CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【芸術的な芸子WEBサイトリニューアルが完成】 | Main | お酒を片手に、日本の刑罰も家庭のワークシェアリングも»
https://blog.canpan.info/svgt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/svgt/index2_0.xml
最近の記事
チーム
コメント
トラックバック
最終確認も和やかな雰囲気で [2011年01月15日(Sat)]
昨年7月からスタートした青い空チーム。子どもの暴力防止プログラム「CAP」を運営するNPO法人青い空のウェブサイトリニューアルを支援しています。
プロジェクトマネジャー山田さんを筆頭に、これまで順調にプロジェクトを進めていただき、先日12日(水)、いよいよ大詰めの最終確認ミーティングが行われました。

コピー侍(!?)、バッサリきりました!

ご用意いただいたサンドイッチで腹ごしらえを済ませ、早速最終確認を開始。
コピーライター高橋さんを中心に、1ページ1ページ丁寧に確認していきました。NPOのみなさんからは1ページごとに感想が。「実際に形になったものをみると楽しいね」「細かいご要望に答えてもらって嬉しい」と、自然と和やかな雰囲気になっていきました。

そんな中でも、内容や細かい言葉の確認をしっかりと行っていきました。
NPOから頂いていたテキストを、コピーライターの高橋さんが分かりやすく読みやすく編集。バッサリと内容を削ったところもあり、内心ではどのように受け入れられるかという不安もあったようですが、「コピー侍(ちょっと懐かしい!?)がバッサリ切りました」発言の効果もあってか、和やかな雰囲気も変わることなく、ひと安心。

確認の途中、NPOのみなさんの関心は、青い空のキャラクターである「ライトちゃん」(代表・高柳さん画)へ。プロボノメンバーが誰も気がつかなかった、初代ライトちゃんと現在のライトちゃんの違いについて盛り上がるNPOのみなさん。なんでも、足の長さが違うのだとか。(笑)また、写真一つとっても、青い空の活動の現場を表すのに適しているかというチェックが入ります。「ちょっと雑然としている?」「動きがあってリアリティが伝わるんじゃない?」と、みなさんが伝えたいことを共有し確認ながらの作業でした。みなさんが、ウェブサイトの素材ひとつひとつに思いを込めて作られたことが伝わってきました。

ブログの更新について、しっかりシュミレーション

確認の後半では、新着情報や活動報告の更新とブログの使い方が焦点になりました。

まずは、ブログを更新するとウェブサイト上にはどういう風に見えるようになっているかを説明。納品後には、NPOのみなさんが更新していくのはブログが中心となるため、どれくらいの頻度で更新できるか、誰が更新するのかは、構造を決めるうえでは重要なポイント。

当初は、更新する内容を分け2つのブログを併設するという提案でしたが、青い空のみなさんの議論の結果、まずは1つのブログからスタートしていくことに。背伸びをしないところからスタートし、今後、NPOのみなさんに合った形でよりよいサイト作りをしていくことにしました。とはいえ、早速、ブログに書くネタが飛び交っていた青い空のみなさん。ブログの内容も盛り上がっていきそうで、実際にどんな内容が更新されていくのか、楽しみです。

この後は、青い空のみなさんに細かい確認をしてもらいます。同時に、チームでは、ミーティングで決まった修正作業を進めていきます。
残すところは、打ち合わせ1回。納品目前、ラストスパートの青い空チームです。

(文: 吉原)
Posted by サービスグラント at 11:47 | 2010年度第2期 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント