CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
<美濃飛騨スペシャル> ジビエ、新たな販路/岐阜/中日新聞 [2021年01月31日(Sun)]
ジビエ(狩猟で捕獲された野生の鳥獣)業界が、新たな販路を拡大している。その一つがペットフードだ。本巣市佐原の里山ジビエ会では、主にペット用として、この五年間でシカ肉の需要が急増した。新型コロナウイルスによる需要減も相殺するほどの売り上げとなっており、新たな市場として期待されている。
https://www.chunichi.co.jp/article/194175?rct=gifu
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:33 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ビッグデータでイノシシ対策 広島・福山/広島ホームテレビ [2021年01月30日(Sat)]
イノシシによる農作物被害を防ごうと福山市でビックデータを活用した実験が始まりました。
https://www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=20210129089043
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:48 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
コロナ禍のカラス対策 鳴き声加工で…ゴミ被害減る/YAHOO!ニュース [2021年01月30日(Sat)]
コロナ禍でのカラスの被害。鳴き声を加工して追い払いました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/be41d8256b840a17d7dffae65479e5b7c068f82e
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:47 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエの魅力・可能性を語る 知ってほしい栄養成分 おいしく食べて家庭でも/日本食糧新聞 [2021年01月29日(Fri)]
◆日本ジビエ振興協会・藤木徳彦代表理事×元女子体操日本代表選手・田中理恵さん
野生鳥獣による農作物被害は2019年度に158億円。その63%はシカとイノシシによるものだ。被害を減らす取組みにより捕獲したシカやイノシシは、衛生を管理した上で天然食材の国産ジビエとして安全に食肉処理し、流通させる新たなステージに入っており、日本フードサービス協会による全国ジビエフェアの開催など、その普及が行われている。
https://news.nissyoku.co.jp/news/kawasaki20210119060002715
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:39 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
街からはじめる鳥獣対策「ドットワナ」 ニュースサイト「ドットワナマガジン」をリリース/DreamNews [2021年01月28日(Thu)]
株式会社WorkVision(本社:東京都品川区/取締役社長:大和田 昭彦/以下、当社)は、主に都市部在住者へ向けて鳥獣対策活動の啓蒙・情報発信を行うウェブマガジンサイト「ドットワナマガジン」を2021年1月27日より正式リリースしました。
https://www.dreamnews.jp/press/0000230269/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:44 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「わな稼働」お知らせ 鳥獣害対策で安中市がNTTと実験「見回り負担の軽減に」/群馬/東京新聞 [2021年01月28日(Thu)]
安中市はNTT東日本と連携し、情報通信技術(ICT)を活用した鳥獣害対策の実証実験を始めた。捕獲わなにICT機器を設置し、動物がわなにかかると、あらかじめ登録したスマートフォンなど情報端末にメールや画像を発信する仕組み。自治体と同社による同様の実験は県内初めてで、市は「狩猟従事者が高齢化する中、わなを見回りする負担の軽減につなげたい」としている。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/82594?rct=gunma
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:43 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農作物被害は158億円 ベテラン狩猟者と初心者の融合で、解決目指す/埼玉/YAHOO!ニュース [2021年01月28日(Thu)]
シカやイノシシなど野生鳥獣による農作物被害は、2019年度に約158億円にものぼった。各地で猟友会が駆除にあたり、一定の効果も見られるが、メンバーの減少や高齢化が深刻になっている。そうした中、狩猟免許を持ちながら経験の浅い若手と猟友会を結びつけ、鳥獣被害の問題を解決させる動きが起きている。どのような仕組みなのか、効果は出ているのか。埼玉県秩父の狩猟現場を取材した。
https://news.yahoo.co.jp/feature/1901
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:41 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
館山 捕獲イノシシをジビエに 加工処理施設 来月、事業者公募へ/千葉/房日新聞 [2021年01月27日(Wed)]
有害鳥獣対策で捕獲したイノシシを加工し、館山産ジビエ(野生鳥獣の食肉)としてブランド化していこうと館山市は、ジビエ加工処理施設の整備を計画しており、2月に建設から運営までを担う民間事業者の公募を実施する。
http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=13923
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:54 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ料理の旗手、『ラチュレ』室田拓人シェフが考える「サステナブル」な精神とは/Foodist [2021年01月27日(Wed)]
「今の季節はランチもディナーもジビエのフルコース。ほぼすべての料理に何かしらジビエを使っています」。そう語るのは青山のフレンチ『LATURE(ラチュレ)』の室田拓人シェフ。確かにこの日のランチは1品目からジビエ。続く2品目も3品目も4品目もメインもジビエだった。
https://www.inshokuten.com/foodist/article/5999/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:52 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
犬だってジビエ食べたいワン 大和の道の駅、シカ肉ペットフード人気/岐阜/中日新聞 [2021年01月26日(Tue)]
郡上市大和町の道の駅古今伝授の里やまとにあるショップ「みちしる」で、郡上産のシカ肉を使った犬用ペットフードが人気を呼んでいる。高タンパク、低脂肪のシカ肉はジビエ料理の定番だが、犬にとっても大好物のひとつ。店を訪れた人たちは、愛犬の健康のためにさまざまな商品を気前よく買い込んでいる。
https://www.chunichi.co.jp/article/191258/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ