• もっと見る
« ニュース | Main | 2006年»
https://blog.canpan.info/svgt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/svgt/index2_0.xml
最近の記事
チーム
コメント
トラックバック
中間提案に向けたチームMTG [2007年06月22日(Fri)]


この間、ヒアリングを重ねていただいたマドレボニータチームですが、中間提案に向けて、提案内容をまとめるMTGを行いました。

今回の会議場所は、新宿三丁目のルノワール(!)
なかなか普段使わないタイプのお店で、なんともいえない雰囲気のようなものがありましたが、、、(?)、実用性という観点ではなかなか使えます。。。 というのも、ホワイトボードなどがついている個室がありまして、追加料金がかかるのですが、落ち着いて会議ができます。

それにしても、グラントマネジャーの池原さんの進行の素晴らしいこと。。。!!

開始から見事に2時間で、ヒアリングのまとめ、ターゲットの設定、中間提案の骨子など、すべてクリアになっていきました。

今後マドレボニータチームは、各自割り振られることになる中間提案の素材を用意し、中間提案に備えます。提案の前に、もう一度、MTGを開くことになりそうです。
Posted by サービスグラント at 15:08 | 2007年 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
“おきゃんなふたり”をお迎えして [2007年04月07日(Sat)]


桜も少しずつ散りはじめ、お花見はこの週末が最後かな?という4月7日(土)、マドレボニータチームのキックオフMTG&初回ヒアリングが行われました。

産後女性の心と体のケアを行うマドレボニータのカタログ制作が、このマドレボニータチームのミッション。
まずは、初めて顔を合わせるチームメンバーの自己紹介から始まりますが、自己紹介を聞いてみてびっくり!!
もうすぐママになる予定の方や2歳児のパパなどこのチームにぴったりのメンバーでした。もちろん将来に備え「予習」となるメンバーも。

嵯峨から今後の進め方などをご説明した後、早速、マドレボニータから代表の吉岡さんと事務局の山田さんをお迎えして、初回ヒアリングを行いました。
ここからはマドレボニータのおふたりの凛としたパワーに圧倒されながらも、マドレボニータの活動概要や産後女性を取り巻く問題などを伺いました。
吉岡さん、山田さんともに出産経験がおありで、実際のエピソードを交えたお話には超ど級の迫力と説得力がありました。パパになったばかりの嵯峨もタジタジ・・・
(笑)。

「妊娠中は行政からの手厚いサービスがあるにも関わらず、産後は放っておかれる!
そこを私たちに担わせて欲しい!」
熱い思いを語りつつ、「こんな"おきゃんなふたり"がマドレボニータですので」とユーモアもたっぷり。
これから走り出すマドレボニータチームの動向から目が離せなくなること間違いなしです!

Posted by サービスグラント at 15:10 | 2007年 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新プロジェクト採択のお知らせ [2007年02月16日(Fri)]


また新たなサービスグラント提供先が決定しました。
産後の女性のケアをテーマに活動するマドレボニータさんです。

マドレボニータのHPには、とても活き活きとした女性たちの写真が目につきます。
マドレボニータが実施している「産後のボディケア教室」参加者の皆さんです。とても産後のお母さんたちとは思えません!

「産後は出産の喜びの一方、心身は消耗し、実はギリギリの状態にあります。まずは産後の身体の回復が必須ですが、身体の回復に必要なその期間は赤ちゃんに関心が集中してしまい、女性の心と身体のケアはあとまわしにされているのが現実です。また、日本の母子保健において、産後の健康回復についての研究はこれまでまったくなされてこず、そのため産後の心と身体の健康をサポートするシステムも公的には整備されていません。」(マドレボニータ代表吉岡さん)

産後の不安定な心身の状況、皆無とも言える行政による産後ケアのお話を伺うと、マドレボニータの活動は今まさに社会に必要とされていると確信しました。 マドレボニータは、独自に開発、体系化した産後の心と身体のエクササイズプログラムを教室というかたちで提供するのみならず、インストラクターの養成や行政・企業への働きかけなど、女性の産後ケアの更なる発展を視野に入れた取り組みを行っています。

代表の吉岡さんは、「すべての妊婦が母子手帳と出産補助金を受け取れるように、すべての産後女性に産後プログラムが公費で行き渡るように」と、日本の母子保健を変えたいという熱意を語ってくれました。また、熱意に加えて、今後の活動の方向性や組織化の重要性などをきちんと把握してらっしゃるところもサービスグラント提供決定の決め手となりました。

マドレボニータにとって2007年は、HPリニューアルなどを予定しており、事業拡大の重要な年になるとのこと。今回は、行政や企業など支援者向けにマドレボニータの活動を紹介するカタログの作成を希望されています。
産後ケアという新しい分野を応援するサービスグラントに皆さんのご参加をお待ちしています!

Posted by サービスグラント at 15:11 | 2007年 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)