CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
石垣市 ICTワナで実証実験/沖縄/八重山毎日新聞 [2020年03月23日(Mon)]
イノシシ捕獲効果を検証 農家「抜本的な対策を」
イノシシによるサトウキビなどの農作物被害が後を絶たない状況を受け、石垣市が、ICT(情報通信技術)を活用した移動式の大型囲い式ワナで実証実験を行っている。石垣島北部の平野地区のほ場に2月26日、遠隔監視操作で自動的に捕獲できるワナを設置、効果があるかどうか検証していく。農家からは「このままだと若い農家が農業をしなくなる」と抜本的な対策を求める声が高まっている。
http://www.y-mainichi.co.jp/news/36255/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:47 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマと人間…消える境界 19年度県内捕殺数、10年で最多/山形/山形新聞 [2020年03月23日(Mon)]
暖冬の影響でクマが冬眠せず秋以降も市街地に出没する事態が全国で相次ぎ、捕殺されるクマの数が急増している。環境省によると2019年度は12月までで5667頭と過去最多を更新。本県も361頭と、ここ10年で最多だった。専門家は「人里での出没はもはや珍しくない。クマに対して、人間社会との境界を伝えるような対策を取るべきだ」と、本格的な春を前に警鐘を鳴らしている。
https://www.yamagata-np.jp/news/202003/22/kj_2020032200402.php?
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:44 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
長野)新年度予算で有害鳥獣駆除のカメラ設置費 白馬/朝日新聞 [2020年03月22日(Sun)]
長野県白馬村は、新年度の予算案に野生動物を監視する「トレイルカメラ(自動撮影カメラ)増強費」の65万円を計上した。以前は生息していなかったシカやイノシシが村内で激増しているためで、わな周辺の画像がスマートフォンで確認できる。村は有害鳥獣駆除に向けて大きな「武器」としての効果を期待する。
https://www.asahi.com/articles/ASN3P73DWN33UOOB001.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:39 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカ死体の除去に関わる動物たち―日本の森林生態系に新たな知見/大学ジャーナル [2020年03月22日(Sun)]
動物の死体は、捕獲などのコストをかけずに得られる食物資源である。また、死肉を食べる動物(スカベンジャー)は、生態系の維持や物質循環の上で重要な役割を担う存在だ。
https://univ-journal.jp/31211/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:38 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
飼い犬にかまれ乳児死亡 富山市、大型狩猟用2頭/日刊スポーツ [2020年03月21日(Sat)]
富山市上大久保の50代男性宅で20日、孫の生後11カ月の中村仁ちゃんが、飼っている大型狩猟犬「グレートデーン」2頭にかまれ、頭部骨折による出血性ショックで死亡していたことが21日、分かった。2頭はそれぞれ体重約80キロ、体長約1メートル20センチ。
https://www.nikkansports.com/general/news/202003210000193.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:36 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「マタギソング」が完成! 教育機関にCD無償提供も/秋田/テレ朝news [2020年03月21日(Sat)]
山で狩猟をするマタギの世界を伝える「マタギソング」が完成しました。
マタギの世界観を幅広い年代にPRするため、北秋田市の市民団体が音楽CD「マタギの玉手箱」を製作しました。このCDは県内の教育機関に無償で提供される予定です。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000179596.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:34 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカの革で小物開発へ 有害鳥獣有効活用、CF協力訴え/岡山/山陽新聞 [2020年03月20日(Fri)]
革の加工品作りなどに取り組む合同会社・Tsunag(ツナグ、美作市上山)は、市内で捕獲したシカの革を使った小物の開発に向け、インターネットで資金を調達するクラウドファンディング(CF)で協力者を募っている。24日まで。
https://www.sanyonews.jp/article/995457?rct=syuyo
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:16 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカと猟犬が店荒らす 市が慰謝料支払いへ 丹波篠山/兵庫/神戸新聞 [2020年03月20日(Fri)]
有害鳥獣駆除作業中に、けがをしたシカと猟犬が店舗兼住宅に侵入して店内を損壊したことに対し、兵庫県丹波篠山市は18日、相手方と和解し、慰謝料20万円を支払う方針を明らかにした。市議会に補正予算案を提出し、即日可決された。
https://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/202003/0013206671.shtml
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:15 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ストップ鳥獣害(211) 非農家も参加し緩衝帯設置 香川・さぬき市豊田自治会/全国農業新聞 [2020年03月20日(Fri)]
香川県さぬき市東部の中山間地域に位置する豊田集落では、自治会ぐるみの獣害対策で、野生獣が近寄りにくい環境づくりに取り組んでいる。
https://www.nca.or.jp/shinbun/beast-harm/8133/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:14 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
害獣撃退ロボ 作物守れ 金沢工大、県立大など試作/石川」/中日新聞 [2020年03月19日(Thu)]
手軽に設置 実用化に期待
イノシシなどから里山の農作物を守るため、金沢工業大と県立大、金沢市のNPOなどが動く鳥獣対策ロボットを試作した。動物を見つけると音や光を発して撃退する。手軽に設置でき、農作物の被害を減らす役割が期待されている。
https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20200319/CK2020031902000077.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:33 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)