CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
評議員制度義務付け検討へ [2014年07月01日(Tue)]
厚生労働省が、評議員会の設置を原則義務付ける方針を示したようです。(日経6/28付け記事)

評議員会については、これまで措置施設や保育所のほか、
介護保険事業のみを実施する法人は任意とされていましたが、
社会福祉法人に対する運営の透明性を図る等の理由からこのような方針が示されたようです。

理事と評議員の兼職を禁止することで独立性を確保するとともに、
評議員会では役員の解任も可能とするなど、
従来の諮問機関とは異なり大きな権限を有することになります。

なお、検討にあたっては公益法人の評議員会の仕組みを参考にするとされています。

以下に、現在の社会福祉法人と公益法人の違いについてまとめましたのでご参考ください。

評議員制度の違い.jpg
財務諸表公開へ [2014年07月01日(Tue)]

平成25年度決算より、財務諸表の公開が義務付けられました。

これは「社会福祉法人の認可について」の一部改正によるもので、
今年の3/28までパブリックコメントに付されていた件ですが、
透明性の確保を図る観点から導入されました。

これにより法人は、現況報告書と
財務諸表(貸借対照表・事業活動計算書・資金収支計算書)を
インターネット上で公表することが義務付けられるとともに、
所轄庁へは電子ファイルでの提出が求められることになります。
(平成25年度決算分に限り書面提出もOK)

通知改正に伴うもので受け身の対応になりがちですが、
決算数値とサービス活動を関連付けるなど、
情報開示を法人の活動のPR手段にする視点は欠かせませんね。

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

福山さんの画像
https://blog.canpan.info/syakaifukushihoujin/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/syakaifukushihoujin/index2_0.xml