CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年04月 | Main | 2022年06月»
シカ捕獲増やし林業被害防げ 「小林式誘引」学ぶ/鳥取/日本海新聞 [2022年05月18日(Wed)]
中山間地域を悩ますシカの捕獲効率を高めるための現地検討会が17日、若桜町小船の小舟山国有林で開かれた。鳥獣対策に関わる鳥取県内の各行政機関や県猟友会各支部、森林組合、林道工事業者など約50人が参加。講師に招いた林野庁近畿中国森林管理局の小林正典さんから、シカの捕獲に極めて有効なわな「小林式誘引捕獲」を伝授された。
https://www.nnn.co.jp/news/220518/20220518038.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:46 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ツキノワグマの狩猟再開へ 絶滅の危険性低下 県が管理計画案/鳥取/朝日新聞 [2022年05月18日(Wed)]
鳥取県内に生息するツキノワグマの狩猟が今秋、再開される見通しとなった。13日にオンラインで開かれた県環境審議会鳥獣部会で、保護から管理に軸足を移した「第二種特定鳥獣(ツキノワグマ)管理計画案」(今年度から5年間)がおおむね了承された。
https://www.asahi.com/articles/ASQ5K7G3RQ5FPUUB003.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:44 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
(研究成果) 山口県の野生イノシシの豚熱の感染源は約500km離れていた可能性/農研機構 [2022年05月17日(Tue)]
農研機構は、豚熱ウイルスの遺伝子の解析により、本年3月に山口県内で陽性と確認された野生イノシシ由来のウイルスが、昨年5月におよそ500km離れた紀伊半島東部で陽性と確認されたイノシシに由来するウイルスと最も近縁であることを明らかにしました。この結果は、ウイルスの長距離伝播に対する対策の必要性を示しています。
https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/niah/152616.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:46 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「猿新聞」、190号で終刊、発信は継続 三重・名張/朝日新聞 [2022年05月17日(Tue)]
サルやシカなどによる獣害の情報や対策を三重県名張市内で発信してきた「猿新聞」が4月の通算190号で終刊となり、発行元の名張鳥獣害問題連絡会に、市からユニークな取り組みをたたえる認定証が贈られた。終刊の理由は会員の高齢化などだが、代表の古川高志(たかゆき)さん(80)は「新聞が終わってもサルの情報を伝えていきたい」と活動継続への意欲を話している。
https://www.asahi.com/articles/ASQ5J72J3Q5CONFB00K.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:45 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ニホンカモシカの個体数激減で県が保護対策 人工繁殖も検討/大分/NHK [2022年05月11日(Wed)]
国の特別天然記念物に指定されている、ニホンカモシカの個体数が激減しているとして、大分県は保護対策に取り組むとともに人工繁殖の検討も進めています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20220511/5070012581.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:48 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
宇陀地域と狩猟者を結ぶ「かりつなぎ」特別イベントに高校生5人が参加/奈良/excite.ニュース [2022年05月10日(Tue)]
森庄銘木産業株式会社(本社:奈良県宇陀市、代表取締役:森本定雄、以下「森庄」)は、「かりつなぎ」サービス開始に向けた狩猟体験イベントを宇陀市と4回共同開催しました。
https://www.excite.co.jp/news/article/Atpress_309631/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:50 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟免許所持者が監修!ロゴスからキャンプでも活躍するマルチツールが出るぞ!/GoodsPress [2022年05月10日(Tue)]
気軽に持ち歩けるコンパクトなボディにさまざまな機能が搭載され、オートバイや自転車のメンテナンス、キャンプや釣りなどのアウトドアレジャーはもちろん、日常生活やDIY、災害時などでも活躍するマルチツール。使用したいシーンなどで必要なツールは異なると思いますが、アウトドアの達人ともいえる狩猟免許を持った人が監修したマルチツールがあれば、アウトドアの心強い相棒になると思いませんか?
https://www.goodspress.jp/news/447541/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:49 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「ジビエ」の消費拡大へ猟師と食肉加工業者が交流会/山口/NHK [2022年05月10日(Tue)]
野生のイノシシやシカの肉など、いわゆる「ジビエ」の消費を促していこうと、美祢市で猟師と食肉加工業者の交流会が開かれました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yamaguchi/20220509/4060013350.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:48 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「クマだ!クマ、クマ!」「グワァー!」ライフルを取りに行く時間はない…凄腕ハンターがとった“意外な行動”/文春オンライン [2022年05月09日(Mon)]
芦別の凄腕ハンターはカップ酒をもって猟に出る――。「文藝春秋」5月号より、ライターの伊藤秀倫氏による「羆を撃つ “山の神様”と勝負したい」を全文公開します。(全3回の1回目/#2、#3に続く)
https://bunshun.jp/articles/-/53773
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:19 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トウガラシに思わぬ効果「イノシシこなくなった」/山口/YAHOO!ニュース [2022年05月08日(Sun)]
トウガラシの一種タカノツメの実を細かく砕くミキサーの音が鳴り響く。山口県周防大島町秋のミカン農家杉原節夫さん(72)とマサ枝さん(73)夫婦の台所である。トウガラシを畑や自宅の周りにまくと「イノシシが近寄らなくなる」と聞いた。マサ枝さんは「試してみたら、思わぬ効果があった」と驚く。
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc15210bc6df20e535e76a4be028433239d401ee
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:57 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)