CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
環境省、狩猟に非鉛製弾を推進へ 鳥類の中毒実態調査進める/東京新聞 [2020年09月25日(Fri)]
環境省は24日、希少な鳥類が狩猟で使われる鉛製銃弾をのみ込んでかかる鉛中毒を懸念し、非鉛製銃弾への切り替えを推進する方針を検討会で示した。実態調査を進め、来年秋までに鳥獣保護法に基づく基本指針の改定を目指す。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/57555/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ猟の男性誤射、散弾銃の弾が50m先の会社員に命中/大分/読売新聞 [2020年09月21日(Mon)]
20日正午頃、大分市岡川の山林で、イノシシ猟をしていた男性(77)が発射した散弾銃の弾が、仲間の男性会社員(42)の腰付近に命中した。会社員に意識はあり、命に別条はないという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200921-OYT1T50097/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:33 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
有害鳥獣撃つ狩猟者育成の射撃場、開業見通せず/群馬/朝日新聞 [2020年09月20日(Sun)]
群馬県は18日、有害鳥獣を撃つ狩猟者の育成や技術の向上のために建設を進めている県安中総合射撃場(安中市中宿)について、「開場時期が見通せない状況にある」と発表した。7月オープンの予定だったが、県公安委員会から「指定射撃場」の指定を受けられていないことが理由という。
https://www.asahi.com/articles/ASN9M736PN9LUHNB00K.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:34 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
市街地も注意! “ツキノワグマ”出没ピークを前に訓練 昨年度は被害“過去最多”に【新潟】/YAHOO!ニュース [2020年09月19日(Sat)]
17日、魚沼市で行われたツキノワグマ出没対応訓練。
県で初めて行われたこの訓練には県や市の職員に加え、地元の警察署や猟友会などが参加しました。クマによる被害をめぐっては昨年度…
https://news.yahoo.co.jp/articles/581c0b4fbeb6905af04f2833e80b7e0c35aac1b2
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:39 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「地域課題を掛け算して事業化!「南房総2拠点ハンターズハウス」入居者募集中」/PRTIMES [2020年09月19日(Sat)]
「南房総2拠点ハンターズハウス」「南房総2拠点3カ月<nウス」がリリース。テレワークや、ワーケーションとしての利用もOK!閑散期の民宿を自宅代わりに利用できるいままでにない2拠点サービスです。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000065264.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:38 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
女川のジビエ解体所、19日から運用 冷蔵室完備、衛生面充実/宮城/河北新報 [2020年09月18日(Fri)]
宮城県女川町で初めてのシカを中心としたジビエ(野生鳥獣の肉)の解体所「三陸リアス式ジビエ」の運用が19日に始まる。シカの運搬用ウインチや加工室、冷蔵室を備え、衛生的な環境で解体処理ができる。解体所の管理組合を構成する町内外の6事業者が使い、組合員以外の利用も検討する。
https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/202009/20200918_12003.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:44 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟フォーラム2020(ニホンジカによる森林被害を考える)を開催します!/高知県 [2020年09月18日(Fri)]
今、老若男女問わず、狩猟が注目を集めています。
森林がシカに荒らされている。丹精込めた農作物が獣に食べられ困っている。レジャースポーツとしてやってみたい。
でも免許が必要らしいし、やり方もよく分からないし、危なそう・・・。
そんな、気にはなっているものの、いろんな理由で一歩が踏み出せないあなた!是非、狩猟フォーラムにお越しください!
狩猟の魅力や社会的役割、安全な狩猟方法、そもそも狩猟免許を取るにはどうすれば?
さまざまな疑問に答えられるフォーラムとなっています。
さあ、あなたもハンターに!
https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/070201/2020091700069.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:43 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ急増、農業が危機 県内被害は10年で約30倍、生産者ら深刻さ訴え/山形/山形新聞 [2020年09月18日(Fri)]
本県のイノシシによる農作物被害が、ここ10年で30倍近くになっている。急増している地域では農家を辞める人や規模を縮小する人が出るなど深刻な状況だ。温暖化などに加え、東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故がイノシシの増加につながったとの見方もあり、救済を求める声が上がっている。
https://www.yamagata-np.jp/news/202009/18/kj_2020091800355.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:42 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
市街地のイノシシ攻防戦「危険すぎる」 学会が注意喚起/朝日新聞 [2020年09月17日(Thu)]
福岡市や新潟県燕市で先月以降、市街地にイノシシが現れて大捕物になる例が続いたことを受け、「野生生物と社会」学会は16日、自治体職員や警察官が軽装で対応するのは極めて危険だ、などとする声明を発表した。大型のイノシシは体重100キロを超え、ナイフのような犬歯もあり、太ももを刺されて大量出血すると命の危険があると懸念。対応する際は防具などを着けるよう求めている。
https://www.asahi.com/articles/ASN9J6Q46N9HULBJ019.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:38 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
泡瀬の鳥獣保護区指定に反対へ 沖縄市長が要請受け意向示す/琉球新報 [2020年09月17日(Thu)]
沖縄市東部海浜開発(中城湾港泡瀬沖合埋め立て)事業を推進する沖縄市議21人で構成される、市東部海浜開発事業推進議員連盟(仲宗根誠会長)は15日、県が計画する泡瀬地区の鳥獣保護区、特別保護地区への指定に反対する意見書を桑江朝千夫市長に提出した。「将来の地域振興に資するまちづくりの展望ができなくなる」と訴えている。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1192244.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:37 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)