CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

特定非営利活動法人Synapse40 シナプス ブログ

人間のクリエイティブな活動を生み出すのは数百億もの神経細胞です。
これらの神経細胞は精妙な働きをするためにシナプス(synapse)を介してネットワークをつくります。その神経細胞がシナプスを仲介として巧みに結合しなければなりません。

シナプスのように子どもを取り巻く数多くの有能な個人や組織体を巧みに結合させ,ニーズを丁寧に把握してマッチングするプログラムづくりと実践を提供する組織として,共に未来に生きる子ども達の教育に活かす効果が生み出されるものと期待されます。

これまで得た教育資産を活かし,地域の社会資源(ひと,もの,こと)を発掘し,0歳から親世代までを対象にした子どもの学び支援及び子育て支援並びに人財育成プランの普及啓発活動を進めます。個人及び団体並びに組織を結合する仲介役として、寄附文化を醸成しシチズンシップ及びシビックプライドを育み宮城県、大崎市の活性化に寄与します。


『2015子ども駄菓子屋第一号店』参加者募集 [2015年06月15日(Mon)]
image-20a84.jpeg
特定非営利活動法人Synapse40主催の
「誰もやらない駄菓子屋プロジェクト」の『2015子ども駄菓子屋第一号店』の参加者募集を開始しました。

得た利益は、自分たちが選んだ困っている国・地域・団体に寄附します。

image.jpeg
対象:「やりたい!したい!と明確に意思表示できる小学生4〜6年生及び趣旨に賛同する保護者

募集定員:25名程度

参加費:無料

出店日:8月2・3日古川まつり

出店場所:台町の駐車場


後援:大崎市・大崎市教育委員会・ライオンズクラブ国際協会332-C地区

協力:NPO法人青少年育成支援フォーラム・古川第四小学校おやじの会


応募受付期間が9日(木)までと短いですが、趣旨を親子でよく話し合ってご参加願います。


チラシは、古川中・古川東中・古川南中学校区の小学校を通じて各家庭に配られます。受付はSynapse40へとなります。


保護者の参加は、オリエンテーションでの趣旨理解と送迎等となります。


併せて、子ども達への支援者として作戦会議に参加していただける方、当日のお世話をして頂けるボランティアも募集しています。

本事業は「全労災地域貢献助成事業」を受けてることが決まりました。
【誰もやらない子ども駄菓子屋プロジェクトの最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント