CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月»
イノシシ捕獲最多800頭へ 「とどめ」に抵抗感も使命で 茂木/栃木/下野新聞 [2020年02月29日(Sat)]
イノシシによる獣害が深刻化する中、茂木町では鳥獣害対策で捕獲されるイノシシの数が、本年度は28日現在で過去最高の783頭に上っている。ただ、これでもイノシシの見かけの数は減らないという。捕獲許可を持つ人は84人いるが、実際に本年度1頭以上捕獲して報奨金を得た人は同日現在55人。住民の期待に応える使命感が作業の支えだが、高齢化の懸念もある。生き物の命を絶つ過酷な捕獲の現場に同行した。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/283451
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:52 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
アナグマってどんな動物?駆除が必要?アナグマの生態と被害まとめ/exciteニュース [2020年02月29日(Sat)]
タヌキやハクビシンなどに見間違えられやすいアナグマは、かわいらしい見た目をしていますが、放置しておくと、農作物を食い散らかしたりして、経済的損害を出してしまいます。
https://www.excite.co.jp/news/article/Seikatsu110_st_column_11516/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:51 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ストップ鳥獣害(208) 自作の罠使い年間100頭イノシシ捕獲 佐賀・嬉野市 太田政信さん/全国農業新聞 [2020年02月29日(Sat)]
佐賀県嬉野市に、自作の罠で年間100頭のイノシシを捕らえる若き猟師がいる。太田政信さん(31)だ。軽さや頑丈さが売りの箱罠は他の猟師や農家からも評判。2017年には販売会社の太田製作所を設立した。
https://www.nca.or.jp/shinbun/beast-harm/7879/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:50 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【一聞百見】京大から猟師へ 野獣の命を食に わな漁師 千松信也さん/産経新聞 [2020年02月29日(Sat)]
何を幸せと思うかはひとそれぞれだ。猟師、千松信也さんの場合それは、自ら仕留めた獲物を家族と食べるときであったり、積みあげたまきであったりする。どんな生活なのか。京都市北部の自宅を訪ねると、落ち葉を燃やしてたき火のそばで待ってくれていた。
https://www.sankei.com/west/news/200226/wst2002260015-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:48 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
猟犬の首輪にGPS 根羽村、鳥獣駆除へ実証実験 猟友会、位置特定に効果 /長野/毎日新聞 [2020年02月28日(Fri)]
畑作物の鹿やイノシシなどによる食害に悩む根羽村は、鳥獣の効果的駆除を図るため、猟犬の首輪にGPS(全地球測位システム)機器を装着する実証実験に、村猟友会の協力で取り組む。県によると、大町市などでわなのGPS機器装着は例があるが、猟犬に装着するのは初という。
https://mainichi.jp/articles/20200228/ddl/k20/040/245000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:51 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
18年度は鳥獣被害158億円 6年連続減も13道府県で増 現場の負担調査へ 農水省/日本農業新聞 [2020年02月27日(Thu)]
農水省は26日、自民党の野生鳥獣に関する合同会議で、2018年度の野生鳥獣の農作物被害額が158億円となったことを報告した。6年連続で減ったが、13道府県で増えている。直接的な被害だけでなく、営農意欲の減退や耕作放棄地の増加などにも結び付いているとし、現場の負担感など金額以外の被害実態を調査する考えを示した。議員からは、狩猟者の確保や野生鳥獣の肉(ジビエ)の利用促進などを課題に挙げる意見が相次いだ。
https://www.agrinews.co.jp/p50139.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:31 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
時代を語る・鈴木英雄(22)20代半ばに自銃所持/秋田魁新報 [2020年02月26日(Wed)]
私が銃の所持許可を取り、初めて自分の銃を持ったのは20代の半ば、昭和40年代の後半だったと思います。ガスオート式の自動銃でした。かつて祖父らが使った村田銃は1発ずつ弾を込める方式ですが、自動銃は何発か続けて撃つことができます。
https://www.sakigake.jp/news/article/20200224AK0013/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:42 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ使い故郷の里山守る 香川の農業男性 狩猟学び職人と連携/毎日新聞 [2020年02月26日(Wed)]
イノシシによる人や農作物への被害が増える中、駆除のために捕獲したイノシシの皮を利用して、バッグや財布などの革製品作りに取り組む人がいる。自身が育った里山を守ろうと、香川県東かがわ市五名で農業などを営む西尾和良さん(41)が狩猟を学び、革加工職人と協力して実現させた。西尾さんは「里山を次世代に残したい」と語る。
https://mainichi.jp/articles/20200226/k00/00m/040/047000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:41 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
北見市職員着服か 外郭団体で不明金/北海道/北海道新聞 [2020年02月26日(Wed)]
北見市は25日、市が事務局を担っている外郭団体「市鳥獣被害防止対策協議会」(会長・武田雅弘・市農林水産部長)で本年度、509万円の使途不明金が判明したと発表した。昨年6月から今年2月にかけ13回に分けて金融機関の口座から現金が引き出されていたという。市は協議会の経理を担当していた市農政課の20代の男性職員が着服したとみて、懲戒処分を検討している。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/396557
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:40 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
獣害深刻化、小さな町で猟師増える 町民が積極自衛、ジビエ講座満員/福井/福井新聞 [2020年02月25日(Tue)]
自然に恵まれ、野生動物と“共存”していた福井県池田町でも近年、獣害が深刻化している。被害防止へ町民が狩猟資格を取り、自分の農地は自分で守ろうという動きも出始めたほか、仕留めた野生動物を解体・試食する体験教室は定員の倍以上の申し込みがあるなど、ジビエとして利用しようという動きも町内で広がりつつある。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1035611
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:31 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ