• もっと見る
« 2024年05月 | Main | 2024年07月»
ヒグマ捕獲「シカと同報酬は変」 北海道・鈴木知事が国に増額要望/共同通信 [2024年06月15日(Sat)]
ヒグマ出没時に対応するハンターの待遇を巡り、北海道の鈴木直道知事は14日の記者会見で「クマの危険性を考慮すると、捕獲した場合の報酬がシカと同じ額なのはおかしい」と述べ、国の支援の拡充を訴えた。鳥獣による農作物被害を減らすため、国はクマやシカを捕獲した人に基本的に1頭当たり8千円を支給している。
https://nordot.app/1174270448605954295?c=302675738515047521
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:58 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【実食レポ】“迷惑動物”キョンを焼いて食べてみた! 猟師もうなる驚きの味とは/livedoor [2024年06月15日(Sat)]
「八丈島のきょんっ!」という漫画「がきデカ」のギャグを知っているのは中高年男性がほとんどだろうか。シカ科の生き物であるキョンは、見た目も小鹿のようで愛らしい。
https://news.livedoor.com/article/detail/26605459/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:57 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマ被害相次ぐ岩手県、わなを遠隔で確認できる新システム…AI使い「捕獲」判断/読売新聞 [2024年06月15日(Sat)]
岩手県内でツキノワグマなど野生動物による人や農作物への被害が相次ぐ中、ICT(情報通信技術)を活用し、わなの状況を遠隔で確認できる新システムが誕生した。開発したのは今春まで岩泉町の地域おこし協力隊として活動した沢里寛行さん(47)。わなの見回り軽減や捕獲効率の向上も期待され、「猟友会や地元住民の安全確保に寄与したい」と力を込める。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240606-OYT1T50181/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:56 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ