CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main | 2022年02月»
狩猟ビジネス最前線 DX化でハンター、飲食店、消費者が喜ぶ仕組み作りも/マネーポスト [2022年01月23日(Sun)]
ジビエ(野生鳥獣肉)を取り巻く世界に、変革の波が押し寄せている。近年の温暖化による積雪量の減少、過疎化や高齢化による耕作放棄地の増加などで、シカやイノシシといった野生鳥獣が激増。農林水産省のまとめによると2020年度の野生鳥獣による農作物被害額は161億円に上る。
https://www.moneypost.jp/871706
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:45 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
作業と費用分担、狩猟を手軽に「シェアわな」 担い手増加、鳥獣被害対策に期待 愛知県内で取り組み進む オンライン見学もOK/zakzak [2022年01月23日(Sun)]
作業や費用を仲間と分担し、シカやイノシシを捕らえる「シェアわな」と呼ばれる取り組みが、愛知県内で進んでいる。わなの見回りや獲物の回収は都合のいい日だけ参加でき、先輩からノウハウを学べるなど初心者でも始めやすいのが特徴。狩猟の担い手の増加や鳥獣被害対策につながると期待される。
https://www.zakzak.co.jp/article/20220123-N7BF7SBTI5OZVMIXEJFCYLXUAI/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:42 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今が旬のジビエって何? あの「ジビエの王様」も味わえるフルコースが登場/YAHOO!ニュース [2022年01月23日(Sun)]
ジビエのシーズン ジビエは冬のご馳走です。
狩猟解禁期間は、11月15日から2月15日までとなっており、北海道に関しては10月1日から1月31日。狩猟鳥獣は日本に生息する野生鳥獣約700種のうち、鳥類28種類と獣類20種類が該当します。
ジビエは「力強く生命力に溢れた冬季限定のごちそう」であり「森からの贈り物」。国によっても事情が異なっています。
https://news.yahoo.co.jp/byline/toryu/20220123-00278427
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:41 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
自然を守る北海道猟師を応援!“3D×エシカルスニーカー”の クラウドファンディングを1月20日よりMakuakeにて開始!/exciteニュース [2022年01月21日(Fri)]
世界初の3D計測・3Dプリンタ×サブスクリプションを実現するパンプスブランド『AYAME』( https://hana-ayame.info/ )を展開する株式会社crossDs japan (クロスディーズジャパン)(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:諏訪部 梓)は、2022年1月20日より北海道の猟師を応援する“エシカルスニーカー”のクラウドファンディングを開始した事をお知らせいたします。
https://www.excite.co.jp/news/article/Atpress_294852/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:53 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
捕獲イノシシの牙ネット販売 あしらったマスク受注製作も 愛媛/gooニュース [2022年01月21日(Fri)]
愛媛県今治市の大三島、伯方島の農家、猟友会員らでつくる「しまなみイノシシ活用隊」は、捕獲したイノシシの肉や皮革だけでなく、牙も捨てることなく活用しようと、ネットでの販売を始めた。担当者は牙をあしらってインパクトを強めた「島シシマスク」の受注製作を始めており、さまざまなアイデアで牙を活用してほしいという。
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20220120k0000m040136000c.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:51 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ、アナグマを捕まえろ 高校生が半年かけて作った箱わな、猟友会に贈る 南九州市/鹿児島 [2022年01月20日(Thu)]
鹿児島県南九州市の薩南工業高校の機械科3年生5人が、イノシシとアナグマ用の箱わなを1基ずつ製作し、市に寄贈した。課題研究の一環で半年以上かけて仕上げた。市は猟友会に貸し出し、活用してもらう。
https://373news.com/_news/storyid/150091/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:04 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オオワシが鉛中毒死 エゾシカ猟の違法銃弾のみ込む? 北海道/毎日新聞 [2022年01月19日(Wed)]
国の天然記念物に指定されているオオワシ1羽が、北海道浦河町内で17日に保護された後に鉛中毒で死んでいたことが環境省北海道地方環境事務所への取材で判明した。鉛弾で違法に狩猟されたエゾシカを食べたとみられ、鉛中毒の確認は今猟期で初めてという。
https://mainichi.jp/articles/20220119/k00/00m/040/050000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:54 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「傷にも命の個性感じる」処分されるイノシシの皮から"革製品”を…お洒落な革小物通じた循環型社会【長崎発】/FNN [2022年01月19日(Wed)]
SDGs企画、今回はSDGsが掲げる17の目標のうち、12番の「つくる責任・つかう責任」がテーマ。これはリサイクルや食品ロスを減らす取り組みを通して、持続可能な生産・消費形態をつくるというもの。
今回紹介するのは、駆除され、捨てられるはずだったイノシシの皮から作られたお洒落な革小物。
https://www.fnn.jp/articles/-/297504
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:53 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
猟師に愛された「池田かんじき」発見 白鳥の河合さんが複製作りに挑む/岐阜/中日新聞 [2022年01月19日(Wed)]
郡上市大和町大間見の故池田利雄さんが三十年ほど前まで作り続け、雪山に入る猟師たちに愛用された「池田かんじき」が、市内の民家で未使用のまま見つかった。山の木を巧みに加工した作品は軽くて耐久性に優れ、かつては福井県の猟師にも広まった。発見した建築業河合隆治さん(64)=郡上市白鳥町=は「こんなに使いやすいかんじきはない」とほれ込み、複製品作りに挑んでいる。
https://www.chunichi.co.jp/article/402673
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:51 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
至近距離でツキノワグマを撃ち抜く緊迫の現場 豪雪地帯の「狩猟民」を追った写真家・西野嘉憲/AERAdot. [2022年01月19日(Wed)]
写真家・西野嘉憲さんの作品展「熊を撃つ」が1月20日から東京・新宿のオリンパスギャラリー東京で開催される。西野さんに聞いた。
https://dot.asahi.com/dot/2022011400028.html?page=1
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:50 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)