• もっと見る
« 2023年12月 | Main | 2024年02月»
「第8回ジビエ料理コンテスト」の結果について/農林水産省 [2024年01月31日(Wed)]
ジビエの普及啓発等に取り組む農林水産省の「鳥獣利活用推進支援事業」の一環として開催した「第8回ジビエ料理コンテスト」において、農林水産大臣賞等の受賞者が決定されたのでお知らせします。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/240131.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:51 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカ、イノシシ…野生鳥獣による農作物被害が深刻 狩猟者高齢化で対策追いつかず/産経新聞 [2024年01月31日(Wed)]
全国各地で野生鳥獣による農作物被害が深刻化している。農林水産省によると、令和4年度の被害額は156億円。ピークを記録した平成22年度の239億円から減ってきてはいるものの、この数年は下げ止まりの傾向がみられる。耕作放棄地の増加に伴い、野生鳥獣の生息地が拡大する一方、狩猟登録者は高齢化が進んでおり、対策が追いつかない状況となっている。
https://www.sankei.com/article/20240131-ZPBOG64GGFMKTC72P5VUKF4QXY/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:50 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
署名47,284筆!環境省に「狩猟鳥獣からノネコノイヌの削除を求める要望書」を提出/時事通信社 [2024年01月30日(Tue)]
犬や猫の殺処分ゼロの実現を目指す公益財団法人どうぶつ基金(所在地:兵庫県芦屋市、理事長:佐上邦久)は、2023年1月26日、伊藤信太郎環境大臣宛に狩猟鳥獣から「ノイヌ」「ノネコ」の削除を求める要望書を提出しました。
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000083.000033795&g=prt
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:54 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
若手ハンターが巨大ヒグマに接近して駆除するしかなくなる? 規制が近づく「ハーフライフル」とは何なのか/文春オンライン [2024年01月30日(Tue)]
昨年、クマが各地で大量出没したことは記憶に新しい。人身被害も相次ぎ、環境省の速報値によれば、クマによる被害件数は196件、被害人数は217人、死者は6人と、統計を取るようになってから過去最悪の件数を記録している。
https://bunshun.jp/articles/-/68658
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:54 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
エゾシカによる農業被害防げ!ドローン映像駆使したハイテク駆除もハンター数は年々減少・高齢化、銃刀法改正案でさらに拍車か/北海道/YAHOO! [2024年01月30日(Tue)]
北海道内で生息数が増え続けているエゾシカ。カギとなるハンターの現状とは?
https://news.yahoo.co.jp/articles/b8b6d32e505fff8a3535250cf7f605aca0881438
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:53 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
必要地域に限り申請可能に ハーフライフル規制で解決案―北海道から反対の声受け・警察庁/時事通信 [2024年01月27日(Sat)]
警察庁が今国会に提出予定の「ハーフライフル銃」の所持許可要件を厳しくする銃刀法改正案について、エゾシカやヒグマの被害に苦しむ北海道の反対を受け、必要な地域に限って許可申請を受け付ける案を検討していることが26日、関係者への取材で分かった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024012601215&g=soc
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:46 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
植林地の苗木も被害 シカ対策の切り札になるか 県がシカを捕獲する新技術の勉強会 広島/YAHOO! [2024年01月27日(Sat)]
シカによる農作物被害が深刻ですが、被害は山の中の植林地にも広がり、林業にも影響が出ています。こうした中、広島県は植林地のそばでシカを効果的に捕獲するマニュアルを作りました。対策の切り札となるのか?先日、初めての研修会がありました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b2ecd1fbad317fde890889c80cb932adfb157cb2
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:45 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「おえええ!ごほっ」刺激臭で作物を守る『鳥獣対策』実証実験で被害ゼロ達成 コメ農家が3年かけて開発した一番きつい臭いを放つ薬剤/熊本/RKK [2024年01月27日(Sat)]
イノシシやシカなどの鳥獣から「臭いで作物を守ろう」と、熊本県芦北町で新たな薬剤が開発されています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/rkk/962108?display=1
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:44 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「令和5年度鳥獣対策優良活動表彰」受賞者の決定及び表彰式等の観覧者募集について/農林水産省 [2024年01月26日(Fri)]
農林水産省は、毎年、鳥獣被害防止や捕獲した鳥獣の食肉(ジビエ)の利活用等に取り組み、地域に貢献している個人や団体を表彰する「鳥獣対策優良活動表彰」を実施しています。今般、令和5年度の受賞者を決定しましたのでお知らせします。
表彰式は令和6年2月15日(木曜日)に農林水産省本館7階講堂において行います。表彰式は公開で、式典中のカメラ撮影も可能です。
なお、表彰式後の「第11回全国鳥獣被害対策サミット」において、受賞者からの発表などを予定しています。
また、表彰式及びサミットにおける観覧者を本日から2月9日(金曜日)まで募集します。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/240126.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:47 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
相次いで遺棄される“猟犬” 猟師に欠かせない存在に一体何が…?【徳島】/YAHOO! [2024年01月26日(Fri)]
イノシシや鹿などの狩りを行う際に、欠かせないのが猟犬です。
その猟犬が、毎年この冬の時期に遺棄され相次いで保護されています。
いったい何があったのでしょうか?
https://news.yahoo.co.jp/articles/f2e72aadc66eb9544375a1e309425caaf00a6bf1?page=1
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:45 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ