CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月»
おがくず微生物で有害鳥獣を分解 穴水町 施設建設へ/石川/中日新聞 [2019年11月30日(Sat)]
イノシシの捕獲頭数が近年増加していることを受け、穴水町は本年度、おがくずの微生物で有害鳥獣を分解する施設の基本設計に入ることが分かった。二〇二〇年度冬の試験運転を経て、二一年四月の開所を目指す。二十九日の議運委で町側が明らかにした。
https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20191130/CK2019113002000206.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:25 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ヒグマより身近でもキャラ化されない理由は 「エゾシカ」展で知る害獣の実像/産経新聞 [2019年11月30日(Sat)]
ニホンジカが全国的に急増し、農作物の食害や水源林の荒廃、列車との衝突が各地で深刻化した。しかし、頭数を減らすための駆除には「命を奪う」との批判もある。こうした野生動物と人間との関係を考える機会にしようと、北海道に生息するニホンジカに焦点を当てた企画展「エゾシカ」が、札幌市の道立北海道博物館で開かれている。シカをめぐる歴史からジビエ(野生鳥獣肉)料理まで、多角的な視点で害獣の実像に迫る。
https://www.sankei.com/premium/news/191130/prm1911300003-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:24 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカ・イノシシの捕獲技術、現地実習で伝授 京都で12月講習会/京都新聞 [2019年11月30日(Sat)]
京都府丹後広域振興局は12月7日、京丹後市峰山町の峰山林業総合センター「ウッディいさなご」で、シカ・イノシシ捕獲技術講習会を催す。おりやわなの設置方法などを動画や現地実習を通して解説する。
https://this.kiji.is/573114072804623457?c=39546741839462401
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:23 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
最新ジビエの動向や教えたくなるジビエ情報などを紹介  「今こそ知ろう!国産ジビエシンポジウム」 国産ジビエに関心のある150名が来場!/@Press [2019年11月29日(Fri)]
公益財団法人日本食肉消費総合センター(所在地:東京都港区、理事長:田家 邦明)は、国産ジビエの認知向上と需要拡大を目的とした「今こそ知ろう!国産ジビエシンポジウム」を東京国際フォーラムにて開催しました。国産ジビエに関心のある150名が来場し、盛況のうちに幕を閉じることができました。
https://www.atpress.ne.jp/news/199753
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:39 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
群馬で「吾猪狩りコンテスト」 狩猟者が捕獲頭数競う 12月1日から 賞金は最高5万円/産経新聞 [2019年11月29日(Fri)]
群馬県吾妻振興局と同県猟友会吾妻支部は狩猟シーズンに合わせ、狩猟者が野生イノシシの捕獲頭数を競うイベント「吾猪(あがしし)狩りコンテスト」を12月1日〜来年2月29日に実施する。捕獲頭数が最も多かった狩猟者には最高5万円の賞金を贈る。コンテストを通じて豚コレラ(CSF)感染源の野生イノシシ捕獲を促し、蔓延(まんえん)防止に役立てる。
https://www.sankei.com/life/news/191128/lif1911280027-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:38 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
秋田犬とマタギの意外な関係とは!?もふもふの宝庫・秋田県へ!/ガジェット通信 [2019年11月28日(Thu)]
マタギというものがいる。狩猟を生業にした人たちのことだ。秋田県が有名で駅名にマタギと付いていたり、マタギ資料館があったりする。そして、マタギと共に狩猟をした秋田犬も有名だ。
https://getnews.jp/archives/2298203
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:45 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
増加するシカ対策に 新たな捕獲法を実演/鳥取/日本海新聞 [2019年11月28日(Thu)]
鳥取県東部を中心にシカによる農林業被害が増加する中、林野庁鳥取森林管理署は27日、八頭町の扇ノ山国有林で新たな捕獲方法の検討会を開いた。県や市町、鳥獣対策関係者らが参加し、同庁職員が考案した「小林式」と呼ばれる捕獲法を実践した。
https://www.nnn.co.jp/news/191128/20191128047.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:44 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカ死骸340キロ、山へポイ 新宮署、容疑で男2人を書類送検 「売れ残ったので捨てた」 /和歌山/毎日新聞 [2019年11月28日(Thu)]
山林にシカの死骸を不法投棄したとして、新宮署は27日、田辺市の食肉処理販売業の男(66)と男性従業員(39)を廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で新宮区検に書類送検した。2容疑者は容疑を認めているという。
https://mainichi.jp/articles/20191128/ddl/k30/040/297000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:43 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟女子急増 セミナー盛況 ジビエブームで身近に /山梨/毎日新聞 [2019年11月27日(Wed)]
野生動物による農作物被害や人が襲われるケースが目立つ一方、野生動物を捕獲する猟友会員は高齢化で全国的に減少傾向が続き、県内でも免許取得者が減っている。ところが、女性の取得者は逆に急増しており、わな猟免許は10年前の10倍を超える勢い。なぜ今、女性が狩猟なのか。南アルプス市で開かれた「野生鳥獣セミナー」を取材した。
https://mainichi.jp/articles/20191127/ddl/k19/100/065000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:02 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
自衛隊ヘリでワクチンをイノシシに散布実験へ CSF感染防止/NHK [2019年11月26日(Tue)]
豚の伝染病のCSF、いわゆる豚コレラの感染拡大を防ぐため、農林水産省は自衛隊のヘリコプターを使って空中から野生イノシシへのワクチンを散布する実証実験を行うことになりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191126/k10012191551000.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:43 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ