CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«西からの風にアテンションプリーズ☆ サービスグラントラウンジ0306 | Main | 2010年度第1期のプロジェクト5件がスタートします。»
https://blog.canpan.info/svgt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/svgt/index2_0.xml
最近の記事
チーム
コメント
トラックバック
エントリー選考最終局面 [2010年03月27日(Sat)]
2010年度も間近に迫ってきましたが、その第1期、来る4月からスタートするプロジェクトに向けて、NPOの選考も最終局面に入っています。

プロジェクトによっては、すでに採択を決定し、チーム編成に取り掛かっているところもありますが、選考のスケジュールによって、現在でも審査中の団体がいくつかあります。

が、そのプロセスもほぼ最終段階。

近日中に、今期採択のNPOが出揃い、このブログでも、もうまもなく発表できるタイミングが近づいています。

今期は数多くの団体から応募をいただきましたが、実際に選考を進めていく中ではいろいろな気付きがありました。

詳しい団体名等はその発表の際に譲りますが、今期は、すでに10年程度の活動を継続してこられたなかで、さまざまな試行錯誤を通じて、着実な成果(とその萌芽)を生み出しつつある団体が目立ったことが印象的でした。

NPO法の成立から10年余が経過し、一方で、NPOの担い手の高齢化や、団体が存続不可能な状況になっているという声を聞くこともありますが、今回の選考プロセスから見えてきたNPOの姿は、そうしたネガティブなものとは正反対に、「市民活動」から一皮もふた皮も剥けた「非営利事業」が、しっかりと足場を固めつつあるというものです。

しばしば、日本社会について「失われた20年」とか、無意味に自虐的な論調が聞かれることもありますが、少なくとも今回のプロセスを通じて感じたことは、ことNPOの分野においては、NPO法成立からの10年余という時間が、決して失われた時間ではなかったのだな、という思いを新たにしたところです。

というわけで、もうすぐ新年度の始まり。

新しいプロジェクトともに、do it pro bono!
どうぞお楽しみに。

文: 嵯峨
Posted by サービスグラント at 12:32 | ニュース | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
お久しぶりです。嵯峨さんの動きを今日知りました。
食のアトリエのHPをみていただけると、いろいろ地域を、動き回り、仕掛けてきましたが、あくまで、市民活動としての、仕掛けが一番あってるとおもうのと、楽しくひろがって欲しいとおもう、この頃です。

大和の野菜と店やはりつなげて欲しいという声をシブヤサイの、大和版
本気で考えられる時期がきたようなので、
ぜひ、仕組みの仕様を現在の様子をお知らせいただきたく、メールしました。

この、4月のプロジェくとには、まにあいませんでしたが、興味深く見せていただきます。
Posted by: 小宮山 利恵子  at 2010年03月29日(Mon) 10:47