CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月»
狩猟イノシシ、白山市が処分 狩り促進、12月補正予算案/石川/北國新聞 [2019年11月26日(Tue)]
白山市は、狩猟で捕獲されたイノシシの焼却処分に乗り出す。従来は猟師自ら処理する必要があり、獣肉加工施設に持ち込んでジビエとして売るなどしていた。ただ、豚コレラ(CSF)の感染拡大でジビエ利用が自粛されているため狩りの機会が減り、イノシシの生息数が増える懸念があった。市が処分先を確保することで狩猟を促し、農作物被害が広がるのを防ぐ。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20191126104.htm
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:41 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日亜鋼業、獣害防護柵の採用拡大 森林向け軽量コスト軽減型/産業新聞 [2019年11月26日(Tue)]
国や自治体による森林整備事業のシカ対策で、日亜鋼業(本社=兵庫県尼崎市、国峰淳社長)の森林向け軽量コスト軽減型獣害防護柵「フォレストクロスフェンス」の採用が大幅に拡大している。
https://www.japanmetal.com/news-t2019112592301.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:38 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
工芸品や食品 エゾシカ活用策知って 中標津で初のフェス開幕/北海道/北海道新聞 [2019年11月24日(Sun)]
地元のシカの皮や肉を使った製品を紹介する初のイベント「えぞ鹿フェスティバル」が23日、2日間の日程で町総合文化会館を会場に始まった。来場者は工芸品や食品、ワークショップを通してシカの利活用について学んだ。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/367716/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:36 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
止まらぬ イノシシ感染 ジビエ施設 苦境に/日本農業新聞 [2019年11月24日(Sun)]
豚コレラ(CSF)に感染した野生イノシシが12県で1200頭以上に広がる中、野生鳥獣の肉(ジビエ)の加工施設が収入激減で苦境に立たされている。農水省は感染イノシシが見つかった半径10キロ圏内の流通自粛を呼び掛け、事実上出荷できない状況が続く。廃業の危機に立つ経営者は、支援の必要性を訴える。
https://www.agrinews.co.jp/p49315.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
豪雨被災のイノシシ肉販売会社、施設移転資金募る 美郷 /島根/毎日新聞 [2019年11月23日(Sat)]
昨年7月の西日本豪雨で浸水した美郷町乙原のイノシシ肉処理販売会社「おおち山くじら」が、新たな食肉処理場建設のため、今月末までインターネットのクラウドファンディングで資金を募っている。社長の森田朱音さんは「規模を拡大できる施設を作りたい」と話している。
https://mainichi.jp/articles/20191123/ddl/k32/040/324000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:44 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
民話の里・遠野/3 人と獣の攻防、今も /東京/毎日新聞 [2019年11月23日(Sat)]
明治時代も終わりに近づいた1910年に出版された柳田国男の「遠野物語」。同時代に絶滅したニホンオオカミや、今も息づくクマやイノシシ、シカ、キツネを巡る逸話が、人間とのいさかいを交えながら、生々しくつづられている。
https://mainichi.jp/articles/20191123/ddl/k13/040/002000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:43 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
熊本)ICTを活用しイノシシ駆除 熊本市が導入へ/朝日新聞 [2019年11月23日(Sat)]
イノシシによる農作物被害や市民への危害を防ごうと、熊本市がICT(情報通信技術)を活用した「囲いわな」の導入を検討している。遠隔操作で親子連れなどイノシシの群れを一網打尽にするもので、捕獲作業の中核を担う猟友会メンバーの高齢化にも対応する新技術だ。
https://www.asahi.com/articles/ASMCM3RRYMCMTLVB002.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:42 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシをスマホで捕獲 囲いわなを遠隔操作 熊本市立田山で試験導入/熊本日日新聞 [2019年11月22日(Fri)]
熊本市の立田山でイノシシが急増し、生活被害が出ている問題で、市は年明けにも情報通信技術(ICT)を活用した捕獲わなを試験導入する。スマートフォンを使って囲いわなの扉を遠隔操作する仕組みで、イノシシを群れごと“一網打尽”にできる。効果を検証し、本格導入するか検討する。
https://this.kiji.is/570489132952405089?c=39546741839462401
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:20 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019.11.22 第4回ジビエ料理コンテスト 大臣賞はシカ肉料理「棒棒鹿」 農水省/農業協同組合新聞 [2019年11月22日(Fri)]
ジビエの普及啓発などに取り組む農林水産省の「鳥獣利活用推進支援事業」の一環として開催した「第4回ジビエ料理コンテスト」において、農林水産大臣賞に、シカ肉料理「棒棒鹿(バンバンロク)」の平岡裕子氏が選ばれるなど受賞者を決定し、11月20日の「第6回日本ジビエサミットin東京」において表彰を行った。
https://www.jacom.or.jp/nousei/news/2019/11/191122-39724.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:19 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
印南で狩猟の流れ弾が男性に当たる/和歌山/日高日報 [2019年11月22日(Fri)]
印南町古井地内の山間部で21日朝、狩猟をしていた町内の無職男性(79)が撃った散弾銃の弾が、近くで測量作業をしていた会社員の40代の男性の手に当たった。命に別条はないという。
https://www.hidakashimpo.co.jp/news1/2019/11/印南で狩猟の流れ弾が男性に当たる.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:17 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)