CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年度第2期 | Main | 代表ブログ»
https://blog.canpan.info/svgt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/svgt/index2_0.xml
最近の記事
チーム
コメント
トラックバック
ぱれっとチーム パンフレット納品完了! [2012年05月09日(Wed)]

ぱれっとチーム アカウントディレクターの大西です。

GWに突入した快晴の4月29日、プロジェクト最後のイベント「納品会」を、東京・恵比寿のおかし屋ぱれっとにて行いました。

昨年の10月末にチームを組成、11月初旬にNPO法人ぱれっとさん
(以下、ぱれっと)とのキックオフをして、それからほぼ半年。

みんなの笑顔とともに、この日を迎えることが出来ました。


【これまで】


プロジェクトの立上げ(スコープ設定やチーム編成)時は、初顔合わせのメンバーが集まっての初プロボノ活動で、個人的には、クライアントがNPOということも初体験。

「どうなるのかな」というドキドキと「どうにかなるだろう」というワクワクが、相半ば交錯していたのが、当時の心境でした。

しかし、サービスグラントの進行ガイドに沿って進めながら、マーケティングフェーズの中間提案まで来る頃には、「良いものが出来そうかな」という確信に徐々に変化。

その後の、プランニング・制作各フェーズとも、思いのほか、スケジュール通りに進捗したのでした。

もっとも、全てが順風満帆とはいかず、多少の紆余曲折はあり。
ヒアリングのアポに時間がかかったり、メールだけでは上手くニュアンスが伝わらなかったり、これはという写真が使えなかったり・・・

仕事や家庭などで超多忙なチームメンバーは、メーリングリストや週末のオフミーティングを通して、進捗状況・課題・解決策や、一人ひとりの想いを共有。

servicegrant1_1.jpg


ぱれっと主催イベント(ビジュアルブック出版記念パーティ、多国籍習字、見学会、バザー等)に参加したり、NPOのマーケティングやファンドレイジングに関するセミナーに参加したり、友人・知人に個別ヒアリングをしたりと、みんな積極的。

3(PA-THI).JPG


相互にバックアップをしながら、着々と、プロジェクトは進んでいきました。
 
また、ぱれっと側も、日々の様々な業務・イベントを回しながら、何とか時間をやりくりいただき、積極的にミーティングに参加&依頼の期日通りにフィードバック。

毎月の会報誌に、このプロジェクトの状況を掲載いただくなど、相互のコミットメントと協働・共創の結果、今回の最終成果物へ結びついたというのが実感です。

2(全体).JPG


【納品日】

「納品会」では、メディアの納品と合わせ、グラフィックデザイナーの波木さんから、印刷会社への発注の仕方を実際のWebsiteを使って丁寧に手順を説明。

5(納品).JPG


これで、5月27日に予定されている、ぱれっと定期総会までに、何とか間に合うことでしょう。総会の場で配布された時の、パンフレットを手にした方々の反応が気になりますね。

ここまでが、サービスグラントとしての活動で、その後、個人的に、コピーライター不破さんから、渾身のキャッチコピーを。更に、マーケッター小川さんから、今後の事業方針・計画策定に向けた熱い提案(メッセージ)を【おまけ】でお伝えして、「納品会」は終了。

4(小川さん).JPG


【これから】

この後、ぱれっとの皆さんと、さらに、プロボノのメンバーでの打ち上げがあり、お互いの労をねぎらう場を予定しています。

また、今回参加したプロボノメンバーは、これからも、1サポーターとして、1チェンジメーカーとして(?)、それぞれが出来る形で、ぱれっとさんと「つながっていく」ことになりそうです。

6(最後).jpg


この半年は、サービスグラント代表・嵯峨さんの著書『プロボノ』のサブタイトル「新しい社会貢献 新しい働き方」を文字通り、体感した日々でした。

ちょうど、この時期、『社会貢献』『ソーシャル』『プロボノ』といったキーワードが、各種メディアでよく取り上げられ、目にする機会が多くあった。(自己意識によるカラーバス効果かもしれないですが)

そのような中、仕事とプライベートに加えた、第3のコミュニティで、ピーター・ドラッガーが提唱している「パラレルキャリア」にチャレンジ。

過去経験したことがない貴重な時間を、素晴らしい仲間と過ごしたことで、新鮮な刺激を受け、社会セクターへの理解が深まり、マインドセットが少し変化する等、多くの気づきや学びがあった半年でした。

今回の成果物が、今年で30周年を迎えられるぱれっとのサポーターを増やす有効なツールとなり、組織の課題解決の一助となることを願っております。

最後に、本プロジェクトにご協力頂いた全ての関係者にのみなさまに、心より御礼を申し上げます。


【文責】 ぱれっとチーム アカウントディレクター 大西 純

Posted by 認定NPO法人サービスグラント at 23:26 | 2011年度第3期 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ぱれっとチーム 終わって安堵の中間報告 [2012年01月15日(Sun)]
こんにちは、ぱれっとチーム アカウントディレクターの大西です。

11月9日に、キックオフミーティングを実施してから、はや2か月。

1月14日 恵比寿にて、サービスグラントぱれっとチームから、特定非営利活動法人ぱれっとさんへ中間提案を行いました。

中間提案は、マーケティングフェーズの締めくくりとして、関係者へのヒアリング結果をお伝えするとともに、成果物のコンセプト・考え方を共有することが最大の目的。NPO側7名、サービスグラント側7名、総勢14名が、顔を合わせての開催となりました。

では、その準備段階から、少し振り返ってみます。


【キックオフから中間提案まで】


キックオフ後、まず、ぱれっとスタッフのみなさんから、個別に、現在の活動状況や課題などをお伺いし、その後、ぱれっとに関わる方々に、順次、ヒアリングを実施していきました。

プロボノのみなさんは、仕事や家庭があり忙しい中、主に、仕事帰りに恵比寿界隈でヒアリングを行い、翌日までに文書化、他のチームメンバーに展開。

中には、厳しいご意見もありましたが、それも、ぱれっとさんの今後を思ってのこと。
キーワードを聞き漏らさないよう、ボイスレコーダーを駆使したり、一所懸命に書き取りました。

 <数字で見る活動>
 
  ヒアリング回数・・・9回   (ボランティア、障害者保護者、中間支援団体など)
  ヒアリング人数・・・20人  (対面個別、対面グループ、電話インタビュー)
  ヒアリング時間・・・8時間 (1回あたり、30分〜1時間で実施)


また、並行してチームメンバーによるミーティングや情報交換をオン・オフで重ねて、何とか、中間提案の資料を、前日に仕上げることが出来ました。

 <数字で見る活動>

  チームMTG回数・・・4回     (ちょっと寒かったサービスグラント事務局2F)
  チームメール回数・・・約250回 (時には、夜中の2時3時や、正月三が日も)
  アップロード数・・・約60ファイル (ヒリング結果、提案資料、外部環境調査)



【中間提案当日】

NPOぱれっとのみなさんは、朝から、事務局会議などがあり、中間提案が、この日3つめのミーティング。そのせいか、少しお疲れのご様子も。一方ぱれっとチームメンバーは、少しの不安と緊張を抱きながら、いよいよ、プレゼンがスタート。

プロジェクトマネジャーの米岡さんが全体を進行、マーケッターの山田さん、小川さんがヒアリング結果を総括、コピーライターの不破さんがコンセプトイメージ案を提案し、グラフィックデザイナーの波木さんがコンテンツの構成要素案を説明と、全員参加型プレゼンでした。 (ちなみに、わたくしAD大西は、写真撮影担当でした。)

互いに初対面のメンバーもいて、ちょっと堅い雰囲気で始まった中間提案も、少しずつ場の空気も和らぎ質疑応答も活発に。あっという間の1時間半は、笑顔で終えることが出来ました。



中間提案に対する正式なフィードバックは、後日、頂くことになりますが、FacebookやTwitterを通して頂いたコメントからは、ここまでやってきて良かった、伝えたいことは伝わったかな、というのが正直な気持ちです。


【アカウントディレクターとして】

自分自身は、このプロジェクトが初プロボノでありながら、(以前は事務局メンバーがされていた)アカウントディレクターの任を担うこととなりました。そのため、この間、NPOの組織運営やファンドレイジング、障害者支援・就労、ソーシャルビジネスの本を読んだり、セミナーやイベントに参加したりと、自分なりに、この分野の社会勉強に努めてきました。

大人のための「社会科見学」のつもりが、今では、(いい意味で)はまりつつあります。

先日、サービスグラントのプロボノワーカー登録者が1000人に到達しました。この流れは、今後も続くことでしょう。また、支援対象のNPOセクターも、社会におけるその重要性を増していくことは必然でしょう。

その両者をブリッジする、アカウントディレクターとして、今後も、何らかの社会貢献が出来ればと考える今日この頃であります。


【最後に】

NPO法人ぱれっとのビジュアルメッセージブック
「あなたとわたし わたしとあなた - 知的障害者からのメッセージ -」が、
1月末に、小学館より発売されます。
 


また、本の出版を記念して写真展と出版記念パーティーが、2月に開催されます。

渋谷・恵比寿近くにお住まい、ご勤務の方は、立寄ってみてはいかがでしょうか。

【本のご案内】
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784097264606

【写真展、パーティーのご案内】
http://www.npo-palette.or.jp/news/index.html#1112news1


文責:アカウントディレクター 大西 純
Posted by 認定NPO法人サービスグラント at 07:58 | 2011年度第3期 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「横浜いのちの電話外国語相談」プロジェクトがスタートしました。 [2011年12月30日(Fri)]
皆さん、こんにちは。「横浜いのちの外国語相談」(Linea de Apoyo al Latino:LAL)のウェブサイトリニューアルプロジェクトでAD(アカウントディレクター)を務めております橋本と申します。


深い悩みやつらさを抱える人たちのための無料電話相談窓口として「いのちの電話」が全国各地にあることはみなさんの中にもご存知の方がいるかもしれません。その一方で、日本には2010年末現在で200万人を超える外国人が滞在していますが、そうした方々の中にも誰にも相談できず、孤独にさいなまれ、自殺を考えるほどの精神的ストレスを抱えている人がいます。
LALはスペイン語とポルトガル語によるラテンアメリカコミュニティを対象とした無料電話相談を全国で唯一行っている団体です。1993年にその活動を開始し、今年で18年目になります。これまでの相談件数は1万6千件(2010年3月末現在)に上るそうです。1年間に及ぶLAL独自の研修プログラムを修了し、認定された10数か国60名余りの相談員が当番制で対応しています。


今回のお話をサービスグラント事務局からいただいたとき、今は完全リタイアした父が60歳を過ぎてから、パラグアイに数年間単身赴任をし、両親が必死にスペイン語を勉強していたことを思い出して、二つ返事で参加を決めました。(ちなみに私はスペイン語もポルトガル語も全くできません…。)
今回サポートを行うメンバーは、私のほかに、PM(プロジェクトマネジャー)で最年長の上野さんを筆頭にMK(マーケッター)の田口さん、IA(情報アーキテクト)の久野さん、WD(ウェブデザイン)の服部さん、CW(コピーライター)の井町さん、の6人です。メンバーの人選には男女比や経験などはもちろん考慮しましたが、“初参加”であることも重視しました。それは「何か社会のために役に立ちたい」と思っている人たちの輪が一人でも増えればいいとの思いからです。時節柄、多忙を極めている方が多いWDについては2回目の参加となる服部さんにお願いしましたが、そのほかのメンバーは皆、プロボノワーカー初エントリーです。それでも、ウェブやSNSにおけるデザインやシステム構築、広報、マーケティングなどそれぞれの分野で存分に力を発揮している志の高いエキスパートばかりです。


12月8日に開かれたLALとのキックオフミーティングではお互いの自己紹介の後、LALが抱えている課題やサイトへの要望などの共有や質疑応答等が行われました。相談員になるには1年間の研修期間が必要なことからもわかるように、中途半端な気持ちでできるボランティアでは決してありませんが、出席したLALの皆さんの表情がとても明るくイキイキしていたのが印象的でした。こうした方々に電話相談に乗ってもらうことで、生きる喜びを取り戻した外国人は決して少なくないはず、そんなことも感じました。


今回のミーティングを通じて、各メンバーがおそらく持ったであろう「社会的意義の高いLALの活動をより多くの人に知ってもらいたい」という気持ちをこれから半年間しっかり胸に刻みながら、チーム一丸となってサイトリニューアルに取り組んでいこうと思います。

追伸)匿名性の高いLALの活動の性格上、写真や個人情報をお伝えできないことをお許しください。

文責:橋本拓志


現在のLALホームページ
Posted by 認定NPO法人サービスグラント at 00:29 | 2011年度第3期 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
キズキチーム始動 [2011年12月09日(Fri)]
アカウントディレクター(AD)の藤本です。
私の本業は、デジタルプロモーション。Webサイトは1994年という黎明期というか石器時代からかかわってきて、いままでに、100近いサイトの構築を行って来ましたが、最近では、公私ともに、ソーシャルに、大きくシフトし始めているところです。

我々のプロジェクトは、11月28日に、キックオフしました。

まずは、支援先NPOキズキの紹介から始めましょう。
NPOキズキは、2010年6月から、引きこもりや不登校でつまずいた若者たちの受験を支援するキズキ共育塾を展開しています。安田代表をはじめ、講師の人たちも同様の経験を持っており、その共感をベースに、自信をつかむきっかけを与えようとしています。つまり、ティーチャーとメンター、両方の機能を持っているのです。ここが、ユニークな点です。他にも、就労のための学び直し事業や外部のフリースクールとの提携など、いままさに、大きくなろうとしている組織体です。
そんなキズキにとっての課題は、生徒募集と講師募集のためのPR・プロモーションです。Webサイトは、継ぎ足し継ぎ足しで、作ってきたこともあって、分かりにくい構造になっています。ターゲットの目線で、リニューアルすることで、キズキ自体をメディア化していきたいと考えています。

そんな課題をもとに、キズキチームを編成しました。
プロジェクトマネージャー(PM)の和泉さん、インフォメーションアーキテクト(IA)兼マーケッター(MK)の成瀬さんは、豊富なWebサイト構築の経験があります。マーケッターの須藤さんは、企業サイドでのマーケティングの経験が豊富です。コピーライター(CW)の森さんは、NPOとの親和性の高さ、ソーシャルメディアの知識も豊富です。そして、Webデザイナー(WD)の宮本さんは、豊富なWebデザインの経験を持ち、現在はポータル系のWeb制作を担当されています。そう、それぞれの専門分野で経験が豊富な人ばっかりで構成されたチームが、キズキチームなのです。

キックオフミーティングでは、チームメンバーがそれぞれの立場から所感を述べ、課題とゴールのすり合わせを行い、会議が終わったときには、全員の意識の統一が図られたと確信できました。

これから、個別のヒヤリング、SEO勉強会とマーケティングフェーズに入って行きます。キックオフミーティングでは、会議に集中しすぎたせいか、すっかり写真を撮ることを忘れていました。次回のトピックは、写真と共に、ご紹介できると思います。


現在のNPOキズキのWebサイト
Posted by 認定NPO法人サービスグラント at 18:54 | 2011年度第3期 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ぱれっとチーム キックオフ&懇親会! [2011年11月13日(Sun)]
こんにちは。 ぱれっとチーム アカウントディレクター(AD)の大西です。

11月9日に、当プロジェクトのキックオフミーティングを開催しました!


ぱれっとチームとしては、今回が初投稿となりますので、支援先NPOの概要、プロジェクトの背景・目的から簡単に紹介します。


 「NPO法人ぱれっと」は、就労・暮らし・余暇などの生活場面において、障害のある人たちが直面する問題の解決を通して、すべての人たちが当たり前に暮らせる社会の実現に寄与することを目的に、渋谷区恵比寿を中心に活動をされているNPO法人です。


今日まで、色々な人たちが「ぱれっと」で出会い、交流することで新しい可能性を生み出すことに挑戦。「たまり場ぱれっと」(1983年〜)、「おかし屋ぱれっと」(1985年〜)、Restaurant & Bar Palette(1991年〜)、「えびす・ぱれっとホーム」(1993年〜)、「ぱれっとインターナショナル・ジャパン」(1999年〜)、「ぱれっとの家 いこっと」(2010年〜)と、次々と新たな活動・事業を展開されてきました。

来年(2012年)夏には、団体として立ち上げから30年を迎え、「世代交代」の節目に差し掛かっています。

それに伴い、新体制に向けた組織マネジメントスタッフの育成が急がれ、同時に「ぱれっと」の賛同者・協力者を増やしていくことが、社会変革を目指す運動体としての活動を強化していくためには、不可欠な状況にあります。


「ぱれっと」にとって、一番身近で大きな協力者が会員であり、その拡大は、組織の基盤強化に直結。

今回、サービスグラントぱれっとチームは、組織の基盤強化を目指し、「会員拡大に向けたパンフレット制作」を担当することとなりました。


チーム編成は、大西が担当し、10月からスタート。プロジェクトマネジャー 米岡さん、マーケッター 山田さん・小川さん、コピーライター 不破さん、グラフィックデザイナー 波木さんでチームを組成。

みなさん、仕事や家庭などで自分自身の時間が限られている中、オファーを快く引き受けていただいた、高い志と専門性を兼ね備えた、プロフェッショナル集団。

キックオフミーティングは、サービスグラント側から、業務都合で参加できなかった米岡さんを除くチームメンバーとAD大西、事務局の岩渕さん。

ぱれっと側は、おかし屋所長・副理事長の相馬さん、レストラン支配人・副理事長の南山さん、事務局長の菅原さん、ぱれっとホーム施設長の三森さん、たまり場ぱれっと責任者の左右木さんの計11名で開催しました。

先ずは、自己紹介からスタート。先方から、「ぱれっと」との関わりの経緯や現在の担当業務を、当方から、本業の仕事内容や当プロジェクトへの想いなど、和やかな雰囲気の中、各自の紹介が進みました。


続いて、当方から、キックオフプレゼンテーションとして、課題認識、課題解決へのアプローチ、プロジェクトの進め方、体制、スケジュール案などを説明。使用したプレゼン資料は、当日参加できなかった、米岡さんが、多忙な業務の中、作ってくれたものでした。


次に、ぱれっと左右木さんより、団体の活動内容、課題、パンフレットに対する要望など、事前に書いていただいた「基本質問リスト」も使って、お話いただきました。

ぱれっとチームのメンバーは、谷口理事長の著書「福祉に、発想の転換を! NPO法人ぱれっとの挑戦」を事前に読んで、理解を深めていたこともあり、初対面にしては、突っ込んだ質疑応答タイムに(^.^)

多くのNPO団体同様、ぱれっとのみなさんも、限られたスタッフで、日常の活動を運営していくのに、時間の大半が割かれています。

更に、ほぼ毎週のようにあるイベントの準備・運営、外部からの講演依頼、企業・大学・他団体からの見学・研修受け入れも多く、なかなか、組織についてじっくり考える機会がなかった様子。

その点で、今回のプロジェクトは、あらためて、これまでの活動を振り返り、新たな組織へと歩みだす一助となるのではないでしょうか。



プロボノメンバーも、既に、ぱれっとの一員になったかのように、これまでどこに問題があったのか、どうすれば会員が増えるのか、パンフレットの配布場所は、ターゲットは、他の媒体との連動性は、など活発に意見が飛び交いました。


最後は、マーケティングフェーズのヒアリングの進め方を調整。まずは、内部スタッフへのヒアリングを先行実施し、並行してヒアリングの対象者・方法を確定していくことを確認し、2時間のミーティングが終了。

その後、Restaurant & Bar Paletteに場所を変え、南山さん自慢のスリランカ料理を堪能。

これからのプロジェクト成功をみんなで誓い、11時過ぎに解散となりました(^_^)/

私自身は、今回が、サービスグラントでの初プロジェクトであり、NPOのみなさんと深く関わること自体も初めて。

そのため、今回のプロジェクト立上げの1か月間は、多少の戸惑いを抱きながら、NPOの組織やファンドレイジングに関する理解を深めるなど、たいへん得るものが多い時を過ごすことができました(^.^)


今は、ようやくここまで来たなぁという思いと、ぱれっと・サービスグラント双方の顔ぶれからして、半年後には、きっと良いものが出来上がるだろうなぁという思いが、頭の中を駆け巡っています。


これからも、主なイベントごとに、このブログで状況を報告していきますので、よろしくお願いします!


今回は、初投稿で、ちょっと丁寧に書きすぎ、長くなってしまいました^_^;
最後まで、読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>



NPO法人ぱれっとに関心がある方は、
http://www.npo-palette.or.jp/index.html

いつかは、ぱれっとの会員になっても良いかな〜という方は、
http://www.giveone.net/cp/pg/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=193 

も合わせてご覧ください。

  

(文責:ぱれっとチーム アカウントディレクター 大西 純)

Posted by 認定NPO法人サービスグラント at 17:05 | 2011年度第3期 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)