上?のアイスクリームを2個買った。女房はアイスクリームならどうやら食べられてホッとした。

私はもワクチンの影響は殆どなくなっているから、五目寿司弁当は独り美味しく食べることが出来た。BTXが効きだしたのだろうか、眼が少しよくなってきた。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月28日(金)BTX9日
高齢の写真友達が体調不良で苦労している。お一人様で86歳になり近隣に親戚もいない中、内臓疾患で不安を抱えている。喫茶店で相談したが名案など簡単に出る訳もなく、取り敢えずは市の相談窓口にゆく事を薦めた。私も何度か相談に行っているがかなり熱心に対応してくれる。しかし彼は何でこの事態になるまで、何の準備をしなかったのだろう。人物から意外に感じる。
その後家内もワクチン接種が終わり、またもや二人で喫茶店に入り軽食を取る事になった。女房もワクチンの副作用が心配になる。
帰りはついでにリハビリに寄り、トレーニングのつもりで山道を登り自宅に帰った。

眼は良い状態を維持している。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月27日(木)BTX1週
終日在宅。学生時代同期会の寄稿文に熱中した。外出もせず、庭仕事もせず、家事もせず。通常なら眼は悪くなるはずが、むしろ良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:閉じる力が強い。
〇ドライアイ:症状が強いときショボショボ感は非常に強い。ムコスタの点眼液で気休めの症状緩和にしている。
〇眩しさ:太陽光が低くなっているので、眩しさが強い。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:強い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。
〇頭部痛み:パソコン利用で顕著である。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足によるショボショボ感も一因だ。
〇首肩のこり:凝りを強く感じる。痛さもある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強いた。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はない。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。


1月26日(水)BBTX7日
風呂場脇の洗面所 兼脱衣所 兼洗濯場は寒さで閉口していた。風呂場は暖房を追加したが何となく後回しにしていた。女房と相談して隣駅まで買い物に出掛けた。事前にネットで調べて行ったが同じものがない。でも売れ筋の商品が分かって、丁度開梱直後の製品を買った。小型で1.2kwあるから2畳の部屋では十分過ぎるくらいだ。短時間しか使わないからこれ位で良かった。
昼飯時で和食の店に入ると店長兼料理長が客の注文取り、、、、何もかも一人でやっている。お酒の提供はしまい。精一杯でお店を動かしているみたい。待っている間に体調が悪くなってきた。先ず眼に痛みが出てから、眼の奥へ更に後頭部へと痛みが拡がって行く。首、肩も凝るような痛みが出る。脊椎管狭窄症に関連する腰痛や足の指まで痛む。呼吸は大した事はないが何とない息苦しさがある。お腹の具合も悪くトイレを急ぐことにもなった。3回目はモデルナのワクチンで少し副作用が強いようだ。
坂を下るときに眼を瞑ることが多く、瞼が閉じてくっつくと直ぐに離れない。薬の効果で眼輪筋の開く力が弱まったのだろう。ワクチン副作用らしく、症状全般に渡りかなり悪化している。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0 )


1月25日(火)BTX6日
毎日気温、湿度、気圧を測定していたが、気圧計は壊れても信頼性を期待する気圧計は高くて替えない。玄関の人気の少、日の当たらない場所ではこの数日8〜12℃でかなり寒い。私の3畳部屋でさえ電気ストーブでは暖かくならない。この地では珍しく霜柱が立ちっ放し。屋外作業に出る気も無くなった。
幸い今日はワクチン接種日とあって整形外科リハビリを行ってから接種会場に出掛けた。地元の大きなデパートの二つのフロアーを借りてやっている。要領が良くなって、対象人数も減り極めてスムーズに終わってしまった。この間約10分で後は経過観察15分で終了した。これで友人達も揃っておわれば「ほろ酔いクラブ」の新年会ができるだろう。

昨夜は就寝前にラジオはお休みタイマー30分にセットした。眠さも少し軽くなったせいだろう、眼は少し良くなった。でも僅かだ、評価点数は上げられない。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月24日(月)BTX5日
矢張り眠気はNHKのラジオ深夜便のせいらしい。昨夜はタイマーで30分セットしたら大部良くなった。フラフラや気分の悪さも軽くなった。年をとるとこんな所にまで影響を受けるようになるのだろう。
日中は寒くて庭にでるのも厭になった。この心、物ぐさこそ我々の大敵であるとおもいつつ部屋で呻吟している。学生時代の寄稿文を安請け合いして困っている、これがまた物ぐさの原因になっているのだ。ストーリーが纏まらないであれやこれや悩むばかり、いろいろとテーマを思いつくがしっかりピントを合わせられずにいる。
どうも良く見せようとの下心が揺れ動いているようだ。

どうも揺れ動く心理は積極さを生まない。眼も消極的で冴えない。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月23日(日)BTX4日
合唱の練習に参加してきた。私は前回の曲「COSMOS」を繰り返し練習して、YOUTUBEからプロのテノールパートを探してこれも繰り返し聞いてきた。ところが先生はそんな事にはお構いなく次の曲「遠い日の歌」に移ってしまった。コロナで休会もあるので先を急いでいるようだ。今まで参加していた会と扱いが違う。いきなりパート別に練習が始まってしまう。慣れない練習に戸惑いながらやっているうちに終わってしまった。相当心構えを整えて行かないとついて行けそうもない。
帰り道に床屋さんでスッカリ伸びた髪を殆ど坊主頭に近い位刈って貰った。

昼の眠気に悩まされている、椅子に座ったら直ぐに寝てしまうし気分が悪くなりフラフラしている。NHKのラジオ深夜便を付けっ放しにしているのが悪いかもしれない。音は小さくしているので、問題ないと思っているが。NHKも「副作用の無い睡眠薬」と言ってる位だから。
そんな影響もあるか、未だ眼は好転しない。注射後1週間にもならない、無理もない。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月22日(土)BTX3日
晴天と寒さで外出は女房の買い物帰りに迎えに行っただけ。庭に出て、どうやら終わりかけた松の木の揉み上げを行った。これで整枝もできそうだ。竹を添えて格好良く仕上げられるか、楽しみだが冷たくて指先の感覚が無くなってしまった。またひび割れやあかぎれにならないようにクリームで補修した。

比較的不精な一日は眼に良かったらしい。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月21日(金)BTX2日
コロナ休会が続いていたけれど、久し振りに写真の勉強会が開かれた。寂しいことに5人しか集まらない。コロナのせいではなく、高齢者ならではの病気が原因でこれもまた深刻な問題だ。それでも皆さんの研究熱心さは変わらず楽しい会話が弾んで良かった。メンバーの先生は多方面から写真の評価、指導をするようになって私としては嬉し楽しの時間となり、次回の作品にワクワク感を感じてしまった。
最近の発表はスライドで行っている、主旨はプリントする手間と費用が全然違うからだ。しかし、モニター画面は各々が使う機器とモニター画面で大いに異なる。
指導して貰った画面を家のモニターでみたら余りに違い明るさや色が違い過ぎて、参考にならなくなった。勿論無駄な指導ではないが、その結果を期待通りに見ることが出来ないのは残念な問題である。矢張りプリントで見ないと皆で正確に判断出来ない。

連日、眠さが酷くて日中に気分が悪くなるくらいだ。眼の症状にも何らかの影響が出ているかもしれない。眠さで瞼がくっつきそうだ。何処でも座ると眠ってしまう。何かの病気かも?

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月20日(木)BTX初日 第51回ボトック注射実施。
午前中はフライイングディスク練習で「上手くなった?フォームが綺麗になりましたね」なんて言われて若干喜びを感じた。しかし全4種類合計スコアはそんなに変わらない、まだまだ努力をようする。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

午後は横浜の神経内科の先生にクリニックに行った。スタッフの女性が「坂本さん!暫く来なかったから、今日の注射はいたいでよ!!」と脅かす。たかが2週間延期したから、痛くなる訳がないと思うが。年寄と思ってカラカッたのだろう。
先生にはボトックスの総括にだしたデーターをお見せして、複視の状況は眼輪筋への効果を目一杯出すために瞼の睫毛の部分に注射たのだろうと言う眼科の先生の見解をお伝えした。その他注射直後から、瞼がしっかり閉じないので洗顔時に水が眼に入るし、石鹸水が眼に入り痛いのことも説明した。グラフから成績もかなり悪化していることはアッサリと認め今回は注射ヵ所を変更する旨のご返事を頂いた。
前回は15ヵ所だが今回は13ヵ所左右眉毛の下や鼻と額に注射した。全量は変わらず50単位である。


1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:やや強い。閉じる力が強い。
〇ドライアイ:症状が強いときショボショボ感は非常に強い。ムコスタの点眼液を症状緩和と気休めにしている。使用頻度が極めてたかくなった。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、眩しさが更に強くなる。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:強い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:パソコン利用で顕著になった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:凝りを強く感じる。痛さもある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強くなった。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない



第49回ボトックスの総括 [2022年01月05日(Wed)]
第49回ボトックスの総括
btx48.png

btxdis48.png平均して良い結果である。0.3が大半である一方+1は一回もない。逆にー0.3は少ないがー1は4回もある。期間前半0から1の間の変動が20回ある。安定するのに時間が掛り過ぎ安定する期間は一ヶ月で全体の1/3程度に過ぎない。ー1が4回と言う事は最悪の状態が少なくて大変有難い、でもこれは外出するのが極めて困難な状態だからまだまだ不十分だ。因みに私なら経験で歩行をすることは出来る。
長年の経過からこの程度がボツリヌス注射治療の限度あると思う。他に飲み薬を先生に相談して症状緩和するしかないと思う。先生方の考えもあるが、飲み薬を多用したり自分自身が依存症にならない事が重要になる。


btxm.png

今回は平均値が+1を越えた。ボツリヌス注射による限度のように思っている。不満は勿論あるが、この程度であれば、一生我慢してゆけるだろう。後は自信の高齢化に伴う身体全体の反応の鈍さが症状を緩和してくれるだろうと思っている。当然身体能力は低下するので鈍さが大きく影響するから相殺してどうなるか?・・・そんな事まで分かる訳もない。希望と努力で何処まで続けられるか?そんな事も忘れて生きるだけ。 
第50回ボトックス日記 [2021年10月11日(Mon)]
第50回ボトックス日記

DSCN293720 a.JPG




1月22日(土)BTX3日
晴天と寒さで外出は女房の買い物帰りに迎えに行っただけ。庭に出て、どうやら終わりかけた松の木の揉み上げを行った。これで整枝もできそうだ。竹を添えて格好良く仕上げられるか、楽しみだが冷たくて指先の感覚が無くなってしまった。またひび割れやあかぎれにならないようにクリームで補修した。

比較的不精な一日は眼に良かったらしい。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月21日(金)BTX2日
コロナ休会が続いていたけれど、久し振りに写真の勉強会が開かれた。寂しいことに5人しか集まらない。コロナのせいではなく、高齢者ならではの病気が原因でこれもまた深刻な問題だ。それでも皆さんの研究熱心さは変わらず楽しい会話が弾んで良かった。メンバーの先生は多方面から写真の評価、指導をするようになって私としては嬉し楽しの時間となり、次回の作品にワクワク感を感じてしまった。
最近の発表はスライドで行っている、主旨はプリントする手間と費用が全然違うからだ。しかし、モニター画面は各々が使う機器とモニター画面で大いに異なる。
指導して貰った画面を家のモニターでみたら余りに違い明るさや色が違い過ぎて、参考にならなくなった。勿論無駄な指導ではないが、その結果を期待通りに見ることが出来ないのは残念な問題である。矢張りプリントで見ないと皆で正確に判断出来ない。

連日、眠さが酷くて日中に気分が悪くなるくらいだ。眼の症状にも何らかの影響が出ているかもしれない。眠さで瞼がくっつきそうだ。何処でも座ると眠ってしまう。何かの病気かも?

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月20日(木)BTX初日 第51回ボトック注射実施。
午前中はフライイングディスク練習で「上手くなった?フォームが綺麗になりましたね」なんて言われて若干喜びを感じた。しかし全4種類合計スコアはそんなに変わらない、まだまだ努力をようする。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

午後は横浜の神経内科の先生にクリニックに行った。スタッフの女性が「坂本さん!暫く来なかったから、今日の注射はいたいでよ!!」と脅かす。たかが2週間延期したから、痛くなる訳がないと思うが。年寄と思ってカラカッたのだろう。
先生にはボトックスの総括にだしたデーターをお見せして、複視の状況は眼輪筋への効果を目一杯出すために瞼の睫毛の部分に注射たのだろうと言う眼科の先生の見解をお伝えした。その他注射直後から、瞼がしっかり閉じないので洗顔時に水が眼に入るし、石鹸水が眼に入り痛いのことも説明した。グラフから成績もかなり悪化していることはアッサリと認め今回は注射ヵ所を変更する旨のご返事を頂いた。
前回は15ヵ所だが今回は13ヵ所左右眉毛の下や鼻と額に注射した。全量は変わらず50単位である。


1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:やや強い。閉じる力が強い。
〇ドライアイ:症状が強いときショボショボ感は非常に強い。ムコスタの点眼液を症状緩和と気休めにしている。使用頻度が極めてたかくなった。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、眩しさが更に強くなる。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:強い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:パソコン利用で顕著になった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:凝りを強く感じる。痛さもある。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。頻度が高く強くなった。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。

1月19日(水)BTX104日
歌の先生から昨年末の発表会を録音する為にメモリーディスクを2枚預かっていた。
先生がCDを作って頂けるとのことで、パソコンからコピーして郵送した。一度は私が自分のメモリーディスクをお渡したら、先生の音響機器では聞けなかったので再チャレンジとなった。最近は著作権の問題で簡単にコピーが取れないのだろうか。郵送するために封筒に入れて84円切ってを貼ってから郵便局で重量チェックしたら厚さが2mm程度オーバーしていると、追加料金120円を徴収されてしまった。流石にプロで、一目見ただけで厚さにきずいたとは驚きだった。局員にさすがプロと褒めたものの、見逃すことはしなかった。

写真の編集作業も手伝って、眼はわるいままで一日が暮れてしまった。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


1月18日(火)BTX103日
家から出掛けるのが厭になる位の寒さになった。その中、今年初めての歌の勉強会に行って来た。ソロの練習は別に問題ないが、合唱となると70歳ぐらいから始めたのでお手上げ状態になる。男性だから低音部を歌うところ、なってないので始めはメロディーを歌わせて貰い時間稼ぎをして数回の練習の間に自宅で低音部を覚える。そんな勝手が許される教室だから、私も気楽に参加させて貰える。年末の発表会の録音データーがすんなりCDにコピー出来なかったので、先生の録音を私がパソコンを使ってメモリーディスクに入れた。良く理解出来ないがこんな手間を掛けるとCDへコピーが出来るそうだ。多少なりともお役に立てれば良いかと思っている。帰宅時に整形外科で脊椎を引っ張り、西友ストアーでお茶椀110円でかった。
ご飯を茶碗に移すとき、一瞬瞼が閉じてしまい角にぶつけて割ってしまったからだ。これに限らず、調理場は危険な作業場所で動作はゆっくりと確認しながらの作業が大切になる。

眼は昨日程酷くはならないけれど、頭、首、肩も痛くなった。屋外歩行も多少はらくになった。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


1月17日(月)BTX102日
老人会の公園清掃に参加。寒くてもお互いに顔を合わせ、話が出来るので楽しみに参加する方が多い。幸い晴天が多く、雪も簡単に溶けてしまい作業は順調にすすんでいる。枯葉集め位なら簡単だが、大きくなった木々や植え込みはプロの手や人数が必要になる。力足らずでなにか物足りない風景になってしまった。これでも神奈川県で表彰された位で長年の努力のご褒美らしい。
午後は役員会新年会で軽い乾杯と質素な食事ですませた。高齢化が進む中、役員の成りても先ずない。毎年の検討テーマであり今年も悩みの種だ。
昨晩の津波警報、注意報でスマホに警報、注意報が零時過ぎて早朝まで続いた。
横須賀市では必要以上に繰り返したのは、システム設定の不備だとのこと。
NHKもラジオ深夜便が中断して一晩中津波の放送を続けていた。
日本も領海が拡がったと喜んでいる西ノ島新島が大爆発しないか?伊豆の大島もそろそろまた爆発するころではないだろうか?

昨日より更に眼のショボショボ、シブチン、眩しさはなった。パソコン主体になる作業はとても無理になった。もう堪らずに早々と寝てしまった。

眼の状態  ー1(旧表示 ー1)



1月16日(日)BTX101日
晴天は嬉しいし助かる。女房と散歩がてら鷹取山の公園まで登ってきた。東京湾、房総半島、横浜市街と眺望は良い。ここからスカイツリーを見ることが出来るのはまれでえある。冬の西北から吹き付ける季節風でスモッグが吹き飛ばされないと見えない。横浜のレインボーブリッジやつばさ橋とみなとみらいのビルも良く見える。東京湾の船も千葉の港から、海ボタルと東京湾アクアラインから木更津も水平線の上に浮かぶようにみえる。房総半島は君津の工業地帯がかなり近く、製鉄所の設備がすぐそこに見える。そこから南は鹿野山や鋸山が続き立山までと織り交ぜた風景になる。東京湾の貨物類の船がすっかり減ってしまった。コロナの影響は大きい。
自宅では松の木の剪定と揉み上げだけで本日は終了。

眼のショボショボ、シブチン、眩しさは強くなる一方だ。 

眼の状態  ー0.8(旧表示 0−)


1月15日(土)BTX100日
来週は写真の勉強会、歌う会その1、フライイングディスク練習、それに学生時代の同期会への寄稿文の締め切りが迫る、BTX注射第51回目、その次の週は歌う会その2で暗譜と忙しい。それに庭仕事だ、松の木剪定が遅れている。

今日もデスクワークに集中して、眼は悪い。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


1月14日(金)BTX14週
働いていた頃の友人との新年会で出掛ける準備をしてから、念のためニメールをチェックしたら中止との知らせにビックリした。幹事さんがオミクロンを懸念してZOOM新年会に切り替えていた。ZOOMまでやって新年会などやりたくない、面白くない・・・と出て来ない人達もいる。この気持ちも良く分かる、人間どうしがお互いに触れ合ってこそ楽しみ、理解しあう楽しい雰囲気が出来上がる。ついつい筋道や合理性を中心に感情判断を加えて自慢話ときたら、話し合いは誤解を増長することがある。場もしらける。私達サラリーマンを過ごして管理職みたいな人間に陥って、退職後は情けない人生を過ごすケースもある。皆々一生懸命働いてそれなりの成果を得たと思っていたら管理職ロボットみたいな人間では余りにも寂しい。個性が出せる社会で欲しい、管理職ロボットでは世界で競争力を持つには不足だ。個性豊かな価値観が発揮できないと遅れるばかりになる。私達が入社する頃は協調性を非常に重要視していた時代だった。創造力のある管理職が頼もしい。

脊椎管狭窄症は気を付けないと大事になるから、庭仕事は控えてデスクワーク中心にしている。そのせいで、眼の症状は悪いけれど休めば回復するので助かる。食事で茶碗をぶつけて割ってしまった。瞼が閉じる時と茶碗を動かすタイミングが一致してぶつけたのが原因だ。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:やや強い。閉じる力が強くなった。
〇ドライアイ:症状が強いときショボショボ感は非常に強い。ムコスタの点眼液を症状緩和と気休めにしている。使用頻度が極めてたかくなった。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、眩しさが更に強くなる。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:パソコン利用で顕著になった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:凝りをはっきり感じる。
〇複視:無い。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。年賀状に手書きで短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。



1月13日(木)BTX98日
横須賀では毎月さくらの会が文化会館で、誰でも歌える斉唱と2部合唱をプロ歌手達と歌う行事があって参加している。午前と午後で3000名位参加するのも驚きだ、この位もファンがあることは以外にチャンスがないのだろう。いくらでもチョット探せば身近にあるのにと思う。
帰りはまた女房とお店で夕食を取った、室内暖房はしているが換気もしているから案外と寒々としていてビールなんか飲めない。安上がりに焼酎のお湯割りで満足した。ここの店は釜めしがうまいので気に入っている。でもメニューが寂しくなってしまった。早く昔に帰りたい。

瞼が閉じる、ショボつく、かなり眩しい。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


1月12日(水)BTX97日
撮りだめした写真から勉強会に出す作品を探している、去年の初夏のころから遡っているから手間の掛る事大変。ものになりそうな作品があると、ある程度トリミングや編集をして見たくなる。その度毎にやっているとあっという間に半日位過ぎてしまう。ついつい深夜に及ぶと眼がどうしようもなくなる。諦めて寝るしかない。

さすがに眼を開くのが困難になった。でもまだ一時的なので、明日は回復するだろう。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


1月11日(火)BTX96日
 午前中は雨、午後は曇りで外出予定もない。今月の写真勉強会は必ず参加しようと意気込んで、年末年始の写真から作品を選んで編集仕上げ作業に打ち込んだ。作業を続ける中で、モノクロ写真の良さが徐々に分かってきた。カラーの鮮やかさに気を取られていたが、モノクロの方が被写体の良さを際立てさせる効果がある事に気付いた。そう気付くとカラーかトリミングかを始めのうちに決める事にしてみた。女房に見せて感想を聞くと、カラーかモノクロかの判断規準にはかなり違いがある事が分かってきた。勿論トリミングもそうだ。女房といえども、貴重な異見は重要である。

兎に角、写真に集中するのは物凄く眼を使う。ショボショボ、シブシブ感が強くなり口の周辺もゆっくりした痙攣が始まった。早め、早めに休息するしかない。このとき気分転換で歌の練習をすれば良いがとてもそんな気にならない。静養のみだ。調子が良いからBTX注射を2週間のばしたら、即悪化が始まってしまった。でも良い経験にはなる。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月10日(月)成人の日BTX95日
 雲って寒い日だ。昨日の横須賀での成人式騒ぎは市が今日と2回に分けて行ったのかもしれない。確認のため会場付近に出掛ける用事もないから分からないが。兎に角家に籠り、歌の楽譜からパソンコンに入れ直した。これも眼に悪いが仕方がない。やり終わる頃は12時を過ぎてしまった。

眼も疲れた。一時的ではあるが。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月9日(日)BTX94日
今朝は早く起きて合唱の練習をしたが、音がおかしいので女房に聴いて貰うと私のパソコンへの記入で間違いだらけだと言う。もうどうにもならないと諦めて家をでた。実際の練習では当然苦戦するばかり、でも高齢男性3人は皆同じなので同病相憐れむ感じで済ませる事が出来た。
そのまま、午後の部は視覚障害者向けのヨガに参加した。これは高齢者ばかりのグループなので気楽に楽しむ事が出来た。
それにしても成人式の人出の多いのに驚いた。昨年出来なかった方達の分までやったのだろう。駅から広場へと会場まで晴れ着姿とスーツ姿が溢れる一方、羽織袴で昇り旗を立てた一団やバイクで大音響を起こすグループもある。表現は様々だが、滅多にない自己主張?或いは精一杯目立ちたいのだろう。喧嘩が起こらず、オミクロンのクラスターが起きなければよいのだが。今日の横須賀市のオミクロン発生は23名と発表されているが、数日後はどうなるか?気になる。
夜は写真の月例、写真展と忙しく深夜まで写真の編集作業を行った。

眼の症状は昨日同様。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月8日(土)BTX93日
未だ腰の違和感が続くので、整形外科へリハビリに行った。明日の合唱の準備をする。私は楽譜のオタマジャクシを見て上下、長い短いは分かるがドレミ・・・と音程は出せない。だから毎回パソンコンを頼って楽譜を入れてから演奏して練習する。♭や#が出てくると間違えやすい、転調するとさらに厄介だ。幸い#や♭が四つも出て来ることは少ないが、後で演奏するとおかしな音が沢山出て来ると本当に疲れる。

昨日、今日とパソコンに向かい続けたせいで眼の症状急に悪くなった。ショボショボ、瞼がくっついて離れない、瞼が閉じる等だ。まだまだ過去に会得した要領で歩く事に殆ど影響はない。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


1月7日(金)BTX13週
そこそこ歩く距離を伸ばしながら毎日続けて歩いたら腰が痛くなりだした。脊椎管狭窄症の症状だ。無理をしないでジワジワと治すのが極意と思っている、そのつもりでも矢張りやり過ぎなのだろう。また新年早々整形外科に行くと、満員御礼で患者さん次から次へと押し寄せていた。暫く正月休院で待ちかねたようだ。帰りは負荷を小さく気を付けながら歩いて帰宅した。
相変わらず、このブログも滞っていたので遅ればせながら第49回ボトックスの総括記事をアップした。明後日はが新に入った合唱の準備練習もあって、結構忙しい毎日になった。出来る事より出来ないで後ろへ伸ばす事が多すぎる。

眼の症状は下降気味だ。瞼が閉じるより、くっついて離れないかんじだ。あとは眩しさが強くなってきた。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:やや強い。閉じるより開きにくく、瞼がくっついて離れにくい
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を症状緩和と気休めに適宜多く使っている。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、眩しさが更に強くなる。日に向かうと眼が開けられない。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:パソコン利用で顕著になった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:凝りをはっきり感じる。
〇複視:良くなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。年賀状に手書きで短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。



1月6日(木)BTX91日
今冬初めての雪になった。フライイングディスク練習に出掛ける頃は極く弱い雨、練習終わった頃はしっかり雪に替わってしまった。ささやかな新年会をやって解散する頃は寒い、寒い雪景色となった。幸い体調が良かったので駅から自宅まで山道を登って問題なく帰宅した。
夜は小学校時代の友人とZOOM会議。テーマが地球の脱炭素化、即ち温暖化対策で極めて真面目な討論になった。しかし私達程度ではテーマが大きすぎて、何の纏まった方策が出る訳も無かった。断片的な話題に終始してしまった。
家の前の道路に雪が積り出して10cm弱になって明日の朝のスリップが心配と、思い切って雪かきをやってしまった。

天候の変化があっても眼には殆ど影響しないで済んだ。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月5日(水)BTX90日
まず始めにお詫び申し上げます。現在私は第50回のボトックスの日記を継続している最中です。ところが第49回ボトックスの総括記事を作成中に、公開してしまいました。
従って
第1に内容が第48回の総括記事のパターンを利用して作成したので、内容が全く誤っておりました。
第2に49回総括記事はもっと早く10〜11月にアップすべきところを今まで伸ばしていたこと。
こんな事で得体のしれない記事を中途半端にアップしました。現在非公開にしております。出来上がりましたら公開致します。

以下、日記を始めます。
後回しにしていた、第49回ボトックスの総括記事を始めたら、データーからグラフ化する手順を忘れてしまい記憶を辿りながら、失敗を繰り返していた。幸い出来たものの時間の掛る事は大変なものだった。もうすぐに第51回のボトックス注射が迫っている。
今朝、担当の神経内科の先生に電話をかけて7日のボトックス注射予定を20日に延期をお願いした。理由は今回の注射の効果が過去にあまり例のない位成績が良かったせいである。注射したときの痛さとか症状が良くなるまでに時間が掛かっていたことはあるが、それにしても良かった。
今日も眼は程々に良かった。8000歩の散歩でも症状の悪化は殆ど無かった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月4日(火)BTX89日
庭の松の木の剪定が途中で終わっていたので再開した。晴天は有難いが猛烈に眩しいから、立ち位置を変えながら作業をする。その内、ハサミでパチンと切るショックで右手の腱鞘炎が痛む。左手でやったり、右手に左手を添えて両手でパチンと切るがえらく手間がかかるしヤッパリ痛い。こんな訳で今日も中断することにした。
運動不足にならぬようにと、近くの鷹取山に登り周辺住宅の散歩コースを歩いた、晴天と寒さがかなりきつくなってきた。

日中の松の木剪定作業は眼に悪かった。ショボショボ、閉じるの症状が強くなった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


1月3日(月)BTX88日
箱根駅伝では復路の闘いで青山学院大学が優勝した。ダントツの優勝は今後も連覇攻勢を続けるだろう。母校は6位で大健闘した、来年は予選会からハラハラしながら応援しなくて済む。1964年の東京オリンピック前までは6連覇したことが記憶に残っている。奢れること久しからず、優勝するまで後何年かかるだろう。私の命に間に合うのか、興味深々。
午後になると年賀状の第2波が届く、この中でこちらから年賀状を送っていない方に返信年賀状を送る事になる。ハガキ印刷を始めたらインクが不足でアウト、大急ぎで隣駅まで買いに行くハメになった。なんとか買ってきて印刷を始めると、パソコンが動かない。5回もやり直してもダメ、・・・・いろいろ考えて、最後の確定ボタンが見えなくなっているのだろうか?・・・と思いつき、やり直すとあっさり印刷が出来た。こんな問題は簡単に解決できるだろうに。いろいろな広告、誘い、訳の分からない画面がバタバタ出てきて仕事を疎外する。ネット販売で「あなたのパスワードが新しく切り替わっていますが、登録をやり直して下さい」等と、うっかり引っ張りこまれて被害を受けたらどうすのだろう。つまらんことで時間を無駄にさせる事、極めて腹立たしい。

眼は程々良好。

眼の状態 ー0.2(旧表示0+)


1月2日(日)BTX87日
早朝に女房が庭先のパンジーの中に落ちていた鍵を見つけ出して、昨夜の心配は一挙に解決した。外出する際に私が鍵を手に持って、女房が後から出て来るのを待ちながら萎れた花を摘んでいたいた。手が届かない花に両手を使って引き寄せたときに、ついつい鍵を地面に置いて忘れた事を思い出した。これからこんな失敗話が賑わうようになるだろう。取り敢えず、対策は必ず外出時に持って出るカバンに紐で繋ぐようにした。
箱根駅伝は私の母校も参加しているので、応援で目が離せなくなった。長年予選をやっと通過していたが、上位10傑に入れないでいた。やっと6位で箱根に到着して本当に嬉しかった。明日も10位内に入って貰いたい。
中学に入った年に初めて駅伝をしった。小学校の遠足が箱根へ行き、一部を徒歩で登ったことで、駆け登るなんて思いも寄らなかった。当時の選手はセーターを着て、5区だけは伴走選手が認められていた。私自身も中学校時代に全員が16km走らされたし、高校では30kmを走った。走れる訳がない、普段練習なんかしていないのだから・・・秋深く寒いなかフラフラ、ヨロヨロになって帰り着いたことを思えば箱根の選手の力の凄まじさを身に染みて理解できる。終わって熱いほうじ茶に砂糖を沢山入れた飲み物が忘れられない感激である。
近くの雷神社に初詣をしてきた・・・明日の母校の検討をお願いしてきた。

本当に不思議な位、「まあまあ良い状態」が続いている。7日は51回目のBTXだが何処まで続くか?延期してみようと思う。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


令和4年1月元旦(土)BTX86日
晴れて穏やかな一日となった。今日は何もしない事に決めて、ほぼ寝正月状態。
天候の良さに女房を引っ張り出して、近くの鷹取山に登ってきた。これが新年早々大失敗に繋がってしまった。帰宅して家の鍵がない事が分かった。取り敢えずは女房の鍵で済んだが、幾ら探しても見つからない。夜には庭まで懐中電灯で探した。夜は合鍵を拾った人物に侵入されてはたまらないと、外部から鍵が開かないように厳重に固定した。それにしても鍵は何処へ?なんとも気が落ち着かないまま寝ることになった。明日は交番に届けよう、新しい鍵に切り替えよう、家族全員の合鍵も揃えよう・・・。取り敢えず今晩は大丈夫・・・? それにしも???

そんなトラブルは兎も角、眼は良い状態を維持した。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月31日(金)BTX12週
天候に恵まれて松の木の剪定に専念した。あっちから、こっちからと姿を見直し整枝しては葉をむしる。こんな手順で手間が掛かる、プロの植木屋さんは物凄く早い。殆ど考えていないように見えるがそうではない。姿も整ってサッパリと床屋さんで整髪したような清々しさを感じる。でも下手は下手くそなり面白さを感じているからいいのだ。本を読んでやって見て、失敗も繰り返して観察し、見直す。これの繰り返しだから年月がかかってしまう。
夕方からは女房と買い物にでて大晦日の年越し食事と祝杯のアルコール飲料を買って、夜のテレビを見る準備をした。紅白歌合戦はもうついて行けない。静かなクラシック番組で一人過ごすことになった。

眼はどうやら大過なく年を越せた。注射直後は効き目がなく相当苦戦したが、一旦良くなると過去にもあまり経験がない位良くなった。来年早々に第51回目の注射になる。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
症状は極端に悪化しないので助かる。何年も経験したことがない程。
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日2程度使っている。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、眩しさが強くなる。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:良くなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。年賀状に手書きで短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。



12月30日(木)BTX84日
終日在宅。殆ど松の木剪定に専念した。今年前半に日陰と落ち葉で周辺にまで迷惑を起こしていた桜の木をとうとう切り倒した。その桜の日陰で松の木の枝ぶりが悪くなってしまった。私の技術では思うに任せず、背丈を短くすることばかりやって更に情けない姿になっていいる。松は新しい芽は先に先にと幹から遠くに出る。幹に近い所を切り落としたら、その範囲には金輪際芽は出てこない。接ぎ木はできるのか?勉強しなければならなくなった。
今年の政治は混乱した。しかし、政権政党は維持している。私が一番危惧するのは、日本が第2次世界大戦に突っ込んでしまった事実を理解されないままにいる事だ。
資源の殆ど無い日本は外国からの輸入が止まったらあっという間に亡国に陥る事を絶対に忘れてはいけない。そのための根本的な政治思想が余りにもお粗末だ。標語のように「国民の自由と安全を守る」と言うが、森友、家計、桜を見る会、新コロナ対処・・・をみればとても信頼する訳には行かない。一旦、国が決めたたら変えられないこの事実は第2次大戦の傷口を拡げ終戦に陥ったたときとそっくりそのままだ。
巨大な列車が誤って本線から支線に飛び込み脱線転覆するようなものだ。運転士も車掌も列車運航係もそして乗客まで何も気づかずにまっしぐらに進んでいる姿を想像するとゾッとする。

眼は有難いことに、ほぼ良好である。

眼の状態 0+(旧表示 0+)


12月29日(水)BTX83日
2日続けて出掛けてしまった。反省して庭の雑草除去をほぼ片付け、自慢の特性堆肥作りの箱の修理を行うとこれが手間取った。中途半端では直ぐまた壊れだすから、丁寧にやっている。素朴な仕事でも厭にならず続けられるのは不思議なもので、私の才能かもしれない。難しいことはなく、ただひたすら続ける・・・利口な人にはできない。終戦後に家族で内職仕事をしていた、あのビーズに糸を通して装飾品を作っていた作業のようだ。今は収入のためではない。なんの価値もない事もやりだすのが人間だと言う。そうだろう野生動物は価値の無い事はしない。犬や猫は意味のない事をやっているように見えるときがある。きっと野生でなくなったからだろう。

眼は本日もほぼ良好。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月28日(火)BTX82日
また今日も晴天。女房を引っ張り出して鎌倉見物に出掛けた。我が家から1時間で行けるのに写真にしろ観光にしろ、案外行かないものだ。何時でも行けると行かないのは都内に住む人が、スカイツリーにそんなに行かないのと似ている。でも今回は良かった。いつも通り過ぎる程度しか見てい無かった鶴岡八幡宮と建長寺をかなり歩き回った。八幡宮に広い池があること、建長寺がこんなに広く建物が多く池と庭園がある事もしらなかった。良いテーマが沢山あるので又出掛けよう。
昨日も今日も冷たい晴天だが、寒さは気にならず気持ち良く歩き14000歩になった。昨日は12000歩だから、結構歩けるようになった。
帰り珍しく開いていたレストランで一杯のビールで食事をした。金沢八景から山伝に天園まで歩いて来たグループがお茶を飲み談笑していた。お寺を回って来た私達と雰囲気がえらく違う。コロナの影響は大きい、建長寺近辺のお店は殆ど休みか早じまいしている。鎌倉駅周辺の賑やかさと明るさは八幡宮まで、後は人出が急に減って寂しさ漂うばかりになった。北鎌倉駅からは電車で急ぎ帰った。

眼は本日もほぼ良好。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月27日(月)BTX81日
素晴らしい快晴。風がちょっと冷たいが写真日和とあって三浦半島の西海岸を眼がけて出発した。思った通り富士、箱根、丹沢、伊豆半島、江の島、大島・・・見事な景観。たださすがに富士である、簡単には全てを見せず頂上付近に邪魔になるように雲がくっついて離れなかった。海は案外風が強く波が出て良かった。県立美術館でバスを降り、森戸神社まで北上を続け写真も撮り続けた。撮り続けるがなかなか気に入らない、景色は良いのだがありきたりの写真にしかならない、喫茶店で一旦休息した更に清浄時まで歩いたが気に入らない。とうとう諦めてバスに乗り帰宅に向かった。この風景を活かせないのは何だろう、気に入らない写真ばかりだ。

眩しさは大部堪えたが、その場限りの症状悪化で大過なくなく終わった。

眼の状態 0+


12月26日(日)BTX80日
気温が10℃を下回り、出たくはないが駄菓子ばかりのおやつには飽き足らずイカの燻製、裂きイカ、あたりめの3種をやや割引で買ってきた。口を動かしていると眼瞼痙攣の症状が緩むと言う、どれ位効果があるか?顎が疲れそうな気がする。合唱の新曲の勉強で楽譜をパソコンに入れて音を出して聴く。音楽の素養の無さでそうしないと音がだせない。曲はCOSMOS、思いっきり声を出して歌えそうだ。後は丹念に練習をするのみ。

眼は今日も変わらず。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月25日(土)BTX79日
日中は曇りと時々雨。寒くてあまり外には出なかった。この年になって年末に焦る事はないのに、普段怠け心を発揮しているからこんな時に色々と思い浮かべ殆どなにもしていないことに気付き慌てるのだ。兎に角年賀状は無事投函できた。残るは庭の雑草除去、残った竹の根っ子の除去、自家製堆肥作りの箱の修理(畳1畳分、高さ1.2m程)、松の木剪定、花壇と畑の整備、椿の剪定、枯れた紅葉の切り倒し(枝が伸びてお隣さんに迷惑なので、毎年切り落としていたら枯れてしまった)、部屋の大掃除等々、・・・・もう出来る訳ない。幸い家内は、大掃除不要論だから何にも気にしないので大助かりだ。そもそも掃除なんか気にしていない。私の亡き後はゴミ屋敷にならなければいいのだが。私が付き合うグループの女性が、ご主人が亡くなって人生が楽しく嬉しくって仕方がないと仰る。いつもご主人に「家内と言う字が分かっているか、家の中にいて働いていれば良いんだ。」言われて過ごしたそうだ。一方ちゃんと定年までお勤めをしているから、何処まで本音か分からない。
気が付いたらクリスマスらしい事も一切無かった。

眼は今日も変わらず。

眼の状態 ー0.2(旧表示0+)



12月24日(金)BTX11週
昨日から年賀状ソフトに取りくんで、ギクシャクしながら使えるようになった。スムーズに使えるなら直ぐに終わる筈だ。宛先によって私の名前だけ、家内と共通、家内の名前だけと分類すると3通りのファイルを作る事になる。大した操作ではないのに、自分の思い通りのファイル名がつけられない事が分かった。混乱する頭脳を働かせながら、兎に角全て印刷完了した。
こんな事で庭仕事は殆ど進まず、友人がサニーレタスの苗を植えてくれた。20本位あるから、我が家ではその内買う必要が無くなるだろう。この友人は長年自宅の畑でやっているから、手際が良い。肥料まで持って来てくれた。感謝、感謝。

この年賀状作成で奮闘していると、一時的に眼が閉じる、ドライアイ、ショボショボする。一日の平均では大した事はなく済んでいる。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
なかなか良い。日常あまり症状を意識しないで済む。年賀状作成の際にショボつき、疲れるに従いピンボケになる。
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日2程度使っている。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、眩しさが強くなる。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:良くなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。年賀状に手書きで短文を書くとき、文字が震えて酷い文字なってしまう。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。



12月23日(木)BTX77日
今月に入ってからサボっていたフライイングディスクの練習に参加した。腱鞘炎で痛くて出来なかったこともあるが、何だか忙しくて一日をやっと過ごしていたような気もする。上達しないけれど4種類のゲームを行うと結構な運動になるし退屈もしない。忘年会もあって、一番最後に入会した私は大人しく静かにしていた。所が、向かいにいた女性が戦時中に疎開した話をしたのでビックリした。精々70歳位と思っていた。頭が整理されて間違いがない、身のこなしも軽くフットワークが良い。障害者ではなくボランティア活動をしていると思い込んでいた。話し合ううちに、私と誕生日は一周間しか違わないことが判明した。思わず「騙された」「ずるい」と連発していた。世の中には大した人がいるもんだ、横須賀の合唱団でも長年活躍してきて年末にはベートーヴェン第9を歌っていたと言う。・・・恐れ入りました。

眼は有難いことに、程々の良さと悪さで推移している。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月22日(水)BTX76日
午前中は歌の勉強会でクリスマスソングを中心に合唱を練習した。菩提樹を2部で歌ったら女性がメロディーより男性がメロディーの方が全然良かった。要するに男性が下パートが出来ない程に下手と言うか、訓練不足なのだ。みっともない、残念な話だ。
帰りは歩く力をとりもどそうと、一山越えて隣の駅まで歩いた。今日は8831歩歩いた。忙しくて中々歩く時間が取れないけれど、少しずつ体力は回復している。
年賀状のソフトにトラブルが発生して住所録が消滅してしまった、それだではない住所録を新に作成し始めたらトラブル続出して諦める事になった。
仕方がないと、住所録ソフトのヴァージョン アップして購入したらこれまた手間のかかること。ディジタルの世界にはついて行けない、ITだかAIだか技術があるなら我々高齢者に簡単に使えるようにしてくれ。我々を取り残して、なにがディジタル世界だ!!国会で自分は分かりもしないでディジタル化推進を喚いても、遅れるばかり。教育を忘れている。

眼は連日変わらず。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月21日(火)BTX75日
午前中は歌の勉強会でクリスマスソングを中心に合唱を練習した。菩提樹を2部で歌ったら女性がメロディーより男性がメロディーの方が全然良かった。要するに男性が下パートが出来ない程に下手と言うか、訓練不足なのだ。みっともない、残念な話だ。
帰りは歩く力をとりもどそうと、一山越えて隣の駅まで歩いた。今日は8831歩歩いた。忙しくて中々歩く時間が取れないけれど、少しずつ体力は回復している。
年賀状のソフトにトラブルが発生して住所録が消滅してしまった、それだではない住所録を新に作成し始めたらトラブル続出して諦める事になった。
仕方がないと、住所録ソフトのヴァージョン アップして購入したらこれまた手間のかかること。ディジタルの世界にはついて行けない、ITだかAIだか技術があるなら我々高齢者に簡単に使えるようにしてくれ。我々を取り残して、なにがディジタル世界だ!!国会で自分は分かりもしないでディジタル化推進を喚いても、遅れるばかり。教育を忘れている。

眼は連日変わらず。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月20日(月)BTX74日
今日も晴天、風なし。手指の腱鞘炎も注射が効いて兎に角庭の作業ができる。
細い指2,3本程度しかない竹が10本強ある。竹の子は頭を出す頃に伸ばすものを選び他はドンドン捨てる、成長しきった竹も切って整理する。今まではこれで伸びっ放しにしていた。頭が重く垂れて鬱蒼してしまった。思い切って高さを2.5m程度に切り縮めて、枝も切り払った。意外に綺麗な竹林が出来上がって、上機嫌だ。やって見るものだ、清潔簡素で良いものだ。

眼は少しずつ低調気味ではあるが、それでも良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月19(日)BTX73日
ちょっと寒いがのんびり、ゆっくり過ごした。ただ、狙っていた合唱の会の練習に参加してそのまま入会してしまった。これで三つの会に入ってしまい、月に6回歌うことになった。やり過ぎかもしれないが、充実した時間が取れるのだから全く後悔することはない。ただ、この会は年一回のコンサートを目指しているから緊張もある。それもまた良し。

天候に恵まれて歩く歩数も伸びて7000歩になった。庭仕事も問題なく動けた。眼も大した不具合はない。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)



12月18(土)BTX72日
皆さんが期待したほろ酔いクラブの忘年会を実施した。皆さん、もう高齢だからそんなにお酒は飲めない。気兼ねの無い冗談話の連続で終始した。兎に角、皆それぞれに愉快な時間を過ごし満足して帰ることが出来た。しかし世間の景気はまだまだで、このお店も満席にはならなかった。時間制限を外れても認めてくれた程だ。

 終始気分良く過ごしたので、あまり眼の事は覚えていない。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月17日(金)BTX10週
老人会の誕生日会を実施した。新コロナに極めて敏感に対処しているし、横須賀市では連日0或いは一人程度の発症なので殊更気を使っている。従ってペットのお茶は飲んでよろしい、寿司弁当は見るだけで帰宅後にする。クリスマスソングを静かに3曲。例年のビンゴゲームも静か―に執り行われた。
朝方の豪雨でどうなることかと懸念されたが、開始頃から雨が上がり晴れ上がった。
帰宅後に弁当、飲み物、大量のお菓子を一挙に食べて、その後は居眠り。

眼は昨日ほどではないが、なかなか良い状態であった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
なかなか良い。日常あまり症状を意識しないで済む。
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日2程度使っている。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、眩しさが強くなる。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:やや良くなってきた。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。



12月16日(木)BTX70日
やっと行き損ねた床屋に行った。本年最後の整髪とは言っても、殆ど刈り上げて坊主頭同然だが。ここのお店は席が四つあって従業員も多かった、コロナ騒ぎから高齢者が次々と消えて現在は女性が一人でやっている。朝9時から夕方4時まで、昼食、休憩なしの7時間立ちっ放し奮闘している。僅かにトイレへ行くだけ。最近月火連続の休みが多いと思っていたら、こんな実情があった。経営的に成り立つのだろうかと、考えると難しさに思わず気が滅入ってしまった。
夜には患者さんと情報交換をすると、私とは正反対で最悪状態の日々が続いているとの事だ。同じ医師にBTX注射をして貰っている。この先生は怖い位、まつ毛の脇に注射するので怖いのと痛いので閉口している。でも他の眼科の先生は精一杯合理的にやっていますとの見解だ。来年早々に次のBTX注射をするが、また恐怖と痛みに耐えられるだろうか?

床屋への行き帰りに遠回りしていて、健康も眼も非常に良い事に気付いた。眼に違和感が殆ど感じなかった。記憶にない位の好調さになった。最近は確かに良くなっている事は気付いていたが予想を越えている。いつまで続くだろう。

眼の状態 0(旧表示 +1)


12月15日(水)BTX69日
私の親戚が腱鞘炎の手術をして家事が出来ないので、横浜のホテルで暫し過ごすことになった。昼飯どきに会わせてみなとみらいに行くと、人が増えてビックリした。クリスマスの飾りも素敵なデザインで、さすがと写真を撮りまくった。昨日とはすっかり変り雲の無い晴天でホテルからの景色は素晴らしい展望が開けていた。残念なのは無風で茶色のスモッグもたなびいていた事。
私はヨガをやっていてその効果を認めているが、そんなに教室へ何度も行けないから参考書を探して本屋を回ったがあまりない。先生達の生活に関わるから、本を出したくないのかもしれない。
昼食に満足し、夕食はカットした。女房もご機嫌で居眠りが多くなった。

眼は現状維持。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月14日(火)BTX68日
今冬一番の防寒対策で外出した。しかも雨が降っていた。なにしろ2年越しの歌のグループ再会だったのだ。一体何人集まるかと思っていたら、12名で最近私が歌っている会の倍だ。矢張り80歳代が中心で予想以上に皆元気。再会出来た喜びがあふれていた、一番喜んだのは先生だったと思う。私が今後の練習曲にと提案したら、「皆さんの希望がでるのが嬉しい」と張り切って発声練習と日本の愛唱名歌を数曲を元気に歌った。私はこのグループ再開はないだろうと思って、最後確認の電話をしたらそれが切っ掛けで逆に再開の切っ掛けになったとの事だ。面白い、どう転ぶか分からないものだ。私自身この前の第一回コンサートを行ったグループに入会を決めていたので、ちょいと困った。しょうがない、3グループに入るかな。

眼は悪天候にも耐えて、程々の症状を維持している。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月13日(月)BTX67日
幸い朝から晴天で洗濯日和となった。日常化した朝シャワーをしながら、洗濯機を動かしてスッキリさせた。これを干して床屋に行くと今日と明日は休みと看板が出ていた。暫くご無沙汰した特徴ある喫茶店で時間を過ごした。客はいなくて、マスターが一人で本を読んでいた。お店のお客さんと毎月新聞を発行して、36号になる。これを切っ掛けに私立大学図書館を創設する起案書を作成して見せてくれた。残りの人生をここに掛ける意気込みは天晴れ。
決心して整形外科で腱鞘炎の痛み止め注射をした。右手薬指と手のひらを繋ぐ関節部に約3CC。痛いのなんのって、腱鞘炎より痛い。それに注射時間が長い。先生は「拷問を受けているみたいだろう」他人事だから、ニヤニヤと笑う。この先生?!もしかしたら、「面白がって、気晴らしにしていないか」「患者にもっと気を使うべきだはないか」と思った。優しくて良く話を聴いてくれる先生との評判だが、患者にもよりけりかもしれない。多分、私は可愛げがない。当たり前だ81歳だ。

眼は特に異常なし。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月12日(日)BTX66日
月例のヨガ日で視覚障害者を対象にした教室だ。脊椎管狭窄症、不整脈、新コロナ自粛と続いてすっかり体力がおちてしまった。このヨガはそんな私に大変有効な運動になっている。いつも月にもう一回やりたいのだが、ちょっと費用が嵩むのが傷だ。
終わって友人と中華飲み屋でひと時を過ごした。その中でヨガの生徒さんが病気で緊急入院したと聞かされた。本人は視覚障害者であるが、働き方改革の方面で活躍なさっていたのから、急な事で戸惑っている方も多いのではないか。

今回のボトックス注射は前半で相当苦しい思いをしたが、一旦落ち着くとむしろ症状はかなり安定している。過去にあまり経験した事がないと思う。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月11日(土)BTX65日
昨日の都内の飲み会で、酔っ払った程の事ではないが、年賀状の最終仕上げは出来て女房にも了解を得た。後は宛先整理をしながら印刷のみとなった、一段落した。
右手の腱鞘炎が進行してパソコンのキーを叩くのも指にこたえる。如何にも痛そうな注射をしなければと思うと憂鬱だ。それで治るなら兎も角、対症療法だから時間稼ぎで再発するのは分かっている。こんな状態だから庭仕事も出来ない。

こんな中でも眼が悪くならないだけでも助かる。
眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月10日(金)BTX9週
中学高校の友人と都内で生き延びた喜びを祝った。とうとう3人になってしまった。
品川駅で待ち合わせた。一人は視覚障害者1級、私は身体障害者1級で残り一人はかろうじて健康のようだ。でも3人とも日常生活は積極的行動、言動をしているので話題に困ることはない。イタリアン料理がちょいと物足らなかったが、周囲は孫のような若い人達と女性達で賑やかな雰囲気は普段の横須賀生活とはかなり違った。

眼は特に変わらず。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
先週と変わらない。
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、眩しさが強くなる。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:やや良くなってきた。文字が2重に見えて読みにくい。特にパソンコンの文字は苦労する。ピントも甘い。フラフラもかなり影響している。歩行にも影響している。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。



12月9日(木)BTX63日
横須賀市文化会館で二期会合唱団コンサートに女房と一緒で聴きに行った。午後の部で先着1000名限定は密集を配慮したようだが、こんなにファンがいるのかと思うほど人が行列をしていた。一部は我々高齢者には馴染みの曲ばかり、でも11名で編成された歌はとても高嶺の花であった。編曲による表現は私達が素朴に歌うレベルとは比較にならない、素敵な歌を聴けて良かった。2部はオペラ「カルメンの」ハイライト。オペラを見て聴いた事が無い。日本人の感覚から程遠いいストリートだが外国の一物語として見、ソロも合唱も楽しみながら一方では歌舞伎の表現の面白さと比較してしまった。矢張り私は日本人の感性に馴染んでしまう。
女房は生意気に歌手を比較して、あの人は下手なのに見た目がいいから歌わせているんだわ、、、と言う。私達素人は勝手に批評出来るから気楽なもんだ。それは兎も角、オペラは何で悲劇ばかりなのか?そう決められているのか?
あッそうだ、ピアニストが素敵でした。
帰りは二人で中華と生ビール夕飯にした。

眼の症状は連日変わらず安定している。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月8日(水)BTX62日
寒くて雨降る日。出掛ける気持ちは全く起きない。気に入りの3畳書斎に籠って年賀状の作成をしていたら、長い付き合いの友人から電話がきた。この男の電話は長くなるから、受けると共に長時間を覚悟した。サラリーマン時代を熱心に活動したせいか、いろいろな健康問題が続き一日に26種類の薬を処方されて、不安に苛まれている。いろいろな先生が各自の処方するからだろう、先生だっておくすり手帳位は見ているだろうが。彼は薬局で相談して少しは減らしていると言う。私に薬の選択が出来る訳もなく、彼もそれは分かっているが兎に角気を紛らわすために電話しているだけだ。幸い一時間程度で終わった。
最近はぐつついた天気で洗濯ものが滞っていた、兎に角洗濯をしておこうと日中にシャワーを入りついでに洗濯をした。明日になれば干せるだろう。

天候で薄暗いし、雨で湿度が高い。眼に良い筈だが、それ程の効果はない。

眼の状態 ―0.8(旧表示 ―0.8)


12月7日(火)BTX61日
歌の練習会は前回の内輪の発表会で終わり、新しい曲を始めることんになった。私は菩提樹をドイツ語で1年会かけて練習したいと申し上げていた。矢張り歌手の先生でなく、ピアニストでないと伴奏が難しくて出来ないとのことだ。ピアニストを入れると会費が跳ね上がるだろうし、困った。
先生へ感謝を込めたささやかな昼食パーティーを行った。良いタイミングで楽しく過ごせた。先生も久し振りのパーティーで嬉しそうだった。
庭仕事は腰に痛みを起こす。予防的に整形外科のリハビリを実施しておいた。

眼は特に変わらず。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月6日(月)BTX60日
老人会の公園清掃で大量の落ち葉を集めて処分した。処分とすぐわきの山に投げ落とすだけのことだ。以前はゴミ収集袋に詰めて回収車に持って行っていたが、無駄になるだなので自然のサイクルに戻したCO2削減の活動に切り替えている。厄介なのは竹と熊笹で我が家の庭と同じだ。手間がかかるが効果は薄い。
同じく忘年会の段取りをしたが、飲食無だからビンゴゲームとクリスマスソングをとっと歌うだけ。その他は持ち帰りのお土産となった。
冬らしく気温が下がっている。起床時と就寝時の血圧を記録しているが、普段120mmHg以下なのが急に140mmHgに跳ね上がってきた。当然暖かくしてみたら元へ戻った。矢張り要注意だ、風呂場の暖房は私達にとって贅沢ではない。


眼はそれなりの安定状態が継続。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月5日(日)BTX59日
会が発足してコンサートをやろうとしたら、台風の被害で中止になりその後は新コロナ感染症で会場が閉鎖になりやっと今日第一回目のコンサートがあると聞き出掛けてみた。この間一回も休みなく練習を続けたと言う皆さんの気持ち伝わってくる、素晴らしいコンサートだった。

眼はそれなりの安定状態が継続。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月4日(土)BTX58日
今日も晴天に恵まれて庭の整備に奮闘した。またしても新しく竹の根っ子を発見した。一体何処まで続くのか。先が見えないながら、毎日新しく仕事があって退屈しないで済んでいるのも事実。庭のデザインを夢見て続けるのみだ。
苦戦する年賀状もどうやら目途が付いた。こちらは只やるだけになった。

眼は特に変わらず。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


12月3日(金)BTX8週
年賀状作成に手間取っている。お絵かきソフトで書いていたが、私自身が本態性ジストアによる眼瞼痙攣であるから手が震え、動きがギクシャクしてしまう。書き損じを繰り返してソフトが使いきれない。と言うことで最初から手書きでやる事に決めた。明日から出直しだ。
庭でも椿の根っ子を掘り出したものの、竹の根っ子の掘り出しに苦闘していた。ただ、やっと2m位の残りを引きずり出すことに成功した。取り敢えず、これでやっと庭の大改修に進むことが出来た。
それにしても、右手薬指の痛みが強く、鎮痛剤軟膏を塗布してごまかしている。手術か注射か迷うところだ。

屋外作業をしても、日差しの入る方向や場所は決まるので、うまく避けながらやることはできている。

眼の状態 ―0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
先週と変わらない。
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、眩しさが強くなる。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:やや良くなってきた。文字が2重に見えて読みにくい。特にパソンコンの文字は苦労する。ピントも甘い。フラフラもかなり影響している。歩行にも影響している。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。


12月2日(木)BTX56日
毎週定例のフライイングディスク練習日に参加した。最近やっと皆さんから「上手くなってきましたね」とか「目標を絞って」とか「早すぎる」とか「力を抜いて」とか激励の言葉が多くなった。いままでは、あまりに酷いので教えようがなかったのだろう。
終わってから一人で観音崎灯台の周辺を散策しながら写真を撮りまくった。7月に個展をやるなら、今の時期は写真の選択をしながら編集する頃だろう。率直に危ない。
一方、今日は良く運動した。13000歩になった。
外は眩しかったが、気分は爽快。眼もまあ良かった。

眼の状態 ー0.2(旧表示0+)


12月1日(水)BTX55日
昨夜から午前にかけて、雨と風が強くなった。ただ、横須賀は地形に恵まれていずれにしても被害は無かった。
まだ年賀状の作成に苦戦している。図案は出来ているが、自分なり表現と細かい所はパソコンで描くと手間がかかる、絵の上手な人ならすぐできるだろう。版画でやっていた頃は一時間で版を作ったがそんな力は何処かへ飛んで行ってしまった。
休み休み、気を取り直してはまた始める。暇人のなせる技と言えるだろう。

本日もあまり積極的に動かずに過ごして、眼はやや吹き返した。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


11月30日(火)BTX54日
整形外科リハビリに行き、背骨をのばしてきた。時々やらないと突然ダメージを受けると大変だ。ギックリ腰のような激痛で身動きが取れなくなる。夜には世界卓球の女子のみまひなペアーが決勝で簡単に負けてしまった。選手層の広い中国を倒すのは容易ではない。戦後、日本は世界で大活躍をしてから中国でも卓球が広まって日本が指導していた時代があった。中国とのピンポン外交等と言われたが、追い越されてしまった。バレーボールも同じような経過を辿った。人口が日本10倍位で、優秀な人材も10倍ある。この裾野の広さはスポーツだけでなく、全てに通じる。
尤も、悪い面も10倍はある事になるが。

あまり積極的に動かずに過ごして、眼はやや吹き返した。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


11月29日(月)BTX53日
老人会の来月分カレンダーの配布と回覧を行った。一巡すると結構な距離になるので良い運動になる。ただ、皆さんは私と同様で必要な返事が返って来ない。いつもこちらから問い合わせ確認をせざるを得ない。それが当たり前になってしまった。これから新年度に向けて最低会員数の確保と新会長の決定に悩まされる。積極的にやる方がいなくなってしまったからだ。同じ事が町内の子供会にも起きている。子供さん達が勉強、部活、塾で毎日忙しくて引き受ける方がいない。私は大して勉強などしないで済ませられて良かった。きっと良い時代に育ったのだろう。

年賀状の作成に取り掛かっているが、眼に応える。少し疲れ、ドライアイ、文字がズレる・・・等。症状は若干低下している。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)

11月28日(日)BTX52日
友人と浦賀レンガドッグ/千代ケ崎砲台跡を巡るツアー公開に参加した。これは2度になるが前回は先着順に間に合わず、再挑戦になった。浦賀ドッグだけでも産業遺産になるが千代ケ崎砲台は戦争遺産と言うべきものだろう。浦賀港入口の灯明堂は有名だが、その後ろ側の高台は単なる山にしか見えない。近くまで行ったことがある地元の友人も閉ざされた鉄門に、何があるのか分からずに帰ってしまったと言う。
その造りは素晴らしく、同じ横須賀猿島にある砲台と匹敵する。その構想と構造はユニークであるが、ここでは説明しきれない。見学するなりホームページをご覧下さい。https://event.spot-app.jp/event/20211026_routemuseum/
見晴らしが良く浦賀水道、房総半島さらに富士山が見られる。
この砲台は第2次世界大戦中は一発も打つことなく終わったとの事だ。そもそも米艦隊が此処を通リ東京を目指すリスクを踏むわけが無かったのだ。制空権を取ってしまいグアムからB29の編隊が空から攻撃したからだ。日本が制空権もなく補給もなく最後の出撃で会えなく撃沈された戦艦大和と似た軍人達のお粗末な例と良く似ている。米軍がレーダーを持っていたが、日本は「レーダーは故障するが人間の眼は故障しない」と主張した。どうしてこうお粗末なのだろう、軍部の独裁である。
見学を終わって浦賀ドッグの7トンクレーンの側で、出来上がった時期が終戦2045年、私達の親の世代が鉄不足で家庭の鍋、鎌まで供出されたその鉄で出来た者だと言いう。資源のない国日本は戦争を始めたら終わりだ、忽ち超々インフレに陥る。それを頭に入れて国の安全保証を考えなければ世界の最貧国に落ちいる。
見学後は友人と市の中央で暫し思い出話や世間話をつまみにして酒を飲み一時を過ごした。

眼には苦労した。屋外にいたので太陽光の日差しだけは本当に参った。しばしば立ち止まって、眼の態勢を整えざるを得なかった。

眼の状態 ―0.80(旧表示 0−)


11月27日(土)BTX51日
晴天かつ風もなく穏やかな一日。その中で庭仕事で一歩進める事が出来た。
以前から椿の根っ子を掘り出して悪戦苦闘してきたけれどやっと最後の一頑張りでやり遂げた。根っ子には太い所で4cm位が3本と指の太さ位のが沢山伸びている。最後の太い一本をノコギリで切って、引きずり出すことができた。何でこんな事をしたかと言えば、竹の根っ子が奥深く絡んで取り除けなかったからだ。これでやっと地中に這いずり回っている竹の根をやっつける準備が出来たわけである。実際は未だ前途多難である。
もう年賀状にも取り組む時期になった。参考になる写真はネットに沢山ある。昔の日本画家は猫を参考にしたと聞く、そもその日本に虎などいないからだ。それで私も猫の面白い姿勢や日常動作を参考に虎の絵にしようと考えている。

眼は連日変わりなく、特に酷い症状もなくまずまずである。太陽光の日差しだけは本当に参る。

眼の状態 0.8(旧表示 0+)


11月26日(金)BTX7週
長い老人会の休みが開けて、ワンコイン茶話会を開催した。何時もなら食事会とギター伴奏で歌う所だが、未だ弁当とお菓子は並べてあるが食べてはいけない。お茶だけは良い。家に帰ってから食べて下さい。歌のみにしますと素っ気ない。でも下手なギター伴奏と音程そっちのけ歌を続けけると、徐々に揃って歌らしくなるから面白い。今年はまた食事なしの忘年会にするとの事だ。
右手の腱鞘炎が酷くなってしまった。先日買った芝刈りバリカンは素晴らしく能率が上がって良かった。芝の際を切るものだが、短時間なら一般の芝刈り機としても使える。買って良かった。これからは道具のお世話になる事が多くなるだろう。

日に日に太陽の日差しが低くなり、眩しさが激しくなる。乾燥でドライアイも強くなってきた。それでも全体的には良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
先週と変わらない。
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、眩しさが強くなる。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:やや良くなってきた。文字が2重に見えて読みにくい。特にパソンコンの文字は苦労する。ピントも甘い。フラフラもかなり影響している。歩行にも影響している。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。


11月25日(木)BTX49日
やや風が強いが晴天。気持ち良く歌の先生との懇親会に行った。皆さんと普段は話さないテーマも多くお互いにザックバランに話し合えて良かった。中に母親が眼瞼痙攣で瞼の手術をしている話が出てきた。私は脳の発する信号の誤動作だから、手術では治らない旨の説明をしたが、当人が先生を信頼して満足しているとの事だ。またボトックスも知っている。これ以上の説得はしない、またご相談あれば何時でもどうぞと答えるのみ。
歌の先生との話は昔話にまで戻って、話はつきず稀に見る懇親会となった。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


11月24日(水)BTX48日
晴天が続いて嬉しい限りだ。自宅の仕事は際限がなくて、いつまでやっても終わる事がない、一方何が何でもやらなくて済む事が多い。これが麻薬のように私を誘う・・・明日やればいいじゃないかと、・・・或いは悪魔の誘いとも言える。
最近のニュースで、厭な感じで気になることがある。陰惨な虐め、虐待による事件で殺人にまで及ぶ。私もそれ程深刻ではなかったが、小学校時代には経験がある。からかわれる程度ではあるが暗い気持ちにさせる。戦後で食事も不足し肺結核と栄養失調更に体質もあってガリガリに痩せていた。またごく最近になって本態性ジストニアで手も身体もガタガタと震えいた事が原因でした。なんでもチョット変ってているとからかわれて虐めるのは珍しく無かったのです。本人は自分でも分かっているが、どう答えたら良いか?親にも先生にもこんな事言えない。兎に角我慢してやり過ごすだけであった。元気の良い子供達は「大人しい奴らがこそ、蔭で何やるか分からない、危ない」「からかってやれ、虐めてやれ」と言う。優等生は「あんなのほっとけば良い。俺たちでやって行こう」「駄目な奴だ」・・・・そんな雰囲気になっていた。ただ、中学校になって「仲間外れをするな、仲間外れになるな」と言う校風があった。一人一人の個性を尊重することを大切にした学校で、素晴らしい学校だったと思っている。
私の経験では大人しい人は自分の事が中々口に出せない、どう表現したら良いかが分からない事が多い。周囲の人が言うことは可なり理解している優しい、細やか過ぎる程の神経の持ち主である。周囲から言われる事に自分がどう対処すれが良いか言えない。無神経な周囲の人は追求しエスカレーとする。相手にしない。犯罪のに突き進むことがある。無理もない、対処しきれずになって爆発してしまう。
ジェンダーと良く言われるようになってきて良かった。これから生活環境が悪化すれば、このような問題が必ず増えるだろう。国民全体が中流意識などと言われた頃はこんな事件は少なかった。所詮、人間は金次第なのか?

いろいろな問題があって、今日はその一部を書いてしまった。眼には影響ない。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


11月23日(火)勤労感謝の日 BTX47日
先日の横浜でのクラス会の写真が未だ整理編集が出来ていない。友人からは自慢の写真が届いているから、こちらからも返さないといかん。そう思って始めると時間がドンドン過ぎてしまう。一方face bookにも一部写真をアップしたが、これは訪問記録程度であんまり手を入れていない。コロナ自粛で憂さ晴らしに出掛けた記録みたいなもんだ。
学生時代の友人に電話してみると、何となく覇気がない。本人は何も問題ないないと言うのだが。忘年会をやろうと相談しているが、不整脈他懸念する男がいて皆さんでやって下さい、・・・と寂しい話だ。何とか顔合わせしようと相談中、面白い事に私ともう一人視覚障害者1級の友人が元気なのだ。障害者故に、日常は一般健常者より健康に勤めている成果ではないか?

プロ野球のオリックス対ヤクルトは好試合が続いている。緊迫感溢れる良い試合だ、7戦まで闘って欲しい。両方頑張れ、私はホークスファンだ。

ネット販売で芝刈りバリカンを買ったっが、今日届くはずが夕方になっても来ない。ところが夜になって、玄関先に置いてある事を発見。配達の方ご苦労様だ、でも私が希望したわではない。届けた際に声もかからず、当然サインも不要。これでトラブルは起きないのか心配になる。

庭仕事のせいもあって右手の腱鞘炎が酷くなってきた。これじゃ、庭仕事どころではない、日常の家事やフライイングディスクも出来なくなりそうだ。本格的に治療に取り組もう。手術でも完璧には治らないと、言われているが。

眼は今日の天候程度の明るさでは問題ない。ただ、パソコン作業では屡々拡大鏡で読むことになる。カーソルがよく行方不明になって苦労させる。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


11月22日(月)BTX46日
雨と曇りを繰り返した一日だけれど、外に出ると風が生暖かい・・・チョット不自然な感覚だった。こんな中、女房は不本意ながらインフルエンザ予防注射を受けに出て行った。今年は予約して一ヶ月程待たされていて、私も同じであった。コロナ感染症の余波を受けているのか。横須賀のコロナ感染は少なく、連日一人かゼロが殆どだ。来年早々に3回目のコロナのワクチン接種予定が知らされている。
学生時代の友人達とみなとみら散歩をした際の写真が届いている。私も少しずつ画像を整えては3,4枚づつ送っている。今日はその続きを半日かけてやっていたが未だ終わらない。メールも読み切れない程、わんさか溜まってしまった。ラインを始めたらパソコンメールが面倒くさくなった。重要なメールさえ放っておいて、ご迷惑をかけているのが高齢者の現実。

眼はまあ良い、良い

眼の状態 ー0.2(旧表示 ー0.8)


11月21日(日)BTX45日
大部、雲行きが怪しくなってきたが日中は雨にならずに済んだ。フライイングディスクの練習は少しづつだが良くなっている。兎に角真っすぐに飛ばすのが難しい。手首、腕、肩に緊張感が出ると曲がってしまう。飛ばした後は指先まで力が抜けて、目標に向いている事が重要だ。時々道路まで飛びすぎたり、隣家に飛んで行ったりと困っている。未だクレームはないが、兎に角隣家の境にネットを張っているが未だチョット心配になる。
あまり使わないがネット販売の大手会社から頻繁にメールが届いていた。メールアドレスとパスワードに誤りがあるから確認設定をやり直して下さい、との事。
言われるままにやり直しすると、その度毎に誤りがあるからとやり直し請求があった。もしかすると不審メールかとプロバイダーに相談して画面を診て貰うと「大丈夫です」と言う。更にやってもパスワード確認の要求がくるので、とうとうネット販売会社に電話すると「設定やり直し」を請求するメールが不審メールであることが分かった。この販売会社のガードが固かったので、私の確認設定を拒絶していたことが判明した。大過にならずに済んだ。この間、4時間を費やした。

こんな一日で眼には悪い条件があった。悪化は止むを得ない。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


11月20日(土)BTX44日
晴天が続いていて助かるが、ソロソロ陰りが見えて来た。来週から雨もありそうだし気温もグッと下がる気配だ。庭仕事も更に遅くなりそうだ。体調が良くなり外出に不安は感じない、周囲の方達も私が障害者であることを気付かない事が結構ある。庭の大改造を始めるとこれが結構楽しい。あーしようか、こーしようかと考えながら身体を動かしていると、これまた中々良い運動になる。重たい石を移動させる、不要な雑草を根こそぎ深く掘って処分する。この力を使うとが足腰、体幹を生き返らせる効果を感じている。テレビ番組「ポツンと一軒家」に高齢者が林業や農作業に素晴らしい力を発揮して充実した生活を毎回見ている。毎日を身体も頭も十分使っている事が心も含め健康になる源になっているのが分かる。私にとってスマホ生活は便利に使うだけで十分過ぎる。昔は電車のなかで新聞を読んだが今スマホだ。電車やバスの乗降でも街中を歩いてもスマホだ。新聞より質の悪い無神経さに腹が立つ。

眼は悪いなりに順調になった。複視とピンボケが画面操作に支障を来す。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


11月19日(金)BTX6週
起床時に少し寒さを感じるようになった。晴天で風もなく良い日になった。
年末に向けて、年賀状の必要枚数をチェックした。この時期は亡くなった方や大部ご無沙汰した方などを慎重に考えなければいけない。何事にも不自由になる自分を認識して手数は減らさないといけない。
庭に出ると景色が寂しくなって、花屋さんでガーデンシクラメンとパンジーを買い込んできた。溶岩を利用した庭石に配置すると結構嬉しい雰囲気が出来た。庭を歩き回るとアッチにもコッチにも治したい所が目についてしょうがない。幾ら頑張っても一人で出来る量なんかたかが知れている。いつまでにやろう等と考えないで黙々とやるしかない。職人さんに頼むのは良いがお金がかかるし、そもそも自分でやりたのだ。遅々と進まず・・・・だがやっている事が楽しいからいいのだ。

眼は良くなっている。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)

1週間毎のチェック
先週と殆ど変わらない。
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:感じる。文字が2重に見えて読みにくい。特にパソンコンの文字は苦労する。ピントも甘い。フラフラもかなり影響している。歩行にも影響している。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入る事はなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。



11月18日(木)BTX42日
フライイングディスクの練習日。やっと実践で効果が出てきた。従来、腕や肩に力が入ってコントロールが効かなかった。やっと力が抜けるようになって目標に向かう確率が向上した。少しずつ何をすればどう変わるかが分かってきた。先輩諸氏にはまだまだ遠いいが。
帰りはヴェルニー公園に沿ってJR久里浜駅を通り、国道16号に沿って京急逸見駅近くから電車の下をくぐり抜けて山沿いに按針塚に向かった。ここは両側から山が迫ってくる田舎道になって進むと新しい歩行者向けトンネルの前に出る。遥かに遠く光が差し込む出口に向けて行くと又も山間の小さな住宅がある。そこには関係なく向かいの坂道を昇って行くと安針台の高級マンション群に出る。平日ながらテニスコートから賑やかな声とボールを打つ音が聞こえて来た。天候が良く、何の違和感も無く穏やかな下り坂を進んで京急安針塚塚駅に出てしまった。また電車で追浜駅に戻り急坂を登って自宅に帰った。13000歩を越えて随分、体力の回復を実感できた良い一日となった。

天候に恵まれる一方、太陽光に向かわずに済んで眩しさに煩わしさも無かった。体調の良さもあってか眼はやっと安全に歩ける程に戻った。

眼の状態 ー0、2(旧表示 0+)


11月17日(水)BTX41日
歌の発表会について先生や友人に慰められる始末になった。先生にはこれから1年かけて菩提樹をドイツ語で、全員合唱もしましょうとまた勝手なお願いをした。今日は自宅で年末にかけて部屋の片付け、ガタピシしたシャッターに油を差したり、庭も総合的にアレンジを変えたりと兎に角大変忙しくかつ体力を使う事になった。身体を動かして何かやれば頭も含めトレーニングになると言い聞かせている。

眼に変りはない。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


11月16日(火)BTX40日
歌の勉強会の発表会が行われた。高齢者ばかりだから幾ら頑張っても限度はある。それでも皆さん若い頃にはしっかり歌っていたので、それだけの力を見せていた。不甲斐ないのは私だ。随分練習した積りだが、録音を聴くと声が良く入っていない。歌としての表現がなっていない。もう少し先生に発奮して教えて貰おう。それにもう一個合唱も会に入ってみようと思う。
帰宅して庭の大改造に踏み切った。竹の侵略に対処する事ばかり考えて進めてきたが、大胆に庭のアレンジを変えて新しい雰囲気にするべく最後の大土木工事に着手した。気合いが入ってきた。

眼だけは自分の思うようにはならない。症状は代わり映えせず。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


11月15日(月)BTX39日
老人会の公園清掃を行った。いつも掃き掃除で済ましていたが、暴走する植え込を見るに見兼ねて剪定と藪刈を行った。山の斜面を開いて3段の平地を作ったが、周囲は自然の森で囲まれている。大量のどんぐりが落ちている、熊笹が侵入してくる、様々な蔓や蔦が昇ってくる、雑草も見境なく生えてくる。私一人で立ち向かっても勝てる訳もない。自然の森を活かして、もっと良い公園が出来る筈だが予算がない、やる人もいない。人口現象の進む中で横須賀中こんな問題は当たり前になっている。

眼は特に変わらず。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


11月14日(日)BTX38日
ヨガ教室の日になった。脚力が落ちたのは歴然としていた、片足で立つとフラフラして維持が出来ない。従来もフラフラはあってもある程度頑張って継続出来たが全く出来なくなった。振り返ってみると膵臓の萎縮騒動、脊椎管狭窄症、熱中症、心臓の不整脈とペースメーカー手術更に新コロナ感染症と続き、運動不足と人との出会い不足は大きな影響を与えた。でもやっと世間も、自分も生き返って来て居ると僅かながら自信を持てるようになった。

眼の方はそうは行かない。昨日と同様

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)



11月13日(土)BTX37日
学生時代の友人と横浜で集まった。遠隔の人は難しくなるので横浜に近い者だけで7人になった。近くの観光船桟橋から船でみなとみらいまで行くと、穏やかな晴天で海の青さと空の在青さで爽快な気分に浸る一時となった。皆、特別何処に行こうとか食事をしようとか目的も目標もなくブラリブラリと大桟橋から赤レンガ倉庫、海上保安庁、山下公園、氷川丸まで歩いた。お腹が空いてきてやっとお店を探すが、7人になると難しい。それに人出も増えてしまった。もう中華街しか選択の余地がなくなり、またブラブラとポツリポツリと話ながら到着した。とんでもない人出で身体が触れ合う位の混雑で賑わっていた。脇道に入っても変わらないが、お店には余裕があってやっと安心できた。皆何となく大人しくなって大声で話すこともない。でも雰囲気は楽しかったのだろう、延々と世間話が続いた。流石に中華街だ、我々は3000円で十分満足した。

明るい一日を殆ど歩いて過ごした。眼には悪い筈だが、それほど眩しさに苦しむことも無かった。楽しく過ごせたのが眼に効いたのだろう。でも昨日よりは悪くなった。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)


11月12日(金)BTX5週
兼ねてから予約しておいたインフルエンザ予防接種を行った。コロナのお蔭で日常生活が3密に行き渡っているので、大丈夫とはお思いながらも高齢なので実施した。たまたま心臓ペースメーカーの手術を行って、年一回の定期点検に当たっていた。この点検装置が面白い。マフラー程度の大きさの肩掛けをすると、そこから無線でペースメーカー内のデーターがパソコンに送信する。バタバタと送られるデーターを医療技術者2名と医師がそれを見ていて、時々読み合わせ確認している。
終わると先生から「問題ありません、また来年点検日をお知らせします」と、これで終わり。このペースメーカーは充電ができないので、残り寿命は7.5年との事だ。88歳で米寿の頃になるな、生きていれば電池の交換だし丁度良いタイミングになるか?私の平均余命は8年強だ、何とも言えない素晴らしいタイミングではないか。

良く分からないが、眼がよくなっている気がする。

眼の状態 ー0.5(旧表示0)

1週間毎のチェック
先週と殆ど変わらない。
〇瞼が閉じる:弱いが開けられない。
〇ドライアイ:ややショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:はっきり感じる。文字が2重に見えて判読に苦労する。特にパソンコンの文字は苦労する。ピントも合わない。フラフラもかなり影響している。歩行にも影響している。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入るのはなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。



11月11日(木)BTX35日
また今日も失敗した。フライイングディスクの練習が休みなのに行ってしまった。
最近はこんな事には慣れっこになって、「そうか、またやってしまったか!」とそんな程度で驚きもせず、反省もせず。ヴェルニー公園にドイツの護衛艦が入っていて、関心の高い方達がポスターを持ったり、写真を撮っていた。米軍の基地側では護岸工事が進んでいて、一般工場とは比較にならない程に密に杭打ちをしている。
潜水艦が並んでいた所だが、何ができるのだろう?
本当に快適な青い空、公園はやや寂しくバラが咲いている。ボランティア活動でこの庭園に15人程度の方が集まり打ち合わせ、ラジオ体操を行っていた。
進んで行くとステルス戦闘機の離着陸ができる、空母も停泊していた。南極観測船しらせはいつの間にかいなくなっていた。
リハビリを行い自宅に戻ってからは、夢中で庭仕事に専念して、気持ちが良かった。腰も随分良くなって、殆ど違和感はない。その上毎日歩く距離が8000歩を越えるようになったら、自然に体重が2kg程自然に減ってしまった。身体の姿勢も良くなってきた。歩く事の重要さを身に染みた。

眼も昨日同様に、ちょいと良くなった。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0)



11月10日(水)BTX34日
やや風が強いので庭仕事には迷惑ではあったが、気持ちの良い晴天であった。困った事に堆肥作りの箱の壁が壊れて来た。3mm程度の厚さのプラスチックの樹脂で丈夫で腐ることも無い。ただ畳一畳分の大きさで曲がり易いの欠点だ。固定した部分が外れたの原因だ。一部は土に埋まっているので、修復に手間取っている。一日仕事どころではな、一周間仕事になった。結局、外出は女房の買い物に付き合っただけ終わった。
一服しているときフライイングディスクの練習をしたら、急に真っすぐ前方に飛ばせるようになりだした。一つ投げ方が分かってくると、それが切っ掛けで工夫の仕方や失敗の原因も分かってくる。何か新しい事に取り組むと、必ずこんな経験をすることになる。

眼が少し良くなってきたようだ。こうやってパソコンに向かってるときに、文字が分かるようになった。注射して一ヶ月が過ぎてやっと明るい兆しが見えて来た。

眼の状態 -0.5(旧表示 0)


11月9日(火)BTX33日
歌の最終練習日はガッカリりした。2部で歌うパートナーは緊急入院で取りやめ。
発表会で歌う積りの落葉松は今日の練習で精一杯歌って終わろうと思い先生に了解を得ていたが、伴奏が難しいのでもうやらないと中止。落葉松に代わる歌の初恋は先生が気を利かしたのか、エライ低音伴奏の発生になってしまった。急な事ですっかり面喰って声がでなかった。これでもう気落ちしてしまったが、一体何でこんな事になるのだろう。ま、それでも気を取り直して「ねむの木の子守歌」と「赤とんぼ」は歌うことが出来た。
夜になると小学校のクラス会ZOOMが開かれた。今回は私の当番でテーマは「天気」だ、Aさんは、サラリーマン時代に休暇を取ってゴルフに行くため天気予報はかなり高レベルの予想ができると自慢。Bさんはそもそも登山歴が長いので、期待したら自宅の周辺で大規模に1cm以上の雹が振って10cmも積もった際の被害を幾つか紹介してくれた。ケガが無くって良かった。Cさんは北海道の工場で冷却用のクーリングタワーのシャワーが寒さで凍結した事があったそうだ。運転させたものの、工場内が寒くなり過ぎた。止むを得ずお湯を使って暖房するハメになったと言う。良く理解出来ない部分もあるが、笑えない笑い話だ。
私は台風の中心にして反時計回りに風が吹く現象を気象学的に説明した。ただ、疑問を持てば理解し難い所がある。大体、私が十分納得した訳ではないから。丁度良いので皆さんの意見を聞くことができた。

残念だが、眼は変わらず。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


11月8日(月)BTX32日
今日は家内の誕生日である。いつも花より団子スタイルにする積りだったが、娘から「花をプレゼント」するように指導があって急遽花屋さんに寄ってシクラメンを買った。私自身は誕生日なんか忘れる位で、嬉しくもない。そんな風に考えているのは良くないのかもしれない。矢張り嬉しく楽しんだ方がいいのだろう、雰囲気も明るくなる。明日の歌の最終練習日で兎に角Youtubeでプロの歌をお手本に何遍も繰り返すのみ。もうこれ以上は出来ない。仕方がない。

眼は連日のように、よい所無し。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


11月7日(日)BTX31日
写真の友人が浦賀ドッグの見学撮影に行こうと誘いがあって出掛けた。重要な歴史的、工業的な遺産である。旧造船所の役目は終わって、時々一般公開するだけで博物館的な役割になっていた。アフターコロナの観光開発だろう、咸臨丸風に作った観光船とレンガ造りのドッグツアーに参加してみた。ドッグは写真の対象として趣のある、面白さがあった。さて私の写真で表現できるか、センスを問われる難しさがある。枚数は撮ったものの説得力ある作品にすいるのは中々。帰りは安い飲み屋で選挙後の政治の動く姿をいろいろと話し合った。

見学中は眼の影響で困った。乗下船の際にはタラップが複視でステップがズレてしまい、怖くて船員さんに両脇から支えられる始末。一般路面もデコボコと不規則だ、本当に自分は障害者であると切実に思い知らされた。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


11月6日(土)BTX30日
昨日の箱根行きが結構疲れを起こしたようだ。美術館以外は殆ど電車に乗っていただけなのに。ソロソロ衣替えに着手した、面倒くさいので二日がかりかなと思っていたら意外に一日で終わってしまった。衣装持ちではないから当たり前ではあろう
、ヤル気の問題である。上達しないフライイングディスクの練習を公園で思いっきりやってみるが真っ直ぐに飛ばない。アレコレと工夫するが出来ない、右に左にと曲がってしまう。私は技術者だから理論的には真っすぐ飛ばせると思うが、全く理屈通りにならずあらぬ方向に飛んで行く。情けない、情けないと思いながら帰宅した。
更に問題は歌の練習も向上しない。ガラガラ声、高音のひび割れ声が邪魔して他人に聞いて貰うには程遠い。咽ヌールとか龍角散に頼るしかなさそうだ。高齢者向け発生訓練する人はいないものか。

眼はほんの少しは良くなっているかもしれない。評価できる程遠い。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


11月5日(金)BTX4週
気持ちの良い青空で、女房と兎に角出掛けようと決めてから行き先を考えた。手じかに箱根が良い、見晴らしの良い十国峠と美術館にするかと話し合ってはパソンコンで調べるうちに彫刻の森美術館が時間的にも良さそうだ。大忙しで支度をして出発した。東海道線から小田急、箱根登山鉄道を乗り継ぎ美術館駅まで辿り着くと、周囲はまばらで人出が少ない。道端で話し合っている女性たちが「兎に角、何にも仕事が無いの」と深刻な話をしている。駅周辺のお店も人気が無い、上り坂を行くと直ぐに美術館に到着した。強羅の近くでここは富士山も芦ノ湖も見えない、素朴な山の斜面を利用して広大な屋外展示の彫刻と幾つかの美術館を見ることが出来る。野外にある彫刻は自然と調和して、ユニークなデザインが実に面白くいつまで見ていても飽きることがない。建物内の展示も個性ある作品が多く、展示の仕方も良く工夫されて楽しい。話題が尽きることが無い。今日は出掛けて本当に良かった。
観客も徐々に増えて若いカップルも多くなり活気がまして良い雰囲気が盛り上がった。
難を言えば障害者と高齢者に対する配慮がまだ足りない。地形上斜面なので上り下りに可なりの神経を使う場所が多い、建物内のエレベーター、エスカレーターの配置が足りない。この公園が出来た時代はまだそんな配慮は少なかったことも分かるが。

楽しい一日だったが、眼は複視とピンボケにそれに高齢による足元のふらつきで悩まされ危ない場所に何遍か出くわされた。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

1週間毎のチェック
先週と殆ど変わらない。
〇瞼が閉じる:弱いが開けられない。
〇ドライアイ:ややショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:はっきり感じる。文字が2重に見えて判読に苦労する。特にパソンコンの文字は苦労する。ピントも合わない。フラフラもかなり影響している。歩行にも影響している。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入るのはなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習ではあまり効果はでない。


11月4日(木)BTX28日
前立腺がん術後のフォローで年一回の当日である。フライイングディスクの練習日は事情を話てお休みした。11時半頃に病院へ到着して直ぐに、尿と血液検査を行ったがそれからが長い。15時半まで当然のようにまたされた。見晴らしの良い最上階のレストランは閉店で虚しく明るさが侘しかった。2階の院外レストランでイタリアンで済まし、また待合室で楽譜を見ながらまった。検査結果は全く異常無く終わり、最後に会計支払いに異様な位待たされた。一時間以上になったと思うが自動支払いもあるのに、一部では人が窓口で処理していた。
帰りは海の公園の夕暮れ近くを散策し写真撮影をしながら帰宅に向かった。

眼は悪いままで推移。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


11月3日(水)BTX27日
水彩画のグループから発表会の案内がきていた。いつもの飲み会メンバー一同で見に行った。もともとこのグループは写真との合同展を行っていたので、良く知った仲間である。ビックリしたのは我々同様に高齢者なのに、作品が向上している事だった。情熱が高齢化を越えた見事な作品であり方達であった。
さて飲み会は付近になく5駅移動して横須賀中央で駅前の店に入った。解放感溢れて大騒ぎ、店の中では話が聞き取れず高齢者一同は乾杯飲みで直ぐに退散して2軒目に移った。ここでやっと落ち着きを取り戻し会話の豊富な時間を過ごせた。忘年会の日程と店を決め、春の日帰り旅行の計画も十分楽しく話せた。

残念だが、眼は治らずに推移。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


11月2日(火)BTX26日
合唱の発表会に向けての練習ではあるが、緊張しなが出掛けた。いつものように発生体操、発声練習を念入り行ってから一人一人歌い始めた。私の予定曲、落葉松は下手くそながら精一杯歌った。ただ、本来声楽の先生にはピアノの伴奏が負担になるようだ。私は伴奏の立場等考えた事が無かったけれど、確かに他の曲より難しい。もしかすると曲を変更しなければならないかも・・・と考えてしまった。憧れの曲ではあるけれど。あと2週間だ。

楽譜をみるのも難しい位見えない。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


11月1日(月)BTX25日
老人会の公園清掃と役員会を行った。
清掃では堆肥作りに枯葉を集めた。ゴミ収集袋を二つぶら下げて歩いていると、周囲の皆さんが「お持ちしましょうか」とお言葉を掛けて下さる。「ハイ、大丈夫です」と答える。きっとかなりたどたどしく見えるに違いない、自分で気付かない訳はない。自覚している以上にヨボヨボに見えるかと思うと面白くない。
役員会はコロナのお蔭で殆ど何もしていないから、予算も余っている。どの位使えば良いかと、過去に経験のない面白い事態になった。そうそう大盤振る舞いもできないし、説得力のある使い方の話し合いになった。

眼は本日も進展なし。

眼の状態 ー0.8(旧表示0−)


10月31日(日)BTX24日
衆議院選挙の日。早いもので殆ど結果が出てしまった。もっと代わり映えを期待したが駄目だった。日本人は自分では替えられないのかもしれない、外国からこっ酷い仕打ちを受けないと無理かもしれない。日本を示す指標が外国と比較すると、かなりの低下を示している。そのこと自体を自覚していないように見える。
日本は第2次大戦に破れ新しく民主国家として新憲法でスタートした。しかし、外国に依って革命をしてもらったので本当の苦労を国民は自覚しなかったのではないか。本当は民主主義の有難味を知らないから、甘い見通し、計画のつけが片付かず問題は山積みに増えるばかり。情けない投票率が甘い国民性を表している。
日本の民主主義はまだ成人になっていない。

眼は進展なし。

眼の状態 ー0.8(旧表示0−)


10月30日(土)BTX23日
父親の命日。都内のお寺に行き、花とお線香をあげてきた。なんやかんやと年6〜7回はお寺参りに行っている。途中の神楽坂は新しいお店も出来て人出も急に多くなった。皆さんの表情も明るく、表面的にはコロナ前に戻った雰囲気になった。
いつもの通りまたもやイタリアンの店でスパゲッティとピザとビールで、すっかりお腹を膨らませ晩飯を抜きにした。
スマホは便利だ、簡単にお墓参りした写真で親戚に報告できる。

眼に洗顔時、石鹸水が入らなくなった分良くなった。その他はまだ、駄目。

眼の状態 ー0.8(旧表示0−)


10月29日(金)BTX3週
重要な事、即ち銀行の手続きには女房に同行して貰う。行員もその方が安心するようだ。サービスの良い銀行は何某かのお土産を呉れる。場合に寄っては名前の入った袋を呉れるが、これはチト迷惑だ。如何にも銀行に行って来ましたと教えて街を歩いているわけだ。物騒で悪質なトラブルに巻き込まれたくないので、こういったものはお断りしている。私達、高齢者はある種の人々には狙い目だから。

ボンヤリした眼で今日も過ごした。
眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱いが開けられない。
〇ドライアイ:ややショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:はっきり感じる。文字が2重に見えて判読に苦労する。特にパソンコンの文字は苦労する。ピントも合わない。フラフラもかなり影響している。歩行にも影響している。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入るのはなくなった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習が始まって少し良くなっている「。


10月28日(木)BTX22日
日付を間違えました。本日は訂正して追加しております。申し訳ございません。

昨日の自宅練習で少しは自信を持ってフライイングディスクの練習に参加してきた。実線になると全く思うように飛ばず、かなりのショックを受けた。悔しいがまだまだ練習が必要だ。焦らずに頑張る、来年の障害者全国大会には参加したい。
カメラを持って出たので、勿体ないからYRP(横須賀リサーチパーク)野比の公園まで足を伸ばした。広い公園で池と森があって静かだ。明るく静かで池と自然の山に囲まれた良い所だ。私の済む街も鷹取山公園があるが、住宅地が近すぎるので今一穏やかな気分に欠ける。

運動をして気分も良かったが、撮影には苦労させられた。眩しさと私の好きな逆光は眼にもカメラにも極めて不利不都合であった。

眼の状態 ー0.8(旧表示0−)


10月27日(水)BTX20日
一人で留守番をしていた。今のような眼の状態だと何をやっても続かない。歌、音楽かテレビをボッーと眺めている位。フライングディスクの練習は庭先で練習して少しは良くなった気がしている。午後に冷たく凍ったアイスクリームをかじったら、上部の門歯がポロリと欠け落ちてしまった。長年詰め替えで持たせたきたので、段々欠け落ちてしまう周期が短くなっている。直ぐに歯医者で、今回も応急修理の詰め替えで済ました。今後の修理方法はどうすれば良いか相談すると、従来通りで良いとの事だ。歯医者も私の寿命を配慮しての答えで、マア仕方がない。

それにしても、集中力の欠ける毎日が続く。面白くない。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

10月26日(火)BTX19日
写真を撮らないと話にならない。そう思って横浜市内の舞岡公園に出掛けた。自然の野山、田圃、畑、池等が保存されて気持ちが落ち着く所だ。幾度も行った所なので、好き勝手に思いつくままに歩いた。里山は標高が低いけれど、意外に上がったっり下がったりが多い。気の向くままだから余計に体力を使ってしまった。何んとなく自然の中にいるの良いものだ。一日11,000歩を歩けた、徐々に体力が戻っているのを実感出来て良かった。

眼はサッパリよくならない。

眼の状態 ー0.8(旧表示0−)


10月25日(月)BTX18日
フライイングディスクをシッカリ取り組もうと、庭でいろいろと投げながら研究し練習をはじめている。飛んで行く軌道はまだまだだが、ディスクに手首を使ってスピンをかけると力を掛けなくても10m以内なら割と安定的な飛行が出来るようになった。何と言ってもコンスタントに練習を続けることが重要になる事が重要。
来年はまた写真の個展を開こうと、撮りだめした写真の見直しを進めている。外出も写友も勉強会もすっかり減って心許ない。年賀状図案にも着手した、いくらでも参考になるものはあるが矢張り下手でも良いから自分の個性で作りたい。この自分勝手な思い込みで毎年年末まで悩むことになる。誰もそんなに気にする人はいないのに。

眼の不調は相変わらず。BTXの効果が消えるのを待つ。

眼の状態 ー0.8(旧表示0−)


10月24日(日)BTX17日
天候良く、終日在宅で庭づくり、雑草除去とフライングに集中した。
唯一日本で行われる男子ゴルフの米ツアーの中で松山英樹選手が優勝した。見事な勝ちっぷりだった。2打差でリードした最終ホールのパー5で2オン、1パットのイーグルは堂々とした落ち着きのパーッパットで決めた。何処まで活躍するか楽しみになる。野球の米リーグで活躍する大谷祥平選手と共に期待が膨らむ。
政治的に国民栄誉賞を利用しないで欲しい。

眼はあまり変わらず。ピンぼけと複視に悩まされる。庭木の選定で、鋏が空を切ってしまう。うっかりすると何度も繰り返してしまう。本当に元へ戻るのか心配になる。

眼に上体 ー0.8(旧表示 0−)


10月23日(土)BTX16日
晴れて青空が輝き、暖かい。部屋掃除と庭の生ごみ箱に土を入れた、こうしているとミミズが良く繁殖する。生ゴミ収集車のお世話にもならずに済む。カラスがゴミを引っ張り出すことも無い。
自宅でのフライイングディスクの練習に力を入れ始めていたが、やっと初歩第一段階上がったと実感することができた。今まで腕全体を使っていたのを止めて、軽く手首のスナップで投げたらディスクの安定感が急に良くなった。先輩の動きを見て覚えたら、見兼ねた方から教えて貰ってもポイントを理解できずに何となく投げても上達できない。もっとも、競技には遠投もあるので又悩むことになりそうだ。

眼は昨日同様で、回復の兆しはある。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


10月22日(金)BTX2週
午前中は冷たく雨が降り、午後はあがったものの雲って寒い。外出は女房の買い物のお迎えにスーパーまで行った。何を買うか私が関心を持って口出しするのが気に入らないので、荷車転がしに徹している。近所の奥様方から「奥様はお幸せですね」と言われたりする。・・・自慢話にもならないが。

眼の方は少し良くなり、ドライアイもショボショボ感も弱まり、少しは楽になっている。石鹸水が眼に入るのも少なくなってきた。只、パソコンの文字にピントが合わず複視になるので気持ち上で良くなった気がしない。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱いが開けられない。
〇ドライアイ:ややショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:はっきり感じる。文字が2重に見えて判読に苦労する。特にパソンコンの文字は苦労する。ピントも合わない。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶はかなり悪い。判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水が入るのは弱まった。瞼を強く閉じる力が出ない。以前はBTXが効き出す兆候だった。長引いているが良くなりそうだ。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。
合唱の練習が始まって少し良くなっている「。


10月21日(木)BTX14日
フライイングディスクは円盤を的に当てる競技である。今日は練習日だが、今の状態ではとてもやれないので休みにさせて頂いた。代わりに自宅の庭で練習をみっちり行った。簡単に見えるこの競技は案外難しく1年経っても先輩方に追い付かない。歩く以外の運動らしい事をしなかったので、尚更だ。肩、肘、手首に意味もなく力が入ってしまう。練習を繰り返すうちに、やっと力が抜けるようにできた。それでも方向性や距離感はまだまだ。障害者の高齢更に女性にも叶わない。私が最高齢であることが上達できない理由と言えば言えるかもしれない。いくら下手でも全国大会に参加できるそうだが、チームメイトには迷惑な事だろう。因みにダントツに上手な方は右手が使えず、左手でプレーするがその飛ばす威力は全国レベルだ。
午後から整形リハビリで右手の痛みを診て貰ったら腱鞘炎だ、先生は随分手を使ったんですね!?とちょっと驚いた様子。痛み止めで凌ぐしかない。

眼の状態は日毎に変わるが、デスクワークが極端に出来なくなった。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


10月20日(水)BTX13日
朝、晴れていたので直ぐに写真を撮りにゆく事に決めた。東京駅から皇居辺りと銀座、晴美客船ターミナルをみて回ろうと張り切って出発した。東京駅丸の内中央口から正面の広い道路を行き、堀を渡ると直ぐに松と芝の公園があり反対側に好きな噴水公園がある。この周辺を休む間もなく歩き回り写真を撮り続けていた。少しは新鮮な感覚で撮れていれば良いが。紅茶を飲みながら人を見るが、これは叱られるかもしれないので滅多に撮影はしない。それに良いチャンスも無かった。
そのまま直ぐに東京駅から有楽町に行き晴海埠頭に向かった積りだった。晴海は昔商品、製品の展示会場で仕事柄しばしば行った所で十分地理は分かっていた。年が過ぎすっかり変わって自分なりの判断で下車しなければ良かったのだ。終点まで行けば良いのに。自信過剰で決めておりてから、迷い迷い巨大な都の清掃工場で一旦休息。女房にメールで迷子になった旨を知らせてから20分で目的晴海客船ターミナルについた。
明るくて清潔で巨大なターミナルは静まり返って人は無く寂しさばかりが強調されてしまった。コロナで外国の観光船が来ないのだろう、今日だけ見たら無駄な巨大施設と酷評されるに違いない。海側やお台場は良く見えて解放感があって素敵な所だ、ただ私には眩しすぎて写真は撮るもののどんな結果か全く自信がない。
ところで、昔広大な展示会場跡は高層マンション群が出来上がるところであった。
昔、私が町田市の住宅公団アパートに当選したときに匹敵するスケールだ。
一気に住人が住んだら交通は大丈夫?ガス、電気、上下水道は大丈夫?余計なお世話が巡ってきた。でも都内の通勤は羨ましい位楽で短い。これでまた、人口は都会集中へ加速するだろう。

眼は昨日までとは打って変わって、よくなった。ただ余りにも晴天の眩しさと文字が読めない煩わしさが纏わりついていた。

眼の状態 ー0.5(旧表示 0−)


10月19日(火)BTX12日
夜から気温が下がって寒い朝になった。歌の練習日では皆さんが「毛布をかけた」とか「電気敷き毛布をかけた」とか高齢者仲間には寒さが効き過ぎたようだ。
来月の内輪のコンサートに向けての練習が始まった。私は昨日も今朝も4曲予習をして出掛けた。会場を間違えて雨降る中を1kmも余計に歩いてしまった。
先生は発声練習の体操と発声を念入りに、毎回同じ手順できちっと行う、これはなかか貴重で有効である。
練習後は何時もならヴェルニー公園でトンビに襲われながら、昼食をとるが今日は出来ない。帰りにスーパーに寄りサンドイッチを買って自宅で済ました。
衆議院が解散し、選挙戦が始まっている。皆選挙に行って欲しい。自分の希望を国政に届ける唯一の道、自分の代わりはいないのだ。選挙せずに批判、愚痴、不満を言わないで欲しい。「どうせ選挙したって変わらない」と言うが皆が黙っておいて自然によくなると思っているのだろうか。国会討論を聴いてどう思うのか、あれは国民の姿を表しているのだ。外国の国会でもみっともない姿を報道される、それをみたときにこの国は矢張りそんな程度か、・・・・と思う。自分の国もそうだ。
この間、他人の話を聞いていると「日本は中央集権国家だ」と言う人がいた。トップダウンで動く国とでも思っているのだろうか。恐ろしい。

眼には困惑させられる。いつもの注射のパターンから極端に外れてしまった。雨降って地固まる・・・と待つか?
しかし、眼の中にあった黒い点は飛蚊症だったのか?今は茶色いシミのように拡がり視界を邪魔する。他の眼科医に診てもらおう。

眼の状態 ー1(旧表示ー1)


10月18日(月)BTX11日
雨上がりの快晴で急に気温が下がり若干冷たさを感じた。特に朝は湿度が46%とかなりのものだ。そんな天候で老人会の公園清掃は快調に進んだ。清掃の名目で話し合いの場になるまた情報交換もある。コロナ感染症の感染者数は0が多くなった。自粛も解禁となり町内自治会もやっと動き始めた。やっと皆さんの会話も愉快になり明るい雰囲気になってきた。一方懸念もある、北海道と青森の感染者数が増えたとの報道があった。寒い地域や冬に向けて、本来感染が増えてゆくのが自然と言われる。まだまだ油断できるものではない。
ニュースでは眞子様と小室圭の評判は芳しくないようだ。難しい立場のお二人だから、皆が厳しく見るのも分かるが、お気の毒なお二人としか言いようがない。親の婚約にお金が絡むのは情けない。実情は全く分からないが、お金と感情が強く絡んで解けそうもない・・・そんな気がする。当事者のお二人は最善の行動、対処を行っていると思うのだが。

眼は本当に困った。見えているがピントが合わずにいる。若い頃、眼はまだ良かった頃は老眼鏡をかけるとボンヤリして気持ちが悪くなった経験を思いだ出す。

眼の状態 ー1(旧表示ー1)


10月17日(日)BTX10日
曇りか雨かと寒さも加わって出掛けにくい日だが、都内から姉が公募展を見に来た。
今日は最終日で帰りは作品を持ち帰る事になっている。姉はそもそも絵の先生なので関心が高い。一通り見て、皆の作品は楽しそうに取り組んでいるのが良かった・・・とのコメントだ。あまり激しい表現が無かったのは事実だ。写真でモノクロ3枚組の作品が横須賀市長賞になっていた。作品はなかなか良いと思うが、何を撮ったのか分からない。何故か雰囲気のある面白さを感じる。写真の技術もかなり高度の方と思う。
作品を撤収して帰るときはタクシーを使うことになった。会場から駅まで、電車を降りてから自宅まで。雨中では止むを得ない。障害者割引に感謝、感謝。

頭も、身体もフラフラする。眼も悪いから何処で転ぶか分からない。まして雨だから事故を起こさないのに取り分け注意を払う日になった。

眼の状態 ー1(旧表示ー1)


10月16日(土)BTX9日
働いていた時代の友人が公募展を見に来てくれた。彼は絵も写真もやらないが、ししかし結構関心は持っている。話ながら洋画、日本画、写真を一通り見て回った。お互いにド素人ではあるが、評論はできる。終わった後は数年ぶり祝杯を上げて兎に角もう思いつく事は話しつくした。お互いに高齢だから、認知症とか施設に入るか健康状態等々で別に面白い話題ではない。兎に角、身体を動かすこと、喋ること、人に会うことが重要と意見が一致した。最後に旅行の話が出ると、格安航空旅行がを利用すると嘘みたいに日本を飛び回れると言う。それなら一緒に出掛けようかと相談した。

眼は本当に参る。こうやってパソンコンを開いてもカーソルが何処なあるのか探すに努力を要する、ピントが会わない、複視もある。パソコンは難作業になってしまった。

眼の状態 ー1(旧表示ー1)


10月15日(金)BTX1週
どうも昨日は機嫌よく飲みすぎたようだ。自重はしていたが、帰りは電車で降りる駅を通り過ぎて戻る始末。後輩に心配させてしまった。度を過ぎないようにとは言ってもなかなか難しい。頭がボーツとして身体が思うように動かない、半分居眠りをして過ごした。でも、やらない分けには行かず、1mも伸びてしまった月桂樹の枝を切り縮めたり、枯葉を集めたりと時間を掛けながら過ごしていた。

眼は複視、瞼が垂れ下がる、ピントが何処にも会わない、フラフラする等危険も感じる。また洗顔時に石鹸水が入ってえらく痛い思いをさせられる。パソコン画面を見るのは至難の業だ。

眼の状態 ー1(旧表示 ー1)

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱いが開けられない。
〇ドライアイ:ややショボショボ感は弱い。ムコスタの点眼液を一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:はっきり感じる。文字が2重に見えて判読に苦労する。特にパソンコンの文字は苦労する。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に石鹸水がどんどん入ってくる。瞼を強く閉じる力が出ない。以前はBTXが効き出す兆候だった。今回はどうだろう。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



10月14日(木)BTX7日
友人達と久し振りに集まり、横須賀市公募展に行った。私の写真は今回も入選出来ずに終わった。でも今年の作品は中々良くて、納得できるものが多かった。元々皆食事と乾杯がしたくて集まった6人で、新しく発見した飲み屋さんに入ると見かけによらず良い店で・・・何故、長年通り過ぎていたかと思う位。
皆、大声で喋ることはないが兎に角良く喋った。一気に鬱憤を晴らすことになった。
私も気分良く楽しみ、早めの解散は良かったが帰りの電車で二駅通り過ぎてしまった。都内から来た友人が心配して、追浜駅で待って呉れていた。彼はこれからが本番の飲み会に行くそうだ。

終日気分良く過ごして、眼の事は忘れてしまった。症状をはっきり覚えていない。
ただ、不快な記憶はない。

眼の状態 -0。5(旧表示 0)


10月13日(水)BTX6日
来月は歌の発表会があるので、コツコツと練習しているが兎に角暗譜に苦労する。更に困るのは声が出にくい。高音は未だ良いが低音部ではガラガラ声になってしまう。高齢と自粛生活による会話が極端に減っているし、身体全体が活性化しないのだ。何とかしようとカラオケ店で歌ってみたら、音程は外れるしテンポは揺れる。愕然とした思いだ。以前は90点前後だったのに・・・。
眼の方は複視で非常に見にくいし、左目は瞼がダラーッと垂れて視野を遮る。洗顔時は石鹸水が眼に入り矢鱈痛い。眼科の先生に行くと念入りに複視の様子を調べた。どうやら複視と言うより、垂れ下がった瞼が邪魔しているせいだと言う。どうも理屈が分からない。
眼圧は右14、左13mmHg。角膜は傷なく綺麗、で何の成果はない。一ヶ月分の点眼液の処方が出ただけ。

眼の状態 ー1(旧表示ー1)


10月12日(火)BTX5日
曇りがちで外出から帰る頃は小雨で寒さを感じる位になった。今日も女房と一緒にお出かけだ。コロナが静かになって、何かと外出が増えてきて気分も上向きに転じている。
夜には小学校のズームクラス会で楽しんだが、顔がクシャクシャして今一気分が乗らない。
眼が本当に悪い。左瞼が垂れ下がり視界を邪魔している。右は殆ど変わらない。昨日から始まった複視はパソコン画面の文字を見る時にガシャガシャと外れて重なり判読に苦労する。極めて鬱陶しい。カーソルの位置が何処にあるか見失う。
顔を洗う時は石鹸が目に染みて非常に痛い、瞼を閉じる力が弱くなっているのだろう。瞼が開くから未だ助かっている。

眼の状態 ー0.8(旧表示 0−)


10月11日(月)BTX4日
また暑い夏のような陽気になった。切り倒した椿の根っ子を掘り出さないと下に潜り込んだ竹の根を駆除できない。何度もほじくり返しているが捗らない。周辺の木が近くて邪魔になるから狭い穴を掘り起こすので、とんでもない労力と時間が掛かっている。腰の不調とも相談せにゃならず、季節がドンドン移り変わる。
同病患者さんと電話会議になった。医療の限界を通り過ぎた私達の病気は医師を替えようが、薬があっても根本治療にはならない。患者どうしでの、情報交換や慰め合いで止まってしまう。

眼の症状が変わった。パソコン画面が極端に判読出来ない。片目だけなら少しは読める。近くの鷹取山の峰はハッキリ2重にずれて見える、片方はハッキリとも片方は薄く蔭のようににずれて見える。随分極端な複視になった。また洗顔時に石鹸が強烈に目に染みる。シッカリ読むのはかなり難儀する。

眼の状態 -0.8(旧表示 0− )


10月10日(日)BTX3日
今日はチャレンジドヨガでこれまた久し振りだった。先生は我々高齢者が情けない姿勢で歩いているのを良く見極めて、体幹を鍛える事に注目しての指導でした。
見た目より遥かに良い運動になる。折角だからと家に向かって2駅分歩いて、追浜からは急坂の山道も歩いて帰宅した。徐々に体調が戻るので嬉しい。

今日も眼は程々に良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+ )


10月9日(土)BTX2日
友人が出演するコンサートに大船近くのリリスホールに行った。ここに参加する生徒さん達の意気込みが凄い。オペラのソロを堂々と歌う。皆さん素人ばかりだが、退職後にやりたかった事を思いっきりクラシックの歌にかけている情熱は素晴らしい。勿論アマチュアの限度はあるがそんな事はどうでも良い。最後に指導の茉莉和世先生が私の好きな「落葉松」と「カタリ」など4曲でこれは素敵で素晴らしい。因みに衣装もオリジナリティがあって似合いこれもまた良し。来年が楽しみになった。
終わって大急ぎで横須賀中央で女房と待ち合わせて、イタリアンの人気のお店に行った。自粛からの解放感でお客さん達がこんなに楽しそうに、嬉しそうに飲み、話す姿はいいものだ。ピザとスパゲッティは美味しく量もあって満足だ、ビールはグラス小で3杯、健康のために自粛は続けた。

今日も眼は程々に良い。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+ )


10月8日(金)BTX初日
50回目のボトックス注射の日。解放感を味わうためにみなとみらいにYOKOHAMAAIRCABUINで赤レンガ倉庫の方を歩いてみた。AIRVABIとはスキー場などにあるロープウェイの事で作りが極めて豪華で安全性も信頼でる。日本丸の向こうにはランドマークやクイーズスクエアで反対側はまだ空き地もあるビル街で下は海と昔の貨物列車線路跡の道で運河パーク駅に降りた。だだっ広い道路と解放感溢れる芝地を過ぎて赤レンガに着くと名前の分からない巨大な客船が停泊している。乗客は降りて観光巡りだろうか静まり返っていた。さながら巨大なマンションが浮かんでいるようだ。ゆったり、のんびり散歩をすまして目的ののクリニックに行った。レパートリー豊かなこの先生は超多忙だ。特にコロナ感染症のワクチンを始めてから極端に激しくなった。慌ただしく50単位を20ヵ所程度注射して終わった。殆どお話をする時間が無くて残念だ。もチョット何とかならないか。

意外に眼はほぼ良い。まだ注射の効果はでない。良いとしても前回分の余剰効果だ。

眼の状態 ー0.2(旧表示 0+)


注意! 訂正します。
旧表示の最良値+1、最悪値ー1、中央0としていると0+がかなり良い様に理解されていました。
今回から0が健常者相当でー1が全盲相当とします。ー0.2は健常者並みにかなり近く、
ー0.5は中央、ー0.8は全盲にかなり近いことになります。
以上よろしくご理解ください。グラフで見るときは同じ感覚で見られます。
第48回ボトックスの総括 [2021年08月08日(Sun)]
第48回ボトックスの総括
btx48.png

btxdis48.png前半にバラツキの少なく平均値に近い数値に纏まっていた。中央部分でー1が飛びぬけて悪いのが目立つが、原因不明であるが評価に影響するものではない。ただこの時点からマイナス側からプラス側に転じている。なにかの要因にはなったのかも知れない。+と0が併せて全92日間の70日を示しているのが、安定した成績の裏付けとなった。全体の半分弱の40日間は+ーが拮抗して変化を繰り返しているのは安定するまでの遷移期間で一か月以上はチト長すぎると思う。

btxm.png

今回も+0.1を越える事が出来なかった。こうやって過去も含めて考えると、私の眼の状態は悪いなりの安定したように感じている。初期の18回頃は極端に症状の悪い激動の時期だったと思う。眼の中、頭の中の苦しさは「目なんか無い方良い位だ。盲になった方が余程良い」と思う事は数えない程あった。今は悪いなりに、当時ほどの苦しさはない。自宅内でもサングラスを掛けないと眩しくて痛くて居られない、夜間の散歩では街灯も同様でサングラスが必要だった。勿論、晴天の散歩ではサングラスを掛けるが森の木陰で太陽の光がチラチラすると、歩けなくなって暫し眼を瞑り立ちすくんでしまった。何とかドライアイ用目薬の冷たさで症状を誤魔化しながら歩いた。今はこんなに酷い症状はない。副作用の少ないボツリヌス治療に特化したのが良かったと思っている。向精神薬などの副作用は絶体に使う物かと自分に言い聞かせ来たのは専門医の研究報告があったからで、大いに感謝し評価する。 
第49回ボトックス日記 [2021年07月23日(Fri)]
第49回ボトックス日記

DSCN2388d.png





10月7日(木)BTX92日
緊急事態解除になって、横須賀市の新コロナ感染症の発生は一桁以下で0もあった。5人は多い位だ。身体障害者のフライイングディスク練習も始まった。参加してみれば、全員無事で良かった。皆さんはかなり上手で、「なんで私は上手くならないんだろう?」とブツブツ言いながら投げていると先輩諸氏が心配していろいろと教えてくれるが上手くならない。一見健康そうに見えるが皆様のには分からない。それもまた無理ない事だ。人様に分かるくらいなら苦労は要らない。でもお蔭で良い運動になってる。帰りは一駅分遠回りして、追浜についてからは慎重に急坂な登りを歩き通して帰宅した。私の体調もこれからは良くなってゆきそうだ。

眼はまた良くなっている。勿論、理由なんか分からない。
明日からは第50回のボトックス注射の日だ。

眼の状態 0+


1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:やや強い。
〇ドライアイ:ややショボショボ感が強くなっている。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:太陽光が低くなってきたので、晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。最近は眼の中にゴミ或いはシミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。




10月6日(水)BTX91日
私が1級障害者になってから、女房と出掛けることが多くなった。付き添いと言う名目があるが、電車バス等の交通費等に割引があるせいでもある。それは兎も角、用件があって二駅電車を要する所に行った。ここは横浜市になって、衆議院選挙を睨み街宣活動が始まっている。菅総理の地元選挙区だ、大きな関心を持つが喋っているご本人は「政治を替えよう」と言うが中身について語らず、詰まらん。
緊急事態が解除とあって餃子で有名な王将に入ってみると満員盛況だ、ただ誰もアルコール類を飲む人はいない。流石に2人分で千円には十分おつりが出た、それなりに十分美味しかった。下手するとサンドイッチと紅茶の弁当より特ではないか。人が集まるのも無理はない。

眼は悪い状態の継続。症状もかわらない。BTX待ちだ。

眼の状態  ー0.3


10月5日(火)BTX90日
やっと歌の勉強会が始まった。高齢者向けの生涯学習財団の講習が行われる「まなびかん」の音楽室でやっている。いつものように30分毎に換気、いつもマスク、座る椅子、机、ピアノ、ドアノブ・・・と触れる所は全てアルコール消毒を開始前と終わりに行う。
先生は体操から発声練習までかなり丹念に行うが、これがかなり効果がでている。
リズムの取り方、和音・・・と初歩の練習が私には向いている。
帰りはいつも海上自衛隊と米軍基地が良く見えるヴェルニー公園でサンドイッチと紅茶で昼食をするのが気分良い。ただ、今回はトンビに3度目になる攻撃を受けて食べ物が飛散してしまった。清掃するのに困っていたら、サッと鳩の群れが来てサッと片付けてくれた。感謝、感謝だが怪しからんトンビは直ぐそばの街灯に止まって私が食べているのを監視している。トンビとしても、失敗しているので、私の様子を観察して必ず頭の上から或いは背後から襲ってくる。私も承知なので、コンモリした木を背後しているが、今日は左頭上から来て右に飛んで行った。食事が終わって、カメラを向けたら直ぐに飛び去った。きっと何処かで痛い目のあったのかもしれない。大体野生の動物はカメラが嫌いのようだ、そこらは週刊誌に終われる立場の人々と似ているのか?

眼は本日も悪い状態が続いている。もう記念すべき第50回ボトックス注射は明々後日に迫った。悪くても仕方がない時期である。

眼の状態  ー0.3


10月4日(月)BTX89日
今日は散歩も8000歩、庭の雑草除去もしっかりやった。以前の私ならどうという事はない。今はこれでも自慢できる程になった。これからは外出自粛もかなり自由に出来るから、楽しみになるしもっと回復するだろう。

このシッカリのお蔭で眼は悪くなった。閉じて閉じて仕方がない。これに連れて眩しさ、ドライアイも悪くなり点眼液のムコスタとジクアスを沢山使って液の冷たさで症状を誤魔化して凌いだ。殆ど効果はないが、気持ちの切替という程度である。

眼の状態  ー0.3


10月3日(日)BTX88日
先日、横須賀の友人に「ほろ酔いクラブ」を提案して誘ったら直ぐに7名揃った。この程度が丁度良い。私が公募展に写真を出すので、それを名目で鑑賞してから緊急事態解除の祝いを行うとの事だ。皆さんの飲もうとする情熱に驚くが、スマホにラインのグループを作り飲み会計画をするのにまるで会話みたいに、頻繁にメールが飛び交っている。嘘のような驚きの世界だ、私は昨日スマホを忘れて荒崎に出掛けた、自宅に居ればカバンの中に入れっぱなし。最早高齢者だからスマホは分からん!、、、、と済まして居られない世界になってきた。

昨日の疲れが出て、ぐうたら生活をしていた。夕方近くになって女房の買い物でお手伝い後に鷹取山とマンション住宅地周辺を一周した。矢張り歩くのは基本運動で気持ちが良くなり健康的な空腹を得る事が出来た。

瞼が閉じる力が強くなっている。もうこのままBTX注射まで続いてしまうだろう。

眼の状態 0


10月2日(土)BTX87日
台風一過の晴天。先ずは市の文化会館に行き、文化祭公募展に参加出品する写真を2枚届けてきた。きっと海が荒れて荒崎海岸の風景が良いだろうと、そのままコンビニでサンドイッチと紅茶を買って直行した。
京急の終点三崎口についたら、城ヶ島行きのバスに行列が出来ていた。勿論、緊急事態が解除されたのが原因だが、この素朴な所に人出ができるとは驚き。私は空いているバスで荒崎に向かった。景色は期待通り波が荒れて良かった。ただ、海水が濁って深く濃い青色が冴えなくて残念。ここは磯を辿って歩き回りたいところだが、もう私一人である国は足元も波も危険で諦めるしかない。でも予定外の写真風景を発見できた、何回か撮っていれば良い作品ができそうだ。

晴天の眩しさと不精な生活に慣れて直ぐに疲れがでてしまいこれも眼に良くなかった。

眼の状態 0


10月1日(金)BTX86日
幸運な事に台風16号がそれて行った。千葉県沖に行き、風さえ大した事なく済んでしまった。庭を片付け、ベランの物干竿を片付け、シャッターをしっかり閉めて待っていた。夕方に一時風が強くなって、これからが本番と思っていたらそれだけで終わった。千葉県は風も雨も被害があって、こちらは対岸の被害を見ると言う申し訳ない。幸運である。年々スケールが大きくなる台風も温暖化が原因と、はっきりしてきた。従来の天気予報は温暖化について曖昧にしていた。それにしても温暖化対策には危うさがある。グレン・タンベルさんが泣きながら、CO2増大について我々大人が誤魔化してつけをを残したと主張している。あの年齢で問題を理解し、主張できるのは凄い。本質を理解出来ていない大人の方が情けない。

家に籠って何もせずで、精神的に良くない。直接原因ではないが、瞼が閉じる、ショボショボする。ドライアイもきつくなる。

眼の状態 0−


9月日30日(木)BTX12週
やっと市の総合福祉会館が開かれて、一ヶ月間休みとなったフライイングディスク「略FD」のプレーが出来るようになった。幸い用事があって休んだ一名以外は参加して、無事を確認できて良かった。見かけは簡単そうで極めて難しい。一番近い先輩さえ未だに冴えない。大した運動量にならないけれど、的を外れたディスクを回収したり準備・片付けは立ったりしゃがんだりと忙しく意外に良い運動量になる。
女房は眼科に行っているが、もう両眼は使えるので余計な付き添いはしなくて済んだ。
明日は16号台風接近とあって、物干し竿を片付けたり屋外や庭にある飛ばされそうな物を片付け回った。嵐の前の静けさで不思議なほど静まり返っている。

理由は勿論思い当たることはないが、眼はやや良くなった。点眼液を沢山使ったのが影響しただろうか。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:徐々に強くなっている。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強くなっている。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。症状緩和のため適時点眼するが、あくまで気休めである。
〇眩しさ:晴れていればかなり眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:殆どない。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。少しづつ強くなっている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


9月29日(水)BTX84日
早朝の7:30発のバスで出掛けることになった。女房の眼帯を外す作業が8時からなので、仕方がない。忙しいクリニックだ、患者は皆予約制だから混雑はなく整然と途切れる事もなく進行されて行く。清潔で広く、先生もスタッフも多い、紹介される設備もどうやら立派な最新機器を備えている。街の自営クリニックではなく、眼科総合病院のイメージだ。立派な経営が出来ている。良くここまでやれると感心する。
今日も帰えりは喫茶店で過ごしてから帰った。まだ今晩の食事は簡素に済ませた。

瞼はかなり強く閉じる頻度が明らかに高くなっている。ドライアイの目薬で症状の緩和をさせる。これは気休め処方である。

眼の状態 0


9月28日(火)BTX83日
家内の白内障手術で眼科に迎えに行った。これで両目とも手術は終わった。特に問題もないらしい。眼帯は明日には外れるが、毎日目薬を時間指定されて点眼している。手術よりアフターケアーの方が余程大変だ。それも今週一杯で解放される予定だ。帰りは喫茶店でモーニングサービスを済ませた。今晩の晩飯は自宅スーパーの弁当で済ませた。普段は馴染みのないものを買ってみると、安かろうで結構うまいものだ。
食後ついつい居眠りをしていたら電話が鳴っていた。女房が知らせてくれて、小学校のZOOMクラス会で大慌て参加した。今日のテーマは「食べ物」について。経済力豊かな友人が世界各地の料理について教えてくれた。博学の彼の話はいつも教えられることが多い。私は土さ回りの拙い話をするのが精一杯だった。例えば田舎の街?で昼飯はポテトとタラを揚げて大皿に山盛り一杯出されて食いきれない・・・そんな程度しかない。拙くて中々飲めなかった給食の脱脂粉乳の思いでは良く出て来る話で、今回もそうだ。拙くともこれで健康を維持されたと思えば有難い。でも家畜の餌だとかトウモロコシの実だけではなく芯も丸ごと粉砕して家畜用に作ったものを使ったとも聞かされている。本音で有難いと思った事はない。

外出したときに瞼がギュッと閉じるようになった。比較的晴れていたこともあるが、ボトックスの効果が落ちているのが分かる。第50回目のBTXの予約は10月8日でもう直ぐだ。

眼の状態 0


9月27日(月)BTX82日
今日も終日在宅。コロナ感染症の勢いはかなり収まって、横須賀では一日10人以下が多くなった。緊急事態は解除されそうな気がして、何をしようかアレコレと楽しみを思い巡らせてしまう。実際、福祉会館やコミセンは開き始め、フライイングディスクは木曜日から再開すると知らせてきた。勿論参加するし、5日は歌の勉強会も始まる。
庭仕事はもっとやらないと、自然の変化に追い付かない。最近は右手の指が曲がってしまい、左手でこれを伸ばさなければ戻らない。それに痛いからあまり根気を詰めて出来ない。もっと重要なのは脊椎管狭窄症を悪化させないことだ。こう書いていると「ない」が矢鱈に多い。困ったものだ。

少しずつ眼の具合いが下降線をたどっているのが分かってきた。一時だが、不自然に眼が閉じてしまう。日中を平均してみれば、無視できる程度の時間である。

眼の状態 0+


9月26日(日)BTX81日
来月早々には記念すべきBTX注射第50回目になる。注射をしていなかった頃と今とどの位の違いがあるかを一度整理して見ようと思っている。どんな内容を纏めるか考えてゆこう。
今回のBTXはかなり良い成績になりそうだ。私が過去の成績と今の先生の成績を比較してお見せしたのは良かったのかと思っている。先生を比較するなど失礼なのかもしれないが、「俄然、戦闘モードに入った」とおっしゃるような気持ちを起こさせたのは良かった。大体そんな事まで期待していなかったから・・・。

眼の状態 0+


9月25日(土)BTX80日
私達眼球使用困難症群の患者にとって、大きな存在になっている「目と心の健康相談室」で恒例の講演会21、テーマ難治な目の病気とどう向き合うかが開催された。私は都合もあって相談室でZOOM講演を聞かせて頂いた。人間の心・感受性・脳神経の働きが如何に私共の患者にとって重要か改めて思い知ることになった。また様々な病も子供の頃から知っている在来の内科、外科、眼科、精神科、産婦人科・・・の縦割りによる医学研究、検査方法、診断、治療等々相互に融合的に解決してゆく事が医学界にブレークスルーを起こす事になるだろう。またきっとIT、AI技術の発展が大きく寄与すると思った。日本の医学界こそが世界に大きく貢献できる分野であるとも期待した。若倉医師は眼科専門医ではあったが、神経眼科或いは心療眼科の学会を創設させて医療現場からの経験観察に基づき心の問題に着目して研究を進め計測のむ付かしい感覚の領域から脳の大きな機能に到達した。大きく貢献されたことに感謝申し上げます。これからも一層のご活躍を期待し、お願い致します。これからは脳科学者の大きな役割が見えてきたように思っている。この点はとっくに皆様はご承知で取り組んでいらっしゃるのかもしれません。知らないのは私かも!?

患者会の活動は各々の個性で活躍すれば良いと思う。ただ日常生活の向上を目指すには、現実的に障害者手帳を得られなと多方面で生きて行く事ができなくなる。
根本的には医学的に明解な診断規準、対応できる法律、これにより保険、年金が決まり患者の人間的な生活が可能になる。今は自助しかない、共助、公助は何処へ行ったのか。

良い講演会だったと思う。帰りは友人と久し振りにあってコーヒー一杯で乾杯
と日常生活ぶりを披露しあって一時間半来月の解禁を目指し再会の約束をした。

眼は今日も順調。

眼の状態 0+


9月24日(金)BTX79日
竹の根っ子の根絶に困難を極めている。つつじや椿の根っ子に絡んでいるので、椿を犠牲にして切り倒して現在その根っこの掘り出しに苦闘する日々が続いている。
太い根はノコギリで切る、周辺から張りだす木の根っこも鋏やノコギリで切って更に周辺の土を掘り出す。脊椎管狭窄症がぶり返しては大変だから、百円ショップで買った椅子に腰かけてやる。また、ここの所蚊の攻撃も激しくなった。蚊取り線香を周囲に3ヵ所配置すると、これは十分効果があるけれどマア面倒くさい。動く度に蚊取り線香の配置換えをしなければいけない。でもお蔭様だ身体の動きも随分良くなっている。毎日、朝晩血圧と血中酸素濃度を計っているがこの酸素濃度が90程度だったのっが97に徐々に上昇している。矢張り運動不足も酸素濃度の低下を招く要因かもしれない。終日、家に籠って身体を動かさないと気付かない間に体調が落ちているのだろうか?このデーターはペースメーカーを挿入した事と新コロナで重症度の目安になった酸素濃度に注目して毎日記録を残している。

眼は程々に良好。

眼の状態 0+


9月23日(木)BTX11週
我が家には面白い火鉢がある。子供の頃からあるがあまり使っていた記憶がない。
和室の客間になるような部屋に置いてあった。飾りになっていたかもしれない、お湯を沸かす鉄瓶なりやかんを置くごとくがない。使い道が無くて、売っても二足三文にしかならないだろう。木の根っこを掘り出し、削って仕上げている。灰を入れる金属容器は形状が複雑でかつ二つを繋ぎ合わせてる難しい技術で作ってある。隅っこに置いてあって埃が一杯蓄積されており、情けない姿である。いろいろ考えて女房が作るドライフラワーをこれに入れて、玄関に飾ることに決めた。灰を出して容器部はブラシで擦り落とし、木部は掃除機やブラシで埃をとるが冴えない。水洗で根っ子の細かい溝に溜まったゴミも落とした。何度も雑巾がけをしたらやっと貫禄のぁる木部の色が戻ってきた。更に白木用ワックスをかけるかどうか思案中だ。
横須賀市から市の公共施設の開場を27日にすると、知らせてきた。これで自治会館もオープンになるだろう。賑わいを取り戻したいものだ。

眼は程々に良好。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:少し楽。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:無い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。少し減っている。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



9月22日(水)BTX77日
今日は女房の手術後の眼帯が外れる日なので、付き添って行った。行って驚いた、高層ビルの4F殆どを占有した綺麗で清潔な眼科専門病院と言えるような見事なものであった。道理で近所の奥様方に評判が良いのも分かる気がした。医師もスタッフも多くて大病院だ。
しかし白内障手術で初めの頃は熱心にレーザー手術をすすめ、家内の目には一番良い手術方法と説明を受けた。ところが何の事情かしらにないが、日程がかなり遅れるからと、一般の手による手術に切り替わってしまった。一体以前の説明はなんだったのか?? ちょっと理解不能。
帰りに簡単な昼飯にとレストランに寄ったら、閑散として薄暗い。帰ろうかなと思いながらもドアを押したら、客がいて営業していた。ここは安上がりで人気が高いけれど、客は全くポツンポツンいるだけで静まり返っている。コロナ不況をマザマザと見せ付けられた。
本屋でナンプレ初級という本が気になった買ってしまった。さてやってみると初級中の初級の第1問が出来ない事に大きな衝撃を受けた。幾ら何でもこんな事になるとは!そんな馬鹿な!とグチグチと言いながらとうとうできず仕舞いになった。

それでも、眼は影響を受けずに済んだ。

眼の状態」0+


9月21日(火)BTX76日
家内の白内障手術の日となった。先に一人で行き、帰りのタイミングで迎えにゆく事になった。お互いに勝手な思い込みで待ち合わせするから、「某喫茶店に到着」とメールしていたら、女房は術後に直ぐ店に来てしまった。片目になっているし、足元もチョット危ういので、こっちが迎えに行く筈だった。お互いに非難中傷しながら軽いサンドイッチで昼飯にした。夕食はスーパーで弁当を買って済ませた。安くて結構美味しいので、お互いに良かった。
北朝鮮がまた新しいミサイルを日本の排他的経済的に落としたニュースが流れた。
その内容は兎も角、金正恩氏の画像が幾度ともなく流れているが「影武者」じゃないかと思う。この点は女房と意見が一致した。私には若く元気に見えて、表情も仕草も変わったと思う。女房はすっかり痩せてあんな姿ではない、別人だという。
そもそも本人の姿は余りにも太り過ぎて、動くのも大義そうに見えた。さて本当に影武者なら、これからはどんな人生になるのだろう。日本の映画にあった影武者は石を投げられ追い出されたが、さて?

眼は今日も安定している。ときどきお断りしているが、普通の方から見ればショボショボ目つき、濃いサングラス、頬口周辺に絶え間ない動きは気になるだろう。ここで表す眼の状態では、自覚症状について述べています。

眼の状態 0+


9月20日(月)BTX75日
老人会の公園清掃に参加してきた。コロナ騒動もあったし、天候不良もあって久し振りでした。園内は草茫々で、やたらに丈の高いやつもある。この会も年よりばかりになって人出も足りない。自然に子供が遊ぶ滑り台やブランコ、鉄棒周辺に集中して雑草刈を行っている。私も幾つかの病気に見舞われて休みが増えた。お互いに声をかけ休むように心掛けてやっている。もう15年以上のお付き合いだが、すっかり年を取ってしまった。次世代が入らないのはどこでも同じだ。
自宅の庭にある水道蛇口を交換した。2口あるようにしてホース接続と一般蛇口にして作業がしやすくした。大部煩わしさが無くなる。

眼は頗る安定している。

眼の状態0+


9月19日(日)BTX74日
やっと文化祭公募展の写真プリントが出来上がった。煩い注文をつけたけれど、ほぼ満点近い出来上がりでほっとした。一方、友人からは出展を諦めるとの知らせがきた。体調が悪くて外出もままならず写真も冴えないものになったとの事。残念。
女房がリハビリに行くので、一緒に街まで歩いて行った。私は全く腰に違和感がなく済んだ。流石に帰りの山登りは避けてバスで帰った。
帰ってからは写真を何度も見直して、あーでも無いこーでも無いと最近スッカリ増えた堂々巡りをしていた。

眼は頗る安定している。過去にこのような安定した事があったか、思い出せない。

眼の状態0+


9月18日(土)BTX73日
厄介なインターネットでも矢張り便利さがあって止める分けに行かい。セキュリティーが厳しくなるにつれて、パスワードが長ったらしくて閉口する。新しく買い物のお店のネット取引をすると、画面からの手続きの面倒くさい事。何処から手を付けたら良いか探し回って、同じことを繰り返す堂々巡りをやってついに一旦休止することになる。日を替えてまたやりだすのだが、今度は前回何処までやったか分からなくなる。それが原因でまた画面からやり直しを迫られる。私の代行ロボットが欲しい。
真面目にヴォイトレと外郎売の練習をした。中々毎日は出来ないがやっていると、僅かながら効果は出て来る。両方とも発声練習となり口の動きがよくなった。
特に外郎売はアナウンサー並には行かないが、早さだけなら負けない位になった。ただ、彼等は流石にプロだ。むらなく一定の速度話す、私は優しい場所は早く難しい所は遅くなる。

眼はほぼ問題なし。

眼の状態0+


9月17日(金)BTX72日
女房がリハビリに行くので、散歩がてら追浜の街まで歩いて行った。私の脊椎管狭窄症は油断できないから暫くバスを利用していた。本当に久し振りに歩き、無事に着いた。かなり急な下り坂が多いけれどたかが20分弱だ。ゆっくり歩けば心配はなさそうだ。、もう少し慣れたら登りもチャレンジしよう。市の公募展に出す写真のプリントはまだ出来ていなかった。まだ焦る程のことはない、それより友人が今年は体調が悪くて出掛けるチャンスも少ないから参加しないと連絡がきた。何回かいろいろな公募展で優秀な成績を得ているので残念だ。私の作品はどちらかと言えば臍曲がりだから、入賞するのは難しい。これは個性の問題であって仕方がない。それでも関心を持って呉れる方々がいる。天才画家が後世に認められて高価な取引になっている事もある。私だって若しかすると、子供に偉大な財産を残せるかもしれないのだ。・・・・ウーン、これはチョット無理かもしれない。

眼の状態 0+


9月16日(木)BTX10週
都内の実家から、親戚がブログを出したいから教えてくと依頼されてホイホイと出掛けた。まだ台風14号の影響もなくて良いタイミングいであった。面白い女の子を目撃する事に驚き感銘を受けたものだ。電車で立っていた女の子がやたらに足が長い、両手の肘辺りが腰の高さと同じ位だ。私なんかの肘は腰より12cmくらい高い、何しろ古い時代に育ったから、消化の悪い植物を食べていたので消化器系統が長い。何処まで本当か知らないが大人で7〜9mあると聞いたことがある。これは調べてみるとしても、こんなに上体が短いと内臓も短く心肺も小さくなって長い手足の身体運動をまかない切れるのかと茫然した位だ。いや、本当に生き延びられるのかと思った。電車を乗換たらまたもや手足の長い女の子に出くわした。顔が小さくスラーっとして8頭身並ではないか!! 同じ学校の生徒さんだろうか、白い長袖のシャツと黒の細めのパンツと運動靴で流行りのランドセル形の黒いバッグを背負っている。おおそ派手な雰囲気は全くない。
目的のブログ発行の手伝いと言えば、高齢者同士の勉強会だからすんなり進む訳がない。悪戦苦闘してどうやらアップ直前まで漕ぎつけた。後は書くだけの事だ。

眼は特に変わらず。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:雨が多く日差し弱いので助かる。少し楽になっている。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:弱くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



9月15日(水)BTX70日
庭の散水ホース向けに部品を買いたい、安物で使い道の無いラジオが私に回ってきた。何しろ酷い。周波数が勝手に動いて聞こえなくなる、音量も大きくなったり聞こえなくなったりで私子供の頃にあった並4ラジオでもこんな事は無かった。ネットで安く買ったと自慢して、使いのにならなくて私に呉れたものだ。無責任で不愉快だ。・・・で、ラジオも買いたい。
新しくスマホを使って貯めたポイントで1万円買えるので、家電量販店に行きかなり良いラジオを買うことができた。続けて7駅離れた所にあるホームセンターで散水ホース関連の部品も買って帰った。お蔭で8000歩も歩けた。良かった、良かった。

出掛けるに連れ晴天になり、眩しさも増して夕方頃に眼が疲れとシブチンで一時的にはかなり悪くなった。ムコスタとジクアス点眼液を使って気休め処方をした。

眼の状態 0+


9月14日(火)BTX69日
小学校のクラス会があった。今日の司会者のテーマは「年を取ったなと感じること」であった。ただ、我々は余りにも実感し過ぎていて今一盛り上がらなかった。メンバーが一人一人自分のテーマを出して話し合うのだが、案外難しい。
庭にある散水ホースのシャワーヘッドが壊れてしまった。蛇口に繋ぐ場所も一口しかないので、一口追加しないと洗い物に不便だ。部品を買うために段取りや寸法調査を行って結構な時間を費やしてしまった。
事務仕事も捗らずにあっという間の一日だ。一体何やってんのと自問自答する。

眼はそれなりに安定しており、納得するしかない。

眼の状態 0+


9月13日(月)BTX68日
電子レンジのサービスの方が来てくれた。心臓部に当たるマグネトロンの故障で部品交換になるそうだ。幸い早めに入手出来るとの事で助かる。
この電子レンジには厭な思い出がある。ある世間を震撼させた宗教団体が、この原理で大がかりな装置を作り使ったと当時の新聞に報道された。まさに悪魔の仕業としか言いようがない、全身に身震いを起こさせるものだった。
室内を2回に分けて掃除機掛けを行った。またこれから2回に分けてワックス掛けをしなければならない。
月下美人が二鉢あって、たった2輪だが2か月離れて立派に咲いた。夕方から徐々に蕾が膨らみ始めて21時ごろに一挙に咲く。ここ暫く手入れが届かずに2輪しか開かなかった。深く反省して鉢を替え土も入れ替え綺麗に掃除をして室内に置いた。この植物は砂漠に育つサボテンの一種との事だ。そもそも手の掛らない植物で、丁寧に育てたらゆうにドアの高さ、1.8mになってしまい大胆に切り落として手入れも疎かにしたのだ。また、来年も綺麗に咲くだろう。

眼は順調だが、疲れると首、肩凝りが始まった。しんどくて早々に寝てしまった。

眼の状態 0


9月12日(日)BTX67日
我が家の電子レンジが運転停止している。スタートさせると大きなブザーのような音が鳴り響いて加熱しない。音が凄いので直ぐに電源を停止せざるを得ない。明日にならないと修理の人が来ない。女房は戸惑っている。私は風呂焚き、七輪の火起こし等々経験した世代だからこんな事で驚く事はない。不便なのは分かるが。

ニュースでは新コロナ感染症のワクチン接種を拒否する方達が多いらしい。今までにも世界中で随分沢山のワクチンをしてきていると思うが、今この重症に至る危険を知っていてもワクチンを受けない理由は、コロナよりワクチンがはっきり危険だと判断しているのだろう。
でも何故だろう? 私は新聞が読めないので、テレビニュースで情報を得ている。時間に余裕があるばかりでなく、単純な思い込みに走らないようにまた少しでも正確に把握するために系列の異なる局を4通り以上見て比較している。BSまで含めると7局以上になる。ニュースソースやデーターがより明らかでまた科学的ある事に留意している。その結果としてワクチン接種を推進することに賛成する。
SNSでかなり人気があり話し方が上手な人達がいる。ただ、データーが足りないのとニュースソースがはっきりしない。裏からこんな情報を得ているんだとか外国の知人から実情を聞いているとか・・・何とも心許ない。私は医師でも医療関係者でもないが科学技術者である。話しが面白とか興味を惹くとかで賛同は出来ない。
これとは真逆で討論しているのが政治の世界である。しかし根拠を示し正確に議論すべきだが、下手に正確にするとそのデーターで自分が追い込まれることにもなり兼ねない。この世界は私の神経を逆なでする論法が多すぎて腹立たしい事が多い。やっぱり私はコチコチの技術者だ。

眼は今日もほぼほぼ順調だ。

眼の状態 0+


9月11日(土)BTX66日
午前は室内の掃除、午後は庭の雑草除去と汗が出る良い運動が出来た。屋外では蚊が殺到する、室内では体長2mm程度の羽虫が照明に、天井周辺を飛び回る。食事のテーブルにゴミのように大量に落ちて来て食べ物にも入ってしまう。少し観察すると、蛍光灯でもLEDも群がってくるが、傘に止まると何故か自然に落ちてしまいテーブルで暫く経ってまた舞い上がる。まるで水蒸気が上昇気流で空高く上がって雨になり、下に落ちてまた水蒸気になり上昇を繰り返す様子と良く似ている。網戸なんか平気で入ってくる。食堂で殺虫剤を散布もできないから、全てドアや窓はシャッターを降ろしガラス戸も締め切り掃除機で丹念に吸い取った。エライ面倒くさい作業となった。今の気温なら普段は使わないエアコンも運転開始した。お蔭様で収まったが・・・この虫の名前はなんだろう。

ときどき眼が痛み、首も痛み、肩も痛く凝ったが大過なく終わった。マア、良い状態を維持した。

眼の状態 0+


9月10日(金)BTX65日
朝から乱層雲が目立ったが、午後に向けて晴天になった。天候が良くないと外出不足も庭作業も怠り勝ちになる。左腰の痛みが、いかにも脊椎管狭窄症が発症直前のような危機感を覚えて、リハビリに行った。ウオーターベッドと脊椎の牽引は明らかに効果がある。
文化祭向けの写真のプリントを出来る所がないと不満を漏らしていたが、街のプリント屋さんにもう一回頼みに寄ってみた。今度はシッカリした店員さんが、特別注文を引き受けますよとアッサリ承諾してくれた。詳しく私の希望とサンプルを受け取って手配してくれた。何の事はない、先日私に対応した店員は未だ慣れていなかった事が分かった。諦めずに2回お店に立ち寄ったのが良かった。これで一安心だ。
そりゃそうだ、A3サイズ以上のプリンターを個人で持っている人はアマチュアではそんなにいないだろうし、必要な仕事だからビジネスは成り立つだろう。

眼はほぼ良い。

眼の状態 0+


9月9日(木)BTX9週
ネットで依頼した写真が届いてガッカリした。案の定、自分の狙いとは程遠いものだが、所詮はサンプルを渡して説明してからやるべきものだから不満はいえない。展示会などに出す写真のプリントを引き受けるなら、サンプルを渡さないと無理だと思うが。折角だから業者さんへ意見は述べさせて貰った。
またも雨がシッカリ降って呉れる。気になっている掃除、特に掃除機掛けだ。家中を一気にやるパワーは無いから、少しずつ分けてやる。ダークダックスの歌に「月曜日に・・・・とかして、火曜日に・・・へ行く、水曜日には・・・する」そんな歌があった。そんな調子でやって行く。
歌の勉強会の先生から、内輪の発表会に個人で4曲、皆で合唱を一曲「埴生の宿」を歌って下さい。せめて2曲は暗譜して下さいとのお達しだ。これが困る、毎日10コ覚えたら11コ忘れるのに・・・歌うよりプレッシャーを感じてしまう。でも目標が出来たので、兎に角やる。個人の4曲については、私がリクエストしたからには「落葉松」と「ねむの木の子守歌」は歌おう。残りは井上陽水の「少年時代」といるかの「なごり雪」と決めてご返事をした。イルカさんは私が卒業した都内の中野区立谷戸小学校の後輩にあたる。勿論、彼女が私を知る訳ない。ただ、全国に知られた有名人は彼女だけだ。

目について。相変わらず安定している。今回は良い成績が出そうだ。BTX注射をして頂いている先生に毎回のボトックスの成績をお店したら「俄然、競争心に火が付いた」との事だと。先生の意志が結果に結びつき始めたのかも知れない。今までBTX以外の薬は使っていないから、過去の先生方の腕と比較し易い。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:雨が多く日差し弱いので助かる。少し楽になっている。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。また運動不足になってきて、足腰の筋力低下が少し影響し始めた。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:弱くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


9月8日(水)BTX63日
昨日の故郷訪問で朝寝坊をした。顔を洗う時に蛇口の締りが悪い、更に前から気付いていたが何となく後回しにしていたところ女房が門の前の板(縞鋼板と呼ばれる滑り止めの鉄板)とベランダに敷いたプラスチックの板(ポリカーボネートと呼ばれ駐車場の屋根に使われる対候性の強度の高い板)が雨で滑って転んだから何とかしてくれと言うのを思い出した。二人でホームセンターに出掛けるが行きはバス帰りは電車を利用してみた。バスは片道348円、電車は198円で所要時間はバス45分、電車10分とかなり阿保らしい。降りてからの距離の違いでバスに乗ったが帰りは深く反省して電車を使った。因みに寄った素朴なカフェでは、私はエビピラフにアイスコーヒー女房はケーキセットとアイスコーヒーの各500円は内容から割安だろう。交通費との配分を考え、今後の支出のあり方を慎重に考えるべきと話し合った。

眼は本日もほぼ良い状態を維持している。

眼の状態0+


9月7日(火)BTX62日
奇跡的に晴れて、故郷の茨城県新治郡下大津村(現かすみがうら市)を姉と共に訪れ先祖の墓もお参りして来た。ここの南圓寺は勿論歴史は長いが地元しか知られていない。火災で全焼して過去帳も祖父の時代からしか残っていない。新に建て直してピカピカのお寺であった。またお墓も私の祖父まで土葬だったのを、今の場所に移し替えたので墓石もピッカピッカであった。僅かに文字も良く読めない曾祖父母のものが歴史を表していた。ここから車で私が戦争中に疎開していた場所を訪れると、他人の家に渡っており門柱のみが昔のままに残っていた。ご近所の農家は豪農らしく立派な門、屋敷で圧倒される雰囲気であった。ここのご主人は私が4,5歳頃は遊び友達だったが、昨年会っていた事もあり縁遠くなったいるので通り過ぎた。ここからは人と牛馬が荷車を引いて歩いた道で今でも素朴で森と畑を進むと霞ケ浦に出た。周辺は見渡す限り蓮田となって埋め尽くされていた。水田は全く見当たらない、もしかすると蓮の日本一生産地かもしれない。きっと米より収益が上がるのではないだろうか。土浦に向かうと左が蓮田、右が崖で時々洞穴がある。これは霞ケ浦の水面が屋根に届く程の大洪水で埋もれていた所に穴があき古代の人骨が見つかったと言われている。こんなに平坦で人に出会わず、信号機もなく勿論渋滞もなく快適に走った経験は思い出せない。土浦に着くと都会に戻ったが、良い故郷訪問の旅になった。

終日の晴天は帰りの電車に乗った頃から、眼は痛くなり後頭部から首肩に伝わった。ここで忘れていた眼瞼痙攣をしっかり思い出すことになった。今日全体では好調と言える。

眼の状態 0+


9月6日(月)BTX61日
晴れるかと期待したが今日も降ったり止んだりで自宅に籠っていた。
パソコン作業は本当に煩わしい、10年前と比較すると楽になったとは思えない。
ログインパスワードを16桁にしろと言う。こんなものを幾つも管理なんか出来る訳ないだろう。同じ会社がこれをセキュリティーコードと書いて、(ログインパスワードと同じ)と注意書きがある。一流企業がこんな事をやっていてはディジタル衰退国になってしまう。・・・最近は愚痴が多くなった、きっと新コロナ感染症の2次的症状に違いない。治療薬はないのか? この数日、朝の空き缶、空き瓶のゴミ出しに缶ビールが激減した。半分にならない。雨と気温低下が影響している。

眼は今日も程々に良い。本当に助かる。若しかしたら愚痴は眼に良いのか?

眼の状態 0+


9月5日(日)BTX60日
ここの所雨の日が連続で気温は下がり過ごしやすくて良いが外出はあまりしない。
メールを見ると要らないものが殆どだ。長年の付き合いの友人へも面倒くさくなって放ってきたが、矢張り反省した。政治特に外交に関心の高い男に、日本の領土について意見を聞いた。日本の領土の最南端に南鳥島がある。ここはサンゴ礁の中に三つの島がある。円形で明らかに人工的に囲まれたいる。そもそも海面に出ていた岩が消滅しないように保護して日本領土とした。これが在るので日本の領土は或いは排他的経済水域とてつもなく拡がっている。当然、中国は猛烈に反発し避難していたが、一方で全く同じ要領で南沙諸島に人工島を作り方日本も含め周辺海域国は避難している。日本は中国を避難できるのだろうか?

今日も眼はほぼ良好である。

眼の状態 0+


9月4日(土)BTX59日
写真展に出すなら何としてもそれなりのプリントをして呉れる所を探さなければならぬと、やっとネット上で一軒探し出した。ポスター印刷はあるが使う気になれない。ネットから事前に支払い手続きをしてから写真をネットで送信することなる。非常に気になるのは送信した写真データーを受け取った業者が印刷はするが、仕上がり程度はお任せになる。コミュニケーションがないのでかなり不安になる。次に支払いだ。いつもの使うカードで受け付けないので第2のカードでやったら駄目、第3のカードでも駄目。何遍も繰り返して奮闘すること3時間強、やっと受付完了した。何が悪かったか、或いは何が良くて出来たのか全く分からない。兎に角テスト的にプリントを依頼した。ディジタル庁が創設されると言うが、堪ったものでは無い。我々高齢者の命を縮める事のないようにお願いする。私に替わるAIロボットも無料で準備して貰いたい。

もうBTX注射して2か月で残り1カ月だ。どうやらかなり良い安定状態に入っている。このまま続いて貰いたい。ここら辺は神のみぞ知る範囲だ。

眼の状態 0+


9月3日(金)BTX58日
少しでも外出しようと一駅隣の八景に出掛けた。事務用A4プリント用紙を買うためだった。持ち帰るときに「しまった!」と気付いたが遅かった。紙の2.5kgがこんなに重く感じるとは思わなかった。普段の、肩掛けカバンも2kgあるから計4.5kgで重いわけ訳だ。カメラとペットボトルに水を入れて歩くと更に1.5kg増える。年齢が嵩むにつれ手荷物の負担も予想以上に大きくなる。
横須賀市の文化祭は予定通り開催するとのお知らせと参加募集も来ている。毎年絵画、写真、短歌、俳句、川柳、書と多彩である。無料参加で2枚まで出品できる。女房の意見もいろいろ拝聴しながら2枚選定した。写真の仕上げはこれからが本番になるが、大問題がある。写真展向けのようなプリント屋さんが、街から消えてしまったのだ。ディジカメの普及につれて、安価で性能の良いプリンターも簡単に入手できるからだ。それに街のプリント屋さんは、これまた合理的に安価に綺麗な写真が出来る。私達マニアは本当に困っている。写真展ではサイズが大きくA3程度以上になるので、事務用プリンターでは使えない。色も物足りない。

悩みは尽きないが、眼はほぼ良い。

眼の状態 0+


9月2日(木)BTX8週
女房は白内障の手術の準備に入って、眼科へ通っている。昨日に続き私も用事を作って市の中央に出て合流した。雨が降り続き買い物ばかりに集中して荷物を四つも三つもぶら下げて歩く事になった。女房だけでなく女性は平気で荷物をいくつもぶら下げて歩く姿を見かける。いくら服装やスタイルに拘っても腕に袋をいくつもぶら下げたら台無しだ。活動的にリュックを背負い、カートを引っ張って動きやすい服装にしたらどうか。もっともセレブな奥様が、有名ブランドの袋をいくつも抱えて高級車に乗り込むなら別だが。残念ながら我が家は違う。

昨日から曇りとあ雨になって、気温も下がりすっかり過ごしやすくなった。眼は昨日同様。これ以上望むのは経験から無理であろう。症状を上回る気分転換が大切だ。
症状に負けないで頑張れと言っても、簡単ではない。私はむしろ奇跡的にボトックスが効いているから良い。薬や酒に頼らざるを得なくるとき、神経内科、心療内科、精神科の先生方は良く理解して過剰使用にならない指導をして頂きたい。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱くなった。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。少し楽になっている。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:弱い。首肩頭痛の影響も弱くなった。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:弱くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



9月1日(水)BTX56日
時々雨が降る涼しい一日であった。女房とまた二駅離れた街に出掛けて買い物をして、ピザとスパゲッティの店で昼食を取った。いずれにせよアルコールを出さないから、以前のような明るさがなくヒッソリと小声で話し合っている侘しい雰囲気だ。ノンアルコールビールを注文しても冷たくて気持ちが明るくならない。二人でピザとスパゲッティを注文したら、以外にヴォリュームがあって手こずってしまい夜食はもうやめようと決めた。美味しかったのは確かだ。いつか時間が過ぎてしまい帰宅する頃は夕食を作る時間になってしまった。

眼は安定時期に入って、とにかく眼の悪さを意識しないで済んでいる。

眼の状態 0+


8月31日(火)BTX55日
今日も整形外科リハビリに行ってきた。これで暫く行かなくても大丈夫そうだ。自宅に戻ってから、また一生懸命に雑草取りを行った。堆肥作りをしている側なのでドクダミが多く元気に育っている場所だ。チョット大袈裟かもしれないが、太麺を一束つかむような程になっている。5ミリ程度でも取り残したら、消滅することはない。絶え間なく成長し逞しく育つ。全て篩にかけて取り残しをゼロなんてできるわけもない。従って、我が家では永久にドクダミと闘わねばならない。どくだみ茶の作り方を研究するかな、商売になるなら育ててみるが。
夜になると小学校時代の友人とZOOMクラス会だ。今夜は私が主催で目に関する各自の病気、経験を披露しあい話し合った。とりとめのない世間話も良いが、テーマを持って話すのも面白い。

本日の眼もやや良好。

眼の状態 0+


8月30日(月)BTX54日
大事に至らぬようにと、整形外科リハビリに行った。腰の湿式温め、ウオーターベッド、腰の牽引と3点セットになる。暑いのに腰を温めるのは、なんとも気持ちが悪いものだ。待合室は人が多いので、風通しが良い屋外にも用意されている椅子で我慢しながら温めている。このリハビリは確かに効果を感じ取れるので嬉しい。眼瞼痙攣みたいにボトックス注射しても安定的な効果を期待できない情けなさとは大違いだ。
いつもの眼科に行き2か月ぶりに診察を受けた。今回は角膜に傷がついているので、もう少ししっかり目薬を使うようにと指示があった。眼圧は右20、左が17mmHgと高めだが、視神経が大丈夫だから緑内障は心配ないそうだ。白内障は年齢だから止むを得ない範囲で未だ手術の必要はないとのことでした。眼は痛い、眩しい、クシャクシャする、後頭部が痛い、首の後ろが凝って痛い、肩も凝って痛い、文字も見にくくボヤケる・・・・どうにかならないですか?・・・と無駄な質問をしてみた。先生はニコニコしながら、この患者さんは皆さんは本当に大変ですね・・・労って頂いた。有難うございます。感謝!感謝!!

そうは言ったものの、眼はやや良い範疇だった。

眼の状態 0+


8月29日(日)BTX53日
私のお隣は横須賀米軍基地の兵隊さんだ。割と若いのに二人で戸建て住宅に済んでいる。ときどき大声で怒鳴っているが、喧嘩ではないようだ。日本人の家庭なら、先ず喧嘩と思うに違いない。若い男は派手な入れ墨をしていて、割と不愛想だ。ほんのチョット年配の男はきちんと挨拶をするから、少しは安心する。しかし、昨夜当たりから友人達も集めて大騒ぎだ。日本人の大騒ぎとは比較にならない。
日本はコロナ感染が諸外国より低いと言われる。静かな話し方は、口から飛沫を飛ばす量が全然違うだろう。清潔好き、風呂好き、マスクを着用すると言われる。それ以外にきっと通常会話の静かさが大きく影響するのではないか。

眼はしょぼつき、瞼が閉じやすくなった。

眼の状態 0


8月28日(土)BTX52日
整形外科に行きリハビリをして、帰宅してから雑草除去を行う。腰を屈めたり立ち上がったりとスクワット運動を繰り返す作業を行う。今の段階ではリハビリを無駄にしないよう、慎重にやっている。高温多湿で空は水蒸気で白っぽくなっているから作業後はシャワーで気持ち良く一休み。

眼は割と良かった。症状をいつも気にしないで済む程度だ。実際これ以上贅沢?は言えない。

眼の状態 0+

8月27日(金)BTX51日
腰の痛みが強くなったので、整形外科リハビリに出掛けた。暑さなのか、新コロナ感染の脅威か珍しく空いていた。何時もの通り、ウオーターベッド、腰の温め、腰の牽引の3セットを順調にこなした。どうやら痛めてしまったらしい、牽引の際に違和感のある痛みを感じる。左側に倒れて腰椎間板が潰れているから、牽引のみに頼らず自分でもこれを補う体操を工夫することにした。
バスで近くのスーパーに降りて、日常の散歩コースを歩いて帰宅した。

今日も首肩頭痛に悩まされた。体操や散歩だけでは簡単に治らない。目もクシャクシャして見るのが辛い。ドライアイも影響している。

眼の状態 0ー


8月26日(木)BTX7週
今日も女房と二駅離れた横浜市の金沢文庫に出掛けた。用件が終わって巨大なスーパーに寄った。改装してもう何年か経っているが、スケールの大きい食品街で圧倒されれた。横須賀と横浜の違いを見せつけられた。

昨日同様に首、肩、頭痛が続いているが、眼の影響は少なかった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:強い。首、肩、頭痛の影響がある。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛い。首肩頭痛の影響あり。
〇フラフラ:日常的だが弱い。自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。最近強い。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水は入らなくなった。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


8月25日(水)BTX49日
やや気温が下がってきた。予定の散歩も実行したけれど、腰に若干の違和感を感じている。脊椎管狭窄症がぶり返しているようだ。余程慎重に動かないといけない。ところでアフガニスタンでは悲惨な問題が起きている。民主主義を支援してきた米国が撤退するに連れてあっけなくタリバンに制覇されてしまった。この地名を知ったのは探偵シャーロックホームズの同居人であり相棒の医者ワトソン君の経歴からである。彼はアフガン戦争で負傷して帰国していた。当時19世紀後半は英国にヴィクトリア女王が君臨してインドを植民地として絶大な勢力を誇っていた。その頃からアフガンは外国に侵略される厄介な立場の国であった。それが未だに大国のみならずタリバンやイスラミック・ステートの武力闘争の絶好の繁殖地となっている。タリバンから逃れられないと思って人が赤ちゃんを米兵に託した姿は涙を誘ったと思う。これは日本が大戦に破れ満州から逃れて凄惨な苦難の道を歩いたのとそっくりだ。幼児や赤ちゃんを中国人に託して帰国した、戦後その子供達を日本に帰国する運動が続いたことはご記憶の方も多いだろう。この日本の苦難な歴史もあっという間に忘れ去られる時代になってきた。

終日、頭痛、首痛み、肩の痛みに悩まされた。運動不足に起因するのだろうが、眼のしんどさに繋がっている。

眼の状態 0−


8月24日(火)BTX48日
今朝の血圧と酸素濃度の結果が気になって、循環器内科に行き診察を受けた。
ポイントは下の血圧が最近60mmHg下回ることが気になたせいだ。結果は「何にも問題ありません」であった。気温が上がっているので、血管も拡がり血圧が下がるからであるとの説明を受けた。これでもう、すっかり安心して帰宅出来た。そんなに簡単に血圧は下がるのかな?熱中症で倒れるのは血圧低下で、身体で一番高い所である頭に行く血液が上がりにくくなるせいだろうか。成程、昨年の夏に住宅街を歩いて気絶し倒れたのはそう言うことかと、・・・納得した。
テレビなりラジオなりからのニュースは社会を見る窓みたいなもので、現役生活から離れた今は貴重な存在だ。政治に関する数人スペシャリストの討論、議論を聞いた。現総理、内閣、党3役の今後の動きについて話し合われた。彼等はプロだから司会者が時々考え方の筋道を理解出来るように誘導してくれる。これがないと、私のような国民には全く分からなくなってしまう。
これから総理の任期や衆院選がまじかになった今、関与する当事者の考えることはあまりにお粗末で嘆かわしいとしか思えない。どんな美味しいうたい文句で自分への賛同を得るかを練っているようだ。基本的に日本のコロナ感染率は諸外国に較べると断然低いとの認識が強い。まるで政治の成果と思っているように見える。勝たなければ政治を指導できない、兎に角勝つことだ・・・その様子を理解できたのは大きい。残念だが国民の安全と自由およびコロナ対策は2の次である事は良く分かった。兎に角自分が勝つことだ!!
東京パラリンピックが開幕した、これも内閣の成果になるのだろう。

いろいろ腹が立つことも多いが、眼はちょっとシブシブ、ショボショボである。

眼の状態 0


8月23日(月)BTX47日
毎朝起床時に血圧と血中酸素濃度を測っている。気になるのは下の血圧が60を切ったり、脈拍が60以下になることだ。ペースメーカー手術をしているのに、気になる。ここ1週間位の傾向だ。それでも、日中は床拭きワックス掛けをやっているが問題はない。庭仕事は力がいるから控えて、夕方は散歩に出た。6000歩弱を一時間で異常はなし。横須賀市長は毎日、外出を控えるアナウンスでデルタ株対策に懸命だ。ただ、外出してもスーパーマーケットに行かなければ100m歩いて一人位しか出会わない。殆ど顎マスクにして、すれ違うときに鼻口に掛け直している。

今日は眼がショボついて、鬱陶しい。少し悪くなった。

眼の状態 0


8月22日(日)BTX46日
夜中に強い雨が降った。その程度済んでいるから良いが、激しい豪雨で水害が起きている。新コロナ禍、干ばつ・水害、国家破綻・武力闘争は世界中に拡がるばかりに見える。それなのに株の世界は上昇し、貧富の差は拡大する。
横浜市長は野党派に旗が上がった。政治の世界を理解することは出来ないが、結果は分かる。選挙する私は遠慮なく自分で選択する。・・・もっとも今回は横浜の事であって私の済む横須賀には関係ない。憂さ晴らしに過ぎない。

眼は特に変化なし。

眼の状態 0+


8月21日(土)BTX45日
晴天、暑さ、気温は30℃に満たないので、過ごしやすい日かもしれない。パソコンで事務処理をしても捗らない。いつもの如く、雑草除去作業を継続している。僅かずつではあるが、除草した後は綺麗になって気持ちが良い。オリンピックも終わり女房はゴルフのテレビ観戦が好きだ、スポーツは全くやらないのに以外に熱心にみるのは不思議である。私もテレビはあ見るがスポーツ、音楽、ミステリー番組とニュースだ。最近の傾向として政治報道番組が多い。遠ざかった娑婆の世界を懐かしむかのようだ。技術者の私には、複雑怪奇な世界は理解しがたい一方関心もある。未知への世界を知りたいのだろうか、BSテレビでは政治番組があって専門家の話を聴いていると面白い。

ほぼ眼は安定した。悪いなりに納得できる。

眼の状態 0+


8月20日(金)BTX44日
また先日の銀行に寄った。面白い事に近くの蕎麦屋さんを薦めるので昼食に入ってみた。お店は大変しっかりした構えでソバも大変美味しかった。でも銀行から蕎麦屋さんを薦められたのは人生で初めてだから、ついつい何でなの?と考えてしまう。銀行のお得意様なのだろうか?
BTX後43日なってしまったけれど、横浜の脳神経内科に注射後の診察に行った。
先生からみれば、眼を中心とした症状はかなり悪く見える。私にして見れば、最悪時代を過ぎた今はむしろ上の部である。「先生が処方をいろいろ提案頂いているが、いつもお断りしている。私は生涯をBTXのみで済ませようと思っているが、それでも良かったら、先生お願いします。ブログでその推移を発表しています。」と申し上げたら、あっさりご了解頂いた。
帰り際にみなとみらいに寄り写真を撮りながら、Queens'Square,日本丸、最近できたロープウェイ等を見て回った。
かなり歩き回ったので、追浜へ戻ったらすっかり疲れが出てしまった。幸いドトールコーヒーショップがあるのでアイスコーヒーを飲みながら1時間ボーツとしてバスで帰宅に向かった。

外出も気分良かったし、天候も良し、目も程々に良し。

眼の状態 0+


8月19日(木)BTX6週
晴天でアチコチと入道雲がにょきにょき、もりもり盛り上がっている。太い棒状の雲も見かけるようになった。大量の水蒸気が盛んに上昇気流で空を上がり、上空で冷えて水滴になり雲が出来る。最近の温暖化に連れて線状降水帯はこれの大規模な入道雲雲が発生している状態だろう。人類の生命を脅かす水害になる、人工的な構造物の堤防や砂防ダムで賄えるだろうか? コロナ感染症と共に人類の脅威になった。
トイレットペーパーは女房の買い物の負担が大きい。何しろ嵩張る、軽いからと言っても楽ではない。スーパーへこの為だけに買い物車に行ったのは良いが、乗り切らない。無料提供の薄い袋を使って紐を作り2個入りの4袋を縛り付けた。幸い店員さんは協力的でお咎めは無かった。目出度し、目出度し!
私がどんな歌のCDを持っているか、想像出来ないと思う。Jupiterでデビューした歌手の平原綾香さんである。個性ある詩、曲、歌い方が結構気に入っている。もう一つは私が教えて頂いたラテンクラシック分野で活躍している先生の茉莉和世(まりかずよ)だ。ラテンのみならず広い分野で歌っており素晴らしいメゾソプラノだがもっと人気が出ると良いのだが・・・これが難しい。じゃ、他に誰のCDが好きで持っているか? 小林旭、アリス、さだまさし、河島英五、森山直太朗、吉幾三、BEGIN,鮫島有美子、和田アキ子(CDのみ)、高橋真梨子・・・好みに一貫性がない。

まあ一日をのんびりと楽しく過ごせた。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
先週とあまり変わらない。
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強い。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。これが経験が無い位だ続いている。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



8月18日(水)BTX42日
兎に角晴れて、女房と電車で二駅にある銀行に出掛けた。面倒くさいから滅多にお店へ行く事はないし、必要もない。支店が移転したのでちょっと様子を見に行った。
テリトリーでは横須賀から横浜になったわけで、綺麗で個人情報には何事につけて厳格である。この点の扱い方は10年前と著しく異なる、店員さんもご苦労様だ。何事も簡単に信用出来ないご時世、仕方がない。

日中27℃とそんなに暑くもなく、眼の負担も少なくなって少し眼は良くなった。

眼の状態 0+


8月17日(火)BTX41日
やっと続いていた歌の会も横須賀市長が公的な福祉会館などの施設を閉めたので、練習する場所が無くなってしまった。どちらにしても午前中は雨が降って、積極的に行動する気もならず燻っていた。夜には小学校時代の友人5人とZOOM会議を行った。困るのは、私が意外に結構軽薄に喋り過ぎることなのだ。私が育った中、高校時代に先生が「君たちの先輩で、なかなか面白い事を言う男がいるんだよ。だけど中身が無いんだなア」・・・この一言は結構堪えた。逆に「立派な事を言わねばならぬ」と浅はかにも思い込んで、すっかり人前で喋る事ができなくなった。この融通の利かなさが問題であったのだ。最近は「どうせ自分は自分にしかなれない」と諦め居座っている。

横須賀市の視覚障害者協会はまだ私達眼球使用困難症群の人を入会を認めていない。お願いはしているが、いつになるかは分からない。10日に眼球使用困難症候群協会の秋國事務局長が公明党のご協力を得て、山本副厚労大臣に面会し「要望書」を提出している。この辺の様子と目と心の健康相談室の講演会の案内状を作成して横須賀市協会長に送る資料を纏めていた。

鬱陶しい一日で過ごした。眼はまた下向きに転じた。

眼の状態 0


8月16日(月)BTX40日
九州、西日本はまたも豪雨災害に襲われている。一日に1000mmも雨が降るなんて私の退職時代までに聞いたことが無かった。地球温暖化の影響は年々加速するようになった・・・恐ろしい速さで進行している。日照りは火災で焼き尽くす、豪雨は水害で水没させる。私が20年前にIPCCの警告を聞いてから、アッと言い間に予測された事態に直面することなってしまった。CO2の排出権取引は良く聴いてみると、自然の緑を破壊して工場を作ると取引が成立すると言うのは全く理解出来なかった。この仕組みは経済を減衰するものではないと、専門家が経済計算で証明したり、排出権を証券化して投資信託化できる・・・とても理解できない。環境問題に取り組む会社への株投資も注目されているらしいが、本当に大丈夫なの?
私が生きている間は大丈夫と思っていたが、もう目前に迫った。子供の世代は避けることが出来なくなった。水素燃料を持ち上げているが、水素を作るのにどんなに大きなエネルギーを消費するものなのか?私が思いつく案は、水力発電で水を電気分解する位しかない。水は水素の燃えカスだから、この方法でも燃えるより遥かにに大きいエネルギーが必要になる。CO2はできなくても膨大なエネルギーを排出する。・・・・目に関係が無い話を延々とやって申し訳ありません。

さて、眼はやや良くなった。

眼の状態 0+


8月15日(日)BTX39日
今日も台風の影響で全く室内に留まった。家内も買い物を止めてしまった。知人と情報交換したり、他愛ない世間話をする、音楽を聞く、テレビでスポーツ観戦、ミステリー番組を見る、ラジオを聞く。・・・なんとも言い難い。
新コロナ感染症で、3密対策がある。これをお互い2m離れて配置してみた。自分を中心に6名が
時計の2,4,6,8,10,12時の位置に人が居る。この中一人が陽性であれば陽性率は14%になる。但し、外側の一人黒丸印が中心の私に近ずくと黒丸の両脇の人との人との距離も近ずき4人間の距離が2mを割ってしまう。これで感染すると一挙に陽性率は57%になる。距離を確保するの難しさを改めて知った。 
感染症距離対策.png


8月14日(土)BTX38日
台風の影響で強い雨が降ったり止んだりを繰り返し、外出は女房の買い物に付き合っただけ。それも帰り掛けに迎えに行くのみ、買っている最中は余計な口出しはしないように心掛けている。これだけ外出を控えると鬱陶しいことかぎりない。
もう特にここで披露する話もなく、のんびりと過ごした。運動不足は日常生活に支障を来すのでラジオ体操、ストレッチ以外に握力強化、ダンベルとスクワットを少しだけ加えている。高齢者だから十分気を付けながら続けて行く。

眼が良くなった。昨日と何でこんなに変わるのか、何が切っ掛けか?全く分からない。

眼の状態 0+


8月13日(金)BTX37日
朝、眼が覚めたときに何となく身体に力が入らなくて心許ない。不安感を持ってしまう。日常的に血圧と血中酸素濃度を測ってみると次の通り。
6時00分:血圧 上132mmHg/下80/脈拍54毎分 血中酸素濃度97(%)
9:57 :    140/78/66               98
10:38 :    110/67/63               97
15:15  :    129/79/69               97
22:20  :    99/63/61                97
22:30   :   116/66/66       97
起床時の血圧がいつもより高い、また脈拍も遅い。別段異常はない。
酸素濃度は医師の測定器に較べ精度が落ちているので+3〜+4を加えて補正している。
眼の悪さに血圧や血中酸素濃度に関連するかと思ったが、全く関係は見いだせなかった。低気圧の接近や前線の影響を長年研究なさっている方が居ることも聞いている。そのチャレンジ精神は立派である。医学や学術的観点に立って関連を結びつけ証明するのは素人には中々難しい。私達機械技術者は鉄の強さを41kgf/平方ミリメートルという値を使っている。しかしJIS規格に準じてこの数値を決めるまでには大変なデーターの積み上げがある。証明するのは容易な事ではない。まして人間であり生物が対象だから、いろいろな環境条件に左右する。

原因は分からないが、眼がクシャクシャして、後頭部はジンジン、ガンガン、精神的には超下向きで終日ゴロゴロ、ダラダラと過ごした。

眼の状態 ー1


8月12日(木)BTX5週
割と眼が良かったので、一挙にデスクワークに集中して午前中を過ごした。台風の影響はまだ少なく午後はかなりの快晴となった。当然、庭で暴れまわる雑草除去に奮闘を続けている。困ったことに隣家との境にあるモチノキの根っ子に竹の根っ子が伸びているのを発見した。愕然としたものの、「クソツ」と一挙に戦闘モードに入り竹の根と格闘した。お蔭様で大変良い運動になって、シャワーを浴びて夕飯時の軽い一杯を楽しめた。

一日を気持ち良く過ごせて、眼もやや負い状態になった。眼の悪さを意識せずに済むときは眼は良くなっている。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強い。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かう際に、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。これが経験が無い位だ続いている。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。



8月11(水)BTX35日
コロナ感染拡大には恐怖を感じている。うがい、手洗い、消毒と3密対策は実施するが来月の床屋さんはどうしよう。友人達と会うのもいつになるか分からない、横須賀市は全ての人が集まる公共施設を閉鎖した。福祉会館、文化会館、生涯学習教育、コミュニティセンター、みんなの家等々で行き先が無くなった。一人風景を楽しみ、庭仕事、室内清掃、歌の練習と写真に没頭するか。
今日は床のワックス掛けに専念した。かなり労力をようするので、疲れその後はテレビを見ながら居眠りに興じていた。

今日はワックス疲れで眼が悪くなり、これが居眠りを促進させた。

眼の状態 0


8月10(火)BTX34日
久し振りに市の中央に出掛けた。最近のインド株によるコロナ感染症の拡散、拡大は日々恐怖が強くなるのを感じている。自分の身は自分で守る・・・それ以上の手段はない。政府はワクチンを早くやれと号令して、ワクチンが入手できないで不足する。医療逼迫になると、重症しか入院させずに自宅治療にすると治療対策放棄を持ち出して避難されると撤回する。自分の手柄、業績を誇りたい気持ちと内心のプライドが絡み合い頭脳が凝り固まって回転出来なくなっている。第2次大戦で日本政府が国民の犠牲を顧みずに戦闘拡大と敗戦、撤退を繰り返しながら玉砕だ、転進だ、本土決戦など口ばかり勇ましさを謳いあげて原爆投下の悲惨な目に合わせた。
その頑な態度とそっくりさんだ。
敗戦が決まると、政府軍部は書類焼却し関連する大学の学部は資料を焼却し、学部名も無くしてしまった。戦後、私如きが入れた学部は精密工学だったが、これは戦前の造兵学部の名前を一夜にして書き換えたものであると・・・これは教授の方々から聞かされた。

特に眼の症状は変わらない。

眼の状態 0


8月9(月)BTX33日
長崎へ原爆投下された記念日。NHKのラジオを広島の惨状を知った米国女子学生が許せないと言ったのが気になっている。直接には広島でも長崎でも自分と同じキリスト教なのに、殺した事によるものだ。しかしその後に、日本人は何故米国を憎まないのか?と聞くと、それは無いと答える事だという。彼女は自分なら絶対に許せないと言う。ただ、宗教観の違いに寄るものだけでは無いと思って聞いていた。米国人は日本の真珠湾攻撃を許せないと思っているのか、今も変わらないのか。
来週にはボトックス注射後の診察に向けて、データーの整理に着手した。結構、面倒な作業になるので少しずつ始めている。

眼は今日もマアマア程度の良さ。

眼の状態 0


8月8(日)BTX32日
ブログに第48回ボトックス総括記事をアップ。今回はその最後に、ボトックスを使う前との症状比較を加えた。そうしないと、このブログを延々と書いていて何が良かったのか分からず終いになってしまうだろう。次回からも整理して行こう。

オリンピックは閉会。選手の活躍は素晴らしいし立派な成績を残した。ただオリンピックの開催は無謀としか言えない。政治は自分と業績に従って行って手遅れと失敗を繰り返している。手柄とかプライド程、厄介なものはない。沈着、冷静な判断なくして政治は出来ない。

眼は連日変わらず。

眼の状態 0


8月7日(土)BTX31日
このブログをお読みなっている方は呆れておられると思う。自分では2,3日書いていなかったと思って開くと、もう一週間になりそうになっている事が度々である。これも私の楽観的物忘れである。
オリンピックのテレビ観戦は先ず女子のゴルフだ。全く運動らしいものは全くしない女房も結構スポーツ観戦をする、意外に関心があるようだ。学生時代は音楽を専攻していてピアノもあるのに弾こうとしないし聴こうともしない。音楽会は誘えば行くが自分からは行かない。・・・なのにスポーツは気になるらしい、得たいが知れない性格だ。それは兎も角、井波もえさんが銀。野球は米国に勝利し優勝は見事で立派。

眼はテレビ観戦の影響であまり良くない。かと言ってかなり悪いわけでもない。

眼の状態 0


8月6日(金)BTX30日
終日行動は昨日と変わらない。暑さは更に強くなり、身体を動かすのも億劫になり益々オリンピックの報道に頼っている。日本の選手が活躍は矢張り気分が高揚する。
因みに発声練習や活舌訓練の外郎売はボチボチと続けているが、それでも声がガラガラ声になるのが気になる。少し弱い風邪気味になっているようだ。

ドライアイとショボショボ感が目立つけれど、そんなに悪くはない。

眼の状態 0+


8月5日(木)BTX4週
台風が三つも出来ているが、こちらに向かうの1コだけらしい。朝は入道雲が活発に沸き上がり夏らしく、夕方には天候が下り坂を予感させる絹のような雲が沢山空に広がっていた。台風の予報を見ても雨が主体で風は大した事は無さそうだ。世間んはオリンピックとコロナの急速な感染拡大に歯止めは掛らず、ワクチンを接種したは以前より脅威と不安を感じている。娘は年齢順待ちとなって未接種だ、一方感染拡大の著しい横浜で働いているのでかなり心配になる。
このブログはオリンピックのとばっちりを受けて、アクセス件数は激減して毎日百件を割っている。いろいろ批判もされるが、自粛生活の我々には重要な息抜き、娯楽になっているのは間違いない。
暫くご無沙汰している友人、知人にメールを送ったりラインのお蔭でご無沙汰知人とも挨拶、情報交換をしている。
一方、身体は動かさないとドンドン錆びつくから、室内清掃ワックス掛けと庭での雑草取りを行っている。頭も錆びつくが、頭脳を使うと頭が疲れて血圧が150mmHg位上がるからこれも程々にしなければいけない。

眼は朝方、しょぼつきと痛みがあって昼から夕方に向け徐々に良くなった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。少し軽くなった。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。これが経験が無い位だ続いている。以前はBTXが効き出す兆候だった。瞼が厚ぼったく動きが鈍いので水が入りやすい。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


8月4日(水)BTX28日
毎日、あまりにオリンピックに頼って生きているみたい。しかし屋外は暑い。室内の清掃、特に中々出来ないフローリングのワックス掛けを少しずつが良い。一畳分位が丁度だ、気が付いてみると女房が家庭内で長年やって来た雑用が身体を動かすのに手軽で実用的な運動になる。それに庭仕事をやれば立ったり、しゃがんだりスクワットまがいの運動にもなる。・・・そう自分に言い聞かせている。
夜になると、小学校時代の友人と定例ZOOM会議を行った。隔週ごとなので話題が無くなり始めた。

眼は連日変わらず、落ち着いてきた。

眼の状態 0+


8月3日(火)BTX27日
さて楽しみにしている歌の勉強会に参加した。一時より増えて7名になった。
今日も会場を間違えて2分遅れで到着した。すでに皆さんで席やピアノの配置と殺菌消毒が済んでおり申し訳ない。人数も増えたこともあって、先生は発生のメカニズムから発声準備体操それから発声練習ときめ細やかに行った。一方歌う曲は「静かな鐘の音、埴生の宿、Long Long Ago、」で小学校時代の歌でもう一つは「春への憧れSehnsucht Nach dem Fruhling」これは聴きなれない歌だ。
いつも歌の後はJR横須賀駅を通り過ぎ日米横須賀基地とヴェルニー公園の弁当昼食を済ませ汐入駅から帰宅するが、コロナインド株と日曜日の救急処置後とあってすんなり帰宅に戻った。

眼は連日変わらず。

眼の状態 0+


8月2日(月)BTX26日
熱暑と昨日の騒ぎで外出には慎重になった。老員会の配布資料は女房にお任せ。明日の歌の練習と庭の雑草処理とオリンピックのテレビ観戦ぐらいで済ました。
歌の練習で一番苦手なのが、ハモル事だ。低音部を繰り返して覚えるのに、イザ合唱を始めると忽ちメロディーに引っ張られる。他人のメロディーに聴きながら合わせてハモらせるとか自分の歌を堂々と歌うように心掛けなさいと言われるが、難しい。今の先生は基本から教えてハモらせたり、外したりと繰り返しいろいろ工夫して貰えるのが非常に助かる。これは日常で他人に教えるときの大切な方法だなと思い当たる。私のような出来ない人間を教育指導するときの心構えだ。
最近は金融機関の方達と話すと、健康の確認、家族に私の信託貯蓄などを承知するように求める。物騒な世の中だから、そこまで配慮して貰うのも良い事だ。しかし、相続の心配もしてくれるがこれは商売熱心の心が伺える。

眼の方はどうやら、限界まで良くなった気がする。当然、満足している訳ではない。
しょぼつき、眩しさ、鬱陶しい、眼玉の周囲に緊張感、ドラアイ他に白内障で霞む、眼の中がゴミだらけになる、黒いゴミが虫のように動く。眼瞼痙攣以外にも加齢で生じる症状が入り混じっている。白内障の手術をしたらどうか、緑内障に関わる眼圧低下の点眼液を使ったらどうか・・・先生に相談しようと思う。ただ、最近先生は高齢だからと諦めている雰囲気を感じてならない。

眼の状態 0+


8月1日(日)BTX25日
朝食中に異常をきたした。汚い話で恐縮だが便秘で猛烈に苦しくなった。水分補給とヨーグルトを食べて自分なり気を付けていたのに、何故だ? 此処ならずも救急車で横須賀市の救急医療センターにゆく事になってしまった。幸い大事に至らず軽い処置済んだ。医師は私の場合、直腸からの大量出血の恐れがあるのでここの医療センターに来たのは良い判断であったとの事であった。
原因は不明だが、深夜に喉が渇き頻繁に水を飲み頻繁にトイレ通いを一時間も経たずに繰り返していた。・・・・何か影響があるのだろうか?

いろいろとトラブルはあったが、眼に影響せずに済んだ。眼もここら辺が限界で、後はラッキーで奇跡で+1が起きるかどうかだけのような気がする。

眼の状態 0+

7月31(土)BTX24日
オリンピックのテレビ観戦、庭仕事で終わり。それに一か月町内に渡りボランティア活動の方々が私の写真を展示してくれて今日が最終日。皆さんのご協力で無事終え撤収した。途中2回程度しか顔をだしていないので、評判は分からないけれど良いチャンスを頂けたことには大いに感謝、感謝!!

怠けても眼はほゞほゞ状態を維持している。

眼の状態 0+


7月30日(金)BTX23日
昨日の都内小旅行の疲れが残った。サボるのが良いと終日ダラダラとオリンピックの報道番組を見ながら過ごした。以前と違って各局がいろいろなスポーツを中継するので、退屈することはない。

怠けても眼はほゞほゞ状態を維持している。

眼の状態 0+


7月29日(木)BTX3週
晴天、高温で更に新コロナのインド株とあって外出はしたくないが、母親の命日とあって都内の飯田橋にあるお寺に出掛けた。なるべく荷物は減らしたいがお花を持って行くのが億劫だ、かと言って都内で花を買うと高くつく。行けば同じお寺にある女房の親父さんのお墓も知らん顔もできない。二人で嵩張る花束を持って出掛けた。でも、私が1級身体障碍者だから女房は付き添いになって二人で一人前の交通費でこれは随分助かる。連日の晴天、高温でお墓に並ぶお花は皆見事にドライフラワーになっていた。因みにここのお寺には井戸がある、飲んではいけない事になっているが災害時には貴重な水になるだろう。
昼飯は神楽坂では高くつくと、東京駅地下街のレストラン街に寄って見た。一巡しても特にこれと言ったお店も無く、全国ブランドの何でも揃うお店に入った。従って注文も中華系とサラダになった。矢張り流石に神楽坂は違う、特徴あるお店が競って並ぶので却って高いとばかり言えない。お酒は全く出ないので瓶入りのノンアルコールで祝杯を揚げるしかなかった。
帰りに品川からの電車で私に席を譲って頂いた。その方は横浜まで立ちっ放しになってしまい、却って申し訳なかった。譲られる私達も混雑時は控えるべきだろう。

ちゃんと先祖のお墓参りを行った心掛けか、今日も眼は良かった。

眼の状態 0+

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:弱い。
〇ドライアイ:ショボショボ感は継続する。ムコスタかジクアスの点眼液を日替わりで一日4回使っている。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が解消するにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


7月28日(水)BTX21日
学生時代の友人と合わせて3人で三浦海岸駅で合流した。県知事が神奈川版緊急事態宣言で人影殆ど無い。砂浜までのお店もひっそりして、海にでるとやっと人が多くなる程度だ。海は荒れ気味、波打ち際で遊ぶのが精一杯の様子。台風の影響が大きすぎる。撮影後にお店で乾杯をしたいが、例外なく酒の提供はやらない。コンビニで缶ビールを買ってきたいと言ってもノーだ。
諦めきれず巨大なリゾートホテルのレストランに入っても同じ、シブシブとノンアルコールビールで祝杯をあげて食事にした。メニューもあまり選択の余地が少なく丼物ばかり。まあそれでも、卒業以来の顔もあって長い話になった。40歳過ぎて脱サラし今日にいたるまで、事業を続けている男がいた。卒業以来公的交通機関に乗った事が無いと言う。勤め先まで25分以内で自家用車ばかり乗っている。だから日焼けしていないし、足元がチョイ危なっかしい。ビックリしたのは電車やバスの切符の買い方や乗り方をしらないのには愕然とした。・・・この世の人とは思えない。
食事後は西海岸に回り夕陽の撮影を狙い荒崎海岸からスタートした。ここは程々に海が荒れ、良いタイミングになった。ただ西海岸をバスで北上すると、水平線の雲徐々に濃くなり、真名瀬から森戸神社辺りの景勝地の海、岩礁、富士、箱根、伊豆は霞みに隠れてしまった。大きな期待外れの撮影会となった。でも気落ちすることもなく一日を愉快に過ごすことが出来た。

眼は最悪を免れたけれど、あまり良くはならない。友人と付き合っていて、眼を忘れていただけ。眼を意識すれば悪さを忽ち感じてしまう。

眼の状態 0−


7月27日(火)BTX20日
台風の影響は殆どなく暑さを象徴するように入道雲がニョキニョキと発達し続けていた。友人との再会も明日へ延期となった。

眼は一挙に後戻りした。オリンピックを見るのがいけないのだが、矢張り気になって止められない。朝から晩まで眼が痛い、頭痛、首が痛い、肩が痛い、瞼は簡単には開かない。

眼の状態 ー1


7月26日(月)BTX19日
今日のオリンピックは卓球、バレーボール、水泳、柔道が主になった。日本の選手のレベルが着実に世界レベルに向けて高くなっている。素晴らしい結果が嬉しくなる。これからはバスケットボールも活躍出来そうで頼もしい。
明日は友人達と三浦の漁港レストランで一杯飲む予定だが、天候不良で明後日に延期した。新鮮さが売り物だけに時化で冷蔵庫の残り物を食うことになるのは避けたい。

眼は昨日同様。

眼の状態 0+


7月25日(日)BTX18日
オリンピックが始まって日常生活が変わってしまった。各テレビ局が色々な種目を見せてくれるので、選択に迷う位だ。結局2台をつけてどちらかを見る様にしている。眼は霞んでいるので、私は大画面を女房は普通サイズになる。兎に角、終日飽きる事がなくて結構だ。一方、台風がこっちに来るらしいので庭仕事も急がず、慌てずに頑張っている。逞しい雑草に取り組みその強さに圧倒されながら続けている。

眼は良い状態になった。瞼の痙攣は減って動きが鈍くなっている。眼のなかのスッキリ感はないが弱いショボショボ感が残っている程度だ。

眼の状態 0+


7月24日(土)BTX17日
横須賀市視障協の役員の方々とお話をする事ができた。幸い、私達の病状、生活実情、医学界の現状、最近公明党の積極的な協力を得て田村厚労大臣の協力姿勢を国会で名言されたこと・・・等々しっかり聴いて頂くことが出来た。この協会はまだ障害者手帳を持たないと会員にはなれない。だけれど私達患者を理解し、受け止めて頂けるようにまた患者さんや専門医師の話しを聴いて頂けるようにお願いした。過去の市協の方針から即座に受け入れられるのは難しいだろう。ここでも多様性を発揮して頂きたい。

なんとなく眼が良い方向になっているのを実感している。

眼の状態 0+


7月23日(金)BTX16日
オリンピック開会式となった。コロナ禍と批判の渦巻くなかの開催ではあったが兎に角開催された。選手達はにはやりにくいかもしれないが、競技に集中して最善の結果をだして頂ければ良い。政治的狙いや関係団体組織の集金を狙っての活動も報道関係かから多くの指摘をされて知るにつけ、私達はどうして鈍感なのかと思ってしまう。権威主義、殿に仕える、会社あっての自分がある、寄らば大樹の蔭・・・くっついていて安心する。海に囲まれて孤立無援の日本列島は協調性を大切にしてきた。良く似た位置関係を持つ英国とは随分違う。長い歴史いの中で、矢張り日本は大陸との闘いが少ない。或いは蒙古を除くと攻め込まれずに済んだ幸せ背景がそうさせたのかもしれない。
米国も格差や黒人差別があって住み良い国とは思えない。でも、多方面に大きな成果を輩出する素地がある。世界から人材が集まり、競い合って新しいトップの姿を創り出すエネルギーがある。このエネルギーがまた次の世代を創出する。これからのディジタル世界は地域の格差を乗り越えて、発展につなげられるのか?私にそんな問題は桁違いに大きすぎて名案など出る訳もない。

眼の症状は好転している。瞼の痙攣が弱る前に、厚ぼったく動きが鈍くなる傾向を感じるようになった。

眼の状態 0+


7月22日(木)BTX2週
今日も暑くて外出は女房の買い物のお供で行くだけ。後は日陰を頼って庭の手入れをするだけ。それ以外は室内清掃、休息で何とか済ましている。
夕方には友人と三浦半島で美味い物探しようと、相談した。

眼は良くなるだろうが小康状態だ。

眼の状態 0

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:閉じる力が弱くなった。眼玉の後ろ側の緊張感は消えた。
〇ドライアイ:涙が溜まっているのは鏡で確認出来ている。ムコスタ点眼液とジクアス点眼液を一日おきに交互に使う。パソコン画面をに集中していると、ピンボケになる。しっかりと瞬きするとハッキリ見える。結局コンスタントに涙が出ていないと画面も文章も継続して見ることは出来ない。
〇眩しさ:日差しの強さがこたえて眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が減るにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:後頭部にある。肩が凝って痛みに感じる。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。涙不足も一因だ。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。消極的さはあまりない。日常チョコマカ、チョコマカと動き家事手伝いをするのも以外に効果がある。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入るようになった。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。活舌訓練と歌の発声練習を地道に続けている。


7月21日(水)BTX14日
日中の気温30℃越え、湿度70%越えはそんなにお驚く程の事ではない。三浦半島は海に近いし、海風も通るから恵まれている。それでも日中庭で作業をするのは危険だから、日陰のなかや夕方になるがその内蚊に追い回される。向こうは命がけだから、装備工夫が必要だ。もう少し経つと蚊取り線香を身体の周囲に3ヵ所もおかなければならなくなる。
オリンピック開会式が迫る中、コロナ禍に関連する問題が次から次へと出て来る。多くの方から誰のためのオリンピックか?誰を守っているのか?と指摘される。参加する選手達にとっては4年に一度の人生を掛けた大イベント、参加し栄冠を目指すのは当然。この心を金儲けに利用する人物や組織そして国家。こんな下心が良く見えるオリンピックになった。今回の金の収支決算は誰が責任をもって発表するのか、或いは誰が闇に葬るのか。

眼は少し良くなる傾向を感じる。涙が溜まるようになった、瞼が厚ぼったく動きにくくなった。過去の経験からボトックス効果の出て来る兆候である。

眼の状態 0


7月20日(火)BTX13日
歌の勉強会の日だ。会場につくと先生が一人でピアノの練習をしていた。最近、先生が一層熱心になっているのを感じていたがチョットびっくり。先生もワクチン接種が終わり解放感を味わっているのかもしれない。準備体操、発声練習と懇切丁寧でいい。2部合唱でも嘗て教えて貰った事が無い程、理論も含めて丁寧だ。私も参加している楽しみが増えている。そもそも私がリクエストした「ねむの木の子守歌」を練習後に一人一人で独唱したが、私には立って姿勢や楽譜の持ち方まで教えて貰った。眼の悪さで姿勢が悪く成ったり、ジストニア振戦で手や身体が震えているので気になったのだろう。折角だからこの機にと・・・と思い病状説明をしておいた。
夜は小学校時代の友人とZOOMクラス会でしばし気楽な話を一時間程行った。

連日の状態を継続している。

眼の状態 0


7月19日(月)BTX12日
暑いが朝晩は30度にならないし湿度も70%前後で、海に近い山の上は随分助かっている。この程度も続けば体力の負担が大きいい。昨年の熱中症と不整脈が緊急入院になった事や女房も疲れ気味なので、台所と繋がる居間はエアコンを付けっ放しにする事に決めた。雑草の闘いは続く、昔の人達が新たな土地を開墾して畑を作り収穫を得た等とても今の自分には出来ない。一家で毎日必死の思いで働いて、犠牲も沢山あっただろう。長生きなんか出来るわけが無いだろう。
踏切の中でスマホを見ながら、事故死のニュースが流れた。この事故の直前に周囲にいた人が何故注意しないのだろう?かなり疑問に思っていたら、皆スマホを見ていて気付かなかったという。国民全体スマホ中毒、スマホ依存症なのだ。そのうち医療機関にスマホ依存症の治療が始まるかもしれない。電車の乗降、階段、横断歩道、自転車に乗りながら、車の運転中・・・危険はますばかりだ。実はそんな危険が自宅にもある。この無責任さの発祥の地は自宅なのか?!

眼はまた程々に悪い状態になった。一つ最近に見られない事が起きた。洗顔時に水が眼に入るようになった事。瞼が厚ぼったく動きにくい。これはボトックス注射後に見られることだったけれど起きなくなって久しい。良い兆候であればいいが。

眼の状態 0


7月18日(日)BTX11日
高齢者優先でワクチン接種2回を完了した我々は、堂々と飲み屋街に出掛けた。お店は遠慮がちで閉めている所も多い。全国ブランドのお店にはいると、直ぐに90分でラストオーダーと言われるがそれで十分だ。お酒も料理も絞り込まれているが、そんな事は気にならない。いつもの如く他愛ない世間話と病気の話で解放感溢れた一時であった。別れた後に二人が別々な所で2次会をやったそうだ。余程嬉しかったに違いない。私には飲み過ぎた感があり、帰宅後はぐったりするばかりであった。

眼は朝から日中に掛けて軽いショボショボ感があった。夕方になってショボショボがきつくなった。

眼の状態 0


7月17日(土)BTX10日
朝から空にに逞しい入道雲がにょきによきと育っていた。でも気温は30℃に至らず、湿度は70%だ。まだエアコンはたまに使う程度済んでいる。扇風機は各部屋で大活躍している。庭に出て雑草と闘うが、毎日敗退する。育ったドクダミの茎など、太いうどんみたいになっている。何時も植物の根っ子の多様な姿、生き伸び方には感嘆する。草をむしっていると分からないが、スコップで掘り返していると良く分かる。夏休みの自由研究には面白く、独創的な作品になるだろう。一年間続けたらちょっとした論文になる。
夜には眼球使用困難症の協会設立協議会ZOOMが行われた。私はもう脇で聞いているだけのオブザーバーである。8月には一段と進んだ報告がきかれそうで、楽しみになった。
今日も活舌の外郎売と初歩初歩のヴォイトレを涙ぐましく続けた。もっとも他人から見ればであって、自分は淡々とやっているだけだ。

眼の症状はほんの少し症状が緩んだような気がする。

眼の状態 0


7月16日(金)BTX9日目
ヤル気の無さを何とか脱出しようと、活舌向上の外郎売を3回音読し、YOUTUBEから外郎売の先生を参考に練習した。続けてボイストレーニングを亀渕友香先生の超基礎練習CDでも練習と、聞くも涙語るも涙の物語ではないか!この二つを続けるのは頑張る気持ちが必要だ。何故かと言えば、ちっとも面白くないからだ・・・下手でも良いから歌い続けたい気持ちがなければ出来ない。
午後は整形リハビリに行ってきた、これは随分腰の回りが軽くなり希望が出てきた。これからは、慎重なトレーニングで一人前に歩けそうだ。

眼は朝の間眼の後部の緊張感が緩み、日中は眼がボーツとしていて、夕方にはまた緊張感とショボショボ感が出てきた。

眼の状態 0


7月15日(木)BTX1週目
可成り眼が悪くなって。極端な症状は眼玉の後ろ側に強い緊張感があって文字を見る時は、その緊張感で見ている事が辛くなる。これは眼輪筋の収縮痙攣が瞼を閉じるのとは異なるメカニズムのように感じてしまう。今は瞼の閉じる力はそんなに働いていない。眼に涙だが溜まっているのも見えるからドライアイも弱い。いつもの眼科に行くと代診なのであっさりと眼瞼痙攣の症状だろうと言う。私が前回の診察で眼圧が20mmHgだったのを指摘すると、「何も問題はない、眼底も綺麗、」で終わった。最近ここの先生は私の高齢化を見て「・・・どうせお年なんだから」と投げ遣りになっている気がする。べつな先生に診て頂く必要がありそうだ。
かかりつけ医に健康診断の結果を聞きに行った。前半に良好で特に調べて頂いた知心臓のポンプ力(初めて聞く調査だ)は十分良く心配ないとの事であった。
その他は従来通りの血糖値と尿酸値に注意を払いことであった。
また前立腺がん手術による副症状が大腸ガン検査に引っかかるので、専門病院で相談することになった。大腸がんの苦しい検査なんかやりたくない。
さらに整形外科でリハビリをして帰宅した。すっかり高齢者らしく3医師巡りをしてしまった。

眼は兎に角眼の後側の異様な緊張感に参った。

眼の状態 ー1

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:閉じる力が強くなった。但し、開く力も弱い。不快感が出てきた。眼玉の後ろ側に強烈な緊張感がある。眼圧20mmHgの影響はないのだろうか。
〇ドライアイ:涙が溜まっているのは鏡で確認出来ている。ドライアイではないだろう。眼にほんの気持ち気持ち良さがあるのでムコスタ点眼液とジクアス点眼液を一日おきに交互に使う。
〇眩しさ:眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が減るにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:眼玉後部の緊張感が起因して痛みがある。肩が凝って痛みに感じる。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。やや消極的。何事も動き出しが遅い。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。


7月14日(水)BTX7日目
今日も動きたくないが、庭に繫茂する雑草の勢いにジッとしていられなくなった。日差しは大した事がない、でも高温多湿である。ドクダミ、つゆ草、蔦と逞しい植物と格闘した。30分やったら30分休む、とても続けられない。どうやら女房にやった!言える位には除草した。まだまだ、竹の根っ子の除去が全然すすんでいない、地上に掘り出した根っ子からもう葉っぱが伸びだしている。焦っても仕方がない、良い運動になったと思う。

屋外作業はかなり矢張り眩しかったのかもしれない。瞼が下がって、ピントも会わないので簡単な新聞記事さえ読めない。

眼の状態 ―1


7月13日(火)BTX6日目
昨日のつくばへの小旅行が結構影響した。疲れたのだろう、動く気がしないまま一日終わってしまった。気に入っているリクライニングのソファで何となくテレビに向かい過ごした。ここが一番楽で良い。

眼も極端にショボショボして、瞼が開かない。珍しく後頭部も痛みが出ていた。眼の中の緊張感は何だろう、眼玉の奥或いは後部に収縮する力が働いているように感じる。眼圧が20mmHgと高くなっているのと関連するのだろうか。

眼の状態 ―1


7月12日(月)BTX5日目
親戚と筑波に行って来た。故郷の茨城県には昨年の3月に行ってから久し振りのことだ。秋葉原で待ち合わせてつくばエックスプレスで向かった。初めて乗る車両は特急で素晴らしく快速を飛ばし45分で当着した。デザインも洒落て綺麗な車両には好感が持てる。ただ、走行時にシャーシャーという騒音が気になり、今一クッション性に欠ける。案外コストを控えた作りではないか?この路線はトンネルが多いし、踏切も無い、カーブも少ないので環境安全性は抜群だ。その分低価格に生産できたのでは。
つくば大学の生徒さんには勿論、この学園都市に住む方、働いている方に随分便利な所だ。駅前は広々として、高いビルもなく解放感あふれた快適な地である。大学向けの循環バスで広大な森に囲まれた敷地を一周した。こんなに環境に恵まれて過ごせるなんて、幸せそのものだろ。
とは言っても大都会の街の灯りから離れたくない人々には凡そ不向きである。
バス待ちのベンチで昼食をお結びとお茶で済ませ、次の筑波山神社に向かった。
バスを降りると直ぐに新装なった新品そのもの神社に到着し、周囲の変化に驚いた。
もう私の記憶する雰囲気はなくなってしまい、コロナ禍で静かになろお店も旅館も侘しい。私は脊椎管狭窄症が再発しないように、山頂には行かずコーラやアイスクリームで時間を過ごし土浦に向かうバスを待った。
帰りのバスは一旦乗換て土浦駅に向かった、子供の頃はローカルなガソリンカーだったか満員になると、傾斜で動かなくなった事が懐かしく思い出させる。今はその路線は廃止されて「りんりんロード」という自転車専用道路になっていた。
文句を付けて申し訳ないが、バスのクッション性が悪くてガタピシと身体に応えた。
我住む、三浦半島でもう少し乗り心地が良い。
こうやってつくばからバスで走っていると、殆ど坂が無い。さすがに関東平野だけのことはある・・・・等と今頃になって感心した。関東地域外から訪問されると、広さを感じ飽きてしまうのではないか?
土浦からの電車は、常磐線で電化が遅れた路線で随分蒸気機関車に引かれる列車に乗り田畑の中を進み、回り灯篭を回るような景色に喜んでいた事が思い出された。

今日は何のストレスも感じない、のんびり小旅行で眼もまあまあご機嫌であった。

眼の状態 0+


7月11日(日)BTX4日目
暑くて積雲が浮かぶ夏空ではあったが、まだ梅雨の真っ最中で場所によってはかなりの被害も出ている。熱海の被害は人為的でお粗末な業者の工事が原因らしい。いつまでこの手の問題がおきるのか、腹立たしいばかりだ。
月一のヨガは視覚障害者相手であり、高齢者向けにもなっている。私にとっては大変良い運動になる。月2回とか3回あっても良い位。アシスタントに眼科の先生がいらっしゃり、藤沢地区で聖火ランナーを勤めたとの事でトーチを見せて頂いた。トーチと共に私と先生も含めてスマホ写真を撮ることができた。そのうち、FACEBOOKにアップしようと思う。先生のお名前も含めてご了解を得た。
いつのもの事だが、A君とノミニケーションをしっかり行った。当然3密に十分配慮した上でだ。

未だBTX効果は出て来ない。

眼の状態 0


7月10日(土)BTX3日目
太陽が出てきたので大急ぎで洗濯物を干してからフローリングのワックス掛けを行った。水で雑巾がけをして20分乾燥、液体ワックスを3回重ね塗りをする。この間も乾燥に20分かかる。ゴタゴタ家具を取り除け、終わったら戻す。たたみ2畳にも満たないのに、ガックリする位体力を使う。女房を誘って隣の八景駅の中華店で生ビールと五目そば、餃子で晩飯ヌキとした。これは女房対策でいつも良い影響がある。

きょうもまだBTXの効果は全くない。眼の奥の異様な緊張感、首肩のコリが気になりだした。

眼の状態 0


7月9日(金)BTX2日目
写真の勉強会が久し振りに行われた。コロナ禍であること、高齢化して山の上にある市の文化会館に来られない、平地でも来られな・・・こんな事情で参加は半数にもみたいない、7人と寂しい。作品発表も前はA4プリントだったのが、スライドになった。これは作者のイメージとかなり変わるので、面白味が無くなってしまった。皆は口に出さないが、自然消滅かな? と思っている。これはいろいろな社会活動グループに共通している。因みに私の写真をFACEBOOKにのせました。
ニュースで聴覚情報処理障害APDを報じていた。私達の眼球使用困難症群と通じて聞けるか、見られるかの違いで個人差もある感覚の極めて敏感な問題であると思った。脳神経の分野はまだまだ未踏の巨大な山のようだ。日本の医学界よ世界をリードする業績をあげてくれ!大谷選手だって頑張っているんだ。

まだBTXの効果は出てこない。

眼の状態 0


7月8日(木)第49回BTX初日
ワクチン2回目も終わり横浜へ出掛けるのも、一応心配が亡くなった。いい具合にBTX注射の日になった。午後3時にクリニックに着くと、ワクチン注射を待つ人たちが順番待ちになって、私の予約時間なんか通りり過ぎていた。
私のBTX注射のときは、先生忙しくってあまり話をする時間など殆ど無かった。事前に痛み止めクリームを塗ったせいか、随分楽になった。注射ヵ所は前回と大部異なり、症状を見ながらの対応だろう。50単位は同じだが、何か所かは分からず仕舞いになった。中間の診察で伺おう。
帰りは追浜の整形外科で1っか月振りの診察を受けた。ベッドで俯き姿勢で先生は背骨に沿って圧迫しなが腰まで確認をして痛みなし。
仰向きになって足を床に直角にあげて痛みもない、私に親指を反らせて頑張らせながら先生は指を曲げる。この力に頑張ったら「アツ!治った」と声をあげて、「良かった、良かった」という一方「念のため、リハビリは週2か3でも続けて下さい」とビジネスも忘れない。さすがに痛み止めの処方はしなかった。

BTX注射の際はかなり眼の状態は悪くなって、先生にとっては分かり易かっただろう。
また治療薬のお勧めがあったが、お断りした。先生からすれば、いろいろと試してみたいのは分かるが、あまり薬害禍を知っているととてもヤル気にならない。
先生にとってつまらん患者かも知れない。

眼の状態 0−

1週間毎のチェック
〇瞼が閉じる:閉じる力が強くなった。但し、開く力も弱い。不快感が出てきた。
〇ドライアイ:ショボショボ感が強い。涙不足で乾きとシブシブ感がある。ムコスタ点眼液とジクアス点眼液を一日おきに交互に使う。
〇眩しさ:眩しい。サングサングラスは透過率10%。色は青とグレー。本格的跳ね上げ式。
〇眼の痛み:痛みはない。
〇フラフラ:日常的だが強くなった。一瞬グラーツとするときがある(自転車、車の運転不可。眼の動きが追従しない、動体視力が極端に低下している。運動不足が減るにつれ足腰の筋力低下の影響は少なくなった。最近は眼の中にゴミみたいな物が見えて動く。邪魔になる。
〇頭部痛み:ない。活動が鈍い。
〇新聞社説:継続して読めない。一時的に新聞記事が10分位読める。ただ読む気力が起きない。
真剣に読もうとするほど悪くなる。
〇首肩のこり:日常的。
〇複視:なくなった。
〇動体視力:目玉の動きが悪いので左右を簡単に見られず、首を振るだけではなく最近は肩から回している。動くものを見るのが難しい。無理をするとフラフラする。道路の横断にはいつもしっかり2往復見て確認している。
〇顔の症状:口の周辺はいつもゆっくりした痙攣がつづいている。
〇精神状態:正常のつもりだが。記憶、判断力、速度が落ちている。高齢のせいもあるから、眼瞼痙攣の影響との判別は出来ない。やや消極的。何事も動き出しが遅い。
〇振戦:パソコンを使うとき、左手指がバタバタしないように左手がキーボードに触らないにスポンジ板を置いてから操作ミスが激減した。日によって変わるが緊張感の強弱が影響する。最近は誤操作が日常になった。マウス操作もギクシャクして思うように動かせない。パソコンに重大なトラブルは少なくなった。身体全体の震えも気になる。食事ではナイフや丸い箸が使いにくい。割り箸が一番良い。手が震えてコップの水をこぼしそうになる。喫茶店でコーヒーを持って席に向かうさいに、こぼしてしまうのは日常茶飯事。写真撮影時に手振れが酷くなっている。
関連するかもしれないが漢字はギクシャクするが平仮名やローマ字筆記体は問題ない。書く紙や下敷きは柔らかいもの良く、硬くてツルツルするものは苦手になる。これはジストニアの患者さんに多いと思うが。
〇洗顔時、眼に水が入る:この症状は最近出ない。最近この症状がないのが不思議だ。以前はBTXが効き出す兆候だった。
〇発声:声が出にくいが眼瞼痙攣とは無縁。
第47回ボトックスの総括 [2021年05月06日(Thu)]
第47回ボトックスの総括
btx47.png

btxdis47.png今回はメリハリのついた良い効果がみられました。最初の10日間は効果が出ずに前回46回目の良い状態が一時的に残ったのでしょう。その後35日目まではBTX効果が切れて悪い状態が続きました。その後は比較的良い状態が続きましたががとうとう最後まで+1の健常者並みの快適さを感じることはなく終わりました。平均値0.1の値は久しぶりの好成績と思っています。左の成績分布も最上の+1も最悪のー1もない。+側に偏ったデーターになっています。いろいろな薬を試すのもいいかもしれませんが、自分の年齢、環境を考えるとこれで良しとします。with眼瞼痙攣でしょうか。鬱陶しい生活ですが、気分転換で乗り越えてゆきます。


btxm.png

過去47回BTX注射をして+0.1を超えたのは今回を含め6回しかない。グラフから分かるような好成績である。そうは言っても実感として気分爽快、眼は快適と思える日は一度もない。友人、知人と会えるチャンスを作り楽しみたいが流行の新コロナが収まるまでの我慢だ。ワクチン注射の接種券が届いて、10日に予約まで進んだ。もう一頑張りだ。
| 次へ