CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

特定非営利活動法人Synapse40 シナプス ブログ

人間のクリエイティブな活動を生み出すのは数百億もの神経細胞です。
これらの神経細胞は精妙な働きをするためにシナプス(synapse)を介してネットワークをつくります。その神経細胞がシナプスを仲介として巧みに結合しなければなりません。

シナプスのように子どもを取り巻く数多くの有能な個人や組織体を巧みに結合させ,ニーズを丁寧に把握してマッチングするプログラムづくりと実践を提供する組織として,共に未来に生きる子ども達の教育に活かす効果が生み出されるものと期待されます。

これまで得た教育資産を活かし,地域の社会資源(ひと,もの,こと)を発掘し,0歳から親世代までを対象にした子どもの学び支援及び子育て支援並びに人財育成プランの普及啓発活動を進めます。個人及び団体並びに組織を結合する仲介役として、寄附文化を醸成しシチズンシップ及びシビックプライドを育み宮城県、大崎市の活性化に寄与します。


「みやぎチャレンジプロジェクト」の御礼 [2016年04月15日(Fri)]
広告.png




何度かこの場で皆様方にお知らせとお願いをしてきた宮城県共同募金会との協働で学び直し「志誠塾『おおさき寺子屋』」の開設・運用に向けた「みやぎチャレンジプロジェクト」の寄付金の総額等と領収書が送られてきました。

 目標額の半分にはいきませんでしたが289,713円もの寄付金が寄せられました。

 活動をとおして地域の実態や問題そして取り組みべき地域課題の解決に向けた計画案に共感していただいたものと思います。
皆様方の温かいお気持ちとして集まった寄附金を有効に活用させていただきます。
こうした取り組みが地域の新たなムーブメントになるはずと確信しています。
 

 昨日から今日にかけて直接訪問して御礼に伺っております。なお、遠方の皆様方には郵送により御礼をさせていただきますことをお許しください。


FullSizeRender [313040].jpg
社会課題解決「みやぎチャレンジプロジェクト」ご賛同いただきありがとうございました。 [2016年04月01日(Fri)]
3か月間の長いようで短かった社会課題解決「みやぎチャレンジプロジェクト」も昨日で終了となりました。


広告.png



ご賛同のご寄付をいただきました皆様方、大変ありがとうございました。
寄付文化が薄いと言われている地域で無謀にもチャレンジしたことは、納税をとおして享受するカタチではなく、社会課題解決の活動に対して直接支援するという新しいカタチが生まれるキッカケになったかも知れません。

皆様方の弊団体へのプロジェクトにご声援、お励ましの言葉と温かいご支援があったことによりこれまで取組めたものと思います。ここに衷心より感謝申し上げます。
このプロジェクトを通じて寄付に対する考え方や温情について考えさせられることが多々ありました。

行動には結びつかなくとも、こうした考えをもっている弊団体が地域でムーブメントを起こそうとしていることへ関心をもっていただいた方々にはボランティアや声掛け等、社会貢献活動への受入等地域でやれることはあります。

募金額の集計は県共同募金から来るまでに数日ありますので寄付状況がどうなっているかはわかりませんが、取り組みの理解は進み共感していただける方が確実に増えてきています。

今後ともご支援をお願いし申し上げます。
学び直し塾 志誠塾「おおさき寺子屋」キックオフ塾生 大募集!! [2016年03月01日(Tue)]
キックオフポスター.jpg


6月開塾予定の 学び直し塾 志誠塾「おおさき寺子屋
の開塾準備の 塾生大募集です。

3月21日(祝)・27日(日)・4月10日(日)24(日)の午前9時30分から11時30分までの時間で
大崎市古川大宮児童センター・大崎市古川災害公営住宅集会所で予定!

まずはお問い合わせください。



キックオフポスター裏.jpg


PDFファイルはこちらからダウンロートしてください。
志誠塾「おおさき寺子屋」の設置・運営のご寄付・ホランティアを募ります No3 [2016年02月02日(Tue)]
志誠塾「おおさき寺子屋」の設置・運営のご寄付・ホランティアを募ります No3

子どもの貧困が最も影響を与えている分野.png
「子どもの貧困に関する全国意識アンケート調査」セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
2010.9調査から回答799人

子どもの貧困は教育にもっとも影響を及ぼしている!


詳細は
http://www.savechildren.or.jp/sp/news/index.php?d=164

進度が遅れている子たちは,同じ学年の子たちと同じ教室の中で悶々している。
「教育は親や学校だけに負わせるべきだ!」から地域全体で学ぶ意識と自信を取り戻すことを少し後押しするための仕組みを一緒に作ることに協力してもらえません。

X 寄付と方法

・宮城県共同募金会の振込用紙による寄付となります。
・下記のとおり寄付金には優遇措置がありますので領収書が必要な方はその旨を振込用紙に記入願います。確定申告により税金の還付されます。
・一定額以上を寄付された個人や企業・団体で公表の承諾をとれた場合には,この事業のチラシやFacebook・ブログ,今後開設予定のHPでお名前やバナーを掲載させていただきます。

寄付優遇措置について



続きを読む...
志誠塾「おおさき寺子屋」の設置・運営のご寄付・ホランティアを募ります No2 [2016年01月26日(Tue)]
志誠塾「おおさき寺子屋」の設置・運営のご寄付・ホランティアを募ります No2

V 近未来の成果イメージ

私たちは市民・企業からの寄付・ボランティアを募り志誠塾「おおさき寺子屋」を設置することにより,「学習塾にはない学び」をとおして子ども達が「負の連鎖」に陥らない切掛けづくりをします。さらに,この仕組みを他の地域にも拡げます。

・この塾で学んだ塾生は,いずれ大崎市に残り指導・支援する立場となり次の世代への支援者として活躍します。

・この塾で学んだ塾生は,大崎市から離れても大崎市の支援者になります。

・この塾の開設・運営は社会課題の解決に向けた取り組みです。社会貢献活動の両輪の「誰かを信じて託す行為」としての寄付と「自らが誰かのために行う行為」としてのボランティアをされた方は,自己有用感が高まります。


若者たちとシルエット.png
志誠塾「おおさき寺子屋」の設置・運営のご寄付・ホランティアを募ります No1 [2016年01月23日(Sat)]
志誠塾「おおさき寺子屋」の設置・運営のご寄付・ホランティアを募ります
No 1


社 会 的 課 題

子どもの相対貧困率は16.3%,ひとり親家庭は54.6%と先進国で最悪となっています。また,就労や家事にとられ,子どもが親と触れ合う時間や体験不足が懸念されています。大崎市でも同様です。

図6 日本の相対貧困率.png






















この課題を解決するために,6月開設予定で経済的に困難を抱えたり,震災により以前の生活環境が大きく変化した学び直しをしたい小5〜中3の子どもをゲットにした志誠塾「おおさき寺子屋」を設置することにしました。「学習塾にはない学び」をモットーに負の連鎖に陥らない切っ掛けづくりをします。退職教員・一般・学生(高校生・大学生)の無償ボランティアをスタッフに迎え,個の習熟に即しインターネット配信教材の「学び直し」,ライフスキル教育プログラムの「人と繋がる活動」や「サービスラーニング」等の体験活動と社会体験の場を設定して自分の立ち位置を感じ取らせる活動ととます。活動に応じて「お返しチケット」を配付して,無理のない範囲で市民・企業から頂いた「恩」をお返しする活動をとおして地域に根差す活動をします。図3 子どもを取り巻く負の連鎖 理由.png

























特徴的な内容

・個の習熟に即したプログラムをもとにしインターネットを活用した教材の配信を受けた「学び直し」をします。
・LQライフスキル教育プログラムを導入した「人と繋がる活動」や地域課題の解決に向けた「サービスラーニング」等のプログラムでの学びと社会体験の場を設定して自分の立ち位置を感じ取らせる活動とします。
・活動に応じて「お返しチケット」を配付して,無理のない範囲で市民・企業から頂いた「恩」をお返しをする活動とします。
・一連のサイクルを一年をとおして行います。

学びなおし.png


「つながる体験活動」 ⇔ 「学び直し」 ⇔ 「社会体験」 ⇒ 「お返し活動」

運営資金

・子どもの利用料は徴取せず,教材や活動等の実費の一部を徴取します。ただし経済的負担を考慮して低廉とします。
・Synapse40の活動のもったいない寄付「不要本・不要絵本・不要CD交換会」や寄付金付「キーホルダ」「ライフスキル入門」の寄付金を充てます。
・その他運営に関する資金は寄付金・募金・助成金等を充てます。

近未来の成果イメージ
私たちは市民・企業からの寄付・ボランティアを募り志誠塾「おおさき寺子屋」を設置することにより,「学習塾にはない学び」をとおして子ども達が「負の連鎖」に陥らない切掛けづくりをします。さらに,この仕組みを他の地域にも拡げます。
・この塾で学んだ塾生は,いずれ大崎市に残り指導・支援する立場となり次の世代への支援者として活躍します。
・この塾で学んだ塾生は,大崎市から離れても大崎市の支援者になります。
・この塾の開設・運営は社会課題の解決に向けた取り組みです。社会貢献活動の両輪の「誰かを信じて託す行為」としての寄付と「自らが誰かのために行う行為」としてのボランティアをされた方は,自己有用感が高まります。

一連のサイクルを「安心スパイラル」と呼び「シチズンシップ」や「シティープライド」が醸成されます。