CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

特定非営利活動法人Synapse40 シナプス ブログ

人間のクリエイティブな活動を生み出すのは数百億もの神経細胞です。
これらの神経細胞は精妙な働きをするためにシナプス(synapse)を介してネットワークをつくります。その神経細胞がシナプスを仲介として巧みに結合しなければなりません。

シナプスのように子どもを取り巻く数多くの有能な個人や組織体を巧みに結合させ,ニーズを丁寧に把握してマッチングするプログラムづくりと実践を提供する組織として,共に未来に生きる子ども達の教育に活かす効果が生み出されるものと期待されます。

これまで得た教育資産を活かし,地域の社会資源(ひと,もの,こと)を発掘し,0歳から親世代までを対象にした子どもの学び支援及び子育て支援並びに人財育成プランの普及啓発活動を進めます。個人及び団体並びに組織を結合する仲介役として、寄附文化を醸成しシチズンシップ及びシビックプライドを育み宮城県、大崎市の活性化に寄与します。


2016第4回定例会のご案内 [2016年10月06日(Thu)]
【2016テーマ】

「考え議論する」道徳科の転換とライフスキル教育

【趣旨】
 道徳授業の質的転換が求められています。
 これまでの道徳教育とこれからの道徳教育を考える上での道徳授業の現状をおさえつつ,「考える」とは何か,何を「議論する」のかを共に学び合います。
「考える材料を提供し,多面的・多角的な思考を促す」ように作られているライオンズクエストプログラムの特性を踏まえ,道徳科とどう関連性をもって授業ができるのか可能性を探りたいと考えています。

【講師】
 認定キャリア教育コーディネーター 法人まなびのたねネットワーク 
  代表理事 伊勢みゆき氏

【内容】
 第4回は「内容項目」Cをファシリテーションの手法を使って「構想の段階」「指導過程」さら に「多様な考えを認める学級づくり」について学びます。

【参加対象】
 教員・一般の教育に関心のある方

【今後の予定】
  第5回定例会: 11月9日(水) 講師:千葉繁美
  「アクティーブ・ラーニングの視点に基づく道徳授業で何が改善されるのか。
    〜日本道徳教育学会第88回(平成28年度秋季)大会から考える〜」

  第6回定例会:12月24日(土) 講師:JIYD認定講師柴咲子氏(元中学校教員)
午前「ライオンズクエストのフオローアップセミナー」
午後「ライオンズクエストを活用した道徳模擬授業」

div align="center">第4回チラシ.png
【(仮)みやぎライフスキル教育研究会とは】

 宮城県内では、ライオンズクエスト教育プログラムのワークシッョプを修了した教育関係者は500名になっています。2014年11月から,大崎地区の教員や関係者を対象にしてキックオフミーティングを2回実施してきました。そのなかで,この会の性格を「学びをとおして人とのつながりをもとう」「学びを他の分野・領域にひろげよう」として大崎地区から発信し,県内各地に広げようと2015年7月から定例化してきました。
 今年のテーマは『「考え議論する」道徳科の転換とライフスキル教育』」として,常に探求心を持って学びあう場としてこの会を
位置付けています。
  多忙感が常態化している中ではありますが,
Off-the-job Ttainingとして自らをブラッシュアップ
する学び合う場を提供していきます。
  子どもを取り巻く大人自身が「アクティーブ・
ラーナー」となることが求められています。

第8回定例会の報告 [2016年02月11日(Thu)]

単元7「人生の道のり」は「自分の人生で何を成し遂げたいのだろうか?」「自分は何になるのだろうか?」を問い、疑問を解決したり、目標設定する方法を学ぶ単元。まさにキャリア教育


昨日は、単元の導入部「さあ、はじめよう!」の目標に対する3つの意見について共感できるところ、同意出来ないところを一人ずつの発表からスタート。

正しい答えはあるの?いやいや!

多様な考え方がある。多様な考え方があっていい。そこを指導者が持てるかどうか。

IMG_7683.JPG


発表者の福地初美先生のいつもニコやか、前向き、ポジティブな人柄が沢山詰まった実践発表。

ライフスキル教育の手法を随所に使い、まなびのたねネットワークの伊勢みゆきさんのファシリテーョンで学んだことを活かした内容。
IMG_7687.JPG

合唱コンクールに向けて、「最優秀賞をとる」いう目標をかかげ、「何のためにそれをやるのか」というイメージをもたせ、そのための道のりで発生する、発生するであろう課題をスモールステップで設定し、シッカリ話し合わせる様な流れ。教師の支援者としての立ち位置を明確にした姿勢は生徒との関係性が良好である事が伺えます。

IMG_7685.JPG
目標に向けて行動すれば当然困難な状況が出てきます。そこを乗り越えるには、一人の貴重な存在として認められる学級集団を形成する事が大切です。

「Stand by me」困難な状況、倒れてしまう様な状況、逃げ出したい状況に置かれても、僕の側に居てくれ!僕が支えてあげるよ!との関係が何より安心できる学級集団です。こんな学級では、「いじめ」を生み出さない、立ち向かうチカラができてきます。

今年の定例会のテーマ「レジリエンスとライフスキル教育」をシッカリ掴んた実践でした。

ワークショップの修了者、定例会参加者の皆さんもう一度テキストを読んでみましょう。

合唱コンクールで「最優秀賞をとる」「駄菓子屋を経営する」はあくまで、一つのキッカケ。

これらの取組をとおして何を学ばせるか、どんなスキルを身につけさせるか、感動体験をどうつくるかが問われています。

ライフスキル教育には沢山の素材が用意されています。それをどう調理するかはシェフたる指導者の力量にかかっています。

今年度最終の定例会は3月9日水曜日です。
第7回定例会のご案内 [2015年12月26日(Sat)]
松の内ですが1月6日午後18:30〜宮城県大崎市古川 JR古川駅前「ふるさとプラザ」4階会議室にて開催!!

ライフスキル教育プログラムを社会教育分野で取り入れた実践です。


誰もやらない「2015子ども駄菓子屋プロジェクト」


IMG_1248.JPG


会員以外にも
ワンワーク会員として教育関係者、地域の大人、行政の方、ライオンズクラブのメンバー方、学生の方々が参加可能です。

IMG_1426.JPG


小学校4〜5年生までの10名が一人当たり10,000円の融資を受け、それを元手に各店舗のコンセプトを考え駄菓子の発注し商品の陳列・宣伝・販売を体験しました。

第7回 表.jpg


参加した子ども達に自己肯定感から自尊感情を醸成しようとした約4カ月に渡った実践を
検証しつつ「レジリエンスとライフスキル教育」について参加者で考えます。

会員以外にも
ワンワーク会員として教育関係者、地域の大人、行政の方、ライオンズクラブのメンバー方、学生の方々が参加可能です。

なお「誰もやらない「2015子ども駄菓子屋プロジェクト」」は「2015年全労済地域貢献助成金」を受けて実施ました。

PDFファィルはこちらです。
https://drive.google.com/file/d/0B_oWuiSEdAj0WklXb2t4S203UnM/view


第7回 裏.jpg


「誰もやらない「2015子ども駄菓子屋プロジェクト」」は「2015年全労済地域貢献助成金」を受けて実施しました。

Facebookは
第7回定例会の開催のお知らせ [2015年12月18日(Fri)]
第七回ワークショップ表ちらし.pdf平28年1月6日開催 第7回定例会のご案内です。

まだ松の内ですが、子ども達の頑張りと可能性の取り組みを聞いてみませんか?
第七回ワークショップ表ちらし.pdf
第7回ワークシップ開催案内 [2015年12月18日(Fri)]
(仮)みやぎライフスキル教育研究会発足に向けたワークショップ
第7回定例会を開催します、まだ松の内ですが。「第2週の水曜日」の定例会開催は堅持します。今回は、「レジエンスとライフスキル教育」のテーマを学校以外でこのプログラムの神髄サービスラーニングの実践例を引き合いにして、「ライフスキル教育」の可能性を探ります。