CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
クマにひっかかれ頭の皮がペロッと剝がれても山刀で返り討ちに…“伝説のマタギ”たちのヤバい“狩猟技術”/YAHOO!ニュース [2021年10月17日(Sun)]
「さあ、いくべ」「無理するこたぁねえシャ」動物文学作家が同行した“マタギ”の狩猟…野営地で過ごした一晩の出来事 から続く
https://news.yahoo.co.jp/articles/65dd94df6bb63a9e81e2aa394d8ce45848faef6c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:43 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
県警の職員らが猟銃所持に関する虚偽の書類を作成 4人を書類送検 山梨/YAHOO!ニュース [2021年10月16日(Sat)]
猟銃所持に関して虚偽の書類を作成したなどとして、県警は職員と元職員の計4人を書類送検しました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/225103f12815b1b862bc924eebb7fa5082ccd69d
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:44 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
猟友会員がシカを狙い発砲、銃弾金属片が別の会員に当たる 5針縫うけが/京都/京都新聞 [2021年10月12日(Tue)]
10日午後1時20分ごろ、京都府福知山市三和町芦渕の山中で、有害鳥獣の駆除をしていた三和支部猟友会の80代男性がシカを狙って発砲した銃弾の金属片が、一緒に活動していた70代男性に当たった。70代男性は右肩付近を5針縫うけがをした。
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/655727
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:17 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩って守る。人と自然が共生する町へ。地域の未来を繋ぐジビエ処理施設をつくりたい!女性ハンター集団のSDGsプロジェクト/神奈川/valuepress [2021年10月11日(Mon)]
神奈川県でありながらも、高齢化、耕作放棄地による獣害や空き家問題に悩む南足柄市。私たちはここで、神奈川県初の女性のみの狩猟法人として、有害鳥獣駆除や狩猟イベント、地域交流活動をしています。 今回、この南足柄市にジビエ処理施設を新設し、ジビエ利活用、更なる地域活性化を目的としプロジェクトを立ち上げました。
https://www.value-press.com/pressrelease/282282
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:36 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農地害獣対策のシステム開発 IoTで電気柵の異常を通知 管理の負担軽減/長崎/YAHOO!ニュース [2021年10月10日(Sun)]
人工知能(AI)などを活用した農業支援技術のコンサルティング業「日本アグテック合同会社」(長崎市、代表社員=末松謙一・末松電子製作所社長)は、モノのインターネット(IoT)を活用して、イノシシなどの害獣対策に使う電気柵の異常を農地所有者に知らせるシステムを開発した。電気柵の維持、管理をする農地所有者の負担軽減につながる。今後、量産化し、来年春からの販売を予定している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d866fe4a2ba774d35453ea1b706f516fc36abc10
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:34 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカの角加工し、かんで遊ぶ犬用おもちゃに 帯広の飯嶋さん企画開発/北海道新聞 [2021年10月10日(Sun)]
帯広市の自営業飯嶋太朗(もとあき)さん(29)が企画し、包装もデザインした犬用のおもちゃ「かみひとえ」が札幌の企業から発売された。エゾシカの角を加工した商品で、歯でかんで遊ぶ。犬の歯石を取り除いて口臭を減らし、ストレス解消にも役立つという。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/598353
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:33 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
IoTBASE、福島県昭和村とIoTを活用した有害鳥獣対策スマート化実証事業を開始 LoRaWANによる電気柵の電圧監視と捕獲罠のLTE-Mカメラ監視で住民の見回り負担を軽減/PRTIMES [2021年10月07日(Thu)]
IoTで企業のデジタル変革を支援するIoTBASE株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:澤和寛昌、以下 IoTBASE)は、センサーやカメラなどIoTデータを統合管理するクラウドサービス「Canvas」が、福島県昭和村(昭和村長:舟木幸一、以下 昭和村)の実証事業にて採用されたことをお知らせします。近年急増するイノシシ、クマなど有害鳥獣被害対応のため、集落が設置する電気柵の電圧や、有害鳥獣駆除実施隊が設置する箱罠の状況を、IoT機器を活用し遠隔監視する実証事業が昭和村にて開始されました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000022569.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:49 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟未経験者対象にセミナー 県、21日まで参加者募集/福島/福島民友新聞 [2021年10月07日(Thu)]
県は23日、郡山市労働福祉会館で狩猟未経験者を対象とした「狩猟はじめてセミナー」を開く。参加無料。21日まで参加者を募集している。定員は20人。
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20211007-659973.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:48 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカ肉メニュー、浦臼に続々 加工場稼働 町、購入助成で後押し/北海道/北海道新聞 [2021年10月07日(Thu)]
町内の飲食店などで、エゾシカ肉を使った料理や加工品が相次ぎ登場している。捕獲された個体をジビエ(野生鳥獣肉)として処理加工する「北海道シュヴルイユ浦臼工場」が稼働し、工場で処理されたシカ肉や加工品を購入する事業者に町が助成を始めたことが後押しになった。エゾシカ丼やエゾシカのジンギスカンなどユニークな一品がお目見えしており、関係者はシカ肉の一層の普及に期待を寄せている。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/597265
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:47 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
県がドローン使い、鳥獣生息状況調査 小国/山形/山形新聞 [2021年10月06日(Wed)]
県事業のドローンを活用した鳥獣被害対策の生息状況調査が5日、小国町市野沢地区で行われた。集落環境点検や野生動物の行動把握などで省力化を図り、高齢化の進む地域の負担軽減や対策推進が期待される。
https://www.yamagata-np.jp/news/202110/05/kj_2021100500128.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:38 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)