• もっと見る
«「すごい人たちだね!」断酒会チーム☆ | Main | メンバーの本気が伝わる、中間提案。»
https://blog.canpan.info/svgt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/svgt/index2_0.xml
最近の記事
チーム
コメント
トラックバック
「やっぱり、みなさんに頼んで正解でした…。」 [2010年10月30日(Sat)]
台風接近中の強い雨の中、この日の午前中に渋谷事務所で、全国少年友の会連絡会に対する、制作プラン提案が行われました。

中間提案からわずか3週間ですが、この間にプランニングを進め、まずは台割から提案。

少年友の会のみなさんからは、提案後すぐさま、直感的に「あ、これいいですね」とコメントが。
詳細については、各要素を配置する順番などで調整が入ったものの、ほぼ提案した路線で、了解いただけそうな感触となりました。

「でもちょっと待てよ。内部のメンバーにしっかり意見をもらった方がいいかもしれない」
「あまり意見を出してもらうとまとまらないから、ある程度事務局に任せてもらいましょう」

友の会内部でのオーソライズの取り方について、内部で打ち合わせる一幕も。
いろいろな人が関わっている組織であればあるほど、NPOの内部の意思決定には気を遣うことが多いのですが、それもこれも、事務局の皆さまで、よい着地点を見出していただけたようです。

続いて、デザイン、そして、コピーの提案へ。
デザインは、握手をモチーフにしたイラスト、少年と木が寄り添っているイラスト、少年とおとなの二人が入っているイラストなど、複数のパターンが提示されました。また、コピーも表紙に掲載するキャッチコピーで6案提示されました。「もういちど」「やり直す」といった表現は、少年が明確に道を踏み外したことを示唆してしまうためNGに。一方で、「前向きに」といった表現はOKとなるなど、微妙なニュアンスを共有しました。

こうしたやり取りを経て打ち合わせは1時間45分で終了。
NPO内部で細部を詰めていただいてフィードバックをいただき、徐々に最終の制作フェーズへと移っていきます。

外の天候は大荒れでしたが、渋谷の事務局は明るくほのぼのとした提案の場となりました。

(文: 嵯峨)
Posted by サービスグラント at 18:06 | 2010年度第2期 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント